「発電効率」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 発電効率とは

2019-08-01

anond:20190801015046

発電効率40%としたら、1秒で持ち上げて1秒で下げる動作を繰り返している限り電球がつき続けるというわけだね

2019-07-08

anond:20190708145212

×再生エネルギー

再生可能エネルギー(renewable energy )

◯再エネ

1再生可能エネルギーが使われない理由

発電効率が悪いから。金がかかるから。加えて、自然環境破壊するから。眩しいから、煩いから、ぐらい書けないの?

これだけ長文なのに「供給が安定しないから」しか書けてないよね?足りないなら増設すればいいでしょってなるよね?発電方法多角化である程度安定化できるよね?

安定供給を目指せる再生可能エネルギーもあるよね?地熱は?水力は?潮汐は?バイオエタノールは?知らないのかな?

2火力発電だけに頼らない理由

原子力発電の燃料も輸入ではあるのだが、石油一本に依存するよりはだいぶ安定感が違うのだ。

もしかして天然ガスをご存知でない?

https://www.sankei.com/economy/news/170730/ecn1707300002-n1.html

日本ウラン100%を輸入に頼っており、輸入先はカナダカザフスタンニジェールなどである

https://www.enecho.meti.go.jp/category/others/tyousakouhou/kyouikuhukyu/fukukyouzai/ck/2-1.html

歴史的視点から語るなら、もう少し引き出しが欲しところだね。戦後石油の高騰で困ってきたよね。

https://www.enecho.meti.go.jp/about/special/shared/img/77nnm-2b0lkqzn.gif

3電力を使わない生活をおくる

こんなの書くまでもない。項目を増やしたくて苦し紛れに書いたのか?「テストでなぜ原発危険なのに使われているのでしょうか?」って問題があったら、「電力がなきゃ生きていけないから」って書く?書かないよ。文字数無駄

どうせ書くなら冒頭の

エネルギー問題は人の命に直結する問題からだ。

を、活かせよ。

4新しい代替エネルギー

メタンwwwwwwハイドレートwwwwwww。昨日初めて知ったのかな?

これが貴方に新しい視野を示すことができたのならば幸いである。

新しい視点ねぇwww

問題は、海底にあるため採掘技術確立されていないということだ。

うん?それだけじゃないよね?なんで書かないの?知らないのかな?僕が教師ならその答案は10点中3点かな。

エネルギー問題救世主として期待されているメタンハイドレートですが、天然ガスの代わりにはならないと考えている専門家もいます。その根拠としては、メタンハイドレートがばらばらに存在していることや、実用化にコストがかかりすぎること。ガスに変換するためにもエネルギー必要なので効率が悪いことも挙げられています

新しい視点ね、新しい視点w。少し調べれば10年前の記事が出てくるんだけどね。

結論

これを考えている方は科学教養が少し足りない。

これを考えている方は歴史教養が少し足りない。

これを考えている方は想像力がかなり足りない。

君の「僕の考えた最強の反原発者への反論」は既出議論の域の半分にさえ達していない。稚拙ゴミ中学生の方が君よりいい「手紙」が書けるだろうね。

どうして少しぐらい調べてから書かないの?少し検索すればgo.jpで山ほど出てくるよね?

なんでこんなに内容のない長文書いたの?何か意図がある?夏休みの作文の宿題だったの?早くから取り組んで偉いね

足りないのは君の方だよ。

http://www.eneducation.jp/osu2/catechild_01.html

もう少し勉強しなよ。ちゃんと調べてまとめれば自由研究ぐらいにはなるんじゃない?

2018-03-16

anond:20180314171310

かなり低い≠現実にならない

実際かなり低いとされてきた原発事故が実際にあった後でも発生しないという楽観的視点はどこから来るのか

その「かなり低い」も福島事故が起こるまでは「絶対炉心融解とかありえない」って言われてたな

除染費用とか避難民の経済的損失とかどんだけの赤字になったのか計上してみれば自分

今後も起こり得ると考えたら目先の発電効率取るのがいかに頭悪いのかも分かるはずだが

 

原発信仰かな

2017-09-22

anond:20170922101330

発電効率が上がれば投資効率も上がる単純なことにさえ気づかない馬鹿でしたか(お別れの言葉)

2017-09-17

はてブやってるようなクズEVを買えないくらいに貧乏か車に興味ないかどっちかなんだよなぁ

はてなブックマーク - 経産相「いきなり電気自動車にいけるわけでもない」 | NHKニュース

車に興味ないなら黙ってろくそはてブ民。

まともなブコメまとめていくが、これ否定できるならやってみろよ。

どうせ経産省批判する流れが出来てからなんとなく乗っかかって物言ってるだけの思考停止したバカはてな民

ほんまお前ら害悪しかないわ。



gokkie 30kWhリーフ買って一月半で2500km乗ったけど、今のトコ不満はない。先行者特権フリーライダーになれるのは限られた期間やろし、格安で買った車でガンガンフリーライドしまくるで

etr そうなんだ・・・とりあえず私、テスラ乗るね。(モデル3予約してます。)

600以上ブクマついてるのに実際に電気自動車を買って乗る人が二人しかいないはてな民wwww




ちゃんと自動車のことわかってる人のコメント

fusionstar 欧州EV 推進は原子力発電前提なんだけど乗っかっていいのかなあ

u-chan ただの腰巾着かと思ったら、まともなこと言ってる。これで「電気自動車ダー!!」なんて言ったら、後、新設の原発何基作る気なんだ?? だしね

raitu 短い航続距離(最大でも600km)および長い充電時間(40分)をすぐどうにか出来るわけでもないから、そんなに変なことは言ってない

mur2 いきなり電気自動車しろという人はリチウムネオジムを筆頭とした大量のレアメタルをどうやって安定的調達する気なんだろうか。エンジン関連パーツ、燃料系統を作ってる下請け死ぬぞ。

otihateten3510 英仏中がやってるのはあくま政治だと思う。技術置き去りの政治に良い印象はない。支援はわかるが規制に便乗するのはおかしいだろ? どちみちメーカー対応しなきゃならないわけで、経産省立場はこれでいい

Earth_f1 EVに関して過度に期待しすぎるのもどうかと思う。HV/PHEV/水素/にだってモーターとバッテリー技術はあるわけだし悲観しすぎでしょ。あとガラパゴスで言ってる人は日本メーカー海外売上比率を見てみてはどうですか?

ukidousan LNG以外の火力発電所を潰すまではHV優位かなあ https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170913-00010007-msportcom-moto

moegi_yg トヨタ水素押し、EVにしなきゃ乗り遅れる、ガラパゴス、云々全部的外れ。中印蘭以外はHV, PHVも可、電動化の肝はバッテリー。日系はそこは進んでるし、スバル/マツダですらロードマップに数年後に導入

Dicer あれ?トヨタEV用の高性能電池を開発中じゃなかったの??→ http://jp.techcrunch.com/2017/07/26/20170725toyotas-new-solid-state-battery-could-make-its-way-to-cars-by-2020/

poko_pen インフラ整備が不要プリウスなどHV20年掛けてやっとシェア30%(世界ではもっと低い)。充電スポット新規発電所建設などインフラ整備が必要不可欠な電気自動車がどれだけハードルいか理解して欲しい

dannier インドフランスEV縛り宣言したけど、ドイツは同じ問題抱えてるから実はEV宣言はしてないんだよね。まあ研究開発と充電設備に巨額の投資はしてるけど。あと中国もいつ急に降りるかわからん、という感じなのだ

ryokujya 日産ノートeパワーを見ましょう。リーフを出した日産エンジンを発電に使うノートを出した意味を。今はハイブリッドが適している




もちろん私だって別にEV否定してるわけじゃないぜ。政治的にもアドバンテージを取らないといけない部分があるのはその通りです。

インフラ整備や普及のための補助金標準規格競争など、適切なタイミングを見て国が参加する必要はありますはてブもそのあたりわかってる人をちゃんとフォローしたいですわ。

awkad いかにも日本だ。作る側が神と思ってる。決めるのは需要側なんだよ。中国アメリカEVだっていったらEVだ。日本需要で負けてるんだから決定権なんてない

mamezou_plus2 充電スタンド規格「CHAdeMO」と別規格を欧米に作られ日本外しEVが普及すると充電負荷が高すぎるのでスマート電力のシステムとかサービスとか。内燃車とは特性が違うから交通などデザインし直さなきゃいけない

giyo381 電気自動車時代って言ってる人の中でwell to wheel知ってる人どんくらいいんだろ。石油が連産品とか、発電効率とか知ってるのかしら

石谷久(東京大学教授)による「Well to Wheel」でのCO2排出量( 2005 )/ ガソリン車:193 / ガソリンハイブリッド車:123 / 燃料電池自動車86 / 電池電気自動車:47 / https://blogs.yahoo.co.jp/zaqwsx_29/18278184.html


お前らみたいなアホが、燃料電池の時も同じことを言ってて、

燃料電池がだめになったらその時応援してたことも忘れて手のひらクルーするわけよ。

おまえらどうせEVについても、EVにさっさと乗ろうとしない政府無能とか言っておきながら、

いざ上手く行かなかったら、「誰だよEVに一足飛びに行こうとしたやつは」とかいい出すわけよ。


2040年になった時、さすがにお前らもはてなをやってないとは思うが、

このブックマークページのコメントは保存しておいて「ほーら20年前にこういうバカなことを言ってる人たちがいたんだよ」って晒してやるから覚悟しとけよ。

2014-01-14

http://anond.hatelabo.jp/20140114155637

石炭火力が大型化したのは、その方が発電効率がいいからで、それってどうしてかっていうと結局二乗三乗法則のせいなんで、今後分散した方が効率がいいという状況になるとは考えにくいと思う。

その明治時代理論って知らないけど、材料的な問題でタービンのサイズがこれ以上大きく出来ないとかそういう仮定があるんじゃないの?

http://anond.hatelabo.jp/20140114155637

ググればいいんじゃない

http://blogs.yahoo.co.jp/zaqwsx_29/18278184.html

ガソリン車 発電効率0.10

ハイブリッド 0.15

電気自動車 石炭場合 0.22

電気自動車 ガスの場合 0.31

1に近いほうがエネルギーを取り出せている。

送電ロス5%も考慮されてる。

 

そもそも ターボがある時点で気がつくと思うけど、ガソリン車はガソリンエネルギーを100%使えているわけじゃない。 再吸気してまだ燃えるということは、燃焼効率は悪いのよね

http://anond.hatelabo.jp/20140114151838

微粉炭で直接発電するより石炭ガス化方式の方が発電効率がいいことから何となく想像がつくと思うが、ステップ数が多いから効率が悪いというのはかならずしも明らかではない。

それと

だが、だったら最初からメタンハイドレートで動く自動車を作ればいいじゃないか。

CNG自動車がまさにそれなのでは。

全体的にちょっと勉強不足なように感じました。もっとがんばりましょう。

2013-10-03

そもそも論として、原発は争点にすべきではない争点を除けば

オイルショックの問題が合って石油やガスなどの天然資源依存しない発電が国の発展に必要であり

これらが経済成長を支えてきて、国民は幅広くそ恩恵に預かっている。という点を忘れてはいけないし。

ソーラー発電は最近技術で40年前は発電効率が違いすぎる。という点を忘れちゃいけない。

 

今は火力でもできているじゃないか!という人もいるが燃料費は上がり続けているし

そもそも、世界中原発をやめたら今以上に値上がりする。今は日本けが原発を止めているという世界規模の状況を無視できない。

東電の状況は責められて当然の状況ではあるが、その状況以外のところで東電を叩くのは単なるイジメの構図ということを理解しないといけないが・・・

大多数の国民は理解していて、騒いでいるのは一部なんだろうな。

2013-03-18

http://anond.hatelabo.jp/20130318142544

書き方わるかったね。

しかコージェネレーションは排熱もったいないよね→だから別用途でも使いましょ

なので発電効率のもの効率を上げるわけじゃないね

http://anond.hatelabo.jp/20130318131324

余分な熱の使い道を探して見つけて来ているだけで、得たい電気エネルギー量に対してに余分な熱エネルギーが大量に必要になるのは変わらないんだよねえ

熱を電気へ変換するとき効率(発電効率)自体は相変わらずかなり微妙

2011-07-12

地産地消

これからは、電気地産地消になるのかな?

巨大な発電所を建てるんでなくて、それぞれの土地に見合った、発電方法(これまでより少し小規模)を選ぶようになるんだろうか。

発電効率の詳しい事は分からないけど、送電によるロスは減ると思う。

リスクの分散にもなるだろう。

当然、これまでのように一社独占では難しいだろうけど。

2011-04-06

http://anond.hatelabo.jp/20110406005335

ゆとり脳と言うのはどうかと思うが、大島堅一・立命館大教授の主張は、明らかにおかしい所がある。

過去実績のコストと、将来予想されるコストを混同

過去研究開発費用や、過去原発立地関係の支出が、将来も同様にコストとして計上されるように大島教授は主張している。これは不適切だと言わざるを得ない。

大島教授財務諸表をもとにした、実績ベースの分析でも、火力9.80円/kWh、原子力8.64円/kWh、水力7.08円/kWhと原子力が安い。しかし、政府支出を加算すると、政府補助込みの実績コストでは、火力10.68円/kWh、原子力9.90円/kWh、水力7.26円/kWhと原子力が高くなると、大島教授は主張している。

しかし、政府補助込みの実績コストは、将来コストとは大きく乖離していると考えられる。(大島教授が非公開だと主張する)公開されている政府資料を見る限り、火力・再生可能エネルギー関係の支出も多い。2009年度の原発関係の支出は、1,816億円に過ぎない。電力会社が払っている電源開発促進税3,292億円と、16兆円を超える電力会社の売上から考えると大きな値とは言えない。大島教授の分析は1970~2007年度のデータに基づいているため、近年の状況を良く反映していないと考えられる。

つまり、政府補助を加味しても昔のコストと、今のコスト、将来のコストは異なるため、近年の状況を反映していない大島教授の主張は妥当性を欠く。

揚水発電所を原発のための施設として捉えている

大島教授は、以下のように揚水発電所を原発のための施設としているが、これは誤りだ。

ここで注意が必要なのは原発は出力調整が出来ないため、需要の少ない深夜電力で水をポンプで上げて貯水し、昼間に発電する「揚水発電」をしている点だ。原発コストは「原子力+揚水」で見なければいけない。

既存原発をフル稼働しても、朝5時の最小需要にも届かない。原発の昼夜の供給調整には、現状では必要は無い。

実際は火力も起動に時間がかかり、発電効率の観点からは出力を変動させない方が良いため、揚水発電所が必要となっている。ただしLNG火力は起動時間が早いとされ、必要性は低下しているそうだ(2~3時間で100%出力)。

風力・太陽光・太陽熱・地熱も、需要に応じた発電調整が不能であるため、揚水発電所が必要となると考えられる(例:国内電力の9割を再生可能に:イスラエルでの提案)。もちろん現状では原発と同様に、供給能力が低いため問題にはならない。

六ケ所再処理工場稼働率が低くなる理由が十分に説明されていない

大島教授は、六ケ所再処理工場処理能力が大幅に不足していると主張する一方で、六ケ所再処理工場の稼動率を100%にする事が不可能だと指摘している。しかし、海外の稼動率実績を引用しているが、それらがなぜ稼働率が低いのかの説明は無い。

処理すべき使用済み燃料が無い場合は、再処理工場稼働率は落ちる。この意味では、使用済核燃料が大量にあるのであれば、稼働率100%に近づく。単に稼働率を列挙されても、説得力に欠ける。

2011-04-04

http://anond.hatelabo.jp/20110402020002

それで廃炉のコストを含めても原子力発電の方が経済的だったら、

以下の反原発派が計算されていないと言う項目を加えて、原発コストは5.9円/kWh(電気事業連合会(2004))。

太陽光発電は、次の欠点がある。

笑えるわー

未だに「全家庭やビルソーラーパネルを設置すれば日本で使う電気はすべてまかなえる(キリッ)」って思ってる人居るんだな

あれ、発電効率どんだけ低いか知ってるのかな

発電効率がかなり良い単結晶パネルでさえ単位面積当たり170Wしか発電できないんだよ?

しかもその値はありえないくらいに好条件。無菌室みたいなホコリも無い部屋で、真正面から光を当てて出した結果

実際に太陽たいに光源が動くので、パネルに入射する光の向きを考えると理論発電効率の40%しか発電できないなんて当たり前。

つまり、1日太陽光を当て続けてもたったの70Wh程度の発電しかできないんだよ?

あれ?ドライヤーって何ワット使うんだっけ?

あれれ?電子レンジって何ワット使うだっけ?

それに、パネルはものすごい勢いで経年劣化するんだよ?1020年同じパネルを使い続けられると思わないでね?

結局のところ、日本のように資源小国原発に頼るしか無いんだよ。

メタンハイドレートは当てに出来ないし

2011-04-02

http://anond.hatelabo.jp/20110402172119

ちょっと誤解があるようだけど、元記事は「ベース電力が必要」とは言ってないんじゃないかな。

電力会社が、出力を固定している発電所と任意に出力を変更できる発電所を組み合わせて送電態勢を整えている場合に、この「出力を固定している発電所から生成される電力を「ベース電力」と称しているわけで、どうしても必要なわけではなく、発電効率や安全性のためにそうしているというだけ。

第二段落の「太陽や風力はベース電力代替」はだから、まるで逆。そもそも出力が定まらないこれらの発電様式は安定した送電態勢の確保のためにはマイナス要素にしかならない。原発の変わりにこれらの発電方式が導入される場合、瞬間的な供給電力の落ち込みに対応する分だけLNG火力発電を増やす必要がある。

それから第三段落だが系統安定化と貯電はどう大雑把に言っても同じものではないし、「系統安定化の必要性が相対的に下がる」とかマジありえないっす。貯電の必要性も、実をいうと系統安定化という観点からはすでにかなり下がっているので、今より下がるかどうかは微妙な気がする。それと何故ベース電力をそこまで攻撃するのかわからないな。原発が廃止されたら石炭火力がベース電力になると思うけど。

…とここまで書いて思ったけど、もしかして全く違う意味で「ベース電力」という言葉を使ってる?

2011-04-01

原発廃止派に知って欲しいエネルギーの話

原発廃止派に、原発を全部いきなり止めてそれで必要だった電力はどうするの?と聞いても、「再生可能エネルギーがー」といった具合に、"新エネルギーがいきなり原子力を置き換える"と思ってる人がいます。

エネルギーを役立てるには必要な前提がいくつかあります。なぜ必要なのかを理解するためには、知らなければいけないことがいくつかあるので、それをまとめてみました

曖昧表現や間違っている部分がある可能性や、将来の展開について個人的な想像が含まれていることをお断りしておきます

(それは違うだろ、という点があればトラックバックで補足してもらえればと思います)

電気はそのままでは貯められない

現在、実用レベル電気を貯められるのは水力だけ。

水力は電気が余って捨てられている夜間に水をくみ上げて位置エネルギーに変換し、昼間のピークに放出している。水力が他の発電と比べて優れているのがこの"位置エネルギーに変換し、必要な時に即座に生産できる"ところ。

しかし、水力発電に伴うダム建設には環境破壊など大きな問題がある。貯められる電力という水力と同じポジションを担う発電、送電、蓄電技術が今後重要になる。これについては後述する。

調整できる発電と調整できない発電

原子力発電は大きな発電力があるが、ほとんど調整がきかない。火力発電は原子力発電に比べればずっと調整がきくが、それでも出力を変化させるとロスが大きくなる。これら二つは、変化が少ないかわりに大きく安定したベース電力を得られる発電方法といえる。

逆に水力発電は、さほど大きな発電量は見込めないが、位置エネルギーに電力を変換し必要な時に放出するピーク電力対策に優れた発電方法といえる。

現代の発電は、このベース電力とピーク電力対策を組み合わせて需要対応している。

何故ベース電力とピーク電力対策が必要なのか

夜間は電力が捨てられて、昼間は電力が足りない。

電力の需要量は、時間に応じて夜間は低く昼間は高くやまなりの曲線を描いている。仮にベース電力だけで全てを供給すると、ベース電力の必要量は需要のピークに合わせなければならない。需要の谷にあるときには、必要量を発電量が上回った分がそのまま無駄になることになる。

そこで、水力発電のような"夜間のあまった電力を一度保存し、ピークのタイミング生産できる"補助があれば、ベース発電の出力をピークにあわせる必要がなくなる。結果的に無駄にする電力が減り、必要な総発電量も減る。水力発電は少ない発電量しかないが、その特性上見かけよりも必要総発電量の削減に役立っている。

先にも言った通り、ダムを作る事は大きな環境破壊を伴う。いくら水力の貯めができる点や追従性が優れていても、ほいほい増設できるものではない。しかも、火力発電を(ロスを出しながら)調整し、水力発電がフルで頑張っても、夜間と昼間の必要電力のギャップには追いつけない。夜間に大量の電力が捨てられているわけだ。

冬と夏の問題

冬と夏の電力需要にも同じ問題がある。発電所の新設は夏の電力需要のピークを見越して行われる。電力会社が「電力が足りない!新設しなければ!」と言う時、それは「夏の昼間のピークに足りない」ことを示している。

じゃあどうすればいいの?

水力発電の担っている仕事を、企業や個人レベルで行っていく必要がある。しかし、水力なんて大規模なものは普通できない。別の蓄エネルギー方法が必要になる。

現実的なものには氷蓄熱があるだろう。エコアイスと言えば聞いた事があるのではないだろうか。電力会社は数年も前からこの氷蓄熱を普及させるために夜間の蓄熱用の電力を非常に安くしている。

冬と夏の時間スケールでなら、冬の間にためた除雪の山をそのまま夏まで持ち込んで冷房に利用するという手段が北海道では実用化されている。

海外では巨大な電池を設置する例も出てきている。

EUでは時差のある国家間で電力の融通が行われている。そのため、夜間に捨てられる電力は日本に比べて少ない。また、工場の廃熱等で発電する熱→電気の再利用が進んでいる。

日本東西はな南北に長いのでEU間のような時差もピークの差もない。しかも島国なので送電技術進歩しないかぎり隣国と電力を融通しあう事はできない。北海道の電力は余っているが十分に生かされていない。同じく西日本からの変電の問題もある。これらの改善には膨大な金が必要だそうだ。

(送電技術進歩しまくった未来には、電力輸出国がありうるかもしれない。)

個人規模では電気自動車があげられる。夜間のうちに充電できるからだ。ただ電気自動車は高価で、走行条件によっては航続距離が非常に少なくなるなどまだまだ普及するものには思えない。古いクーラー省エネのものに変えていくのは効果があるらしい

もし火力や原発の新設が必要無くなったとしても、原発なくならないじゃないか

その通り。しかし、新エネルギー原発を無くそうといっている人は本気でいきなり代替になると思っているのだろうか?新エネルギーや風力や太陽光などの再生可能エネルギーすぐにはベース電力の代替にはならない。今の技術では、設置コスト生産にかかるコストはもとより、発電量でもベース電力を担うものにはならない。

だけども、新エネルギーが全くの無駄なのではない。新エネルギーは火力や原子力が担うベース電力をいきなり代替するようなものではないが、今の水力が担っているピーク電力を強化することで、結果的にベース電力の必要量を下げ、火力発電所原子力発電所の新設を少なくする可能性がある。

エネルギーが実用化されるとしたら、まずはベース電力の代替ではなくピーク電力の補助ではないだろうか。今後のプロセスは次のようになるのが理想的だと僕は考える。

  1. 蓄熱や雪利用、廃熱利用、送電網の強化などで、夜間や冬季に捨てられる電力を出来るだけ少なくする。
  2. 局地的な電力の融通を行えるようにスマートグリッドの導入と電力自由化を進める。それがあって初めて小規模な新エネルギーが生かせる。
  3. 太陽光発電は昼間に発電するため必然的に電力のピークを補うが、コスト発電効率はまだまだ。しかし開発投資は必要だろう。
  4. 風力発電は充電か蓄エネルギーできる手段とそれをコントロールできるスマートグリッドとセットで導入しなければ十分に生かせない。
  5. これらがピーク電力をカバーすることで捨てられる電力が少なくなり、ベース電力の必要な総発電量を下げる事が出来る。まずは、火力と原子力の新設を止めるのが第一段階だろう。
  6. しばらくはこの段階が続く。
  7. 熱電素子の効率が上がり、廃熱の再利用が低コスト化するかもしれない。
  8. さらに未来に、太陽光や風力発電の発電量と生産コストが今の火力や原子力に匹敵する状態になった時に、徐々にベース電力の置換が行われていく。

参考資料

4/2 追記分

今更ですタイトルはちょっと良くなかった。原発廃止派が余計でした漠然と訴えてる人は廃止派に多いという偏見が確かに僕にあった。ご指摘の通り、極端な推進派廃止派は声が大きいだけで、数で言えば「原発いきなり全部は止められないか現実的に頑張ろう派」「しょうがないと思ってるけど原発はこれ以上増やさない派」「東電政府の問題は追及するけど今安全な原発運用は認める派」のような人達サイレントマジョリティ可能性はあります原発の話題をする時にまず「推進派なのか廃止派なのか」を前提にする今の空気自体が議論を横道に逸れさせるめんどくせー状況を生み出してるともいえそうです。今回タイトル自分がそれを僅かでもやってしまったというのはちょー後悔してます

代替エネルギーについて網羅しきっていない→素人の僕が説明するより資料見てもらったほうがいいと思う。このまとめは"前書き"部分にあたる話だから代替エネルギーやその進歩展望について網羅することはしていない。バイオマスエネルギーの開発状況とそれが発展途上国農業に及ぼす影響、メタンハイドレートは掘れたらすごいけど掘るの難しい国境問題も絡む話、ゼーベック素子の話、超伝導蓄電(これ正直僕は詳しくない)等は調べれば色々出てくるよ。

何れにしても、新エネルギー利用も化石燃料原子力の利用を少なくするのも、エネルギー無駄にしない仕組み→スマートグリッド地域国家間での融通、蓄電技術、熱の再利用などがセットなのは間違いないわけで、その必要性を理解してもらうのに書いたのがこのエントリです

最後

地元から反対されてるのに暴力的な政治力建設してしまうケース、トラブルがあったときの縦割り体勢による不透明さ、フットワークの重さ、補償問題、風評被害への対策…これら社会的な問題は原発技術を認めていても無視してはいけません。

逆に、原発に反対であっても社会的な問題を理由に原発技術面を全く評価しないのは話をややこしくします。技術存在自体が社会的な問題だと捉える人が出てくるからです。そうなると技術不信で一層正確な判断ができなくなり、パニック陰謀論に陥ってしまいます。

原発技術を正しく認める事で、「最新式ならこうできるはずだった」「もっと最善の方法があったのではないか」という人為的なミス運用上の問題が見えてきます

漠然と「原発は安全だ、何故反対するのだ」「原発危険だ、全部信用できない」とならずに、原発社会的な問題と技術的な問題は分けて考えるとパニックにならずに少し落ち着けるのではないでしょうか。

2011-03-23

http://anond.hatelabo.jp/20110323055040

場所を知ってるわけではないが。暇なら俺がまとめたいと思ってたような内容だから多分誰かやってるだろう、程度。

他人任せにせず自分でやればいいよ。

私も同じ事考えて、調べるの面倒になってやめてた。

基本面倒くさがりなので、多分やらない。

私は1980年後半相当の生活はきびしそう。

原発無理なら、一番可能性ありそうなのは天然ガスかな。

ガスタービンに春到来の予感

http://www.nikkei.com/tech/ssbiz/article/g=96958A9C93819696E2E6E2E1E38DE2E6E2E1E0E2E3E3E2E2E2E2E2E2;p=9694E3EAE3E0E0E2E2EBE0E4E2EB

原発相当の発電効率あるようだし、 シェールガスは100年分の埋蔵量があるとか書いてある。

コストで発電できる発電手段としては、ガスタービンを上回る解決策が見当たらない。とも。

天然ガスだと他にどんなデメリットあるんだろう?

あとは世論多数決に任せるよ。

増田だと原発反対派不利の印象だけど、多分世間的には逆のような気がする。

どうなるんだろうねぇ。

http://anond.hatelabo.jp/20110323024543

別に誰かがやってると思うけど。

そうなの?そんな資料あるなら見たい場所おしえて。

なんか資料もなしに感情的な極論(リスク∞,経済的には圧倒的等)言ったり、不必要な能力人格否定(バカ・お花畑等)してるんで

若干荒れ気味なのかと思った。

信頼できる情報源からメリット/デメリット比較した資料から

互いに事実と根拠に基づいて発言すれば、いいのになーと。

過去と他人は変えられない。結局、原子力容認派も反対派も、(容認だけど他の可能検討派も)意見変わらず

互いの立場から自分の立場に都合のいい事実だけを確認しあっておしまいになるだけだろう。

だけど、共通認識がつくれる「事実」だけは確認しておきたい

どの発電方式にもメリット/デメリットあるから結局組み合わせて使わないと無理なんだよな。

なんとなくそうなりそうですねー。

原子力反対派は原子力発電の混在認めないでしょうが。

ソーラーや風力は割合が低いうちはいいけど、100%に近づくにつれて本当に太陽や風任せで発電量が変わることになるわけで。

この辺、資料がまとまってないから、なんとも言い難いですが

ソーラーや風力は発電効率がわるいので、現時点で割合低い。

100%に近づくつれてなんて、遠いのことを置いておいて今何を選択すべきかって話をしたい。

過去も変えられないけど、遠い未来もどうなるかわからいし

もっとも重要なのは今どんな選択できるかかと。

2011-03-22

http://anond.hatelabo.jp/20110321211643

http://anond.hatelabo.jp/20110322010840

所詮、暇つぶしだ。

10日間張り付いていた人はオツカレ。

http://anond.hatelabo.jp/20110322010351

↑にこたえるか

下記をまとめた表つくったら話おわるんじゃない。

http://anond.hatelabo.jp/20110322003031

事故危険性を除いたら、発電効率運用費用(≒電力単価)も原子力発電所が圧倒的なんだよね。

手元にある資料によると、同じ費用で発電量を比べると

風力:原子力=0.04:50 (※建設費が高い)

石炭原子力=6:50 (※地球温暖化

石油原子力=7:50 (※地球温暖化

太陽光:原子力=5:50 (※建設費が高い)

原子力太陽光に全て切り替えると、電気代は少なくとも数倍に跳ね上がるわけだ。

http://anond.hatelabo.jp/20110322001423

とりあえず思いつく代替案。

2011-03-21

http://anond.hatelabo.jp/20110321223614

リスクとリターンは比例するんだよね。

どこかのツリーで誰かも書いていたけど、それぞれの発電方法の具体的な数値でメリットデメリットがないと何とも言えないよ。

原子力反対するとそのほかのやり方で発電するんだろうけど、

それが可能なのか?新たに発生するデメリットメリットで補えるのか?

原子力以外の方法だと原子力に比べて何倍も発電施設がいりそうだし、火力にしろ、水力にしろ自然保護団体は反対しそうだ。

風力や太陽光は発電効率悪そうだし、ペイするのはいつ?とか。

もうメリット/デメリットの資料ないなら、こんな議論しても不毛では?

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん