「学校」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 学校とは

2016-08-25

長年死にたいと思っている人間が、「自殺を止める人の気持ち」につい

私が、なぜ死にたいか、社会的ステータスや状況なんかは別の記事として投稿しようかと思います



今日記事が目に入ってなんとなく。

http://anond.hatelabo.jp/20160823230040




現実世界では(インターネット上の話ではともかくとして)エゴがどうとか以前に、無意識的に止めようとすると思う。

例えば、ちらほら人通りのある橋から目の前で人が飛び降りようとしていたとする。

格好や目つきや動きがよっぽど変ではないかぎり、止めようとすると思う。

止めようとするのが怖くても、警察電話の一報くらいはしようとは思う。


高校生の頃に、飲食店で財布を忘れて戻ってきた客が急に怒りだして暴れだしそうにしていたことがあった。

隣にいた友人や他の客はすぐに止めに入ったし、私もすぐに警察に連絡した。

意識を失っている人がいたら救急車をすぐに呼ぶと思う。

現実世界自殺を止めるってのは、そういうことと似たものだと思う。





自分所属している社会コミュニティ(会社学校、旧友、家族)なんかが

どう反応するのか、なぜ反応するのか、というのも気になる話ではある。



もし、自分が新しいコミュニティに移行したとして、初めからかなり自分勝手に振る舞って、周りからの印象が最悪、1ヶ月くらいでいなくなったとしよう。

そういう人は、誰から自殺を止められないし、どうでもいいって思う人がほとんどだと思う。



仕事が出来なくて、怒鳴られている人がいたとする。同僚や上司とある程度の会話を普段しているなら、

仕事的には邪魔でも、長く過ごすと少しは情や想像力が働くので、無意識的に心配してくれるときもある。



一般的には、所属する社会がある程度健全機能しており、自分も人並み程度に人と情のやり取りをしていれば、不登校の子どもにはプリントを持っていくシステムがあるように、

人の死を心配するってのは自然に組み込まれてるもんだとは思う。それは割合的には小さくはあるものの、一応多数の部類だとは思う。



会社にしても、学校にしても、ワタミ過労死一橋大学アウティングのように

責任を有しており、追求される可能性があるので、大きなリスクを小さくするためにも自殺というものは避けさせないといけない、

そういう論理からの力場も存在するとは思う。



ある人が自殺を止める理由については、一概にこうだから、とは言えないとは思う。

自分生存ルールなんかを把握できるほど人間は頭がよくないし、学問的に分析しようにも世界中コンピュータを集めても計算量は足りないと思う。



はてブの、矢口ベッキー狩野英孝不倫記事コメントを見ると、その人がそれぞれ違った叩きと擁護と無関心をしているように、

自分でもよく考えずに自殺を止めたり止めなかったりするんだと思う。動物的な本能人間的な社会性や自分経験、保身、いろんなものが混じってると思う。





エントリー主は、自分死にたいはずなのに、どうして他人自殺通報したんだろうというところに何か引きづられているのだろうけど、

「何を読んでも、自分死ぬべきだと思う」と思っているからこそ、自分の考えと発言矛盾で混乱しているだけで、

少なくとも現時点で死んでいなかったり、変な行動や犯罪的なことをやり警察連行されていないということは、

生の論理や生の執着、死の恐怖結構こびりついていて、現在の生と将来の生への逃避ばかりに目が行っていて、

それが同時に存在するということに目が行っていないだけだと思う。

通報した理由は、ハッキリとはわからないけど、自分の考えたり想像したりしていることが、死だけではなく、生についても自分の知らない裏側できっちり考えていることは確かだと思う。




>「しかしなぜ、自分を変えられるからあなたは変われるから死ぬべきではないと言えるのだろうか。」

これは、現実的な人がいう自分の変わると、印税をもらえる人のいう自分の変わる、自分の想定する変わる、を分けて考えた方がいいと思う。

私は、3年間くらい死にたいって思っていて、今も、今すぐに死ぬボタン、みたいなのがあったらその日のうちに押すなーとは思っているけど、

死にたいって思い始めた当初と現在を比べると、変わったことはたくさんある。

少なくとも、前向きに生きてみようかな、と思い始めている時期は数ヶ月間あったり、

普通に何気ない会話も心地よい気持ちでできるし、

超たま~にではあるが、温泉行ってみようだとか、シンゴジラ見に行ってみようだとか、楽しみを実行したいという気持ちも生まれることもある。

昔は、外に出て誰かが歩いているだけで陰鬱気持ちになっていたのが、今は特に何も思わなくなっている。

その程度には変われるし、いい出来事も起きたりはする。

けど、長い間生きることをメリットとは思っておらず、やっぱり死んだ方が楽だろ、とは思っていて、そこは変わっていないと思うし、

あと数ヶ月したらいつの間にか死んでいるかもしれない。




死ぬ時は、死んだ何日か後に増田記事自動投稿するようにPCに仕掛けておいて、死ぬ思いなんか残しておこうかと思う。それは死ぬ前の楽しみ。

その時はブクマお願いします。

2016-08-24

だれか僕のことを考えて

僕は3人兄弟の真ん中だ。

兄の家庭はめちゃくちゃで、

弟は学校での問題を抱えてる。

僕は受験生

進路の相談をしたいけど、両親は兄と弟のことで手一杯。

みんな「〇〇はしっかりしてるから大丈夫」というけど、全然大丈夫じゃない。

誰でもいいから僕のことを考えて欲しい。

中山一族は我が山中一族の宿敵

どうもこんにちは山中です。

なのによく呼び間違えられます小学校の頃の塾の先生中学高校の頃の学校先生社会人になっても。

中山さん」って呼ばれる…!名乗らせて頂いたお客様からの書面が中山さん宛てに来る…!


山中って結構よくある苗字だと思いませんか?ほら、ある日苗字も名乗れよって言われたら「ここ山の中だから山中でいっか」になりそうだし。

そんなに呼ばれ間違うほど「中山」の方が覇権を奮っているわけない…んじゃないですかね。鈴木佐藤じゃあるまいしそんな馬鹿な。よりありがちなのは山中さんだ!

って思って、いま苗字ランキングサイト見てきたら圧倒的に…あ、いえなんでもないです。

でも例えば「田中さん」が「中田さん」って呼ばれることなさそうに思えるし納得がいかないんです。何で山中だとそこ入れ替えて記憶されてしまうんですか。

おのれ中山一族

(…書き終わった後、これ「一族」って呼ぶのは何か違うなって思った)

http://anond.hatelabo.jp/20160823234448

40円で幸せが買えるとなれば、それはすごい情報だ。

学校で年間数百万円とって何年も訓練しないと身に付かないような知見や技術ノウハウかもしれない。

3行で教えられるような内容じゃない。



それをタダで教えてもらおうとか無理無理。

占いでさえ1000円くらいとるんだぜ。

http://anond.hatelabo.jp/20160823235839

学校行事がクソなのは同意するが、

気持ちや心というのは後天的学習して身に着けるものなので

いくら大事だといったところで、与えなければ生まれもしない。



一方で、苦しかった思い出は印象に強く残るようで、

同じ釜の飯を食った仲というように、絆は深まるらしい。



学校理不尽仕打ちを受けて苦しんで、そういった中で感情というものが育まれる。

まあそういうのって洗脳って言うんだけどね。

学校行事はっていうか、学校はクソ。

2016-08-23

学校儀式をやる意味が分からない

入学式卒業式、始業式、終業式、着任式、離任式など


こんなの必要なのか?大切なのは気持ち。何度も練習して時間とられたり、灼熱の中ぶっ倒れさせられたり何目指してんのか分からん


誰か教えてくれ

http://anond.hatelabo.jp/20160820234826

なんとなく適当に生きてたら、上位数%の給与レベルにうっかりなってしまった俺が通ります給料の良さについて学校で教えて欲しいのは、「給料の良さは運だよ運!」というのでドヤーと正直思うこのごろ。「お前のサラリー上げの努力なんて運に左右される事に比べたら誤差でしかない!」と教えるべきと思うのは気のせいだろうか?まあ、運が悪かった時の自分メンタルの保ち方を教えるべきとおもったね、義務教育では正直。

貧困女子高生経済事情

この議論をみて思うけど、ちゃんと計算してる人いるの?


子どもの6人に1人が貧困状態」この場合貧困とは「あの子貧困みえる」みたいな感覚的なものじゃなくてちゃんと基準がある。

彼女場合母1人子1人世帯から可処分所得約173万以下。念のため言っとくけど女子高生バイトしてるんならそれも含めてだからね。

2012年数字から今は少しは増えてるはずだが大きくは変わってない。12割れば月14.41万円。

具体的な地名は控えるけどK県K市Kの家賃相場は1ルームでも5万以上はする。動画を見ると彼女自分の部屋があるように見えるので

家賃6~8万はするかもしれない。6万だとして8.41万。管理費4000円くらいするのできりのいいところで8万円。

母子手当2万+で10万円

ここから2人の生活必要な食費・電気・ガス・水道料金をやり繰りする。服も買わなきゃいけないし美容院にもいかなければならない。

Y市にある高校までの通学定期代も払わなければならない。私鉄JR乗り継ぎで片道450円くらいかかる。定期で1か月約1万。

学校行事の積立金も必要じゃないかな?ツイッターやってるから格安だとしてもスマホ代もかかるよね。

貧乏人ほど散財するというけどそんな金がどこにあるのかな?

冷房の替りに保冷剤でひねり出せるのかな?

ニュースでやらなかったけど、普段食事パンの耳とか、風呂は何日に1度しか入らないとかなのかな?

それなら、そういうのこそ貧困実態を訴える格好のネタになるはずだけどね。


散財は無理じゃないかと思うけど、できると思うんなら、そこんとこ解説してほしいですね。

生活保護受けてると思ってる人もいるけど根拠ないよね。受けてたらニュースで言うと思うけどね。


しかしたら彼女は6人に1人の貧困には入らないとしても貧しいことにかわりない。というんならそれでもいいけど

その場合NHKは誤認させる報道したんだから批判されるべきだよね。

貧困女子高生について思うこと。

私が高校生だったころ、一時期保健室登校だったのだが、毎日睡眠をとりに来る女子がいた。

彼女は一学年下で、睡眠時間を削ってバイトをしているため、寝にきていた。

それは、先生たちも承知の上だった。


そもそも、私の通っていた高校バイト基本的禁止

だけど彼女の家庭は、かなりの問題を抱えていた…らしい。

私は、睡眠のために遅れてしま彼女学業の面倒を見ていた。そのとき、ちらほらと話をしてくれた。

両親ともにパチンコ狂いで、共働きだけど給料は全部パチンコに使ってしまう。

もちろん、彼女学費も、まだ小学生の弟・妹の給食費その他学費も出してくれない。

から彼女バイトをして、自分学費・弟妹の給食費などを出している。

そのバイト代さえ、ときどき親が持って行ってしまう…。

学校側はできる限りのことをしているようだった。

まず、彼女バイト先は学校が紹介したところだった。

なるべく時給がよく、でも危険ではないバイト

昼間は学校に通っているから、自然バイト夕方~夜間になる。

から、その時間帯に働いていても女子高生というブランドを持つ彼女危険さらされないような(つまり風俗だとかそういういかがわしい界隈ではない)仕事を探して、紹介していた。(私が高校に通った当時は援助交際真っ盛りで、女子高生というブランドさえあれば、いかがわしい方法で数万円稼ぐのは楽な時代だった)

そもそも、彼女の家は収入自体がないわけではないから、どんなに日常生活に困窮しても生活保護は受けられない。

収入自体が少ないわけでもないから、奨学金対象にもならない。

福祉課の人や学校の人が何度足を運んでも両親はパチンコでいないか、いたとしても話を聞かない。

あんな親ならいないほうがいい、と、彼女は何度か泣いた。

私は、かける言葉が見つからなかった。うちの親もある意味で毒親で、そのせいで私は病んだけど、彼女と違ってお金に困ったことはなかった。

からとにかく、彼女学業の遅れだけは取り戻させてあげようと、頑張って勉強を教えた。

彼女の、夢の話は聞いたことがない。

彼女が何かをやりたいと思っていたとしても、おそらく進学は無理だろうし、まだ小さい弟・妹のために高校卒業したら働く、と言っていたから。

高卒での就職は、希望する就職先に成績順で割り振られる。「ここに就職したい」という生徒が二人いたとしたら、成績が上の子面接権利を得られるのだ。

から就職希望であっても成績はいいにこしたことはない。

出席時間数はぎりぎりで調整していて、それだけでも不利だからちょっとでも勉強頑張ろうね、と励ました。

そして、(幸い私も勉強だけはできたから)彼女に教えられるだけのことを教えて、私は一足先に大学に進学した。

大学入学してからも、時間に余裕があるときは母校の保健室に行き、彼女勉強を教えた。

そして彼女卒業のころ、保健の先生が、彼女希望していた就職先に就けることが決まったと教えてくれた。

金融関係仕事で、お給料高卒としては高いほうらしい。

できるだけ早く独り立ちして親から離れ、弟と妹の面倒を見ながら暮らしたいと言っていた。

よかった、と思った。

就職が決まったお祝いに、ちょっといいペンケースと筆記用具一式をプレゼントした。(大学に入ってからは私もバイトしてたから、そのお金で)

同情とかじゃなく、純粋彼女応援たかたから。だから勉強を教えたし、卒業後も時間を見つけては保健室に顔を出した。

たぶん彼女は、趣味に使うお金なんて持っていなかった。趣味に使う時間もなかったと思う。

彼女の家庭は、収入だけ見れば「貧困家庭」ではない。だから生活保護奨学金も受けられる対象にはならない。

だけど、彼女は間違いなく例のうららちゃんより「貧困」だ。

救われるべき「貧困女子高生」だったと思う。





型にはまった貧困家庭NHKの例の番組でいうと、家にクーラーないとか、パソコン買えなくてキーボード練習とか)は、わかりやす視聴者イメージさせるための「演出」かもしれないけどね。

でも、ちょっと詰めが甘いんじゃないのかなぁ。

貧困女子高生って設定で番組に出すなら、ツイッター関連なんかあらかじめ調べておくべきでしょ。

女子高生なんてツイッターやってる可能性高いんだし、すぐ特定されるようなことしてるから炎上ちゃうんだよ。

しかも例のうららちゃん、ツイッター削除する前に捨て台詞で「貧困じゃない」みたいなこと書いてたとか。

あと、最近うららちゃんの姉とかいう人が現れてたり。

ぼろが出すぎなんだよ。

スマホも普及して、これだけみんなが簡単ネットアクセスできる状況で、暇を持て余してる人だっているわけで。

あん簡単ツイッター特定されて、散財っぷりがさらされてるのは、NHKの落ち度だよ…。

テレビって、いまだにヤラセをがつがつやってるけどさ…。(業界の人が一般人装って街角インタビューされるとか)

そんなの、すぐ特定されるってそろそろ気づいたほうがいいんじゃないのかなぁ。

貧乏ですー学費ないので学校いけません」とか言いながら、あれだけ散財してたら、そりゃ叩かれるよ。

うららちゃんが、私が勉強教えた子みたいな感じだったのなら、叩かれなかったと思うよ。

探せばもっと適切な人材はいたと思うけどね。

うららちゃん側から売り込んできたのか、NHK側が打診したのかわからないけど…。




これからあい番組やるなら、「ツイッターで散財っぷりを公開してないですよね?」の前確認絶対必要だね。

2016-08-22

http://anond.hatelabo.jp/20160822214301

学校で習ったことをみんな覚えてるかどうか別問題だろ

どう見ても覚えてない人ばっかり

NHK報道した貧困JKに関する件。

一応それ関連の記事などは一通り読んだつもりですが、報道内容や該当JKツイッターなどから「本当にその生活貧困なのか」というような部分に火がついているのだろうと。

まれた家庭の経済面他人比較したことがないですから相対的自分の家が貧困だったかは分かりませんが、うちは非課税世帯だったので裕福ではなかったとは思ってます

そういう家庭で育っているので、うららさんが言っているように将来の進路を選択する時には「金」の問題が常についてきました。入学金の多少、学費の多少、生活費の工面、奨学金などの制度。進路の選択には偏差値などの学力に関する問題と併せて「金」に関しても考えないといけなかった。

しかしこのことについては、よっぽど裕福な家庭に産まれでもしない限り「みんな」同じように考える問題だと思います。こども自信が考えるのか、親だけが考えるのか、考えた結果、選択可能な進路はどれくらいに絞られるのかが違うだけで。そしてこの最終結果となる選択可能性については、特に親の将来設計で大きく変わるのはことは知っています

そして当事者である子ども本人です。うららさんは「みんなが当たり前にできることが自分だけできない」「夢を持っているのに目指せない自分は不幸」と言っています。この考え方なんですが、自分自身が進路で悩んでいる時と同じなので強くは責められないし、責める資格もないと思う。しかしまぁ、同じようなことを考えていた人だけに何か書かずにはいられないもので。

まず「夢を持っているのに目指せない」ではなく「実現しようとしていない」だけだと思います。確かに親が自分の将来の学費をどれだけ貯めているか貧乏か裕福かで「進路選択時」だけ切り取れば一見かわいそうな自分が見えてくると思う。でもそれは、そもそも自分が裕福な家庭に育っておらず、将来やりたいことのためにはどれだけのお金がかかるのかを早くから認知していればいくらだって対処法はある。うららさんの言う「夢」はいから叶えたいものとして彼女の中に湧いたのか、叶えたいものとしてどれくらいの重みがあるのか分からないですけど、本当にやりたいことであれば真剣に考えていれば方法は見えてくるはずだし、見つかるまで考える。

それから、「みんなが当たり前にできること」なんて実はないです。学校なんかで集団生活を送っていると、ほんとうは個人単位で見た時にはそれぞれ出来ない部分があるのに、ある程度おおきな集団の一部になると一部の出来ないものは見えづらくなって「みんな出来る」ものに見えてしまものです。これは今回のような貧困もそうだし、たとえば自転車運転、なわとび、計算の速さ、記憶力の違いなんかもそうです。

ほんとうは個人個人身体的な障害なんかの非常に見えやすい違いを除けば、それぞれが自分の出来なさを克服しながら前に進んでいて、それぞれがそれぞれの苦しさを抱えていると思います

人は産まれ持つ能力を選べません。自分の将来設計をする上で、たとえば夢を語る時に「才能がないから」という理由簡単に諦めるような夢ならば語らない方が良い。人より体格が劣っているかメジャーリーガーの夢を諦めていたなら今のイチロー存在しない。夢を実現させたかったら人との差、足りなさを埋める努力をしなければいけない。

まれ持つ能力を選べないように、産まれる家の財力も選べません。これも言い替えれば「才能」のようなものです。自分に備わってないものは何かしらの手段で埋めるしかありません。

100メートル走で一番になりたいという夢があったとして、その夢はボルトと同じ身体能力を持って生まれ、同じ環境で育つというフィールドが整わないと夢の実現の可能性がないのか。

今回の場合、うららさんがやりたいことはキャラクターデザイン勉強なのか、それとも「お金」がかかるから実現できない(と思っている)専門学校に行くことなのか。

日本は5〜6人に1人(正確じゃなくすみませんの子どもが貧困層らしいです。ひとクラス40人なら7〜8人が貧困層であって、珍しい存在ではありません。ただ実際問題学校生活貧困などが問題として表出するのは義務教育以降です。

貧困層の子どもはたいてい学力が低いので、高校に行かないか、行っても同じような貧困層学校構成します。なので数字上は珍しくもない貧困の子どもが認知されにくいんだと思います

貧困から将来の選択肢が狭まるというのはある意味正しいと思うのです。だから子ども貧困について知らない人に知らせるというのも大切だとも思います

でも、もっと大切なことがあると思います

自分貧困だということに早く気づくこと、現実を受け入れること。子どもに対して伝えたくない事実だとは思うけど、親がきちんと伝えること。そして現状を知ったら解決に向けて何が出来るのかを調べること、考えること。

貧困から叶わない夢って、まぁ金がなきゃ叶わない夢も当然ありますけど、たいていは貧困から「楽には」叶わない夢なんじゃないでしょうか。

どうせ学校の成績も悪くて現代文の読解もあやふやだったろうにドヤ顔で珍解釈披露ちゃうのは何故なんだぜ。

地域振興券

学校とかで子供って年度単位管理されてんのに、地域振興券受給年齢の基準が年単位だったのが違和感だった思い出。

同学年でも早生まれしかもらってなかった。

同級生のじゅんちゃんの談では、どうみても人望あるとは思えない

http://anond.hatelabo.jp/20160820234025

オマケにクラスメイトを自腹切って無理やりイベントに連れてったり、相当な金持ち

==========================================================

じゅん6月19日

ちなみに今の生徒会長は内申と肩書き目当てなので全く仕事しません

じゅん6月22日

応援演説者得られないからって職員室の前でブキーキー嘶くのやめろよ

じゅん

NHK貧困学生として登場してたのさすがって感じだし

そのくせ知人をワンピースイベントお金出してまで無理やり誘ってみたり

じゅん

ちなみに撮影に来た時、お昼ごはん一緒に食べる友達がいなくて必死に探してたしNHKの人が

「一緒に食べてあげて」って

じゅん

生徒会長としての仕事っていうのは中学生に向けた学校説明会を、

親戚の結婚式と偽ってワンピースイベントにいくことなの?

じゅん

学校説明会ワンピースイベントでサボったせいで

生徒会+生徒会周辺サポートメンバーから酷く浮いて

友達がいなくなっちゃった会長???!!!

それでもあなたは私を悪者にしようと必死でしたね!!!!!

じゅん

ちなみに一人でサボらずに生徒会サポートメンバーの人を無理やり(

体調悪いから、、と言って断っているのに、

もう親にも言っちゃったし!親も楽しみにしてる!と謎の理論で)

連れて行ってましたね。

そのお金も払ってあげてましたね。

あれれ??おかしいぞ??もしかして杉山さんおかねあるの???

2016-08-21

http://anond.hatelabo.jp/20160821231742

名前出てきただけで、入学金1円ももらってないアニメ学校が悪いのかよw とんでもねえなw

http://anond.hatelabo.jp/20160821223023

あれが燃えちゃった決定的な理由は、NHK演出が過剰だったからでも、実は散財していたからでも、

ましてJK不細工だったからでもない。

基本に帰ろう。最初に誰もが皆ツッコんでいる。アニメ専門学校とか行ったって余計に詰むだけだろと。

我々は知ってしまっている。ああい学校は高い金払って遊びに行くとこであり、

仮に卒業したとしても、ギョーカイに進める者はごくごくわずかだという事実を。



今回の件が悪であるならば、その罪をJK一人に負わせるのはあまりにも酷だ。

NHKが1/3、JKが1/3。そしてアニメ専門学校が1/3ぐらい悪い。

学校パソコン配備される前のお話し。



クラス担任は、黒板に大きなカナキーボードを描いた。

そして、クラスを2つに分けて、半分は、しりとりをさせ、残りの半分は、しりとりで出たことばをカナキーでたたいていくとゲームだった。



このゲームは盛り上がったよ。

公立小学校の授業ってこんなもんでしょ。

貧困JK美術学校に進学するべきか?

貧困JK美術学校に進学したがっているが、そうするべきか?

 

いや、違うだろ。就職するのが正解だろ。

就職先は、どこだ? アニメ業界か? 映画会社か? 一流大企業か? 

いや、そのどこでもない。

 

偏差値の低い高卒女子が行くべきところは、建築会社だよ。

ここなら、人手不足で、いくらでも女子の働き口はある。

事務系の仕事とは限らず、手足を酷使することもあるが、農業よりは楽だろう。

とにかく、建築系の会社に行け。そこなら、ちゃんとした就職ができる。

 

カッコいいオフィスで、楽しい絵を描いて、遊んで金を得よう、……という発想がまずい。

「ちゃんと汗水垂らして、真面目に働いて金を稼ぐ」という道を、教えて上げるべきだ。

 


 

 《 追記 》

 求人先がわからない人がいるようなので、以下に記しておく。若い高卒なら、求人はいっぱいあるぞ。

 

 → マイナビ

 → とらばーゆ

 → リクナビ

 

http://anond.hatelabo.jp/20160820193743

重要なのはキリギリスもアリに変わることは、個人レベルでは簡単なはずなのに、親との関係などで悪循環に陥るということだ。

長期的な視点お金を貯めるとかいうことを、小学校でも教えるべきだ。

西川のりおの『ゼニはこう貯めるんや!』を学校教科書採用することを強く求める。

鼻濁音が聞き分けられない

いや、自分では発音できるのだ。

全く自覚はなく、人に指摘されて始めて知った。

つの間にか身につけていたらしい。


確かに「学校が、ダイキライ」とかいときの、最初の「が」と途中の「が」では、違う発音の仕方をしていた。

鼻をつまんでみると、最初の「が」は発声できるが。途中の「が」ははなから空気が抜けなくて変な感じになる。



で、自分発音はできるのだが、人が鼻濁音を使っているのかどうかが、いまひとつ聞き分けられない。




世の中には「鼻濁音は美しい日本語なのに、なくなってしまうのは残念だ」とか「最近アナウンサーは鼻濁音がろくに使えない」とか

言う人もいるらしいし、

声を使う職業を目指す人の中には、苦労して鼻濁音を訓練していたりもすると聞く。



実際、指摘してくれた人は「美しい」とかいってくれたのだが、なにせ自分が聞き分けられないので、価値が分からないし

なんだか訓練してまで身に着けている人に申し訳ない感じだ。



実際のところ世間の人たちは、鼻濁音って、どれくらい聞き分けてるんだろう?

私たちは『買われた』展」を見に行って、とても憤っている。

先日、神楽坂で開催されていた「私たちは『買われた』展」を見てきた。

http://www.colabo-official.net/%E6%B4%BB%E5%8B%95%E6%A1%88%E5%86%85/%E3%82%B5%E3%83%9D%E3%83%BC%E3%83%88%E3%82%B0%E3%83%AB%E3%83%BC%E3%83%97tsubomi/%E4%BC%81%E7%94%BB%E5%B1%95-%E7%A7%81%E3%81%9F%E3%81%A1%E3%81%AF-%E8%B2%B7%E3%82%8F%E3%82%8C%E3%81%9F-%E5%B1%95/

会場内では撮影メモ禁止だったので、会場を出てすぐに書いたメモから雑感をいくつか。

1.展示内容のショボさと恣意性

企画展ということで何が展示されているか期待して行ったが、ほとんどの展示が「買われた」少女たちの語り。そしてその横に添えられたフィクション写真でつまらなかった。

・語りは、文章文体が整いすぎているため、少女たちが書いたor話したことを大人が清書したように思われる。

・語りの横に添えられた写真は、語りの内容を再現したもの(例えば、ラブホのことを言及した語りにはラブホ廊下写真といった具合に)で、展示する側が印象誘導しようとしているのかと勘ぐってしまった。

・いくつかの語りの中に不自然に登場してきたColaboへの感謝言葉

少女たち本人の思い・気持ちではなく、それを代弁する大人たち(Colaboや仁藤夢乃)の恣意的な考えを感じ取ってしまった。

2.「私たちは『買われた』展」が隠蔽する問題本質

・語りの多くは、「買われた」きっかけが家庭崩壊虐待不登校いじめにあったとしている。また、その時の自分学校警察児相が救ってくれなかったとも。

・それならタイトルは「私たちは『買われた』展」じゃない方が良いのではないか

少女を買う男性という、わかりやす社会悪に目を向けさせることで、問題本質ソーシャルサポート制度的不備とか)から目を背けさせているのではないか

・追記:展示されていた少女日記の中で「援交」という言葉に鍵括弧がつけられ強調した書き方をされていた。Colaboからあなたの苦しみの根源は『買う男』にある」と言い聞かせられた少女の姿が目に浮かんだ。

---

少女たちを買った男や、少女たちが買われるまでに追い込んだ社会家族に対して憤っている。

しかし、少女たちを救うというポーズの裏にチラチラ見える、組織自身宣伝すること、売春・援交をする男性を叩くことだけを追い求めるColaboと仁藤夢乃の欺瞞的態度により憤っている。

高校生の時に1000円ランチなんて食べられなかったけど貧困層じゃない

自宅から通える範囲私立高校もいくつかあったけど、受験選択肢公立高校のみであった。

仲の良いオタク友達コピックのセットを買ってもらいそれでイラストの色塗りしていた傍ら、自分はその辺で売ってる色鉛筆で塗っていた。

たまに贅沢するといえば学校帰りに近所のイオンフードコートで500円くらいのマックのセットを食べること。

あと実家には当時クーラーはなく、扇風機居間に一台と父親専用の小さなのが一台あるだけだった。

当然PCもなかった。まあこれはまだ当時一般家庭にそこまで普及してなかっただけだけど。

父親身体を壊し長時間働けなくなり、手に職を持っていた母親共働きに出て家計を支えていた。

自分バイト代ちょっとだけ家計に入れていた。

それでも自分貧困層出身だとは思っていない。

今騒がれている彼女よりもずっと質素高校時代自分は送ってきたわけだが、それでも自分貧困層だっだと思わない理由がある。

貯蓄してたからだ。親も自分も。

うちは裕福ではない、ただそれだけのことだ。

裕福じゃない層をすべて貧困扱いするのは乱暴すぎる。

月に何度も映画を見に行ったり、1000円を超えるランチを食べに行ったり、何万もする画材を買ったり、アニメグッズを爆買いしたり。

そういうのは裕福な人がやること。

日本は豊かな国であることは確かだけど、そんな風に娯楽に湯水のように金を使うことが当たり前だとは思わない。

裕福な人たちの生活を裕福でない人間が真似しようとして、自滅した人を何人も知っている。

件の女子高校生必要なのは経済的援助ではなく、まともな金銭感覚を教えてあげる大人と金使いが荒くない同世代友達だろう。

人権派JKホームレス差別する

あなた、昨日のテレビ見たわよー。すごかったわー!」

その日の朝、私は放送部の顧問先生にそう声をかけられた。

「昨日の大会の様子ですか?」

昨日と言えば、新聞社主催する弁論大会に本校放送部として出場し、個人の部で金賞をもらった日だ。きっとその様子が新聞社系列テレビで夜のニュースとして放送されたのだろう。

「そうそう。きりっとしてて立派だったわ。内容もよかったし」

ありがとうございます

私はそう答えた。昨日の大会で発表した原稿の内容は、この先生とつきっきりになって詰めたもの、と言えば聞こえはいいが、ほとんど先生意見ばかり採用したものだった。曰く、人々が平等であることは普遍の真理であり、それを阻害する社会はいけない、社会構成員は我々一人一人であるのだから、まず自分から実践することが大事なのだ、という内容を、自分シングルマザーの娘であることで受けてきた差別があるということを通して飾り立てたものだった。

正直、この原稿内容は嫌だった。私の母は確かにシングルマザーであったし、それがもとで嫌な思いをしたこともなくはなかったが、そんなことで母を心配させるのは嫌だったからずっと黙っていた。それをこの先生は私がシングルマザー家庭の子供だから何かあっただろうと掘りこんできて、仕方なしに軽いエピソードを話すとそれを元にあっという間に筋書きを作ってしまった。それでも私は我慢した。なぜなら、本校放送はいわゆる強豪であり、その実績はこの顧問の手腕、というか趣味実践によるものだと知っていたし、それで大会で賞をとれれば、私の大学進学に有利に働くと計算たからだ。

本当を言うと、こんなパワハラみたいな手段可哀想シングルマザーの娘という筋書きを作られてしまうことこそ差別だと叫びたかった。が、そこは我慢するしかない。

そうして実際に金賞が取れて、私は一安心していた。これで大学推薦の道は堅い。勉強で手を抜くつもりは当然ないが、受験機会が増えるということは単純にチャンスが増えるということなのだから

しかし、地獄はこの日から始まった。

授業中にスマホが鳴り始め、その頻度が徐々に頻繁になってきたのが最初だった。授業中は当然バイブにしているけれど、それでもこんなに頻繁になると少しは迷惑になってくる。実際、近くの席の何人かはこちらをチラ見したりした。緊急の連絡かもしれない気持ちと周りに迷惑をかけている気持ちで焦った。そしてようやく休み時間になり、私は急ぎながらスマホ確認した。電話の着信は残っていない。けれども、SNSの通知欄がひどいことになっていた。

「最低ですね」

「偉そうなこと言わないで」

「屑だなお前」

知らないアカウントからそうした罵倒がたくさん届いていた。混乱したなかで次に目に入ったメッセにはこう書かれていた。

JKのくせに似非人権派なクソのアカウントはこちらですか?」

それでなんとなくわかってきた。たぶん、昨日のニュースに何らかの形で火が付いたのだ。

そこから情報を整理するまで時間はかからなかった。こういう時はとりあえずまとめサイト火付け役だ。拡散されているまとめサイトを見れば、私がどう思われているか簡単に分かった。

まず、テレビ放送があった。その内容について賛否両論あったらしいが、今日の午前中に

巨大掲示板で私のSNS個人アカウントが晒された。その晒しには、私が以前に書き込んだつぶやきが添えられていた。

電車が来て、妙に空いてるなと思ったらひどい悪臭がした。どうやら席で寝そべっているホームレスの人のものっぽかったので、急いでほかの車両に移った』

これに、人権派JK差別意識wwwというコメントがつき、まとめサイト拡散されていたのだ。私は、人権を語りながら人を差別する許せないやつ、という立場にされてしまった。

とりあえず、私は深呼吸をして落ち着こうと努めた。その間にもガンガンSNSの通知が来るのでそれはオフにした。それからしたのは、一番炎上しているつぶやきを消すことだった。そして、先生相談しなければと思った。と、思ったところで先生に呼ばれた。もうすぐ休み時間が終わって授業が始まるところだったが、それはいいらしかった。

「困るのよね、こういうのは」

部の顧問先生は開口一番こう言った。呼ばれた面談室では、担任先生、部の顧問先生教頭先生がいた。

まあ先生方の話をかいつまむと、昨日のテレビ学校名と個人名は既に出ている、そして、私がつぶやいた内容について外部から問い合わせが絶えず、仕事にならない状況になっている、とりあえず早退して自宅謹慎しろ、とのことだった。

先生方の態度は一貫して、私が問題を起こしそれが悪いことだ、というものだった。正直、力になってもらえると思っていたがそんな気配は全くなく、私は真っ先に進学のことについて先生方に聞いた。答えは、

「こうなった以上推薦は考え直すことになる」

ということだった。

自宅に帰って、私は母になんて言おうかとずっと考えていた。私は母を尊敬している。シングルだけど大手会社バリバリキャリアとして働いて、わたしは何不自由な思いをさせられたことはない。母子家庭なのに、みたいなことを言う人はいないでもなかったが、それはそう言う人が悪く、母のせいではない。

そんな母は常々私にこう言っていた。

勉強は本当に大事だよ」と。

父が亡くなっても、今自分大手企業バリバリ働いて、満ち足りた衣食住を手に入れることができるのは勉強をしていい大学に行ったおかげだと。

から私も一生懸命勉強していい高校に入ったし、そこから大学に向けて頑張っていた。そうした私を母は全力で応援してくれていた。そんな母に、今回のことはどうやって話したらいいんだろう?

しかし、悩む間もなく母から電話が入った。

「今先生から連絡もらったよ。大丈夫?すぐに帰るからね。ネット絶対に見ちゃだめだよ」

そんな母の声に、私はうん、と答えるしかできなかった。その答えと一緒に涙があふれてきた。

ネットは見てはいけない、そういう母の言いつけを守りながら母の帰りを待った。ネットを見て現状を確認たかったけど、今までネットで見かけた炎上では、こういう時に大したことを言っている人は実はいないので、今回も同じだろうと思って我慢した。それに、こういう時こそ母の言いつけを守って心配をさせないようにしなければ、と思っていた。

母はすぐに帰るといっていたけど、帰ってくるまでにだいぶ時間がかかった。でも、帰ってきたときの母はまるで戦士のような顔をしていた。

「大変なことになったけど、あなたは私が守るから安心してね」

そう言って、優しく私を抱きしめてくれた。私は不安と安堵でまた泣いた。

母の守る宣言は決して表面上のものではなかった。帰ってくるまでの間にすでに弁護士を頼んでくれたらしい。大学時代友達が紹介してくれた、信頼できる人だと言っていた。

これからネット上の誹謗中傷について、弁護士さんが各所に問い合わせをして事実関係をまとめてくれるそうだ。素早い相談だったので、これから起こることについても出来事をまとめていけることが強みだと。そしてその結果次第で、訴えるべきところは訴えるといっていた。

ただ、これをしたからと言ってネット上の誹謗中傷が消えるわけではないこと、今回の件を拡散した全員を訴えることは不可能だということを説明された。「あなたダメージはどうやっても避けられない。それは本当にごめんね」と母は涙をこらえた様子で言った。私は「お母さんが味方をしてくれるから大丈夫」と答えた。それは本心だった。

そのあとのことはまるでジェットコースターみたいだった。弁護士さんから住所が晒されているので不審者に注意し警察相談を、という一報が入り、実際に警察相談しに行った帰りに変な人に遭遇して警察にお持ち帰りしてもらったり、一番最初に私のつぶやき晒した人物がクラスメートだったことが発覚したり、高校から学校を辞めるようにする圧力がかかったり、母子家庭なのに裕福すぎるとか言う人まで現れ始めて、本当にいろいろあった。

結果として、私は高校を辞め、大検を受けて大学進学を目指すことになった。

母は最初は納得しなかった。私がしたつぶやきは確かにあまり褒められたものではなかったのかもしれない。でも、それに対しての代償が大きすぎる、と。

だけれども、私はもうこの件で何か騒ぐのは馬鹿らしくなってしまった。学校に行くのだってあん先生方やクラスメートがいる学校で頑張るのは意味がないと思ったし、むやみに私を誹謗中傷していた人たちを訴えるのも不可能だ。出回った私の個人情報を消すのも。

から私は一つだけ母と弁護士さんにお願いした。自分名前改名できるようにしてほしい、と。

自身は今回の件について全方位に憤っていたが、私の気持ちを汲んでくれて、振り上げたこぶしを下してくれた。そして、改名の件も了承してくれた。ただ、今は亡きお父さんがくれた私の名前を捨てさせることには相当葛藤があったようだ。私だって、今の名前を捨てたくない。でも、これは私がこれから普通に生きていくには避けられないことだと思ったのだ。

けれども、今回の件への恨みは深い。その深い恨みはネットに吐き出すことはできない。リアルで人に話すこともできない。私と母の腹の底で、マグマみたいに滾り、身を焼き続けている。

恨みを溜めることはこんなにも地獄なのか。

だが、地獄であっても生きていかねばならない。私は私の人生を取り戻す。

それだけが、私を叩いた悪鬼たちに負けない道だと信じて。

2016-08-20

http://anond.hatelabo.jp/20160820234826

別に学校で教えてなくても

あんだけオタ活動してれば知ってておかしくないと思うが

給料の良い職業とは

http://anond.hatelabo.jp/20160820234045

給料の良い職業って学校教育でやりましたっけ?

介護保育士だけじゃなく廃棄物処理業とか土木作業員給料が低いし、運輸業は基本給の定昇がない、会社の規模で100万以上変わるみたいなちゃんとした情報どこで知るんですかね。

大多数の大人は知りもしないで「職業に貴賎なし」という綺麗事だけしか子どもに伝えてない気がするんですが。