「インフォームドコンセント」を含む日記 RSS

はてなキーワード: インフォームドコンセントとは

2019-07-27

anond:20190727102330

精神科病院救急入院料加算病棟で働いている看護師です。

40歳で、働きながら精神看護学を学ぶために進学したりしていました。

研究テーマは、この話とは直接関係ないものでした。しかし、精神看護の先端をいく人たちは多くの問題意識をもって、日々働いていますので、よく話題に挙がります

元増田精神科病院での入院された経緯はわからないけど、元増田が納得いくような病棟での生活インフォームドコンセントが行われなかったのだろうと感じます

そのことについては、日本精神医療限界もあります医療に携わるものの一人として、申し訳なく思います

元増田自身の「精神障害をもつ方へのスティグマ」がより強まるような体験になってしまったのではないかと感じています

さて、ご存知かと思いますが、日本精神科病床は諸外国に比べると多く、その分、ベッド数は徐々に減っています

しろ入院日数も以前に比べると短縮されてきている状態にあります

具体的には、精神病床の入院患者数は過去15年間で減少傾向(約32.9万人→28.9万人【△約4万人】)

一方、外来患者数は2倍以上に増加しています

認知症気分障害うつ病など)が特に増加)

入院形態別の在院患者数の推移では、任意入院措置入院は減少する一方、医療保護入院は増加しています

ただし、医療保護入院についてもH26年度は前年度比4,756人減少していました。

(このあたりは精神保健福祉法の改正の影響もあるかと思いますが、それについては触れません)

また、過去10年間で精神病床の平均在院日数は、52.5日短縮していますしかし、国際的には日本の平均在院日数は非常に長いのも確かです。

もうひとつの大きなポイントとしては、近年の新規入院患者入院期間は短縮傾向にあり、約9割が1年以内に退院しています

まり精神科病院では、超長期入院救急入院短期退院二極化が進んでいるのです。

超長期入院患者は、何十年も病院生活することを余儀なくされ、帰るところがなく、いわゆる施設症という状態にあり、退院希望されない方もいらっしゃいます

https://www.mhlw.go.jp/content/12200000/000462293.pdf

(少し話題はズレますが、認知症の方を、本人の同意に基づかない形で精神科病院入院させるケースが増えているという実感はあります。)

人に危害を加えたり犯罪を犯すタイプの「触法精神障碍者」は精神患者全体からみると非常に少ないというデータもあるらしいが、一般の「健康な」人達からすると、「精神障碍者はみんな怖い、避けるべき。」と考えるだろう。「こんな奴らはとっとと精神病院にぶち込んでしまえ」そう思っているに違いない。

医療観察法に関連してのことでしょうか。

医療観察法 第一条には、このように書かれています

"この法律は、心神喪失等の状態で重大な他害行為他人に害を及ぼす行為をいう。以下同じ。)を行った者に対し、その適切な処遇を決定するための手続等を定めることにより、継続的かつ適切な医療並びにその確保のために必要な観察及び指導を行うことによって、その病状の改善及びこれに伴う同様の行為の再発の防止を図り、もってその社会復帰を促進することを目的とする。

この法律による処遇に携わる者は、前項に規定する目的を踏まえ、心神喪失等の状態で重大な他害行為を行った者が円滑に社会復帰をすることができるように努めなければならない。"

https://www.ncnp.go.jp/nimh/shihou/law_MTSA.html

ところであまり知られていないことだが、「触法精神障碍者」の平均入院期間は普通精神患者より短いらしい。

医療観察法にのった対象者は「社会復帰」を目指して、「決められた期間」で多職種くチームでかなり手厚く関わっています。そのため、入院期間が統計上は短くみえるのだと思います

うるさかったりトラブルを起こしたりする患者病院もめんどくさいから早く退院させてしまっているのだろう。

自傷他害のおそれがなく、治療適応がない場合には、退院後の環境が整っていれば、退院していただきます。もちろん、集団での生活適応できない方もいらっしゃいますが、自傷他害のおそれがある場合には、それは難しいです。

ちなみに自分精神病院にぶち込まれて、両手両足をベッドに縛り付けられてオムツまではかされていたわけであるが、別に法を犯したり人様に危害を与えたわけではない。

どのような状態だったのかは分かりませんが、医師からはどのような説明があったのでしょうか。

措置入院だったのでしょうか、医療保護入院だったのでしょうか。

医療保護入院なら保護者は身近な方だったのでしょうか。

精神科病院強制入院をさせることは人権侵害する行為ですので、精神保健福祉法に則っての対応だと思います。通常は口頭と書面での説明があると思います

行政への連絡先も記載があったかと思います処遇に納得がいかないのであれば、処遇改善のための請求を行うことも可能です。

入院中周りを見回しても、それほど攻撃的でも無く話も通じる状態なのに何年、何十年も入院させられている人がワンサカいた。

こういう扱いやすい「オイシイ患者」を一生閉じ込めて入院費を稼ぐのが手口なのだ

統合失調症は薬が上手くハマってバシッと治る人もいるが、そうでない人は長期入院させてもあまり改善が見られない場合が多い。ただいたずらに拘禁し続けている事で利益を上げているのである

詳しくは述べませんが、いまや、超長期入院の方は精神科病院にとっては利益のあがらない患者です。

精神救急入院に比べると、ほとんど利益はありません。

余談ではありますが、精神科病院が多く建ち、精神科疾患を持つ患者さんを収容することのきっかけのひとつになったのが、オリンピックの開催だったと言われることがあります

「いっそ犯罪でも犯して捕まっていればよかった。そうしたら裁判自分の主張を展開する機会もあったし、トイレに蓋があって自分で流せる独房(もしくは雑居房)に入れたし、手足を拘束される事も無かったのに。」一体いつになれば出してもらえるのかわからない状況で、「自分おかしくない!」と怒れば「症状が悪化している」と見られるのだ。環境も最悪で人権どころの騒ぎではない。


そのような体験になってしまたことは本当に申し訳なく思います。一人の看護師も、拘束や隔離中に心ある対応ができなかったことをお詫びしたい。

日本精神医療人権蹂躙による金儲けが行われている上に犯罪抑止装置としても機能していないのだ。本当にヤバイ人をどうするか。これは難しい問題だが、少なくとも今の日本精神入院医療は変わらなくてはいけない。普通の人、大勢普通患者どちらも救っていないのだから


日本精神医療をどうにかしないといけないことについては同じ気持ちです。

その一方で、精神科病院は「犯罪抑止装置」ではありません。治療機関です。

孤立を強め、隔離を強化することでは解決しないことも多くあります

病院では症状を和らげることができても、全てを解決することはできません。

しろ、どんな人もコミュニティの中で孤独にならないことがキーポイントなのだと私は思います

2019-03-09

インフォームドコンセント理解してない人が多すぎる

透析を行わない選択肢提示する=長谷川豊かぶれのヤブ医者」って考えてるようなブコメ多すぎ。

同じように、「治療可能なのに抗がん剤や手術治療を行わない選択肢提示する=とんでもエセ科学かぶれのヤブ医者」って考えてる人も多そう。

医師が考えうる全ての選択肢とそのメリットデメリット提示説明し、患者やその家族理解理解を得たうえで方針を決定するのが、現代インフォームドコンセントという意思決定のやり方であることを理解しなければいけない。

2018-09-11

anond:20180911111558

医療に関しては、昔は一生懸命頑張ればお医者様と崇め奉られたし、患者意見なんか聞かずに自由にやりたい事出来たし

何か失敗しても隠蔽すればOK、だったけど

今はむしろ患者患者様と呼ばなければならなくなり、やれインフォームドコンセントだ何だとうるさくなって患者人権尊重しなければならなくなり、

失敗すりゃ訴訟されて莫大な賠償金、となったからね。

産科に限っても、昔は産婦の人権なんか完全無視

医者が夜間休日に働きたくないからという理由で促進剤使いまくって平日日中に無理やり産ませるのが当たり前で

それで事故起こっても何の問題もなく産婦が泣き寝入りしたけど、今はそんな事許されないからね。

かと言って、昔に戻すべきとは思わないけれど。

2018-08-21

スウェーデン声明

スウェーデンは、プロトコル1及び4の改正に関する欧州連合モロッコ王国協定署名と締結に関する理事会決議を採択する提案について、仕方なく指摘させていただく。スウェーデンは、欧州連合モロッコ王国間の協定に対するプロトコル適用に関する交渉開始承認に賛成票を投じたときスウェーデン国家としての声明において、将来の協定は、欧州司法裁判所ケースC-104/16 Pの判決を含め、国際法を完全に尊重するもの理解することが、それを行う際の基礎であるとはっきり申し上げた。法的確実性はすべてにとって必要である。かかる判決では、西サハラ領土カバーするモロッコとの協定は、西サハラの人々の同意を得なければならないと述べている。 しかるにスウェーデンは、この国家声明にて、この判決に沿って「利害関係者」が「西サハラの人々」である理解したことを明確にした。スウェーデンは、協議プロセス実施を含め、交渉過程での欧州機関実質的作業感謝する。スウェーデンは、「西サハラの人々の同意を確かめるためにすべての合理的かつ実現可能措置が取られた」と結論した理事会法務サービス(WK 10738/18)の貢献をよく覚えている。スウェーデン西サハラの人々がこの協定同意することが重要である再確認し、協議過程相談した団体西サハラの人々である規定うるか曖昧であると指摘した。 協議プロセスおよび/または協定案に対する拒否特に国連プロセスにおけるサハラ以南の人々の公式代表であるリサリオによる反対に鑑みて、西サハラの人々の自由インフォームドコンセント構成すると言える……との当協議プロセスの結果に、スウェーデンは満足していない。

2018-06-21

私は脳科学における、脳情報通信研究の非同意被験者です

こういうのってありえるの??

https://blogs.yahoo.co.jp/trico729 から抜粋

NTT西日本本社)在職中、就業中や退社時に、近くに居ない人の

声が聞こえたり、周囲に人の気配を感じる事が多くなりました。

そのうち帰宅後も自宅にて、私を監視する人の声が脳内で聞こえる日々が続き、

インターネットの切断や、不可解なスイッチ楽器の音や光を感じ、

近隣住民から中傷を受ける機会が何故か増えました。

この現象について、インターネットで調べたところ、

海外では、「remote neural monitoring」、日本では

テクノロジー犯罪」「エレクトリックハラスメント」「思考盗聴

マインドリーディング」「マイクロ波電磁波)可聴効果」等と呼ばれ、

遠隔から無作為に選んだ人物に対して、電磁波(その他の技術併用)を

頭部中心に照射し、脳信号電気信号)を通信衛星にて送受信する技術を用いられ、

国家だけでなく世界規模の脳情報通信技術を応用したプロジェクトである

遠隔からの非同意人体実験被験者となっているという話が、

脳内に聞こえる声の者からもたらされました。

本件について、公安調査庁公益通報検討し、悩んでいると、なぜか、

脳内でその通報を実行するよう促し、また、自身公安調査庁関係者であるような発言も聞こえ、

徹夜書類を書き上げ、タクシー郵便局へ持ち込むまで、会話が途切れること

はありませんでした。

その後、人体実験は激化し、心臓に強い痛みを送信され、体が激しく痙攣し、

生活すべてを監視し、侮辱し辱める言葉根拠もなく一方的に浴びせられ、

精神的な迫害と激痛に苦しみながら一睡もさせない拷問を受けました。

この苛烈人体実験2017年夏ごろから唐突に始まりNTTグループが依頼受託した、

国が総力を挙げて取り組む脳科学情報通信技術研究において、

私を被験者に選び、非同意人体実験を行っていると、脳内の声の

一部の協力者(本件を知る政府民間企業)を通じて知りました。

当初は、脳情報通信技術に関する研究所に勤務している者が加害者

判断され、具体的な実験項目内容や研究者を指揮する者の話が聞こえました。

また、「インフォームドコンセントが無い」事に気付き、

狼狽するような会話も聞こえましたが、一部静止する言葉漏れ聞こえた時があったもの

人体実験は止まず、技術の詳細が分からず、決定的な防御法が見つからないまま、

自宅より重厚建物ホテルへ逃走し、苦しみながらもなんとか命を繋ぎ留めました。

かに苛烈人体実験突入たころは、脳内に聞こえる声のもの

NTT西日本勤務時に会った人を名乗り、その声も話し方も酷似していました。

しかし、私の脳情報の多くが傍受できるというこの脳情報通信は、

過去記憶も読み取れると人体実験最中に気づいた為、本人らの関与が

事実あるのか、確証はありません。念のため、NTT西日本本社や、その社内問題

取り組む鳥飼同法事務所に問い合わせてみたところ、前者は非常識

不可解な対応をされ(同社社員個人情報についてはお答えすることが出来ない)

後者は、時間を要するという回答のもと、半年以上も無回答とされています

そのほか、考えられうる限り、本件を知りうるまたは関係が疑われると思われる機関

問い合わせたところ、完全に否定するところは一度としてなく、無視、もしくは、示唆

または、別の機関への問い合わせを促されました。

また、一部の者(3名)は、断定できないが、そういった人体実験存在するという話は、

聞いているという情報ももたらされました。(事情により人物非公表

私への人体実験は、時間を追うごとに複雑で苛烈になり、24時間、暇なく続けられます

2、もしくは3交代制で実施されているらしく、

起きている間は、人が入れ替わり現れ、始終いとまなく、意味のない言葉をひたすら

しかけられます。一部、特殊専門性を要する熟練した技術の扱い方を感じ(攻撃治療他)

組織上級職、または知識階級のものも現れますが、話したいことを一方的に話し、

すぐに消えます

人体実験は、通信衛星を少なから使用しており、情報傍受・操作電磁波照射による操作)、

量子レーザービーム電磁波落雷テンペスト)、亜空間移送他だと言われます

おそらく非公式ながら、軍事・諜報・防衛目的の国費を投じた研究だと推察されますが、

実際は、非同意非合法であるに似つかわしい、非倫理的非人道的内容であり、

国内では内閣府の各行政省庁の協力体制により、司法関係警視庁までも取り込み、

生活環境の物品の強奪破壊、周囲の人間に脳潜入し行動と思考操作し(集団ストーカー含む)、

失業に追い込む、裏の戸籍を含むあらゆる個人情報の詐取、衛星で裸の女性の裸体を撮影

加工しデータベース作成する、公共電子端末の操作株式預金高他)、

強姦精神人格破壊暴行といった究極の犯罪プロデュースにより、あらゆる欲の限りを

尽くし、世襲制や、関係する既得権益者、嗜好が似通った同族のみで継続するシステム

戦後から確立してきたという話に至りました。

半年以上継続され、私が受けている被害がなんであるか、一部気づくこともできました。

情報については、ほぼ完全に理解しているらしく、過去記憶の多くも複製済みだとわかりました。

また、脳活動についても同様で、私が現在考えていることもかなり正確に理解し、

また私の感情や嗜好さえも制御出来、さらに脳が身体へ指令を出す神経伝達に関しても

完全に支配下に置けるらしく、体の動きや痛みさえもコントロールされました。

また、脳情報通信と併せて使用する、亜空間移送により、身体破壊する軍事兵器

ICチップや神経物質の入ったサージ、コンデンサー、神経圧着素子、神経線維ネット他)

も体内にインプラントされ、一定の効果確認したのち、亜空間移送により取り除いているようでした。

削除は、私が気づくように身体の電磁界を強化されながら行い、

本来なら無痛で取り除けるところを痛みと苦しみを味併せながら

さらに膿をうませ組織を壊疽させながら実行されました。ひどい体調不良に陥り、

ほとんど眠れず、風呂食事についても指示をされ、人としての生活は全く出来ない日々が

続きます。また、性暴行とともに精子子宮に送るという話を散々され、性器が突然濡れることが

何百回もあり、性的感覚送信も脳操作により、何度も行われました。

2017年10月頃に一旦終了をしたかと思えましたが、脳内の声は、そのうち、惑星生命体による

勢力の話に及び、彼らが倫理観の高い高等な種族であり圧倒的な武力を要する為、

国連安保理決議で採択されたこ世界規模の人体実験を終わらざるを得なくなったという

話に至ります事実被害を受けている内容だけでも、あまりに非現実的であり、到底

信じがたいですが、その後、人類歴史の話にも及び、日本国内天皇制歴史

その配下である皇族(ヤヒヨリソウ他四氏族)が地球外生命体の関与があり、

GHQ支配下から先進科学技術を応用した異常な性暴行が、対面においても、また

遠隔からの脳操作他によっても横行したという話を再三聞かされました。

また、私への人体実験は、NTT西日本勤務時に開始されたわけではなく

出生後まもないころ、世界的脳情報通信技術研究機関である

"世界樹の種"プロジェクト組織名も同名,Seeds of World Tree)の

被験者として登録されたことに、端を発するという話に居たり、その後、

DARPA他の世界の脳情報通信技術研究機関内閣府が合同で通信衛星エシュロン

使用した遠隔からの様々な人体実験(脳や生体への関与)を行うにことになったといいます

私への人体実験に関しては、少しづつ正確な情報らしきものを、話すことが増えてきましたが、

現在も、私を監視攻撃する脳内に聞こえる声の様々な立場の者は、それぞれに

よくわからないことも多く、知らされていない、調べるとあしがつくので、

自分達も立ち入らないという話もします そもそも興味がないという者も多数おり、

実行者はかなりの下部組織委託されており、表の内閣府からはかなり遠ざけられた存在

であるのは事実なようでした。

このブログは、

日常生活を送る一般人に対して、多くは無差別的に非同意のもと、

通信衛星やあらゆる先進科学技術を用い、遠隔から頭部に電磁波等を照射し、

情報を含む生体情報信号を送受信(操作)し、死に到らしめる人体実験を行っている

事実公表する為、命の保障の無い日々と、その告発活動の記録です。

_________________________________

更新

2017年11月6日 脳内に終日聞こえる声の人物は、自称

公安調査庁所属する諜報部員脳科学情報通信研究者」を含む3名です。

情報通信ネットワーク上には、常に、多様な業種の関係者が随時アクセスしている

と思われ、関与する機関人物特定非情に困難です。

2018年5月5日 全文を修正し、追記しました。

2016-09-25

インフォームドコンセントもないんですか?

それこそふつうじゃありませんよね?

2015-10-12

http://anond.hatelabo.jp/20151012012902

インフォームドコンセント大事だと村上春樹お上も口揃える。

しょくばでも適当な処方すると疑義照会され、まじ懲戒覚悟

やれやれ、何処へ行っても縦から読んでも医者医者

2015-07-23

超克的な挑戦が始まった

 28歳、元童貞2015年、夏。

 俺は膣内射精障害、いわゆる無漏症だった。それは、くしくも童貞卒業した瞬間に約束されたものだったと思う。ヌルッ、あれ? あんまし気持ちいくない・・・いや、動かせば違う筈だ。ズコッズコッ、あれ? これだけなのか? そんな・・・何かの間違いだろう・・・こんなバカなことが・・・いや、まだだっ。まだ終わらんよっ・・・ズコズコズコ・・・あ、足疲れた・・・ズコッ・・・イ、イケない。そして、その日、俺が射精することはなかった。いや、正直に話そう。今に至るまで、イケたことはない。

 彼女には機会があれば挿入してきた。全部で5回くらいだろうか。彼女には膣内射精障害についてインフォームドコンセントをしておいた。そのため、瑣末なすれちがいなどは起こりようがなかった。このチンポはニセモノじゃないし、君に責任はない(処女であった彼女自分が変なのかしら、とよく言うのだ)。俺のおチンチン様もお元気であるからして、すべての原因は今までに繰り返されてきた間違ったオナニーなのだ、と俺は言った。床オナのジェスチャーやAVを実際に見せながら、丁寧に。経緯を知った彼女が「ばかぁー!」というのは可愛らしかったが、イケないという現実に変わりはかった。

 実を言えば、予感はあった。膣内射精障害について、その存在を知った時から、ずっと。俺は幼少~少年時代は足ピンの床オナマスター。家族が集っている居間こたつの中でも事を成すほどの常習犯であった。そう、まるで近親相姦エロマンガのように日常的に床オナしていた。その後、高校生になると、きちんと棒をこすったオナニーをやるようになったが、大学に入って独居で自由ネットできるようになると、AV&エロマンガ漬けのオナニィをやり始めたのだった。加えて、その握力とピストンスピードは徐々に加速していったようである。かくして、不漏の申し子は生まれ落ちた。

 もしも、膣内射精童貞卒業帰結となるならば、私は未だに童貞である。そう。このままであれば、生涯童貞。その言葉が、頭の中で閃く。それゆえ、自覚する前から俺は決意していたのだと思う。挑戦しなければならない。どれだけ圧倒的な不利、極悪な難易度のオナニィ矯正であろうと、やりとげる。彼女の中に射精するため、それだけのために。

 膣内射精障害について検索した結果、現れた電子の糸をたよりに俺は旅をした。アノニマスな人々の体験談や怪しい広告サイト無料相談室やクリニックの解説、まとめアフィ、無人の廃墟たる掲示板はてなダイアリーなどなど、多くのものを俺は見ることになった。生涯童貞を誓う連中は笑い、童貞中退になりそうな宙ぶらりんの俺の仲間達は皆、苦しんでいた。あるいは、克服した先輩も含まれていた。諦めていると書いている奥さんのブログがあった。そこには多くの人の人生が詰まっていた。俺は多くのものを見た。その間、季節が移り変わったような気さえしたが、30分が過ぎただけだった。もしくは、俺は異なる位相に入り、何かを持ち帰れたのだろうか。受け取ったのだろうか。いや、まだ、それはわからない。重要なことは、俺がこれからやることなのだ。

 膣内射精障害矯正方法は、現実との隔たりを如何に無くすか、ということに尽きるようだった。すなわち、

 何も見ず、イメージによってのみ、抜く。

 ゆるめのオナホで優しくゆっくり、抜く。

 実戦さながらの体位で、ゴム付けて抜く。

 また、別の見地から実際のピストンを楽にするためのトレーニングも不可欠だと思われた。要するに、

 股関節ストレッチングで楽々ピストン

 腕肩足の筋力強化で、意識を性感に集中。

 ということになるようだ。

 さて、語ることは語った。後は活目せよ。俺は抜く。俺も男だ。やってやれないことはない。名器の品格、アストロライドを両手に携えた裸の男は、ついにトレーニングを始めるのだった。いつか、このことを、娘や息子、孫達にゆっくりと話せる時が来ればいいな、とその男はどこかで考えていた。

 

  

  

2012-05-05

2ch(特にvip)にいる理想的な研究参加者

条件統制とインフォームドコンセントを除けば、あれほど参加者が集まる所はない

スレ一つ立てるだけで、100人分のデータが揃う

しかも、全てが電子化された文字データ

識別IDと回答した時間まで付いている

N=200なんて軽く行くが、現実研究なら大きな研究に入る

ああ……こんなに手軽に研究ができたら……

2011-12-07

花王「頭ゴシゴシすると髪にいいよ。24名も調査したから絶対本当」

花王「頭ゴシゴシすると髪にいいよ。24名も調査したから絶対本当」

http://release.nikkei.co.jp/detail.cfm?relID=298599&lindID=4

研究方法

試験参加者

 インフォームドコンセント実施した日本人男女(26~55歳)24名。

マッサージ方法

 「頭皮をほぐす、押す、さする、引き上げる、軽くたたく」の一連のマッサージを朝と入浴時、就寝前の3回、

毎日なうこととし、マッサージ方法は事前指導を行なった。朝と就寝前は手によるマッサージを行ない、入浴時には市販のマッサージブラシとマッサージ剤を用いた。

この頭皮マッサージを左右のどちらかに実施(他方は無処理)した9名をマッサージ群とした。左右共にマッサージ行為を行なわない15名をコントロール群とした。

参考資料

花王社長画像

http://respic.net/img/2011/10/26/73159536315-Lv1_up19834.jpg

花王会長画像

http://www.mbforum.jp/mbf/profile/tokiwa.html

ヘアケア上席主任研究員画像

http://news.mynavi.jp/photo/articles/2011/09/08/hair/images/005l.jpg

2011-10-22

圧迫医療相談www

潔癖な人ナイーブな人ほど怖い

自分達がいい人だと思っていて、そう思えなくなる事実を否定したり排除したりするから

名古屋のある医療生協病院の如何にもいい人そうに見える健気な車椅子ケースワーカーに、婦人相談所に半ば怒るように行かされ、区役所からの連絡には、こちらの紹介じゃありません、と言われているのを(目の前で電話した)聞いたという事を経験した時そう思った。

この時区役所に行ってどうなったか、このN里に聞かせて下さい!と自分の胸を叩くというパフォーマンスまでされた。

私が名古屋じゃない街で婦人相談所もだめだった事があると言ったら、怒ってきて「ここ(名古屋)でですか?」「この前パラノイア患者さんを夫の暴力から守るためこちらの紹介で入所させました」「あなたが行かないから」など言われ、前述のパフォーマンスになったのだった。

区役所から(この時はM区役所、イニシャルだと今も同じだけど)生協病院電話したら、N里先生は帰られました、と言われた。

インフォームドコンセントが聞いて呆れる。ここの病院にはエレベータの中にも、患者権利章典デカデカと貼ってあった。

これは仮説だけど、なんでこんな事されるのかなあ~と考えたら

日本民主的な法治国家と信じたい人にとっては、聞かされたくない話だったからなのか、精神病院については矛盾多い世界と言うのを知ってる人は知っているので、関わらないようにしようとしたのか、わからないが、病院の体面を守りつつ、健常者に対する悪意を吐き出す事を生業にしているからなのか、その中のどれかか、複合的なものなのか、仮説さえちゃんと立てられないが

おかしいことはおかしいと思う。

この人も他では評判が良くて、家の前に○○党相談とか出ている家に言ってみたが、その人がそんな事言うわけないとか言われた。

あぁ、この時に、他にも言われていた。

親が当時住んでいたところにいきなり来て、隣の部屋の人に、実は精神病院に入れてまして、と言って行った、何をされるか分からないと怯えてパニくっていた私だったが、この車椅子ケースワーカー

あなたが親に言えば済む事ですね」

と言ったのだ。

関西の子供なら、聞いたこと言ったことがある言葉で、「ごめんで済んだら警察いらん」というのがあるが、そんなんで済んだら誰も困らんやろ!!!

この時に背中の痛みについても言ったが、本当に悪いんだったらね!と言われた。

医療生協の会員にだけならされ(後に取り消しに行ったが)お金も払わされ、病気なら診てもらえますよ、本当に悪いんだったらねと言われもした。

こんな如何にも正義派みたいな、スキャンダルを起こす前の辻本清美さん(顔も似ていた註あり)みたいに見える人が、こんなんなんて・・・!!!

と大ショックを受け

自分の方が悪い気がしたのだと思うけど、ちょっとおかしくなっていたような気もする。( これ以来全く相談に行けなくなった )

良い人の方が危ない

気をつけなくてはいけないと思った。

顔も似ていて美人と言って良い顔だった。

清潔感があり、洗剤の匂いと思われるものシャンプー匂いが入り混じったような何か微かな良い匂いを、醸し出していた。

(洗剤と言ってもダウ二ー臭ではなく、もっと控えめな。香水などのきつい匂いではなく、清潔で健全な生活を営んでいる証のような)

そういう人に、人に頼る嫌な奴のように、扱われた。

こちらは、こういうところに言うのも、違うかもしれませんが、とおずおずと言っていた。決して、何とかしろ!!とねじ込んだわけではなかった。

何もできないなら、普通にこちらではわかりかねます、とか断ればよいのに( 断るのも最近ではおかしいのではないかと思うようになったがこの時ならまあそれで仕方ないと思ったかもしれない )。

パラノイア患者さんを紹介で婦人相談所に入れたというのだから、何もできないという事もないようなのに、一体あれは何だったのかわからない。

区役所に行った結果をこのN里に聞かせて下さいとの要望に、まだお答えしてないので、お答えした方が良いかもしれない。

(今はいないらしいのが、去年か一昨年電話した時にわかったけど。この時の病院対応も酷かった)

N里の事は、ネット上のあちこちに私は過去に書き込んでいる。メモ程度のものでも証拠になるのであれば、それも証拠になるかもしれない。

これは昔のでなく最近増田、もっと詳しく書いてある。

http://anond.hatelabo.jp/20111011084859



辻本似CWについて追記

まだあった

「いくつですか?」

と聞かれた。

相談票に記載するとかではなく、「親にはあなたが言えば済むこと」と言った時だった。

まるで、人に頼る嫌な奴のような扱いを受けた。

「いくつですか」に対し、年齢を普通に答えたら、何だか不服そうな不満そうな顔をされた。

全体的に、かなり高圧的な態度を取って当たり前と思っているようだった。

あい相談は、NTTの総合案内のお姉さんが案内しつつ商品やシステム宣伝するように、生協の会員にならせる事を目的としてやっているようで、その目的だけは果たしたいのか、そこまで人の事ぼろくそに言いながら、ここは院長がいない病院で(その当時はかもしれないが。今は居るかも)なんたらの理念でやってます、とか 理念でという時に、理念だけで実際は行き届いてないかもしれないけど、堪えてね、みたいにニチャっと笑った。

その後、圧迫面接という言葉を知り、まるでこの相談みたいだなと思った。圧迫医療相談www

2009-10-01

病人人権はない

人間ドック

医療が人をモノ扱いしていることがよくわかる言葉だ。

故障したら、検査して、修理する。

病院では、医師の指示に従わない、という選択肢を用意していない。

医師の提案ではない、医師の指示。

インフォームドコンセントなんてろくにありはしない。

悪化するのを理解した上で、治療の全部または一部を不採用にする、なんていう選択肢は用意されていない。

入院すれば、数人がまとめて1つの部屋にぶちこまれる。

携帯電話液晶テレビ新幹線、色々なものが発達したこの現代に。

個室ではない。カーテンで仕切られているとはいえ、見知らぬ人と同じ部屋にぶちこまれる。

入院するときには保証人が要る。

自殺未遂すれば強制入院

かと思えば、医師の判断でろくに動けなくても追い出される。

外出には許可が要る。

物の持ち込みも制限される。

これはつまり、病院というのは刑務所なのだ。

病気という罪を犯した者が、治療懲役に処せられる場所だ。

病人人権? いやいや、病人人間以下だから、人権は制限されますよ。

というわけだ。

この世界は自立して生活する人仕様にできていて、

それができない人は、ないがしろにされて当然らしいぜ?

「お前、役立たずなんだから、俺たちの言うこと聞けよ。」

でもなあ。なんだよ、それ。

お前だって、いつ病気になるか、いつ身体が不自由になるかなんて、わからないんだけどな。

2008-11-09

問題提起 「好きな女医さんのタイププライドが高い女医さんです」

via http://anond.hatelabo.jp/20081108194131

via http://anond.hatelabo.jp/20081105135432

もしかしたら気分を害する話かもしれないのだが真剣な悩みなのでできれば聞いて欲しい。

最近気づいたのだが、俺はどうやら好きな女医さんのタイプというものは「プライドが高い女医さん」らしい。

(揚げ足を取られる心配よりわかりやすさを優先すれば「超が付くほど負けず嫌いな女医さん」ということ)

これまでの手術でわかったことだが、他の人がギブアップしてきたような女医さんも含めて、俺の場合、手術の技量に関しては、かなり酷いところまで許容できる。というか、いくら歪んだ縫い目だろうが破天荒な手術痕だろうが術後の結果や経過はだんだん好ましいものに思えてきたりするのだが、プライドだけは(低い場合)頑張っても好ましいものとは思えなかった(たとえその女医さんが金融系の資格も取ろうとして頑張っているのがわかっても)。

理不尽な手術費を見積られたり雪山の天気ほど気分屋な診断結果に振り回されたり謝礼金授受の汚さに気付かされても、俺はだいたい病院を変えたりもせず真剣に入院して手術を受けるのだが、そういうときに心に湧き上がっている思いは「この女医さんのこの不正さえ直ってくれればなー」ではなく、「この女医さんがもうちょっとプライド高ければこういうことも苦じゃないのになー」という気持ち。醜い思いかも知れないがそれが正直な感情だった。出費自体には耐えることができた。耐えられなかったのはそのプライドの低さなんだ。

逆にプライドの高い女医さんが担当になったときは、本当にどこでも切らせてあげられる気持ちだった。上記と同じような目にあっても最初からおおらかな気持ちで手術を受けることができた(何でもハイハイ聞いて真剣にインフォームドコンセントしていないとかではない)。

結局他に急患がでてきて担当を外されるはめになったりするわけだが(涙)。

※重病なだけでは女医さんは執刀欲を感じないよとかいう話は本題ではないのでここでは結構。

プライドが一番重視するところだと、真剣に信頼を寄せていると思ってもらえないのだろうか。プライドってそんなに手術の腕前とは別物? 俺はそうは思えないのだが・・・。

「好きな女医さんのタイププライドが高い女医さんです」なんて言うとM男にみられてしまいそうな風潮があるのはなぜだろう。プライド最優先で執刀医を選ぶことはそんなに危険なことなのか?プライドってそんなに軽薄な要素?

少なくとも今まで生きてきた中で見掛けて来た会話や口コミサイト等で、好みの女医さんを(冗談ネタ以外で)プライド重視に答えている人はとんと見たことがない。

その理由としては、

  1. 本当に、プライドが高いかどうかが”好きな女医さんのタイプ”の優先事項(聞かれて第一に答えるような要素)である人は実はまずいない。【稀少説】
  2. むしろプライドが高いかどうかが”好きな女医さんのタイプ”の優先事項に来ることは大前提過ぎて、あえて言う必要が無いくらいなのが常識なので言わないだけ。常識説】
  3. プライドが高いかどうかが”好きな女医さんのタイプ”の優先事項であることを表明することは、M男に見られるか少なくともイメージマゾなので、思っていても言わない。【建前説
  4. プライドを要求することは、好みの中でもハイブロウな要求過ぎて、思っていてもすべるのが怖くて誰も言えない。言うなれば、「好みの女医さんはメスをコントロールできない自分に『おかしいな、普段はこんなはずじゃないのに///』と恥ずかしがる女医さん」と言うのと似たようなもの。【高嶺説】
  5. プライドは心理情報のため、「論理性」や「合理性」等以上に、衰えた場合に明確だったり、別の科でもっとプライドの高い女医さんに払ったりしただけで自分への謝礼金が減ってしまうのではないかと相手に心配を抱かせてしまうので、そのような心配を避けたい相手に執刀を拒否される可能性があるため秘めておく。【心配説】

のうちのどれなんだろう。

結論

「好きな女医さんのタイププライドが高い女医さんです」ということは、本当に危険なことなんだろうか。

別に相手の腕前を見る気がないわけじゃない。腕前は体にメスを入れられればわかる自信があるのだ。

だから、俺はプライドが高い女医さんがタイプとしか言えない。

だから聞きたい。

もしあなたの目の前に、「好きな女医さんはプライドが高い女医さん」「手術して欲しい女医さんは西川史子」というような人が現れたら、頭悪い?

はっきり言ってオススメな気持ちで言っているのではなく、それが正直な気持ちだから今後そう言って過ごすべきかと考えているのだが・・・

2008-04-15

anond:20080415082329

増田です。

ドクターは、薬を処方したり処方箋を書いてくれる唯一のシステムですよ。

でも、生活状況をきいて、薬の加減をしたり、ある程度のインフォームドコンセントとか今の治療方針を患者に合わせて納得させたり見通しを信じさせたり出来る人はいるかも。以前は居たんだよな。ただの内科医だったけどやけに精神科系に詳しいドクターが。引っ越したから行けなくなったけど。

2008-02-29

http://anond.hatelabo.jp/20080229090001

ああそんな話があったんだ。面白いね。当時もタブー

そういえばインドピノコみたいな女の子の手術がされたね。手足が4本ずつある双子の合体で、余分な手足と内臓を除去されてた。脳はあったのかな。畸形とか差別とかなんとかいろいろ考えた。インドってことも含め。

ピノコは救っておいて水頭症の赤ん坊を殺す話もあったな。テーマはまた別だったけど。

追記

自分が言ってた「認められない」って差別用語のことじゃない。インフォームドコンセントなんかの概念がなかったりするところに違和感があったりとかそういうところ。インフォームドコンセント自体が欺瞞じゃねえの、って議論ももちろんあるし、手塚にとって生命の尊厳が言いたいテーマってことはわかるんだけど、そういう時代だったんだなと。

2007-07-09

http://anond.hatelabo.jp/20070709103336

致した後のマッタリした時間に聞くかな。

セックスの後こそお話ししたほうがいいんだけど、話題がなかなかアレなもんで、昔語りが適当な落としどころになる。

 

あと、経験(微)っぽい人には安心さすために確認の意味で聞くかもね。

これがほんとのインフォームドコンセントなんちて

 
アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん