「理想」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 理想とは

2016-05-31

http://anond.hatelabo.jp/20160530163116

たかだか増田程度の犬畜生以下のお前が喋る事でもあるまい。嫌味を垂れるその根性やらおん辺りで叩き直せよ?

百聞は一見に何とやら。見てないならガタガタほざくな。ウルセェんだよネット原住民

それより、お前みたく、勢いよくくしゃみをしたら漏れしまったクソ程度で産まれてきた程度の下衆ならいくら死んでも構わんが、人には産まれてきた意味あんだよ。人間ってのはお前みたく、漏れたクソじゃねんだよ。

何がお前を必死にさせてるんだ?

覚せ’い剤を赤ちゃんに与えたりしたのや

子供山菜取りで置き去りにしたキチガイみたいだな!

フェラチ送りしてもらえよ雑魚野郎(-З-)y-~

「間違えた、人類日本本土日本人だけ。

残りの大地には草一つ生えていない荒野、それが理想

生命日本本土以外にはいらない。

日本人こそが唯一にして至高の生命体って星がいいな。」

みたいな考えに繋がるものは全て破壊する。それが私の心情だ。

2016-05-28

平和を目指したい

オバマ大統領の広島スピーチ全文 「核保有国は、恐怖の論理から逃れるべきだ」

 

このスピーチを前にして語られる, 「国家間の優劣」や「思想政治信条の優劣」や「責任所在」に言及している全ての言葉無意味だし悲しい。

そんな言葉はいかいを,ひいては争いを産み出すだけで誰の役にも立たないのだから

そして我々は, 理想を実現する途上にいる。過去,現在アメリカの実情を問う言葉未来を見ず過去に囚われているだけで前進が無い。

キレイ事でも全くかまわない。困難であっても理想を目指す努力を続けようと心の中で誓った。これは広島の人と全人類に対して述べられた平和への決意の言葉なのだから

これだ、これ

http://anond.hatelabo.jp/20160526082201

もう過ぎ去ったはなしだが、うちの妹が突如として俺に対して異常に甘くなった時期があった

母曰く「あんたを見るときだけあの子の目がハートの形になってる」「あんたのことを話すときだけ語尾にハートマークがついてる」「あの子好意を抱いてる相手を前にすると両手を後ろ手に組む癖があって、あんたと話すとき殆どそうしている」と

思い当たる節がなくて不思議に思っていたが、当時妹と友人達との間で交換日記みたいなもの流行っていて、壮絶な女の見栄の張り合いが繰り広げられていることは母を経由して知っていた

ここからは俺の推測だが、たぶん、そこで妹が友人達にハッタリをきかせられる唯一の存在が兄である俺で、友人達に「自慢の兄」を吹聴するうちに、自分自分のついた嘘に騙されてしまっていたんじゃなかろうか

少しでも自分のでまかせが現実になるよう暗示をかけ続け、ついには現実の俺と理想の兄の境目が曖昧になり、あの気色悪い猫なで声の発生源となってしまったんだろう

帰省したときに推測が当たっているかどうか母に訊ねてみるか

共感していただけるでしょうか

昨日もまた増田名物童貞自意識肥大エントリがまた燃え上がりましたね。

童貞でも処女でも人生いろいろ、山あり谷ありでよろしいかと思います

私はわかりませんが、三十路過ぎての初体験はかえって今後の人生において良い機会だったかもしれません。



さて、話は変わりますが、40近くなって結婚して子どもも出来て半生を振り返って思うのです。

やっぱり理想学生から付き合ってるパートナー結婚することだよなって。

社会人になって燃えるような恋をくりかえして、そうこうしているうちに適齢期になり、

何となく勢いで結婚して、子作りして、子どもが生まれて。

そんな標準的人生に不満があるわけじゃないけれど、

大学時代からお互いに初めての恋人同士で付き合い、社会人3年目に差し掛かった頃に結婚した友人。

お互いに気心知れているから、10年以上経った今でも善き親友であり理解者でもあるという素晴らしい関係

そういうの憧れませんか?



私の夫婦関係特別なかがいいわけでも悪いわけでもないけれど、きっと子どもがいなかったら

今の関係は維持できないだろうなあ、、、って微妙距離感

おたがいに対して関心がなくなってきたのを実感します。愛はあると信じてますけどね。



だけど、打算も変な駆け引きも勢いもなく、普段毎日から少しずつ恋が芽生え、愛しあい、結ばれた友人。

彼らにはかなわないなあ、とないものねだりをする毎日です。

2016-05-27

オナ禁するために風俗童貞を捨てた話

20代後半にして彼女いたこと無し。もちろん童貞実家暮らし

童顔ですがイケメンと言われたりもします。身長は平均より下。M体質で可愛い女性奉仕したい。

体系は痩せているが陸上をやっているで少し筋肉質。

童貞なのは人見知りでコミュ症、一人が好きなため。

初対面の人に自分から喋りかけることは殆どない。

2次3次問わずロリコンで、去年の規制までは80Gほどのイケナイファイルを持っていたが

規制時に2次も一緒に全て処分した。

彼女は欲しいが積極的にはなれず、ちなみに彼女ということなら30才前後までは問題ない。

合コンには何回か行ったが怪しいネットワークビジネス系の人と何回か飲みに行ったのみ。

自慰行為ジムに行くため週1~3と少な目?

今はロリ物の漫画円光動画素人物の動画ネットで探しおかずにしているため

自慰行為お金を使ったのは無理やり買わされたTENGAくらいだ。

オッパブには何回か行ったことがあり、それなりに楽しめたこともあったが

前回行った所が大外れだったためそれ以来行く気にもなれない。

つい3日前、自慰行為時間を潰すのが馬鹿らしいのとオナ禁効果に惹かれてオナ禁を決意。

オナ禁(というか射精禁止)するのであればどうせなら生まれて初めて風俗に行ってそれっきりにしようと考える。


から興味はあったが不細工にあたるのが嫌で行ってなかった。(童貞というもの面食いなのだ

ロリ系の店を探したが東京大阪しかないのね・・・

しかJKも好きなため(ハタチまではJKすらババアだと思っていた頃もありました・・・・)

地元イメクラに決定。

初めての方は割引で指名料はタダか…オプションおしっこもつけよう!

出勤表を見てどれも若そうだし可愛いんじゃない?でも顔隠してるしわからんな。

店頭には顔出し写真があるらしいしそれで決めよう。

会社が平日に休みの日、10開店だがこの店は人気らしいので早く出て9時半到着。

すでに先客がいるのか・・・

写真をみて一番かわいい子18歳を指名おしっこNG、非常に残念。他の嬢の写真は正直微妙に見えた。

しかし、この子場合13時半まで待てだと?!

しばらくはオナ禁だし一番かわいい子で卒業したいため待つことにした。

制服10分以上掛けて選び、50分で\13000位の料金を払い自宅に帰ってカップラーメンを食べて待つ。

エロ動画を見てテンションを上げようとするが緊張で起たず、お店で起つか少し心配になった・・・

待つこと数時間、早めに家を飛び出す。

少し腹ごしらえをしてお店に到着、待合室でJK画像(非エロ)をみるが起つ気配なし。

トイレに行くと自分のあそこはかなり縮こまっており皮をかぶっていた。

あぶない、こんなものを見られたら嬢に引かれる!

と思い軽く剥いておく。

20分以上待っただろうか、遂に自分の番号が呼ばれる。

禁止事項の再確認をした後ドアを開けると制服姿の嬢がっ!


めちゃめちゃカワイイアイドル系と書かれていたがまさにアイドル

A○Bにいてもおかしくないくらいのレベル

というか自分の中ではそれより上。

声も可愛く、心の中で軽くガッツポーズしたくらいだ。待った甲斐があった。

の子童貞卒業そしてしばらくの間エロとはお別れ。悔いはない。ホントに。

手をつないぎドキドキでプレイ小屋へ。

部屋は狭くシャワー室と学生机、体育用マットに枕と異様な空間

制服美少女に抱きつかれる。 あれ・・・起たない。

「こういう所は初めてナノです。」と噛みながら告白

なんて言われたかは覚えてはいない

服を脱ぎ全裸女性の前で全裸なんてもちろん親以外は無いよ。

シャワー室で制服美少女に股間を洗ってもらう、起ってきた。よかった。

体を拭いて出ると全裸自分制服美少女だけの世界

本当に何をしたらわからなかったとりあえず裸で制服美少女に抱きついた。

そしてDKをする。オッパブでしたことはあるがこんなかわいい子は初めてだ。

夢その1、スカートの中に入ってクンクンしたい。

スカートの中はいっていい?」とぎこちなくお願いすると笑顔でOK

絶対にこういう場所しか言えない言葉である

これが夢にまで見た行為無臭だが背徳感で一杯だ。

責めることできる?と聞くとまた笑顔でOK。

舐めてくる制服美少女パイズリも体験、そして顔がだんだん下へ。そして遂にあそこへ・・・

フ○ラは夢の中で経験がありそれと結構感じが似ていたことに少し戸惑いながらも

エッチ行為を心の底から楽しむ。

夢その2がかなってしまった。

夢その3ク○ニしたい。

夢その4あそこを生で見たい。

制服美少女に寝そべってもらいおパンツを少しずらす。

あそこが滅茶苦茶きれいで驚いた。ピンク色、毛も少な目。

理想としていたものが目の前に。

無修正ビデオだってここまできれいなのは見たことない。

パンツをずらしてなめる。 味は無味無臭そして少し粘つく。

完全に脱いでもらい無我夢中で観察&なめる

制服美少女気持ちよさそうに声を出す。

かわいすぎるよ。

夢その5 おしり

次にうつぶせになってもらいお尻をなめる

まったく臭くない、もう少し臭くてもいいんだぞ?

お尻に顔を埋めて舐めまくる。

気持ちよがる制服美少女。かわいすぎる。

舐めあいっこを提案

快くOK。性格もよすぎる。

顔に乗ってもらったり夢の様である

その後も美しいあそこを舐めまくった。

途中おっぱいが好きと言われたのでおっぱいに移ったが

オッパブで舐めたことはあるので直ぐに下のほうへ

太ももや付け根も舐める。舌を出し入れしたりすると声が大きくなって俺ってうまいのかも?

勘違いさせてくる。幸せだなぁ。

自分があおむけになりフ○ラしてもらいその光景をみる。

これが現実であることを噛みしめるように。

何時までだっけと思い時間を聞くと思ったよりも短い。というか15分ぐらいしかない。

口に出しても良いかと聞くとやはり快くOK。

また夢が叶いそうだ。

フ○ラに移るがイケナそう。しょうがいか自分でシゴクと先っぽを舐めてくれる。

なんていやらしい制服美少女なんだ!

イケそうになったため、また咥えてもらい自らも腰を動かす。苦しくないかな・・と少し制服美少女の事を気遣う。

あ、でる!体がびくってなるのが恥ずかしい。気持ちさよりもそっちが気になってしまった。

ティッシュに吐き出し。また少し咥えてくれた。

ありがとう


最後にあぐらで向かい合ってお話

靴下を脱いでもらい足でいじってもらいこちらもおっぱいをもませていただく。

最近太ったらしい。それでもスレンダーだし

キスをして来たが口に出したのでDKはせずに一瞬だけ。そして相手の肩で拭う(失礼)

プレイ中は無言が多かったが一緒にシャワー室に入りプライベートな話をする。

制服美少女学生さん介護仕事目指しているそうだ。

そんな素晴らしい彼女に対して少し申し訳なくなる。

変わったお客さんの話や家の話、常に笑顔で喋ってるだけでも可愛い制服美少女あんなことやこんなことをしたんだ。

本当に初めてがこの子でよかった。

でもこんな子がこんな商売をやってるなんて何か闇でもあるのだろうか?

そう考えると罪悪感を感じる

ただ単にエッチな子なんだ、と自分に言い聞かせる。

実は童貞なんだ・・・・と切り出そうとしたがそれはできなかった。

プライド問題じゃなく話の流れでいきなりそんな告白するのはおかしいと思ったからだ。

ブルマジャージに着替えていたが、その格好もアイドル級のルックスだった。

名刺メッセージまで書いてくれてる。

性格、見た目、声、若さ、あそこ

全てが最高だった。

この際挿入無しなんて些細なことだ。

きっとまた来るよ、その時はもっとたくましい人間になってるからね!

その時まで自慰行為エロ絶対禁止だ。

帰宅途中公園の猫に餌をあげてきた。

お前も幸せになれよ。

もう一つ夢があった。

おしっこ飲ませてもらいたかったなぁ・・・

パチンコ理想発明

底辺ネトウヨ破産して首釣って在日が儲かる

日本にはまだまだパチンコ屋が足りてない

2016-05-26

サンデーの『初恋ゾンビ』が面白い。 んだけど…

編集長体制の元がけっぷちからの誌面改革進行中のサンデー

次々良き日のサンデーらしい新連載を打ち出してる。




その新連載コマひとつが『初恋ゾンビ』。

絵が可愛い漫画も上手く神経もそれなりに繊細(繊細にしすぎて重くしてないと言う意味の「それなり」)でありながら嫌な味はしない。

良質のラブコメといえる。

作者は女性だと思う。




初恋ゾンビ』は思春期男子初恋妄想を見ることが出来てしま男子高校生物語

具体的に言うと、同じ学校男子達の周囲にその初恋相手女の子ビジョンがフワフワ漂ってる。

漂わせてない男子は既に初恋成就たか破れて振り切ったか恋したことがない男子





で、このゾンビ達がみんなたいがいエロいんですよ。

男子欲望が混ざった妄想から実物よりエロくなりがち。

まあ読者サービスもあるわけでしょうけど。




特に主人公親友の一人がクラスメート女子相手初恋を抱いてるんですけど

その女子毎日顔を合わせながら脳内ですごいエロい格好に変換してフラフラ漂わせてるわけです。

けど告白とかはしないししようと頑張ってる感じもない。

これは違うだろうと。

作者が女性から「男なんてどうせみんなエロいよね」って勘違いしてるんですよ。




なんとも思ってない巨乳クラスメートを視姦したり脳内妄想に使ってる男子ならよくいますよ。

でも好きな相手をそんなエグいエロ妄想に使う男子なんかいません。

毎日考えるほど好きな相手がいて、でも告白しようと言う素振りすらなく、延々エロ妄想に使ってるとか男から見てもちょっと不気味すぎる奴です。それを観察する主人公真剣に「こいつ異常者なのでは…」と疑う所です。




主人公自身自分の子供の頃から初恋相手(の妄想ビジョン)を思い出補正巨乳にしてるんですけど

そういう相手理想化で巨乳にするとか、いないとはいわなくても多くはないですよ。

初恋相手をどういう理想化するかというと「身体をエロくする」じゃなくて「顔を可愛くする」です。




あいいんですけど。

初恋ゾンビ』凄く面白い単行本買ってます

ただ男性女性はこんなとこにも相互理解ギャップがあるんだなと思いました。

それも含めて面白いですけど。

2016-05-25

ブログに何かを書くハードルが高い

互助会ブログの内容は薄い」

これがはてな民の総意であったが、じゃあブログって何書けばいいんだろう?

学術的にも資料的にも価値のあるブログが書ければいいんだろうが、そんなのほとんどの人には無理だ。

例えば、カトゆーさんが書いているレベルのものが書ければ理想である

ちゃんといくつものソースに当たって資料を集め、一つの知見を提示する形だ。

これは有用からネットほとんどの人に頷かれるような内容だろう。

でも、それと比べると凡百のブログの内容の薄さに目眩がしてしまう。

最近はてブを見ていても、100ブクマ以上ついている記事でも、このレベルに達しているものわずかで、

そのブログに書かれたたった一つのセンテンスのみで、バズっているだけである

得られるものは何一つないし、ただ雑談のためにブクマがついているだけである

とにかく、もう有用性が見出だせないブログを書くのが恐ろしい。

おすすめランキングってもう見飽きたけど、あれも何か情報提供しようというブロガーなりの試行錯誤の一つのなのだろう。

しかし、たいていのブロガーにはそんな提供できるような知見など何一つないのだ。

ブログを書くハードルは高い。

ブログ理想




…めんどくさ!!

[]よくある質問

真面目に答えず、出来る限り嘘と虚構を織り交ぜて答えていきたい。

Q.ツイッター字数制限を解除すると思いますか。

未来のことは誰にも分からないし、私は関係者でもないので断言は出来ない。

ただ、「するべきではない理由から推測して答えることは可能だ。

ではまず本質的なことからいうが、大衆ネットアウトプットする行為基本的に「つぶやきなのだよ。

考えてもみろ、不特定多数読み手存在する場所で、理想読み手を期待して書くことを。

というより、そもそも「理想読み手」なんてもの存在しないがな。

から、それは大体の人にとって孤独作業なのだよ。

まあ、仮に読み手に寄り添わないとしても、極端な話「壁にでも話している」としても本質的には同じことだが。

でも、そうやって「何かを特定場所で発露すること」が、多くの人にとって必要ことなのさ。

個人のリソースの割き具合によっては「承認欲求」だの「自己顕示欲」だのと表現しても良いが、その次元にすら達していない行為表現するのに「つぶやき」ほど適切なものはない。

これはネット一般層に普及するずっと前からビデオゲームにすらいわれていたことだ。

しばらくして、その行為に特化したコンテンツであるツイッター」が出て、普及するのは必然だったわけだ。

まりツイッター字数制限を広げるべきではない理由は、ウリともいえる本質を捨てる行為からさ。

ツイッターでは日々、様々な人が思い思いにアウトプットしているが、いずれにしろつぶやく」ことは核となっている部分だ。

字数制限が上がっただけで、別に140字内で書いていた人はそのまま使えるし、連続して関連したツイートをしたい人にはそっちの方がいいと一見思えるかもしれない。

だが、短い字数の中で何かを書くことをいくら連続させたところで、それらをまとめて書くこととは似て非なるものだよ。

今回、学ぶべき教訓はこうだ。

「『1400』と、『140×10』を同じだと即答する人間に、ツイッターを使うことは難しい」

短歌だったり詩だったり小説だったりラノベだったり、雛形が変われば書きたいことは同じでも内容は変わってくるということさ。

もし君が変わらないタイプなら、それは個人にとって何かを発露するために適した雛形が他にあるということ。

現時点でのツイッターUI100%満足できるものだというつもりはない。

だが、人々が何かを発露する行為が「つぶやき」ではなくなるとかでもない限り、字数制限を広げるのは英断はいえないね

まり質問の答えはNOだ。

はいったものの、「なぜ発露するのか」を自分ですら良くわかっていない人が多いのが実情だから運営的な側面から見た場合は答えは変わってくるだろうがな。

……私か?

前に答えただろう。

2016-05-24

http://anond.hatelabo.jp/20160524145224

よーわからんw 岡部氏は、自作ライブラリHPで、

FRP純粋理想とする関数型+時間で変化するストリームを値にマップして扱うリアクティブプログラミングの組み合わせ

まり関数型の拡張っていうなら誰も反対無いと思うんだけど。

FRPライブラリサブタイトルに、 library that provides first class reactive value 'over time' と書かれている、これ拡張じゃないのか?

https://www.npmjs.com/package/timeengine

HaskellのIOモナドみたいな別の抽象化DISりつつ、FRPこそ正しい関数型みたいに言うから荒れるんじゃないの?

IOモナドDisってるのかどうかまでは知らない。しかし、すでに出たサンプルからFRPの効力がまざまざと見せつけられている。

荒れるのは自由だけど、両方正しいとかそういうのじゃなくて、間違っている電波だみたいな叩きしかなくて、要するに感情論で反対派は反発しているだけでOK?

あるよ。

関数がどのパラメータ依存して、何を結果として返すのか明確になる。

グローバルな値を参照したり書き換えたりしてたら、関数の中身読まないとわからなくなる。

短いプログラムならそれでもいいけどね。

別の誰かが書いてたように、上位スコープ内に定義されてるDOMでも、数学ライブラリでもなんでも、引数関数に渡すのか?

グローバルな値を参照したり書き換えたりして

いやだから、定数なんだから書き換わらないんだよ、FRPストリームconst 定数なんだから

関数型のわかりやす説明であって、住井派に反対してるとか、岡部路線とかじゃないよね、と。

オブジェクト指向と対比して考え方をまず学ぶって岡部路線、住井グループはそれを目の敵にしていて集団的攻撃している様をみたプログラミングコミュニティは逃げ、その後、不毛な大地のみが残った。

http://anond.hatelabo.jp/20160524142313

FRP純粋理想とする関数型+時間で変化するストリームを値にマップして扱うリアクティブプログラミングの組み合わせっていうなら、別に誰も反論しないと思うけど。

まり関数型の拡張っていうなら誰も反対無いと思うんだけど。

HaskellのIOモナドみたいな別の抽象化DISりつつ、FRPこそ正しい関数型みたいに言うから荒れるんじゃないの?

全部の時間依存関数にそういうことをする意味はない

あるよ。

関数がどのパラメータ依存して、何を結果として返すのか明確になる。

グローバルな値を参照したり書き換えたりしてたら、関数の中身読まないとわからなくなる。

短いプログラムならそれでもいいけどね。



初心者からFRPのことまで考えてないんだろう。

関数型のわかりやす説明であって、住井派に反対してるとか、岡部路線とかじゃないよね、と。

http://anond.hatelabo.jp/20160524012315

理想現実の違いから勝ってないのに勝利宣言(xxを退職しました!やxxにジョイしました!)を出すのはどこの誰でも同じだな。

天鏡のアルデラミンの八巻と九巻を読んだ。一部完結時の流れを組んでるからか、比較的重たい話が続いていた。でも九巻の終わりで少し光が差してきたのでほっとした。

八巻は前巻から二年経った状況と人物紹介が主な内容だったので、あんまり内面踏み込むことのもなく平坦な物語になっていた印象。とは言え個人的ライトノベル理想形とでも云うべき読みやすさと物語を併せ持っていたので、可もなく不可もなく優等生小説になっていたと思う。ただ、眠れる子が彼女だったのには少々閉口したなあ。内容的に主人公一行は随分とつらい目にあっているのに、ここに来てまたそれかああって感じ。暗澹たる気持ちになった。始めにも書いたけど、重たいムードで進む内容だったから一層堪えた。

重たい雰囲気は九巻になると更に顕著で、状況がどんどんどんどん悪くなっていく。立花勇者を読んでた時もそうだったけど、主人公サイドが敵の術中に嵌っているのに気が付かないまま事態悪化していく様子が描かれると、サビを噛んでるような気分になる。敵方意図描写されつつ、作中の登場人物認識できずに窮地に陥るパターンは、自分には合わないんだと思う。はじめてのおつかいとか、目に見えてトラブルにあるのが分かっているのに見守ることしかできないのって、苦痛に感じてしまうんだなあ。後々のカタルシスのためだとは理解しつつもどうしても苦手だ。

登場人物の思いがそれぞれにちゃんと描かれていてよかった。みんな重荷を背負いながら歩いている感じで、大変だなあって思う。争いなんて無いほうがいいよ、やっぱり。平和が一番。ラブアンドピース。狐は許さないけどね。

とにもかくにもイクタくん頑張れ。まじ頑張れ。九巻の終わりがとっても熱くて、感動的で、十巻への期待が高まる内容でした。親父たちが本当に格好いい。

アイドルが刺された、回復を祈ってやまない、

犯人プレゼントを渡して、見向きもされなかったから刺したという身勝手ものだ、

から見ていると本当に身勝手で、指先を割れた鏡で切っただけでも痛いのに、

数十回刃物自分のことを刺された被害者の恐怖を思うといたたまれない、

ここで急に私の自己紹介をしようと思う、38歳、ブサイク童貞である

女性関係というものを私は半ば諦めているはずだった、というか逃げている。

そんな時、私の部署に珍しく女性が入ってきた、その女性私の本当に好みの女性であった、

というか、100人に聞いて80人美人と答えるであろう人であった、

当然私に振り向きもしないということは頭ではわかっているつもりでも、

その女性にしきりに話しかけてしまう、愛想よく対応してくれるものの、彼女から私に対しては何一つ反応がない、

私は彼女にたいして身勝手押し付けをしていて、女性にも同じような対応をするように押し付けていたのだ、

そして私は彼女のことが気になって仕事も手につかない、いわゆる好きになってしまったのだ、

当然私には手も届くはずない美人に思いを馳せて、彼女からアプローチがないと勝手に苛立っていた。

今思い返してみると、とてもひどい話しである

しかし、自分が渦中に置かれた時に、対処していく自信がない、

これから先、私は女性とは関われないだろう、顔が悪い上に理想が高いときものだ、

今後もし、私が一方的もっともっと好きな人出会ってしまった時、

私はきちんとその女性の前から消え去ることができるだろうか。私は今自信がない。

2016-05-23

俺の思ってた増田と違う

理想: 知的で斬新な見識があふれる場(笑)



現実: やれ互助会やら馴れ合いブコメ罵詈雑言トラバ蔓延



馴れ合いの酷さが目に余るから増田には向いてないようだわ。

投稿内容に全く関係無い有名某ブックマーカー名前を出して、トラバブコメで騒いでる奴は何なんだ。

2016-05-22

アイドル理想の姿を見ることと。アイドルが作られたものであることを心に刻むことと。この相反する2つのルールを守るのはちょっと大変だと思うよ。

それでもファンはせめて後者は守るべきなのだろう。

あと理想ちょっと違ってたからといって暴走してはいけないということ。

よいお便りをおくるなどして熱心なファンとして覚えてもらえれば、それも凄いことに違いないので、それを目指すのもよいと思う。

あるいは別の趣味を持つとか別のアイドルファンを兼ねるとかしたら、アイドル依存みたいな状態から抜け出せるか。

何度も繰り返す片想い煉獄の中を歩く私

あの日記を書いてから、二年が経とうとしている。





長年ひきずった失恋、暁闇の中を歩く私





私は相変わらず独り身で恋人もいない。この二年間、素敵だなと思う人は、ことごとく既婚者だった。

私は自分の想いを伝える間もなく、失恋することを繰り返したのだった。










初恋失恋10年もひきずった後、素敵だなと思った人は、軽薄かつ敏腕で、妻子持ちの人だった。

8歳年上の相手から見れば、若いと言うだけで丁寧に扱ってくれたのかもしれない。

異性として接してもらえることが嬉しく、淡い想いを抱いても都合の良い存在だった。

でも、ただ、それだけ。自分にとっては初歩的なリハビリのような出逢いだった。






次に素敵だなと思った人は、どことな常識ズレした、ユーモアのある好青年だった。

初めて見かけた時に、何故だかわからないけれど、仲良くなりたいなと思ったのを覚えている。

ある日、飲み会の席で話し込む機会が巡って来た。思いの外、弾む会話。

このまま少しずつ距離を縮めて行けるのかもしれないと考えていた矢先、翌月には入籍することを知る羽目に。

報われないと判りつつ、心が魅かれる事実に目を瞑ることは出来なかった。

自分の正直な気持ち否定しなかっただけでも、前向きな片想いと言える出来事だったのかもしれない。





そして。

私はこないだ、決定的な失恋経験した。





その人は、少年のように無邪気な人で、最初から気兼ねなくやり取りできる存在だった。

インターネット交流を経て親交を深めた仲で、数年もの間、お互いの本名はおろか、出で立ちすらも知らないままだったが、

事の流れで思い立って会うことになったのである



実際に会ってみて、私は本当に驚いた。信じられないほどに馬が合う。趣味も、笑いのツボも、好き嫌いも、何もかも。

私の心は乱れに乱れた。彼はとっくに結婚していたのだ。

もちろん、向こうはこちらの想いなど知る由もないだろう。

私が想いを伝えたとしても、応えてもらえる訳がなく、たとえ応えてもらったところで、そこから先、どう足掻いても希望がない。





素敵だなと思う人に出会うたび、相手がことごとく既婚者で、自分の想いを伝える前に失恋することを繰り返した私は、

自分は誰からも選ばれない」

そんな気持ちを強化していた。

何故、どうしてと後悔の念が渦巻く最中、私は唐突に、幼い頃の失恋を思い出した。





小学校六年生の時、好きな男の子がいた。

その男の子とは男女グループで仲が良く、一緒にふざけたり、CDを貸し借りしたり、感覚が似通っている存在だった。



夏休み、仲の良い男女グループ肝試しをすることになり、あみだくじでペアを決めると、

その男の子は、私が一番仲の良い女の子とペアになったのだった。

そして、先に肝試しへ向かった二人が、私から遠く、手を繋いでいるのを目撃した。



私が一番仲の良い女の子は、私がその男の子に想いを寄せていることを知っていたはずだったが、

その女の子に対して、不思議嫉妬心はなく、仕方がないなと、ただただ思った。

その女の子可愛いし、明るいし、人気者だし、やっぱり自分は選ばれないんだなと、ただただ思ったのだった。





「もう二度と、あんなに素敵な人と出逢うことはない」

「もう二度と誰とも付き合うことは出来ない」

結婚はおろか交際すら出来ない自分は魅力の欠片もない」

そう思い込んでいたほうが、新しい出逢いで傷付くこともないから楽だったのかもしれない。

でも、今回の失恋で、私は思い直すことが出来た。



『ただひたすらに、縁がなかった』



物事が動く時は偶然が重なったり、成り行きで結果が出たり、自分に非があると言うよりも、運命ではなかったこともあるんだろうと、

そう思えたのだ。










それから暫くして後、つい先日の出来事。

友人を介して知り合った人物と数年振りに再会したのだが、会えることをずっと心待ちにしていたと思わぬ告白を受けたのだ。

先方も独身であることは確かだが、どうやらパートナーはいるようなので、ただの社交辞令かもしれないし、相手発言真意自分にもわからない。

だけど、これだけは確実に言えると思う。自分で行動した分だけ、縁は広がっていくのだと。










私は今でも、初めて交際した人に関する夢を見る。

何故、未だに彼の夢を見るのか、正直言って自分でもよくわからないし、苦しい。過去をあまりにも理想化して、想い出にすがっているのかもしれない。

しかし、あの頃、私が愛した彼がもういないように、彼に愛された私ももういない。

お互い生まれ変わり、それぞれの縁にたぐり寄せられ、それからどうなるのか、それは誰にもわからない。

前世記憶のように、時々あの頃を夢に見て、人生不思議に想いを巡らせることだろう。





片想い業火に焼かれながらも、歩みを止めることなく私の旅は続いている。

私が休学を決めるまでというブログを読んで思ったことは

通信費というかインターネットもっとフリーに開かれた場所だったら貧富の差がなく情報が得られていいのにね。

ネットって検索すれば、それこそ中学校から高校までのカリキュラムくらいは学習出来るわけだし。現状検索するのがめんどくさいけど。

あのブログの彼はまさにネットを通じてつながりや情報を得てるし、理想の形だよね。

でも、学校教育カリキュラム学習しずらかったとあのブログには書いてあった。

そういう、ここを見れば初等教育から高等教育までのカリキュラムを学べるって感じのデータベースもっと国や機関に整備してほしいよね。

ネットさえ見られれば、情報教育に対しての十分な福祉となりうるような体系的なシステムを構築して欲しい。

まあ、でも通信業界に従事している人にとっては死活問題だろうけど。

うーん、もはや通信社会インフラなんだからどうにかならんものかね。

通信費負担問題ネットで得られる情報によって格差是正されることへの期待があってほしいと、あのブログを見て思った。

http://anond.hatelabo.jp/20160521153614

女の理想:強い腕っ節で好きな女を守って殴る

現実:全員殴る

男の理想:貞操を守るが好きな男の前では激しく乱れる

現実セックスレス

2016-05-21

怒りのエネルギーは生きるのに大切だなと感じた

一時期、小池龍之介和尚の本から原始仏教にハマって、ひたすら怒りのエネルギーをなくそうと瞑想やら何やらにふけっていた。

しかメンタル調子はすこぶる良くなったのだが、どうも何をするにもやる気が起きなくなって困っていた。

次第に瞑想する気力すら起きず、いつのまにやら何ヶ月も瞑想サボるようになっていた。



ふと先日、とてつもなく怒りを感じる出来事が起こった。しばらくぶりの感覚だった。

ただ、そのときはその怒りを直接対象に向けるのではなく、何か生産的な方向に向けてみようという気持ちになった。

非常にイライラしながら掃除洗濯、その他今までやろうとしてやっていなかった事柄を次から次に片付けていった。

その後、これまた久しぶりに爽快な感覚を覚えた。


そのとき何か悟ったような気がする。ああ、怒りのエネルギーは前向きに生きていくには必要不可欠だな、と。

確かに怒りの感情が薄らいでいけば、現実の辛さを受け止める力は強くなると思う。

一方で、やるべきことから目を背け、より問題をこじらせる方向に向いがちなのも事実だ。

悪く言えば、怒りの感情から距離を置くことは、人生から逃げることにも似ている。



小池和尚は怒りは良くないものだとおっしゃっていたけれども、自分自身としては、むしろ怒りと刃物は使いようだと感じる。

包丁だって凶器になれば人を悲しませるけど、料理に使えば他人を喜ばせることもできる。

怒りの膨大なエネルギー制御して、何か生産的で前向きな方向に費やしていく。

そうすることができれば、仏教理想とは全く違う意味で、私達は人生をより良くしていくことができるんだろう。

2016-05-20

思いわずらうことなく愉しく生きよを読んだ。女って怖い、結婚って地国だ、って思わせる一方で、生きていくことの困難さについて前向きに語っている小説だなって思った。

作家には独特の文体というか呼吸法みたいなのがあって、個人的江國香織小説はそれが顕著だと思う。漢字の開き方とか句読点位置文章構造とか好き嫌いがはっきり出そうなタイプ

句読点位置は好きな方の作家なんだけど、今作は主に序盤から中盤にかけて文章構造で首をひねる箇所があった。同じ台詞を二度三度、会話外の文章で繰り返したり、心理描写を深化させていく雰囲気を醸し出しながらも唐突に周囲の様子に視点が向かったりしてたのが気になった。もちろん二つとも狙っている効果想像できなくはないのだけれど、流れるように読むことは難しくなるデメリットがあると思う。

内容に関して。一癖も二癖もある姉妹が描かれていて、辟易したり多少なりとも共感したりしながら読み進むことができた。個人的に三女がまだましかなって思う。依存気質じゃないビッチなんだけど、思考回路が一番理解やすかった。次女はすっごい出来る女なんだけど、こと恋愛関係においては糞としか言いようが無い。熊木さんが本当に気の毒。この二人はどちらも手痛い失恋経験するわけだけど、どこか清々しいラストになるのが面白いなって思った。長女は一番根はまともなのかもしれないけど、全体的に怖かった。モラハラ家庭って何もかも歪めてしまうのねって感じ。どっちもどっちなんて言葉じゃ片付けられないんだろうけど、結果的夫婦双方でがっちり噛み合ってしまったモラルハラスメントって外部から精神構造を覗き見ると異常としか思えない状況なんだと思った。次女じゃないけど、心の底から長女と結婚相手理屈反吐が出そうになったもの。この作品に描かれているモラハラが全てではないんだろうけどさ。

三姉妹はそれぞれ生き方に信念のようなものを持っているんだけど、それがために生きることが難しくなっているってのが一つのキーワードとして設けられているような気がした。信念を持っていないために過酷な状況下に陥ってしまった人物として雪枝さんが描かれていたようにも読めたんだけど、信念持っていような持っていまいが、簡単はいかないのが人生なんだって感じさせてくれる。何かしらの生きる指針を外部に求めるか内部に求めるかって話になるんだろうけど、どんなコンパスがどの方角を指していても、海原は荒れることもあるし穏やかなこともあるんだって。だからこそ、『思いわずらうことなく愉しく生きよ』なのかなって思うんだけど、そうするがために振り回される人も周囲にはいるわけで、なかなか上手くいかないもんだなあって読後感を持った。

作中では何とか順調に階段を登っている三女のカップルだけど、姉二人の失敗が表しているようにこれから先どんな未来が待っているか不明なんだよね。そればかりか、ちょっと用意が周到すぎるような描写もあって不穏な影もちらちらしてる。それでも生きていくのだし、長女の先が見えない結婚生活も、次女の相手に甘えきった恋愛も、いろいろ変化しながら続いていくのだと思う。大変だけど、愉しく生きることができたらいいなあって、それが理想だよなあって思った。

最後の方の章立てが急展開してた気がするのが気になった。女心が描かれた、生き方小説でした。

http://anond.hatelabo.jp/20160520172620

女をdisってるのは底辺じゃない男のほうが多いような気がするな。

ハイスペの男とか女を見下してるからな。

見下してるから優しくできるんだろう。

底辺の男は女に幻想を抱いていて理想化していて、disってはいないんじゃないか

結局沖縄ってどうしたいのだろう

基地があるよりは薩摩支配されてた方がマシだったのか?

それとも全方位に頭下げてでも独立したいのか?

そりゃ本土並みが実現するのが理想だが、そしたら経済は今以上にガタガタだろうし。