「男性」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 男性とは

2017-02-20

緒方智絵里が大嫌い

デレマスというコンテンツで唯一嫌いだ。何故キャラクター人気があるのか理解できない。男性向けコンテンツからからの支持が高いんだろうが俺はあり得ないと思う。

顔も特別可愛いわけじゃないのに、性格がクソすぎる。おどおどして何かと私なんてとかネガティブなこと言うくせにアイドルってなんなんだ?やるなよ。やめちまえ。そんな風に言ってるお前がいなきゃ活躍できるアイドルが増えるから自信がないなら今すぐやめろ。そんなことないよって言われたいだけに見える。気持ち悪い。他の男はああいう女を見て守りたいとか思うのかもしれないが、俺には男に媚びるぶりっ子女にしか見えない。声も同じく。なんだあれ。叩く上で歌も聞いたが下手くそじゃねえか。気持ち悪い。正直こいつの存在不快しかない。

http://anond.hatelabo.jp/20170219163043

結婚相手の弱点を探すのはいいけどそれを補おうとするのではなく非難しようとする人は男性側であれ女性側であれ幸せにはなれないんじゃないかと思ってた。エアコンチェックするだけでいいのかへー

2017-02-19

http://anond.hatelabo.jp/20170219163043

この人数え切れない男性エアコンチェックして、結婚後どうなったか監視してんの?

怖すぎでしょ。

この木なんの木の歌がこわい

世界不思議発見のあとに流れる日○のお決まりCM曲がこわい。悲しい。

この木なんの木、気になる木~♪

ってやつ。

子供の頃からなぜかこの歌が怖くて、ついでに悲しくて泣けてくるので理由もわからトラウマになっている。

子供の頃に何かあったのかな?

というか子供の頃にはこの時間はもう寝てたはずなんだけどな…

今聞いたら男性の声が怖かったのかな?とも思うのだけど、皆は怖くなかった?

ずっと「フェミ」のひとかたまり認識して呼称して「じゃあ女向けの作品はどうなんだよ」って反論すれば黙ると思いこんでいたのに

今やっと気付いただけのものに「ようやく男女平等になった」「首尾一貫してる」って俺が認めてやるよな空気出されても

から男性向けだけを悪者にはしない人間はいたのに見えてなかっただけじゃない

http://anond.hatelabo.jp/20170219184748

一見経済観念がしっかりしていると思いがちですが、

一日何十円で出来るQOLの向上に興味を持ちません。

この手の男性とは絶対に一緒になってはいけません。

結婚するべき男性エアコンで分かる

はじめまして。みなさま。いかがお過ごしでしょうか?

今日は私にちょっと時間をいただいて、男性を見分けるポイントについてお話できたらと思います

私は若い時分から恋愛相談に乗るのが好きで、数えきれないほどのアベックの成立をお手伝いしてまいりました。

今では珍しくなった、人の恋愛お節介を焼く、お見合いおばさんです。

そんな私が結婚して幸せになれる男性を見分けるのにお薦めしているのが、エアコンフィルターチェックです。

エアコンフィルターをきちんと掃除している男性にハズレはありません。

その理由を順を追って説明しましょう。

エアコンフィルター掃除は、ほんの10分もあればできて、冷暖房効率を著しく上げます

その分、電気代も安く済みますし、部屋で快適に過ごすことができます

室温が適切でないことによるストレスは、QOLに直結する大きな問題です。

電気代も月に1000円から2000円も安くすむことがあります

月に1000円と言っても、年で1万円から2万円です。

数か月に1回、ほんの10分の掃除で、これだけの効果があるわけです。

しかし、ついついサボってしまいがちになりますよね。

それだけに、こういった細かい所をきちんとしている男性は、アタリである場合ほとんどです。

エアコンフィルターは部屋の掃除と違って、一見して見えないのがポイントです。

見栄や世間体ではなく、生活の上で重要な所にきちんと焦点を当てることができる人だということです。

こういった人と結婚すれば、日ごろの生活の中でかゆい所に手の届く、温かいサポートのある家庭を育むことができるでしょう。

チェックの仕方としては、エアコンをつけてしばらくたってからさりげなく

エアコン効いてる?フィルターがつまってるのかな?」

と言って中を見るのがいいでしょう。

それでフィルターがきちんと掃除されているようなら、彼はアタリです。

結婚相手として、絶対に逃がしてはいけません。

埃がつまっているようなら、一度は掃除してあげましょう。

単純にフィルター掃除する利点を知らなかっただけかもしれません。

そして、フィルター掃除の利点を説いて、数か月後にまたチェックします。

その時にフィルター掃除の習慣がついているようなら、大丈夫です。

最悪なのは自分掃除もせず、掃除してあげたのに礼も言わない男性です。

そういう男性は人の親切や労力に対する想像力が欠如していますので、もし結婚しても結婚生活が数年で冷め切ってしまます

この手の男性とは絶対に一緒になってはいけません。

http://anond.hatelabo.jp/20170218235056

イスラム教の魅力ってなんなの?

女性地位が低いか男性が飛びつくの?

30歳を超えた女はもっと自分価値の低下に気づいた方がいい

あくま個人的意見です。

30を過ぎた女はもっと自分価値の低下に気づいた方がいい。

10代、20代の女はそこそこ小綺麗にしていれば、だいたいちやほやされる。

特に若い頃にちやほやされた女こそ要注意だ。

先日、婚活アプリ出会った30代中ばの女。

容姿は端正な顔立ちをしていて若い頃はモテたんだと思う。

おそらくクラスとか学校でも上位と言われていたレベルだろう。

しかし、30代を超えた今の彼女に、全く興味がわかない。

綺麗なのはわかるけが口説いてどうにかしたいと微塵たりとも思わない。

しかし、女側は理想を大きく語ってくる。

年収いくら以上だの。わがままをすべて受け入れてくれる人だの。もはや理想というか空想だ。

話していてなぜ、この年まで残っているのかすごくわかった。

俺もそれなりの経済的スペックの高さがある部類の男だと思う。

しかし、そんな男は大抵女に不自由していない。

ここで男と女ギャップが生じる。

俺も別に特別若い子にモテるわけではないが、若くて可愛い子などいくらでもいるし、本気になれば付き合うこともできるだろう。

また、ただセックスがしたいだけなら2万も出せばいくらでも若くて可愛い子とすることもできる。

30代を過ぎた女が男性からおごってもらった思う金額は確か10000円弱。という記事を見たことがある。

二人に換算したら2万円。

これだけあれば風俗に行って若くて可愛い子を抱ける。

時間お金も使って、あえて30代なかばを過ぎた昔綺麗だった女に固執する理由がない。

恋愛相対性評価

そして、一般的に年齢を重ねるとともに、価値は低くなっていく。

30代を超えた女は自分価値にいち早く気がづくべきなのだと思う。

状況は悪くなっていくだけだよ。

あくま個人的な考えです。

アパレルの冬物最終セールに行ってきた。

良い買い物ができた。2年分くらいの在庫の中から選べるのでデパートプロパーで買うより選択肢が広くてよかった。

お客さんはお年寄りばっかりで、意外にゆっくり買い物ができた。若者は本当にブランド服を買わなくなってるんだなぁ。


売れないからだと思うが定番ブランド服の値段はここ2、3年ものすごく上がっている。ダーバンや五大陸男性スーツなんかでもいわゆる既製服なのに

ちょっとおしゃれ要素が入ると定価で10万円超はザラで輸入生地だと20万円超の値段がついていたりする。

定価22万円、半額で11万円で大変お買い得です、と言われても既製服消耗品の値段としては何か一線を越えているように思う。

20万円のスーツというのは社長さんがオーダーメイドする価格帯という印象。

一方で数万円のものもあることはあるが、「紳士服の○やま」とかイオンなんかで売ってるポリ混のリクルートスーツ生地や仕立てが変わらない。

さらコストダウンしてポリエステルジャージ生地スーツなんかも最近見かける。値段も安いしたしかに楽なんだろうけど・・・・。

アイナナ3部開始前に目が覚めたこと。

同じような記事が既に多く存在することを承知の上で、長々とこれまで思ってきたことを書き連ねます。ただの吐き出しです。

 

 

 

 現在スマホアプリで様々な女性向けアイドル育成ソーシャルゲーム配信されている。私もここ数年でアイドルジャンルにはまり、その中のいくつかをプレイしていた。

 一昨年のいつ頃だったかTwitterで新しいアイドルゲーム制作であることを知った。それが「アイドリッシュセブン」だった。

 ただでさえその時アイドル物ならすぐに興味が湧くようになっていた上、原案小学生の頃楽しく読んでいた漫画の作者。本人がよくネット炎上する人物であるということは知らず、純粋に楽しみだった。

 その時すでにキャラデザは発表されていて、チェックしてみるとすぐに「この子、いいなあ」と思うキャラもいて、俄然やる気になった。

 配信開始後、思った通り私はアイナナに夢中になった。声優陣によるフルボイスで展開されるストーリーは、声を出して笑うようなシーンもあればこちらまで悲しくなってしまうくらいに暗いエピソードも盛り込まれており、何度も読み返すほどだった。

 楽曲も、どれもとても好みで、元々リズムゲーが好きだったこともあり何度もプレイした。

 イラストに関しては、魅力的だと感じる、と言えば噓になる。が、それを補って周りの要素が素晴らしかった。

 課金額は決して多い方ではなかったと思う。新しいカードが出れば毎回推し欲しさに課金したが、ある程度で出なければ諦めていた。

 そうしてアイナナにはまって何か月か経ち、ストーリーも第2部が配信された。第1部同様、いや、それ以上に心を持っていかれたと思うくらいの内容で、アイナナを大好きな気持ちは更に大きくなった。推しキャラが増えたり、周りのオタク友人にも薦めるようになったり、この頃は自分オタク活動の中でアイナナが最優先のジャンルだったと思う。

 それが揺らぐようになったのはいつ頃だっただろうか。

 アイナナの公式生放送配信されてから間もないある日のことだった。

 Twitterを見ていた時、私はタイムラインに流れてきたある一つのツイートを見て愕然とした。

 そのアカウントは、アイナナの絵柄の他作品との類似点、構図の酷似、いわゆる「トレパク」を検証するためのものだった。

 ツイートに載せられていた画像は、アイナナよりずっと前から配信されている他作品女性アイドルと同じようなポーズで隣に並べられた、かつて欲しかった衣装のアイナナキャラカードだった。

 頭の中を色々な思いが駆け巡った。

 「アイナナ」ではなくトレパクをしている作品として蔑称のようなものがつけられていること。

 こんな目的のためだけのアカウント存在していること。

 追加された新しいカードを見た時、たまに「腰がくねってしてるなあ」「身体ラインが丸いなあ」と違和感を覚えたこと。

 その違和感の正体が、男性アイドルなのに女性アイドルポーズ類似している構図だったこと。

 少し調べてみると、私が知らなかっただけで、この疑惑はもうずっと前から作品ファンの間で話題になっていたようだ。

 

 そのツイートRTしたフォロワーに対して怒りを覚えてしまう時期もあった。

 もちろん誰にも言わなかったが、「あなたがこんなツイート拡散しなければ、私は純粋にアイナナを楽しんでいられたのに」という気持ちでいっぱいだった。

 それでも、一度目に入ってしまった以上知らないフリでゲームを続けるのは無理だ。

 そこで私は、回ってきたツイートスタートにアイナナのトレパク問題について呟いているアカウントを巡り、騒動を詳しく知ることにした。

 多分、この時の気持ちはただ知りたいというよりも、「自分がアイナナを胸を張って続けられる理由を探す」目的が大きかったように感じる。トレパクなんてもの言いがかりで、偶然似てしまっただけなんじゃないの、と。

 

 結果、胸を張って反論できるような要素はどこにもなかった。

 アイナナが叩かれていたのは、他作品からの構図トレパク疑惑だけではなかったのだ。

 アイナナの作品発表当時から「似てる」と言われ続けていた(ということもこの時知った)某有名アイドル作品、そのキャラクター達の外見や性格過去などの設定が酷似していること。

 原案過去にその作品同人をしていたため、信憑性が高いこと。

 ゲームプロデューサー作品発表前にTwitterで内容を呟いていたこと。 など。

 今まで神運営だと思っていた公式への不信感が一気に生まれた。人に勧めていたことが恥ずかしくなった。

 

 それでも、この時点でアイナナを完全に嫌いになることが出来なかった。ただ、今まで自分が楽しんでやってきたことは何だったんだろう、と思った。

 とりあえず、課金するのを一切やめてみた。

 それから公式にこの騒動に関して問い合わせをした。アイナナを好きなこと、何か公式からアクションをしてほしいこと。

 多くの人が問い合わせをしているらしく、私もその内の一人になろうと思った。数が増えれば、公式も何か動いてくれるだろうと信じていた。

 

 公式騒動についての文章を出した。要約すれば「トレパクの事実はない。設定もすべてオリジナルで、これからもそうだ」と。

 他にも挙げられていたプロデューサー問題については、ただ申し訳ない、これからは気を付けるという謝罪だけ。

 

 「キャラクター達を傷つけるようなことは絶対にしない」と言ったのは公式だ。

 だが、現にキャラに他作品からパクリ疑惑がある上、ネットではかなりひどい言葉で叩かれていることもあるのにも関わらず、こんな薄っぺら謝罪文で終わらせようとしている公式キャラを守ってすらいない。

 偶然似てしまったでは済まされないし、オリジナリティがあるというなら他のアイドルとは全く違った形で輝いている彼らを見せてほしかった。

 もうダメなんだろうな、と思った。

 アニカフェに何度も行ったり、アニメ化や第3部決定に浮かれていた自分バカらしく思えた。

 

 しかし、ここでもまだ離れられなかった。

 疑惑を知った当初より更に確実に熱は冷めてきていた。ゲームも、前はイベントでそこそこ上位になるまで走っていたのに、ログインガチャで初回の1度だけ引く、という感じになっていた。

 その気力を保っていたのは、推しだった。

 他作品キャラと設定が酷似していたり、ストーリー内で起きたあるエピソードが他作品とそっくりだったり、つぎはぎだらけと言われていた。

 それでも、ストーリーを読んであれだけ心を動かされたことを思い出すとアプリアンインストールは出来なかった。

 

 そんな中、話題になり気になって視聴を始めた全く別の作品にトレパク疑惑が浮上していることを知った。

 またこんなことをする作品に当たってしまったのかと肩を落としながら、どんな部分が話題に上がっているのだろうと軽く調べてみた。

 そこで久しぶりにアイナナの蔑称を見たのだ。

 公式に問い合わせた後は検証アカウントなどを見るのをやめていたため、何となく騒動は下火になったものと思っていた。

 だが、そんなことはなかった。

 後からまたトレパク疑惑作品が出てきたところでアイナナの問題が忘れられることは決して無く、同じような例として並べられるのだ。

 そんな当たり前の事にようやく気付いた瞬間、アイナナという作品のもの地雷になっていくのを感じた。

 

 そこからは早かった。

 まず、せっかく集めたんだからと保管していたグッズを売った。

 逃すことなく今まで買い続けたCD類、関連書籍も同様に。

 そういえばTwitterでは、公式アカウントを未練がましくフォローしたままだった。

 新キャラの発表もあり、あれだけ楽しみにしていた第3部もいよいよかという段階なのに、全く心が動かなかった。

 もしどんな作品とも類似しないオリジナルキャラだったとしても、過去パクリ疑惑があった作品レッテルは消えない。

 フォローを外して、その勢いのままアプリもついにアンインストールした。「削除する」を押すのに一瞬躊躇ったけど。

 

 変な意地を張って公式を信じて待っていた時よりも、すっぱり切り捨てた今の方がずっと気持ちが楽だ。むしろすっきり。

 もっと早くにこうするべきだった。

http://anond.hatelabo.jp/20170219014639

生理前の諸症状が酷いので男性理不尽な当たり方をしないように薬を飲んで対策しよう

という荒らさないほうが自分の得になるコミュですら彼らは荒らすんですよ

発達障害の身内に対してこの子天才

発達障害の身内に対して

の子天才天使ちゃん!あなた芸能界デビューしなさい!

こんなことを言う女がいます

芸能界に行けというのは、芸能人の身内という身分を得て知り合いに自慢したいからだと思います



どうか男性の皆さん、こういうバストの大きい、低偏差値専業主婦志望の女にだまされないでください。メンヘラです。

こいつは自分支配できそうな気弱でおとなしい男性に近づきます。気をつけてください。

怒らせると公共の場で狂乱して抵抗する気力を奪っていきます。気をつけてください。

自分では何の努力もせず人にたかろうとする寄生虫です。

高収入限定婚活パーティーに参加しています

特に発達障害等のある方は気をつけてください。自分の身内にもいるか理解があるというようなことを言います

2017-02-18

書き殴り

なんだろう、ちょっと前まではま〜ん(笑)にも、変態紳士にも、性犯罪へのうらやま発言にも、すごい怒ってたのに、もう虚しくなってきた。

ネットが発達した時代なんだからジェンダー学も発展して、男女平等もっと進んでいいはずなのに、自分たちの憎しみや妬みだけを原動力に、性と言うどうやっても逃れられないカテゴリーで、無差別的に人を叩く行為が、こんなに蔓延してる。

少し前のもっと前までは、まとめサイト普通に見て、2ちゃんにも書き込んでた、しかもおぞましい事に、2ちゃんに染まりすぎて、素で男は女より優れていると思ってた。

そんなことはない。男脳、女脳、なんてやつも全然存在しないし、女の人でもトレーニングすれば筋力は付くし、男の人でもおとなしくて、かわいいもの好きな人は居る。

2ちゃんは、男、女、という性のイメージに囚われすぎて、とても大きなホモソーシャルを作り、イメージから外れたものを叩く、ものすごく叩く。ジェンダーロールから外れたものも叩く。

外れなくても、自分で作った、いやまったく被害妄想しかない「モテない俺たち」コピペから想像した、自分たち攻撃的な空想の女の人、無知で、わがままで、権利を主張する事に長け、イケメンにされた事なら何でも許す、軽薄で、人を見た目で判断し、金にがめつく、その裏誰しも男性主導の性交渉に飢えている、そういうイメージで、ありもしないイメージで、一人の性格価値観を持った人間を、叩く。

ツイッターでも、ブログでも、少し調べれば、ジェンダー論は読める。わかりやすい。男性差別女性差別ジェンダーロール、イメージへの固執、そういう妬みや怒りを紐解ける。理解して次のステージに進める。

それを全然理解しようともしないで、一方的に罵って、バカみたいに殴り合って、性犯罪を茶化し、理想は堆く、三次元絶望し、同性愛者を、在日外国人を、職業を、カテゴライズして、貶す。

もう絶望した。匿名ネットでは、みんなの声が平等に聞いてもらえるという事を理解せず、好き勝手言ってしまう人が、自分の声が極端に大きくなる、それに責任を持てない人が居るという事に。

こういうイメージ押し付けによる差別は、色んな所にある、ありすぎる。2ちゃんだけじゃなくて、ネットの至る所、もちろんテレビにも、人と話してる時でさえある。日本がもういやになる。

夫の言ってることは分からんが、ケンカを防ぐ方法なら知ってる

疲れている相手鉢合わせる時、あえていい気分を隠すひとは多い。



例えば、有給使ってのハワイ旅行帰り復職初日の朝を想像してほしい。

リフレッシュしていい気分のあなたは、デスマーチ徹夜明けのひととばったり顔を合わせることになる。

そこで「よし、早速このひとにワイキキビーチの話を聞いてもらおう」と決断を下せるだろうか。いくら親しい相手だとしてもだ。

疲れている相手自分がいい気分であることを見せびらかすことは、相手から論理を超越した言動理不尽な怒りを喰らう可能性がある。

疲れている相手の前でいい気分を隠すひとが多いのは、理不尽な怒りを喰らった経験からか、自ら理不尽な怒りを抑えることが出来なくなってしまった経験からかそれを察しているのだろうと思う。



個人的意見としては、下記が特に危ういかもと思った。

ハワイ帰りのあなたと、徹夜明けのひとに置き換えてみてほしい。


「出かける(ハワイに行った)のが気に食わなかった?」

((ハワイに)出かけたことで夫(あなた)を)ないがしろにされてるようで嫌だった?」

仕事疲れてるの?(日焼けした顔で)」



例えば、仕事で同期や後輩でもある上司に怒られて、イライラしていることとなると素直に妻に話せる男性は少ないそうだ。

わたしは、「そういうことが重なった日かもしれない」と、かもしれない運転ぐらい考慮しながら、「ライブがぜんぜんおもしろくなくて、マジでむかつくなあ」ぐらいの顔を無理やり作ってから、家に帰るぐらいのことはしてあげている。



そうした状況を美しく歌った歌にギャグマンガ日和主題歌で「オアフ!ハワイ日和」というものがあり、これは大変勉強になりました。

オアフ!ハワイ日和

http://www.utamap.com/showkasi.php?surl=S03943

http://anond.hatelabo.jp/20170218002240

若い男女におけるエスコートという文化意識

最近ジェンダーがらみの話題がよく目につくようになったが、その中の女性発の意見違和感があったのは

モテない男はエスコートがヘタ」っていうやつ

違和感というか、エスコートって言葉久しぶりに聞いたなって思った

僕の世代は言われなくてもデートは男がエスコートするもんだっていう意識があるけど、

今の若い男の子ってそういう文化を知る機会がなくないっすか?

イヤミでもなんでもなく、男性向けだとある程度のオッサンメディアじゃないとエスコートって言葉はあまり目にしないと思う。

昔はファッション誌に女の子に受けるデートコースの決め方とかあったけど若い子はもう雑誌を読まないし

昔の少年向け漫画ラブコメ男の子必死デートコースを考える描写とかあったけど、

今は「とりあえず映画でも観ようか」ってノリしかない

そもそも男女平等時代になぜ男側が行き先を決めてもてなさないといけないのかっていう問題でもあるし。

けど若い女の子少女漫画女性向けメディアの影響か知らんけど未だにデート男の子がもてなしてくれるものみたいな

意識があったりして、密かにエスコートに関して若い男女に意識差が生まれてるんじゃないかなって気がする

http://anond.hatelabo.jp/20170218105402

男性人生の道はエレベーター女性人生の道は階段

男は自分意思とは関係なく進めさせられる

女は自分意思で進まなくてもいい

そう受けとってしまった

彼女配偶者がいない男は駄目っていうけどさ

俺の人生の目的悟りを開いて生きる執着を捨てることにあるんだ。

スッタニパータ、一角の犀の章を読んでもらうと分かると思うんだけど

自分の息子を欲しいと思うことさえあってはならぬ」ってある。

異性と一緒になるのって突き詰めると子孫を残すためだよね?

そういう意味で俺の人生女性は全く必要ないんだよ

もちろん五戒を守り八正道実践していくにあたって女性存在は認めるし、できる限り敬意を払うよ

仕事で協力が必要なら率先してこなすし、公共の場で援助が必要場合ならそうする。

でもそこまでだよ。それ以上を望むのなら他の男性をあたってほしい。

子供を作る以外にも付き合ったり、結婚したりする目的はあると考える人いるかもしれない。

でもそれこそ一角の犀のようにだよ。

一人離れて修行し歩くがよいなんだ。

ところで男性被害を被る冤罪ネタってさ

例外なく全てが嘘松だよね

まりに多すぎて真偽マンの手が回りきらないだけで

http://anond.hatelabo.jp/20170218115645

今まで男性歴史女性にしてきたことを知っているマトモな人間であれば

というか、歴史的に見て男が女を虐げてきたというのならば、

それは人類という種は、男が女を虐げるあり方が自然であるであるということでは?

http://anond.hatelabo.jp/20170218114843

例え実際にあったとしても数の比率全女性が苦しんでるのを考えれば無視してもいいよね

冤罪であったとしても今まで男性歴史女性にしてきたことを知っているマトモな人間であれば受けいれるはずだもん

男女平等」に疲れた

会社で「男女平等キャンペーン」みたいなのが定期的に行われているんだが、その期間では男女平等という問題が社内中に提起されてピリピリするほどストレスが貯まる。

例えば期間中会社エレベーターにはこんな壁紙が貼ってある『男性人生の道はエレベーター女性人生の道は階段

女性であるだけで男性とはそれぐらいの差があるということを表したいらしい。

俺は女じゃないから実際そうなのかもわからんがそんなに違うものなのかね。見るたびに嫌な気持ちになる。

2017-02-17

少子化に貢献はしたいアラサーデブスなんだが

彼氏いない歴イコール年齢で結婚の見込みもないので、公的な仕組みとしての出産がしたい。

顔も知らぬ男性精子体外受精して、妊娠産後しばらくは手当が出る。

そして子供は国の施設に預けられ自身仕事に戻る。

そのくらいシステマチックな感じで少子化に貢献したいんだけど無理かいな。

非モテ男性」はなぜ「強者」なのか

日本インターネットでは「女性差別」が盛んである

女性差別に対する告発」へのカウンターとして、しばしば「キモくて金のないオッサン」や「非モテ男性」が持ち出される。

女性差別」を解消しようとすると、「女性以上の弱者であるキモくて金のないオッサン」や「非モテ男性」が犠牲になるという理屈である

かれらの中では「女性」と「キモくて金のないオッサン」や「非モテ男性」の対置が成立している。

ブサメン」や「非モテ男性」は世間に同情してもらえないこの世で最も哀れな存在であり、「リベラルにさえ見捨てられた弱者の中の弱者である

非モテ男性」を守るためには女性を「資源として分配」することもやむを得ない。「セクハラ被害者レイプ被害者」よりも一生を悲惨に終える「非モテ男性」の方が可哀想である

ここには「非モテ女性」や「キモくて金のないオバサン」は存在しないのである

考えてみれば「女性」と「非モテ男性」の対置おかしい。「女性」の反対は「男性」であり、「非モテ男性」の反対は「非モテ女性である

ブサメン」が弱者なら「ブサウィメン」も弱者である。「キモくて金のないオッサン」が同情されるべきなら「キモくて金のないオバサン」も同情されるべきである

非モテ男性」のために「女性」全体を犠牲にすることが許されるのなら、「女性」の中でも特に立場の弱い「非モテ女性」が「非モテ男性」より悲惨な目に遭うのは明白である

だが「非モテ女性」や「キモくて金のないオバサン」は無視される。かれらの中で「非モテ」は「非モテ男性」と同義である

これはどうしたことだろう。まさか非モテ女性」はこの世に存在しないのだろうか?

かれらによると女は貧窮しても体を売ればいいらしい。風俗はどんな「ブサウィメン」でも「非モテ女性」でも採用され、「老化による外見の劣化」とは無関係に続けられるのである

女に生まれただけでちやほやされる人生約束されるらしい。「女に生まれていたら」と「顔のいい女に生まれていたら」は同義である

非モテ女性」がこの世に存在しないかのような物言いがなぜ「最も哀れな弱者本音」として大手を振って跋扈しているのだろうか?

答えは明白である。「非モテ男性」が「非モテ女性を踏みにじっても許される立場」であり「元から声の大きな強者」だからである

つまるところ、「非モテ男性」をリベラルにさえ見捨てられた「最も哀れな弱者」とする論に目新しいところなど一切ないのである

から発言力のある声の大きな人々、元から社会認知されていた人々が、今まで通りエゴに満ちた声を張り上げた。ただそれだけの話である

女性を「資源として分配」しろという論も、結局「昭和に戻りたい」という話でしかない。「非モテ論」は「既存リベラルに代わる新たな弱者論」どころか「単なる伝統保守である

「単なる伝統保守」があたかも「本当の弱者に寄り添った新時代弱者論」のような顔をしているところに、この問題根深さがある。

非モテ男性」は「圧倒的な発言力を持つ昭和以来の圧倒的強者」なのである

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん