「だって」を含む日記 RSS

はてなキーワード: だってとは

2016-07-28

ポケモンGO公共エリアを利用した商売だってことに気付いた

もとを辿れば、これは広いアメリカと、狭い日本の違いなんだと思う。

ただ、ここまで社会現象になった以上は、社会としても考えないといけないことが出てきていて、ユーザーすらまだそれに思考が追いついていない状況なので、これから考えていけば良いと思う。でもできれば早急に。

わかりやすく例を言うと、

 

 ■とある公園で人だかりができていました。よく見ると屋台でなにか食べ物を売っています。でも、その屋台無許可食べ物を売っています。夜もずっと営業しています

 

ってなると、普通行政はこれに対処しますよね。土地代払ってないんですから

 

例えばヤマト運輸なら、「公道を利用して事業を行っているヤマトグループ」という意識を持ってる。

http://www.kuronekoyamato.co.jp/kankyou/page/05/2006/pdf/2006-12-anzen-highlight.pdf

要するに、自分たちが何を売っているか、何をしているかを考えている。

 

コンプライアンスというか、事業者意識にゆだねられてるところだと思うんだけど、大量に人を集めてそれが利益になっているんだったら、企業側はそれに応じた配慮ってもの必要になると思いました。社会側もそれに応じた対処必要になると感じました。

はてなの窓口が低能すぎる

運営からはてブの利用停止措置通告メールが来たんだが、そこに二つ理由が書いてあったわけよ

まず最初に「広告宣伝および検索サイト最適化目的としてブックマーク登録する行為スパム)に該当する」2番目が「複垢」

複垢はともかくスパムの方は全く身に覚えがないので、運営に訊ねたところ

「今回は、上記理由ではなく」と返ってきた

え?まじで?無関係で、しか一見関係のあるように見えるまぎらわしいことを通告してきたの?

正気の沙汰とは思えなかったので念押しの為にもう一度訊ねたところ

「すでにご回答しております」とだけのあっさりとした返答

無関係なこと書くなよwww馬鹿馬鹿なの?www

ご回答しておりますだけで済ませるつもりに見えたので、おまえ今間抜けメール送ってきたんだよ?そんなんで務まるだなんて問い合わせ対応窓口っていうのはお気楽仕事なんだねえ、って嫌味メールしたら返信こなくなっちゃったw他にも質問してたのに

質問したら必ず回答するのが低能サポートの唯一の美点かと思っていたが、気のせいだったらしいw

以前はこっちが途中で飽きちゃったからなあ



他にも停止措置通報に拠るのか、それとも担当者判断かと訊ねたら、「どちらでもない。一定基準がある」という低能返答してきたり

(いやお前が判断したんだろうよ。これまでの停止タイミングからしてもほぼ確実に人力でやってるし、担当者判断が入っていないわけがない)

脇が甘すぎる



クレーム対応もしないといけない部署にはこんな低能じゃなく議論厨を配していてほしいものだが

所詮サポートなんて頭の軽い馬鹿女があてがわれるものなのかねえ

(今回のメール対応者の性別はわからないけど)



あと、はてブコメントでは罵倒中傷の類は基本的問題にならないと見てよいだろう

罵倒中傷などは規約違反ではない

まあそんなことを規約違反だって言ったら、きょうもえやらを筆頭に停止者続出になるもんな

あいつらが無事である以上、依怙の沙汰にしかならない

から罵倒などは問題にせずスパム理由に挙げてきたものと思われるw

まあ気に入らない奴に無理やり別件の理由を挙げてるだけなんだから実質 依怙贔屓してるだろうけどなw

危険ドラッグ常習よりも右翼的思想の方が問題だと思う

ネトウヨなんて大半は精神異常者だってことが証明されてしまった

不快ってのは正当な理由

あなたはかつて行動を共にした友人だったし

現在定義上は旧友という友人の扱いなのだろうが

あなた発言と行動は私にとって不快であることが多く

私はここ最近あなたからの連絡を意図的無視している

あなたは「友達から何を言ってもいい」「思ったことを言えない友人なんて」と

私との友人関係を盾に取るが

その友人関係とやらは不快言動理由に解消しても構わないことをそろそろ理解すべきだ

こういうとあなたは言うのだろう

「でもあなただって私に不快なことを言う、あなた性格や行動だっておかしい(自分ばかりではない)」と

私があなたの行動の非常識さを指摘したことに対して、不愉快なことを言ったお返しとばかりに

うんざりする

そう思うなら友人関係を解消してくれて一向に構わない

私はあなたと一緒にいたいと思うことはない

あなた言動不愉快から

あなたはなぜ未来永劫変わらぬ友人のように扱うのだ

不快なら友人関係などなくなって当然なのに

死や無、自分存在無意味さを、克服または飼い慣らしなだめつつ生きる理由を、自分の内側から見出さない限り

配偶者だろうが腹を痛めて産んだ我が子だろうが、趣味だろうが無趣味だろうが、心のスキマを埋めるための「埋めぐさ」でしかない、それらは並列物でしかないんだよなぁ。

子供絶対的存在理由になると本気で思い続けたら毒親一直線だ。子供ったって他人なんだから

それに、自分を受け入れてくれる配偶者だって離婚しちゃえば赤の他人

叩かれている増田は、それに気付いているだろうか。

ただのマタニティハイなら幸いだが、夫依存自覚はあるらしいから。

独身は生きがいがないと思っている増田の、追・追記を見た感想

タイトル言葉遣い下品で誤解を与えたんですかね

違うのではないかと思います増田が考えている「他者像」が薄っぺらすぎるので炎上しているのではないでしょうか。



>ご飯が美味しかったり、夕焼けがきれいだったり、ピカチュウ捕まえたり、アイスのくじが当たりだったり、出世したり、海外出張がうまくいったり、転職成功したり、素敵なタワマンに引っ越せたり、大から小まで幸せって

>例えば病気とか、親戚や親の不幸とか、仕事残業連日で辛いぜ~とか、今日カンファレンスはうまく発言できなかったな~とか

薄っぺらいですね。

そういった極めて具体的で、他者との比較優位しか幸せや不幸を語れないことを、個人的はいい年して少し恥ずかしい人だな、と感じます

更に言えば、薄っぺら幸福像・不幸像しかない者が、他人に「私にとってあなたステータスだと辛いんだけど、生きがいってあるの?」と聞くのは、個人的には、相当不遜だなとも思います



>ましてや結婚してない人が不幸だなんて一言も言ってない

言っていますね。

私的には一人で生きていくのって結構大変で、だから独身の人って結構辛いんじゃないかなって想像する

言っています。辛いと想像していると。



邪推邪推を重ねますが、恐らく、未婚のご友人に聞いて、はかばかしい返事が得られなかったことなども影響して

自分アイデンティティ立脚点自分自身の中にないことに不安を抱いた結果の、他者への攻撃的な発露につながっている可能性がありませんか?

一方で、ご友人方が、ひょっとして能天気自分薄っぺら価値観押し付け増田イラッとして

攻撃的に「別に結婚が生きがいのすべてとか思わねーし」と言いかえされている可能性もあります

未婚のご友人方に、ストレスをぶつけられているのかもしれませんが、そのストレス源になってる自覚も、同時にしておいた方が良いでしょう。



総合すると、やはり、人格が未熟で責任無自覚だなぁという印象です。

このままだと、本当に「家族にべったり依存する毒親」になる可能性がそこそこあるかもしれませんね。

お前、離婚する可能だってゼロじゃないのに、大丈夫か?と言っておきます。あえて死別可能性については申し上げませんが。って言っちゃったけどね。

http://anond.hatelabo.jp/20160728000910

宮森はやとは、劉邦みたいなものとして評価すべきなのではないか

昨日横山光輝の「項羽と劉邦」ってマンガを読んだ。

そして、宮森はやととは劉邦タイプ人間なのだと感じたので書いておく。




https://camp-fire.jp/projects/view/7679

これを見てみよう。

キャンプファイアーで各インセンティブの項目と、それぞれについたパトロンの数を見てみよう。

宮森自身には何も提供できるものがない。彼にできるのは、意味の分からない自分語りをすることと、歌を歌うだけだ。

のものは全部他の人間提供している。彼は何もしない。できない。

みやもリターン】音痴みやもあなたのために一曲魂を込めた唄を歌い、それを動画にして送ります

人生に悩んだ時に聞いてください。

選曲は、ファイト中島みゆき)、ロックンロールは鳴り止まないっ(神聖かまってちゃん)、卒業尾崎豊)、バラ色の日々(THE YELLOW MONKEY)、Grateful days(Doragon Ashから選べます

  1. ハイパーリバ邸メンバー全員の感謝動画+ハイパーリバ邸アートにお名前刻印(小)+クラウドファンディング活動報告にお名前掲載

宮森自身は徹底的に何もできない無能である

だが、それで全然かまわないのである。むしろ、そのことに意味がある。

ハイパーリバ邸に関して、宮森がやる気をだして自分で何かしようとしたら駄目になるだろう。かれは徹底的に何もしないほうが良い。

彼はただ何かをやろうと音頭をとるだけだ。旗印になるだけだ。真っ先に俺はこれをやりますって言ってあとは他人に丸投げするだけだ。

かいことなんてなにもわからない。責任も取れない。つっこまれたら血ヘドを吐いて寝込むしかできないのだ。だって自分無能なのだから





だが、この音頭を取るだけ、旗印になるだけ、ということができる人間が少ないのだ。

普通人間は、論理的に考えようとするからだ。 プライド邪魔してバカなことができない。

能力はあってもなかなか自分が矢面に立ったり、自分が先陣を切るのはためらってしまう。失敗した時にうけるダメージを考えてしり込みしてしまう。

そういうときにこの男が必要になる。

この男は自分が何もできないことを気にしない。 大勢の前で自分がやりたいことを叫ぶことをためらわない。 そういう人間が他にあまりいない。

だったら、それがやりたいけど要は勇気がないやつらは、この男のもとに集まらざるを得ない。




そこそこ有能だが、自分に自信がなくて一人では動けない奴らが、宮森はやとという無能な頭を使って、自分たちがやりたいことをやる。

そういう空っぽの器が宮森はやとという存在である

宮森自身には何の価値もない。ただの無能クズ人間だ。 そんなことは見ればわかる。

でも、ならばその無能クズ人間の周りに、なんで人が集まるのかということを考えなければならない。







ところで。

宮森が一人で50円でなんでもやりますといったとき意味が分からなかった。宮森自身は本当に救いようがないアホだと再確認した。

お前、自分自身ではなんもできねえ無能クズだろうが。奈に勘違いしてんだ。

お前ができるのは庭の草むしりとへたくそな唄を歌うだけで、それも仲間内しか求められてないんだよ。

お前自身が何かやろうなんて思ってんじゃねえよ。

そして、余計なことをして、旗印のもとに集ってきてる人たちにまで迷惑かけてんじゃねえ。

宮森のもとに集まる人間には、有能だがきっかけがないだけの人もいる。

だが、それ以上に、宮森と同レベル無能で、だが、宮森のように勇気もなくてただ宮森にあこがれる馬鹿がいる。

50円騒動では、前者はやはり有能で沈黙を守ったが、後者が黙っていられなかった。仕方ないよな、馬鹿から

こいつらが宮森さんは悪くない、悪いのはあいつらだと連呼すればするほど、宮森の無能さが浮き彫りになった。

これは、有能なやつらにも悪影響を与えただろう。 

勤勉な無能は害しかさない。宮森の周りのバカは、宮森のことが大事ならお前らは黙っているべきだった。だが、自分馬鹿であるということすら理解できていなかったようだ。




劉邦時代と、宮森との違いは、劉邦時代だったら有能な奴しか発言権権力を持たなかったことだ。

だが、今は宮森の周りにいる有能な人間だけでなく、無能人間まで自由発言できてしまう。

おそらく、こいつらの存在が宮森にとって致命的ながんになり、これにより崩壊することだろう。

俺は宮森はやとのことは高く評価するが、だからといってこいつの人間性は嫌いだから、できれば失敗してのたれ死んでほしい。

宮森のまわりの無能バカは頑張って宮森をかばってるつもりで後ろから弾を撃ちたまえ。

http://anond.hatelabo.jp/20160728172851

ラスト


ちょうどこの時期、女装GIDの人専用のSNS発見した。

入会した。

そこで色んな人の話を読んだり、会話やりとりをする内に、またむくむくと首をもたげてきた。

男に抱かれたい。

ディルドーではなく、ほんものチンコアナルに挿入されたい。

可能なら、複数の男によってたかって。

代わる代わるに。

女下着にキャミ、ニーソウィッグ自撮りプロフィールに貼った。

お誘いも色々あったし、自分ぶっちゃけの願望も色々吐き出した。

SNSメッセ機能で、あるおっさんから、遠隔調教しませんか、というお誘いがあって、とうとう、受けてみた。

別に何も証拠はないし、実際にやらなくてもバレるもんじゃなかったけど、オレは素直に従った。

メッセで指示されるままにアナルプラグをしたまま仕事をして、下剤と下痢止めを三日間大量に飲み、大量の下痢うんこをためた後で、公衆便所プラグを抜いて大放出し、その写真を送った。

勃起チンコ亀頭に、ロウソクを垂らすよう命じられたりした。

これらの遠隔調教、とても刺激的な体験ではあったんだけど、自分でよくわかった。

オレは女装願望があって、女セックスをしたい人間だけど、Mではないと。

面白い体験ではあったけど、輪姦願望があるけど、オレはMではなかった。

「とても刺激的でしたが、仕事が忙しくなってお兄さま(と呼ばされていた)のご命令に従うことが出来なくなってしまいました。ごめんなさい」とかってメッセ送って終わりとなった。

相手だし、直接会ってどうこうでもないし、オナニー範囲だよね?ね?

自分言い訳

そうこうするうちに、付き合い出してから1年程で同棲をすることになった。

同棲したら、オナニーグッズと女装グッズの大部分は捨てざるを得なくなるし、そもそも使うチャンスがなくなる。

最後のチャンスかも知れない。

かねてから名前だけ知ってた、東京とある女装ハッテン場に行く決心をした。

よーーーーく下調べして、評判や言った人の感想、中の雰囲気、料金システム時間とか事前に情報収集

当日、彼女には、会社からそのまま友達のところに泊まると連絡(毎晩寝るまで電話で話してた。女性相手普通にラブい恋愛してたんだよ)しておいて、最低限の金だけの財布と、シンプルなバッグを用意して女装グッズ等を入れ、仕事カバンやメインの財布、カード類等は駅のコインロッカーしまって、いざ、女装ハッテン場へ。

ちなみに、基本はお店という建前でやってて、あの感じな、あとは客の自由恋愛ですってスタイル

で、平日はゲイのハッテン場なんだが特定曜日だけは女装の日みたいな、そういうシステム

行きました。

相手にされませんでした。

ブスだからです。

だってホント、すげぇちゃんと女の子になってる女装さんばっかりなんだぜ。

いや三分の二ぐらい女子になれてないやつもいたんだけど、3分の1くらいはかなり女子になれてて、そんで多分あれは常連

毎度来て、女装子大好き男たちにちやほやされて、何人かといちゃいちゃして、何人かとセックスしたりしなかったりして帰ってるんだと思う。

で、ブスは一人ポツンとして、しょんぼり終電のうちに帰るわけ。

オレは2/3のブスだった。

顔をケータイで隠してそこの風呂場の姿見で自撮りしたやつをプロフィールにしたら、あったこともない相互フォローのひとたちは口を揃えて

可愛い!!」

「顔も見せてよ~」

「他のポーズもして!!!

顔見るまでだよ。

オレは知ってるよ。

知ったよ。

いや、ちょっとだけ相手にしてくれた男はいたのね。常連らしいオッサン

から、ご新規女装子ちゃんには優しくしてくれた。

初めて男とキスしたし、男に乳首舐められたし、チンポ舐めたりしゃぶったりした。

で、まあ、ブスにしゃぶられても勃起しないよね。

初々しさが良くて勃起するのは、可愛い子の時だけ。

可愛くなくても勃起するのは、フェラが上手い時だけ。

不慣れで下手クソでブスにされても駄目だよね。

付け加えると、そのハッテン場に行った時の下着はロリをコンセプトにしてたのね。ロリータ娘。

茶のリボンと白レースがついた白いニーソに、同色・同装飾のショーツ、カップのないジュニアブラ。

これがまあ、当たり前なんだが紳士Lサイズのオッサンに似合うわけがなかった。

致命的にブサかった。

多分ちゃんと勉強して色々工夫すれば、サイズとかも選べば、あと体型とかも努力すれば、それなりに見れるようにはなるんだと思う。

それをオレはしてこなかった。

女装ハッテン場に行って、下着女装をすれば、セックス出来るもんだと勘違いしてた。

その後もう一回だけ、ビジホでの少人数女装乱パに参加したけど、やっぱり主催女装さんと常連美女装さんに集中して、オレ含め大部分のブ女装相手にされなかった。

口先では色々言ってくれるんだけど、オレはセックスしに来たんだ。

そのチンポを挿入してくれないんなら、口でなんと言おうと意味はなかった。

結局集めた女性下着もオナニーグッズも全部捨てて、普通に結婚して、奥さんとセックスして、子供作って、育てた。

でも、ずーーーーーーーーーーーーーーーーーっと、燻ぶってる。

女のように抱かれたい。

女になるのは無理。

オレは完全に性自認が男だ。妻子も社会的立場も捨てて女になるのは無理。

女装子も無理。

下着やウィッグだのを隠し持っておけないし、体型も、それは自分努力だろうけど、それにしてもいい加減女装女の子になりきれるような年齢じゃない。

熟女に化ければいいかも知れないけど、それは気が進まないし、どっちにしろ色んなグッズを隠し持つ必要もあるし、やっぱりちゃんとした女装にはかなりスキルがいるって今は分かってる。

からホモ風俗

ホモの人向けの、ホテヘル風俗があるのは知ってる。

金払うんだから商売なんだから、"女みたいに抱かれたい"というのは、相手を選べば、プレイイメージを言えば、金を払えば、出来るんじゃないのか。

やってもらえるんじゃないのか。

どうなんだ?????

雌ックスがしたい。

クソ長い。

入りきらなかったから分割する。

あと、クソキモいムナクソなことがたくさん書いてあると思うから、閲覧注意だ。

ホモ風俗に行きたい。

都内店舗型なんてほぼ存在しないらしい(他県は知らない)。だからウェブサイト写真プロフィールで選んで、電話で予約して待ちあわせてラブホに行くようなやつ。イケメンじゃなくていいんだが、オレよりずっと背も体格もあって筋肉モリモリのひとがいい。

オレを抱えて駅弁ファック出来るぐらいのパワー。

そのパワーと体格で、オレを女の子みたいに軽々と扱って欲しい。

お姫様抱っこから、ベッドに放り投げて欲しい。

当方40過ぎの中肉中背、若干中年太りで腹肉がヤバめの、オタクのオッサン

妻子あり、ただし現在セックスレス

ホモではない。

オレは男に抱かれてみたい。

女になって、体格差のあって力でも到底叶わないような男に押し倒されて犯されたい。

よく考えてみると、どうも小学校の高学年ぐらいから抱き続けてる願望なんだよ。

表面化したり忘れたり発達したり複雑化したりしながらずっと続いてた欲望らしい。

えっとね、永田カビさんの「さびしすぎてレズ風俗にいってみたレポ」を読んだんですよ。

読んで、あ、そうなんだよ、オレもホモ風俗に行きたいんだよって思って。

その欲望だの願望だの抑圧された、自分で抑圧してきた望みだのをちょっと掘り下げて直視してみようと思って。

さびしかったわけじゃないし、永田さんみたいに対人面だの家族面だの人生面だので切実な辛さがあったんでもないんで、同じみたいに語るのは失礼だと思うんだけど、オレもどこにも吐き出せないで生きてきた切実な思いでもあるんだよ。

ちょっと思い出せるとこからとにかく書いてみようと思う。

後で整理して削ったり足したりするけど、とりあえず、小学校高学年あたりから

小学校高学年頃のクラスメイト数名にエロ知識を教わったのが、言ってみたらオレのエロ歴の始まり

の子からみたらアホみたいな、「女にはチンコがなくて、マンコの穴があって、そこにチンコを入れる。男はチンコから精子が出る。マンコの中に出すと妊娠する」ぐらいの知識。

その頃マジで保健体育の性教育なんて「おしべとめしべが~」みたいなのと、チンコとか精巣の断面図、女子の膣から子宮から卵巣までの断面図とかしかやらなかったから。

時代性とか生活圏とか文化圏とかの違いはあるんだろうけど、小学生のオレらには「彼女を作る、彼女セックスする」なんて発想はなかった。

ないこともなかったけど、遠い未来の、大人になってからの話だと思ってた。

男同士で一緒に立ちションとか 勃起チンコの見せっことかはしたけど、ショタBL的な展開はなかったよ。

ただ、服着たまま寝っ転がって抱き合ってセックスごっこみたいなことをよくした。

ああ思い出した、この頃はセックスなんて言葉知らなくて「ベッドシーン」って言ってた。

確かに大人露骨セックスとか言わなくて、ベッドシーンぐらいに濁して言ってたよ。

からベッドシーンごっこだ。

正常位も後背位も座位もなんにも知らないっつうか、セックス実態しらねから、ただ寝っ転がって、抱き合って、足を絡め合うだけ。

誰が女役になるかでよく争いなった。

男役も女役も全然違いないんだけどな。

こんときホモとかアナルセックスの知識があったらオレ、受け役にまわって、今頃完全にホモになってたかも知れない。

まあそれはおいといて、そん時実際はオレは女役をする時すごいドキドキしてた。

女役を嫌がるふりをしながら、本当はいつも女役をやりたかった。

まあ今思うとそうだったな~って感じなだけなんだけど。

ズボンの生足の肌に相手の足や手が触れたりすると、すごく、なんともいえないもやもやとした、変な気分になってた。

この頃にはちょっともうかなり芽があったわけだよ。


中一の時に知り合ったガチオタ友に、初めてエロ同人とかエロマンガとかを読ませてもらった。

ロリコンって嗜好を知ったし、ロリコンに目覚めたのはその頃でそいつのせいだし、機械姦だの触手姦だのアナル姦だのって感じのオタっぽい嗜好に目覚めたのもその頃でそいつのせい。

そのエロ同人とかでそうかマンガアニメ女の子エロい欲望を抱いていいんだ、と思った。


それと、エロマンガの中で犯されてる女の子は、

ものすごく、

気持ち良さそうだ、

と思った。

思ってしまった。

何も考えらんなくなって、ひたすらボロクズみたいに犯されて、快楽の声をあげてんの、すげえなあ・・・・(すげえうらやましいなあ・・・・・)って思っちゃった。

精通より先に、そう思った。


オレが精通したのは、高校卒業してから。遅すぎだよね。

オナニーのやり方がわからなかったんだよ。

だってさ、マンガとかに出てくる男のオナニーって、チンコこすってんのは分かるけど、チンコってこすれないじゃん?

セックスピストンするみたいには、チンコの表面ってこすれない。ヌルヌルがないと擦れない。

昔は高校の頃とかローションだなんだ、手軽に手に入らなかったし、そんな便利なもんの存在知らなかった。

オナホも知らなかった。

性具として存在知ってたのってバイブレーターぐらいのもん(エロマンガによく出てくるから)。

大人のおもちゃ屋とか近くになかったし、あっても入れるわけないし。

濡れがいまいちな女性マンコに塗るチューブ入りの潤滑剤みたいのならあった気がするけど(エロ本広告面とかで)。

どっちにしろ金もなかったしね。

から、どうしごくのが正解なのかって、わからなった。

加減というか、具合みたいのが分からない。

マンガではそこまでわからんのですよ。

それに、中高では、わずかなオタ友を除いて、ぼっちだった。

学校で話す友達がいなかった。オナニーのやり方を相談する相手がいなかった。



まあそんでね、ぐいっと話戻すけど、中学のオタ友に幼女機械だの触手だので犯されたりとか、囚われの幼女マンコにシャンパン流し込まれて、それをグラスにショーっと出して、それをオッサンが美味しそうに飲むとか、囚われの幼女マンコに、サイズ的にきつきつのビー玉をいくつも入れてから、一個ずつ産み出させるとかね、これどっちも内山亜紀なんですけどね。

そういうのがすげぇどきどきした。

ラムラした。

そういうことがやりたいと思った。

でも、目の前、学校身の回りに、そんなこと出来る幼女なんているわけがないんだよ。


からまり自分でやってみた。

なんでか自分身体対象にしてそれらの行為をやってみようと思って、やっちゃったんだよ。


おれ自身はずっとヘテロ

ロリ好きだったけど、クラス女子に恋したり、女性アイドルに恋心抱いたり、エロ妄想したり、女性水着ヌードグラビアに興奮してたし、性自認は完全に男だった。

男として、女性の肌や身体マンコやオッパイに興味シンシンだった。

当たり前に女とセックスやりたくてしょうがなかった。


それなのに、本当になぜか、ロリエロマンガ幼女がされてることを自分でやってみようと思った。

マンコは持ってないから、アナルに。


多分ここ、分岐点だったね。

まあ、小学校高学年で既に兆しがあったんだしさ、素質はあったんだよ。どう考えても。

からやっちゃったんだろう。

もしこの時に身近にお医者さんごっことかいたずらとか出来そうな女の子とか、それか真っ当に彼女でも出来てたら、その志向は消えてたか、というか今ほどに伸びるっつうか、こじらせることはなかったんじゃないかな。

逆にロリ犯罪に走らないで済んだともいうが、おれくらいのオッサン世代でお医者さんごっこはそこそこ普通じゃねえか?

いやオレやったことねえわけだが。

ああ、だからさ、この時既に本当は「女セックス気持ちよさそう」って思ってたんだよね。

それが土台にあるんだ。

でも、まだ、「だからセックスをしたい」とは認めてなかったんだ。

まだ今のオレでも一瞬誤解してた。

「なぜか」とか言っちゃってる。

なぜも何も。

女のセックスが出来る女の身体がうらやましかったんだ。

ただ、性自認が男で、性対象が女だったのもホントなんだよ。

幼女にいたずらをしたかったんだ。

若い少女への性的行為が出来ない代償として、少女の代わりにオレ自身の肉体を、オレに差し出したんだ。

まあそんでさ。

話戻すけど。

自分対象幼女見立てて、試したわけだよ。

最初は指を入れてみた。別に気持ちよくはなかったんだけど、エロマンガ幼女がされてることをしてると思うと興奮した。

それから、でかいビー玉を入れてみた。

直径3cmぐらいありそうなやつ。

次々と3つぐらい。

それを"出産"してみた。

やっぱり特に気持ちよくはなかったけど、興奮はした。

エロマンガみたいにしばらく入れっぱなしにして後で出してみたら、うんこと一緒にというか、うんこの中に入ってた。

それで、"そういうこと"をする前にはしっかりうんこを出しておくようになった。

エロマンガで、機械姦というか、囚われ少女が診察台みたいなとこでマンコやアナル尿道に透明チューブ差しまれて、延々と浣腸媚薬を流し込まれるみたいなシチュがよくあったんで、風呂シャワーのヘッドを外してホースアナルに入れて、お湯を流し込んでみた。

今はシャワ浣なんて言葉を知ってるけど。

これも別に気持ちよくはなくて、ただ、下痢でもないのにザバーッとうんこが出るのは不思議快感があった。

このシャワ浣は、やり方に変遷はあるけど、現在に至るまで、すっかり習慣になってしまった。

そんな感じで色々試して、エスカレートしてった。

段々と、なんとなく気持ちよさというか、性的快感も感じるようになってった。

中でも一番気持ち良かったのが一回だけあって、強烈に覚えてる。

というか、アナルでイけたのはこの時一度きり。

わかんねえけど多分あれ、イったんだろうと思う。

やっぱりエロマンガで、ヒロインマンコにシャワーあてて、いわゆるシャワーオナニーしてたのを見て、試したのよ。

風呂場で、うんこ座りして、真下からアナルにあっついシャワー当てた。

アナルがゆるんでくると、内側の奥の敏感な粘膜にお湯が当って、びくっ!って反応して、アナルがキュッ!とすぼまっちゃう

くすぐったいというか、敏感過ぎて刺激が強すぎるというか。

それを何度か繰り返して、敏感な粘膜に当っても反射的に締めないように、我慢してゆるめるように頑張って、その内に段々ゆるまるようになって、ぽっかり開いたアナルにあっついシャワーを当て続けられるようになって、あっついシャワーが敏感な粘膜にシャーーーっと当たって、強すぎる刺激がずーっと続いて、「なにこれ、何これ、あーなにこれ、うわああ・・・・・」みたいになって、どんどん頭がボーっとなって、真っ白になって・・・・・スパークして、脱力した。

果てたー、って感じ。

ブットイ一本糞が、ぼっとりと出てた。

それが、いまだに唯一のアナルイキ。

アナニー歴約20年あまりの中でその時の一度きり。

シャワーホースでシャワ浣するのは全然けが違うのよ。

ホースが入ってくる瞬間以外は、まあ異物感は別にしても、別段アナルに刺激ねーわけで。

人によりけりだと思うけど、オレは"アナルに熱いお湯"というのが良かったらしい。

時間順よく覚えてないけど、多分、このイキ体験が先にあってその上で"色々試す"にハマったんだと思う。

それとは別で、色々やってくなかで覚えたお気に入りのやり方というか、道具があったんだけど、これらも多分"イキ体験"ありき、だったんだと思う。

お気に入りのやり方、2つあったんだけど、一つは、タオル歯ブラシ風呂場に余計なもん持ち込まなくていいよね。

タオルの角っこに結び目を作る。

これがまぁ、亀頭イメージ

そんで、結び目に歯ブラシの柄を引っ掛けて、アナルに押し込む。

奥に結び目が入ったら、結び目を置き去りにして歯ブラシだけ先に抜く。

で、適当時間置いてから、ゆ~~~っくりと、タオルを引き抜く。

これがすごい。

気が遠くなりそうな快楽

イけなかったけど、すげぇ快楽

タオルのざらざらの摩擦とか、吸水して粘膜に貼り付いたタオルが引き剥がされたりするのが快感なんだろうね。

時々タオルに血の跡があったりしたんで、多分奥の方の腸粘膜を傷つけてたんだと思うけど、ホントやべえ・・って怖くてセーブしてたプレイ

ま、奥っても歯ブラシの柄の長さ分だから、今使ってるディルドより全然手前なわけだが。

二つ目は、コンビニなんかでよく売ってる100mlくらいのしょう油のミニボトル

こういうやつ。

https://www.amazon.co.jp/%E6%AD%A3%E7%94%B0%E9%86%A4%E6%B2%B9-%E6%AD%A3%E7%94%B0%E3%81%AE%E4%B8%B8%E5%A4%A7%E8%B1%86%E3%81%97%E3%82%87%E3%81%86%E3%82%86-%E7%89%B9%E6%92%B0-100ml%C3%976%E6%9C%AC/dp/B00O3UY5RW/ref=sr_1_3?s=food-beverage&ie=UTF8&qid=1466531709&sr=1-3&keywords=%E9%86%A4%E6%B2%B9+%E5%B0%91%E9%87%8F

これのキッコーマンのやつが太さ長さ凸凹どれも抜群で、中身のしょう油は捨ててボトルをよーく洗って、中に熱めのお湯(43℃くらい?)を入れて挿入すると、その熱がすげえ快感になる。

繰り返しになるけど、それでもイきはしない。

ヘタに激しくピストンなんてすると普通に肛門が痛い。

ローションがなくて、リンスとかシャンプーでやってたからね。

から、このあっつい醤油ボトルアナルに挿入して、じわー・・・・って快感を味わいながら、ゆっくり出し入れしたり、ゆっくりとぐりぐりこね回したりしてた。

これも病みつきになった。

でもこれもやっぱり中毒になるのが怖かったし、あと余計な道具(ボトル)を風呂場持ち込まなきゃいけないからバレないように神経使うし、だから我慢して時々、ホント一月に一回とかだった。

あと、勃起チンコをいじっても射精まではいかなかったのよ。

"しごく"ってのがホント、加減とかがわかんなくて上手く出来なかった。

カウパーは出てた。

からカウパーのぬるぬるで亀頭をいじったりはしてたんだけど、やっぱり射精にまでは届かなかったし、なんかそれでいいと思ってた感じ。

亀頭気持ちよかったし、アナル気持ちよかったわけで、物足りなさはあったけど、そんなもんだ、それで別に問題ない、と思ってた。いつまでもゆる~く気持ち良いのが続くんで、やめどきが分からないってのはあったか

まあだから、大体飽きるか、疲れるか、あとアナルというか直腸調子次第でもあった。

ほら、下痢の時、うんこを出しても下腹になんか痛いのとも単なる便意とも違うつらさがあったりするじゃん?そういう、腸の調子みたいなの。

そういうの次第で適当にずるずると快感を味わって、なんとなく終了してた。

まりイく快感を知らなかっただけなんだけど。

それで、細かいことは全然覚えてないし、だからきっとそんな強烈な体験じゃなかったみたいなんだけど、ある時チンコのしごき方がわかったわけ。ふと拍子で。

高校卒業して大学浪人してた時。

男なら普通に知ってるはずだし、女も手コキみたいなことしたことあれば普通に分かると思うけど、割と当たり前の、ちょっとした、ささいなコツみたいのあるだろ。

コツっつうか、つまり"皮を握って中身をしごく"みたいなこと。

あえて、もしかしてからない人がいるかも知れないから一応説明すると、たとえば手首の出っ張ってる骨あるだろ、二箇所。その辺りを、反対の手で握るだろ?そんで、握ってる皮はそのままに、中身だけ、出っ張ってる骨の上をこするというか、行ったり来たり出来るだろ?そういうやり方なんだよ、チンコをしごくのって。

今になってみると当たり前だし、少なくとも男なら誰でも知ってる方法なんだけど、当時のオレはそれがずっと分かってなかったの。

分かった時、その時もうすぐに射精できた。

初めて射精出来たら、そりゃあ猿だよね。

一日に5回とかオナニーするようになった。

受験勉強ちょっと飽きるとすぐにチンコしごいてた。

普通中学高校生ぐらいで経験するオナ猿状態に、10代が終わりかけで突入したよ。マジ猿。

じゃあアナル忘れたか?っつーとアナニーほとんどしなくなったんだけど、シャワ浣はもうクセというか習慣化してて、シャワ浣でないとうまくうんこが出来なくなってたんだよ。

マジで困ったことに。

出来ないわきゃあねえんだけど、キレが悪い。

トイレうんこしても、残便感がひどい。

恐らく本来はそんなもんなんだろうけど、あまりに残便なくきれいにシャワ浣でいつも出し切ってたんで、残便感が過剰に感じられたのと、あと多分ホント肛門の締りが緩くなって、残便があるといつまでたってもペーパーで拭ききれないんだよね。

そんなわけで、アナニーというわけでなく、快感を求めるでもなく、シャワ浣だけはずーっと、ほぼ単なる排便行為として続けてた。

続く。

http://anond.hatelabo.jp/20160728170114

そら時給換算最低賃金クラスではないが、正社員としてはその地域における割と底辺クラスだって事やろ。

地方事情微妙に良く分からんが、地元ツタヤ店員より給料が低いみたいな話はよく聞く…筈。

http://anond.hatelabo.jp/20160728163458

「原因」は一箇所かもしれんが、「対処」が一箇所では済まないことの方が圧倒的だって言ってるんだよクソ雑魚サンド

サイクリングしませんか?

今は暑いので秋にでもなったら川沿いでも走りませんか?カゴやリュックにお弁当でも入れてピクニックがてら走りましょう。

できるだけ遠くに行ってみましょう。いい場所があったらお弁当しましょう。車種はなんだっていいです。ママチャリでもスポーツ車でも。速さもなんだっていいです。速くてもゆっくりでも。ただお弁当が崩れるのでそこら辺は考えて。

http://anond.hatelabo.jp/20160728000910

追記を見て、他律的な人生なのねと。

自分人生自分責任でやろう、という意識が低いんだろう、ということと、それに関して無自覚なんだなと思った。

そして、自分に対して無責任であることに、無意識無自覚からこそ

他者攻撃する一方で自分への攻撃忌避したいという、矛盾を平気で併存させることができる。



多くの人は、増田と同様、誰かを存在意義にして生活している。多くの場合配偶者や子が存在意義になる。要するに増田はごく普通の人だ。

一方で、自分存在意義を、血縁人間以外にしている人だって少なくない。

友人だったりペットだったり、他人だったり(社会活動家なんかはこのジャンル)、モノ・コト(趣味とか)だったり。

更に一方で、自分存在意義を、自分自身の中に探すことができる人もいる。芸術家とか。



自分存在意義見出し方が、どういう方法であれ、上下関係はない。

自律的であれば偉いわけでも立派な訳でも全くないし、他律的で家族第一であれば善良なわけでもない(増田が他害的な発言無意識にせよしてしまったように)。

拙いのは、自分と違う方法の人を、理解しない態度だと思うよ。

無自覚である人が陥りがちなんだけど、子供が生まれた時に、自分子供人格を、切り離して考えられなくならないようにね。

http://anond.hatelabo.jp/20160728133900

しかも時給1,000円超も結構あるよね。オーナー的にはなんだかんだ日本人が良いけど、これでも来ないんだって

病人障害者を生かすか殺すか決めよう

それをちゃんと考えるべきときが来たんだ。

身体的・経済的理由で、ひとりでは生きていけない病人障害者がいる。そういう、治癒可能性はないけど生命維持のコストはあるみたいな、取り返しのつかない事から起きる全ての損害は、とにかく「金で補填する」以外の手段はない。とにかく金の問題なんだ。

全ての損害っていうのは、病人障害者生活費医療費だけじゃなく、彼らの面倒をみる人間となる家族施設病院スタッフが割く労力も入る。患者から受ける言葉身体暴力なんか、まさに損害そのものだ。そんで、面倒みる為にする配慮努力と忍耐に対して”充分な”給料や、福祉企業による物理的/精神支援がその補填だ。

病気障害は、理不尽権化みたいなもんだ。どうしようもない。そういう解決しようのない問題を、唯一埋め合わせできるのは金だけなんだよ。

気持ち問題じゃない。そういう話じゃない。資本主義な以上、どんな人間も金を使って生きてるのは事実だ。金を稼げない類の病気障害というマイナス要因は、とにかく金をつぎ込んで収めるしか道はない。補助金でも何でもつぎ込んで、病人障害者の面倒をみれば”儲かる”仕組みを作って、みんなが生きていける道を築くしかない。病人障害者が生み出す全ての損害を金で補填するってのは、要するにそういうことだ。

だけど、現実はもう言うまでもないよね。

全く補填できていない。病人障害者に限らず老人、乳幼児福祉施設低賃金労働問題とか、その派生保育園落ちた死ねとか、もう目新しくもなんともない。

そりゃ、病人障害者が救われないことや死んでしまうことは、悲しいことだ。誰だっていつ病気になるかわからない。事故障害者になるかもしれない。だから基本的人権社会保障存在する。そしてその存在保証の為にも、病人障害者には生きていて貰わなきゃならない。なるほどたしかに。

でも現実として、その損害を補填するだけの金がもうこの国にはないだろ。

相模原市事件犯人だって、薬物依存とか精神病入院してたんだろ。それなのに、福祉にも家庭にも「補填」されずに出てきちゃったから、病気から救われずに社会からこぼれ落ちたから、犯行という「損害」が起きてしまったってわけよ。まさに犯人自身が、もう日本には病人障害者を救う為の金と労力を充分に割くことが出来ない、っていうひとつの事例じゃん。似たような感じでたくさんの病人障害者社会からこぼれ落ちて、そのまま消えて死んでいくような土壌があったから、犯人みたいに不幸の重なりと個人的事情モリモリ感ある特別攻撃的な奴がポッと出て来ちゃうんだよ。

社会保障制度がありますよ」「病人障害者になって自活できなくても生きていけますよ」

そんなおキレイな建前と、本当はもう救いきれない現実の剥離が、こういう事件の形として噴出しただけじゃん。

病人障害者、その周囲の人間ためのコストを充分に補填できる金はこの国にないって、いい加減に認めるしかないだろ。

その人の生命保証する為に、金を払うだけの「価値」があるのかを判断しなければならない程、この国はもう駄目なんだって現実を認めるしかない。

人命を金銭価値に置き換えて判断するのは、倫理ガーとか、助け合いこころガーとか言う奴が絶対に湧くだろ?でもな、そんな倫理自尊心を守れる程日本はもう裕福じゃないんだよ。現場人間押し付け体裁だけは保とうとするから現場健康だったはずの労働者が壊れたり、暴力を振るったり、今回みたいにぶっ殺したりするんだよ。衣食住が足りなくても礼節は守ろうなんて、無茶なんだよ。

「何の病気や何の障害であれ、生きる権利がある」のが基本的人権生命尊重だっていうなら、患者とその周囲の人間苦痛を和らげる全ての手段がつくされて、全ての選択肢が許されるべきだ。直接的に言えばな、もっともっともっと積極的にあらゆる面から金がつっこまれているべきなんだよ。

でも、今それができているか?いや、今までだってできていたか

できてなかったし、更にできなくなってるのが現状だろ。弱者の救済とかそういう「良い事で普通とされいる事」は、金持ちだけの特権だってみんなもうよく知ってるだろ。

病気障害を持って生まれることや後天的になってしまうことは、ほとんど運みたいなもんだし、不幸だし残念だし理不尽だし、仕方のないことだ。それを助ける金がないことも、仕方ないことだ。だって、ないものはないんだから

誰を生かすべきで、誰を見捨てるべきか。

思いやりとか助け合いとか言って先送りにするのはもうやめて、そろばん弾いて考えるときが来たんだよ。助けられる人を助ける為にも、切り捨てる判断必要だ。コラテラルダメージってやつ?今回の事件現場障害者福祉施設ってのもあるし、哲学が過ぎるけど「生きているとはどういうことか」の再定義から考える位のことからした方がいいかもな。今の政府路線のまま自己責任範囲を広げるのが一番理に叶うだろう。家庭に負担押し付け過ぎて社会問題にしない為にも、尊厳死安楽死議論もするべきだ。

病名は伏せるが、不治の病であり、自活する力のない病人のひとりとして言っておく。

病気障害も、金がないのも、全部仕方がない。

そして、病気障害も、貧乏も、全部受け入れることから始めるしかないんだよ。

からまず私から受け入れる。もし、私に払える医療費はもうないと国から言われたら、自力医療費を稼げない私はそのまま死ぬことを受け入れる。直接殺されるのはさすがに勘弁して欲しいが、治療継続できずにゆっくり悪化してゆっくり死んでいくなら、もう構わない。国に見捨てられた、殺されたなんて言わない。病気なのに金がないから、仕方がないんだ。

もしいつか自分が同じ立場になろうとも、重篤な奴は見捨てると決めるか。

キレイ事を守ってみんなでゆっくり破滅しながら、あるかないかからない生き残る道を探すか。

正しいか正しくないかじゃない。金がないという問題に、どう対処するかの話なんだ。

トランプ差別主義みえるけど米人はあんなもんだと思う

と、最近思った。

当初白人層が中心だと思われたが黒人も徐々に支持し始めているらしい。

なんでやねんとは思ったがちょっと別の観点から考えたい。


ぶっちゃけアメリカ一般人ってあれくらいの差別的なことって仲間内とかだとぽんぽん言ってるんだと思う。

ちょっと古い映画なんかだと侮蔑的言葉コミュニケーションとる親友とかあんな感じ。


で、アメリカ人白人黒人ヒスパニックも昔からいる人はそういう国だって知ってるんじゃないかな。

少し興奮したら差別的言葉なんてポロっと出ちゃうし、よっぽど酷い対応を取らなければ翌日とかに

「すまんかった」

とか言ってまた罵りあうとかそんな感じの気がする。

別に川原で殴りあったあと仲良くなる番長的話じゃなくて

中のいい人以外は一定距離感があったんだと思う。


からトランプ本音を言っていると共感を集めるんじゃないかと。

黒人を悪く言っても、ちゃんと集会でお前らも働けるようにする。

って言えばすぐ流されるんだと思う。

差別ワードなんて日常茶飯事だしそんなもん一々気にしてられっかって。

というか差別的言葉を一回も行ったことない人ってまじで極々少数なんだと思う。

アメリカPC厳密に守れる人ってあれ聖人だけだよ。

http://anond.hatelabo.jp/20160728123832

9.11の時だってアメリカ左派テロ武力で対抗しろって言ってたんだから

リベラルって割と昔からそんなもんでしょ

というか不可能だよ現実的

無限弱者他者を救済し続けることなんてできないんだからどっかで諦めるしかない

http://anond.hatelabo.jp/20160728120829

ノーマライゼーションハンディキャップという概念は、何かで埋め合わせをする(視力が悪ければ眼鏡コンタクト、介助者、盲導犬など)ことで、いわゆる一般人(健常者ともいう)社会暮らしていけるでしょ、ということだと私は認識している。

現在リソース技術社会制度・人力・インフラ水準など)で埋め合わせができないなら、やはり一般社会に出てくるのは違うと思うのよね。不本意なことかもしれないが。

リソースは発展していくのだろうから自閉症の原因も解明されてきているんでしょ、水銀説とか、グルテンペクチン説とか)、一定水準に達するまではしかるべき範囲内で暮らしていてほしい。

障害者だけではないよ。たとえば法定伝染病患者だっていくら元気で本人が出社・登校したくても隔離されるべく。

官邸ポケモンGO目的で入るのもやめれ、と。

だってブスはブスじゃん

だってブサイクブサイクじゃん

事実なのに何怒ってんの

ブサイク

http://anond.hatelabo.jp/20160728100008

もうこれだから増田は…

就業規則」は労働契約書ではなく、労働契約の時点で確認できるものじゃないだろ。

労働契約書に罰金などの予定を書くことは禁じられているが、現状就業規則内にはその取り決めは無い。

具体的にセーフである例を挙げると、「IDカード亡くしたら再発行手数料1万円な」みたいなのは増田の勤める会社なんかでよく見るだろ。

あれの変形パターン採用されることが多いって話だよ。

で、何度も言うように「損害賠償予定の禁止」であって、「損害賠償請求しちゃアカン」って話じゃないの。

「損害が発生したのなら、その事実と損害内容を以ってして都度しかるべき請求を行いなさい」って話で、随時請求は発生するの。

増田は一体どこまで会社に甘えるつもりなんだよ。会社だって営利組織以前に運営には金かかっとるんやぞ。従業員ミス無限に尻拭いできるわけやないんやで。

語るって難しいよな

http://anond.hatelabo.jp/20160728001051

>その言葉で、当時の自分のように未来絶望してしま少年少女いるかもしれないから。

大人教師役も結局自分人生・経歴をコアにして語るわけなのだけど、それにもまして思わぬ解釈されることもあるからな、教育・部下指導子育てほか。まあ、自分だって子供のころに見聞きした本・テレビラジオ大人から言葉に早合点や勘違いしてきたわけだけど。

うのみにしないで自分でも確かめよ、ひとそれぞれなこともあるから、と予防線を張っておくくらいかな、こちらができることは。

ポケモンGOキャラ現場所は許可制にしたほうがいい

いまは基本どこでもOKで、「うちの敷地キャラさないで」と除外の申出たところだけ、キャラを出さないようにしているらしいけど、やっぱり危険すぎる。

ポケGOやってる本人が危険さらされるだけならまだしも、例えばポケGOに夢中になって周りを見ないで車とかチャリに轢かれて死んだなんて事故が起きたら、轢いてしまった方はたまったもんじゃない。

それに機密施設とか危険施設敷地に入り込んで重大な事故が発生する可能だって高い。

とにかく、キャラ出し許可以外の場所ポケモン出すことは早々に禁止にしたほうがいい。

そして、許可するほうは、鳥取砂丘みたくうまく宣伝に使えばいいのだ。

それでもそろそろ、安楽死は認められてもいいいんじゃないかと思う。

私は、特別障害者に対して差別意識を持っている人間なわけじゃない。

私自身が、精神障害者だ。陰性の統合失調症

まれて初めての「発作」は、かれこれ30年ほど前、まだ8歳だったときに遡る。

それ以来、騙し騙し生活してきた。

ときどき発作で動けなくなり学校を長く休んだりした。

食べ物を受け付けなくなり、倒れて、点滴に通ったりもした。

それでもなんとか大学まで進み、もうすぐ卒業か、っていうところで限界に達した。

車に乗れない。

当然、電車にも乗れない。

大学は1年休学後、退学せざるを得なかった。

通院も出来なくなったから、入院治療をした。

精神病棟は怖かった。

昼夜問わず聞こえる奇声、隣のベッドの女の人は寝てるとき以外は始終ぶつぶつと独り言を言っていた。

盗癖のある患者もいて、よく物を盗まれた。

こんなところにいたら余計頭がおかしくなる、と思って、早々に退院した。

でも、世間から見れば、私もああいう人たちの仲間だ、と思う。

今は、家族の運転でなんとか通院して投薬治療を続けている、けど、未来に対する希望はない。


大学に通えてるときは、このまま順調に大学卒業して、就職して、普通に生活できるのかな、なんて思っていた。

大学は、県内でも一番の国立大学に通っていた。いわゆる、「旧帝国大学」のひとつだ。

その頃は、彼氏も出来たし、友達もいた。


でも今では、引きこもりだ。

重度の引きこもりってわけじゃない。母にくっついて買い物くらいは行く。

でも、一人ではどこにも行けない。

いつくるかわからない発作に怯えて、通常飲む薬とは別に処方されてる頓服を肌身離さず持っている。(家の中でも)

夜中に、発作で飛び起きることもある。

過呼吸と動悸、幻聴なのか幻聴じゃないのかはっきりしない話し声。

家の前で誰かが立ち話をしてるのが聞こえて何度も確認にいくけど、もちろん人影はない。

調子がいいとき幻聴も聞こえない。

でも、少しでも生活サイクルが狂うと、たちまち具合が悪くなる。

から、季節の変わり目なんかは怖い。ちょっとした気候の変化が体調にダイレクトアタックしてくる。

もうすぐ38歳になるのに、結婚はおろか、ちょっとしたバイトさえ出来ない。

から、生きてることに罪悪感を感じている。

家族に対して申し訳ない。

高齢の親は、自分たちがいなくなった後の私の心配ばっかりしている。

1歳年上の兄は、親の死後は自分が面倒を見なきゃいけないと思っていて、長く付き合った彼女との結婚を諦めた。

そんなことしなくてもいい、生活するだけならなんとかなる、と言っても、たぶん家族の心情としては、放置出来ないんだろう。

私が、明らかに重荷になっている。

友達はいない。もうみんな結婚して家庭を持っているから、連絡は絶えた。

彼氏なんているわけない。そもそも外に出ないんだから出会いがない。



そんな状態にあるから年金を少しずつ貯めている。

お金があれば、スイス外国人安楽死させてもらえるらしい。

そんな情報ネットで見たから。(精神疾患場合は駄目っていう情報もあるけど)

日本だって、そろそろ、安楽死を認めてもいいんじゃないの、って思う。

死にたいとは思わないけど、自分がいなくなれば少なくとも家族負担は減らせると思っている。

安楽死という方法は、一部の人にとっては救いになる。

から病気だとかそういう理由のある人には、安楽死、認めてもいいんじゃないの?

自分が苦しいって言うのもあるけど、それ以上に、家族の、とりわけ兄弟人生まで奪うのは、辛い。

いっそ血も涙もない兄弟で、こんな出来損ないの妹なんて気にせずさっさと家を出て結婚するような人間ならよかった。

そんなふうに思ってる障害者もいるってことも、知ってほしい。





-------------------------------


追記。ちょっとブコメに気になる言葉があったので。




手足がないわけじゃないからさっさと自殺しろ、という人がいるけど、これ以上家族の負担になりたくないから(法的に認められた上での)安楽死を望む、という意味理解できませんか?

もちろん、自殺は難しい。

それ以上に、残された家族負担が大きい。

世間の目、ご近所の噂話。

それこそ、兄弟結婚にもかかわってくる話になる。

死んだあとまで家族負担になりたくないと思うのは自然なことじゃないかな?

跡を残さないように死ぬために、樹海へ向かったこともある。

でもね、行動が極端に制限される中、そこまでたどり着けなかったよ。なんとか新幹線まで乗り込んだものの、新幹線の中で意識失って、気がついたのは病院



ブコメした本人が、自殺したいけど手足がないから(不自由から自殺もできない人だったのなら、同じように安楽死が認められるように頑張っていこうよ、と思うけど。



------------------------------------------



安楽死と書くからよくなかったかな。

自分意志で、という意味で、尊厳死を認めてほしいと思う。

安倍政権の人たちの間で

障碍者殺傷事件は、政権福祉切り捨ての陰謀だってストーリーが出来上がっていて、すげーなって思ったわ。