「アナフィラキシー」を含む日記 RSS

はてなキーワード: アナフィラキシーとは

2019-07-29

anond:20190729121643

アレルギーは基本そうだよ。調べたほうがいい。友達蕎麦アレルギーアナフィラキシーで亡くなったんだ。気をつけて。

2019-07-09

お気持ちお察し待ち人

鬱陶しいので切ったが、共通の友人を経由してたまに生存確認がくる。

摂生で体調崩してるのに昼飯にケーキとなんとかフラペチーノみたいなやつ食ってた。いつもそう。治す気ない。ほんとに合わない。アナフィラキシーにでもなれ。

2019-06-12

HPVワクチンの怪

数年前は、

ワクチンを打った時に出た重篤副作用の症状は

ワクチンを打っても打たなくても出ていたはずだ。そのくらい、あの年ごろの女の子おかしくなることはよく起こっている。

からHPワクチンを打たないなんて、非科学的な人間のすることだ。

みたいに有識者の間では思われていたけど、令和になった今は

HPワクチン安全性専門家の間で評価が必ずしも一致していない。

厚労省によると、呼吸困難やじんましん、嘔吐(おうと)といった重い症状が10万人あたり52・5人の割合(17年8月現在)で報告された。その頻度は、インフルエンザ菌b型(ヒブ)ワクチンなどほかのワクチンと比べ高い。

 世界保健機関(WHO)の委員会ワクチンを「極めて安全」とするが、米国医学研究所(現・全米医学アカデミー)は11年、全身性のアレルギー反応「アナフィラキシー」と、接種との関係があると推定した。

 鹿児島大の高嶋博教授神経内科)は、実際に診察した50人近い患者の特徴から「まひやけいれんなどを含む重い症状の人では、免疫の異常で脳に炎症が起きている」とみる。免疫の働きを抑える治療を試みると、改善することが多いという。ワクチンに含まれ免疫反応を高める成分との関連を指摘する声もある。

となって、やっぱり、HPワクチンちょっと特殊で他のワクチンとは違うっぽい。

2019-04-15

anond:20190415132600

じゃあ乾癬菌だけでなく常在菌のバランス崩れが病気の原因の半分ですよね

 

そういうことだと花粉症花粉ウィルス扱いで人←木感染してるって立場なんですかね?

 

べつに原因をどう定義しようと、なおせればいいですけどね、自分患者側としては。

感染原因のみを根絶しようとするのはあらゆるシーンで失敗してるんじゃないですか?

MRSAとか食物アレルギーアナフィラキシー死とかみてわかるように。

 

じゃあ感染だ!って定義するのって「感染っていう理由をつけて自分は楽したいです!」みたいな話にみえるんですよね

2018-12-03

anond:20181203092234

その話はなめくじ、カエルなどでたとえて一冊の漫画になってるから読んでくれ、タイトルは「難解な腐女子」でpixivいったら半分くらいたしかみられるよ

 

やはり地雷持ちアナフィラキシー地雷原に足を踏み入れずに自分をまもり、

地雷持ちだが減感作療法で寛解したら両方行けるから地雷原でも踏み込む、という個人差が確保されててれば納得だねという結論だった。

食品アレルギーにたとえてしまってわかりにくくてすまんけど結局個人の体質の差。

ネタバレじゃなくてCPだけど、だいたい同じ議論であると思う。

 

あと個人対処法としては、ネタバレは薄目でいそいでエヴァーノートコピペしておき自分が履修済みになってから全部目を開けてみるのがよい。

2018-05-29

魚と付き合っていきていくこと

魚が好きだ。

刺身も好きだし、煮魚も焼き魚も好き。なめろうやたたきもいい。

ただここ2回ほど、およそ半年の間にお鮨をいただいた翌朝に全身の蕁麻疹と息苦しさに見舞われる自体が起き、

それをきっかけに自分の好物との向き合い方について考えたのでメモ

過去2回どちらも、堪え難い痒みと息苦しさや普段起きない異変からくる不安に襲われて朝一で病院に駆け込んだ。

特に先週なんかはさとなおさんのアニサキスアレルギーエントリ( http://www.satonao.com/archives/2018/05/post_3597.html ) を

読んでいた影響もありかなりビビってた。

ちなみに今回食べたのは、マグロ、エンガワ、いかたこ車海老ボタンエビ、白えび、うに、アナゴ、黒ムツ、くえ、イワシ赤貝

前は覚えてないけど、マグロ、さば、イワシエビかにみそ、とかだったか

病院先生の話。

ビビりながら駆け込んだ自分とは裏腹に先生からは「症状としては全然いからまぁ、薬飲んで」と。

本当にひどいアレルギーアナフィラキシーなんかだとマジで命が危ないらしい。救急車案件

そういったアレルギーの人は緊急用のでっかい注射を常時持ち歩くレベルだとか。

食べ物アレルギー血液検査はあるが正直なところ蕎麦、卵、牛乳とかあからさまにやばいアレルギー以外はようわからないらしい。

人それぞれの特徴もかなり多い。例えば甲殻類アレルギーの判定は出てもカニOKエビやばい、とか

(厳密にネタ別のアレルギー特定たかったら、医師監視の元でいろんな種類を順に食べるという方法があるそうだがどこでやるんだよめっちゃ高そう)

今回の場合もどの魚が悪さした、という断定はできるわけもなく魚の体内に生成されてしまヒスタミン食中毒である可能性が高い。

ヒスタミンは主に赤身の魚を中心に死んでから時間が経つほどに生成される物質のため、なるべく新鮮で低温で管理をされた魚食べる!

くらいの対策しかできないっぽいし、きちんとしたお寿司屋でも発症している自分ヒスタミンそもそも弱いんだろうと感じた。

魚を食べる心がけ

先生としばらく会話した結果、

これから寿司(ないし魚メインの食事)を食べる時、いくつかの点に気をつけることとす。

・体調が万全の時に食べる

・一人で食べない。できれば食後も誰かと過ごす。

可能であれば一食で多くの種類を食べない。(相性の悪い魚介類を絞れるため)

アレグラなどを常備する

過去2回処方してすぐに効果のあったフェキソフェナジンなる薬は抗ヒスタミン薬抗ヒスタミン薬一般役では

アレグラなどに当たるそうです。

大好きな魚に怯えながら食事をするのも辛いですが、できる範囲で気を付けつつ今後も食べていきたい所存です。

医者さんも言ってました。

「まぁ、究極食べないのがいいんですがそういうわけにもいかないですし。僕だったらこからも食べますね。美味しいですもんね、鮨。」

わかる〜〜〜〜〜〜美味しい

2014-12-23

嫌なら見なければいいを出来ない人たち

さなジャンルではツイッターは毒になった

というエントリがかつて存在した。

そのエントリを読んだ時にひっかかった何かを長いこと思案していたのだが、この間見た時にはエントリは消されていた(検索をかけたら転載されて残ってはいた)。

コメントを見る限り内容に批判が寄せられたようでもないし、筆者にどんな心の動きがあっての削除かはわからない。

現在読めない記事のことをとやかく言うのもどうかと思うが、どちらにしろこの記事自体自己満足なので許してほしい。

当初、上記の記事を見た時にとてつもない違和感を感じた。

私も腐女子であり、ツイッターを利用している。そしてこのケースと同じく、ジャンル人口が2桁に届くかどうかの小規模のジャンル活動をしている。

もちろん、中にはそりの合わない人もいる。

ケースとしては、彼女経験に近いものがあるはずだが、なぜか彼女の主張にとてつもないズレを感じた。

それが、昨日ふとわかったのだ。

きっかけはあえて触れないのだが、彼女と私にとって、ツイッターにおける同人活動の考え方そのもの根本的に違うのではないかという考えに至った。

彼女にとって、同人作品の良さを複数で分かち合うものではないかと思う。

そして私にとって同人作品の良さを個人で噛み締め、時にそれを発散し共有することだ。

同じではないか?と思われそうだが、二つには違いが有り、そしてどちらが正しいかなどというものではない。

先の文章で、彼女は「ジャンルが持っている」という言葉を使った。この言葉に引っかかりを感じた。

しかに、賑わいのあるジャンル楽しい。その作品に対するいろいろな考え、感想が読めるのは楽しい

しかし、個人で噛みしめることを前提とした場合、これは楽しみ方の一角でありそのものにはならない。つまりジャンルが持っていても持っていなくても関係がない。

(ついでに言えば先の記事にあったとおり、ツイッターの知り合いがいなければオフ活動が難しくなるなんてこともない。一人でもサークル活動イベント参加は可能であり、本を出したり買ったりすることと知り合いがいることはあまり関わりがない。)

それでも彼女には、気の食わない方々を排除できない最大の理由がこの「ジャンルを持たせている」ことだった。

確かに死活問題だろう。

複数で分かち合うことを前提として同人を楽しんでいるとしたら、その和を乱す者がいれば楽しむことなどできはしない。

イベントを本を出したり買ったりのために行き交流も楽しめる場所と考えるか、交流を楽しみに行き本も出せるし買える場所と考えるか、後者だとすればイベントまでもが楽しめない場所になるだろう。

逆に言えば、そうでない者からすればまったく死活問題ではないわけだ。

そうでない者からすれば、複数で分かち合うことを人から強要されることこそが和を乱す行為となる。

好きな作品を好きなように呟き、あるいは作品にしていたところ、突然『ジャンル』という名の枠組みに押し込められ、あなた発言ジャンルの和や風紀を乱すを行為だ、などと言われてもチンプンカンプンだ。

そして、個人で楽しんだ結果を出す者は、概ね人の地雷を気にしない。気にしていては楽しめないからだ。

配慮して発言するよりかは、事前に配慮必要のある人間との断絶を選ぶ。

見方を変えれば、自分が楽しむことしか考えておらず人の気持ちを考えていないと言えるだろう。

嫌なら見なければいい、と私のような考えの人は平気で言ってしまう。

そりゃそうだ。自分個人で楽しんで、そのついでに気の合う人と共有をする程度だったら、苦痛になる部分を切り取ってしまっても根本の楽しめる部分は残る。

でもそれが出来ない、『ジャンル』を楽しむ人たちには、とてつもなく無責任発言になる。彼らにとっては、声の大きな人たちの汚染で、気に入らない考えが広まれば楽しく話を出来る人が減り、結果として楽しみがなくなってしまう。そのジャンル汚染の元が絶たれない限り、平穏はないからだ。

そして確かに、ツイッター汚染が広がりやすツールといえる。

そばでアナフィラキシーを起こし、ひどい時には死んでしまう人もいる。生死に関わる問題だ。アレルギーを持っていれば、この世からそばなんてものがなくなればもっと平穏に生きられるのに、と思うのは無理がない。

しかしその一方でそば屋で生計を立てている人もいる。そのそばを支持する人もいる。

ツイッターはそばアレルギー持ちとそば屋が急に一つ屋根の下で暮らすことになったようなものだ。

確かにアレルギー持ちにとっては毒だ。

一つ屋根の下に強固な壁を設けて部屋を区切り、相手と隔離して生活をするという手がある。

またはそこを出ていって、近くにアパートを借りるという手もある。そこでごく気の合う人を招いたりルームシェアをすることもできる。

なんで私だけがそんなことをしなくてはならない、と思うかもしれない。なら、そば屋に私のようなアレルギー持ちに配慮して金輪際そばなんか作るな、生活から立ち退けと言えるのか。店員や客に白い目で見られるだけだ。

そば屋が出来るのは、アレルギー持ちとわかった相手にわざわざそばを提供しないことまで。そして多くのアレルギー持ちは原材料を調べる等の『自衛』を行っている。

作品キャラを好きでいる気持ちを大事にしたいのか、人と楽しむことを大事にしたいのか。

今回、彼女後者を優先して前者を殺してしまった。

悲しいことではある。 ひとつ作品キャラを好きになればなるほど、不思議とこのふたつの両立は難しくなっていく場面が多い。

けれど問題はいつも対処法が存在する。

彼女が前者を大事にしたいなら、今後同じ問題に直面した時、なにかしら対処法があるのではないかとも、思う。

2014-01-18

減感作療法とアナフィラキシー

花粉症の減感作療法薬が承認されるそうだが、減感作療法にはアナフィラキシーショック危険性が伴う。

軽度のアレルギーだとつまり、微量のアレルゲンに対しては重度の反応を起こさないわけだから、減感作療法が可能だ。ところが、重度になると、減感作療法はできなくなる。

食物アレルギーでも同じで、アレルギー症状が起こるからといって全く食べないとよくはならないのだが、重度だと全く食べないしか選択肢がなくなる。

我々は、軽度の恐怖に対してはあえて突入したほうが、慣れてタフになる。ところが、重度の恐怖に対してはそもそも突入できなくなる。例えば、重度の恐怖に対してはショック死することがあることも昔から知られている。

恐怖などの感覚は、主観的相対的ものだ。アレルギー症状が起こる人と起こらない人がいる。アレルゲンも現に有害物質である場合もあれば(例えばホルムアルデヒド)、有害だとは一般には認められていないものもある。

感覚主観的相対的もので他人と比較することができないということ、それを熟知していないと、相互の拒絶・反感・紛争が起こる。

2011-01-16

お腹がいたくて気持ちが悪い。これが今持ってる食道炎のせいなのか、それとも別の症状によるのかがよくわからんけど

寝るに寝られず起きている。

薬を飲んだのは数時間前だから今頃アナフィラキシーはないだろうし、今吐いちゃったら余計炎症起きそうだしなあ。

喉もちくちくする。

2009-11-27

火曜に打ったインフル予防接種跡がなんだかまだ赤っぽく腫れている。その場でショックとか起きた訳ではないし気分も悪くないのだが、ちとかゆいような気もする。

アナフィラキシー的なやつなのだろうか。

2009-01-30

炊事

男だが、「男の料理」という言い回しが嫌いだ。炊事に女も男もあるものか。それだけのことである。あと舌の狂ったキッチンドランカーがめちゃめちゃな味付けを行ったり、食後の後片付けを誰かに押し付けたり、これを正当化する際のキーワードとしても用いられる。あと、世の男性料理長たちは、男以外の何かなのか、という話でもある。

共働きならば、先に帰宅した方が台所に立つのが正しい。家事分担にこだわって、無駄に空腹の時間を過ごすのはアホの典型であるが、あるいは、そもそも分担がうまく機能してない証拠である。もっともこのことは、あらゆる家事に通用する。課題は見つけた方がやっつける。ただ、食後の皿洗いのようにスタートラインが同じ場合は、どちらが行なうか交渉できる。積極的に交渉を持ちかけることができる関係もまた良し。

また独り身でも、経済栄養学的スキルアップ的に、炊事が有意義であることは言うまでもない。昨今金欠なのは一部を除けばどこも同じと推察するので、安い食材でもってうまいことやるのが、妥当な選択というものだろう。料理愛情ではない。技術だ。

話はずれたがそろそろメシ時である。今日は何を作るか、などと考えながらレシピサイトを眺め、近所のスーパーに売ってないような食材を選択することは、アホである。もとより冷蔵庫の中身は、おおまかにでも常に把握しておくべきだし、把握を容易にするため、無駄に買い溜めしないことも重要である。それでまず最初に、冷蔵庫には何か残っていたかと、帰り際に考える。

次に帰り道の途中にあるスーパーに入る。このスーパーは、時々どうやって食うのかよくわからないものを仕入れてたり、予告もなしに特定食材の一斉放出をはじめる。少々ネジの外れた店である。よくわからないものを売ってた場合は、新しい調理法を知るチャンスとなり、かつ普通のおばちゃんたちは、よくわからないものは買わないので、自ずと安く出ている。先日は加熱用の牡蠣を大量放出していた。よくわからないものではないが、我が家として珍しいものであることは確かである。馬鹿に安いのが気になるが、ワケあり品を出して人死にでも出ては店が大変なので(ちなみに身内に牡蠣アナフィラキシーがいる)産地を見た上、その可能性を排除した。単に大量に仕入れたということなのだろう。恐らくこの日は、この町内のあらゆる家庭が牡蠣を食した。

またこの時、牡蠣にはトマトだろう、という怪電波を受信。自分記憶のどこを探してもこの組み合わせを食べた話も作った話もなかったが、恐らく深層に眠っているのだろう、ということで、その場で携帯から「カキ トマト レシピ」などとぐぐる。数多の事例が見つかったので、この組み合わせはアリということだが、この段階では何を作るか留保したまま、とりあえず激安牡蠣と激安トマト缶を買って帰る。ところで、食材の組み合わせにアイディアが欲しいとか、疑問がある場合はここなど参考になるかも知れない。どう料理するかはさておき、理論上の可能な組み合わせが列挙されている。牡蠣トマトは言うまでもないらしく、言及なし。

帰宅後、再度レシピぐぐるが、実は帰宅するまでにトマトシチューにするということで肚が決まってしまっていた。残念ながらそのものズバリレシピは見つからない、というか時間もないし、そのものを作る気も一切なかったので、いくつかのサイトを流して、牡蠣の洗い方やら鍋に投入するタイミング使用する調味料ハーブなどに関する大まかな傾向を把握する。ハーブはそのものが手持ちにないことも多々あるので、暇なときにwikipediaで共通成分を見たりしておくと代用が効く。

あとは実行しながらその都度工程を考える。鍋に火を入れ、加熱すべきと思われる順に野菜を切って投入すると、少々焦げが出てきたので、少しの酒を入れて焦げ付きを回避、かつ焦げ味を回し、進展が見られなくなったところで牡蠣トマト缶をぶち込み、味が濃くなりすぎないようあれこれを少しずつ足し、タイマーを数分かけ、その隙に他の事を行い、タイマーが鳴ったら再び様子を見て、さらに手を下したり下さなかったりして、よきところで火を止め、あとはメシ時までフタして放置した。実技は適当なもんであるが、断じて「男の料理」とは言わない。

食べる時は、自分で作ったから自ずとそうなるが、単に美味いか不味いか、というよりは、個々の食材の味がどのように按分されたかを分析してみたりする。例えばこの時は、牡蠣を入れるタイミングがちょっと早かったかもしれない、などと思ったので、これを記憶しておくと、あとで使えるかもしれない。また同じような分析を、外食の際に行うことにも意味がある。料理の種類によってはかなり難しいが、タイ料理なんかでこれをやってみると、かなり色々なことがわかって面白いと思った。

(http://guideline.livedoor.biz/archives/51162009.html)

2008-05-31

http://anond.hatelabo.jp/20080531211921

蕁麻疹のようですが病院で診てもらうまでは素人判断は禁物よー。

息が苦しい、下痢、腹痛などの症状がでたらアナフィラキシーかもしれません。遠慮せずに病院に駆け込んでください。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%83%E3%82%AF

そうでなければ、刺激物(コーヒー香辛料、酒、煙草)、動物タンパク質を絶って消化の良い物(白いもの:かゆ、とうふ、うどんなど、と考えると分かり易い)摂って休養して様子みる。冷やしてかゆみがましになる場合もあるけど、冷たさが逆に刺激になることもある(寒冷蕁麻疹)から酷くなったなら止めた方がよさげね。

アレルギーは体調が悪いときだけ症状がでることもあるからすぐ原因が特定できないかもしれんけど、まずは週末乗り切れますように。食物が原因の蕁麻疹なら、そんなに長くは続かないと思うけど、病院には行ってね。

 
アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん