「インパール作戦」を含む日記 RSS

はてなキーワード: インパール作戦とは

2022-08-10

俺のおじいちゃんの命日が昭和20年8月10日だった件

俺のおじいちゃん昭和20年8月10日に亡くなった。戦争で。この前押入れから出てきた、国から送られてきた通知書?に書いてあった。

ビルマ戦死だってビルマだったんだ。インパール作戦なのかな。てか戦争終わるまであと数日じゃん。あともう少し生き延びてたら、生きて帰ってこれたんじゃないの?

実は俺の父親は、おじいちゃん自身父親)と会ってないんだ。俺のおばあちゃん父親を身ごもってたんだけど、生まれる前におじいちゃん招集されてしまい、ビルマに行ったんだ。辛すぎるよ。

通知書と一緒におじいちゃんからハガキも出てきた。絵葉書だ。達筆過ぎてちゃんと読めないけど、子供は無事生まれたかとか、元気で帰るとか、帰ったらみんなで遊ぼうなとか、そんなことを書いてあった。戦場で書いたのかな。まじで辛いわ。

戦争が終わって、元気で帰ってくるのかと思ったら、その通知書だけ送られてきたって聞いた。遺体を回収することもできず、遺骨もなし。悲しすぎる。

その後おばあちゃんは一人で父親を育てた。女手一つで大変だったろうな。再婚もしなかったし。

そして、父親は元気に成長し、一般企業に勤めた。そして職場結婚し、俺が生まれた。おばあちゃんは俺が生まれてそりゃ嬉しかっただろうな。

ただ俺は、おばあちゃんのことほとんど覚えてない。俺が生まれてすぐ亡くなったから。俺を抱っこするおばあちゃん写真けが残っている。

それで、俺の父親もさ、去年亡くなったんだよ。

正直言ってあまり父親遊んだことがないし、話もあまりしてないんだ。

きっとさ、父親はおじいちゃん戦死たから、父としてどう振る舞ったいいのか分からなかったんだろうな。

今ならそういう気持ちがわかる。戦争父親亡くして、寂しい思いをして、いざ自分が父になったら、どう振る舞っていいかからないよな。そんな中、よく育ててもらったと思うよ。

それでさ、俺にも息子がいるんだよ。3歳の。

親になってやっと分かったんだよ。俺だって父親にそこまで遊んでもらったわけじゃないからさ、子供とどう関わっていいか分かんないんだよ。

これって、言ってみれば、戦争でおじいちゃんが亡くなったのが原因のひとつなんじゃないかなって思うんだよ。誰のせいっていうのではなく、父親を亡くした負の連鎖が続いてるんじゃないかって。戦争なんて関係ないと思ってたけど、こうやって連鎖してんだなって思った。

でもこうやって、日本が生き残って、命が繋がれて、俺が生きている。そして息子が生きている。奇跡しか言いようがないよ。

戦争招集前におばあちゃんが俺の父親を身ごもってなかったら。おばあちゃんが懸命に俺の父親を育てなかったら。俺は存在しないし、息子も存在しない。本当にすごいよな。

息子が大きくなったら、この絵葉書を見せて、色んな話をしてやりたい。お前の命はどんなに大切な命かってこと、伝えたいんだ。

2022-04-24

僕の曾祖父祖父(元大日本帝國海軍士官)は、インパール作戦上陸部隊中隊長から、「我ら英国軍1個師団交戦中支火砲乞う敵味方の区別無用」との連絡で、巡洋艦他7隻で一斉艦砲射撃を行ったそうです。乗組員は血が出るほど唇を噛み号泣しながら!それが無駄な死ですか?

2022-03-30

anond:20220329212048

なるほどここブコメトラバを見ると、日本人集団的自衛権危険だな、って思いました

そりゃインパール作戦も実行されるよね

2022-03-03

anond:20220303165913

日本軍インパール作戦(10万の将兵が参加し3万人死亡)に参加するか、降伏してシベリア送り(抑留者全体の1割が死亡)にされるか


あれ?シベリア送りの方が生還率高くね?

2022-02-24

anond:20220224185229

連合国最強の将軍牟田口廉也を侮るなよ

インパール作戦開始後も、牟田口は、夕方になれば芸者遊びに現をぬかしていた。当地芸者性的サービスも伴っており、今日で言うところの風俗嬢のような面も兼ね備えていて、大阪飛田新地あたりから呼んでいたようだ。

当地兵站病院に勤務していた兵士証言に「飛田遊郭から来た牟田専属芸者妊娠し、手術を受けた」との旨のものがあり、前線での兵士の苦闘を尻目に本人は相当ハッスルしていたようだ。

なお、牟田口の名誉のために言っておくと、安全な後方で遊興していたのは彼だけでなく、第15軍あるいはビルマ方面軍幹部共通していた。

彼らは毎日、定時(17:00)を過ぎると、仕事を放り出して一目散に「清明荘」(メイミョー)あるいは「萃香園」(ラングーン)と呼ばれた料亭に向かい芸者ハッスルしていたという。

インパール作戦での日本軍の行軍・戦闘は夜間が多かった(制空権がない日本軍は昼間にほとんど行動できなかった)ため、まさに現場兵士がもがき苦しんでいるそのときに、幹部は戦況判断や指示出しもせずに遊興の限りを尽くしていたのである

挙句の果てには、久野村第15軍参謀長のように他の幹部との芸者の取り合いで暴力事件を起こす者まで出る始末。

2021-12-13

で?おまいらその選別された優秀な遺伝子で何するの?

インパール作戦やるのか?おっぱいぶるんぶるん総統に忠誠を誓うのか?

2021-10-29

iPhoneがなぜ日本人に受け入れられたか」を書いた増田です

https://anond.hatelabo.jp/20211026193844

で、「iPhoneがなぜ日本人に受け入れられたか」を書いた増田です。ブクマが1600もついていてびっくりしました。いままでどんな気合い入れてブログを書いてもブクマ100もいったことがないのに、勢いに任せて書いた増田が1600とは…こういうのみんな知らなかったんですかね。

 

いろいろ言及してくれた人がいるんで、答えられる限り答えていきたいと思います

 

増田のいたS社ってのは、三洋電機

 

まあ、隠す必要ないよね。そうです。ハイ名古屋工業系の大学を出て入りました。あの頃の三洋はすごかったんだ。二次電池太陽電池デジカメ無線通信など、地味に覇権取ってた技術分野がいくつもあった。新潟半導体も作っていたし、有機ELだって開発してたんだ。パナからは下に見られていたけど、社風はちょっと緩くて、でも活気があっていい会社だった。守口本社ビルが建ったときは誇らしかったんだ。なんでこの大企業がこうも容易く瓦解して消滅してしまったのか、今となってもよくわからない。新幹線の窓から見えるソーラーアークに「SANYO」とあったのが、「Panasonic」に変わっているのを見たときの衝撃は、今も忘れることができない。

 

三洋電機は完全消滅なんてしてないよね。

 

あ、これはまあ、そうですね。事実上消滅、といったらいいかな…

 

日本メーカーAndroid端末開発の悲喜こもごもを教えて

 

俺は携帯絡みの仕事最初にやったのがPHSCS基地局)だったんだ。今や三洋基地局を作っていたなんて知る人も少ないんじゃないか。DDIPocket(その後WILLCOM、そしてSoftbank…)でその仕事していて、CDMAを手伝ったあと、KCP+というクソみたいなプラットフォームでみんなが死んでいるのを横目で見つつ、横須賀次世代通信の基礎研究みたいなことをやっていた。なので端末の開発はあんまりやってないんだ。でも、三洋携帯は良かったんだよ。そりゃパナやNECに比べたらブランド知名度で劣ったけど、中身は全然負けてないつもりだった。ワンセグをつけたのも有機ELディスプレイを付けたのも三洋最初だし、何より俺らはあのアメリカでしこたま売ってた。

だがいつの間にか三洋携帯事業だんだん先行きが怪しくなっていて、ノキア合併するという話をずっと聞いてたんだけど、なんかしらんけど結局京セラに売られることになった。京セラは厳しいけど温情あるところだったらしく、残ってパナに身売りされた部門よりかはずっと良かったんじゃないかな。俺は京セラには行かず別の会社移籍してLTEとかしてたんだけど、そこでiPhoneの発売でいろんなもんがすっちゃかめっちゃかになるのをやや離れた場所から見ることになった。その後は凋落する日本携帯業界とともに生きてきますた。

 

iPhoneが出たときガラケーにかなわないと思ったのはお前の見る目がないからだ

 

(笑)まあ、そうだよね。それは本当にそうだと思う。ただ、当時出たばかりのiPhoneは、ちょっと重たいサイトを見るとすぐにブラウザが落ちたし、孫さんはこれで仕事捗るぞみたいなこと言ってたけど、こんな不安定もの仕事に使えっかよと思ったのも確か。ガラケーのほうがずっと安定していたんだ。その後iPhoneが急激に改良されていったのはご承知の通り。当時はiPhone未来性を語るギークも多かったけど、女子高生NECの二つ折りにじゃらじゃらとストラップをつけて、あらゆる機能を使いこなし超高速でケータイ打ちしてたような時代で、別にメニュー階層なんかもそう複雑でもなく、これがiPhoneより使いにくいなんて思わなかったんだ。先見の明がなかったことはそのとおりだと思う。

 

Androidの出始め、海外メーカーのはそんなにダメ端末ではなかったよね

 

はい、これもそうですね。HTCサムスンは当初からしっかり作り込んだいいのを出していた。日本メーカーが安定した端末を出せるようになったときには、すでにiPhone覇権が確定していたのは前に書いたとおり。ただ、ソニーだけは例外最初からそこそこ安定したものを出していたし、途中まではグローバルマーケットガチで戦っていた。とはいえ、確かソニー・エリクソン(後にソニーモバイル)って当時英国会社だったような。

 

iPhoneが普及したのは端末や操作性がAndroidに対して洗練されていたからで、キャリア戦略日本メーカー不手際だけで語るのはおかし

 

これも、そうだとは思う。ただ日本けが突出してiPhoneシェアが高い(2位以下に10ポイント以上の差をつけている)理由は、キャリア戦略日本メーカー不手際が原因と言っても差し支えはないと思う。

でも、iPhoneが洗練されているってのはどうもやっぱり納得できないんだよな…確かにiPhone5くらいまではそうだったかも知れない。ただその後はUIなんかもひたすらAndroidで先行しているものを取り込んでいったでしょう。通知エリア、戻る機能、大画面化、アイコングループ化、ウィジット、カーソル移動…iPhoneAndroid比較してそんなに洗練されたものなら、どうしてAndroidマネをする必要があったのか。また端末はどんどん重くメタボリックになっているし、ノッチデカ指紋認証も不可で、充電端子の統一もできず未だにデジタルコンテンツアプリ内購入もできない。それで最高のユーザー体験とか聞くと、寝言は寝てから言えよと思ったりするよな、正直。俺はよく画面分割してYoutube再生しながらLINEとかするけど、それすらまだiPhoneはできないんでしょ?

以前はAndroidが高機能高性能で推しiPhoneユーザー体験がすごいんだと言われてきたけど、今はどちらかと言うとiPhoneのほうがAチップの高性能を売りにして、ユーザー体験は変な所にこだわっておおよそ実用的ではない。その点もAndroidが優れていると言い切っちゃうと荒れそうだからこのへんでやめとくけど、ぶっちゃけ大して変わらんと思うよ。

まああとは、AppleWatchやiPadMacとの連携が優れてるみたいな話になるんだろうけど、そのへんは使ってないのでよくわからない。個人的な思いで言えば、個人情報から決済から操作からから何まで一社依存するってのは怖くないんかなって思う。Apple個人情報保護が優れてるって人もいるけど、実際のところは彼ら中国政府にベッタリで、その要請に従って中国企業個人情報管理とか任せたりしてるぞ。

 

Appleがにくいからって中韓の端末を推したりするなよ

 

俺が本当にこいつらすごいなと思ったのは、Appleではなくサムスンファーウェイだった。サムスンGSMとかから今のスマホ時代に至るまで、グローバルに君臨しつづけているほぼ唯一のメーカーだ。そりゃ過去には日本技術を盗むとかもあったかも知れないが、日本を追い抜いたあともずっと成長を続けているし、しかも端末のコア部品の大半を内製できて、それらがみな競争力を保っている。こんなオバケみたいな連中は他にいない。

ファーウェイ基地局でとてつもない技術力と競争力を持っていたのもあるが、端末だって短期間にすごいのを出してきた。SoCも内製していたし(製造tsmcだったけど)、その設計思想や性能はAppleに劣らないくらいだった。そして安かった。安く作れるってのはそれ自体がすごい技術力なんだ。実は俺はファーウェイが躍進して、高慢ちきなApple奈落に落とすことを密かに期待していたんだけど、そうはならなかったね。でも彼らはきっといつか這い上がると思う。それが日本にとっていいことかどうかわからんけど。

思うに、日本iPhoneシェアが高止まりなのは中韓に対する根強い差別意識もあるような気がする。日本人アメリカの作るものは大好きだが、中韓については未だに彼らの技術製品を認めたくない思いがあるんじゃないかな。欧州なんか行くとサムスンやらXiaomiやらのスマホ機能デザインを褒める声を聞くけど、日本でそういう人はあまり見ないよね。

 

老害

 

このコメント結構あったね…iPhoneが出たときに俺は40歳前後。若くはないけど老害じゃないだろうとは思う。ただ今の若い人は、僕らみたいな年代人間日本産業焼け野原にしたと思っているのかも知れない。まあそれはそれで確かにそういう一面もある。でもまあ、なんというか、この20年、日本はやるべきことは必死にやってきたと思う。

いま話題半導体だって、パナとルネサスは共同で微細化の研究に取り組んで世界の先端を行っていたし、富士通は最新の工場三重に建ててファウンドリビジネスにも取り組もうとしていた。ASMLの独壇場であるEUVリソグラフだって、実は日本が先行して産学共同で先駆的開発をしていた、なんてもう言っても誰も信じないんだろうな。プラズマ液晶だって有機ELだって、実際のところ日本企業は果敢に攻めていた。世界で求められるキーデバイスは何かはちゃんと把握していたし、それでなんとか世界一角に残ろうと必死だった。後からならなんとでも言えるが、その時々での判断が遅かったとか合理性を欠いていたとは思えない。でも、なぜかその大半が裏目に出てしまった。技術はあった、人もいた、行動もした。でもダメだった。

太平洋戦争歴史を読んだりするのが好きなんだけど、あれも途中からやることなす事の大半が裏目に出るようになるんだよね。インパール作戦特攻のような不条理作戦もあったけど、全部が全部そうでもなくて、その時はこういう道しかなかったのだろうと思えるものもたくさんある。でも、どうしてかその大半は裏目に出てしまう。そんなとき人生にもあるし、国にもあるんだろう。

から敗因を研究して、次につなげればいいじゃないかと思う。

俺は、あの三洋電機があっというまに崩壊していったのを見ているから、いま世界を席巻しているAppleやらサムスンやらtsmcだって、いつどうなるかわかったもんじゃないよなって思うよ。富士通NECみたいに卓越した技術を持っていても、長い時間をかけて凋落していった企業だってある。逆に言えば、ほんの20年くらい前までAppleなんてニッチ時代遅れのPCメーカーだったんだ。日本だっていつまでもダメな国じゃない。社会が変わるときは一瞬で変わる。老害って言われるのは悲しいけど、でも君らと一緒にまた上がっていける日は来ると思うな。

 

追記iPodのことを何度か書いている人がいるけど、俺の周囲の人たちでiPodを使っている人は殆どいなくて(ちなみに言うとWalkmanだっていなかった)、大体が中韓の作ったmp3プレーヤーを使っていた。格段に安かったし、iTuneかいうできの悪いソフトを使わないでも、フォルダごと音楽ファイルを放り込めば再生してくれたからだ。俺も名前忘れたけど韓国メーカーのやつを使ってたと思う。これって自分の周囲があらかた理系メーカーだったから、割と特殊なのかも知れない。ただ全く無関心なのではなく、飲食店で注文を取るお姉さんがiPod touchを端末に使っていたのを見て、ああイノベーションってこういう形も取るのかと感慨深く思ったのを覚えている。ちなみに当時auガラケー向けに音楽配信サービスをしていて、もちろん三洋の端末も対応していたんだけど、実際それで音楽聞いてる人を見たことなかったな…(ぶっちゃけビットレートが低く、音もそんなに良くなかった)

なので、iPodを使ってた人がiPhoneを受け入れたという説は、そうかも知れないけど自分にはわからん、となるのであった。ごめんね。否定しているわけじゃないんですわ。こうやって現場の人に周りが見えてなかったってのも、我々の敗因のひとつなんだろう。

2021-09-21

悲報東京都民三重県民よりアホだった

伊勢神宮ナガシマスパーランド以外なにもない三重でもマトモな判断ができるのに、全国から人材吸いまくった末に五輪インパール作戦決行する東京ってなんだったんスかね、、、

6年後の国体開催断念へ、三重

人員や財源の確保難しく

2021/9/21 20:46 (JST)

9/21 21:03 (JST)updated

© 一般社団法人共同通信社

 三重県は21日、今秋の開催が中止となった国民体育大会と全国障害者スポーツ大会を巡り、日本スポーツ協会が定めたルールに基づく6年後の延期開催を要望しない方針を固めた。県関係者が明らかにした。

 三重県での今秋開催は8月25日に中止が決まった。延期する場合は、中止の判断から1カ月以内に申請する必要がある。既に2026年の青森大会まで決まっており、三重県が延期を要望すれば27年開催となる予定だった。

 関係者によると、6年後の延期開催に難色を示す市町があり、県に財政支援を求める要望もあったという。人員や財源の確保が難しいことから、断念することとした。

https://nordot.app/813013861987123200?c=39550187727945729

2021-09-07

anond:20210907231654

しないね日本研究環境インパール作戦で、牟田口廉也が次々教示を述べて改革で引っ掻き回してくるのに対して、中国がまともな研究環境から行った。それだけだ。

まずは日本環境を金と時間をかけて治すのが先だし全てじゃないの?日本環境がまともなら中国になんざ行かないよ。

からこそ、ナチスに追い出されたアインシュタインエンリコフェルミと同じだっての。

anond:20210907225257

牟田口廉也閣下はさっさとインパール作戦みたいな精神論やめな。

日本研究環境がまともなら誰も中国なんざにいかん。

日本は完全にやりがい搾取善意搾取の国で研究者なんか石投げられたい放題じゃない。

2021-08-17

anond:20210817171124

令和のインパール作戦しか見えませんでしたが?この感じだと死人の数でもインパール作戦が見えるな。インパール作戦の死者って26000人だぞ。

50万人がかかって、5%死んだら達成する数だ。100万人かかって2.5%死んでも達成するな。

そして医療が足りないと5%の死人は当たり前に出る。

2021-08-13

もし本格的に感染拡大が抑えきれずに

現在コロナ感染者は100万人行っている。

療養病棟すら足りなければ死亡率は5%ぐらい行く。根拠は一番最初イタリアなどで観測された値。

療養病棟が足りなくなった状態からさらに50万人患者が増加すると25000人死ぬということ。

ちなみにあのインパール作戦の死者は26000人

散々五輪インパール作戦呼ばわりされてきたけど、死人の意味でも令和のインパール作戦になりそう。

終戦記念日を前にして思う

コロナ対策と称して令和のインパール作戦を展開し、オリンピック開催と政権維持のために多数の国民感染、死に追いやった「A級戦犯」は安倍晋三元総理菅義偉首相だと思っているだが、もし仮にコロナで亡くなった自分の身内と戦犯二人が同じ神社に祀られることになったら、純粋気持ちでその神社を訪れ「すべての御霊」に対し「尊崇の念を表し」「哀悼の誠を捧げる」事ができるだろうか?

西村康稔新型コロナウイルス感染対策担当大臣靖国を参拝、というニュースを目にしてふと考えてみた。

2021-08-02

anond:20210802211611

まあ、こればっかりはとにかく早く打ちまくらないとならない以上ベターだと思うよ。

ワクチン入手と、今の接種スピードが4ヶ月ぐらい早ければ五輪成功裏に開けてたかもね。

一番ワーストで、感染総合20万人で、1割の2万人ぐらい死んだら真の意味で令和のインパールになる。(インパール作戦の死者は26000人)

2021-07-31

どういう問題であれ

戦前軍部の体質と変わらない

とか

インパール作戦

などという言葉を持ち出す評論基本的に一切無価値であると考えている。

 

なぜなら目の前の事象分析するのではなく

目の前の事象過去出来事に当てはめようとする

パズルゲームしかいからだ。

そして憐れなことに大抵の場合、そのパズルゲームにすら成功していない。

 

ひとことでいうと稚拙な内容としか言いようがないものしか

存在していない。

 

そして重要なことだが、インパール作戦などという言葉を持ち出す以上、それなりの覚悟で持って文章を書くべきだ。

その言葉を持ち出せるほどあなたはその歴史を十分に理解できているのか?

よくわかってもいないのにただ現世批判をする目的のために、その言葉を使うのは止めて欲しい。

 

不謹慎であるからだ。

2021-07-24

インパール作戦のマズい所って

無理な目標立てて作戦開始したのがマズいんだけれども、それよりマズいのが、明らかに作戦は失敗しているのに前線部隊破滅することが確実になるまで撤退を許さなかった、知性にも決断力にも欠けた統率なんだと思うんだが、始まったらしい東京五輪も同じ轍を踏むんだろうな。

2021-07-22

小さい東京五輪だらけの国

東京オリンピック2020は、もはや盛大な失敗プロジェクトとその原因である無責任機能不全の組織象徴としてはインパール作戦に勝るとも劣らないものになっているが、小さいレベルでは、ここ80年(あるいはもっとからかもしれない)のあい我が国につねに遍在していたのではないかと思う。

みなさんの身近なところにも、どうしようもなく硬直した組織責任者の不在(そもそも責任概念の不在)、方向転換できないプロジェクト現場のしわ寄せ、その結果としての悲惨プロダクト、不合理でブルシットな手続きや書式、そういうのがたくさんあるんじゃないでしょうか。

こういうのは「構造」の問題なので単純に特定個人責任押し付けて「はい解決」というわけにいかないのはそうなのだが、とはいえ、そろそろ具体的に個々の人間にきちんと帰責していったほうがいいと思う。「誰のせいにもしない(みんなのせいにする)」のも「誰かのせいだということにする」のも、問題解決にとって無益という点では同じだ。

きちんと誰かに帰責するというのは、スケープゴートを作るということではない。最終的な意思決定者の問題ならその人に。意思決定構造問題なら、その構造を変えられる人に。マネジメント問題なら、マネジメントのあり方を変えられる人に。当の問題にいろんなレベル対処しえた人々をちゃん特定し、その人々のふるまいのそれぞれがこの問題の(少なくとも部分的な)原因だということを明確化するということだ。

構造的な問題が帰責されるべき人たちはたいてい善良で無自覚だろうが(例外的に悪い人もいるかもしれない)、だからと言って無罪になるわけではない。複数人責任が分担されているのであれば、その分担の度合いに応じて帰責されるべきだろう。「会議」で決まったことだから、「上司」に言われたことだから、と言えば責任がなくなるわけではない。会議提案する権限上司に進言する権限が多少でもあるのであれば、そのぶんだけ責任がある。

加えて、問題に気づいたときにそれを誰かに帰責する(つまりちゃんと誰かのせいにする)というのもまた、自分が関わっている組織プロジェクトに対して個々人が持つべ責任だ。「社会を変えるためには投票に行こう」というのはその通りだが、「社会投票を通じてしか変えられない」という考えは明らかに間違っている。身近な組織をよりよくするために「ちゃんと誰かのせいにする」ということは、投票以上に社会を変える実効的な行動のはずだ。

そういうわけで、以下の意識社会に関わる全員が持つべきと思う。

  • 何か問題があるなら、まず問題があることを認める。
  • その問題がどういう構造のもとで生じているか特定する。
  • その構造の維持に対して責任のある(それをもたらしている)個々人を特定する。
  • その個々人の責任を問うことを表明する。

これは上流下流を問わず、おそらくあらゆる組織のあらゆるセクションに言える。

今回の東京五輪惨状に対して個人ができることはもはや何もないかもしれないが、身近にある小さい「東京五輪」を自分でできる範囲でよりよくするという意識が共有されれば、日本社会は多少ましになるんじゃないでしょうか。

2021-07-06

いつまでも中止の判断ができないオリンピックについて「インパール作戦」「戦時中と同じ」とか言うけど

戦時中のは飽くまで日本国日本軍の失敗だったわけだが今回は日本以外の関係者や参加国も中止や不参加の判断ができないでいるわけで余計悪くなってない?

この状況でできるわけないだろうに、そんな当たり前の判断世界中でできない

キチガイジャップアホジャップって批判するつもりだったのにジャップ以外もキチガイだと判明してしまって凄くショックなんだが、もう終わりだよこの星

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん