「右大臣」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 右大臣とは

2019-01-11

新元号に「安」が入るべきでない理由

左翼の難癖のように思っている人も多いようなので

偏諱授与」からその問題性の解説を試みてみる。

まず「諱(いみな)」について。

諱とはざっくり言って本名のことである

織田信長で言えば「信長」が諱である

諱は「忌み名」に通ずると言われ、おいそれと呼んでいいものではない。

から織田信長には「上総介」という通称仮名)があり、

家臣や他の大名たちは「上総介様」「上総介殿」などと呼ぶわけである

ちなみに、これは実際に「上総介」という官職に任官されたわけではなく、官職風の呼び名にすぎない。

後に「右府様」「織田右府」などとも呼ばれているが、こちらは正式右大臣に任官されたから。ややこしいね

次は「避諱」について。

もともと中国に「避諱」という慣習があった。

これは偉い人の諱を使うことを避けるというもの

たとえば唐の二代目皇帝李世民の諱「世民」を避けるため、

その部下だった「李世勣」という武将が「李勣」に改名したり、

「民部」と呼ばれていた官庁が「戸部」に変更されたりしている。

一説には「観世音菩薩」が「観音菩薩」と呼ばれるのも「世民」の避諱だとか。

一方で、日本では「避諱」の習慣はあまり定着しなかった。

古代の「大伴」氏が淳和天皇の諱「大伴」を憚って「伴」氏に改姓したことや、

国家安康」で有名な方広寺鐘銘事件などは日本での「避諱」の一例と言えるが、

それよりも日本で広く行われたのは「偏諱授与」の慣習だった。

これは「そんなにも大切な諱を可愛い家臣にあげちゃうよ」というもの

たとえば松平信康長宗我部信親らの「信」や、

浅井長政黒田長政らの「長」は、

織田信長から偏諱と言われている(家臣だけでなく同盟国の嫡子かにも与えている)。

文字ある諱のうちの一文字だけを与えるので「偏諱授与」、あるいは「一字拝領」という。

ちなみに、偏諱でもらった字は、名前の上のほうに置くのが基本である

もっとわかりやすい例が伊達政宗さんところの家で、

政宗自身一族中興の祖の名前をもらったものだが、

その父親の「輝宗」は室町幕府第13代将軍・足利義輝の「輝」、

その父親の「晴宗」は室町幕府12代将軍・足利義晴の「晴」、

その父親の「稙宗」は室町幕府10代将軍・足利義稙の「稙」、

その父親の「尚宗」は室町幕府第9代将軍・足利義尚の「尚」…

と代々の将軍から偏諱をもらっており、

それだけ幕府との結びつきが強いということを示している。

さらに言うと、天皇から臣下への偏諱授与は極めて少ない。

後醍醐天皇の諱「尊治」から「尊」を授与されて足利高氏足利尊氏改名したくらいである。

さて、ようやく今回の新元号についてなのだが、

現在日本は「一世一元の制」ということで、

一人の天皇につき一つの元号しか制定されず、

その元号天皇の「諡号(死後に贈られる尊称)」になることが決まっている。

この諡号というのも、そもそも皇帝天皇を諱で呼ばないためのものだったりする。

そして、この元号を決定するのは内閣なので、

いわば天皇名前内閣首長である総理大臣が決めているに等しい。

まり新元号に「安」や「晋」の字が入った場合

偏諱授与ときわめて似通った構図になるのだ。

たか総理大臣が新しい天皇陛下に偏諱を与える」。

これは左翼よりもむしろ右翼問題視する事態だろう。

もちろん安倍晋三の諱は「晋三」なので、

名字である「安」はまだマシなのだが、

それでも安倍首相真の愛国者、真の勤王家であるなら、

自分名前が含まれるような元号は避けるのが当然だと思われる。

以上、長くなっちゃったけど、新元号に「安」が含まれることを危惧するのは、別にギャグでも難癖でもないよという話でした。

いや、まさか含めるわけがないじゃないか、本気で心配するなんて馬鹿馬鹿しいよ、という意味ではギャグだけどね。

2014-11-01

平安時代無能公卿藤原顕光

つの時代にも仕事ができないやつがいる。

から1000年前、教科書で習う藤原道長時代にもそんなやつがやっぱりいた!

その名も、藤原顕光。

こいつはひどい。

道長日記御堂関白記』や、有職故実に通暁していて『小右記』という日記を残した公家藤原実資から馬鹿にされまくる。

曰く「こいつの儀式でのミスを書いていたら多すぎて筆の毛が無くなるわwwwwwwwwwwwwww」とか

曰く「こいつはアホ中のアホである」とか。

少なくとも日記を読む限り、諸卿から笑われる人物であったことは間違いないようだ。

藤原顕光と藤原道長はいとこの関係だが、実は顕光の方が兄の家系に連なっている。

から1000年前は、道長がさまざまな事情により世の牛耳を執った時代だったのだ。ここら辺はいろんな本に詳しい。

さて、本題。顕光は本当に無能だったのだろうか?

無能無能だ、と笑った側の日記しか残されていないのが問題である

政権当事者である道長は、正嫡となりうる顕光をはたして褒めるだろうか。

小野宮流という有職故実を守る立場にあった実資が、他流の顕光の挙動をはたして褒めるだろうか。

ここら辺は考えながら、顕光のことを考えねばならない。

さて現代にいったん話を戻そう。

仕事ができないやつって結構いるんだけど、割と楽しそうだ。というか上手いこと楽している。

もちろん人はそれを批判する人のだが、仕事しねえやつってのはなんだかのらりくらりそういうのをかわしながら日々生活している。

ある種タフさがある。上手いこと流しちゃうのだ。そして多少の陰口を言われたところで動じない。

仕事できない人の完成型は、ただ仕事をしない部分からのみ成り立つのではない。タフさがそこには必要だ。


1000年前に時は遡る。

顕光は散々バカにされながらも、右大臣から左大臣へ、大臣20年ほど務めている。道長の全盛期にである

顕光は道長や実資や、その他の貴族揶揄を、あまり気にしなかったのではないだろうか、と想像する。

想像をたくましくし過ぎだが、実資なんかが意識している細かい儀礼なんて、どうでもいいと感じていたのではないかとすら思う。

1000年後の私たちほとんどが実資の有職故実を全然気にしないのと同じようにね。

実は顕光は、私たちが習う教科書的、あるいは道長的な平安貴族論理とはや離れたところで、平安ライフを満喫していたのではないか、と想像させられる。

そうした仮定にたったとき、彼の眼から眺めた平安時代は一体いかなるものだったのだろうか。

2008-09-19

http://anond.hatelabo.jp/20080919203015

われ 朝の遅きに そのパンティ脱ぎ捨てたるをいと見やり

わが同胞なる天竺、きぬの間よりその顔覗きになりにけり

パンティー落ちててティンコたった。

まさにそびえること 山の如きなりければ

われもまた 深く交わること せつにねがいいたりけれども

その言い分最もなりければ 山の如き主砲先生にこれをば悟りに語りざりけれども

先生いとあやしく わずかに惜しみつつも去りにけり

しぼんだ。

やがて秋の空にふさわしからざる 空のいと青きにて

われ気づきけり わが右大臣中将 精強なる中指のいと痛きにけり

その痛しこと ツメの間に針をば差し込むごときに似たり

痛いです。

かくして 我思い悩みにいたりけり

中将まことに心やすからずは 夜 そに会うこと いたらざらん ことなり

なからずんば前戯の難しきこと いと重く

我 そにふたつの道をば しめさざること いたらじにいたらんこと 心重きなり

そのふたつの道 陰陽の如くなりければ そは悩まざる事あたわずとおもえり

かくして われその いとおもきに 思い悩みながらも

そに道示すことなくして われら めおと 平和ならざること あたわぬものなり

言おうか言うまいか、悩んでるんだよねー。

いちの道は われと わが愛しき妻たる その会うことを遠きに置きけり

明日の朝 しからずんば 明日の昼 いたらざりければ 夜にて いたしけるを えらばざりけり

またいちの道は われらが不死鳥の如き あの青き日々を思い いだしに なりにけり

すなわち 前戯そこそこにして わが天竺の如意を奉公に至らせ

半刻の内にて 光陰矢の如き セックスをば勤めければ いとおかし

せっくすしよ!

旦那からメールが来たんだけど

意味がよくわからじ……

- - - - - - - - - - - - - - - - - - -

われ 朝の遅きに そのパンティ脱ぎ捨てたるをいと見やり

わが同胞なる天竺、きぬの間よりその顔覗きになりにけり

まさにそびえること 山の如きなりければ

われもまた 深く交わること せつにねがいいたりけれども

その言い分最もなりければ 山の如き主砲先生にこれをば悟りに語りざりけれども

先生いとあやしく わずかに惜しみつつも去りにけり

やがて秋の空にふさわしからざる 空のいと青きにて

われ気づきけり わが右大臣中将 精強なる中指のいと痛きにけり

その痛しこと ツメの間に針をば差し込むごときに似たり

かくして 我思い悩みにいたりけり

中将まことに心やすからずは 夜 そに会うこと いたらざらん ことなり

なからずんば前戯の難しきこと いと重く

我 そにふたつの道をば しめさざること いたらじにいたらんこと 心重きなり

そのふたつの道 陰陽の如くなりければ そは悩まざる事あたわずとおもえり

かくして われその いとおもきに 思い悩みながらも

そに道示すことなくして われら めおと 平和ならざること あたわぬものなり

いちの道は われと わが愛しき妻たる その会うことを遠きに置きけり

明日の朝 しからずんば 明日の昼 いたらざりければ 夜にて いたしけるを えらばざりけり

またいちの道は われらが不死鳥の如き あの青き日々を思い いだしに なりにけり

すなわち 前戯そこそこにして わが天竺の如意を奉公に至らせ

半刻の内にて 光陰矢の如き セックスをば勤めければ いとおかし

- - - - - - - - - - - - - - - - - - -

誰か説明をば頼みたき候

2008-09-03

摩訶不思議増田ワールドシリーズ第5弾『秘密の扉』』

けふけふとてさしたる仕事はなし。

わっちの仕事は単なる衛兵。

先日羅生門の警備からこの増田屋なる飯場の警備をもうしつかった。

なに、ただここにくるひとたちの会話を見聞きしていればいいだけ。

問題があれば本家近藤右大臣にお知らせし、お犬様にご処置をいただくだけだ。

ただ、ここは平和そのもの。

いれかわり立ち替わり人はくるが、わっちをいれてもここには10人しかいない。

たまに猫が壁をひっかくのをおいだすぐらいだ。

あまりに壁をカリカリするので、気になって壁板をはずしてみたら、中から仙人化したわんぱーく尊師がご鎮座されていた。

10人じゃなかったんですな。

この板は簡単には外れないように寄木細工をほどこしておこう。

いいですよね?尊師

え、なんですって?

奥さん、猫は痩せても猫です!

ブスは痩せてもブスなのです!

http://anond.hatelabo.jp/20080903183333

増田の隠しコマンド物語

主人公は綾野工事黄身麿。

仙人役でわんぱーく尊師

時代背景は平安末期で、京の都にあるネットカフェ

 
アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん