「ヘイト発言」を含む日記 RSS

はてなキーワード: ヘイト発言とは

2022-07-31

anond:20220731013524

これほんとにキツいね

15330円のお店が実在するって特定したの「自称ファン」でしょ

そういう「自称ファン」の行き過ぎた行動が作者の背中撃ってるだけでしょ

(作者がお店に営業妨害で訴えられてもしょうがないのでは?)

自分リアリティーショーとか嫌いだし残虐ショー見るのほんと秋田んで

こういうみんなで「親切にボコる」のって本当に趣味が悪いとおもう

こういう漫画としても駄作なのは「へえそのヒト知らないや」で見て見ないふりしてやって

ツイッターヘイト発言で凍結させれるまえに消えさせてやるのが親切ってもんだよ

フォロワーがガクッと減ったら本人も気づくんだろうに、観察したがったりブロック複垢炎上もっと増えたりするんでしょ

やっぱ侮辱罪は「自称ファンウォッチ勢」(他の女もひどかったんでしょう?お気の毒に!もっとエピソードありませんか?って本人にDM凸で煽るやつ)にまず厳罰化するといいとおもう

真っ先に青いヒトあたりがつかまって世の中がきれいになるとおもうよ

2022-06-06

追記あり子供の頃、西原理恵子ファンだった思い出。

西原理恵子について、思っていたことを適当に書く。ちなみに私は1985年まれ東京僻地ぬくぬくまれ育った軟弱な人間

今手元に本がなくて時系列は間違ってると思うからその辺はいい感じに脳内保管してくれると助かる…。

西原理恵子との出会いはもうよくおぼえていない。多分ダヴィンチとかカルチャー誌に載っていたのを読んで興味を持ったんじゃないかと推測している。

はいろいろあって学校に行けない子供だったので、午前中に図書館に逃避し、そこで西原理恵子の本を借りたり、その帰りのブックオフお小遣いで買ったりしていた。なので、売り上げに貢献していない読者だと思う。本当にそれは申し訳ない。

話を戻すと、最初に買ったのは「まあじゃんほうろうき」だったと思う。何故これだったかというと、単純にブックオフで全部100円で買えたから。

中学生くらいの私(今から22年前だ…時間の流れ怖っ)にはめくるめく世界だった。一気に西原漫画に夢中になったし、彼女が大物とも臆せず交流する人間的魅力にも惹かれ、私も大人になったら雀荘で夜通し麻雀をする大人になろうと思っていた。

尚、36歳現在麻雀はできるが雀荘には一度も行ったことがない。

その次は「鳥頭紀行」に衝撃を受けた。なんだこれ。大人になったらこんなジャングルかにも行けるのか。幼少期から旅行記好きの私の心はがっちり掴まれた。

私も大人になったら世界中を飛び回りたい。しかお酒が美味しそう。西原は良い仲間に恵まれてて羨ましい。でも、それは本人に魅力があるからだろう。私も西原みたいな大人になって、楽しい仲間とさまざまな国でお酒を飲んでみたい。心底そう思った。

尚、36歳現在海外には一度も行ったことはない上に体質で酒は一滴も飲めない。

病気高校には行けなかったが、年齢が上がったことでネット環境を与えられ、もう時効だと思うから白状するが私は体調の良い日はブックオフで「せどり」をして小遣いを稼いでいた。そのお金で、西原の本を揃えられる限り揃えはじめた。

「ちくろ幼稚園」にはじまり「ゆんぼくん」「ぼくんち」などの叙情系を読み、「あの破天荒西原がこんなに繊細な漫画も描けるのか!!」と素直に才能に感心したし、それまでの彼女人生に思いを馳せたりもした。

その他、著作は書ききれないほど(この時点で2000年くらいかな)あったが、どれも思春期学校に行けず友達を作る機会もない私には輝いて見えた。こんな大人もいるんだという、一つのロールモデルとして彼女は私の中に刻まれていた。

もちろん、西原にはなれないのはわかっていた。それでも、世の中にはいろんな人がいる。そう思えるだけで、世界はいくらでも広がっていく。

そんな私が潮目が変わったと感じたのは2001年の「西原理恵子ブレークへの道」あたりからだと思う。既刊をあらかた買い読み尽くし、関連人物書籍も一通り読み終え、とうとう私はリアルタイム西原を追いはじめた。この頃はまだせどり可能で毎月一定の額を稼いでいた私は、とうとう西原の本を定価で買うことができるようになる。

少しそれるが、西原漫画コミックというより書籍扱いなので一般的漫画よりページ数が少なく、高い。

なので、いくら稼いでいるとはいえ(体調の良い時しかできないしな)合計しても小遣い程度の私には定価で買うのはまあまあ大変な額ではあった。でも、西原のことは信頼していて、躊躇うことはなかったと思う。

なのに、ちょうどこの頃の新刊あたりから内容がどこに向かっているのかよくわからない本が多くなった気がした。

加えて、2002年新聞連載をはじめると、必然的家族話題が中心になる。

私は西原作家としては信頼していたが、人間性まで盲信はできなかった。確か、「人生一年生」(1号か2号か忘れた)の中で安野モヨコが「西原漫画は好きだけど、友人として近づきたいわけではない」という旨のコメントをしていたのがすごく心に残った。

そうなんだ。西原漫画家としては才能があるけど、だから人間性もすべて素晴らしい人ではない。魅力的ではあるが、何かが欠けている。それが欠けているからこその魅力であり、埋めてしまうと彼女漫画を描けなくなってしまう気がする。

そういった私の中の西原への印象を、端的に言葉にしたようなコメントだと思った。

そこから新聞連載は興味があまりなかったこともあり、新刊を時々は買うものの「何か違うな…」と思うことが多々あった。おそらく、それは私が目まぐるしく成長していた時期だったからだと思う。

私の西原への熱量は冷めていき、一応情報を追ってはいるが興味が持てなくなっていった。

映画化絵本執筆

それは華々しいが、私が西原の魅力と感じていた部分がそれによって表せていたかというと疑問だ。

「大体、絵本とかで良い話描く際に必ず草原に青い空って手抜きじゃね?」

というくらいに、この頃から私の中で西原は「青い空の下草原をバックに良いこと言う作家」というイメージに変わっていった。漫画だと手抜きも笑えるけど、良い話、しか絵本になると「それでいいのか?」という気持ちになるから不思議

更にだんだん文化人枠に入っていくのも不思議ものを見ている感じだった。新聞連載は最初ちょっと読んだくらいなので、「良い母」としてCMに出る西原不思議な感じがした。だって西原ってあんなにめちゃくちゃやってる人なのになんでこんな綺麗にコーティングされているんだろう?

無頼派新刊も、かっちゃんマネー頼りの内容が多くなり、金で解決するオチが頻発して食傷気味になっていた。

そして20歳を超えた私は、新刊を諦めかつて夢中になっていた既刊を読み返すことにした。

しかし、それを読む私は確実に昔より成長していたらしい。

西原の本に出てくる友達男性ばかりで、特に仲の良い人はおそらく恋人だ。頻繁に出ていた人が急に出なくなるのは、きっと別れたからだろう。そう思った。そしてあんなに友人が出てくるのに、女性の友人は数えるほどしか出てない、もしくは出てもすぐに出なくなる。

それまでも、西原の本の内容が「嘘」であることは欄外などに語られていた。でもそれは面白くするための嘘であって、自分をよく見せるための嘘ではないんだろうと勝手に思い込んでいた。

しかし私が大人になったのか、女性の友人があまり出てこない事実に気付き、いろんなメッキが剥がれていった。

そして惰性で書店に行くついでに新刊をめくると、息子と娘の扱いに差がある気がする。

親との確執特に露骨に弟を贔屓し全肯定するのに私を全否定する母親との確執がある私にとって、それが気になった途端、新刊を追うことはできなくなった。

それ以降は聞き齧りなので本当に時系列がよくわからない。

とりあえずかっちゃんとの交際が公になったまではまあ「ふーん」と聞き流していたが、その後のMXテレビでの女性発言をかっちゃん解決してもらうところはすごく悲しかった。

なんていうか、それまで強い男に媚びてのし上ってきたんだろうなと気づいてはいものの、なるべくそこは見ないようにしていたのに、鼻先に思い切り突きつけられた気がして。

それでもまだまだ西原アル中鴨ちゃんを看取りシングル子供2人を育てた良き妻、良き母。かっちゃんとの関係はまだ女を捨てていない素敵な関係。そういうイメージ媒体を見るたびに悲しくなってしまった。そこには、私の好きだった西原が小さくなっていて、よくわからない素敵そうなものが大きな顔をしている。そういうふうに私には見えた。

とどめを刺したのは、「女の子が生きていくときに、覚えていてほしいこと」だった。

私の中で、女性作家若い女性に向けた提言本を出すと、それはもう終わりの始まりだという謎の思い込みがある。

(男性作家にも一部そういう人はいるが、どういうわけか面白く書く人もいて、この辺はいつも不思議。要するに成功した男性ロールモデルは数種類いるのに対し、成功した女性ロールモデルは種類が少なく画一的からだろうと思っている)

結婚子供を産んだ。金も男も手に入れた。確かに、そういう意味西原に憧れる人もいるんだろう。そして、この本が響く人もいっぱいいるんだろう。

でも私は病気学校に行けなくて、どんなに頑張っても今の世の中だと普通に働いて結婚して子供産むとかすごくハードなことで…。そんな私のコンプレックスなんて西原にはなんにも関係ない。でも、かつての本には弱者への目線も書かれていて、その人たちを笑わそうと体を張っているすごい人だと幼い私には見えていた。

それだけに、いわゆる「成功した作家」が提言本を出すのが、私には作家として何かを手放しているように思えて仕方なかった。

そんでもって相変わらず「青い空の下草原をバックに」表紙だしな!

(別に丁寧に細密な絵を描いて欲しいわけではない)

これ以降は別に私が書くことではない。

ない、が、娘さんの告発を見て、「やっぱりなあ…」と思ってしまった。

家族のことを部外者がとやかく言うのは下品だと思うので差し控えるが、著作を買っていた私は娘さんを追い詰めた側の人間だと思うので、今後どんな形でもいいか彼女が満たされ幸せに生きていって欲しいと素直に思う。

それはそれとして、西原ならこの騒動あの手この手マネーに変え、何故か感動のラストに持っていくのでは…と危惧している。多分、この予想は高確率で当たると思ってしまうのがすごく悲しいことのように私には思えるが、西原には西原なりの大切なものがあるんだろう。今の私にはよくわからないけれども。でも、私は娘さんを追い詰めた加害者なので、その顛末を見届けないといけないと思う。だから、少しでも娘さんが救われる顛末であって欲しい。ここでこんなこと書いてもなんにもならないけどな!

今までお気持ち表明って冷ややかに見ていたが、自分で読んでも気持ち悪い文章になってしまった。

高かった熱が冷めれば冷めるほど、人は気持ち悪い文章を書いてしまうのだろう。

それでも、私は一時期確実に西原漫画を読んで生活が潤っていたし、その潤いがなければ生きてこられなかったと思う。

なるべくそのことは忘れないよう、これからも生きていけたらいいなと思い、私は明日行きたくない会社に出社してやりたくない仕事をするだろう。おしまい


追記

男性に伝わるか私にはよくわからないんだけれども、大体の女性にとって「やたらとわかってる風に振る舞う男性友達ばっかりで同性の友達がいない女性」ってなんか言動とか価値観?とかに違和を感じていて、直接的だったり間接的に嫌な目に遭うことがままある…気がする…あくまで私の周囲の女性意見だけども。

(そういう女性男性はいい顔するので、例の「女の敵は女」という言葉が出てきがちだ。そりゃ被害に遭わなきゃ女性だって高みの見物できるだろうと思う。往々にしてその手の女性好戦的なのがめんどい)

とりあえず愛ちゃんアシスタントだし、はせぴょんとか中瀬ゆかりさんはビジネスだろう。「毎日かあさん」のママ友の話はほぼ創作(むぎちゃんだっけ?あの人は多分いない)らしいので、若い頃の同性の友人の話も聞いた話を適当に盛ってほぼ創作なんじゃないかなと思う。

とにかく言いたいのは同性の友人がいないことは悪いことではないと思うけど、同性の友人がいない人が娘の母親としてどう振る舞うかというと…ということを言いたかった。

まあ、ぶっちゃけ私の母親がそういう感じなんだって話でしかないけどな。

追記2】

作品ファンだったと思うのが健全で、作家ファンだったと思うのはちょっと違うと思った方がいい、みたいな意見はすごく真っ当な意見だと思うし、私もそういう風に考えたいと思う。

でも、西原をはじめとした自分身の回りノンフィクションエッセイとして作品を発表する作家はある程度作者の魅力込みで読者がファンになる特殊ジャンルかなとも思う。

(さすがに盲信するのはどうかなという気がするし、きっと完全フィクション作家ならみんな簡単に割り切れるかなと)

そういう特殊で業の深いジャンルであるが故に、今回の娘さんの話題で様々な意見が出るというのが問題?の本質かなと私は思ってる。だからこそ、今後また西原が今回の話題も何かしらの作品昇華してしまいそうで怖いなと思っている。

(作家としてはそれが正解なんだろうけど、それ故に残酷というかあまりに業が深すぎる職業というか)

追記3】

今ざっくり自分文章読み返してみて、多分初期の方が弱者への視点が感じられ、更に作者本人が体を張って笑いをとりに行く様が魅力に感じられたように思う。

そして、よくある話ではあるが金や権利を手に入れたあたりでその魅力が感じられなくなったのかなと。

多分その魅力は彼女の中にまだあるはずだけど、今の状況だとそれで作品を作るのは難しそうだ。それはとても困難で手間がかかるし、素敵な女性として楽にいい感じの本出した方が売れるだろうしね。

追記4】

他の人の西原への感想などが読めてとても嬉しいです。もっと読みたいので書ける人は書いてくれるとすごくすごく嬉しいです。

しか新聞連載以降の作品ファンがあまりいないので、あの辺の作品を買った層と初期の作品を買っていた層はまったく違う層なのか?と新たな疑問が出てきた…。「上京ものがたり」あたりは私も結構好きでした。特にラストはすごく心に残っている。

追記5】

追記多いのマジで気持ち悪いな。でも本文から気持ちいからなんかもうええわ。

友達の多い少ないは少なくともこの文章においては問題ではない。実際私も学校行ってないか友達少ないし。そしてそこを語りたいわけではない。

では何が私が引っかかったかというと、私がこの文章を書いた発端が彼女の娘さんの文章を読んだこと。

何度か男性友達は多いのに同性の友達がいない、少ない女性と接した経験から、そういう人々はとても男尊女卑であると思った。要するに、大勢男性と親しくできる自分は「名誉男性」であり、同性とばかり親しくする女性を格下に見ている。そして、人間を上か下かでしか見られず、他人自分と等しい存在だと捉えることができない。男尊女卑は対男性には伝わりにくいが、対女性にはすぐ伝わってしまうので対女性とはトラブルが多い。

そういう男尊女卑内面は奇しくも本人が言う通り、男尊女卑のまかり通る環境で生まれ育ったことも関係あるのかもしれない。

(でも、そういう環境で育った人がみんなそうなるわけではないけれども)

そして重要なのは、ここが問題点なのではなく、本当に重要なのはここから

本人が自覚あるかないかに関わらず、男尊女卑思想のある女性男の子女の子を産んだ場合女の子にはどう接するだろうか。

ここからは私の知り得るところではないので差し控えるが、自身母親と照らし合わせると自ずと見えることが無きにしも非ず。

それはそれとて、そういうことを考える私もまたすごく嫌な女だということは間違いないだろう。

自分の周辺にそういう女性に心当たりがないという人はとても良い環境に恵まれた人だと思うので、それは自身の人柄によるもので、すごく誇っていい尊いことだと私は思う。

追記6】

私がこの文章で書きたかたことは、西原理恵子という作家の業と私という読者の業、そして何より娘さんについて。

なので差別云々というのは私の文章力とか私の考え方に問題があるのは前提として、それを除けばここのコメント西原理恵子という作家や娘さんのことを触れないのは片手落ちに感じる。

(もちろん、100文字という制限がある以上それは仕方ないとは思う)

そして、私はその業や娘さんに関係ないことはこの文章の中で書く気はないし、責任もとる気がない。

私は誰しもどこかに他人差別してしまうところがあって、多分そこを言及されていると思うけれども、他人に「絶対差別するな」って押し付けたり、「自分絶対差別してない」って言い切る人は理想主義過ぎて少し怖い。

から、その辺が気になる人は、自分でそういう差別についてのエントリを書く方が満足できるし有意義だと思う。

追記7】

差別が〜って言う人は西原漫画読めるのか…?とずっと考えていたが、よく考えたら西原漫画を読まずにこのエントリだけ読んで「差別が〜」と言っている可能性もあるのか!とはたと気づいた。

知らない人に説明すると、西原理恵子という人の芸風は人種差別女性差別弱者差別などあらゆる差別を笑いに昇華していくものである。実際、女性の友人をデブだのブスだのヤリ○ンだと罵ったり、子供を産んでいない女性専業主婦へのヘイト発言なんて日常茶飯事だ。しかも、この何十倍も汚い言葉でそれを言う。

(改めてこう書くと本当酷いな…)

もう本人の作品自体ミソジニーだのホモソーシャルだのが真っ青になるくらい、差別問題発言の坩堝なのが西原理恵子漫画だ。

(今のポリコレではアウトでしかない…だから改めて差別とかホモソーシャルとか言われると「いやもっとアウトな発言いっぱい出てくるから!」ともうどこから突っ込めばいいのかもうよくわからない)

ところが、それがものすごく面白くて笑えるから始末が悪い。そして、それを読んで笑う読者ももれなく下品である。それが、西原理恵子と読者の業の深さの一端だ。

私は西原理恵子という作家について書くにあたって、そういう彼女や読者の中にある「差別」は切り離せないものだと思ってこの文章を書いた。そして、その「差別」がどの程度彼女の娘さんに及んでいたのか(あまり詳細が書かれなかったこともあるが)読者にはよくわからなかったところが例の娘さんの件で露見したように思う。

(更に補足すると、彼女差別する人間からこちらも差別していいとかってそういう話ではない)

なので西原理恵子を知らない人は、とりあえず図書館にも置いてあるしブックオフで叩き売りされているので読んでみて欲しい。私のおすすめは、コメントでも人気の高い「鳥頭紀行」とか「ぼくんち」あたり。

実際の西原漫画を読んで、差別だとかそういうもので頭がクラクラするのにギャグが強烈に面白いという奇怪な感覚に失神するがいい!

(ただし、合わない人には本当に合わない)

結局、何があっても私は西原理恵子漫画のすべてをきらいになれないし、機会があれば好きな作品を未読の人にも読んでもらいたいのだ。

Permalink | 記事への反応(23) | 17:22

2021-12-21

表現の自由にあぐらをかいていたはてなサヨクがBANされてて気分がいい

表現の自由戦士馬鹿にしてるくせに

自分たちが一番アウトな発言をしてることに

全く自覚がなかったからな。

これでようやく表現の自由の大切さが少しはわかったんじゃねえの?知らんけど

他の連中もほかの場所ともかくはてブならどんなヘイト発言しても平気だと甘く見てただろ?

はてブはどこよりもヘイト発言に寛容だったからな。

オタクウマ娘公式にしたがって大人しくしてるのをバカにしてたけど今どんな気分?ねえどんな気分?

自分たち公式に守られてると勘違いして自重しないことを自慢してたけど今どんな気分?

オタクたたきでちょっとでも過激発言をしようとチキンレースしてきたけど、まさか今更ヒヨってるやついる?いねえよなあ!

まあ今更自重しても遅いけど。通報運営が反応するってわかったし次からはどんどん通報呼びかけていこうね。

お前らの大好きな集団通報して表現キャンセルされる時代の怖さをお前ら自身がとくと味わえ。自業自得すぎる

2021-11-07

Twitterヘイト発言により永久凍結されブログ鳴かず飛ばずになった新橋九段先生最後の望みをかけてYouTubeに殴り込みをかけるが青二才先生ダメ出しされてしま

リアル人生では完全に詰んでいるらしく、なんとかして言論人としてネット成り上がりたい系男子新橋九段先生



Twitterでは自らのオタクヘイト発言が原因で永久凍結

http://blog.livedoor.jp/kudan9/tag/Twitter%E5%87%8D%E7%B5%90%E8%A8%98

本人は自分ヘイト発言なんかしてないと主張しているが、「新橋九段氏はヘイター」というのはコンセンサスになっている。

peta0227 ああ…九段新報の人ね。オタクを腐したいという抗い難い欲望理屈より先にあるヘイターからこんな愚論が飛び出すのもむべなるかな。ツイフェミその他は権利者じゃないし宇崎ちゃん等は二次創作でもない。

zaikabou 新橋九段百田尚樹批判で売り出した時から無名ファン1人の呟きを晒し上げて嘲笑したり、ほんとに碌でもなかったよ

qyosshy 山田太郎じゃなくて俺こそがオタク代弁者、といいつつ表現規制に一切反対しない人。

qyosshy この人、口を開けばオタクヘイトしか吐かないのに「自分こそオタク代表」みたいなこと言ってるの、ちょっと病的で怖い。

natukusa なんか思ってたのと違った。オタク?/表現の自由は確かに権力概念だが、市民権力者じゃないか無効というのもだいぶ都合の良すぎる解釈に思えるが。

koasdgego こじらせたおっさん同族嫌悪芸まだやってたんだ。もうオタクコンテンツ見てるよりオタク叩きしてる時間の方が長いでしょあなた

lainof この記事がやっていることと同じじゃん→「どれだけ穏当な批判をしているアカウントでも、最も過激醜悪(だと自分が思っている)アカウントと同じ属性を割り振ってしまえば、同じように攻撃することが可能です。」







広く表現の自由を守るオタク連合と名乗りながら実際は一人ぼっちTwitter運用

https://twitter.com/FHR5xWkjCw8bSf6/status/1368851671309193218

あの人が「広く表現の自由を守るオタク連合」と自称しているのを見ると、「神聖ローマ帝国」という言葉が頭の中で連想されます

「広く」もないし、「表現の自由」を守らないし、「オタク」でないし、「連合」を自称する個人と、どの単語も実情に即してないからです。





頑張ってTwitter炎上芸人をやっていたが2021年4月を境に飽きられてトーンダウン

https://b.hatena.ne.jp/site/twitter.com/hyougenmamoru




本拠地ブログでは肝心の今回の選挙において存在感皆無

https://b.hatena.ne.jp/site/hyougenmamoruotaku.wixsite.com/








挫折続きの末、新天地を求めて10月からYouTube活動

https://www.youtube.com/channel/UCF_ES9EKvecH9RgGnRE1alA

https://www.youtube.com/watch?v=oqNp5GH2-Ig

不都合コメント消してて草

・何で高評価数と低評価数を見えなくしてるんやろ?隠さなきゃいけない理由あります







YouTubeの内容について同じレベルカンガルーからダメ出し

https://twitter.com/tm2501/status/1457150022294773762

新橋九段大先生動画出してると聞いて見に行ったら…なんか、情報が古すぎてびっくりしてる。

ついでにいうとテキスト論理構成がヘタで頭抱えてる。

亀井静香平沢勝栄がノリノリで警察族議員が強かった時代と、今みたいにMANGA議連総裁選候補を作っちゃう時代と同じ情勢で語られても…そもそもおかしいんだよ。

なんであの界隈いつもそうなのかな?

自民批判する人は自民政治家知らんし、フェミニストは男叩くけど、男のこと知らんし

松文館裁判以外は…弾圧か?

あとは、自民党うんぬん言うなら、あいちトリエンナーレがどうのこうのよりも、児ポ法青少年健全育成条例の話せなアカンのちゃうか??

あと報道への圧力って何?

あんだけ叩かれてるのに、裁判も起こさないで好きに報道させてるの、相当寛大だと思うんだけど…

野次ってる市民排除(と言っても、遠ざけただけ)で弾圧いかぁ…。

ほんと、新橋九段先生は、「自分の好きな表現」の自由しか興味がないなぁ…。

節子それオタクやない。

左翼や!それも好き嫌い判断してるタイプ左翼

表現の自由教育歴史認識問題ごっちゃにするなよ…。

あと、自民を「最悪の弾圧政党」と言ってるけど…立憲なんか口蹄疫震災の時にマスコミ戒厳令敷いてたんだぞ…。

から戒厳令に従わない地方テレビ局から情報拾うしかなかったんやぞ…。

どっちの方が弾圧何や…

これ弾圧なのか??

いや、そもそも表現の自由関係ないでしょ…。

そもそも国旗を燃やして暴れまわるのって、その国へのヘイトなんだから表現の自由だけじゃすまないでしょ…。

頭痛がしてくる内容だった。

表現規制の話をしてくれるのかと思ったら

「俺たち左翼が大好きな、国旗燃やしたり、議員野次ったりする権利を認めない自民弾圧政党だ」

×戒厳令 〇箝口令

2021-10-28

anond:20211028215027

ヒェッ

ど直球の差別主義者がいた!

あんな飯が本気で好きとかチー牛よりキモい

ヘイト発言を平気で打つける

この人はキモいとか通り越して… 人間性がだいぶヤバい

チーズ牛丼を高熱で熱し続けたらいつかは、この人の心の色に近づく

2021-08-23

勝間和代が割と好き

発信する情報の質はともかく、他の有名人と比べると、ヘイト発言をしたり、詐欺まがいの手法若者を騙したりしないので好感が持てる。

2021-08-08

ナンパ師はマジでどうにかしろ

弱者男性論者でもやらないような下品すぎるヘイト発言で女ぶっ叩きながら女に寄生してる害悪メンヘラ犯罪者予備軍どもだぞ

女々しいくせに男の攻撃性も兼ね備えた最悪の生命体ども

あいつら逮捕しろ

2021-08-04

リベラルの人について吐き出したい話

これから書くことことは偏見とか差別だとか思われてもしょうがいかなって思います(もしそう感じたらごめんなさい)

ここ数年、リベラルの人たちが自分とは違う属性の人や反対派に対してヘイト発言誹謗中傷をしてて怖いなと感じることが増えました

特定政治家難病について面白おかしく囃し立てたり、人の写真を燃やしたり、デマを持ち上げて科学的に根拠付けられたものより素晴らしいと標榜する人

絵や小説を書いている人を犯罪者扱いしたり、性別が異なるだけで危険人物だと大勢の人で叩いたりする人もよく見かけます 日本人は生きていることが自体が罪なのだから、全世界謝罪しなければいけないと言う人も見かけます

政治家だってSNS匿名アカウントだって中に人がいます それに誰だって自由に生きる権利があると思うんです(他者権利を犯さないという原則はあるけれど)

誰もが性別国籍を問わず互いに尊重できる社会を目指すのがリベラルだと思っていたけど、実際やっていることが「逆」だと感じます

これじゃミイラ取りがミイラになってるのと同じじゃないですか

多分私はリベラル人達からみたら「リベラルに対する差別主義者」で「名誉男性犯罪者予備軍」で「生きている価値すらない人間」なんだと思います

それでも私は生きたいです、自由文章を紡ぎたいです

文章がぐちゃぐちゃでごめんなさい

2021-07-18

このコメント欄関西人差別の流れが酷すぎる

https://togetter.com/li/1745759

関西人自称標準語話者の話やテレビ等での関西弁違和感の話を不用意にしてしまったのを見計らって返信をつけずに全体向けに複数人間関西ヘイト発言

ヘイト発言に対して指摘されると関西人特権意識差別意識が悪いという理屈を持ち出しコメント欄レス

・まとめ内容について話していた人がコメント欄の酷さに苦言を呈しているコメントが集まってきたところで最初不用意な発言を持ち出して最初ヘイトを撒き散らしたのは関西人と主張

・人が減ったコメント欄関西人に対しての差別的表現を交えながらまとめ内容に関係ない関東方言の話を続けている

流れ酷すぎだろ……

皆が愛想を尽かして居なくなったところで差別発言繰り返しながらコメント続けてるのグロテスク過ぎて吐き気したぞ

正直最初軽率発言したやつが頭軽すぎる気もするがここまで大っぴらに差別して許されるもんなのか

2021-06-29

anond:20210629023527

ヘイト発言急先鋒のRRDが「全ての人を尊重してれば」とかほざいてて草

2021-05-21

カップリングに狂いすぎて、認知の歪み起こしてる人間が無理

作品解釈カップリングにとって都合の良いように考えすぎて、後で案の定その解釈否定されて暴れるオタクまりに多すぎて萎える。

ある種ネタで言ってたカップリング萌え解釈を仲間内肯定しすぎて、妄想現実区別が付かなくなってる人間マジで大量にいる。

毎日毎日ずっと受けのエロ話をしてるのも疲れた。受けにしか興味がなくて、その作品の他の要素のことは大して話題にしない腐女子多すぎ。

正直なこと言うと、私も10代の頃はそういうオタクだったのだ。でも、20代になってそういう狂い方は後々自分が痛い目に遭うと気付いた。作品カップリングに都合の良いようにできてはいない。何故なら恋愛漫画でも商業BLでもなんでもないからだ。

そんなの当たり前なのに、(特に総受けの)腐女子はそれが途中で見えなくなる瞬間がある。そういう狂った言動オタクは仲間内ではウケがいいが、界隈をどんどんカルト化させるだけなのだ

ずっと自分の界隈が他のキャラクターに対してヘイト発言を繰り返していたせいで、5ちゃんねるで晒されてしまった。当時その事実を知った時は陰でこそこそ叩く5ちゃん住民に憤慨したが、冷静に考えるとそれだけ恨みを買ってしまうのは仕方がないことだった。

私はその界隈から離れた。5ちゃんの叩き以降界隈の明確に勢いは減っていったと思う。原作の人気が落ち着いた影響もあっただろうが、きっと掲示板晒しの影響も大きかっただろう。

私の界隈で大手だった神は、界隈から去った後も過激言動を繰り返し、ジャンルを変える度にその界隈で問題視され、5ちゃんに晒されたり、togetter問題視されたツイートを纏められている。

正直、今その(元)神のツイートを見るとどうかしてると感じるのだが、当時はその人のおかしさがわからなかった。その人の過激意見同調していた。私の周りの腐女子もそうだった。

もう、10代の頃の過ちを繰り返さないように、まともな感性を持っていたいが、そういう心持ちだと他の腐女子のよくない部分がすごく見えてきてしんどい

狂ってたほうが楽しかったな。

2021-05-10

枝野氏、五輪開催は困難 「世界変異株展示会に」

ストレートにいって、あたまの中身はおがくずですよね?枝野さん。

特措法に関する枝野の変遷

2020年3月

安倍晋三首相野党党首との会談で、新型インフルエンザ等対策特別措置法改正に協力を求めた。立憲民主党などは、いまの特措法でも対応できると主張

「今の法律で出来る」特措法改正野党から注文続々

https://www.asahi.com/articles/ASN347DNGN34UTFK014.html

2021年1月

立民代表罰則規定に反対 特措法改正巡り

立憲民主党枝野幸男代表は4日、新型コロナウイルス対応する特別措置法改正案に事業者への罰則を盛り込む政府方針に反対する方針を示した。「財産権侵害になりかねない。罰則なしでもできる」と述べた。

https://www.nikkei.com/article/DGXZQODE045610U1A100C2000000/

今日

立憲・枝野氏「強い外出制限に賛成の余地は十分ある」

「(緊急事態宣言が出ても)多くの皆さんに従っていただけない、効果が出ないという状況になれば、ちゅうちょなく強制的な外出制限措置執行することは、当然やらなければならない」

https://www.asahi.com/articles/ASP597GF8P59UTFK00G.html

 何故初めから賛成しなかったの、おがくずヘッドさん?

国民自民党も、発生当初から憲法改正も含む、罰則付きの強い規制を求めてたはず。少なくとも俺を含むネット世論は、ロックダウンをやれるようにすべきだったよ。

それを昨年三月の段階でやってれば、今の状況はずいぶんと替わってただろうことは想像に難くない。

おがくずヘッドさんと、低脳な仲間たちが当初から、今の状況になる可能性を理解してれば、スムーズ改正施行できたのに。おがくずヘッドさんも戦犯ですよ。立派なね

頭の中身がおがくずなあんたは、いったい後、何千人死ね憲法改正必要なことが分かりますかね。あなたたちの愚かさの代償は、何千人分の命ですか?

世界変異株展示会に、なんてヘイト発言する前に、考えるべきことあるでしょう。

https://news.livedoor.com/article/detail/20163337/

2021-02-27

ウマ娘のことが嫌いすぎる謎のトウィンクルブックマーカーさんのこと

ウマ娘感想増田に対して、ウマ娘が嫌いというコメントを書くのは全然問題ない。


ただ、そのウマ娘が嫌いというコメントにいちいち20以上のはてなスターを連投してるやべー人がいた。

気になってチェックしてみたところ

https://b.hatena.ne.jp/cozyweblife/

ただのヘイト発言にとどまら積極的ヘイト活動を行っていた。

いちいちウマ娘好意的コメントをしてる人にメタブクマヘイト発言飛ばしまくるさまは、sから始まる名前言ってはいけないあのお方と同じ。


あのsから始まる名前言ってはいけないあのお方は凍結されたっぽいのでこれ同一人物かもしれんけど。

仮に別人なら今はてなにはかなりやべー人が同時に二人いることに。

ただ、sと同じ人なら絶対カラースターを配ってるはずなので、このひとは競馬好きで怒りっぽくて

スター20個連打しまくるくらい自己主張は激しいけど貧乏なんやろうな。

こわいなーとづまりすとこ。

2020-12-07

anond:20201207160857

"~はネトウヨ"ってレッテル貼りまくるやつは大体頭おかしいやつが多いよな

立川志らくネトウヨ松本人志ネトウヨ高須院長はネトウヨ

ネトウヨってそもそもネットという匿名性に隠れて過激右翼言動をする人物蔑称なのに上にあげた被ネトウヨレッテルを受けた連中は全く隠れてもいないしネットが主な発信の場じゃない連中ばっかりじゃないか

まさか志らく松本が陰で裏垢かなんか作ってネトウヨ発言をしてウザ絡みやヘイト発言をしてる張本人たちだと本気で思ってネトウヨ認定をしてるんだろうか

やっぱあいつら頭おかしいわ

2020-10-28

anond:20201028091552

ポリコレフェミニズムなら合法的他人を叩けるよ。

ちょっとくらい差別的ヘイト発言しても、トーンポリシングという概念があるから咎められづらい。

過去になにかあったんだろう」

と思ってくれる人も多いしね。

ヒスブルレイプ犯もハマるくらいだから合法的攻撃性を解放したいならフェミニズムオススメできる。

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん