「無駄」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 無駄とは

2017-03-29

直接の市場関係者じゃないけど、いつになったら豊洲移転するんだよ!

HPやらパンフやら色々作っちゃったし、無駄ばっかり。

社長助成金?のことばっかりだし、これって税金じゃん?

どっちみち築地じゃダメなんだしもう移転しようぜー。

http://anond.hatelabo.jp/20170329070815

男は生物的に劣ってるから何言っても無駄だよ。

[]よくある質問

真面目に答えず、出来る限り嘘と虚構を織り交ぜて答えていきたい。

Q.就職のために資格をたくさんとったのですが、芳しくありません。なぜでしょうか。

いわゆる“資格バカ問題だな。

もし君が採用する側だとして、履歴書にズラーッと資格が列挙されていたらどう思う?

「頑張っているなあ」と思うと同時に、「努力方向音痴」、「バカみたい」だと思うだろう?

実のところ資格ってのは就職をそこまで有利にできる代物ではない。

資格説明について、そのあたりを念押ししているものは多い。

月並みアドバイスだが、大事なのは本質」だよ。

いくら資格を取ったところで、そこが拙ければ意味がない。

ラ・ラ・ランドだって、やたらめったら色んな賞をとっていてバカみたいだが、だからといって面白い映画であることは揺るがないだろう?

……でも主題歌賞はシング・ストリートとかに取って欲しかったなあ。



Q.とある事故が起きた時に、友達が「運が悪かった」と言っていたのですが、運は責任を取れますか。

答えはNOだ。

運は責任を取れない。

まり、この社会は“運が悪いこと前提”で生きていかないといけないわけだ。

責任も運以外の誰かがとらないといけない。

から、その可能性を減らす努力はすべきってのが社会の大意になるわけだな。

ああ、だからといって「エロい格好をしたからお前はレイプされた。だからお前が悪い」とか言うのはやめておきたまえ。

要因だとか責任は必ずしも比例しないし、イコールとも限らない。

エロい格好をしても、しなくても、レイプはされるかもしれない。

そして、いずれにしろ悪いのはレイプをした側だ。

まあ、それはそれとして可能性を減らす努力を、あくまで側面的に語ることは無駄ではないと思うがな。

おっと、「可能性を減らす努力」なんてもの裁量がどの程度かなんて、そんなこと私は知らんよ。

から「運が悪い」と表現するんだろう。

http://anond.hatelabo.jp/20170329002310

元増田会社要求すれば開示しますけど? という態度は、僕にはちょっと信じられない。

自分業務時間に作った成果物仕様を正しく皆に説明しなきゃいけないという使命感を超える不快さじゃないんだなあ、僕にとって。

元増田カスプログラマーであり元増田プロダクトなんてさっさと捨てるべきで説明など引継ぎされる人間時間と労力の無駄という可能性を考えなくてはいけない。

無能の働き者を使命感に燃えさせてどうする。

会社の物なんだから会社選択させりゃいいんだよ。

2017-03-28

不寛容社会(はてブ)に絶望した

私ははてブヘビーユーザーではない。

せいぜい週に1、2回、ホットエントリーを流し読みする程度にしか使っていない。



昨日も、ちょっとした空き時間ホットエントリーを眺めていて、

たまたま以下のエントリーが目に留まった。



総理になって「VR蓮舫」に追及されてみない? 民進党が開発”

http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1703/27/news120.html



寒い企画だと思ったし、政党助成金無駄遣いなんじゃないかとも思った。

だが、所詮ジョークだし、ちょっと笑いもした。



そこで、

けっこう笑ってる人も多いんじゃないかとか、

大喜利のようなことが始まっていたりするんじゃないかと思い、

コメントを見てみることにした。




袋叩きだった。

バカだとかクソ政党だとか、

あろうことか、「蓮舫を殴れるならやりたい」のようなおぞましいコメント複数スターが付く有様だった。



恐怖したし、

絶望した。



寒い企画かもしれない。

政党助成金無駄いかもしれない。

それでも、

所詮ジョークですよ?

そんなに叩かないといけないことなんですか?

Fラン大学卒業して社会人になったけどネットで叩かれてる

はてブFラン大学卒業した新卒がすぐ逃げて使えないという話が盛り上がっていましたが

そこでFランに対するさまざまな厳しい意見があったので、Fラン卒業生が答えてみます

FランってどのFランだよ

日本工業大学です。

あの木製ジャングルジムにおが屑を詰めて投光機から発火し、子供を焼死させた日本工業大学です。

日本Fラン大学数あれど、人死が出るほどのFランは我が母校だけでしょう。

私は建築学部ではないので詳しいことは分かりませんが、当時の学内雰囲気は相当酷かったと聞いています

Fランなんてクソみたいな研究しかないんだろ

Fラン大学といっても、上位大学ポストが無かったのでうちに来たという先生もいるので

教員の質については良い先生もけっこういます

先生方は物凄い業務量(何故か単位不足の学生相談業務も行ってました)には疲れ果てていましたが

査読付き学会発表してきちんと成果を出す学生も出るので世間で言われるほど底ではないと思います

が、他学科はいえ焼死事故起こすと説得力無いですね。

Fランなんてクソみたいな講義しかないんだろ

全員履修する大教室講義はクソでした。とにかく落ち着きが無い。あれは酷い。

通常の小教室講義では五月蝿いアホは追い出されていました。

シラバスを見ると普通講義普通に行われています

Fランなんて無駄なんだから潰せよ

大学を減らし、高卒就職の門戸を広げるという提案もされていますが、学生にとっては

Fランでも大学に入って、能力を磨くという手が塞がれることになり、厳しくなるのではないかと思います

Fラン卒業しても奨学金返せないんだから無意味

私も現在学生支援機構第二種奨学金を返済していますが、そんなに高くない給料ながらも返済しています

奨学金の返済はかなり長期に渡りますが、低利かつ月々の返済額はかなり低く抑えられているため返済しやすいです。

学生支援機構奨学金問題として感じるのは、まず返済猶予がかなり厳しい条件でしか申し込めないこと。

次に第一種奨学金(無利息)の返済を優秀な学生に対しては簡単に返済免除してしまうことです。

学生支援機構奨学金あくまで低利な学生ローンであるべきであり、優秀な学生支援するのは別の枠組みで行うべきでしょう。

Fラン卒業してもまともな就職先無いだろ

大手企業はほぼ壊滅的なので、中小企業中心になります

卒業後友人とも話しましたが、概ね給料は安めながらも安定して業務をこなせています

これは工業大学ということもあるでしょう。

就職支援課が「お前らは大手ばっかり受けるような寝言言うんじゃねぇぞ」と発破をかけるのも役立っていそうです。

(毎年数人は大手鉄道重電・電機に受かります、推薦とのことです。)

Fランってそんなにすぐ会社辞めるのかよ

それはケースバイケースでしょう。

いくらなんでもサンプルサイズが1で「Fランはすぐ辞める」なんて書いたら

我が母校のレポートですら不可です。

こんなに長々と書いて学歴コンプレックス酷いな

はい

http://anond.hatelabo.jp/20170328163113

何がどう悪いの?

具体的に言いもしないで叩いてる人の意見ほど無駄ものはないよね

医者でもないのにアスペルガーとか発達障害とか認定しないでね。

http://anond.hatelabo.jp/20170327190718

視野が狭いね若いのかな?仕事はね、遊びであり、楽しみであり、趣味なんだよ。

仕事なんてその人が死んだら別の人がやるだけで、いくらでも代わりがいる」ってのは当然だとしても、「だから仕事のために無理をしてプライベート健康犠牲にしたりするのは無駄」って理論はまったく成り立たない。仕事オンリーワンを求めてる人なんて、むしろ、いないでしょ。

子供を育てるのと同じくらい、部下が育ったり、チームで目標を達成したり、みんなで飲みに言ったり、たまに意見を衝突させてでも会社をよくしていこうとしたり、それ自体人生の楽しみなんだよ。

そうやって仕事に向き合ってれば、貴方は悲しくもなんともなくても、その人の死を悲しむ人達いるかもしれないんだよ。家族けが悲しむなんて、世界がせまいじゃない。

4月から社会人の方々へ

皆様ご卒業、ご入社おめでとうございます

4月から新生活が始まることもあって期待している人、

不安に感じている人、どちらもいることでしょう。

かくいう僕はやっとの思いで一年を乗り越えて

ヒーヒー言っているポンコツ社会人もうすぐ2年目です。

その為僕から社会人アドバイスという大それたことは言えないけれど

ちょっとだけ自身経験談を踏まえて伝えたいことをお話します。



まず社会人は僕みたいに友達が少ないと休日基本的に暇です。

でも暇だからこそ何かをしたい。何かをするために入るものといえばそう、サークルです。

社会人の入る社会人サークルはググったり、ジモティーとかで検索すると簡単にヒットします。

学生ノリでのんびりと楽しめればいいやと僕は今までやったことのなかったテニスを始めてみました。

僕が入ったサークルは同年代が多く集まっていて全く経験がなかった自分でも

楽しむことができすごくいいところだなと感じ始めていました。

こんな休日を過ごせるなら社会人も悪くないなと思っていました。

しかし残念ながらサークルに加入して三ヶ月立った頃、やめることになってしまいました。


さてここで問題です。

このサークルを抜けることになってしまった訳ですが、その理由は何でしょうか。





お察しの良い方はすでに気づいていたかと思います

このサークルアムウェイ勧誘のために作られたサークルでした。

アムウェイはいわゆるマルチ商法といえば伝わりますでしょうか。(本人たちはネットワークビジネスと言っておりますが)

洗剤や鍋を知り合いに売って一部を権利収入として得るビジネスです。


その時勧誘してきた人にやらないならもう来なくていいよと言われ、

「あ、じゃあイイっす」と答えたのであっさり関係は切れ、

カフェで熱心な勧誘を受けるというようなイベントは幸い起きなかったのですが、

怪しい商売には引っかからないと自信を持っていた自分が騙されかけた所にショックと憤りを感じました。

それに自分時間無駄にしてしまったという気持ちもありました。




今回読んで頂けた方々に伝えたい事は

自分大丈夫だと思っていている人ほど騙される。

マルチ宗教は身近な所に胡散臭くなく、自然に、楽しいイベントと共に迫ってくる。

ということです。

貴重な時間を失わないようぜひ気をつけて頂けたらと思います

それでは良い社会人生活を。

2017-03-27

また無職かよ

仕事決まったと思ったら一ヶ月持たずにクビ宣告。

正直スキル的に足りてないわけは無いのにショックすぎる。

できるなら長く続けたかった現場なのに…

こういうのってゴネても無駄なんだろうな。むうう、ままならないねえ。

イベントで買った同人誌がハズレだった

タイトルの通りである



春コミで買った同人誌のいくつかがハズレだった。

10冊買って10冊全部が最高だなんてことはありえないと思っている。

言っちゃ悪いがプロでもなんでもない素人創作物だ。そういうこともある。というか、そういう事の方が多い。

それを500円、1000円、あるいはもっと金額を出して買うことを選んだのは自分自身であることもわかっている。

それでも500円あったら安いランチが食べられるし、1000円あったらいろいろできる。

金を払っているんだから私を楽しませろ、とは言わない。同人誌個人の嗜好の発表会である

描き手が妄想をかたちにしたものを、買い専の私は金を払って見せてもらっている立場なのだ

から描き手にああしろこうしろと注文をつけることはしない。

しかし一方で、せっかく金を払ってるのだからその分は楽しみたいと思っている。

貧乏性の私は1000円を無駄にしたと思いたくない。



今回ハズレだった本は

・表紙こそ好みの絵柄であったが本文はそうでもなかった

・どういう話なのかよくわからなかった

・推しのキャラ解釈が合わなかった

長編オチが気に入らない

といった具合である



これをどうやって金額分の元を取るかといえば「よかった探し」をする。

・本文はそうでもなかった=表紙は好みだった

・どういう話かよくわからなかった=雰囲気と絵は好き

キャラ解釈が合わなかった=別のキャラ解釈は合っていた

オチが気に入らない=その直前まではよかった



このように考えるけれど、ネチネチした性格の私は「とかなんとか言ってもハズレはハズレ」という思考は残っている。

その思考ねじ伏せるくらい「ここがよかった」というポイントを羅列していく。

しかし言うほどぽんぽんと出てくるわけがない。出てくるくらい良い本ならそもそもハズレとは言わない。

それでもひねり出すためにどうするかというと、感想を書くのである



最近は本の奥付に感想フォームのQRコードを載せているサークルがある。

そこから感想を送る。別にpixivメッセージでもいい。

当然だが「お前の新刊買ったけど表紙に比べて本文が下手!表紙詐欺!」などという内容ではない。

「会場で思わず手に取ってしまうほど素敵な表紙でした!」と書く(この感想がいい感想かどうかは別だ)。

とにかく気に食わない点以外は全部褒める。

絵が好み。線が綺麗。話が上手い。描写が丁寧。タイトルけが巧み。カラーの色使いが素敵。

ネタがなければ装丁を褒める。PPがかわいい特殊紙キャラにぴったり、本文色インクが話の雰囲気マッチしている、とか。

とにかくほめる。ほめちぎる。目についた要素を全部ほめる。

もちろん自分に嘘はつきたくないので、絵が気に食わないのに「好みの絵柄です!」とは書かない。

感想を書くために目を皿にして長所を探し、実際に文字に起こし、誤字や失礼な言い回しがないかチェックする。

そうすると自分の中で「あれ、この本ハズレじゃなくね?アタリじゃね?」と思えてくる。

時間をかけて感想を書き、送信ボタンを押す頃には、ハズレの本はハズレでなくなっている、ことがある。

もちろん全部が全部そうはならない。現実非情である



最近Twitterアカウントも奥付に載っているので、鍵付でなければ感想を送ったあとでアカウントを覗きに行く。

すると「感想をもらえた!嬉しい!」とツイートしていることがある。

それを見て「私のようなネチネチした人間が送ったとも知らないで…」とニヤニヤしている。



そして大事なのはアタリだった本にも感想を送ることは忘れてはならないということだ。

今日19時くらいに代々木駅周辺で歩きタバコしてた短足ハゲオヤジ

てめーかっこわりーんだよ。

颯爽とヤニふかしてかっこいいつもりなんだろうがよ。

ほんと短足ハゲが肩無駄に振ってヤニふかしてやくざっぽく歩いても短足ヤニハゲ短足ヤニハゲなんだよ。

鏡見ろよほんとに。

しかも後ろに煙が来て迷惑なことこの上ない。

あともう一つ、てめー最後ポイ捨てしただろ。で、足で踏みつけてまた無駄に格好つけて笑ってやがる。

まじ吐き気するほど浅ましい光景だったぜ。

髪の毛と一緒に常識も捨てるハゲほどかっこ悪いものはねーぜ。

あんな化け物が跋扈する現状を見たらタバコなんて完全禁止でいい。

死んでも代わりはいくらでもいるという現実

上司が死にました。

突然でした。

会社に来たら「昨晩亡くなりました」と。

隣のチームの上司だったけど、大して仲良くもなく、仕事で絡むこともなく、それまで会話という会話はしたことがないけれども、それでもやはり驚きました。

過労死ではないとは思うけども、そこそこ多忙仕事でした。

月に2回程度の国内出張に、3ヶ月に1度くらいの休日出勤代休なし)、残業時間は月60時間くらいでした。

いわゆる過労死判定される80時間には届いていないので、過労死と訴えられることはないと思う。

それだけ働いていた人だから、さぞいなくなったあとは大変だろうと思われるだろうけども、

確かに後任の人が来てその人が慣れるまでの一ヶ月くらいは同じチームの人たちは大変そうだったけども、

後任の人が慣れてからは「亡くなった」という事実すら忘れ去られるくらいに何事もなく仕事が回るようになった。

結局、どこかのアニメであったセリフ、「私が死んでも、代わりはいもの」は真理なのだ

余程名の売れている漫画家とかスポーツ選手とか芸能人でもなく、単なるサラリーマンである場合は、その人の仕事なんてその人が死んだら別の人がやるだけで、いくらでも代わりがいるのだ。

から仕事のために無理をしてプライベート健康犠牲にしたりするのは無駄以外の何者でもない。

「この仕事は俺にしかできないんだ!( ー`дー´)キリッ」などといって、気張って無理をするのもいいけれど、結局自己満足で、自分しかできない仕事なんてそうそうこの世の中にはない。

遊んだり、家族時間を過ごしたり、友達と笑ったり…そういう時間は、自分しか過ごすことのできないかけがえのない時間だ。

仕事プライベート、どちらが大事なの?」なんていう、使い古された命題は、

死んだあとも何事もなかったかのように回る職場を見て一定の答えを得た気がする。

本当に、上司は死んだんだろうか。

上司が死んだと思っているのはその上司家族だけなのではないだろうか。

同僚である私達にとっては、後任の人が普通にその上司がやっていた仕事をこなしてくれているので、

上司が死んだ」のではなく「上司が異動した」という感覚しかならない。

あんたが死んでも代わりはいもの

「私が死んでも代わりはいもの

人間なんて、そんなもんだよなー。

ちょっと前までツイッターなんてリアル友達少ない人のたまり場だったのに

今じゃツイッター上で友達少ない人間に対して無駄攻撃的な発言しまくるツイートが大量現れてて

こうやってネットサービスは毒されていくんだろうなあって思った。

ネトサポ認定問題

http://anond.hatelabo.jp/20170325064012

ちょっと前にこんなのあったり、各所で誤爆が酷いよう

認定されてもそんなやつに言い返すだけ無駄からまず無視するだろうし

図星だったと勘違いして更に認定に励むようになる

悪循環だな

http://b.hatena.ne.jp/entry/www.moving-to-phuket.asia/entry/2017/03/26/151222

私もとある国でランドオペレータをしています

けして大きな国ではないので、国名を書いてしまうと素性がバレる危険性があるので、こちらでちょっと気になったことを。

パッケージツアーにもグループもの個人旅行ものがあります

2-3人でも催行されるパッケージツアー(基本、添乗員なし。現地ガイドがある程度つく)の場合は、個人旅行と一緒なので、直前(前日とかチェックイン開始時刻から24時間前とか)のキャンセル場合ホテルキャンセルチャージとならないところがほとんどです。ただし、何か大きなイベント旧正月チャイニーズニューイヤー)、クリスマス年末年始のように、極端に旅行客が増える時期はのぞきますが。

一方でグループツアーのような添乗員がついて、最少催行人数も8人からとか10からとかなっているようなツアー場合は、もっと早い時期に部屋数の確定をしなければならないため、例えば30日前からチャージがかかるようになります。ただこの場合でも確保している部屋数と減らす部屋数によってはチャージなしで変更できたりもします。

また、支払いについても国やランドオペレータの規模にもよるのかもしれませんが、ツアーから全部前払いということはありません。よほどのことがなければ前払い金を入れたりすることはなく、月ごとにホテル請求書を発行、月末に支払いというような流れになります

通常わざわざランドオペレータに依頼が来るということは、ホテルだけでなく現地のガイドや移動用のバスなども少人数・グループにかかわらず手配を行っていることが多いと思うので、これらのキャンセル必要が出てきますバスなどは通して予約しているので、キャンセルしても全額チャージとなることも十分考えられますが、場合によってはまけてくれる場合もありますガイドも同じです。

あとは現地の観光レストランなどですが、これも大きなグループや本当に直近の場合キャンセル料を取られる場合がありますが、例えば7日間のツアーツアーの後半については全部キャンセル料なしとなる場合もありえます

なので、当日50%のキャンセル料というのが、すべてにおいて無理ということはないと思います

これは私のいる国の話なので、すべての国でこうというわけではないと思います(私はこの国のランドオペレータのことしかからないので)

また、国内線の手配をたまにすることがありますが、国際線日本側で手配するため、国際線航空券がらみの支払い条件等はわかりません。

こういうことがあるとパッケージツアーって...となるかもしれませんが、現地のランドオペレータ契約があったり、現地に支店があるような会社なら、もしホテル観光で何かトラブルがあった場合、現地対応可能になります。もちろん自分で何でもできる!という自身があれば問題ありませんし、トラブルも旅の楽しみのひとつくらいの気持ちになれる人ならいいですが、やはり自信がないという方はは個人旅行向けのパッケージツアーを利用するのは、けして無駄ではないと思います

ただ、全体の傾向として、昔のような団体でのパッケージ旅行大人数で移動して添乗員さんがつくようなタイプ)は、今後は減っていくのではないかという気はしています

まとまらなくなりましたが、なんとなく気になったことでした。

http://anond.hatelabo.jp/20170327002725

「単に選ばれなかっただけの女」のぐだぐだと無駄に長い言い訳。読んで損した。

話がうまく伝わらなくて相手無駄に期待させてしまった時が本当にしんどい

あるあるだよね

2017-03-26

やっぱり

小学ネタからお隣の公園が、某政治家絡んでいた話。

豊中市、それも南部で起きてる時点で左の皆様が絡んでくるだろなと思ったら案の定そうだった。

世間では豊中金持ちセレブが多い印象があるけど、

空港界隈とか南部は左の臭いがプンプンしてるわけで。

学校日教組無駄に強いから、

洗脳教育のもの

そりゃ自分テリトリーに右がきたら暴れるに決まってますやんw

まあ進学校ってだいたい教科書まともに使わんから

どうせしょうがなく買うならお友達の書いてるとこに金を落としたかったんだろうよ

社会科教師左翼が多い、というのは当の先生すら認めてたからね

一番ひどいのは英語でもう教科書無視

高校クラウンの長文1つだけやったけど使ってますよという実績消化にしか思えなかった

正直ここまで形骸化してるのは誰でもわかっていることで金の無駄だとも思う

http://anond.hatelabo.jp/20170326143548

籠池さんと総理、どちらが信用できるか?

一目瞭然だと思うが、

寄附のはなしはどうでもいい。問題点が絞れなくなるただの雑音だ。

騒ぐだけ無駄。他に考えることあるだろうに。

日本の癌、モザイク

ここにどれだけの税金無駄に使われているか

モザイクかけていないAV制作関係逮捕あほ

このクソみたいな法律のせいでモザイクなしAVを売って稼ぐヤクザもいる

まさかヤクザの食い扶持のための法か?

金銭感覚の違いで罅が入る友情は偽りの友情

学生時代、みんなそこそこお金が無い時代

5~6人の仲が良いグループにいて、だいたい2~4人ぐらいで暇な人間集めて週に何度も遊んでた

お金ないけど、みんな酒飲みだったから酒は飲みたい

誰かの家だったり公園だったり、近所の国立大学敷地だったり場所はとわず



一緒に居るのが楽しかったし、お金なんてある奴が払えばいいってみんな思ってた

みんなそこそこバイトしてたり、高卒仕事してたり

「酒かおーぜ!」

「安いかジンテキーラだったりヲッカだったり)のボトルでいいよな」

「俺ストレートで飲めないかコーラ買って」

みたいな感じでコンビニの籠に酒やらつまみやらほりこんで。

「2000円やって」

「俺金持ってない」

「何百円あるの」

「300円、明日の昼飯代」

「今度払えよ」

今日金持ってるから1000円払っとくんであと出しといて」

みたいな感じでいちおうは割り勘だけどお釣とか適当だし、ずっと金欠の奴いたらいっつも少な目に払ってた



会社に入ってから

「飲みにいこー」

給料日前だからお金ない」

「じゃあ、あとの3人で割るから

みたいな感じ



お金があったりなかったりする奴は払ったり払わなかったりだし

大体金欠マンは大体「1000円しか払えないけどいい」とかいって他に負担してもらう



そんな感じで生きてたし、今もそうだから

友達と金感覚がずれたから付き合いずらくなるとかいう話が全然からないというか

それって友達ちゃうちゃうん? って思う



まあウチの友人が基本的に贅沢を嫌うというかただ高いものに魅力を感じないタイプ

無駄遣いしないから他の人間よりも金銭的余裕があったというのもひとつかもしれないけど



もう40代が近づいて来て当時の友人に社長もいれば派遣社員も居る

「飲みにいこーぜ」(社長

「今月金ない」(派遣

「おごるから」(社長

「ありがとう」

ですむんだけど。

おごられるほうも別にプライドないわけじゃない

こう書くと誤解されどうだけれど、

奢られるほうも、相手が奢る金額よりも一緒に居て楽しい時間価値見出してくれてると思ってるから



小学校の時に小遣いいっぱい貰ってる同級生にみんなでたかってたり、そんな経験もあったし

お金ってみんなで共有したらいいじゃんって思うの



あと女子って割り勘とか細かそうだなって印象

アニメRewrite見終わったぜ

全く意味が分からなかった。

1期の頃にどうせ萌えアニメだしと適当に見てたのが悪かったのか全体的になんのこっちゃと。

最後の1周以外は月でやっていたシミュレーションで、そのシミュレーションの結果人類が生き残る方法としてセカイ系オチにたどり着いたって事までは理解できたんだが……それでどこに感動したり興奮したりすれば良いんだ……。

ヒロインロリになったでヒャッホイ!

篝ちゃんが長髪になったぜヒャッホイ!

とかでいいのか?

ストーリー部分ですげーって思える部分とか泣ける部分とか無かったんだが……。

このアニメ本当にどうやって見ればよかったんだ……。

今見てる他のアニメだとカオスチャイルドも同じような感じだ……。

何なの最近ノベルゲー原作原作やってない人はネタバレだけ食らって楽しめないようになってるの?

原作を買わずアニメだけ見て楽しもうとした気持ちは思い上がりだったのか?

何だったんだ……本当に……なぜ俺はこんな無駄時間を……

1年目を乗り越えた社会人から就活生へ

俺はこの文章を、これからエントリーシートや、OB訪問や、面接に挑む就活生が、一人でも読んでくれればと思って書く。


俺は昨年、とある企業新卒入社した。社会人1年目がもうすぐ終わる。

その間に、俺の友人たちは多くが退職し、転職し、また心を病んだ。

それを眺めながら、俺は多くのことを学んだ。それを、少しでも誰かが役立ててくれればいいと思って書く。


君が会社入社して、働き始める。そこで何か致命的な不都合が起こる。そういうときに君は仕事を辞めるとか、違う仕事を見つけるとか、休職するとか、そういうことになる。

俺の知る、ブラック企業入社して、転職したやつらは、みんな楽しそうにやっている。それは良いことだ。転職は悪いことではない。

そしてやつらは、「2度目だから社会人を一瞬でも経験たから、良い仕事に就けた」と言う。それは一理あることだ、というか当然のことだ。

それでも、退職転職ものすごくパワーと時間を要する。そしてそこに前の職場で過ごした時間プラス、とんでもなく無駄時間だ。

(前職を無駄だとは思わない!というような転職の話は今回したい話ではない)

できれば、その会社に1度で入れるにこしたことはない。


これから書くのは、「どんな職場が生きやすいか」ということについて、一年見聞きしてきたことの感想だ。

身も蓋もない話だが、これを知っていたからといって、やばい状況を確実に避けられるというわけではない。

ただ、少しでもリスク回避ができるかもしれないとか、泥沼を泥沼と判断できるのが早くなるかもしれないとかそういう話だ。


最初に言っておくが俺はいわゆる典型的オタクだ。

家で一人で過ごすのは苦にならないし、あまり喋るのは得意ではない。パリピの対極に存在する。

というわけで、俺は大卒の中でも、どちらかと言えば同類の方のことを考えて話をしようと思う。パリピは頑張って生きて欲しい。君たちは大丈夫だ。


そんな、大勢でわいわい、体育会系のノリにはついていけない、という人間が、就活サイトとにらめっこをしながらどんな条件の場所で働きたいかを考えたとする。

「土日祝日休み残業はなし」

「小規模でアットホーム職場

上司との距離が近い、フラット職場

転職がない」

こういう文句に、君は惹かれるかもしれない。

趣味時間を使いたい。大企業大勢の中に溶け込むのはしんどい体育会系上下関係は苦手。できれば同じところでずっと働けた方が楽。それはその通りだ。


「この条件さえ揃っていれば、どんな仕事でも暮らしていけるだろう。私の生きがいは趣味にあるから仕事人間になる気はないし」

そういうふうに考える人もいるだろう。


しかし、ここには大きな落とし穴があると思う。



万が一、何か問題が起きたとき、逃げ場がないのだ。



まず1つめの「土日祝休み残業なし」。そもそもこれはけっこうな会社が条件に挙げている。しかし、本当にこれが徹底されている企業は多くはないと俺は思う。

残業めっちゃあります!土日も仕事してもらうぜ!」と看板にかかげる会社普通ない。(ぼかしてそう書くところはある)

職種によるところはあっても、完璧に条件通り、ということはないと思っていたほうがいい。


1つめの砦は早々に崩れるものだと思おう。そんな時、「それさえあれば、あとはなんとかなる」という発想で仕事を選んだ者は簡単に折れる。

二兎を追えないからと一兎を追おうとしたのに、その一兎すら捕まえられないのだ。

君がそのために生きようとしていた趣味は、もはや君を支えてくれるかどうかも危うい。


2つめの「小規模でアットホーム職場」「フラット職場

これは間違いなく危険だ。気をつけたほうがいい。

君は同じ職場の人とうまく人間関係を築けるだろうか。うまくいけば何の問題もない。

しかし、もしもうまくいかなかったらどうだろうか。

これは別に周囲の全員と、という話ではない。

1人、どうしてもうまくいかない人がいたとしよう。または、君をめちゃくちゃにいじめてくる先輩がいたとしよう。

前述したような場所で、誰かに相談をするのはそう簡単ではない。

そこそこの規模の企業というのは、相談先が多いのだ。

上司がひどいことをしてくるなら、別の部署上司でもいい、とりあえずたくさんいる同期にでもいい、どこかしらに逃げ場がある。

また、序列がはっきりしているなら、先輩がヤバイ人ならもっと偉い人に、もっと偉い人がヤバイなら同じランクの偉い人に、など、相談先の道ができる。


「小規模でアットホーム」な職場と言われて、極端に言えば銀魂の万事屋みたいなのを想像する、これが悲劇の始まりなのだ


そういう場所がないわけではないと思うが、まず新卒では入れないだろう。



3つめの「転職がない」も同じ理由だ。

会社だって簡単に辞められたくはない。

大きい会社場合、何か問題を抱えた人間がいると、一旦別の部署へ異動させたり、本人や問題人物を支社へとばしたりする。

そういう選択肢が、選べないということだ。

仕事内容ならなんとか対応できても、人間関係などに病巣があると、やめるか続けるか、0か1か、みたいなことになる。



たぶん、これらのことを忘れがちになるのは、俺たちがその人生ほとんどを学校で過ごしてきているからだと思う。

隣の席の人とうまくいかない、それでも半年もすれば席替えがあるだろう。

クラスちょっとなじめなかった、1年待てばクラスは変わるだろう。

別に仲良くする必要なんてない。やることだけやってれば文句はないだろう。


本当にそれをあと30年以上続けられると思っているのか?


こんな後ろ向きの話をするのもどうかと思うが、逃げ道というものを考えて、就職活動をしてもらいたい。



とは言っても、なかなかに難しい。入ってみないとわからないことも多いし、別に前述したような企業が悪いわけでもない。

ただ言えるのは

「これさえあればいいから」

というような心持ち職場を決めると死ぬぞ、ということだ。


今のこの日本では、人生の多くの時間仕事をして過ごす事になる。

それを、ただ金がもらえさえすれば(しかももらえないかもしれないのがこの時代だ)という気分だけで過ごすのはあまりもったいない

考えろ、サボるな、欲張れ。

「金」「やりがい」「得意分野」「人間関係」「休暇」「仕事量」「社会的ステ」

保険をできるかぎり多く持て。万が一どっかが欠けても、とりあえずいきなり心を折らないだけの支えを持て。


俺が言いたいのは理想論かもしれない。

けれど、頭のどこかに置いておいてくれたら嬉しい。

来年の俺が同じことを言えるか、それはまだわからない。けれど、自分自身のための保険として、こう言いたい。

社会人は、楽しい

良い結果が出ることを祈っている。




PS.ついでなので、そこそこ元気に社会人してる俺が、どういう点で生き延びられているか簡単に書いておく。参考になるかはわからない。

・前述したような逃げ場がある会社だということ

実際に別の場所しんどい目にあって、異動して別の仕事を楽しそうにしている人を見ると、まぁ生きてはいけるかなという気がしてくる。この余裕はでかい

上司が強い

社長世襲じゃない感じの、そこそこのサイズ会社なので、偉い人はそこそこすごい人。当たり前のようだけれど、案外人の話を聞くとそうでもないのだ。

護廷十三隊想像して欲しい。偉い人はなんとなく偉いのではなく、間違いなく強いのである。それを時々見て、うおお!卍解だ!強ぇえ!ってなるのはテンションがあがる。

ついでにちょっと他の部分で難があっても、まぁでもこの人卍解使えるしな……ってなるのでこころが穏やかになる。

一人暮らし

クッソ疲れて帰ってきても部屋が寒いし夕飯もない。それはつらいかもしれない。しかし、自由だ。俺が稼いだ金は俺のものなのだ。俺が捻出した時間は俺のものなのだ

というか正直、家族関係仕事で磨り減ったなけなしの精神強度を更に持って行かれている社会人をよく見る。そこそこの年齢の大人が狭いところに集まっていたら問題がおこるのは当然のことだぞ。家を出ろ家を。



以上。幸運を祈る。

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん