「ジャック・ニコルソン」を含む日記 RSS

はてなキーワード: ジャック・ニコルソンとは

2019-10-14

映画ジョーカー』観たけどさあ!!!

解釈違いです!!!!1!!

あと「現実」に対する描写地雷です(真顔)

本作含め『ダークナイト』とかもネタバレしてるんで嫌な人は読まないでね。


この記事書き手は何者か

オッスおらメンタル壊した歴ありの発達障害ナルコレプシー持ち!

どうにかこうにか大学出て何だかんだ正社員10年ぐらい働き続けているよ!

壊したメンタル治療のために飲んでた薬が身体依存性がある(切らすと離脱症状ゾンビみたいになる)おかげで

転職完了した今も手放せないよ!

あとナルコ用の目覚まし薬も社会人擬態するためには欠かせないね!!

最近の悩みはこの状況下でメタボ肥満肝臓イカレ始めていること!トシだね!

慌てて有酸素運動してるけど、走ると膝を壊すから室内バイク買って漕ぎ始めたら

ケツに蒙古斑も真っ青なアザができたよ!!

毎日モニタにらめっこの座り仕事なのに最悪だね!!!

アメコミ全然詳しくないよ!バットマンダークナイト信者だったって程度のニワカだよ!スーサイドスクワットは観てないよ!

好きなDCヒーローロールシャッハさん!!


今回のジョーカーに『ダークナイト』主演は無理だろ

「『ダークナイト』の主役はバットマンやぞ」とかそういう細かい話はおいておく。

ジョーカー生誕のエピソードって触れ込みで作られた本作だが、

アーサーは結局作中ではジョーカーにはなってないし結局今後もなれないんじゃないかしか思えない。

だってアーサーは(自分に都合のいい)妄想現実レベル彩度日常生活に融合してくるような病気と、

自分の意のままにはならない、投薬があんまり効いてないっぽい発作を持ってて、

それを差っ引いても"普通に振る舞う練習"(サントラ曲名ひとつ "Learning How To Act Normal")をやっちゃうタイプじゃないか

作中の走ってるシーンは冒頭の1回を除けば全部「何かから必死こいて逃げ出す」場面ばっかりの人間じゃないか

ダークナイト』のジョーカーを見ろ。

人の考えの裏をかくことができて当たり前、必要なら自分自分死体に化けてのおとり役もこなし、

メイクオフすればあの傷もちの顔でありながら市民に溶け込める、溶け込む方法を考えて実行できる。

ジャック・ニコルソンジョーカーでもいい。

元が泣く子も黙るギャングの一員だ。人の顔に酸をかけて焼くくらいのことは簡単にするし、

毒入り化粧品だのを自力開発できる程度には気が狂っていても頭が回る。

アーサーには無理だ。

通りで仕事してるだけで殴る蹴るの暴行に会ったことのある人間

人混みに溶け込むどころか人から注目(しかも白い目の)を集めてしま人間には無理だ。

嘘つきランディ地下鉄酔っぱらいや「母親」はブチ殺しても、

小人症の同僚ゲイリーはわざわざ鍵開けて逃がしちゃう人間には無理だ。

「なぜ、ひとりの孤独な男が悪のカリスマへと変貌したのか」?

おいおい公式サイト様ともあろうもんが安い飛ばし記事みたいなこと言ってんじゃねえよ。

ネット感想記事もいろいろ見たけど、

「いやこれ『ダークナイト』演れそうなガチ本命ジョーカーに利用されてる替え玉やろ説」とか

ガチジョーカーアーカム暇つぶしにぶっこいたホラ話やろ説」とか

「『ジョーカー誕生』っていうのはアーサーがジョーカーになったってことじゃなくて

ミームあるいは概念としてのジョーカー的ななにかの発生のこと説」とか、

いろんな話が錯綜して百花繚乱なのはとても楽しいと思います

しかし「単純にアーサー=ジョーカーだろ、覚醒できてヨカッタネ説」、テメーはだめだ。病気なめんな。


とはいえ、「現実描写の写実性が変に高くてド地雷です(誉め言葉

もうね、「やめてください死んでしまます」って感じ。いや茶化さんとやってられんわ。

あの笑い者感、笑いのツボずれてる感、シリアスシリアルに変えるドジっ子属性の笑えない感がリアルすぎて笑えない。

看板ドロボーのクソガキおっかけてて途中で滑ってこけそうになるシーン、

看板弁償しろや」言われて路地裏でダストボックス蹴っ飛ばしてて滑ってこけるシーン、

「そこ出口専用やで」シーン、

言わずもがなスベりまくるギャグのシーン、

本当もうやめてください死んでしまます

パンフ監督コメント抜粋に曰く、

「僕たちは『ジョーカーのような人間はこうして現れるのかも』という物語で、

コミックスで言う"スーパーヴィラン"の男をリアルで愛すべき人間として描きました。

から皆さんには、彼の味方でいてもらえればと思います。これ以上は無理だ、というところまで。

映画が始まる時点では、彼は有名な犯罪者ではなく、アスファルトに咲いた小さな花。

その花に、あなたは水をあげるのか、光を当ててあげるのか、それとも無視するのか。

どれくらいの間、その花を好きでいられるのか。」

とのことだが、「味方」というのが単に肯定者って意味じゃないのなら、

味方でしかいられなくてひたすらしんどい映画体験だった。

こんなん延々ダメだアーサーよせそっちはダメだ行くなやめておけあああああ」ってなりつづけてまうやないですか。

そして「わたしたちは、なぜ『ジョーカー』のようなダークヒーロー共感を抱くのか」みたいなタイトル記事に逆に引いてしまう。

いや、ワタクシが発達で(おおむね寛解したとは言え)メンがヘルってるから過剰に感情移入してしまってるのはわかってるが、

それはそれとして人が殴る蹴るされたり笑い者にされてたら

ああ痛いやろうなつらいやろうな嫌やろうな仕返ししたいとか思うやろうなって思わんか?健常者ってサイコパスでは???

まあともかく映画としては傑作なんじゃないでしょうか。2回も観たので3回目はもういいです。過剰摂取です。

ぶっちゃけ巨悪でもエネルギッシュな『ダークナイトジョーカー癒しを感じるくらいには消耗したわ。

あとなに?ニューヨークって素であん治安悪いの??コドモ笑わせるくらいよくない??

つうかカード返せや。パクるなそういう細かい必要品を。


なぜわざわざ長文書いてるの

ジョーカー』にここまで同情的な見方してしまってると身近な人間にバレたくないけど

ジョーカーに同情的でない人間からジョーカーに同情的な人間だ」と思われること自体に、

可視ながら無視できない嫌な感じのリスクがあるじゃろ?)、

この映画のこと考えてると上記みたいなことが延々頭から離れなくて家事とか勉強とかがはかどらないから。

自分とアーサーの相違点を頑張って挙げてけば100コくらいは何とか挙がると思うが、

自分が今この瞬間アーサーでない理由は「運」以外なんも無いなというこの感覚がしんどくて、いったん頭から追い出したいから。

「アーサーがジョーカーしないif」ルート一生懸命想起しては破綻させてる自分の脳ミソをちょっと休ませてやりたいから。

追記

最後の方のテレビカメラの前で演説ぶってるシーンとか、車の上に立って観衆に応えるシーンとかも、どっかで失敗したりしないかハラハラながら見てた。

わっかるー!!

物語的に超大事クライマックスシーンだからまさかそういうやらかしは発生しないだろうと思いつつ、ここで発生したらマジで目も当てられないぞあばばばばばってなりながら観てました。

舞台ゴッサムであってニューヨークじゃないしマジモンのニューヨークよりは治安悪く設定している

ゴッサムティ舞台なのは百も承知ですが、

ちょっと検索すれば掃いて捨てるほど「ゴッサムとはニューヨークあだ名の一つ」的記事がヒットしたのと、

ニューヨーク映画館では上映開始日に警官出てくるレベルの厳戒態勢取られたってニュースと、

あと自分が観たときには白人大学生だか若い社会人だかって感じのグループも来てたんだけど、終わって帰るときにテリブルリブル言ってたってのが妙に印象に残ってて、

「え、そんなリアリティあんのこの荒れっぷり…ヤバない?」と思って書きました。

良かったー現実にはあそこまでじゃないんだね!

いきなり看板パクられる気の毒すぎるピエロとかは居ないんだ!!

って思っとく!

>他のジョーカーとは別の世界線やで

いや、「世界線別だから」で片付かなくない??

アーサーがこれからどのようにジョーカー活動ができるというの??

社会に対して戦争を仕掛けるのは簡単なことじゃない。いっぺんやらかした後ならなおさらだ

バッツの誕生までもたないだろ。

例えば「最後精神病院のシーンこそが時系列的には一番最初で、カウンセラーを半殺しにして拘禁まで食らったが福祉削減もあって退院、のち本編の流れ」とか考えてみることはできる(アーサーの本質は両手に手錠状態で血の足跡を作って踊ることができるタイプ人間説)が、

血の足跡をつけて踊る人間を、定期的にカウンセリングに通って投薬を受けて仕事行って母の介助して暮らす人間に変えるための何らかの処置病院によって行われたと考える必要が出てくるので整合性を欠く(そんな都合のいい処置あるかオイ?)。

ただ、もしそうならジョーカーは見事アーカムから合法的脱獄を果たし晴れて野放しになったというオチで背筋が薄ら寒くなれるのでステキではある。

そう、アーサーにダークナイトの主演が演れないとしても、ダークナイトではない別のやつでもいいかジョーカー物語を演れるポテンシャルが欲しいし、

それがないなら、ジョーカー誕生エピソードとはちょっと言えない。

よって、解釈違いです!!!!1!!

2016-08-30

http://b.hatena.ne.jp/entry/zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160829-00008004-jprime-ent

バンドマンから…の一言で終わる話題たまたま登場人物に元好感度ナンバーワンの女が出てきただけ。バンドマンなんだから女がいて当たり前さ。特に売れてるバンドだし。むしろ付き合わない方がやり放題なんじゃ

このブコメの「バンドマン」が「バットマン」に見えた

バットマンから女がいて当たり前なのかーとかアホみたいに考えてしまった

今晩BSジャック・ニコルソンジョーカーの1989バットマンがあるから録画しなきゃ

2016-08-28

アカデミー作品賞ばかり見てる増田

おるか?

とりあえず70年代までの受賞作は見た

思うに90年代が至高だと思うわ

単純に物語性だけで選ばれているフシがある

次に70年代バリエーションが豊か

80年代は伝記物とベトナム戦争に偏ってる

90年代

ダンス・ウィズ・ウルブズ許されざる者シンドラーのリストフォレスト・ガンプ

ブレイブハートイングリッシュ・ペイシェントタイタニック恋におちたシェイクスピア

上の作品は単純に「最後に泣ける」作品なんだよな

しかもどれもこれも悲劇なんだよ

作品を上げながら思ったんだけどどれをとっても単純なハッピーエンドじゃなくて

悲劇なかに虚しさと、開放のカタルシスがあるんだな

99年のアメリカン・ビューティー以降なんか選定基準でも変わったんじゃないかってぐらい

それぐらい90年代物語に素晴らしさがある

70年代はお前なんだ、好みに統一感なさすぎだろ

スティングみたいな明らかなポップだったり

カッコーの巣の上でみたいな、アカデミー賞歴代トップクラス作品もあれば

シナリオジャック・ニコルソンがすごすぎる)

ゴッドファーザー無双してみたり

ディア・ハンターみたいにメランコリック作品を選んだり

クレイマー・クレイマーという、ダスティン・ホフマンだけで選んでみたり

時計仕掛けのオレンジが選ばれずフレンチ・コネクションだったり

なんていうか多重人格かよ

まあひとつ言えることは作品賞に選ばれた映画はやっぱり「モノ」が違うわ

2014-09-24

セクハラする女性

先日、ZIP(朝のTV番組)を見ていたら、俳優オーランド・ブルームが出ていた。

出ていた、というか、オーリーが新しい映画PRで来日していて、

ZIPファミリーと言われる、ZIPに出演している役割のよく分からない若くてかわいらしい女の子の一人が、

単独オーリーにインタビューをしているあらかじめ録画しているVTRを流していた。

普段、ただ時間を知りたいからなんとなくつけている番組だったが、私は映画が好きなので、ちょっと注目してみていた。

今回の映画で、オーリーは初めて悪役に挑戦するらしい。

私は、ちょっとまだ寝ぼけた頭で、

「そっか~。オーリーにもそういう役が回ってくるようになってよかったね~」なんてぼんやり思っていた。

そんで、今回役作りに当たって、だいぶトレーニングして筋肉をつけた、と。

「そっか~、オーリーも頑張ってるんだね~。わたしもダイエット、頑張ってるしね~。」

私もうんうん自己満足でうなずいていた。


そうしたら。

なんとそのZIPファミリー女の子、「見せてもらっていいですか?筋肉」と言った。

「は?」

ぼんやりしながらも、「何言ってんだコイツ?」と一瞬思った。

オーリーも、「は?」って顔した後、

「え、いや、それはちょっと」みたいなことを苦笑しながら言った。

それで、一瞬空気が固まった。

空気を変えようとしたオーリーは、必至に苦笑しながら、「あ、じゃあちょっと触ってみる?」とか何とか言った。

女の子は、「いいんですか~?」と言いながら、オーリーのお腹のあたりに手を伸ばしてきた。

オーリーは「え?ホントに触るの?」と言いながら、おなかを防ぎつつ腕を差し出した。

女の子二の腕あたりを触りながら、「すご~い」とか言ってた。

そこでCMに切り替わった。


私はメチャクチャ不愉快になった。

でもまだ寝ぼけていたので、何がそんなに不愉快だったのか分からなかった。


でもしばらくして、私はふいに彼女オーリーに公然セクハラしたのが許せなかったのだ、と気づいて呆然とした。

だって彼女はかわいらしい女の子からセクハラと気付かなかったのだ。

絶対あの子は、普通にセクハラにあっている。

そして適当スルーしつつ、ZIPファミリーという、芸能界において、訳の分からない立場を勝ち取っているはずだ。


え?そんな、女性セクハラって。

確かに、性暴力をふるう女性がいると知識では知ってはいたけど。

でも朝のTV番組で、生中継でもないのに放映していいのか?


私は、混乱しながらも考え続けた。

あれがもし、ジャック・ニコルソンだったら、彼女は触っただろうか?

ブルース・ウィリスだったら?

ジョニー・デップだったら?


…ない…。

彼女オーリーを侮っていて、単なるイケメンというアイコンで触ったのだ。

人格も、性格も、職業も、関係ない。

彼女は、彼にとって単なるイケメンで、自分が見たいと言えば、服を脱いでくれると純粋に信じていたのだ。


私は本気で吐き気がした。

女性なら、セクハラの気持ち悪さを知っているはずなのに。


私は気づかないフリをしていたけど、

そもそも、ZIPファミリーというのは、朝の忙しい時間視聴率を稼ぐのに、手っ取り早く若い女の子をいっぱい出しておけばいいでしょ、みたいな感じなのに。

役割のものが、朝の番組に華を添える、さわやかで個性の薄い若い女性、みたいなものなのに。

TV業界セクハラという概念はないらしい。

2013-12-22

http://anond.hatelabo.jp/20131222080647

ある調査によると「貧乳好き・どちらかと言えば貧乳好き」と「巨乳好き・どちらかと言えば巨乳好き」の比率は4:6になるらしい(巨乳好きからしたら信じられないかもしれないがそういう調査結果もあるということ)が、「ハゲ好き・どちらかと言えばハゲ好き」と「フッサフサ好き・どちらかと言えばフッサフサ好き」の割合は0.5:99.5くらいの割合ではないかと思う。

貧乳女性アイドルは掃いて捨てるほどいるが、ハゲ男性アイドルなんて、ジャック・ニコルソン先輩くらいだ。

2013-04-04

http://anond.hatelabo.jp/20130404220334

うーん、オススメした作品は、ごく普通に名作として知られる「優れた作品」だったんですけどね。

恋愛物としても有名で、かつ単なる恋愛物だけでもない。だからこそ、面白い

ちょっと聞きたいのですが、「本当に優れた作品」ってどんなのですか?

まぁ、実写なら、恋愛映画オススメなのは、個人的には「恋愛小説家」ですかね。一見、恋愛嫌いにも見える主人公小説家のメルヴィンが本当に面白い作品なのですが(しかも、演じてるのがジャック・ニコルソンなのが最高www)、これなんかもヒネリが効いてて、恋愛経験の有無には左右されない感じだなぁ。

個人的にはベタベタ恋愛だけしかないような作品は好きじゃないので、こういう選択になるのですが。

 
アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん