「不安」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 不安とは

2016-08-28

自分残業耐性の無さが辛い

ソーシャルゲーム開発と運用をやっている。

これまで入社してからの数年間、月40時間ぐらいの残業問題なくやってきていた。

しか担当していたプロジェクト炎上して、数ヶ月ほど月60・70・80時間だんだん残業時間が伸びてきた。

この時期は本当に辛かった。

現在は月40時間程度に戻ったのだが、今だそのダメージが抜けないのか不眠や不安感が非常に強い。

周囲のプロジェクト炎上してくるとメンバー疲弊するのが分かるのだが、その後落ち着くと元の体調を取り戻している。

今の仕事は辛いこともあれば面白いこともあり、辞めたいとは思わない。

だがこの自分残業耐性の無さは、これからこの仕事を続けるには大いに不安だ。

希望して産業医面談を受けたほうがいいのだろうか?

社内で休職から復職を遂げた人を殆ど知らないので、失職か、と思うと産業医に元気ですアピールをすべきだろうか。

不安かられる大学時代を送っていた

ふと大学時代のことが思い出されたので書き連ねてみる。

私はとある地方都市大学に通っていた。現役合格だった。大学場所は、18年間生まれ育った町からかなり離れたところにある町。東京から電車などを利用して数時間かかるところにその大学はあった。ただ、地方都市はいっても、大学がメインの町なので、学園都市に近い。

それなりに偏差値の高い大学だったし、学びたいことがあったので、知らない土地に対する不安は何もなかった。でもいざ大学に入ってみると、大学生特有のウェイウェイした感じ、高校生ときから止まったスクールカースト、町特有の閉鎖感などが、自分合致しなくて、大学を始めてから半年くらいで授業以外のものにはかかわらなくなっていった。

授業以外で何をしていたかというと、本を読むだけの毎日。授業以外はいろいろな本を読んでいたと思う。授業の教科書。授業に関係する本。授業にもまったく関係のない本。なんとなく友達を作りたいなあとか、恋人欲しいなあとか思いつつも、やっぱりめんどくさいというループを回して、本を読み続けていた。

本を読む場所はその時々によって変わる。自分学部の休憩スペース。別の学部の休憩スペース。食堂喫煙所図書館など。そういったところをローテーションで組みながら、片っ端から本を読んでいた。

ある日のこと、数時間本を読んで、もう夕方だし、帰ろうかなって思った。日が暮れそうだった。ふと、ありえないくらい将来に対して不安になった。不安自体漠然としていたのだけれど、夕日を眺めているとひどく不安になった。

大学以外何もない町。閉鎖的な空間。本を読んでばかりでカラに閉じこもった自分。誰かはいるはずなのに誰もいない気がする感覚。何もかもが嫌でしょうがない。逃げ出したいけど逃げる方法もわからない。というか、逃げるという選択肢すら思いつかなかった。その頃は自分にもとりあえず友達と呼べる人はいたけど、別にそいつらにとって友達は僕一人じゃないから、気軽に連絡を取れるわけでもないから、よけいに閉鎖的だった。

ビルの中から何もない町に夕日が差さっているのをみると、なんかとてつもない不安に駆られた。だからといって、大学を休むとか、自傷行為かられるとか、そういうのは全然なかったんだけど。

この前私用で大学によってみたのだけれど、相変わらず人はいる。いるんだけど、いま改めて見ても閉鎖的な空間なことに愕然とした。

こんな閉鎖的な空間のなかでよく何年も生活出来たなとゾッとした。

今週末も酷い気分だった。

まるでなにひとつやる気にならないし、何を読んでも何を見ても気がまぎれない。

誰も何も求めていない休日なのに、不安と焦りに似たプレッシャーけがずっとあり、

遅効性の毒のぬるま湯に浸けられて水面で口をぱくぱくしながらどうにか呼吸してる状態だった。


ウイスキーを三口ほど飲んで、ようやくまともになった気がする。

http://anond.hatelabo.jp/20160828193047

冷遇っつーか

紙で印刷した本は、

書店さんで販売されるけど、売れ残った分については書店さんは返品が可能なのさ

から本は刷っただけ売り切らないと出版社倒産する

そういう不安がある出版社だと、紙を先行させて、

から電子版っていう形にしている

 

 

あともう一つ、電子版で出すとき

紙版の修正をしたいっていう要望が筆者から出ることがある

そうなると当然電子版は遅れる

今まで調子が悪いときはなにか頭に入力していれば気がまぎれてたんだけど、

文字を読むのも映像を見るのも辛い。

でも何もしないと、不安というか、イガイガした感じが胸のあたりでうわーってなる。

現実的・具体的な悩みというか問題がいくつかあるのだけど、

あれの解決はそれの解決を捨てること、みたいな感じで、三すくみとか四すくみとかになってて、

ちょっと前はそれに押しつぶされそうになってたんだけど、

今はもう何がとかじゃなくうわーってなる。

相談できる人間はいない。

信用できる人間しか付き合ってこなくって、結果、

全員がなんらかの問題利害関係者というか、深く関わる人で、

仮に利害のない問題について相談をしたとしても、

どれかひとつだけの解決を選ぶわけにはいかないような

三すくみとか四すくみの状況を説明できない。

そもそもひとつひとつシンプルに答えがでるから相談なんて要らない。

脂汗が出てくる。頭がじんじんする。胃がひっくりかえるよう。

ため息をつき続けないと息ができない。

医者は様子を見ましょうとしか言わない。

どうすればいいんだろう。

死ねればいいと思うけど死にたいとは思えない。

2016-08-27

http://anond.hatelabo.jp/20160826220123

つか、会社新人が潜り込めるのは「試用期間」というシステムのお蔭であって、

それを否定してしまうと「経験者以外お断り採用試験ガチガチちょっとでも不安があれば不採用」な方針でいくしかないんじゃ…


インターン制度のない学校以外は全員死亡、みたいな世界になってしま

2016-08-26

人との待ち合わせのため上京したのだけど、

時間が早すぎたので適当なバーっぽいカフェへ。

そしたら棚に山崎の18年が置いてあって、

えっ、こんなところにあっていいの?ほんとにいいの?飾りじゃないの?

テンションが上がってしまった。


聞けば、18時以降にお出しする、と。

ヤバい、これは知人に悪いが待つしかない。

スマホ文庫と行ったり来たりしながら待つこと三時間

メニューにないので少々お待ちを、だとか

チェイサーのソーダをソーダ割ですか?と聞き間違えたり、

若干不安になりつつも目の前でボトルを開けていただいたウイスキー

屋台のちっぽけな光に映えるような、飴色のような琥珀色をしていた。

鼻を翳すと、色に似つかわしい豊満香りがすぐに吸い込まれていった。

樽という子宮から今、僕の中で産声を上げていた。


1200円1ショット50mm、チェイサー込み。

アマゾンさんで購入しようとすると、

同じ年付き、同じラベルで、700mmのボトルが45000円くらいだったか

飲み干してもお釣り取れるよ、つーか東京住みなら毎晩通いたいよ!?



滅多に出来ない経験だった。

JGバラード原作ハイライズという映画を見て、あぽーんな感想と一緒に全部吐いた。

http://anond.hatelabo.jp/20160826202909

コメントありがとうございました。

コメントのやり方が分からず、検索していました(笑

正直、会社都合云々は自分無知会社の良いようにされてしまいました。

今更どうしようもないと思いますし、もう連絡するといった事もしたくないのが

正直な気持ちです。

今後、また就職活動を始めなければなりませんが

入社1ヶ月で退職、って

そんな人間雇ってくれるところあるのか不安です。

即日解雇された

追記:18:34 退職届の事ですが、退職勧奨による退職という事で書き直すそうです。

追記:15:51 ブコメ返し


書き込みはじめてです。

なんか愚痴たかったのではじめてみました。



タイトル通り、今日、即日解雇されました。

私は専門学校卒業後、3年ほど地元で働いていました。

学校デザイン系ので、就活で振るわず地元就職しました。

ただ、年明けにやっぱりもう一度挑戦したいと思い、就職活動を始め7月から都内の某デザイン事務所採用が決まりました。


その会社はおそらく誰でも知ってるような飲料水お菓子タバコから私でも知っている所のブランディングまでやっているような

からすれば高嶺の、自分でも最初は受かったことに信じられない会社でした。


面接では、あくまで私は未経験でその事が不安でしたが、社長

「それは了解している。ただ、君のポートフォリオを見る限り、見込みがあると思った」

と言ってくれ嬉しく思い、頑張ろうと思いました。


入社して最初の週は社長の方からも、ひと月ぐらいはゆっくり色々と覚えていってくれと言われました。


3周目には、某飲料水の新しいフレーバーデザイン案をやってみようと言われました。

他の先輩デザイナーも含め、いわゆる練習じゃないですけど、力を見てみようという気持ちがあったんだと思います

社内プレゼン当日、社長から一言「期待はずれだな」と言われました。

ショックでしたが、やはり他の先輩の案を見るとレベルが違うというか、自分制作物はすごく幼稚でした。

先輩から色々とアドバイスいただき、次に活かそうと励ましても貰いました。


4週目、社長から呼ばれ

「君を雇ったのは期待はずれだった。今後自分でもどうしていくべきなのか考えなさい」

と言われました。

甲斐なさでいっぱいになりましたが、挽回してやろう、と逆に意気込みも増しました。

しかし、自分はこの言葉を軽く考えていたようでした。


5週目、今週の今日

「もう来なくていい。お疲れ様でした。会社都合だと君も次の職探し大変だろうから退職届書かせてあげる。書いたら帰って」

と言われました。

ショックすら来ませんでした。なんだかよく分からない気持ちでいっぱいでした。

あぁ、クビか。って漠然とそう思いました。今日の昼には帰らされました。



家に帰って、少し落ち着いて、今になってショックがすごく来ていて、

今までいた会社も辞めて、東京に来て、即日クビになって、

今後どうしていいかからなくて不安でいっぱいです。

そして、今になってなんだか会社におちょくられていたように感じて怒りのようなものが溢れてきています


経験を了承して雇って、1つデザイン案を出したら期待はずれで、じゃあクビって。

退職届書かせてあげるって。

君にも生活があるだろうから今月分の給与はあげるようにしましたって。

多分、馬鹿にされたんだろうな、と。


給料の3倍稼いでもらわないと給与は払えない。君は1円も稼いでないとも言われました。

入社1ヶ月未経験デザイナーで、稼げるわけないじゃん。


10人いない会社で、パソコンの台数も机の数もギリギリで、私も前任者が寿退社するという事で代わりに入りました。

今になって思い出すのは、少し前に会社に雇ってくれって電話があったみたいで。

その人の方が良かったのかなぁ、と。考えすぎでしょうか。

辞めるよう促したけど、気づかなかったし、新しい人雇うから即日解雇でいいや。

って言う風にされたんじゃないかと今になって思います

考えすぎかもしれませんが。



結局自分で何を言いたかったのか分からない文章になってしまいましたが、自分でも未だに心を整理できていないです。

誤字脱字、変な文章があったらすいません。


ブコメ返し

総じて、励ましのお言葉をいただいた方ありがとうございました。

めげずに次に向けて活動していこうと思います


解雇予告手当

それ的なものは貰いました。

自己都合なんで30日以上ではなく、来月の締め日までの給与をくれるそうです。

君にも生活があるだろうし、私も君をそこまで悪いようにはしませんよ、だそうです。


新卒なら失業保険出ない。1ヶ月じゃ出ない

新卒ではありませんし、前の会社と合算してもらえるので大丈夫です。


会社どこ?

都内の某事務所とだけ…


デザイン世間通用するまでに最低2年

社長もそう仰られていました。2年でまっとうにできるようにしてやると面接では言ってくれました。

単に気が変わったのか、私が気に食わなかったのか、ほんとに見込みねぇなと思われたのか、何か他の理由があったのかもしれないです。


法テラス、労基

書いたとおり、私は退職届を書いてしまったのでダメだそうです。

「それ書いちゃもうどうしようもないですよ」

と言われました。

労基から

普通会社都合なら会社から通知書貰うんですよ。あん自分で納得してそうしなかったんでしょ」

だそうです。

ハローワークの人には

「私達じゃそういうのに首突っ込めない。労働監督署なりに電話してください」

と言われました。


バイト扱いだったの?

正社員です。


契約

ちゃんとしたものを書面にて交わしました。


普通そんな簡単に辞めされられない

から自己都合で書くように促したんだと思います

隣に会社の人じゃないなんかそういう系統(なんとか士的な)の人がいて

途中からはその人のいいなりでした。


解雇理由能力才能ではなく何となく社風に合わないとか適当理由

それはあるかもしれません。

ディレクター陣は男性デザイナー陣は女性だけだったのであまり歓迎されなかったのかも


遅刻3回以上したとか、仕事の報告を入れないとか、期限内に仕事が終わらないとか、勤務時間内にスマホゲームしたとか

流石にそういった事はしていません。

間内社長の満足行くデザインができなかった=期間内仕事を終わらせなかった

と言われてしまえば何も言えませんが。


リアリティない

あったままを書いております

ただ、受かった事自体からもう何かの間違いだったのかもしれません。

それがただ修正されて問題ない状態に戻っただけかもしれません。

また、デザインから離れていたつもりもありません


>周りの人にこのことを説明しても理解を得られないような事例だよね

それがあるので今後の活動に対して不安に思っているところはあります


会社都合だと職探し大変→おかしくね?

失業保険云々の方ではなく

履歴書会社都合なんて書いたらどこも警戒して雇ってくれなくなるよ

と言われました。


今思い返してみて色々と思うのは

入社2日目に社員からうちは中途長続きしないんだよねーと言われたことでしょうか

10人近くいますが、全員新卒からずっといる方々でした(大体みな40前後です

今になって思えばふつう入ってきた新入社員にそんな事言わないですよね…

2016-08-25

http://anond.hatelabo.jp/20160824212758

いくら好きでも許せない許せるって…

からそれが間違ってるっつってんだよ。

お前自分の親がどれだけ許せないことしたとして簡単に縁を切れるか?

父親母親どっちでもいいが金輪際関わらずに死ぬまで一度も会わない関係にできるか?

できないだろ。

理屈じゃないし感情でもないんだよ。

それが家族関係性だっつってんの。

血が繋がってないやつと家族になるってそういうことだから

好き嫌いを超越したところで約束するから成立してるの。

例え夫が犯罪者になってもそれでも見捨てられないんですってくらいの関係から結婚したくなるの。

じゃなきゃ打算的なものしか残ってないから。

嫌いだから見捨てるって考えなら一生結婚生活無理だっつってんの。

家庭内暴力にしたって暴力振るうのが男側限定なのがもう被害者意識すごいねあなた

自分相手暴力振るう可能性は全く考えてないんだな。

言葉暴力にしたって自分がやる可能性は十分あるのに自分がやったときはどう償うつもりなの?

ワンミスしたら離婚の口実になっちゃうわけ?

自分だけは例外扱いするつもりだろ?

 

違うって。

嫌いになったから別れるとか

絶対許せないから別れるとか

恋人関係の延長線上にしか結婚を想定できてないってことが

相手にも伝わってしまってるから彼女ならいいけど嫁はないわw」って反応しか帰ってこんのよ。

男はお袋が欲しいの。+αで子どもが欲しいの。

どこまでいっても潜在的マザコンから

自分母親かもしくは子ども母親になれる女が欲しくなるから結婚するの。

出なければゴリゴリマウンティングしてくる高スペック男性よ?

俺が教育してやるってタイプしか来ませんよ?

当然落ち度がある相手にはねちっこく質問してきてあなたの嫌いな理論的な攻撃しまくるよ?

それも嫌だってうから独り身なんでしょ?

教育されたくない。

母親にもなりたくない。

じゃあ、あなた結婚相手に何をしてあげるつもりなの?

ただいてあげるだけ…とか?鼻水出る。

 

あなた結婚したいとか口では言ってるけどまるで結婚生活イメージできてないでしょ?

単に独り身で終わるのが怖いからそういう欲求が出てるだけだけど

その状態で間違っても結婚したら孤独死よりも何倍も恐ろしい不幸しか待ってないよ?

真剣結婚して何が欲しいのか考えてみ?

単に面白いやつを傍に置きたいだけなら結婚じゃなくていいから。

普通に独身男性面白そうなやつ見つけて遊びに行けばいいだけでしょ。

結婚相手不安解消の素材にしようと考えても目的は果たせないって。

2016-08-24

はてなーが案外やさしかった件と、その他のもろもろ

母親結構な金が注ぎ込まれてる」(http://anond.hatelabo.jp/20160823232626 )を書いた元増田です。




まずは予想をはるかに超えて、多くの方からかいコメントをいただいたことに感謝したい。

こんなにブコメがつくとは思わなかったし、ついたとしても、もう少し甲論乙駁するブコメになるかとおもっていた。





お金ことなど気にすることはない」という趣旨コメントを多くいただいた。

本当にありがたいし、そういうコメントに対してこんな返し方をするのも失礼なのかもしれないが、

本心を言えば、多分、そういう言葉をくださる優しい方々が心配するほどには気にしていない。

母は、当然の権利行使しているのだと思っている。



ただ、やっぱり現実に「60万円」という金額を見ると驚かざるを得ないのは事実だし、

どちらかというと気にしているのは「俺らが後期高齢者になっても、これが続けられるのか?」ということなのだと思う。

日本現在人口ピラミッドをみれば、そう思わざるを得ない。

その解決方法が、少子化対策なのか一億総活躍社会なのか、はたまた移民の受け入れなのか、難しいことはよく分からないが。






「きちんとQOLが保たれているから、ちゃんとしたお金の使われ方だ」「寝たきりに金を注ぎ込むのとは違う」という趣旨コメント散見された。

それはそうなのだが、ただ、では、どこで線を引くのかと言われると、それはそれで難しいのではないかと思う。

一度線を引いたら、その線の位置だんだんずらされていくのではないか? という危惧もあるし。


母はガンの罹患前、「あたしは別にそんなに長生きしたいとも思わない。元気なうちにポックリいきたい」という趣旨のことをよく言っていたが、

逆にガンと戦い始めてから生への執着が強まったように見える。

多分「長生きなんてしなくていい」というのは健康が当たり前な人の贅沢なのであって、

実際、死を意識し始めると、すこしでもそのタイミングを先に延ばしたいと思うのが本能なのではないか?と、最近考えている。

「いつ死んでもかまわない」といっている人に、「じゃあ、あした死んでもらいますね」というと、大多数は「え? ちょ、ちょっと、もう一日待ってくれ」と言い出すのではないか

で、「もう1日」が毎日続くのだろう。






自分の書いた増田リツイートされて回ってくるというのも、初めて経験した。

そのなかで @natorom さんが「はてな匿名ダイアリー抗がん剤加療中のstage 4の母親の話。医療費がメインのエントリーだけど、

現在抗がん剤治療リアル副作用がないわけではないけど普通に生活可能)が描かれている」

と、拙文を紹介してくださっていたので、この辺のことも触れておく。


母が抗がん剤治療を受けている、というと、患者ことなど考えない医者にやたらめったら薬を打たれ、

副作用でのた打ち回って悲惨きわまる闘病生活を送っているに違いないと勝手に思い込んで慰めてくれる人が、少なからずいる。

はっきりいって迷惑だ。

確かに、副作用がないわけではなく、特に新しい抗がん剤に切り替わった直後などは、食欲も落ち、夜中も何度もトイレにたって、

日中ほとんど寝たきりになっていることもあるし、母がレディースアデランスの愛用者になっているのも事実だ。

初めての薬を投与して、一週間後の最初の検診までの期間は、当人家族も緊張はする。

どの程度の副作用がでてくるのか、医者だって正確なところはわからないし。

薬を変えてはみたが、どうやら医者が当初想定したほど腫瘍マーカーが下がらなかったらしい、という局面にも遭遇した。



からといって、その他の期間は、時に温泉旅行に出かける程度に回復するわけだし、勝手イメージで同情されても困る。

そういう人に限って「自分想像しているような、苦しそうな闘病生活」を送っているわけではない母をみると

今度は、「あら~、大変かと思ったら元気そうじゃない! よかったよかった! もうすっかり良くなられたのかしら!」などと、トンチンカンを言う。

「アタシだって病気と闘っているのに・・・」という母の愚痴を聞くのは、こういう人とあった後だ。


確かに、今ほど抗がん剤進歩する前は、いろいろと悲惨な状況もあったのかもしれないし、病状によっては、かなり大変な副作用を併発することもあるのかもしれない。

だが、別にがん患者がすべて、あなた想像するような悲劇の中で生きているわけでもないし、だからといって病気の大変さがないというわけでもない。

おそらく大半の現場医療関係者は、真摯に最善の治療法を(保険でまかなえる範囲で)考えているし、

製薬会社だって別に人の命を食い物にして儲けることだけ考えているわけでもあるまい。

とりあえず、何十年前の知識で、抗がん剤批判を繰り広げて金儲けするのはやめろ、近藤誠

(実際、母親世代には、まだまだ近藤誠信者と思しき人がいる。そういう人との付き合いは、なんとしても切るのが吉だ)



早期発見できた人は違うのかもしれないが、「ステージⅣで発見」という状況だと、「基本的に治ることはない」というのが、周りの人間にとっても難しいところだ。

当人もっと大変なのだろうが、自分当人ではないので、本当のところは分からない)

普通病気のように「頑張って、治しましょうね」という励まし方はあり得ない。

いかに上手に付き合っていくか、いかに現状を維持していけるか、というスタンスで付き合えないと、患者家族双方にストレスたまることになろう。

しかも「いつまで続くか分からない」「いつ悪い方向に進むかわからない」という不安を抱えながら、である

この辺、バランスを取れなくなった人が、「奇跡治療法!」とかに走るのだろう。

奇跡はめったに起きないか奇跡なのであって、その奇跡自分には起こると考えてしまうのは「逃げ」だと思うけれど。




先日、とある観光名所にいったとき、「健康」とか「長寿」とか「家庭円満」などと書かれた名産品が売られていた。

ちょっと考えた上で「長寿」のヤツを、母の土産に買って帰った。本当の意味で「健康」を回復することがない人に、「健康」を祈願するグッズを渡しても白々しいからだ。


ちょっと迷ったが、母に「『健康』ってやつもあったんだけどさ、まあ、いまさら健康』ってのは無理だから、『長寿』にしたよ」と言ってみた。

母は、「そうねえ、もうちょっと早く『健康』のヤツがほしかったけど仕方ないわよねえ」といって笑っていた。

ああ、この人は強いな、と思った。



長くなってしまったが、最後にもう一つだけ。


60万超の治療費にたいして1万5000円という負担に関して。

これは、母が後期高齢者で、かつ、健康保険の仕組みにおいては、もっと収入の少ないカテゴリに分類されているので、この金額になる。

(なお、自分とは世帯は別)

もし、母がもっと若かったり、年金以外に収入があったり、夫(自分の父)が生きていて収入があったりしたら、もっと請求されている。

まり、母は医療費世界において「相対的貧困者」とされているおかげで、この程度の負担で済んでいるということだ。

ここで「でも、温泉旅行いったり、映画見に行ったりしてるんでしょ? もうちょっと払えるんじゃないの」とか

「息子、治療費全然だしてないのかよ。親子なんだから出させろよ」とか非難されたらと思うと、ぞっとする。

だが、どうやら世間は、子供貧困に対しては、似たようなことを平気で言うようだ。

ぶっちゃけていえば、あと長くても10年は持たない老女よりも、この先何10年もこの国を支えていく若者のほうが、

ROIは確実に大きいと思うのだが、なぜこうなるのかは、考察に値すると思う。




いずれにしろ、この話題は、増田でこそいろいろ吐き出せるネタであった。

この世に増田があったことに、感謝したい。

双星の陰陽師が次回21話からアニオリらしいんだが

内容の不安より、紅緒たまの胸が2年を経ても成長しないのでは?という不安の方が大きい。

一方繭良の乳は肥大化して魔乳になっていた。

なので、もう紅緒たまの胸には期待しないでおこうと思う。

http://anond.hatelabo.jp/20160824181710

このあい妊娠したのですが一向に彼氏から連絡来ません

電話LINEブロックされています

何かの間違いだと思うのですが

毎晩一人で不安で泣きそうですどうすればいいですか?

精神科の初診予約の取りづらさ

仕事に行きづらくなって1ヶ月ほどたつ。

ホワイト職場なので有給を当日電話で使うこともできるけど、それも限界がある。裁量労働制なのをいいことに、みんなが帰りだす夕方6時頃に出勤して日付が変わる頃に退勤する生活が続く。

うつ病かもしれないと思ったので一念発起して精神科心療内科電話かけてみたら、次に空いてるのは10月下旬と言われた。何軒か電話をかけてみたが似たり寄ったりだ。

これ以上状況が悪化する前に正常に働けるように戻したいんだけど、それまで自分もつかどうか、その頃にはクビになってないか不安だ。年契約社員からいずれにせよ来年度は厳しいし。

追記:なんかみんながアドバイスくれる…!それだけでもちょっと嬉しい。ありがとうございます。それにしても、どこもいっぱいだなんて、今の世の中みんな悩んでるんですね。カウンセリングハードルが下がったと捉えるなら良いことなんでしょうけど。

日本男性腋毛陰毛などの体毛を剃ることを一般化させたい

腋臭で悩んでいて腋毛を剃れば軽減されるというのを見て

意を決して剃ってみたんだが…

これが驚くほど臭わない!!

 

もちろん個人差などあるかもしれないが、

自分は汗かいとき特有のあの脇の下のムワっとした感覚がなくなり、

汗をかいても脇の皮膚の下空気の循環がいいのですぐ乾く。

本当に快適になった。

なんでも臭いの原因は汗の成分をそれを好む細菌が分解することで発生する物質が原因らしい。

まり腋毛が生えているとそれだけ表面積が増えて細菌が増殖しやすくなる。

髭が不潔なのと同じだ。

いつも汗かいたあとはスプレーをしていたけどそれでも気になっていたのに

今では少しトイレで水で濡らしたハンカチで拭いてきたらべたつきもなくて快適。

もう快適。

こんなことなもっと早く腋毛を剃っておけば良かった。

夏になるたびに剃ってたら憂鬱な気分を過ごさずにすんだのに。

 

それでタイトルに戻る。

男が腋毛剃ってたら気持ち悪いというのが日本社会一般的常識

すね毛や腕毛でも女性から支持を得られず嫌悪感を抱かれる。

この常識を何とかしたい。

先進国の中で男の剃毛が許されていないのは日本くらいだとか、

別に欧米かぶれになりたいわけでも欧米文化妄信的なわけでもない。タトゥー怖い。

ハッキリいうが剃毛にはメリットしかいからだ。

衛生的に不潔だし、毛のせいで洗いづらいし、見栄えも気持ち悪い。

正直オリンピック水泳体操でも腋毛モジャモジャで飯食ってたら食欲なくなる。

汚い。

この感覚日本寄りというよりも欧米寄りだろう。欧米か。

あちらではシャワーときに男でも全身の毛を剃るのは一般的で下の毛も剃る。

それくらい剃ってて当然、なぜなら汚いでしょ?という感覚らしい。

俺はあまり詳しくないがその感覚がとても羨ましいし男が剃ってても社会的に奇異の眼で見られない環境も心底羨ましい。

日本美容メーカーは男の剃毛一般化させる取り組みをしてもいいのに

ずっと女性しかターゲットにしていない。

男の美容品なんてドンキホーテエログズコーナーくらいのシェアしかない。

真面目に取り組む気なんてサラサラないのが伝わってくる。

だってベタベタは嫌だしサラサラになりたいんだ。

 

腋毛をそって腋臭を軽減させたのまではいいが、

もし同僚に見られたり家族に変な誤解を抱かれないか不安を抱えることになった。

腋毛剃ってるのをバレたとき言い訳も面倒だしそもそも言い訳する必要あるのかとか要らないことを考えてしまう。

 

なので日本の常識を変えたい。

男も剃るべきだと。

しろ女も陰毛を剃れと。

陰毛も汚くてしょうがないが社会常識のせいで剃れない。

本当に不幸だと思う。

剃った方が快適なのは分かってるのに日本の常識がそれを拒んでくる。

悲しいよ。

 

今は俺は男なのに腋毛剃ってツルツルの快適だぜと心の中で思って

職場では精神的な優位を感じているがこれがバレたら逆転だろうなという不安がある。

そのドキドキがつまらない日々の仕事ちょっとだけ刺激的な非日常にしてくれるアクセント

ぜひ、増田にも試してほしい。

 

PS:

どういったメリットがあるのか一応簡潔に書いておこう。

・清潔を保てる

汚れは皮膚という表面に付着するゴミが原因だが毛があるということはそれだけゴミが付着しやすい。

ゴミが付着すると細菌の温床にもなり自分のような腋臭に悩まされたり悪い常在菌が住み着く可能性もある。

陰毛は毛じらみが付くかもしれないし汚れやす局部の汚れが陰毛に付きやすいのは不衛生。

防御的な役割は服を着るようになった時点でほぼないに等しいので剃っても問題ない。

 

違和感を感じなくなる

実は毛があることで日頃から服や体とこすれて違和感を感じているはずだが

まりにも恒常化しているせいで認識をやめてしまっている。

しかしそれば分かるがこの感じていた違和感というストレスを0にすることができる。

剃毛後の変化はまさに快感、まさにストレスフリー

あの腋毛のジャリジャリとしたこすれるノイズが無くなったのを実感できる。

楽しい

 

・洗いやす

表面積もギミックも毛というものは洗いにくいことこの上ない。

だってちゃんと流し切れてるか半信半疑だし確信が持てるくらい洗うと時間が掛かる。

腋毛がないとゴシゴシゴシゴシ、これで終わり。

毛がついていたときほどの不信感は消失

毎日軽く髭剃りでサッサッサと剃ってあとは石鹸でゴシゴシで終わり。

不信感なく洗い終わることができる。

時間精神的なストレスカット

コスパ最高。

 

・なんか綺麗になった気がする

完全に思い込みだが鏡を見たときにはみ出ていた気持ち悪い腋毛がロストしただけで体が綺麗になった気がする。

体型維持のために始めた腹筋も楽しい

シルエットがスッキリして体のラインをよりカッコよく引き締めていこうと前向きになれる。

歳を取ってすこし崩れてきて自信喪失してたがまだまだ俺も行けるなという気分にさせてくれる。

ボディービルダーは腋毛生やしてないもんな。

取引先が潰れそう

取引先が潰れそうだ。

金銭的なトラブルなどはないので、こちらに影響があるわけではない。

ただ、年齢が近いこともあって個人的にそこの社長とはよく飲みに行ったりしていた。

その人がなんだか元気がなくなっていて、もしかしたら自殺ちゃうんじゃないか…という不安を感じる。

売上を立たせることができず、会社継続が難しくなったので会社が潰れるのはわかるし、その責任社長にあるってことも理解している。

でもなんだか悲しい気持ちになる。

かと言って自分が何ができるってわけじゃないんだよなぁ。

こんな気持ち自分がなるなんて思ってもなかったよ

友達がいないしいたことがない

欲しいと思ったことはある

いま欲しいとは思わない

恋人いたこともある

友達だと思っていたやつが

それを寝取った末に結婚したこともある

なぜこいつは用もなく絡んでくるのかと思ったことがある

その場に他に誰もいないだけだった

さすがに便所で飯を食ったことはないが

静かな場所で人と飯を食うと音が気になる

自分クチャクチャしてるんじゃないか

不安で箸が進まない

指摘されたことはいまのところないので

どうにか一人での外食に支障はない

誕生日を祝おうとも思わないし

祝って欲しいとも思わない

歳をとったことを自覚して

取り返しのつかないことになったと思うことも怖い

でも友達はいらないし人は怖いし

でも金は稼がにゃならんし

社長じゃないからひとりじゃ仕事できないし

2016-08-23

精神科心療内科に通院してる方に質問

転勤より、以前から通院してた心療内科から新しい心療内科に転院したのだけど。医者ってこんなに個人情報をしつこく聞いてくるものなのか問いたい。


例えば、自分出身地会社名、出身大学、専攻、家族出身地会社名とか。大学名は○○(地域名)の方ですとぼやかしても、だからどこ大学なの?としつこく聞いてくるし、会社名にしてもただの会社員ですとぼやかしても、だから会社名は?としつこく聞いてくる。


文章の書き方で分かる通り、名の通った大学出た訳じゃないので、結局「そんな大学知らんw」という対応。結局、症状については何も聞かれなかった。個人情報精神症状に関係あるのか、只の興味本位か知らないけど、個人情報漏洩して病気バレしたら困るし、このまま通院するのが不安


長期に渡って心療内科に通院してる方、良い医者と悪い医者色々出会っただろうけど良ければお話聞きたい。


【追記8/23

トラバブクマありがとうございます。中々相談できない話なので、大変参考になります

見たところ、今回の医者のようなパターンは稀のようですね。医者との相性や第一印象もあるかもしれませんが、この結果も踏まえて今後の通院は控えようかなと思います第一、薬の副作用とか教えてくれなかったのが恐ろしい。弱い薬とは言われたけども。

一つブクマの返信です。

>転院するときに前の病院紹介状を書いてもらわなかったの?

実は、自分自身治ったと思って紹介状貰いませんでした。今回通院を始めたのは家族の進言です。


引き続き、思う節がある方いましたらコメントどうぞ宜しくお願いします。

http://anond.hatelabo.jp/20160823153339

本当に欲しいものが出た時は買ってるので

欲しいものができた時のための貯蓄や

会社倒産、クビなどの時のためのリスク回避用の貯蓄です。

 

将来への不安に対して心の安心を貯蓄で賄ってるようなものです。

貯蓄に回して何が悪い

会社が潰れても他でやっていけるように

手に職を身につけてやってきたが

それでも将来に不安を感じて

もらった給料基本的に貯蓄に回す

 

外に出るとお金がなくなるし

家の中でやりたいことができるってのもあるから

基本的に外出はしない

 

昔の人のように先を考えず

借金やローン、分割払いなんてとんでもない

 

本当に欲しいものが出てきた時だけ

生活に余裕がある分貯蓄がある前提で

現金クレジットで一括払い

 

貯蓄が趣味ってわけじゃないけれど

本当に必要な時にお金がないと困るから貯蓄に回しているだけ

 

から無責任に人に散財しろ散財しろと言わないで欲しい

本当に欲しいものが出たから50万ほど使ったが

それを素晴らしいと言う周りの人はどうなんだろう

 

周りがどう勧めようが無駄に高い車や高級腕時計などは絶対買わん

http://anond.hatelabo.jp/20160823105314

飽和攻撃有効からこそヤシオリにケチが付くんだが。

飽和攻撃有効だとあの場面でわかった時点でヤシオリ意味ないなって同時になったのになぜ気づかない?

休眠中ゴジラが何をしていたのかあの場面で答えが出てる。

要するにゴジラは冷却機能向上を図ったんじゃなくて尻尾レーザーとか省エネに走った、

まり冷却機能のこれ以上の改善不可能だと自分で答えを出したかお茶を濁しに走ったわけ。

そうすると有翼化か群体化が残るが有翼は当然歩行よりもずっとカロリーを消費するから

さら熱量を溜め込むことになりどう考えても効率悪いのでこれも答え合わせができる。

から消去法で群体化しか残されてなかったわけ。

物量作戦有効さをゴジラ学習したわけ。

それってオンリーワンよりも数が多い方が替えが効くよねって理論

まり攻撃死ぬ可能性あるならストック沢山多い方がいいよねって話で

防御面で僕不安抱えてるんですよどうしましょう先生?ってコメントになってる。

どっちにしろ防御面も攻撃面も欠陥が残って手詰まりになってるんだよねゴジラは。

あそこで棒立ちした時点でもう詰んでるんだよ。

群体化こそが最後の賭けだった。

まあ、増田じゃそこまで読み解けないわな。

 

「ヤシオリの飽和攻撃有効」ということからここまで答え合わせがあのシーンからできたからまるで入り込めなかった。

ゴジラのやってることってあの巨体とか新元素とか放射能とか神秘的なように見えて

やれることやれないこと劇中の動きだけでハッキリ線引きされてるんだよね。

なのに作中の人間たちが神格化して捉えてるのに作戦があのヤシオリっていう地味で無理やりさだから違和感すごかった。

2016-08-22

シン・ゴジラ後乗り感想

あんまりにも絶賛以外の初期批評ボコボコにされるのを見て恐れをなし増田に投下する所存

ネタバレあります


矢口描写

現実派の赤坂理想家の矢口という対立描写がされていたが、矢口が非常にできる人オーラを出しているのであまり対比が感じられない。

冒頭で矢口が巨大生物云々という空気の読めない発言をするが、観客からすれば「真実」を指摘しているわけで、この時点での矢口の未熟さを感じる人はあまりいないと思われる。

赤坂が「空気を乱すな」とたしなめるが、この時点で赤坂矢口感情移入する観客からすれば嫌な人でしかない。

その後も矢口は周囲のフォローを受けながら巨災対を回していくわけだが、失敗描写殆どないのでやはり矢口は有能に見えてしまう(よく見ると矢口1人では全く回ってないのだけれど)

よりわかりやすく示しても良いと思った。決定的な失敗をするとか、巨災対に陰口言われるけど成長して信頼されるとか。

はいえ、現状の構成にも利点はある。矢口感情移入すれば(そしてそれは容易であるヒーローとして楽しめるし、深読みすれば矢口成長物語としても楽しめるので。

実際この2人と、矢口-松尾コンビのやり取りは楽しく見ることができた。


■カヨコ

さんざん言われているけれど、やはり浮いている。怪獣映画であるとしても浮いている。たまにゴジラが一番リアリティないだとか、ヤシオリに向けたリアリティラインの降下要因だとか言われるが納得できない。

対人物と比較したときにカヨコが浮いているのは紛れもない事実である

人とゴジラ対話してチームでも組むならカヨコの存在違和感いかもしれないが、そんな荒唐無稽なことは起こらない。

ゴジラリアリティがないからカヨコにリアリティがなくても良いという主張は、実質映画の全てを免罪し映画自体評価を下げてしまうのであまりよろしくないと思う。

カヨコがいたかリアリティが感じられなくなりヤシオリを素直に楽しめたか?NO。

あのテンプレアメリカンキャラ付けルー語は勘弁して欲しかった。

個人的には老獪な紳士とかだと良いなぁと思います萌えるので。


ゴジラの生態

これはこの映画最大の魅力ではなかろうか?

前段で書いたこと、これから後段で書くことはあくま映画をそれっぽくするためのオマケ。

ゴジラの設定は最高だった。あのぶるぶるするちょっと残念なサンショウウオが画面に現れたときですら大興奮だった。その後のそれっぽい科学説明科学的に正しいかは問わない)もそれに拍車をかける

絶望感を盛り上げるWho will know (24_bigslow)/悲劇(熱線の時のBGM)もいいが、 Persecution of the masses (1172)/上陸も不気味さと不安感を煽る絶妙音楽だと思う。

日本武力の総力を投入しても基本的にはただ平然と前進し続けるゴジラ。お決まりの「やったか!?」。この古典的台詞ですら場面を盛り上げる。

そして熱線。かっこいいの一言に尽きる。まずガスをはき出してそれに引火し、炎が収束していくあの描写オタク心を存分にくすぐってくれた。ギャレス・エドワーズの熱線描写で大興奮していた自分にとって、あのシーンだけでもこの映画価値がある。

ガメラ2ラストのような火の海の中で暴れ続けるゴジラを遠くから描いたカットも最高。そして全てが終わった後、エネルギー切れのロボットのように眠りにつくゴジラ。1連の流れは”美しい”の一言に尽きる。この場面だからこそWho will knowも生きる。いきなりIf I died~で始まる歌詞無駄示唆的でよい。

その後東京にたたずむゴジラを見たときは少々ギャグっぽいなと思ったが、熱線を掃き終え眠りにつく描写のかっこよさはそれを上回る。

熱線描写までは積極的破壊をしないところも評価したい。サンショウゴジラはただ進んでいるだけだが、それだけで甚大な被害をもたらすという絶望感は心地よかった。それは見慣れたゴジラの姿になっても変わらない。

従来策のように、なんでビルに戦いを挑むのかと思わせられる部分はなかった。


■前半と後半の乖離

前半部分の完成度の高さに比べて、映画後半はどうしても見劣りする。

ゴジラという強大な存在感に支えられていた映画が、外国という相手しかも顔も言葉も見えない!)にその対象を変えたことで一気に魅力が薄れてしまった。

この映画に出てくる外国人は、漫画テンプレか、顔の見えないよくわからない相手である。正しく世相を反映しているのかもしれないが、ずいぶんと内向的な描き方だと感じる。

さて、後半魅力が薄れた理由は核攻撃とそれに対する主人公達の反応に説得力がなかったからだと思う。露悪的な見方かもしれないが、突然嫌悪感を前面に押し出す主人公達の反応があまりにも唐突に感じられる。

攻撃有効性は巨災対の中でも認められている。勿論自分絶対にノーだが、この映画は前半で日本にとって東京いかに大切かを延々としゃべらせているので、地方在住の自分としては「地方だったらここまで抵抗するか?」と穿った見方をしてしまう。

理想化の矢口の反応はわかるが、ここで赤坂感情的になるのも解せない。日本人皆の共通認識と言えばそれまでだが、もっと説得力のある反対理由が欲しかった。ぶっちゃけ核がゴジラにきかないのでは...?という手応えが欲しかった。

既に東京ゴジラにより破壊汚染されているわけだし。

ヤシオリ作戦カタルシスに欠ける。絵のシュールさも勿論、電車爆弾程度でゴジラが転ぶのか?と思ってしまう。脚本の都合上仕方ないかと思うが、観客に仕方ないと思わせている時点で失敗といえる。

地面を爆破してバランスを崩すとか、そういう描写の方が説得力があったかもしれない。

口に散水車で液体を流し込む絵もあまりにもシュール。ヤシオリというかヤケクソ。

前半は素晴らしく没入感のある映画だっただけに、後半冷めてしまったのは本当に残念。とはいえ前半があったが故に後半もまあ許せるかぐらいの気分にはなれるし、この映画を良作たらしめている。


政治云々

初代ゴジラには議会ゴジラ情報を統制したい与党っぽいおじさんと、事実公表しろと迫るおばさんのやり取りがあったりする。

一方シンゴジラでは政治描写殆どない。基本的には現内閣とその下部の各省庁から集められたチームが職務をこなす様であって、あれは行政と呼ぶべきだろう。

ゴジラが海に帰った後、国会でのやり取りがあっても良かったかも知れない。それこそ初代のようなやり取りを。民主主義云々言うのなら国会野党を欠くのは片手落ちである

科学者へ無邪気な信頼を置いているのも気に掛かる。今作はわかりやすいほどに震災モチーフと言われているが、であればあのとき科学がどういう状況だったかを考えるとこの映画は無邪気すぎる。

あのとき間違えたものも正解したものもいた。にも関わらず今作の巨災対の科学への絶対的信頼は怖い。

彼ら・彼女らは行政人間ではあるが同時に科学知識を持つ専門家としても描かれている。そのギーク達が超人のごとき活躍。本当に福島を扱いたいならあまりに呑気ではないか

これは穿った見方をすればギークが有能な指導者に見いだされ日本を救う物語とも取れる。この設定は映画の魅力を損ねるわけではないが、高める訳ではない。

また日米の主役である矢口とカヨコは両者とも世襲政治家で若くして高い地位についている。きっと矢口支持率も高いのだろう。親の七光りも存分に使っている。

これが皮肉なのかどうなのかはわからないが、その上矢口は(危機はいえ)小休止時にシャワーもせずに働きづめで有り、皆もそうであることを賞賛する。

庵野が描いた主人公がこのような仕事人間なのは興味深い。


総評

良作。見て損だと思う事は絶対にない。見た人を必ず楽しませてくれるはず。

一方で気になる欠点存在し、その欠点を吹き飛ばすには後半の尻すぼみもあり傑作とまでは言えないと思う。

シン・ゴジラに関する、懺悔

これだけ話題になって、断片的なネタバレにも触れつつようやく重い腰を上げ、さあ批評してやるぞ、普通に面白かったくらいじゃ許すもんか、

お前らはあれだけ傑作だと祀り上げたんだからな!という気持ちで観賞したシン・ゴジラ

それがあなたたちの見た映画

公開日初日の初回上映、まだ何の先入観もなく、不安と期待を抱きながら観賞したシン・ゴジラ

それが、僕の見た映画

もう、ほとんど別の映画だと思う。

そして、そのことについて僕があなたたちに圧倒的な優越感と憐憫とを抱いてしまうこと、心の底から懺悔したい。

そう、あなたたちはなにも悪くない。

悪いのは僕の醜くゆがんだゴジラのような心根だ。




…ああ、それにしても哀れなやつらだぜ…

シン・ゴジラ不安

日本国内での大ヒット(?)をうけて、世界各国で上映されるらしいけど、

世界的にみたら興業失敗レベルしか人入らないと思ってる。

前評判を聞いたアーリーアダプター層は観に来るけど、すぐに酷評されて

レイト・マジョリティ層、つまり一般大衆は観に来ない。


そのくらい日本人しか面白さが分からない、言い換えれば、つまらない作品になってる。

増田会社辞めるってよ。

明日上司に年内で退職する旨を伝えようと思う。

10数年間勤めて、それなりにやりがいがあったりしがらみがあったり、ごく普通のあるいは少し恵まれ職場だった。

不満と満足、9対1くらい。でもみんなそうでしょ。人生自体そんなもんでしょ。

ただこのままずーーーっともやもやしたままこの仕事についていてもなんにもない。

死ぬまでこのまま。

安定、ずーーーっとフラット

仕事も慣れすぎて手を抜いても終わる。

まわりもなぁなぁ、でもこれが続くときっと今まで散々見てきたやる気も仕事もないオッサンたちみたくなるんだよ。

そうはなりたくない。

辞めるの超絶こわい。不安しかない。

他にやりたいこともない、なにか服案があるわけでもない。

でもこのままここにいたらじわじわ死ぬ

明日、思いきって飛び降りてくる。