「パシフィックリム」を含む日記 RSS

はてなキーワード: パシフィックリムとは

2019-06-03

ゴジラ観たんで感想

ネタバレもあるんで一応注意)

すっごい良かった。一点以外は。

どこが良いって、怪獣リアリティ、迫力が凄い。安っぽい部分が全くない。

シン・ゴジラ別に安っぽくは無かったが、あれは別物というか、生物というより無機質なキリンマシーンみたいな存在だったから、生物としての怪獣では本作が頂点と言える。ちょっと顔がブッサイクでくしゃみ我慢してるような顔つきがダサいけど、それは細かい話。

キングギドラとか、着ぐるみじゃない怪獣は良いよねえ。日本怪獣二足歩行型以外はもろ人形だもんな。

パシフィックリムと同様、ちょいと画面暗くない?辛気臭くない?全般的灰色過ぎない?という部分は無いでも無いが、これはゴジラに限らず最近ハリウッド映画の傾向なので大目に見る。

監督ゴジラ大好きを自認するだけあって、ゴジラのブチ切れ方も割と出てて良かった。

特に良かったのが、ラストバーニングな放射熱線で、それまでの青い放射熱線がイマイチ迫力ないというか、せいぜい波動拳程度の位置付けだったのが、一気にファイナルサイコクラッシャーくらいの火力に上がってて、ゴジラの放射熱線が何かというのを監督分かってる感が大きかった。

そう。あれは飛び道具じゃなくて「おんどりゃあ」って感じの怒鳴り声のような位置けが正しい。怒鳴るついで殴る。これがゴジラの放射熱線。

とりあえずぶん殴る。怯んだ所に放射熱線をぶち込む。面倒臭くなっても放射熱線。急いでる時も放射熱線。イライラしても放射熱戦。ジャブから黄金の右ストレートのような放射熱線。

それを監督はよく分かってた。

で、不満点なんだが、あれこれ綺麗にまとめちゃダメだと思った。

観るまではそんな事思ってなかったけど、観終わってから思った。ゴジラ映画(というか怪獣映画)は綺麗にまとめちゃダメだわ。

当事者の都合とか考えずに、何もかもぶっ壊す。後は野となれ山となれ。それくらい他人迷惑を考えないのがゴジラの魅力であって、ラストシーンみたいに頂点に君臨しちゃダメよ。

かい家庭事情とか人の感情とか回収しなくて良いから。そういうのが馬鹿馬鹿しくなってしまうのが怪獣の良いところだから

希望としては、人間の出番は野球場での放送くらいで終わりにして、後は怪獣プロレスでギドラ爆破してラドンも爆破して、世界中から集まってきた怪獣も片っ端から爆破して、人間秘密兵器もぶっ壊して戦意喪失した軍隊無視して海に消えていく、みたいな無責任な展開の方が良かったんでないかなー、と思った次第。

ゴジラって基本的バカで一匹オオカミで誰彼構わず喧嘩売って買ってぶん殴る不良なんだよ。間違っても王の器じゃねーから

そんくらい破綻させる事ができるようになれば、もう完全にゴジラ本家ハリウッドになるんだがな。

2019-04-19

anond:20190419162219

てか、昼間のバッメンは目だってしょうがないだろ

パシフィックリムアップライジング(昼間の戦闘はこっちだよね?)は脚本が糞杉田

anond:20190419093959

似たような話で

バットマンパシフィックリム

昼間のアクションシーンって有るけど

かなり間抜けだよ

天気や色味も演出のうちだから

2019-02-14

アマプラパシフィックリムライジングが来てたから観てるんだが酷いなコレ

初代みたいに次々とエピソードが来ないでダラダラダラダラどうでもいいエピソードばっかり

2018-12-04

ナラティブってストーリーラインあんなあっさりしてていいのか?

話はあっさりなのに実際にやってることがえげつない虐殺コロニー丸ごと潰すとか)なんだが、すんごくサラっとやってのけるので大変さが全く伝わってこない。

パシフィックリム・アップライジングでもそうだったんだけど、中国向けに映像作ると殺戮シーンをあっさりさせなきゃいけないとかそういうルールがあるん? (まあ、ビームライフル蒸発する人とかは描かれてたが)

2018-09-28

オタクさん「ポリコレなんざ要らぬ! 他人種配慮すんな!」 ぼく「ギャレゴ・・・」ボソッ・・・

オタクさん「!」

 

ぼく「マッドマックス! バトルシップ! パシフィックリム! レディプレイヤーワン!」

 

オタクさん「んんっ!❤ はりうっどさん ぽりこれ棒で突いてぇぇぇ!❤」クチュクチュ

2018-08-20

男が邦画を見なくなった話と、アニメ萌えだらけになった話は同じ

anond:20180819025305

映画の話が盛り上がっているけど、日本ではゲームの話をすればいいと思う


生存戦略というか最適化の話ですよ

海外大資本に対抗するためにニッチ勝負するしかないっていうか

任天堂MSソニーに対抗するためにアイディアでどうするかみたいな方向にかじを切ったみたいな話でさ

サードスマホガチャゲーに逃げるみたいな話にも言える事で、自分たちが生き残るためにそうするしかない、まともにやっても勝てないからね


まともにやったら男が好きな映画ってハリウッドには逆立ちしても勝てないわけじゃん?

映画で言うと例外的やくざ映画みたいなのがVシネなんかでニッチに生き残ってたりするけどさ

邦画関係者はどうするか考えるよね。そして女性客を重視するっていう方向性は当然出てくる戦略だと思うよ、ゲーム産業のようにね

CGぐりぐりな映画とか、社会風刺映画やっても日本女性はなかなか動かないよ


アニメもそうで、Vシネのように隙間で盛り上がっていったのが80年代00年代の話だと思うけど

それもCGが発達して縦横無尽人物が躍動する映像が作られるようになって、アメコミ映画で盛り上がるようになった

攻殻機動隊みたいなアニメ競争力なくなっていったよね、躍動する映像体感のようなものCGを使えるようになったハリウッドが奪い始めたわけだ

ロボットものはご存知トランスフォーマー、そしてパシフィックリム特撮ゴジラなんかの怪獣ものCGによってハリウッドにとってかわられた

結果今のアニメに残されてるのは、ハリウッドにできない萌えだけになった。

から萌えアニメイケメン青春邦画が残ったのは当然だと思う

2018-08-07

ポリコレ論、パシフィックリムアジア人が出てくるので

ポリコレ的にはアウトです

 

ポリコレ的に正しい表現は、マコモリを白人に置き換え、黒人上官を消し

イェーガーから国際色を消し、すべてアメリカ製にし

芦田愛菜ちゃんのシーンを丸々カットし、(なぜなら女キャラにまともな背景は要らないからです)

主人公トロフィーにすることです

 

僕は反ポリコレ論者なので、パシフィックリム描写はいちいち気に障り

ストーリー的には不要と感じました

上記表現をすれば、「本当に」面白い忖度の無い作品が出来ていたことでしょう・・・

 

なので2でマコモリが消えた時はせいせいしました

2018-06-12

この前知り合いと映画の話になって、知り合いはパシフィックリムを知らなくて俺はかなりびっくりしたんだけど

一般的には映画情報ってどこで仕入れるんだろう。

受け身に生きてると映画情報ってテレビCMyahooとかのバナーくらいか

あとはこっちは田舎からたまにイオンに行った時に上映ポスターが目に入るくらいかな。

テレビレス時代なっちゃうとマジで情報格差が広がっちゃうな。

2018-06-07

anond:20180607182505

サブカルに質の高い低いは関係ないぞ低能

サブカル映画ってわけでもないのに質が低い映画を楽しむ奴を揶揄してるに過ぎないんだぞ、分かれw 最近だとパシフィックリム・アップライジングとかなw

何年も本を出し続けて人気が出てアニメ化にこぎつけた次の瞬間(比喩的表現であり、実際に瞬間を指すものではない)

アニメ原作も叩き潰す中華パワー恐ろしいな

パシフィックリム中華パワーで続編作る時代だしな

2018-05-14

映画館で見るべき映画

映画館で見るべき映画があるけど、ランペイジデッドプール2くらいしかしばらく公開の予定がないな。

面白そうだと思う映画はあるけどドラマ仕立ての映画映画館で1000円以上を払って見る価値があるかって言ったらないなと思うことが多い。

4月ジュマンジパシフィックリム2、レディプレ、アベンジャーズ3と映画館に通ったけどしばらくは行かないでいいかな。

2018-05-11

映画吹き替えは難しんだな

演技未経験声優初挑戦タレントなんぞ当然論外だけど

有名な声優使えば万事OKなんて事は全くない、ひどい惨状になると

パシフィックリムは僕たちに教えてくれた

 

これの豪華声優陣とかを絶賛してた映画ブロガーとか

映画語って恥ずかしくないのかね

2018-04-26

ネタバレありパシフィックリムアップライジング見て納得いかないこと

本編見てから批評サイト見てみたらもう色々納得いかないことがあるけど発言力のない人間から適当に書きなぐる

批評とか書いちゃうような自称映画通様は恐らく前作が素晴らしくエンターテイメントだったことに対し、監督が変わっていることで「これはもう絶対劣化から」と決め打ちして見ているのだろう

一方では「結局殴り合いと建物破壊の繰り返し」

一方では「オリジナルテーマ曲そのまま」

一方では前作の夜戦から今作の昼戦になったことに対する文句

そりゃ結局殴り合いと建物破壊になるがそれでいいだろう

戦争映画で「結局銃打つのか」

ホラー映画で「結局人死ぬのか」

恋愛映画で「結局恋するのか」

そんな感想抱かないだろう。

大怪獣と巨大ロボなら殴り合いと大破壊だろう。それがなきゃ米のないおにぎりみたいなもんだ。

そんなのは基礎中の基礎だから変わってなくて当然。

巨大ロボにロマンを抱くならそんなところよりも「グラビティスリング」「双剣」「鞭」「モーニングスター」「可動式銃座」もうこれだけで万々歳だろう。

しかもそれぞれがきちんと魅せる動きをした上で、前作以上に各イェーガーごとの役割差別化がはっきりとしている。

サンダークラウドフォーメーションとは別の形の3人乗りで、銃座は後ろもカバー出来る完全仕様、落ちる薬莢も轟音できちんと仕上げた点についてはもう声をあげて賞賛たかった。

前作と同じテーマ曲を流すのも、前作と同じテーマ曲からこそ意味があるんじゃないか

襲撃受けてフルボッコにされてもうダメだーって空気になっているところに「まだ戦える」というところであの曲、それこそが熱いんじゃないか

時代が変わるような新兵器ではない、基本的には同じイェーガーで「もう一度立ち上がる」

俺達のイェーガーがもう一度!

からこそあの曲じゃないとダメなんだ

戦闘が昼の場面になったのは今回一番大きな変化だったが、前作の時点で既に「暗い所で大きい物が殴り合ってるばっかりで絵面が退屈」というような意見はあったし、それこそ今作で明るくしなければそれぞれの新兵器も見辛く、同じような絵面で淡々と「もう見た」を観客に押し付ける事になってしまう。恐らく今回も夜戦だった場合、前作から映像流用してもバレないだろう。

変形して飛び回ったり遠隔操作ビットからビーム撃ったりするような超兵器が使われない以上戦闘の展開自体は偏りがちなので舞台の見せ方を変えるのは当然である

明るくなった事で誰が攻撃した、誰が吹っ飛ばされたと認識やすくなったことで4vs3の乱戦でも安心して追えるようにもなったのだ。前作では暗い中での戦いであたかわりに世界から集まったということで国籍による認識が出来たわけだが今回はそういう話ではないのだ。

とりあえず他にも色んな批判とかあるだろうがこの三点に文句を言っている奴は「監督が変わったから」で叩いているだけの通ぶりたいマン

個人的に本編において納得がいかないのは

ジェイクとネイトの因縁説明不足

・克服描写ないのにいつのまにか克服してるトラウマ(前作であっさりマコローリーと適合したのに通ずるスカスカ感)。これ詳しく描写しないならそのシーンはいらない。

過去特撮へのオマージュとか言いつつ東京の街にある看板日本語表記中国語表記が混在している事。見ててやすっぽすぎた。オマージュにしては浅い。

シャオ産業社屋で逃げたばかりのニュートンがいつのまにか東京の特等席で戦闘を見てる唐突

ローリーが出てない事に触れなかった事。一応死んだらしいけど、触れてくれないからいつか出てくるのかとワクワクしてたらかすりもせずに終わったのは残念だった。

この辺りは前作でも気になったけど、映画という限られた時間でまとめなくてはいけない弊害でもあるのか。

でも決戦前ジェイクの演説はクソかっこよかったしシャオは髪下ろしたらめっちゃ美人だったしヴィクトリアの「次は大きいイェーガーを作れ」も感動物だし

凄く面白かったよ

もうすぐ楽しい増田ゴールデンウィークーぃ運出るー後だ須磨医師タグ吸うも(回文

4月の雨は5月に花を咲かせるわ。

みかん花咲く丘公園駅前の広場の噴水の近くに

カシコマの花が咲き始めるんだけど、

あんまり皆に気付かれずひっそりと咲く様が私好きだわ。

おはようございます

そんなこんなでもうすぐゴールデンウィークよ。

何か気の利いた映画でも観に行けたら観に行きたいわね。

例の行けたら行くって感じよ。

でも行きたいわ。

もこないだ映画観たわよ。

オーストラリア首都ってどこだっけ?パ……パ……

パシフィックリムよ!

結論から言うとパンツは見えてないわ。

パイロットに辛い過去があればあるほど強くなれる

涙の数だけ強くなれるよでお馴染みの岡本真夜システム採用した

あの息を呑んじゃう感じがグッとくるわ!

ロボットはカッコいいんだけど

操縦席では二人で「せーの!いくで!」って息を合わせているところがいいわね。

大きいのは二人でしか動かせないけど、

小さいのは一人で動かせるじゃない!って突っ込んじゃうけど

あの中国企業の女社長が実力現場主義者で自らロボットに乗り込んで戦ってたりなんかして、

もう「私自らが出る!!!」を彷彿とさせる

日本のそういったカルチャーを上手くオマージュした感じね!

あと海外の人が大好きで止まない、

マウント富士も参戦しちゃったりと

そんなところで戦ってたのかよ!って

日本の場面なんだけど

中国漢字日本漢字海外の人から見たらどっちでも一緒でしょ?と言わんばかりの

漢字が分からないごっちゃになった街の看板もまた良い味出していたわよ!

見所満載ね!

長くなったけど、

いやー映画って本当に良いですね!って

ヨナラの人の淀川長治さんのように締めくくりたいわ!

ってそれシベ超水野晴郎さんだったわ!

てへ!


今日朝ご飯

イタリアントマト炊き込みご飯よ。

コショウを効かせるとパンチがあっていいわ。

デトックスウォーター

そのズボラさがヤバイ3日目のストロベリーウォーラー

苺の香りが抜群に効いてたわ。

香りという点ではイチゴが大勝利ね!


すいすいすいようび~

今日も頑張りましょう!

2018-04-23

トランスフォーマーアイアンマンパシフィックリム日本映画がやるべき話だ

キングコングだってそうだ

なんでいまだにガンダムヒーロー戦隊なんだよ

悪い意味保守的すぎるんじゃないか

もう何十年もやってきてるのにあっさり表現で負けちゃうとか情けなさすぎるわ

2018-04-22

パシフィックリム最後社長のやつ遠隔操作だと聞いてがっかりだよ

直接乗ってたら超名作だったのに

2018-04-20

anond:20180420190627

短い、終わるのが早いという理由パシフィックリムを選んでしまった…

これが老い

最近妙に映画づいている

シンゴジラを4回見に行って以来、長らく映画館へ行っていなかったのだが

今年に入ってマジンガーZを同じ日に2回(IMAXとMX4D)見たのを皮切りに

グレイテストショーマン(これも2回見ちゃった)、ジュマンジパシフィックリムと見てきた

明日は楽しみにしてたレディプレイヤー1に行こう

予告編見てるとあーおもしろそーってなって数珠繋ぎで見ちゃうんだよね

もちろん全部一人で見ているので誰かと感想を語り合うのが出来ない事が少し寂しい

2018-04-19

anond:20180419134611

パシフィックリム2は、1でストーリーが終わってるのに、無理して続編作ることになって

続編作るぞウェーイ!な人が多かった(でもオタクなので小言は多い)のがスパイラル不幸だったと思う

2018-04-15

ここがヘンだよパシフィックリムアップライジン

5年前。ユナイテッドシネマ浦和パシフィックリムを初めて観た時。未だに覚えてる。

「俺はこれが観たかったんや」と帰りの浦和駅でガッツポーズをしたのを。

あれから5年。

監督も変わって文字通りアップライジングされ、前週をジュマンジ、翌週をレディプレイヤー1、月末にはインフィニティウォーと、オタク大好きな映画が立て続けに公開される2018年4月にあえてぶつけるような形で公開されました。

そんな続編はどうだったか

以下ネタバレ

・対怪獣に振り切った前作と比べて大幅に変更かつ削減されたバトルシーン

前作と同じことをやってもしょうがないというのはわかるけど対怪獣が結局ラストのみってのがどうしても納得いかない

イェーガーを観せたかったというのもわかるけど、客はそれ求めてないでしょ

量産機が乗っ取られて姿形を変えて暴走ってよくあるけど、見た目変えるならもっと怪獣っぽい変化して欲しかったし それを色んなイェーガーボコボコにして欲しかったわ

・新キャラ出し過ぎて人間関係希薄

キャラ候補生たちの説明不足たるや

誰がどれに乗ったかさっぱりわからん

途中の時点で誰と誰がドリフトして誰がどれに乗るか教えてくれ せめて機体の前で名乗りとポーズ決めてくれ もしくはそれとわかるシーンを入れてくれ まともな訓練シーンもなく演説の直後にコクピットの中映されてもわからん

・前作キャラどこいった?

ペンコストマコはわかる ニュートンハーマンもわかる

でも今作の流れでベケットいないのはどう考えてもおかしいでしょ

マコも一切触れないし 一緒にドリフトした仲じゃない…誰か触れてくれよ…続編作る気満々の終わり方だったからそこで整合性取りたいんだろうけどさ…

しかマコ死ぬわ、ニュートンは裏切るわでまともに残ったの三ツ矢雄二だけじゃねーか!

怪獣バトル雑過ぎ

4対3なんだからせめて2体ぐらい倒せや!2体倒して3体目にトドメさして主人公に「やったか!?」って言わせてから怪獣合体でしょうが!まともに怪獣相手に出来ず向こうに合体されてもあぁこれジプシー以外ボコボコにされるやつや…としか思えんし実際にそうだったのが悲しいよ

せめて脳が3つあるなら2つぐらいは倒して欲しかったよ

ジプシー以外の見せ場が少なすぎる

中国資本入りすぎ

社長が薄着でスクラッパー動かすシーンは大変よかったです

前作が減点式で60点、加点式で2億点とすると今作は減点式でも加点式でも70点ぐらいですかね

いい意味でも悪い意味ででも収まりがよくなってしまったなぁと思います

2018-03-20

逆にデルトロ映画の良さが分からない

デルトロ映画はおおいに大衆ウケする映画なんだろうし

自分もそれなりに痛快娯楽作品に馴染んできた身だが

自分にとって、驚くほど評価はフツーだ

というか「これ、なんたら賞をとるほどか?」って感じの作品ばかりに思える

 

パシフィックリムは同郷のよしみ込みでも

ロボットが延々ともっさりファイトしてる印象しかない まったく爽快感が無い

一番嫌なのがコメディリリーフ学者連中のシーンだ

単純にギャグキャラ面白くない

それでも自称意識低い系映画通はこの作品評価して

「これ分かんない奴はオカマか女だ!」とか差別的コメすら抜かす

 

ハッキリ言わせてもらうが、こんなガンダムくずれファイトより

マッドマックス怒りのデスロードの

最初の早回し格闘シーンの数秒間の方が

予定調和からの逸脱&滑稽さもあいまってずっと爽快に感じたわ

 

パンラビリンスは珍しいスペイン語圏映画から

独特の雰囲気はあったし

どうせ示唆に富んだダークファンタジーなんだろうと思うけど

やっぱりそこまで面白くない

抑圧的な権威側(男) 翻弄される無垢存在(大抵女)っつうありきたりさに

その示唆が含まれてるんだろうけど

そこまで読み解くモチベーションが湧かない! つまらん! 眠い

ネトフリで休み休み30分区切りでやっと見終えたぞ

  

ヘルボーイとかはもう見る気も起きない

マーベル覇権握ってる今、

ダークナイトとXmen(ファスベンダー出た最初あたり)除いて

他のアメコミ映画は全部無かったモノと考えていいだろうし()

 

おそらく「高尚な映画を見てる俺カッケー」してるサブカル連中から

距離を起きたい別のサブカル一派が評価してんだろうな

って印象の監督だ 

 

そうだろ?

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん