「アフィブログ」を含む日記 RSS

はてなキーワード: アフィブログとは

2018-07-04

さいきんはてなの閉塞感を強く感じる

はてぶの情報の2次ソースとしてのS/N比がどんどん落ちてきてまるで昔の2chみたいになってきた感ある。

□ プロセミプロブロガーさんの記事←ここははてなの良さが出てる。少しマンネリ感あるけど。

□ togetter、らばQ、DPZ料理系、カラパイア、ナショジオボケて空耳宝島VOW小ネタブクマ←まあ伝統だよね。

□ 広告絡みの良記事広告絡みだけど

=====================

ライフハック記事 

 昔はライフハック記事の役立ち度は高かったが、最近はアフィ目的ためしてガッテン伊東家コピーみたいなのが増殖してレベルダウンしてる感ある

氷河期ブラック企業ベーシックインカム記事での堂々巡り煽り怨嗟愚痴←興味ないけど組織的にやられてる感じする。

LGBT,性差別系、セクハラ系のエンドレス話題←「お前ら」一日中メタセックスのことしか考えてないのか

マルチチャネル展開の糞記事。最低レベルは保っているけど 東洋経済ダイヤモンドみたいなやつ

レベル以下の糞記事 釣りタイトルでつられるブクマカによってホッテントリする JBpress Blogos ビジネスジャーナルみたいなやつ

アフィブログの書き方、これで儲かりました、流入滞在分析してみました、みたいな記事

互助会広告屋 ダミーアカウントみたいなのでダミーブックマーク数十してホッテントリに上げてくるやつ

自己啓発セミナー マルチ商法の宣伝 「成功できる人がやっているたった3つのこと」みたいなタイトルの本宣伝したりするやつ

ウヨサヨ嫌中嫌韓 保守速報アノニマスなんとか

ストレス発散系 パンティパンツブラジャーおっぱいうんこちんちん

こうして2chと比べたら鉄分カメラ時計、車系の記事少ないような気がする。カメラ結構あるか。

Welqみたいなのに制限がかかったのはとても喜ばしい。

2018-06-25

Hagex関連で何が一番ゲスいかって

アフィブログだよ。

twitter情報ニュースだけ貼って「怖いですね」だけ書いたブログ記事google検索を埋め尽くす勢いで増殖してるぞ

2018-06-10

2ちゃんねるの有名な荒らし「F9」がふたば☆ちゃんねるの糞虫小僧と同一人物だとバレる

2ちゃんねる(5ちゃんねる)で有名な荒らし通称「F9」がふたば☆ちゃんねるで有名な大規模荒らし「糞虫小僧」と同一人物であるということが確定しました。

F9と言えばK5と並ぶ凶悪荒らしで、荒らした規模は2ちゃんねる史上最大とも言われます

1年ほど前に特定騒動になって炎上していたことを知っている方もいると思います

F9特定騒動

http://dic.nicovideo.jp/a/f9%E7%89%B9%E5%AE%9A%E9%A8%92%E5%8B%95

F9騒動

https://2ch.me/vikipedia/F9%E9%A8%92%E5%8B%95

騒動については上記リンク先のwikiを見てください。ここでは割愛します。

さて、ここではその糞虫小僧とF9が同一人物だと判明したということです。

togetterまとめにも載っています

【速報】ふたば☆ちゃんねるで有名な荒らし「糞虫小僧」、2ch荒らしのF9こと鋼兵さんと同一人物だと判明!!

https://togetter.com/li/1223628

大体分かりやす説明すると・・・

・糞虫小僧というふたば☆ちゃんねるで有名な荒らしがおり、10年以上荒らしていたとされる。ふたば☆ちゃんねる荒らしは全て糞虫小僧一人だったと判明している。

・F9という2ちゃんねるで有名な荒らしが鋼兵とバレ、住所までもが判明し、特定騒動となる。

2ちゃんねる上の有名な荒らし達が騒動後次々と姿を忽然と消し、同一人物だったという驚愕事実が判明する。

・糞虫小僧も同一人物を疑われる。(荒らし手法対立煽りからから何までが似ていた為)

・F9本人の自白で確定。

ふたば☆ちゃんねる通称「糞虫小僧」の正体はF9ことホットラインセンターの私でした

http://blog.livedoor.jp/f9_5ch_net/archives/9291418.html


このF9という男、対立煽りアフィブログにまとめたり、業者としてスレ荒らしたりという非常に最低な方法金銭を得ていました。

鋼兵としてニコニコ動画上で歌い手活動もしておりましたが、徐々に対立煽り系の動画ジャンプスクリプトによる再生工作といった方法まで使っていました。

川本恒平=鋼兵=F9=糞虫小僧

これらが全て繋がった今、ネット荒らし対立煽り目的クズは少数であると判明しました。

少数のクズによって壊滅させられたサイトスレもあると思います

ネット面白半分で荒らしている人が見ていたら、目を覚ましてほしい。

少数のクズに踊らされているだけだって事実を見て。

2018-06-09

anond:20180609173659

5chはAPI廃止アフィブログキッズ流入で終わった、

虹裏ガバガバ利用規約恣意的運用する管理人住民流動性もなく統合失調症紛いの高齢住人が居座り続ける魔境、

ツイッター増田はアホで二元論的な極論が大人気の世紀末

Facebooktumblrmixiは論外、

onionの掲示板なんて雑談に使えるわけないし

今時ネットなんかやらないほうがかしこいのかもね

2018-06-07

「二度目の~」と「さくら荘」から考えるネットマジョリティの変化

さくら荘のペットな彼女騒動を覚えているだろうか。

あれは2012年アニメとあるシーンにて原作だとおかゆだった物体アニメでは韓国料理であるサムゲタン連想させる絵面になっていたことをきっかけに大炎上した騒動だ。

当時、その改変を過度に猛烈に批判する、そしてそこから発展した韓国へのヘイトをばら撒く意見というのは間違いなく当時のインターネットにおけるマジョリティであった

当時といえばまとめアフィブログ全盛期で、ニュースサイトも今ほど便利ではなく、人々はまとめブログを信じ大手アフィブログ記事方針インターネット全体を動かすほどの権力を持っていた

まとめブログ韓国中国を叩く、ヘイト記事を作るとアクセスが増えることに気づきビジネスとしてその手の記事を量産していた。

当然まとめアフィブログさくら荘に関連して作品批判韓国ヘイトを前面に押し出し記事を揃って出してインターネット全体の方向性操作していた。

韓国要素を出したさくら荘は猛烈に批判された 韓国へのヘイト監督脚本への誹謗中傷、数え切れないほどの「ヘイト」がインターネットの中心に存在したいた

とき2018年インターネットはどう変わっただろうか

まず情報サイトとしてのまとめサイト権力が大幅に縮小した。情報メディアとしてはメディアニュースサイトがより発展したことまとめサイトの「操作」が入ってない情報を多くの人が目にすることになった

そしてそれに伴い嫌韓思想も大幅に縮小した。未だに韓国中国に対するヘイトを隠さない者はネトウヨ=異常者として白い目で見られるインターネットマジョリティ自然となっていったのだ

そしてその中でヘイト=当然良くないことだよねという認識も当然のように広まっていたのである

そしてそんな中で起こった騒動が「二度目の人生異世界で」事件である

原作者のヘイトツイートとされた過去発言上記の時期の発言である。はっきり言って当時ならそんな白い目で見られることはなかったであろう内容だ(姦国とかはかなり過激派表現だが)

原作者は当時のネットマジョリティに乗っかっていた存在なのだしかしそれは今見ると強烈なほどに引かれ、非難されるに相応しい内容であることは間違いない。

そのような発言拡散されてしまった原作者はネット世論の意見として「こいつはダメだ」という風になり結果としてアニメ化中止にまで追い込まれ事態となった

ではこの騒動がもし2012年にあったとしたらどうなっていただろう?おそらく日本インターネットでは原作者を「事実だしw」みたいな感じで肯定し、不満を訴える中国人を非難する記事が作られ、ヘイト肯定されこのような自体にもならなかったのではないかと私は考える

逆にさくら騒動2018年に発生していたとしたらこのような炎上は発生せず一部発狂してるネトウヨ嘲笑うような状態になっているだろう

この数年の間でネット住民の「中韓」「ヘイト」などに関わる認識というのは大きく変化した。この2つの事件インターネット条のマジョリティ思想がどのように変化したかを表しているものである

2018-06-06

anond:20180606233126

なんかアフィブログなんかで「あれは日中戦争とは明言されていない!」って一部の人発狂してるけど、日本兵1人が大陸でが3700人殺そうと思ったら荒唐無稽さを差し引いても相手中国人以外実質あり得ないんだよね

米兵ソ連兵を想定するとお前一人で何割殺してんだよって話になってしま

敵に寝返って日本兵を3700人殺したって話なら別だけど…

2018-05-29

個人アフィリエイトで儲かる時代」の終焉

ここ数年アフィリエイトサイト作成個人が稼げる時代があった。

しかし、どうやらそれも終わりのようだ。

仮想通貨と同じで、バブルはそろそろはじけるだろう。

その理由を書く。



まず、自己紹介から入ろう。

私は副業として、個人アフィリエイトサイト複数運営している。

副業としては満足している、早く言えば、副業アフィリエイターだ。



それでも、稼げていた方だったのだが、ここ3年ほどの間に、アフィリエイト業界の規模は格段に大きくなり、私の稼ぎは鼻くそクラスになった。



稼いでいる奴らは頭が良かった。

ある商品で稼ぐノウハウがわかれば、あとは同じようなサイトを量産すれば儲かることに気づいたのだ。

そのサイトが年に10万円しか生み出さなくても、似たようなサイトを1000作れば1億円になることに気づいたのだ。



Aという化粧品サイトを作ったら、同じような作りでBという化粧品サイトを作ればいいだけなのだ

自分サイトを丸パクリするのだから著作権問題も発生しない。



他人記事を書かせればいい、と気づいた人が、ランサーズクラウドワークス記事作成を依頼。

その中から記事作成を専門に行なう企業も現れて、一気にアフィリエイト界隈が高度事業化していったのだ。

個人の力で月間100万円稼いでいるとか、数千万円稼いでいると言っているように見えるが、あれは企業代表者ファンタジーを語っているだけなので、ご注意。



アフィリエイトサイト事業として行なう企業アフィリエイト事業者)と、メーカーなどから依頼を受けて彼らに広告を依頼する代理店ASP)が、大規模化するに連れて、彼らの間には、「Googleを騙す」ノウハウが積み重なっている。

Googleも対抗しているが、相手商売がかかっているので、次々に対抗策を生み出していて、イタチごっこが続くだけで、アフィリエイト側があきらめることはない(大きなカネが動くから)。



Googleが被リンク数をもとに価値有るサイト判別していたら、たくさんのゴミサイトを作り(たった一人で数千ものゴミサイトを作る猛者もいる!)、そこからリンク自分メインサイトに送り込む。

このために、自動的サイトを作るツールが開発され、それが売れに売れた。

※ちなみに「楽の手」というツールね。(6/1 追記。こういうソフトが本当に有る、ということを知らない人用)



Google対策を講じて、言語間の関連性を数値化してアルゴリズムをつかって価値あるサイトかどうかを判断するようになると、検索上位サイトパクる、という方法で、自分サイト検索上位にあげるようになった。

単にパクる著作権違反になる。

そこで、あるツール辞書を内蔵、すべての単語を類語に自動的にすべて変換、間に適当文章勝手に入れてくれる機能を有していた。

※これも数万円で販売されている。あまり知られたくないデブリサイト製造ソフトなので、知りたい人は自分でググって欲しい。



こうして、Googleを騙して検索上位にたった一つでも自分の所有するサイトを食い込ませることができれば、そこから一気に似たようなサイトを量産化する。

元のサイトを巧妙に隠してパクるノウハウが積み重なり、もはや一般人に(作者にですら)区別することはできない。



ウェルクが問題になったけれども、あれは大手企業が1ドメインでやったから大きな問題となっただけで、もっとさな規模のパクリサイトを数百ドメイン運営しているものをとりしまることはできまい。

現にまったくばれていない。



ところが、だ。

法人化した人々が一定数に達し、検索上位が平均化していき、似たようなサイト検索上位を独占するようになり、情報の飽和状態が起こっているのが今なのだが、そこで始まったのがカルテル化、の流れだ。

人類歴史の縮図を見ているかのようである



どういうことか?

大規模アフィリエイト事業者と、ASPが、裏で組んで、キーワードを独占し始めたのだ。



いわゆるビッグワードと言われる言葉がある。

たとえば、脱毛エステアフィリエイト場合、「脱毛」がビッグワードとなる。

この検索語で検索上位に食い込めれば、多くの閲覧者の流入が見込め、かならず月間数百万円の売上を見込める。

だが、「脱毛」で検索してみればおわかりの通り、数百ページも記事のある大規模なサイト検索上位を独占していて、個人作成したサイトが上位に食い込むことは無理な状態だ。



そこで、個人アフィリエイターは、ビッグワードを外したキーワードを使い、なんとか検索上位に食い込むことを狙うのが今の主流だ。

たとえば「体毛 見苦しい」というキーワード検索すると、

http://www.soccer-weblog.com/%E7%94%B7%E3%82%82%E8%84%B1%E6%AF%9B%EF%BC%9F%E3%83%A0%E3%83%80%E6%AF%9B%E3%81%AF%E8%A6%8B%E8%8B%A6%E3%81%97%E3%81%84%E3%81%8C%E3%82%84%E3%82%8A%E9%81%8E%E3%81%8E%E3%81%AF%E9%80%86%E3%81%AB%E3%82%AD/

のような数ページしかない個人が作ったクソアフィブログが引っかかるのだ。

※6/1修正 炎上対策か、リンクを張った記事が削除されたため、別サイトリンクを張った。



私の場合ちゃんと内容もしっかりしたサイトを作っていて、それでも目立たないキーワードを狙う、という作戦でやっていたのだが、最近、このようなキーワードで作ったサイトが、数ヶ月すると検索上位から落とされる、ということが何度もあった。



なぜだ?

滅多にないキーワード検索上位になるように作ったサイトが、どうしてバレて、転落していくのだろう?

しかも、自分サイトの代わりに上位に上がったのは、複数の大規模サイトであり、そこがなぜか自分がねらったキーワードでいっせいに同じ時期に記事を作っているのだ。


そのときに、法人化した結構大手アフィリエイトサイト作成から、教えてもらった。

ASPアフィリエイト広告代理店)が、そんなの教えてくれるよ」

と。



まりはこういうことだ。

法人化した大手アフィリエイトサイト側は、稼ぎ続けなければならない。

ASP側も、自分たちの売上の大半は、大規模アフィリエイト事業者によって生み出されているから、無下にはできない。

双方の利害が一致して、弱小ページから売上が上がれば、それをASP側が大規模アフィリエイト事業者に、

「『体毛 見苦しい』というキーワードで、一月に一個ほど売れているようですよ」

と耳打ちする。



事業でやっているアフィリエイターは、そのキーワードサイトを作ることなど数時間でできる。

ドメインを100円で購入して、上位にかならず食い込めるパターンでできた雛形サイトをもとに、キーワードを散りばめた記事作成ライターに依頼。

どんな小さな検索後の組み合わせでも、貪欲貪欲に奪っていく。

なにしろ、彼らも社員を食わせていかなければならないので必死だ。



こうして、個人アフィリエイターは大規模アフィリエイト事業者のための草刈場、となっているのだ。



大手ASP側にとっては、管理も難しいので、これ以上のアフィリエイターはいらない、というのが本音だという。

信用できる大手アフィリエイト事業者にまかせれば、いくらでも良質なパクリサイトを量産してくれる。

記事も代わりに書いてくれる会社がある。

彼らが裏でタッグを組んで、すべての情報を握り、彼らだけでアフィリエイト事業を回せるようになった現在個人が月間百万円稼げる、という時代は終わったのだ。



ときどきヒトデのような仮想通貨取引所を紹介して稼ごうとする人でなしが現れ、事業化にうまくいくケースもあるが、まれだろう。

(俺はこいつを信じてコインチェックの口座を開いて、大損をこいた口なので本当に腹が立つ。未だにコインチェックの口座を開け、という記事を消しやがらない。

https://megalodon.jp/2017-1212-2359-56/www.hitode-festival.com/entry/2017/12/12/221627



もう、個人で稼げる時代は終わったのだ。

稼いでいるアフィリエイターにあこがれて、続々と個人アフィリエイターを目指す人が増えている。

しかし、仮想通貨に群がって私のように大損した人々のようなもので、いずれ、私のような弱小アフィリエイターが次々に退却していき、もはや儲からない現実が明らかになるだろう。

だって、もう、大手アフィリエイト事業者とASP記事作成代行社などの一部の事業者間で、アフィリエイト事業は回せるから

それがそろそろ明らかになるので、アフィリエイターになろうとすること自体仮想通貨を買うようなダサいことになるだろう。



6/5修正

ブクマTwitter言及をいただいてありがたい。ただ、いくつかのコメントで、アフィリエイトブログをすべて否定するようなもの散見されたので、それに対して少し反論させてほしい。

アフィリエイトでも、内容が面白個人主観がいっぱい入ったブログサイトはたくさんある。

たとえば、私は会社給料が下がって副業のためにアフィリエイトサイトを始めたので、つまづいたことのある人のブログを、よく読む。

から派遣社員日常が詰まった「30歳からの敗者復活戦(http://blog.gyakushu.net/)」や、そのうさぎたんのブログ診断で知った「ワープアからニューリッチへ(https://workpoor.com/)」、あるいはたまたま見つけた「踊るバイエイターの敗者復活戦(http://www.bloglifer.net/)」や派遣を辞めた無念が詰め込まれた「20代派遣社員あんりがアフィリエイトで月収100万円を目指すブログhttp://henri0003.com/)」など、アフィリエイトがあったから、書いているであろうブログをよく読む。

この人たちって、アフィリエイトがなければ、わざわざ苦労したことブログとして書こうとはおもわなかったんじゃないかな。アフィリエイトという仕組みがあったからこそ読める記事だ。

ところが、個人感情たっぷりブログ検索でみつかりにくい。「分裂勘違い劇場http://d.hatena.ne.jp/fromdusktildawn/)」のような特別ブログを書いてくれる人が今後現れても、Googleですぐにみつからないし、アフィリエイトでも稼げないのは嫌な時代だよね。

2018-05-14

仮面ライダー俳優がなんちゃらのニュース

悪質なアフィブログSEO対策と変わらないじゃん。

Wikipediaで調べればわかるけど、当該俳優仮面ライダードラマ本編2話と劇場版ゲスト出演しただけ。

別の事件を起こした俳優レギュラー出演だったか言い逃れできないけど、このレベル仮面ライダー俳優って言うのはおかしい。

2018-05-13

anond:20180513095543

それにしても地方議員って変なの多いよね。与党地方議員アフィブログを真に受けるネトウヨだらけだったり、野党地方議員放射脳巣窟だったり。

まるで国会議員に変なのが少ないみたいな言い方じゃないか

オタはパブリックエネミーとか喚いてる人のアレ

あれを「立憲の議員が言った」みたいな話が流れてきててびっくりしたんだけど

……こいつ、当時も野党支持者から総スカン食らってて、どうしてこんなのが民進から出てるんだ公認取り消そうぜって言われてながら大差で落選したアイツやんけ!

そもそも地方議員ですらなく一度立候補して落ちただけで、もうこれ又吉イエス未満のクソ雑魚というか頭が悪いだけの単なる一般人じゃねえか。

立憲どころか当時の民進から見ても全く相容れないポリシーで、いきなりなすりつけられた立憲の貰い事故感が半端ない

というか立憲はかなり前に「こいつ党員じゃねえよ!」って否定してたんだな。なんでいまだに立憲ガーって流れてきてんだろ。流石デマッターってやつかこれ。

それにしても地方議員って変なの多いよね。与党地方議員アフィブログを真に受けるネトウヨだらけだったり、野党地方議員放射脳巣窟だったり。

まあ今回の件は議員ですらないけど。

2018-04-29

日本かい退職ネトウヨおっさん製造国w

合理的仕事ITリテラシー必要ない

退職後、PCを弄りだす

妻がごちゃごちゃうるさい 

これだから女・・・

子供も激務で触れ合う機会がない

恩知らずのゆとり・・・

老人向けに編集されたワイドショー

今の日本人ダメ・・・

中年ならぬ老年危機 

こんなつまらない連中を守るために生きてきたのか

ここでやっとネット繋がる

嬉しい アフィブログ楽しい

真 実 へ

2018-03-26

anond:20180326184518

あーあー 見え見えのマインドコントロールに引っかかっちゃって

不安を煽る言葉は信用しちゃダメだよ

アフィブログがドキッとするタイトルをつけるのと同じ手口よ

2018-03-15

anond:20180315200903

そりゃアフィブログとかWELQみたいなしょうもないサイトばっかり検索結果に出してりゃ、人々の関心が薄れるわな。

2018-03-14

anond:20180314231531

個人的にはリバースエンジニアリングしようが悪いとは思わない

アフィブログがいくつもできるような知名度のあるゲームリバースエンジニアリングOKゲームなんてあるんですか?

大抵は利用規約禁止されてるはずですけど。

リバースエンジニアリングだけでなく、リバースエンジニアリングで知り得たことを公開することも禁止されてるはずです。

anond:20180208185119

俺はクソアフィブログやってるけど、ポリシーとして嘘は書かない、ネガティブ記事は書かない、読んでて面白い記事楽しい記事、感動する記事を目指している。そして、ソース絶対引用元を示すようにしている。

ゲーマーでもあるのだが、GameWithはゲームやってすらいない人が書いているというふうにしか見えない。

その上で検索上位に出てくるので、邪魔で仕方がない。Game8も同じ。

個人ゲーマーとして、個人サイトのほうがすごく情報まとまっているし信頼している。GameWithは信用していない。個人的にはだいっきれーだ!

個人サイトから引用必要な時はソースを示す。

これは当たり前のことだろうけど、GameWithはしない。個人サイトソース元を書くのはリスペクト意味もある。

GameWithはリスペクトが足りない。

たぶんそのゲームにおいて、一番情報の精度が必要ときどうするかって言ったら増田サイトを見るだろう。

でも良いコンテンツがあるとして、そこにたどり着けないというのは一番の問題だ。

SEO対策はがんがんしていったほうがいい。

Twitterも告知に使っていって欲しい。更新告知アカウント作って、ゲームやってるやつどんどんフォローしていってみてくれ。

アフィはやってるのかわからんけど、アフィってだけで嫌がるやつもいる。

増田がアフィやってないなら、それだけで武器だよ。(個人的にはアフィは有りだと思ってる。金払わずに投銭できるようなもんだよ)

GameWithはドメインパワーはすごいけど、それだけだ。中身が無いサイトだってわかってるやついるよ。

増田の熱意がすごいのはわかるので、諦めないで欲しい。

ゲーム名まで出しちゃっていいかもしれない。

俺は応援するし、増田がGameWithに勝ったその瞬間が見たい。

グッドラック

2018-03-11

アフィブログはそろそろブログという名前をやめたほうが良いのではないだろうか

いわゆる日記情報発信系のような何かを発信する、情報提供を主目的とした従来のブログアフィリエイト広告収益のみを目的としたブログが同じブログという名前でくくられているの事に違和感を覚える。

後者は「広告収益目的にした何か」でしかないのだから、そろそろブログという名前をやめて別の何かを名乗ってはどうだろうか。

読む側としてもいわゆるブログを読みたいと思う人と広告収入目的サイトを読みたいと思う人は全く別の層であるはずなので、これらが同じ「ブログ」という名前でくくられている事は前者にとって不幸でしかないと思う。

みなさんはどう思いますか?

2018-03-03

ゲーム開発者はちま起稿を見るのは誰にとって悪い行為なのか?

3月2日プラチナゲームズ所属神谷英樹が「はちまはなぜかプラチナ贔屓だからよく見にいく…俺的ってのはプラチナと俺を舐めてるから嫌い…ゲハってのは知らない… 」とツイッター上で発言したので現在一部ゲームファンの間で炎上している。まずは何が原因で誰が反感を買って炎上に至ったのかを順番に考えていきたい。

※この増田を書き終わった後に某ゲームライターの方がTwitterでだいたい以下の内容をより簡潔にツイートしていたのでそっち読んでください

https://twitter.com/IkamanS2/status/969865192564703232

1.まず、はちま起稿や俺的ゲーム速報JINを始めとしたゲームアフィリエイトブログは他ゲームメディア記事(時には個人ブログ)をソースインターネットの反応として5chやTwitterから引用の2つの要素で記事を書いていることがほとんどだ。

2.他ゲームメディア記事を丸々コピペしているので引用範疇を超えて無断転載状態であったり、意図的コピペ元の記事意向とは真逆(大抵はネガティブ)の方向に印象を向けるような編集をしたり、引用としている読者の反応がそもそも5chやTwitter上に存在しないのであからさまに自作自演であることがしょっちゅうあるので、一部ゲームファンからは「他所メディアから記事無断転載している」「意図的情報ネガティブな方向に捻じ曲げて特定企業への誹謗中傷を行っている」として忌み嫌われている(そのため一部の人からは「ゲーム迷惑サイト」と呼ばれる)。

3.ただし、はてなブックマークホットエントリに「痛いニュース」が頻繁に、「保守速報」も稀に(そしてはちま起稿も稀に)入ることからわかるように、人は必ずしも自分の読んでいるメディア信頼性無断転載などは気にしているわけではないことが多い(もしかしたら多数派かも)のであって、それはゲーム迷惑ブログゲーム業界でも同じだ。

4.さらに、SIE(ソニー)やスクエニエンターブレイン・角川(なんとファミ通出版元(!))などのゲーム業界関係者はちま起稿を始めとしたゲーム迷惑ブログに接触したり関係を持っていたりすることはインターネットウォッチャーなゲームファンの間では常識だ。場合によってはゲーム会社側が一連のゲーム迷惑サイトに対して宣伝記事優遇を求めたりといわゆるステルスマーケティングが行われているので、ゲーム会社にとってゲーム迷惑サイトは必ずしも迷惑だと認識していないことがわかる。

5.じゃあゲーム迷惑サイトによって誰が迷惑を被っているのかと言うと、それはゲーム迷惑サイト記事無断転載されている一般的ゲームメディアだ。「一般的ゲームメディアだって偏向報道してるじゃないか」という意見もあるかもしれないが、今この増田問題視しているのは変更報道ではなく無断転載であって、無断転載されたゲームメディアからすればPV数をクソまとめブログに奪われた挙句記事の中身まで捻じ曲げられて捏造に利用されたらたまったもんじゃない。完全にやられ損だ。個増田も某メディアで間接的にゲーム記事に関わっていたり、以前増田に書いた記事はちま起稿や俺的ゲーム速報JIN転載されたことがある(インターネット匿名日記そもそも無断転載適用されるのかは今は触れないでおく)。

6.ツイッターでも検証されていることではあるが、インターネットを使う人間情報摂取するにあたってなるべくソース・一次情報ではない無断転載をより好む傾向があり、インターネットによるフェイクニュースサイトモラルハザードゲーム業界に限らずあらゆる範囲世界中で発生している現象ではある(ゲーム業界は他分野に先駆けてインターネットフェイクニュースが発達した)。

7.ゲームクリエイターからすればゲーム迷惑サイト別に迷惑ではないかもしれないが、ゲームメディア人間からすれば自分たち費用をかけて作成している記事無断転載ブログで読んでいると公言されるのは、漫画家にとって読者からあなたマンガ漫画村で読んでいます」と言うのを見かけるようなものであり、ゲームクリエイター10年前に直面したDSマジコンPSPCFWのように「普段は改造ゲーム機エミュレータゲームを遊んでいます」と言われることと同じではないだろうか。



補足;神谷英樹氏のツイート引用

https://twitter.com/PG_kamiya/status/969235674841849856

はちまはなぜかプラチナ贔屓だからよく見にいく…俺的ってのはプラチナと俺を舐めてるから嫌い…ゲハってのは知らない…

https://twitter.com/PG_kamiya/status/969771918655070208

君が狂信的に嫌忌してるってことは痛いほど分かりました…ごきげんようさようなら

#peing #質問https://peing.net/ja/qs/24787001

https://twitter.com/PG_kamiya/status/969611616990806016

開発者にわざわざワルクチ送りつけるキチガイなんて各都道府県に5人いるかいないかくらいなもんで、その中でもぼくに熱意を注いでくれる人なんて1人いるかいないかですよ…つまり最大でも47人程度の話で、それ以外の一億数千万人のファンがいると思えば、まぁそらーツイッターやめられませんわなァ…

https://twitter.com/PG_kamiya/status/969608912595968001

はァ〜それはそれは…業界にお詳しくていらっしゃるんですねぇ…

#peing #質問https://peing.net/ja/qs/24766132

https://twitter.com/PG_kamiya/status/969547073799446529

さっき橋本くんに「キチガイが大量に来ちゃった…」て言ったら「ゾンビみたいなもんですから笑」てゆーてたか橋本くんとこも攻撃してください…

そのほか、この炎上に関してARIKAの三原氏が「アンチアフィブログの人々が既にアフィブログ的な存在」「開発者にまでモラルを求めるのは間違っている」とツイートしている。

増田的には、普段からBayonettaをめぐって国内外わず神谷氏にクソリプを送ってくる「ゲーム機シェアを巡って思考言動おかしくなってしまった人(神谷氏曰く『ゲームコンソールウォーリアー』)」に対してバトルを常日頃から行っている神谷氏がよりによってゲームコンソール・ウォーリア育成サイトはちま起稿をよく見に行っていると発言するのはギャグを通り越していると思う。

2018-03-01

anond:20180301175409

そういうブログって多分「稼げるアフィブログ」みたいな情報商材買った人が作ってんじゃないの?

まったく同じ作りのブログが乱立してるし

2018-02-24

ブックファーストカバー広告になってた

ブックファーストで本買ったらカバーメガネスーパー広告になってた。かなしい。

ブックファースト丸善カバーの手触りと見た目が好きだった。なんなら俺の中ではMacBook的なドヤ顔アイテムだと認識していたのに

メガネスーパーやる気スイッチとか書いてあってめちゃくちゃ萎える。こんなアフィブログみたいなカバーならこれからアマゾンで買うよ

2018-02-21

anond:20180214143621

なんというアフィブログ

これは逆に怒りを込めてゴミ箱行きだわ

2018-02-04

anond:20180204135021

多分はちまJINゲームマッチポンプアフィブログ戦犯でしょうね

表向きには個人ブログとしながら企業経営で山ほどブログを作ってアクセスたらいまわして、それが莫大な利益を生み出す事を証明してしまった

元々ゲーマーから批判されていたブログが多くの人を騙し、多くの人や会社迷惑をかけ、しかし誰に求める事が出来ないのですから組織的アフィで荒稼ぎしている連中にとっては「ネット民バカばかりだから騙しやすいwwwウケルwww」って感じなのでしょう

 

もっと遡ってホリエモン功罪もあるかもしれませんね。「金が全て」という成金思想に惑わされた人が、人を騙してでも楽して金を稼ぐ手段としてアフィリエイトを始めたという人も多いでしょうから

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん