「学徒動員」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 学徒動員とは

2020-03-31

anond:20200331081202

政府憎しで学徒動員とか言い出すお前もな。

1年以内と期限決められてて、かついつ収束するか分からないんだから

なるべく後ろの方にするのが当たり前。

2019-12-12

anond:20191209170111

まり軍隊舞台or兵器が出てくるけど戦わない話」だろ?

すぎむらしんいち『右向け左』

 ヤンキー自衛官のしょうもない日常マンガ

 美少女キャラとか出ないし絵柄もオタ受けしないから挙げる者はおるまい

大友克洋気分はもう戦争

 連作短編形式で、前線で戦ってるキャラもいるが

 地方自衛隊基地の下っ端の1日とか

 義勇兵に志願した中二病の末路とか、直接戦闘しない話も多い

大西巨人神聖喜劇

 軍隊内でえんえん規則議論をしてるだけで話が終わる

アメリカ映画の『愛と青春の旅だち

 士官学校の話だが鬼軍曹に訓練を受けるシーンばかりで実戦場ゼロ

 実質的にただの学園スポ根映画

速水螺旋人の一連の「軍隊役人マンガ

 軍隊だけど戦闘しない事務員みたいなのが話の中心のやつ

岡本喜八肉弾

 大戦末期の下っ端兵士日常が話の大部分

 主人公は話の最後最後で出撃するけど敵と戦闘しないまま終わる

岡本喜八英霊たちの応援歌

 学徒動員された大学野球部員の話

 戦時中だけどえんえん野球ばかりしてる

 主人公らは特攻機に乗るけど戦闘シーンはラストのホンの数分だけ

新東宝映画人間魚雷回天

 これも大戦末期の軍隊日常が話の大部分

 終盤のホンの数分で主人公が出撃するけど特攻失敗でデッドエンド

渥美清主演の『拝啓天皇陛下様』

 戦前軍隊に入ったド貧乏田舎者の話

 「軍隊は三食メシが喰えて嬉しい」とか言ってるだけで戦闘シーンはほとんどないな

渥美清主演の『続・拝啓天皇陛下様』

 続とついてるけど主人公は別人で、軍用犬飼育係の話

 やっぱり戦闘シーンはほとんどなくて、しか戦後復員してからの話が大部分

――こういう「戦わない軍隊兵隊もの」って結構あると思うんだがな。タイトル忘れたけど、昭和の後期にも航空自衛隊整備士マンガとかあったよな。通信兵とか衛生兵とか伝令とか戦わない部署って結構あるし

2018-09-29

とんでもないものを世に出してしまった。


とんでもないものを世に出してしまった。

ご存知の通りである

前線にも責任がある。

しかし、言わせてほしい。

全ての担当者が働くべき仕事を働き、それを全て実装担当者がひっくり返して破茶滅茶にしてしまう、そんな仕事はないということを。

担当者が少しずつ事を欠き、その皺寄せを全て巻き取ることになり、死にそうになりながらも我々が首をくくる他ない。そんな状況であったことを。

この非常に使い難く醜い物体が、人の行動を妨げ、やる気を失わせ、学徒動員に支障をきたすことを願ってやまないばかりだ。

2018-08-29

東京五輪ボランティア無償で良い。ネガキャンをやめて。

東京五輪ボランティアに応募したいと思っている。ネットネガティブキャンペーンをしてる人には信じられないかもしれないが、スポーツボランティアをやりたい人は多い。(先日のラグビーW杯にも応募したが抽選落選した。)

ボランティア無償でやってもらうことの何が悪いのだろうか。

労働お金がもらえるのは『やりたくないこと』をやっているからだ。

私たちは、ボランティアで得られる体験価値を見いだしている。

からお金はいらない。

ラジオ好きな人ラジオ職人としてハガキメールを送ったり、絵を描くのが好きな人pixivに絵を載せたり、食べ歩きが好きな人食べログコメントしたり、アイドルファンサイリウムを振るのと同じなのだ

彼らはお金を貰わず価値提供している。むしろお金を払っていることある

大学の授業を五輪開催期間とずらすように配慮してるのも、ボランティアに参加したい学生が参加しやすくなるためだ。

学徒動員だとか色々言われてるけど、都内大学生が全員参加したら受け入れができないだろう。

ボランティア雇用契約を結び労働者として集めたら、お金けが目的の人が集まりボランティアをやりたい人ができなくなる。

有給をとりボランティア参加しようとする会社員公務員や、扶養内で生活する人にとっては、ボランティア労働扱いになると参加できなくなるかもしれない。

8万人のボランティアに日給1万払うと10日で80億、給与支払いや雇用に関する手続きが増えることを考えると経費はかなりかかる。

これを0円にできれば、予算が余るので他のことに使えるので有意義だ。

雇用を作るべきだ』との声もあるが、全国的労働者は不足しているのだから、無理に雇用を生み出さなくて酔い。

 

とにかく東京五輪ボランティアネガティブキャンペーンはやめて欲しい。『こんな条件でボランティアをするやつはバカ』だとか『タダで喜んでボランティアをする人がいるか搾取がおこる』などの書き込みを読むたびに

ボランティアをやっている人は傷つくし、集まるはずのボランティアも集まらなくなる。

東京五輪ボランティアをやりたくない人はやらなければ良いだけ。

ほっといて。

2018-08-28

東京五輪ボランティア無償で良い。

東京五輪ボランティアに応募したいと思っている。ネットネガティブキャンペーンをしてる人には信じられないかもしれないが、スポーツボランティアをやりたい人は多い。(先日のラグビーW杯にも応募したが抽選落選した。)

ボランティア無償でやってもらうことの何が悪いのだろうか。

労働お金がもらえるのは『やりたくないこと』をやっているからだ。

私たちは、ボランティアで得られる体験価値を見いだしている。

からお金はいらない。

ラジオ好きな人ラジオ職人としてハガキメールを送ったり、絵を描くのが好きな人pixivに絵を載せたり、食べ歩きが好きな人食べログコメントしたり、アイドルファンサイリウムを振るのと同じなのだ

彼らはお金を貰わず価値提供している。むしろお金を払っていることある

大学の授業を五輪開催期間とずらすように配慮してるのも、ボランティアに参加したい学生が参加しやすくなるためだ。

学徒動員だとか色々言われてるけど、都内大学生が全員参加したら受け入れができないだろう。

そしてボランティア雇用契約を結び労働者として集めたら、お金けが目的の人が集まりボランティアをやりたい人ができなくなる。

有給をとりボランティア参加しようとする会社員公務員や、扶養内で生活する人にとっては、ボランティア労働扱いになると参加できなくなるかもしれない。

例えば、8万人のボランティアに日給1万払うと10日で80億、給与支払いや雇用に関する手続きが増えることを考えると経費はかなりかかる。

これを0円にできれば、予算が余るので他のことに使えるので有意義だ。

雇用を作るべきだ』との声もあるが、全国的労働者は不足しているのだから、無理に雇用を生み出さなくて酔い。

 

とにかく東京五輪ボランティアネガティブキャンペーンはやめて欲しい。『こんな条件でボランティアをするやつはバカ』だとか『タダで喜んでボランティアをする人がいるか搾取がおこる』などの書き込みを読むたびに

ボランティアをやっている人は傷つくし、集まるはずのボランティアも集まらなくなる。

東京五輪ボランティアをやりたくない人はやらなければ良いだけ。

ほっといて。

2018-08-22

オリンピックボランティア

素人考えで報酬を出せない前例だとしてもアゴアシマクラぐらいは用意しろよと思いながら

wikipedia見たらそれら含めて自己負担なのが歴史的経緯なのね。

まぁジャパニーズ場合事実上徴発学徒動員による超絶ブラック勤務が明らかに想定されるのでまた事情は変わってくるわけだけど。

2018-08-20

オリンピック 学徒動員 ボランティア

ホントに糞なこといってるな。

https://r.nikkei.com/article/DGKKZO28483040T20C18A3CR0000

やりたくない学生が、無理やりさせられることが、あれば最悪だな。

こんな糞なこと、まともに向き合うこと一切ない。

仮病でもなんでもいいから、行かなきゃいい。風邪ですとか、下痢とか、なんでもいいから行かなくていい。

2018-08-07

大学生たちが徴兵されて「2020東京オリンピック不況」がやってくる。

 先日、昔、バイトしていた中学受験塾の人たちと飲み会をしていたときに出てきたのが

  • 2020年夏をどう乗り越えるのか」

という話でした。

 ご承知のように、東京オリンピックにあわせて、大学生たちのボランティアという名前での学徒動員既定路線になっています。会期にあわせて試験シーズンを変えるとか何とか。お国に貢献しようと大学当局も大変です。

 となると、大学生たちに依存してきた産業にも、大きな影響があるんですよね。

 塾産業なんて、まさに夏休みが最大のかき入れ時でして、その先兵たる大学生バイトたちが五輪招集されてしまうと、現場が回らなくなる。

 自分の行っていた塾なんかは時給がそれなりの額だし、学生依存度が低いので、まだなんととかなるとの希望的観測があるようですが、それでも徴兵令に引っかかりそうな大学2年生(2年後には4年生)あたりには予防線をかけているとのことです。

 本当に大変なのは学生依存度の高い個別指導塾とか家庭教師とか、そこらの業界。今から心配しているようです。

 類似の話は、他にも聞くんですよね。夏休みにヒマしている学生への依存度が高いのは、

あたりは今から頭が痛いようです。

 あと、某大学生協の中の人と話していると、

なんかもも不安視されているらしい。

 他にもそんな業界、あるんじゃないですか。

 タダ働きの学徒動員で、広告関係とかメディアとかスポーツ関係とか宿泊関係とかは潤うのでしょうが学生関係産業は総崩れする可能性は大。

 大学生たちが徴兵されて「2020東京オリンピック不況」がやってくる。どうするんですかねえ。

2018-07-27

東京オリンピックって現代太平洋戦争なんだなあ

東京オリンピック学徒動員

の方向らしいねボランティアという名目

気の弱い高校生大学生、にしわ寄せが行きませんようにに。

2017-11-04

一昨日の「科捜研の女」の話が物凄くモヤモヤしたので、吐き出し。

まぁ、道徳時間に流すような話だったんだけど、目的のためなら嫌いな人の人生狂わせてもいい、平和の為なら、手段は間違ってるのは分かるけど、まぁ絶対戦争に加担したくないことの方が重要、という風に受け取ってしまった。

昔、風船爆弾作るの手伝わされてて、それがアメリカまで飛んだ際に人的被害が出てしまった事がトラウマで、それが原因の事件だったんだけど、アメリカ(他の国でも)もフツーに戦中女の人が工場で働いて兵器作っててそれが日本の空を飛んで落とされた爆弾で逃げ場もなく色んな人が死んだんだよな……と思ってしまって。まぁ婆さんのは学徒動員からちょっと違うのか?

でもなぁ、なんかもっとあのめんどくさい婆さん批判されるべきな気が。人に殺人冤罪着せようとしたのほんとやばいよ。いくら追い詰められててもさ、結局人の事信用してないのはあの婆さんだし。

所謂平和って信じる事が大事なのでは?

まぁ、ほんとあのババアもっと作中で批判されろと思った。なんか許されてる気がして、腹が立ったんだよな。

2017-09-02

岡田斗司夫メルマガ面白かった件について

さて、今回はそんなアメリカの「原爆日本に落とす計画」に関してのTシャツです。

https://goo.gl/3Sa7Vk

 

すみません、もう後ろの方で、ちらちら見えてるからわかるよね。

これね、サンフランシスコお土産店で、僕が初めてアメリカに行った時に買ったんだけどね。

 

酷いよね。

MADE IN USA TESTED IN JAPAN」って書いてあるんだ。

アメリカ製造され、日本テストされたっていう。

これね、サンフランシスコフィッシャーマンズワーフっていうところのお土産屋で買ったんだけどね。

 

僕の父親師範学校を出て、学校先生になった。

師範学校から学徒動員にもひっかからず、このまま戦争に行かずに済むのかと思ってたら、

最後最後の年に徴兵されて、広島の方の兵学校に行かされたんだ。20歳くらいだった。兵学校は、

原爆が落ちるような都心部でなくて山の田舎の方だったから、何とかギリギリ助かったという人間なんだよ。

 

こんな経験をしてる人って、僕だけでなくてすごく多かったんだよね。

僕と同じクラスの子でも、家族の誰かが戦死したり、身体障害者になってたりというのが当たり前だった。

 

から、生まれて初めてアメリカに行って、サンフランシスコっていうすごく明るい街の明るいお土産物屋で、

こういうTシャツを堂々と売っているのを見てめちゃくちゃビックリした。

なんかね、ブラックジョークというにしては(笑)ちょっと酷いなと思ってたんだけどね。

 

これ着る機会あるかどうかわかんないなぁと思いながらも、一応買ってみたんだよ。

 

一応買ってみて、SF大会とかに持って行ってみた。

さすがに着るのが怖いから、「こういうTシャツ持ってるんだ」って話したら、やっぱ真面目な人はね、

「やめろよ」とか言うんだよ。

 

でも、当時、1970年代後半のSF業界というのは、本当にあらゆる価値を相対化することが正しいという

すごく大きな流れがあった。

 

例えばね。堀晃さんっていうSF作家がいて、この人、書くものハードSFなんだけど人格は本当に

デタラメという人なんだ。

かんべむさしさんと一緒に2大ちゃらんぽらん大阪SF作家だったんだよね。

ただし、かんべむさしさんの方は書くものちゃらんぽらんなんだけど、人格は大真面目なんだけど(笑)

 

で、人格ちゃらんぽらん堀晃さんは大喜びして、「それどこで売ってるの?」って、欲しがってくれたんだ。

でも、人格はまじめなかんべむさしさんには「そんなもの絶対に着るな!っていうふうに言われてしまった。

 

小松左京さんはどちらかというと喜んでくれた。

 

ということで、当時のSF界でも作家ごとに反応が違ってたんだよなぁ。

 

なぜこんなにSF作家の反応を覚えているのかっていうと、20歳くらいの僕にしてみれば、SF作家というのが、

第2第3の父親とか兄貴替わりみたいなもんだったんだよ。

その人たちがどう感じているのかというのを自分価値観にしようとしていたんだよね。

 

今言いながら、めちゃめちゃ恥ずかしいんだけどさ(笑)

小松左京先生が喜ぶから、俺も喜ばなきゃいけないとかさ。

かんべむさしさんが怒っているから、やっぱりいけないのかなとか。

そんなふうに、もうホントに、ワナビー君の恥ずかしい奴だったんだ。

 

筒井康隆さんにはすごい冷たい目で、「原爆とき過激ぶるな!ガキめ!」というような感じで

見られてしまったんだよね。

 

で、この間、捨てられないTシャツコーナー用に、「Tシャツどんなのがあるかな?」って掘り返したら、

これが出てきたわけ。

やっぱりその頃から30年以上たった今だから、それぞれの人の意見がわかるなぁ。

 

怒る人の意見もわかる。

そういうのは笑っていいかもしれないけど、人前で笑うもんではないっていう人の意見も分かる。

あと、堀晃さんの「いやそんなもんをTシャツにして売っているっていうアメリカ人感性面白いじゃん。」

というのもわかる。

 

なんかねぇ、いろんな人の意見がわかるようになったなぁって。

 

でも、逆にわかんなくなったのが、筒井康隆さんの「原爆とき過激ぶるな!ガキめ!」

「なんでお前、人のことをそんなに言えるんだよ!」(笑)って。

今に至るまでの筒井康隆人生(笑)、「お前そこで怒っちゃいけないんじゃないかな」って思いました。

 

という思い出のあるTシャツでした。

同じSFファンポール・アレンによって、今朝、インディアナポリス号が発見されたと報道されたのも

不思議な偶然だなぁとしみじみ思います

---------------------------

このメール転載歓迎です。ただし、下記のメールマガジン出所である旨、必ず、URLを明記してください。

http://www.mag2.com/m/0001148694.html

 

岡田斗司夫という時点で読むに値しない」という人もいるだろうし、別に読みたい人だけ読めばいいと思うのだが、

個人的には、今朝のメルマガ結構面白かった

 

日本の大半のウヨク愛国主義)とサヨク相対主義)は皆インチキだよな」というか

 

上記の引用で「アメリカ憎し」の感情に飲み込まれたら、またそれも違うと思う

サイコパス相手に憎しみの感情だけを抱いても意味が無い

実力行使しないとサイコパスにとっては意味を持たない

それにサイコパス側面がアメリカの全てとは言えない、感情に流される側面というのも存在するのが現実

 

宮崎駿アメリカを嫌う理由も分からなくはないし、「この世界の片隅に」がアメリカで上映された意義というのも

非常にあったと思うし(米国人が例え理解出来なくても)、反対に、日本に対する拘束具としての平和憲法に甘えて

自立しようとせずに、こういう目に遭わせたアメリカ自身に守られている立場に甘んじる日本というのも確かにある

 

あれだな、アメリカで講演する日本人が、上記のTシャツを着ていったら、どういう反応をするか?という社会実験

見たい気分はあるな

2017-03-18

歴史に学ぶということ

教科書には、第一次世界大戦から総力戦になったとか書いているだろうが、戦国時代から既に総力戦になっている。戦国時代後半には足軽という非正規雇用が進み、職業軍人だけで戦争をしているわけではなくなった。安土桃山時代には、鳥取の飢え殺し(かつえごろし)という事件が起こっている。兵糧攻めでも降伏しなかったので、領民までもが餓死し、共食いも起こったらしい。死体を食ったようだ。

経営者管理職自己組織の対面を維持しようとすれば、非正規雇用から犠牲になる。戦争ともなれば、兵士でなくとも犠牲になる。

桃山時代には刀狩りが行われ、つまり民間人に対する武装解除が行われて、職業軍人時代に再び戻された。

今でも、兵士民間人区別して、「民間人を巻き込むな」と批判することは一般的だ。しか現実には、民間人普通に兵士として使われる。

大東亜戦争」では、通称赤紙」が乱発されるが、これは民間人に対する徴兵軍事工場普通に空爆しても、そこで非戦闘員労働している。学徒動員かいうのは、職業学生軍事産業就労させたわけであり。さらにクソ愚かなことに、竹槍持たせて戦闘訓練をしたりとか、焼夷弾空爆されるのにバケツリレーで消火しようとか、これが現実じゃなければ爆笑ものである

国民一丸となって戦おうとか言うと、もしかするともしかして美談に聞こえたりもするのかもしれないし聞こえないのだろうけれど(笑)一般人犠牲にしてでも体面を維持して、少しでも有利な条件を引き出そうとする卑怯な、組織論理だぞ。しかしこの手法がまともに通ずるのは前近代戦争までさ。

前近代戦争ならば、敗戦するのにも一矢報いて有利な条件を引き出そうとしたわけさ。例えば戊辰戦争にしても箱館に立てこもって楯突いたのがいたわけで、戊辰戦争後には、既得地位を奪われた人々に対して北海道知行するという補填が行われている。そうして大名移住して開拓したり、下級士族屯田兵転職したりしたわけさ。けど、こういうのは前近代的な、取引としての戦争だ。

絨毯爆撃して沖縄戦しても屈服しないうえに、特攻してくる連中見て、アメリカ人ビビったんだが、ビビたからなおさら無差別殺戮してきたさ。そいで、広島長崎原爆実験台にされたんだぜ。結果、敗戦したうえに、天皇制維持をかろうじて死守しただけだろ。交渉になっていない、むしろやればやるほど失われたってこと。同胞捨て駒にして、なんの得も無かったんだから、実に、実に、クソバカだ。

歴史に学んでいない。歴史を学んでいないんだろう。今も学んでいないのだろう。教えられる奴も居ないんだと思う。まだまだおんなじことやり続けるんだろうね。今でも、人は国家社会歯車だろ。会社人間とか企業戦士とか、そして社畜とか、丁稚奉公時代から変わっていないしな。丁稚奉公時代から未だに毎年数度は「帰省ラッシュ」が起こるだろ。滑稽で笑われるような現象だけど、異常だという自覚すらないようだね。休日国家が決めていて、皆それに合わせないと生きていけないとかいう(以下略)(笑

景気が悪化し続けるのも当然で、国家のために増税したり、企業のために人件費削ったりして、組織構造を優先して、所得雇用を減らすことばかりやっているからね。遣えるカネないんだから、消費は増えない。採算をとるために人件費削るのに必死で、企業すら多くは遣えるカネ無いしね。建前では戦争やってなくて平和ってことになっている今も、実質的には戦時中だな。

2017-01-26

エリート自分のことをエリートだと思っていない

http://anond.hatelabo.jp/20170125191935

これに乗っかるんだけど、山本七平司馬遼太郎の対談にこのあたりが一番はっきりでていると思うのだが、二人は以下のようなプロフィールである

司馬遼太郎
山本七平

司馬については軍歴はいまいちぱっとしないとはい基本的には学歴エリートだといえるし、山本にいたっては死地を潜り抜けた歴戦の勇士であり、また教育によって得られた英語力と数学力を存分に活かして軍隊の下級幹部として活躍していたといえるだろう。ようするに彼らはエリートであり、そして現代においては彼らは知的エリートであったと理解されている人物だと思う。

が、しかし彼ら二人が対談したときに、しきりに繰り広げられていたのが自分たちは下っ端であったとか最末端であったとか典型的庶民であったとかいう主張であり、特に山本はその認識が強い。いや、もちろんしかし彼らは下っ端であった。しかしそれは庶民の中での下っ端であったのではない。エリート社会におけるその階層の中での下っ端であったということだ。

このことは何を示すか。司馬遼太郎山本七平ほどの観察力をもってしても、自分たちエリート社会の最末端であるという事実を、日本社会の最末端であると誤認してしまうということだ。

これは別にこの二人とか日本人とかに限らない現象なのではないかと思っている。どんなエリートであれ、かならず自分よりも上が存在している。

たとえばビル・ゲイツマーク・ザッカーバーグにしたところで経済力がどれだけ大きいといっても、政治的社会においては最末端の存在であろう。彼らはその資金力をロビー活動に用いるノウハウという点では古豪に及ばないだろうし、また資金力という点では必ずしも有力ではないドナルド・トランプバーニー・サンダースと比べれば直接的な政治力ゼロも同然だ。

これは極端な例なのであまり適切ではないかもしれないが、たぶん大抵のエリート自分のことをエリートだと正しく認識できていない。ある一面における能力と運においてのみ秀でている存在であるということを認識しても、自身エリート階層に属しているという自意識を持つことは、あまりない。

故に彼らは大衆主義/ポピュリズム愚民政治混同してしまう。それは、自身大衆ではないと認識していないから。自分「以外」の人間集団を見たとき自動的に彼らを愚民として認識してしまう。自分大衆であるが故に、自分と違うものは異常者か愚民に違いにない、と。

この話にオチはない。

2016-05-29

演劇を観てきた

劇団俳優座の「反応工程」というお芝居を観た。

終戦間近の軍需化学工場学徒動員されていた若者たちの話である

SEALDs代表やT―nsSOWLや山田洋次が共同代表をつとめる反戦劇とあって、会場の白髪率は異常に高く、アベ許さないと書かれたカードカバンにつけた人もちらほら。

けれどわたしは何も知らずただなんとなく観劇した。面白かった。映画小説アニメ漫画やいろいろ見るけどその中でも特別素晴らしいと思った。

反戦ビジネスの都合だろうと思った。

ファンタジーのふりをした戦争物やSFもののふりをした恋愛ものはよくある。宣伝文句と実際のテーマが違うのはむしろデフォだ。

イラク戦争の時もミュージシャンが曲を作ってテレビに取り上げられてたし、「反戦」というわかりやすお題目で客を寄せつつ好きなことを表現するんだろうと思っていた。

演劇の内容自体はそんな偏りがなく、そもそもエンタメとして完成度が高かったからだ。

ところが実際は違った。完全に左翼による左翼のための芸術だったのだ。

役者も裏方も一致団結して反戦という表現に取り組んでいたのだ。

役者自ら戦争法案反対デモ等に参加し、劇のビラを配った。そういう左翼的表現活動を真面目にやる世界があると初めて知った。

違和感を持ったのは芸術の扱われ方だ。わたしは今まで芸術には受け取り手自由があるもんだと無意識に思っていた。作者の意図を一応汲んだ上で好きに解釈する自由

だがあの劇は作る側も反戦、中身も反戦、受け取る側も反戦でそれ以外はなかった。

そんな芸術があるということも初めて知った。

T―nsSOWLの高校生役者と同じ壇上に上げられて、ちやほやされて、利用される光景も直に見るとなかなか辛かった。

さっきまで体育祭をやってたとかい赤ん坊みたいな顔した子供が、報道陣を呼び集客までやったという。

学徒動員あんたらのやってることと何が違うんだよ…

いろいろとショックだった。わたしはもう反戦劇を観ないかもしれないが、日本左翼のある限り客足が途絶えはしないだろう。

2016-01-01

ゴールデンボンバー女々しくて

こんな性差別的な題の楽曲が四年連続紅白歌合戦演奏されたという事実を受け止めるべき。

パートナー関係を解消されたことに対して精神的なダメージを訴える男性」という負のイメージを、女性に例えるという許し難いヘイトクライム

また、今回は演奏中に、審査員として着席していた芥川賞受賞作家又吉直樹さんが、突如として壇上に担ぎ出され、まわし姿で相撲を取らされるという演出があった。

一般市民暴力的軍事行為に有無を言わさず動員される。

安倍政権と、政権下で成立された戦争法の真の目的を明示するかのようなおぞましい光景

シビリアンコントロール否定学徒動員暴力装置暴走海外戦争する国へ。

お前たちはてな民は、またヘラヘラと笑って、それを見ているだけであったのだ。

2015-12-10

ガルパン劇場版の先行公開動画見た

TV版見てるときあんまり思わなかったけど、BGM休日朝うるさい街宣車の音調っぽく感じて、ガルパン自体がなんかそういうものにいまさら見えてきた

よくもまあこんなにネット世間も落ち着いてるもんだと不思議になるくらい

今は競技としてやってるけど、世界情勢が変化して実際の戦闘戦車がふたたび使われるようになって戦車道やってる人間バンバン学徒動員されて、バンバンキャラも死んでみたいな展開にでもしないと、危機感もクソもない

まあすでに一部蛸壺がやってるけど

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん