「二次創作」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 二次創作とは

2017-04-24

抜け殻のようだ

好きな漫画が終わった。

数年間すごく好きで好きでずっと追いかけて二次創作にまで手を出した。

最終的には下手くそながら自ら二次創作漫画を描くようにまでなった。

ずっとその漫画のことばっかり考えてたから終わってしまって燃え尽きてしまったのか、何もやる気が起こらない。

ずっとぼんやりしている。

生き甲斐だったのに終わってしまって、その作品過去になってしまったような気がしてすごく悲しい。

二次創作もずっと続けて行きたい気持ちはめちゃくちゃあるのに、なんだか手が動かない。

白紙に向かってはぼんやりするという日々が続いている。

抜け殻だ。

2017-04-23

http://anond.hatelabo.jp/20170423081859

そもそも二次創作自体著作権違法なんだから全部取り締まればいい。金を取るなんて以ての外。

何もかも自前で作り出せない癖に「創作」なんてちゃんちゃらおかしい。

http://anond.hatelabo.jp/20170423081859

公式だけ見てりゃいいのにタダ見の二次創作クオリティ求めて文句つけるなよ

一次コンテンツ配給者は、二次ガイドラインレベルを設定すべき

細菌レベルカスゴミムシが人気のあるコンテンツに群がって食い荒らし台無しにしてるケースが多すぎる

公式二次創作ガイドラインを設けて、

例えば「単行本大手出版社から1冊以上もしくはDLsiteの売上500万円以上、コミケで壁サークルのみ二次創作を認める」

などのガイドラインを出すべき。

違反する場合ファンコミュニティ違反者を追い込んで自殺まで持っていくことも許可してくれ。

じゃないと違法や脱法したクソみたいな二次創作原作を深刻に汚染しま

2017-04-20

anond:20170420175544

ますだのfgoも、婆さんのkofも両方プレイしてたし、二次創作にもかかわってるので、おもしろくみさせてもらった。

 

kofにしろFGOにしろキャラかっこよすぎるし、ファン裾野が(ゲーム難易度にくらべて)ひろすぎるし、その裾野をひろげるのに二次創作がかかわったことをいやがってはいないので、そういうことはよくあるしこれからもあるだろうとおもう。

 

ま、公式が最大手であればファン幸せなんだけど、なにか足りないとおもって二次創作にいくんだけど、やっぱり公式以外は最大手じゃなかった、ってなる。でもやっぱり二次創作さがす。

そういうファン心理はあるし、二次創作者の立場になってみたらもっとわかる。

表現を磨いてたらそこらの訓練が必要ゲームなんてクリアできない。表現してる時点で、「自分プレイしているもっと難しい「ゲーム」クリアしてる人だ」と認めるべき。

 

ひとついえば、天は二物を与えないっていうことだとおもうよ。正直、絵を書いてる人、エモすぎてゲーム能力が十分でないとおもうもん。

思い入れつよすぎてへんキャラをへんな場面でつかいたがるし。

幕間をそのままクリアするのめんどいもん。

 

ひとついえることはゆるゆるで、どんなファンものみこめるゲームがいいゲームなんじゃないのかね。

SNKの倒産はまた違うとおもうけどねー

創作やってる人間だけど

http://anond.hatelabo.jp/20170419111942

多分元増田がゆってる作者は話題作にちょいちょいいっちょかみしたり、(情報無いと書けないので)他の作品見てそのAやらBやらのキャラを取り入れた(ある意味では)批判されるに足る作者なんだろうとは思う。

が、しかし、ゲームクリアしてなくても他の作品でAやらBやらを知っていれば書いてもいいと思う。

極論すれば、二次創作なんてアニメ公式サイトキャラクター設定が出た時点で書き始めてもよいわけで、妄想で書くのになんら躊躇する必要はないんだ。

原作へのリスペクトとかそういうのも必要だろうけれど、本人も好き好きだと言っているとおり、書き手側も好き好きなんだよ

2017-04-19

http://anond.hatelabo.jp/20170419111942

同人界は変わらないのう。

でも婆が若い頃はもっと凄かったぞ。

20年以上前の話じゃ。

当時は当然ソーシャルゲームなどなく、スマホも無ければ携帯もなく、ネットすらなく、

ゲーム二次創作と言えば家庭用ゲーム機ファミコンスーファミなど)のゲームのもの

二次創作と言えば同人誌を作ってイベント頒布するしか発表の機会がないもの、じゃった。

その頃は、ゲーム発売前から同人誌を作る輩がおっての。

何故なら、発売日に買って即クリアしたとしても

それから原稿を描き、印刷して本を作り、イベントに出す…となると、どうしても時間がかかる。

今のように、思い立ったらすぐ描いてすぐネットに載せられる時代ではないからの。

でもなるべく早く(他サークルよりも早く)出せば、それだけ売れる。

よって、発売前からゲーム雑誌や事前発売する資料集などで発表されている情報のみを参考に同人誌を作り、

ゲーム発売直後のイベントで売る、と言う輩がおったのじゃ。

勿論実際はプレイしていないし、ストーリーは超序盤以外何も知らない訳じゃから

内容は薄い上に、プレイしなければ分からない「ネタバレ」要素は皆無となる。

主人公ビアンカ結婚すること・及びフローラ存在を知らずに書いたDQ5本、

ファリス女性である事を知らずに書いたFF5本、

ティナとロック恋人同士になると勘違いして書いたFF6本、

そんなものでも、発売日のプレイ直後で本に飢えた婆を含む買い手側は買っておったものじゃ。

今とは違い、牧歌的時代の話じゃがの。

勿論当時もそういったものを嫌う人もおったが、今のようにネットですぐサークルの悪評が広がる…なんて時代でもなかったからのう。

今は何でもすぐ広まるから、便利でもあるけれど、怖い時代じゃの。

追記

ブクマが沢山ついて驚いておる。

こんな婆の昔話に興味を持ってくれる人がいてくれて嬉しいのう。

婆は漫画アニメはあまり知らないのじゃが、センチメンタルグラフティは覚えておるぞ。

発売前に大人気となり大量にグッズと同人誌が出され、いざ発売したらあっという間に人気が無くなった伝説ゲームじゃな。

男性向けはまた空気が違うからのう…しか不思議世界だと思ったもんじゃ

当時同人誌を出したり買ったりしていた人は、まさかゲーム本編が暗黒太極拳などと呼ばれて

クソゲー界の有名作扱いになろうとは思ってもみなかったじゃろうなあ…

因みに上記の時代は、ゲームはまだまだ同人界ではマイナーで、

女性向けもBL(当時はやおいと言っていたがな)が主流ではなく

ギャグ原作に準じた設定のサブストーリーもの、軽めの男女カップリング(性描写はなく、ほのぼのとしたもの)が多かったんじゃ。

女性向けというより、一般向けと言った方がいいかもしれんの。

そういう意味でも牧歌的時代じゃった。

なので元々そう売れるジャンルでもなく、上では「出すのが早い方が売れるから」とは書いたが

儲け目的と言うよりは承認要求を満たす目的、或いは「設定だけで萌えしまい、発売まで待ちきれなかった」なんて人もおったであろうと思う。

ゲームBLの波が来たのは、婆はFF6からだったと記憶しておる。

それまで漫画アニメの人気ジャンルでやっていたサークルがどんどん参入してきて

次々「やおい」本を出す様を見て驚いたもんじゃ

それからFF7や格闘などのゲームジャンルブームに繋がっていったんじゃよ。

ゲーセンが中心の格闘ゲームは、特にプレイ同人(稼働後であっても)が多かったのう。

実際にプレイしている同人者や、同人に興味が無いゲーマーから

プレイしないのにゲーセンに何時間も居座って、他人プレイしてる画面だけ見て京サマとか言ってる同人女うざい」と言う悪口も聞いたもんじゃ

現代であれば、ネットゲーム動画だけ見るタイプじゃろうな。

多くのゲーセンで対戦台しか置いておらず、上級者たちが並んで対戦している中で

ゲームの腕前が未熟な者乱入するのは憚られるという事情もあったがの…

自宅で一人でプレイ出来て、誰でもとりあえずクリア出来るRPGとはまた違った世界じゃった。

SNK系であれば比較的早くネオジオで家庭用が売られていたが、これがまた高くてのう。

ソフトだけで2万~などという世界じゃ。中高生くらいであれば、買えない者も多かった。

財力がある大人であれば十分買える値段であるから、勿論買う者も多かったし

SNK以外だと家庭用は発売が大幅に遅れる移植版を待つしかないため、業務用の基板を買ったという猛者もおったがのう。

…話が長くなってしまったの。

歳をとると思い出話が長くなってのう、ここまで読んでくれた者がいたらありがたいことじゃ。

http://anond.hatelabo.jp/20170419111942

二次創作するなら原点となるものには敬意があって欲しいって気持ちはわかる

歴史的著名人の名を借りて変な性格付けしたり性別変えたりする作品とか苦手だわ

http://anond.hatelabo.jp/20170419172641

原作へのリスペクト」は著作権侵害に対する免罪符から

まあ原作側が何も言わない限りは、第三者が口を出すようなもんじゃないんだが

原作側が二次創作についてガイドラインをはっきり出していて

原作イメージを著しく損なうものは不可」としている場合もあるね

そもそも「二次創作原作への愛情がなければいけない」というのが勝手ルールだよな

別に作品は好きじゃないけどその作品の設定にインスパイアされてめちゃくちゃ面白い話を思いついたか二次創作として書いた、というのでも何の問題もないだろ。

アマチュア創作者って、「創作」に対して謎のこだわりがある、というか先入観に凝り固まっているから困る。

http://anond.hatelabo.jp/20170419172202

二次創作版権元の許可もしくはお目こぼしがあって初めて許されるもの

そうではないのはただの著作権侵害なんだが

それを表現規制って著作権という概念が無くて世にある作品は全て無料素材と思ってる系の人か

問題

けものフレンズの成人向け二次創作規制するのは断固反対→蛸壷屋は潰してもいいという風潮

https://togetter.com/li/1102287

蛸壺屋作品原作に対しての愛情リスペクトが感じられないから嫌いだ。

ということと、

蛸壺屋表現の自由制限したい。

ということは別問題なのだー。

混ぜるな危険

http://anond.hatelabo.jp/20170419111942

二次創作を楽しむというところがもう間違ってる

聖典だけを崇める原理主義者になれ

http://anond.hatelabo.jp/20170419111942

自分はべつに他人の楽しみ方は好きずきだと思うし、半端な知識創作するのも別に構わないと思う。

なぜならそれは私にとって、東方で通った道だから

東方Project二次創作をしているうち、原作ハードコア弾幕STGについていける人がどれだけいるだろう?

実際それほどいないと思う。それでも原作プレイな人たちも含めて立派に同人を支えている。

なぜそれが可能なのか、お察しのとおりだけれども、

最近ネットコミュニケーションの発達で、未プレイ未到達でも、

十二分にストーリー性やキャラクター性のエッセンスを感じ取ることができる。

から原作のコアな部分を見ていなかったとしても、あながち見当ハズレとも言い難い創作アウトプットできる。

それは、実はけっこう面白い現象なんじゃないかと、私は好意的にとらえるようにしている。

エッセンスを掴んだ状態で、だが公式の描き出した「結論」に因われていない状態からこそ描けるものもあるんじゃないかな。

もちろん逆に、増田の言うように、半端な知識から細部も半端になることも多かろうが、まあ彼らは好きで書いて見せてくれているものから

製品クレームを入れる時のような感情を抱く道理もない。自分のお眼鏡に適わなければ、以後ご遠慮するだけの話で。

同人作家一人を見続けるという悪趣味なことをすれば、いつまでも原作のコアに手を伸ばさないなぁという人は確かにいる。

そういうのを見つけると、原作に対する敬意やなんやらを欠いているだとか自己表現のためだとか思えるかもしれない。

でも今の時代ほとんどの人はいくつもの作品を同時並行的に楽しんでいるわけで。

作品の「深さ」を完全に網羅していくほどの時間的精神リソースが割けないのだろう、と思うようにしている。

同人作家に対して悪意的な見方をするようになっても自分は何も得をしないしね。

そもそも自分を振り返っても、二次創作を楽しませてもらった作品ぜんぶをそこまで熟知してフルコミットしていたわけじゃない。

ハマったと自負する作品でさえ、もっとコアな人はネットを漁ればすぐに見つかる。ほとんどの人がそうだと思う。

から、ニワカを許容できるほうが、自分にとっても他人にとってもオタク活動を気軽に展開できて、楽しみを最大化できるはず。

そう思えるようになると、自己表現のために人気作品を利用しているような人の生き様も、共感はしないまでも可愛いものだと思えてくる。

そんな人の創作でも、いいものがあれば素直に読めるようになるし、なんなら尊敬もできる。消費専門の自分にしてみたらね。

あとは原作至上主義的にならなくなるから東方でいうと大沖チルノみたいな、

二次創作が独り歩きして生まれたような原作とかけ離れたキャラも楽しめるようになってお得だし。

いい意味で「意識の低い」もの跋扈していられるからこそ、敷居が下がって一大コンテンツになれるほど盛り上がるんだと東方を見て私は学んだよ。

因果は逆かもしれないけど、この構図はその他の大ヒット商業コンテンツでも同じことだと思う。

もう、自然の摂理として、“「深い」ものほど「浅い」ところでヒットし、その深度差が渦を巻き起こして大きくなる”とでも言ってしまおう。

そんなカオス様相が、私はけっこう好きだ。

プレイ・未クリアでの二次創作(21:57追記あり)

最近とあるソーシャルゲームクリアした。

そのエンディングにいたく感動して、二次創作を見るのも好きな私は余韻冷めやらぬうちにPixiv検索

終盤で正体が判明するキャラクターAと、終盤でのみ登場するキャラクターBの出てくる小説を、夢中になって浴びるように読んだ。


しかし気に入ったと思った話の作者達のTwitterを覗いていて、ある日愕然とした。

全員ではないが、そのうちの何人かの呟きがその理由だ。

「実はまだクリアしてないんです」

「○章終わらないよー!」

「もう少しで○章のクライマックス…」

……………………この人達は、何を言ってるんだ?

AやBは、表立って活躍するのは終盤のみ。

○章と言えば、エンディング最終章)のさらに数章前。

もちろんその章ではAはプレイヤーに正体を明かしてないし、Bは出てきてさえいない。

それを、この人達は当たり前に書いている。


とても有名なゲームなので、確かに私も読みながら少しネタバレは踏んでいた。

でも、この人達文章にしていたのは本当なら「エンディング最終章)を知らなければ全然書けないはずの内容」だ。

ついこの間、クリアしたプレイヤーからわかる。

まりこの人達自分達がまだ体験していないものを、さも体験たかのように書いていたのだと理解した。


情報源はわからない。

ネットに流れるゲームスクリーンショットか、wiki攻略サイトか、他の人の二次創作を元にしていたのか、妄想が実際のゲームに沿っていただけなのか。

ただ、いずれにしても私が真っ先に感じたのは「気持ち悪さ」だった。

そして未プレイ・未クリアを見抜けずに、その小説に感動してしまった馬鹿自分への悔しさだった。



こういうことを書くと、「未プレイや未クリア小説書いちゃいけないんですか」と絶対に言われると思う。

だけど、私は逆に聞きたい。


貴方は、どこの何を見てエンディング最終章)のAやBに惹かれたんですか?

外見ですか?

設定ですか?

悲しいけれど爽やかな結末のネタバレですか?


確かにクリア済の読み手として、そういった中身の無い羅列だけしか知らない未プレイ・未クリアの作者を見抜けなかったのは私が馬鹿だったからです。

けれど、恥ずかしくないんですか?

原作ゲームは終盤でやっと事情や心情が判明してようやくAやBを理解出来るような構成になっているのに、それを表面上の知識だけで誤魔化しながらそれらしく表現して、そんな小説をたくさん投稿して評価されて。

嬉しいんですか?

満足ですか?



最も疑問なのは、この人達ゲームクリアよりもネットで見た知識だけで書いた二次創作小説時間を割いている点だった。

クライマックスまでいつでも遊べる、無料ゲームなのに。

もちろん、途中までゲームを進めて燃えたり萌えたりしてそこまでの情報二次創作をしてしまうことはよくあることだろう。

それは否定しない。

でも、エンディング最終章)にしか出てこないキャラクターを未プレイ・未クリアのまま幾つも幾つも書き続けるというのは矛盾していないのか?

少なくとも、自分はそこに不快感を覚えた。


「そうか、この人達は私のようにこのゲームが好きなんじゃない」

「このゲーム好きな人にまるで同志のように受け入れられて褒めて貰える、そういう存在になれた自分が好きなんだ」

そう感じた。

同じ視点でも、同じ立場でも物事を見ていない相手なのだから仕方ないと、急にそれを理解してむなしくなってしまった。



そこで、もう一度Pixivに戻って、この人達小説クリアしたことが(キャプションなどで)わかる作者達の小説とを幾つか比べてみた。

比較すれば、なるほど違う。

前者は、エンディング最終章)の情報を含んではいるが台詞動作などの描写が極端に無い。後者は、逆にそれらを拾った描写になっていることが多かった。

なお、(評価だけで小説の優劣をつけるつもりは無いが)どれも前者のほうが評価は高かった。

話が面白ければいいという人は、こういうことは気にしないのだろう。

たとえ、作者が未クリア・未プレイであっても。


私はこれからもこのゲームプレイするし、ROMとして二次創作も読むだろう。

でも、今からこの人達ゲームクリアしたとしても、二度とこの人達小説を読みたいとは思わない。

「知りもしないエンディング最終章)を知ったかぶりで書いて、自分達が評価されることにばかり喜んでいる作者」にしか見えなくなってしまたからだ。

知らなければ、今も私はこの人達小説で感動していたのだろうか。

安い涙を流して、評価していたのだろうか。


ジャンルの話になるし気分の良い話でも無いだろうし、けれど吐き出しておきたかったのでここに匿名で残しておく。


------------------------------------------------------------------------


※追記


増田です。

書くだけ書いて放置しておくつもりが、予想外にコメントトラバが来ていたので。

いろいろな意見感想が読めて、とても面白かったです。

本人は書いた時も冷静なつもりでしたが、すごく熱くなっていてこれこそ気持ち悪い……でも学級会したい訳でもする気もないですし、ご本人達にこのことを伝える予定もありません。

批判同意も、どちらもあって当然だと思います


ただ、私の書き方が悪かったせいで、

ブクマコメントで誤解されてしまったと感じた所を少し言い訳・補足します。



>未プレイと未クリア混同していないか

記事で挙げたAやBは、クリア目前の最終章でやっとその正体や目的が判明するキャラクターです。

そのため、

「(最終章を)未プレイ=(ゲームを)未クリアとほぼ同義」と解釈して「未プレイ・未クリア」と書いていました。

単に「未プレイの章の二次創作をしている」とだけ書くべきでした。

もっとも、もしAやBが最終章以前でも描写のあるキャラクターであったならば、こうは思わなかったかもしれません。

……実際は最終章クリアまでプレイしないと、AのこともBのこともわかりません。


>「クライマックス」の誤用

クライマックス」=「エンディング最終章)」の意味合い使用していました。

記事のほうも修正しました。勘違いすみません


面白ければいいじゃないか

>未プレイとわからなかったのは増田だろう

他の方のブクマコメントにもありましたが、私も酷い節穴なので「知らなければ良かった」に尽きると思います

ほとんどAとBのネタバレしか無いような最終章の話を、まさかプレイ状態で書いているとは想像もしていなかった……というのは、単なる言い訳ですが。

そして未プレイと知ってしまえば、私の場合はそれだけで拒否反応が出たという話。

これは好き好きの話です。


他人の楽しみ方に口出しするのはどうなのか

「私は受け付けません」と言いたかっただけです。

周囲にまで、それを強制するような言い方をしたつもりはありませんでした。

煽り文ぽくなったのは否定しませんが。

これも好き好きの話です。



吐き出したかっただけのわかりにくい長文記事に、お付き合いありがとうございました。

休日なので、すっきりした所でおやすみなさい。

2017-04-18

どんな界隈も隆盛したら腐敗するのはなんでだろう?

最近ソシャゲ見てて思うんだけどさ

人気になったものほど界隈に変な人が沸いてダメにするよね?

変な人が目立ってその分腐るスピードも早くなるから

セルラン載ってないソーシャルゲームやってるけど、変な人ほとんどいない。 変な人も別界隈からの流れ者。

搾取する人間運営じゃないかセルランで話題になりにくく、人気も出にくいからなのか?

でも二次創作少ない。 辛い。 

サーバルちゃん「フレンズによって得意なこと違うから!」

ファンけものフレンズエロ二次創作許せん!署名封殺したい!」

なぜなのか。

自分についてるアンチがうざい

 今は亡きサイト時代CPが同じで知り合ってTwitter相互になって、でも嫌味とか説教っぽい発言が多くて苦手だった人がいるんだけど、

 耐えかねてブロックしてから3年以上の間自分どころか自分二次創作やってるCP者全体をゴミとかオワコンとか言ってたらしくて怖い。

 1年前に気付いて、自分個人を叩くのはいいけどジャンルを叩くのはやめてくださいとDMしたのも、聞いてるふりして後から自意識過剰乙とか晒されてたらしい。じゃあどうしろっていうんだよ。

 同人やってると厄介なのに1人くらい会うのは当然なんだろうけどうざい。正直ムカつくけどブロックしたこっちも悪いかなと反省してる。いや普通にムカつくわ。

 もう絶対関わらないと決めたけどこのムカつきをどこに持っていっていいかからない。

 こんなんよりよっぽど迷惑粘着抱えてる人とかどうやってやっていってるんだろうな。あんまり腹立ったので備蓄に買い込んだポテチ開けてしまった。25時に。なんなんだよほんと。

2017-04-17

下手くそ二次創作する権利法律規制すべき

二次創作はすべてライセンス制にして、ファンアート含めすべて一定上のレベル人間にの許可すべき

原作に対する冒涜オリジナル関係者への犯罪行為しか思えない。

五輪によってコミケの規模が縮小するのは良い機会。

徹底的に選別して、一定レベル以下が二次創作したら、執行猶予なしの実刑適用すべき。

出所しても生活出来ず餓死する程度の罰金も合わせて設定するべき。

これでゴミみたいな二次創作に費やされた時間のぶん、ゴミ生産していたカスが別の労働に勤しみ

日本生産性が上がり、GDPも上昇することで、日本がまともになる。

この素晴らしいアイディアを実現してくれる総理必要

2017-04-15

好きな作品腐女子コンテンツになってしまった

かなしい。

私自オタクで、腐女子理解がないということはない。

でも、好きな作品キャラTwitter

「どう考えてもホモ」だの

「受け受けしい」だの

言われてると流石につらい。

しか腐女子って作品自体よりそのCPにだけ詳しい。

しろここだけ読めばこのCPは語れる!みたいなまとめもリツイートで回ってたり。

全部おもしろいよー!っていっても

結局はCPしか作品を見ていない……。

来年映画大丈夫だろうか………。

追記

物心ついたくらいからずーっと応援してる作品で、原作も全部持ってるし映画も全部観てるし関連イベントにも足を運び関連書籍もグッズもそこそこ集めてるので

去年一昨年でハマった腐女子さん達よりはお金出してると思います

追記2

色々コメントありがとうございます、考え方を見直す意見をくださる方、わかってくださる方もいらっしゃって嬉しいです

うだうだ書きましたが一番に思っているのは

「見えないところでやってくれ」ということです。

今まではあるにしろ見なくて済んでいた二次創作が嫌でも目に入ります

腐女子さん方は自分たちでも隠れるべき存在、みたいな暗黙のルールを掲げているのに実行できてない方が多い気がします。

どうか、BLの話をするならTwitterに鍵をかけてください。

2017-04-14

http://anond.hatelabo.jp/20170414100041

異なる世界に別キャラとして生まれ変わるのは二次創作からの発想だからな。

はいえ「異世界召喚」と「生まれ変わり」は昔から別個に流行っていて

両方の要素を取り入れた作品ふしぎ遊戯がある。

http://anond.hatelabo.jp/20170414162723

二次創作企業無視してるだけで著作権的には真っ黒な犯罪ですし、

猥褻創作物生産するような人が社会人として望ましくない事ぐらい分かりますよね?

それがもし反社会的な内容であれば一発アウトです。

またオリジナルかつ全年齢向けの同人活動であってもオタクという悪いイメージが付き纏うのは当然です。

同人趣味と言い出した時点で出来るだけ敬遠したい人材だと思われるのは避けられません。

リスクを気にするなら同人なんて今すぐ辞めて真っ当な趣味を持ちなさい。

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん