「飴ちゃん」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 飴ちゃんとは

2019-01-21

みんな大阪を誤解している

俺は生まれから20年間大阪暮らした。

就職を機に関東引っ越したのだが、こちらの人達大阪に対して幻想のようなものを抱いていると感じた。

ここでは大阪への誤解を解き、真実を伝えたい。

1.一家に一台たこ焼き機がある。

→ない。俺の実家にはない。母親たこ焼き匂いが家に染み付くのを嫌っている。

2.大阪のおばちゃんは常に飴ちゃんを持ち歩いており、挨拶代わりに配る。

飴ちゃんをもらったこともないし、配っているのを見たこともない。

3.大阪の人が2人集まれ漫才が始まる。

→始まらない。面白いことが言えるわけでもないし、無口な人も当然いる。

4.「せやかて工藤」と言う。

→言わない。アニメの見過ぎ。

5.「なんでやねん」とツッコむ。

→ツッコまない。テレビの中だけ。

6.お好み焼きをおかずにご飯を食べる。

→食べない。考えただけで腹が膨れる。

7.広島風お好み焼き敵対視している。

→していない。普通に食べる。

8.大阪は人があったかい。

→あったかいのではない。人のプライバシーに土足で踏み込んでくる。

9.テンションが上がると道頓堀に飛び込む。

→飛び込まない。ほとんどの人には常識がある。

10.大阪のおばちゃんは豹柄の服を着ている。

普通のおばちゃんは着ない。あれは大阪の中でも特殊存在

以上だ。大阪はみんなが思っているよりも、いたって普通場所だ。

2018-11-28

中学3年まで特別支援学級だった自閉症児の息子が大学合格した

 参考になるか知らないが、適当に綴ることにする。

 語尾がバラバラなのは許せ。(気が向いたら編集するが)

まずは生い立ちから

 3歳になっても言語を全く話せず、クレーン動作を始めとした典型的自閉症状を示していたため、児童センターを介して専門機関受診したところ、聴力も問題なく知的障害自閉症)との確定診断。

 そのまま知的障害者の扱い(療育手帳交付)。

 応募した私立保育園には全て断られたものの、自宅から少し離れた市立保育園へ無事入園

 「知的障害児」ということで、ほぼ専任のような保育士さんを増員していただき、時々奇声を上げて脱出を企むながらも、最後まで追い出されることなく何とか卒園

 保育園の間は、ずっと会話は不成立。

まずテレビを捨てました。

 3歳でビデオデッキ操作(VHSカセットの交換・スロー再生・逆再生等々)をマスターしていたものの、毎日テレビの前でビデオ操作しながら、全く同じシーンを延々繰り返しながら奇声を上げて踊ってる有様。

 確か「お母さんと一緒」のビデオだったと思いますが、キメのポーズのところで一緒にキメて、そりゃ見てて可愛いわけですが、親からの会話は理解できていない。

 テレビに映った、いわゆる芸人さんの笑いを(意味も分かってないくせに)オウム返しし始めたあたりで、これはヤバいと感じ、(当人は知らない)裏のコンセントをコッソリ抜いて「テレビさん壊れちゃったみたい」ってやってやりました。

 しばらくは寂しそうにしていたのですが、何ヶ月かしたら、直ったか試すこともしなくなったので、未練がなくなったのだろうとテレビごと廃棄。

 たしか4歳か5歳の頃だったと思いますが、この時から自宅からテレビがなくなりラジオだけの生活になりました。寝る時に子守歌かわりの童謡CDを流す習慣にしていたのですが、高校1年くらいまでは寝る時に自分操作して鳴らしてましたね。(ずっと川の字です)

 テレビがなくなると空いた時間を埋めるべく、絵本をめくったり、オモチャを手にしたり、パソコンに興味を示したりするようになりました。テレビは捨てて正解だったと今でも確信しています。(モニターDVDは視聴可)

小学校先生に恵まれました

 発語はあるが会話は成立しないのですから小学校は当然にしてストレート特別支援学級です。

 集団登校には親の同伴を求められたので、6年間ずっと同伴通学でした。(とは言え、後半は列の後方から見守る程度ですが)

 「環境の変化」と「予想しない事態」に極度のストレスを感じるのが自閉症児の特徴なのですが、特別支援学級の1年生~5年生まで、担当教諭の異動がなかったことが幸運安心すると精神状態が落ち着くんですね。

 特別支援学級教諭って、ナニかワケありで左遷ポストみたいな雰囲気があると思うんですが、1年生~5年生まで担当して下さった教諭は全く違ってました。

 言葉で書き尽くせないのですが、自閉症児では健常児以上に苦手なところが多いのですが、無理矢理に克服させようと正面突破させるのでなく、苦手なところを避けて歩く方法みたいなことを息子に伝授してくれたように感じます

 予期しないことが起きるとパニックに陥って奇行が始まるのですが、先に予定が分かっていて、その予定どおりに進行すればパニックは起きにくく、そういう特性最初から見抜いて下さって、本当に上手に導いて下さいました。

 伊藤先生、今でも感謝しきりです。(年賀状は欠かさず(息子に)出させてます

ほぼ毎週のように外出しました

 息子にはとにかく外界からの刺激が必要だと思って、ほぼ毎週、公園だの何だの、とにかく外へ連れ出しました。200キロ距離にある実家へは毎月通ったり、とにかく土日2日とも家に籠もっていたことは年に数えるほどだろ、という位に連れ出しました。

 電車が好きだったので、環状線一周(全ての駅で降りて看板写真を撮る)みたいな、そんなオタッキーなこと喜ぶ児童がいるのか?みたいなことやってました。時効から打ち明けますが、1区分切符でずいぶんと遠回りさせて頂いたこともあります

 地名や駅名とかはすぐに覚えましたね。

 実家へは(下道で行くと)幾つものトンネルをくぐるのですが「このトンネル最後」みたいなこと言ったり、いついつにこういうことがあった、みたいな何年も前のことを年月日まで揃えて呟いたり、とにかく記憶力だけは半端ない

 ちなみに息子と年子の妹(健常児)がいるのですが、彼女存在も大きかったように思います。友だちのいない息子にとって、唯一の同年代の子どもが妹だったのですから

 特に小さい頃の妹は兄の障害のことが分からないので、時々は手を繋いだり引っ張ったり(兄のほうは照れて逃げ回ったり)、それはそれは友だちのように接してくれたのですから

JRウォーキング企画に連れ出しました

 家族での外出のほか、JR沿線企画するウォーキングに猛烈に参加しました。

 参加するとスタンプが貰えるのですが、有効期限内にフルコンプリートして最上位の景品を貰えるくらい、1級障害者じゃないので運賃は安くならず、相当お金はかかりましたが。

 他の子達と同様、かならず電車最前列に張り付いて、運転手さんの呟き(点呼)をオウム返し。運転席に手が届くような、どこぞのローカル線に乗った時は、運転手さんが息子の点呼(出発シンコー)に合わせてマスコン操作してくれたりで、電車が大好きになったようです。

 あと英語ナレーションも覚えたみたいで、英語が流れないローカル線でも自分英語で This train ・・・ Bound for ××× Thank you! って大きな声で「通訳」すると、周囲の大人が褒めるもんだから、より調子に乗って・・・みたいな。

 10キロとかの健脚向けコースに参加しているときなんかは、おばちゃん達が「小さいのに偉いねぇ~」って飴ちゃんくれたりするものの、会話が成立しない(がんばって1往復)うえに当人は飴なるものを口に入れたがらず。

 食へのこだわりが強烈で、少しでも怪しいものは決して口に運びません。妥協なんてありえないのです。

パソコンに息子用のアカウントユーザー権限)を作って使わせました

 ヤフーキッズブラウザデフォルトにしたのと、使用時間制限(夜の9時だかを超えると使えなくなる)したくらいで、基本的にノンフィルターで使いたいように使わせました。

 パスワードはかけてなかった(息子も自分でかけようとしなかった)ので、時々何をしてるか監査してましたが、Youtube で馬鹿映像を見てるほかは名探偵コナンを追いかけてる風。あとドラえもんプリキュア(笑)

 年頃の男の子が興味を示すサイトへは立ち寄った形跡もなし。アニメ芸能関係Wikipedia更新もやってたみたい。

 基本的には「泳がせながら監査」という状態を続けましたが、ずっとパソコンで遊べるわけじゃありません。

 時々妹がやってきて「私もパソコンを使いたい」って言う話になれば、兄に勝ち目はないので、みすみすパソコンを奪われることに。

 まぁずっとパソコン漬けはよくないし、時々はパソコンを奪われたほうがいい(占有じゃなくて分け合う)と思うので、パソコンを追加することな喧嘩させる選択(妹相手喧嘩練習をしておけ、と)

5年生くらいか運動会で息子が見つけれなくなりました

 3年生か4年生くらいになると、少しずつ会話が成立し始めました。

 その奇行ゆえ、運動会では常に、どんな遠くからであっても、あれが自分の息子だ、って識別できていたのですが、5年生の運動会くらいからでしょうか、一生懸命に探さないと見つけれなくなりました。

修学旅行に息子だけで行けました

 小学校入学当初は「修学旅行へは親さんも同行してもらうことになりますから(同行できないなら修学旅行は無理です)」って言われていたのですが、伊藤先生の後任の女性教諭も「大丈夫でしょう」と。

 無事に一人で(同級生と)行ってきました。

 プラスチックの刀を土産に買って帰ってきましたが、どこが気に入ったのか今でも理解不能。

卒業式

 養護教諭フォローなしに壇上で卒業証書を受け取る息子を見て涙が出ました。

中学特別支援学級

 奇行も減って落ち着いてきたので、普通学級でも辛うじて何とかなるかも?って言われつつも、他の生徒さんに迷惑がかかるといけないと思い特別支援学級希望

 2人の学級で、これまでは異学年の混合授業だったのが、初めての同級生が出来ました。

 しか女の子! だけど家庭の事情引っ越し)で1年で転校して行ってしまいましたが、別れの日は私物を整理して親と一緒に帰る時間見送りに行ったようです。買って持たせた花束の中に、コッソリ前年の年賀状の余り(自宅の住所が印刷されている)を忍ばせておいたのは私なのですが、お礼状と共に今でも年賀状の往復だけ続いています

 その子もワケありなんだけど、息子とは特性が違う(不得意分野が違う)ので、嫁さんになってくれるといいんだけどなぁ~とは心の中の声。

同学年の女の子を好きになる

 気に入った女の子が出来たみたいなのですが、息子の挙動があまりキモかったらしく、当人から拒絶されたうえに親にも厳重注意

性的なことをやったわけじゃありません)

 当人は加減を知らないし、女の子のほうも自閉症児につきまとわれるのは嫌でしょう、分かります

混合授業を希望する

 中学校の特別支援学級担任は、父兄の間で評判の良くなかったらしい教諭が着任して翌年に異動とか、産休予定の教諭が数ヶ月だけ担当して交代とかアレな風でしたが、本人には良い意味で刺激になったよう。

 3年生になり進路が気になるころ、どこへ進学するかはともかく、特別支援学級という超少人数学級じゃなくて普通学級にも慣れておかないと選択肢がないと思い先生相談

 数学理科は進度が全く違うという理由NG が出たものの、それ以外は何とかなるだろうと(授業の妨げになるなら追い出す条件で) OK

 7割は同じ小学校から上がってきた生徒で一応は幼なじみ。1学年50人ちょっとギリギリ2クラス)という少人数な学校だったこともあり、先生の目が行き届きやすいという判断もあってのことだろう。

 JRウォーキング企画を始めとして外にばっか連れ出したおかげか、地名都市位置関係)に関しては健常児を超えていたと思う。

 理科小学校から全く履修していなかった(見込みなしと見捨てて他の教科に割り振られた)のだけど、履修してない教科があったのに卒業できてしまうとは。

偏差値40弱の普通高校合格する

 その下は定時制しかないというランクのところではあるものの、「荒れてない」という理由だけで選択した公立高校に無事に合格

 たまたま定員割れしていた年で、落ちた生徒はいなかったと思うのですが、翌年は定員超えしていたので1年ずれてたらヤバかったかも。

義務教育期間・無遅刻無欠席を達成

 9年間、無遅刻・無欠席ということで学校と市から表彰されました。

 ちなみに一つ下の妹のほうも同じく9年間無遅刻無欠席。

 4歳だか5歳の頃に妹のほうがキャンプに行きたいというので「キャンプ場は遠いよ」って言って大正池から徳沢まで歩かせたり、お山に行きたいと言われれば「山小屋売店であって泊まるとこじゃない」と諭してテント背負ってガチ登山に連れて行ったり、ロープウェイに乗ってみよう!って誘っておいて「入り口は上にあって登らないと乗せてくれない」って登らせて下りだけロープウェイとか、とにかく欺しまくりました。

 温泉に行きたいって言われて湯俣温泉に連れて行った(吊り橋の先の河原で掘って「これが温泉だ」って)のが最凶だったと自覚してます(小2+小1)

 よって、うちの子たちは本当に頑丈です。

高校普通学級で頑張る

 中学までの26~27人学級と違って、40人近い教室で、一人も知り合いのいない学校。つまり他の生徒も息子の特性を知らない。

 小学中学は通しの生徒が多いせいもあって、息子がワケありってのは全校生徒のみならず、その親にまで知れ渡っていて、わざわざ寄りついてくる奇特子どもはいなかったのだけど、高校では最初のうちは先入観なく普通に接してくれたみたい。

 同級生から寄りついて来られたことのあまりなかった息子は話しかけられただけで「友だちができたかも」って思い込んで家に帰ってニコニコ自慢してましたが、それが「ぼく友だちいない」に変わるのはそう遅くはありませんでしたけど。

 とはいえ、友だちが出来ないまま15歳まで過ごしてきてるので、全く気にならないようではあります

 年に数回、学校開放みたいな行事があって親も観に行っていい日には出かけたのだけど、偏差値が低い=ガラの悪い生徒が多い という先入観を見事に打ち破ってくれました。いやほんと、殺伐感の全くないノンビリした校風の良い高校で良かった。

 迷惑をかけるのだからせめてもの恩返しということで、学校保護者委員?(PTAに近いと思うが、もっとイージー)は進んでお受けし、時々校門にたって挨拶運動かに参加したわけだけど、先生命令に従って渋々挨拶してるような感じはなく、どの子自分言葉挨拶してくれて、挨拶運動に参加するのはとても楽しかった。

JRウォーキング企画に一人で参加するようになった

 高校になってから自我が芽生えたか、親と出かけるのを嫌がるようになり(本気で拒絶するほどでもないが)、親としても自立する方向に誘導しないといけないため、JRウォーキング企画に一人で参加することを許可

 前日までに行程(電車の乗り継ぎを含む)と予算を紙で提出すれば金は出すという条件で。

 コンビニの外ベンチにDSを置きっぱなしのまま買い物に行って、案の定その間に置引きされたときがあるんですが、ちゃん自分交番に行って遺失物届を出してきたり、普通じゃないながらも何とかなる次元には成長

大学見学会大学進学に目覚める

 学校行事か何かで、家から最も近い私大偏差値40~50クラスか?)の見学に行って、学食としてマクドナルドみたいなバーガー屋を含む何軒もあったりで感動したのか、コンビニなんてもの学内にあることに恐れ入ったのか、コナンに出てくる大学生のイメージと重なったのか、どういう訳でか知らないが大学なるものに興味を持った模様。ただし、最初に見に行ったそこだけが気に入ったみたいで、他の大学へは見学すら行かない。

最後文化祭の劇で一躍ヒーロー

 高校になると授業参観なるものが滅多にないのですが、高校3年の最後文化祭(平日)へは仕事を休んで観覧。

 劇で何の役をやるのか教えてくれなかったので、観に行くことも言わずに黙ってビデオ回しながら見てたのですが、ステージの袖からナレーター(司会だったらしく)として登場したところで目を疑う。

 名探偵コナンナレーション意識しているとハッキリと分かるのですが、恐らくは普段の息子と全く違うキャラだったこともあってか、会場の体育館は大爆笑の渦に。適度なアドリブ(意外性に沸く観客生徒に向かって「ありがとう!」って言ってみせたり)を交えたり、完全に自分世界に没入していたのだろう、とにかく凄かった。

 審査表彰式まではいなかったのだけど、息子のクラス最優秀賞を、息子は最優秀個人賞を、それぞれゲットした。

指定校推薦という優遇枠でありながらも大学合格しました

 進路指導先生からの「なりたい職業に応じて学科を絞って学校を選ぶべきだ」という助言を無視する形で、第一希望~第三希望まで全て前述の大学にある学科で、文系理系おかまいなく・・・という風に進路希望を出していたので三者懇談では「本当にいいのか?」って迫られたけど、「息子が大学に行きたいと思ったキッカケは、そこの大学出会たからです」なのだから仕方ない。

 いわゆる進学校ではないため、一般入試での合格絶望的だろう、と先生から言われ、最初最後のチャンスということで指定校推薦に応募

 そもそも、その下には定時制しかないような、こう言うと悪いんだけど学力的には良くない生徒の集まる学校だったのだけど、挨拶運動で感じたようにガラの悪い生徒はおらず、確かに当たりは少ないけど外れはいない、そんな学校ゆえにか「指定校推薦」という枠が設けられていたのは凄い幸運だった。(誰しも外れを引くことを恐れるわけで)

 第一希望学科(息子はパソコンが好きだったのでそういう系)は成績が足りないと言われ、第三希望くらいのパソコンとは無関係なところだったら・・・みたいなこと提案に乗って応募。ちょまどさんだって文系大学なのにプログラマやっててマイクロソフト行かれたんだから、その気があればどこの学科であってもパソコン仕事はできるのよ。

 劇のナレーターで最優秀個人賞をゲットした余韻もあってか、上手に面接をこなしてきたのと指定校推薦で落ちるのは難しいという条件が重なって、無事に合格の通知。

 

社会で自立できるか知らないが

 高校3年でやっと中学生?ってくらいの状態なので、大学卒業できるか知らないが、ちょうど卒業時点で高校生くらいの状態になるかもしれない。

 完治は無理、喋らなければバレない、くらいが限界なんだけど、健常児を遙かに超える得意な分野があるので、そこだけ見て、ダメなところは諦め。

 ただ普通の子に近づいたせいか、幼少期に感じた「ありえない記憶力」とかの特殊能力は徐々に衰え、ヒゲも生えだして、すぐに忘れる平凡なオッサンに近づいてることに寂しさも。

 仕事に就けるかどうかは分からないが、とにかく社会に出るまで大学生の身分に甘んじて時間稼ぎしてろよ、と

2018-11-02

新人をいびるお局になって、5年後

なんかの記事を読んで、久しぶりに増田に書き散らそうと思ってログインしたところ、5年前に書いた日記が出てきた。あまりの懐かしさに書こうと思っていたことを全部忘れたので、せっかくだし忘備録として、あの生意気な後輩のことを書こうと思う。

わたしはお局になってしまった

https://anond.hatelabo.jp/20130619155614

生意気新人が入ってきてひたすらイライラしていたという話だ。当時は社会人4年目、少しばかり仕事も覚えて、後輩もできて部署メンバーの仲も良く、仕事が楽しくなってきた矢先の話だったので、それはもう彼に世界をぶっ壊された気がしていた。今となってはお恥ずかしい限りだ。

ありがたいことにこの醜罵詈雑言ブコメも沢山もらって、4年目ごときの小娘がお局なんて片腹痛いわみたいなことも言われて、当時はナニクソこの野郎と思ったものだが、今思えばその通りだなあと感じてあまりのほほえましさに自分で笑ってしまった。

**

あの日記を書いた後、ブコメに小娘がどうこう笑われて腹が立ったので、こうなったら真のお局になってやるわ見てろよブコメどもと思った。返事が返ってこなくても毎日大声で挨拶をして、嫌な顔されても何かにつけてしょうもないことで話かけ、飴ちゃんはいるかと聞いていらないと言われても無理やり押し付け、顔色が悪ければどうした早く帰れと言い、空調の風で寒そうだったらショッキングピンクのど派手なひざ掛けを無理やり掛けてやったりした。もう半ば嫌がらせだった。

なんやかんやで結果的に、あの日記を書いて1年も経たないうちに、彼と打ち解け、すごく仲よくなった。

特に仲良くなるきっかけがあったかどうかは全然覚えてない。気が付いたら、彼の慇懃敬語はいしか消え、私にため口をきくようになったし、普通に笑うし、私の肩も軽口も叩くようになり、私の引き出しを勝手に開けてはお菓子をチョロまかすようになっていた。

これがもう、本当に滅茶苦茶嬉しかった。あ、なんか心開いてくれたっぽいぞ!ってわかったし、なによりすごく声がやさしくなったし、私のくだらない話に笑ってくれて、見たか私のお局力!ドヤ!みたいな気分だった(この時は、お節介おばさんとお局様の差が、あまりわかっていなかった)。

そうなると自然仕事でのコミュニケーションが円滑になり、何かあれば彼もすぐ相談するし、もともと地頭はいいのでこちらもいろいろ相談するようになり、頼り頼られみたいな感じで、先輩と後輩とも知らないうちに打ち解けて、彼が入社する前よりも平和な仲良し部署になっていた。

そういえば、店員への横柄な態度もいつの間にか丁寧な態度になっていた、というか、むしろ一番気を遣うようになっていた。飲み会も一番楽しそうで、酒の量はセーブしながらもいい感じに盛り上げてくれて、おまけにカラオケもうまかった。慇懃無礼で隙あらば睨んできていたやつが、明るく楽しい普通チャラ男になった。

**

私たちのいた部署親会社に吸収されることになった。

親会社はこの平成も終わらんとする時勢にあって非常に昭和的な会社だったので、女子お茶汲みコピー以外の枠がないらしく、私だけ一般職格下げで皆と一緒に親会社へ出向する、もしくは、全然関係ない部署配置転換、という選択を迫られることになった。

一応、専門知識必要部署にいて、それなりに経験を積んで勉強もして大きな仕事を任されたりしていただけに、この状況はすごく辛かったし悔しかった。ただ救いだったのは、私以上にみんなが怒ってくれて、上司も先輩もどうにかならないか上に掛け合ってくれたし、「今すぐタイでも行ってつけてもらってこい!」みたいな本気だか冗談だかわからない言葉もありがたかった。中でも一番怒ってくれたのは彼で、役員室に殴り込んでサーバーをぶっ壊す勢いなのを必死で宥めた。こいつ相変わらずだなと思う反面、これだけ私のために彼が怒ってくれるのがすごく嬉しかったのを覚えている。私のやってきたことは会社に認めてはもらえなかったけど、彼らがこうして評価してくれていたんだなと思うと、不思議と怒りは沸いてこなかった。

こうして私だけ去った後の部署は、これがもうびっくりするぐらい空気が悪くなった。理不尽な異動に腹立しながらも古い体質の役員から自分と後輩を守ろうとする先輩と、こんな時代遅れ差別断固許すまじ討ち入り上等の彼、その板挟みになった後輩に、親会社の無神経なメンバー仕事のできない別の上司が加わり、それはもうしっちゃかめっちゃかになっていた。最初は微かだった不協和音はみるみる大きな歪みになり、最終的には、先輩と彼は口もきかなくなった。後輩はオロオロするばかりで、3日に1度ぐらいお菓子をせびりに来ては、やりづらいと愚痴って帰った。さら上司もどうしたらいいのかわからず、ただただものすごく空気が悪く、もはや誰にも修復不能なまでになっていた。

私がいたらあん空気にさせないのにという無念と、私が異動したせいでああなったのだという自責と、ただ私の力ではどうしようもなかった無力感と、とにかくもう見ているだけで本当に辛く、人間関係ってスイッチ一つでこうも変わってしまものかと思って茫然とした。

私が転職することになって、元部署メンバーが集って送別会を開いてくれた。この時には、もはや会話らしい会話をしていない彼らだったが、私を気遣ってか以前みたいに、和やかで楽しい雰囲気を作ってくれた。会社を辞めるにあたって、彼らのギスギスがとにかく心配だったが、ぎこちないながらも言葉を交わす様子を見て、これで少しでも元の状態に戻ってくれたらと思った。だがその矢先、3次会で入った居酒屋で、些細な切っ掛け、本当に些細だったと思う、彼が先輩の胸倉をつかんでの怒鳴りあいになってしまった。親会社のやり方に不満を抱きながらも、後輩たちの立場が危うくなると感じて収めるように諭してきた先輩に対し、私や後輩(繰り返しややこしいが彼にとっては先輩)がここまでコケにされて言い返せない先輩に不満を抱いていた彼が爆発してしまった。周りの人も騒然として、何とか割って入ってことを収めたものの(なお後輩は気付いたら後ろに逃げていた。危機管理のしっかりした男だ)、これが決定打となって、彼らの関係は完全に決裂してしまった。その後、ドロドロの展開は私の去った後の話なので割愛するが、裁判沙汰にもなり、私が辞めた数か月後には彼も会社を辞めてしまった。

最後送別会で帰り道に彼が言った「(私)さんが上司だったらよかったのに」という言葉を思い出す。扱いづらくて癖の強い男だったが、可愛くて素直で優秀でまっすぐな男だった。なんでみんな、彼を上手に使ってあげられないのか、すごく不満だった。彼が私を認めてくれたことが嬉しかった半面、自分に彼を使ってあげられる力がないのがすごく悔しかった。仕事を頑張って、それなりの地位につきたいと思うようになったのは、それからだろうか。まあ、現実には失敗ばかりのダメ社員で、自分仕事で手一杯なので地位云々なんてもってのほかの話ではあるが、何かあれば人を守ってあげられる立場人間になりたいと思うようになったのは、彼の影響だった。

結局、彼がいまどこで何をしているのかは全然知らないのだが、さっき自分日記を読み返して、辛い思いをしていないかなあ、元気にしているかなあ、うまくやっているかなあと心配になってきてしまった。

2018-08-19

大阪のおばちゃん」って何?

大阪のおばちゃんメディアや会話の中に出てくる大阪のおばちゃんはだいたいうるさくて馴れ馴れしくて厚かましくてケチパーマをかけてて飴ちゃんをくれるヒョウ柄(虎柄?)を着たおばちゃん

この大阪のおばちゃんが良い意味として使われてるのを見たことがない。せいぜい明るいとか人情味があるとかで大半は対象揶揄する言葉として使われている。

大阪のおばちゃんみたいと言われて喜んでる人見たことがあるだろうか?大阪のおばちゃんという言葉を誉め言葉として使っている人を見たことがあるだろうか?

大阪の(特定地域)おばちゃん(中年女性)である特定地域中年女性を表すだけの言葉であるはずである

大阪に住む中年女性はただそれだけで笑い者のコンテンツとして扱われなければならないのか?

ステレオタイプなんてどこにでもある?気にしすぎ?でも大阪のおばちゃんほど住んでる場所まれ持った性別だけで存在のものをこれだけメディア揶揄の道具にされてる人達っているだろうか?

2018-07-26

anond:20180726150405

殺意パラメータ

① 🍭飴ちゃんもらう

② 👧

③ 👦

④ 💩快食快便

⑤ 👩ママンの手料理

⑥ 💰💰💰

どれで落ちるでしょう?

2018-06-16

anond:20180616155136

外国では容姿関係ない仕事男と女を同等に扱う

と言ってるのは増田さんであり、そんな証拠もないし、私がそんな事微塵も言ってないのに、

理由を述べよとか、頭沸いてませんかね?

飴ちゃんでも舐めててね。

2018-06-04

ロリコン飴ちゃんあげるからおじちゃんについておいでを対等な交渉と認めろと主張するが

ロリコン権利が認められた世界では親が幼女にその辺の相場観を叩き込むので交渉レートはぐんと上がりそう

2017-11-10

anond:20171110210800

そのお友達彼氏さん)との仲を逆に、(自分の事を訊かれる前に)先にきくようにする。

話題を変える

 なんか喉乾いてきた、など、堂々と話の腰を折る。

 ポケットに飴とか買っといて、「飴ちゃん買ってたんだった、どうぞー」いきなり周りにくばる。

・・・なんどか繰り返しても(何度もわざとらしくはぐらかせば、普通察するはずだから)、

その友達彼女さんがしつこく訊いてくる場合は、やっかいな人かも💦

★逆に質問する

ええ?どうして、ぼくの(私の)事ばかり聞くの~😊 どして❓ にこやかに

そういうの訊かれるの、苦手だなぁ。苦手~。😊あくまで、すごくにこやかにくぎを刺す。

2017-02-03

いえすりゅうかくさん!

風邪ひいたとき龍角散舐めるか舐めないかで喉の調子全然違うので本当に龍角散は素晴らしい飴ちゃんだと毎回再確認、再々確認、再々々確認

でも絶対一度の風邪で食べ切れなくて次の風邪ときにでも…て忘れ去ってしまうのも毎回のこと。

10個くらい入ってるのもあるけどやっぱり大袋ので買いたいじゃない。

2016-10-05

ヴィックスは個包装にしてくれ

のどの痛みに効く飴ちゃんのヴィックスは1袋あたり5個入ってるけど、

一回の使用量が

  • 15才以上 : 3個
  • 5-14才 : 2個

からどう頑張っても余って湿気ってしまうんだよな

2015-12-22

増田書き込んでないで働けジャンボアメフラシ。

飴ちゃんやるから

2015-05-24

キモくて金のないおっさん」を救いたい

キモくて金のないおっさん(´・ω・`) キモくて金のないおっさんはどうしたいの? どうしたらしあわせなの? 金持ちうつくしい女性キモくて金のないおっさん結婚してあげてよ(´・ω・`) キモくて金のないおっさんにだれか美容整形代としてお金をあげてよ(´・ω・`) キモくて金のないおっさんはえーんえーんって毎日泣いてるんだよ(´・ω・`) よしよし、いい子だから泣かないで、飴ちゃんをあげようって笑顔で話しかけてあげてよ(´・ω・`)

ぼくはキモくて金のないおっさん世界で一番の弱者だと思う。踏みつぶされるありんこよりも弱っちいと思う。キモくて金のないおっさんは「おかあさん、今日職場で年下の上司にいぢめられたよぉ〜(´・ω・`)」ってお母さんに泣きついてるんだ(まるで子猫のようにね!)。毎日毎日(´・ω・`) そうするとお母さんは「たかし、あんたもういい歳なんだからしっかりしなさいよ。あたしもいつまで生きてられるかわからないから」ってヨシヨシするんだ。キモくて金のないおっさん(´・ω・`) もうね、ぼくは涙が止まらないよ。

この世は狂ってるよ(´・ω・`) キモくて金のないおっさんばかりが泣いているんだ。キモくて金のないおっさんハロワ帰りにコンビニで買った酒を片手に公園のベンチに座って、すぐそこを元気に走り回る子供たちを見ながら、「ああ、おれも生まれがちがったらあんなかわいい子供がいたはずなのに……(´・ω・`) 休日はパパーって娘に抱きつかれてさ。ははは、それがどうだよ、惨めなもんだろ?」ってため息をつくんだ。

キモくて金のないおっさん(´・ω・`) キモくて金のないおっさんはだれにも同情されない。みんなに死ねって言われてる(´・ω・`) キモくて金のないおっさんだって人間なんだよ(´・ω・`) おちんちんだってまだ元気だ。「おれの息子は18cm」なんてネットに書き込むけど、ほんとは短小なんだ。でもぼくは馬鹿にしないよ。キモくて金のないおっさんだってプライドがあるってことなんだよ。「おれはまだ男としてヤレるのになあ(´・ω・`)」キモくて金のないおっさんはそう思ってるんだ。でもキモくて金のないおっさんキモくて金がないから女性に相手にされない。だれか相手にしてあげてよ(´・ω・`) キモくて金のないおっさんがかわいそうだよ(´・ω・`)

キモくて金のないおっさんはどうしたらしあわせになれるのだろう。だれかキモくて金のないおっさんをたすけてあげてよ(´・ω・`) このままじゃみんな自殺ちゃうよ(´・ω・`) ぼく、やだよ、キモくて金のないおっさんが死んじゃうなんて。たしかキモくて金はないけど、キモくて金のないおっさんキモくて金のないおっさんとして価値ある人間なんだよ(´・ω・`) みんなちがってみんなイイ!

ぼくはキモくて金のないおっさんってすごいと思うな。だってキモくて金がないのに生きてるんだから。それって十分尊敬に値することだよね。ふつうのひとじゃこうはいかないよ! すぐに死んじゃうだろう。でも世間キモくて金のないおっさんのすごさを理解しようとしないんだ(´・ω・`) キモくて金がないのに生きてるキモくて金のないおっさんはとっても立派だし、超人的な精神力をもってるってことを理解しようとしないんだ(´・ω・`) キモくて金のないおっさん世界で一番の弱者であると同時に、世界で一番尊敬に値する人物であるということをだれも理解しようとしないんだ(´・ω・`)

ぼくはキモくて金のないおっさんに、キモくて金がないからって自殺しないでっていいたい(´・ω・`) キモくて金がなくて痔がひどいとか、キモくて金がなくて指の毛が濃いとか、そういう状況だったらまあ仕方ないかなって思うけど、キモくて金のないおっさんキモくて金がないだけなんだよ! ね? びっくりしたでしょ。キモくて金のないおっさんキモくて金がないだけなんだ。むしろ人間として必要ものほとんど整っているんだ。そんな状況で自殺するなんて馬鹿だよ。大馬鹿野郎だよ(´・ω・`) キモくて金のないおっさんで集まってオナニー大会でもしたらいいじゃない。キモくて金のないおっさんで集まって合コンしたっていいじゃない。キモくて金のないおっさんで集まってユニクロ行ってファッションショーしてもいいじゃない。死んじゃやだよ、キモくて金のないおっさん(´・ω・`) 死なないで(´・ω・`)

世界中人間キモくて金のないおっさんのことを嫌っても、ぼくはキモくて金のないおっさんのこと大好きだよ!

2014-08-24

東京XX

東京ESP東京喰種トーキョーグール、とか言う名前漫画最近アニメ化してる。

さて、大阪出身の筆者が「もしこれが東京じゃなくて大阪ならどうだろう」と考えてみた。

大阪ESP

へー超能力使えるんや、すごいな。

ほな儲けさせてーなー?え?出来ひん?能力限定

悪いこと?そんなんしたらアカわ!

ふーん、そういう力なんや?便利やな。

<終>

大阪喰種:

え?どないしたん?なに、人間しか食べられへんようになったん?

けったいやなぁ!

え?コーヒーはええん?ほな、ほれ、コーヒー味の飴ちゃんや!

ほら、コーヒーの味入れてみたホルモンや。

どや?いけるん?

問題解決>

<終>

話にならん(いい意味で)

2014-08-01

最近

保険屋のおねーちゃんにやたら絡まれる。

暑いしんどい、帰りたい。でぼけーっと仕事してるからコイツ絶対簡単に契約とれるわー」とか思われてんのかな。

かわいい子と喋れて、連絡先貰えて、飴ちゃんまで無料でくれるから、なんて素晴らしいサービスなんやとは思ってんねんけど。

合コンでもお願いしてみようかな?

2011-04-06

魔法少女まどかどうでしょう

大泉なまら気味悪いじゃないの藤村君。』

藤村『さっきビルの隙間の結界くぐったでしょう。ここらはもう魔女テリトリーなんですよ~。』

鈴井『そこらじゅうにちっこい化け物がいるね。』

藤村『こいつらは使い魔といって、魔女の手下です。』

大泉藤村君みたい馬鹿面がこんなにたくさん。』

藤村『頭のリボンで首絞めるぞすず虫。』

嬉野あんたたち戦闘前に喧嘩はやめなさいよ。』

鈴井『ほら前見て。開けた場所に出てきたよ。』

大泉『おいおい、これはもうなんだい、お菓子だらけじゃないの。隅っこにあるずんだ餅なんてのは大好物でしょうミスター。ほら、さっさと食べなさいよ。』


ミスター生き地獄


藤村『あそこのながーい椅子に座っている飴ちゃんたいな頭の人形が、魔女…のはずです。』

大泉『はずってなんだい君。調べてないの?』

鈴井『さっき車で確認したよね。』

藤村『あれが魔女だって。』

大泉『君が言うことはね、いちいち当てにならないんだよ。わかった、じゃあみんなで倒そう。ほら、嬉野君、早く変身して。』

嬉野『僕一人だけかい?』

大泉『当たり前でしょ~。僕はアカプルコに行くんだと思って海パンしかもってないんだよ。戦うんだったらもっとちゃんとした服買ってくれよ。』

藤村『じゃじゃじゃあ、わかったわかった、まずはね、嬉野先生にビシっと突撃してもらって、そのあとビシッと大泉さん契約してもらって、ビシッと魔女を倒しましょうか。』

大泉『その水戸黄門たいな演出が君のディレクションかい?』

鈴井『やばいよ、やばいよ、魔女動き出したよ。』

藤村『そんなもんみりゃわかるでしょ、ミスターあんたは壁につっかかってるアップルクーヘン食べてなさいよ。』


ミスター生き地獄再び


大泉嬉野先生順調じゃないの。』

藤村『そらそうだよ。百戦錬磨だもの。』

鈴井『口から何か出てきましたよ。』

大泉『なんだいあれ、○ッキーじゃないの。』

藤村あんテレビなんだからちょっとは発言は慎みなさいよ。』

鈴井『やばいって。近づいてるって。口開いたって。』

大泉嬉野君、まずいんじゃないの。』

嬉野『あぁぁぁ。』


嬉野先生、撃沈


藤村『これは想定外ですよ~。』

大泉『君は想定外ばっかりじゃないか想定内ことなんて一度でもあったかい?』

藤村大泉さん、早くしないと。ほら、ここに契約して。ビシッと魔女倒しなさいよ。』

大泉藤村君、君はね、出会ったそばから契約しなさいよ、早く契約しなさいよ、

すぐ契約しなさいよ、って僕をこの魔法少女にすることしか頭にないだろう?』

藤村『いやっていうのかい。』

大泉『いやに決まってるでしょ。魔法少女なんて、なってみないとどんな武器持つかわからないんだよ。弓とかだったらいいけど、旧石器時代の斧みたいな、こう敵を叩く度にね、縄がボロンとはずれる出来損ないの武器しかもたせてもらえなかったらね、魔女狩りどころじゃないんだよ。』

鈴井『まずいよ、こっち来てるよ、早く逃げないと!』

藤村『うるさいよミスターあんたはそこのあんこ入りのおやき食べてなさいよ。』


あんこ入りのおやきを食べているミスターをよそに、遅れてやってきたOnちゃんにより、無事魔女は倒された。


終わり。


魔法少女まどか☆まぎか3話より

まどか:大泉QB:藤村さやか:ミスター、マミ:嬉野ほむら:Onちゃん

2008-12-23

http://anond.hatelabo.jp/20081223151746

擬人化している気分ではないなあ

飴ちゃんは「amechan」という音列であって、「飴」と「ちゃん」には分離できないし、愛着も無い。

2008-09-03

http://anond.hatelabo.jp/20080903004115

>あと、「くさいから排除しろよ派」の人は、酒(酒そのものの臭いと、飲んだあとに汗として排泄されたときの臭い)、タバココーヒー香水ヘアケア製品シャンプー、コンディショナー、トリートメント、整髪料など)、ニンニク、ガム、飴ちゃんの臭いや、腋臭、加齢臭、(病気治療などに必要な)薬品臭、ペット臭などについてどう線引きするつもりなんだろう?、と思った。

どれも嗅いで病気になる事は無いだろうけど、ホームレスの匂いは嗅ぐと病気になります。

匂いの元が人に寄生できる種類の菌だからです。10秒程度なら「臭いなー」ですが5分以上だと肌の痒みとか、具体的症状が出てきますよ。

抵抗力の弱い子供などは長い間一緒にいるとまず間違いなく病気になるでしょうね。でも、実際問題として子供は臭いとすぐ逃げる。

「匂いの程度」なんていってる方々は5分ホームレスの匂いを嗅いだことが無いんでしょうね。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん