「自分」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 自分とは

2017-05-24

ネットを見ていて自分のことか?と思うような批判を見ると、

いちいち落ち込んでいたが、

こいつは俺みたいな人間を恐れているか攻撃して、

自分の身の安全を確保するのに必死なんだ、

お前の不安通り、お前を蹴落としつつあるぞ。

と思うようにしてからメンタル健康です。

http://anond.hatelabo.jp/20170524081739

自分意志でやってる女子ももちろんいるだろうけど、

それでなにか不利益があった場合に無理やりで本当は嫌でしたって言うまでがお約束から

セクハラ結果論であって必ず収束する帰結なんだよ

http://anond.hatelabo.jp/20170524192445

> IT系(の本社)はITエンジニアなんか求めていない。奴らがほしいのは陽キャ営業マン

> インキャエンジニアやりたいなら子会社受けろ。本社から天下りがあるが気にするな

> IT系に進む奴の過半数が開発経験なんぞ欠片も持ってない。お前が落とされるのは開発経験の有無ではない

これ大企業SEか何かですか?明らかに見ているフィールドが違う印象を受けました。

落とされる理由はいくつかあると思いますが、やはり一番は実績のなさだと思っています

ベンチャー技術力を売りにしている会社だと最終的に差がつくのは実績や実力の部分だと思っています

> 就活自分という商品を売り込む営業ごっこであり、価値がなくとも相手に口八丁で売りつけるロールプレイしかない

これが無理です。嘘ついて入ってもその先に地獄しか無く、お互い不幸になるのみでは?

http://anond.hatelabo.jp/20170524191433

IT系(の本社)はITエンジニアなんか求めていない。奴らがほしいのは陽キャ営業マン

・インキャエンジニアやりたいなら子会社受けろ。本社から天下りがあるが気にするな

IT系に進む奴の過半数が開発経験なんぞ欠片も持ってない。お前が落とされるのは開発経験の有無ではない

就活自分という商品を売り込む営業ごっこであり、価値がなくとも相手に口八丁で売りつけるロールプレイしかない

以上

就活、お前こんなにつらいのか

理系大学院生M2です。就活、つらいですね。

すでに3(実質4)社落ちました。1社は本命でしたが力及ばず、2社はES適当に書いたら案の定ダメでした。

たった3社かよと思うかもしれませんが、カジュアル面談や通過した面接を含めるとすでに10回以上はエンジニアさんと話していることになります

お祈りされることはもちろん辛いのですが、それ以上に面接中の自分の受け答えから漂う中身の無さ(実際中身がないので仕方ないのだが)に死ぬほどメンタル削られてます

Web系への就職を考えている私ですが、開発経験も1年半ほどで並以下ですし、大学院研究もほぼサボっていて何も話せない。

ひどいとき面接官が質問することすらなさそうな困った顔すらしていました。当然落ちました。

自身嘘をつきたくもないので、やってきたことを原型をとどめているレベルで良い感じに話すようにはしているのですが、とにかく中身がない。

自分面接官でもこんなやつ取りたくねえなって思います。ウケますね。

ちなみに大学入試を頑張って良い大学に入ってしまったせいでxx大学なら就職余裕でしょ〜や、xx大学だったら引く手あまたじゃん☆、xx大学ならoo社ぐらいには行きたいよね

などという第三者無責任意見をぶつけられることが多々あります。この場をお借りして申し上げますが、もう俺に構わないでくれ。

以上です。U-20ワールドカップウルグアイ戦楽しみだな。

久しぶりに某パクリゲーに関して言及するツイートを見て少し泣きそうになってしまった。

私は、炎上した際にパクリのことを知り、その後の運営対応失望しやめていったユーザーだ。正直、ただ普通にプレイしていたユーザーではなく、心の底から大好きで「私はずっとこの作品ファンで、ずっとずっと応援していくんだ」と密かに誓った数日後にパクリの話を知った情弱ファンだった。

知った時は「は?なにそれ?」という感じだったし、パクリよりも蔑称の方が目についてしまうような典型的ファンだった。でも、自分で調べてみると、擁護しきれないようなものがどんどん出てくる。多くのカードの構図が被っているのだ。

おかしい、これはあからさまにおかしいぞ、と思った。ひとつひとつを見れば、良くあるポージングやよくあるアングルなんだろう。でも、それが全く同じものがこんなに存在する。よくよく調べてみれば、法に触れるとは言えないらしい。それでも、これはおかしい。

他のパクリ事案も知った上でも、まだ私はファンだった。悪いことや許されないことをしたのならきちんと発表し、権利元の方たちに謝罪してほしいと。大好きだったから許せないファンはもちろんいるだろうけど、私は大好きだったから、これからを信じたいし投資したいと、そう思っていた。そして、出てきたお知らせに絶句した。嘘だろうと思った。悔しくて悔しくて泣いたし、すぐにアプリを消した。

ここまでうざったい自分語りをしておいて何だけど、ここからが本題。

なんでこんなブログを書こうと思い立ったかと言うと、パクリを知っててなおプレイしているユーザーが「コンテンツ最期を見届けたい」とか言うのずるいよなということ。

確かに、パクリ案件を知ってなおプレイするのは自由だと思う。私の心が狭いから、目に入れたくはないが自由だとは思う。だけど、「コンテンツ最期を見届けたい」という一言は「あくまでもパクリは認めていない」という言葉を孕んでいる。これが本当にずるい。

その一言パクリ容認していない気になっているんだろうけど、それ、ただの誤解だからね。そのコンテンツあなた容認していないパクリの上に成り立っている。「最期まで見届けたい」とかあまっちょろい言葉を吐きながらも、コンテンツは十分楽しむ。なにそれ。ふざけてんのか。あなたがそのコンテンツプレイするなら、楽しむのであれば、あなたパクリを許さざるを得ないんだよ。

キャラを嫌いになれないことと、プレイすることは同義ではない。パクリが許せないならきちんと行動で示せ。これからパクリを許さないんじゃなくて、今までのパクリだって許すな。今までのパクリを許してる時点で「コンテンツ最期を見届けたい」なんていう言葉は吐けないんだ。

プレイをやめるのか続けるのか、それを決めるのは自分自身プレイしている人を否定することはできない。だけど、「パクリは許せない」といいながらプレイしている人間言動矛盾が生じている。もう一回言うぞ。パクリが許せないのであれば行動で示せ。

先に明記しておくけど、これはパクリ案件が真っ黒だと判断した人間が書いたブログであり、あれを見て白だと疑わない人間と論争がしたいがために書いたブログではない。白黒論争は他所でやってくれ。

パクリゲームパクリゲームだと知らない人間幸せだと思うし、可哀想だと思う。

ファンに「パクリじゃない」とか「法に触れてないんだったら問題ないでしょ」みたいなことを言わせるコンテンツが今後増えないことを祈る。

見極めきれなかった自分に非があれど、オタク人生を誓った作品でこういうことが起きると好きという気持ち不安が生じてしまい、オタク人生が楽しめなくなってしまったという私怨を抱えて生きているよ。

合わない

散々アプローチし続けてきた。アプローチだけではいけないと

家事子育ても率先してやっているつもり。

パーフェクトイクメンで無ければいけないのか。

1日2回とは言わない。毎日も言わない。3日に1回とも言わない。

けど1週間に1回ぐらい…2週間に1回だけでも…。

なのに2ヶ月に1回あるかどうか。

もう1年この状態。正直つらい。

「忙しいもの仕方ないでしょ」では納得できない。

忙しいのはわかる。だから家事

子供の世話も私がする。

休んでいい。

自分時間を堪能してくれていい。

けど、すこしでも時間作れないかな。

変わっていこうとしてるのは私だけ?

愛想がついて、飽きて、魅力なくて、

働いてお金出す都合の良い存在しか

見られてないのでは、と思ってしまう。

はいいのに、ただただその方面に関して

無頓着というか淡白というか。

つらい。合わないことがつらい。

合わせに来てくれない。

こちらが合わせるしかない。

合わせてもゼロかイチ。

であることを否定されてる。

発狂しそう。

発狂する。

http://anond.hatelabo.jp/20170524182808

自分の思ったことを書いただけなのに、カラースターが付いちゃって、

「わー、こわいーーー、巻き込まれたーーーー」

っていうのがここ数日続いてる。

多分、「人気コメント」のタブに、自分意見を代弁している意見をたくさん入れるのが目的なんだろうけど、正直、こわい

仮病で3日も休んでしまった。来週客先打合せしないといけないのに。

クズだ。迷惑かけるなら存在しないほうがいい。この流れは以前うつ仕事辞めたのと一致する。まだ治っていないのか。自分失望した。消え失せればいい。

例の官房長官の抗議の件

世界に、日本はまともな会話の出来ないルーピーと思われて、国益を損なった可能性さえあると思うんだけど、内政干渉だー!とか言って擁護してる人はその辺はどう考えてるんだろう

日本安全保障は、現状だと米国に守ってもらうことが前提で、米国に見捨てられたら終わりなのに

自分米国人ならどう考えたって、日本よりも、舶来品ガッツリ買ってくれそうな中国と仲良くするのが経済的には得策っていう時期でもあると思うんだけど

大統領が、「貿易摩擦がどうのー!」って言う人なんだから、尚更

男に育児させたきゃイクメンなんて言葉やめれ

そもそも母子健康法とか母子手帳。なんかおかしい。親子手帳じゃないの。父にも手帳くれよ。

男と女では育児に対する情報量格差が大きい。ここ重要育児に関する情報は母目線ばっか。差別だっつーの。

そんななか「父は育児の指示待ちするな」というのはおかしい。それまで妊娠判明から1年近く自分一人でやってきたことを

急に指示なく他人がそれを担うというのは不可能でしょ。サイコかよ。

本題。イクメンという文脈は非効率。男は基本的モテたいために努力する動物。だからと言ってイケメンと同じ文脈育児をのせたところで

モテる必要がない、場合によってはモテはいけないときに、イケメン文脈の型にはまろうと考える男は少ない。

男性育児に参加するモチベーション喚起方向性としては義務・責務文脈有益育児ミッションである

男はゴール設定してtodoスケジュールに落とせばこなしていくようにできている。太古より遺伝子に刻まれている。

狩り、稲作、戦争仕事ゲーム。たいていミッションそんなもん。モテる文脈ではなくミッション文脈

まずゴールは「高校入学」「自分人生のかじ取り、お金の使い方などが自己判断できるようになっている」

「生まれてきたことに感謝し喜んで生きている」という状態にすることあたり。漠としているが重要

んで妊娠中の早期から父としてというより親としてやるべきことをtodo化する。

父だと最初に父母というキャラクター前提の分担論になってしまう。親として等しく負担すべき義務責務を認識したうえで

授乳などの一部例外を除き、育休・業務状況などそれぞれ投入可能時間を鑑みて、役割分担を決めてtodoに落とす。

それからイベントごとの達成感で進んでいく。3歳まで、小学校入学まで、小学校中学校

徐々に教育から自立、自己責任に力をいれた育児ミッションになっていくだろう。

このミッション投資リターンは直接的なフィードバック、たとえば結婚式の「おとうさんおかあさんありがとう」でもいいし

結局は「子ども社会貢献すること」なのだろう。職業貴賤なく。ついでに納税まで。

それまでセットで教育義務、すなわち育児ミッション。さー達成してやろうぜ。

そうではなく「女性は大変だからしろ」ってあほかと。まず情報格差を埋めろつうの。

女は総じてそこに自分で気づかずできなきゃ、国がやれ。母子手帳配布時に父子手帳も配れ。

低所得の皆様のために働きますので応援してください。」とか政治家言ったら叩かれるかな

低所得の方々を支援します」は別に普通だし「皆様のために働きます」とかも普通だけど混ぜるとなんかイラッとする

自分低所得と認めたくないプライドがあるからだろうか

http://anond.hatelabo.jp/20170524173505

弱者強者も嫌いってか好きなのが自分だけであんま他に関心がないんでしょ

弱者強者は分かり合えない気がする

もちろん、潜在的弱者後天的強者という人もいると思うが、

それでも、強者は間違いなく弱者気持ちはわからない気がする。

またここでいう弱者とは社会的弱者という大きな話ではなく、小さなレベル間での話。

仕事ができる人 <> できない人)

サバサバ系 <> オドオド系)

といったレベルでの話。

できる人はできる人なりの努力をしている。それは分かっている。

だが、弱者は同じことをしてもできなかったりする。当然である

それまでが別の育ち方をしており、能力千差万別なのだから

そこを強者理解できない。おそらく、個の能力は別々だと理解しても納得はできないと思っているはず。

その対策として、嫌悪をいだくか、無関心を装おう。そうすることで自分の視界には入らないのでストレスはたまらない。

弱者も同じ理屈で、努力してもなぜかできないと自己嫌悪に陥ったりする。または開き直って努力しない。

そして、強者を見ていると、劣等感で辛いので、視界に入れないようにする。

また、ここの二つに属さない、ハリボ強者というのがいる。

弱者も嫌いで強者も嫌いという、真面目系クズみたいな存在だ。

社会に出ると、要領も中途半端で、仕事もそこそこできるが、すごくはできない。

そういったタイプ会社で扱いづらくというか、会社が成長するためには邪魔存在だったりする。

また、このタイプ弱者強者側の両方から嫌われる傾向があるため気をつけたほうがいい。

これを書いている自分はハリボ強者なので、

どちらの気持ちもわからないし、自分のこの面倒さも分かってもらえないだろうと思っている。

人生詰み始めていると思っている人は自分がどっち側にいるかだけ理解しておいたほうがいいです。

デッサンって、デザインにおける「あいうえお」だと思う。

私は、これからデッサンを学ぶ。これから書くのは私がなぜデッサンを学ぶかということだ。

デッサンを学ぶ理由については諸説ある。それが現在においても、最も簡単視覚表現方法であるという人もいる。デッサンアートにおける基礎であるから。という人もいる。忍耐力をつけるためという人もいる。というように、書籍や、インターネットで調べれば様々な答えが出てくる。つまり、これが「答え」というものはない。つまり自分で何のために学ぶのかを考えておく必要があるだろう。実態が完全に掴めていなくても、とっかかりとなる「やる理由」が必要だ。実態が掴めてくれば、また学ぶ意味を見つけることはあるだろう。このブログを見つけた人でデッサンを学ぶ理由を探している人は、あくまでもこれは私見であるので、参考までにとどめておいてもらいたい。

私なりの答えとその理由をここに置いていく。

デッサンとは、デザインにおける「あいうえお」だからである

デッサンとは、「高度な観察(入力)」と「高度な表現(出力)」である

私の知る限りでは、デッサンはまず筆を持つということはなく、描写する対象時間をかけて穴が開くほど観察する。文章で書くとこれだけなのだがこれが実に奥が深い。例えばリンゴデッサン対象にするとしよう。見始めて間もない頃は、部位ごとの色の違いがぼやけて見えるのだが、時間をかけて観察すると、網膜に焼け付くように色の違いがくっきり見える。そうすることで、リンゴを実際に描くことに一歩近づく。だがそれだけで書けるだろうか。デッサンをやったことがない人はデッサンのために適した紙、エンピツ、その使い方を知る必要もあるだろう。ツールを知り、その使い方を知ることも重要なのである。それを知ってもまだ描き通すには程遠い・・・

一方デザイナーとは、私の中では「特定の誰かにとって価値のある視覚表現を生み出す職業である

そして、デザインにおける工程では、まず、顧客が欲しいものを見つけることから始まる。つまり顧客を観察することである。これをおろそかにしてはいい成果は生み出せないであろう。観察して見つけたもの表現する必要がある。それは言葉でも、絵でも写真でもできるかもしれない。何で表現するかを見極め、どのように表現するか考える必要がある。そのためには、表現するためのツールを知り、その使い方を知る必要がある。

というように、デッサン素人デザイン素人である私でも、いくつか共通点が見つけられる。ここから私は、デッサンにはデザインの基礎が秘められているという仮定にたどり着いた。もっとも、これはデッサンを実際にやらなければ気付かなかったことであろう。実際にやっていない人は、何もわからないままデッサンのやり方を調べてやってみる必要もあるだろう。

幼い頃、「あいうえお」を学ぶ意味理解して学んだだろうか。私は知らないことだから学んだのだと思う。

あいうえお」の組み合わせで単語生まれる。なら、「ひこうき」や「あざらし」といった単語を1つ1つ覚えるよりも、「あいうえお」を覚えてしまえば、どんな単語だって扱える。

デッサンもきっと、デザインにおけるその類だと思う。というか、自分なりに意思を持ってそう解釈していく

おわり

http://blog.seesaa.jp/cms/article/edit/input?id=450190249

ネコハトを襲っていた

公園で昼間からぼんやりしていたら、

突然茂みからネコが飛び出してきて、

ハトを咥えてどこかへ消えていった。

襲われたハトは苦しそうに「くるー…くるー…」と鳴いていた。

状況が飲み込めていない他のハトたちがその様子を

「なんだ?なんだくるっぽ?」っていう感じで眺めていた。

自分じゃなくってよかった」という安堵の顔をしているハトもいた。

わたしも襲われたのが自分じゃなくってよかったと思っていた。

結婚式って楽しい

あん大金使って、どういう動機でやろうと思うの?

幸せ自分を見てほしい!という気持ちかな。

それって見ていて呼ばれた人たちは楽しいのかな。

幸せ自分を見て心から喜んでくれる友達って数人では?

親に幸せになった自分を見せたいというのは分かる。

今の自分に影響を与えたであろう人たちを集めて「こんな人に関わりながら今の自分になりました」ということを

両親へ見せてあげて、感謝気持ちを伝える…

それは分かるけど、そのお金で他に何ができるかを考えると、惜しい。

自分たち負担する金額は丸々全てではなくても、それを周りに出させるのすら惜しい。

準備にかける時間も半端じゃないし、当日も疲れてヘトヘトになりそう。

やる人を否定してるんじゃないんです。

結婚式をやりたいと思う人、やるべきと思う人、男女両方の考えが聞きたいです。

苦手な人から

自分仕事に熱中していて、急に話しかけられたら、びっくりします。

それも、苦手な人からの声。

だけど、びっくりするのは、犯罪ですか?

悪いんですか?

私が悪いんですか?

ねえ?

Hさん?

いっておきますが、私は精神疾患ではないですよ。

もう、私に話しかけないで下さい。

挨拶もしたくない。

帰りに「お疲れさまでした」

とか、言われても、悲しいだけ。

Hさん。

あなたdvの素質あります

目、でてます

http://anond.hatelabo.jp/20170523141330

こんなにホッテントリする前にみたときに、寄生虫のくせになにだらだらしとんじゃ夫と立場かわって働いてミロやと思ってしまった自分のクソさに反吐が出るわ

自分場合小学校クラスにいつも文房具買うお金いから貸してって頼んでくる女子がいて

ある日そいつ普通に筆箱持ってるのを不審に思って問い詰めたら

ちゃんと中身も一式あるけど使うのが勿体ないから借りてたって白状した

ああ女ってこういう生粋寄生虫みたいなやつがいるんだなって勉強になったので今はあの女子には感謝している

生活費

生活費足りないから、お金貸してとよく言ってくる友人がいる。

  

新婚当初は彼女お金管理をしてた。

しかし、消費者金融から借金をしたのが旦那にバレて

旦那お金管理をすることになった。

  

いつも、「お金が無い」「旦那生活費を少ししかくれない」など

言っていたので、経済的DVにあってるのかと思ってた。

可哀想だと思って、友人と会う時は度々昼ごはんを奢ってあげたりした。

  

今まで気になっていたが、生活費いくら貰ってるのか聞いたことがなかったが

前日、話の流れでいくら貰ってるかわかった。

10万円だった。

  

内容は、家賃光熱費携帯代、学費税金などの支払はすべて旦那が支払ってる。

友人は食費代、子供の小遣い、自分の小遣い、日用品10万円の中から出す。

あれ~??

4人家族だったら赤字にならないよね。

しかも、旦那の昼食は友人がお弁当を作るわけでなく旦那自分で用意してる。

専業主婦なので旦那のいない昼間は家事以外に何をしてるか聞いたら

ママ友カラオケ漫画喫茶スロットとか外をブラブラだってさ。

  

そりゃ、そんだけ遊んでて、タバコと酒を生活費の中から出せば

足りなくなるの当たり前。

友人を可哀想だと思った私が馬鹿でした。

親身に相談にのって、「家計簿をつけて旦那いくら足りないか訴えたほうがいいよ」って

言ったけど、実践しなかった理由がわかった。

http://anond.hatelabo.jp/20170524143222

長文を読んでくれてありがとう

彼氏にも、こんなに恵まれ環境にいるのにどうしてそんな事を思うのかわからないと言われた。

これは自分ではっきりと分かるが、プライドばかりが高くて、周囲に自分がこんなダメ人間と思われるのが怖い。こんなに学校に行っていないことを家族は知らない。ダメな部分がバレないように誤魔化してばかりだ。でもいつかは誤魔化しも効かなくなる。全てがバレても、そこから頑張ろうという気力も度胸も私にはない。

要はただ単に無気力なクソ人間が、将来に絶望して、もういいやと思ったという話だ。

文章を書くのは難しいな。あれ程の長文で、まだ自分気持ちを満足に伝えられない。思えばこれまでも自分気持ちを正直に伝えた事がほとんどない。抱え込まずに、何かがぷっつり切れる前に気持ち放出していたら違う答えになっていたかもしれないな。

ドクハラは言い過ぎかもしれないけれど・・・

(続きです)

 

さて、私のとんでもない医者に当たった経験を一部お話ししてきた。

実はさらに続きがあって、別の患者さんが嫌がらせ(?)に合っているところを見てしまったりしている。

本当はもっと書きたいことがあるのだが、これ以上のお話はクリニックと医師特定につながる可能性があるので、時効が来るまでネタを温めておきたいと思う。

 

このシリーズを読んでくださった方からありがたくもコメントを頂戴した。「事前に電話してみたらいいよ」とのアドバイス

ありがとうございます。本当にその通り。

なぜ電話しなかったのかアホだな自分

 

実は、とある病院の評判やランキングを集計しているウェブサイトで事前に調べたところ、まあまあ良い評価がつけられていたか安心しきっていた、というのがある。

今考えたら、あんなの完全なサクラだ。

帰宅してから件のクリニック名を検索したところ・・・出るわ出るわ、被害の声。「よかった」という声は本当に聞こえてこない。

掲示板では、数年前の日付だったが被害者関係者が続々と集結していて、あたかも「プチ被害者の会」になっていた。

参加できないのが残念なくらいだ。

新聞社系の掲示板でもトピックになっているのを見つけた。

 

匿名掲示板情報は、誇張なしの実話だ・・・間違いない。

 

みんな勇気あるなぁ。

あの先生暇そうだしすっごく粘着から、見られてるかもしれないのに。

憂さ晴らしに書いたものもあるだろうけど、「嫌な目に合う人を増やさないように」と警告してくれていたのだ。

 

こちらから聞きたいことも質問できず、毎回顔色を窺っておべんちゃらを並べて、嫌々ながら通院するという選択肢もあったのかもしれない。

だが、あんな驕り高ぶった態度では、いつミスをされるとも限らない。

人間謙虚さを忘れている時が一番危ない。

そんな人間自分の体を預けるなんてまっぴらごめんだ!

 

急病なら致し方ない時もありますが、クリニック選びは慎重に。

 

その病気、その症状、本当にそこのクリニックでしか治療できませんか?

からいから、検索たまたま目についたから、という安直理由で選んでいませんか?

ウェブサイトなどで情報確認しまたか

「あれ?おかしいな?」と思うところが一つもありませんでしたか

事前の電話の受け答えは的確ですか?

辛い症状を抱える患者さんを思いやる気持ちが感じられましたか? 

 

皆さん、いいおお医者さんに出会ますように。

長々と全部読んでくださった方(何人くらいだろう)ありがとうございました。

貴方の周りに、お医者さん選びで困っている人がいたら、ぜひ伝えてあげてほしいです。

こんなヒドイ医者がいるということを。

http://anond.hatelabo.jp/20170524081739

言いたいことは分かるよ。

やりたい人だけがやって、やりたくない人はやらなくていい社会になればいいよね。

それを妨害してるのは、行動するにあたって「しなきゃいけないことになってるから」というエクスキューズを欲しがってる人。

化粧やハイヒールとかのマナー問題も、「自発的にやってるというと媚を売ってると思われるからマナーがあるから仕方なくやってると言いたい」人たちがいて、そういう人たちの存在問題をややこしくしているんだと思う。

からそういうのに対抗するには「自分はやりたいからやる。やりたくない人はやらなくていい」「自分はやりたくないからやらない。やりたい人はやればいい」という意見オープンにしていくしかないんだろうなあ。

自分も売れない漫画家並の貧民生活なのに健康上の問題特に出てこないことを考えると

やっぱり絵を描くって色々なものを削っているのかなっていう気はする

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん