「Ho」を含む日記 RSS

はてなキーワード: Hoとは

2020-10-17

TRPGHO

シナリオネタバレについて、作者様のお気持ちでTLがにぎわったことがあった

感想ツイートや結果報告でシナリオ内容を推し量る、Twitter名探偵だらけなのだそうだ

TRPGシステムシナリオにはHO、秘匿HOものがある。もともと留意されてなかったシステムにも導入されるほど

なので時々TLのアンケートや呟きでみかける。私はどのHOが似合うと思います!?たこういうHO系か~~。ぴったりだった!

……それって~~~~~ネタバレにならないんすかね~~~~~~~~???????????

シナリオ通過者に貴方にはこのHOおすすめだよ!とか言われるらしい

そのアドバンテージHO決めの時に持ってるって、フラット人間からしたらもやっとする て言いたいだけ。主題ここ

ブラインドHO希望募ってくれる方がすき。公開でどれ選ぶ?てなると先に言ったもの勝ちになる

2020-10-01

anond:20201001201630

hey お前に夢中だぜ ho

とか言い合いながらキスするの普通より難しくない?

2020-09-08

anond:20200902223858

HOあるゲームが主流になってきた頃、SWにHO混ぜてドヤッてるGMとか本当に最悪だったね

2020-09-02

TRPGシステムを混ぜるな

みんながやっていないことには理由があることをわかってくれ

CoCでロボ大戦を始めてメタリックガーディアンをやらないでくれ

ダブルクロスPvPさせるような秘密を持たせてシノビガミをさせるな

マギカロギア超能力者同士のダブルクロスを始めるな

CoCログホラTRPGをしないでくれ

シノビガミネクロニカをするな

シノビガミHOから外れたCoCみたいな探索をさせるな

わかってくれ

頼むから

2020-08-24

うちよそCoC環境が嫌いという話

noteで似たような題のが流れてきたので自分も「お気持ち表明」してみる。

これは身内が数年前から(うちよそシナリオ含め)CoCしか遊ばなくて、「他のシステムで遊ぼう」って誘っても「CoCで十分じゃん」って言われたのがとても腹が立って、それ以来うちよそCoCを敵視している人間が書いたものです。

10年くらい前からTRPGを始めたけど、最初CoCで遊んでいたし、今でも普通にクラシカルシナリオは好き。

ただ今の「うちよそでTRPGが出来るならCoC」という風潮と環境がめちゃくちゃに嫌い。

は?何言ってんだお前?って思う。

キャラクター継続がしやすい?それはそう。

一般人がなんかわけわからん出来事に巻き込まれ生還してまた別の出来事に巻き込まれていく」っていうのが前提のシステムそもそも少ないし。

私はシステムのやりやすからサイフィク、ホラーならインセインを好んで遊んでいるので、HO秘密次第では継続しにくいっていうのはとても分かる。継続シナリオとかもあるけどね。

インセインスターシステムとか最初ルールブック読んだきりでそんなのあったの忘れてたし。

ただ、シナリオごとにキャラクターを何人も作ってて「CoC以外はうちよそで継続しにくいから~~」なんて言われると腹が立つ。

恋愛でもそれ以外(友情とか殺し合いとか)でも要は「うちの子とよその子キャッキャウフフする」という意味でのうちよそならどのシステムでもいくらでも遊べるわ。シナリオ次第なんだよ。

なんなら「フタリソウサ」「銀剣のステラナイツ」とか見てみろ。うちよそ特化してるって公式で言ってるし継続もしやすい。それを無視して「CoC楽しいから~」って言われるのがとても嫌だ。

本来協力して遊ぶはずのCoCをわざわざ対立型にしたり、複数人が主流だったのにソロタイマンが主流になったり。

遊びにくいか特殊ルールを作っていくのはありだと思うけど、なんか水に浮かべておくはずの船に陸上用の脚をつけて、なんなら最近は翼をつけて空に羽ばたこうとしてるのか?と思ったりもする。

何故その船だけで遊ぶ?普通に自動車とか飛行機とか、別の便利なものがあるのに何故それだけに固執する?

メジャータイトルシステムはそれなりの数遊んだ自負はあるけど、それぞれのシステムごとに世界観確立されていて、どれも楽しいのに。どうしてそんな使いにくいシステムのまま遊ぶ?

グダグダと書いたけど、結局最初CoC以外に手を出す気が無い身内のせいでその環境自体が嫌いになってしまっただけだ。

お前だって他のシステムきじゃん、っていうダブスタなのも自覚している。

自分だって、あの楽しそうなシナリオ達を純粋に楽しんでみたかった。

2020-06-18

TRPGシナリオ作者が出会たこれだけは許せない改変

最近TRPG界隈で「作者の意図に反するシナリオの利用」についての文章がちょくちょく回ってくるようになった。

自分自作のエモシナリオ世界観無視ギャグキャラで来られようがマンプレイをされようが構わないと思っており、自作シナリオの扱いに関してはだいぶ緩い方の作者だと思っている。

が、そんな自分でも「これだけは許せねえ~~~!!!!」と思うような改変がいくつかあったので、この機会にここにお気持ち文を書いておく。

  

その1・『何故かシナリオタイトルが変更されている』

読んで字の如くそのままである。これはシステムインセインで、ハンドアウトの内容や説明文がほとんどコピペだったこから「あ、これ自分シナリオじゃん!」と確信出来たのだが、何故かシナリオタイトルが変更されていた。

例えるなら『料理の鉄人』というタイトルが『美味しいお料理作りましょ!』のようなタイトルに変更されていたのである

二次配布をしているわけではなさそうだったので結局注意などはしなかったが、シナリオタイトルを別のものに書き換えられてしまうと「このシナリオ面白そう!」と第三者が思った時に元のシナリオ発見できなくなってしまうので本当にやめてほしい。

個人的にはシナリオ遊んだ後に「このシナリオで遊びました!」と報告するのはエゴサをするタイプの作者への感謝の想いを届けることとシナリオ宣伝を兼ねているので、そこを変えてしまうのは作者への裏切りに近いと思う。

そもそもHO文章などを多少手直しするならともかく、何故シナリオタイトルのものを変えようと思ったのだろう。そんなに作者が付けたタイトルがダサくて耐え難かったのだろうか。

  

その2・『原型を留めないレベルの改変』

これについては作者によって「ここまでなら許せる!」という線引きがまったく異なると思う。なので、これはあくま自分場合であることをご留意願いたい。

以下はエゴサによって卓動画がアップされているのを見付けた自分愕然としたレベルで改変されていた内容である

  

重要NPCとのバディものソロシナリオでもあるにも関わらず、複数人で来た上に重要NPCが出ない(人数に関しての改変は構わないと思っているが、最後重要NPCと別れるところが見所のシナリオだった)

・極めて善良な人外NPCが登場するのだが、全員元人間であるという設定を勝手付与された上にPCたちを襲う役回りにさせられていた

シナリオ内に出てくる文献などは一切出ない

本来敵として出てくるNPCの出番はなし。上記の善良なNPCたちが狂暴化しているため、彼らを倒してシナリオエンド

シナリオタイトル名はそのまま使用しているが、元シナリオへの言及もなければ改変をしたという言及もなくただ「オリジナルTRPG卓です」とだけコメントが書かれていた。

  

この動画出会って以降、「改変はご自由にどうぞ!」と書いていた説明書きを「元のシナリオの大筋が変わらない程度に改変は自由です」と書き換えることとなった。

以上が自分出会った中で「これだけは許せねえ~~~!!!!」となった許せない改変である

ぐだぐだと書いてしまったが、これでも作者は楽しくTRPGを出来るのが一番だと思っている。自分シナリオで楽しく遊んでもらえるなら、それだけで幸せなのだ

ただ一言だけ言いたい。

  

  

ここまで改変するなら外部に公開しないで身内だけでやってくれ~~~~~~~~~~~~~~~~!!!!!!!!!!!!!!
そしたらどんなに改変されてたって何一つ文句は言わねぇからよ~~~~~~~~~~~~~~~~!!!!!!!!!!!!!!!

  

   

おわり。

2020-05-25

アベノセンゲンもう解除

終わったみたいに言うけれど

アベノセンエンまだ来ない

アベノマスクは届かない

Say HOー!

2020-05-17

anond:20200517091934

477:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2007/08/03(金) 01:08:05.48 ID:6p3ZDHfw0

長年連れ添った仲の良い老夫婦がいて

「片方が先に死んだら、さみしくないように壁に埋めよう」

と言い交わしていた。

しばらくして、婆さんが先に死んだ。

爺さんは悲しみ、約束通り婆さんの死骸を壁に埋めた。

すると、ことある事に壁の中から「じいさん、じいさん…」と婆さんの呼ぶ声がする

爺さんはその声に「はいはい、爺さんはここにいるよ」と答えていたが。

ある日、どうしても用事で出なくてはいけなくなったので村の若い男に、留守番を頼んだ。

男が留守番をしていると、壁の中から婆さんの声がする

「じいさん、じいさん…」

男は答えた。

はいはい、じいさんはここにいるよ」

最初のうちは答えていた。

けれどしかし、婆さんの声はなんどもなんども呼んでくる。

「じいさん、じいさん…」

やがて、男は耐えきれなくなって叫んだ。

「うっせえ! じいさんはいねーよ!」

すると、壁の中から鬼の形相をした老婆が現れ、「じいさんはどこだあ!」と叫んだ

479:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2007/08/03(金) 01:08:40.79 ID:6p3ZDHfw0

すると突然、まばゆいばかりのスポットライトが飛び出したばあさんを映し出す

「JI-I-SA-Nは」「どこだ!」ステージにばあさんの声が響く

詰め掛けたオーディエンスはばあさんの久々のステージに期待で爆発しそうだ

今晩も伝説リリックが聴ける。ストリートまれヒップホップ育ち。本物のラップが聴けるのだ

キャップを斜めに被りオーバーサイズTシャツをきたじいさんがターンテーブルをいじりながら目でばあさんに合図する

重たいサウンドスピーカーから響く。ショウの始まり

「 ここでTOUJO! わしがONRYO! 鬼のGYOUSO! ばあさんSANJYO! 

 違法なMAISO! じいさんTOUSO! 壁からわしが呼ぶGENCHO

 (ドゥ~ン ドゥンドゥンドゥ~ン キュワキャキャキャッキャキュワキャ!)

 年金減少! 医療費上昇! ボケてて大変! 食事時間

 冷たい世間を生き抜き! パークゴルフ息抜き

 どこだJI-I-SA-N老人MONDAI! そんな毎日リアルなSONZAI!

 SAY HO!(HO!) SAY HO HO HO HO!」

じいさんのプレイ好調だ。オーディエンス熱狂はこわいくらいだ。

まだ、俺らの時代は始まったばかりだ、そんなメッセージがばあさんの口から飛び出していく

本物のヒップホップが、ここにあるのだ。

2020-04-16

赤い公園』の3年ぶりのアルバム『THE PARK』が発売されたので全曲短評

[説明]

赤い公園2010年結成の4人組ロックバンド。3年前に結成からボーカルが脱退、その半年後に新しいボーカルが加入(自分調べ / リーダー津野米咲天才自分感じ

石野理子2018年解散したアイドルグループアイドルネッサンス』のメンバー解散した2ヶ月後に赤い公園ボーカルとして加入(自分調べ / うたがうまい自分感じ

自分おっさん邦楽聴き。赤い公園歴はメジャーデビュー以降。アイドルには疎い。

[前置き]

どうしたって邦楽においてボーカルバンドの顔なのですよ。

その顔が変わってしまってアワアワしていたいちファン新体制での最初のフルアルバムを聴いたのですよ。

まだ10回ずつくらいしか聴けてないけど、なるべく初期のインパクト文章化したかったのでカキコ()するですよ。

夜だしスピーカーで音量出せないのでオーバーヘッド我慢ですよ・・・

[01.Mutant]

新体制になって最初のフルアルバムの記念すべきオープニング曲

今までの赤い公園にはない曲調のナンバーをここに据えたのはやはり確信犯的なものなのだろうか。

1曲の中で代わる代わる別のメロディが現れてボーカルが大変そうと思ってしまった。

1番の後の溜息と2番の後のボソボソとした語りがよい。

[02.紺に花]

1曲目とは打って変わってこれぞ正統派赤い公園!な疾走感のあるポップナンバー

なので前のボーカルがこれを歌ったら・・・という余計な想像をしてしまいそうになるのだけど、ところがどっこい、

既に天才津野米咲は新ボーカル石野理子の元気ではっきりとした高域の使い方を完璧に心得ているんだなこれが。

かっこいいピアノとかっこいいストリングスがよい(語彙ィ

なんとしてもMVを作って頂きたい一曲

[03.ジャンキー]

ベースというかリズム隊フロントに出ずっぱりな縦ノリ曲。イコライザバスブースト確認してしまった。

途中のバンド楽器の音が無くなってバックがコーラスのみになったところでボーカルに浮遊感が生まれるところがよい。

[04.絶対零度]

既にシングルで発売されているタイアップ曲で、可変拍子が癖になる変態曲。それがよい。

ボーカルリバーブが強めな気がするが曲の世界観に合っているとも言えるかも。

なお、これのMVアイドルネッサンスの『17才』あたりのMVを交互に見てると50回目くらいから娘を持った親の気持ちになれるぞ(誤爆

[05.Unite]

ピアノギターやら出たり入ったりするところがよい。音色を変えまくってるのか何が鳴ってるのかよくわからなくなるのがずるい。津野米咲ずるい。

ループして聴いていたらなぜか泣いていた・・・

[06.ソナチネ]

ボーカル石野理子現在歌声ストレートに味わえるバラード

アイドルネッサンス時代の石野はリアルタイムではベボベ繋がりで軽く聴いた程度だったが赤い公園加入発表後にDVD付きベスト盤やらシングルやらを買いYouTubeチャンネル登録されてる(石野関係ないものを含む)1700超の動画を全部観たので完全に理解した(してない

アイドル時代から落ち着いたトーンで歌うのが得意な歌い手さんだと思っていたがどんどん成長していっているのが判っておじさん嬉しい(まるで駄目

[07.chiffon girl feat. Pecori]

iTunesでこのアルバムを取り込んだときに、曲情報アーティスト欄が違うせいでこの感想を書き始めるまで聴けなかった曲(^^;;

サビのボーカルの高音のコントロールが圧巻でよい。

この曲やシングルに入っていた「Yo-Ho」のようなGroovyな曲調のものだけ詰めたものも聴いてみたいと思ったけどそれはもう赤い公園では無いかなぁ(>_<

[08.夜の公園]

アイドルの時に提供されてソロで歌っていても違和感のない甘酸っぱいミディアムナンバー

ひとり若い石野に歌わせて他のメンバーがニマニマしている絵が浮かんでしまうがそれは只のおじさんの妄想です。

[09.曙]

こちらはこちらでまたアイドルグループ曲かな? と思ってしまうくらい静かだけど明るくて熱い曲。

澄んだハイトーンの抜けが気持ちよい。声質がいいんだよねー。

[10.KILT OF MANTRA]

ちょっとドキッとする歌詞なのだけど楽しげな曲調と全員のコーラスがそれを感じさせず、逆に元気を貰える唄になっている。

コーラスが多かったせいか一番ボーカルが溶け込んでいた様に感じた。

[11.yumeutsutsu]

アルバムエンディングリード曲となるハイテンポナンバーMV出てた。

アルバムで一番ドスをきかせてるボーカルは迫力があって何か覚悟のようなものが伝わってくるし、

ギターベースの見せ場がそこいら中にあるし、ドラムまで殺気立っているように激しく感じる豪華な3分間。

これが赤い公園の新しい真骨頂となっていくのだろう。

ありがとうありがとう

[総評]

優勝!!!

[補足]

とまあ自分には新体制赤い公園はかなり肯定的に感じられたのですよ。例えて言えばGTM版のFSS

このまま継続して全力推しですよ。

などとタラタラ書いていたら寝落ちして朝ですよ。もう出勤します(リモート

2020-04-14

新型コロナウイルス医師 Sandro Giannini の発見から見えた希望の光(英訳

こちらの記事英訳です。

Coronavirus: speranze dalla scoperta di Sandro Giannini, 10 Aprile, 2020

https://buongiornonews.it/coronavirus-una-speranza-dalla-scoperta-del-prof-giannini/

1) 英訳Google translate を利用させて頂きました)

Coronavirus: hopes from the discovery of Sandro Giannini

10 April, 2020

Bologna - From social media comes good news about the Coronavirus, perhaps decisive, which has scientific foundations and is disseminated by an authoritative doctor from Rizzoli of Bologna, Sandro Giannini. His is a highly qualified curriculum: Full Professor of Orthopedics and Traumatology and of Physical Medicine at the University of Bologna since 1989, director of Clinic I at the Rizzoli Orthopedic Institute and of the Gait Analysis Laboratory, partner in European projects and in national and international research programs, author of more than 600 presentations at national and international conferences and more than 400 articles in Science Citation Index journals. His message gives great hope. Let's read:

“I don't want to seem overwhelming to you, but I think I've demonstrated the cause of coronavirus lethality. Only at Blessed Matthew are there 2 cardiologists who turn over 150 beds to do echocardium with enormous effort and one is me. Terrible fatigue! However, of what some supposed, but could not be sure, we now have the first data. People go to resuscitation for generalized venous thromboembolism, especially pulmonary. If this were the case, resuscitations and intubations are of no use because first of all you have to dissolve, indeed prevent these thromboembolisms. If you ventilate a lung where blood does not reach, it is not needed! In fact 9 out of 10 die. Because the problem is cardiovascular, not respiratory! It is venous microthrombosis, not pneumonia that determines fatality!

And why are thrombi formed? Because inflammation, as per school text, induces thrombosis through a complex but well-known pathophysiological mechanism. Then? Contrary to what scientific literature, especially Chinese, said until mid-March, it was that anti-inflammatories should not be used. Now in Italy anti-inflammatories and antibiotics are used (as in the influences) and the number of inpatients collapses. Many deaths, even 40 years old, had a history of high fever for 10-15 days that was not treated properly. Here inflammation has destroyed everything and prepared the ground for thrombi formation. Because the main problem is not the virus, but the immune reaction that destroys the cells where the virus enters. In fact, our COVID departments have never entered patients with rheumatoid arthritis! Because they make cortisone, a powerful anti-inflammatory!

Therefore, hospitalizations in Italy are decreasing and it is becoming a disease that is treated at home. By taking care of it well at home, you avoid not only hospitalization, but also the thrombotic risk. It was not easy to understand it because the signs of microembolism have faded, even at the echocardium. But this weekend I compared the data of the first 50 patients between those who breathe badly and those who don't and the situation appeared very clear. For me you can go back to playing and reopen the business. Quarantine street. Not now. But time to publish this data. Vaccine can arrive calmly. In America and other states that follow the scientific literature that calls for NOT to use anti-inflammatories is a disaster! Worse than in Italy. And they are old and cheap drugs. " (Associated Medias - Red / Giut)

———

2) 原文:イタリア語

Coronavirus: speranze dalla scoperta di Sandro Giannini

10 Aprile, 2020

Bologna – Dai social arriva una buona notizia sul Coronavirus, forse risolutiva, che ha fondamenta scientifiche ed è diffusa da un medico autorevole del Rizzoli di Bologna, Sandro Giannini. Il suo è un curriculum molto qualificato: Professore ordinario di Ortopedia e Traumatologia e di Medicina Fisica presso l’Universidi Bologna dal 1989, direttore della Clinica I presso l’Istituto Ortopedico Rizzoli e del Laboratorio di Gait Analysis, partner in progetti europei e in programmi di ricerca nazionali e internazionali, autore di più di 600 presentazioni a congressi nazionali ed internazionali e più di 400 articoli in riviste Science Citation Index. Il suo messaggio dà grande speranza. Leggiamolo:

“Non vorrei sembrarvi eccessivo ma credo di aver dimostrato la causa della letalità del coronavirus. Solo al Beato Matteo ci sono 2 cardiologi che girano su 150 letti a fare ecocardio con enorme fatica e uno sono io. Fatica terribile! Però, di quello che alcuni supponevano, ma non ne riuscivano a essere sicuri, ora abbiamo i primi dati. La gente va in rianimazione per tromboembolia venosa generalizzata, soprattutto polmonare. Se così fosse, non servono a niente le rianimazioni e le intubazioni perché innanzitutto devi sciogliere, anzi prevenire queste tromboembolie. Se ventili un polmone dove il sangue non arriva, non serve! Infatti muoiono 9 su 10. Perche il problema è cardiovascolare, non respiratorio! Sono le microtrombosi venose, non la polmonite a determinare la fatalità!

E perché si formano trombi? Perche l’infiammazione come da testo scolastico, induce trombosi attraverso un meccanismo fisiopatologico complesso ma ben noto. Allora? Contrariamente a quello che la letteratura scientifica, soprattutto cinese, diceva fino a metà marzo era che non bisognava usare antinfiammatori. Ora in Italia si usano antinfiammatori e antibiotici (come nelle influenze) e il numero dei ricoverati crolla. Molti morti, anche di 40 anni, avevano una storia di febbre alta per 10-15 giorni non curata adeguatamente. Qui l’infiammazione ha distrutto tutto e preparato il terreno alla formazione dei trombi.  Perche il problema principale non è il virus, ma la reazione immunitaria che distrugge le cellule dove il virus entra. Infatti nei nostri reparti COVID non sono mai entrati malati di artrite reumatoide! Perche fanno il cortisone, un potente antinfiammatorio!

Pertanto, in Italia ospedalizzazioni si riducono e sta diventando una malattia che si cura a casa. Curandola bene a casa eviti non solo ospedalizzazione, ma anche il rischio trombotico.  Non era facile capirlo perché i segni della microembolia sono sfumati, anche all’ecocardio. Ma questo week end ho confrontato i dati dei primi 50 pazienti tra chi respira male e chi no e la situazione è apparsa molto chiara. Per me si può tornare a giocare e riaprire l’attività commerciali. Via quarantena. Non subito. Ma il tempo di pubblicare questi dati. Vaccino può arrivare con calma. In America e altri stati che seguono la letteratura scientifica che invita a NON usare antinfiammatori e’ un disastro! Peggio che in Italia. E sono farmaci vecchi e che costano pochi euro.”

(Associated MediasRed/Giut)

———

3) 追記

これ↓はどうも違う、ということのようです。

FDAが、COVID-19への非ステロイド性抗炎症薬(NSAIDs)使用について助言, 2020年4月1日

https://www.cancerit.jp/65020.html

2020-04-05

翻訳

知恵袋質問した質問なのですが字数制限がきたのでここに載せます

Negli ultimi anni, mi sono sempre preoccupata di procurare delle candele che illuminassero l'angolo di strada su cui affacciava la finestra della camera da letto di mia sorella, il punto in cui sorgeva il cumulo di macerie in cui mio padre iniziò da subito a scavare e da cui il suo corpo, abbracciato dal piumone e dai soccorritori, in gran parte amici, dopo 13 ore, tornò alla luce. Era giorno, dopo 13 ore, e faceva anche caldo. Eppure, il buio di quella notte e di quella strada resta inciso nella mia memoria, insieme a tanti altri particolari che spesso ho condiviso, senza che le parole mai bastassero né riuscissero ad essere definitive. Quest'anno, a causa di quel che tutti stiamo vivendo, non potrò illuminare quel pezzetto di strada, né dare spazio a quel gesto simbolico che mi dà serenità. Va bene così.

Illuminele mie finestre con le candeline che sempre ho in casa e alla cui luce spesso mi cullo e, nel farlo, mi farò aiutare da quel figlio adorato che ha per la zia pensieri di affetto che riescono sempre a stupirci, nella loro disarmante spontaneità.

Come Comitato dei familiari delle vittime abbiamo chiesto a chiunque possa e ne senta il desiderio, di accendere una luce o una candela, nella notte tra il 5 e il 6 aprile: in ricordo dei nostri cari ma anche di tutti i connazionali deceduti nelle ultime settimane , a causa del Covid-19. Un pensiero di vicinanza che non possiamo non esprimere in occasione di un dolore che per noi si rinnova immutato ma che per qualcuno è soltanto all'inizio.

So che tanti di voi mi saranno vicini con il pensiero, so che tanti di voi mi stringeranno e mi aiuteranno a fare luce, nel buio.

Vi ringrazio. Con il cuore.

6 Aprile 2016, via XX settembre 123.

5 vittime: Anna, Claudia, Katia, Piervincenzo, Rosina

[Ph. Giovanni Max Mangione]

近年、姉の寝室の窓が見える通りの角を照らすろうそくの取り方にいつも気を使っていました。瓦礫の山があり、父はすぐに掘り始めました。 そして、羽毛布団と救助者に抱かれた彼の体は、13時間後、ほとんどが友人で、明かりに戻りました。 13時間後はもう昼間であり、暑かったです。 それでも、その夜とその道の暗闇は、私がよく共有している他の多くの詳細とともに、はっきりとした言葉が足りなかったり、管理できなかったりして、私の記憶に刻まれたままです。 今年は私たち全員が経験していることのせいで、その道路の一部を照らすことも、静寂をもたらすその象徴的な行動に場所を与えることもできなくなります。 わかりました。

はいつも家に置いてあるキャンドルで窓を照らします。そしてその光の中で私はしばしば揺りかごを立てます。そうすることで、私はいつも私たちを驚かせることに成功した彼の叔母への愛情の考えを持っている愛する息子によって助けられます

犠牲者家族委員会として、私たち4月5日から6日までの夜にライトまたはキャンドルをつけることを望んでいる人や感じている人に尋ねました。私たち愛する人だけでなく、過去数週間で亡くなったすべての同胞たちを思い出して 、新型コロナウイルスのために。 苦しみの時に表現し損なうことのない親近感は、私たちにとっては変わりませんが、誰かにとってはまだ始まったばかりです。

あなた方の多くがその考えをもって私の近くにいることを知っていますあなた方の多くが私を抱きしめ、私が暗闇の中で光を当てるのを助けることを知っています

感謝します。 心を込めて。

2016年4月6日、XX Settembre 123(住所)。

犠牲者5名:アンナクラウディア、カティア、ピエルビンセンツォ、ロジーナ

[写真: ジョバンマックスマンジョーネ]

Facebookから転載しています2009年ラクイラでの地震に関する文章です。

2020-01-19

anond:20200118174330

阿闍梨じゃないのよ 阿弥陀は HA HAN

仏だと言ってるじゃないの HO HO

仏陀じゃないのよ阿弥陀は HA HAN

救済だけならいいけど

ちょっと悟りすぎるのよ 阿弥陀

羅・羅・羅・羅♪ HAHA

2019-11-02

ラグビーW杯 決勝戦 南アフリカ vs イングランド レビュー

9月20日に幕を開けたラグビーW杯2019日本大会は、43日を経て今夜、最終日を迎える。

予選4プールから20チームで争われたトーナメント最後に勝ち残り、ウェブエリスカップへの挑戦権を得た2チームは、白衣イングランドと緑のジャージ南アフリカ

4年間を最高の形で締めくくるのはどちらのチームとなるだろう。

そして、決勝はどのような戦いになるのだろうか。

------

小細工なしの真っ向勝負で勝ち上がってきた南アは、この決勝も自分たちの強みを最大限に活かしてぶつかっていくいだろう。

ただ小細工はしないと言ったが、プランがないとは言っていない。

南アで注目すべきはスタメンリザーブの顔ぶれ、とりわけリサーブの3人、HOマルコム・マークス、PRヴィンセント・コッホ、スティーブン・キッツォフだ。

この第一列は、本来だったら1本目のフロントローなのだが、ノックアウトラウンドに入ってからとういうもの、彼らをリザーブに回して後半から登場させている。

ディフェンシブで硬いラグビーを得意とする彼らにとって、ディフェンスとともにセットプレー生命線だ。

最強のフロントローを後半に登場させて、インテンシティ(強度)をおとさずゲーム支配するのがその目論見だ。

------

また、通常80分を超えると最後のワンプレーを残してゲームが終了するのがラグビーだが、勝敗をつけなければならないトーナメントに限っては、80分で決着がつかなかった場合延長戦突入する。

そうなった時、どちらがスクラムで勝ってペナルティーゴールを獲得するかは勝敗に直結する。

まさにトーナメントシフト南アは決勝を戦う。

------

ただ、それでも南アが好みの試合展開になるかどうかはわからない。

準々決勝や準決勝でとったようにハイパントを多用して着地点でのフィジカルバトルを挑んでも、ボールを保持した敵が蹴り合いに応じずキープしつづければ、南アは非常に低いポゼッションの中から得点のチャンスを探さないといけない。

相手フィジカルに大きな強みを持たない日本ニュージーランドならともかく、今日相手自分たちと劣らぬ屈強さを誇るイングランドなのだ

キープされ続けながら真っ向勝負の激しいフィジカルバトルで互角以上に持ち込まれビジョンにも現実性がある。

------

その上イングランドバックスの展開力・破壊力も強烈だ。

地上戦フィジカルバトルでディフェンスが巻き込まれれば、突きつけられるランの脅威も増すだろう。

フィジカル優位が自明であったり、強みの優劣がそのまま結果に反映された今までとは難易度レベルが違う。

南アスクラムはもちろん、ラックモールでも80分間、絶対優位で試合を運んだ上に、一瞬のわずかな隙に手を突っ込んでこじ開けてくるイングランドの一撃を封じないといけない。

------

さらに言うと今回のイングランドは何を仕掛けてくるかわからない。

「ここまで来れば、コーチし過ぎないことが大事選手精神的にも肉体的にもフレッシュ状態にし、ゲームプラン提示して、チャンスがつかめるように持っていく」と語ったイングランドエディー・ジョーンズHC。

自然体で当たるとも取れる発言だが、あくまコーチングの話であって、稀代の戦略家がノープランで決戦に臨むとは思えず特別プランがあるのかもしれないが、それだって言葉の裏を考えすぎて迷いが生じれば勝負師の思う壺。

賽は投げられた、もうやるしかない。

------

黙祷に続いて両国国家斉唱

観客が声を合わせる光景はもうお馴染みとなったが、今日歌声はより大きく、スタジアムは大合唱となった。

その光景はまさに決勝戦にふさわしい。

大歓声のなかキックオフの瞬間を迎えた。

------

南アフリカキックオフで始まった試合は、イングランド応援歌スイングロウ・スィートチャリオットが響き渡る中、開始早々イングランドPRカイルシンクラーが味方LOマロ・イトジェと交錯脳震盪で交代。

早くも激闘を予想させる幕開けとなる。

------

続くマイボールファーストスクラムに組み勝った南アが大きく展開して攻め込み、押し込まれイングランドは自陣からボールを回し押し返すが、南アもすぐさま切り返して展開する。

今までとは打って変わってランで展開して攻める南ア

イングランドキック地域を返挽回してもキックとランを織り交ぜて攻めていく。

さらスクラムでも圧倒し、地上戦で優位を示しながらスタートを切った。

------

8分、敵陣深くでボールに噛んだ南アペナルティゴールを獲得。

決勝初の得点はSOハンドレ・ポラードのキックから生み出され、3-0。

------

予測の逆の展開にペースをつかめずにいたイングランドは21分、初めて敵陣深く侵入してラインアウトからセットプレーフェイズを重ねた攻撃からペナルティゴールを獲得、これをオーウェンファレルが決め3-3。

この攻防の中で、今度は南アHOボンギ・ンボナンビが脳震盪で、LOルード・デヤハーも肩を痛めて交代する。

激しい試合だ。

------

25分、この試合の大きなファクターとなっていくスクラムで組み勝った南アペナルティゴールを獲得し6-3。

イングランドも待っていたために後手を踏んでいたディフェンスを激しく前にでるものに変え、身体を当てながら前進し、6分に渡る攻めでペナルティーゴールを獲得し6-6とする。

流れを持っていかれたくない南アは36分に獲得したペナルティと前半最後スクラムプレッシャーをかけ、ともに獲得したペナルティゴールを決めて12-6で前半を折り返した。

------

前半、獲得したスクラムの全てに勝って4本のペナルティーゴールを決めた南アの首尾は上々だ。

終了間際にもフェルミューレンが真正からぶち当たり、気持ちでもペースを渡さない。

対して予想外のランでの展開に待ってしまったイングランドは、攻めてもボールが手につかず噛み合わない。

もっと問題なのはスクラムだ。

想像以上の強さの前に明らかな劣勢に立たされてしまっているのに、南アはまだ最強のフロントローを残しているのだ。

25分過ぎから少しだけ流れを取り戻したが、未だビハインドは6点。

スコア以上に悪い状況を挽回するため、エディーはどのような策を授けるだろうか。

------

後半、キックオフからランで攻めるイングランドだが、素晴らしい集中力を発揮する南アディフェンスの上がりが早く突破できない。

スクラムでも南アが予定通りフロントローにコッホとキッツォフの2枚をいれ、本来の最強のフロントロー制圧にかかってくる。

この圧倒的な力押しでペナルティゴールを奪われ15-6。

------

その後のキックオフからの攻めでも、早くて強いディフェンスで立ち往生を食ってからスクラムで跳ね返される。

スクラムで決定的な優位を証明した南アは3点をちらつかせつつイングランド攻撃を跳ね返しつづける。

------

圧力に苦しむイングランドはなんとかスクラムを一本返してしてペナルティゴールで15-9とするが、陣地に進入してきた南アにペースを強奪され、ペナルティゴールで突き離される。

追いすがるイングランドもすぐさまペナルティゴールかえしてし18-12とした64分、劣勢のスクラムからついにディフェンス破綻、ここからの展開でマカゾレ・マピンピにインゴールに飛び込まれ、初のトライを奪われる。

コンバージョンも決まって25-12と非常に大きな7点!

増田も含めてきっと多くの人間勘違いしていた、イングランドが仕掛けて、南アが受けてたつと。

でも地上戦は体を当てて前に出て相手キックを蹴らせ、ボールを持ってはFWの強度で集めてランで止めを刺す、イングランドがとれる戦術は、南アだってできたのだ、だってそうじゃないかFWバックスも駒は揃っている!

この戦いは自分の置かれた状況を素早く理解したものが制する勝負だった!

------

70分をすぎ、もうトライを取るしかないイングランドセットプレーで攻めるも集中力が切れない南アラインを押しかえし、そして73分、170cmのポケットロケットチェスリン・コルビが大男をかわしながら走り抜け、勝負を決定づけるトライ

------

そのまま80分、南アイングランドを陣地に磔にしたままボールは蹴り出された。

最終スコア32-12

スタジアムが歓声に包まれ、栄冠を手にした戦士たちが抱擁を交わす。

南アフリカ戦略家の予想を上回る戦術と、それでも決して忘れなかった自らの強みで、80分間ラグビー母国を封じ込めつづけた。

------

試合後、安堵したような表情でインタビューに答えるラッシーエラスムスHCに対し、序盤の違和感からペースを一度も渡してもらえずの敗戦に珍しく失意を隠さなエディー・ジョーンズHC。

自国開催での屈辱の予選プール敗退から4年間、白いジャージをここまで連れてきて、黒衣の王者にさえ何もさせなかったが、緑の巨人が立ちはだかり、栄冠には手が届かなかった。

しかし、その手腕を証明した名将はいつかまた帰ってくるだろう。

------

審判団や準優勝のイングランドへの表彰を経たセレモニー最終章、44日間、いやもっと大きく見れば4年の間争われたウェブエリスカップは、秋篠宮皇嗣から南アキャプテンのシア・コリシに手渡され、緑の戦士たちがその所有者となった。

南アフリカにとって、ラグビーは初の優勝から民族融和の象徴として特別意味を持つ。

黄金カップの下、戦士たちが喜びのステップを踏む中、大会は幕を閉じた。

------

今日でこのレビューも終わるが、最後に少しだけ話をさせてほしい。

増田9月からの1ヶ月半は素晴らしいものだった。

ラグビー面白さを知ってもらいたい、そして一緒に盛り上がりたい、そんな思いから始めたレビューがこんなにも多くのブクマブコメいただき、まるでみんなと一緒にW杯をみているようだった。

それは小さい事だけれども夢だと言っていいし、それがかなった最高の44日間だった。

夢を叶えてくれたのは、増田場所をくれたのは、ここに集うみんなだ。

------

そしてこのレビューを多くのブクマカの勧めに従い、noteでまとめて公開することにした

noteは少しだけ修正加筆している。

増田よりその分内容が増えていると言えるが、ここでしか書けない一言がある。

夢を叶えてくれただけでなく、増田に新しい学びの機会をくれたブクマカやはてなユーザーにありったけの感謝をしたい。

みんなが最初だ。

ありがとう

------

そして、また4年間が始まる。

次はフランスだ。

また一緒に、ラグビーで盛り上がろう!

anond:20191102003237

2019-10-26

ラグビーW杯 準決勝1 イングランドvsニュージランド レビュー

10月の第4週、関東はまたも台風21号から変化した温帯低気圧が大雨をもたらし、千葉では河川の氾濫が起きた。

自然災害の多い日本だが、今年の秋はそれがもたらす結果が深刻だ。

ラグビーW杯でも、予選プールの2試合台風リスクで中止になったが、その判断は正しかったように思う。

日本が初のノックアウトラウンド進出したこと話題になったラグビーW杯だが、その他にもこの台風による試合中止や、ティア1の伝統国でないアジア初開催など、2019年大会歴史に残るW杯になるだろう。

その大会に、史上初の3連覇という新たな歴史が生まれるだろうか。

それとも、ラグビー母国がそれを阻むだろうか。

------

今夜、日産スタジアムではラグビーW杯準決勝が行われる。

対戦するのは黒衣の絶対王者ニュージーランドと、白のジャージに身を包んだイングランド

------

大会自国開催でありながら予選プール敗退という屈辱を味わったイングランドは、勝負師エディー・ジョーンズをHCに迎え、破竹の勢いで準決勝まで勝ち上がってきた。

前任の日本でチームにW杯で初となる3勝をもたらしたことでも有名なこの名将は、その激しい気性と独自すぎる指導アプローチで数々のエピソードを持つ。

------

南アフリカ戦の最後の場面で自らのキックの指示に反しスクラム選択した選手判断をみて激昂し、インカムコーチボックスの壁に叩きつけ破壊したなどというのは可愛いもので、日本代表合宿で毎朝6時から練習を強いて吐き気がするほど走らせた上、うまく行っている練習のシーンでもいきなりブチ切れて選手の不確実性への対処を見たり、イングランド代表合宿柔道家招聘して代表選手の顎の骨を骨折させたり、その狂気エピソード枚挙にいとまがない。

------

2015年大会の結果を受けて、著書がビジネスマン大受けしたエディーだが、こんな滅茶苦茶がまかり通るのは指導相手ナショナルクラスフィジカルエリートであり、彼自身教員免許を持った上で三度もナショナルチームのHCを歴任して指導メソッドを磨き上げたからであり、凡百の経営者が彼の真似をしたら社員の8割は辞めると思う。

ちなみにエディーの指示をサラッと無視してブチ切れさせたリーチマイケルは、今大会合宿でそのエディーが考案した「石鹸水でボールヌルヌルにしたパス練習」をやろうとして、ジェイミーにすげなく却下されている。

こっちはこっちで会社の先輩だったら、なんかちょっとめんどくさい感じだ。

------

一方、3連覇を目指すオールブラックスのHCスティーブハンセン

警官の彼が激しい感情をあらわにしたのを増田は見たことがない。

------

試合前にエディーが「練習スパイされていたのでは」という記者質問に対して否定肯定もせず「まあでも誰かわかんないけど撮ってる奴はいたけどね」などと言わなくていいことを言っても「私は心理戦なんかやりませんよ。エディーがとても賢い人だということは、よく知っています。そんな事をしても、何の意味もありません」と泰然自若として受け流した。

聞くところによると宇宙飛行士というのは、どんな状況にあっても感情的にならず、そのときに最適な解決方法を考えて淡々と実行しなければ務まらないものらしく、それに近いメンタリティの持ち主なのかもしれない。

------

注目の準決勝第一試合は、破茶滅茶パワハラおじさんとベテラン宇宙飛行士の名将対決となった。

------

HCのキャラが濃すぎて説明字数を取られてしまったが、ここでゲームプランについて考えてみよう。

伝統の強力FWに加えて、BKの展開ラグビーでもトライが取れるイングランドだが「出来るからといってそれをするべきなのか」という問題がある。

イングランドの展開ラグビーは、どこからでもかけられる圧力相手晒した上で、順目順目にオーソドックスに展開したり、ディフェンスラインわずかに広めな隙間にパワフルランナーが走り込んでこじ開ける、といったもので、シンプル強力ではあるが意外性はない。

------

この展開でボールを持ち続けてしまうと、いつターンオーバーされるかがわかりづらい。

オールブラックス世界一のアンストラクチャーラグビーのチームだ。

突然始まったような攻守交代からの混乱で彼らを上回ることのできるチームなどありはしない。

------

イングランドとしては、むしろボール計画的に渡してディフェンスで潰してエラーを誘発し、セットプレーの展開に持ち込んだ方が、数々のチームをねじ伏せてきた必殺のモール攻撃を繰り出せる。

しかし、それだってディフェンスちょっとでも遅れれば何をされるかわからない。

オールブラックスは本職LO長身スコット・バレッドフランカーに起用してラインアウト対策を取り、その上フィールドでは抜け目のない黒子、モウンガが目を光らせているのだ。

------

エディーはこの難解なパズルに解を見つけることができただろうか。

------

この試合でも、台風被害に遭われた方への黙祷が捧げられ、両国国歌斉唱されたのち、オールブラックスウォークライハカを行う。

これにイングランドはその三角陣形を包囲するかような翼型の陣形を取って受けて立つ。

それはまるで試合の展開を予言するような光景だった。

いつもはシリアスで怖い表情のCTBオーウェンファレルが不敵な笑顔視線を送る。

その笑顔もやっぱり怖かった。

------

前半、イングランドキックオフ。

これが自分たちボールが戻るセットプレーとなり、ここから大幅にブレイク、順目のパワフルな攻撃を攻めきってわずか1分30秒、イングランド王者から先制のトライを奪った。

コンバージョンも決まり7-0。

この攻撃イングランドキックを蹴らず地上戦で取り切り、これはこの後の展開を予想させるものだった。

------

その後も身体をぶつけながら前進攻撃も防御も出来のいいイングランドに対し、ディフェンスの上がりが悪いオールブラックスは切り返すこともできずに序盤一方的に攻められてしまう。

------

オールブラックス17分、18分と二度敵陣に進入してのセットプレーを得るが、これを強力ディフェンスで凌ぎきられる。

待望の切り返しの機会を得て攻撃しても、イングランドラインを押し上げる早いタックルの前に下げられてしまい、アンストラクチャーラグビーを全くさせてもらえず、自分たちボールラインアウトもいい形でボールが出ない。

ポゼッションイングランドが6割、プレーエリアは半分以上オールブラックス陣内だ。

------

前半最後の38分、オールブラックス得意の切り返し攻撃も不発におわり、逆にイングランドペナルティゴールを獲得、スコア10-0で前半を折り返した。

------

ぶつ切りのゲームを挑むのではないかという増田の予想を覆し、ほとんどキックを蹴らず、横に展開しつつ地上のフィジカルバトルを制圧して前進するイングランド

スコット・バレッドを入れてのラインアウト対策をスカした上に、そのラインアウトでも幾度も競り勝ち、エディーに言わせれば「してやったり」という展開だ。

------

予想したかしないか、全くボールを渡してもらえない上、守れば押され、攻めても包囲されるかのようなディフェンスの早いチェックと激しい当たりで前進できないオールブラックス

前3メートルのスペースがあるところでボールが欲しい、しかしそれが全くできないのだ。

前に出られないディフェンスと噛み合わない攻撃修正できるだろうか。

------

後半、オールブラックスキックオフ。

機能しなかったスコット・バレッドを外し、地上戦制圧するためにFLサム・ケインに交代。

しかし49分、それでもイングランド圧力の前にペナルティゴールを献上、13-0とされてしまう。

------

オールブラックスは苦戦していたラインアウトテコ入れするため、HOデインコールズを投入。

経験豊かなSH TJペレナラCTBソニービルウィリアムズも投入し修正を図る。

------

すると、54分、相手陣深くに進入し、相手ボールラインアウトの一瞬のミスをついたFLアーディー・サヴェアがインゴール飛び込みオールブラックスが待望のトライを奪った。

コンバージョンも決まって13-7。

ほとんど表情が変わらないスティーブハンセンHCは注意しないとわからいくらい少しだけ頬が緩んだ。

------

だが簡単に流れは変わらない。

ここで試合を戻したいイングランドがまたも力押しで前進し、60分にペナルティゴールを獲得し、16-7。

コーチボックスでは勝負を左右する時間帯に追加点を得ても、緊迫した表情のエディー・ジョーンズ

ここから先はフィットネスが切れる可能性があるのだ、そうなれば独創的な攻撃を誇るオールブラックスに9点差などあっという間にひっくり返されてしまう。

傍らで見るアシスタントコーチにしてみれば、フィットネスが切れるも心配だが、エディーの方だっていつキレるかわからないので全く油断ができない。

------

しかし噛み合わないオールブラックスは反則がかさみ、主審のナイジェル・オーウェンスさんから注意を受け、終盤に差し掛かる68分にもイングランドペナルティゴールを与えて、19-7とされてしまう。

------

トライを取るしかないオールブラックスボールを持って前進するが、終盤になってもフィットネスの切れる気配がないイングランドの高速ディフェンスの網を全くかいくぐれない。

勝負師エディーのプランは「地上で展開してボールを渡さず押し下げて、ボールを奪われるたら前進ディフェンスで潰しまくるね、それも80分ね、Go!走る!走るね!」というものだった。

ラグビー研究が進み、ボールを展開するだけでは突破できない現実に、キックからのアンストラクチャー攻撃という回答を見せて絶対王者に君臨したオールブラックス、それに対する解は「前に出る攻撃的防御、展開しながらの防御的攻撃、その狭間からの一撃」だった。

からまれフィジカルさらいじめ抜いて徹底的に鍛え上げたからこそ取れるプランだ、ラグビー母国に渡っても、やっぱりエディーはエディーだった。

------

勝負は決しても一矢報いたいオールブラックス最後の猛攻を見せるが、80分、ボールは蹴り出され、黒衣のディフェンディングチャンピオンを封じ込めたイングランドが準々決勝、準決勝にについで、三度の一番乗りを重ねて決勝に進出を決めた。

コーチボックスのエディーは今回は何も破壊しなかった。

------

33しか地域獲得率を与えることなく、オールブラックス試合をさせなかったイングランド

「いいふいんきつくりました、すばらしいワールドカップ

試合後のインタビュー日本語で答えるエディー・ジョーンズの顔は笑っているが目が全然笑っていない。

------

ありがとうございます、みなさん」

4年前、日本代表を率いて世紀の番狂わせを演じた勝負師、その目が見据えるのは優勝だ。

3度目のナショナルチームのHCとしての挑戦にして、ついに視線の先に収めたウェブエリスカップ

あと一勝だ、もう逃がさない。

anond:20191021220820

2019-10-21

anond:20191021093912

日本は4年間見てたけど、ティア1クラス相手になるとラインアウト強くないですね。

色々サイン工夫したりするんですけど問題は高さなんですよ。

------

あのプレーは鍵になるのはボールを投げ入れる2番のHOと4.5番のLOで、だからHOは器用な選手を入れて、LOには2mに迫る選手を入れる。

南アエツベス、デヤハー、モスタート、スナイマン、全員2mクラスじゃないかな?

------

日本としては不利なのは分かってるんで、たくさんのオプションで活路を探しますけど、選択肢って1個1個が怖くないと対応簡単になるんですよね、怖い方に張っときゃいいんで。

2019-10-19

[番外編]ラグビーW杯 準々決勝 日本 vs 南アフリカ プレビュー

1週間のご無沙汰、レビュー増田(ありがたく名乗ることにした)です。

------

これがポストされる19日は、イングランド×オーストラリアニュージーランド×アイルランドという非常に興味深い対戦が行われ、レビューのしがいがあることは間違い無いのだが、実は増田はこの1週間、所用で日本におらず、帰国日がまさに19日の夜になる。

なので、これらの対戦をレビューしてポストする頃には、日本×南アという大一番に皆が集中していることになるだろう。

------

そこで、今回は番外編として、前回の日本×スコットランド戦でも触れたように、増田マレー半島北上しながらボーッと考えた南ア日本が取りうる選択肢展望について触れ、プレビューとしたい。

プレビュー分析すると良いのが、「双方や一方の戦略戦術機能せず、パッと見で凡戦や圧勝劇なったとしても、そこに遂行にまつわるドラマを感じることができる」という所だ。

------

このプレビューで、みんなが事前に自分なりの注目ポイントを見つけることができ、より楽しく観戦できれば最高の喜びだ。

因みに前回のレビュー羽田空港外国人に囲まれながら試合を観戦し、翌朝クアラルンプールからポストした。

------

4年前のW杯アップセットを演じ、今回も驚異的な戦績でプールAを突破した日本だが、直前のテストマッチの結果が示すように、地力南アには及ばないのは間違いない。

10回やって6回勝てる相手なら地力で優っているとも言えるだろうが。

NZ地元紙が予想した日本勝率24%というのは妥当とも言えるし、むしろ好意的だとも増田は思う。

------

まずもっての所、ノックアウトランド勝ち点制でないので、すべての国が点数の大半をペナルティーゴールであげるような「堅い」展開になりやすい。

南アフィジカルを盾にしたディフェンシブでセットプレー中心のぶつ切りラグビーを得意とする国で、そういったゲーム大好物だ。

------

また、それは現在メンバーにも現れており、司令塔、SOのハンドレ・ポラード地元南アスーパーラグビーチーム、ブルズで正にそういうゲームタクトを振っている。

ここで出てくるのが、ツーブロックなのかモヒカンなのか微妙髪型の控えSOエルトン・ヤンチースであれば、小柄ながら強気プレーでもって鳴らすSHファフ・デクラークとの連携ボールを回すオープンな展開になるのだろうが、初期代表チームでこのコンビの結果が出なかったため、ポラードの固定となった。

------

その後、南アはでかい身体ですぐキレるLOエベン・エツベスや、大会最高クラス長身で掴み合いになると笑顔になるのが怖いLO RGスナイマン、一転してナイスガイオーラが滲み出る大男FLピーター・ステュフ・デュトイ、怖いとかナイスガイとかもうそういう話じゃなくてプレー身体も顔もなんかサイボーグっぽいHOマルコム・マークス、そんな中でどこか哲学者のような雰囲気を漂わせるキャプテンFLシア・コリシなどのFWが中心となった堅いラグビーを基本としながら、「ポケットロケットWTBチェスリン・コルビや、海外中継などだと「マッピンッピ!」と独特のアクセント名前を呼ばれる俊足WTBマカゾレ・マピンピ、直前のテストマッチ連続トライを挙げたワンダーボーイSHハーシェルヤンチース(本日2回目のヤンチース)などを加え、身体をぶつけてよし、走ってよしの非常に攻略しづらいチームになってしまった。

因みにシア・コリシは極貧の身からラグビーのし上がり、功なり名を遂げると、幼い頃に生き別れになった腹違いの妹を自力で探し出し、非常に煩雑な法的手続きを経て養女として迎え、共に暮らしているという。

知的人物として知られ、FW戦には付き物のジャッジ解釈をめぐるレフェリーとのコミニュケーションバッチリだ。

------

おそらく南ア戦略ファーストチョイスは、ここ一番の時にオールブラックスさえ封じ込めるやり方、ハイパントを上げて着地点の競り合いやキャッチ後の攻防で直線的にドカンカン身体を打つけ、ボールを前に落とすノックオンからスクラムを狙ったり、ボール争奪戦で時に頭を突っ込み、時に圧力をかけて日本規律を崩してペナルティー獲得を狙うというものになるのではないかと思う。

------

マイボールスクラムになったらまた直線的に走ってスクラム脇を急襲し、身体を打つけて1コマ前に戻る。

接点の圧力対応するため日本が人数を集めれば、さあ外のスペースに展開だ。

強力なランナーがいる。

------

もっと良いことにペナルティーを獲得した場合、素直にペナルティーゴールで3点を狙うか、タッチキック前進してトライを狙うかは考えどころだ。

タッチ前進したあとの狙いは、立っての密集、ドライビングモールとなる。

日本は今大会スクラムになかなかの強さを見せるが、モールは止め切れていると言い難く、フィジカル絶対の自信を持つ南アが3点で満足せず、これを狙ってくる確率は高いとみる。

------

日本としてはこの展開になりたくない。

なので、アイルランド戦やスコットランド戦で見せた、「ボールキープして攻撃時間を使う」という戦術が考えられる。

------

しかし、ここで問題になるのが日程と経験値だ。

今回、南アは十分な休養日があり、たとえ守り通しの展開になっても、体力切れは起こしづらい。

それに、地上戦身体をぶつけ続けると、その衝撃で消耗してしまい、日本の方が先に体力切れになってしま可能性がある。

キープするならどのタイミングで繰り出すかが悩みどころとなる。

------

さらに悪いことに、南アの多くのプレイヤー日本の早さや多彩な攻撃、意外と侮れないフィジカルの強さなどを「感覚的に」知っている。

これは日本代表クローンチーム、サンウルブズスーパーラグビーに参戦して数年来南アのチームと対戦し続けているのと、南アの多くのプレーヤーがジャパンラグビートップリーグプレーしているためで、お互いに顔見知りの選手も居るくらいだ。

------

そこで考えられるのが、サモア戦で日本がとった、「ボール相手の背後に蹴って背走させ、身体接触を避けながら前進し、走力を削る」というやり方なのだが、これも蹴ってしまう事には変わりないので、相手が充分なところに蹴ると、正に相手好みの展開の呼び水となってしまう。

------

大会日本ディフェンスはよく機能しているが、国際的日本評価は「恐ろしく早いテンポの多彩で素晴らしい攻撃と、脆弱守備を併せ持つ、『よく取るけどよく取られるチーム』」というもので、増田から見てもそういうチームであって、できれば守勢には回りたくない。

------

南アが唯一対応に後手を踏む可能性があるのは、ボールがあっちに行ったりこっちに行ったり、攻守の交代が目まぐるしくなる「アンストラクチャーラグビー」の展開だが、その起点がハイパントだったりすると巨人揃いの南ア空中戦で競り勝たないといけない、ということになる。

ハイパントキャッチが「当たりの日」じゃなかったら果たしてどうやってここまで持ち込む?

アンストラクチャーのもう一つの起点は相手が持ち込んだ密集、ラックボールを無理やり引っこ抜いたり、激しいタックルで落球を誘い、有利状況の反則流し(アドバンテージ)で相手が攻めから守りへ切り替えられないうちに走り抜けるというやり方だ。

こうなってくると姫野やリーチ大阪弁第二外国語のトモさん(トンプソンルーク)に頑張ってもらうしかない。

エツベスがまたキレるかも、とか考えてる場合ではない。

というか、むしろソレについて考えなければいけないのはシア・コリシの方で、大体において宥めてしまうので期待薄だ。

あとデクラークも小さい身体で掴み合いには一歩も引かず、何だったら自分から掴みに行く勢いなので、危なっかしい事この上ない。

シア・コリシの胃壁の強さには感嘆するばかりだ。

あ、マルコム・マークスは大丈夫。彼は多分そういうの超越してる。

まあそれは良いや。

------

日本はこれらの考えられる展開の中で、今まで挙げた戦術を切り替えて勝利の緒を探すかもしれない。

------

ランキング1位だったアイルランドと5位だったスコットランドを倒したからいけるっしょ、と思いたくもなるが、このように概観した上で考えると、相性で見たところはそれら2チームより遥かに悪いのが現状ではないだろうか。

日本は相性最悪の強敵を前に、わずかな隙間に手を突っ込んで勝利へのドアをこじ開けるプランを見つけなければいけない。

------

注目は最初の15分に日本ボールを持った時に蹴るか・キープするか、その後さりげなく戦術が変わっていないか前後半で戦術修正が入るかというプランのところと、地上の密集・ラックでどちらが優位に立つか、ファーストスクラムがどちら優位になるか、エラーや反則の数が時間と共にどう増減するかという遂行のところだと思う。

みんなはここを見てみてほしい。

------

果たして試合は4年前の再現となるか、4年越しのリベンジとなるか。

増田普段序文で書く話を今書いてしまったので、レビューで何を書こうか、ちょっと不安だ。

------

あ、あと日テレの実況が酷いという意見散見されるが、以前はラグビー界の松木安太郎にならんとして感情爆発実況をしていた元代表とか「いや、展開の複雑なラグビーでそれはちょっと」みたいなのもあったんだから、それを踏まえた上で、今回、数年来みずから映像編集してまでミニ番組Youtube配信ラグビー普及に尽力してきた日テレ安村アナはなかなかい仕事をしている思うぞ。

anond:20191014075520

2019-10-11

CoC庭師は何を口遊むが嫌いだ

単純に嫌い。ただそれだけの愚痴である

普段良くしてくれる人間も皆盛り上がる中、一人だけ嫌いだという感情を抱え、誰にも言えぬまま過ごすのはキツイものがあるのだ。

それを吐き出してスッキリしたいからこれを書くことにした。

シナリオ自体はまあ普通に面白いんじゃないの程度である

自分にはあまりさらない内容だった故、なぜこんなに世間で愛され絶賛されているのかはわかりかねるのだが、

こんな感情は誰にでもあるだろう。そんなものだ。

自分が親を殺されたのかというくらいに嫌っているのは庭師通過PCの話で盛り上がる世間からだ。

あの手この手でこの話題は流れてくるのである。例えるならゴキブリのようだ。

何かあればふせったーで"HO○のあなたは何をしたか?" "あなたの零課はどうだったか?”とアンケートで騒ぐ世間が嫌いだ。

庭師はそれをしていい、とあるような風潮があるようで嫌いだ。

人口が多いからそういう風潮になるのだろうか。嫌いだ。とことんまで気に食わない。

あるときこのシナリオで全ロスしたという班のふせったーが流れてきた。


とても感銘を受けたのを覚えている。

大抵全員生還しているシナリオだ。性格の良くない自分はそんなイレギュラーに心が踊ったのかもしれない。


ただ、そのふせったーを読んだであろうオタクの、

"そこまで深く考えなくていいのに"

と言った旨の意見を見て、無性に腹が立った。

(ムカつきが込められているので誇張して書いてはい可能性もあるだろうが、概ねこんな感じだった)

考えがあってそういう結末になったであろうに、外野ときが良く言うなと思った。

しかしこうやって腹をたてる自分もまた、全ロスの班やふせったーオタクから見れば外野なのだ


もしこれを素直にPLとして遊べていたのなら、こんな見方もせずに済んだのかもしれない。しかし惹かれないものは惹かれなかったのである

PvP疑心暗鬼という単語嫌悪感を抱いた時点で私はこのシナリオの客ではなくなっているからだ。


ここまで読んだ中で普段から庭師PCの話で盛り上がることのある者がいるのなら、萎縮することな庭師PCや零課の話を垂れ流し続けていただいて構わない。

憤りを感じたのなら「最高のシナリオなのに楽しめなくて可哀想な奴」とでも見下しておいてくれ。

極めて少数派のマイナー人間もいること、こんな少数派の人間が出るくらいには認知度が高いシナリオなのだと思ってくれるだけでいい。

2019-10-04

Ingrssというトラウマネームを見て久しぶりに思い出したこと

活動していた都内地区は「学校が多く教育に熱心で治安が良い街」に毎年選ばれるような場所

私は青陣営に属していたがiosリリース当初緑陣営が圧倒的に少なかったためポータルを壊されてもHOgoogleチャット)でチーム内ではいはいご苦労さん壊してくれて(人´∀`)アリガトー♪くらいの感覚だった

風向きが変わってきたのはDarsanaという東京で開かれた大会で青チームが大敗してからだろうか、常に相手チームの悪口HOで飛び交うチームになってしまった

最初に仲良かったのと同じ陣営だっというため悪口を制止できなかったためそれはどんどん過熱していった

位置ゲー」の特性上家バレは当たり前でそれに嫌がらせをすることに快感を得た人

罵倒することが好きだった人はどんどん過激発言をすることになっていき現実に影響のある中傷文を撒こうと言い出したり

それにつられた人たちはどんどん過激に敵陣営罵倒しはじめたりと目も当てられないようになってしまった

当然そういうことはやめようといい始める人も出始めあいつうぜーとなりチームメイト中傷する裏HOがこっそり出来始めてからエスカレート

元々同じ地区に住んでいただけの繋がりであった私のチームはすぐに崩壊してしまった

最初に選んだ陣営が青緑というだけで人間はここまで醜く喧嘩できるのか、これじゃ地球から戦争はなくならないなと痛烈に考えてしまった

そして未だに裏HOで見た数々は忘れないし全てスクリーンショットで保存してあり

これを開かないようにしていたがはてなを見ていて思い出し久しぶりにこの存在を思い出し心臓バクバクしている

そして私の住んでいる「学校が多く教育に熱心で治安が良い街」のイメージがこのご近所さん達のお陰ですっかり変わってしまった

2019-10-01

Ingress花束

追記悲報

身内にバレました。ここまでバズるとは思わかなったからね。

Prime不人気だけど、ヘイトをこじらせるくらいなら新しい人を勧誘する方に力注いだほうが良いんじゃないかなと思ってるよ。

ただ、NIAはもうちょっとIngressに対する姿勢を正さないといけないよね。

せっかくIngressのことが拡散されたのにもったいないな。近いうちに東京近郊でいくつか大きなイベントがあるから、みんな参加してね。おじさんもいくよ。

===

位置ゲーおじさんだよ

今日はおじさんの思いが詰まったIngressに関する寂しい話題があったんだ。

からちょっとだけ感傷的な気持ちをここに残しておくよ。

Ingressというゲーム説明はあえてしないけど、このゲームが2つのアプリで動いていたってことはあまり知られていないよね。

1つはIngress Prime。もう1つはScanner[Redacted]というゲーム。どっちもIngressプレイできるんだ。なんで2つもあるかって言うと、前者は後者リニューアルしたVer2で、しばらくはそれぞれを並行して遊べたんだ。Redactedは旧スキャナーとも呼ばれた。

正直、Primeは満を持してリニューアルされた割には当初から評判が良くなかった。UIUXが壊滅的に悪いんだ。それでも1年経ってだいぶ良くなったけどね。

https://anond.hatelabo.jp/20181111164444


で、日本時間10月1日午前2時に、旧スキャナが終了する。

いや、もうしたのかな。これを読んでいるってことは。

正直つらい。旧スキャナUIはお世辞にも良いものではなかったけど、単純にIngressというゲームを遊ぶには必要十分な要素が詰まっていた。

特徴的な効果音エフェクト、ひと目で美しいと思える多重CF


臭いけどおじさんにとっては何年も一緒に戦った世界だった。

一緒に東京を駆け回り、仙台で雨に振られ、大阪マラソンをし、北海道日焼けをするまで自転車を漕ぎ、仲間と秘密作戦をしに埠頭に訪れた。大事リンクを引くときは本当に頼りになる相棒だった。


スキャナとの出会いは、当時仕事をやめた直後に実家に戻っていたときだった。実家の目の前にポータルがあって、そこをハックしたのが最初だ。腐りかけていた自分を外の世界に引っ張り出してくれた。知らないおじさんたちと何故か交流するようになった。たくさんの旅をした。たくさんの思い出を得た。そのそばにはずっと彼女がいた。端末は変わっても、すぐに彼女だけは入れていたんだ。

あれから5年。当時から変わらない彼女は、5年経った今日旅立った。

彼女はもういない。もう会えないんだ。

Ingressをやめようと思ったことは何度も有る。ストーカーおじさんにあったり、敵陣営から罵声を浴びたり、それ以上に味方からヘイトうんざりもした。いつの間にか少なくなった仲間達。音沙汰のないHOやTelegram。

エージェントにとっての楽園だったGoogle+が閉鎖されたとき結構ショックだった。あれで辞めた人も多いだろうな。おじさんも危なかった。

ぶっちゃけこの1年はだいぶスキャナから遠ざかっていた。活動量は5年前とは比較にならない。だけど今でも断言できる。Ingress楽しい。他のどの位置ゲーよりも。


意外かもしれないが、Ingressゲームとして必ずしも素晴らしいんじゃない。結構雑な作りが多い。

いやそもそもゲームですらないんだと思う。なにせNIAは普通ゲーム会社とは違う。そもそもGoogleの社内スタートアップ発祥なんだから。それにポケモンGoハリポタを見ればわかるけど、明らかに既存ゲーム会社が作るものより数段劣る出来だと思う。

最近出たドラクエウォークは、実はポケモンGo以上にIngressリスペクトしているんじゃないかとおじさんは思っている。Ingressをより大衆向けにしたら、多分ああなる。まあドラクエウォークも既にレベル上げゲーになってあまり面白いとは思えないけど。

Ingressがどういうゲームかを語るにはかなりの説明を要するけど、多分エージェントが声を揃えて言うのが「ゲームを通じたコミュニケーションツール」なんだと思う。

Ingress陣営を組むからコミュニティ重要なんだけど、他のゲームと比べてもかなり特殊だと思う。

Ingressってお互いの位置情報を共有するもんだから、かなり危ういんだ。だからこそ自衛のためにコミュニティを作ったりするし、ゲームをするだけでお互いが知り合える環境にある。つまりユーザー同士の距離がとても近い。


その端的な例が、名刺代わりになっている「BIOカード」だろうな。

ゲームパスコードを記載したり、ゲームないストーリー説明する補助的なツールだったものを、エージェント面白おかし自分名刺として似たデザインで作り始めたのがきっかけ。今では必須コミュニケーションツールになっている。日本限定じゃない。世界的なものなんだ。

アノマリーとかミートアップに行けば、必ずBIOカードの交換会が発生する。NIAの本社にも大量のBIOカードコレクションが有るんだ。


ポケゴーや他のオフラインゲームTCGとか)と比べても、こうやって共通フォーマットを介してコミュニケーションしているゲームってどれくらい有るんだろう。


あと、運営との距離感もオカシイ

例えばヴァンガード存在エージェント全体から選出された人が、NIAとエージェントの橋渡し役を担う制度だ。

まあぶっちゃけまり目立った活動がなかった。そのヴァンガードをNIAが袖にして怒らせた事件が、最大の役割を担ったのはあまり皮肉だね。

https://community.ingress.com/en/discussion/4203/an-open-letter-to-niantic/p1


他にもアノマリーで実質最も運営に近いことをしているPoCという連絡役のエージェント存在も欠かせない。彼らがいないとアノマリーはNIA単体ではできない。

それと対象的なのがポケゴー勢。同じNIAのイベントなのにみんなお客様感覚なのが、本当に信じられないんだよね。

https://togetter.com/li/1376395

まだ有る。NIAがIngressのために独自に作ったコミュニティがあって、そこを告知の場にしたりバグレポートの集積所にしている。さっきいったヴァンガードのお怒りメールもそのコミュニティへの記載だった。

https://community.ingress.com/jp/discussion/4816


いや、具体的な例を上げるときりがないんだけど、とにかくIngressエージェントとNIAは、驚くくらいに距離が近い。エージェント同士もそう。Ingressって、ゲームとして面白いだけじゃないんだよね。スマホの中だけで完結しないんだ。スポーツみたいなものなのか?

5年やってて、未だにIngressが何なのかを伝えられない。本当に。でもよく言われるんだけど、Ingressって「真のソーシャルゲーム」なんじゃないかな。さっきいったみたいに、ゲーム端末だけで終了せず、そこから実際に人と交流する頻度が高い。


なにせおじさんは、Ingressを通じて地域交流イベント運営をするようになったしね。


最後に他の位置ゲーに関しても書いておくね。

位置ゲーはいっぱいある。ポケゴーにドラクエウォーク駅メモテクテクテク(故人)。それぞれに魅力があって独自ゲーム性があっていいよね。

位置ゲーが他のゲームと違うのは、外の世界に引っ張ってくれることだと思う。それを叶えられるのならば、Ingressドラクエも変わらない。おじさん自身も、最近マンネリドラクエで解消してるしね。

からこそ、Ingress文化というか思想は本当に大事なんだと思う。「The world around you is not what it seems.」(あなたの周りの世界は、見たままのものとは限らない)というコンセプトは位置ゲー全体に広めていきたい。

よし。おじさんはPrimeを起動しよう。見づらいUIだけど仕方ない。改善案もだそう。

エージェントはポケゴーと違ってお客様気分ではいられない。NIAの奴隷さ。

いつものように、誰かのポータルを壊して構築したら、別の誰かが同じことをする。それが最高なんだよ。

2019-08-27

猫好きのお前に呪いをかけてやろう。

ho が尻尾を立てた猫に見えて来る呪いだ。


ho ho ho ho 

ho


ほーら、かわいいだろう。ニヤニヤしてしまうがよい。

2019-04-26

anond:20190426001052

互助会を見かけるたびにNGにしてたらいつの間にか944件もあった(多すぎて途中で切れた…)

b:id:a-rulership

b:id:A1riron

b:id:aahtmk

b:id:absinshex0

b:id:addieayumi

b:id:affili-brog

b:id:affili88

b:id:afromanjaro

b:id:afugoro

b:id:aikotobawa2525

b:id:aikowakakusa16

b:id:aile-strike-gundam-gat-x105

b:id:aisyuudog

b:id:aka_hell

b:id:akabane1234

b:id:akabaneyama150

b:id:akane1033

b:id:akaneeita1030i

b:id:akemi_12mg

b:id:akihiro5

b:id:akihuooblog

b:id:akillertwit

b:id:akira2013web

b:id:akisan01

b:id:akiwo321

b:id:akoreb

b:id:akouroushix

b:id:allmashit

b:id:alpha_zero

b:id:alpi-co

b:id:amago1022

b:id:Amire

b:id:amknz420

b:id:AmyAmy

b:id:andantesunny

b:id:Andy_Hiroyuki

b:id:anko511

b:id:ao_mina

b:id:aoikawano

b:id:aopa-----nda

b:id:apoptosis35

b:id:applebaka

b:id:arinkolog

b:id:arinoshuke

b:id:aroundfiftyliu

b:id:ARROWS-ADSP201503

b:id:asahi-diet

b:id:asakumamasaru

b:id:askk

b:id:asokata

b:id:Assume

b:id:asukaksk

b:id:atlantice358

b:id:atohire

b:id:atwilljoan299

b:id:awawako

b:id:ayaka010202

b:id:ayakanishino8

b:id:ayapix

b:id:ayayuito_japan2012401

b:id:azumaon

b:id:azusanakao081

b:id:b204638

b:id:Babar_Japan

b:id:baikoku_sensei

b:id:bananatuma

b:id:bancya

b:id:bata_sun

b:id:bbc-21

b:id:beed

b:id:beh1st

b:id:bellbelona39

b:id:bg4kids

b:id:billionman

b:id:black_women

b:id:black-koshka

b:id:BLUE_Galaxy

b:id:blueboy

b:id:bluebright

b:id:bluesky01

b:id:bokutokazokutosonota

b:id:boomnoox

b:id:bottomzlife

b:id:boxermannequin

b:id:browncapuchin

b:id:btomotomo

b:id:bu_kirin

b:id:buddha01

b:id:bumpmania

b:id:bun1125

b:id:bungo1495

b:id:burning0069

b:id:Butakun

b:id:byronko

b:id:cabucafe

b:id:CALMIN

b:id:cample-hq

b:id:capsule-travel

b:id:cat-whisker

b:id:catlani

b:id:CDG

b:id:celica821

b:id:cenecio

b:id:cfiken

b:id:chachapan

b:id:chairoitenten

b:id:chancepapa

b:id:chantam

b:id:charinkox

b:id:charmy2016

b:id:charumen

b:id:cheerfuldays

b:id:chemist7bachelor

b:id:chiakisns

b:id:cj3029412

b:id:clayhand

b:id:clistalemelald

b:id:cloise

b:id:cloudsalon

b:id:coco30

b:id:cocolili

b:id:coconoo

b:id:cocopelli-0806

b:id:coden

b:id:conandaisuki

b:id:copperpot

b:id:coqeut

b:id:crassone_blog

b:id:create-crema

b:id:cucumberking231

b:id:cyakorin

b:id:cyu-ko

b:id:daiouoka

b:id:daisawamura

b:id:daisennin

b:id:Daisuke-Tsuchiya

b:id:daisukego

b:id:dangotan

b:id:dankejyuri

b:id:dasaweb

b:id:dearwalker_yuya

b:id:delight1458

b:id:dende061160

b:id:denshaouji

b:id:deogolden

b:id:deokisikun

b:id:desumasu111

b:id:dewf2itb

b:id:diet55

b:id:digitalglm

b:id:dohkeshi

b:id:dokushohon

b:id:dorifamu

b:id:downtothedevil

b:id:dpan

b:id:dragomania8

b:id:dujtcr77

b:id:econatan

b:id:education2017

b:id:egao700

b:id:egaono-oto

b:id:elifechan

b:id:EllieK

b:id:emimamablog

b:id:engineerwisemethod

b:id:eniyamax

b:id:eriko_moon

b:id:eriza02160

b:id:eroyama

b:id:erumoa0

b:id:eternalcollegest

b:id:euri-kusanagi

b:id:feerique1115

b:id:fk0407

b:id:flightsloth

b:id:forComments

b:id:fortune-regret24

b:id:fosanafo

b:id:freedomdomqq

b:id:freelancer875

b:id:fruit-punch-zamurai

b:id:fukai19930806347

b:id:fuku-utsuo

b:id:fuku39

b:id:fulmoon3002

b:id:funare

b:id:fuufu2

b:id:g913

b:id:ganaonaga

b:id:gaou2

b:id:garage-kid

b:id:garigarigarikuson

b:id:garnetmoon0416

b:id:garopade

b:id:GATSBYtan

b:id:gattolibero

b:id:generic_ninja

b:id:giovannna

b:id:give1315

b:id:globalizer

b:id:gmoji

b:id:Gohang

b:id:goisan

b:id:goldblack

b:id:gootatan

b:id:gorigori_GG

b:id:gu-gu-life

b:id:gu-none

b:id:gudankduit

b:id:gundamoon

b:id:gurattoki

b:id:gustave_buzz

b:id:h163932

b:id:ha7079

b:id:ha8i1i8ah

b:id:haibisukasusan

b:id:hais-kum5926

b:id:haisetan

b:id:hal1955

b:id:halynsmak

b:id:hana7rin

b:id:hanabiagaru

b:id:hanage-works

b:id:hanamaru52

b:id:hangtime1532

b:id:hanisandayo

b:id:hanma15

b:id:happy-ok3

b:id:happy88104

b:id:happydust

b:id:hareruyatan

b:id:harienikki

b:id:Harnoncourt

b:id:haru501227

b:id:haruhiwai18

b:id:haruki19940608

b:id:Haruosan

b:id:haruusagi_kyo

b:id:hasshikun

b:id:hasuhasu8

b:id:hatebuuser004

b:id:hatetokke

b:id:hatoyu-k

b:id:hayato1999a

b:id:heartbook

b:id:hebereke2017

b:id:heibonga-1bandanya

b:id:helmet_mom

b:id:henacyan

b:id:hentekomura

b:id:hiekashi

b:id:hikarureon

b:id:hikimato

b:id:himrock5151

b:id:hinapix

b:id:hinataaoi

b:id:hinatamaboki

b:id:hir0-14

b:id:hiro19730730

b:id:hiroki0308

b:id:hironao1

b:id:hisatsugu79

b:id:hitomishirikaizen1

b:id:hitsujinoikuji

b:id:hiyapa

b:id:hiyokomother

b:id:hkstd_rock

b:id:hogehoge223

b:id:hoikorox

b:id:holstein_ojisan

b:id:homuhomuHiro

b:id:horitsukiko

b:id:hosino1977

b:id:hotmotto900

b:id:hrktksm

b:id:htmar

b:id:hukusuke39

b:id:hyoroumi

b:id:i_magawa

b:id:ichibans_shuhanji

b:id:idenizi

b:id:igadget

b:id:iGCN

b:id:ikedachiin

b:id:ikujilog

b:id:ikuko-0307

b:id:ikurazu

b:id:imdestiny

b:id:imyme_999

b:id:inmysoul

b:id:inukoblog

b:id:investravel

b:id:iRoakg

b:id:iroiroyuruyuru

b:id:ishikawayulio

b:id:issizzz

b:id:itoh1018

b:id:itsumonotakumi

b:id:iwa9ra

b:id:iwatako

b:id:izumojiro

b:id:jelly-beans

b:id:jelly3

b:id:jerich

b:id:jflkg4u

b:id:jhkblog

b:id:jinsan77

b:id:jizi9

b:id:jrockford

b:id:jubenonz

b:id:jugring

b:id:juliajewelkali

b:id:jun-datsusara

b:id:jun77lax

b:id:k_oniisan

b:id:k170215

b:id:k19d

b:id:kabu-life

b:id:KAERUSAN

b:id:kailua020

b:id:kajika-fufu

b:id:kakoid

b:id:kame710

b:id:kami2775

b:id:kamkamkamyu

b:id:kana_kuga_syu

b:id:kanakan01

b:id:kanchi_guy_nice_guy

b:id:kanechiebukuro

b:id:kanifkdlljdl

b:id:kanonote

b:id:kaochan0801

b:id:kaori-ri

b:id:kaori4cat

b:id:kapibara5168

b:id:karinasa

b:id:kasiwabara2013

b:id:kasumin0

b:id:katuyaku1

b:id:kdskun

b:id:kedamatoriko

b:id:kei-lmnop

b:id:keita-agu-ynu

b:id:kemononeko

b:id:kemoxxxxx

b:id:ken10blog

b:id:kenmoja

b:id:kenmuu

b:id:kentaro-takano

b:id:ketudairakusaemon

b:id:keystoneforest

b:id:keyumino

b:id:khawai

b:id:kibunedb

b:id:kido_ari

b:id:kikuchy

b:id:kimamalist

b:id:kimamani01

b:id:kimuyuri06

b:id:kinako222

b:id:kingxoxo

b:id:kinnosabakan

b:id:kinoshita-orphes

b:id:kirinnokurashi

b:id:kisaru

b:id:kita0909

b:id:kitaazabu48

b:id:kittysansuki

b:id:kiwigold

b:id:kiyopiko-business

b:id:kk3marketer

b:id:kkvv

b:id:kobabiz

b:id:koebi_z

b:id:koji-blog

b:id:kojimafood

b:id:koko2525

b:id:kokokaku

b:id:kokubu_ou

b:id:kokutoya

b:id:komz

b:id:konayuki358

b:id:konegiya

b:id:konkatsu011

b:id:kooonyaaa

b:id:korekai

b:id:korekai2

b:id:korino_n

b:id:koromokku

b:id:kororo78

b:id:kosodateiruka

b:id:kota_uni

b:id:kotatsumama

b:id:kotetsudesu

b:id:kotorin6

b:id:kotsu2life

b:id:koyatrader

b:id:koyosikoyosi14

b:id:kozikokozirou

b:id:ksakae1216

b:id:ku-kahan

b:id:kujoyugo

b:id:kumasi

b:id:kun-maa

b:id:kurashi_chie

b:id:kurashi-map

b:id:kuriru_net

b:id:kuro6kuro6

b:id:kuromegane1959

b:id:kuronji888

b:id:kurott

b:id:kyokocanarysan

b:id:kyu_com

b:id:le9240

b:id:lea2usagi

b:id:lemonSato

b:id:levites

b:id:li-lon-5xbp4

b:id:lifesmile365

b:id:lightasthirdeye

b:id:lindalindapanda

b:id:lisa-writer

b:id:lizune

b:id:love4pink9

b:id:LoveKaorin

b:id:lovesophia

b:id:luvthyselfnet

b:id:m-eitaro

b:id:ma-corpus

b:id:ma-macyami

b:id:maemukiworld

b:id:mahiro9119119

b:id:maikomaikomaiko

b:id:mainichigaumaretate

b:id:makimain0

b:id:makimikan

b:id:makocho0828

b:id:makoto-itimonji

b:id:mama-eiseishi

b:id:mamashizue

b:id:mamejeff

b:id:mami_tasu

b:id:mamicchi0423

b:id:mamichansan

b:id:mamiko-iwamoto-dvs

b:id:mamisinpuruseikatu

b:id:mana-cat

b:id:manatoluv

b:id:mao-nakazawa0124

b:id:marmaropeppe

b:id:marsweexavi

b:id:maru386

b:id:marumeron

b:id:marverickjp

b:id:masa10t

b:id:masa381_302

b:id:masakichi02

b:id:masakiplus

b:id:masanori1989

b:id:masaru-masaru-3889

b:id:masatygames

b:id:mashirotan

b:id:mashley_slt

b:id:maskednishioka

b:id:massoKUN

b:id:master3954

b:id:masuo-anago4649

b:id:masuosanex

b:id:mata1

b:id:mawhata

b:id:maxa55

b:id:maxminkun

b:id:mayoi_inu

b:id:mayuchandesu

b:id:mayujun0201

b:id:meganeshufu

b:id:megstyle39

b:id:meguizumicostco

b:id:megumint

b:id:meigikanagata

b:id:meitanteiconankun

b:id:mememegmeg

b:id:mendarukonba

b:id:menekidaimaou

b:id:mennou

b:id:merurin

b:id:mfigure

b:id:mhkj2

b:id:micyam-ucyan

b:id:Midas

b:id:mightymind11

b:id:milk0630

b:id:mimozax

b:id:minamaru-0411

b:id:minaminakun

b:id:minatoblog

b:id:minimal-uuu

b:id:minoruharu

b:id:miporintama

b:id:misangadayo

b:id:misojiossan

b:id:mitan_555

b:id:mitsu2567

b:id:miya_si2

b:id:miyamarin

b:id:mizue338

b:id:mizuwariwde

b:id:MK24

b:id:mm-nankanoffice

b:id:mm2013

b:id:mocchi_blog

b:id:mochico121

b:id:moet_moet

b:id:mofnokikotori

b:id:mogmogfirst

b:id:mogmogmogtan

b:id:moiharamaki

b:id:momotaeimi

b:id:momotoyuin

b:id:moneyneko

b:id:mongorianus

b:id:Moonlightdance

b:id:moru32mo

b:id:Moti

b:id:moto210jp

b:id:mottii-cocoa

b:id:mowmow18

b:id:mr_kuyou

b:id:mraka2015

b:id:mroreself

b:id:mshate0201

b:id:mshimfujin

b:id:msoasis

b:id:MumLovesTraveling

b:id:munioka303

b:id:muu-mu

b:id:mybrog

b:id:myu_kichi

b:id:n_hiro123

b:id:n-m-c-9311

b:id:n2a5o2c0

b:id:naconeco

b:id:nadanonadanotamenonadaniyoru

b:id:nagaihksk

b:id:nakanomaruko

b:id:nakaoka-j

b:id:nakatomihiroyukii

b:id:nanapekotanz

b:id:nancyara

b:id:nanpoo803

b:id:nantoka-narusa

b:id:naokorochan0926

b:id:naole

b:id:naoto0211

b:id:naox21

b:id:napeco

b:id:narumi087

b:id:nburin0529

b:id:negitoro1222

b:id:nek654

b:id:nekoburian

b:id:nekodemo

b:id:nekoraka2

b:id:nekotohina

b:id:nenesan0102

b:id:nepinepikun

b:id:netalife

b:id:netbusinessjouhou

b:id:netkajino

b:id:ngsmntm

b:id:ni-runi-runi-ru

b:id:nicchisho

b:id:nichan-nichan

b:id:nicopara

b:id:nicottowatch

b:id:night1417

b:id:nilab

b:id:NISSHI_A311

b:id:nmugi

b:id:no-name-310-007

b:id:noahsartgallery

b:id:noblejasper

b:id:noboreni

b:id:nomado67

b:id:nomanomanoma

b:id:nottari

b:id:nozno

b:id:nukoblog

b:id:nyaaat

b:id:nych87

b:id:oasistem

b:id:obsidianswd

b:id:oclife

b:id:OHAMa

b:id:ohana3

b:id:ohisamakun

b:id:ohitorisamazanmai

b:id:ohsera-subaru

b:id:oimichi1

b:id:ok723

b:id:okeiko-life

b:id:okinawapunk

b:id:omg-ox

b:id:one-chance

b:id:one00one

b:id:onigashira_3

b:id:onionpetas

b:id:ooinunohuguri

b:id:option-trade

b:id:ore_de_work

b:id:ornith

b:id:osappiro

b:id:oshasma-com

b:id:osushinocosmo

b:id:otakuchblog

b:id:otonann

b:id:outdoor-kanazawa

b:id:p-n-3-p-n-3

b:id:panda-mzlbk

b:id:papandaikuji

b:id:papiko8-l

b:id:par321

b:id:pata08

b:id:peacemanx

b:id:pek0615

b:id:peter0906

b:id:pfassistant

b:id:phantasm-takarazuka

b:id:phism

b:id:photoblg

b:id:pianokeieijuku

b:id:Pikky

b:id:pilattu0730

b:id:pinkmania0306

b:id:pinkty

b:id:playgel

b:id:pn11

b:id:pojihiguma

b:id:poko-a-poko

b:id:popman00

b:id:Pororo-CA

b:id:powerbombkun

b:id:ppinkkym

b:id:primavera-rose1108

b:id:programmablekinoko

b:id:psycholokororin

b:id:ptskunx

b:id:pu---ko

b:id:pucayu

b:id:qioqolady639

b:id:Qrokawa

b:id:r9yu25

b:id:raiannka

b:id:raiku8

b:id:rakkoara

b:id:rarasongjing

b:id:reasongomainstream

b:id:rei2017

b:id:remy0420

b:id:rena1987

b:id:reon5653desu

b:id:Repeterreservearmy

b:id:rhinocero

b:id:rico_note

b:id:rider250

b:id:rie1122

b:id:riecoro

b:id:rikubo3270

b:id:rina358

b:id:rinosayukaho

b:id:rinrio10262004

b:id:rito-jh

b:id:rkssd0717

b:id:RlE

b:id:ROCK

b:id:roll8

b:id:romantist_taste

b:id:rondon2013

b:id:roxisonin

b:id:rsk26-blog

b:id:rtaroyma

b:id:ryokusai

b:id:ryosuke1123

b:id:ryosuke888

b:id:ryutan613

b:id:s-soup

b:id:sacoolablog

b:id:saitamagatama

b:id:saiusaruzzz

b:id:sakatsu_kana

b:id:sakelog

b:id:sakura-neko283

b:id:sakuraho

b:id:sakuranbo2milku

b:id:sakusakusak

b:id:sakuyo2018

b:id:samarise

b:id:saneyuu

b:id:sankairenzoku10cm

b:id:santambo

b:id:Sanyontama

b:id:sapic

b:id:sarapan2014

b:id:sasagin

b:id:sasasan3

b:id:sasashi

b:id:SASAYAMA

b:id:sasurai-no-uni

b:id:satomi77

b:id:satorukamoshida

b:id:satouyuu27

b:id:sbedit1234

b:id:SCANTY

b:id:sea295x2

b:id:seikatu40

b:id:Seipon2

b:id:sekkachipapa

b:id:sekreto

b:id:selvege

b:id:Semi-retired

b:id:sennich

b:id:setsunaz4

b:id:sgamakun

b:id:she_through_sea

b:id:shellbody

b:id:shi-shi-shimane

b:id:shiitake1986

b:id:shimashimanegigi

b:id:shinkei807

b:id:shinnosuke51

b:id:shintya1228

b:id:shirogane27

b:id:sho-sh

b:id:ShougoMama

b:id:shuldflake

b:id:shun_prog0929

b:id:SikisimaHisayuki

b:id:simple-kurashi

b:id:simplehome

b:id:sin5

b:id:sirasupapadon

b:id:sirocco

b:id:smartstyle

b:id:smicho

b:id:snk55puwtnu

b:id:soboku-kobe

b:id:solidka2yuki

b:id:sonicdrum

b:id:soosun

b:id:sorairohanairo

b:id:soranoiroiro

b:id:soreyoung

b:id:soujinista

b:id:soul-vibration

b:id:soulgood

b:id:Speedque01

b:id:spicarisa

b:id:spikepp

b:id:srh0321

b:id:ssachiko

b:id:stargazer-myoue

b:id:stellacafe7

b:id:strawberryhunter

b:id:studio_one

b:id:studym

b:id:suama91

b:id:subetewamamorubekiasueto

b:id:sufuretan

b:id:sugachannel

b:id:sumilemondesu

b:id:Sunafky

b:id:sunamandala

b:id:sunao-hiroba

b:id:sundansuw

b:id:sunday28

b:id:suyamatakuji

b:id:sweets5

b:id:swimi

b:id:syokora11

b:id:syuhunikki

b:id:syungaku1828

b:id:syuo0130

b:id:t_mina

b:id:t-akr125

b:id:TACOMIC

b:id:tadachika_id

b:id:taguchikun

b:id:taguchizu

b:id:tai_mijinko

b:id:taitai39

b:id:takahata4274

b:id:TAKAMISAWA

b:id:takayukimiki

b:id:take--chan

b:id:take1517

b:id:Taketake

b:id:takoyakizm

b:id:Tamageta-0o0

b:id:tameyo

b:id:tanaboo

b:id:tanaka_yuuma

b:id:tapazou

b:id:tarotaroko

b:id:tatsumo77

b:id:Tatsuyang

b:id:tawashix

b:id:tebukuronosenkusha

b:id:temcee

b:id:terupianist

b:id:tiemirin

b:id:tinyoko8

b:id:tocotocokumachan

b:id:togetogenoniwa

b:id:toka-ina

b:id:tokida

b:id:tokiwoirodoru

b:id:tokushitai

b:id:tomo_king

b:id:tomoharu74

b:id:tomoiku21century

b:id:tomokoaida

b:id:Tomy103103

b:id:tongarashi

b:id:tongue_look

b:id:tononecoweb

b:id:tonsukeusagi

b:id:tonton31

b:id:Tora1014

b:id:torausa_e

b:id:torikooptimism

b:id:toshi19650104

b:id:toshio-shiratori

b:id:travel_jarna

b:id:triglav769

b:id:tryook55

b:id:tsubasa123

b:id:Tsujimon

b:id:tsukikosan

b:id:tsuteharu

b:id:tukinasikotonoha

b:id:tukkoman

b:id:tusagi

b:id:tyabatea

b:id:tyana777

b:id:typex2

b:id:ucdmtyr

b:id:uchu5213

b:id:uebouebo

b:id:ueno412

b:id:ujer

b:id:ukuk0524

b:id:umanomimini-nendo

b:id:unigame

b:id:unikurashi

b:id:unjyoryohen

b:id:unohanna

b:id:unoox

b:id:unorno1

b:id:uozumitoday

b:id:URURUNDO

b:id:UrushiUshiru

b:id:uto-blog

b:id:utukusiihibi43

b:id:Uuu29

b:id:uwasainfo

b:id:varevo

b:id:vilar5275

b:id:vitamine310

b:id:w-yakyuuboy

b:id:waffleblog

b:id:waka2light

b:id:wakax2

b:id:watakochan

b:id:watasinokurasi

b:id:willbehappy777

b:id:withTora

b:id:works_movie

b:id:wqv5mbs2

b:id:x-goblin

b:id:xeraxera

b:id:xiangcai925

b:id:xkoron

b:id:xyzkitazyx

b:id:yacooo

b:id:yagine

b:id:yahohokun

b:id:yaki295han

b:id:yakiimoboy

b:id:YamadaYoko

b:id:yamapi33

b:id:yantzn

b:id:yitaya2000

b:id:ymmmm7

b:id:yo30fashion

b:id:yogasa

b:id:yokobentaro

b:id:yokohamamegane

b:id:yokokaracc

b:id:yokoyumyum

b:id:yome-love

b:id:yone__yasu

b:id:yonjyoudansi

Permalink | 記事への反応(1) | 19:14

2019-03-29

アメリカは女差別が少ない! 訳ない

罵倒する時に

 

bitch(son of a bitch)

slut

whore (ho)

mother fucker

cunt

woman(語尾に付けたりするとこれですら侮蔑的意味合いが出る)

 

女を対象にした差別用語が当たり前のように出てくる国だぞ?

しかもコレcuntを除いてFワードSワードより軽い扱いだし

 

 

 

日本ならどんなにキレても喧嘩する時は

  

バカ野郎 

この野郎

クソったれ

クズ

ホモ

 

くらいじゃん

ま~ん はネットスラング臭すぎてリアルでは普及してないし

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん