「しま」を含む日記 RSS

はてなキーワード: しまとは

2017-01-22

ソシャゲ好きな人って本当のゲームをやってないんだろうな

相変わらずゲーム業界は偽物のゲームだらけだからソシャゲ程度でも楽しいと感じるんだろうな。

思えばファミコンの頃もPSの頃もこんなんゲームじゃねえってゲームだらけだったけど連続クソゲーを引くともしかしてこれぐらいならゲームって呼んでもいいんじゃって気がしてたな。

それの延長なんだろう。

クソゲーだらけの世の中で良ゲーに会えなかった奴らがソシャゲゲームだと思ってしまうのは仕方ねえよ。

NGやらブロックやら駆使しても例のタレント話題が目につく

ちょっとした炎上マーケティングに釣られるのは良いよ、ネットってそういうもんだし、でも今回はどう見ても過剰

つの時代も(あるクラスタから見て)しょうもない物を買わされてしまう人は居るし詐欺でもないのだから放っておけばいいのに

いつも以上に加熱する理由は一体何なんだ

家電のBigOnion[お知らせ] 2017年1月21日

お客様個人情報入力・表示される「注文画面」、「会員登録画面」、「お問い合わせフォーム」につきまして、最新のセキュリティに強化 致しました。

ウイルス対策/スパイウェア対策/スパム対策/不正アクセス対策

家電のBigOnion - 家電卸・格安販売

美人コスプレイヤー写真の公開をやめろ

コミケカメコに囲まれているコスプレイヤーの"画像"を見るととても安心する、精神が安らぐ

それがどんなに美人であっても、その"画像"からその人物承認欲求が読み取れる

普段相手にもしないであろう下層たるカメコに、その人数や熱気にあてられコスプレしてしまっている美人、という搾取が感じられる

ローアングルからの下卑た眼差しを受けている愚かなコスプレイヤーという構図は本当に肴になる

それは"画像"で画面の向こう側の出来事で、それは俺に笑われるだけの"画像"でしかない


さっきツイッターリツイートで某アイドルコンテンツコスプレを見かけた

ものすごく上手な絵師が描いた美少女の絵がリツイートで流れてくるように

ポートレートとでも呼ぶのだろうか、被写体の他に余計なものが写っていないもの

髪型再現度からキャラクターへのリスペクトが感じられた

コスプレ元のキャラ同様なんだか品のよさが伝わってくる、鼻も高いしものすごく美人

その人のアカウントに飛んで数分間、他にも公開しているコスプレを見漁った

これが同じ人間なのか、というぐらい顔の造りから違い美しい

背景や構図なんかも素敵でため息が出る


プロフから察するに良くわからないが本職は別にありコスプレがメインじゃないらしい

そんな風に漁っていくうちに熱が引いていきだんだん冷めていった

キャラへのリスペクトも感じ取れるし、流行ものにだけ乗っかっているとかそういう感じもない

コスプレへの態度がしっかりしているほど、公開されているものの美しさに目を奪われるほど、負の感情が溢れていく


この人はコスプレに執着しているわけでもない、本職もある

まれ持った顔の美しさで上からこちらをぶん殴ってくるコスプレ

上等な暮らしをしている人が片手間に楽しんでいるであろうコスプレ

そこにコスプレイヤーへの搾取などない

この人が公開しているのは作品であって、俺が肴にするようなコスプレ"画像"ではない

あくまで俺はその作品を見せていただいている四畳半で暮らす下流オタクで、俺がこのコスプレイヤー搾取することなど到底出来ない

その事実認識するばするほど情けないやらなんやら腹が立ってくる



ツイッターリアルから切り離された場所である電脳世界万歳自分身分も忘れられる!そう思いたかった

フェイスブックのようなリアル自慢、充実アピール大会が行われない場所でないと思っていた

そういうリア充を目にすることなく過ごせる所だと思いたかった


そのはずが、こんな完璧人間が住む世界と地続きになっていただなんて

それも男性向けオタクコンテンツコスプレでそれを見るだなんて

不意打ち、だまし討ち

最悪だ

そんな人間がこんな所に無造作になんで居るんだよ


上級国民辺境の地に来るのをやめろ

復讐として腹いせとして、搾取構造を守りたい俺は欲望のはけ口にしてやろうかとも思ったがそれも出来ない

ただただ美しく関心するしかないコスプレ写真作品

その美しさに腹が立つだけでオカズにもできないから、もっと露出の多いコスプレを公開してくれ、と切に思う

でもきっと、そんなサービスをされたとしても俺はその作品オカズにすることも出来やしないんだろうな

好きな人デートに誘った

タイトルのまんま。それだけ。

あとは、懺悔させてほしい。

ちょっと前、自分を好きだと言ってくれた人がいた。

でも自分はその人のことをなんとも思えなくて、頻繁に来る連絡が鬱陶しくて、もう連絡しないでほしい、と一方的関係を切った。

今思うと、なんてことをしてしまったのかと罪悪感で押しつぶされそうになる。

きっと相手は、それなりの勇気を出して声をかけてくれたはずなのに。自分に対してどれだけ本気だったかなんて分かんないけど。

好きな人ができて、デートに誘いたくて、話したくて、自分のことを知ってほしくて……って気持ちを知ってからやっと分かった。

好きだからしゃべりたいって、自然感情だった。

一番話したい相手にもう連絡しないでほしいって自分が言われたら、しばらく恋愛したくなくなるだろうな。

自分が言ったひどい言葉を、初めてひどいと思った。

ごめんなさい。

デートの誘い、まだ帰って来てないけど、成功しますように。

あの人と、喋れますように。

あわよくば気に入ってもらえますように。

ひどいやつだけど、幸せになりたいよ。

http://anond.hatelabo.jp/20170122001347

あくま自分場合はだけど

身体的な気持ち良さはあるけれどそこまでしてもセックスできない悔しさと

相手に嬉しくも楽しくもないことをさせてしまってる申し訳なさでイラついてしまうかな

そんな思いするぐらいなら自分で処理した方がいいって思ってしま

ゲーム専門学校について

やっとクソみたいな専門学校から

卒業なので

この事を書こうと思う。

高校卒業してから僕は

ゲーム専門学校入学した。

僕が入学した専門学校

「確実就職」をうたっており、

小学生からゲームクリエイター

憧れた僕はそれに釣られて入学してしまった。

1年目は気の合う友人ができ、

放課後ゲーセンとかで遊び呆けてた。

2年で

学校カリキュラムで某ゲームイベントにチームで作ったゲーム出展ができるカリキュラムがある。

結果的にはゲームを作ってゲームを展示をするのだが、

そのゲーム作りで

闇的な部分を見るはめになる。

僕は企画者兼プロジェクトリーダー

「仲の良い友人だけでチームを組んだ」

最初は各役職に指示を出したり、

仕様書発注を書いていたりした。

最初の1ヶ月ぐらいは順調にすすんでいたが、

事件はその後に起きる。

アニメーション担当の友人が

リグ入れとウェイト付けだけで1ヶ月。

スケジュールに大きく影響し、僕はその場で怒ったら...

ジョイント一つ入れるだけでも大変なんだからしょうがないでしょ!!!

(なお、組むリグは標準的な人型)

逆ギレされた。

当時は3D知識が無い自分にも非があると思い、そこから3D勉強を始めることにした。

その数週間後に学校先生に呼ばれ

どうやら友人(デザイナー)

二人がチームから抜けたみたいだ。

理由

「(著者が)怒ったりするのでチームを抜けます。」

初めての体験で「えぇ...」としか声が出なかった。

その二人が抜けた後、残りのリグやアニメーションは僕が担当

残ってくれた一人の友人(デザイナー) が代わりに3Dモデル全てを作ってくれ、

優秀な先輩と友人のプログラムのおかげでなんとかそのゲームは完成した。

イベント後、他の人達が僕を避けているのがわかった。

どうやら抜けたチームの人間

元々僕を悪く思ってた人間がこそこそと

僕の悪口を言いふらして、それが学校中に広まったらしい。

聞いた内容が

仕様書を書かない」「自分はちゃんと納期を守った」「自分は悪くない、悪いのはあいつ」「あいつら実力はあるけど人間性は無い」

しかも、一つ上の先輩達も一緒になって言ってたのが驚愕

根拠の無い悪口でも

噂は信じられるもんなんだなあ、

とは思ってたけど

今思えば

それは生徒の質が低すぎるゲーム系の専門学校ぐらいかも。

 

その後、僕はゲーム会社アルバイトをし4月頃には内定を頂きゲーム会社通い。

最後まで一緒に居てくれた友人や先輩も大手ゲーム会社就職が決まった。

抜けた二人、悪口言ってた奴らはどうなったかしらん。

匿名でこんなことを主観的

書く僕も僕だが卒業だし書いておく。

ゲーム専門学校入学を考えてる人へ

1.某掲示板で書かれてることは事実

少なくとも8割は大体ゴミクズ

2.ゲーム専門学校行くなら、大学行け

3.どうしても行きたいなら、前年度の大手就職とかみるべき。

因みに無い場合業界へのコネクションが少ないと考えたほうがいい。


他にも色んな闇とかを見てきたが書くのがめんどいのでこれでおしまい

西野といい文科省といい神奈川県教委といい小田原市といい西野といい、アホな見解を出すと晒されコテパンに叩かれ結局は修正されてしま時代なのに、なぜ公にやらかししまうのだろうか?

精神病院から退院させてもらえないのは医者の金儲けのため

家族一時的錯乱を起こしたので精神病院相談したら精神科医に勧められて保護者同意による入院になった。

4日ほど保護室に入っていたようだが、状態改善したので一般の病室に移った。

入院から6日後に面会をしたら薬の影響なのかちょっと元気がなかったけれど、普段と同じ状態にもどっていた。

担当精神科医状態が良くなっているか退院させたいと言ったら、「通常は短くて3ヶ月入院。長ければ1年状態を見なければいけない。精神保健衛生法で医者判断がなければ退院できないよう決められている」と言った。

おかしくない?

状態改善したのに入院させて金をむしり取るつもり?

相模原障害者施設殺傷事件みたいなのは警察逮捕して入院させた犯人を、精神科医退院させて、精神科医殺人事件の原因を作った。

ところがおとなしくて正常に戻った普通の人は長期間入院させようとする!

金儲けで増田医者の金づるにされてしまったのか!

だけか解決策を教えてくれ!

エロい法律を変えてくれ!

美人がみんな社会的上層階級に吸い上げられてしまうと庶民には夢のない話になるから庶民的美人がいてくれたほうが嬉しい。

http://anond.hatelabo.jp/20170122000018

[]

2日目はノアどの

3日目はシグルーン

投票しました

ヒトカラの季節

ヒトカラという趣味を見つけてからもうすでに15年以上は過ぎた。

もともと歌を歌うのは好きなので、同僚たちと二次会でご相伴することはあったが、高音域になる度に鶏を絞め殺したような声になり笑いを買うのに嫌気がさし、1人で行くことを思い立った。

それがヒトカラを始めたキッカケだった。

だが当時はカラオケは皆でワイワイやるものというのが常識時代。まだまだ他の客の視線は痛かった。

気兼ねなくマイナーな曲を与えることや、あくま雰囲気だけだが歌手勝手になりきる快感を覚えてからヒトカラは週末の夜の習慣になった。

それとともに、痛い視線にも慣れる鈍感力を身につけた。

1人で通っても、やはり一晩に何羽もの鶏をつぶす日々だったが、あるとき音程コントロールする機能を知ってから犠牲になる鶏は減った。

それから研究を重ね、曲のバリエーションを格段に増やしていった。

いまは、人前で歌うときは出来るだけ皆が知っていてノリやすもの、かつ短いものにしている。少なくとも間奏や前奏があるものは、極力避けるようにしている。

インストゥルメンタルが長いと間が持たないし、無駄に気を遣わせてしまう。ぎこちない踊りを見せるのもそれはそれでアイスブレイクにはなるが、長過ぎはダレてしまう。

ゴダイゴ銀河鉄道のようなサビをしつこく繰り返す曲も、気心知れた面子でないと選びにくい。リズミカルに盛り上がってサクッと終わる曲が無難だ。


時間ぶっ通しで歌える程度にはレパートリーがあるので、チョイスに季節感を織り込んだりもする。

もちろんメジャー流行曲も織りまぜる。星野源の恋は、皆ダンスに気を取られているせいか、平均点が異様に低く、自分のような凡庸素人でも相当上位に食い込めるのは意外だった。



それでも、やっぱりヒトカラが一番落ち着く。

自分ちょっとクサい歌が好き。ゆず嗚呼青春の日々とか、ケミストリーのUsとか最高だ。

ミスチルの I'll be の中の

人生フリースタイル 孤独でも忍耐 笑いたがる人にはキスを」

という歌詞には何度救われたか知れない。

でも野狐禅ボーカルの人の、若いのを呼びつけるみたいな歌を同僚が半狂乱で絶唱していたときは少し引いてしまったし、やっぱり人前で説教ソングは頂けない。



甲斐もなくマジ恋をして失恋したときはそれテーマの曲でも歌えば気が紛れるかと思ったが全く逆効果で、失恋ソングというものはその体験最中にいる者に向けたものではなく、恋に恋焦がれるものへのお遊びでしか無いのだと実感し、マイクを通して作曲家に泣きながら怨嗟を送ったものだ。

その時は嵐のTrablemakerが抜群にメンタル復調に効果を発揮し、同じ曲を振付も交えヘビロテしてやり過ごした。あの曲の歌詞には人のテンションを上げる工夫が随所に織り込まれていて素晴らしい。失恋特効薬と言って良い。


最近は、ガイドボーカル入りがお気に入りだ。エアーデュエットハーモニーパート開拓に余念がない。

曲のチョイスももっぱら履歴から選ぶようにし、時代に乗り遅れないようにもしているが、全く未知のアニソンが多勢を占める現状には潮目の変化も感じている。何より、自分のような内気者の暗い趣味であったヒトカラがここまで市民権を得てしまった時代の変遷に戸惑いも覚えている。


はいえ歌うことは大好きだ。いずれ妻をめとるまで、当面やめるつもりはない。

2017-01-21

ふたりくらい十分すれ違えるくらいの通路に、ど真ん中にでかいリュック背負って突っ立ってるおっさんがいてだな。

近づいても気付かずに道塞いでるから背中からすり抜けたら、軽くリュックをこする感じで触れた。

そしたら、通り抜ける背中を押し出すみたいにリュックで押してきた上に、「おまえすいませんの一言くらいいえんのかぁ」とか怒鳴ってて。



なんだろう、見くびられるタチなのかな。こういう悪態やら下らない嫌がらせやらをよく受ける。

道でスマホ取り出した途端に、歩きスマホへの私的制裁のつもりか、向こうから歩いてきたのが明らかに向き変えて肩ぶつけてくるとか。(出しながら端に寄って立ち止まってからロック解除して操作、としてるから、本当に出した瞬間にぶつけに来てるし、そうしてることをこっちもはっきり見てる)

おっさんに限らず女性相手でも、メイドカフェの呼び込みを通り過ぎたら「はい無視ー」とか、30秒でできるアンケートだといって寄ってきたのを手を振って断ったら「30秒くらいできないんですかー」とか、あの語尾伸ばしに悪意込めたような厭な言い方で捨て台詞吐かれたりもする。

仕事バイトでも、同僚に延々と嫌がらせされるとか、上司からパワハラとか、ほとんど初対面の時から仕掛けてこられる。



実際、考えないと言葉が出ないタイプから口論とかできない。

悪態つかれても、まずびっくりして、それからそんな悪態になにか理があるのかとか考えて、確かにこっちが悪いと思う時は謝るとして、相手側の非はどうかと考えて、相手が悪いならどう悪いか考えた上で、どういう悪態を突き返すべきかセリフを整理して、さあ言い返そう、と思ったら完全に遅れてる。

頭の回転がひどく遅い。

通りすがり一言くらいならスルーして終わりだけど、詰めてこられると本当に辛いものがある。

後でゆっくり考えたら、相手の言うことが自分棚上げやら自己矛盾やら、無茶苦茶なことがわかってくるけど、その場で言い返せなくて一方的にやられる。

自分相手と同じくらい雑なことを言い返すのも、どうもうまくいかない。



自分みたいな、悪態ついてもやり返せそうにない奴、というのは、見た目とか雰囲気でわかるもんなのかな。

それともああいうのは誰彼構わずやってるだけで、自分がやられたことをいちいち覚えていすぎるのか。



見た目でいったら、身長180センチちょっとで痩せ型でもなく、高校大学の頃はラグビーやらアメフトやらの勧誘をしつこく受けたような体格なんだけどな。

気が小さいし、殴る前に本当に殴っていいのかとか考えてしまうから、本当に殴り合いになったりしたらまず負けると思うけど、それもわかるのかな。

舐めた口きいたら殴り倒すぞコラ、みたいな表情で歩いていればいいだろうのか。

筋肉でも付けたら違うのかな。

俺的チャーハンの素ランキング

最近チャーハンを作るようになった。と言うわけで、チャーハンを作るのに欠かすことのできない、チャーハンの素をランキング形式で紹介しようと思う。

第1位 カニチャーハンの素

すぐ美味しい、すごく美味しい

第1位 エビチャーハンの素

魚介類は強いね、おそるべし

第3位 五目チャーハンの素

魚介類には若干劣るが、まあい

第4位 焼き豚チャーハンの素

なぜかこれだけが、小生の上のお口に合わないんだ。なぜだろう。おそらく、他と違ってメイン具材である焼き豚の食感がご飯に埋もれてしまっているのが原因だと思う。味が平べったい。脈がない。まずいわけではないんだ、だが、飽きるのが早い。

番外編 ドライカレー

良い。語彙を失うレベルで良い。

環境的要因により自己肯定感が低い人が頑張って高くしようとしても、結局「頑張る」分余計なエネルギーを消費してようやく一般的ラインに立てる。

まり子供の頃に何であれ「転ける」とそこから既に差がつき始めてしまう。

グラブルの特典商法えげつなすぎだろサイゲ死ね

と思ったけどポケモン映画がずっと同じようなことをやってきたのでここはセーフとします。

ポケモンのおかげで命拾いしたなサイゲのクソ野郎

怒った時は顔射するの?

彼氏を怒らせてしまった。

怒られるならまだいいんだけど、特に怒ることはなく、えろい事して顔射されて嫌なこと言われた。

怒られたら「次からこうします」って提案できるのに、この案件だとどうしようもない。

ただただ嫌な気持ちになった。

相手を怒らせた私が悪いんだけど、嫌な気持ちを嫌な態度で返すのって、こんなにも不快ことなんだな、って思った。

そんでもって、自分不快さを相手に知らしめるのがうまい人ってよくいるよな〜、と感慨深く思った。

以上、こんな態度だから相手を怒らせてしまう気がした。

カイシャの評判とかいクチコミ()サイト

「カイシャの評判」っていうクチコミサイトがあるんだけど、みんな知ってるかな?


「エン転職」の運営元(エン・ジャパン)が運営している、転職クチコミサイトだ。


転職したい人が勤務してる会社クチコミ書けば、転職したい会社クチコミ見れるってやつ。


そういうサイトって他にVorkersとか転職会議とかキャリコネとかあるんだけど、少なくともカイシャの評判のクチコミは信用しないほうが良いよ。(他のサイトクチコミは信用できるって言ってるわけではない)


カイシャの評判ってSEOすごい強いらしく、何も知らない友人がSEOで出てきたカイシャの評判の情報信じて転職したら、内情が全然違ってひどい目にあったらしい。実はカイシャの評判がクソな理由ってのが明確にあって、こういう被害者増えたら良くねぇなと思ったので、匿名の形だけど俺なりに世の中に警鐘を鳴らしていきたいと思う。


俺が知っている限り、カイシャの評判使わないほうがいい理由が2つあって、一つは「クラウドソーシングでのクチコミ収集」、もう一つは「エン転職お金払ってる企業優遇」だ。


以下、1つづつ詳しく書いていく。


1. クラウドソーシングによるクチコミ収集

まずひとつ目はWE◎Qとかでも話題になったクラウドソーシング関係する話だ。


クラウドソーシングっていうと分からない人もいるかもだけど、ネット上で1文字1円とかで記事募集できるクラウドワークスとかランサーズっていうサイトのことだ。


実はカイシャの評判はオープンする前の2014年の末頃からランサーズクチコミ収集していた。収集に使っていたアカウントは以下の2つだ。(他にもあるかもしれない)


大胆なことに今でも依頼履歴隠蔽とかはしてなくて、ランサーズ上でちょっと調べれば大量に過去依頼履歴が出てくる。以下に3つぐらい抜粋する。


クチコミクラウドソーシング収集するってのは良くあるんだけど、大企業がやるときって、エステとか通販商品とか、まぁそれ信じて失敗してもその人の人生を左右するわけじゃない程度のもの収集するのが普通なのよ。いわゆるモラルってやつね。


ところがどっこい、そのへん、エン・ジャパンさんの「カイシャの評判」先輩がワイルドなわけですよ。


何が問題って、転職クチコミサイトってさ、転職しようかどうか迷ってる人が藁にもすがる思いで使うわけよ。そういうユーザーが見るクチコミ()コンテンツ



ってどうなのよ?アフィカスが作る転職エージェント比較サイト()とかのクチコミならまだしも、上場企業が大規模にやるもんじゃなくね?


上場企業が作るサイトコンテンツって普通の人は一定信頼するわけじゃん?金に目がくらんだクラウドワーカーが鼻くそほじりながらてきとーに書いたクチコミと知らずに信じるわけじゃん?それで転職決意するユーザーもいるわけじゃん?もし転職失敗してみなよ?人生狂う人とか出てくるわけよ?そのユーザー家族とかも不幸になるかもじゃん?そういう人たちが苦しみ感じるかもしれないとか考えないのかな?わからないのかな?どうでもいいのかな?


今はクラウドソーシングでのクチコミ収集やってないみたいだけど、人のココロなんてどうでもいい運営者が運営しているサイトってこったろうね。


なんてこったい。


2. 「エン転職」の求人掲載時のインタビュー内容をもとにした収集

クラウドソーシングでのクチコミ()の収集は今はやってないみたいだから、百歩譲って、サイト立ち上げの際に魔が差してやってしまたかもしれないとして、ここは一旦許すとしよう。


ところがだ。


ところがですよ。


ここからが大切なところなんですよ。


かなりやばい話なので念のため但し書きをしておくと、これは俺が複数取引先の複数の人に聞いたことで、自分が明確な証拠を握っているわけでもない。が、信頼できる方々が同じような内容をおっしゃっていたのでほぼ確実な事実だと思う。


というわけで本題。


カイシャの評判が今でもマジでふざけてるのは、エン転職お金払って求人掲載すれば、カイシャの評判に載ってる企業にとって都合の悪いクチコミを消し去ってくれたり、求人掲載するためのインタビュー内容をもとにしてクチコミ捏造してくれたりするらしい。それが所謂ブラック企業であったりしても同様とのことだ。


にわかには信じがたいことで、最初聞いたときは「エン・ジャパンほどの企業がそんなことしないでしょww」って耳を疑ったんだけど、どうやら本当らしい。なんとなく思ってたんだけど、カイシャの評判って、Vorkersとかキャリコネとかに比べたら、いわゆるブラック企業でもあん悪口かかれてなかったりするんよね。それって多分、まぁ、上記のようなことをやってるからなんでしょう。


なんてこったい。


お金を払ってくれた企業は最大限優遇する、っていうのは営利企業として当然なのかもしれない。


けど、今の職場では過労死しそうだったり、何か絶望的な状況に追い込まれていたり、はたまたキャリアで成し遂げたいことがあったりして、転職を志すユーザーが、藁にもすがる思いで情報収集をしているときに目にする情報を捻じ曲げて、捏造して、もしくはブラック企業隠蔽したい不都合情報とかを握りつぶしてまで、その目標を達成したいんだろうか?


WE◎Q問題ときも思ったんだけど、KPIとか売上を追い求めるあまりWebサイトを利用するユーザーにはそのユーザー家族人生があることを忘れ、ユーザーの様々な悩みにつけこんで、その人達から搾取してまでKPIとか売上っていう無機質な数値を伸ばすことに執着するのってなぜなんだろう。


もし、エン・ジャパンのカイシャの評判担当の人がこの投稿を見ることがあったら、今からでも遅くないと思うので、ユーザーに誠実に向き合って、正しい情報を正しく伝える、真っ当で健全運営をしてほしい。


まぁ無理だろうけど。


参考: ランサーズ上に残ってた依頼履歴

今でも40件ぐらい依頼履歴残ってたので別記事リスト化しておく。

http://anond.hatelabo.jp/20170121223230

進路が決まら大学卒業した女な訳だが[3]

※前回http://anond.hatelabo.jp/20170121201117

〜これまでのあらすじ〜

ワイは猿。プロNNT猿や!無事(?)に資金も貯まって上京今日からこのボロアパート根城就活リベンジや!!

…え?転職エージェントさん達?もしもーし!息してますかー?紹介できる仕事がないってなんですかー?返事してー?

おーい!!だれかAED持ってこーい!!!

--------------

「まあ何かしらの紹介はしてもらえるだろう」と思っていた私が甘かったのか。最終職歴はアルバイトで、しかも1年も働いてない。履歴書にしたらスカスカおせち並みに内容が無い事は確かだ。

流石に凹む。このまま仕事が見つからないまま、決して潤沢とは言えない資金は底をついてしまうのか。泣きながら実家へ帰るのか。

そんな嫌な予感が胸をよぎる。冷静になれよ、ミ・アミーゴ

転職エージェントにはもう頼れまいと、新卒の頃に使った「2017だの2018だの卒業年度が後ろにつくアレ」に登録をして、第二新卒歓迎の仕事を探しまくった。

新卒の頃には「第二新卒歓迎」なんて胡散くさいわぁ〜なんて思っていたのに、今ではこんなに、何故だろう、あたたかい…。

そんな時に、一通のメールがきた。

3つの転職エージェントのうち、最後ひとつからの返事だった。

「なっ、なによ…どうせあんたも私のことなんか見捨てるんでしょ…ッ?

ふんっ…まぁ一応読んでやらないこともないわよ…ッ」

と、つり目の金髪ツインテール美少女になりきりながらシングルベッドの上でメールを開封。

anonymous

一度担当者とお会いしてみませんか?ご都合の良い日程をご返信ください」

捨てる神あれば拾う神あり。うれしくて、長州小力のような踊りまでしてみせた。

取り敢えず話を聞いてくれるだけでも、一人ぼっちの私にはありがたかったのだ。

「これはまるで…!天から垂らされた蜘蛛の糸…!登らなければ…!未来はない…!登る…!今すぐに…!」

(訳:ありがとうございます!早速なのですが、今週の3月×日が空いております!よろしくお願い致します!)

そんな訳で3月の末日、慣れない都市鉄道を乗り継いでやってきた某所。

バベルの塔のように物々しいガラス張りのビルが乱立し、それぞれが自由に陽の光を弾き飛ばして私を威圧してみせる。

そのうちの1つに私は用がある。あの日、私にはそのことがとても特別なことのように思えた。

メガネをかけた女性担当者が、定刻に待ち合わせの部屋へ現れた。

anonymous様はどんなキャリアプランをお持ちですか?」

ここで、新卒の時に就職失敗で云々という経緯を語った。そしてどうせなら、もう一回チャレンジしたいということも。

担当の方は一瞬難しそうな顔をしたあと、「少々お待ちください」と言ってパソコンを叩いた。

しばらくすると、横のプリンターからメチャメチャに紙が出てきた。それはもう、ベロベロと。あれよあれよと分厚くなって。

担当者さんはそれをグワシと掴むと、「そちらはすべて、今現在anonymous様にご紹介をお勧めしたいお仕事です。すこしご覧になってみてください」と、私の前に差し出した。

なんだ!!お仕事たくさんあるじゃん!!しかも選んでくれるなんて楽チンだなァ…

幸せだなァ…僕は君といる時が一番幸せなんだ 僕は死ぬまで君を離さないぞ、いいだろう…』

と浸っていたのも束の間、印字された内容をよくよく読んでみると

「あの、これ…向こうが要求しているスキルに対して私の経験値が圧倒的に足りないんですけども…?」

「そこは…私の方からもプッシュはしますが、とにかくやる気をアピールしましょう。」

それができていれば、新卒就活で失敗してないと、私、そう思うんですよ…


次回、[4]へ続きます。長くなってしますみません

西野が金の奴隷またまた冗談

ヤツのブログをちゃんと実際に読んだなら分かることだけど

お金のあるなしで子供絵本アクセスできるか否かが決まってしまうことに対して金の奴隷って言ってるから

結局基本無料ソシャゲ声優で食べてる明坂聡美となんら変わらないんだよな

anond:20170120191138

ストーリー

 ほんとにメインストリーに沿って行く感じなのかな

 ゲームではかったるくてスキップしたりしてたからおさらいできるのはありがたい

 時々テンポが悪く感じるところがあったのが気になる



キャラデザ

 絵は良く動いてたように見えた

 エンディングのルリアの髪の毛が流れるところすごい

 あの質をキープするの大変そう 崩れると厳しくなりそう



HRT名前クレジットされていなかったように見えた



元増田ランク分けだとCくらいかなあ

テイルズチェンクロと並べるとそこまで目立たないようにも思えてしま

ゲームBGMが使われるのはいいけど、アニメ用にタイミングを合わせたりするようなアレンジまではされていなかったように感じた

2話の最後のところ、いまいち「空の青さ」が広がる感動が弱かった気がしたんだけど何が悪かったんだろう

明坂聡美の本当の危うさは

あのバカに次の炎上ネタを安々と提供してしまったことだな。

転職ドラフトについて

転職ドラフト興味本位登録したのですが、自分現在年収 + 250万円の額がいきなり提示されて、驚きました。これまでやってきたことやGithubアカウントなどは公開しているので、やみくもに提示してこられたという感覚はありません。エンジニアとして良い評価を頂けて嬉しいです。

一方、自社でこのような昇給可能か考えると、(これまでの給与改定を踏まえるて考えると)250万円の昇給はあり得ません。100万の昇給でさえ夢のまた夢です。

そもそもの業績が悪く、どうしようもないベンチャー企業なのであれば、しょうがないでしょう。それでも夢を持って頑張るか、素直にオファーに応じて転職するだけです。

しかし、業界での知名度黒字化へそれなりに順調に進んでいるところを見ると、どうしようもないベンチャー企業だとは思えません。転職ドラフトで自社が投げているオファーを眺めていると、自分が受けたオファーと同じような額はもちろん、それ以上の額が、スター級ではないそこそこのエンジニアに対して提示されています。もちろん、外から見える公開情報だけでスター級ではないと判断するのは難しいのですが、そこに書かれた経験を信じるのであれば、私とそれほど変わりありません。

すでに自社で貢献しているはずの私の昇給が難しく、ブログ記事記事分程度のレジュメを公開しているどこかのエンジニアにはまともな給料を出せる。

一方で私も、ブログ記事記事分くらいのレジュメを公開してみれば、いとも簡単にまともな給料オファーがもらえる。

これを読んでいる方には自分に置き換えて考えてほしいです。

まりにも馬鹿馬鹿しくありませんか?

こうなってしまうと、自社での活躍よりも、できるだけ企業を選別しながら転々とすることを考えた方がお金は稼げますエンジニアに求められるのは、そこそこのスキルと、レジュメ作成能力、そして給料を引き上げるための転職を実際に2回も3回もすることです。

私は本当に今の会社が好きです。今の会社からもらえる給料いくらか安くても我慢できます

しかし、自社への貢献が昇給につながらず、自分より後に入ったそれほど優秀でもないエンジニアが高い報酬をもらうようなことになれば、さすがに今の自分待遇には納得できません。

会社社員の貢献に還元することを忘れていては、会社には金が欲しいだけの傭兵ジョブホッパーばかりになり、それこそWantedlyに書かれているような高らかなビジョン共感する者は一人もいなくなるのではないでしょうか。

転職ドラフト実在サービスですが、フィクションとして読んで下さい(体験談風に書いていますが)。こういったことはたくさん起きているのではないかなという妄想です。

Fate面白さが理解できない

はいえこれだけ流行っている。なんとか理解しようと思って…

アニメを観た

エミヤかいうやつの後先考えない正義感が鼻について、

我慢して数話を観たんだけどドロップアウト


FGOを遊んでみた

UIゲームシステムもひどすぎて、とても続けられなかった。

ゲームとしては、ソウルクラッシュはもちろんブレイブフロンティア世代より前、ポチポチゲーを彷彿とさせる前時代的なもの

UIもわかりづらすぎてガチャを外したらキャラクターが出ない。プレイしていて「マジかよ…」と何度も呟いてしまった。



誰かFate面白さを教えてください。

もしくは「これをやれ|観ろ」という作品を教えてください。

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん