「自動ブレーキ」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 自動ブレーキとは

2019-11-28

anond:20191128123919

ブレーキトランスミッション本来系統なので可能

最近の車(バイクもだけど)はスロットルコントロール電子化(要するにアクセルペダル踏んだ入力電気信号で伝達)されてるんで、

自動ブレーキ動作時にアクセルOFFにすることが可能ドライブバイ・ワイヤだっけ?

つか、もうマニュアル車についてる車あるんじゃない?知らんけど。

自動ブレーキ義務化するっていうけどマニュアル車にもそれつけられんの?

言っとくけど俺にAT運転させたら絶対誰かをひき殺すことになるからそれはナシな

飯塚閣下のお言葉通りに世界が動いてるって実感した話

さすが上級国民の下知だけあって、相当重く受け止められたのか粛々とモノゴトが進んでいく

飯塚閣下:「安全な車を作る努力しろ

日本政府:「はっ自動ブレーキ義務化させていただきます

下級ネット民A:「上級国民様のご意見が早速反映されましたね」

下級ネット民B:「自らは罰されず今度は自動ブレーキ普及の父にでもなるつもりか ふざけ過ぎてんな」

上級ネット民:「下級ネット民はみんな馬鹿

マズゴミ様:「元院長って呼び方批判されてるけど絶対容疑者とは言いたくないから、これから「過失高齢運転者」みたいな言葉を作って「ふつう高齢者がある日思わず「過失高齢運転者」になってしまう、そんな悲劇を生まない為の社会の取り組み~」みたいな感じで社会批判へと世論工作しないと」

ネット識者:「車を運転している国民全員に勲章配ったほうが早いわ」

2019-11-17

車の運転が怖い

最近自動制御システムのおかげなのか自動ブレーキを前提に運転してる人が多い気がする

かなりのスピードで突っ込んできて、自動ブレーキシステムが反応したらようやくブレーキを踏む みたいな運転をよく見る。

まり運転手は他の歩行者自転車など見ていない、そして反応できるはずないスピード運転している。

信号で突っ込んでくる車や歩行者を押しのけてまで走り去ろうとする車が昔より増えた気がする

事故統計にどう反映されてるのかわからんけど自動制御システムモラルハザードが起こっていないか?と心配になる

とりあえず最近外を歩くのが怖いのは確かだ

(いつか轢かれるな)という感覚があるのは俺だけじゃないはず

2019-09-13

車の任意保険自動ブレーキ割引

普通自動車型式登録後3年間一律9%安くなる

軽自動車は無期限で9%安くなる

そりゃ軽自動車が売れるわけだわ

2019-09-08

ベビーカーもっとすごさを追求すべき。

ベビーカーもっとすごさを追求すべき。

拍手喝采されたいのであれば、これくらいのすごさは欲しい。

2019-09-06

anond:20190906075208

自動ブレーキでは止まり切ることができないスピード距離だったみたいだな

仕組みがあるならそこで止まり切れなきゃだめだろうし課題なのかなと思う

ただしトラックがもたもたしてる時に踏み切りにある緊急ボタンをだれかが押してれば衝突事故にならなかったのではという話も出てた

2019-08-02

[] 8年間働いた某自動車部品会社退職しました

あらまし

自動車部品会社で8年ほど働きましたが、思うところあって少し前に転職しました。

なお、基本スペック

転職した理由は大まかには以下の通りです。

これらの事は、どんな会社でも規模の大小によらず多かれ少なかれ共通する点でもありますし、私の恨みつらみを知っても楽しくないと思うので(あるいは、本ポストをご覧いただいている方が求めているのはまさにそういう心の闇なのかもしれませんが)、具体的には書かないでおこうと思います。ここではあまり話題にならない自動車業界雰囲気自分が見てきた範囲で書こうと思います

業界全体の雰囲気とここ数年の動向

世間一般でも言われていることですが、ここ数年で自動車業界に他業界(主に、家電ITから転職する人が増えましたし、業界内でも転職する人も増えたように思います。極端な例ですが、全員が転職して部署がなくなったという例や、部署のほぼすべてのメンバーが他社から転職者という例が知る限りでも複数ありました。

車がハッキングされたり、NVIDIA自動車向けの半導体リリースしたり、Teslaが電気自動車販売したり、自動車メーカー各社のプラットフォーム戦略軌道に乗る等、技術面、ビジネス面での変化があり、従来のビジネス手法や開発手法通用しなくなったのも世間の評判通りです。一方、価格競争や、納期対応、カーメーカーを頂点にした厳しいサプライチェーンマネージメント等はあまり変化がないように思います。また、価格競争のために、製品原価を1円~10円下げるために数千万円~数億円の開発費・設備投資費を費やすという取り組みや、車種・グレード固有の個別最適化設計・開発等、自動車業界らしい取り組みもまだ多く残っています

最近トレンド実業務に与えた影響

まずは、実際のところは下っ端~中堅目線でどう変わったかというところを書きたいと思います

いろんな人材自動車業界に入ってくるようになり、いい意味多様性が生まれたように思います。従来の自動車業界は、業界内で少々転職する人がいるぐらいで他業界から転職者は多くはなかったらしいです。

逆に、新しい流れを受け入れることができず、取り残されている人も一定数います。知る限りでは同業他社も同じ状況のようです。そのため、せっかく生まれ多様性をうまく活かせていないようにも感じていました。ただ、これは現在自動車業界で働き盛りの40代の方々が若手のころは自動車業界画一的で発展性がなく、斜陽産業だといわれていたこともあり、解消にはしばらく時間がかかると思います。それに、どこの業界会社にも新しいトレンドになじめない方はいらっしゃるようですので、ある程度は致し方ないかと思います。足の引っ張り合いの末に死屍累々のあり様の携帯端末ビジネスよりはよっぽどましかと

従来の自動車部品メーカーの開発は自動車メーカーが主な関係先でしたが、ITに近い技術が利用されるようになり、開発が自社のみで完結しなくなり、業界外や社外とのかかわりも増えましす。そのため、僕が業界に入った時に蔓延していたお客様の言うことは絶対という雰囲気いくらか軽くなったように思います。また、個人業務では、ソフトウェアベンダーコンサルティング会社欧米ベンチャー企業とかかわることが多かったです。ただ、家電業界斜陽になった当時、景気がいい自動車業界に参入してきた会社が多数ありましたが、ビジネスモデルや開発手法のあまりの違いや、既存ビジネスへの参入の難しさから、多くの企業撤退もしくは苦戦しているというのも現状です。

業界から転職されてきた方に関して言及すると、仕事の進め方や、客先とのかかわり方が他業界とは大きく異なることもあり、年齢・経験によらず苦労されている方や、心が折れてしまった(隠語)方も多数いらっしゃいます

ここからは、国内自動車業界の本当によくないと思う点なのですが、新しいブーム技術が発生した時に、社内の中堅以上の方が、否定的見方をしてしま雰囲気がやはり業界全体に漂っている点があると思います。えてしてそういった考え方や雰囲気は伝染するもので、新しく業界に入った方もそういった考え方に染まってしまったり、現実を嘆いて業界外に転職していってしまうこともあるようです。一方で、家電業界携帯端末業界の衰退・ビジネスの変化を目の当たりにして、新しいトレンドを取り入れる必要があると考える人も年々増えているように思います

やや突っ込んだ話になりますが、最近は新しいトレンドCASE(Connected/Autonomous/Sharing/Electromobilityの略)とまとめて呼ぶことが多いですが、初めに大きな変化を国内自動車業界にもたらしたのはElectromobilityであったように思います2010年代から自動車の電動化により、すべての車がEVもしくはHVに置き換わり、エンジントランスミッションの巨大市場が失われ、モーターやバッテリー、充電コバーターの巨大市場が生まれるといわれていました。ただ、EVの航続距離を延ばす根本的な電池の容量問題への解決策が見えないことや、充電スタンド等のインフラ整備が進まないこと、ハイブリットのみならず、グリーンディーゼルダウンサイジングターボ等により、EVでなくても燃費改善策はあること等の背景もあり、当初思われていたほどEV関係市場が伸びないということが2015年ぐらいから明らかになってきました。逆に、自動ブレーキ代表される、既存のACCや車線逸脱警告、周辺監視等の技術の延長に位置するマーケットは大きく伸びたというのが実際のところです。

そのため、当時EV関連事業に巨額の投資を行った方々の間では新しいトレンドは絵に描いた餅という固定概念が植え付けられおり、なかなか手が出しにくい状況になってしまったという点も、新しいトレンドをなかなか取り入れれない原因になっているように感じられます。また、上に書いたことを否定するような文章になってしまますが、多種多様製品があるため、大半の製品では新しいトレンドとは無関係に従来と変わらない方法技術を用いて開発を進めることも多く、変化は全体から見ればまだまだ小さいため、多くの企業トレンドに乗り遅れていることに対する直接的なデメリットを受けていないという状況のようです。

ワークライフバランス残業健康上のリスク職場雰囲気

次に、働いてみてワークライフバランス等はどうだったかという話をしたいと思います研究・開発職のワークライフバランスは言うほどは悪くないと思いますが、市場不具合対応時や、納期対応時はかなりの残業必要になることは間違いないと思います特に製品リリースの直前には、ストレス睡眠不足から心身の健康を崩す方も度々いらっしゃるようです。営業工場製造部門納期遅れが業績等に直結してくることもあり、工場とお客さんとの往復や、残業対応が迫られていることが多いようです。さらには、中堅以上の層に暴力的な人も多く、部署によっては罵声や怒号が飛び交うという話も実際にあります自身も、初対面の人に打ち合わせ開始5秒で怒鳴られたことがありますし、そのまま数十分にわたり罵声を浴びせられたことも幾度となくあります。ただ、最近世間の風当りがきついことや、容易に転職可能となったこともあり、そういった雰囲気もここ数年で多少はましになったかなと感じます

人材育成に関しては、かつては人材流動性が非常に低い業界であったため、技術方法は先輩や上司から業務を通じて学ぶ、既存技術を知っていて当たり前という雰囲気もかなり蔓延しています。そのため、個別技術に対する系統だった教育プログラムが用意されていなかいという問題もあります。新しく業界に入った方に”そんなことも知らないのか?”という発言をしたり、それを理由攻撃して精神的に追い詰めてしまう人もかなりいます。何にせよ、全体的に人材育成が苦手な業界ではないかと思います特に組み込みソフトウェア関連技術に関しては、かつては客先の要求仕様にのっとってV字開発プロセスを通すことが開発のほぼ全てを占めていたこともあり、C言語の基礎(自動車業界ソフトウェア開発はナビ等の一部を除けばほぼすべてがC言語です)や組み込みソフトウェアの基礎に関する研修はなく、開発プロセスに関する研修ばかりという会社もかなりの数があるようです。そのため、基本が押さえられておらず、基礎設計が悪く、手戻り発生で開発工数が爆発、不具合を垂れ流すというコンボもごくまれに発生している様です。

今後の業界全体の景気や人材採用の動向に関して

ここ数年、自動車業界各社の業績が良かったこともあり、春闘ボーナス満額回答や、ベア過去最高益等の景気のいいニュースが多かったですが、2018年下期から中国市場の減速等により各社が業績の下方修正をする等、景気にやや陰りが見えているのも事実だと思います。まだ、各担当レベル仕事や、給料への影響はそれほどは感じられませんでしたが、このままの状況が続くと数年程度で何らかの影響が出てくるのではないかと思います

一方、人材採用という側面では、根本的な人材不足解消の目途が立っておらず、多少の業績悪化があるとはいえ、しばらくは雇用豊富にある状況は続くと思いますサブプライムショックのような世界的な不景気が発生すると、一旦は雇用が絞られる可能性がありそうですが、その後の景気回復に伴い、数年で回復すると思います。車は数年~15年程度で必ず買い替える消耗品であり、家電製品より高価ということもあり、景気が悪くても最低限の需要市場が生まれ、景気が回復すると需要回復する業界ですし、新興国需要の伸びはこれからなので、中長期的に見れば伸びしろのある業界だと思います。ただ、外資系企業国内市場進出が進んでいることや、業界内の買収・統合事業移管が進んでいることもあり、会社によっては価格競争等に敗れ、売り上げが激減するリスクリストラリスクはありそうです。また、まだ例は少ないですが、国内で救済的買収を行う会社が見当たらず、外資系ファンドの傘下に入った会社も出始めています。ですので、転職先の会社選びが非常に重要になってくるのは間違いなさそうです。

結局自動車業界エンジニアをするのはオススメ??

他の業界の方と一緒に仕事したことはあるものの、他業界仕事したことがないので、何とも言えないですが、自身業界全体の未来不安視されている方が業界をまたいで転職してくるのは十分にありだと思います。また、米中摩擦の今後の動向次第では、自動車業界全体の業績に悪影響を与える影響もありますので、30代で転職を迷っている方は興味があればこのタイミング自動車業界トライするのもいいかもしれません。うまくいかなければ、他の業界転職すればいいと思います。一度は自動車業界に来たものの別の業界転職していった方や、別業界からの出戻りもあるようです。

8年働いてどうだったか

不条理世知辛い業界ではありますが、個人的に携わったテーマは楽しく取り組めたので、自動車業界で働いたのは間違いではなかったかなと思います。緩やかにですが変わっていく業界ではありますので、近い将来に今よりは働きやす業界になると思います。今後の伸びしろもあり、まだまだ楽しむ余地がありそうですので、転職先も自動車業界しました。ただ、国内世界的某大手自動車部品メーカーも受けましたが、面接をしている最中にここも結局は同じか………と感じてしまたこともありましたので、外資系企業しました。

最後

すいません、皆様が知ってるって感じのうんちくを垂れ流しただけで、全然退職エントリーではなかったです。

2019-07-27

事故を目撃してしまった

してしまったということは、つまり立ち去ってしまった。

それほどひどい事故でもなかったし、ひどいけが人がいたわけでもなかったから。

当事者同士で通報もできそうだし、救助も必要なさそうだから早々にその場をあとにした。

ただ、その後、ずっと心に引っかかっていたことがあった。

目撃したのは追突事故だった。

歩道を歩いていると、隣で急に車が止まった。

ブレーキをかけたかのような、キュッ!という高い音が響いた。

驚いてその瞬間に顔を横に向けると、ハンドルから両手を離し驚いた様子の運転手と、同じく何事かと運転手の顔を覗き込む助手席の人が見えた。

まるで車が不本意に急ブレーキをかけたかのような様子だ。

その直後に、ブレーキが間に合わなかった車が後ろから突っ込んだ。

あー、やってしまったな、程度で歩みを緩めることなくその場を去ってしまった。

だが、あとになって運転手助手席の人がどうしてあれほどまで急に止まったことを驚いているのだろうと不思議になった。

なぜなら、そこで急にブレーキを踏む理由はなかったからだ。

何かのはずみに誤ってブレーキを踏んでしまったのだろうか。

それとも、ギアが間違ってDからはずれてしまったのだろうか。

思い返してみて、急に止まった車の10Mほど先に、右折をしようと止まっているタクシーがあったことを思い出した。

その時は特に気にならなかったのだが、もしかしたらそのタクシーが原因なんじゃないかという気がしてきた。

自動ブレーキシステム誤作動した可能性だ。

タクシーと急に止まった車の間には、十分な車間があった。

10~15Mといったところだ。

視界に入ってきた事故を起こした車は特にスピードを出していた様子はなく、そのままブレーキを踏めば十分に止まれるだろう距離だった。

しかし、その車は突然止まった。

そして、止まったことをまるで不本意だというような様子で、中にいる人達が驚いていた。

自動ブレーキシステムが搭載されていたかどうかもわからないが、誤作動だと考えるのが一番納得ができる様子だった。

もし自動ブレーキが原因だった場合事故の過失はどのように変わってくるのだろうか。

今のままでは後ろの車が追突をした感じになってしまっているが、もともとそんなところでブレーキを踏むような場所ではない。

かといって運転手意思と反して車が止まったのだとしたら、その責任運転手が負うというのもおかしな気がする。

こういう場合警察目撃者として申し出たほうがよいのだろうか。

日付は今日、7/27。時間は13~14時前後駒沢通り学芸大から祐天寺にかけてだ。

もし目撃者必要だったら喜んで申し出たい。

2019-06-17

自動ブレーキ任意保険が安くなる

軽自動車だとずっと安い

普通自動車だと新車登録から3年間だけ

なんでなん

なんで差別するん

2019-06-15

免許剥奪してくれよ。

事故ったジジババの言い訳は「踏み間違えた」「ブレーキが効かなかった」「エンジン調子が悪かった」

踏み間違えたなんてのは、もはや理由にすらならねえ。

ブレーキが効かなかった?問題アクセル踏み込んでるってとこだろ。

エンジン調子?お前エンジン調子なんてわかんのかよ。

もういい加減国は選択制なんて甘いこといってないで剥奪しろ

もしくは、教習所で適性検査を厳重に行なえ。ジジババは年金使ってでも自動ブレーキの車を使え。

本来ならもう二度と乗るなって言いたくなるけどな。

交通が不便とか、そういうレベルじゃねえんだよ。

免許返納したら、即車は処分

剥奪したら、即車は処分

返納しましたなんて言いながら乗って事故ってる阿呆ミジンコ以下だろ。

2019-06-05

高齢者ドライバー対策私案

・60歳以上は、前後自動ブレーキシステムのついた車種に乗る。買い替え時の優遇措置

・急発進防止システムをすべての車につける。義務化。

前後ドライブレコーダー運転者撮影システム義務付ける。

・とりあえず、プリウスは改良するまでだめ。

飲酒運転の時、あれだけ厳しく、素早く対策できたんだから高齢者ドライバー対策

もっと踏み込んでやればいい。自動ブレーキや急発進防止システムとか内需の拡大にも

役立つとおもう。

追突していてなお進む車

衝撃検知したら自動ブレーキかかる仕様じゃダメなの? 追突した衝撃でアクセル踏み込んで、しか運転手死亡してたらロケット弾じゃん

交差点で軽くぶつかって自動ブレーキかかったら危ないのはわからないでもないけど、簡単ロック解除できるような仕組みにしておけばよくね? 自動パーキングとかでよくね?

この仕様問題になる時なんて、ゾンビ暴走族に襲われて逃げてる時や、森を突っ切って恐竜から逃げてる時くらいじゃん

2019-05-28

車に自動ブレーキついてるのに包丁についてないのはおかし

よっぽどこっちのほうが無防備で危ないだろ

2019-05-20

パンティーの着用は人類には早すぎる

パンティーの着用って難しすぎない? なんで社会で許されてるの? - 背徳

anond:20190512131254

最近必要かられてパンティーを被ったんだけど、まさに同じようなことを感じた

パンティーや、それを用いたプレイの仕組みって、想像していた以上に性善説というか、

パンティー被る人間良識や適切な注意力にゆだねらているんだと思って正直ゾッとした

パンティーをちょっと切れば、紐パンちょっと引っ張ればば、すぐにもろ出し簡単パンティーを殺せる、

そこにシステムとして、フェイルセーフほとんど効いていない感じがある

最近ようやく普及してきた自動ブレーキパンティー逸脱防止システムで、多少フォローが入るようになったけど)

皆が教習所で習うように、常に適切な注意と判断と譲り合いの心を持って運用すればまだしも

現実は「制限枚数+1枚がちょうどいい」だとか、あんまりパンティー法をしっかり守る人ほとんどいないし

いくら安全パンティーの意識があっても、パンティー中ちょっと注意を失えば即大パンティリスク

さらに、ネットに上がるパンレコ映像を見ていても、路上には一定数の割合でヤベー奴がいるし、

ましてやもらいパンティーに至っては、どんなに気をつけていても回避不可能運ゲーに近い

それを解決する手段が「かもしれないパンティー」って、なんというか個人の注意力や能力や時々の運にゆだね過ぎじゃない?みたいな

そんで、こういった怖さ/リスクは都会に住んでいる限りは「被らない」って選択肢を取ることで多少回避できるけど、

地方郊外に住むとなったら、もう「被らない」っていう選択肢自体存在しない 社会インフラパンティー前提に整備されてるもんね

おとなもおじいちゃんもおねーさんも、好むと好まざるとにかかわらずパンティーすることを「強いられているんだ」って感じ

あとこのたぐいの議論で、ブコメなんかで出てくる反論がいくつかあるけど、

なんかどうもピントを外してるなと思う。いくつか例に出すと

①「そういう怖がりな(or パンティ技量がない)奴はパンティーしないでくれ」

→じぶん個人的には極力そうするつもりだけど、上に書いたように日本の大部分の地域では

そういう「パンティーしない自由」「パンティ社会に参入しない自由」が実質的に与えられてないよね

ましては最近公共パンティーが衰退して、街の中心部の店が潰れ郊外ランジェリーショップに集約、みたいにどんどん流れがそっちに行ってる

高齢パンティ問題もそうだけど、パンティー前提でパンチラ設計しておいて

他方で「能力覚悟が足らないやつはパンティー被るな」っていうのは、それはそれで「死ね」って言ってるのに近くない?

②「お前はパンティーの恩恵を受けていないのか?スキャンティーやハイレグローレグも使うなよ」

→それはプロパンティー仕事じゃん。パンティーの技量がある(大型なり二種免許をとっているような)人達が、業として行ってるわけで

例えばブラジャー運行プロパイロットだけに許されているように、パンティーの運転プロのみに許されていれば、

状況はまたちょっと違うことになっていたと思う

もちろん、現状のパンティ社会をすぐに転換することは現実的には不可能だと思う

から上記記事などにも指摘されているように、現在技術でできる限りの安全装備やシステムをどんどん義務付けてしまったり、

パンティシステムも、性善説でなく安全側に倒したもの

(具体的にはパンティーの右直分離・スキャンティー分離の徹底や、パンティー起動時の免許パンティ状態のチェック、など)に変えて、

可能タイミングがきたら、一気に完全自動パンティ社会に転換してしまったほうが良い

でも、おそらくそういうものには一定感情的な反発があるだろうし、そううまく運ばない気もする

結局のところ、「パンティーは、身体拡張し、自由を与えてくれる装置である

みたいな原始的ロマンティシズムを手放せないんだと思う

パンティーを被る楽しさ」「被る歓び」とかそういうやつ

そのロマン自体はわからないでもないけど、

そういう極めてスポーティかつハイリスク行為公共インフラとして存置させてくのはどうなのよ

エンタメは、サーキットや有料ランジェリーショップの中でやってくれよ、という感じ

免許取り立ての若者から80代の爺さんまで参入する「パンティ社会」に持ち込むべきものではないよね

なんかアメリカ人が、あれだけ乱射事件を起こしながら「銃を持つ自由」を手放さない、みたいなとこに近いのかもなあ

一度権利として与えられたものは手放せないというか

もちろんこういう状況は日本だけではないんだろうけど


anond:20190520042248

そうだ、車の最低購入価格を600万円からにしよう

なんかさ車の運転が難しいエントリー流行ってるけど これその通りなんだよ 自動車業界の怠慢としか受け取れられないんだよ

なんで急発進を抑制するシステムにしないの? なんで衝撃検知してるのに前進するの? 衝撃検知したら自動ブレーキでいいじゃん

これからの時期は車中の置き去りで死亡事故も発生し始めるよね。搭乗者がいるのに社内温度一定以上になったら爆音アラームなるようになんでしないの?

速度が180kmとか出るのは海外用? 海外日本で別のシステム開発して搭載しろ

後はアルコール検知と視線検知とか。そこまでいかなくても明らかに自然な蛇行運転が発生したり 長時間ドライブで休憩してないようなら一定時間以上の休憩とらないとエンジンからないようにしよう


これ全部やるの当たり前だよね。なんで誤操作で人が死に得る機械がそこら中を走りまくってるの? なんか増えすぎた人類を減らす役割でも担ってるの?

いや分かるよ。一部の機能オプション存在したりしてるのも分かる。違うだろ。標準搭載だろ

標準搭載したら購入金額が上がる? 上げろよ

購入金額が上がったら車が必須人達からすると死活問題? いや死活問題なら買えよ 100坪の住宅買ってローン組んで車2台持ってるんだから大丈夫だろ。そこまで行かないにしても優先順位変えたら買えるだろ。型落ちでもいいし、中古でもいいじゃん

購入金額が上がったら外国産の車に負ける? いや負けないだろ。道交法で人が死ぬような棺桶国内では走行不可にすればいいだろ

でもってバッシング受けたら言うんだよ。え?おたくの国では人が簡単に死んでしま棺桶が走り回ってるんですか? って。テロ支援国家なんですかってさ

そしたら日本自動車基準グローバルスタンダードになって むしろ市場を席巻できるだろ

そうすべきだろ。人が死んでるんだから当たり前だろ

ほんと頼むよ。そうしてくれよ。無垢子供犠牲になるニュースとかほんと見るの辛いんだよ。辛すぎるからなるべく避けてても勝手に聞こえてくるんだよ。だから頼むよ。ムーブメント起こしてよ

車の運転人類には早すぎる

車の運転って難しすぎない? なんで社会で許されてるの? - 拝徳

http://tokunoriben.hatenablog.com/entry/2019/05/18/211416

最近必要かられて免許を取ったんだけど、まさに同じようなことを感じた

自動車や、それを用いた交通の仕組みって、想像していた以上に性善説というか、

運転する人間良識や適切な注意力にゆだねらているんだと思って正直ゾッとした

ハンドルちょっと切れば、アクセルちょっと踏み込めば、すぐに死ねるし簡単に人を殺せる、

そこにシステムとして、フェイルセーフほとんど効いていない感じがある

最近ようやく普及してきた自動ブレーキや車線逸脱防止システムで、多少フォローが入るようになったけど)

皆が教習所で習うように、常に適切な注意と判断と譲り合いの心を持って運用すればまだしも

現実は「制限速度+10kmがちょうどいい」だとか、あんまり道交法をしっかり守る人ほとんどいないし

いくら安全運転意識があっても、運転ちょっと注意を失えば即大事リスク

さらに、ネットに上がるドラレコ映像を見ていても、路上には一定数の割合でヤベー奴がいるし、

ましてやもらい事故、不意な飛び出しなんかに至っては、どんなに気をつけていても回避不可能運ゲーに近い

それを解決する手段が「かもしれない運転」って、なんというか個人の注意力や能力や時々の運にゆだね過ぎじゃない?みたいな

そんで、こういった怖さ/リスクは都会に住んでいる限りは「乗らない」って選択肢を取ることで多少回避できるけど、

地方郊外に住むとなったら、もう「乗らない」っていう選択肢自体存在しない 社会インフラが車前提に整備されてるもんね

おとなもおじいちゃんもおねーさんも、好むと好まざるとにかかわらず運転することを「強いられているんだ」って感じ

あとこのたぐいの議論で、ブコメなんかで出てくる反論がいくつかあるけど、

なんかどうもピントを外してるなと思う。いくつか例に出すと

①「そういう怖がりな(or 運転技量がない)奴は運転しないでくれ」

→じぶん個人的には極力そうするつもりだけど、上に書いたように日本の大部分の地域では

そういう「運転しない自由」「自動車社会に参入しない自由」が実質的に与えられてないよね

ましては最近公共交通が衰退して、街の中心部の店が潰れ郊外ショッピングモールに集約、みたいにどんどん流れがそっちに行ってる

高齢運転問題もそうだけど、車前提でインフラ制度設計しておいて

他方で「能力覚悟が足らないやつは運転するな」っていうのは、それはそれで「死ね」って言ってるのに近くない?

②「お前は車の恩恵を受けていないのか?荷物配送バスタクシーも使うなよ」

→それはプロドライバー仕事じゃん。運転技量がある(大型なり二種免許をとっているような)人達が、業として行ってるわけで

例えば飛行機運行プロパイロットだけに許されているように、自動車運転プロのみに許されていれば、

状況はまたちょっと違うことになっていたと思う

もちろん、現状の自動車社会をすぐに転換することは現実的には不可能だと思う

から上記記事などにも指摘されているように、現在技術でできる限りの安全装備やシステムをどんどん義務付けてしまったり、

交通システムも、性善説でなく安全側に倒したもの

(具体的には信号の右直分離・歩車分離の徹底や、エンジン起動時の免許ドライバー状態のチェック、など)に変えて、

可能タイミングがきたら、一気に完全自動運転社会に転換してしまったほうが良い

でも、おそらくそういうものには一定感情的な反発があるだろうし、そううまく運ばない気もする

結局のところ、「車は、身体拡張し、自由を与えてくれる装置である

みたいな原始的ロマンティシズムを手放せないんだと思う

自動車を操る楽しさ」「走る歓び」とかそういうやつ

そのロマン自体はわからないでもないけど、

そういう極めてスポーティかつハイリスク行為公共インフラとして存置させてくのはどうなのよ

エンタメは、サーキット有料道路の中でやってくれよ、という感じ

免許取り立ての若者から80代の爺さんまで参入する「交通社会」に持ち込むべきものではないよね

なんかアメリカ人が、あれだけ乱射事件を起こしながら「銃を持つ自由」を手放さない、みたいなとこに近いのかもなあ

一度権利として与えられたものは手放せないというか

もちろんこういう状況は日本だけではないんだろうけど

anond:20190519195218

何歳以上は免許取り消し!とか言ってる人よく見るけど

例えば75歳以上免許取消とかを制度化したら

自動車業界の売上的にもネガティブインパクト結構あるんじゃないかなと思っている。

(だから国・自民党あたりはそういう方向では動いてくれないよね)

ここ最近騒がれてる事故に関しては、最近の100万クラスの軽にでもついてる最新の自動ブレーキだったら

ここまで大ごとにならなかったのではと思っているので

手っ取り早く現実的対策は、自動ブレーキ機能さらに高めて

それにさっさと買い替えてもらうの一択ではと思っているし、

こっちの方だと国も買い替え補助金をつけるとかで動いてくれると思うよ。

2019-05-09

anond:20190509094659

慎重に運転し、もしもの不注意を犯してしまうような場面では有効

でも実際はちょっと危険だけどいけるやろとおもう運転手が多くて自動ブレーキがかかったとしてもそれ以上にアクセル踏むから意味がない。

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん