「学者」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 学者とは

2016-07-25

http://anond.hatelabo.jp/20160725162332

戦争で勝てばよかっただけの話だろ

お前が言ってるのは初学者が一から憶えるのが大変だって話であって最初から日本語を覚えてる我々が世界トップになれば覚える必要なかったのに

2016-07-21

[]まおゆう魔王勇者 感想

以前から気になっていた「まおゆう」を見た。駄肉と取り外し可能な角しか知らなかったけど、結構考えさせられるアニメだった。

たぶん、監督原作で下敷きになっている背景を知らないで作っているのではないかと思った。シーンがぶつ切りでどうなっているのか分からなかったし、特に戦闘シーンはどんな舞台がどこに向かっているのか全然からポカーンだった。

物語の下敷きになっているのは歴史なんだろうけど、経済の部分だけよく分からなかった。奴隷の成長は人権の萌芽を描いているんだろうし、その過程世俗教会の2重権力描写してるしとても面白い素材ではあるけどそれを生かしきれてないという印象。

登場人物役割職業別にうまく分かれていてわかりやすかったので、この点は良かった。商人軍人役人農民政治家そして魔王学者思想家という立場か。魔王だけはチート技術未来技術バンバン導入してるので学者というのはちょっと違う?

特に商人見方でも敵でもない、儲かることが正義という精神体現する非常に面白いキャラだった。儲けるためには敵とも手を結ぶ、戦争商機と見る悪人か、それとも経済交流相互依存を通じて戦争を遠ざける平和使者

この物語を通じてなにが言いたいのだろうか? 魔王が「あの丘の向こう側が見たいんだ」といったことが、「技術文化の発展によって戦争のない世界を目指す」という意味なら、それには望みがない。技術の発展はむしろ大量殺戮可能にした。経済発展貧富の差を作り出し社会の混乱を生み出した。人間欲望が限りないことを考えれば、戦争は食えないからするというのは単純すぎるといえないだろうか。


なぜか最終話火縄銃が登場して、はなしの展開を描く気がないでしょと感じざるおえない。史実では火器歴史を動かす重要役割を演じているので面白いネタを前にして最終回とは、非常に惜しい。2期がないのはわかっているが、このアニメ面白さに気づいてくれる人が多く現れることを望む。

2016-07-15

http://anond.hatelabo.jp/20160715215554

歴史上の偉人特に作家学者が多い)のライフスタイルをまとめた本を読んだことがあるんだけど、毎日パンコーヒーしか摂らないって人が結構多くて、それでそれなりに生きている(60~70代で死亡)から適当食品でいいんじゃねぇかと思うわ。

http://anond.hatelabo.jp/20160714231439

両方ともって話だったら学者とかに多いな。

論文では日本語でも基本コンマピリオドを使うんで、

デフォルト設定でそっちに変えてて、そのまま普段も使ってるケースが多い

2016-07-13

いっけなーい!皇室典範

私、明仁、82歳!魚類学者!どこにでもいる至って普通今上天皇

ただでさえ心臓が弱ってるのに公務ばかりでもう大変!!

から思い切って生前退位することにしたの!

でも宮内庁次長が全面否定しちゃった!!!

一体私、これからどうなっちゃうの〜!?!?!?

 「明治」の出典は『易経』の中に「聖人南面して天下を聴き、明に嚮(むか)いて治む」という言葉の「明」と「治」をとって名付けられました。明治改元にあたっては、学者松平春嶽(慶永)がいくつかの元号から選び、それを慶応四年(明治元年)九月七日の夜、宮中賢所(かしどころ)において、その選ばれた元号候補の中から明治天皇御自ら、くじを引いて御選出されました。

五経の一つ。儒家重要経典宇宙原理・万象の変化を陰陽二元をもって説き、人間道徳も陰陽消長して万物を生成する天道に従うべきだと説く。

※『書経五経の一つ。上は尭舜から下は秦の穆公(ぼくこう)にいたる政治史・政教を記した中国最古の経典

※『五経中国古典である経書のうちでも代表的な五つの書物。『易経』『書経』『詩経』『礼記』『春秋』をいう。前漢武帝時代に、この五書を五経と名づけ、それを専攻する五経博士を置き、儒教国教化したときに始まる。儒家基本的教科書であった。

※『史記二十四史の一つ。黄帝から前漢武帝までのことを記した紀伝体の史書。


ふーん。て事は、やっぱ漢文とか国語学者みたいなのと一緒に決めるんかな

公募はないよね

夢って何だろう

「いくつになっても夢を抱き続けていたい」「年をとっても夢を語りたい」という台詞をふと思い浮かべた。決して若いとは言えない年齢だが「事業としてこうしたことを実現させたいんだ」という人を見るにつけ、「この人はすごいなあ」と思うようになったのはいからだろうか。

さいころは学者になるのが夢だと文集に書いてあった。“よくわからない薬品で遊んでボカン!”といった非日常的な世界に憧れていたからだろうか、Dr.スランプアラレちゃん則巻千兵衛ポケットモンスターオーキド博士のように、小さいころに見ていたアニメ世界の中にいたコミカルで気さくな学者キャラクターが好きだったからだろうか。当時なぜそうなりたかったのかという答えについて、今や断片的な記憶しか持ち合わせていない。

また、その夢を追いかけることはできただろうか。いわゆる理系学者に憧れていたが、高校では理科よりも歴史が得意だったという理由から文系選択した。そんな理由大学に入ったものの「文科系学問ってあまり面白くないな」と思い、理転をした。(幸か不幸か、いわゆる文理融合と呼ばれる大学にいたので、退学とか仮面浪人という選択肢は取らずに済んだ。)選択肢はいくつかあったわけだけど、その中でも分野的にはコンピューターが得意だなと思って、情報系に転向した。夢や目的よりも、ネガティブ理由だったりスキルとしてこっちのほうが適正があるなといった理由自分の進路を決めてきたので、夢は追いかけられていないのだろう。

というか、そもそも夢って何だろう。夢を実現することをゴールとするならば、それに向かって努力をするというレールができる。それを研鑽していけば、夢を追いかけるということになるんじゃないか。つまり夢を抱くということは、ゴールを設定するということになるのだろう。仮に夢が「宇宙飛行士になりたい」というものだったらそれに相応した勉強をして、研究成果を出すことが夢を抱き、夢を追いかけることになる。そんな単純な論理だと思う。

だけど今の自分にはそのゴールが何なのかがわからない。得意な分野・必要とされる分野で求められる事を遂行してここまで生きてきた。いわば、夢の抱き方、ゴールの設定の方法がわからないのだ。

たぶんそれなりに評価されて生きてきたんだと思う。だから夢みたいな確固とした目標がなくても、なんだかんだ生きていけたんだと思う。だけど、いま後ろを振り返ってみると、何も残っていないような気がした。ステージとしてどんどん高いところには立てていると思うんだけど、まっすぐというよりはクネクネした道を通ってきていて、正直この先どうなるかもはっきりとはわからない。

夢がなくても生きてはいける。だけど、夢を抱いていたらどんな生き方になっていたのだろうか。この目で反実仮想世界が見れるなら、見てみたいものだ。

2016-07-11

アラサーヲタ読書遍歴

端的にいうと、バカの為の読書術のおかげで、ミリオタ歴史オタになりましたという感じ

高校時代
大学時代
社会人

http://anond.hatelabo.jp/20160710232853

職業や経歴によって参政権制限する方がよほど非民主的だと思うが

そんなにバカ議員やるのが嫌なら潔く民主主義否定して学者官僚だけでやる体制目指せよ

2016-07-04

アニメがヒットすると「社会現象」と言い出す感じが最強にキモい

最近の、深夜オタクアニメが少し話題になったくらいで社会現象って言い出す感じがキモすぎる。

社会現象」でググれば、「社会現象を起こしたアニメwwww」みたいな気持ち悪い2ちゃんねるアフィブログばかりヒットして、まるで社会現象っt言葉流行ったアニメだけを表す言葉かのようだ。

社会現象って言うからには、「たまごっち」や「だんご三兄弟」くらい、老若男女誰でも知ってて日本人ほとんどが買ったくらいじゃないと言えないだろう。

ハルヒけいおんを視たりグッズを買ってる子供や爺さんがいたのか?アホなのか?

アニメ社会現象と騒いでいた件で記憶に新しいのは「おそ松さん」か。確かに90年代ガングロプリクラ等、女子高生ブームという言葉を作ったほど(女子高生ブームとか言われてもピンと来ないが、社会学的には90年代女子高生時代らしい)若い女性の間だけのブームでも社会現象と呼ばれるが、それは当時女子高生の圧倒的大多数がガングロプリクラを撮っていたからであって、おそ松さん社会現象と言うには若い女性のほぼ全員がおそ松さんに熱をあげていなければならない。しかし、俺の周りの若い女の子に「おそ松さんにハマっている」というのは誰一人いない。

おそ松さん流行っているといっても、オタク女子イケメン声優にキャーキャー言っているだけであって、ジャニーズがキャーキャー言われているのと大して変わらないだろう。ジャニーズがキャーキャー言われてもそれは社会現象とは呼ばない。

アニメ社会現象といえば、みんな真っ先に思い浮かぶのはやはり「エヴァ」か。

当時の雑誌資料を漁れば、いかエヴァが熱気だってたかがわかる。

大学教授社会学者宗教学者心理学者といった学者たちが「これは非常に深いアニメだ!」とそれぞれの学問に照らしあわせて熱弁を奮っていたり、

それまで「オタク気持ち悪い」なんて言っていたタレント達が次々エヴァファンだと名乗りあげたり、

アニメなんて全く関係なかったテレビ番組雑誌がこぞってエヴァ特集を組んだり、

連日ワイドショーでもエヴァの盛り上がりっぷりを報じていた。

当時大学に通っていた人の話では、「エヴァ放送当初は『凄いアニメが始まった!』と話しても誰も話を聞かないどころかバカにされていたのに、吸うか月後そのバカにしていた連中までエヴァにハマっていた」と聞いた。

90年代なんて、大学生にもなってアニメなんて見ていたら犯罪者予備軍扱いされていた時代である。そんな時代大学生全体を飲み込むほど大ブームになれば、社会現象と言ってしかるべきだろう。

まあ、今の中高生エヴァを観ても「これの何が面白いの?」と言うそうだ。

20年経った今観れば、たしかに話を壮大にしといてすべて解決せずブン投げた、いわゆる「夢オチ」で逃げてしまった大失敗作でしかない。

宗教学者が「キリスト教用語が次々出てきて、ここには非常に深い意味が隠されている…」と熱弁を奮って解説していたが、ただむやみやたらに宗教用語を出していただけで特に深い意味もなかった。

それでも、当時としてはエヴァは今まで見たことの無い新しい表現に溢れていて、リアルタイムで見ているからこそ熱狂したのだ。それが社会現象を起こした全てである

エヴァ以降、社会現象と騒がれたアニメ特に無かった。エヴァアニメオタクイメージ向上には全く役に立たず、エヴァブーム終了後も相変わらずアニメオタクは「犯罪者予備軍のヤバイ奴」のままだった。

しかし、その10年後くらいにまた「社会現象」という言葉アニメに使われはじめる。「ハルヒ」のブームである

思えば、冒頭で述べた「アニメをなんでもかんでも社会現象と言ってキモい」の元祖がこれ。

DVDやグッズがバカ売れしたか社会現象だ、とオタクは言う。しかし、当時は世間がやっとネットに慣れてきて、YouTubeニコニコ動画世間認知され始めたことでもある。ネットを見ればどこもハルヒ話題動画サイトを見ればハルヒテーマにした動画が連日アップされ、再生回数ものすごい数を稼いでいる。秋葉原ホコ天にはハルヒコスプレをした奴がうじゃうじゃいてダンスを踊っている。アニメオタクが初めてひとつアニメで(あくまネット上と秋葉原だけで)一体感を感じたのかもしれない。

でもアニメオタクの間だけで話題になっただけであって、エヴァのようにそれまでアニメに興味がない人を巻き込むほどではない。「ジャニーズがキャーキャー言われている」程度の騒ぎでしかなかった。

そしてハルヒ以降、その年に話題になったアニメは全て社会現象オタクが持て囃すようになった。

ざっとネット社会現象呼ばわりされているアニメタイトルを並べてみる。

けいおん」「まどかマギカ」「らきすた」「化物語」「ラブライブ」「あの日見た花の名前を僕たちはまだ知らない」「ガールズ&パンツァー」「干物うまるちゃん」「俺の妹がこんなに可愛いわけがない」「Angel Beats」「ご注文はうさぎですか」「キルミーベイベー

社会現象 アニメ」でググるだけでこれだけ出てくる。俺は一般人よりちょっとアニメを知ってると思っていたが、聞いたこともないタイトルばかりだ。ちなみに、これらのアニメタイトル単体でググるとそれらを社会現象としたニュースサイト記事も出てくる。

こいつらによると、これらのアニメを全て日本人全員が熱中していたということになる。これらのタイトルを聞いたこともない俺はこの数年間日本に住んでいなかったというのか?毎日テレビにかじりついているうちの両親も「あの日見た花の~」と「おそ松さん」は知っていたが、その他は当然知らない。うちの家族日本人ではないのか。まあ、「社会現象がー」とか言ってるオタクに言わせればこんな増田を書く奴は在日朝鮮人とでも言うんだろうけど。

こんな見たことも聞いたこともないアニメタイトルを並べて「社会現象!」と叫ぶオタク気持ち悪さを感じているのは俺だけではないだろう。

いったい何故これほどまで気持ち悪いのか?そこにはアニメオタクコンプレックス露骨に滲み出ているから。

2016年の今現在アニメオタク犯罪者予備軍のような扱いをされることは無くなった。

毎年夏・冬にはワイドショーコミケの開場を取材し、好意的に伝えている。「コミケのおかげで海外観光客を大量に呼び込んでいるので日本にとって有益」とまで言っている。コミケ開場の目の前で「ここに二万人の宮崎勤がいます!」とレポーターワイドショーで言っていた時代なら考えられない状況だ。

めざましテレビを見れば「今の若者カラオケアニメソングばかり歌います」と、イケてる兄ちゃん姉ちゃんがカラオケアニメソング初音ミクを歌う様子を流す。

俺の知り合いにエグザイルみたいな見た目の友人と派手なギャル女友達しかいない奴がいるが、こいつらとカラオケに行けば俺の知らないアニメソングばかり歌う。こんないかつい見た目のくせして俺よりアニメに詳しそうだ。

クラブに行けば悪そうな、いかにも大麻とか吸ってそうなDJ美少女アニメテーマ曲を回し、エグザイルみたいないかつい連中が躍り狂っている。

いわゆるリア充と呼ばれる若者オタクアニメライトに楽しむ時代になった。こいつら、10年前だったら絶対アニメオタクいじめていたような連中だ。

もはや「オタク気持ち悪い」とは言われなくなった。若者ならオタクアニメを観ていて当たり前、アニメ初音ミクファッション時代になった。

でも本当に気持ち悪いオタクファッション感覚アニメを観るやつらを仲間だなんて思っちゃいない。アニメきっかけに仲良くなることもない。

アニメを「社会現象」と叫ぶことによって、流行を作っているのは俺らキモオタだ、俺たちはお前らより上の存在なんだと示したいだけのように見えてしょうがない。本当は社会現象と言われるほど流行ってはないのに、無理矢理社会現象でっちあげて「この頂点にいるのが俺なんだ」と誇示したいだけ。そのオタクによるどうしようもない膿みたいなものが、社会現象という言葉から溢れている。

やはりアニメオタク犯罪者予備軍扱いされるくらいがちょうどいい。日陰者で地味にアニメを観て、それがわかる少数精鋭だけで固まっていたほうが楽しかった。

女に不自由しないヤリチン兄ちゃんがファッション感覚アニメを観だしたら、オタクの居場所はどこにある?

え?「今の若者ほとんどアニメ観ているなら社会現象じゃないか」って?

社会現象じゃないよ、イケてる奴らはYouTube違法アップロードされたアニメしか観ないでアニメに金払わない、ただのファッションなんだから

それでも(これ以上の)金融緩和に反対する理由

http://anond.hatelabo.jp/20160703171723

それは,一言で言うと「金融緩和してもほぼ全部金融市場が吸い取ってしまい,実体経済に金が回らない」からである

(以下は素人の私が勝手に考えたものだが,もし同じようなことを言っている経済学者がいたらぜひ教えて欲しい。まあ,素人と同じようなことを考える学者はいないと思うが。)

そもそも私がこういうことを考えるに至ったのは,1990年代終わり〜2000年代初頭にかけてのITバブルきっかである。その当時,IT経済を主とする"成長"は「インフレなき経済成長」と呼ばれていた。それは論理的おかしい,何か理由があるはず,と考えた結果,「これは実体経済に回るとインフレを起こすお金の大半が金融経済に回っていて,その結果金融経済が"成長"している一方,実体経済ではインフレが起きていないのでは」という結論に達した。

具体的には,当時のITバブルでは,資金インターネット上の広告を売る新興企業流入した。インターネット上は空間的な制約がないので,それら新興企業はほぼ設備投資をすることな広告いくらでも増やせる。他方,インターネット広告への期待から,それら新興企業広告枠を買う企業が現れる。そうするとそれら新興企業株価が上がる。株価が上がると,それを売って儲ける投資家が現れる。儲けた投資家は,またそれを新興企業投資する。広告一種投資なので,広告枠を買う形で投資を行う者もいる。そうするとまた株価が上がる。

このバブルでは,対象が「インターネット上の広告枠」という無限に近い資源だったこともあり,実体経済には余りお金が回らなかった。せいぜい Sun Microsystemsサーバーが売れた程度である。ただし巨大なバブルだったので,おこぼれといっても巨大で,この後バブル崩壊すると Sun後遺症に悩むことになり,最終的に Oracle に買収されて消滅する。

しかしこのバブル本質は,2次投資,3次投資,...という高次投資によって金融経済の中で資本が循環し,循環の過程で(見かけ上の)資本が拡大していった点にある,と私は考えている(バブルというのは須らくそういうものだが)。

結局このバブルは,「広告いくら投資しても実際に広告対象商品が売れなければ意味なくない?」ということに広告主が気づいたことで崩壊した。つまりいくら金融経済期待値で拡大しても,最終的に実体経済がそれに見合った成長をしなければ,それはバブルであり,バブル必然的崩壊するのである

次に,この考えの傍証として私が注目したのは,金融経済実体経済の規模の乖離である

http://www.meti.go.jp/report/tsuhaku2008/2008honbun/html/i1120000.html によると,2006年時点で,金融資産の規模は実体経済の3.5倍であり,1990年以来の平均成長率は,実体経済が5.7%であるのに対し,金融資産9.1%となっている。

これは異常である,と思う。

投資というのは,最終的に実体経済が拡大しないと,リターンを得られない。

ちょっと金融からは外れるが,土地転がしを例に考えてみよう。土地の値段は,循環取引的な手法を使えば,原理的には無限に上げることができる。その間,資産規模は拡大していく。しかし,それらはどこまでいっても「投資」であり,その投資を回収するためには,その土地建物を建てて商売して利益を上げて地代を払ってくれる誰かが必要である

もちろん投資には期間があって,5年のものもあれば,10年,20年,...といったものもあり,それらが混ざり合っている。従って,必ずしも実体経済と金経済の規模が一致していなくてもよいが,金融経済の方が実体経済よりも速く成長するのは,やはり異常であろう。

この金融経済実体経済乖離は,おそらく1990年代金融規制緩和以降に始まったのではないかと思う。この規制緩和によって,通貨以外のもの通貨と同様に扱えるようになり(例:株式交換による買収),またBIS規制の枠外で高次金融商品金融商品投資する金融商品)が解禁されて,金融商品土地転がしのように転売することで金融経済が拡大することを可能にしたのではないかと思われる。

その結果,金融経済は恒常的なバブル状態になった。実体経済の成長を伴わない金融経済の成長はまやかしだが,そのまやかしがいつ露呈するかわからないので,それまでは疑心暗鬼ながらもチキンレースを続けている。まやかしだとわかっているが,実体経済よりも遥かに楽に大金をを得られるので,やめるにやめられない。それが今の状況なのではないだろうか。だから逆に,ちょっとしたことで株価が乱高下する。Volatilityが高くなってるのも,恒常的なバブルのせいと考えると個人的には納得がいく。

さて,金融緩和はここでどういう役割果たしているかというと,このバブル崩壊させないように金融経済現金を注入する役割を担っているのではないかと思う。

金融緩和恩恵を(最初に)受けるのは銀行投資家大企業である

とにかく最初恩恵を受けるのは銀行。商材であるお金日銀から低利で借りられる=安く調達できる。

次が大規模投資家ファンドや超がつくレベル資産家等)や大企業日銀から直接お金を借りるような大銀行の主要顧客になるようなところ。ここも従来より安い金利資金を借りられるようになる。で,借りた資金を,大規模投資家はより(見かけ上の)リターンの高い金融商品株式等)につっこむ。大企業設備投資したり,やっぱり別な金融商品投資したりする。銀行から借りた資金が,給与を上げる原資に直接使われることはまずないと思う。

まり金融緩和恩恵の大半は最初銀行投資家大企業が取ってしまうし,その大半は実体経済ではなく金融経済の拡大に回ってしまう。その方が手っ取り早く稼げるからだ。残った僅かな(文字通りの)「トリクル」だけが実体経済に回る。だから効果ゼロではないが,金融緩和の規模に比べると遥かに小さいし,また効果が出るのも遅い。設備投資が,さまざまな労働者給与増に波及するのには,時間がかかるだろう。

近年の「異次元」と呼ばれるような金融緩和でもインフレがおきない(インフレ目標すら達成できない)のも,金融経済金融緩和で生み出された資金を吸収し,実体経済ほとんど回ってないから,と考えると説明がつくように思う。

ではどうすべきか

一番良いのは,金融規制1990年代以前と同程度まで強化し,過剰流動性をなくすことだと思う。しかし,ここまでバブルが大きくなってしまうと,その破裂によってもたらされる実体経済への影響は,たとえもともとそれが率としてはトリクルであったとしても,絶対額が巨大なため,悲惨なことになると思われる。なので,風船が急にしぼまないよう,少しずつ空気を抜くような慎重さが必要になるだろう。

個人的には,長期投資実体経済にとっても有益だが,短期投資(=投機)は害の方が多いので,短期投資に高い税率を課し,事実上無意味にしてしまうような政策が取れればいいのに,と考えている。株式債券,その他の金融商品在庫管理と同様の手法管理し,例えば今日買った株を今日売ったら税率99%,逆に20年持ち続けた株を売った時は税率1%というようにすることで,長期投資を促すような政策手法的には可能だと思う。

また高次投資有害性が高いので,税率を高くする。例えば株式の売買は2次投資から課税対象だが,配当は1次投資のリターンなので,非課税にするなど。株式はトレーディングの対象ではなく,本来の「直接金融によってリターンを売る権利会社支配権」の位置に戻した方が良いのではないだろうか。

最後に,これは妄想だが,金融経済実体経済可能な限り切り離す,というのが本当はできればいいと考えている。具体的には,金融経済はそれ専用の独自通貨を作り,その中で自由になんでもやっていい。ただし実際の通貨に交換できるのは,世界実体経済GDPの3%まで,とか決めておく。誰がその3%を使えるかは,金融経済の中で,専用通貨オークションでもやって決めればよい。まあでもこれは残念ながら実現不可能だろう。

終わりに

というわけで,今以上に金融緩和をしても無意味なんじゃないかな,と思ってる。

ところで,なぜ財政政策のところが「再分配(例:富裕層への課税強化&低所得層への扶助)」じゃなくて「財政出動」なんだろう?

いや,財政出動でもいいんだが,富裕層への課税強化を同時にやっちゃダメなの?

2016-07-03

世界同時株安に対してリベラル政党が主張すべき経済政策

2014年にこんなエントリーを書きました。




民主党支持者としての執行部のアベノミクス批判への愚痴 http://anond.hatelabo.jp/20141125174047



書いてみてわかったのは、はてなブックマークで月間1位を取ろうが年間ランキングに入ろうが世の中には何の影響もないということです。あきらめましょう(挨拶

とは言え、ひさしぶりに参議院選挙前に何か書こうかなーと思いつつモチベーションが上がらずにいたら世界同時株安が起きたので、これにからめつつあれこれ書いてみようかなーと思います。ただ、国内政治状況は変わってないですし、結論はたいして変わらないと思います

リンク先のタイトルに書いてある政党がなくなったとか言われても知りません。

というわけで、まずは上記のエントリー冒頭部分を引用します。とても大事な前提なので。



==========ここから引用==========


そもそもなぜデフレは駄目なのか


ここ15年ぐらいずっと言われてきた「デフレ不況」、デフレとは、物価が持続的に下落している状態を指します。

単純に考えればモノの値段が下がることはうれしいはずなのに、なんでデフレ問題なんでしょうか。

そんなことわかってるよと思われるかもしれませんが、順を追って説明するために書いておきます


物価が下がって企業の売上が減ると、企業収益が減ります企業利益を出すためには費用も減らさなければいけません。

新規設備投資を減らしたり人件費を抑えようとします。

今回はこのうち、人件費を抑える、というポイントにしぼって話をします。

物価が下落したのと同じ割合社員全員の給料を減らせれば何の問題もないのかもしれませんが、そういうふうにはできないですよね。

正社員給料は、物価が下落する割合ほどには下がりません。これを「賃金下方硬直性」と言います

じゃあどうなるかというと簡単です。失業者が増えるんです。

リストラされずにすんで定収入がある人たちはデフレで少しずつ得をしますが、その分をリストラされて収入が無くなる人がかぶるんです。

ただし、リストラをするには非常に煩雑手続き必要です。

結局この被害を一番受けるのは、これから社会に出て仕事をしようとする若い世代です。求人が減って有効求人倍率が下がります

企業はすでに雇用している人を解雇するよりも先に、新しく入ってくる人を減らすので失業率が高くなります。真っ先にこの影響を受けるのは若者です。

これがデフレ問題視するべき大きな理由です。若年失業者が増え、世代間格差が拡大していきます

物価上昇率失業率にははっきりとした相関関係があって、フィリップス曲線と呼ばれていますが、物価上昇率が低いと失業率が高くなります



==========ここまで引用==========



引用部分から続く2014年エントリーで私は、現政権金融政策(世の中に出回るお金の量を調整)を肯定して財政政策(どこから取ってどこに配るのか)と成長戦略規制政策とか産業政策とか)を批判しました。

当たり前ですが、その内容は今回も変わりません。

まずは、最近よく聞く「物価が上がったか実質賃金は下がって国民生活は苦しくなっている」という話についての議論から始めてみようかなと思います

物価失業率実質賃金の話


引用部分で、「リストラされずにすんで定収入がある人たちはデフレで少しずつ得をします」と書きました。

収入が変わらずに物価が下がるのでお得です。この状況が、実質賃金が上昇しているということです。

物価より先に賃金が動くことはありません。商品の値段を変えたからといって、会社給与水準はいちいち変動しないですよね。

ほとんどの企業では多くても年に1回、春闘の時期に給与水準が変わるだけです。

からデフレ下では短期的には実質賃金が上昇し、失業しなければお得ですが、失業者がその分の割を食います

長期的には、デフレのせいで給料が上がらないので失業しなくても損するのは皆さんご存知の通りです。デフレスパイラルというやつです。

そして、デフレ下で金融緩和をして世の中に出回るお金の量が増えて利益が上がっても、企業はすぐに給料を上げるわけではないので、物価が上がった分、実質賃金は下がります

利益が出る前に給与水準を高くする企業なんてあるわけないんだから当然なんですが、でもこれがむちゃくちゃ大事です。物価が上がるのが給与水準よりも先なので、まずは実質賃金が下がります

下がった分だれが得をしているのかというと、それまで失業していて新しく雇用された人たちです。

失業率が高いうちは、給料を上げなくても新しく雇えるので賃金はなかなか上がりません。失業率が下がり人手不足になり労働市場が売り手市場になってはじめて給料が上がっていきます

から物価が上がったか実質賃金は下がって国民生活は苦しくなっている」とか主張するのは本当にやめたほうがいいです。

マクロ経済をきちんと学んだことがある人間には「デフレに戻せ」と言ってるのと同じに聞こえるんですよ。

じゃあ、どういうふうに現政権経済政策批判してどんな主張をすればいいのかについて書いていこうと思います


現代の主流派経済学の中での左派の主張


クルーグマンスティグリッツピケティといった名前を聞いたことがある人はそれなりにいるかもしれません。別に知らなくても何の問題もないです。

クルーグマンスティグリッツはどちらもノーベル賞を受賞した経済学者で、日本では今年3月安倍首相が相次いで会談を行ったことがニュースになりました。

ピケティ2014年12月日本語版出版された「21世紀資本」の大ブーム日本でも有名になりました。

ちなみに、上記リンク先のエントリー2014年11月ピケティブームの直前に書かれたものです。(エッヘン)

そんなことはどうでもいいんですが、この三人のマクロ経済政策に関する主張はかなりの部分でとても似ています

三人とも主流派経済学左派に属する人たちなので、まー当たり前っちゃ当たり前です。

どういうものかというと、失業率が高い状況においては、金融緩和と大規模な財政出動をすべきというものです。

金融緩和についてはもう問題ないと思います。世の中に出回るお金の量を増やさないといけません。

その上で、財政政策(どこから取ってどこに配るのか)については、財政出動(たくさん配ること)を主張しています

金融緩和によって実質賃金はいったん必ず下がります。この実質賃金低下の影響が大きい層、つまり給与所得者層(中でも特に低所得者層)に配るんです。

必要な段階とはいえ、物価が上がったのに給料が変わってない人は消費を抑えようとしますよね。

せっかく出回るお金の量を増やしたのにうまく循環しないと困るので、実質賃金の低下の影響を財政出動によって和らげるんです。

当然、このタイミングでの消費税増税は、愚策中の愚策です。消費を増やすために財政出動しなければいけないのに、逆にその層からたくさん取ってどうすんだって話です。

政権経済政策について批判しなければいけないのはこの財政政策の部分です。

雇用は増やしたけど再分配がまったくできていない、むしろ逆行しているから、低所得者向けの積極的財政政策もっとやれという批判の仕方をすべきです。

金融緩和実質賃金低下を批判しても、雇用を増やしてほしい人たちからの支持を失うだけです。


マスコミ知識人ジャーナリストたちが果たすべきはずの役割とその怠慢


別にすべての人が経済政策について全体像理解してなきゃいけないなんて私はまったく思っていません。

ただ、マスコミ知識人ジャーナリストなどの、情報や知性のハブになるべき人たちが、必要に応じてその時々できちんと説明できればいいだけです。

そして、経済の話については、ここがものすごく弱いところです。

マスコミに期待するのは無駄だとしても、他の分野の話については専門的・学問的な知見の積み重ねに対して謙虚な人でも、経済の話だとまったくそれを無視するのってなんでなんでしょう(泣)

クルーグマンでもスティグリッツでもいいか入門書を一冊でも読んで全体像理解して、その全体像の中で個別論点をそれぞれ掘り下げればいいのにと思うんですが、権威のある経済学者言葉から自分の思いつきにあてはまる部分だけでパッチワークを作ってばかりで、知識人とかジャーナリストって勉強嫌いなんですか?

いちおう私について言っておくと、学者でもエコノミストでもなんでもなく、ただの経済学部出身者です。むかしひととおり学部全体像を学んだことがあるだけです。

知識のハブになる人たちは、「経済学者にはわからないだろうが」みたいなマクラポエムを書く暇があったら現代の主流派の通説ぐらいは知っといてほしいです。(偏見まみれ)


EU離脱を招いた、キャメロン首相緊縮財政政策


さて、イギリス国民投票の結果、EU離脱派が勝利しました。イギリス人移民雇用を奪われたことが原因だと言われたり、でも実際に移民が多い地域では残留派のほうが多かったりといった状況で、いろんな人が理由分析しています

私も、私なりに思い当たる理由を書いてみようと思います。というか小見出しにもう書いています

財政赤字削減を公約に掲げて2010年首相になった英保守党キャメロン首相の「改革」が、間違いなく理由ひとつになっていると考えています

名誉白人様ことめいろまさんがEU離脱解説した一連のツイートを読むとわかりやすいんですが、都市部インテリ(気取り?)は、失業率増加や公共サービスの低下を移民増加と直接的に結びつけて理解していることがよくわかります

移民が多い地域でむしろEU残留支持が多かったことからもわかるように、緊縮財政政策政府がなるべくお金をつかわな政策)による不景気公共サービスの低下が、なんとなくのイメージとしての排外主義を加速させるという意味で、経済学視点からも学ぶことの多い出来事だったと思います

クルーグマン言葉を借りれば「欧米日本失策から学ばずに、日本よりひどい失策をしたことに対する反省皮肉」というやつです。今度は日本失策からきちんと学べるといいですね。


財政再建派」という言葉について


ここはちょっと箸休めです。あんまり関係いから読まなくてもいいです。

よくニュースなんかでも使われる「財政再建派」という言葉があります財政再建派という言葉は、財政政策(どこから取ってどこに配るのか)において、増税特に消費増税)による税収増と緊縮財政を主張する人たちに使われる言葉ですが、すごく誤解を招きやす言葉だなーと思っています

消費税増税すれば、増税した年の財政赤字を減らすことはできますが、消費を落ち込ませることにより不況の原因になります

15年以上にわたるデフレ不況によって増え続けた国の借金を、単年だけの税収増でどうにかできると考えるなんて無理があって、好景気による税収増を続けていくことでしか財政再建成功しないと私は考えているので、せめて「増税優先派」とかにしてくれないかなと思ってしまます

財政再建すべきという目的は変わらないのに、片方を「バラマキ派」、もう片方を「財政再建派」と呼ぶのはいくらなんでもなぁとよく思います


リベラル政党が主張すべき経済政策とは


長々と書いてしますみませんでした。

さて、リベラルが主張すべき経済政策です。ここまで読んでくれた方はもうわかりきってるとは思いますが、「金融緩和低所得者層子育て世帯への財政出動の組み合わせ」です。

政権経済政策アキレス腱財政政策です。2014年エントリーにも書きましたが、

雇用を増やして失業者を減らしたけど、それでもまだ失業している人や低所得者層への再分配だったり世代間格差是正には興味がないのが現政権で、

再分配に興味はあるけどその原資のために景気を良くしたり失業率を下げるための政策最後まで採らなかったのが前政権です。

金融緩和継続するということを大声で主張しましょう。投票先のない経済左派が泣いて喜びます


参議院選挙ですね


そーですね!(やけくそ



私はリベラリズムが好きなので、候補者政党が何をどう言おうが、候補者政党が争点を決めることはできないと思っています

それぞれの有権者勝手優先順位の高い争点を決めて、それぞれの優先順位にしたがって投票してしまます。それでいいと思います

その結果、全体としては、これまで有権者にとっての優先順位が高い政策は、雇用福祉経済でした。これからも変わらないでしょう。

このことは、本来ならリベラル政党にとってはありがたいことのはずなんです!だって雇用を増やして失業率を下げる政策を主張すれば勝てるんですから!!

なんで勝てないんだろう!?雇用を増やす政策を主張してないからですね!!!

雇用が争点になったら困るリベラルって斬新ですね!!!!新しい!!!!!

本当に情けない、悲しいです。経済左派雇用を最優先に投票先を選んだら、自民党投票するのがもっと合理的になってしまうんです。

相対的に一番ロジカル経済政策を主張してるのが自民党からです。

しかも、ここまでに書いたように、よりロジカルな主張が存在するのに、私はそれを主張してほしくてしょうがないのに、リベラルなはずの政党たちは逆方向に全力疾走してます

自民党一強の状況を、右傾化とかそういう言葉に回収して馬鹿にすることに意味があるとはまったく思いません。




自民党安倍首相以外の執行部は緊縮財政派がずらりと並んでますし、次の総理経済で失政したら政権交代のチャンスも生まれるかもしれませんね。

それまで寝て待ちましょうか。そのときにはどんな党名になってるんでしょうね、すごく楽しみですね(棒)

また愚痴になってしまいました、手が疲れたのでここまでで終わりにします。オチはありません。

2016-06-30

カンナビノイド

http://this.kiji.is/120995692084789251



人間脳内大麻の成分と似たものがある、じゃなくて

一部の脳内物質に似た成分が大麻に含まれている、が正しいのに

もう大麻中心に世界が回ってるみたいな発言だよね

この学者大麻でも吸ってんのかな

2016-06-24

http://anond.hatelabo.jp/20160624191740

「金にならないと意味がない」

現実問題解決できなければ意味がない」

これはあなた個人の主観に過ぎない。

例えば後世の人間からしたらあなたが新しい解法を導き出してくれたら

それを探すコストが短縮されて実用的な技術への近道となる。

あなたの死後の話。

そして永遠に近い命を持つ「数学」という人物からしても

あなたも、高名な学者も、貧困者も、自分を高次元に押し上げるだけの消耗品しかない。

数学実用化された恩賞で喜ぶのはその時代に生きる人間、個人でしかない。

数学からしたら飢えようが死のうがどうでもいいことだ。

2016-06-23

情報鵜呑みにしてはいけない。なんてよく聞くけどまったく意味ないな。

何のために新聞があって何のためにニュースがあると思っているのか。

どんな分野においても専門的な事柄に対して自分意見を持たないといけないとしたら専門的なレベルまでの知識を蓄えないと判断なんかできない。

専門家同士で意見割れているようなことに対して自分意見しようと思うならそれに見合うだけの調査をしてアウトプットもしてそれを繰り返してやっと人に意見できるレベルになるのにそれをどんなことに対してもしないといけないとしたら時間いくらあっても足りない。

から各個人が自分の専門領域をきちんと持ってそれを追求し、それが行われることで社会全体にとって結論過程資産になっていくもんだろ。

情報必要に応じて省略して時間的、内容的にも一般人でもわかるようにしたのがニュースなんだから

政治だって政治家を選ぶことで国民政治を行うのも同じ。研究学者に任せるのも同じ。

情報鵜呑みにしてはいけないなんて言っている奴こそ何も考えてないだろ。

2016-06-14

おそらく現在は、歴史もっと大衆の愚かさが極まった時代じゃないだろうか?



政治家に、アイドル芸人を立たせて、

科学者学者起業家技術者などの高度な専門領域に、仕事内容よりもアイドル性、芸能性を求め、メディアの前に立たせる。



猿でアホでミジンコのような大衆は、芸能人のような分かりやすコンテンツ化した人間でないと、リーダーを選べない様なので、アホな大衆の知能レベルにあわせて、



それをやらないリーダーは失格だと、ありがたくも、忠告プレッシャー(足の引っ張り)を与えてくれる。



蚊に刺される程度のプレッシャーだけど。



残念だけど、いくら文句を言ってもアホすぎる文句は知能を下げさせるだけなので、期待には答えないほうがよさそう。



多くのリーダー芸能化に力を注いでいるようなので

わたし仕事への集中をますますしようっと。



小泉さん時代は新しかったけど、二番煎じ、三番煎じの競争に入ってくると、芸能勝負になり、本業から離れますね。

2016-06-12

セックスロボットになるのか

学者らが警告、青少年の初セックス相手ロボットになる恐れ

http://jp.sputniknews.com/life/20160611/2290166.html


いつかは来ると思っていたが、それなりに早く来そうだ。

俺は基本的に賛成する。

賛成する理由は俺の個人的体験だ。



俺の初めては16歳、相手は30過ぎのお姉さんだった。

その時はヤる事しか頭に無いので相手がチョイぽちゃ(150cmチョイ体重恐らく50キロくらい)でも気にならなかった。

3回くらいヤったけど、その後自然消滅してまたオナニーの日々に戻るのだが、それはどうでもいい。



それでだ、俺が25歳の時にたまたま再開したんだよ、相手は40過ぎてた。

ヤバかったね。ボストロールになってたよ。

150cmチョイの身長体重は70キロ近く有ったんじゃないか

あんなにヤりたくてヤりたくて仕方なかった相手ボストロール

しかバルザックのような目をしてヤル気満々で迫ってくる。俺はメタルスライムのようにかわし続けたよ。



でもな、バルザック痛恨の一撃を放ったんだ。初めての相手してやったんだから、1回くらい付き合えよって。

メタルスライムHPでは耐えられなかったんだ。ちょうど彼女と別れて1ヶ月ほどヤってなかったのも悪かったのかもしれない。

リップスのようにキスからフェラされて、騎乗位でトドマンが腰を振っていた。腹の揺れが息子にまで伝わってきて、俺の息子はダイダルウェイブした。

1ヶ月分のダイダルウェイブを見て「いっぱい出たね(はぁと)」と勝ち誇ったように言われた。



「1回だけだから、次も有ると思わないでね」と言い残してボストロールは消えた。

俺は泣きながら歯を磨き体を洗った。2回洗って、家に帰ってもう1回洗った。

真の敗北とは、心が折れた時に訪れるという。

俺は人生初の勝利をお姉さんから貰い、人生初の真の敗北をボストロールから与えられた。

これが大人階段を登る代償だというのなら、大人階段などいらぬ!

偉い人(学者)にはそれがわからんのですよ!




話が長くなった。

もしもロボットが初めての相手なら、10年後、20年後に悲しい思いをする事は無いはずだ。

美しい思い出をそのままにするために、ロボットとのセックスを認めてあげて欲しい。

2016-06-11

心理学精神医学あるあるなんだけどさ

よく「○○でなければ××(否定的評価)だ」みたいな言い方で、

例えば自己肯定感がないとダメ人間みたいな文言でさ、

じゃあどうやって自己肯定感つけたら良いのかって調べると、

自己肯定感を得られるような経験や実績を若いときに積んでいること、

みたいなことが書かれていて、ようするに「お前はもう手遅れだ」

という意味しか受け取れない内容が多すぎる。



手遅れだなんてことは十分わかってるから

心理学なり精神医学にすがるんじゃないの?

手遅れなりに何とかする方法はないのかって藁にもすがる思いでさ。

ハッキリ言って若いウチに文句のつけようのない人生送ってきた奴が

その後の人生でも成功するなんて研究するまでもなく当然じゃんw

心理学なり精神医学って何がしたいの? ダメ人間を更に叩き落としたいの?

心理学者とか精神科先生って学者面したイジメっ子ばっかなの?

あいう人たちが聴衆のやる気を失わせる方向ばっか語るのって何なんだろう。

瞑想運動id:xevra氏の方がよほど希望を与えてくれるわ。

2016-06-10

http://anond.hatelabo.jp/20160610153642

宮台真司は、マニア学者オタクの違いとして、前者は(例えばマニアであれば切手収集学者であれば恐竜研究など)その趣味を好むこと自体には他者にとっても理解可能であるが、後者は(漫画アニメ少女欲情するなど)他者には理解不可能であるという違いを挙げている[17]。また別の説明として、マニアの没入対象には性の自意識関係していないが、オタク場合はそれが関係しているという点[注 1]を挙げることもできるという[19]。宮台の整理によると、1977年から若者の間で「オタク系とナンパ系の分岐」が発生しており、(魅力的ではなくなった現実を乗り切るために)現実記号的に装飾し性愛積極的コミットするという方法現実虚構化)を選択したのが「ナンパ系」であり、逆に性愛から退却し虚構を駆使して現実から遠ざかる方法虚構現実化)を選択したのが「オタク系」となる[20]。


https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%8A%E3%81%9F%E3%81%8F

2016-06-07

http://anond.hatelabo.jp/20160607170436

× ある

○ あると言っている学者がいる

2016-06-05

じゃあ、理系文系

 世の中は理系文系です。答えはシンプルで、理系出身者が文系仕事を出来ても、逆はほぼ不可能です。なぜ、こんな簡単なことを誰も声を大にして言わないのでしょうか?

1) マスコミ

 マスコミ早慶文系出身者が多く、自分たち存在意義否定したくない、っということがあるのではないでしょうか?彼らも人間ですから、身びいきになるのは当然です。

 また、私立大学は彼らのお客さんであり、私立大学の多くが文系学生学費によって成り立っている事実があります。そのため、マスコミが声高に文系エリート以外にまったく意味がないことを言えません。

2) 大学の収支

 文系にかかかる費用はほんの少し、理系にかかる費用天井しらずです。文系場所提供して、講師を雇い、マスプロ授業、教材を配布し、試験をして、採点して、単位出し、卒業させるだけで、ほとんど費用がかかりません。もっと言ってしまえば、本さえあれば自習可能であり、誰かに習わなくとも、必要な知識を会得できますし、それ以上の専門知識は学者以外には不要です。

 理系は広い場所を確保、高い設備を買い、実験できるのは少数です。専攻によって違いますが、設備が億超えるような強烈に高いものも珍しくなく、その設備を使って教育させるだけでとんでもない費用が発生します。そうして、得た経験、知識が実社会要求されますので、まさに実学です。

 医学部典型例です。私立は込み込みで卒業までに1億円かかるといわれる大学があるにもかかわらず、国立大学医学部学費は年間60万円程度に過ぎませんし、寄付金なんて当然要求されません。この差額は国が負担しているのです。多かれ少なかれ理系税金によって勉強させてもらっているのです。

3) 日本の習慣

 官僚東大文Ⅰ信仰と結びついている節があるのではないでしょうか?技官が力を持つことはなく、事務官が各省庁のトップ事務次官になり、最高のステータスを誇ってきました。

 また、バブルの頃に東京私立文系をもてはやす習慣が出来て、特に目的はないが、早慶学部受験する、といった意味のない受験の仕方が何の疑問も持たれずに未だに行われています。私は日本以外にこういった受験の仕方をする国を知りません。

■ まとめ

 今までは安易文系選択問題になりませんでした。なぜなら、日本企業事務効率世界最低レベルだったため、大量の事務方存在したので、非エリート文系の受け皿が存在たからです。それが日本経済が落ち込み、IT文系仕事駆逐していくことになると、文系学生就職難はどんどん激しくなるでしょう。

 この記事を読んだ高校生の皆さんは安易文系を選ばないでください。東大京大にいけるなら、それもいいですが、早慶文系就職ですら、すでに思わしいものではありません。私がどれだけ言っても信じないなら、大学ホームページで進路状況を確認してください。理系がほぼ100%就職に対し、文系は20%程度は進路不明です。

http://anond.hatelabo.jp/20160605002558

学者こそ何の役に立つのはいくらでもでっちあげる能力に長けてるよ。

だって偉い人説得して研究資金ゲットしないといけないから。