「FDA」を含む日記 RSS

はてなキーワード: FDAとは

2021-10-14

anond:20211014100325

その定義だと普通食パンも超加工食品なっちゃうよね

家でも作り方ほぼ変わらないし

ってかFDAじゃないのか……あんまり信用できないな

2021-09-03

予想通りぬか喜びになったか

https://www.turtlewiz.jp/archives/25283

こちらの記事にある通り、微妙に注目されていた自閉症スペクトラム治療候補

その名はバロバプタン

FDA画期的治療薬に選ばれるくらいには話題を集めていたのだが…


https://www.clinicaltrials.gov/ct2/show/NCT02901431

https://clinicaltrials.gov/ct2/show/NCT03504917


というわけで、日本でも研究されていたオキシトシンに続いて効果なし判定。

まさに、ぬか喜びの繰り返しだったと。

まあでも、そうなるだろうとは思ってたけどね。

というのも、主に前頭葉問題が集中していると言われるADHDと違って、自閉症については脳全体にかかる機序の話みたいだから

そんで、脳全体を書き換えるレベル作用するような強力な薬は、恐らく違法薬物でも存在しないはず。

から今回も結局、薬の線は悪手というエビデンスが強化されるだけに終わったと。

2021-08-23

ベルクチン家畜のための薬です

2021-08-14

anond:20210814041552

FDAは、若年成人に稀な副作用が報告された後、臨床試験を5歳から11の子供へ拡大するよう、企業要請した。

しかし、より感染力の強いデルタ株が第4波を引き起こすにつれて、親たちは不安になっている。

anond:20210814041158

The FDA has asked companies to expand clinical trials in children ages 5 to 11 after reports of rare side effects in young adults. But as the more transmissible Delta variant drives a fourth surge, parents are getting anxious.

2021-07-20

ワクチン安全だという根拠は?

ワクチンを接種した人・これから接種する人は、一体何を根拠ワクチン安全だと考えているのだろう。


・みんなが接種しているから?

厚労省日本政府安全だと言っているから?

FDAが認可しているから?アメリカは信用できるから

ワクチン接種率が高い国で特に問題は起きていないから?

治験データ論文を読んで納得したから?

ネット検索して記事を読んで納得したから?

副反応が起こるのはごく稀で、自分はその中に入らない自信があるから

副反応が起きても受け入れる覚悟があるから

・周囲に副反応が起きた人がいないから?

そもそも安全だとは思っていないが接種しないといけない空気から

ネット上でワクチン反対派はおかしい人扱いされてるから

2021-07-11

anond:20210711043217

FDAの認可スピードが他の新薬と比べて異常な素早さだったことの正当性を示す論拠はせいぜいmRNA研究実績と絡めて10年あるからとか言い張ってるのしか見たことないね

先進国どこでも政治家民衆の思いは「死亡とか割とどうでもいいから早くパーティーで騒げる世の中に戻したい」で、わりと大規模に政治的バイアスかかってるでしょう

2021-06-09

anond:20210609103034

リンク貼ってくれないといつの記事だかわからんがな

こっちは4/23

https://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/news/21/042300207/

 米食医薬品局(FDA)が最初の新型コロナワクチン承認してから4カ月。CDCは、ワクチン感染者数を大幅に減らし、結果として接種を受けた人が他人ウイルス感染させるリスクを低下させることを示唆する十分なデータを得た。

2021-05-22

anond:20210522195054

批判側・擁護側にかかわらず分量の概念無視している奴はどっちもアホだろ

例えばwikipediaを見ると

アメリカ食品医薬品局も、グルタミン酸ナトリウムGRAS (Generally Recognized As Safe) として、食酢食塩と同じ安全性カテゴリに置き、その根拠としてFDA調査を依頼した米国実験生物学連合英語版) (FASEB) の「3g以上の摂取をした人のうち頭痛などの軽い症状を起こしたものがあるが、一食当りの典型的なMSGの使用量は0.5g以下である」との報告を出している

…等々とあり、要は過剰摂取しなければ安全ちゅうこっちゃ

2021-04-30

ワクチンしてる人のほとんどは高校出てない

知り合いから「ワクチンには水銀が入ってる!」みたいな変な画像送られてきたから、 "Pfizer COVID-19 Vaccine ingredients"で検索してトップに出てくるFDAサイトURL送ったら無視された。「mRNAを体内に入れたら遺伝子組み換え人間になる!!」とかも言ってたけど、セントラルドグマって高校で習わなかったっけ。そんな簡単遺伝子改変できたら今頃遺伝性疾患なくなってるだろ。アホ過ぎる

2020-10-01

anond:20201001034110 anond:20201001033638

痛そう・・・

アメリカサイト見たら、鍼灸治療(FDA承認済み)、ストレッチ(筋肉つける)、マッサージ

それに加えて認知行動療法をするみたいだけど本当に日本電気流すだけなん?

整形外科って割とIT導入も進んでいる科でなおかつそこそこ競争厳しそうなイメージあるんやけど?

 

しかし痛そう。ヘルニア気をつけないとね

2020-08-03

翻訳】タレック・アラム博士「イベルクチン可能性を解き放つ」

翻訳】タレック・アラム博士「イベルクチン可能性を解き放つ」

https://unb.com.bd/category/special/dr-tarek-alam-unleashing-the-potential-of-ivermectin/54846

UNB NEWS DHAKA PUBLISH- JULY 19, 2020, 12:22 PM MUHAMMAD SYFULLAH - UNB STAFF WRITER UPDATE- JULY 20, 2020, 10:49 AM

バングラデシュメディカルカレッジBMC)の著名な医師医学教授でもあるタレック・アラム博士は、安価で入手しやすい2種類の薬剤を組み合わせて、コビド-19に苦しむ患者治療し、ウイルスの負荷を減らし、病気重症度を抑えることに大きな成功を収めてきた。

COVID-19患者の98%が抗寄生虫薬イベルクチン抗生物質ドキシサイクリンの併用で4-14日以内に治癒している」とBMCに併設された病院患者治療する過程BMC医師のチームを率いて研究を行ってきた有名な医師であるDr Tarek Alamは言いました。

彼らは最近、 4 月 15 日に開始されたその研究中にウイルスに対する 2 つの薬物の組み合わせ治療と途方もない成功を報告しました。

私たち発見したことは、人が陽性とテストされた後、または症状が見られた後、できるだけ早く2つの薬を使用する方が良いということです 」アラム博士はUNBとの仮想インタビューで言った。

私たちはすべての患者に5-6日以内に薬を使用しました(そしてほとんどすべての患者治癒しました)。実際には、これら(薬)が時間後の使用場合有効であるかどうかのさらなる研究を行う必要があります 」と彼は言った。

これまでのところイベルクチンは、4月以降、「400から500人のCovid患者」で使用されている。

98%の患者治癒した一方、糖尿病心臓問題を持っているか集中治療室ICU)に行くために必要治療を得ることに遅れている唯一の「4-5人の患者」、また、レムデシビル血漿療法を投与されたにもかかわらず、2人の患者が死亡しました。

バングラデシュでは感染した患者の2%を死滅させるのに苦労しているウイルスに対して、このようなことはあまり聞こえないかもしれませんが、ここではニュアンスの違いを説明します。アラム博士研究で報告された数字が維持されるならば、医療システムにかかる圧力が劇的に減少することになるだろう。

世界的に見ても、ICU支援必要とする患者割合は、国によって、医療システムによって、また国の中の地域によっても異なる。イタリアでは、大流行の初期には、すべての陽性患者12%がICUへの入院必要しましたが、これは高齢者が多いことに起因していると思われます。一方、ニューヨークでは、病院情報源によると、総入院患者の5人に1人(それ自体は約20%)が何らかの時点でICUサポート必要としたと推定されているので、約4%の患者ICUサポート必要したことになります中国では、最初の44,000人の患者対象にした研究では、5%が重症患者ケア必要としていることが示されている。

この4-5%の患者数を2%に減らすことができれば、利用可能ICUのベッド数を少なくとも2倍に増やすことができます。あるいは、別の見方をすれば、必要とするICUベッド数は、彼らの半分か、それ以下になる。彼の数字が維持されるならば。

シラミ退治薬」の隠れた驚異

ラム博士がどのようにしてその処方箋に辿り着いたのかは、現在進行中の ICDDR, B の臨床試験のために最終的に採用されたものである特に科学界の一部の人でさえ、その可能性を否定していたことを考えると。

評判の高い国立研究所に所属するウイルス学者が、アラム博士のチームの初期の結果を報じたテレビ番組パネル文字通り退席し、抗ウイルス薬以外の治療法を議論するのは時間無駄だと暗示をかけていたことを思い出す。

もしウイルス学者がこの番組に参加していたら、医学教授であるラム博士(最終的には番組接続することができた)から学んだことは、バングラデシュほとんどの人々が思春期からシラミ退治薬として知っているこの薬に対する彼の見方を変えていたかもしれない。

実際、イベルクチンは「不思議な薬としての抗菌性、抗ウイルス性、抗がん剤としての特性を持ち、様々な病気治療するために多くの潜在的効果提案する」と先月The Journal of Antibioticsに発表された論文によると、「実際には、イベルクチンは、その抗菌性、抗ウイルス性、抗がん剤としての特性を持ち、様々な病気治療するために多くの潜在的効果提案する」と述べている。

また先月、『Antiviral Research』誌には、イベルクチンCOVID-19の原因物質であるSARS-CoV-2の複製を阻害することを示した初のin vitro細胞培養研究の結果が報告されています

「イベルクチンは、FDA承認の抗寄生虫剤であり、以前にin vitroで広範な抗ウイルス活性を有することが示されているが、原因ウイルスSARS-CoV-2)の阻害剤であり、SARS-CoV-2感染後2時間後にVero-hSLAM細胞への単回の添加で、48時間後にウイルスRNAの〜5000倍の減少をもたらすことができる 」と著者らは報告している、アラム博士のチームが患者PCRテストの結果から報告されたウイルス負荷に対する効果対応する効力を持つ。

ウイルス負荷は、感染者に存在するウイルス粒子の指標であるほとんどのウイルスでは、ウイルス負荷が高いと予後が悪くなります

また、BMC医学部長のアラム博士は、彼のチームは、メディアに来る前に彼らの観察中に60人の患者に主に2つの薬を適用したと述べた。"60人の患者は全員、4-14日以内にコビド-19陰性になった。彼らは入院ICUへの入院必要しませんでした。

ラム博士は、この2つの薬がバングラデシュでは何年も前から安価で入手可能であることに言及し、人々には薬を恣意的に、あるいは医師処方箋なしに使用しないように求めた。

彼は多くの人々 が今では、組み合わせを取っていると述べた博士ラムに話した医師によって処方されたその有効性を観察しました。「しかし、どれも彼女または彼は Covid-19 の陽性または医師処方箋なしでテストされない限り、これらの薬を摂取する必要があります」と彼は付け加えた。

著名な医学教授は、状態が深刻に悪化する前に病院に行き、自宅で治療を受けることで時間無駄にしない方が患者のためであると述べた。 抗ウイルス剤の使用だけでは多くの場合、この病気を治すには十分ではなく、より多くの薬が必要であると付け加えた。

彼は、高齢者患者糖尿病や高血圧などの併存疾患を持つ他の患者は、医師看護師が今、このようなケースで行われる必要があるかを知っているように、恐怖や遅延なしで病院入院しなければならないことを示唆した。

病院では(Covid-19患者のための)宿泊施設問題はありません。すべての医師は今、コビド19の患者場合に何をすべきかを知っている」と彼は言い、政府は十分な病院のベッドと酸素を大規模に管理していると付け加えた。

博士ラムは、彼のチームは、独自研究を開始し、現在規制バングラデシュ医療研究評議会(BMRC)からこの点での臨床試験のための許可を求めると述べた。ICDDR、B試験は来月で終了する予定です。

最後に、2015年にメルク研究所のアイルランド人科学ウィリアム・C・キャンベル博士日本人研究大村智氏がイベルクチン発見ノーベル医学賞を受賞したことを知っても、もう驚かないかもしれません。キャンベル博士他界していなければ(ノーベル賞は死後に授与されることはありません)、この2人は第3の科学者、つまり薬を開発したメルク研究チームのトップと賞を分け合っていただろうという見方が強いです。その人物とは、バングラデシュ科学者モハマド・アジ博士である

2020-07-14

米製薬大手ファイザーは13日、独製薬ベンチャー共同開発する新型コロナウイルスワクチン2種が米食医薬品局(FDA)の優先審査対象指定されたと発表した。

これって、上手くいったら、承認されたら。

日本でも使えるのかな?タイプ同じコロナならOK?

2020-07-10

anond:20200710153345

4月頭段階でこれじゃよ

臨床結果のページは増田においてなかったので適当にググってくれ

貼ったClinicaltrialsarena内にもあったはず

なお、アビカン有用とする中国論文撤回された模様

WITHDRAWN: Experimental Treatment with Favipiravir for COVID-19: An Open-Label Control Study

https://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S2095809920300631


ついでに、論文の変更措置は「訂正」「懸念表明」「撤回」 があって、「撤回」が最も重い

不正証拠が決定的でない場合は、懸念表明にとどまり

撤回される論文とは、有害無益な「世にないほうがよい論文



ただ、こっちではアービドール比較して好ましい治療と考えることができるとなってるね

Favipiravir versus Arbidol for COVID-19: A Randomized Clinical Trial

https://www.medrxiv.org/content/10.1101/2020.03.17.20037432v2


でもまぁいずれにしてもさらなる大規模臨床試験結果待ちってとこかな?

However, the small sample size of 340 participants, the comparison with lopinavir/ritonavir, whose efficacy to treat SARS-CoV-2 is questionable as reported in a separate clinical trial, as well as the addition of interferon-alpha without controlling for its efficacy separately, should lead to caution about the results until more data are available.

(Clinicaltrialsarena.comより)

あとレムデシビル推し米国中国フェーズ3に入ったってさ。そりゃ催奇性強い薬でたぶん有効は避けたいよね

As for other Covid-19 treatment options being investigated, Gilead’s remdesivir, currently in Phase III in the US and China, is arguably the most promising drug and led to such strong demand for compassionate use that Gilead had to restrict access to pregnant women and children. Additionally, due to increasing pressure building up from non-profit public interest groups worrying about high prices and a long-term monopoly, Gilead asked the FDA to pull remdesivir’s orphan drug designation.

(Clinicaltrialsarena.comより)

アビカンは服用する際に危険性について認識しているというサインがいるよ↓

https://www.pmda.go.jp/RMP/www/400022/29a587a6-7cdb-4f19-913b-e2cbf9ae54e0/400022_625004XF1022_01_002RMPm.pdf

2020-04-22

孫に騙される市長たち

カネに困っている政商の孫が、無利益提供するわけがないでしょうに。

から高い請求書が届きますよ。

そもそも利益って、どうやって証明するの?

2020-04-14

新型コロナウイルス医師 Sandro Giannini の発見から見えた希望の光(英訳

こちらの記事英訳です。

Coronavirus: speranze dalla scoperta di Sandro Giannini, 10 Aprile, 2020

https://buongiornonews.it/coronavirus-una-speranza-dalla-scoperta-del-prof-giannini/

1) 英訳Google translate を利用させて頂きました)

Coronavirus: hopes from the discovery of Sandro Giannini

10 April, 2020

Bologna - From social media comes good news about the Coronavirus, perhaps decisive, which has scientific foundations and is disseminated by an authoritative doctor from Rizzoli of Bologna, Sandro Giannini. His is a highly qualified curriculum: Full Professor of Orthopedics and Traumatology and of Physical Medicine at the University of Bologna since 1989, director of Clinic I at the Rizzoli Orthopedic Institute and of the Gait Analysis Laboratory, partner in European projects and in national and international research programs, author of more than 600 presentations at national and international conferences and more than 400 articles in Science Citation Index journals. His message gives great hope. Let's read:

“I don't want to seem overwhelming to you, but I think I've demonstrated the cause of coronavirus lethality. Only at Blessed Matthew are there 2 cardiologists who turn over 150 beds to do echocardium with enormous effort and one is me. Terrible fatigue! However, of what some supposed, but could not be sure, we now have the first data. People go to resuscitation for generalized venous thromboembolism, especially pulmonary. If this were the case, resuscitations and intubations are of no use because first of all you have to dissolve, indeed prevent these thromboembolisms. If you ventilate a lung where blood does not reach, it is not needed! In fact 9 out of 10 die. Because the problem is cardiovascular, not respiratory! It is venous microthrombosis, not pneumonia that determines fatality!

And why are thrombi formed? Because inflammation, as per school text, induces thrombosis through a complex but well-known pathophysiological mechanism. Then? Contrary to what scientific literature, especially Chinese, said until mid-March, it was that anti-inflammatories should not be used. Now in Italy anti-inflammatories and antibiotics are used (as in the influences) and the number of inpatients collapses. Many deaths, even 40 years old, had a history of high fever for 10-15 days that was not treated properly. Here inflammation has destroyed everything and prepared the ground for thrombi formation. Because the main problem is not the virus, but the immune reaction that destroys the cells where the virus enters. In fact, our COVID departments have never entered patients with rheumatoid arthritis! Because they make cortisone, a powerful anti-inflammatory!

Therefore, hospitalizations in Italy are decreasing and it is becoming a disease that is treated at home. By taking care of it well at home, you avoid not only hospitalization, but also the thrombotic risk. It was not easy to understand it because the signs of microembolism have faded, even at the echocardium. But this weekend I compared the data of the first 50 patients between those who breathe badly and those who don't and the situation appeared very clear. For me you can go back to playing and reopen the business. Quarantine street. Not now. But time to publish this data. Vaccine can arrive calmly. In America and other states that follow the scientific literature that calls for NOT to use anti-inflammatories is a disaster! Worse than in Italy. And they are old and cheap drugs. " (Associated Medias - Red / Giut)

———

2) 原文:イタリア語

Coronavirus: speranze dalla scoperta di Sandro Giannini

10 Aprile, 2020

Bologna – Dai social arriva una buona notizia sul Coronavirus, forse risolutiva, che ha fondamenta scientifiche ed è diffusa da un medico autorevole del Rizzoli di Bologna, Sandro Giannini. Il suo è un curriculum molto qualificato: Professore ordinario di Ortopedia e Traumatologia e di Medicina Fisica presso l’Universidi Bologna dal 1989, direttore della Clinica I presso l’Istituto Ortopedico Rizzoli e del Laboratorio di Gait Analysis, partner in progetti europei e in programmi di ricerca nazionali e internazionali, autore di più di 600 presentazioni a congressi nazionali ed internazionali e più di 400 articoli in riviste Science Citation Index. Il suo messaggio dà grande speranza. Leggiamolo:

“Non vorrei sembrarvi eccessivo ma credo di aver dimostrato la causa della letalità del coronavirus. Solo al Beato Matteo ci sono 2 cardiologi che girano su 150 letti a fare ecocardio con enorme fatica e uno sono io. Fatica terribile! Però, di quello che alcuni supponevano, ma non ne riuscivano a essere sicuri, ora abbiamo i primi dati. La gente va in rianimazione per tromboembolia venosa generalizzata, soprattutto polmonare. Se così fosse, non servono a niente le rianimazioni e le intubazioni perché innanzitutto devi sciogliere, anzi prevenire queste tromboembolie. Se ventili un polmone dove il sangue non arriva, non serve! Infatti muoiono 9 su 10. Perche il problema è cardiovascolare, non respiratorio! Sono le microtrombosi venose, non la polmonite a determinare la fatalità!

E perché si formano trombi? Perche l’infiammazione come da testo scolastico, induce trombosi attraverso un meccanismo fisiopatologico complesso ma ben noto. Allora? Contrariamente a quello che la letteratura scientifica, soprattutto cinese, diceva fino a metà marzo era che non bisognava usare antinfiammatori. Ora in Italia si usano antinfiammatori e antibiotici (come nelle influenze) e il numero dei ricoverati crolla. Molti morti, anche di 40 anni, avevano una storia di febbre alta per 10-15 giorni non curata adeguatamente. Qui l’infiammazione ha distrutto tutto e preparato il terreno alla formazione dei trombi.  Perche il problema principale non è il virus, ma la reazione immunitaria che distrugge le cellule dove il virus entra. Infatti nei nostri reparti COVID non sono mai entrati malati di artrite reumatoide! Perche fanno il cortisone, un potente antinfiammatorio!

Pertanto, in Italia ospedalizzazioni si riducono e sta diventando una malattia che si cura a casa. Curandola bene a casa eviti non solo ospedalizzazione, ma anche il rischio trombotico.  Non era facile capirlo perché i segni della microembolia sono sfumati, anche all’ecocardio. Ma questo week end ho confrontato i dati dei primi 50 pazienti tra chi respira male e chi no e la situazione è apparsa molto chiara. Per me si può tornare a giocare e riaprire l’attività commerciali. Via quarantena. Non subito. Ma il tempo di pubblicare questi dati. Vaccino può arrivare con calma. In America e altri stati che seguono la letteratura scientifica che invita a NON usare antinfiammatori e’ un disastro! Peggio che in Italia. E sono farmaci vecchi e che costano pochi euro.”

(Associated MediasRed/Giut)

———

3) 追記

これ↓はどうも違う、ということのようです。

FDAが、COVID-19への非ステロイド性抗炎症薬(NSAIDs)使用について助言, 2020年4月1日

https://www.cancerit.jp/65020.html

2020-04-13

2020年4月8日、パーンプン・チチョブ警部補は、COVID-19テストキット、マスク、体温計の偽造品が販売された事例を報告した。事件は、消費者保護警察課(CPPD)と食品医薬品局(FDA)の職員と共に処理された。

男たちは後に、偽のCOVID-19検査キットをタイ密輸したとしてバンコクの住居内で逮捕された2人の中国人チェンレイとウェイン・ピンピンである確認された。

押収された証拠には、45,000個以上の偽のCOVID-19検査キット、1,200個の赤外線温度計、35万個のフェイスマスクが含まれている。これらの商品は必ず「陰性」となるように設定されており、バンコク市内もしくは近郊の地区許可なく高めの価格販売されていた。

最悪なのは、これらの検査キットでCOVID-19の検査を受けた人は誰でも陰性の結果を受け取るということです。

https://thesmartlocal.com/thailand/fake-test-kits/

2020-04-07

48時間以内にコロナウイルスを殺すことができる抗寄生虫

寄生虫薬イベルクチン48時間以内にCOVID-19コロナウイルスを殺すことができる、とオーストラリア科学者が主張

https://www.msn.com/en-in/news/techandscience/anti-parasitic-drug-ivermectin-can-kill-covid-19-coronavirus-within-48-hours-claim-australian-scientists/ar-BB12aUZx

Zee News 2日前

オーストラリアメルボルンにあるモナッシュ大学バイオメディシン・ディスカバリー研究所(BDI)とピーター・ドハーティ感染症免疫研究所(ドハーティ研究所)の研究者が主導した共同研究で、すでに市場に出回っている抗寄生虫薬で48時間以内にコロナウィルス殺傷することができると発表された。

研究を主導したモナッシュ生物医学ディスカバリー研究所のカイリー・ワグスタッフ博士は、薬剤イベルクチンは、48時間以内に細胞培養で成長するCOVID-19コロナウイルスを停止することが可能であることをMedican Expressに語った。

"単回の投与でも48時間以内にすべてのウイルスRNA実質的に除去することができ、24時間後にも本当に有意な減少が見られることがわかりました」とWagstaff博士は語った。

ベルクチンは、HIVデング熱インフルエンザ、ジカウイルスを含むウイルスの広い範囲に対してin vitroでも有効であるFDA承認であることに注目する必要があります

Wagstaff博士は、しかし、研究実施された試験in vitroであり、試験は人々にも行われるべきであると強調した。

"イベルクチンは非常に広く使用されており、安全な薬と考えられている。イベルクチンは非常に広く使用されており、安全な薬とされていますが、ヒトで使用できる用量で効果があるかどうかを把握することが次のステップです」とワグスタッフ博士は述べた。

"世界的なパンデミックが発生していて、承認された治療法がない時には、世界中ですでに利用可能化合物があれば、それが早く人々を助けるかもしれません。現実的には、ワクチンが広く利用できるようになるまでにはしばらく時間がかかりそうです」とワグスタッフ博士は付け加えました。

Wagstaff博士はまた、イベルクチンウイルス作用するメカニズムはまだ不明であるが、この薬の作用は他のウイルスでの作用に基づいていると思われる、それはウイルス宿主細胞ウイルスクリアする能力を「減衰させる」のを止めるように作用する、とWagstaff博士は言った。

ロイヤルメルボルン病院レオンカリ博士は、生きたコロナウイルスを使った実験が行われたドハーティ研究所ビクター感染症参考研究所(VIDRL)の上級医学科学者で、この研究の筆頭著者である

"2020年1月中国国外で初めてSARS-COV2を分離・共有したチームの一員であったウイルス学者として、イベルクチンがCOVID-19に対する潜在的な薬剤として使用されるという見通しに興奮しています。"とCaly博士は述べています

研究の結果は、Antiviral Research誌に掲載された。

www.DeepL.com/Translator(無料版)で翻訳しました。

駆虫剤がコロナ効果? 韓国疾病管理本部長「感染者への投与はとても無理」(中央日報日本語版

4/7(火) 13:59配信

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200407-00000034-cnippou-kr

チョン・ウンギョン中央防疫対策本部長は6日、定例ブリーフィングでこのように明らかにした。この日、記者団が「オーストラリア研究チームが『イベルクチン』という駆虫剤が新型肺炎効果があるという研究結果を発表したが、これに対する中央防疫対策本部立場が気になる。駆虫剤の効果があると判断するのか、危険性はないのか聞きたい」と質問した…(略)

コメント】:

ベルクチン虫下し剤(駆虫剤)で、一錠7.5mgの場合、、豚25kgごと、牛・羊だと35Kg毎に1錠使用する。オーストラリア研究者により、コロナウィルス効果がある(48時間以内にコロナウィルス殺傷する)と発表された。当然、国内研究機関では未検証人柱)。下記の通販サイトで購入できる。

100Tablets/Bottle/7.5mg Ivermectin Tablets Wormer FOR Livestock/cattle/pig(eBay

US $15.99

https://www.ebay.com/itm/100Tablets-Bottle-7-5mg-Ivermectin-Tablets-Wormer-FOR-Livestock-cattle-pig/254461476186

100Tablets/Bottle/7.5mg Ivermectin Tablets For Livestock/cattle/pig Wormer(Aliexpress

US $12.80

https://www.aliexpress.com/item/4000698596887.html

AliexpressDHL選択しない限り、普通郵便なので、おそらく1〜2カ月後くらいに届く。

2020-04-04

[] アビガンについて (2020-04-04 時点)

なお、アビガン有用とする中国論文撤回された模様

WITHDRAWN: Experimental Treatment with Favipiravir for COVID-19: An Open-Label Control Study

https://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S2095809920300631


ついでに、論文の変更措置は「訂正」「懸念表明」「撤回」 があって、「撤回」が最も重い

不正証拠が決定的でない場合は、懸念表明にとどまり

撤回される論文とは、有害無益な「世にないほうがよい論文



ただ、こっちではアービドール比較して好ましい治療と考えることができるとなってるね

Favipiravir versus Arbidol for COVID-19: A Randomized Clinical Trial

https://www.medrxiv.org/content/10.1101/2020.03.17.20037432v2


でもまぁいずれにしてもさらなる大規模臨床試験結果待ちってとこかな?

However, the small sample size of 340 participants, the comparison with lopinavir/ritonavir, whose efficacy to treat SARS-CoV-2 is questionable as reported in a separate clinical trial, as well as the addition of interferon-alpha without controlling for its efficacy separately, should lead to caution about the results until more data are available.

(Clinicaltrialsarena.comより)

あとレムデシビル推し米国中国フェーズ3に入ったってさ。そりゃ催奇性強い薬でたぶん有効は避けたいよね

As for other Covid-19 treatment options being investigated, Gilead’s remdesivir, currently in Phase III in the US and China, is arguably the most promising drug and led to such strong demand for compassionate use that Gilead had to restrict access to pregnant women and children. Additionally, due to increasing pressure building up from non-profit public interest groups worrying about high prices and a long-term monopoly, Gilead asked the FDA to pull remdesivir’s orphan drug designation.

(Clinicaltrialsarena.comより)

アビカンは服用する際に危険性について認識しているというサインがいるよ↓

https://www.pmda.go.jp/RMP/www/400022/29a587a6-7cdb-4f19-913b-e2cbf9ae54e0/400022_625004XF1022_01_002RMPm.pdf



参考になりましたか

anond:20200404221843 anond:20210821102046 anond:20210821235525 anond:20210827172109

2020-03-22

anond:20200322093742

2001年炭疽菌テロを受け

2002年米国でジョン・ホプキンス市民生体防御戦略センター(CCBS)や戦略国際​​問題研究センターCSIS)が主導、

軍司令官ジャーナリスト大統領顧問FDA委員CIA上級職員などが参加した

高伝染性病原菌を用いたバイオテロ攻撃シミュレーションオペレーションダークウィンター」の結果によって

・大規模な民間人の死傷者の可能性に加えて、政府への信頼の喪失、それに続く市民の混乱、および秩序を回復しようとする当局による民主的プロセス違反、不可欠な制度崩壊可能性があること

政府のさまざまなレベル連邦、州、および地方)の間、政府民間セクターの間、さまざまな機関機関の間、および官民セクター内に主要な「障害」が存在すること

・十分な準備がない場合病気拡散蔓延を防ぐための十分な薬物や機材の欠如が政府選択肢を著しく制限すること

情報管理コミュニケーション(たとえば、報道機関への効果的な対処市民とのコミュニケーション、あらゆる組織レベルでの指揮統制に必要情報フローの維持)が危機/結果管理重要な要素になること

・高伝染性病原体の拡散蔓延の防止には、倫理的政治的文化的政府運営上、および法的重大な課題存在すること

が明らかになりました。

高伝染性病原体の拡散蔓延独裁的強権による即断即決のみが有効手段であり民主的プロセスによる決定を待ちません。

2020-03-03

治験に協力したい人だけどうぞ anond:20200303130612

アメリカみたいにジェネリックを厳しくチェックする必要があるが日本はしてないんだもの

その上、まともに勉強してない医者薬剤師が多いしな日本場合


ジェネリックの普及率が高いアメリカでは

政府機関FDA(アメリカ食品医薬品局)下位組織医薬品評価研究センター

ジェネリック医薬品局』(The Office of Generic Drugs)があってちゃんとチェックしてるやで

日本はどこの政府機関がやってるの?

医者薬剤師教育も誰が?


税金節約しなきゃ意識が高いなら分割調剤(お試し調剤)すると良いが

日医と日薬は自分の取り分(点数)で言い争っているようにしか見えんがな

https://www.m3.com/open/iryoIshin/article/716070/



追記:どうしようもないのは変わらんけど2014年ジェネリック部門独立させたみたいね。推進するなら部ではなく局として独立させる規模の話だと思うけどな(省>局>部)

http://www.nihs.go.jp/dec/rs/iyaku/iyaku2017/02HI.pdf

2020-02-27

FDA高官が新型コロナウイルスに対するワクチンよりも治療薬が相当早く使えるようになるであろうことを示唆

@statnews

New drugs to treat patients already infected with the novel #coronavirus will emerge much more quickly than vaccines to prevent infection, a top FDA official said.

2020-02-21

俺はやる。目から下の毛を全て滅ぼしてやるんだ。

中学生になってから生えてきたすね毛や陰毛にずっと不快感を持っていた。

しかし、いざ剃ると周囲から「お前男なのに剃ってるとかホモかよ」と笑われ、嫌々剃るのをやめた。

あれから10年。俺も今年で26になり、堂々アラサー入りをした。

普段剃るのは手のムダ毛と髭くらいなものである。俺は肌が不健康に青白い。その上、髭と陰毛だけ毛深いのだ。

髭は朝7時に剃っても14時にもなるとジョリジョリである残業が続いて24時に退社する頃には完全な泥棒である

これはいけない。そもそも毎朝T字カミソリで剃る時間無駄だ。社畜たる俺は朝だけはしっかり寝ていたい。

朝の睡眠時間10分を確保するのは、我が社畜人生における至上命題に思えた。

何度もショッピングサイトカートから出し入れをし、ようやく腹を据えてト〇〇という脱毛器をポチッた。

4万円。二か月分の食費に相当する高価な機器だ。言っとくがステマでもなんでもねえぞ。まだ届いてすらねーからな。一応伏字にしておいてやる。

何やら家庭用脱毛レーザー機器の中でも、確かな効果のある(FDAとやらの認可が下り効果があるとされる)らしい機器だ。

俺は脱毛のことに詳しくない。軽くggると「今までの家庭用脱毛機器は毛の減量はできてたが永久脱毛はできなかった」とのこと。

正直分からん。とりあえず最新式っぽいのをポチッた訳だ。

脱毛をしっかりしたいのであれば、ゴリラだの何だのっつークリニックに通うのが一番なんだろうけど、2回予約したが2回とも残業説明聞きに行くのすら適わなかった俺は、もうコレ(家庭用脱毛器)しかねえ。

なーーーーにがなんでも、俺の体中に生えるムダ毛というムダ毛を取り除きてえ!!!!!!

マジで気持ち悪い!!!!いらねえよ全部!!!

そういう気持ちが先行したかポチったんだ。

いか、俺は誰が望まずとも届き次第使って正直な感想投稿してやる、粘着質にな。

そしてクソだったらハッキリとクソと書きなぐる所存だ。つか高ぇよ、4万円。

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん