「オリキ」を含む日記 RSS

はてなキーワード: オリキとは

2019-08-06

”オキリ委託

もしかして:オリキ委託

”オキリ委託”との一致はありません。

織機?

2019-02-26

anond:20190226110853

自担

自ユニ

担降り

同担

同担拒否

意識高め

現場

カケモ

茶の間

ヲタ

イッピ →「担当」の領域に達していない薄めのファン

イッピ袋→主にイッピが持っている、タレント写真を貼り付けまくった紙袋センスが悪い。

ギャラる

全ステ

多ステ

C&R

ファン

秋山配色

尊先

シンメ

永遠シンメ

スペオキ

大パ

オリキ

途中まで引用して飽きたぞ

2018-05-17

山口達也くんのはなし

オリキジャニオタ友達に会ったので話を聞いてみたけれど、さすがオリキレベルになると持ってる情報が段違いだった

相手女の子が誰かも知ってたし、山口君ってRの法則で、実はあーでこーでそーで、相手の女って実はあーでこーでそーなんだよ、ってことまでいろいろ教えてくれた

ネットには転がってない情報だった

おそろしい

の子達のレベルになると、アイドル達の住所とかも把握してるので、山口君はどこそこに住んでて、あーでこーで、みたいなこともいろいろ言ってた。こわい。なんでしってんの。

これらの情報twitterで喋るような人がいないという団結力が凄い

文春当たりなら知ってると思うけどねーと言ってた

渋谷すばるジャニーズ退社報道の時も、すばるきゅんが辞めるわけない!とtwitterで言ってたオタがたくさんいたが、あの子達は裏の裏を知らないだけらしい

すばるが辞めるのはだいたい予想ついていたらしい

理由も分かっているようだ

SMAPの時の事情もいろいろ聞いた

実際に事務所の人と仲良くなって情報仕入れてるレベルオタクなので言うことが信憑性ありすぎる

ネットには嘘が転がっているように見えて、実際そこまで嘘じゃないんだな、ってのは思った

2018-02-04

ジャニーズjrにリア恋してる話

ジャニーズジュニアにリア恋してる痛い話をします。

初めて自分感情も行動も抑制できなくなった。出会った相手が悪かったんだと思う。

きっかけはある日のコンサート会場。ステージ上で全然笑わない彼にとてつもなく惹かれた。そもそも私は昔からみんなが笑っているその空間で一人だけ笑っていない、そういう人のことが気になってしょうがない。なぜ笑わないのか、何を考えているのか、知りたくなる。彼はそういうタイプ人間だった。周りの子たちはアイドルらしく笑顔を振りまきながら踊るのに対して彼は全然笑わない。その日から彼の思考が知りたくて、彼という人間が知りたくて堪らなくなった。

好きだと思った。何の根拠もないが、直感的に。

それからコンサート舞台は必ず行くようになった。最初のうちはステージ上の彼をみれるだけでよかった。でも、次第に彼を知りたいという欲求が私を変えていく。私の行動はどんどんエスカレートしていった。暇さえあれば出てくるのを待ったし、彼の乗り換えの駅や最寄り駅でも待った。

彼を待っている間がどれだけ寒くてもどれだけしんどくても彼に会えばそんなことはいっきに吹っ飛んでいく。クリスマスに彼に会えた時には今日この世界で一番幸せなんじゃんないかとも思った。

この時点で私はヤラカシリアスとなどと呼ばれる部類なのかもしれないがそんなくくりはどうでもよかった。私は彼のことを担当にはしなかったし、自分のことを彼のオタクとも認めなかった。私はただ彼が好きで、彼のことが知りたいだけなのだ。彼が好きだからしょうがないと言い聞かせ自分本位欲望自分で許した。

彼に会いたくて仕方なくて仕事を早退したこともあったし、何度も欠勤した。地方仕事が決まった時は彼と同じ場所にいたいがために、仕事を辞めようとした。結局、会社の都合で辞めれなかったんだけど。

コンサート舞台の終演後にも私は会える、ファンが知らない私服も私は知ってる。よく着る服、よく使うカバン最近身につけてるアクセサリー。そのへんのファンよりほんのちょっと多く知ってることが快感で堪らなかった。いけないことをしてるの頭でははわかっているが、その背徳感が私を加速させる。

私はあくまで彼に恋をしている一人の人間でありたかたから、オタクとして見なされるのはどうしても嫌だった。非公開の列に並ぶオリキや駅で話しかけるヤラカシのようなオタクとしての表立った行動はできなかったし、何より彼と会う空間に私以外のそういった人たちは存在してほしくなかった。いつも偶然居合わせ一般人を装い、話かけることなく静かに見守る。そのために服装や彼との距離感、行動にはとても注意したし、派手だった髪色も変え、定期的にイメチェンをした。

私はこれでも彼を好きだと思う前は真面目にデビュー組のファンをしていた。「ファン本来意味通りに、無理することなく楽しんでいた。

初めてのジャニーズコンサート現場に彼はいた。中学生の私と中学生の彼。まだまだあどけない彼がその頃よく着てた黄色衣装を身にまとって花道を走る姿を今でも鮮明に覚えている。大人になった今、彼に恋をしているなんて中学生の私は夢にも思わないだろうな。

毎日彼のことを考えて辛い。どうやったら彼に近づけるのか、あと何回辛い思いをしたら彼の内側に入れるのか。本当は気づいてる。アイドルに恋なんてしたってなんの意味もないこと。どんどん自分を辛くさせていってること。彼がどの駅で降り、どんな街に住み、どんな家で育ったのか知っていたって本当に何の意味もない。それでもやめられない時はどうしたらいいんだろう。私は一体いつまでこんな毎日を繰り返すんだろう、こんな進歩のない毎日を。


から言えることは好きのベクトルを間違えないことと、間違えそうになる相手出会わないことですね。一寸先は闇です。

2017-12-24

anond:20171224013534

なんらかの事情担当を離れるのはおかしなことではない

愛情だけで繋がっているから、何かでぽっきり折れたらそれはしょうがないよ

結婚」っていうのは、やっぱりパワーワード

自分の物にならなくていいけど誰かの物にはなって欲しくない。それがアイドルに対してファンが求めている物だと思う

岡田の年齢的にもしょうがないんだろうと思う。アイドルのために結婚せずに続けて幸せを逃すのは本意ではない。

でもね、でもねえ…相手がなあ……わかるわ……

私は木村担だったので、工藤静香との結婚の時には、しばらく立ち直れなかった。

よりによってあいつかよ、だってあいつってXXで○○で△△でしょ!?みたいな。

マスコミには載らない情報も、オリキ経由で手に入ったりするジャニオタ界では暗黙の了解でいろいろ知ってしまっているからね

宮崎の黒い噂は聞いてたからなんだかなあ、って感じ

昔なら許されなかったと思うんだけど、もうジャニさんの力も衰えてるし、いやーなんつーか、一緒に飲もうぜ、と言いたくなるよ

げんきだせー

そして無理はするなよー

2017-10-10

ジャニオタに出戻りして

最近ジャニオタになった人間が書く。

別にジャニオタになる前にも思っていたことだけど、ルールを破る人が優遇される。

ここで全く関係ないことだとは思うが書いておく。

私は昔AKB48(現NGT48)の北原里英ちゃんが大好きだった。

サプライズの頃からAKBを好きになり、最初から北原里英ちゃんが好きだった。

その頃はりえちゃんは次世代エースと呼ばれていて指原とよくりのりえで雑誌に出たりしていた。

指原と言えばみなさんご存知の文春スキャンダルHKT左遷させられた。

その時私の熱はAKB48から少し遠ざかっていたのでこの話題に関してそこまで興味はなかった。

そのスキャンダルで指原は一気に有名になり今ではAKBグループの顔。

指原がどんどんテレビに出てスキャンダルをいじられながらもバラエティーなどに出ているとき私は里英ちゃんと指原が二人で出ていたさんま御殿を思い出した。

私たち永遠次世代エースなんですよ」なんて自虐を話しながら。

別に指原が特別嫌いなわけではない。

このスキャンダルでどんどん上に上がっていった指原を見て私はアイドルとしてのルールを破っていた指原がこうして世間で注目されて有名になっているのにルールを守っていた里英ちゃんや他のメンバー優遇されないの?と理不尽に思った。

スキャンダルされた人が全員こんな風に成功できるわけではないし、指原はそのスキャンダルで得たテレビ出演のチャンスを逃さないように上手く振る舞っていたポテンシャルもあるかもしれない。

だが、私には納得できなかった。

世間ではスキャンダルがあるアイドルがその事をいじられて話す方がおもしろいということなんだろうけど、アイドルとしての正解は里英ちゃんや他のメンバーの方だ。

真面目に我慢してきた人間がなぜ報われないんだろうと

ここでジャニオタに話は戻るが、私はいわゆる出戻りのような形で最近ジャニオタになった。

ジャニオタだった頃はいわゆる茶の間と呼ばれるオタでアイドル雑誌を買ったり少年倶楽部を見たりコンサートには行きたいー!と常に口に出してはいたが、地方しま中学生お金もないし行けないと言って行かなかった。

茶の間だった頃の私のコミュニティはもっぱらアメブロだった。

アメブロでいろんなジャニオタ交流したりして、現場に行かない分知識ネットで拾っていた。

その時私の担当デビューしていたのでジュニアのことは少クラに出ているメンバーは知っていたが、アメブロ界隈でも自分担当の界隈の人たちとしか付き合いはなかったのでジュニアのオタとの繋がりはなかったので「出待ち」とか「オリキ」とかの存在を全く知らなかった。(自分茶の間だった分そんなこととは全く無縁だと思っていた)

そしてまたジャニオタに出戻ったときに私はジュニア担になった。

昔とは環境も変わって現場にもいきやすくなった。

そこでジャニーズにも出待ち文化があることを知る。初めて知った私はどの世界にもこのような事はあるんだと思った。

それまでの私はジャニーズだけはどこか特別でそんなことはないと思い込んでいた。

ヤラカシって言葉は知っていたけど、オリキについては全く知らなかった。

たまに増田を見たりしているとオリキについて書いてある記事を見かける。

担当認知された」「担当に干された」

出待ちルール違反行為のはずなのに、そういう行為をしている人の方が優遇されているのだと思ってしまう。

ならば自分オリキになれば?って思うかも知れないがそんな時間お金もない。

なにより自分がずるいと思っている人たちと同じようになりたくない。

でも、やっぱりファンサをもらったり話したりできるのは正直死ぬほどうらやましい。

チケしろなんにしろジャニーズお金時間をかけた人が勝つ。

周りを見ながらジャニオタをするのはしんどい

2017-09-23

ジャニーズ出待ちの思い出

高校から大学にかけてジャニーズのおっかけをやっていた。

やたら括弧書きが多くなってしまったがせっかくなので投稿する。

自分も初めはコンサート舞台に行くだけのファンだったがある時、自担自分担当女性アイドルでいう推し)が辞めるという噂を聞いた。

自担デビューしていないジュニアだった。今では辞めたジュニア芸能活動を再開するのは当たり前のようになっているけれど、当時は辞めたジュニアがまた芸能活動を始めるのは珍しく私は自担が辞めてしまったらもう会えなくなる!と焦った。

ジャニオタの間では自担が出演する現場に行くことを会いにいくと表現することが多い)(これがすでに痛い)

どうせ会えなくなるなら最後に本人をもっと近くでみたい!と考え舞台出待ち現場に長い手紙を書いてもっていった。

舞台関係者用出口にいくと女の人がずらっと並んでいた。その中で仕切りと呼ばれる出待ちをするファン通称オリキ)のトップの人に

自担の列の場所を聞いた。一応、出待ちにもルールがありファンごとに列が形成され通行人邪魔にならないようにはじに寄せられていた。

その日は平日で代表受けだった。はじめて来た私は10人前後自担ファン代表にされて手紙わたした。(代表受けはその日来ているファンの中で代表を決めみんなが書いてきた手紙代表で渡す。舞台期間に一度も代表をしていない人から優先される。初日じゃんけんなどで決める)

代表はお疲れさまです。などの一言を直接、担当に伝えられる。でも個人的な事や(今日誕生日です!など)質問禁止だった。みんなの代表なので一人が会話をするのを防ぐためらしい。ちなみに代表以外は座っている状況でめちゃくちゃ緊張した。渡しおわると自担ちょっとした話をしてくれた。演説といわれる出待ちでの話の長さは人によって違うのだけれど自担はすごく短かった。それでも今まで舞台の上に立っていた自担が目の前に私服でいて話てくれる。しかも帰り際には一人一人の目を見ながら手を振ってくれるという対応に舞い上がってしまった。よくオリキ現場に入らないないのに美味しい思いをすると言われて嫌われていたが、確かにこの体験はおいしいものだった。しかし、担当が来るまでと帰った後の待ち時間は大変だった。その現場は帰るジュニアオリキが遭遇しないように出演者するジュニア出待ち対応を終えて帰らないと自分たちも帰れなかったのだ。(ちなみに22時までに担当が来なければ解散で待っても会えない時もある)

しかも、待ち時間に仕切りにネット出待ちのことを書かないなどのルール説明をされて、自分名前を聞かれた。これがすごく怖かったのだけど出待ちをしているうちに、仕切りがその時の代表名前とその日並んでいた人数をファミクラジャニファンクラブ運営)に毎回伝えていることがわかった。人数が少ないと事務所に人気がないと思われてしまうのでまた来てね。と言われたりする。ヤラカシストーカー的な厄介行為をするオタ)にまで並ぶのを頼む人もいる。

それで怖いけれどすっかりはまってしまった自分はこの舞台間中出待ちをすることになる。そうすると今度は個人受けの日にあたった。個人受けでは担当の列に並んでいるオタ一人づつが手紙も渡せて個人的な会話をできるのだ。ここで色々話して担当が笑ってくれると嬉しくてまたはまった。しだいに入り待ち出待ちもほぼいるオタクになっていった。舞台期間はほぼ一ヶ月で、自担は並んでいる人数が10人いればいいほうなので毎日いれば顔認知簡単だった。(ジャニオタの中で認知基準が色々あり自分の周りは名前と顔を覚えているのが認知、顔だけが認知

本当に人が少ない所だとオンリー(並んでいる人が一人)や毎日個人受けの所もありジュニア認知されている人というのは世間が思っているより多い。認知個人ファンサは勘違いと思われている事が多いがジュニア担当の中では本当にあることであった。

出待ちできる現場舞台だけではなく予想より多く、会える機会が多いことにますますはまっていった。非公開と呼ばれているスケジュールが公になっていない現場にいった時は塩対応だったけれどそれでもたまに優しくされるだけで良かった。オリキ友達もできて毎日しかった。

でも、認知されると今度は干される(ファンサをくれない、無視される)のがつらくなってきた。最前列で視界にも入れてもらえなった時は泣いた。

そのうち、大学課題就活出待ち現場にいけなくなり自然卒業できたがあのまま続けていたら確実に病んでいたと思う。担当は辞める噂はなんだったのか未だにジュニアを続けている。

あの時の仕切りはまだ毎日現場にいると思うと人のことは言えないがすこしぞっとする。

当時の思い出に関連して出待ちするようになってからファミクラにたいして不満に思っていることがある。

仕切りたちが歌番組番組協力で手伝いをしていたり、握手会のはがしをするなどの仕事をしているが、その代わりにチケットをもらっている。

また、ごくまれにだがオリキけが終演後ロビーに入れられてハイタッチ回をしていたこともある。これは並んでいる全員とやる時もあるが仕切り達だけできる場合もあり不公平に思っていた。(当時バックについていたデビュー組みによる指示と噂がまわったが真相不明

デビューすると出待ちできることが少なくなるが、出待ち文化を隠すわりにジャニーズオリキ優遇しすぎだ。今も有楽町でたくさんのジャニオタが並んでいるようだがこの文化はいつまで続くのだろうか。

2017-09-15

[]ガッツ

ジャニーズ用語で、週に四日以上をアイドルの追っかけに費やすような力の入ったファンを「オリキ(追っかけ+力)」と呼び、その中でもさら気合の入った追っかけを「ガッツオリキガッツのあるオリキ)」あるいは単に「ガッツ」と呼ぶ。

2015-05-11

ジャニヲタだった私が女性アイドルに「認知」を求めるまでの話

一年少し前、とある女性アイドルを好きになった。

一応ぼかしておくと、AKBでも、ももクロでもなく、地下アイドルから人気が出て武道館をやれるステージグループだ。

過去はよくあった接触イベントも、人気の高まりからか減りつつある。

(というと、おおよそ絞れると思うが)

ふとネットでその女性アイドル名をググり、気がついたらYoutube公式非公式わずライブ動画を繰り返し見まくっていた。

すぐにアルバムを買って、何度も何度も聞いた。

やがて女性アイドルには「接触」イベントがあり、相手から認知」されることもあると知った。

もちろんその前からAKB握手会なるものがあるのは知っていたけれど、それで「認知」なんて馬鹿じゃないのと思っていた。

私は10年ぐらいジャニヲタをやっている。

ジャニーズからしたら認知なんてもの基本的にありえない。(いや、追っかけとかオリキとかっていうのは置いといて)

ついでに言うと目が合ったっていうのもありえないと思っている。

けれどコンサートに行って自分担当であるメンバーに手を振ってもらえたらとても嬉しい。

だけどそれは「ファンサービスなのだ

規定に反しない、Twitterで叩かれないようにと考え、それでもどうにか目立つように作ったうちわを振り、タイミング見計らって、名前コールして手を振る。

そこで向こうが手を振ってくれる。

私にだけではなく、私の周辺のファンに向かって、あくまでもサービスの一環として。

それで「今日ファンサもらえたラッキー!」て喜ぶのだ。

ところが女性アイドル現場では、この現象を「レス」と呼んでいた。

衝撃だった。自分がしたことに対する返事なのだという。

いやいやただのファンサービスだろ、と思っていた。その当時は。

だが女性アイドル現場に行ってみたら、状況は違った。

もちろんCDチケット代というお金が発生しているものに対するサービスのはずなのに、それを超えての「レス」と感じられる反応が返ってくるのだ。

しかもその先にあるのは認知だ。

驚くことにメンバーTwitterでリプをくれるファンを認知していた。

初めて接触イベントに参加した時、当日の朝にメンバーに「こんな服装で行くよ!」とリプを送った。推しの色を身につけたのだ。

私としては、「あなたの事がこんなに好きです」という気持ちを表すための行動だった。

ジャニヲタの時には手作りうちわを作ったりメンバーカラーのものを身につけたりするのと一緒だった。

ところが、いざ接触の時、メンバーは「ツイッターでリプくれたね!」と言ってくれたのだ。

しかった。

と同時に、「ファンである自分アイドル本人に認識された」という、信じられない出来事に震えるしかなかった。

しか結構しゃべれる。ドルヲタさんからしたら短いかもしれないけれど、ジャニヲタ接触イベント流しそうめんかってぐらいに高速はがしされたことがあるので、あんなにちゃんとまともな会話ができるなんて信じられない。

その後も2回ほど接触イベントに行ったが、ツイッター認知というか、私のリプで覚えてくれたという感じだった。

だがもはや私は、それだけで満足する体ではなくなってしまった。

次の目標は、私が名乗らずとも推しの方から私の名前を呼んでもらって、認知されることだ。

認知」された後、次は何を目指すのだろう。

認知」されても、それは覚えてもらっただけだ。

ツイッターは他のファンの動向も丸わかりだから、私の推しにめちゃくちゃレスもらった会話のレポがいくつも読めたり、認知もらってる人たちがすぐ見える。

それに対して、どうして私はああなれないのだろう、と悲しくなる。

現場を増やして、接触に参加して、「認知」されても、次はこの嫉妬ループが続くんじゃないだろうか。

最初は、ただ好きなだけのはずだった。

なのにどうして彼女に「認知」を求めるようになったんだろう。

私だけの「レス」が欲しいって思うようになったんだろう。

これが沼なのか。闇なのか。もう既に病みなのか。

それでも私は、彼女に「認知」されたい。

こちらから名乗るよりも早く、満面の笑みで「●●ちゃん」と私の名前を呼んでほしい。

2010-10-14

恋愛禁止』・・・・ねぇー・・。

前敦:山本裕典デート疑惑

大島ブログでダンサーとのデート発覚、ウエンツとの交際発覚、中2の時に彼氏あり

篠田:窪田の愛人疑惑ヤクザ愛人疑惑堂本光一と交際疑惑、元キャバ嬢

小嶋:男とのプリクラ流出ツイッターで『手越誤爆ジャニヲタで元オリキ

板野左手の薬指に指輪をはめていた、ジャニ合コン疑惑、特定ヲタディズニーデート疑惑

TAKAHIROデート疑惑涌井デート疑惑

河西:ブログ佐藤健デート疑惑ジャニ合コン疑惑

秋元広井王子に肉接発覚

宮澤:メール誤爆彼氏えば発覚

小野ジャニ彼氏疑惑

柏木ジャニ彼氏疑惑

宮崎ジャニ彼氏疑惑

峯岸:地元で男と一緒にいる所目撃多数、芝の愛人で選抜疑惑、35才妻子持ちオヤジ不倫疑惑

メンバージャニ斡旋疑惑お気に入りヲタチケ横流し発覚

倉持:手ブラヌード写真2度流出ブルセラ疑惑出会い系で援交相手募集

佐藤夏:劇場スタッフと交際疑惑

多田名古屋ヲタと繋がり疑惑

渡辺:特定ヲタに私信疑惑

指原:特定ヲタに私信発覚、密会疑惑

島田:元ヤラカシジャニストーカー

菊地:彼氏とのプリクラ流出解雇処分)

石黒:元彼とのプリクラ流出解雇処分)

ファンでもアンチなんでもないけど、上記のような状態らしいから、ちょっと言ってみよう。

こっちは別に裏で彼がいないとも限らないと最初から思ってるのに

自ら純情アピール工作として『恋愛禁止』をうたい、

自らその掟を破ってるってのが、ちょっとおかしくないですかー?

・・・・と思ったよ。

2009-01-26

オリキ」という単語を今日はじめて知った。

 
アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん