「構造」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 構造とは

2016-08-28

http://anond.hatelabo.jp/20160828232916

構造とか適当なことをほざくな文系

その構造で持ってお客様に失礼なことをしているならば当然その構造是正されるべきだ

お客様死ねといえば当然お前らは死ななければならないんだよ

「「貧困女子高生問題に関する私見」から見るネット功罪の罪の方

http://bylines.news.yahoo.co.jp/miwayoshiko/20160828-00061589/

http://b.hatena.ne.jp/entry/bylines.news.yahoo.co.jp/miwayoshiko/20160828-00061589/

なんか「『保育園落ちたの私だ』が2ちゃんねる発だと筆者が思っている」と決めつけてコメントしている人が何人かいるけど

 ネット功罪は、評価の難しいところですが、もしも「罪」が大きいとしても、もうネットのない時代に戻ることはできないでしょう。

 いわゆる「炎上」では、多くの場合には過激で恥すべき行為が推奨されエスカレートします。

 これは「2ちゃんねる」が数多くのユーザーを獲得して拡張していった時期から問題視はされていました。しかし「2ちゃんねる」は、クリエイティブ行為や、同じ困り事を持つ人々の相互助け合いを支える場でもありました。「2ちゃんねる」の数多くの掲示板のうち、ごく一部でのことではありましたが。

 また「#保育園落ちたの私だ」など、過去になかったタイプ社会運動の契機ともなっています

この元の文の構造

になっているので「また「#保育園落ちたの私だ」など、過去になかったタイプ社会運動の契機ともなっています。」は「2ちゃんねる」じゃなく「ネット」の活動として書かれているのがわかると思う。

(筆者が「保育園~」を2ちゃんねる発と思っていたとしたら、「「2ちゃんねる」の数多くの掲示板のうち、ごく一部でのことではありましたが。」は最後に来ないと不自然になる)


コメントしたさに文章を読んでいない人がいるのかなと思うけど、筆者が言っていることをまさに体現していてネットの罪深さをより感じた。

はてなであろうが2ちゃんねるであろうがTwitterであろうが決めつけ・中傷する人間は減らないのだろうなと。

(ただ、書く側(発信側)にももちろんリテラシー必要だし、実際のところネットの罪と言うより日本語話者の中でまともな国語力のある人間があまりいないことをネットが明らかにしているだけではとも思う)

2016-08-26

女優記者会見にまつわる違和感

ある女優の息子が性犯罪を犯したってことで、母親としてのお詫びの会見があって、

その席上、某テレビ局記者だかリポーターだかが、下劣質問をしたとかで叩かれてる。


実際、質問は叩かれるべき下劣ものなのだけれど、それに気丈に答えた女優評価は上がっているようだ。

今後の女優芸能活動にとっては、かなりのプラスになるだろう。

実際、「女優さんかわいそう。メディアに負けずに頑張れ」という反応を、ネット結構見かける。




そもそも、なぜ記者会見がこのタイミングで開かれたかといえば、女優が今後も芸能界で生きていかなきゃいけないからだろう。

これが一般人なら、凶悪犯罪がおこったからって、「なんで親がお詫びの記者会見開かないんだ!」と叩いたりしたら、それこそ大炎上するはずだ。

それが、みんな「会見が開かれること」それ自体については当然として話が進んでいるのに、なんとなくモニョる




女優サイドが、「いまはとても、記者会見を開ける状態にないので、そっとしておいてほしい」といってたら、

どういう反応だったんだろう?

それはそれで同情があつまったんじゃないかという気もするし、

もしメディアの側とか、どこぞの文化人」が「なぜ、あの女優は会見しないんだ?」などと発言したら、

そっちのほうが炎上したんじゃないか?とも思う。






そもそもああい記者会見テレビ生中継されて娯楽として消費されていること自体が、かなり下劣ことなんじゃないかと思うんだけど、

違うのだろうか?


そもそもが下劣構造の中の、一部の下劣だけ取り出して叩いている感じに、なんだか違和感をぬぐえない。

2016-08-25

投資対効果の高い進学先

職場で有名大学を出た非正規職員一定数いる


皆、中高一貫私立大学進学だから学費は1000万円を下ることはないだろう。


地方出身者もいるので、2000万クラスもいると思う。


社会構造が、変わってしまったと言うこともありつつ今は大学進学ってかなり投資対効果の悪い選択肢なんだろうな。


二人の子供の親として、進学先を考えると男は公立高校出たら地方公務員になって大学必要に応じて通信夜学に通う。または外国語の出来る職人(板前など)とかで女は公立看護学校から看護師かなと。


世知辛いけど、色々なパターンを考えておかないとね

他に何かあるだろうか。

10000人に1人くらいが役立ちそうな「良い曲の条件」リスト

【全体共通

・チープでも、歌詞があらゆる人に共感できて良い。ストーリー的、もしくは絵本的。聖書的。日記的。

テーマが、多くの人の持つもの

・覚えちゃうフレーズがある。フレーズで売ってる。(心地良いか否かはあまり関係ない)

楽器構造が単純。

ビートが単純。

・展開の構造は独特。サビまでの流れはポップとは限らない。

・展開は頭から尻までどこが欠けてもダメ

特にめちゃくちゃ売れる曲は、子供っぽい。

・歌(声)、声ネタに特徴がある。

・パワーがある。

スピーカーでの聴き味が良い。(スピーカーイヤホンの聴き味があまり変わらない)

需要は、全視聴者最大公約数的。バラードなら一般的に切なく、ポップなら一般的にノレる。


・・・こんな曲が売れると思ってなかった。というトップの曲はめちゃくちゃに売れる傾向。チープ、単純、シンプル。」



ニコ動内】

・覚えちゃうリフがある。

・無欲に、善意と好きだけでしてる。アノニマス的。(かつ才能がある)

メロディビートベースコード)は聴きやすく盤石。

ボーカルが濃い。

シリーズ物

・曲を映像演出している。邪魔だけはしてない。

気合(魂)がこもってる。

天啓的な示唆がある。



国内海外

・その時代性格の、特徴的な良さをついてる。(流行空気



NG

音楽的に、もしくは音の良さだけで聴かせる曲。良くても良い線止まり

マスタリングが悪い。広がりと深みがない。

自分しかいない世界

スピーカーで聴いてない。

・退屈。曲自体ダメ

大人向け。



【(あんまり関係ない)個人的希望

コード、展開、旋律歌詞、音など音楽的に陶酔できる。

・音使いが天才的。(頭悪くない)

音響的に気持ちいい。

・曲調に合った音色だけである必要はない。

映像が"soukaimaxさん的"。(実験的)

テレビで見れる・聞ける水準。

・「それ?」っていうビートと音がある。

・どの曲もどこかトランス的。

大人になっても寒い」やつってどういう神経してるんだろう

年を重ねるにつれ人を笑わすのが上手くなる気がする。

これは面白い発想力が身につくってそんな高度な話じゃなく、どんなことに人が関心を寄せるか、そして笑いにつながるかってのが分かってくるからだと思う。

子供のころはケンカときに酷い言葉を投げつけたけど、大人になった今はしないってのと同じ構造だ。

こんなこと言ったら怒るだろうな、傷つくだろうなっていうのが段々わかるようになってくる。

簡単にいうと人の気持ちを考えられる人間になるっていうことだ。それが大人になるっていうことだ。



何度も言うが、物凄い話術で爆笑をかっさらうってことじゃなく、何気ない会話の中でくすりとさせるぐらいのことは出来るようになるはずだ。

だけどたまに滑り倒してるやつがいる。うちの会社にもいる。彼は何なんだろう。何で俺たちがそんなことで笑わないってことが分からないんだろう。

別に人を傷つける発言をしたり、デリカシーがないわけじゃないので、人の気持ち全般が読めないというわけでもないらしい。

ただ物凄くつまらない話を延々と面白そうにする。

彼はなんなんだろう。

2016-08-23

http://anond.hatelabo.jp/20160823143352

ゴジラそれ自体東京への被害はそんな大したもんでもないだろ。

少なからず地下から移動しようとしてた矢口らは助かってるし、映像では至近距離にあるビルプロトンビームが直撃してもビルに損害こそあれビル構造破壊するには至ってないわけだし。

何より、最後のヤシオリ作戦で前哨基地として「安全地帯」に設定された科学技術館位置って東京駅から1.5kmも離れてないんだぞ。ゴジレーザーの威力は実はそんなに大したもんでもないと言える。

それでも進路上及びゴジラの周りは壊滅的な損害を受けるだろうし、周りは放射能汚染されるからやばい事には変わらんが、東日本大震災と比べたら被害大分小さいんじゃないだろうか。

何より、「360万人の避難」ってことは実は23区全員が避難してる訳じゃないってことだからな。

映像ではすごいように見えるけど規模は多分超大型台風とかそのくらいだよ。

続【新共通テスト記述式】氏岡真弓氏による朝日新聞記事批判する

前回のまとめと補足

前回『【新共通テスト記述式】氏岡真弓氏による朝日新聞の記事を批判する』という記事で、朝日新聞編集委員 氏岡真弓氏の署名記事について批判した。

その要点は、氏岡氏の記事が、国立大学協会入試委員会対応に関して、(意図的にせよ結果的にせよ)明らかな印象操作を行い、「新共通テスト記述試験大学側が採点する」という方法が極めて問題の多い案であるという事実を十分に報じないまま、この方法採用を後押ししてしまっているという点にある。

いくつかのコメント飛ばし記事であるとか文科省側のリークというような話が出ていたし、私自身もその可能性はあると考えている。

しかし、その一方で、私は文科省国立大学協会も正しく状況をレクチャしたにも関わらず氏岡氏自身が(意図的無意識かはともかく)内容や方向性の間違った記事を書いた可能性、つまり氏岡氏の持っていた見解バイアス資質問題が今回のような記事を書いてしまった原因である可能性も留保している。

これらの点を詳らかにするためにも、氏岡氏は自分自身言葉で今回の記事に関する経緯を説明してほしいと考えている。

今回批判したいこと

今回私が批判したいのは、8月19日朝日新聞4面に掲載された『<解説>大学に負担、利用未知数 新テスト記述案』という記事である

前回の内容は記事化の経緯に関する点であり、氏岡真弓氏に非があることは明らかであると(少なくとも私には)感じられる問題だったが、今回はもう少し論争的な部分を批判したい。

はじめに結論をかけば、

氏岡真弓氏は今回の新共通テストに関する問題特に採点方法問題を論じる/解説するにあたって、この問題に関する十分な見識を欠いているのではないかということだ。

私が特に重要視している記事記述は次の2つの記述に集約されている。

この問題を論じるにあたって、国立大学協会入試委員会の提出した論点整理や文科省有識者会議=高大接続システム改革会議の出した最終報告は役に立つ。

記述問題形式

氏岡氏の8.19付解説記事最初記述について考えたい。

私の批判の要点は、氏岡氏はこの記述の中で、記述問題において何を問うかという点に関する検討理解を十分に行わないまま独自解釈を述べていないか、ということである

特に、「文章理解説明する設問」と「自分の考えを書く問題」とを明確に区別した書き方をし、大学側が採点する方法を採ることにより、後者可能になったと断定している点である

国公立大学二次試験国語で問われている問題はおおむね前者にあたり、文章記述の内容把握や根拠説明要求するものになっている。

一方小論文試験や国公立でも非常に僅かだが一部の大学2016年度だと例えば滋賀県立大静岡大首都大学東京島根大など。ほかにもあるかもしれない。)の国語試験には、課題文の内容理解を踏まえる形で「あなたの考えを述べよ」という「自分の考えを書く問題」が出題されている。

では、新共通テスト記述問題で本当に後者のような問題を出すことが想定されているのだろうか。

高大接続システム改革会議の最終報告には、

国語については、次期学習指導要領における科目設定等を踏まえ、知識技能に関する判定機能に加え、例えば、言語を手掛かりとしながら、与えられた情報多角的視点から解釈して自分の考えを形成し、目的や場面等に応じた文章を書くなど、思考力・判断力表現力を構成する諸能力に関する判定機能を強化する。(p.54)

とあり、ここにみられる「自分の考えを形成し」という語句一見氏岡氏の記述合致しているように見えるかもしれない。しかし、これは、例えば選択肢を選ぶのではなく自分言葉説明することを指していると通常は解釈するように思う。

実際、

大学入学希望学力評価テスト仮称)」の記述問題については、現在国立大学二次試験で行われているような解答の自由度の高い記述式ではなく、設問で一定の条件を設定し、それを踏まえて結論結論に至るプロセス等を解答させる「条件付記述式」を中心に作問を行うことにより、問うべき能力評価と採点等テスト実施に当たっての課題解決の両立を目指す。(p.56)

と述べられていることを見落としてはいけない。最終報告のp.75に掲載されている図も見落とすべきではない。

まり「解答の自由度の高い記述式」や「小論文」は、創造性・独創性芸術性の評価も含む問題であり「個別入試になじむ」と整理されている。

仮に大学が採点することになるからといって、この整理を放り出して、「解答の自由度の高い記述式」や「小論文」を出題するとか、

自分の考えを書く問題」を出題すると述べるのは、議論の成果である最終報告よりも明確に一歩踏み込んだ記述になっていると言わざるを得ない。

では国立大学協会の「論点整理」ではどのように記載されているだろうか。

解答文字数をふくめて出題の多様性の幅が拡大することである。また、設問の中に構造化された能力評価観点を踏まえつつ、各大学学部)はアドミッションポリシーに基づき独自の採点基準採用することができ、各大学学部)の主体性が発揮できる。

ここでいう「解答文字数をふくめて出題の多様性の幅が拡大する」という記述には、氏岡氏の言うような「これまでの記述式で中心だった文章理解説明する設問と違い、自分の考えを書く問題づくりが可能」という趣旨を読むことはできないと私は考える。

というのも、ここでいう「出題の多様性」という文章は、前半にある次の記述を受けてのものからだ。

全国共通試験への記述式・論述問題の導入は、多肢選択問題では測ることのできない能力評価するための大改革であり、適切にその能力評価するためには相当数の問題が課されるべきである。また、評価すべき能力が個々の設問の中に構造化されるわけであり、その観点からは、短文記述式(40-50 字)設問のみでは、改革の主旨に沿った十分な評価を行うことができないと言わざるを得ない。解答文字数を含めて出題の多様性が出来るだけ拡大されることが望ましい。短文記述式のみでは早晩パターン化し入試技術化する危惧あり、持続可能性の観点からも、同様のことがいえる。

これは、「これまでの記述式で中心だった文章理解説明する設問と違い、自分の考えを書く問題」を出題するべきというよりは、文字数は40-50字の短文記述よりは長めで、個数は多めにするべきということである。個数を多めにというのは扱う内容の多様性を確保せよといっているように私には見える。50万人が共通して受験するテスト場合、題材が1つだけだとどうしても能力よりもその話題になにがしかの知見があるかどうかなどの運の要素も出てきてしまう。十分な量の問題と十分な長さの解答要求をすることでしか「適切に能力評価」することはできないだろうと言っているように見える。ここには、「これまでの記述式で中心だった文章理解説明する設問と違い、自分の考えを書く問題づくりが可能」というような観点は入っていない。氏岡氏の記述国立大学協会の「論点整理」の文脈からもはみ出していると考える。

また高大接続システム改革会議の最終報告の参考資料2には、今回の新共通テスト問題例が掲載されている。(ただし、あくまでも何を問いたいかを例示するためで直接試験で出題できる問題として掲載しているわけではないという注釈付き。)この中の「国語」の問題では、交通事故発生件数・負傷者数・死者数の年度変化を示すグラフを掲げ、「交通事故の死者数が他よりも早く,平成2年1990年)以降減少傾向になっていること」の理由について考えさせている。要求しているのは、資料から読み取れる内容の記述自分の主張を裏付けるためにはどのような資料を見ればよいか記述させることである。これは、「自分の考えを述べる」問題ではないことは明らかである

また氏岡氏は自身ツイッターで次のように述べている。

入試改革を引っ張ってきた国大協の委員会ででた案。出題の幅がぐんと広がる。注目です。

「出題の幅」とはどういう意味なのかはっきりしない。最初に取り上げた4面の解説記事記述にもあるが、「自由記述」「本格的な記述」のような書きぶりにも現れているように、言葉の選び方が不用意で十分に検討したと思われない。

しかし一方で、氏岡氏の名誉のために、次のことは指摘しておくべきだろう。

読売新聞8月20日付の記事『大学新テスト、英語「話す」で民間試験の活用案』の中で次のように記述している。

国大協は記述式の採点を、受験生の出願先の各大学が行う案を示した。(中略)国大協はテスト1月中旬実施しても、大学が採点すれば200字~300字程度の記述式が導入できると想定大学による採点が難しい場合は、採点期間を国立大学前期試験直前の2月下旬まで延長する別の案も示した。

これも国大協が大学側が採点するという案を提示したという問題のある記述をしているのだが、それ以上に、国大協が「200字~300字程度の記述式が導入できると想定」などという「論点整理」には全く書かれていない話を登場させている点に注目したい。

「40-50字の短文解答式」ではまずいという議論から、いきなり「200字~300字程度の記述式」というところへ直接は結び付かない。

上の最終報告にある問題例は、40字以内と80字以上100字以内の設問である。通常、短文解答式ではないものを、という点でみれば、いきなり200字~300字となるのではなく、80字~100字程度の文字数ということを考えるのが自然ではないだろうか?

また国公立二次試験を見ても、単独で200~300字の記述要求する大学はむしろ珍しく、東大でさえ最大文字数の問でさえ100字~120字で述べさせる問題である

もちろんこの「200字~300字」というのが、たとえば小問3個での合計解答文字数というなら話は違ってくる。(1個の大問全体での記述量が500~600字程度ということは珍しくない。)読売記事がそのあたりの正確さを欠く記事になっていることは批判されるべきだ。

今回のまとめ

まり考えられることはいろいろある。

といったことだ。

 しかしどれであったとしても、氏岡氏の記事は、高大接続システム改革会議の最終報告から乖離しているし、現状の国公立二次試験での国語の出題状況などについても十分把握しているとも言い難い。また19日時点では取材していなかったのかもしれないが、国立大学協会の「論点整理」とも乖離している。こうした点からも、署名記事を書いた氏岡氏はいったいどういう経緯と解釈でこの解説記事を書いたのか説明するべきだと私は考える。


 実は、国立大学協会論点整理の中には、次のような記述もあることを付け加えたい。

そもそも、記述式・論述問題評価すべき能力いか構造化できるかは、根源的な課題である評価すべき能力構造化があって初めて、各大学学部)はアドミッションポリシーの中に、記述式・論述問題を適切に位置づけることができる。しかしながら、国立大学全体にも大学入試センターにも、そのための知識ノウハウの蓄積は未だ十分ではない。平成 32 年度実施に向けて能力構造化に向けた記述式・論述問題設計理論構築、体系化が喫緊課題といえる。国大協としても、過去の各国立大学個別試験における記述式・論述問題に関する実績を調査分析することなど、この課題積極的に取り組んでいきたい。

これは、どのような形式で何を問うかということについて、決して十分な知見があるわけではないことを述べており、すなわちこ(「学力の三要素」といった抽象論ではなく)具体的な設計レベルでみれば、新共通テストにおける記述問題形式や内容についていまだに十分合意が取れているとは言えない現状を示している。にも関わらず、「これまでの記述式で中心だった文章理解説明する設問と違い、自分の考えを書く問題づくりが可能」とか「大学が採点を担う国立大学側の独自案が具体化すれば、入試改革は実現に大きく近づく」などと断定する氏岡氏の記述に私は強い不信感を抱かずにはいられない。

http://anond.hatelabo.jp/20160822232305

公開された有用データを使うなってのは難しいよ。

MMOとまではいかないけど、同じようにマルチプレイ自体ソロだがSNS的な観点で)で楽しむ側面がある以上、公開された時点で「使わない=損」になってしまう。

ユーザー全員がデータ使用を自制するなんて不可能であり、徐々にでも使用する人が増えていく程に「使わない=損」が強まり自制が解けていく。そして使用が当たり前になったのが今の状態。まあ良くあるパターン

データ解析は否定するポーズ」は正しい行動だと思うよ。データが無ければ使わなかったんだから

また、否定されたとしても、解析・攻略サイト側も無くなりはしないだろう。有用データには確実に需要存在するから


運営データ解析をできないような作り(解析を難しくする・解析されても良いようなレベルデザインに変更する・等)にしないかぎりこの状態は続く。

この問題根本から解決できるのは運営だけであり、黙認しているような現状がある以上、叩かれるべきは運営

ユーザーを叩きたくなる気持ちはわかるが、ストレス発散くらいであまり意味は無い。

使用派:未使用派で煽り合い対立構造を作って炎上 → 運営に投げる ってのを狙っているなら策士ではあると思うが。

2016-08-22

http://anond.hatelabo.jp/20160822214157

ダメ

 

攻撃に関しての進化は認められるけど防御に関しての進化は認められない。

なぜならゴジラ攻撃必要とする=カウンターを用意しないと自分生命が危うい=人類側の攻撃は効く

というのが自然解釈の流れ。

事実ゴジラが明確に攻撃必要性を感じたのが空爆によるダメージ

これに対してヘリの一斉掃射のときと同じように無視できるだけ防御面での進化を加速させればいいだけの話。

それをしなかった時点で物理的な防御はこれ以上、見込めないからこそ誘導兵器を無力化させる妨害電波

攻撃迎撃手段に背びれーザーへ進化したんだろ?

それに加えてゴジラは冷却が必要であることは一貫してるし、

一度海へ戻って時間をかけてまでやってきたのにまだ冷却が必要である以上構造的欠陥である可能性は高い。

しろ放置することで次の活動までの体力を回復させた点が擁護できない。

そもそも冷却性すらも克服してしまう=自在に温度を過冷却できるならヤシオリで例え凍らせても復活の可能性も否めないという話になる。

それならできるだけ焼却する作戦を取る方がいい。

ガルパンを見たぞ

安牌を切りすぎた作品

ただし5話まで。劇場版も見てない。

ざっくり言ってなんでこんなに紛糾するのかって言うと、基本的に全力で尖ったもん出せる人達が全力出してない感じを受けるからだろうと思う。

ガルパン構成基本的に学園物+日常系スポ根男子の好きなもの構成されている。この辺は自分が言うまでもないことだろうね。

そしてこういうしなびたきゅうりが入ったスーパーサラダみたいな使い回しに、安易さと憤りを感じている人がいる気がする。

このへんはTogetter安易さをあのバランスで配合してるのはすごいことだと言ってる人がいたけど、そうじゃないでしょうと。

個人的にはありえない心象風景を持った脳内女子陳腐日常には嫌気が差したし、デフォルメと想定がなされた市街戦なんかは普通におもしろいとは思った。

各人が反応するところはきっちり盛り込まれてるので安全作品じゃないのかということ。

それだけにその安全で安牌から一歩もはみ出ることのない姿勢に嫌気が差す人も多数いたのではないかと推測できる。

いちいち反応見てないけど。

あと絵柄の古さ問題結構取り沙汰されてるけど、エンディングテーマのノリ、80年台から変わってなくないですかね。

正直古臭いギャルゲエロゲっぽくて個人的には受け付けない。乳揺れシーンが入ってもおかしくない感じだし。



偉そうな意見言いやがって

そんなに偉そうに言っていいの、という話なんだけど、問題プロ意識に求められてるんだろうなあ、という気はする。

プロ安易に走って良いのか、安牌を切って良いのか。新しい体験視聴者にもたらさなければならないのでは、

という無言の了解の上で紛糾してるような気はする。

とても極端なことを言えば、ここのスタッフに入って中割描いてくださいと言われたらそりゃ何も言えない。

とっても労力の掛かることだとは思う。



追記

海外の反応サイトを見ながらだったんだけど、第二次世界大戦歴史をやんわりをたどるメタ構造になってんのねこれ。

そこは紹介としてよく出来てると思った。

http://anond.hatelabo.jp/20160822143514

そうやって善悪を一個人帰着させて

複雑な構造問題を誰かの責任問題すり替えちゃうのは

はてなーが最も嫌う醜く愚かな日本人の姿そのものですね

最初から最後までオリンピック気持ち悪かった



選手努力してメダルを獲得することは喜ばしいし、それが応援している選手なら尚更なんだけど、毎日毎日日本メダル獲得数は金が○個、銀が○個……」って、最高に気持ち悪い。

語彙が貧弱だから気持ち悪い、としか表現できない。

オリンピックは国が獲得したメダルの数を競う競技なの? 

スポーツに国なんて枠組み、必要なの? 

すげえ頑張った奴らが国とか関係なくすげえ試合やらすげえ演技見せてくれたらそれでいいんじゃないの? 

卓球日本が勝った!支那人ざまあwwww」じゃねえだろバカ

スポーツに「国」が入り込んでくる構造、すごい気持ち悪いんだよ。

そういう構造が不可避なものだってことは分かってるけど、今まで見てきた中で、今回のオリンピックが一番気持ち悪かった。

断言するけど、東京五輪もっと気持ち悪いことになる。オリンピック国威発揚装置? 頼むからやめてくれ。

2016-08-21

一人の人間作業が集中しているということ自体マネジメントの失敗を表している。

その割り当てられた作業をこなす理由はないのでは?

会社のため」という理由依存することは今この社会状況においては正しいのだろうか?

実際に数十年にわたって一つの会社に存続し続ける人はたくさんいるので、

会社のため」の理屈正当性はいくらかはあると思う。


ただ、結果としてはマネジメントの失敗を覆い隠しており、

いつまでもマネジメント技術が育たない結果となっている。

末端の作業者自分作業範囲を厳密に守ったほうがマネジメント技術は向上する。

末端にあまりにも多くを負っていて、中間層責任を取らない構造になっている。

スケジュールが遅延するなら、そのスケジュール要求した人にも当然責任があるんですよ。

受ける側のキャパティを考えた上で要求するのが発注者の役目です。

マンガボックス

商業主義が全面に出ており、ユーザー満足度犠牲にしている感がある。

赤字らしいが現状の広告形態を改めないかぎりは黒字化は難しいだろう。固定プラットフォームでのディスプレイ広告はその表示領域に限度(すでにパンパンな印象)があり、また、単価を上げるのは容易ではない。そもそも広告ユーザービリティ反比例するものであり、漫画配信しているのに漫画で稼がないのはジレンマコンテンツ勝負して欲しいが(まあそれが難しいんだけど)、版権構造が謎なのでなんとも言えない。講談社版権を持ってるのかな?

収益化のために、マンガボックスである程度人気が出た作品アニメ化するだろう。そのアニメの結果次第でアプリ方向性が大きく決まりそう。

アプリターゲットは恐らくライト漫画ユーザーであり、色々チェックしている人であれば連載陣の半分くらいはすでに別媒体で読んだことがあるだろう。

媒体作品を懐かしんで読むのは危険である。大抵突然連載が終了するからだ。楽しみに読んでいた作品がいきなり終了した場合絶対マンガボックスにはお金を落としたくない心理が働き、Kindle等で購入する。

連載陣のテイストは謎である。まあビジネス駆動型連載陣だと思う。

そんな中、オリジナル作品は中々良作揃いであり、以下を読んでいれば十分だろう。



天空侵犯

連載初期と比べると絵の上達が凄い。面白いキャラづくりがうまい。題材は箱庭系とよくある感じだが随所に個性を感じる。人気なのか少年マガジン出張掲載したことがある。



恋と嘘

看板作品。絵が可愛い。どう見てもメインヒロインは仁坂くんである面白い…が毎回の更新が4~5ページとかあまりにも少なすぎる。遅筆であれば分散更新せず、隔週で良いからまとめて掲載して欲しい。これも商業主義の弊害やな。



骨が腐るまで

面白い。どこかで見たことあるような絵柄だが、良く言えば様々なハイブリッド。最新話ではまさか海苔が登場(iPhone版だけかな?)



女なのでしょうがない

完結作品アラサー葛藤を描いており女性向けだと思うが面白かった。綺麗に終わったと思う。



境界のないセカイ

媒体移転した作品個人的にはそんなに面白くはないが、一時期LGBT話題に上がったので列挙しておく。

暑い

北海道水浸しになっているようだが、西はずっと暑い

我が家は立地、建物構造ゆえか、夏は涼しく冬寒い

ここ数年クーラーなしで過ごしてきたが、今年は厳しい。

さて、本日2回目の水シャワーでも浴びようか。

例えば普段から対立、というか競技ルールの上で対戦、対談してるような人は、試合対立構造がその外にまで及ぶことはそうそう無い

しかしその回りにいる競技観戦者は違う

やつらは対立に対して免疫がないし、競技から離れているので相手への敬意が薄い

何が言いたいかというと、そういう奴らの「反応」は見るに耐えないという事

2016-08-20

キーボード貧乏女子高生の件

何かのテーマに対して、過度の演出で同情を誘うやり方が批判されてるんだよ。

感動ポルノ」という言葉は好きじゃないけど、

これなんて、視聴者のそういう志向に乗っかってやれって魂胆でしょ?

キーボードの前にテキスト立てて、PCの真似事。

ファミコンを買ってもらえなかったおいらが段ボール箱と蒲鉾板でゲーム機作って気を紛らせてたことを思い出したわけだけど、

そういうインパクトのある絵が欲しかったんだよね?これ。

(そして、インパクトがあったからこそこうして話題になってるわけだけど)


金がない、というのはきっとそうなのだろう。

進学に必要現金がないということも、そうなった経緯はともかく、事実はまあ、そうなのかもしれない。

相対的貧困だとか貧乏人は趣味から逃げられないとか、それはそれで背景としてあるのだろうけど、

もっとガチガチに、所得の使い道に選択肢なんてない貧困家庭差し置いて、

この家庭をもってこれこそ「貧困」だ!ってやることが問題提起として本当に正しいの?

情報格差」を貧困の原因とするコメントも多いけど、

趣味に関しての情報はしっかり集めてそれを楽しんでいるわけで、

パソコンいくらで売ってるかなんて情報はその気になれば簡単に手に入る。

そして、選択さえすればちゃんと買うこともできる。

仮にそこに同情できることがあるとすれば「経済的観念に欠けていることの哀れ」くらい。

でもそれって、社会構造的な不具合が生んだ貧困家庭なの?

この人たちに必要なのは金銭的な支援ではなくて、マトモな経済的観念ではないの?

この事例をも社会問題としての貧困だというのなら、趣味生活バランスを欠いてりゃいいわけで、

フェラーリ乗り回してたら金がなくて…」なんてのも社会が支えなきゃなの?


この件のあちこちで「貧困ビジネス」なんて言葉が出てきてるけど、これが一番問題だと思っていて。

本当に支援必要な、ガチガチ貧困家庭さえ、この件のせいで変な色メガネで見られ、

社会的に(=近所の評判的に、あるいは当事者自身が抱く支援は恥みたいな意識で)

必要支援が受けにくくなるのが一番最悪。


あの演出番組側が仕掛けたのか家庭の側が見せたのかは知らないけど、

母子家庭貧困」を問題提起する事例としては、やはりこの家庭はふさわしくなかった。

PCデポの件と貧困JKの件は同じ構造

年寄りサポートしたりアニメグッズに散財したり自体は良いんだけど、騙したことが悪い。

はてブ炎上するような案件のおおくがこの「○○自体問題ないが騙したことが悪い」構造で、

  • 騙したことに腹を立てる人
  • 勢い余って○○自体まで悪いと言い出す人
  • 「○○自体まで悪いと言い出す人」に腹を立てる人
  • 勢い余って「騙したことに腹を立てる人」まで悪いと言い出す人

が入り乱れ収拾がつかなくなる。

2016-08-19

吹奏楽部野球部応援することについて

吹奏楽部として言わせて欲しい。

私は野球部応援が好きではなかった。

炎天下の中吹く辛さ。

母校の攻撃時間が長ければ長いほど、こちらが吹く時間も長い。

正直はやく攻守交代しないかなと思っていた。

そもそも吹奏楽部楽器特に木管は屋外で吹くようにできていないと思う。

雨に濡れたら木が割れたりするし、楽器構造上音が前に響かない楽器もある。

音響版があるようなホールでこそ、楽器の良い音がするというのに。

屋外で吹くことを想定して作られていない曲もあるから吹奏楽の良さが全然伝わっていない。

あくまでも鳴り物として使われる吹奏楽部存在ってどうなの?

しか女子部員が大半だし、野球ルールなんかほとんどわかってないぞ。

応援できて喜んでるのは野球部彼氏がいたやつだった。

あとテレビ中継にうつりたいというミーハー部員

必ず吹奏楽部応援に行かなきゃ行かないという文化は見直されるべきだと思う。

2016-08-16

http://anond.hatelabo.jp/20160811121015

横だが、サバゲを知らない人って、ヲタクリア充の、リア充ヲタク趣味として、敬遠してる感じがする

ヲタ趣味なのに大勢で遠くの広い場所に出かけて動き回る、という矛盾を抱えた構造が広まらない一因だと思う

半沢直樹的に考えれば上司理不尽要求倍返しすることで快感構造が生まれるわけだ

シンゴジラアメリカだか国連だかの核攻撃要求をつっぱね日本主導でゴジラ凍結させるとこに快感構造が生まれていると思われる

外人理解できないという話をよく聞くが日本の縦社会が骨の髄まで染みていないと理解が難しいのかも実際半沢も海外では理解されなかった

とてもサラリーマン的な物語だと思います

彼女できない

①そもそもセクハラになるじゃん

 最近恋愛術は、とりあえずセックスが基本。女はセックスしないとブサメンを好きになれない理論からだ。

 がしかし、その手法ってのが犯罪チック。

 酒を飲ませる→手をつなげ→肩をだけ→手を握れ→キスしろホテルへ行け

 だいたいこの手順。

 しかし、彼女できたことが無い身、さら不細工からしたら、「セクハラで訴えられたらどうするんだ?」という疑問がある。

 男と2人で食事に来た時点でOKとかって理屈なんだろうか?

 イケメンなら、別に犯罪にならないんだろうけどさ、ある程度女から行きやすいから。

 フツメン以下なら、ほぼ男から行くわけだ。犯罪リスクおってってことになる。それを女も求めているらしい。

 相手犯罪リスク負わせてまでヤレっていう女の頭の構造マジで意味不明

  

②人付き合いが苦手

 人付き合いどころか、家族付き合いが苦手。

 一人でゲーム運動やってるときが一番。

 そういう人間が、彼女作るっていうことに対して嫌な予感を感じてしまう。

 おそらく楽しめないだろうという予感がある。

 というか、ナンパとかして相手ヤクザの娘とかだったら、最悪死ぬわけじゃん。そういうリスクどう考えてるんだろヤリチンは。

  

相手申し訳ない

 自分みたいな人間時間を割かせること事態がマズイような気がする。

 その時間もっと有効活用してほしい。

 好きならば好きなほど、相手にとって損な選択をさせたくない。

 じゃあ無理だねってなる。

  

オナニーのほうが大事

 AV二次元画像を漁るほうが、リアルでのセックスより大事

  

  

結局、リスクとリターンがつりあってないと思うからいまいちマジメに行動できない。

から彼女できない。

  

というか、こういう感覚ってもっと一般的かと思ってた。

だってコストに見合わないか彼女作れないって、中学時代くらいまでは皆当たり前だったんじゃないのかねえ。

  

かりにイケメンとか、フツメンくらいなら、普通にしてれば普通に彼女できるんだろうけど。

ブサメン以下はかなりハードル高いんだな。

あるいはチビな。チビブサメン×2くらいのハードさ。

このコストを支払ってまで彼女を作ろうって奴はなかなかいないんじゃないかな。

そのコストを払うくらいなら、モット努力しただけの見返りがある分野はたくさんある。