「男性自身」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 男性自身とは

2019-03-13

セックス同意と非同意

話題になってたけどリアルに言うなら

同意無き場合は非同意である

じゃなくて

同意無き場合は非同意だと見なされる可能性がある

だと思う

なんか女性のために徹底をみたいな感じでそこもやっぱり主に女性が啓発してるけど、同意女性のためってより男性自衛のために取るって意味での方が有用性では上だと思う

自衛として身を守るための意識が結果そういう事を減らしていくんだと思う

やる奴はやるだろうけどそれでも少なくとも勘違いに巻き込まれ人間女性男性も減る

ある程度の関係なら雰囲気ムード同意とするっていうのは日本だけじゃなく欧米でもそうだから、全てで事の前に同意がなければ、というより事に及んで拒まれたらすぐに身を引く、そもそも拒んでるかも分からない状態には手を出さな自分のために、っていうのが現実としての望ましい対処になるんだろうなって思う

それでも男性側が襲ったって言われるリスクは無いわけじゃないから自信と確信がある時にどうぞって感じなんだけど

海外映画とか見てても十代の子キスして少し拒まれたぐらいだとまだトライするけど強めに拒否された瞬間一気に身引く、とか演出ベタってだけじゃない一連の反応として作品いであったりして、これは男性から自分は無理にはしていないってアピールでもあるのかなって思って見てて、それはやっぱり自衛意味でもあるのかなとも思う

あとお酒入ってたり勢いでのベッドシーンなんかじゃ必ず女性が上になって動くんだよね

それも見てる側への同意表現で次の日女性が後悔しても覚えて無くても合意だったって伝わるから

興味深くはあるけど実際そういう配慮倫理面で必要になるような事に欧米ではなってんだろうなって思う

スウェーデンかどっかじゃ双方同意したのが残るアプリが普及してるとか前になんかで見たけどそれもたぶん男性側がちゃん同意得た証拠って事でもあるんだろうなって思った

こういう話だと女性の思わせぶりな態度が、いや男性意識がって責任論になりがちなんだけど、あくまでそれは女性側への責任自衛の話だし、男性自分のためにこそ曖昧な事で追うリスク考えたらちゃんとしてった方がいいんじゃないのかなって思う

同意は無かったって言う女性に対して誰が責任を取るべきか結論が出て、もし男性側が悪くなかったと結果なっても、それが話題になってしまったり一旦でも強姦で訴えられたかもしれないリスクが消えて無くなる話でもないから、誰が悪い、女も悪いなんて話とは分けてまた考えるべき事なんだと思う

女性側がしっかり自衛してれば男性勘違いする事も減るんだって意見も見るけど、それでも現実的にその勘違いでしんどくなるかもしれないのは男性自身もだし、だからこそ男性側の自衛必要なんじゃないのかなって思う

酔った相手になんてそんな状態女性自分人生預けてまで賭けに出るって事だし正直割りに合わないと思う

同意とったり曖昧場合は手を出さない事で一晩相手と思った通りにならずに事に及べなかった、とはなるかもしれないけどそれと訴えられて裁判なんやかんやなる可能性なんてどう考えても比較にもならないよやっぱり

男性だって場合によって悪意無くても最悪人生半ば終わったようになっちゃうかもしれないのに

した方がいいと思う自衛

2019-02-03

コンビニエロ本』と『公式タグホモ絵投稿

コンビニエロ本撤去お気持ち表現の自由!と噛みついてる自由戦士が、公式タグホモ絵投稿すんなって言ってんのを見かけてつい笑ってしまった

そこで前述の不心得者はべつとして、エロ本撤去に反対の諸兄とひとつ合意形成したいのだが、

貴殿らの目指すところは、for meな性表現自由に取り扱われるかわりに、not for meな性表現でも溢れかえる世界だ、という認識で構わないな?

自分ら向けの性表現は今まで通り自由でやりたいけど、腐女子ホモは俺がご不快から目に入れたくないんで隠れてろ、とは言うまい

よーするにだ、貴殿らが目指してんのは貴殿自身が性表現で傷つけられる可能性のある世界、ということで、

そういうわけなら、われわれ腐女子は表立って貴殿らの身体をどんどん眼差すかわり(今ですらどっさり隠れてるんだぞ)、貴殿らの味方となろう

……腐女子ホモを「キモい」と感じるその気持ち、それが要するに貴殿らの揶揄するところのお気持ち

そしてそれは、もしかしたら貴殿らの中にもあるかもしれない

(本来腐女子ゲイを一緒くたに論じるべきではないんだが、ネット空間を取り巻くホモフォビアは主にこの二つに振り向けられてきたと思う。ホモというワード選択も褒められたものではないのだが、腐女子ホモ現実同性愛と一致しないわけだし、このワード、扱いが難しい。どう言うべきか教えてくれ)

われわれは、ピクシブ腐女子流入し、ホモ絵が増え始めたころに排斥キャンペーンを張られたことを忘れてはいない

2000年代ネット空間で、間違いなく最も石を投げられた属性のうちひとつ腐女子だったことをわれわれは覚えている

腐向けでないニコニコ動画ちょっとでも腐的なコメントがあろうものなら「巣に帰れ、出張ってくるな、腐女子キモい、ほんとどこにでも湧いてくるな」などのコメントが大きな赤い字で流れ、罵倒ばかりで肝心の腐女子コメが見つけられないこともあった

そして、いまも多くの腐女子が、腐女子は表立って存在しているべきじゃないという価値観内面化してしまっている

からこそ、お気持ちをぐっとこらえ、多様な性表現へ門戸を開く態度が世界をやさしく生きやすものにするだろうと、わたしはこの身に降り積もった経験からそう思うのだ(三次元搾取される実在児童がいなければ、ペドロ表現もまた許容されるべきだと思う)

知って欲しいのは、男性もまたお気持ちで性表現排除してきたということだ

からこそ、ヘテロ男性に向けた性表現が誰の目にもつくところから排除されることを正しいと思わないのであれば、それは貴殿らの内省にも繋がっている必要がある

まりヘテロ男性向けでない性表現もまた、ゾーニングの向こう側に押し込められるべきではなく、貴殿らの目につくところに出てきていいということだ(未成年の目につくことに関しては別の議論がいると思う)

タイトルのふたつが一見まったく関係ないように見えて、実はヘテロ男性自身差別感情によって繋がっているということが、賢明貴殿らには理解できたことと思う

さあ、それを振り捨てて、この世界はあらゆる人間のための性表現で溢れかえっていていいのだと、それが差別から自由であることだと、大手を振って主張しよう

-----

…ところで、賢明な諸兄は、わたしが単純に主義主張における趣旨一貫を炙り出そうとしていることにお気づきかと思う

普段この手の話題女性お気持ちを重視する発言をしているなら男性お気持ち(ホモ絵見たくない)もまた重視しろ、みんなが傷つかないことが大事だ、と言わなくてはならないだろうし、

逆に表現の自由を支持する発言をしているなら、腐女子向けの性表現、実際の同性愛者向けの性表現、その他さまざまな人のための性表現で目に見える世界が溢れかえることもまた支持すべき、となるだろう

普段からこの話題で、ヘテロ男性向け以外の性表現の許容について触れているブックマーカーは多くない(驚いたことに少数存在する、はてなは進んでいると思う)

さて、思いつくままに多少とりとめのないことを書きなぐってしまったが、今日言いたいことはそれくらい

乱文乱筆失礼しました、ご意見感想ご指摘は随時歓迎しま

あと、この話題にかこつけて腐女子同性愛差別してるじゃん、と指摘したい御仁、その指摘は非常に正しいので、遠慮なく指摘し続けてくれ(とはいえ話の本筋からは逸れるんだが)

2019-01-20

anond:20190119155931

男性自身とか彼自身かいうのを見かけたことはちょくちょくある。エロ小説とか?

2018-11-21

anond:20181121234546

一回りも違う男性告白されたりとか恐怖ですくみあがって断れるわけ無いだろ。主体性云々の問題ではない。

男性自身が生まれ持つ犯罪性・暴力性を自覚しろよ。

2018-11-08

anond:20181108150845

わず信じたくなるけど、実際は男の人が男の侮辱を阻止したくて言ってるだけで嘘だよね

彼女いても他の女の方に性的にかなり魅力を感じて精神動かされない男なんていない

いや短期的には渡部の様な美女をゲットした男はそうかもしれないが、一生のスパンで見ると結婚相手が老けたら若い美女に男は100%浮気する

精神も、そしてチャンスがあれば肉体も

結局外観に興奮する様できていて、仮に妻が素晴らしい精神の人でもババアになれば心は離れ情だけになる。

いやしょうがない、そう生まれついてるだけで男性自身それで苦労してると思う

けど女は男を誠実に愛するという愚行を辞めた方がいいと言いたい

女が男ともっと軽く適当に遊ぶ世界なら、男にとっても遊び機会増えるわけで。

どっちにも得と考えたら、育児別としたら、長期的な恋愛関係結婚なんていらないな

ほんと全ての男はそうじゃないとか嘘を弄してもしょうがないよ

2018-10-08

anond:20181007234656

これが本質であるとすると、「おっさんVチューバーになれば少女になれる、男性から解放だ!」て類の言説は、つまる所ひどい男性差別思想だよな

おっさんおっさんのままではいかんのか

少女しか価値がないのか

しかしそのような価値観を世の成人男性自身が作りだしているというメビウスの帯みたいな地獄絵

2018-09-26

男性の5%が女性山口メンバーみたいなことをする人だとして

男性自身がその5%かどうかを一回ガチャしてみるだと低い数字だが

女性出会男性ごとに5%のガチャをするとすれば何百回とガチャしてるのだから当たらないなんて滅多にないことに

2018-07-20

anond:20180720165533

こういう、意味のわからない「男なら」とか「女なら」とかいうのが性差別実態

女に向けられると性差別だと言われるが、男に向けられた場合男性自身が、男性性差別の客体であるという認識がないために、それを差別だと認識できなかったり、認識できたとしても、「文句をいうのは男らしくない」というマッチョイズムに縛られているために、それを表に出せなかったりする。

2018-06-15

駅で女性タックルをする男の気持ちが少しわかる

女性タックルする行為はよくない、完全によくないが、それをしてしまうほどの精神状態というのはわかる。

仕事がキツくて頭がいかれそうになってた(自分ではそう思ってただけで既にいかれてたのかもしれない)時期、電車に乗って座席が全部埋まってるだけで発狂しそうだった。

前で居眠りこいてるオッサン顔面を蹴飛ばしてやろうかと本気で思ったことも何度かある。

電車で大声出してやろうかと思ったことも何度もある。

車内で突然ぶっ倒れてやろうかと思ったことも数えきれないくらいある。

足を踏んできたバカを追っかけてボコボコにぶん殴ってやろうかと思ったこともあった。いや、殺してやろうと思ったこともあった。

全員死ねと本気で何度も思った。

だが実行すると他人迷惑をかけるし、自分に得なことが一個もないとわかっていたのでやらなかった。まだその抑制はできていただけよかった。

女性タックルしていた男もおそらく何かで大きなストレスを抱え、精神状態が危ない状態だと思う。実際に他人危害を加えるのはよくないが、たぶんその判別もできない状態で、誰か助けてあげたほうがいいと思う。

とにかく、行為は別としてあの男性自身一方的非難するのはよくないし、何の解決にもなってない。

2018-05-02

anond:20180502181042

からそのフェミを黙らせることもできずアファーマティブアクション逆差別からと突っぱねることもできず、結局雇用のドアを開けているのは男性自身だろう?

そもそも最初雇用の枠を握っていたのは男性なんだから

その点を無能っつってんだよ。

女性側の言うことに従ってる時点で男女の雇用争いに負けてるんだよ。

企業採用されるかどうかだけが雇用争いじゃないだろ。搦め手使ってくる女性側に押されてますね、って話。

搦め手使うのが卑怯だって言ってもそんなの現実の前じゃ役に立たん。

anond:20180502175529

まぁさすがにこんな雑な煽りには乗ってこないか。じゃあ言い方を変えよう。

女性雇用パイを奪い合う相手に変わったとしても男性側が優秀であれば女性雇用は渡らず、かつての社会構造は守られたままになり人口構造いびつになることはない。

でもそうなってないのは男性無能からだよ。

それは雇用を奪った女性のせい?雇用を奪われた男性のせいじゃないの?

アファーマティブアクションとかが悪いんだ、って言っても、そういう理屈の介在に負けて雇用のドアを開けているのは、かつて雇用を持っていた男性自身じゃないの?

2018-04-18

anond:20180418232352

男性自身メンタルケアは?

不妊の原因が己にあると判明して生物としての欠陥性に思い悩むのは性別関係ないと思うのだが

2018-03-14

anond:20180310181502

「女体にありつく」という表現

気持ち悪いと叩かれてるけど

男のつらいとこって

その現代社会では「気持ち悪い」願望に囚われちゃうことなんだよな

俺には妻がいるが

妻以外の女性性的欲求を抱くかと言われれば

間違いなく抱いてしま

もちろんその欲求を行動にうつすことはないが

どうしたって性的欲求を「感じてはしまう」

自身愛する妻がいるのに

他の女性性的欲求を感じてしま自分がたまらなく気持ち悪いと思うがどうしようもないのだ

でも俺は特別性欲が強いわけでもないんだよな

健康男性なら見ず知らずの女性でも性的関係を持ちたいと「思って」しまうのはすごく普通ことなんだよ

このことで

「男は野蛮だ」っての違う

男の強すぎる性欲は普通に生きているまともな人間からすると非常に厄介なものだが

性欲が強いから男は愚かだという話は

毎月一週間程生理パフォーマンスが低下する女は男と比べ劣っているというのと一緒なんだよ

ぶっちゃけ性犯罪者とそうじゃない男性の性欲の強さってそんなに変わらないと思うんだよ

違うのは理性の強さだけ

男に生まれたせいで常に理性の何割かを性欲制御に使わなければならない

こういう「男の抱える性欲のつらさ」って男性自身ですら無自覚なこと多いかあんまり注目されることがないんだけどね

2018-03-09

男たちは呪われているのか-「アナ雪」のクリストフに見る脱ヒーロー

若干話題が古いけど、こういう対談がある。

アナと雪の女王」のクリストフはなぜ業者扱いなのか? 夏野剛×黒瀬陽平×東浩紀の3氏が男性視点で新解釈 https://www.huffingtonpost.jp/2014/08/07/anayuki-genron_n_5660493.html

ざっくり要約すると「アナ雪は女性だけで解決してしまい、クリストフはただの業者扱い。男としては疎外感を覚える」というような内容。

この対談、女の自分から見ると「???」なところが多くて、

>「わざわざ男いらないって強いメッセージを出している。なんでそこまで王子モデル攻撃しないといけないのかと」

というくだりには被害妄想めいたものを感じてしまった。

クリストフ王子様じゃないけれど、誠実で素朴ないいやつだ。孤独変人だけど、仕事家族を大切にしている。

そこらの王子モデルよりよほど親しみが持てるし、ありのまま人間らしく描かれていると思う。

ただ役回りが脇役で、「なんでも解決できるヒーロー」ではないだけだ。

そのクリストフを「業者」と呼んで、アナ雪を男の「排除」「攻撃」と感じる男性心理っていったい何なんだろう???

個人的に、「アナ雪」は「男いらない」とは言っていないと思う。ただ「ヒーローの男はいらない」と言っているだけだ。アナもエルサも自分たちの問題自分たちで解決したいし、しなきゃいけない。

ヒーローの男がいると、女は人形みたいなプリンセスとか、救われる村娘Aとか、後列で回復呪文を唱える係とか、とにかく救済されたり、弱者だったり、よくてサポート役回りを演じさせられる。物語ラストには弱い自分を救ってくれたヒーローと恋に落ちて、結婚するまでが一連の流れだ。まるで舞台装置か優勝トロフィーみたいに。

そういう王道ストーリーを完全に否定するわけじゃないけど、もう古いよねっていうのが今の時代の流れだ。

古い性役割を「抑圧」と呼んで壊そうとするのが昨今のウーマンリブであり、ディズニー作品はそういう社会を反映している。

誰かの救済を待つのでなく、みずからヒーローになること。

自分問題自分解決できるのだという確信主体性を持つこと。

期待される「プリンセス像」を捨て、「ありのままに」なることが抑圧から解放だと描くこと。

それらが今の時代に生きる多くの女性の支持と共感を集めたんだと思う。

(私個人としてはアナ雪はそんなに好きじゃなかったけど、こういう社会問題をいち早く取り扱って幼児向けのエンタメにできるディズニーってやっぱすげえなと思う)

そんな感じで「脱プリンセスありのままわたし運動は着々と進むのに対して、「脱ヒーローありのままのおれ」運動全然進まないように見える。

こっちの此岸では「美しく従順でなんでも受け入れるプリンセス像」を火にくべ始めたのに、

あっちの彼岸では「強くて賢くてなんでも解決できるヒーロー像」を街の中心に据えて崇拝し続けているように見える。「美しく従順でなんでも受け入れるプリンセス像」も現役アイドルだ。

日本では特にその傾向が強いのではないかと思う。

からそのヒーロー像、プリンセス像を正面から否定してみせた「アナ雪」に、対談の男性たちは反感を覚えたのかもしれない。

男性社会最高神であるヒーロー像」を否定することが、まるで「男という性別」への攻撃のように感じられたのかもしれない。

ただ思うのは、脇役のクリストフこそ、「ありのままのおれ像」なのではないかということだ。

かに、そういう強いヒーロー像を崇拝する男性社会はこれまで人類史で栄華を誇ってきて、結果も出してきた。歴史があるし今も続いている。

だけど、すべての男性ヒーローになれるわけではない。弱い人、賢くない人、色んな事情を持った色んな人がいる。そこを配慮せず弱者を切り捨て、マッチョイズムだけをよしとする社会は公平さに欠け賢くない。

ヒーローの強さだって言っちゃえば暴力だし、そんなのこの21世紀アナログすぎる。

から多様性時代になってるわけだし、弱いもの底上げ必要なんだと思う。アファーマティブアクションってやつ。女性もそうだけど、いわゆる「弱者男性だってそうだ。誰もが自尊心を持って生きる権利がある。

ヒーローにならなくていいし、「ありのままのおれ」でいい。

多くの男女の自尊心を削る「ヒーロー像」「プリンセス像」は一度打ち壊して、火にくべるときが来た。父権社会解体が、今世界的なムーブメントになっている。

ただここからがやっかいで、男女関係や性の問題だ。

男性はどうも「モテ」に固執してしまうふしがあるようで、女を「モノ」にすれば「男になった」と認められるような悪習がある。

まるで男が自尊心を得るには、女の人権をかすめ取らなきゃいけないみたいな言い方だ。

より多くの美しい女を取得することを自己価値バロメータとして、他者と比べあい自分いじめるみたいな悪癖がある。

女性もそういうことは普通にするけど、男性のそれは比じゃないというか、ちょっと理解範疇を超えてくる。

そこには生物的な性欲の違いや繁殖欲だけでは説明しきれない、人間的なドロドロとしたもの文化形成された支配欲や加害欲と入り混じった、「女」への憎悪・悲哀・妄執を感じる。

そういう恋愛観のまま接するからお互いうまくいかなくなる。女からすればそういう男は背後に暴力性がちらついて見えるわけで、嫌悪感や恐怖感が出てくる。性行為と性暴力って全然のものだと思うのに、相手はしばしば混同しているように見える。

そもそも自尊心自己肯定感というのは、自分の中で育てるものだ。社会的地位や容姿、「モテ」「非モテ」と関係なく、無根拠に持っていていいものだ。自己価値は異性にアウトソーシングして調達するものではない。

やはり男性も、「ありのままのおれ」になるときだ。「男らしさ」から解放されるときなのだ

Metoo」や「女性専用車両」や「女性だけの街」、性犯罪ジェンダー話題はとにかくネット炎上やすい。

そのときの会話の噛み合わなさに、いつも此岸彼岸の隔たりのことを思う。見えているものが違いすぎると思ってしまう。「女性専用」という言葉や、性犯罪者の告発に怒り狂う男性たちはあまりに不可解で、言葉が通じない恐怖がある。

「すべての男性性犯罪者ではない。俺を犯罪者扱いするな」というのがよく言われる意見だ(ノットオールメン)。しかしそんなことは自明なわけで、誰も「男全てが性犯罪者だ」なんて言っていない。

なのになぜ自分を「男性」という共通項のみで性犯罪者側に寄せ、「俺への攻撃だ」と思い込んで怒るのだろう? 同じ「善良な市民」という共通項で、被害者女性側に寄せ、性犯罪者に対して怒ることはできないんだろうか?

もちろんそういうことが自然にできている男性もいるが、現状では少数派に思えるのだ。

そういった怒りの背景には内面化された強固なホモソーシャル価値観や、ミソジニーや、「ヒーロー像」へのコンプレックスがあると思うのだが、ここらへんを掘り下げた男性自身の話はあまり聞かない。

社会で男であるということは、特権であると同時にプレッシャーでもある。うまくやれればまだいいが、うまくやれない人はやはり苦しい。

社会ゆえの苦しさを、男社会ゆえの特権でもって、女に加害したり、女に癒されようとしているように見える。そうやって留飲を下げる男性たちは歪んでいるし、やはり何かに呪われているように見える。

脱線したけど、そういったヒーローになれない男性が救われるかどうかは、男性意識問題なのだと思う。

ヒーロー像」を手放すこと。「プリンセス像」を押し付けないこと。

クリストフみたいなキャラクター否定せず、「ありのままのおれ」を受け入れること。自分と同じように、他者尊重すること。

旧来の「男らしさ」にとらわれて、自分を大きく見せようとしたり、誰かを貶めないこと。ささやか自分自身の中に自尊心を見出すこと。

そのへんが大事なんだと思う。

ツイッター観測範囲だと、そういう呪いを手放して楽になった男の人も散見するようになった。今は過渡期なのかも。

男だ女だって主語デカイ話書いたけどみんな楽になればいいのにな。いや理想論だけど理想のないリベラルって存在価値あんのか? 民主主義だって奴隷解放だって女性社会進出だってかつては理想論だったやん??って思う(このへんルトガー・ブレグマン著『隷属なき道』にくわしい)

そういう引き算がこれから時代大事なんだろうな。

呪いをひもとく面白プレゼン動画

マイケル・キンメルatTEDWomen 2015

なぜジェンダー平等が皆のためになるか―男性を含めて

https://ted.com/talks/michael_kimmel_why_gender_equality_is_good_for_everyone_men_included?utm_source=twitter.com&utm_medium=social&utm_campaign=tedspread

2018-02-17

anond:20180217043552

カプセルホテルは、ほんの数年前まではほとんどのところが男性専用だったよ。女性専用フロア女性専用カプセルホテルが出てきたのはつい最近のこと。女性安価宿泊手段を使えず、負担を強いられてきたわけだけど、そこはどう考えてんだよ。

女性専用車両は、そもそもそこまで混み合わない車両に設けられてるのがほとんどだ。混み合うターミナル駅の一番乗り降りがしやす場所女性専用車両がある事例は見たことない。女性専用車両は、リスク削減の代わりにメリットを失ってるけど、利用者はそれを受け入れてるぞ。メリットを失ってでもリスク削減を考える人に、お前が「他人メリットのためにリスク増加を受け入れろ」と言う根拠は何だ。それこそ、「メリットを失う人間のほうが、リスクを背負う人間より上」という差別意識じゃないのか。

そもそも女性専用車両は「男性痴漢犯罪だと認識してない」事例が多すぎたので暫定的に導入されたものだよ。駅にある「痴漢犯罪です」ってポスターは、そもそも犯罪じゃない」と思ってた人間が多すぎたから貼られたものだ。未だにジジィの中には、「女の尻程度を触って何が悪いのだ」という頭のおかしいやつがいるし、捕まっても「たまたま触れただけだ、何が悪い!」と開き直る。そういう人間が一掃されて意識向上が図られない限りは、女性専用車両は続くよ。

海外女性専用車両が導入されないところは、「痴漢という犯罪存在することを受け入れたことになる」から導入しない、というロジックほとんどだ。差別かいう話じゃない。犯罪存在のものを許さないという意識が大切だから女性専用車両を作らない。日本では「痴漢犯罪ではない」という意識根深すぎたので、そのロジックが通じなかった、だから女性専用車両を作らざるを得なかった。

女性専用車両撤廃を望むなら、一番近道は「痴漢摘発男性が行う」ことだよ。男性自身に「痴漢という犯罪を許さない」という意識が強くあれば、女性専用車両はいらない。

しかし、男性が「男を誘うような格好をしてるから触られても仕方ない」「痴漢冤罪はすべてを失う、多少触られたくらいなら我慢して黙ってろ」とか言い続けるなら、女性専用車両はなくならないよ。犯罪を許容してるからな。

2018-02-05

anond:20180205142327

よくわかんないんだけど、女性処女が至高であると考えている男性自身童貞なんだろうか…?

そうでないなら、自分中古なのに相手には新品性を求めるとはなんと厚かましいことであるのか。

2018-01-14

性欲が強い非モテ男性のための恋愛指南

ちょうどバズってる http://b.hatena.ne.jp/entry/s/anond.hatelabo.jp/20180113163358 (私は男性に生まれたかった。)という記事とあるブコメリンク

http://d.hatena.ne.jp/shorebird/20180101 (「What Women Want」という「オタクのための進化心理学的な知見を生かした『女性とつきあうためのハウツー書』」の概要です) 読んだんだけど、すげー言語化しているな、と思う反面、項目多すぎでうんざりしました。

ここから先は、私が男性であるということを念頭に置いて記事読んでください。

私自身は毎日オナニーするくらいには性欲強いんですが、性欲が強い男性にとっては、女性性的に見ないのは、自身自慰禁止するくらいムズイんです。イメージ的には修行僧として生きるくらいの感じですね。

で、女性に優しくしようだの、積極性を持とうだのっていうのは、非モテ男性にとっては、あんまりいいアドバイスではないのではないか、と思っています。例えば、いちばん上のリンクに出ている男性は、本人的には女性に親切にしているつもりだと思うんですが、増田は嫌がってますよね。

特に性欲が強い男性場合、性欲を隠して親切にしたとしても、女性にとっては、こいつセックス目当てなんだな、というのが丸わかりなんです。なので、キモいって思われてしまう。

結局のところ、性欲が強い非モテ男性恋人を作るには、自身の性欲を肯定しつつ、恋愛に対する発想そのものを変える必要があると思います

私は、恋愛 が「女性オナニーを手伝う」ことだと認識するのがいちばん良いんじゃないか、と思いました。ただし、明らかに誤解されそうな文言なので、幾つか注釈を付け加えておきます:

  1. 女性オナニーを手伝う」っていうのは、文字通りの意味(女性自慰を手伝う)を指しているのではなく、もっとこうかなり広い意味精神的に満足してもらうということです。例とかは2番目の「What Women Want」のリンクをみてください(女性に親切にするとか、共感するとかいうことが載っています)。

もちろん、共感男性オナニーを同列に扱うの頭おかしいと思う人もいらっしゃると思いますが、往々にして、非モテ男性共感したりするのが下手な人が多いです。あくま発想の転換なんですが、女性共感を望んでいるときは、男性自身セックスオナニーしたいのと同じ心境なんだな、とおもうと非モテ男性にとっては気が楽になるのかな、と。

  1. もう一つの側面としては、あくま女性オナニーを手伝うのであって、セックス押し出しはいけない、ということです。また、男性もそうだと思いますが、いくら性欲が強くても常にオナニーしたいわけではないと思います男性自慰する気分でない時に手伝ってもらうのはちょっと違いますよね。女性別に親切にしてもらう必要もないのに、親切にされても苦笑いするだけです。

恋愛 は「女性オナニーを手伝う」ことだ、なんて文言は万人に受け入れられるものではないっていうのは、百も承知なんですが、女性の接し方に悩んでいる殿方にとっては、一周回っていいんではないかと思い、書いてみました。

——

こっから先は完全に蛇足で、完全に男性目線で語ることなんですが、モテる男性は、「女性オナニーを手伝う」ことに長けている人なんじゃないかと思っています

大半の女性は、恋仲にある男性恋愛の末に結婚することを望んでいると思います。一方で、モテる男性にとって結婚とはどのようなものなのでしょう。私の推測としては、強固なパートナーシップを望んでいるか結婚するのかな、と思っています。ここで強調すべきは、恋愛の「女性オナニーを手伝う」関係の延長線上に結婚存在しないということです。

もし、付き合っている男性モテる人で、その人との結婚を望んでいる女性がいたとしたら、今の彼が「私のオナニーを手伝」っている状況になっていないかどうか、その上でパートナーシップを築くにはどのような女性でいればよいか、を自分の中に問いかけると、幸せになれるかもしれません。非モテ男性からの余計なアドバイスですが。

anond:20180114071701

コメントありがとう

男性に対して男性の方が厳しいのかなと感じた。厳しさの種類が違うのか。

身近だと女性はうんたらかんたら言う男性の方がそれに当てはまってたりしてて、それは仮想女性男性の姿で、男性男性自身について言及するのが楽しいのかね。

2017-12-25

anond:20171225072338

女性内でのランク」みたいな考えだと、弱者男性はずっと救済されないままなんだよな。。。

そこそこ給与を得ている女性自分についてついた「弱者女性ってラベル」を使って正当化するのはやめてほしいなー。

せめて中流女性ないし上流女性が、弱者男性結婚するべきみたいなスタンスにならないと、パートナー形成して安定化するみたいなのには結婚は使えなくなる。

弱者男性観点だと、女性社会進出に賛成するインセンティブが消えてしまう。

限られた牌を奪い合うと考えると、男性自身の困窮を訴えて、女性への支援を削るアプローチが魅力的に見えてしまうんじゃないかな。

女子上方婚についてはガンガン叩いておいた方がいいでしょ

2017-10-30

弱者男性の増加が、日本を変える!

人間というものは面倒くさいもので、目の前に明確な危機危険が現れないと、容易に重い腰を上げないものだ。今の日本全体を覆っている行き場のない閉塞感を打ち破るトリガーになりえるのは、おそらく弱者男性存在だ。リアル社会でもネットでも叩かれる傾向が強い弱者男性であるが、この弱者男性の増加によって社会は変わってきている。だからこそ、今声を上げて言いたい。弱者男性が増えることこそが、日本を変えるのだ!

弱者男性存在がもたらした最大の功績と言えば、「男社会」の社会通念を現在進行形の形でぶち壊していることだろう。今までは男は女を守って当たり前、男は女よりも金を持っていて当たり前の価値観があったが、今の若い男にはこんな古い価値観通用しない。女も経済力負担して当たり前、女も社会責任を持つのが当たり前という価値観が主流になってきている。しかし、肝心の社会の仕組みが昔の「男社会」のまま変わらなかったので、女性社会進出男女共同参画社会の実現も頭打ちの状況だった。

このこう着状態を打開するのが、今以上に弱者男性が増えていくことだ。女側からすれば、もはや男の経済力を頼ることはできないので、自らが主体的に働いていかざるを得なくなる。結婚して子供が欲しければ、自分から男を探さざるを得なくなる。今後、女の上方志向はおそらく消滅する。実際問題として、経済力のある男がいなくなれば、物理的にそうなるだろう。弱者男性の増加の結果として、女性社会進出は今以上に進むことになる。

今の日本で数少ない強者男性も、内心では「男社会」をぶっ壊したいと思っている。今のままでは、日本のものが持たないことは強者男性自身が一番よく理解している。その点においては、強者男性弱者男性も思惑は一致している。

2017-08-05

性の対象とされる比率に男女差はあるか?

性犯罪被害率などから一般的には男性より女性の方が性の対象として見られる比率が高いと思われているが実際はどうだろうか?

確かに、性犯罪被害にあったことのある女性は、性犯罪被害にあったことがある男性より遥かに多いが、

それらのケースの殆ど若い頃に被害にあったという話である

「性の対象にされる」というのを性犯罪などの「行為」を行う対象ではなく、いわゆる「性的まなざし」を向ける対象という意味で捉えると、

男性女性に向けるまなざしよりも、むしろ女性から男性に向けられるまなざしのほうが広く深い用に思える。

例えば、男性向けのアニメ漫画アイドルなどのコンテンツで出て来る女性の多くは若く、目が大きく、髪が長い。

年増キャラなどにおいても、見た目は現実女性に比べてだいぶ若くがかれている。

一方で女性向けのコンテンツに目を向けると、そこで消費される男性像は少年から壮年まで幅広く、

ハゲやちびやデブといった一般的マイナスと言われる要素もある種の清潔感がある前提ではあるが許容されている。

近年で言えば星野源のようなイケメンとは言えない男性が人気を集めていることからもそれは伺える。

これらのことを考えると、性的対象とされる比率を単純な数で表したならば、そこに有意の差はないと思われる。

しろ結婚などの社会的な状況においては、年齢や容姿などの変えられない資質努力次第で美点に変えられる男性の方が有意であり、

タイムリミット存在し厳しい、ルッキズムさらされる女性の方が不利と考えられる。

しかし、現実には実際には男性の方が未婚となる傾向が高い。

理由は少し考えれば分かることである

いくら需要となる容姿や年齢の幅が広くても、男性自身対象範囲が狭い以上、小さいパイを奪い合うことになるのは必然である

まして若い女性は同世代若い女性のみをライバルとしていればいいのに対し、男性はほぼすべての同性がライバルということになってしまう。

かくして男性の方が需要が高いにもかかわらず、恋愛弱者男性大量生産されるのである

2017-07-15

フェミを知る2

https://anond.hatelabo.jp/20170715032310

の続き

フェミ界隈を見るとガチSAN値が削られる

クソリプ大杉問題フェミが1発言すると脊髄反射女性蔑視者が100くらい寄ってたかってクソリプして収集つかなくなる。大体発言をろくに見もしないで「おまえの自己責任だ」「ブスBBA死ね」などが大量にあふれ地獄絵図と化す。最悪まとめられ、さらしあげられる。たぶんこの辺の層はなんというか、知能というものが発達していないのだと思われる。

論点曲解問題フェミ発言意図を、(無意識に)曲解して議論にならない。こないだのゆらぎ荘では「表現規制するつもりか?」「男女を逆にしたら問題ないじゃないか?」など、問題の焦点をずらす。この辺りは言語が通じるという意味でさっきよりもましだが、なんというか少し頭が残念なタイプ一般的男性諸氏(私も含め)はこのあたりに分類されそうだ

フェミ男性諸氏の認識祖語:フェミ側は「こんな嫌なことがあった。(共感して議論しよう)」と発するのに対し、男性側は「こんなことがあった(男しね。最低。近づいてくんなぼけ)」と受け止めてしまう。これはある意味日本人的な気質であるような気がする。女性男性に対して被害を話す場合、話されている男性自身がを非難されているように感じてしまう。そのために男性側も感情的になったり防衛的な態度になってしまったりする。男女の性差というと差別になるのかもしれないが、女性共感を求めるのに対し、男性問題解決を求めるというのに根ざしている気がする。これは、フェミ側も知っておいたほうがよい。「痴漢にあってサイテー」というのではなく「痴漢にあって悔しい。この社会のどの部分に問題がある?」というようにすれば男性側の反応も変わると思う。

フェミ暗い問題日常的に性的に扱われる(モノとして扱われる)という体験が多すぎて、Twitterでは愚痴大会になってしまったり、性犯罪に対してこれだから男は、みたいな話で盛り上がっており、建設的な議論が少ないように見える。ウォッチしていてとても滅入る(当然本人たちはそれ以上だろうが)のでSAN値が削られる。

IQ低いフェミの味方問題フェミがなんか話している際に「これだからオトコはダメなんだ」などとレッテルを張り、フェミ自身がされて嫌なことを男性側にしてしまうような暗黒面に堕ちたフェミとりまき(女)がたくさんいる。フェミはこれをぞんざいに扱うことができず、はたから見ると同じアナノムジナの議論様相を呈す

フェミ間対決:なんか勝手派閥同士でけんかしてる。カオス

否定の多用問題最近こんな差別があった、などの話が多くてなんかお通夜みたいな感じ。あとこんな日本サイテー、とかね。

・遊びがない:みなさんまじめでジョークの一つも言わない。クールダウンがないので建設的なアイディアが生まれるとかない。



ちょっと、この業界つらすぎませんかね。希望というものが見えない。議論もっと活発で建設的でオープンであるのがいいと思うのだが、SAN値が削られるディストピアみたいになっている。

次回からは具体的なテーマを拾っていこうと思う(SAN値回復してから

2017-05-31

女性男性に死んでほしい

痴漢冤罪の話を色々見たが、結局のところ、女性男性に死んでほしいのだ、という結論にたどり着いた。女性必要なのはお金と子種だけで、男性自身必要ないのだ。男性女性の敵なのだ男性は、女性から勝手に命を与えられて、女性の掌で動かされて使役されて一生を終える。

男性は、本来的に女性の体に寄生して生まれてきて、寄生することで子孫を残す寄生生物だ。男性は、女性という人類寄生生物であり、人類本来的に女性のみなのだ

もう、男性女性使役から解放される事を考えるべきだ。性欲そのものが、女性男性支配するために、進化過程男性付与した束縛なのだ。生きている限りは女性支配に甘んじる事になる。だから、死んで困らせてやることこそが、女性による支配から解放なのだ

から男性自殺してやれば女性は喜ばなければならない。男性に先立たれた女性は、いかに悲しんでいるように見えても、心の中ではほくそ笑んでいる。女性は心から泣く事はない。女性男性が苦しめば喜ぶのだ。

これを書いている私は婚約している。結婚式の当日に自殺してやったら、彼女はどんなに喜ぶだろう。彼女が苦しんだとしても、私はその気持ちを信じないぞ。女性は苦しんでいるように見せて、内面はほくそ笑んでいるはずなのだ女性の悲しみは全てまやかしだ。男性名前をつけて保存、女性上書き保存、と言うだろう?女性なら、婚約者である私の自殺ぐらい、上書き保存できるはずだ。

女性本来的に強い。女性けが人類なのだ寄生生物である男性は滅びるべきであるし、女性男性死滅を心の底では願っているはずなのだ

2017-05-21

http://anond.hatelabo.jp/20170521163919

そういうのをひっくるめて、特定シーンの問題であって、男女問題ではない、と判断してる。子育て中の親をサポートする制度が無かったり、育児休暇対象が一方しか無いのはそう。白い目で見られるとかヒモ扱いは、男性自身無駄に高いプライドや見栄や固定観念覚悟の無さであるような気もする。じゃあどういうのが男女問題かと言うと、女は能力が無い(に決まってる)からチャンスが与えられないとか、不浄として扱われるとか、ホモソーシャル集団が楽だから維持したいとか。

あと子育て中の親問題に関しては、子育て中も残業バリバリしながら働けるように保育所を整備する方向じゃなくて、現状の保育時間でも賄えるくらいに働く人全体の時短が進むとか、人生の一時期時短してる人も受け入れられるようになるとか、一定期間そういう生活をした後に復職転職やすくなるとか、そういう風に労働周辺全体が多様性を持つようになるのがいいと思ってる。とにかく労働力再生産のために人が生きてるような社会おかしいと思う。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん