「モンスターペアレンツ」を含む日記 RSS

はてなキーワード: モンスターペアレンツとは

2019-11-06

anond:20191106112907

どうしても学校側の責任にしたい奴を

モンスターペアレンツと言います。覚えて置きましょう。

2019-09-01

傲岸不遜などっとライブ運営について思うこと

以下の拙文は、【世界初?!】男性バーチャルYouTuber ばあちゃるチャンネルにて8月30日に配信された内容に対する失望である

感情的であり冷静でないこの行いは彼らの言うところのモンスターペアレンツ行為に該当するかもしれないが、自分の濁った感情を整理するために匿名の場を借りてまとまった言葉をしたためたいと思う。

件の放送から2日が経った。

ツイッターを主とした各種どっとライブコミュニティに決して小さくない波乱を呼んだにも関わらず、ばあちゃるやどっとライブ公式アカウントから言及は未だ何もない。

それはつまり配信内で語られた内容は過不足ない公式としての意向であると捉えた上で話を進める。

今回の一件において、ばあちゃる(ひいてはどっとライブ運営)が犯した過ちと言うべき問題はいくつかの点に分けられると個人的に考えており、混同することは望ましくないとも思っている。

それらを指摘する前に、まずばあちゃるが語った主張全体を否定するわけではないということはあらかじめ断っておきたい。

自分好きな人や物のためと称し、自身の身勝手で粗野な要求公共SNS強制することは、同じラベルを持ちまっとうに活動する善良な他のファン品位までも下げる愚行に他ならない。

抑えきれない批判非難はしかるべき場所で、という当然の注意について認めた上で、ばあちゃる配信における問題点を以下に示す。

① 個々の事例が本質的に異なる不満によって引き起こされたものだと理解していない

8月24日に行われた電脳少女シロ生誕祭では、出演者の一人にそれまで電脳少女シロと関わりの薄かった本間ひまわりが起用されたことにより一部ファンの間で小競り合いが起こった。

一方で、10月13日に開催されるよみうりランドホールイベント第3部に追加出演者が決まったことが8月30日19時に発表された。

いずれの出演者も関わりが薄く、どっとライブウィークと称するに反して更にどっとライブ色を薄めるキャスティングだった。

しかしそれよりも、過去に自らの放送内でアイドル部の名前を出し、そのファンたちを明確に嘲った経歴を持つ神楽めあが含まれいたことに争点の多くは集約された。

これらの事例において「決して安くない金銭のやりとりが発生するにも関わらず、重要情報後出しされた」ことは不満の共通する要素として捉えられるが、

それ以外の本質的な部分、つまり本間ひまわり神楽めあに対しファンの一部から難色が示された理由は異なるものであると私は主張したい。

(下記はあくま私自身が抱いた感情と、それが引き起こしかねない行動の予測である

前者、電脳少女シロの生誕祭はその名の通り電脳少女シロのためのイベントであり、彼女が主役の構成となっている。

ゆえに出演者彼女ソロか、あるいは彼女に親しい者が起用されるものと当然のように考えていた。

無論それは勝手思い込みであり保証などどこにもないことは事実だが、想像現実とのギャップによる当惑が過激したことで拒絶に繋がったと予想している。

だが後者神楽めあに関しては明確にアイドル部のファン攻撃したという事実存在する。

わざわざ金銭を支払ってまで、自身攻撃した者が登壇しているステージを見たくないという気持ちが発生することは当然だと思っている。

かような状況に陥ったファンが取るべき手段はそのステージの視聴を諦めるという自衛一択に尽きるが、その忌避反応が外敵に向けられてしまうことは想像に難くない。

このように、拒絶に繋がるまでのプロセスが個々により異なるにも関わらず、問題がさも同一であるかのように決めつけるばあちゃるに私は違和感を覚えた。

様々なファンが様々な思いを持つ中で、諭す言葉安直に選んだことは失敗であった。

運営側のばあちゃるが明確な蔑称でもってファンの一部を非難した

今回ばあちゃるが発した「モンペモンスターペアレンツ)」という言葉は、既に一部ファンの間で使われている「P面」「ピーマン」「ファンチ」などの単語代替できる。

これらの言葉が強い効力を持たずあくまファン間の注意の一環として留まっていたのは、それらの言葉の扱いがどっとライブ運営にとってどのようなものであるかということが明確に示されず、

ファン暗黙の了解の中で悪影響を及ぼす存在であるしか認知されていなかったからではないかと考えている。

その反面、「モンペ」という言葉は今回の配信の中で明らかにばあちゃる非難意味で使い、つまりどっとライブにおける排他すべき存在であることが示された。

モンペ」が指すファン範囲はかなり限定的であるということは、配信全体を聞いた人であれば察せられるものと思う。

しかし、言葉を使う人々すべてが配信を視聴し正しい認識を持つ保証などない上に、言葉意味というものは人から人へ伝え聞くにつれ変容してしまう脆さがある。

今や「モンペ」という言葉はどっとライブが認めた仇なす存在であるという意味で一人歩きし、互いに互いをモンペ認定し合う地獄になっている。

コミュニティ崩壊にも至りかねないレッテル軽率発言したことはあまりに考え足らずと言う他ない。

③ あまりに思慮の足りない行為言動を繰り返すばあちゃる

個人的に、今回の件を通じて運営への失望に繋がった最も大きな原因となる点である

②に挙げたレッテル貼りもそうだが、その他にもばあちゃる配信では配慮のない言い回しや態度が多く見受けられた。

そもそも、前半に自らがプロデューサーとして受け持つ担当に関わる告知をしたにも関わらず、後半にファンの一部を非難するような構成配信したことおかしい。

案の定前半に告知されたイベントインパクトはかき消され、配信直後はどこを見てもモンペ話題で持ちきりになった。

また、その後に続く担当リレー配信や同じどっとライブ所属メンバー登録者数にも悪影響を及ぼした。

これらの悪影響が便乗の悪意によって引き起こされた可能性はもちろん十分にあるが、きっかけがばあちゃる配信であることは誰の目から見ても明らかだ。

このように起こってしまたことに対して、今回の配信内に限らず彼はこれまでに繰り返し自分責任を取ると発言していたが、具体的にどのような行為でもって責任を果たすのか。

それが示されたことは私の知る限り一度もなく、これがプロデューサー業を受け持った者のすることかと落胆させられた。

また、1200程度しか評価が付かなかったという言及も耳を疑うものだった。

配信を通じ少なからセンシティブになっているファンがいる状況の中で、自らの注意が波風を立てることだと理解しておきながら、火に油を注ぐような発言を行う意図は一体なんなのか。

ファン落ち着けたかったのか、あるいは煽動たかったのかすら、未だ定かではない。

総じて、今回のばあちゃる配信では自らの役職度外視し、私的感情を先行させる行為が目についた。

立場を省みず、他メンバー迷惑をかけることも厭わず勝手発言をしたいならば、今すぐ重要な役目を降りた方が良い。

少なくとも私から見れば、今のばあちゃるプロデューサー失格であるように思われる。

---------------------------------------------------

ばあちゃる配信の中で、あなた方は大人なのだから理性的な振る舞いをするように、といった趣旨発言をしていた。

しか男性Vtuberと称しピーマンを出す一部ファンへの暗黙な煽り、また2018年秋に一部メンバーアーカイブを取り下げ、配信が不自然に空いた期間の釈明にすらなっていない言い訳、そして今回の件と、どっとライブ運営ファンに対し不遜なまま全く成長していない。

ファンのことを思い、ファンのためにと働きかける役目はいつまでも所属するメンバー押し付けている。

ファンに対し大人になれと言うのならば、まずどっとライブ運営理性的な行いを心がけることを推奨する。

2019-06-02

泥沼から抜け出せない

来年自分自分であるために、自分自分を認められるために書いてみようと思った。自己満足?その通りです。これはこうでしょ!みたいなものでもなく曖昧漠然としているものだけど。

前置きはさておいて、話の内容に必要自己紹介から

高3生です。受験生です。

社会人主婦か色々な人がひしめくなか、クソガキが書いてる時点でまともな人間じゃないのは察してください。普通高校生ならこんなとこ(たぶん)いない、はず…

本題に入ります

自分小学生から手のつけられないクソガキでカッとしたら悪口の前に周りに暴力を振るったり、その度に親に迷惑をかけたりしていました。そのせいで、とあること(事情があって詳しくは匿名でも書けません、相手にバレたらヤバいので)が起きてしまい、それは小学生に重大に追及するほどのことではないはずだったのですが、相手の親がモンスターペアレンツで厄介なことになってしまいました。面会かを何かした時、相手の親に暴言吐かれまくってしばらくトラウマでした。

そのこともあり、地元公立中学だけは死んでも行きたくなかったので、以前から取り組んでいた中学受験に本格的に取り組みました。

結果として、第1志望は落ちましたが、それ以外は受かりました。志望校コース的なとこ一緒に通ってた友達は受かってたけどそこまで苦しくなかった。試験受け終わってこれダメだな、ってなってたから。でも辛かった。同じクラス自分けが第1志望に受からず(恐らく)、塾の卒業パーティーは行かなかった。

そして中学入ってから暴力の癖は直らず、周りに迷惑をかけ続けた。そして、中学3年間を最悪にした一番の原因の先生出会う。(担任になる)

その先生典型的な熱血系の先生で、当時本当に辛くて記憶から大半が抹消されてるんだけど、まあとにかく死んでくれと思っていた。

どれくらい酷かったかというと、中1の終わりに、『今日誰とも話さなかった!』とか思ってたこととかですかね。精神障害者かよ。

中2になると、先生はまともになったが、今度はガイクラスの一員(ほかの学校は知らないけど、自分学校問題児を固める傾向にある)になってしまった。たぶん中1の担任のせい。〇ね。

いい人もいたが、半数ぐらいは相性が悪く、しょっちゅう喧嘩だったりを繰り返してた。このころも同じように記憶にあまりない。そして、原因も忘れ去ってしまったが、半年くらい不登校になった。

ここまで書いてなかったが、自分ゲームが好きで、親に妥協してもらって買ってもらったiPodで遊びまくってた。異常なレベルで。そして不登校近く?から数年ドハマり続けるゲーム(ソシャゲ)に出会ってしまった。

(この書き込み趣旨とあまり関係ないので、詳しくは控えますが、そのゲームは後々また出てきます。)

いつ行ったかすら覚えてないが、精神科にある程度行った。鬱みたいな症状診断されたっけな。たぶん。

不登校はとりあえず切り抜けて(どうやったかすら覚えてない)、中3になった。

この頃くらいにようやく暴力の癖が抜けて(どうやったか覚えてない)現実にようやく少し溶け込めるようになったが、問題が。

中1の時のクソ担任がまた担任になったのだ。

クラスに余計なことをしたり、自分がしないでと言ったことを勝手にやって『お前が悪い』みたいな態度でいたり、ただただ嫌だった。最後勝手に向こうが呆れて干渉しなくなった。そのくせに某行事では自分グループを受け持ってきたり、精神が壊れそうだった。

その中、唯一の楽しみが先程話題に出したゲームだ。ハマりにハマっていわゆるトップランカーのレベルまでなった。

そのゲームは続けつつ、高1になった。

ここからクラスにも教員にも、相当マシな人間が多く、気分は楽だったが、ここまでクソッタレ人生だった自分には、友達は誰一人いなかった。みんなしょうがなく関わってるか、興味がないだけだった。現状を打破しようとしても時間が浪費され、その鬱憤ゲームで晴らしていただけだった。

でもその興味がないなりに気遣ってくれて、嬉しかった。

高1の夏休みゲームで、人間関係でこじれてしまい、ゲームを辞めてしまった。Twitterなども人間関係も全部なくした。そのとき何故かわからないが、自分は壊れてしまったのだと思う。

辞めた日からは、有料アプリ時間を潰していた。

夏休みが終わってから、なぜ思ったかはわからないが、リアルに向き合おうと、できることをやった。

全く意味のない授業の板書、人間関係、その他もろもろ、やっていたんだと思う。だが少しだけ前のゲームをやっていたりした。

そして高2になり、覚悟を決めて、そのゲームをまた辞めて、受験に向き合うことにした。(当時偏差値40くらいかな、やばいでしょ)

あとは高2は勉強だらけだから略。人間関係もマシにはなったが中1のころの遺産があった程度。

そして高3になり今に至る。

受験自分存在証明みたいなスタンスで、受からなかったらセンター改革の件もあるからヤバいが、なんだかんだ楽しくやれている。

周りは某大学志望だらけなので、そこはやめて成績的に自分が有利な大学にした。

友達もいるが、心の奥底で誰も信用できないし、からっぽな自分がそこにいるだけ。

親は中1から中3あたりは本当に酷かったが、高1で自分でどうにかした。どうしたかは覚えてない。

勉強出来なきゃ本当に人生終わりそうなので、勉強を頑張りたい。だから明日からスマホを、最近話題になったタイムロッキングコンテナを使って自制してみようと思う。

批判したい人はどうぞ。精神壊れてるからもうなんともない。

だけど人間性は残ってるから、少しだけ人に認められたかった。自分自分に、受験に受かってようやくスタートラインしか評価できない。

どんな感想意見でもいいかコメント待ってます。返す暇はないけど必ず見るので。

こんな駄文にご付き合いありがとうございました。

2019-03-24

公立学校講師不足らしいが月収60万貰えても二度と働かない

中学校理科教師講師)をしていた。子どもは好きだし教える事も嫌いじゃない。教師は意義のある仕事だし頑張ってる先生も多い。

だけど、何が一番嫌だったかと言うと『公権力への忖度』なんだよな。おれの勤めてた学校では『社会科』『国語科』『音楽家』の先生が優秀だった。

あるとき1人の社会科先生業務効率化の提案をしたのだけど、管理職のせいで全く受け入れられなかった。

教頭校長も『体育科』上がりのワンマンで、頭も悪くてクズ教育委員会人間も似たような感じだった。本当に保守的であれじゃあ何も変わらない。

そんなクズ忖度し続ける人生は嫌なので、教員採用試験受験するのを辞めて、都内外資系IT企業転職した。

転職してから4年、今は教員給料も遥かに超えているし、教員に比べて業務量も少ない。年収で言うと800万円くらい。

とはいえ金に困ってる訳でもないし、教育は意義のある仕事。たとえ給料が安かろうが「働いてもいい」という気持ちになる事もある。もともと教育が好きなのかもしれん。

だけど、それにしても講師給料は安すぎだし(月収30万ちょいで頭打ち)、何より保守的な上に忖度を求められるから気持ち悪くてやってられない。

あれじゃあ教師という仕事に魅力を感じている若者も、講師でさえもしなくなると思うよ。

学校少子化にも関わらず教師不足で、その原因は体力的にも精神的にもキツイからだと思ってる。教員は「全ての業務アナログ過ぎる」ので、業務量も非常に多い。

毎日部活動出血確認、配布物、行事などは効率化できる部分は多くある。

たとえば、部活動外注すればいいし、出血確認オンライン自動で行う。配布物は全デジタルにすれば良いし、行事運動会体育祭)なども手軽にできる簡素ものにする。

精神的な部分はモンスターペアレンツに対しては、モンスターティーチャーになって対応。親に細かい事はギャアギャア言わないようにする。教育委員会教師そ守るバックアップをする。

※但し「いじめ」等の隠蔽体質絶対ダメ

そんな風にして極限まで教師負担を減らせるように環境セットアップ

これなら俺も「また教職に戻ってもいいかな」なんて検討できる。まあ何処の自治体であれ、こんな改革できるところなんてないだろうが。

変なコダワリを捨てて抜本的ば改革をしないと、日本教育は終わってしまうぞ!

2018-09-10

女性専用車両の言いたいことがオカシイ理由

似ているものが思いついた。モンスターペアレンツだ。

シンデレラの役をやるのに、うちの子が主役になれないのはオカシイ!」って騒ぐ奴みたいなんだ。

自分の子供の意思や、現に主役をやることになっていた子の意思関係ナシに

親の気持ちばっかり優先されることになり結果全員主役になっちゃうようなやつ。

あと、お手手つないでゴールとかな。

かに似てるな、似てるな~と思っていたけど納得したわ。

そんな世界になったら、もう誰も努力しないし、日本から金メダルレベルのやる気ある奴も出なくなるだろう。

頑張ったって評価されないんだからな。

2018-09-07

犯罪者ゲームやってるとゲームが悪いってなるのに

部活などで体罰暴行)が横行しててても部活が悪い!部活禁止しろ!ってならないのなんでだろ。

特にモンスターペアレンツな人々はなんでこういう時騒がないんだ?自分の子供が犠牲になるかもしれんのに。

2018-08-09

教師不足について

私立大学教職課程に所属している教員です。教員養成系の学部ではありません。

数年前から一般就職が非常に好調、それに比較して教職の方は、採用数減、ブラック職場モンスターペアレンツ…と明るい話題がありません。

教職希望の1年生は結構たくさんいて、最初登録するのですが、2年、3年と学年が上がるにつれて、教職課程を止めていきます

特に物事に目鼻が効いて、仕事のできそうな学生が止めていきます

最後に残るのは思い込みの激しい、融通の利かないタイプ学生です。

表現は悪いかもしれませんが、アスペ傾向が若干強いタイプです。

そういう学生に、無理矢理に面接対策グループディスカッション対策をして、教採突破させます

採用条件や職場環境を良くしないといい学生が残りませんよという話を機会がある度に、県教委や校長会のメンバーなどにするのですが、教職という仕事はそんなものではない、俺のときもっと大変だったという話しかされません。

ごく少数、「本当にそうなんですよねとなんとかしなければ」という校長先生や県教委のメンバーもいますが、大半は精神主義者で実務的に解決する気があるのかないのか。

たぶん、予算権限も対してなく、「がんばれ、がんばれ」としか言いようがないでしょうね。竹槍突撃大東亜戦争末期という感じです。

そんな職場に目鼻が利く若者がいくはずなどなく、学生に話を聞くと環境が酷いとされる都道府県絶対行きたくないといってます

大阪福岡なんかぜったい嫌だそうです。教師も不足するはずだよ。

2018-06-20

保育園へ、この希望わがまま

子供保育園に通わせてる。

見学会で「うちは連絡帳のやりとりをしていないんです」「ご両親の負担をなるべく減らしたいんです」と言っていて、「ああ、先生たちも連絡帳毎日書くの大変だもんな」「私も毎日書くの大変だもんな〜」と思っていたのだけど、いざ通い出すと毎日黒板にかかれている「今日△△組さんは外で遊びました。みんな楽しんでいました。」だけで個別の子への言葉がない状態が寂しくなってきた。(一応月に一度個別メッセージはもらえる)

他の保育園の話を聞いていると、連絡帳で「こんなことできるようになりました」「がんばってますね! 保育園では◯◯ですよ!」といったやりとりを交わしているみたいでとても羨ましい。

なんなら毎日の様子を写真でみれたりして本当にいいなとおもう。

連絡帳がなくても先生から報告があるならいいんだけど、親がセッティングするタイプの園ということもあり朝も夕方担任先生に会えないことも多い…。

父母会もそんな開かれないし、参観日や個人面談なんかも特にない。(多すぎて大変な園もあるのもわかってる)

こどもの家での様子を報告する場所もほぼないのも寂しく感じてるんだけど、保育園先生からしたらそういうのは別に聞きたくないことなのかな…。

いい園だとはおもって選んだし、実際いい雰囲気の園だとはおもう。

先生たちに願うことは実際の子供たちとしっかりすごしてもらうことだとは思ってる。それはしてもらっているのかもしれない。

連絡帳のやりとりっていうのは親へ向けてのサービスひとつなのかなとは思っているし…。

でも、やっぱりもう少し園・先生交流がしたい、子供の様子を教えてほしいとおもっている。

(正直、メンタルが落ち込んでる中お迎え行った時に先生と会話がなく、教室から出るまでに泣きそうになったこともあった)

「気になることあれば聞いてください!」って言われたからちょこちょこ聞くけど、「◯◯ちゃんですか? うーん、できてたと思いますよー」ってぼんやり言われる。まぁ、そんな気にしてなかったら見てないよなぁとも思うし、そういう感じだと聞きづらくなってくる。(なんかすでに先生からかまえられてそうな気配は感じてる)

こどもが喋れるようになったらこどもから聞けるかもしれないけれど、そうでない今、どういうふうに子供が過ごしているかもうちょっと教えてもらえたらいいのになと思う。

保育園にこの想いを伝えたいと思っているのだけど、モンスターペアレンツになりたくなくて迷っている…。

多分、話は聞いてくれる先生方だとは思うのだけど…

自分のこの気持ち一般的なのか、求め過ぎなのかわからなくて投稿しました。

保育園に勤めてる人から意見が聞けたら嬉しいけれど……こんな時間投稿だし難しいかなとは思ってる…)


2018/06/20 追記〉

あんな夜中に書いたテキストだったのにたくさんの方に読んでいただいて、そしていろいろご意見聞かせてもらってありがとうございました。全部読ませていただきました。

もっと強く批判されるかなと思っていたけれど、心配してくれている声も多くて驚きました。

私の気持ち理解してもらえたコメントも嬉しかったです。

ちなみに今はメンタルが落ち込んでる時は抜けて、悩みすぎて寝れないではなく、寝かしつけから12時頃起きて家事とかしてたらあん時間になった…という感じです。

指摘の通り「子供のことを先生と話したい」っていう希望が強いなぁとは思っています

友人へ相談twitter育児アカウントも発散にはなるんですが、やっぱり日中の子供がどういうふうに過ごしているかを知りたいという気持ちがあって…。

転園は正直難しいです。入れてとてもありがたいなと思っています。正直落ち込んでる時はなんとなく不安を感じてしまって「違う園行けたらなぁ…」と思ってしまうこともありますが…。

あと、先日ようやく初めて同じクラスのお母さん1人とライン交換をしたんだけど、その時にその方も「ここの園、いいんだけどちょっとやりとり少なくて寂しいですよね」って言っておられたので「ああ、この気持ち私だけじゃなかった」と思えてここまで文章にすることができたように思います

いろいろと技術意見が集まってきてるのが面白いなぁと思いました。

きめ細やかなサービスは追加料金でっていうはいいですね。料金の自由設定も賛成です。

ただ、お金の流れを変えるのはとても難しいと思っています。(意見が盛り上がることはいいことだなと思います!)

できるなら、「なんらかの技術」で保育園負担は少なく・親の子と離れている気持ちちょっとでも解消できたら…と思いました。(例えばメールでのやりとりがラインチャット形式になって楽になった、みたいな)

かに「親の希望はどこまでも止まらない」みたいな意見もあるとは思うのですが、写真1枚・動画数秒でも見せてもらったら伝わるものもあると思うので…。

今日保育園のしおり的なものを見返したら「要望ききます要望BOX設置してます」と書いてあったので、どこかのタイミング園長先生と話せたらと思ってきました。

(その要望BOXが一体どこに設置されてるかわからないし、匿名で伝えるのか、しっかり名前を出して話すのかは迷ってますが…)

もう少し考えを整理して考えがまとまれば、相談してみようと思います

本当にありがとうございました

2018-05-25

anond:20180525100823

まず、そんな屑が本当にいたとしよう。

それって、結構レアケースだよね?

あなた文章からは一人に見えるが、そういう人が周りにたくさんいるように見えたなら、

それはあなたあなたの周囲、上長指導能力不足だよ。


モンスターペアレンツが怒鳴り込んできたこと何回もあるし

これは本人の問題ではない(親の問題)だ。

叱ったことを何度も何度も何度も何度も繰り返すんだよ。

それは「叱って」しかいないからではないか

「何が悪かった」「なぜ悪かった」それを飲み込ませるようなことはした?

メモしろって耳にタコができるくらい言ったし、メモ重要性も伝えた。

マニュアルだって渡しているのに毎回毎回ミスをする。

メモの仕方を知らない奴もいるし、

マニュアルだってそれ自体理解できないような奴もいる。

あなた会社がどの程度のランクなのかはわからないが、

少なくともそいつは「その程度のランク」なんだよ。

「俺は親じゃねーんだよ」と突き放したら、そいつはずっとそのままだよ。

あなたも、「その程度のランク」の奴の成長のさせ方を知らないままだ。


あなた会社の人事が、「その程度のランク」の奴を次々送り込んで来たらどうする?

「付き合ってらんねー」と辞めてしまうか?

それも一つの選択だが、それこそ、あなたのいう「環境のせいにする」ことになってしまうのではないか

anond:20180525100220

お前は完全なクズを見たことがないだろ?

何を言っても聞かない、褒めても叱ってもいう事を聞かないクズ

叱ったあとに褒めると、そいつは「ほめたこと」しか聞いてないんだよ。

ストレス軽減のためか何か知らないがな。

3年間、叱って褒めるを繰り返した。もちろん、出来たときは褒めている。

メモしないし、何度言っても同じ失敗を繰り返す。

他のやつに指導を任せたこともあったが何も変わらなかった。

モンスターペアレンツが怒鳴り込んできたこと何回もあるし

叱ったことを何度も何度も何度も何度も繰り返すんだよ。

メモしろって耳にタコができるくらい言ったし、メモ重要性も伝えた。

マニュアルだって渡しているのに毎回毎回ミスをする。

これが「完全なクズ」だろうが。

2018-05-23

anond:20180523151144

被害者(被害妄想)パワー怖い。

これがモンスターペアレンツになったりするんだろうな。怖い。

anond:20180523141855

お前が言っていることは、

運動会でビリの子可哀想から、皆でゴールにしてくれ!」

「うちの子も主役じゃないのはおかしい!」「全員主役のお遊戯会w」って言ってるモンスターペアレンツと同じ。

おかしいってことに気づかないのか?

インセンティブの話なら、それはおかしい。

しかし、性欲はベースラインだ。+αではなく、最低限。

税金生活保護に近い考え方と思ってもらいたい。

お前が言っている世の中になるとすれば、

誰もが努力をしない世界になる。

異性に好かれようという努力を1つでもすればすぐアウトだろうよ。

努力をするのは勝手だが、セックスはそれとは関係なくなるというだけ。

そんなことして楽しいか?

楽しくない。

でも、恋愛という歪んだシステムの上で、誰かを踏み続ける(or踏みつけられる)のはもっと楽しくない。

私より、あなたより「楽しくない」「苦しい」人がいる。

お前が求められないのは、おまえ自身努力問題なんだよ。

最初から、私の話ではない。

ビリだって良いじゃんって何で思えねぇんだよ。

びりじゃない人間には、びりでもいいように見えるかもしれないが、

びりの人間には何もない。

それではびりの人間は救われない。

僻んでんじゃねぇよ努力しろ

全員でゴールww とか夢みてんじゃねぇ。

1.努力は必ずしも報われない。

2.「全員でゴール」とは言ってない。「競技をぶち壊そう」と言っている。

anond:20180523141516

お前が言っていることは、

運動会でビリの子可哀想から、皆でゴールにしてくれ!」

「うちの子も主役じゃないのはおかしい!」「全員主役のお遊戯会w」って言ってるモンスターペアレンツと同じ。

おかしいってことに気づかないのか?

お前が言っている世の中になるとすれば、

誰もが努力をしない世界になる。

異性に好かれようという努力を1つでもすればすぐアウトだろうよ。

そんなことして楽しいか?

お前が求められないのは、おまえ自身努力問題なんだよ。

ビリだって良いじゃんって何で思えねぇんだよ。僻んでんじゃねぇよ努力しろ

全員でゴールww とか夢みてんじゃねぇ。

2018-05-08

クレーマーを集めた町が出来たら、凄そう

キチガイクレーマーたちね。

モンスタークレーマーからモンスターペアレンツモンスターペアレンツの子モンスター

クレクレとかも一緒に。(ある意味クレーマーだと思うから)

1日1日が戦場になりそう。

毎日誰かが気が狂ったように叫んでて……

いや、クレーマーしか居なかったら誰も仕事出来ないか

2018-04-09

anond:20180409225655

モンスターペアレンツは親自体障害者ばかりだからでは?

面談の時点で環境調査票に注意書き込まれてるし。

逆に親から申告してくる場合も苦情が多いけど。

2017-11-01

[]深谷かほるハガネの女」全10巻

35歳独身だけど教師業にはひたむきに向き合うキャリアウーマン?が主人公

主に小学校教師として、モンスターペアレンツ、すちゅーでんと、いじめ私立の退学勧奨とかの問題に正面から立ち向かっていく

1巻読んですんげー面白!!!と思ったけど、2巻以降は徐々に下降線・・・

いや2巻以降も面白くなくはなかったけど、1巻読んだとき面白さ、感動はなかった

かわいい子供かわいい子供のふるまいがかかれてるのがすげーと思った

ただ障害になる問題ママがだいたいステレオタイプでまんねり感あった

ドラマにもなってたんだーと思って感想みてみたら演技がひどいって感想ばっかでワロタ

正直これは1巻だけ読めば十分だと思う

2巻以降を期待して読むとナンカチガウ感が出てきちゃった

あとフィクションにしても忙しすぎで教師やばすぎだろと思った

普通教師がやってることにプラスして時間外の家庭教師的なこととか親代わりのつきそいまでやってて、

こんなんからだめんたる病んでない主人公おかしいだろってレベル

1回だけ風邪だかインフルだかなってたけど

まあそこに耐えられるからハガネ、ということなんだろうけど・・・

どうみても働きすぎで何度も恋人との約束すっぽかしたりして、ほんと読むのつらかった

2017-06-24

豊田真由子」さんと私の関わり について

https://www.facebook.com/note.php?note_id=10155518526459066

2017年下半期の怪文書コンテストグランプリを掴み取りそうなこちら。

 

私は正直にいってドン引きした。

 

この文章を書かれた田中さんという方のtwitter,facebookを遡ると、思わず眉間にシワが寄る。

大量にアップロードされている謎のセクシー中国語動画自撮り写真。中には裸エプロンなんてものもある。

あの怪文書を読んでいても感じたが、承認欲求自己顕示欲の闇に飲み込まれしまった人間の成れの果てを

見てしまったような気がする。

彼女現在子供六人を抱えるシングルマザーらしい。

  

話を豊田議員本人へ移す。

の子供が通う小学校の近くに、この一帯では有名なモンスターペアレンツがいる。

豊田議員その人だ。

すこしでも気に食わないことがあると、物凄い剣幕で怒鳴りこんでくるそうだ。

それにより、心が壊れてしまった教師が何人もいる。

子供はというと、他を寄せ付けない圧倒的な学力を有しているものの、同級生ちょっとした衝突を起こすと、

給食味噌汁ぶっかけたり、発狂したりとやりたい放題。

 

子供は親を選べない。

多分きっと、豊田議員のお子さんも日常的に言葉暴力へ晒されていたことと思う。

他人の家の事情でありながら、自分子どももつ一人の親として、本当に胸が痛い。

周りから見て、明らかに異常な環境下に置かれている子どもたちに何か出来ないか悶々と考えている。

 

 

 

2017-06-06

髪の毛を黒くした。

転職活動をしているので、髪の毛を黒く染めた。

私は地毛が黒ではない。

欧州系の血が混じっている祖父に似て、かなりの赤毛だ。

旦那

「見慣れてないからかもしれないけど、なんか変。顔に似合わない。地毛が黒じゃない人の黒って変なんだな」

外国人日本人に憧れて黒くしてるみたい」

「とにかくファッション的にとか元々黒じゃないけど流行りだからって黒に染めた様にしか見えない。」

とめちゃくちゃ言われた。

ちなみに旦那はなぜ私と結婚たか謎な、どちらかといえば黒髪信仰AKBにいそうな子結構好き/私はどちらかといえば若い頃当時のギャルっぽかった)な人間なのでびっくりした。

否定じゃなくて意見として言われましたよ、念のため。)

別にデザイン関係で小さい会社ばかり受けるのでいかにも就活生です、転職中ですって見た目しなくてもいいしポートフォリオと実務試験さえ完璧であればいいのだけど

一応転職だし、スーツ着るし、面接だし?と思って黒に染めた。

地毛を黒に染めるって確かに変な話だよなと旦那に言われて気づいた。

そういえば高校受験の時も黒に染めろと生活指導先生に言われたなぁと思い出した。

クォーターだけど割と外人顔の母親が「私の顔をご覧になっても、娘の髪の毛を黒に染めなければなりませんでしょうか?」と祖父若い頃の写真ハーフなのに超外人顔)とともに先生に抗議しに行ってたなぁ。

あの時は恥ずかしかったし一歩間違えればモンスターペアレンツかもだけど、もし自分子供赤毛になって同じこと言われたら同じことしちゃうかも。

母はその時「子供が嫌がってるのに髪の毛を染めるなんて虐待だ」とも言った。

私もそう思う。

天パの人がストパーかけてこいと言われるのと同じ感じかしら。

今までいた会社は友人が独立したとかクライアントデザイン部が発足したからとかでろくに就活したことなかったし、バイトも髪の毛の色をきにするバイトをしたことなかったからこんな問題にぶち当たったことなかったんだけど

逆に染めない方がよかったのだろうか。

2017-06-02

母親に言うことに反射的に反論してしま

母親の言うことに反射的に反論してしまう。

冷静に考えればわざわざやり合う必要のないようなことに反応してしまう。

その度に反省して反論しないよう意識するのだけれど治らない。

これは自立心の表れなのだろうか、それとも甘えの変形だろうか。

また自分の両親は自分が小さい頃、いわゆるモンスターペアレンツ自分子供心に親の発言をまともに聞いていたら生きていけないなと強く感じていたのだけれど、父親が死に、母親老いた今になってそうした過去ストレス反論という形で攻撃となって表れているのだろうか。

なんにせよ、年をとっても悩んでいる内容が子供の頃と大して変わっていない。

2017-05-27

俺の母は幼い 精神年齢がだ

母は70をこえてなお仕事をしており、同年代と比べてもかなり元気な方だ。脳みそもはっきりしていてそこそこの知性はある。ボケてもいない。しかし、精神年齢はそれとは対称的だ。精神疾患専門用語を避けると「精神的に未成熟」と言っていい。心は子供身体は老人。

具体的な例をあげようとしてもうまくいかないのはしかたない。自分自身で母の言動表現しきれるのは無理だと思っているからだ。ただし会話をしていると以下のような傾向が見れる。

あげるとキリがない。古臭い表現では自己中となるだろう。とにかく怒りっぽい上に論理的な話が殆ど通じず、言葉暴力相手ねじ伏せることしか頭にない。客観的事実相互理解ではなく、自身主観こそが何よりも正しいと思っている。そのくせ警察等の公権力客観的事実には勝ち目がないとわかっているらしく、それらを避け続けている。

彼女が爆発するのは特に家の中だった。私の祖父母を持ち前の言葉暴力によって完全に支配し、実質的家庭内ヒエラルキートップであったのだ。手を出せば噛まれると知って、不用意なことをしなかったので彼女はずっとその地位にいた。

彼女の夫であり30年近く連れ添った理解者であり家族であり、つまり私の父親は「彼女出会った当初から精神年齢が)幼い様子だった」と語ってくれた。つまり結婚する前から彼女にはその性質があった可能性があるのだ。半世紀も前にこんな怪物が街なかで今よりも元気に活動していたと思うと悲しくなる。

彼女の弁護をすると、彼女は嫁ぎ先である我が実家借金返済のために多額の財産を手放したと聞く。それは父親も認めており、幼かった私自身もそのゴタゴタに巻き込まれものだ。だから彼女が嫁ぎ先とその人間をよく思っていないのは物心ついた時からわかっていた。

なにせ、彼女自身旦那さえも名字で呼ぶのだから高橋家ならば「高橋さん!」と呼ぶ。激高すると名前を忘れるらしく、息子である私さえも「高橋くん!」呼ばわりだ。

彼女にとっては、自分と家の人間は完全に区別されるものらしい。

はいっても、母の言動は極めて異質だ。モンスタークレーマーモンスターペアレンツ典型例を犯したこともある。機嫌が悪いという理由レストラン店員小一時間も怒鳴ったのは今でもおぞましい記憶として残る。

つい先日も野良猫の餌に関して母はトラブルの渦中にあった。野良猫に餌を与えている女性を母が注意(※本人談)したのだが、母は猫のエサ以上に自身侮辱した相手女性言動の方が気に食わないらしい。私が相手を泳がせて情報を聞き出そうとしても、その様子を自身への裏切り行為と捉えたらしく激高していた。自分が気に入らないことはなんでも食って掛かる。どんなにコンセンサスを取ろうとしても自分主観を曲げることは決してない。わがままも1時間となえれば通じるとおもっているようだ。

彼女は強い。自身主観で捉えたことを徹底的に相手押し付け喚き散らすこと。これが彼女の唯一の武器であり、誰も崩せない鉄壁の防御だ。論理的攻撃もなにもかも捻じ曲げる。自身が不利になれば悲劇のヒロインを演じて相手を別の角度から侮辱する。誰も攻略できない。

だが、問題は私の方にある。

そんな母なので心療内科に通わせることは不可能だ。明日天皇制王政になったほうがまだ現実的だと思えるくらいに。だからそんな母に対しては、周りの方が適切な距離感を持って接する必要がある。相手が変わらないならばこちらがどうにかするしかない。相手の安い挑発に乗って口喧嘩に発展してしまうことが最も危険行為なのだ

それが自分にはできていなかった。血脈なのか私も母のような性質を受け継いでいるのか、冷静で理知的なことができない場面が多い。

どうしたらいいのか。

朝、目が覚めると自分の姿を目の前にして天に昇っていたらいいのにと思っている。

2017-02-09

教員志望の大学生に夢を語らせてください。

教員志望の大学生です。

「教育困難校に勤務してるけど、もう無理」 のように困難校に赴任すること,たしかに想定していなかったなぁと思って,今の気持ちを書くことにしました。




教員ブラックだと近年特に言われているし,大学教職課程で最初に学ぶのはモンスターペアレンツ学級崩壊についてだった。

基準あいまい体罰解雇セクハラ解雇いじめ管理職教育委員会が認めてくれないと現場教員ペナルティがある。

しかも,新卒教員になってしまうと,もし鬱やいろいろな事情教員を辞めたら,企業は元教員を雇ってくれないと聞く。


でも,私は新卒教員になりたいと考えている。


もともと教育に携わりたいと考えていたが,上記のような理由もあり,視野の広い先生になりたいという思いもあり,ずっと迷って就職活動をしていた。

決意が固まったのは教育実習ときだった。

子どもたち一人ひとりがたくさん悩んで,うれしいこともたくさんあって,いろいろと考えて生きていることを目の当たりにしたかである

悩んでいる子どもに,しっかり寄り添いたい。

喜んでいる子どもと一緒に喜びたい。

もし間違った方向に進もうとしている生徒がいたら,真摯に向き合いたい。

やはり,今の子どもたちに直接かかわり,影響を与えていくことができるのは現場教員しかないと思った。

の子どもたちと一緒に成長していけるようなこの仕事に就きたいと強く思った。



先輩の先生の授業では,子どもたちが興味を持って主体的に学んでいく様子を見て,こんな授業がしてみたいと思った。

最初はうまくいかいかもしれないが,その子どもたちに合った方法を一緒に探していきたいと思う。

実際に授業をしてみて,ちょっとした工夫で生徒の反応が全く違うことに驚いた。

こうやってトライアンドエラーで授業を作っていくんだな,と感触だけ分かった気がする。


教員になりたいのに,一度経験を……と考えて企業就職するのは,どちらに対しても失礼だと感じ,まずはチャレンジしてみようと新卒教員になることに決めた。


来年から教員になるにあたって,赴任校もまだ分からないし,生活の流れもよく分からない。

担任を持つのか,部活動を持つのか,どんな生徒とかかわっていくのか,何も分かっていない。

まだ採用研修で何日か講義を受けただけだが,4月からはとにかく生徒を迎えることになる。

不安でいっぱいだが,期待もたくさんあって,来年から生活がとても楽しみだ。



忙しくなって辞めたくなったときに思い出したいと思い,書いてみました。

しかしたら教員生活は辛いものになるのかもしれないけど,できることを少しずつやっていきたいと思います

2016-12-12

子供とその親達の「子供べた褒め空気」にウンザリしているという話

世間一般的女性が「子供が嫌い」だというと良い印象を持つ人はいない

子育て世代」ヨイショの時代で「子供が嫌い」なんて表立って口に出す人もいない

なのでここで愚痴ることにする

ノンフィクションだが、釣りだと思うならそれで構わない

女、独身20代後半、IT企業勤務、年収800万、付き合って2年の彼氏がいる

港区暮らして4年

慣れるか心配だった「港区」の暮らしは、今では一番しっくりきている

一番良いのが「子連れがいない」ことだ

ベビーカーなんて引いて森タワーに出てくるのは郊外田舎者ほとんどで

近くの高級スーパーでは一度も見たことがないし

たまに外国人(それもアジア系ではない)の子供をみかける程度だ

近くのレストランや駅では見ることがない

私は子供が大嫌いだ

騒がしいし、可愛くない

子持ちの急な「上の子が熱出しちゃって~」とかい個人的都合にふりまわされてもきた

自分の子供なら絶対違うよ」なんていわれることもしばしばあるが

子供」だけが嫌いなわけではないから、そうもいかない

この年齢になるとfacebookには地元会社、様々な知り合いたちが子供写真をあげている

どこどこ公園へ行っただの、初めてのクリスマスプレゼントだの、なんだの

コメントは「可愛い」「似てるね」「大きくなったね」「うちの子も~」

べた褒めワールド

テンプレかよ

中には一重で団子鼻でいかにも日本人の子供って顔の子にも「可愛い

いや絶対可愛くないだろ

一重の女の子可愛い

将来絶対二重メイクに苦労するわ

スクールカーストではお察しだろ

とにかくそういう「子供可愛い絶対)」みたいな褒め称えあう空気が大嫌いだ

子供も嫌いだが、そういう空気が本当に受け付けない

子供がみんな可愛かったら世の中もっと美男美女だらけなんじゃないか

この街には、その「子供子供が」の空気が一切ない

事実、私の住んでいるタワーマンションでは子供を見たことがない

から結婚しないの?」とか「子供つくらないの?」なんて空気もないのだ

それなりに稼ぐ人たちが、それなりの価格レストランで、それなりの毎日を過ごす

夜中までいろんなお店が営業し、多くの大人たちで溢れている

眠らない大人の街だと、住んで一ヶ月で感じた

年収400万程度で

埼玉だとか千葉だとかの郊外の家に住んで

facebook子供写真ベタベタ貼ってる

「こんな風には絶対なりたくない」

と切に思うのだが、コメントではどこも「べた褒めワールド」だ

そう、世間一般では「結婚して子供がいる家庭」それが幸せだと言われる

子供なんてちっとも欲しくない

しかしなぜか結婚子供幸せセットみたいに押し売りされる

そういう空気が嫌で嫌で、この街に住み続けている

不妊症なわけでもないし、結婚相手がいないわけでもない

ただただ「子供」と、それを褒めあう「気持ち悪い空気」が心底嫌いなのだ

だけどこれはきっと「負け組み」の愚痴となるのだろう

それは構わない

どうしたいとか、勝ちとか負けではなく、

自分と似たような人が少しでも息苦しくない気持ちになれたら良い

私の目標は、年収1000万の土台に乗りたい、だとか

そのお金旅行に行きたい、車を買いたいとか、そんなことだ

自分のためじゃない目標を強いて言えば

両親へ旅行プレゼントしたり、老後の心配のない生活をさせてあげたい、ぐらいだ

子供は欲しくないし、欲しいと思ったこともない

子供はみんな可愛い」なんてみんなが思っていると思ったら大間違いなのだ

子供は騒がしくて当たり前」みたいな顔して叱ろうともしないモンスターペアレンツにも腹が立つし

ろくにお金もないのに「幸せ家族」みたいなのを見せ付けてくるのも理解できない

これ見よがしに、私の部屋から夜景写真でも載せてやろうか

東京タワーが綺麗に間近で見えるタワーマンション

丁寧なコンシェルジュ

良いスーツを着た欧米人挨拶を交わす毎日

それがギャーギャー子供のうるさい郊外田舎でできるか?

毎日家計簿なんてつけなくてもお金はどんどん貯まるんだよ

これが子供とその親達の気持ち悪い空気が大嫌いなお話

世間一般的に言われる「幸せ」の形を見せびらかして「べた褒めワールド」を作り上げてる奴らへの愚痴

こんなこと、表立って言おうものなら否定しかされない

子供が嫌いなんて」「女性なのに子供が欲しいと思わないなんて」

そんなとこだ

子供なんて作るだけなら作れるが、逆に1000万稼げと言われたら稼げるか?

貧乏田舎暮らしブサイク子供晒してクソくだらない幸せアピールは恥ずかしいからやめとけ



そんなとこだ

2016-11-02

財務省 公立中学校教職員 4万9000人削減案

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20161102/k10010752891000.html

えっ・・・絶句

今の学校がどんな状況か、未来を担う子供たちの教育現場がどんなか、例え財務省でも日本の省庁である限りは現状把握してから判断する必要があると思うんですけどね。

子ども学校に通わせている親なら感じることだと思うが、公立教育現場は本当にひどいところが多い。そして先生一人一人が負担しなくてはいけない仕事の量が一昔前とは段違いに多いと感じる。それは時代の変化に伴って先生対応しなくてはならない事項が増えたからだ。自分の知り合いでも精神を病んで教師を辞めてしまった方が二人いる。理由は激務とモンスターペアレンツ対応で疲れ果てて、だった。二人とも誠実な人柄で、誠実であるからこそ耐えられなかったのだろうと感じた。

まともな人間がまともに働けない職場。結果、まともでない人間しか残れない職場になっていく。日本未来を担う教育現場がそんなでいいのか?せめて先生方一人ひとりの負担を減らすべく教員を増やす方向になればいいのに、と思っていた矢先のこのニュース絶望しかない。

===================

教師を辞めたい8つの理由離職率ワースト1位の職場が抱える問題とは?

https://welq.jp/7663

"子どもと向き合えない..." 超多忙学校先生

http://www.nhk.or.jp/fukayomi/maru/2014/140823.html

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん