「ロンブー」を含む日記 RSS

はてなキーワード: ロンブーとは

2020-04-27

まー岡村は致命的に空気読めてないよね

今やお笑い芸人庶民から特権階級とみなされて隙あらば引きずり落そうとされてることに気付いてない

自分は同じ目線のつもりで喋ってたんだろうけど世間はそう思ってない

宮迫やらロンブーやら徳井やらを見てるはずなのにそれに気づけないのは致命的にセンスがない

2020-02-15

anond:20200215173827

宮迫ロンブー田村も俺からしたら大差ないけど、復帰するしないにだいぶ差がついてるみたいだしな

そういう騒動に興味があるボリューム層への印象が全てってことだ

2020-01-31

お笑い芸人世代分けを再考する

多くの人はこちらのWikipedia記事を参照していると思われる。

日本お笑い史 - Wikipedia

この記事も踏まえた上で、実際に主だった芸人を「活動開始時期」や「人気が出た過程」で並べ、あらためて世代分けを考えてみたい。

芸名活動開始人気が出た年代備考
横山エンタツ花菱アチャコ1930年1930年しゃべくり漫才元祖コンビとしては1934年解散するが、それから60年代までラジオ映画などで活躍アチャコ吉本看板芸人となる。
夢路いとし・喜味こいし1937年1950年代1949年ごろからラジオ番組上方演芸会』に出演して名をあげる。いとしが亡くなる2003年まで漫才を続けて「上方漫才の宝」と称される。
中田ダイマル・ラケット1941年1950年代1957年開始のテレビ番組ダイラケのびっくり捕物帖』はテレビの「上方コメディ番組元祖
ザ・ドリフターズ1956年1960年代1963年開始のテレビ番組大正テレビ寄席』に出演したこからコントを中心とするようになり、1969年開始のテレビ番組8時だョ!全員集合』にて大ブレイクする。
てんぷくトリオ1961年1960年代大正テレビ寄席』などへの出演で人気を博す。「トリオブーム」の中心的存在三波伸介1970年テレビ番組笑点』の司会に就任するなどしてテレビスターに。
コント55号1966年1960年代1968年開始のテレビ番組『お昼のゴールデンショー』『コント55号の世界は笑う』などで支持を得てドリフと人気を二分する。1975年以降は萩本欽一がピンで活躍する。
横山やすし・西川きよし1966年1960年代60年代後半に演芸ブームに乗って人気を獲得、80年代前半までバラエティ番組の司会などで活躍する。「漫才ブーム」では大将格となる。
B&B1972年1980年代実力は評価されつつ関西でくすぶっていたが、吉本芸人としていちはや東京進出したことで人気を得て、漫才ブームを牽引した。
ツービート1972年1980年代漫才ブームに乗って「毒舌」を武器に台頭。特にビートたけしは、1981年開始のテレビ番組オレたちひょうきん族』などへの出演からピンで大人気となった。
明石家さんま1974年1980年代70年代後半から関西で人気を獲得、東京進出してのち『オレたちひょうきん族』でブレイク。たけし・タモリと合わせて「お笑いBIG3」の一人と称される。
タモリ1976年1980年代キワモノ芸人としてマニアックな人気があったが、1982年開始のテレビ番組笑っていいとも!』の司会を務めるなどしてお茶の間の顔となる。
島田紳助松本竜介1976年1980年代漫才ブームに乗って「ツッパリ漫才」で若者の支持を得る。『ひょうきん族』にも出演して人気を博す。1985年コンビ解散して以降は、島田紳助がピンで活躍した。
とんねるず1980年1980年代お笑いスター誕生!!』に素人ながら出場して知名度を高める。ラジオ深夜番組若者からの支持を獲得する。1984年楽曲『一気!』がヒット、1988年に冠のテレビ番組みなさんのおかげです』を開始する。
ダウンタウン1982年1990年代1987年開始のテレビ番組4時ですよーだ』の司会をきっかけに関西若者から爆発的な人気を得る。80年代末に東京進出深夜番組夢で逢えたら』を経て、1991年に冠のテレビ番組ごっつええ感じ』を開始する。
ウッチャンナンチャン1985年1990年代結成当初に『お笑いスター誕生!!』に出場している。1988年開始の深夜番組夢で逢えたら』で知名度を上げ、1990年に冠のテレビ番組『誰かがやらねば!』『やるならやらねば!』を開始する。
爆笑問題1988年2000年代1994年開始のテレビ番組タモリのSuperボキャブラ天国』で人気を博す。90年代後半から深夜帯を中心に冠番組が増えはじめ、2000年ごろからゴールデンでもレギュラー番組をいくつも抱えるようになる。
雨上がり決死隊1989年2000年代1991年に結成されたアイドル芸人ユニット吉本印天然素材」のリーダー格。2000年開始のテレビ番組ワンナイR&R』や2003年開始の冠番組アメトーーク!』などで人気を博した。
さまぁ〜ず1989年2000年代90年代前半に「バカルディ」名義でいちど人気が出たが、2000年ごろに「さまぁ〜ず」に改名して再ブレイク、多数の冠番組を抱えるようになる。
ナインティナイン1990年1990年代吉本印天然素材」出身1994年開始のテレビ番組ぐるぐるナインティナイン』、1996年開始の『めちゃ×2イケてるッ!』など、早くから冠番組を持ってブレイクする。
くりぃむしちゅー1991年2000年代タモリのSuperボキャブラ天国』にて「海砂利水魚」名義で人気を博す。2003年ごろから再び人気が出はじめ、2000年代後半には多数のレギュラー番組を抱えるようになる。
ロンドンブーツ1号2号1993年1990年代ダウンタウンナイナイに続く、若者人気の高いコンビとして早くからプッシュされ、90年代後半から『ぷらちなロンドンブーツ』『ロンドンハーツ』など多数の冠番組を持つようになる。
ネプチューン1993年2000年代タモリのSuperボキャブラ天国』で人気を博す。1999年開始のテレビ番組『力の限りゴーゴゴー!!』で司会に抜擢されるなどしてブレイク2000年代には多くのレギュラー番組を抱えるようになる。
バナナマン1993年2010年代あえて『ボキャブラ』への出演をせず、ライブ中心に活動したことで売り出しが遅れたものの、2000年代半ばから徐々にテレビに出演しはじめ、2012年ごろから冠番組が急増してブレイクした。
有吉弘行1994年2000年代『進め!電波少年』の企画1996年に「猿岩石」としてブレイクするもまもなく停滞。2004年からピン芸人として活動を始め、2007年ごろから毒舌ネタ再ブレイク
タカアンドトシ1994年2000年代札幌で結成されたコンビで、2002年東京進出2005年ごろから笑いの金メダル』などで披露した「欧米か!」というツッコミ流行り、2000年代後半には複数冠番組を持つようになる。
ブラックマヨネーズ1998年2000年代2005年M-1グランプリで優勝する。2006年東京進出し、2010年ごろから冠番組を持ちはじめる。
チュートリアル1998年2000年代2006年M-1グランプリで優勝する。2007年東京進出し、2010年ごろから冠番組を持ちはじめる。
サンドウィッチマン1998年2000年代2007年M-1グランプリで敗者復活から優勝する。2010年代後半からレギュラー番組が増加し、2018年芸人好感度ランキングトップに立った。
オードリー2000年2000年代2008年M-1グランプリで敗者復活から2位となりブレイク
オリエンタルラジオ2003年2000年代結成してすぐの2005年ごろに「武勇伝ネタブレイクし、まもなく冠番組を含むレギュラー番組を持つことになった。
霜降り明星2013年2010年代2018年M-1グランプリで優勝する。

まず画期としては1953年テレビ放送の開始が挙げられる。この時期に人気があったのは落語家喜劇俳優であり、またコミックバンドも人気があった。上の表で言えばいとこいダイラケあたりが該当する。いわば「第0世代」であろうか。

次にやってくるのが「演芸ブーム」で、1963年開始のテレビ番組大正テレビ寄席』を中心に数々の演芸番組放送され、その勢いが1970年ごろまで続いた。一般にこの時期に人気が出た芸人が「第一世代」と呼ばれる。「寄席」をテレビでやるので落語漫談漫才コントコミックバンドなど幅広い芸人が登場した。てんぷくトリオを筆頭に三人組が多かったので「トリオブーム」とも呼ばれた。1970年代はドリフ萩本欽一コント番組が人気を二分した。やすきよもこの世代に含まれる。

続いて、1980年放送された『花王名人劇場 激突!漫才新幹線』『お笑いスター誕生!!』『THE MANZAI』などが立て続けに高視聴率を取り「漫才ブーム」となった。このブーム自体は二年ほどで終息するが、若手漫才師がアイドル的な人気を得て「漫才」のイメージを変えたり、吉本興業が東京進出したりするきっかけとなった。1981年から1989年まで続いた『オレたちひょうきん族』が『8時だョ!全員集合』の視聴率を超え、出演していたビートたけし明石家さんま山田邦子らは一躍スターとなった。たけし・さんまタモリを加えた「BIG3」を中心に、漫才ブームひょうきん族から出てきた芸人を「第二世代」とみなすべきだろう。

その次が「第三世代」と呼ばれる芸人たちで、お笑い養成出身の若手が、小劇場ライブで腕を磨き、夕方番組深夜番組きっかけに人気を得て、ゴールデン帯で「バラエティ番組」を持つ、といったキャリアを踏むのが特徴であるとんねるずダウンタウンウッチャンナンチャンがこの世代代表格となる。一般に「第三世代」は80年代デビュー組で区切るようだが、個人的には似たようなキャリアから早めにブレイクしたナイナイロンブーあたりも含めるべきではないかと思う。

次に来るのが「ボキャブラ世代である1992年から1999年まで続いた『タモリボキャブラ天国』は、当初は視聴者投稿型の番組だったが、徐々に芸人ネタ見せ番組に移行。この番組登竜門に「キャブラー」と呼ばれる芸人が続々と登場した。吉本興業が首を突っ込みそこねたらしく非・吉本芸人が多い。またボキャブラ終了とともに一時的に低迷した芸人が、2000年代に復活するあたりも共通している。先述したとおり、ナイナイロンブーなどを第三世代に含めるとすれば、この「第四世代」は爆笑問題くりぃむしちゅーネプチューンあたりが代表格となる。

2000年代に入って「M-1グランプリ」が始まったことで「お笑いブーム」が醸成された。また同時期に『爆笑オンエアバトル』『エンタの神様』『笑いの金メダル』『爆笑レッドカーペット』などのネタ見せ番組スタートしてお笑い人気に拍車をかけた。賞レースを目指してストイックに芸を磨く若手芸人と、多数のネタ見せ番組により短期的な人気を得た「一発屋」が混在し、芸人レベル底上げされたものの、数としては飽和した感がある。2010年M-1グランプリが終了するとブームも終息し、多数の「ひな壇芸人」を出演させてトーク中心に作られる低予算番組が増加した。(2010年までの)M-1ブレイクした芸人と「ネタ見せ番組」によって登場した芸人が「第五世代」といえるだろう。

2010年代になると、第二世代・第三世代がフェードアウトし、第四世代と第五世代バラエティの「司会」の座を奪い合う群雄割拠時代に入った。第五世代は図抜けた存在はいないものの層が厚いので、2000年代デビュー組の多くがつかえて中堅に留まっているように思える。そんな中で、霜降り明星および彼らが「第七世代」と称する2010年代デビュー組が既に台頭してきている。この場合2000年代デビュー組が「第六世代」とされるわけだが、2000年代デビュー組は遅咲きになりそうなので、おそらく2000年代デビュー組と2010年代デビュー組をあわせて「第六世代」と呼ぶようになるのではないか2020年現在芸人の主戦場YouTubeになりつつある。後世から振り返れば「第六世代」は「YouTube世代」と括られるのかもしれない。

2019-12-20

一昔前にやんちゃで売っていた芸人がいい人ぶったり知識人ぶったりしてるのが反吐が出て最高に嫌い

ロンブーヒロミ横浜銀蝿バカルディ死ねばいいのに

2019-07-25

ロンブー黄色いほう

仙人みたいになってるじゃん。びっくりした。宮迫ゆでたまごみたいなのに。

2019-07-22

みんなが吉本興業問題に興味ありすぎてこわい

斜に構えてる自分かっけーとか言うつもりは無いんだけれども、当事者でも利害関係者でも、日頃応援していたわけでも無いだろうし、熱くなっている人の多さに驚いている。

まあそれを言い始めたらどんなニュースだってほとんどの人が関わりはないんだけど、これについては社会的にそこまでデカニュースかなぁっていう。ちょっと疑問。

芸能人の話だからマスコミが過剰に報道するなら分かるけど、お茶の間呼応しているのが不思議に思う。

ニュースサイトにもはてブ見てても吉本問題は上がってきていて、すごく熱い反応がされている。

言葉一つに対してさまざまな憶測批判がされている。

私も興味ないわけじゃない。結果は私も気になっている。

宮迫ロンブーが辞めるのか舐めないのか。

NGTときにも感じたけれども。

普段は何も気にしちゃいなかった芸能人の動向がそこまで気になるかと。

私にしてみれば、異様な盛り上がりを見せているのがこわい。

私のピントはズレているのかもしれない。そこまで頑張ってこのニュースを追っていないので争点はよく分からないし、無知な部分もある。

全く止めるつもりはない。大いに意見を出していただいて、この問題が良い形で解決してくれればいい。鈍感な私は、結果が出たときに初めて意義を感じるのだろう。

この感覚表現するのが難しいなぁ。違和感という物でもないんだけど、胸にしこりがある。

ロンブー関係性を見て思ったのだが

芸人コンビBL好き、腐女子?って結構いるものなんかな?

あの感じBL好きには堪らないのでは?

anond:20190722112607

ロンブーデビューしてすぐに「若者に人気があるイケてるコンビ」みたいな感じで深夜番組の冠から売れたから、似た雰囲気だけど一発ネタから売れたオリラジともまた違うんだよな。

2019-07-20

ロンブーて昔から生理的に受け付けないので味方したくないけど(テレビ事務所も味方したくないけど)、宮迫はまあ可もなく不可もなく。テレビバラエティ見ないかわからん

2019-06-25

これでロンブーの顔も見なくて済むと思ったら、消えてほしい方が消えてなかった。

ロンブーが闇営業っていうから

あー敦やりそう、と思ったら敦じゃない方だった。ゴメン

2019-06-07

ロンブー田村淳田村亮の違いがわかってない人

なんかカラテカ入江の闇営業の件のブコメを見てると淳と亮がごっちゃになってる人いない?

2019-04-08

ロンブー淳さんのロケに参加した話

anond:20190406192228

ロンブーの淳さんが、たまに北海道ローカル番組をやっている。

ロンブー淳の休日 北海道で○○集合」という番組で、

淳さんがツイッター唐突に「今から北海道の○○に行くので地元の皆さんは○○を持って集合してください」と呼び掛け、果たして平日の急な呼び出しに地元の人は集まってくれるのか?という番組である

おれの地元で集合の呼び掛けがあり、それを知った友人から誘われ行くことにした。お互い平日休みでよかった。

身バレするのが嫌なので何を持って行ったかは言わないが、行くと100人はくだらない人数が集まっていた。全員がロケに参加すべく指定された物を持っているのだ。全員ロケに参加したら何時間かかるかわからない。淳さんも忙しいだろうし、テレビ局もある程度時間を決めているだろうし、その中から面白そうな人だけイジってある程度撮れ高OKになったらすぐ撤収するだろう、おそらく俺はイジってもらえないな、と期待をせず長蛇の列に並んだ。

そして淳さん到着。それまで静かだった集合場所が一気に沸いた。

テレビ局スタッフの「写真撮影OKですが、ネット生中継はやめてください」と呼び掛けるやいなや、その場の全員がスマホを向けてパシャパシャ。

あー、なんかスタッフ許可はあったけどみんな嫌な感じで撮ってるなー、と思ったけど淳さんは一切嫌な顔せず、「みんなどんどん撮って!」とサービス精神駄々漏れ状態である

さて、いざ撮影開始。「うわー!すごい人数いるねー!」と驚いていたが、この番組史上最大の人数だという。

「じゃあ、一番前の人から始めよっか!」と面白そうな人をランダムで選ばず、律儀に一人づつイジり始めたのである

若い女性も、不審者っぽい様子のおかしオッサンも、小学生も、分け隔てなく一人一人じっくり時間をかけて平等に接していくのである

マジかよ!いつ終わるのかもわからない途方にくれるような作業、真面目にやるのかよ!

俺だったら最初10人目くらいで言うことなくなるだろうし、帰りたくなるわ。

俺は淳さんのコミュモンスターっぷりを目前にした。

集まった一人一人を時間をかけて接し、相手を傷つけない程度にしっかり笑いをとる。このへんのバランス感覚はさすが。毎回新鮮なリアクションで接し、観ている者を飽きさせないのだ。

あれだけしっかり相手にしてもらったら本当に来てよかった!と思う。予想以上に大満足である。とにかくサービス精神旺盛の一言では片付けられない働きっぷりだ。

淳さんがこんなに働いてるのに、こっちは無料体験できるのである。贅沢にもほどがある。

途中救急車が近くを通り撮影が一旦中断しても、カメラも回ってないのに淳さんは休憩せず喋り続け笑いをとり続けている。

最終的に、ロケが終わるまで6時間もかかった。その間、たまに水を飲むくらいで一切休憩せず立ちっぱなしでぶっ続けに集まった一人残らず全員の相手をしたのだ。しかもずっと笑いをとりつづけながら。

これがプロ仕事か。俺には到底できそうもない。ネットでは評判の悪い人だけど、いざ目の前にした時、誰もがファンになると思う。こんな人モテて当然だわ。

ちなみに、俺は身体を張るネタ披露し、集まった素人の中では一番の笑いをとることができたと自負している。スタッフの人からも後で「すごい良かったよ!」と声をかけていただき放送でも一番の長尺で放送された。

ちなみに個人的面白かったのは、テーマに沿ったものを一切用意せずとりあえずテレビに出たいだけで集まったノープラン男連中である

「お前、よくそれで来れたな!」というノープランぶりで、何をやっても滑り続け、クイズタレント名鑑でコウメ太夫がイジられている時のような噛めば噛むほど味が出る面白さがあったが、そういった人たちは一切放送では紹介されてなかった。こういう時こそ芸人本領発揮といった感じで、淳さんの芸人としての面白さが存分に発揮されてただけに、残念。

俺は録画機器を持っていないので、実家HDDレコーダーで録画してもらい番組を保存してもらっていたのだが、俺が出ているということを忘れた親が消してしまった。再放送されないかな。

2019-02-19

anond:20190219164441

最近ではロンブーの淳がラブライブの話をするだけで「ラブライブ営業しなきゃいけないほど落ちぶれた淳」って感じに叩きまくり

しろ、そういうこと言うやつが袋叩きにあっているシーンしかたことない。

お互い見ている場所民度の差なんだろうな。

anond:20190219164051

そういう件については全然チョロくないだろ

しろオタクはなんだかんだチェックして少しでも引っ掛かれば「にわか」「営業」って叩くことの方が圧倒的に多い

最近ではロンブーの淳がラブライブの話をするだけで「ラブライブ営業しなきゃいけないほど落ちぶれた淳」って感じに叩きまくり

女性オタクの方が(異性芸能人に対しては)寛容で、イケメンちょっとわかってればあまりうるさくチェックせず支持する印象

ロンブー敦みたいなスクールカースト最上位系の軽薄いじめっ子男性

彼らタイプ男性のことを本心から異性として嫌いな若い女っているの? 

ロンブー敦そのものイメージして「大嫌い!」とバッサリ斬る若い女普通にいるだろうけど、実際にそういうタイプの男からアプローチされたら付き合ったり体許したりするだろ全員。

本心から一点の偽りもなく嫌いな若い女っているのかなあ。

若い女な。20代までの。

2018-07-07

anond:20180707173430

ロンブーの淳じゃない方 が何かの番組で「息子が大爆笑して『お父さんは天才!』と褒めてくれるのが嬉しくて、ついつい「ウンコチンチン」とかやってしまう。」とか話していて、ほのぼのしたと同時に「それあかんやろ」と思った事があります

2018-06-10

バラエティをつまらなくしたのはめちゃイケだと思う。

テレビっ子によるテレビの話ですm(_ _)m

めちゃイケ特殊番組だったと思う。

バラエティが苦境に立たされても挑戦を続け、テレビっ子に支持され続けた。

末期は叩かれることも多くなったが、それでもバラエティファンからは厚く信頼されていた。

なぜか。

それはめちゃイケ視聴者を楽しませるだけではなく、

バラエティ番組アイデンティティも発信する番組だったから。

バラエティファンの期待を裏切らず、バラエティ文化を守り続けるという思いを届け続けた。

規制クレームといった逆風の中でも、めちゃイケらしさをやめなかった。

やめないことをファンへのメッセージにもしていた。

そこにファン安心した。この番組自分たちが好きなバラエティ文化の味方だと。

私もそうだった。

土曜8時はテレビマンにとって特別な枠であることや、

批判を受けると簡単にコーナーが終わってしまうこと、

そんな厳しい風潮の中で過激なことを放送するのは「冒険であること、

こうしたバラエティ周りの事情めちゃイケで学び、

「作り手や演者視聴者を笑わせるためにリスクを冒しているんだ、応援しないと」という気分になった。

だが、それと同時に違和感もあった。

上のようなバラエティ愛というのはナイナイロンブーなど、

思春期80年代バラエティを観て育ったお笑い第4世代芸人特に強い。

彼らの番組では「ムチャクチャやっていた時代」へのリスペクトや、

「俺たちも規制を恐れずキワドイ部分を攻めていこう!」といったメッセージがよく発信される。

そして現に、暴力犯罪エロなどがテーマの「攻めた企画」を敢行している。

こうした「攻めた企画」は逆境で見せる反骨精神のようで、バラエティファンには心地がいい。

心地はいいが、私はそれで笑えない。

笑えないというのは「不謹慎から」とか、そういう理由ではなく、

単純にゲラゲラ笑えるほどのものではないからだ。

だが「攻めた企画」と銘打たれると、

彼らはバラエティにとってとても有意義なことをしていると錯覚してしまう。

「攻めた企画」が放送されるとSNSには彼らの冒険を称えるような投稿があげられ、

バラエティ史にまたひとつ伝説が刻まれた、とファンは安堵する。

そうすると、だんだん企画自体で笑えることより、

バラエティ道を貫くことの比重が多くなっても、気付きにくい。

正直、ここ数年のめちゃイケはこの状態だったと思う。

応援しているのは古参バラエティファンのみで、若い視聴者から共感を得られない。

それもそのはずだ。バラエティ歴史を知らない子供めちゃイケを観て、

「こんな時代にあえてゴールデンめちゃ日本女子プロレスを復活させるのは冒険だ」などと、

説教くさいナレーションを聞かされてもファンにはならない。

それよりも今そこで笑えるユーチューバーの方が魅力的に見えるだろう。

「苦情も覚悟の魂込めた企画」を観たいのではなく、ゲラゲラ笑いたいからだ。

それこそお笑い第4世代からよくリスペクトされる「元気が出るテレビ」は、今そこで笑える番組だった。

基本的に誰かにイタズラをして怒ったりパニックになる姿が連発されるのだが、くだらな過ぎてゲラゲラ笑った。

手の込んだロケも多く、あのくだらない映像が出来上がるまで相当苦労もあっただろうが、

元気が出るテレビ」は作り手の事情を出すことはなく、徹底的にくだらない番組であり続けた。

「俺たちはプライドを持ってバラエティを作っている」ではなく、

「こんなバカなことやってすみません」という姿勢が潔かった。

私も自宅でリラックスしながら「バカなことやってるな」ぐらいの温度バラエティを観たい。

ただしめちゃイケが再定義した感のある「バラエティ」の文化は、

この先さらに年老いて、保守的で、閉鎖的で、形式けが残る笑えない文化になると思う。

めちゃイケバラエティ界に残した功績は偉大だが、

その「バラエティらしさ」や「バラエティプライド」が、

規制クレームよりもバラエティを笑えないものにしているのではないか

一度皆が大切にしているバラエティ文化から離れて、

中2ぐらいのふざけた男子がパッと見で笑い転げるようなお笑い番組を作って欲しいと思う。

2018-02-18

ロンブーの淳が,青学落ちたけど

私立文系入試の,全学部受けてどれか一つでもひっかかればOKっていう風潮,いったい何なの...

2016-10-06

石橋貴明の笑いが嫌いで、マツコ有吉が許せる話

子供の頃から乱暴を振るう笑いが嫌いだった。

ひょうきん族と全員集合だったら、全員集合ばかりを見ていた。

ひょうきん族で、たけしが若手の軍団員に殴る蹴るのむちゃくちゃする絵は相当気分の悪いものだった。

小学生の当時、自分帰国子女クラスの中で明らかに浮いていて

「奇妙な側」の人間だった。日本的コミュニケーションが取れなければ

当然のように弄って良い人と扱われ、ひどい虐めを受けた。

ひょうきん族の笑いは、それを彷彿とさせるものであった。


ちなみにドリフ高木ブーを弄ってたりしたが、

実際は仲の良い感じや5人がそれぞれの特異性を尊重して

作ってる笑いという感じがして楽しく見る事ができた。


幼少期を過ぎても、とんねるず石橋ダウンタウン浜ちゃん

ロンブーの淳など乱暴を振るう笑いは、常に苦手だった。

どれもこれも、強い奴が見た目や言動が変わった奴、

弱い奴にむちゃくちゃをやって、それを周りが見て笑う構図は最悪だと思った。

何が面白いのか全く理解できないだけでなく、うっかり見ると気分が悪くなった。

最近は、時代の流れなのか受けなくなったのか、

その手の番組は、減ってきたようには思う。

それに台頭するようにマツコデラックス有吉テレビに引っ張りだこになった。

二人の番組を全て見ているわけでないが、時々見る

「怒り心頭」や「マツコの知らない世界」はとても楽しく感じていたので、

石橋貴明最近の笑いは冒険しないか面白くないという記事に、

石橋貴明が楽しかったと言ってる昔のバカ番組より今のマツコや有吉のほうが、ずっと面白いと思う。誰かを虐めて笑い取るみたいな番組が人気を失っているのは、たいへん良い傾向。」と書いたら、

いや、「マツコ有吉も結局は人を虐めて笑いとってるじゃん。」

と、ブコメで突っ込まれて、確かにそうかもなー。

でも、自分はそう感じるんだよなーと思ったので、なにが違うか自分発言の裏を分析をしてみた。

まず、マツコも有吉wannabeなのだ

彼らは元々「気持ち悪いオカマ」「干された芸人」という出自にもかかわらず、今は人気を掴んでいる。

奇妙な人が奇妙なまま人気を得たり、一度落ちぶれた人が再起する姿は、

かつて虐められっ子であった自分が夢を掴んだ感じがして、単純に好感を持ってしまう。

彼らが、こんなにも人気が出ているのは日本人の大多数が「虐められた」過去を持ってるからではないかなとも思う。

次に、彼らの小馬鹿にする芸風は陰湿な虐めじゃないかという指摘。

確かにそうなのかもしれないが、彼らは基本暴力を振るわない。

そして、有吉自分より目上の立場が強い人間にも平気で悪口いうので、弱いものだけを虐めてる感じがあまりしないし、

すこしビビりながら言ってやったぞという感じも嫌いじゃなかった。

マツコも素人地方弄りするけど「私も気持ち悪いけど、あんたも気持ち悪いよ」というスタンスなので、

からというよりは同じ目線で弄っている印象を持った。


もちろん、これはあくま個人感覚ベースの話なので、

「そんなことねーよ。あいつら酷いよ!」

という感想を持つ人がいてもなんら不思議でもない。

また、自分は見たことがなかったが「有吉の壁」「有吉ベース」では

若手の後輩に熱湯を有吉がかけたりしてるらしく、

そういうのは、嫌いな笑いであることは間違いないので、

多分一生見ることはないと思うし、何かの拍子に見たら有吉評価は変わるかもしれない。

ちなみに、石橋貴明別に個人としては嫌いではなくて、

シバレシピDVD全巻買うほど好きで、面白いと思う。

試食シーンのAD弄りは当然、好きではないが)

あくまでも、「体育会系暴力に根ざした乱暴な笑い」が嫌いなだけ

いうことは補足しておきたい。

だいぶ長くなってしまったが、

石橋貴明の笑いは嫌いで、マツコ有吉は虐めてないからいい傾向」

と思った理由を綴ってみた。

同意してブコメを付けてくれた人や、一緒じゃないの?という人の疑問に答えられていれば幸いである。

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん