「ケチョンケチョン」を含む日記 RSS

はてなキーワード: ケチョンケチョンとは

2020-05-25

かに世間フェミニスト像は変わってない?

昔は「頭いいブス」だった。

ブスっていうのは要するに田嶋陽子先生みたいな世間受け狙わないスタイルへの中傷だけど。

 

今は「頭悪い美人」なイメージ

美人っていうのは要するに自分容姿世間受けする感じに管理して活用もしようというスタンスのことだけど。 

 

誰とか具体名挙げると問題あるから挙げられないんだけど

こう、本業とか美人業の能力中途半端だった人が、ステップアップや存在感増強のためにフェミニズムにいっちょ噛みする感じ。

 

「頭のいいブス」と違ってリア充系なので機を見てしゃしゃり出て目立つのは上手いけど、そこからが続かない。

議論を支える知能が全然ない。ディベートの訓練も受けてない。

苛立つと掲げた理念矛盾するような暴言も吐いちゃう

そしてすぐ涙ぐんだり少女返りしたりする姿を見せて被害者ポジションに逃げ込む。

 

きっと「頭のいいブス」だって今もいるんだけど、「頭悪い美人」のような露出欲や功名心はないためこのネット時代には前に出てこない。

 

フェミニズムの名と威光は「頭悪い美人」に占領されてる状態

「頭悪い美人」は勝手に持ち出した旗への理解も支える知的腕力覚悟もないので、

したことない問答でもすぐ窮地に陥り、そうすとすぐ女の子っぽく涙ぐむ(「頭いいブス」はそういう醜態を自らに許さないので頭よくなってる)。

かくして「フェミニストは目立ちたがりだけど議論は全くできないだらしないバカ」の出来上がり。

 

昔のフェミニストは「ブスのひがみ」だの「ワケわからん難しいことをいうヒステリーおばさん」だのいう敵意や嫌悪は向けられていたけど、

今のフェミニストのように「言ってることもやってることも見え透いてる頭悪くてすぐ被害しゃぶって泣く馬鹿ねえちゃん」のような侮りは受けていなかったと思う。

 

 

まり何がいいたいかというと

フェミニズムは「頭いいブス」が牽引していった方がベターじゃない?

「頭悪い美人」を排除する必要はないけど、頭悪い人間達が目立つポジションを軒並み占めているのは頭よい人達の不甲斐なさだと思う。

 

 

追記

mogmognya 自分が気に入らないことを言う相手を「ブス」か「頭悪い」ことにして留飲下げる系の情けない文章ホッテントリに上がってくるということは、コロナ騒ぎも本格的に収まってきたんだなあと。

あのさあ。

この文章は「頭悪い」人のことは批判してるんだけど

「ブス」のことは全く悪く言ってないよね。

ていうかそもそも「ブス」のことをブスだとすら言ってないわけ。

 

エントリ自体が要するに、この人みたいに読解力滅茶苦茶な人とかがでかい顔をしないでほしい、っていう話なんだけど。

  

n-naname アベプラ小島慶子が「性差別のない世界が良いと思うなら男も女も関係なく皆フェミニストだ」と言ってて納得した。こういうフェミニストレッテル貼りは分断煽るだけで不毛だし、いつまでも前に進めないんだよな フェミニスト

2020/05/26

分断を煽るっていうけど

「頭の悪い美人」は分断を煽る側のムーブしますよ?

だってそもそもあなたのような分断しちゃダメだ!とか言う高邁な理想自体ないもの

自分ちょっと付随議論を支えられなくなれば「私が叩かれた!」ってなって「この名誉男性」とか「きもいどうてい」とか言い出しちゃったりするでしょ。

 

life_love 田嶋大先輩はじめ諸先生方のおかげで、すそ野が広がったってことだよ。なぜA or Bの発想なんだ?A+Bだよ。ブスでも美人でも女性と言うだけで受ける不利益があるんだよ。

2020/05/26

あのさあ。

「頭悪い美人フェミニズムから排除しろ!」とか言いましたか

頭良くてディベート出来て議論構築できる人が目立つべきだ。頭悪い人が目立っている状況は好ましくない

という話をしたんです。

 

「頭悪い美人いじめて下がらせろ」 ってどこにも書いてませんよね?

「頭いいブスがもっと前に出てほしい」って書いてるんですよ。

あなたが「美人」か「ブス」か(これは当然あなた男性でも適用できるカテゴリですよ、ここまでちゃんと読んでて頭が健常な人は誰でもわかる通り)知らないけれども

あなた頭が悪いです。

 

kuzumimizuku フェミニズムに限らず、「声のでかいバカ」ほど可視化され、目立ちやすくなって、真面目に頑張ってる人まで一緒くたにされて報われない世の中になったなあとは思う。

2020/05/26

そうね。

男性フェミニスト代表は?って言われたら

悪意とか悪ふざけとかじゃなく「勝部元気…」って浮かんじゃうでしょ。

 

nyakapokonyakapoko 「本当に困っている」って想像は出てこないのか。

2020/05/25

「頭悪い美人」は結局フェミニズムを使いこなせないのでかえって困った立場に陥ってる事例の方が多く見える。

彼女達が本当に困ってるんなら「頭いいブス」が寄って行って頭使うことを担当して助けてあげられてるならいいけど

なんかほったらかされてるように見えるよね。私もめんどい

 

komahana 女としての価値が低いものフェミニストである、と思いたい人が一定数いる。昔は「バカ」よりも「ブス」な女の方が価値が低かった。今は「ブス」よりも「バカ」の方。

2020/05/26

「女としての価値」というボンヤリした概念を「男から見た利用価値」だとして、

今でもバカよりブスの方が価値低いと思うよ残念ながら。

 

フェミニストがその「女としての価値」が高い存在だぞ、とアピールする為なら「頭悪い美人」は役に立つけど

それ凄いくだらないアピールだしそんなとこで勝負してどうすんの、と思う。

 

昔の「頭いいブス」はそういう価値基準を一切拒否したうえで頭の良さで勝負してた。

「頭悪い美人」はちやほやされる面もあるけど、ブスじゃないので価値があるし、頭悪いので侮りやすい。

やっぱり「頭いいブス」のほうがよくない? 

 

rocoroco3310 こうして思想信条問題すら「美人かブスか」を争点にせざるを得ない増田の様な存在が、フェミニスト必要性を世に知らしめるのだ

2020/05/26

誰がそんなことを争点にしてるの。

そもそもブスも美人もカッコ付きで散々内容物を限定してお断りお断りを重ねてるのにな。

私が論じてるのは徹頭徹尾「頭のよしあし」で、それは思想信条問題に直接影響する。

あなたという頭の悪い人が相手の話の正味すら捉えられずに口から無駄排泄物を吐き出してるように。 

  

というかもうこの人誤読とかそういうレベルですらなくて

「ブス」や「美人」というこの人にとって刺激の強い単語以外何にも頭に入ってないよね。

こういう人がしゃしゃり出てくることやこういう人に丁寧に「お前はどうバカか」レクチャーしてあげることの価値が全く分からない。

小学校先生は生徒の成長と未来を信じて辛抱するんだろうけど、成人ずみのバカ相手にする場合は?

 

font-da 私は昔から一貫して「ブス」と「バカ」の二大罵倒語を頂戴しているので、「もの申す女への悪口ワンパターン」という結論いいんじゃないかなあ。この手の悪口を言われてないフェミニストは見たことないわ。

2020/05/26

「ブス」は一切意に介さなくていいけど

「バカ」は本当にバカ可能性があるので「font-daの言い分がどのようにバカであったか」まで具体的に説明しながらバカだと言ってくる人間の話は検討した方がいいと思う。

「私がバカだと言われるのはモノ申す女だから」と言ってスルーしてたらほんとにバカで、治療の機会を逸するという可能性もある。

 

brain-owner フェミニズム男女平等を目指してた。そしてそれは知性ある人の世界では達成され、バカな男の世界では永遠にムリな事が解って来た。今のフェミ男女平等から女性上位を狙ってる。それは知性ある人にも嫌われる

このコメント矛盾点は簡単です。

「知性のある人の世界

そんなもんがどこにあります

平等の達成」

有史以来存在したことがありませんし、これからもそれは無理です。人間は頭が悪く差別する存在であるため。

バカな男の世界では」

男はバカですが女もバカです。ウジャウジャと、掃いて捨てるほどいっぱいバカがいます

「今のフェミ男女平等から女性上位を狙ってる。」

一部ラディカルな人達にそういうのもいるかもしれませんが、

いまフェミニズムに起きてる障害はそういう悪意の為ではなく単に頭の悪さの為に見えます。 

Arturo_Ui 正面から議論を挑む度胸も知力も無いのに、「女性の行うことは劣っている」という無前提な思い込みがあるから、とりあえず腐そうとしているわけだ。「変わってない」のは世間ではなく増田だろう。 お前に届け新型コロナ

2020/05/25

この人ってなんかid覚えてるんだけど、

威勢がいいわりに頭悪くて増田追記でよくけちょんけちょんに反論されてペッタンコになってるひとだよね。

 

確かこの人はブコメでもよく喧嘩してて、気に入らない・反論できないidは「ブロックした」と宣言して勝ち誇る癖があったはず。

なので、「正面から議論を挑む度胸も知力も無いのに」ってまさにこの人らがよく言われてた罵倒だった気がするけど

しかったorかっこよく感じてしまって使うことにしたのかな。

 

 

追記

natukusa 数日前にも書いたが、女叩きや性質叩きをする輩は、増田みたいに本人は冷静で常識的なツラして文面全てで叩いてくる。そういうネットの女叩きの反発で「フェミ」に傾倒する女性が増えたって話もあんね。

じゃあこの文のどこが女叩きなのか具体的に述べてください。

ちゃんと述べられたら私は心から謝って改めます

述べられなかったらあなたがその誹謗中傷と頭の悪さを謝ってください。頭の悪さは改まらないでしょうか。

 

これは明確に白黒がつく世界です。

あなた卑怯にも自分の主張すら説明できず無言で逃げ出したりしない限り。

さあどうぞ。

tomoya_edwtomoya_edw ブスやバカ文脈で読むべきでないかな。本来本文で補足することだと思うけれど、ここではちゃんイメージは示されている。悪口合戦時の言葉大事にしていない時のブスバカと一緒にするのは浅い。/ 靴の人かな。

2020/05/26

文脈で読む」なんて高度なこと求めてないんですよ。

本文の先頭で「このエントリでのブスと美人定義」を明確に示してる(そもそも顔面身体の造形の話ですらない)んです。

それすら読まずにとんちんかん反論してくる人はもう無理でしょ。

ブコメバカの中でも半分以上はそのレベルから根本バカです。

 

これだけ知性を問う話をされてる場所バカ丸出しで突撃してきてバカを誇ってるんです。

すごくない?

 

kincity 「ブス」と「バカ」の2軸でしか女を評価できない方々…それって小学校教室に必ず居たやつじゃね?w 語彙力…

頭が悪くてこれっぽっちの長い文章も読めないので

「ブス」とか「美人」とか「バカ」のような単語だけ拾って小学校時代アングルコメントする人。

小学校から頭があんまり成長してないのは誰なのか考える・・・のも難しいんだよねきっと。

 

hisa_ino 「具体名挙げると問題あるから田嶋陽子がブス、はOKなんだ。へー。

2020/05/26

田嶋陽子は「ブス」です。

私は「ブス」の具体名を挙げることに躊躇していません。

「ブス」なことは欠点だと思っていないので。 これはかっこつきでないブスについても同じです。

 

私が憚ったのは頭悪い人の具体名を挙げることです。

頭悪いことは恥ずべきド級欠点だと思っているので。

 

こんなことは健常な頭してればらくらく読解できている筈なので、あなた頭が悪いです。

 

また、はてなidなど実名ではないこと、なにより直接かかってきていることから

頭悪いはてなidを名指しすることは躊躇していません。

ついでに私がついうっかり具体名を出してしまっている著名「頭悪い美人」は勝部元気です。

 

REV 行動に対する「批判」はありうるが、容姿に対する「誹謗中傷」は避けるべきってさっき言ってなかった?「バカ」批判に該当しないような気もするが、「バカバカと言って何が悪い」って人も多いからな。

「さっき」って何の話か分からないので書き間違いでなければ人違いかなにか?

「ブス」というのは議論で勝てない頭悪い人間悪罵ですがしょせん負け犬の遠吠えだし、

「ブス」と思われないように頑張る必要はないと思います

 

「バカ」は、きちんと相手の言い分に反論したうえで「バカ」とつけるのは相手への評価です。

反論できずにただ「バカ」と言ってるだけなら遠吠えや逃走ですね。

 

 

skgctom 気に入らない事言う女を「黙れブス」と言って黙らせてきたらブスじゃない人が黙らずに出て来るので、今度は「黙れバカ」と言ってまた黙らせようとしてるだけじゃね?

2020/05/26

「黙れブス」は完全に負け犬の遠吠えなので言われた人の勝ち。

議論を支えられない人がフェミニストの顔になってるのは「黙れブス」の時代より質的悪化してると思います

「黙れブス」と言われるフェミニスト知的相手を圧倒し恐れられていたんです。今は侮られてる。

 

minamihiroharu どんな人間がこの文章を書いたかを思えば、無視で構わない文章だよねえ。

2020/05/26

頭悪い人間が日々どういう処理で生きているかが一目でわかる名文だと思わない?

論理的にきちんと反論できなくても「これを書いたのは悪い奴だから無視で構わない!」っていう。

ダメ大学生の「この授業は小難しくて社会で役に立たないと思うから捨ててもいいコマだよねえ」と同じなので際限もない。

要は自分の悪い頭を甘やかして負荷のかかるシーンを回避してるだけ。バカが治るわけもない。

 

ysync ブスの定義はしっかりやってるのに、バカ定義ガバガバ悪口に落ちちゃってる…。

2020/05/26 リスト

書くまでもないと思ってたからだけど、確かに書いた方がいいので今更書きますね。

 

私はなんら高度な物は求めておらず、

「書いてあることを書いてある通りきっちり受け取って応答が出来る」ならバカではないと思っています

その際の応答が賛成か反対かはもちろん問題ではありません。

 

そんなの出来なかったら知的障害でしょ!と思うかもしれません(私も昔はそう思ってました)が

少し抽象的な内容が含まれたり、少し長かったり、少し言葉定義記憶しなければいけなかったりする文だと

8割以上の人がまともに読めませんし会話も出来ません。

 

 

追記3

https://twitter.com/komahanachan/status/1265187661347602432

→頭悪いと判断しているのは貴方なので、本当にその人が頭が悪いのか、私には判断つきかねます

人は自分好みの考えを持つ人間を「頭良い」と判断したいですし、嫌いな人間の考えは「バカ」と言いたがると思う。

お互いの知能が違いすぎると話が理解できない、という話もありますし…

貴方の知能がどれくらいなのか分からないので何とも言えませんが…

一般論としてご指摘はその通りですが

追記を見て一目瞭然の通り、私は自分意見が違っていても「まともに応答が出来てる人」にはきちんと接していますバカだと思っていません。

 

私は頭の良し悪しを言うときに主張に対する価値判断は入れていません。

1.「相手の話を読んで普通の応答(強く反対でも可)出来るか」

2.「自分の主張に論理的検討を入れているか

3.「ちょっと窮地に陥った途端反論放棄して泣きを入れたり被害者ぶったり人格攻撃に逃げたりしないか

などのようなところを見ています

今回追記バカ呼ばわりしてケチョンケチョンにしたブコメはいずれも1すらクリアしていない人たちです。

 

→頭の良さで人間の訴えを判断することは間違っています

頭の良い人間けが主張できる、話を聞いてもらえる。逆に頭の悪い人間が何かを主張してもまともに聞いてもらえない。そういった状況はおかしいです。

まず、バカにも主張する権利はあります

そこは一度も否定していませんからちゃんと読んでください。

問題は、それに対して反論する権利もあることです。

上で見た1もクリアしていないようなバカは私はケチョンケチョンします。

こんな人達はどのような場でも目障りです。

 

そして今回私が述べた「頭の悪い美人」は2や3の中間ぐらいをフラフラする存在の想定ですが

彼ら彼女らはフェミニズムに敵意を持った人間から議論を挑まれときにやはり戦線を支えられません。

ですからフェミニストガバガバな主張をして突っ込まれ反論できなくなって泣く頭悪い美人」という構図が出来上がり

これはフェミニストにとって良くない状況です。

 

前に出てフェミニストとして世間認知されるのは「頭いいブス」である方がよく、

「頭悪い美人」にそのポジションが占められてる現状は「頭いいブス」が不甲斐ないこと。

というのが最初に書いたことです。

 

頭の良い人、頭の悪い人、美しい人、醜い人、みんなフェミニストで良いですし、主張することは否定されることではない。

あのねえ。

特定の誰かに主張する権利はないと書いてありましたか

「頭の悪い美人排除せよ」という話をしまたか

具体的に抜き出してみてください。

この問答は追記で2度目です。

私は誤字等除き本文を書き換えたりしないので隅から隅まで読んでみてください。

頭悪い人が代表フェミニストとして認知されている今の状況はフェミニストにとってよろしくないという話をしたのです。

 

もしそんなことで否定されるのであれば、フェミニストではなく、フェミニストの話を聞く人の問題だと思います

世間フェミニスト好意的であることを期待しながら「頭悪い美人」を旗頭にするより

世間フェミニスト好意的でないことを認めてきちんと議論できる「頭いいブス」を前に出す方が良くないですか。

必ずしも好意的でない人たちと折衝するときの隙の無い身だしなみ、程度を提唱しているのですが。

 

 

余談

また余談として、私のバカに対する処遇についてですが

私はバカは「お前がいかバカであるか」を説明したうえで罵倒します。

特に1は許しませんので徹底的です。2や3についてはあーあと見てるだけですが、2は気が向いたときは酷く言います

これは主張する権利否定や圧迫ではありません。みんなそういう荒野に生きています

 

私はバカに対してその人の知能を憎みますがその人の命は憎みませんので

発言者の身元に対して攻撃するとかそういうことはしません。(バカほどそういう分別がつきません)

全員匿名id世界などは私にとっては居心地がいいです。バカをひっぱたくことに何の躊躇も要らないため。

2020-05-12

anond:20200512152136

そりゃ専門家つったってみんな別に尊敬なんかしてなくて、単に自分お気持ち党派性に都合のいい答えを出してもらうための棍棒ぐらいにしか考えてねえしな

棍棒棍棒にならないならそいつケチョンケチョン罵倒して、別のを持ってこようぐらいの感覚しかない

2020-02-02

anond:20200202172942

大人大人の付き合いであっても女はだいたい自分より上とみなした相手しか憧れや好意を抱かないものだし、ひとときの熱が去ったら後足で砂かけてケチョンケチョンに叩かなければ気が済まない

単に未成年から保護必要だというだけで、成年になろうがやってることは全く同じなんですよ

2020-01-05

退職エントリ転職エントリはてなブログ増田で公開される事が多いのはなんでなの?

増田はまだ分かるんだよ。

増田なら俺がこの増田だと特定されることはあるまい、という大変あさはかな増田意識が透けて見えるので。

けどそれなら別に2ちゃんねるとかその辺でもよくねえのか、って。

いま思いついたのがそれってだけで他にももっと匿名性の高いより適切で耳目を集められそうな場所ってあると思うけど知らん。

いちいち人のこと気にしてる余裕ない。毎日退職してるようなもんだし。

さておきはてなブログでやるのは何でなの。

いっぱい謎なのはほら、Yahoo!見出しを量産してた俺! 転職します! って奴。あれに限った話じゃねえけど。

なんではてなでやるの?

Yahoo!ブログでやれよ。

もしくは競合のポータル持ってるとこのブログでやれよ。

はてなもさぁ。

もうちょっと考えろ。

はてなだったらそこそこ目立つけど、そんな派手に炎上するわけないし。だってはてなから!」

って足元見られてるような感じがしないか

なんで他所ではやらずにはてな増田に吸い寄せられてくるんだ。

ブクマカが群がってブクマするエントリはてな増田に極端に偏り過ぎてるだけで、他所ブログサービスでも退職転職エントリは一大コンテントになってんのかな?

なら雇用流動性は順調に進展しているのだと思うが、どうもそんな気配は感じず、局地的に集まってる観しかない。

あとさ。

はてなブロガーWordPressに移行するときはてな

「おまえ最悪やったわ」

って捨て台詞吐くブロガーが多いのも謎。

気取った退職エントリ書いて「こんな良いところもあったんすよ」っていうブロガーも多いのに、はてなブログ卒業するときはとにかくケチョンケチョンやん。

アレなんなの。

どういう心理状態なのか教えろ増田

2019-12-10

anond:20191210021450

ネットから見えるところには思想家活動家しか居ないように見えるんだろうが、社会学しか置き場のないちゃんとした領域ちゃん存在するし、学問自体無駄ってことはないよ。

 

別に、君の専門領域いっちょかみしてきた活動家ケチョンケチョンにしてもいいから、君も社会学の専門領域無駄ですよね? とか生半可にネット拡散するのはやめろ。

2019-11-14

京大博論を元にした本が東大紀要書評フルボッコされてる件

日本大学特に文系学問に対する風当たりが厳しい昨今、文系学者達は自分たち存在意義を示そうと必死だ。大学で行われている文系研究は、どう役に立つかはともかく、それ自体研究としてちゃんとしたものなんだ!ということは前提となっているし、みんなそう信じている。文系先生達は決してSTAP細胞のようなデタラメをやっているのではないと。

だが、それは本当か? 証拠はあるのか? 最先端研究専門家でさえ評価が難しい。たとえばアインシュタイン一般特殊相対性理論を作ったけど、時代の先を行き過ぎていて正当な評価がされなかったそうで、ノーベル賞は他の業績に対して与えられた。文系研究基本的には同じで、研究の良し悪しを判断できる人は極少数だ。だから、知らないうちにトンデモない研究がはびこっていて、それに社会的評価が伴っていても、ほとんどの人にはわからない。専門家が厳正に評価してくれていることを信じるしかない。

パンドラの箱が開いた

本題に入ろう。最近、1つの書評論文東大言語学研究室発行の紀要に出た。

田中太一日本語は「主体的」な言語か―『認知言語類型原理』について―」『東京大学言語学論集』 41 (2019.9) 295-313

https://repository.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=53475&item_no=1&attribute_id=19&file_no=1

書評された本は『認知言語類型原理』(京都大学出版会)。

https://www.amazon.co.jp/dp/4814001177/ref=cm_sw_r_tw_dp_U_x_6P9YDbPVN9WJ2

著者は、関西外国語大学 短期大学部 英米語学准教授中野研一郎先生

 

普通書評というのは基本的にほめるものだ。批判はあっても最後ちょっとだけ。しかし、この書評は、冷静な筆致でありながら、酷評酷評、ボロクソ、クソミソ、ケチョンケチョンフルボッコだ。一個もほめてない。批判が当たっているなら、トンデモ本に違いない。

こうすればあなた博士になれる

一番ヤバいのは、この本が博士論文を元にしたものということ! 一応説明しておくと、博士論文とは、最高の学位である博士」の学位を取るために大学院生が何年もかけて書く長大論文で、大雑把に言って本1冊以上の分量がある。もちろん、何でもいいからテキトーに書けばいいわけではない(はずだ)。自分オリジナルで、学術的に価値のあること、つまり、これまで誰も知らなかった知見を新たにもたらして人間知識を拡大するような研究の成果でなければいけない。どの分野でもそうだ。

そして博士論文原稿は、3~5人の審査委員審査する。審査委員は全員、その分野に詳しい大学教員だ。審査は3回くらいある。まずは博士論文の大枠ができた後、本格的な執筆にゴーサインを出すかを決める一次審査、そして論文が大体書けた後、論文大学に提出していいか審査する二次審査最後論文が完成し、大学に提出された後、博士学位を与えるか否かを決める最終審査がある。それぞれ少なくとも1時間はかかる本格的なものだ。ディフェンスと言われる最終審査の口頭試問は、公開で行われる。最後に別室で結果を審議した審査委員が会場に戻ってきて厳かに合格が伝えられると、みんな拍手で心から祝福する。

ミサト:おめでとう!

アスカ:おめでとう!

レイ:おめでとう。

シンジ:僕はここ(アカデミア)にいてもいいんだ!

研究人生のフィナーレではないが、1つのピーである。こうやって研究者の能力お墨付きを与えるのが大学存在意義の大きな一部分だ。

要するに、博士号を取るのはとても大変なのだ日本だと博士号を持っている人は1万人に1人くらいしかいないらしい。日本大学は入るのは難しいのに出るのは簡単だとよく言われるけど、大学院の博士課程はそうではない。入るのも修士課程ほど楽ではないし、文系では入っても博士号を取れない人の方が多いくらいだ。これだけ大変だから博士号はアカデミアでは評価される。大学教員になるなら、博士じゃないとエントリーすることさえほぼほぼ不可能。『認知言語類型論』の中野先生は、フェイスブックを見たところ、以前は高校先生だったみたいだけど、博士号をとってから、50歳を過ぎて関西外国語大学准教授になったようだ。周知の通り、大学終身雇用教員の座をめぐる争いは非常に激しい。博士号がなかったら就職できなかっただろう。

 

博士号はどこの大学でとっても価値は同じ、みたいなことを何度か読んだことがあるけど、あれはデマ。真に受けてはいけない。いい大学博士号ほど高く評価される(Why not?)。中野先生がお持ちの京都大学博士号は、京大が超一流なのと同様、超一流の博士号だ。50歳を過ぎて大学就職できたのも不思議ではない。しかも、中野先生師匠は、日本言語学界の大物中の大物、山梨正明先生だ。『認知言語類型原理』に山梨先生が解題を寄せているから間違いない。この大先生は、「日本代表する理論言語学者の一人」([wikipedia:山梨正明])。中野先生が在学していた頃には、日本語用論学会(2008〜2011)や、日本認知言語学会(2009〜2012)の会長を同時に務めもした大物中の大物だ。ちなみに、山梨大先生2014年度に京大を定年退官して、2015年から中野先生より一足早く関西外国語大学で教鞭をとっている。ちょっとややこしい話だが、博士論文審査が終わる前に京大を定年退官したようで、審査主査ではないが、審査委員には名を連ねている。https://repository.kulib.kyoto-u.ac.jp/dspace/handle/2433/199376 博士論文を書くのに何年もかかるから、こういうことはよくある。

日本語に主語目的語、態、時制、格、自動詞他動詞はいらない?

さて、超大物お墨付き博士論文(を元にした本)はどんなもんなんだろうか。書評から拾っていこう。2節は専門的な議論でよくわからいかパス。3節「日本語に存在しないとされるものから見ていこう。まず、1節に同書のまとめらしき部分から引用がある。

日本語(やまとことば)」を深層とする日本語において、「形容詞 (adjective)」・「主語 (subject)/目的語 (object)」・「態(voice)」・「時制 (tense)」・「格 (case)」・「他動詞 (transitive verb)/自動詞 (intransitive verb)」といった、従来ア・プリオリに前提とされていた統語・文法カテゴリ妥当していないことも論証した。さらに、「膠着」言語の一つである日本語」においては、その語・語句・節の生成メカニズムは、「音」自体に「意味」を見出す「音象徴 (sound symbolism)」を基盤にしていることを論じた。

(『認知言語類型原理』[以下、中野 2017] p. 308、書評論文[以下、田中 2019]p. 295から禁断の孫引き。以下、同書の引用は全て孫引き)

昔、『日本語に主語はいらない 百年の誤謬を正す』[amazon:日本語に主語はいらない]という本が出て、言語学者に酷評されたことがある。金谷武洋日本語に主語はいらない』批判記事一覧 - 誰がログ https://dlit.hatenadiary.com/entry/20071216/1197757579

主語がいらないと言っただけでそうなったのに、『認知言語類型原理』は、ミニマリスト断捨離なんてもんじゃない。主語だけじゃなく、形容詞、態、時制、格、自動詞他動詞も、いらない、何も、捨ててしまおう~♪と謳っているらしい。全部なしで日本語の文法はどうなっているのかというと、「その語・語句・節の生成メカニズムは、「音」自体に「意味」を見出す「音象徴 (sound symbolism)」を基盤にしている」ということらしい。

「音象徴」の名の元に蘇る亡霊

これは熊倉千之氏の「音象徴理論に基づいているそうで、熊倉氏は、

膠着語にかんして、「イメージイメージを膠でつけるように、ことばができているのです。ですから、具体的なモノとモノをつなげると、言語(コト) としての「抽象」 性が生まれ、新しいことばが作られるのです (熊倉 2011: 18)と述べた上で、日本語の音素はそれぞれ何らかのイメージを持つという観察を根拠に、やまとことばの「音声と意味」には、ソシュールの説に反して、「恣意的」ではなく、密接な繋がりが感じられる」 (熊倉 2011: 30) と主張している。

(これも田中 2019: 309から禁断の孫引き

熊倉千之 (2011)『日本語の深層〈話者のイマ・ココ〉を生きることば』東京: 筑摩書房.

とのこと。

近代言語学の父、ソシュールの一番有名な恣意性原理否定しているが、それ自体はない話ではない。音象徴が当てはまる例として、ポケモンとか怪獣名前は、音と意味関係が全く恣意的なわけではない、みたいなことが最近よく言われている。ただ音象徴基本的オノマトペ擬音語擬態語)や新たに名前を付けるものについての話、しかあくま傾向性言語全体の「語・語句・節の生成メカニズム」になるようなものとして扱われてはいない。しかし、中野説はそういった主流の音象徴研究とは一線を画する。具体的に見てみると、

「あ/a/」は「空間出来の語基」 として、「い/i/・居」 は「様態化の語基」 として、「う /u/・続」 は「プロセス化の語基」 として、 「音象徴」 により語彙を創発させる機能を担っているのである(中野 2017: 247) 。

知らなかったー、日本語ってすごいですね(棒)。たとえば、「合う・会う」は、「あ/a/」+「う /u/」だから、「(出来)動詞」だそうだ。書評子が、

「「出来」が「プロセス化」すると「合う・会う」になるという説明は到底理解できるものではない」(田中 2019: 309)

と言う通りだ。「あい」(愛とか藍)はどうなるんだろう。中野先生によると、音象徴

日本語(やまとことば)」の同音異義の語の数の多さと、またオノマトペの豊穣さの、母体にもなっている」 (中野 2017:232)

そうだが、書評子は、ここに鋭く矛盾を見て取る。

この主張は、本書の議論を決定的に破綻させるものである。もし「音=意味」という恣意的でない結びつきが存在するならば、同じ音を(同じ順序で)組み合わせれば同じ意味になるはずである同音異義語存在が極少数に限られるならともかく、その数が多いのであれば、日本語の全体を「音象徴」に基づいて分析することが不可能であることは自明である。(田中 2019: 310)

かに。他にも、中野先生は「確かに」・「達する」・「頼みます」・「たった、これだけですか」・「立つ」・「経つ」・「絶つ」・「裁つ」などを例に、

日本語(やまとことば)」では、音部分が同根であれば、「音象徴」に基づき、その意味機能通底している 。 [中略] 「た/ta/」音を語頭とする語は「心的確定(確信)」を基に語彙が生成していることが理解できる。「日本やまとことば」の「た/ta/」音は、「音象徴」において「確信」を「意味」とする「音」なのである。 (中野 2017: 255)

と言っているそうだが、「立つ」とか中野先生自身の例でさえ、どこが確信関係があるのかわからない例もある。この説が無理なのはよく考えてみるまでもない。

そもそも、「音象徴」なんて流行りのタームを中野先生熊倉氏は使っているが、こういう説は「音義説」[wikipedia:音義説]と言うのがより正確だ。近代以前に唱える人がたまにいたけど、今ではググるとわかる通り素人が唱えているだけのものだ。ちなみに、このような形で同書に大きな影響を与えた熊倉千之氏とは、

1980年「『源氏物語』の語りの時間」でカリフォルニア大学バークレー校にてPh.D.取得。ミシガン大学サンフランシスコ州立大学などで日本語・日本文学を教える。1988年帰国後、東京家政学院大学教授1999年金城学院大学教授2007年退職

[wikipedia:熊倉千之]

という人。ウィキペディアでは一応「日本文学者・日本語学者」となってはいるけど、専門はどう見ても文学言語について言語学界とは関係なく自由思索著述をしている人のようだ。そういう独自言語論を唱える文学思想研究者はよくいるけど、普通言語学者はそういうのはまともに相手にしない。『認知言語類型原理』もその類の本だったなら、東大言語学を学ぶ書評子も取り合わなかっただろう。でも、これは京大言語科学講座で博士号をとるために書かれた論文(が元になった本)なのだ

驚愕の主張の数々

他にも同書には、業界震撼の主張が満載みたいだ。是非同書を買って私の代わりに確認してみてほしい。

日本語では論理的命題を表すことができない」(田中 2019: 305)
日本語は英語を含む近代ヨーロッパ標準諸語に翻訳できず、また近代ヨーロッパ標準諸語も日本語に翻訳できない」(中野 2017: 268)
科学数学物理学化学生物学法学経済学歴史学社会学言語学等)」と称せられるものの全ての言説は、日本語で書かれている限り、「日本語(やまとことば)」の論理によって、「客観的であるとする言語論理的根拠を維持できないのである。当然のことながら、この本自体も、日本語で書いている限りはその陥穽から逃れることができない。」 (中野 2017: 268)
日本語の「伝聞」というコミュニケーション様態においては、伝えられる内容は、伝える者によって「主体化」されており、したがって、その「主体化」された内容の真偽判断に関わっては、「権威」が必要となる。伝える者に「権威」が伴っていない場合、伝えられる内容は真と判断されない。」(中野 2017: 16)

しつこいようだが、これで5年前に京大博士号が取れたのだ。

ちなみに、なんで日本語が英語などと違ってこうなってるかと言うと、中野先生によると、日本語は歴史的文字を持たなかったからだそうだ。とはいえ英語だってそうだし、文字で残っている歴史の長さも日本語と同じくらいなんだけど。っていうか、どの言語も昔々は文字がなかっただろ!

ということで、書評の内容は変な言いがかりではないようだ。そもそもこんな空前絶後激辛書評論文大学院生が書くこと自体大きなリスクを伴う。(書評子、いろいろ大丈夫か?)無理なイチャモンをつけるためにそんな危険を冒すわけがないし、出版前に東大で止められるだろう。ま、『認知言語類型原理』は、博士論文審査から本の出版にいたるまで、誰にも止められなかったみたいだけど!

京大STAP細胞はありま~す?」

もう終わりにしよう。書評批判が当たっているなら、こういうことだ。超大物教員指導の元、こんな博士論文が書かれ、専門家達が「厳正な」審査をし、超一流の博士号が授与され、それをテコに大学で職を得た人がいる。これがわかったのは、本が出版されたおかげだ。ちなみにこの本、名もない出版からではなく、京都大学出版会が出している。もちろん、本の出版は著者が勝手にできることではない。本の最後に超大物元指導教員が「解題」を寄せているから、知らなかったはずはない。解題を見てみたところ、基本的にほめていて、特に批判らしい批判はなかった。実はその解題、公開されている博士論文審査結果の要旨とほとんど同じ。

https://repository.kulib.kyoto-u.ac.jp/dspace/bitstream/2433/199376/1/ynink00705.pdf

審査結果からもいくつか引用しておこう。

論文は、個別言語における認知メカニズムの解明によって言語固有の形式文法カテゴリ創発する根源的理由説明を試みた意欲的研究であり、認知言語類型論という新た

2019-08-18

あ¨ぁ~もうころして~

明日から正社員扱いで初の24時間勤務だよー

しかも一昨日の午前中にコンビの勤務でオレま~た地雷ふんでケチョンケチョン説教されたあげくに『・・・もうエエですわ!』と放り投げられて、ホントは午後も同じチームやったのに何故か別チームにオレ追いやられて(いやまあ怖い顔を見んでええからその処置で気が楽やったけどなー)、みたいなアイツ、いやヤツが、

・・・これから月末まではオレの24時間勤務のチームリーダーだよ!!


死にたい・・・

てか、

ヤメたい・・・

明日なんかこなけりゃいいのにな・・・

G13型トラクターにヘッドショットしてほしーわ、ホンマ!

(そしたら不可抗力でヤメれるし、子供らにカネも残せるし、オレは楽になれるし・・・)

2019-08-11

anond:20190811005838

元増田が言ってる「創作」って

何か好きな作品の好きなところをいっぱい語りたいとか

逆に嫌いなものケチョンケチョンにこき下ろしたいとか

そういう「考察」「評論」も含めてるの?

anond:20190811004530

あーそうなのか

自分場合は好きなキャラを描くのって、そのキャラに対する愛情表現というか、好きって気持ちと直結した行為からなあ

(下手くそなので人には見せないけど)

絵じゃなくても、何か好きな作品の好きなところをいっぱい語りたいとか

逆に嫌いなものケチョンケチョンにこき下ろしたいとか

そういう、心にうんと何かを思うっていうことが必要なのかな

2019-07-26

はてな今日もアキメクラ

kotobukitaisha "韓国政府大統領が完全に国民の敵になるまでは報道にかなりの部分まで守ってもらえるのです"これは完全に間違い。ムンジェインは革新系なので保守系朝鮮日報に事ある毎に批判されてる。

2019/07/25

こいつさあ、

こいつの言ってることは本文にこいつより詳しく

大統領と反対の陣営メディア

今であれば左派のムンジェインさんに対して、

保守側の朝鮮日報中央日報政府にとってまずい情報も書くんだけど(「今回の争いは日本が有利になるかも…」とか)

とはっきり書いてあるのに何言ってんだ?


内容を全く読まずにコメントしてる風でもないけど

内容ちゃんと読んでたらこんなコメントしないよな

なんなの?

最初の3行ぐらいだけ読んでるの?

はてなマジでこういうやつ多すぎ

こないだ増田文盲ブコメつけたやつがケチョンケチョンにされてブコメ消してたのは爽快だったが



anond:20190725110505

2019-05-13

「えいがのおそ松さん」のヒロインについて

最初に言っておくと、映画版は滅茶苦茶面白かった。第2期(途中脱落)のグダグダさは何だったのかと思うレベルなので、1期が好きだったなら絶対に見に行った方が良い。ギャグ・愚直な面白さをメインに追求した作品は実は希少なので、ちゃんと売れて欲しいと思う。

で、本題なのだが、映画オリジナルヒロインが非常に引っかかる造型なのである作品面白いし上手く脱臭しているので観ている間は全然気にならないのだが、「これさすがにどうよ?」と言う造型である。(ちなみに「どうよ?」と言うのは別にせとか変えろとか居ない方が良いとかでは断じてない。気になったことを書いてるだけである

あ、一応ネタバレなので、観てない奴はとっとと映画館行ってから読んでくれ。

さてヒロインの造型なのだが、箇条書きにすると

・六つ子が集団でワチャワチャしているのを見るのが好き

・目立たない文系少女

特に六つ子に恋愛感情はない

と言う造型である

まあ、見ての通りこれはメインの客層(と、制作者は判断しているらしい。基本的にはノイジーなだけで、1期のヒットはもっと広い層だったと思うのだが……)である腐女子擬人化?した存在である。で、物語上六つ子はこの子を追いかけ追い求め、結局何も受け取らずにスゴスゴ家に帰るいつものオチを迎えることになる。

未来現在)の自分規定した円環構造だろうとか、そう言うどうとでも取れる話は置いておいて、基本はこう。

で、あのヒロインは、ビックリするほど利己的で自分本位で、ゲロ吐きそうなくらい嫌な奴である

何故か?

彼女は、六つ子の事が好きだと言いながら、仲違いした六つ子の話を聞くでもなく、話をするでもなく、キモイ手紙を書くだけで何一つ力になろうとしない。

散々六つ子を鑑賞して楽しませてもらっておきながら、恋人は愚か六つ子にとって喉から手が出るほど欲しいであろう「普通に話をしてくれる女友達」にすらなろうとはしない。まあ、それを正当化するための病気設定なのだろうが、高校3年間+卒後数年間しっかり生き延びてるので(OP/ED解釈は幅があるだろうが)何をかいわんやである

フェミニスト様なら女子接触には性的リスクガーとか言うのかもしれないが、そしてあの六つ子がリスクの固まりだというのはその通りだが、友達にもなれないほどリスキー相手あん手紙を送るのも相当なタマである

あなた(達)は見ていて楽しいので、そのままでいて下さい。人生悲惨だろうけれど。あと、私はあなた恋人にも友達にもなる気はないけれど、そんな私からも遠慮されるようなあなた(達)でいて下さい」と言ってるわけである。クソ過ぎる。

六つ子を終始利用してやろうとしつつもちゃんリスクを取っているトト子の方が、余程首尾一貫していて好感が持てる。

しろ、「馬鹿クズな六つ子の無様を楽しむ」作品を観ている我々視聴者への皮肉と見るべきなのかもしれないが、そう言う意図で出したのだとしたら、あのヒロインこそ笑いものにしてケチョンケチョンに貶さなければ意味が無い(馬鹿にされないギャグマンガのキャラは、役割を与えられないに等しい)。

繰り返すが、「えいがのおそ松さん」は傑作だ。もう一回くらいは劇場に行くだろうし、Blu-rayが欲しくなるかもしれない。でも、あのキャラは折角視聴者の願望コピーという属性を与えながら綺麗なままギャグマンガから退場してしまったあのキャラは、余りに異質だし片手落ちだと思う。

これは、ただそれだけを言うための記事である

六つ子に感情移入していれば多分もっと怒り狂えるはずなのだが、勿論ギャグマンガはそう言う作品ではないので、文字通りの「引っかかり」だけが残ることになった。想定メイン視聴者層は、あのキャラ感情移入して泣けたりするのだろうか?だとしたら、非常に良くできた造型と言うべきなのだろうが。

2019-04-10

何かを否定したいときはその何かについて知るべき

と、いうごく単純な理屈がどういうわけか人類には理解できない。

ということをよく考える。

 

痴漢男精神性をケチョンケチョンに貶したい。

であれば、貴方はまず、痴漢してた人に関するルポ証言を知るべきである個人精神にとどまらず、痴漢をするような精神を広める社会自体否定したいならば、貴方痴漢ものAVやゲームの内容や売れ行きを知らねばならない。

注意しなければならないのは、痴漢否定するフェミニスト言葉や、痴漢逮捕にかかる統計や、痴漢被害者凄惨な悲しみを知っただけでは、上記の条件は満たされないということだ。否定したいのは「痴漢男精神性」だからだ。夏目漱石批評がしたいと思っているのに、芥川龍之介全集を読んでどうする? 無関係ではないかもしれないが、明らかに知識方向音痴だ。

 

 

いや、判っているとも。

どういうわけか、などと書いたのはレトリックだ。

知りたくないよな。痴漢男精神の内容や、痴漢ものAVの内容がどういう風だとよく売れるか、なんて真実は。さらっと流しただけとか、伝聞情報とか、想像だけで済ませたいよな。そりゃあそうだよ。

  

から普通人間には、実は「嫌いなもの否定する」ことは出来ないのだ。

安倍晋三を嫌いな人は、安倍晋三の全発言や全行動を追っかけられないので、彼を本当の意味否定することはできないのだ。

アニメゲームが嫌いな人は、アニメゲーム流行を追う事なんでてきないので、アニメゲームの本当の悪いところを見つけることできないのだ。

韓国が嫌いな人は、韓国にわざわざ行って韓国人と話すことなどないし、現実韓国人の本当に悪いところを知ることなどないのだ。

戦争を無くしたいと思っている人間は、たいてい人一倍戦争に疎いし、そこらへんのネトウヨに鼻で笑われるようなことしか言えないのだ。

もしも嫌いなものについて本当に勉強し出来る人間がいるとすれば、そいつは9割がた頭がおかしくなっている。

まともな議論など知識の有無とは関係なくできない。

 

 

論理と理性を極めた残り1割の人間は、感情を完全に抑圧したうえで本当に嫌いなものについて研究することが、あるいは出来るかもしれない。

しかし、そこまで詳しく「嫌いなもの」についての真実を知ったとき嫌悪はもはや保たれないであろう。

韓国の酸いも甘いも噛分けるほど韓国に詳しくなったうえで、韓国を嫌いなままでいれるはずがない。

明確な嫌悪ではなく、良いところと悪いところを順に挙げることだけが、唯一できることになる。

 

 

なので嫌悪を全面に何かを批判しているやつは、対象が何かとは無関係に、もれなく何も知らないアホなんだね。

発言するときは気を付けた方がいい……というのは無駄だよな。アホなんだから

発言を読むときに、留意しておくべきことなんだろうな。

2019-01-20

anond:20190120191352

はい優生主義ですって腹くくるならともかく、植松みたいなのをケチョンケチョン非難しておいて、中絶するのはまあしょうがないよねと来るんだもんな

ただ単に責任所在国家から個人になっただけで変わらないだろうと

2018-11-06

anond:20181106114533

わかり。

個人的にすごい良い事を書いているとは思わないし、その割にはリツィート多いなぁ…と思うけど。本人は思いついた良さ気な事をつぶやいているだけなんだから。そんなにブコメで上からケチョンケチョンに言うような事か?と思う。

嫉妬深いのか何か知らないけど。見なきゃいいし、気に入らなきゃミュートしておけばいいじゃん。

2018-10-18

五輪ボランティアに見る「はてなー」の主語デカ問題考察

はてな界隈ではあれだけクソミソにケチョンケチョンに貶されてたにもかかわらず目標の倍集まった五輪ボランティア

http://b.hatena.ne.jp/entry/s/this.kiji.is/425215097243026529

けちょんけちょんに貶してたはてなーは完全敗北であり、

潔く敗北宣言を出したbbbtttbbb氏はまっことに漢であり抱いてほしいくらなのだが、

まあそれは置いといて。

今のところトップブコメドヤ顔決めてるpoko_penってのははてなウヨクidなので言及しない。

目を引いたのは、

「今までどこにいたの?」と感じずにはいられない、

五輪ボランティアに対して肯定的idである

orino-for-no

スポーツボランティア結構やってる立場から言うと、やりたくてやってるんだよバーカ!って批判する人達に言いたい。

wapa

まあそうだろうな、と。マラソン大会とかでもボランティアしてる知り合いは色々いるし。スタッフ服とかもらえるだけでも記念になるし。運営が嫌だからといって、応募してる人を罵倒するようなことはしないでほしい。

skypenguins

はてなTwitterインターネットコミュニティしか見えてない有識者たちには理解できない人数だな

citron_908

こういう人達意識高い系などと呼んでバカにしがちなのがネット界隈という事なのだろうか

dalk

そりゃあ一生に一度あるかないかレベルだし、東京にいくのにボランティアにいくといって嫌な顔をする奴は少ないしついでに遊びに行っても良いし利用しない手はないと

plagmaticjam

ちゃごちゃしたことはいいから実地的に楽しもうぜって人達はいっぱいいてそういう人達のほうが人生楽しいと思う



今までのはてな界隈の流れからすると、

突如として五輪ボランティアに対して好意的コメントばかりが軒並み人気ブコメランクインしているというようにしか見えない。

この事象を以て、今までは

はてなー手のひら返し

などと主語デカで語られてきたのだが、

ここはぐっと踏みとどまって、

まずこれらのidが今まで五輪ボランティアに対して好意的コメントをし続けてきたのかという点を確認してみた。

とりあえず最低でも過去半年

ブクマ数の少ないidは1年くらいブコメをさかのぼり、

ボランティア」「五輪」「オリンピック」で検索してみたのだが。

結論から言うと、過去ブコメから五輪ボランティアに対して肯定的ブコメをしていたのは下記のコメントのみであった。

plagmaticjam

オリンピック組織運営に疑問はあれどオリンピック自体は楽しみ。ボランティア適正化してくれればやってみたい

http://b.hatena.ne.jp/entry/372822344/comment/plagmaticjam

ただ、「適正化してくれれば」と留保を付けているように、手放しの称賛ではない。

有識者とは...

東京五輪・パラのボランティアやりがいPRを」組織委 | NHKニュース記事に対して)

http://b.hatena.ne.jp/entry/364547076/comment/plagmaticjam



下記のブコメは、ボランティアではないが、五輪に対して肯定的と取れるコメント

torino-for-no

五輪マイナー競技観るの大好き人間なので、気にせず頑張ってねと。俺の税金返せって思ってる奴には振込手数料負担してくれれば俺が代わりにお前の分負担して口座に振り込んでもいい位に思ってる。お互い赤字だけど

http://b.hatena.ne.jp/entry/298137351/comment/torino-for-no

ただ、後ほど言及するが、普段からボランティアに対して肯定的発言があったわけではない。

あとはほぼ、五輪ボランティアに対して不言及

一部については、過去五輪に対して非常に手厳しい批判を加えているidもある。

ただまあ五輪運営とか政治案件とか利権かに対しての批判で、ボランティア参加自体disってるわけではない、

という好意的見方はできなくはないが、

積極的五輪ボランティア肯定コメントはお世辞にも過去でてはいなかった。

wapa

いから金払って人を雇えよ。施設既存の使い回しで。レガシー残そうとか開発で金ばら撒こうとするからこういうところに歪み出てるんだし。誘致時から予算爆増してるのに人件費ケチってるのがなんとも情けない。

http://b.hatena.ne.jp/entry/370568268/comment/wapa

wapa

海外の他の大会は?と思って読んでたら書いてあって、ロンドンは本当にこれでボランティアがやったらしい。五輪は元々奉仕前提で成り立ってるのか。あんだけスポンサー料集めてるのに、そっちは施設に行ってるのか?

http://b.hatena.ne.jp/entry/365812662/comment/wapa

ボランティアしたい人を否定するわけではないが、カネを出さないのが気に食わないという趣旨だろうか。

だがそうすると「ボランティア」という単語意味理解しているかどうかが問題になるが…。

citron_908

大戦末期とクリソツだな…原爆投下に相当するイベントは開催期間中の超東海地震

http://b.hatena.ne.jp/entry/368154540/comment/citron_908

東京五輪・パラ:「授業避けて」国通知、ボランティア促すという記事に対して)


結論いたことを言うと、

plagmaticjam氏をダシに使わせてもらって申し訳ないが、

スポーツボランティアを何度かやっていた」割には、

今まではてな界隈で散々スポーツボランティア否定されてたにもかかわらず、

現実風向きが変わるまでは過去ブクマをみる限り一切出てこなかった。

これはやはり、

「その世界支配的な空気に逆らうのはとてつもなく勇気も要ればコストもかかること」

という結論になるのかな、と。

で。

その支配が緩んだ途端に、

今までの不満が一気に噴出する、と。

日本の悪しき文化って、

ボランティア云々以前に、

こういう空気の気まぐれで人の意見が180度変わっちゃうところなんじゃないかな。

まあ、はてなー手のひら返しって批判に対して「主語がでかい」という再批判があり、

じゃあ一貫性について調べてみようと思ったけど、

やってて当然感じたよ、すげえ粘着ストーキングだなって。

勝手対象にしちゃったidには申し訳ないなとは思うが、

でもさ、

はてなのこの「急に空気が変わる感じ」って本当にきな臭くて嫌だなって思ったので、

少なくともただ単に感じだけで終わらせたくなくてやってみたわけよ。

まあ中途半端だし、中途半端なのに粘着さ加減が半端ないし、

無駄に超時間かかるし。


まあはてなーって主語を大きなくくりで語るのは雑に過ぎるが、

しかし、

「あれだけ五輪ボランティアに対して凄まじいバリゾーゴンをブチかましてた奴らがそろってダンマリ」ってのは間違いない事実で、

しかもそれを検証しようとしたら想像を絶するほどの時間と労力がかかるわけだわ。

都合の悪い事実が出た、

今までと流れが大きく変わった、

ってなったときに急にダンマリする奴らが多数発生する場合には、

はてなー」の主語は大きくしても差し支えないんじゃないかと俺は思ったね。

以上。

疲れたからもう寝る。

推敲もほぼしない。


追記

aflat_1000dai4 敗北とかよくわからないし、自分意見東京五輪否定的ということで変わらなかったな。ボランティア問題についても、そのものではなくて国体問題と捉えているので。

なんなんだコイツ・・・

敗北がどうこうとか話のマクラしかないというのに、

その言葉にだけ反応してコメントしてる時点で、この案件勝敗というもの見方で囚われてることを白状しているようなもんだ。

その場の空気で少数者の意見が圧殺されているということが本旨だというのに、勝敗というくだらない発想に囚われた人間には理解できないものなのだな。

2018-07-16

日本語言語感覚が乏しい人は翻訳家にならないでほしい。せっかくの名著、原著がそういう評価である、が受験英語和訳のごとく訳されていて読めたもんじゃない。

この駄訳文が後世に残っていくと考えて恐ろしくならないのだろうか。そんな考えにもならないから平気な顔して酷い和訳をしてしまうのだろう。

一昔前には翻訳に関する雑誌があり、そこで別宮や堀口が誤訳、悪訳をケチョンケチョンにしていたと聞くが、今でもそういう翻訳論評を行うことは意味があるかもしれない。

2018-04-20

「末席を汚させていただく」とか言う日本人

さすがに卑下しすぎやろ、そこまでケチョンケチョンのボロカスに言うのが果たして美しいのか?何事にも限度ってもんがあるやろ

この言葉発明した人センスあるわ

2018-04-18

歴史系の映画が嫌いだった元彼

なんでも、ネタバレを知ってしまっているかららしい

どうせ死ぬとか負けるとか。

昔、そんなこともつゆしらずレッドクリフ見に行ったら三國志正史のことを熱く長々と語り

映画のことはケチョンケチョン

ヒトラーゲバラ映画も毛嫌いしていた。

そんなロマンのない人にはなりたくないなと思った。

やがて私たちは別れて、元彼浅倉大介ファンの女と結婚した。

今では勝海舟大河ドラマを熱望している。

氷川清話がなんとかかんとか。

よくわからないが幸せになってくれよ。

2017-12-03

日本だけの○○を見かけるやガラパゴスがどうのとケチョンケチョンに叩く人らも

中国独自サービスには何も言わないし言えないあたり、単なる数の暴力だよなとは思う

2017-11-19

anond:20171119181629

たぶん、セミが鳴く季節にどうとか錬金術がどうとかだろ?

元増田信者ケチョンケチョンにやられる姿しか見えないから、やめてあげて。

2016-12-15

増田気持ちをいろいろ書き連ねていたのだけど、書き終えて投稿する前にマウントされてケチョンケチョンにされる画が浮かんでしまってそっとブラウザから消した

2016-10-28

違法薬物のゲートウェイ理論サイエンス

先日、ゲートウェイ理論に納得できないって増田があったよね。これhttp://anond.hatelabo.jp/20161026010604

ブコメでも学術的にはどうなのよって声があったのでちょいと調べてみました。

まず薬物のゲートウェイ理論に関する最初期の論文(たぶん最初じゃないかな?)はKandel (1975)ね。

この論文概要は以下

ランダムサンプリングされたニューヨーク州高校生における縦断的(経時的)研究

・5~6ヶ月の観察期間中飲酒および喫煙習慣のある高校生の27%で大麻への移行が見られたのに対し、そうした習慣のない高校生うちわずか1%しか移行が見られなかった。

・同様に、大麻使用する高校生のうち26%でLSDアンフェタミンまたはヘロインへの移行が見られたのに対し、非薬物大麻(食品とか飲料に入ってるタイプ)や合法ドラッグ(酒やタバコ等)の利用者で移行が見られたのはそれぞれ1%と4%のみであった。

まりは"酒・タバコ大麻 → その他違法ドラッグ"という一連の流れ("Gateway" sequence)が存在するのではないか、という話。

なかなかそれっぽくて分かりやすい結果だね。

疫学を多少かじった人が見たら「なんか交絡あるんじゃない?」って思いそうな結果でもある。

この論文、うちの大学では全文読めなかった(Scienceなのに!)ので、交絡やら何やらどこまで考慮されているのか等は分かりません。ごめんね。

さて、その後いろいろあってゲートウェイ理論は非専門家にも知られる程度の知名度を得たわけだ。

わかりやす理論っていいよね。納得させやすくて。

でもまあ結局のところ知りたいのは"ゲートウェイ理論はどの程度確からしいのか?"ってことよね。

"肯定的エビデンス、どんくらいあんの?"って言い換えてもいい。

そいじゃ近年のレビュー論文――総括的な知識が欲しいならレビュー論文メタ解析論文が便利。あと英語版Wikipediaバカにできない――から良さそうなのを1本もってこよう。

Vanyukov et al. (2012)はゲートウェイ理論とその対立仮説であるCLA (Common Liability to Addiction: 薬物中毒に対する一般的傾向)説に関して、いろんな論文を集めて論じたものだ。

この論文中でのゲートウェイ理論への評価は↓

ゲートウェイ理論の一連の流れ("Gateway" sequence)に因果関係が示されていない

・非典型的な流れは"エラー"や"例外"として除外されていることが多い

あくまで薬物"使用"に限った説であり、薬物中毒の程度や進行については触れられない

・こんなに問題が多いのに政策決定や法的介入や研究には非常によく使われている

・この理論を使って薬物問題解決しようとしても的外れになるだけである

とまあケチョンケチョンである

著者らの推し論がCLAの方っぽいので多少割り引いた方がいいかも知れないが、少なくともこの論文では薬物問題に関してのゲートウェイ理論はあまりからしくないって結論だね。

レビュー論文1本で分かった気になったら痛い目を見る(見た)。もう1本いってみよう。

Agrawal and Lynskey (2014)。

これはゲートウェイ理論と言うか、大麻とそれに関わる問題をあつかったレビュー論文だね。

大麻と他の違法ドラッグうつ病自殺に関する話。何ともおだやかではない。タイトルからして"大麻論争"だし。

ではこの論文ゲートウェイ理論に関する所だけまとめてみよう

・"Gateway" sequence自体はよく観察される

因果関係はやっぱり不明

双子実験の結果によると、遺伝的要因はあまり大きくないかもしれない

読んでみたら基本的遺伝学的見地から論じてる論文だったね。

さっきのレビュー論文よりかは甘口だけれど、因果関係に関してはやはり不明瞭なようだ。

この手の論文はたいてい1国での調査だし、せっかくだからワイドに国際比較した論文も探してみよう。

Degenhardt et al. (2010)。これは良い。なにせ調査国に日本が入ってる上にけっこう字数も割いてくれてる。

実はさっきのレビュー論文(Vanyukov et al., 2012)でも引用されてたりする。

この論文での結論としては

・"Gateway" sequenceは、因果関係ではなく"計測されていない共通の原因(unmeasured common causes)"を反映していると考えられる。

・初めての違法薬物は大麻が最も多く、飲酒喫煙から移行するのが典型的。ただし国によって大きく変わるため、あまりあてにならない。

特定ゲートウェイドラッグ使用を防止したとして、その他の"重大な"ドラッグ使用はあまり減らせないだろう。

まあ前の2つとあまり変わらないね。国ごとに特徴があってなかなか面白い論文だった。

ついでに、この論文日本がどう扱われているかと言うと、"大麻より他の(重大な)違法ドラッグの方が多い国"、もっと言えば"ゲートウェイ理論全然成り立たない国"。

まず大麻少ないから"飲酒喫煙大麻"も"大麻→他の(重大な)違法ドラッグ"もほぼ成り立ってないわけ。

じゃあ"飲酒喫煙→他の違法ドラッグ"のパターンはどうかと言えば、何故かは知らんがこれもまた調査国中で最も低頻度なのだ (※)。

ゲートウェイ理論絶対殺すカントリー 日本

日本で"酒もタバコもやらないけど違法ドラッグには手を出した人"の頻度は52.5%(全患者中)。初手からドラッグゲートウェイなんていらんかったんや!

  参考までにメキシコでの頻度は6.3%、すなわち93.7%の患者ドラッグ前に飲酒喫煙者


以上、違法薬物におけるゲートウェイ理論について少し調べてみた結果である

他の論文もちらほら読んでみたけれど、概ね

(1)"合法ドラッグ→軽いドラッグ→重いドラッグ"といったGateway sequence自体はよく観察される、

(2)因果関係は未だ不明瞭、

(3)薬物問題対策にはあまり役に立たないのではないか

といった感じかな、ゲートウェイ理論に関しては。

お役にたてば幸い。役に立たなくてもクレームは受け付けない。スターは受け付ける。

それでは。


参考文献

Agrawal A., Lynskey M. T. (2014) Cannabis controversies: how genetics can inform the study of comorbidity. Addiction, 109, 360–370.

Degenhardt L, Dierker L, Chiu WT, et al. (2010) Evaluating the drug use gateway theory using cross-national data: consistency and associations of the order of initiation of drug use among participants in the WHO World Mental Health Surveys. Drug Alcohol Depend, 108, 84–97.

Kandel D. (1975) Stages in adolescent involvement in drug use. Science, 190, 912–914.

Vanyukov MM, Tarter RE, Kirillova GP, et al. (2012) Common liability to addiction and “gateway hypothesis”: theoretical, empirical and evolutionary perspective. Drug Alcohol Depend, 123, S3–S17.

2016-06-20

法事帰省中。ついでにと休みを取って、友人に出産祝いを渡しに行ったりしながら久しぶりの故郷のんびりしているのだけど、予備校先生にばったり会った。私は美大に行ったので、絵の勉強のために予備校に行っていたのだけど、かなり強烈な先生で、今も変わっていなかった。

 

予備校はいっても小さなもの講師は片手で足りるぐらい。(田舎で生徒も多いというわけでもなかった。ただ、とても成績優秀な予備校で、有名美大合格者も毎年出ていた)代表のその先生は非常に厳しい女性・・・と当時は思っていたけど、いい年になった今会って立ち話(といっても20分みっちり付き合わされた)したらそうでなく、単に嫌味で高飛車で、気分のむらの激しい人だったのだなと思った。

話をしていて、「あの頃のあなたは○○だったな、だから~~に落ちるんだよ」「あなた友達は本当に上手かった、あなたはひどかったねー」「今何の仕事してるの?へー、デザイナーになったの、でも派遣じゃたいしたことないんだね独立もできないんじゃダメだね」などなどいわれて気持ちが落ち込んだ。そういえば予備校に行っている間、私の通っている高校や、私の親についてもひどいことを言われたものだったな・・・先生って立場の人に何て言い返せばいいのか分からなくて何も言えなかった。

 

早口でまあよく喋るなと思いながら、こちらはあまり喋らず話を聞いていると、「卒業したら折々に挨拶ぐらい来るもんだよ、最近若い子は皆なってない」と言い出して、ああ皆先生に会いに行ったりしてないんだなと、妙に哀しいような変な気持ちになってしまった。あと求めすぎだとも思った。ケチョンケチョンに言われて憎いという気持ちは、不思議となかった。

 

その予備校を辞めて都会に出た別の先生とは、私も私の友達年賀状のやりとりはあるし、近くまで行くことがあれば連絡をして、お会いしてお茶をすることがある。お互い仕事ジャンルも似ていたりするので、情報交換したり、時には仕事を紹介したりすることもある。嫌味な先生、損してるなあ。

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん