「紫綬褒章」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 紫綬褒章とは

2019-06-26

紫綬褒章を選定している人達リサーチ力って凄くない?

どういう機関がやってるの?

2019-02-25

anond:20190225000020

アナリスト肛門者。アナルする人。

アナル肛門(する)。

夕日を見ながら賢治はアナルした。

賢治は長年にわたるアナリストとしての功績により紫綬褒章を受章した。

2017-12-20

劇団 竹の公演『人形を殺す』を見に行った記録

ちょっと前のハナシになるけど、都内の小劇団の公演を見に行ってきた。

というか、なんかこの2ヶ月、小劇団を観に行くことが多くて。

(いや、そんなマニアみたいに毎日、毎晩ってわけじゃないけど)

キッカケは、

  https://anond.hatelabo.jp/20170925212923

この劇団で。

でもって、出演していたキャスト新宿ゴールデン街バイトしているという情報を聞きつけて、その店を仕事の接待の2次会で使ったのよ。

いろいろと話も聞きたかったし。

.

そしたら、その女優さん。

舞台の上の颯爽とした男装イケメンぶりとはまったく違うホニャホニャ~っとした実に気立ての良さそうなお嬢さんで。

思わず「よ~しオジサン太っ腹なところ見せちゃうぞ~!」と彼女の新しい公演のチケットを購入したのが一ヶ月以上前。

.

演目は『人形を殺す』(劇団 竹/竹林 林重郎 作)

そして、ちょっと前に劇場に行ってきた。

.

例によって記憶を記録に変えるため、ここに自分の感じた印象を残しておくことにする。

随所にその後の聞き取りで得たデータもはさんでいくんで、そこはご参考までに。

.

■全体として

いろいろと語りたいことはあるけれど。

まずは。

.

      まさかこのオッサンが芝居で爆泣きさせられるとは思わなかった。

.

もう、その、なんだ。このイヤな感じに古びてネジれまくった心のどこに、こんな涙が残ってたのか、ってくらい。

.

全体のアウトラインとしては。

(もう公演も終わったことだし、ネタバレいいよね?)

.

とある一家の主人、フトシの葬儀に彼の隠し子ミツルが訪ねてくるところからストーリーは始まる。

子供世代にあたる長男、長女、後妻の連れ子、隠し子の4人を物語の中心として、彼らの記憶にある父、父の愛人、母、後妻の姿が交錯する。

回想を交えて次第に明らかになっていく機能不全家庭のかたち。

すでにそれぞれの人生を発見、構築して、最後手仕舞いとして葬儀に集まった子供世代が “その後の物語” を交換しあい、そして何を選択するか。

.

という感じ。

.

安直なプロモーター/宣伝担当者だったら “失われた家族の再生の物語” とか言うところだろうけど。

.

これは “再生” じゃない、“自己修復” だ。

.

どこからか聖なる光が降り注いで、そして全てが安直に元通りになるんじゃなくて。

命がけで力をあわせ、新しい家族システムとして自己修復していく物語だ。

.

機能不全家庭のサバイバーたち、それぞれが心で悲鳴を上げながら過去を振り返り、つながりを模索して、あたらしい動態平衡を獲得する、そんな自己修復過程の身を切るような苦しみを描写し尽くした作品になっている。

.

ただ、上に書いたような文芸路線の重たい家族ドラマってだけじゃない。

そこに、キリスト教ヒンドゥー教、アミニズム、シャーマニズムの神々が乱入し、信仰とヒトの関係性が語られ、西武ライオンズの奇跡の優勝が回想され、ときにタブラ4つ打ちテクノに合わせて踊る白装束の群舞とビデオプロジェクションのインサートシーンが交錯し、どこかサイケデリックな、なんというか……

.

うん! そうだ! “現代の寓話” だ!

.

これまたベタワードだけど、他に形容のしようがない。

(どうしても想像が及ばない人は、ここで、

 “もしも、もしも故・今敏監督が、重た~い家族自己修復ドラマ

  お得意の悪夢タッチケレン味タップリに撮ったら”

 というのを想像してみてください。

 当たらずといえども遠からずのはず)

.

うん、これ以上語ってもしょうがない。全体としてはこんな感じ。

「傷ついた人は、傷ついた家族は、成熟とともに修復される……されるのか?」

というのがテーマ

そして俺、爆泣き。

.

そして、本公演の劇団である “劇団 竹” の主催者にして劇作家、竹林林重郎氏の作劇術、というかタッチというか、そういうのも、なんとなく見えてきた。

.

まず、基本はダイアローグ(1 on 1のトーク)。

モノローグでもポリローグでもなく。

回想シーンのフトシ、サダコその他は隣に聞き手がいるものとしてダイアローグカウントする)

ストーリーライン全体は

.

 隠し子ミツルと長女ツグミの対話

 ーーここで父フトシの隠された2重生活と、実の子以上に愛され、

   育まれてきたミツルの姿が明かされる

      ↓

 ツグミと長男シュウタの対話

 ーーいまではヤンママシンママとなったツグミの愛に飢えた幼少期への思いが爆発

      ↓

 シュウタと連れ子ヒデフミの対話

 ーー今となっては過去に見切りをつけ、自身の “家族” を獲得したヒデフミに対して、

   ここでシュウタの最大にして最後の働きかけが大爆発

.

という大枠の流れに、回想シーンとして

 ・父フトシと母ノリコの外食

  (後に愛人となるヤスコを含めると3人以上が登場するのはここだけ、だったかな?)

 ・フトシとヤスコの逢瀬

 ・堕胎をうながす継母サダコと反発するツグミ

 ・夢の中でシュウタに、出奔という自分ギリギリの選択を明かす母ノリコ

.

といずれも1 on 1。

対話の一方が次の対話に持ち越されるバトンリレー形式で話がすすむ。

(例外はサダコが壁のロザリオを叩きつけるシーンと、ノリコの出奔シーンくらいか)

.

というわけでダイアローグ主体の作劇なので。

最後に全兄弟が登場する対話のシーンを見たかった気もするが、そこはビデオ後日談が語られることで代替されている。

というか、前半のツグミ役のキャストのあの演技を見たら、後半まで登場したら、おそらく彼女のメンタルがもたないだろう。

.

ラムネさん「んふふ~、それはどうでしょ~?」

俺「おおっ! あなたツグミを演じたラムネさん! アレくらい、余裕っすか?」

ラムネさん「んふふ~」

.

と、明確な答えは得られず。

ただ、別に彼女のコンディションに配慮したわけではなく、たんに作劇上、そうなっただけらしい。

.

余談。

確かなことは。

無軌道な妊娠と出産、自分を一番に思っていた継母を鬱病と自殺に追い込んでしまった(と考えている)彼女が過去を悔いて流す涙。

ツグミの慟哭はそれだけの迫真・魂の演技だった。

余談終わり。

.

もう1つ。

ストーリーを裏から支える暗喩のレベルが。

.

 気にしなければ流すこともできる。

 気にして、拾い上げるつもりがあればハッキリと分かる。

.

というレベルキッチリ統一してあるのが気持ちいい。

(いや、これは俺の思い上がりで、拾い上げてないレベルメタファーがドッサリあるのかもしれないけど)

たとえば。

ミツルツグミが同時に正座をといて、「ここから深い話をしよう」という意図を見せたり、とか。

ヒデフミが現在ではロザリオ製造業に努めていて、毎日キリスト十字架にかけている、つまり、 “完全な棄教者” であることを暗示したり、とか。

.

いろいろなレベルで多層的にメッセージが投げかけられてくるのが気持ちいい。

.

そして、ストーリーに大きな比重を占めているビデオプロジェクションについて。

冒頭、中間エンディングと(自分が覚えている限りでは)3回、舞台の白壁をスクリーン代わりに、撮影・編集済みのビデオ映像が使われる。

.

1回目はオープニングタイトルなので、深い意味はない。多分。

.

2回目は、うーむ、解釈に困る。

シヴァヴィシュヌガネーシャブラフマーも出てきた、かな?)とヒンドゥーの神々がサイケデリックビデオコラージュで次々と諸々の事象と一緒にカットバックされる、ある種のイメージビデオ

BGMはタブラ4つ打ちデトロイトっぽいミニマルテクノ

ことなく、今敏っぽい。

無理して考えれば、愛人ヤスコ隠し子ヒデフミの家にあったという、キャラクター人形を並べたデタラメな祭壇から喚起されたイメージの奔流、というところだろうけど。

.

というか、ストーリーのキーアイテムがいくつかあって。

1)キリスト教

家族システム自己修復の媒介者、というか見守り人としてのキリスト教の存在と、一般人レベルの、一般人なりの神学論争がたびたび登場する。

.

2)多神教シャーマニズム

愛人ヤスコは沖縄のユタ(シャーマン、巫女)の血を引いている、という設定で、ここでキリスト教的な硬い理論体型ではすくい切れないアミニズム、シャーマニズムスピリチュアリズムの象徴として彼女の存在がたびたびクローズアップされる。

.

3)フトシ人形

元愛人ヤスコいわく、「死んだフトシの魂が乗り移った人形」。

そもそも隠し子ミツルが「この人形を一緒に火葬してほしい」と持ち込んだところから全てのストーリーが始まっているわけで。

その後は、子供たちの亡き父に代わって踏まれるは、叩きつけられるは、この人形、まさに踏んだり蹴ったり。

.

余談。

この人形、終演までよくボロボロにならずにもったよなぁ。

と思ったら、Twitterを見たら劇団の忘年会にまで生き残って参加してるし。

まじで何か乗り移ってね?

余談終わり。

.

ビデオプロジェクションの3回目は、エンディング後日談)とスタッフロール

ここで、子供世代が集合して親睦を深める後日談が挿入され、ストーリーに一応の決着がつく。

.

と、合計3回のビデオなんだけど。

うーむ、評価に困る。

なんというか、悪くは無いんだけど。

編集も音楽も上手すぎて、なんか、こう、才に疾りすぎているような印象を受けた。

芝居のシーンが不器用な人間たちの不器用なふるまいの話であれば、なおのこと。

逆にいえば、重苦しくなりがちな主題のハシやすめとしては、効果的だった、とも言えるけど。

.

ラムネさん「あのビデオなんですけど~」

俺「おお! ラムネさん! ビデオがなんですか?」

ラムネさん「お客さんのアンケートでは、良かった人と、悪かった人が半々くらいだったみたいですよ~」

俺「うーむ、人によって評価はマチマチか。まあ、そんな感じだろうなぁ」

.

観劇

で、さてさて。

終演後、もう、あふれる涙をぬぐいながら、挨拶に出ていた竹林氏に突撃インタビューを敢行してみる。

.

俺「グスン、あ、あの、最後後日談ビデオなんですけど。やはり、あれは小さな子供たちを舞台に出せないっていう制約があってのことですか?」

(と、最初の軽いジャブのつもりの質問だったんだけど、誤解したらしく)

竹林さん「あ……あれなんですけど……ハッピーエンドってわけじゃ……ないんですよね。

あの子供たちは全員ツグミの子供かもしれないし……。ヒデフミとシュウタが家庭を持つ踏ん切りがついた……とも言えないわけで……。そこはお客さんの判断にゆだねるっていうか……」

.

え? あれ、ハッピーエンドじゃないの?

.

     ∧∧

    ヽ(・ω・)/   ズコー

   \(.\ ノ

 、ハ,,、  ̄

  ̄

.

そりゃないよ竹林さん! こっちは希望の光に魂が洗われるような涙を流した直後だっていうのに。

と、ともかく、気を取り直して次の質問をする。

俺「と、ともかく、アレです。そうだ! あれ、あれ! あのキャストの4人が白装束で踊るダンスシーン! あの挿入シーンには、やっぱりなにか意味が?」

竹林さん「あ……あのダンスシーンには……特に意味は……ないんですよね……」

.

     ∧∧

    ヽ(・ω・)/   またまたズコー

   \(.\ ノ

 、ハ,,、  ̄

  ̄

.

なんてこったい! 全部インスピレーションというか成り行きまかせかい! なんだよコラ! というか、あんな太っといストーリーを産み出しておいて、なんでそんな慢性自信喪失症みたいな振る舞いしとんねん!?

.

ラムネさん「そんなこと、ないですよ~」

俺「おお! ラムネさん! するとあのダンスには深い意味が?」

ラムネさん「1つ1つの振り付けに意味を込めて、竹林さんが決めていったんです~。彼、ダンスができるわけじゃないんで、稽古の一番最初にダンスから始めていって、大変だったんですよ~」

俺「それじゃまた、なんであんなウソを……」

ラムネさん「まあ、あのヒト、照れ屋さんですからね~」

.

うーむ。

いろいろと事情はあるようだ。

.

あらためて全体として

というわけで、あらためて全体としては。

.

もう、激烈に良かった!

チケット代の倍くらいのモトは取った!

劇団竹、というか竹林林重郎氏は今後も追いかける! 決めた!

という感じ。

.

キャストスタッフについて

本来なら、ここでキャストの印象から書くんだけど、先に言っておきたい。

.

  こんな気持ちのいい観劇、生まれて初めて!!!

.

映画で言うところのプロダクションデザイン、美術のレベルが俺的には空前絶後のハイレベル

舞台というかセットは “そこそこ成功した事業主が建てた一軒家の客間、中央には卓袱台” という固定化された空間なんだけど、まあ、ここの造作が細部まで実にリアル

フトシと妻の外食シーン、ネパール料理屋ではビールが銅製のタンブラーに入っていたりとか、細かいところまで実にリアリティのカタマリ!

サウンドも隅々までハイファイで、SEのキューイング(演劇用語では “ポン出し”だったっけ?)もタイミング完璧!

後ろを見れば、おお! これまでの観劇で初めて卓(コンソール)の収まったコントロールブースがある!!

.

今回の劇場、スペース雑遊の設備なのか?

.

ラムネさん「いえ~、あのブースは、わざわざ場所を確保して作ったんですよ~」

.

ですよね~。

照明も特段の過剰な演出に走ることなく、的確。

何もしていないかっていうと、そんなことなく、舞台のシーン、ネパール料理屋のシーン、

シュウタが心から祈るシーンと、細かく細かく抑揚をつけている。

ともかく、作品の作家性、キャストもさることながら、舞台全体をバックアップするスタッフの力量が、もう、これまでとまるで違う!!

彼らにはノーベル賞ピューリッツァー賞紫綬褒章を金銀パールをそえて贈りたい。

それくらい気持ちよかった。

.

劇場の “SPACE雑遊” もじつにいい。ほどよい温度で静かな空調。

ともかく見過ごされがちな観劇のための空間づくりだけど、ここまでストーリー没入を妨げない総合的な配慮は、うん! 控えめに言ってサイコー

この劇団って、いつもこんなハイレベルな制作陣なのか?

.

ラムネさん「いえいえ~、前回までの公演は~」

俺「ふむふむ」

ラムネさん「セクマイ三部作っていって~、小さな民家を舞台にしたり~」

俺「なるほど」

ラムネさん「こんな舞台は初めてなんじゃないかな~」

.

うーむ、俺はひょっとしたこの劇団の大新機軸、大飛躍の場所居合わせたのかもしれない。そうだったら嬉しいな。

.

そして、キャストなんだけど、はじめに言っておく。

キャスティング上の軽重はあれど、全員が全員、演技巧者の高能力者ばっかり!

どうなってるんだ!

これ、どうやって集めたの? スカウト? オーディション

.

ラムネさん「今回のキャストは~、じつはこれまで仕事をしたことがあるヒトばっかりで~」

俺「なるほど、すでに信頼関係のあるキャストばっかりなのね。アナタも含めて。ということは~、二度と呼ばれないヒトもいたりとか?」

ラムネさん「んふふ~、それはどうでしょ~?」

.

うむ。ノーコメントなり。

.

というわけで。

.

■石川雄也(フトシ)

一家のお父さん。酒乱。浮気。全てにおいて、だいたいこの人が悪い。

コピー機の販社を起業して営業のためにキリスト教に入信ってのが痛いくらいにリアル

回想にしか登場しないのに、ほぼ主役。

劇団竹に所属

地味に驚いたのが、ワンカップ半分ならワンカップ半分、ビール1缶ならビール1缶と、アルコールが入った分だけ、確実に立ち振舞いを変えてくる。

上手くいかない事業と美女の誘惑、アルコールへの弱さと、たよりない大黒柱の悲哀を全身で表現。

もっといろんな所で見てみたいと思った。

いやだから見世物小屋の司会とかじゃなくて!

(↑そういう仕事をしていらっしゃるのデス)

.

■森川武(シュウタ)

長兄ってツラいよな。

いきなり子供が3人もできた父の辛い立場を理解したのは、このヒトだけ。

そして、彼の祈りのシーンで大事なことが示唆される。

それは、

.

 神はどこにいるのか。

 それは天上界でもオリュンポス山でもない。

 神は祈る心の裡(うち)にこそ顕現する

.

ってこと。

わからんけどね。あくまで俺の解釈)

ツグミの嘆きを受け止める。

そして、ヒデフミの “シンカー投げ” という決別の儀式を見守るだけだったところに、ロザリオのカツーン! という落下(これを偶然か神の啓示か、はたまたシンクロニシティか、どうとらえるかは、それこそ観客にゆだねられている)からの、もう、怒涛の、言いがかかりに近い、というか完全に言いがかりの引き止め工作。

ここに俺は、家族システムが血ダルマになりながら自己修復していく音を確かに聴いた、ような気がする。

そして俺、爆泣き。

劇団竹に所属

こうしてみると、キャスティングも要所々々はプロパーさんで固めているのね。わかる。

.

ラムネさん「このヒト、普段は “コボちゃん” って呼ばれているんですよ~」

俺「おお! 言われてみれば確かに似ているwwww」

(このあと、コボコラの話に盛り上がること5分)

.

■江花実里(ツグミ

劇団 架空畳に所属。通称ラムネさん。

あれ、おっかしーなー。

つい1ヶ月前に月蝕歌劇団を観たときには颯爽とした美青年明智小五郎(に化けた怪人二十面相)だったんだけどなー。

いま見ているのはチークの乗りも痛々しい元ヤンシンママだよ。

彼女の後悔の号泣からストーリーが本格的に回転し始める。

しかも、そこに至るまで、彼女の感情は3段階に分けて少しずつ前面に出てくる。

最初はミツル人生を聞いたとき。

次に自分人生を振り返った時。

最後に兄シュウタの腕の中で継母のサダコを想って感情を爆発させるとき。

役者ってすっげーな!

でも正直、この時の俺は爆泣きとまでは行かなかった。

でも、それでいいと思う。

この公演が竹林氏が観客の情動に仕掛けるカチ込みだとしたら、彼女は鉄砲玉というか切り込み隊であって。

あるいは、森川ー佐々木ラインという本隊の大規模侵攻の前に敵陣深く潜入する特殊部隊の役割であって。

「さて、この劇団、どんなものか見てやろう」という観客の批評眼をかいくぐってハートの深いところに潜入し、情動の扉をこじ開けて本隊の到着を待つ。

これが彼女のミッション

いや、実に良かった。

.

■辻村尚子(ノリコ)

フトシの最初の妻。

夫の浮気のストレスから子供を虐待することを恐れ、みずから出奔。

舞台が2018年の設定なので、旦那事業の立ち上げ期が80年代末。

キャラ作りが、なんというか、トレンディドラマの女優そのもの

なんかW浅野時代の浅野温子が乗り移った感じだった。

彼女が居間のふちに腰かけて靴を履いて家を飛び出すところが2回、描写される。

つまり天丼なんだけど、

なんでだろ、ビデオその他の映像作品だと天丼って、うっとうしいだけなんだけど。

なんか、生身のキャストがやると重く感じるんだよな。

劇団 竹に所属

.

■大森華恵(サダコ)

フトシの後妻。

うつ病で自殺。

なんというか、いろいろと痛ましい。

(継子とはいえ)娘への配慮と、大人の知恵と、世間知と、いろんなものに押しつぶされて最後の選択として自殺、か。

この舞台で、壁に掛けられたロザリオは合計3回、床に落下する。

2回はサダコが床にたたきつける。この時はSEのみの描写。

そして1回はシュウタの祈りに呼応して、本当に落下する。

ここでも天丼(繰り返し)が重たい。

なんというか、堅物で悩み事に弱そうな人物像を的確に体現。

クレジットがないからフリーの役者さんか?

.

ところで、ストーリーに挿入される白装束ダンス

石川、辻村、森川と3人までは劇団正メンバーなんだけど、彼女だけがゲストにも関わらずダンスに参加。

ダンスシーンについては、べつに拘束期間とか難易度とか、そんなことは関係なく、竹林氏のメッセージにそった人選なのだろう。

.

佐々木光弘(ヒデフミ)

子供が十分な子供時代を生きられず、そのままムリヤリ大人になることを要求されたようなアンバランスな感じ。

わかる。

そして、いまでは自分も義父のようにシンカーが投げられることを義兄シュウタに示すため、最後キャッチボールを決別の儀式として実行する。

と、ここで舞台で実際にボールを投げるんだけど。

キャッチャーシュウタは後ろに下がって観客から見えなくなる。

おそらく板に座布団とか、そういうギミックボールを受けているはず。

.

ラムネさん「いえいえ~、あのシーンは本当にキャッチボールをしていますよ~」

俺「おいマジですかい?」

ラムネさん「本当に最初はキャッチボールの練習から始めました~」

俺「でも暴投とかしたら、危険じゃないですか?」

ラムネさん「ですから~、危険な場所には、あらかじめスタッフを座らせたりとか~」

うむ、配慮も危険対策もバッチリのもよう。

.

空飛ぶ猫☆魂に所属

みなさん、それぞれの所属先劇団の看板または主戦級の役者さんなのよね。

.

■森川結美子(ヤスコ

沖縄のユタの血を引く、占いもできるウェイトレス

なんというか、どの女優さんも年の頃もビジュアルも大差はない感じなのに、演技と役作りで、その、あれだ、いかにも浮気相手になりそうなフェロモ~ンなプリップリのツヤッツヤな感じに寄せてくるのがすごい。

ちなみに、ご本人に取材したところ、使われていた占いはネパール伝統の占星術(ピグラム暦、という独自の暦を使うそうだ)にタロットカードを組み合わせた架空のもの、とのこと。

.

■山川恭平ミツル

フトシとヤスコの子供(つまり隠し子)。

鉄道会社というカタい職業につき、シュウタ以下の兄弟とは別の、なんというか、まっすぐな人生を歩んできたことをうかがわせる人物造形。

朴訥。

観劇直後は「なんか印象が薄いなぁ」だったんだけど。

それも当然で。

俺も含めた観客は、彼の人物ではなく、彼を通して見せられるミツルヤスコの家庭の様子を見せられていたわけで。

キャラクター人形をでたらめに並べた狂った祭壇。

父フトシのハグ。

彼を通してフトシの別の人格と別の家庭を見せられていた。

この役者さんも、おそらく高能力者。ただ本人が嘆いたり動いたりしないだけで。

.

.

んー、こんな感じか。

ともかく、全体としては。

この劇団、劇団 竹、そして主催の竹林林重郎氏は、買いです。

次の公演にも注目して良いです。

自分もそうするし。

.

2017-12-05

東映の子

小学生の半ば頃から虐待されてた。逃げたり助けを求めたりするのが困難で、どうする事もできないから「◯◯(加害者名前)が死にますように」って書いた紙切れを丸めてお守りにしてた。

途中で大好きだった仮面ライダーを観ることすら禁止された。お陰で私はWの最終回リアタイ出来なかった。これは一生恨む。

から次に始まったオーズも観れてなくて、でもどうしても、どうしても観たかたかリスクを省みず隠れて観始めた

そうしたらもう、面白くて面白くて、何??あれは ハ??????

何もかも愛おしかった、ガワも登場人物アクション楽曲脚本演出も、全部全部全部!!!!!夢中になって貪るようにハマった。

どんなに虐待が酷くてもオーズがあるから平気だった。それに告発したらすごく大事な人を困らせて、悲しませてしまうことになるから言えなかった。報復も怖かった。

でもどんどんエスカレートしていって、精神的にどんどん疲弊していって。オーズは隠れて愛でなきゃいけないし。家ではリアタイも出来ないし。

もうだめ、って時に助けてくれたのが「安全場所オーズが観たい、オーズの行く末を見届けるまで潰れたくない」っていう私の願望だった。泣きながらヘルプを叫んで、無事保護された環境最終回を迎えることができた。

前日に「もうすぐ全部過去のものなっちゃう…」って泣きながら関連楽曲聴いてたの今でも思い出すけど、最終回はもう最高中の最高で。ほんとはもっと悲しいエンドになる筈だったのを震災の影響で軌道修正した、って話を聞いた時、人としてほんとうに最悪な感想が頭に浮かんで膝から崩れ落ちた。でも、でもあのエンドじゃなかったら私は、私だけじゃない、何人かの人間はきっと今生きてなくて。ハッピーエンド(諸説あり)ってそれだけ大きな力を持ってると思ってて。この このやるせなさをどこにやればいいのか これだけはずっとわからない

そんなこんなで幸せに暮らせ始めるかと思いきや現実は甘くなくて、トラウマから鬱を発症して、入学した高校はひと月ぐらいで辞めることになった。

それから3年間は何するのも地獄で、永遠に眠くて、集中力も途切れて、大好きだったニチアサにすら興味が持てなくなった。だからフォーゼ〜鎧武、ゴーバス〜キョウリュウぐらいは何となくしか観れてない。健康な時に観てたら絶対どハマりしてたのに。でもフォーゼは私の代わりに弦ちゃん高校行ってくれたみたいで嬉しかった。

鬱が治るのに3年掛かった。引きこもりのどうしようもない私を助けてくれたのもまた東映だった。

仮面ライダードライブ主人公境遇が私と似てて。ある事故きっかけでやる気を無くして、でもそこから立ち直っていくっていうストーリーで。OPの「追い越されてばかり飽きるでしょ」って歌詞背中を押されて、浪人1年目の人たちに混ざって勉強し始めた。どれだけ受験不安でも、予備校通う時ライダーが通学路並走してくれる妄想とかして乗り切った。

それで無事に大学に進学してしばらくしたらエグゼイドとかいう最高なやつ始まるじゃん???????????????ご褒美か????????

もうほんっとにハマって、世間の人気もすごくて。これからVシネかもめっちゃ出るし。なにこれ なにこれ最高 最高すぎてよくわからない 高橋悠也紫綬褒章あげて

って思って死んでたらですよ、仮面ライダーオーズが 帰って来るの 私の神さまが 6年ぶりに

こんな最高な人生ってある…?虐待されてた頃何回も相手のこと殺そうと思った でもオーズが宥めてくれた助けてくれた 引きこもってた時だって何回も死のうと思ったけどドライブが救い出してくれた

何…?東映って何、仮面ライダーって何…???わからんほんとに……

これから就職控えてるけど、どんな所に勤めようとも東映貢ぐために頑張って働きます 私は東映イヌ あのねここが凄いところなんだけど、東映お金を渡すと代わりに最最最高な円盤とかグッズが貰えるの えっ!?!?すごくない!?!?!?

以下蛇足

私のこと助けてくれたのは勿論東映だけじゃなくて周りの大勢の素晴らしい人たちも 心から感謝しています

東映の子っていうかライダーメインでは?って私も思うけどハートキャッチプリキュア!とか獣拳戦隊ゲキレンジャーかにも相当救われてるから東映って書かせて ハトプリBox買ったよ〜全サで馬越さんの色紙頂いたの ふふふ 今はオーズBox待機です

2017-06-03

おれの爺さんはニートだった

俺の母方の祖父昭和の初めに、群馬のド田舎から出てきて、まったくの素人なのに工場を立ち上げ100人規模の、町工場としては大規模な会社に育てた立志伝中の人だった

そのことは小さいころ一緒に住んでいたこともあり聞いていて尊敬していたのだが

一方の父方の祖父の話を最近詳しく聞いて驚いた

祖父観光地の氷屋を営んでいて紫綬褒章をもらったということしか知らず、なぜ氷屋が紫綬褒章をもらえるのかわからなかったのだが

実はもともと江戸時代に庄屋をやっていた家で曽祖父は村の助役まで務めた人だった、当時は世襲にちかい役職だったので地方役人の道を歩む予定だったが、曽祖父の弟が急に亡くなってその人がやっていた氷屋を継がなければならなくなったのだ

この辺が現代感覚だと全く分かりにくいが昭和初期はそういうものだったらしい

全くやる気がない祖父はそれを人任せにして庭いじりと消防団に熱中した、つまりニート

戦後、その任せていた人が転職してしまったのでいやいや自分が氷屋をやることになった

氷屋の仕事というのは現代の私が見ると恐ろしく簡単なことだ、

家の隣にあった(他の人がやっている)氷製造所から氷を買って冷蔵庫に入れておく、注文があったらその氷を切り出して配達する

基本これだけなのだ

そしてこの仕事は夏しかないため冬は庭いじりと消防団に熱中できるわけだ

恐ろしいことにこの仕事だけで家族7人を養いそのうち子供三人を大学までいれたのだ

そして消防団に熱中したためその功績で紫綬褒章を受けたというわけだ

今でいえば半ニートが受勲したということだ

この話を父から聞いて、当時は何と楽な社会だったのだろうと思った。祖父現在生きていれば110歳くらいなので今の老人の世代とも違うが、こういう社会は二度と来ないのだろうな

2016-02-26

http://anond.hatelabo.jp/20160226083946

紺綬褒章だな。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%A4%92%E7%AB%A0#.E7.B4.BA.E7.B6.AC.E8.A4.92.E7.AB.A0

所得が多い人は寄付をするとその分が減税される。そこで公共機関公益法人に500万円以上寄付をすると、この紺綬褒章がもらえる。

紫綬褒章なんかに比べると知名度は低いかもしれないけど、それでも褒章なのには変わりない。

ただ、減税を当て込んで500万円を寄付しようとするなら、1億2千万円くらいの所得が無いと無理だけど。

2016-01-17

カステラって

あの調度良い上品な甘さといい、発明した人に紫綬褒章与えるレベルだろう。

2015-11-06

高須克弥プロフィールに学ぶ、誤解しやすい「章」について

平子理沙の変貌ぶりに高須院長「唇オバケなっちゃうよ」』という記事がでていて

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20151106-00020417-jprime-ent

そこに高須の〈プロフィール〉がのっていて、その中に、「金色有功章、紺綬褒章を受章」というのが入っている。


金色有功章」というのは、おそらく日本赤十字社金色有功章のことだと思われるが、

この表彰基準は「一時または累計額が50万円以上の活動資金へのご協力をいただいた個人・法人等」である

(参考:日本赤十字社東京支部HP http://www.tokyo.jrc.or.jp/kyoryoku/shikin/seido.html

また、紺綬褒章の授与対象は「公益のため私財を寄附した方」である

(参考:内閣府HP http://www8.cao.go.jp/shokun/shurui-juyotaisho-hosho.html


無論、寄付は貴い行為ではあるけれども、これらの「章」は、例えば紫綬褒章のようなものとは全く性質ことなるので

賢明なる、はてな民諸氏におかれても、誤解なきように願いたい。

(「なあんだ、金で買っただけかよ」などと言いたいわけではない)。

2015-01-20

桑田紫綬褒章の騒ぎが一つも理解できない

桑田が欲しがった訳でもあるまいし。

紫綬褒章なんて政権人気取りのためにほいほい配る勲章だろ。

不敬だ、反日だって騒ぐ奴はアメリカ論文通りに低脳なんかな。

2013-02-04

淡谷のり子語録

■あたしはね、やれるところまでやりますよ。歌と一緒に死んでかなきゃいけない、と昔から思ってるんだ。

■あまりヨレヨレになって生きているっていうのは…。でも、そうかといって、じゃ華々しいうちにステージをやめればいいじゃないかって言われるけど、そんなものじゃないんですよ。最後まで見きわめたいでしょう。

エリザベスアーデンの口紅。私は戦後すぐにこれを使っていたのよ。

■これで電気をつけて、ふろに入れる。これから自由に歌も歌えるし。 玉音聴いてみんな泣いていたけど、私はニコニコでした。

ドレスは私の戦闘服よ!

ブルースというものは、だれかが書いて、だれかが曲をつけて歌うもんじゃないの。黒人たちが自分の思いを自分言葉で、自分メロディーで叫んだ歌、それがブルースよ。

ブルースなのにフォックストロット調だなんておかしい。そんなら「別れのフォックストロット」にすれば良い。

ブルース女王?それ、安っぽくてイヤな言葉。ねぇ、『のりちゃん』と呼んで。ジャズシャンソンも好きだし、クラシックだってもう一度勉強し直したいな、って思ってるのよ。

ヘアヌードなんて、ただべローンと裸になるだけ。心の中に何か持ってないと。

レコード大賞歌手堕落させる原因ね。賞を取ればギャラも上がるから血眼でしょう。歌手はね、お金のために歌うようになったらおしまいよ。

■わたしは女だから、いつもきれいにしていたい。いつ死ぬかわからない世の中で、お化粧をしないでいられるか。きれいにして死にたいの。

■奥さん、ダンナはおだてて使いなさい

■歌で生きてくことにしたけど、なんだってそうですよ。己の宝を、人様の為に使っていくという事が大事なの。自分だけの為に使っているような人が多いですね。

■歌と一緒に死んで行きたい。

■歌は心。

■歌屋は歌だけをちゃんとやればいいのよ。

歌手自分が酔うのではなく、聞き手を酔わせるもの

歌手舞台で泣くものではありません。ただそういう私も一回だけ泣いたことがあります

懐メロ歌手と呼ばれるのが一番いや。私は今でも新しい曲を歌い続けている。そのことを全国の皆さんに知ってほしい。

■苦労を苦労と思わないタチでしたね。

結婚してフランスへ行こうということになって、パスポートまでおりたんだけど、どうしてもイヤで逃げだしちゃった(笑)

■剣を抜いて突き付けたら「殺しなさいよ」って言ったの。「何になるの。私が死んだって、殺されたって、戦争に勝てますか」って言ったの。憎たらしいわね(笑)

■嫌いなことはくたびれるが、好きなことをするのはくたびれない。

■元気な秘訣?自由で、しばられないことね。

■古いだけの骨とう品じゃないのよ。もう1回クラシック勉強したいの。

■惚れているときの歌は生きています

■今の若い歌手のひどいこと。のど自慢で「かね1つ」といったようなものが、恥も外聞もなく盛んに歌っている。テレビスイッチを思わず切りたくなるような歌手が多いんで、嫌になっちゃますよ。

■今までマネージャーにはさんざん騙されたが、最後最後で素晴らしい人を見つけた。俳優を辞めてもらって来てもらったのに自分が体を壊して働けなくて申し訳ない。

■私は“ばばあ”でも“じじい”は嫌いなの。若い人が好きなの。私は年はとっても、いつも娘のような気持ちでいるのよ。でもね、街を歩く時、何気なく鏡に映る自分の姿を見て、ああ、やっぱり“ばばあ”だと、がっかりしてしまうのよ。

■私は何も教えてないので先生じゃない。のりちゃんでいいのよ。

■私は他の歌手と違うのよ。だから衣装は6着あげるからね。みんな1着なら私は6着。その代わり、ときどき季節に合わせて変えて頂戴。

紫綬褒章?勲四等宝冠章?あんな物、ちっとも嬉しくなかったわよ。

自分から逃げれば逃げるほど、生き甲斐も遠ざかる。

自分の中に光を持っているのに、「私はダメかもしれない」ってね。それはせっかく懐中電灯を持ちながら、眼をつぶって歩くようなものです。尊いものを持っているのに、その有り難さに気付かない。贅沢ですよ。

■捨てても捨てられても、大いに悩んだ方がいいんですよ。

若い兵隊さんが敬礼をして、ひとり、またひとりと出て行った。とっても寂しかった。

若さは大切に。

■心が無いのはイヤ。儲かるから…と「お金の為だけ」に歌うなら、歌の仕事じゃなくて、お金の為の仕事をすればいいのに。目的が違うんですよ。

西城秀樹は、前には見どころのある子だと思ったけど、跳んだりはねたり、あれはいけません。松田聖子?だあれ、その人。歌の土台ができてなくて、何ですか、ヒィーッとニワトリが首を絞められたような声を出して、あれが歌い手発声ですか!

■先生なんて言わないで!あたしはノリちゃんでいいのっ!

■誰が歌ったんだっけ?「着てはもらえぬセーターを、寒さこらえて編んでます。」着てはもらえないとわかっているのなら、編むことないわよ。

■男に捨てられる女なんか、はじめっから捨てられるような女なのよ。口惜しかったら、わたしみたいに男を捨てて生きてごらんなさい。

■朝、起きて、上に天井がなかったら、おしまいよ。

美空ひばりさんの真似だったり、私の真似だったりしたら、それは物真似で、歌ではありません。自分の歌を大切にして、自分でなくては歌えないような歌が、たとえ下手のように聞こえても、ほんとうの歌です。

■夢は演歌歌手を束にして火をつけるということなんです。

明日が分からない兵隊さんの前で、もんぺはいて、こぎたない恰好して歌ったらかわいそうじゃないですか。送ってあげるんだからきれいなもの見ておいていただきたいと思うでしょう。私はそれを説明してやったんです、憲兵に。

2009-10-30

http://anond.hatelabo.jp/20091029131546

人間国宝ってあんまり馴染まないのではないかな。どちらかというとクリエイティブよりも伝承を重視しているでしょう。映画監督だって入る隙もなさそうですし。

紫綬褒章ならもらう可能性はあると思います。というかもらってほしいな…

2009-05-21

http://anond.hatelabo.jp/20090521090417

三木たかしに対する欽ちゃん

今日で友達辞めます」が、は?って感じで寒かった

あれって、要約すると

・かなり昔から懇親にしていた。

欽ちゃん三木さんを「先生」と呼んでた _____________【追加】

三木さんの方から欽ちゃんには都度「先生はやめて」と訴えてた

・2005年の紫綬褒章受賞時に呼ばれて、欽ちゃんがやっと友達気分になった

・死去してから「やっぱり友達じゃないや」「やっぱり友達じゃなく、先生と呼ばせてください」

って事だよね。

故人に対しての敬意を込めて言ったのかも知れないけど

ぶっちゃけ欽ちゃん、よっぽど三木さんが嫌いだったんだな」って印象しか受けない。

そんな欽ちゃんを代表にしなければいけなかったほど、三木さんは友人(親族?)に恵まれなかったんだろうか…とか。

これなら、多少芝居がかってた方がずっと救いがあるよ…

弔辞としてはいくらなんでも…って感じだから、編集されちゃって、ああなったのかな?

【追記】

特に流れは変わらないけど要約を分かりやすいように直したよ。

2007-08-08

http://anond.hatelabo.jp/20070808211246

一度でいいから見てみたい IT技術者紫綬褒章貰うトコ (字余り)

トロン親父坂村健先生は受賞してますが、彼はIT技術者ですかどうですか。

研究者技術者を分けるなら、昔宮大工の人が受賞したぐらいであんまり実務畑の人が貰える章ではないので

IT技術で褒章ってのは難しいね。

anond:20070808153951

適当に対比。

ハイハイハロワ
歩くシェルスクリプトで幾ばくかの処理制御
走る(駆け込み乗車)オマエパソコン詳しいだろ? なんとかしてよー、たのむよー」
走る(ジョギングしてる人)フリープログラマー
走る(職業 走り屋)仕事プログラムに携わる人(社会的認知でのプログラマ、か?)

一度でいいから見てみたい IT技術者紫綬褒章貰うトコ (字余り)

 
アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん