「陰謀家」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 陰謀家とは

2019-04-05

anond:20190405181302

そうだとしたら本国でも同じように少子化やらmetooやらやっている戦勝国陰謀家たちはよほどのアホだな

2019-03-22

おまえらが転生もの飽きたって言うから戦記ラノベおすすめするぞ!

ご存知のとおりラノベではここ十年ほど戦記ファンタジー流行しているんだが、

おまえらは「最近ラノベ異世界転生ばっかりで飽きた」って文句ばっかりだから

俺がオススメの(転生しない)戦記ファンタジーを選んでみたぜ。

グランクレスト戦記』とか『天鏡のアルデラミン』みたいな

アニメ化された有名作品はもちろん既読だろうから除外しとくな。

ファイフステル・サーガ

https://www.amazon.co.jp/dp/4040726995

数年後に迫るという魔王の再臨に向けて

人類が団結しようとして全く団結できない話。

主人公格の傭兵団長がとにかく地味なんだよ。

そこそこ有能なんだけど天才とか英雄かいうほどではなく、

未来予知能力を使って絶望的なピンチを何とか切り抜けていくという、

やりなおし・死に戻り系の側面がある。

地味な主人公、好きだろ?

めちゃくちゃ面白いんで読んでくれよな。

我が驍勇にふるえよ天地

https://www.amazon.co.jp/dp/4797387394

こっちは三国志演義想像してもらえばいい。

「寡黙で人徳のある呂布」みたいな主人公が、

各地を転戦しながら豪傑・智将をばったばったとなぎ倒して仲間にしていく話。

一度はドン底まで落ちた妾腹の皇子があれよという間にのし上がる。

とにかく分かりやすく痛快な作品だ。

天才王子赤字国家再生

https://www.amazon.co.jp/dp/4797397039

怠惰王子が面倒事を避けようと「ほどほどの成功」を画策するも、

有能すぎて予想を上回る大成功を収めてしまい「どうしてこうなった」という話。

全体としてはコメディ色が強いけど、

本質的には「冷酷な陰謀家隣国をハメる話」なので、

主人公からふと漏れる「こいつヤベェ奴じゃん…」感がめちゃくちゃ楽しいぞ。

常敗将軍、また敗れる

https://www.amazon.co.jp/dp/4798616923

歴戦の傭兵ながら常に敗北しているという謎めいた男を主役にした話。

「いったい常敗将軍は何を考えているのか?」という謎解きを、

さまざまな登場人物視点を交えて描いていくところは、

ちょっと歴史サスペンスの趣きもあってすごく面白いぞ。

剣と炎のディアスフェルド

https://www.amazon.co.jp/dp/4048923943

こちらは古代英雄神話想像してくれ。

巨大な帝国大陸の過半を征服した神話の終わりの時代

けれどもまだ世界のところどころに神秘が残る時代

二人の王子が、帝国から自国を守るために、

兄は帝国へ赴いて英雄となり、弟は周辺諸国征服して王となる、という話。

作者がやりたい放題に好きなものを詰め込んでる最高の作品なんだ。

以上だ!

どれか一つって言うなら『ファイフステル・サーガ』をオススメするぜ!

よろしくな!

2017-03-06

党派性の闇は如何ともしがたい

結果的にそれが日本政府の助けになろうと全体として良い事なら邪魔しようと思わなくていいし、反政府レジスタンスグループがやっていようが結果的ダメなら応援しなくてもいいのに、どうしても政府には反対しないといけないか無理筋陰謀家でも持ち上げちゃったり、反対に特に邪魔しなくてもいいのに「政府の犬」みたいに政府の助けになっている事自体批判したりするから、訳判んなくなるんだろうに。

2013-05-30

国民性こくみんせいコクミンセイ

日本人は、礼儀正しい。

韓国人は、激情である

中国人は、商売がうまい

フランス人は、神経質な芸術家である

ロシア人は、陰謀家である

インド人は、自己主張が強い。

ドイツ人は、哲学である

スペイン人は、陽気である

オランダ人は、秩序を重んじる。

アメリカ人は、名誉を重んじる。

ポルトガル人は、温和である

アラブ人は、権利主張が強い。

あなた礼儀正しいですか?

 
アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん