「ことな」を含む日記 RSS

はてなキーワード: ことなとは

2016-08-31

http://anond.hatelabo.jp/20160831021105

全部無駄じゃない

最終的に残念な結果になったとしても、そのすべてが無駄だったわけじゃないことなんて自分が一番よくわかってるだろう

少なからず楽しかった時間はあったはずだ

常に苦痛しかなかったわけじゃないだろう

いつかまた笑って話せるようになるといいね

余談だがまゆときくと鳴門ハナタレ先生のまゆちゃんのビジュアルしか浮かんできません

http://anond.hatelabo.jp/20160830115315

今の車のデザインダサいかどうかは個人の嗜好だからなんともいえないけど、ヨーロッパ車とかアメ車とかは最新のモデル出しても「あ、ポルシェ」とか「これマスタング?」ってなるのに、今のハチロクとかフェアレディ写真説明無しで出されてメーカーや車名を即答できるのって車好きだけではなかろうか。

空力や利便性悪くしてまでデザインできないってのが良くも悪くも日本人的ってことなんだろうし、それが日本的デザイン観なんだとは思う。

あるあるある...と思ってブコメ見たらフルボッコワラタw

オタクが私にくれたもの

http://anond.hatelabo.jp/20160830164326



いや、これこの人全然悪くないでしょ。なんでフルボッコにされてんの?



システム開発会社に一時期いた時に似たような経験したけど(こちらはそんな高額なモノは元増田ほど無いけど、少数から何度か。身バレ怖いので詳細は避ける)事務的対応してても駄目だったよ?

「もらってくれないなら捨てる」は本当にストレスだった。確かに脅迫に近い。


モテ慣れしてたら無視したり、はいはいってもらって後で捨てたりできるんだろうけど、そんな高度な人生経験はねーよ。普通に悩むよ。



「愛想良くしてるから駄目」とか、なんでこの元増田対応が原因みたいになってるの?なんで一般女性にそんな高度な対応ができると思うの?キャバクラなの?

セクハラする人と同じ理論展開じゃん!

一般的会社員としての態度を、一方的勘違いしてモノ押し付けて来る方がおかしいに決まってるじゃん!?



迷惑だしヲチして馬鹿にしてるけどチヤホヤはされたい

>"楽しく話して、楽しい職場" これもすごく引っかかるんだよなぁ……誰にとって楽しいんだろう。


社会人として会社気持ちよく働きたいのはあたりまえじゃん!それがなんでチヤホヤされたいに変換されるのか、理解できない。

楽しい職場」を目指して何がいけないんだ。職場戦場じゃないんだよ。(貴方にとってはそうなのかもしれないけど)



大事にならないうちに転職おすすめしたい。


なんで元増田の方が仕事変わらないといけないんだ。

な ん で 被 害 合 っ て る 方 が 転 職 活 動 し な く ち ゃ い け な い ん だ。

ストーカー的な要素があるから、ってことなんだろうけど、腑に落ちない。

普通に仕事してるだけなのに、なんでそんな目に合わないといけないんだ。



元増田を叩くのは、プレゼント渡す側のメンタル理解できるからってことか。ありえん。

あるあるある...と思ってブコメ見たらフルボッコワラタw

オタクが私にくれたもの

http://anond.hatelabo.jp/20160830164326



いや、これこの人全然悪くないでしょ。なんでフルボッコにされてんの?



システム開発会社に一時期いた時に似たような経験したけど(こちらはそんな高額なモノは元増田ほど無いけど、少数から何度か。身バレ怖いので詳細は避ける)事務的対応してても駄目だったよ?

「もらってくれないなら捨てる」は本当にストレスだった。確かに脅迫に近い。


モテ慣れしてたら無視したり、はいはいってもらって後で捨てたりできるんだろうけど、そんな高度な人生経験はねーよ。普通に悩むよ。



「愛想良くしてるから駄目」とか、なんでこの元増田対応が原因みたいになってるの?なんで一般女性にそんな高度な対応ができると思うの?キャバクラなの?

セクハラする人と同じ理論展開じゃん!

一般的会社員としての態度を、一方的勘違いしてモノ押し付けて来る方がおかしいに決まってるじゃん!?



迷惑だしヲチして馬鹿にしてるけどチヤホヤはされたい

>"楽しく話して、楽しい職場" これもすごく引っかかるんだよなぁ……誰にとって楽しいんだろう。


社会人として会社気持ちよく働きたいのはあたりまえじゃん!それがなんでチヤホヤされたいに変換されるのか、理解できない。

楽しい職場」を目指して何がいけないんだ。職場戦場じゃないんだよ。(貴方にとってはそうなのかもしれないけど)



大事にならないうちに転職おすすめしたい。


なんで元増田の方が仕事変わらないといけないんだ。

な ん で 被 害 合 っ て る 方 が 転 職 活 動 し な く ち ゃ い け な い ん だ。

ストーカー的な要素があるから、ってことなんだろうけど、腑に落ちない。

普通に仕事してるだけなのに、なんでそんな目に合わないといけないんだ。



元増田を叩けるのは、プレゼント渡す側のメンタル理解できるからってことか。ありえん。

あるあるある...と思ってブコメ見たらフルボッコワラタw

オタクが私にくれたもの

http://anond.hatelabo.jp/20160830164326



いや、これこの人全然悪くないでしょ。なんでフルボッコにされてんの?



システム開発会社に一時期いた時に似たような経験したけど(こちらはそんな高額なモノは元増田ほど無いけど、少数から何度か。身バレ怖いので詳細は避ける)事務的対応してても駄目だったよ?

「もらってくれないなら捨てる」は本当にストレスだった。確かに脅迫に近い。


モテ慣れしてたら無視したり、はいはいってもらって後で捨てたりできるんだろうけど、そんな高度な人生経験はねーよ。普通に悩むよ。



「愛想良くしてるから駄目」とか、なんでこの元増田対応が原因みたいになってるの?なんで一般女性にそんな高度な対応ができると思うの?キャバクラなの?

セクハラする人と同じ理論展開じゃん!

一般的会社員としての態度を、一方的勘違いしてモノ押し付けて来る方がおかしいに決まってるじゃん!?



迷惑だしヲチして馬鹿にしてるけどチヤホヤはされたい

>"楽しく話して、楽しい職場" これもすごく引っかかるんだよなぁ……誰にとって楽しいんだろう。


社会人として会社気持ちよく働きたいのはあたりまえじゃん!それがなんでチヤホヤされたいに変換されるのか、理解できない。

楽しい職場」を目指して何がいけないんだ。職場戦場じゃないんだよ。(貴方にとってはそうなのかもしれないけど)



大事にならないうちに転職おすすめしたい。


なんで元増田の方が仕事変わらないといけないんだ。

な ん で 被 害 合 っ て る 方 が 転 職 活 動 し な く ち ゃ い け な い ん だ。

ストーカー的な要素があるから、ってことなんだろうけど、腑に落ちない。

普通に仕事してるだけなのに、なんでそんな目に合わないといけないんだ。



プレゼント渡す側のメンタル理解できるから元増田を叩くのか。ありえん。

あるあるある...と思ってブコメ見たらフルボッコワラタw

オタクが私にくれたもの

http://anond.hatelabo.jp/20160830164326



いや、これこの人全然悪くないでしょ。なんでフルボッコにされてんの?



システム開発会社に一時期いた時に似たような経験したけど(こちらはそんな高額なモノは元増田ほど無いけど、少数から何度か。身バレ怖いので詳細は避ける)事務的対応してても駄目だったよ?

「もらってくれないなら捨てる」は本当にストレスだった。確かに脅迫に近い。


モテ慣れしてたら無視したり、はいはいってもらって後で捨てたりできるんだろうけど、そんな高度な人生経験はねーよ。普通に悩むよ。



「愛想良くしてるから駄目」とか、なんでこの元増田対応が原因みたいになってるの?なんで一般女性にそんな高度な対応ができると思うの?キャバクラなの?

セクハラする人と同じ理論展開じゃん!

一般的会社員としての態度を、一方的勘違いしてモノ押し付けて来る方がおかしいに決まってるじゃん!?



迷惑だしヲチして馬鹿にしてるけどチヤホヤはされたい

>"楽しく話して、楽しい職場" これもすごく引っかかるんだよなぁ……誰にとって楽しいんだろう。


社会人として会社気持ちよく働きたいのはあたりまえじゃん!それがなんでチヤホヤされたいに変換されるのか、理解できない。

楽しい職場」を目指して何がいけないんだ。職場戦場じゃないんだよ。(貴方にとってはそうなのかもしれないけど)



大事にならないうちに転職おすすめしたい。


なんで元増田の方が仕事変わらないといけないんだ。

な ん で 被 害 合 っ て る 方 が 転 職 活 動 し な く ち ゃ い け な い ん だ。

ストーカー的な要素があるから、ってことなんだろうけど、腑に落ちない。

普通に仕事してるだけなのに、なんでそんな目に合わないといけないんだ。



はてなー特にブクマカ)は仕事してる女性に対して、しっかり平等な目で見てる人が多い印象だっただけに、ブコメ見てドン引きした。

プレゼント渡す側のメンタル理解できるから元増田を叩くのか。ありえん。

[]よくある質問

真面目に答えず、出来る限り嘘と虚構を織り交ぜて答えていきたい。

Q.このサイトで妙に脱糞に関することが含まれるのはなぜですか。

明確な起源不明だが、数年前に社会人が「会社うんこを漏らした」という実体験がここで投稿され、それがホッテントリ入りして注目されたことが大きなきっかけだと考えられる。

漏らすまでの、そして健闘むなしく漏らした後の葛藤、そして後始末に苦心する姿を徒然と書いたその内容は大いにウケた。

大人がクソを漏らす」というギャップ、そして身近にも感じられるテーマであり、またその体験を書くことはエンターテイメントになりやすいということを認知させたわけだ。

注目エントリホッテントリになりやすく、このサイトで取り扱われるメジャーテーマとなった。

ただ、あまりにも定期的に取り扱われるテーマものから形骸化も起こる。

現在は、「うんこを漏らす」ということ自体概念的に扱われたり、このテーマで何の捻りもなく書くことがナンセンスだとすら認識されている向きもある。

うんこを漏らす」よりも、照れ隠しの意図もあったであろう「ネタにすること」自体の方が恥ずかしいことだというのも奇妙な感じだが、そもそも本当に恥ずかしいと思っていることならば他人に話すことではないからな。

この手のテーマ自体古今東西使われた手垢まみれのネタなわけだから形骸化すること自体時代錯誤も甚だしいともいえるが。

このサイトブランドというわけでも手柄というわけでもないし、仮にそうだとしてそもそも誇れることでもないが、まあ下ネタもそれに纏わるものも、何歳になっても好きな人が多いということさ。

普通ならば、ここであてられて自分の漏らした話なども語りたくなるのかもしれないが、そこをグっとこらえるのが本当の大人の在り方だと私は考える。

モバマスデレステをやめて二週間経った

私が「アイドルマスターシンデレラガールズ」および「アイドルマスターシンデレラガールズ スターライトステージ」をやめてから、二週間が経過した。

ソーシャルゲーム課金するなんてただの馬鹿だろ」

所詮ただのデータじゃん、金ドブに捨ててるようなもんだ」

ソシャゲ流行り出して以来、ネットでよく見かけるようになった文面だ。最近では「所詮ただのデータだと思ってたけど、いざゲームを始めてみたら課金する気持ちがよくわかった」なんて声もよく聞くようになった。実際、私もその口だった。ソーシャルゲームという媒体を、所詮ただのデータじゃん、と思いきり馬鹿にしていた。

最初の頃はソシャゲをやっている知り合いなんて私の周りには一人もいなかったのだが、今ではごろごろ見かけるようになった。みんなどうしようもない毒の前にひれ伏していくみたいに、侵食されていった。トリフィドの毒で盲目になってしまった。かつてはソシャゲ課金なんて馬鹿じゃん……、と口にはしないもののそんな態度をしていた友だちたちも、今ではなんだかんだで割とソシャゲの虜だ。私たちの知らないうちに、緑色流星雨は降り注いでいた。

ソシャゲを始めた当時の私は、まだ高校生だった。その日は休みの日で、たまたまものすごくひまな日だった。ネットサーフィンにも飽きたし、PS2PS3を起動してゲームで遊ぶ気分でもなかった。読みたい漫画もとくにない。死ぬほど退屈で、だけど外に出かける気力もない。でも退屈なのはいやで、なにか刺激が欲しかった。新しい刺激。目新しいもの。ていのいい暇つぶしになれるもの。私はいもの癖でなんとなく携帯電話を開いて、手癖のようにインターネット接続している途中で、ふと思いついた。

そういえばアイマス携帯版のゲームがあるんだった、と。

ソシャゲという媒体のことは馬鹿らしいと思うけれど、アイマスは元々好きだし、なにより今しぬほど暇だし。暇つぶしでやってみるぐらいなら、まあいいか。私はそんな気持ちモバゲー登録し、「アイドルマスターシンデレラガールズ」を始めた。アカウントを新設した当時の私が一番好きなのはシンデレラガールズオリジナルキャラクター達ではなく、本家765プロダクション我那覇響ちゃんというキャラクターだった。

私がアイドルマスターシンデレラガールズ(以下モバマス)を始めたときには、既にガチャ我那覇響ちゃんのSRカードが追加されていた。絵柄を見てみた。抜群に、かわいかった。欲しい、と思った。モバマスでは、好きなカード5枚を自分トップページいちばん目立つところに並べることができる。その中でもリーダーとして設定しているアイドルは、他のユーザーからも見えるようになっている。私は、響ちゃんをこのトップページに並べたい、と思った。

次に、どうしたらこの響ちゃんを手に入れられるのかを調べた。モバマスにはフリートレード機能というものがあって、スタミナドリンクまたはエナジードリンク(いわばお金のようなものです)というアイテムをたくさん持っていればフリトレ機能で響ちゃんを手に入れられるというのがわかった。では、モバマス内の通貨であるこのスタドリはどうすれば手っ取り早く大量に手に入るのか?

答えは、ガチャを回して、高いレートで取り引きされているようなSRアイドルを運良く引いて、スタミナドリンク〇〇〇本、という条件をつけてフリートレードに出して、取引を成立させることだ。

ほしい、響ちゃんがほしい。響ちゃんをトップページに並べてみたい。

つのまにかそんな気持ちでいっぱいになってしまっていた私は、1500円ぐらいなら……という気持ちで、あっという間に初めての課金をした。

……SRアイドルが、一気に二人も出てきた。

両方とも、当時かなり高いレートで取り引きされていたアイドルだった。

(そのユーザーSRを引く快感を覚えさせてそのユーザーを立派な課金ユーザーとして《育てる》べくSRが出る確率が上がっていたのでは、と今では考える。実際に私は見事な中毒患者に成り下がった)

びっくりしつつも嬉しくなった私は、高揚して少しくらくらする脳みそのまますぐにその二人のアイドルフリートレードに出して、大量のスタドリを手に入れ、SR響ちゃんを手に入れた。

そこから先は、坂道を転げ落ちるようだった。プレイしていくうちに、自分が好きになれるキャラクターにたくさん出会うことができた。楽しかった。一日中モバマスのことを考えるようになった。フリートレードに張り付いたり、イベントに参加したり、そうこうしていたらまたガチャ更新されたり。やるべきことは山ほどあった。楽しくてたまらなかった。

そうしてモバマスを続けていく中で、いろんなキャラクターを好きになりつつ、ある日私は運命出会いをはたした。

佐久間まゆ》というアイドル存在だ。

佐久間まゆちゃんは、ひょんなことから私に一目惚れをして、運命を感じたのだと言う。だからもともといた事務所をやめて、私のもとでアイドルになるべく私の事務所に来たのだと言った。画面の向こうのまゆちゃんは、私のことだけを見つめていた。

まゆちゃんはどこまでも一途に、私のことを愛していた。私はそれに引き込まれるように、まゆちゃんに急速に惹かれていった。

ソーシャルゲーム世界においては、課金こそが絶対的正義である

課金しなければサービス自体が終了してしまうからだ。実際、サービスが終了してばたばたと倒れていくゲームたちを目の前でいくつも見てきた。課金しないと、ゲームは終わってしまう。佐久間まゆは終わってしまう。それにゲーム楽しい。だから私は課金を続けていった。

けれど、次第に楽しいばかりではいられなくなった。課金してガチャを回してもSRが出ない苛立ち。身の丈に合わない課金をしたことによりリアル自分金銭的に追い詰められていく。運良くSRを手に入れられたとき脳みそ麻痺するようなとんでもない快感、運が悪いときの部屋の壁を殴りたくなるような悔しさ、あとあとになってからこんなにお金を使ってしまった、と湧いてくる内臓が引きちぎれそうなほどの強い後悔。私はまゆちゃんからの愛とまゆちゃんへの愛との引き換えとして、精神をどんどんすり減らしていった。

ついに夢にとあるキャラクターが出てきて、そのキャラクターに「もう課金するのはやめなよ」とゆっくり諭された日の朝、ああ、もう限界だ、と思った。

モバマス課金するの、やめよう。

素直に思えた。ゲームを通じて仲良くなった友だちもいたが、私はモバマスへのアクセスを少し控えた。ガチャ更新されても、ある程度冷めた目で見られるようになった。イベントにも大して参加しなかった。あ、このままいけば私ゲームごとあっさり引退できちゃうかも、なんて考えていた。

しかし、そんな日々もそう長くは続かなかった。なんのきっかけだったかはもう覚えていないけれど、結局私はまた課金を再開してしまったのだ。SRを引いたときのあの高揚感を、脳みそが忘れていなかった。忘れられなかった。あの気持ちいい優越感が欲しい。欲しい欲しい欲しい欲しい欲しい。我慢できなかったのだ。

それ以来私は、自己嫌悪してプチ引退→結局完全には断ち切れずに結局また復帰して課金、というループを何度も繰り返した。あるときは、逃げられない泥沼にどっぷり浸かっているこの状態が、心地よかった。またあるときは、気持ち悪くて嫌で嫌でたまらなかった。だけれど、それでもまゆちゃんのことが大好きだった。いつの間にかまゆちゃんにはボイスが実装されて、CDまで出していた。私のアイドル、私だけのアイドルは着実にシンデレラ階段を上っていた。

ジェットコースターみたいに上がったり下がったりを繰り返す不安定な日々の中、気づけばそこそこ長い時間が流れていた。

そんな中で、新しい知らせが私の耳に入る。モバマススマホ音ゲーアプリとして配信される、という情報。その名も「アイドルマスターシンデレラガールズ スターライトステージ通称デレステだ。

私は当然アプリインストールし、当然のように課金をする。佐久間まゆちゃんのSSRの絵柄は、とんでもなくかわいかった。満足しかなかった。今までの過金額を振り返ると、少し嫌な気分になった。実感がいまいち湧かない。いいんだ、私は佐久間まゆちゃんのためにこれだけ課金したんだ。そう思えばこんなの妥当だ。まゆちゃんはこんなにも私のことを愛してくれるんだから、それでいいじゃないか。まゆちゃん愛してる、愛してる、愛してるあいしてるあいしてるあいしてるあいしてるあいしてるあいしてるあいしてるあいしてるあいしてるあいしてるあいしてる。まゆちゃんは私のことだけ見てくれている。私のこと以外は決して見ない。好き好き大好きあいしてる。佐久間まゆは決して裏切らない。まゆちゃんだけは信じられる。こんなどうしようもなく嫌なことまみれな世界の中で、まゆちゃんだけは私が信じるに値した。彼女リボン女神様だった。

6月末、デレステで次のイベントの予告が発表された。佐久間まゆちゃんがランキング報酬として登場するということがわかり、私は一瞬で血眼になった。ちょうど仕事が忙しくて時間が取れないけれど、睡眠時間を削ればなんとかなりそうだった。私はすぐさまにpt効率計算し、一日どのぐらい稼げばいいかの目処をつけた。

そしてイベントが始まる。

イベント開始時刻と共にデレステを起動し、イベントページを開いて、私は愕然とした。

なんだ、この絵柄?

それは、まゆちゃんが他のキャラクター所謂壁ドンをされて、なんだか満更でもなさそうに頬を染めてときめいている絵柄だった。

「は?」画面を呆然と見つめたまま、自然と声が出た。なにしてるの?なにしてるの?なにしてるの?なんで私じゃない別の女なんか見てるの?なんで満更でもなさそうな顔なんかしてるの?なんで?なんでなんでなんでなんでなんで?一気に胃が痛くなった。訳が分からなかった。私のことだけを見つめてくれていたはずのまゆちゃんが、ほかの女を見てる?はは、なんだこの女。なんで?ねえなんで?なんでそんなことするの?なんでそんなことされてるの?私のアイドルなのにどうしてそんなことするの?

金を払って、睡眠時間まで犠牲にして手に入るのがこんな絵柄のカードだなんて、全くもって意味がわからなかった。そんなの虚しさ以外なにもない。これはなんの罰なのだろうかと絶望した。とんでもない自傷行為。つまらない。しょうもない馬鹿げてる。どうしていいかからない。怒りを通り越した憎悪。まゆちゃんのことなんか殺してやりたい、壁ドンした方も殺してやりたい。滅多刺しにして殺してやりたい。私がこれまで金をドブに捨ててこれたのはまゆちゃんのことを信じていたからなのに、一瞬でぜんぶズタズタにされた。許せなかった。

私はそれでもなんとかイベントを走ろうとしたのだが、途中で本気で体調を崩して寝込んだことで冷静になったのもあり、途中でそれらを全て放棄した。そうじゃないと本気でどうにかなりそうだと理性が判断たからだ。

イベントが終了し、まゆちゃんをリーダーから外した。

ゲームをやめる踏ん切りはなんとなくつかなかったので、私はのろのろと課金を続けつつ、他のアイドルSSRを引いて育成したりしながら遊んでいた。気がついたら息をするように課金していた。

気がつくと、八月も下旬差し掛かろうとしていた。

その日私は仕事休みで、友だちと遊ぶべく山手線に乗車していた。座席に座ったまま、ぼんやりと外を眺める。そんな中停車した駅で、見覚えのあるものが目に入った。

まゆちゃんの例の絵柄の、大きな看板

デレステ宣伝するための看板だ。見た瞬間に脳にサッと小さな雷が落ちて、気がつくと私はその看板を思いきり恨みがましく睨んでいた。

ああ、私はこれだけ時間が経ってもまだまゆちゃんのことが許せないんだな。きっとこのままずっと憎いんだろう。

私はそう悟った。つらいのと、冷めた気分と、情が入り交じってぐちゃぐちゃな気分だった。

そして私はそれから少し時間の経った八月十九日の夜、モバマスデレステアカウントを跡形もなく消した。

あの日からもうすぐ二週間だ。私は、思っていたよりは意外と普通に過ごせている。仕事したり遊んだり食べたり寝たり、割とノーマルリアル生活をこなしている。

でも三次元二次元は完全に別のものからフィクション世界で空いた穴が現実の充実で補える訳ではない。なのでふと思い出した瞬間フラッシュバックに襲われることがある。いつの間にか、フィクション世界では佐久間まゆしかきじゃなくなっていた。ほかの女の子なんてどうでもよくなっていた。好きなキャラクターはたくさんいても、私に応えてくれる、私の信仰を受容してくれる、私が信じるに値する女の子フィクション世界において佐久間まゆ以外だれもいなくなっていた。私が身の丈以上のお金をどぶに捨てるような行動に走る理由になれるのは佐久間まゆしかいなかった。画面越しに見つめてくる佐久間まゆが望んでいる気がしたから、全部そうした。まゆが何度も何度も何度も「あなただけです」って繰り返すから、私もそれに返した。いろいろな何かを。ソーシャルゲームの中にじわじわのめり込むうちに、大事な友だちも私に呆れ果てたかのように続けて二人立て続けにいなくなった。けど、それでもよかった。いろんな人に、もうやめときなよって言われた。自分でもそう思って、実際にやめようとするけど失敗してまた戻るっていう低空飛行を何度も続けた。

私は、私の身の丈なりに、すごく好きでした、佐久間まゆちゃんのことが。いつのまにか。他の女の子のことを全員嫌いになってでも。結局、身の丈に合わない無理を続けた身勝手悪夢のごとき強烈な不運(もうこの件についてはノーコメント)が重なって全部めちゃくちゃにひしゃげてしまったけど。

結局まゆちゃんは画面の中のデータしかなかったので、消えたところで私の実生活にはとくに悪影響は及ぼさなかった。ちょっとショックのあまり体調崩したぐらい。むしろお金は浮くし、まゆちゃんへの愛情と同時に湧いてくる苦しさから突然ぽーんと解放されてしまった。ソーシャルゲーム世界にのめり込んだ経験のない、まともな人なら私を見て「やめてよかったじゃん」と思うだろう。実際やめてよかったんだ。やめたら、良いことしか起こらなかった。それが悲しい。

いまの職場には、私が佐久間まゆという女の子のために課金していることを知っている人が二人ほどいたので、シフトが一緒だったときにその話をしました。私は話をしながら「もう何もかも失いました」「死にたい気分です」と口走った。実際にはいくつかある私の精神を支える柱のうちの一つをちょろっと壊してしまっただけなので決して《何もかも》は失ってはいないんだけど、確かに色んなものを失った。実際には死にやしないんだけど、確かに私は死にたくなってた。その柱は、いざ壊してみると中身はすかすかでした。私が勝手に分厚くて頑丈な柱だと思いこんでただけで、そう思いたかっただけで、実際はびっくりするほどあっけなく崩れて、そのまま跡形もなく消えてしまいました。

フィクション世界でのことだからリアルでは案外普通に仕事して寝て起きてを繰り返してるんだけど、家にいて、ぼーっとしてるときにふと思い出すとつらくなる。嫌になる。何もかも失いました、というのはある意味では事実で、気がついたら一人で勝手に泣けてきてる。

最初は、暇つぶし趣味としてゲームを始めた。途中から趣味じゃなくなってしまっていたのは実はわかってた。重い義務だった。責務だった。私は佐久間まゆちゃんのことを信じるために、自ら佐久間まゆの部屋に入りました。内側から鍵をかけただけなのに、外から鍵がかかっていて部屋から出られないふりをした。

今日、二週間ぶりにゲームのことが気になって、まとめサイトを開きました。十時愛梨ちゃんのSSRが追加されていた。ああ、ゲーム続けてたら回しただろうなあ、って思いながら画面を閉じた。もうゲームを再開する気力とかは全く残っていなかった。部屋から出たまではよかったものの、どこに行けばいいのかわからないままひたすら途方に暮れている。

どこに行けばいいのかなあ、どこになら本物の女神様がいるの、信じられない。どうして裏切ったりしたの。ずっと部屋にいたかったのに。裏切らないでいてくれたら、ずっと信じていられたのに。好きだったのに。あーーーーーーーーーーーーーーーーーー死にたい死にたい死にたいぜんぶなくなったぜんぶどぶにすてたむだだったあーーーーー、ははふあ



追記

起きたら反応がたくさん来ていて驚きました。もともと、最後に一度自分感情を整理してどこかに残しておこう、と書き殴った乱文なのですが、読んでくれた方、ありがとう。読んだ人が思うだろうなあとぼんやり予想していたとおり、例の絵柄についてはあとからフォローが入ってるじゃん、とのコメントも読みました。ええ、もちろん知ってます。他のキャラクター壁ドンされてときめいているまゆちゃんに深い怒りを覚えたのは事実。あの絵柄が、私にとって大きなトリガーでした。あとからフォローが入っても、一度引かれたトリガーを戻すことはできなかったんです。それが引かれた瞬間、まゆちゃんについて、今まであえて考えないように、考えていたらどうにかなってしまいそうだから思考に蓋をしていたことが、一気に頭を過ぎりました。

以下、書くつもりのなかったことを書きます。これで終わりなのだからまあ全部ぶちまけてもいいでしょう。

上の文で明記はしなかったものの(読めばあまりの女々しさから察せられると思いますが)私は女性です。まゆちゃんは、プロデューサーさんのことが、好きでした。私はその《プロデューサー》という概念体に自己投影をしてゲームプレイするわけですが。途中で、どうしようもない壁にぶち当たってしまいました。まゆちゃんが想定しているプロデューサーさんとは、明らかに男性ことなのです。アニメに一瞬出てきたまゆのプロデューサーも、明らかにスーツを着た男性でした。これについてはもう記憶封印しましたが。台詞の隅々から、まゆちゃんのプロデューサー男性なのだという事実じわじわと追い詰めてくる。プロデューサーという概念体と、私という存在が、少しずつ乖離していく気がしました。このままではいろいろなものが駄目になってしまう。考えてはだめだ。そう思い、それについてはできるだけ考えないようにしてきました。コメントでも同じことを書いてくれた方がいましたが、まゆちゃんは、私が同僚の殿方から電話を受けても、怒りません。自分のいいように解釈して消化してしまえばいい話なのですが、どうしても「まゆちゃんが想定しているプロデューサー男性である」という呪いのごとき一文が頭から離れませんでした。私は女性です。まゆちゃんは、私のことを好きでいてくれたんじゃなかったの?このプロデューサーさんは、私じゃなくて別の誰かなの?考えないようにしていても、ふとした瞬間そう思うことが少しずつ増えました。今思うと私はもう限界だったのかもしれません。そんな中で開催されたイベントのあの絵柄を見て、私の中の何かが完全に崩れてしまいました。あとからフォローが入っても、いちど崩れたものは、戻りませんでした。戻らないと悟ったから、私はまゆちゃんという女の子を諦めました。しょうもないきっかけだと笑う人もいるでしょう。つまらない小石に躓いた私は、もう二度とここに戻ることはありません。まゆちゃんとなら「トリフィドの日が来ても二人だけは生き抜く」と思っていました。大好きでした。私は、これからはちゃんと幸せに過ごします。それではさようなら

徒党を組んでいる人達がある人を悪く言い出すことがある。

楽しそうですね。でも、そういう人達は信用できない。いつ自分悪口をいわれているかからいから。

生きていれば苦手な人もいるだろうし、合わない人もいるだろうけれど、それでいいのかなって思う事が最近多くあり少し疲れた

いってやったよ的な事を誇らしげに話す人をみて・・・・ってなったり。

楽しい話しの種はいない人の欠席裁判。着地点は何時もそこにいない人の悪口

そして礼儀作法が全く無い言葉遣いと会話。笑いのセンスが違うのかちょっと悩んだこともあったけれど、周りはそれで笑っている。まあしょうが無いないと思いつつ、苦笑いで誤魔化す感じの自分ちょっと情けない。

そしてそれをココに書いて、精神の安寧を得ているのが情けない。まあ、嫌なことがあった書けば落ち着くと聞いたことがあるので、これはその類いのことなのかもしれません。

自分もここで書いた人達と同じ事をしていることに変わりないかもしれない。

お互い様なのかもね。でも出来れば負の連鎖は広げたくない。

一度嫌いになってしまうと、それを取り戻すのはとっても大変なことですよね。それは感じます。逆に好きだったの嫌いになるのはとっても簡単ことなんですよね。

日頃の行動一つ一つが大事なんだなと感じます

君の名は。』が持つリアルさ、あるいはどうしようもない現代性。

もういいか~い?

ま~だだよ~。

かくれんぼのこのルーチンワード、おそらく日本人のそのほとんどが人生に数度以上は発したことがあるこの二つの言葉

そして、劇場でみんなが感動的な気分に浸って聞いていたであろう「なんでもないや」の歌詞はというと

http://www.uta-net.com/song/213756/

使われている言葉イメージだけでいうと半分くらいは、もう、思春期というよりも、ほとんど小学生であるRADWIMPSはこれまで名前しか知らなかったバンドだ。今までどんな歌を歌ってきたのか私は知らない。だがこのサントラに関してならば、新海誠ほとんど一緒に制作したようなものときいている。納得だ。これは完全に『君の名は。』が描くSFジュブナイル児童文学シチュエーションとしての歌詞になっている。そして、これがクライマックスに流れる。それが新海誠という作家メッセージなのだろう。彼には子供から大人へといった枠組みが存在しないのかもしれない。徹頭徹尾子供のままなのだ

新海誠の描く『君の名は。』の作品世界基本的にあらゆるもの子供の切実である、ということなのかもしれない。そして、この切実というのは、世評に多い311以降というスパンではなく、現代日本という国そのものなのだ。実際、私たちはこの5年間だけがつらかったわけではないのだから。多少の波はあっても、20年以上、苦しみ続け、今もそれは続いている。このどうしようもない圧倒的な現実性現代性を前にした時の子供化、幼児化こそが新海誠が新作で選んだ態度だと思う。

言の葉の庭』まではまだちょっと大人であろうとしていた節がある。しかし『君の名は。』においてはもう完全に子供化、幼児化を自分作品に許した。そのようにして作られた作品がとんでもないほど、オタク一般人という枠を超えて受け入れられている。もちろん中心は若者たちだ。

個人的には、震災以降を受け止めようとする映画としては、その部分の精神性においては最低のものだと感じたが、それすら、切実な防御としての最低さ、自分勝手さに思えてくる。

それでも多くの人が、あの映画肯定したいと感じている。この現象は、もうあまり現代的としか言いようがない。

作品で描かれている内容がどれだけひどくても新海誠アニメというフィルターを通すと、もう、世界のすべてがまるで夢のようなリゾート地のように見えてくるのだ。彼の作品は、現実逃避のための観光地のように感じられる。この感覚は、いささか自己分析が過ぎるかもしれないが。

若者たちの多くが私のような自己分析リゾート感覚として映画に行くわけではなかろうが、それでもCM予告編がかなり魅力的に見えたのだと思う。そして実際、作中の出来事にしても、まるで旅行雑誌恋愛パワースポット特集みたいな感じで思わず笑ってしまうのだ。だが、もう、なにもかもを忘れてこの子供っぽいカワイイ恋愛に全力投球してしまおう! という決意表明リビドーフィルムには溢れていた。

OPも爽やかでよかった。

http://www.uta-net.com/song/211495/

ここで言われる前世というのは、今この現実のことで、その現実から映画という現実逃避においてなら革命前夜の勢いで世界サヴァイヴしていけるようなそんな気分。分かりやすエモーショナルさがあって、気分が高揚した。

個人的には、飛浩隆の『グランヴァカンス』とか『ラギッドガール』というSF小説があるのだが、あの世界を想像した。自分の好きな仮想現実リゾートゲストとして休暇に行くような感覚。その仮想現実ではゲストは年齢も性別も、どういう世界でどういう役割なのかも決められるのだが、新海誠映画はその仮想現実に出かけるような気分にさせてくれる。子供化、幼児化することの退廃性や、うしろめたさなども含めて、私にとって映画体験というのはそういう部分がある。


現実逃避としての子供化は、オタク一般人もおそらく関係がない。私も含めて、本人たちは自分がこういった幼児化を特別おかしいことだとは思ってはいないのだ。何かつらい時期があったとしても、それを忘れさせてくれるほど、忘れざるを得ないほどのスピード趣味にのめり込むことが許されているし、もちろん恋愛したっていい(片想い含む)。20年30年間をそうやってサヴァイヴしてきたのが今の若者たちなのだ

一部で、ポスト宮崎駿場所新海誠はふさわしくないのではないか? と話題になっているが、確かにある種の退廃性があるのは事実なのだろう。しかし、現代日本若者の抱える切実な防御としての幼稚さを良くも悪くもここまで表現してしまえるアニメーションの作り手は新海誠だけかもしれないとも思う。何しろ、本編のあの内容で「3.11があって、人々の願いや祈りを物語にこめたんです。」と発言してしまうような男なのだから

とてつもないアホさと才能を兼ね備えているとしか言いようがない。

そんな男の作る物語に心を揺さぶられるのが、今の、これから日本若者たちリアルなのだから

君の名は。』は世界中で配給されるそうだ。クールジャパンネクストフェイズオリンピック開会式宮崎駿新海誠ダブル演出するしかないだろう。






完全に余談だが、恋人と見に行ったので、その日の夜は、めちゃくちゃセ○クスした。

彼女はべつに泣いてもいなかったし、「すごい子供っぽい映画だった」とお気に召さなかったようなのだが、私がまるで思春期少年のような態度になっているので、それにときめいてくれたのかもしれない。ありがとう新海誠

2016-08-30

双極性障害

という病気があることは知っていた。

でも自分とは無縁の病気だと思っていた。

だってあれじゃん、ようするに躁鬱病でしょ?躁の時はすごい多幸感とか誇大妄想とかが症状として出て、結果莫大な借金したり人間関係破壊されたりするやつだよね、作家だと北杜夫とか中島らもとかあの辺の人。そういうイメージ


でもある時そういう世間的によく知られている典型的躁鬱病ってのは双極Ⅰ型っていうやつで、周囲の人間にあまり影響を及ぼさない軽躁状態の症状が出る双極Ⅱ型ってのがあるのを知ってあれって思った。あと躁状態って単にハイになるだけじゃなくて不機嫌になったり、攻撃的になったりする場合もあるらしい。


あのさ、道歩いてるとたまに変な文句ぶつぶつ言いながら道行く人に因縁つけたりするヤバい年寄りかいるじゃん。私あの手のじいさんやおっさんと怒鳴りあいとか掴み合いになったことが何回かあんのね。ほら、ああいう人ってさ、弱そうな人狙うからさ、わたしみたいな一見大人しそうな人間から口汚い言葉で罵られたあげく胸ぐらつかまれて引きずり回されたりするとすげえびっくりして狼狽えるわけよ。その狼狽えた間抜け面見るとすごくテンションあがるのね。

で、そういう小競り合いしたあとはめっちゃテンションあがってなんでもできんの。


なんか多分人格障害かそれでなかったら複雑な性癖の発露だったりすんのかなーと思ってたんだけど、そもそも喧嘩売られなきゃ私は何にもしないし警察沙汰になっても頭下げるだけですんだしま病院行くほどじゃないだろうと思ってた。


でも他にもⅡ型の症状に合致する部分があったので精神科行ったらデパケンかい気分調整薬が処方された。


飲んでたら私びっくりするほど穏やかになったよ、上の立場にいる嫌な人にも楯突かず上手くいなせるようになった。

結果仕事が続くようになった。


私こんなだから職場でも対人トラブル起こして仕事長続きしたことなかったんだよ、そういうこと続くとさ、もう働くのやだ、引きこもってようって当然思うわけじゃん。でも引きこもるの3ヶ月が限界なんだよ、だって飽きるじゃん。


よく考えるとこの引きこもるのに飽きるってのも軽躁状態の為せる業だったのかもしれない。


まあとにかく性格上のことだから直ることがないだろうと思っていた自分キチガイぶりが薬一つで収まって驚いてる。人間の脳って不思議だね。そんだけ。

君の名は見てきた

面白かったよ~!!!

増田でこき下ろされているようだから不安だったけど杞憂だった。

全体的に若者向けって印象を受けた。

ご都合主義な所が多々あって、そこは気になったけど十分楽しめたよ。さすがに避難訓練???ってなったが。そうしないと英雄なっちゃうから仕方なかったんかのう。てっちゃん少年院行きになってしまうし。

ラッドウィンプスにも抵抗を感じた。

あれ…すごく楽しめたんだけど、感想書いているとどうしても粗が気になって色々書いてしまうな。こういうことなのか。

あと、客層が中高生カップルオンパレードだった。凄かった。座席選ぶ時からキドキしたよ。お一人様いね~って! こんなにも中高生カップルに囲まれたのは生まれて初めてかもしれない!

十数年前、俺はある趣味BBS常連だった

そこには俺より長く居る人も含め10人余りのこぢんまりとしたものだったが、あるとき荒らしと思しき書き込みが現れ始めた

それは他の利用者罵詈雑言を吐いたりするようなものではなく、ただひたすら意味不明な(それでいて特徴的な)文章毎日何度も投稿するというものだった

管理者NGワード指定をしようにも、とにかく精神分裂病患者のように支離滅裂文章なので防ぐ事も出来ず、IPアドレス指定書き込み禁止すると即座にIPアドレスを変更して投稿を続けるという悪質なものだった

管理者はやむなく別の掲示板レンタルし、元々の常連達にメールなどで回覧荒らしアドレスを知られることなくそこで平和な日々を取り戻した

荒らしはというと、そんな事も気にせずほとんど誰も書き込まなくなった掲示板荒らし続けていた

それから一年か二年過ぎた頃、管理者が「このBBS常連オフ会というものをやろうぜ」と言い出し、時間場所の都合のついた常連の一部が賛同、そして開かれる事となった

その際、荒らしが居る方の掲示板にも「念のため」とオフ会の告知をしていたのだが、それがまずかった

その荒らしオフ会に現れたのだ

荒らしオフ会会場(管理人の自宅近くの居酒屋)に到着する直前に掲示板荒した際のハンドルネームを名乗り、まるで我々と同じ古株のように振る舞い始めようとした、その時、隣に座っている常連の一人(常連達の中でも最古参で、身長190cm体重105kgの巨漢だ)が、その荒らし顔面に渾身の力をこめて鉄拳をめり込ませていた

まるでボウリングボールのように床を数メートル転がった荒らしは、鼻から血を吹き出しながら「な、何するんだ!」と喚いた

古参の巨漢はその様子を見て、ニッコリと微笑み「ああ、安心したわあ」とつぶやいた

そして腰を抜かしているらしい荒らしの前に立ち、ゆっくりとしゃがんで荒らしの顔を覗き込み、こう言った

「お前さ、俺たちが荒らすのやめろと何度言っても止めなかったじゃん?お前に何て言ってもお前全く反応しなかったじゃん?だからさ、お前って本当は人間じゃないんじゃないかって、俺らの間で噂になってたんだわ。いやあ安心したわ。普通人間が殴られた時と全く同じ反応したって事は、お前ってやっぱり人間だったんだなって。いやあ、よかったよかった」

予約したのが広い個室だったことが幸いし、店員には発覚しなかった

荒らし行為はその日から止まった

とうぜんだが、その掲示板に書き込む者もいなくなった

「ため息をつくと幸せが逃げる」という人が嫌いだ

これはもう中学生の時の社会科の某教員の話なのだが、

授業中、そうでなくても学校にいると「ため息をつくと幸せが逃げる」と戯言をぬけぬけと言ってくる。

またその教員は活発な生徒(控えめな表現)に好かれているので、その教員がいないところでため息をついても生徒に戯言を言われる。

ため息をつくと幸せが逃げるんじゃなくて幸せじゃないからため息が出ちゃうんだよ。

腹の虫がなったかお腹がすくんじゃなくてお腹がすいたから腹の虫がなるだろ、そういうことなんだよ。とほかの生徒に言っても「屁理屈を言うな」と言われる。

ため息の理由はお前らだ!!!!と何度言いたかったことか。理性があるので言わなかった。以上。

シン・ゴジラNY版 はありえない

シン・ゴジラニューヨーク版を作ればいいという声がある。

しかし、それは不可能だ。ニューヨーク版では、「核爆弾を落とす」という選択肢がなくなるからだ。そうなったら、もはやシン・ゴジラではない。 

 

この件を、下記から転載する。

   anond:20160829232727

 

  


 

ニューヨーク版作ればいいのでは

 

何を以って海外版シン・ゴジラ』なのかよく分かりませんぬ。単にゴジラ海外ハリウッド?)で作れっていうことならそれはもうレジェダリーピクチャーズ版がある、けどそういう単純な話?

 

ハリウッド演出ではないリアルアメリカシン・ゴジラも見てみたい気がするが、日本版とはまったくちがうシナリオになるだろうね / リスク評価によっては、核利用は十分にオプションとしてあり得るかも

 

海外版は、シン・ゴジラ翻案リメイクではなくて、現状のまんまです。翻案リメイクなら、いくらでも勝手にやればいいが、別物となります。また、ヒットする保証もない。庵野版をそのままで俳優の一部を欧米人にするだけだからこそ、成功保証される。

 

なお、米国版だからといって、場所の設定を米国にすることはありない。場所の設定は日本に限られる。なぜなら「核爆弾を落とす」という可能性は、日本からこそありえた選択肢からだ。

庵野版では、核の使用について、「そこがニューヨークでも同じことをする、と彼らは言っていた」というセリフがあるが、実際にはありえない。同じことをするわけがない。仮にゴジラニューヨークに出現したら、ゴジラニューヨークを出たあとで核を使用するに決まっている。ニューヨークを出て、東京(など)に到着したら、その段階で核の使用決断するはずだ。それが最も合理的からだ。(自分たち死ぬかわりに、他人死ぬのだから、その方が合理的だ。)

というわけで、ゴジラ米国に出現したら、「核の使用」というオプションがなくなるので、映画全体の緊迫感はなくなる。だからゴジラが出現する場所は、「核の使用可能地域」つまり「白い人間の住んでいない地域」つまり黄色い猿の住んでいる地域」に限られる。結局、ゴジラが出現する地域は、日本しかありえないんだよ。ゴジラ米国に出現したら、ゴジラ映画のものが成立しなくなる。「ゴジラニューヨークに登場する形でリメイク」なんてことは、絶対にありえないんだ。(少なくとも、シン・ゴジラに関しては。)

 

 

※ ついでに言うと、東京核爆弾を落とすというのも、現実にはありえない。東京を出て、群馬福島あたりに行ったあとで、核爆弾を落とすに決まっている。東京核爆弾を落とすなんて、ありえないだろ。

 

 

臆面もなく被害者面をする発達障害は恥を知れ

定型発達は優れているか強者で、発達障害は劣っているか弱者自分たち弱者から被害者

アホか。

発達障害がその特性故に周囲に迷惑をかけたり他人を傷つけたり、加害者になることなんて幾らでもあるだろ。

http://anond.hatelabo.jp/20160830133257

聞き上手というのは、本当は聞きだし上手のことなんだ。

聞く側にまわって、黙って聞いて相槌ばかり打つ人間が聞き上手なわけないだろ。


この人と話していると、何でも話したくなってくる。

それが聞きだし上手。

http://anond.hatelabo.jp/20160830105835

日本人がやってるのを見たことない。

イケメン英国人が「い わ ゆ る」と日本語で言いながらそれ(カニ“ ”)やってるのがものすごくかっこよくて抱いて!てなって、真似してみたくなったんだけど、どうにも恥ずかしくてできない。

正しいことをしていると、一点の曇りもなく信じて行動している人が怖い

人間なんて大したことがないし、誰にだって間違いはある。

正しいことをしたいとは思うけど、往々にして、意図しない結果を招くことがある。

から自分は正しいことをしているという風に全身からオーラを放っているような人を見ると、生理的に受け付けない。

しかしたら間違っているかもしれないと、一ミリでも自分省みることなしに、堂々と行動する人が怖い。

なんでそう振る舞えるのだろうかと、どこか別の世界の生き物を眺めるかのような眼差しを向けてしまう。

具体的に言えば、被害者の肩を持って熱心に主張する第三者とか、街頭で声を張り上げて募金活動している人とか。

それは、自信とか積極性とか、そういう美談として消化できる話ではなくて、もっと得体のしれない何かなんだと思う。

おそらく、仮に話し合う機会を持てたとしても、彼らには何ら変容を期待できないだろうっていう絶望感なのかな。

まるで、話が通じない肉食獣に対して抱く漠然とした恐怖心のような何か。

それでもやっぱり、そうやって自信に満ちた振る舞いの方が、ポジティブに受け止められるというのが、世間では一般的なのだろうか。

20代の皆さまへ

2回目になりますが、今を死ぬほど真剣に生きてください。誰とも比べることなく、夢に向かってただがむしゃらに。それができなかった30代以降の人の勝負決まった感がハンパないです。それを変えられるのは20代の貴重の時間しかありません。30代で目が輝いてる人がたまにいます。それは1020代で輝こうともがいてもがいてもがきまくったほんのわずかな人です。絶対貴重な時間無駄にしないでください。

 

僕はその光景を完全に目の当たりにしました。絶対にゆらぎません。経営者でも政治家でも今後どんな職業に就いても。若者に光を。

 

昔は、長いこと100m短距離走10秒をきるのは難しいと思い、誰もが諦めていました。でも、それがやぶられた瞬間、多くの人が9秒代で走れるようになりました。今では当たり前の事実です。

 

昔は、米国黒人は、白人バスに一緒に乗ることさえできませんでした。ホテルもそうです。職業はいわんやをやです。すべての黒人は諦めてました。ただその中で、諦めることをしない人がおりました。南アフリカでもインドでもそのような状況で諦めない勇敢な若者がおりました。みんな20代若者でした。

 

その後どうなったと思いますか?その人の命と引き換えに、世の中は変わりました。指導者勇気世界を変えたのです。彼らは暗殺されたり投獄されましたが、世界を変えたのです。

 

99%の人が諦めていたのです。俺は私は黒人からダメだ。植民地にされ支配されてるからダメだ。

 

能力問題ではありません。意識問題です。それを事実と受け入れてしまえば、それまでです。あなたも世の中も変わりません。一生何も変わりません。それを変えられるのは、若い人の勇気ある行動、主体性なのです。それしかないのです。

 

多くの人ができない理由ばかり述べます。悪いことではありません。未来が見えてないのです。だって先が短い未来をどう描くことができますか?難しいです。未来を描くのは20代、まだ生きてきた過去より、これから生きる未来が長い20代の君たちなのです。君たちは、まだ100mを9秒代で走れるのです。君が世界を変えられるのです。人々を笑顔にできるのです。

 

そのためには、君はできる理由しか考えてはいけないのです。君の前途に、すべてを実現できる未来があるのだから

 

おっさんやおばさんが諦めの言葉やできない理由を述べても絶対信じないでください。彼らは君に自分と同じ人生を歩んでほしいと手招きしてきます絶対信じないでください。彼らは自分の仲間が欲しいだけなのです。絶対信じないでください。

 

もう1度いいます。君は、100mを10秒きることができますだって過去に、10秒きれないと思った人と10秒をきれると思った人、そしてそれを実現した人は、すべて同じ人なのだから意識問題です。意思問題です。君は君という人生主人公です。主体性を発揮して必ず世界を変える人になってください。僕もその気持ち17歳の頃から変わりません。体力が衰えようとも、ずっと17歳の時抱いた夢を持ち続けています死ぬまで変わりません。永遠に。(※ただし下半身の活力は衰える)

 

お前の成功が俺の成功

いけるところまでどこまでもいこう!

はてなー無職オフ会開催しまーす

どこかの無職さんが提案してくれた無職中、求職中のはてなーによるオフ会ですが、開催が決定いたしました。

○開催日時 10月10日 18時30分から

月曜ですが祝日ですので、働いている方たちもぜひいらしてください。

場所 新橋駅前の赤ちゃん連れNG格安居酒屋です。非おしゃれな雰囲気なので絶叫NGで退店とかにはならない場所です。

○会費などはなしで。それぞれ自分が頼んだ分は自分で払うのがわかりやすくてよろしいのではないでしょーか。お店は迷惑しょうが関係ありません

というわけではてなー無職共集まれー! ぜひ集まってください!!

なんというかこう、普段ね、無職共と話している時にね、たとえば「わー○○スーパーの酒やすーい、高知みたい」と言いそうになって(やばいやばい何考えてるんだ自分おかしいだろ今の)とハッとするみたいなね、会話の要所要所でこまめにブレーキを踏みながらおのれをチェックするような、そういうんじゃない会話をしたくわないのです

無職共同士で社会が悪いに関する愚痴シェアしながら、ネットに関する話も思う存分できるとかまさに地獄ですね。

大事ことなのでもう一度言います

はてなー無職共集まれ! ぜひ集まってください!!!

集まる際には絶対に金を持ってくること!

あと女の人も大歓迎です!

スクール上がりのプログラマは使えない

なんとなく情報系の大学出たとか

プログラムスクール通ってたとか

あと職業訓練あがりとか



実務だと初めてやることも多くて

大抵の人はその時初めてググって覚えるんだけど

スクール上がりの人って



「やったことないからできません」

とか平気で言う人多くて本当に使えない



だいたいスクール教師って実務でガリガリ作ってる人に比べて

数段レベル落ちるのにそんなやつに教えてもらって何を学ぶ?

自分で調べて考えてやれるやつじゃないと生きていけないよ



最近プログラムスクールがもてはやされてるから

そのうち人に教えてもらわないとできませんって輩が増えそうで怖い

僕のことを信じてくれてた子へのお詫び

それまで仲良しで居られたのに。なんでも相談できる仲だったのに。

でもちょっとしたミスで、修復不能な状態になってしまった。

僕は、軽い気持ちで二人で食事でもしようと、その女の子に言って頷いてくれていたことを、軽く言ったつもりなのに、

その女の子にとっては、二人で食事をするということは、友達以上の関係が欲しいと思ったんだね。

の子は、年上の相手に遠慮しているのか、はっきりとしたことを言わない人だった。

食事しようよ、近々会おうよ、と書いたメール最初の返事で僕は気づくべきだったんだよね。彼女は嫌がっていると。

それまで返事は即答だったのに、そのメール最初の返事はとっても遅くて、どう返したらいいか迷ってると、すぐには会えないという文字が入っていた。

でも以前頷いているから嫌がっているはずないと、いつなら会えるのと聞き返した。そうしたら、仕事プライベートで忙しくてすぐに休みが取れないと返してきた。

会えないなら、贈り物だけでもさせてよと送ったら、一応返事をくれたけど、それは後から思えば、塩対応メールだったんだな。

そうやって、どんどんその子の、僕の信頼関係ゲージはどんどん削られていって、

贈り物を送った時点でゲージはゼロになったのか、荷物が届いたという連絡のあと、音信が途絶えた。

でも僕は分からなかったのね。

自分空気が読めないこと分かってたけど、それは自分個性だと思ってて、この時もあえて空気読んでなかったんだろうな。

それと、その女の子はどう考えていたかも、思いやることもできなかった。

女の子は。

 遠慮してはっきりとしたことを書かないこともある。

 思っていることとは違うことを言うこともある。

 親しい仲なら、気持ちを分かって欲しいと思って、あえて空気を読ませることがある。

それをわかっていたらなら、最初のメールの時点で引き返せたんだよね。

これまで、空気を読むことなんて、そんなことはどうでもいいと思ってきたけど、初めて考え直すことにしたよ。

だって、僕のことを信じてくれて、いろんなことを相談してくれてた初めての女の子から

そんな女の子を裏切ることになっちゃって、自分自身がとっても情けなくて、悔しいから。

もう、その女の子との関係は修復できないと思うけど、

これから同じように僕のことを信じてくれる人ができたとき、その人を裏切らないためにね。

僕のこと、信じてくれてたあの子へ。

こんな自分を一度は信じてくれて、ありがとう

そして、自分を変えるきっかけをくれてありがとう

元気でね。幸せ暮らしてね。

はてなーママ友オフ会やります

d:id:white_cakeです。こんにちは

b:id:sabacurry さんのコチラの記事http://anond.hatelabo.jp/20160814195406)でb:id:sheaさんが提案してくれた育児中のはてなーによるオフ会ですが、開催が決定いたしました。


○開催日時 10月10日 13時30分から

月曜ですが祝日ですので、働いている方たちもぜひいらしてください。


場所 渋谷区赤ちゃん連れOKなカフェです。おしゃれな雰囲気ながら泣き声NGで退店とかにはならない場所です。


○会費などはなしで。それぞれ自分が頼んだ分は自分で払うのがわかりやすくてよろしいのではないでしょーか。



というわけではてなーママ友まれー! ぜひ集まってください!!


なんというかこう、普段ね、ママ友と話している時にね、たとえば「わー○○スーパートマトやすーい、高知みたい」と言いそうになって(やばいやばい何考えてるんだ自分おかしいだろ今の)とハッとするみたいなね、会話の要所要所でこまめにブレーキを踏みながらおのれをチェックするような、そういうんじゃない会話をしたいのですよ!

ママ友同士で育児に関する知見をシェアしながら、ネットに関する話も思う存分できるとかパライソじゃないですか。

大事ことなのでもう一度言います

はてなーママ友まれ! ぜひ集まってください!!!

2016-08-29

世間知らずの懺悔

既婚の方と2人で飲みに行くのってよろしくないことなんだね。

自分が女であるという意識が薄くてなんとも思ってなかった。

悔い改めます。お許しください。