「半幅帯」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 半幅帯とは

2014-10-23

日本和装の「セミナー」とやらに行ってきた

日本和装の「セミナー」とやらを体験してきた。

日本和装といえば、無料着付け教室を全国で展開して、CMも打ってるアレ。受講生に着物やら帯やらを売って、そのマージン運営しているわけで、当然講座中にも「着物買え」っていう機会を設けている。それが「セミナー」。メーカーから問屋複数とおすのが通常のところを、メーカーから日本和装一カ所を通すだけなので、呉服から買うより安い、たぶんメーカー問屋への卸より上乗せしているんだろう。で、講座終わっても勝手知ったるところに頼む流れになるので、生徒は長らくお客さんになる、と。そういう商売なのである

着付けを習う=初心者着物仕立てたことはない、というのが通常想定されている。だから、いろいろ見せられ、呉服屋で買うより安いですよ、と言われて、せっかくだし一揃えはいものを、となって買ってしまう。恐ろしいねセミナー

しかし、だ。

着物をどれだけ着るかは、まだ未知数の段階と言っていい。そもそも、’いい着物’ではなく気軽な小洒落た普段着として着物を選んでみたい、という程度の人もいるだろう。今なら、ポリエステル可愛い柄の着物や半巾帯が気軽な価格で手に入るのである。むろん、正絹の方がいいに決まっている。だが、高価で手のかかるもの最初から持つことが良いとは言えないだろう。

それを、「いいものを持てば、着る機会を積極的に作るようになる」「ポリエステルは良くない」「自分への投資」などと言い立てて30万円の帯(おそらく問屋複数通ったものよりは安いのであろうが、一般市民がぽんと払うにはやはり高い)、30万円の着物を買わせるのはいかがなものか。

なお、私は普段着としてポリエステル、ウール、デニム着物(自宅で洗えるのは重要)と半幅帯や作り帯を愛用し(帯で腰が支えられているのは、楽なのである)、つい先日別ルート着物と帯の仕立てを頼んだばかりである。つまりセミナーだろうが何だろうが要らんのである金もない。ただし、仕立ての件についてはセミナーの場では告げない。面倒なやり取りを増やす気はないのである。「自分に使える金はない。すっからかんである。」という設定を貫く方向で臨む。ルールはこれのみである

今回のセミナーとやらは、着物界隈では有名らしい帯メーカーのもので、会場には色とりどりの帯が持ち込まれ展示されていた。帯のほかに着物襦袢の反物もある。これがミソなのである

午前中は西陣織製法や糸などが紹介され、帯に触ることもでき、なかなか興味深く面白いものであった。置かれている帯はたしかに質がよく、思いのほかモダンでお洒落で大変魅力的である

午後からは、この素敵な帯を中心としたコーディネート、と称した販売(いくさ)である

まず、好みの帯を展示されたものから選ぶ。せっかくだからと二つ選んだ。

「どんな着物と合わせたい?」

では、とひとつ面白い生地があったのでそれを選ぶ(なお、帯、着物とも、私が仕立てに出したものと色合いを似せた(特色は全く違うのだが))。

さっそく反物を着せられる…着物はほどくと反物に戻る、というのがこういうときによくわかる。反物も帯もとても良い。おしゃれである。金があれば買うな。しかし今は金がない。うん、ないぞ、金は。

やはり、この色は良いよね、と数日前の自分の選択にも満足したところで、戦のはじまりである

「どっちの帯がいい?」と当然買う前提で言われる。

こっちがいいが、今は買う金がない、という旨を述べると(自分名誉のために言っておくが、着物と帯ふたつ買う金はある。がこれ以上着物に使う金はない。)、

「月にいくらなら払える?」と言われる。

何言ってんだこいつしか勝手計算始めてひと月なんぼの何回払い、と、おいおい着物と帯2つのお値段じゃねーか。

分割でも払う金はない、と言うと「実家ぐらしで余裕はあるはず」(そんなこと言った覚えはない)「月賦があるから仕事を頑張れる」(追いつめられてるだけじゃねーか、アホか)「この機会を逃したら二度と買えない」(毎季新作出てるから、別のものでも気に入ったものには毎年出会えるだろ)と、まあ、想定問答集くらい作ってあるんだろうなと思わせるやり取りが続く。

人に借金させることに何らの呵責もないのである。この人、何パーセントもらえるんだろう、とうんざりと考えながら、ヒトヤマ当てたら何ぼでも買う、と言っておく。

分割払いは借金なのである債務である。服のために借金するか?必要でない服飾品の購入による債務負担は浪費であって、破産の場面では免責不許可事由として申立書に記載すべき事情である生活を圧迫してまで着物を買う義理などないし、そんな義理があったらすでに色々ヤバい弁護士精神科医相談してくれ。

「ウールだとか木綿だとかは、ジャージみたいなものコンビニ程度にいくならまだしも電車に乗って出掛けるには論外」と人の持ち物をdisるdisる。うるせえ黙れ。

とっかえひっかえできる価格範囲で、ポリのキュートな柄や、デニムやウールの素朴な風合いを楽しむのは、H&Mユニクロ世代には普通感覚ではないだろうか。そのなかで、一生ものと言えるような、自分の気に入ったものを買うこともあるかもしれない。だが、それを他者強要されるいわれなどないだろう。

こんなことやってるから和服廃れるんやで…と謎の関西弁を胸の奥で繰り返しつつ、右から左に受け流すこと数十分、私が頑に買うと言わないのでやがて売り役はスーッといなくなった。

ふう、やれやれ

やっと解放されて、気になっていた草履を検分する。草履はなかなか足に合うものがなく、下駄1000円草履でしのいでいたので、足に合えばこれを機にひとつ欲しいところではあった。まあ、現にはき心地もよく、台の色が選べ鼻緒も帯地のシャレオツなのを選べたので、5万と高額ではあったが買うことにした。草履ばかりはどこに行ってもこれ、というものがなかったのでよしとしよう。

さて、時間もなんぼかあったので、半巾帯を眺めていたら、またも帯を出してくる。いわく、両表の仕立てができるから、好きな柄を選べと。へーへー。片面10万ね。へーへー。でも、模様はシャレオツなのである和柄スキーとしては眺めるだけで楽しいので、最後まで買うとは言わずじっくり眺めさせてもらった。最後には、金がないから宝くじ当たったらな、と断ったが。すると、分割払いにして、宝くじ当たったら残額一括で払えばいい、と。てめえらの血はなに色だー、とレイの真似くらいしてもよかろうと思う。

これで断念したか、と思ったら、「襦袢はどうだ」と。

個人的見解であるが、襦袢は普段着用なら自宅の洗濯機ガンガン洗えるものがいい。肌襦袢を着るとしても、こまめに洗いたい。絹では自宅の洗濯機で洗えないので、絹で襦袢を仕立てるとしたら、それは宝くじが当ったり石油王に嫁いだりして、洗濯ときに煩わされないようになったら、である。肌触りやら着心地が如何に優れているとしても、洗濯という現実から目を背けるつもりはない。

いいえ、ポリエステル結構

と言うと、案の定

ポリエステルじゃダメよ〜、襟の袷が決まらないでしょう云々」

あー、はいはい。言ってろ。デュポンの回し者ではないが、石油製品であるところの襦袢の洗えるという最大の利点に軍配である

なお、いい着物用になる絹の襦袢お下がりがあるので当面それをあてる予定である

この頃になると、帯やら着物やらを見すぎて頭も朦朧となり、受け答えも面倒になっている。とにかく草履以外は買わねえぞコンチクショウ。

で、ほかの受講者は、というと。

私を含めて4名いて、2期以上受講している人はさすがに買っていなかった(既に数着買っている)が、少なくとも一人は買っていた。もうお一方は分からない。私はその行方を見届ける余裕もなく買え買え圧力と戦っていたかである

要らないものは要らない。金はない。借金なんてもってのほか。という強い意志をもって臨まないと、ほわわん、としていくとつい買ってしまいそうであるおそろしや。

恐ろしいことに、これはたぶんクーリングオフ対象外となる…着物クーリングオフ指定商品にはなっているが、店舗消費者自ら足を運んで購入した場合は除かれる…セミナーに自ら申し込んでいるので、店舗に自ら足を運んだ形になっていると思われるのである

クーリングオフではなくとも、強迫で何とかなるかもしれないが、なかなかハードルは高い。

なんかもうメンドクセーから草履の代金払わないで講座の残りもばっくれちまおうかな…。と思わなくはないのである。だが、あの草履は気に入ったのであれだけ手に入れて、しかる後にばっくれるかな…。

 
アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん