「調理場」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 調理場とは

2021-07-12

anond:20210711175401

自分関東バイクuber配達員をやってるけど書いてあることは概ねあってる。

配達をやってて苦労するのは屋号をいくつも持ってる店が多いこと、実店舗と全く違う屋号アプリには表示されるのではじめた当初はかなり戸惑った。お店の方でメモに書いてくれてる事が多いけど、たまに何も書いて無い事もあるので泣きそうになる。こういったご時世なので居酒屋が掛け持ちで屋号を持ってることが大半。

だいたいお酒が出せなくなる時間以降は配達のみやってるみたい。配達専門の飲食店が勃興してるのも事実、恐らくこのコロナ渦を乗り越えられなかっただろう潰れた居酒屋料理店の空いた店先を使いせかせか何人もの人達を動員して調理場仕事をしている。変わり種で畑の中にあるプレハブデリバリー専門の店をやってたことがあった、こいつは探すのに苦労した。

お客さんが正しい住所を登録してない事もある、大抵アプリバグか住所の登録ミス登録してない。メモ欄に住所を書いてある事が多いが、登録されてる住所を頼りに行くことが多いので最初配達先が見つからず迷ってメモを見て初めて気づく。

まれ配送料をゴマかす為にわざとお店の近くの住所に登録してる人もいる。また登録されてる住所と違うところで配達完了が多いと配達員アカウントがBANされるらしい、サポートに聞いてみたらそういった配達があったら逐一連絡してねだそうだ。これを読んでる人がいたらピンずれや住所の登録は後から修正できるのでやってくれると助かります

アプリバグに苦しめられるのつらいね配達したはずなのに売上に計上されてないことがあった、サポートに連絡したところ、そういった配達は一件一件詳細を報告してほしいと連絡がきた、そんなもの逐一メモしてるわけないので事実泣き寝入りだ。AIや凄い技術を使ってても結局のところ作るのは同じ人間なので間違うのよね。

変なお客さんに当たることもある、uber eatsのアプリから配達員の動向みれると思うけど、逐一道が違うとかチャットで言ってくる人とかね、Googleマップの精度はそんな良く無く、ベストルートは通らない事やマンション入り口じゃない箇所がゴールになってることはまあまああるのでそんな気にせず遠回りしてても許してね。

新料金になってuberの料金体系がどうなってるのか不明だが、短い距離配達をいくつもこなすのではなく遠い距離配達をうまくこなすこと稼ぎ方にトレンドが変わった。自分最近週に3日働いてだいたい6万くらいの売上だ、もっと働けばかせげるが、前職でメンタルやられてuberやってる身の上なのでそんなに無理はしてない。

2021-07-11

ウーバー報酬改定と、その他のもろもろ

兼業ウーバー配達員だが、いろいろ最近思ったことをダラダラ書く。

一応、登録して2年くらいになるかな。

23区内で稼働。

使ってるのは電動自転車

レンタルではなく、もともと乗っていたのでプライベートでも割と使ってる。

空いてる日は昼飯時と、晩飯時に6時間くらい走って、1万円台で稼ぐこともある。

逆に、空いた一時間にほんのちょっとだけ配達やる日も。

一応、満足度98%(直近100件でグッドかバッドの評価をした飲食店とお客さんの評価で算出される)なので、ちゃんとやってるドライバー評価されてるのだろうと思う。

さて、ウーバー報酬だが、改定以前は、料理を受け取っていくら相手が無事受け取っていくら距離の従量料金がいくら、と割合明確だったのが、改定されて基準不明確になったのは事実である

ただ、今回の改定にも良い点があって、以前は“飲食店から客のところまで”の距離しか報酬に反映されず、たとえばマック地蔵してそこから2キロ配達したよりも、2キロ走ってマックに到着して1キロ配達したとき報酬が少なかった。

これでは地蔵が増殖するのも当然で、今回の改定に、世間に評判がはなはだ悪かった“地蔵対策”が含まれているのは明確だろう。

あと、スマホリクエストが来るとき飲食店配達先の場所と概ねの移動距離報酬概算が提示されるようになった。

うまく稼ぐには、これを瞬時に判断してリクエストを受けるかどうか判断する能力がモノを言うようになったと思う。

体感だが、事前概算で提示される距離はおおむねそんなにズレてはいないように思う。

ただ、どうやら自動車ルート基準距離判断してるらしく、“あ、これ自転車公園抜けちゃえば近いじゃん”というときは、得することもある。

まあ、時々、これ安すぎじゃね?というリクエストが出ることもある。暇なときは受ける

たまたま今日、そういうリクエストがでて、まあ反射的に受けてしまったのだが、実際配達し終えてみると、最初の概算より実際の報酬100円くらい高くなっていて、バグがあったり、あまりに変な数字提示してしまったとき補正したりは一応やってるようではある。

(普段は、リクエスト段階と実際の報酬は1円くらいしかズレない。自分はまだ、概算より実際の報酬が大幅にさがったことはない。実際あるのかどうかもよく知らない)

あと、報酬改定後、やたら店で待たされたことがあったが、そのときは事前の概算より報酬たかくなっていて、一応そのへんも補正はしているようではある。

(ウーバー説明によれば、今回の改定では事前の概算より配達時間がかかったりする場合報酬に反映されることになっている)

あと、時間帯その他による需要のあるなしは、報酬計算に反映されているようには感じる。

自分は、23区とはいえかなり外れのほうに住んでいて、家の近所でやるときと、山手線付近都心に出るときがあるのだが、稼ぎは全然違う。

都心だと“ピーク料金”が加算されることが多いのだが、それ以前の、ベース報酬もやはり高額に算出されているように感じる。いや、精密に検証してないので、“感じる”だけかもしれないが。

ピーク料金が適用される地域アプリ上に色がつく(界隈では染みとよぶらしい)ので、みんなそこを狙って移動するわけだが。

まあ体感としては、頭のいい人たちがAIつかって、より合理的計算方法模索してるのかな?とも思うし、配達員目線では“効率的に稼ぐメソッド”か変化したかなとも思う。うまくやってる人はそんなに稼ぎへってないだろうな、とも。

とはいえ、“なにを根拠報酬計算してるのか判りにくい”のは、やはり不信感があって、現状では配達しているのが人間である以上、人間理解できる計算ロジック提示しないと、いろいろギクシャクするだろう。

これが、自動運転の車やドローン配達するようになれば、そんな必要もなかろうが。

先日、明らかに計算おかしいのでは?という事例があって、サポートネットで連絡した。

これは、ヘルプページから連絡フォームを呼び出して、配達報酬の記録のスクリーンショットを添付して…と、なかなか面倒いのだが。

起こったのはこういうことだ。

最初リクエストを受けたあと、お客さんから、“〇〇まで配達してもらえますか?”とメッセージがきたのだ。

最初リクエストより明らかに遠くまでの配送依頼である

これは、対応してグーグルマップ検索すれば配達可能だし、予定より遠いところまで配達すると通常は報酬に反映される。なにしろGPSで移動を管理してるのだから、そんなの簡単にできるはずなのである

ところが、このとき最初提示された概算報酬より実際の報酬額が少なかったのである

移動距離見積もりより明らかに長くなったのに、安くなるのは納得いかん!と連絡したところ、結果、1円だけ追加で払ってきて“なお計算の詳細については開示できないのでご容赦を”と言ってきた。

なんだかね。

(実は、このお客さんは配達先を変更したのを申し訳なく思ったのか、チップくれたのでもとは取ってるのだが、それはまた別の話)。

あと、これは報酬計算とは別なのだか、先日こんなことがあった。

店で商品受け取って動き出した直後、アプリ配達先の情報が表示されなくなってしまったのである

あれ?なんか余計な操作しちまったか?と慌ててサポート電話したら、“時々起こるバクで、同時に複数配達員のところにリクエストが飛んでしまい、別の配達員が取りに行ってる”というのである

なんだよそりゃ。

サポートの兄ちゃんは、“商品を店に戻してくれ”という。おいおい。

わず“タダ働きですか!”といったら、“あとから移動分はお支払いを…”といっていたが、これ、すぐにサポート繋がったからいいようなものの、繋がらなきゃ(実際、繋がりにくいことも多いらしい)配達員は途方にくれるし、客はなかなか商品届かなくて途方に暮れそうだが。

実はこのバグと思しきもの、以前も遭遇したことがあった。

いや、そのときは何が起こったのかよくわかってなかったのだが、配達しようとしたら配達先が消えてしまい、このときサポート10分くらい電話つながらず、しかも夜で取りにいた店はもう店じまいな感じで、途方にくれた自分は預かったタピオカミルクティは飲んでしまった。

その後、運営含めだれからも何も言ってくることもなく。また客にカネ返してむりやり解決したんかなあ?

全体としてウーバーは何もかも走りながら考えて、トラブルあったら金払って解決してる極めてアメリカ的な会社なんだろうなあと思う。

それがいいか悪いのかは別として、そういうノリが、今の世の中では強いのだろうな。

ついでにあと一つ。

ウーバーを始めとしたデリバリー専門の店は、どんどん進化しているようである。いくつもの屋号を持ち、液晶画面に何件ものウーバー出前館配送員むけの割当番号が“調理中”と“配送準備完了”にわけて表示され、若いちゃんパソコン見ながら調理場と配達員を仕切ってるような店が都内はいくつも存在する。

一方で、“あれ、こんなところに「チキン南蛮専門店」なんてあったっけ?”と思って配達員向けの注意事項よんだら、実店舗は某カラオケボックス大手だったり。

あと、この店いくつもあるなあと思ったら、全部実店舗は違う名前で、経営苦しい飲食店向けにサブブランド提供するビジネスもあるらしい。

まあ、コロナが収まって食品デリバリーがどうなるのか分からんけど、“持ってきてくれる便利さになれた消費者”と、“立派な店構えなくて飲食ビジネスにできるんだよ環境うまいこと稼ぐ経営者”は、そんなにいなくならないように思っている。

追記】補足書きました。anond:20210712212330

2021-07-04

食洗機は素晴らしい

食洗機は素晴らしい

食器洗い目的は畢竟「食器を清潔にし、食中毒を防ぐ」ことにある

熱湯と強力な洗剤を扱える食洗機は非常に有効な消毒方法であり、これを活用するに如くはない

そも、シンクは水場である。水場には当然水気がある。菌は水気を好む。シンクには菌が宿る

シンクはモノを清潔にするための場所でありながら、生活圏内で最も不潔な場所となりうる矛盾した場所なのだ

人間食事に際して人間との直接的接触がある食器に求められる機能は、第一に清潔、第二に機能である

であるならば、やはり我々は食洗機を使わざるを得ない

この安全安心は何事にも変え難い

全ての食中毒を悪み、撲滅せんと日々立ち向かう調理場戦士たちの大きな武器になる

ああだから君よ、どうか買ってくれたまえ

君の安全より高いものなどないのだから

2021-03-31

私はテレワークに向いてました、という話


家にいられてよかった

約1年のテレワークを経て、弊社は引き続きテレワーク安心したというのが率直な気持ちだ。

同僚は悪い人ではないけど、自分は度々のスモールトークに疲れてしま気質。社内チャットぐらいのやりとりの方が気持ちが楽だ。

家でラジオを流しながら仕事をして、気分転換ストレッチをしたり窓をあけて換気したり、とにかく気ままにやれるのがいい。

身体的に支障がないのは、自宅にまあまあなワーキングチェアがあったおかげかもしれない。

仕事量は少し減ったような気がする。ここ1年で残業ほとんどしてない。その点だけは業界が先行き不安ではある。

から晩まで健康

自分は朝弱くていつもギリギリの出社になるので、もう何年も朝ご飯は抜いていた。

テレワークになってから通勤時間朝ごはん時間にあてられるようになった。

ヨーグルトちょっとだけシリアルを入れたものとか、果物だけとか、ちょっとだけ食べるようになった。それだけで心も健康になれた。

コーヒーも朝から豆をひいてたっぷり入れて午前中にごくごく飲む。最高。

ランチ時間になると近所のキッチンカーテイクアウトのお店までいく。

散歩がてらコーヒーさんまで足を伸ばして食後のコーヒーを買う。

夕飯はもちろん自炊。以前まではよく仕事帰りにすき家とか食べちゃってたので自炊できて本当嬉しい。

ふたりの部屋で

毎日夫が隣で仕事をしている。

時々愚痴ったり、ラジオに合わせてきままに歌ってみたりして良い気分転換になる。

仕事が終わると一緒にスーパーへ行ってからおじいさんは調理場へ、おばあさんは洗濯へ(もしくは掃除へ)みたいな感じで過ごすので日々QOLがブチあがる。

今までどれだけ会社家族との時間を奪われていたのかと思う。

楽しい1年だった

テレワーク恩恵を受けたのは間違いない。

1日の大半を家族や大切な人と過ごせるのが幸せすぎる。

コロナのせいで仕事に余裕が出たこと、同居人がいること、部屋がワンルームではないこと、もともとインドア派で人付き合いが苦手なこと、が良く作用してくれた。

正直アフターコロナ憂鬱で仕方がない。

2020-12-26

中野さら無駄に停まる

中野駅は、千葉から三鷹市を結ぶ総武線や、山梨大月まで伸びている中央本線の中継点になっている。ふだん通勤新宿駅阿佐ヶ谷駅あいだ(つまり総武線のほんの一部区間)を毎日行ったり来たりしているだけの私には、中野は少しイラッとさせられる駅だ。停車時間がいつも長いからだ。中野駅電車がいったん着くと、ドアを開けたまま、再び走り出す気配すらない。思い出したように電車が再び走り出すまでの間、乗客列車の中で押し黙っている。

乗客の忍耐を承認と受け取ったのか、国鉄中野駅での停車時間を少しずつ延長しはじめたみたいだった。

2分間停車とアナウンスはいっているのに、それより長く感じる。たぶん自分が焦っているだけだろうと思い、最初の頃は気に留めなかった。数日後、やっぱり長いなと思って時計で計ると、5分を越えていた。それから日ごとに中野での停車時間は長くなっていき、20分を越えた頃にはさすがに乗客ほとんどが異変気づきはじめた。停車時間が2時間を越えた頃にはもう国鉄は隠すこともしなくなった。これから2時間停車する旨アナウンス流れると、乗客は全員降りていった。

中野毎日2時間電車を待つのはそれなりに大変だったが、しだいに慣れた。電車待ちの客をあてにした商売中野駅の周辺で増えて、時間を潰す場所には困らなかったからだ。駅前広場パブリックハンギングで人が首にロープをつけたまま落下するのを眺めたり、うずら園へ行ってお茶を飲んだり卵を拾ったりしていると、それなりにしのげた。

停車時間が2日間になったときには、もっと腰を据えて時間を潰さなくてはいけなくなった。それだけ時間があるなら歩いて阿佐ヶ谷へ帰ろうかとも思ったが、検問が行われていて中野から西へは自由に行けなかった。これほど長く乗客中野に留め置くことは疫病対策になにか関係があるらしかったが、詳しいことはわからなかった。

なんにせよ2日間は長い。食料を仕入れて寝る場所を探そうと思い、とりあえずブロードエイに行った。その名のとおりブロードエイはとても広く、20〜30mくらい幅がありそうな道路の両端にはかすかに黄色い葉を残す銀杏が並び、樹の下には雑多な屋台が出ていた。植木屋金物屋肉屋魚屋おでん、綿あめ、射的、大人のおもちゃ根付オーディオ用品、型抜き、スマートボール骨董品、ありとあらゆるものがあった。

道路脇にプロパンガスボンベを持ち込んでソーセージを焼いていたので、2本買った。真冬でも麦わら帽子かぶったおばさんが、ちぎった生のキャベツ、青い唐辛子と一緒に小さなビニール袋へ入れてくれた。この辺でどこか安く泊まれるところはありませんかとついでに訊くと、最近電車待ちの人向けにキャンプ場ができたよと教えてくれた。

キャンプ場はうずら園の裏手にあった。入口で受付を済ませると、カーキ色のテントと寝袋を借りた。米も売っていたので買った。調理場にたくさん積んである飯盒を借りて米を炊いているうちに日が暮れた。

暗くなると一気に寒くなった。このまま寝られるかどうかもわからないほど寒かったので、斜め向かいテント前でやっている焚き火にあたらせてもらった。そこにいたのは自分と同じくらいか少し上の年頃の男性で、柔らかい物言いのわりに目の奥の光が鋭かった。焚き火の上で沸かしていたお湯で焼酎を割って飲ませてくれたので、自分ポケットに入っていた南部せんべいを渡した。

これから毎回、西に向かおうとする度に足止めを食らわせるつもりなんですかね、国も呑気なもんですね、などと話し合っているうちに私たちは打ち解けた。国分寺に住むミヤシタさんというそ男性カメラマンで、戦場というよりは紛争地帯取材を専門にしているらしく、数年前、パキスタンからアフガニスタンへ入った時の話をしていた。自動小銃を持ち、黒い布で顔を覆ったタリバン兵士が乗るピックアップトラックについて村を、学校を周って子どもたちを撮影したこと。片目のない子、腿から膝にかけて爆撃の痕で肉がえぐれたままの子が珍しがって寄ってきたこと、阿片栽培関連の場所は一切撮影を許されなかったこと。暗闇の中で炎を眺めながらそんな話を聞いていると、自分東京にいることを一瞬忘れた。

テントに戻って眠りについたものの、寒さで目が覚めた。寝袋が冬用なのかどうかわからない。奥歯がガチガチ鳴るのを自分では抑えることができなかった。このまま横になっているのに限界を感じて外に出ると、空がかすかに明るくなり始めていた。バラックトタン屋根が、木が、電柱が、金色紫色の混じった光から現れてきた。今日一日をどうするかはまだ決まっていなかった。

2020-09-21

anond:20200921093849

シェフが怒鳴り散らす調理場からおいしい料理は生まれない」

全員追っ払って、

シェフが1人ですべてやるのがいちばんうまい

情報を食ってるってあるよね

「ヤツらはラーメンを食ってるんじゃない。情報を食ってるんだ」(ラーメン発見伝)

これってマジであるよね。

昔「剛腕コーチング」なんて番組があった。

プロ素人技術を教え、スタジオ素人どうしで競わせるって番組審査員MC陣、プロ数人、観客数百名みたいな感じ。

大体こういう番組料理対決の先生役は、一方が普通料理人で、もう一方がとんでもない頑固オヤジ料理人。

普通料理人のほうは普通に進んでいくが、頑固オヤジのほうは罵声を浴びせながら(最悪手も出す)進んでいく。

番組では素人の成長過程も見せるため、そういう場面もガンガン見せていく。

そして、スタジオ調理していざ実食、ってなったら、

(やはりAさん(頑固オヤジに育てられたほう)の料理は美味いな!)

(Bさん、いまいちだな…やっぱAさんでしょ!)

みたいなバイアスがかかるんじゃないかなと。あれだけ厳しくやったんだから美味いに決まってる!みたいな。

かわいそうだから票を入れてあげようとはまた違う感じ。

そんなシーン見せて飯がまずくなる人もいるだろうと思うが、そこはテレビの腕の見せ所。飯がおいしくなるように見せるのだ。

まり、頑固オヤジの経歴紹介で「たたき上げ」「苦労して育った」「必死に食らいついて生きてきた」みたいな紹介をする。

素人がへばって泣いている場面で、頑固オヤジが思いを語って、素人がエーンエーンと感動の涙を流して、いい場面を作る。

頑固オヤジ病気持ちだったら効果上昇。「命を懸けた全身全霊の~」みたいな展開にも持ってける。

大体こういうのを見て、「そんな綺麗事ー」みたいに思う人は少ないだろう。

テレビ前では否定していても、スタジオで見せられたら、周りのそれって素敵やん雰囲気にのまれていい話だなーと思ってしまう。

それで、審査するときには情報というふりかけがかかってよりおいしく感じるんだろう。

途中の取れ高がなくなっちゃうけど、そういった前後関係見せないで作りましたハイ実食!だとどうなるんだろうね。

なーんか罵声があったほうがよさそうみたいになりそうだけど、実は教えた内容自体に差はなくて、方法罵声があったかなかったかぐらいだったら、本当にフラットになりそうだよね。

剛腕コーチングはいろいろな種目で対決があったけど、料理に限らずいろんなところであると思う。

情報ギター演奏を上手く見せ、ダンスを上手く見せる・・・という感じで。

ちなみに、「情報を食ってる」は科学的に証明した番組nhkである

https://togetter.com/li/1474698

より美味そうな料理名のほうが美味く感じるって。

個人的には土井善晴先生のこれ推したいです。

シェフが怒鳴り散らす調理からおいしい料理は生まれない」

2020-08-05

ガス業者から6月末の点検時に調理場のガス管の腐食を指摘され、交換を促されていたことが5日、捜査関係者への取材で分かった。

ガス配管が短期間で腐食していたとすれば、漏電もしてた可能性がある

絶縁測定してなさそう

2020-07-20

コロナで自社業界が無くなった

いろんな業界コロナで大変だと増田悲鳴が上がってきているけど、ウチも中々に大変なんで書いてみる。

当方しがないケータリング業者会社歓送迎会やレセプションパーティなんかを中心にやっていたんだけど、2月から売上がゼロ年始の時には定期のお客さん含めて6月くらいまで毎月10本弱の予約入ってたんだけどオールキャンセル。その後の新規ゼロ。どっかのホテル業界が90%減少って言ってたけどウチは100%減少。

3月ぐらいの時は正直、秋くらいには落ち着くかなと思っていた。自社サイトリニューアルしたり、調理場改装したり、(お金にならないけど)営業がてら個人宅向けの出張ケータリングしたり、慣れないYoutubeなんかも配信したりもして「コロナは仕込みの時期!」ってやってたんだけど、もう無理。

今年の仕事はおそらくゼロ来年もこの調子だとワクチン重症化予防薬できるまでゼロ。多分、この仕事自体が数年間は(一旦)なくなる。

幸い専従スタッフも食わせる家族も抱えていなかったので、調理場の維持費用だけで済んでるから何とかなってるけど、社員を抱えている人は本当に辛いだろうな。去年結構がんばったので今年は社員を入れて拡大しようかなと思ってた矢先で、本当に良かったんだけど悲しい。

まあでも、死んだものを悲しんでも帰ってこない。気持ちを切り替えて新しいこと始めるしかないと、色々と手を打ち始めた。そうしたら、今は新しいこと始めるチャンスだと気づいたんだよね。

政策金融公庫商工会議所コロナ特別融資などで、お金を借りるのが過去最高に楽。事業転換用の補助金もある。店舗物件オフィス物件コロナ倒産でここ数年では出ないような優良物件が空き始めてる。スタッフもそう。業界にもよるけど、若いから熟練技能者まで求職者が増えている(特にウチの飲食業界はシェフが超仕事探ししてる)

もうね、これから10年先まで見ても今ほど新しいこと始めるべきタイミングはないんじゃないかな。もちろん手元の現金を減らすリスクは恐ろしいけど、今まで勝ってきた人たちの牙城が崩れてるから挑戦者にはきっと追い風だと思う。今、事業計画書とか書いてて起業した時と同じくらい、ワクワクしてるんだよね。

いろんな業界阿鼻叫喚の声が上がっているけど、うまく事業縮小したり事業転換したりして生き延びて欲しい。そんなことは、もうわーってるよ!!って思うかもしれないけど。

2020-06-03

今だから言うけど「パラパラチャーハン」っておかしくない?「バラバラチャーハン」ならわかるよ。パラパラって、なんだよ。こいつの住んでるとこでは、チャーハンが降ってくるのか?本日は晴れのち、夕方から一時チャーハンでしょうみたいな。違うだろ?




論破

チャーハン作るおじさんがパラパラ踊ってたら調理場大惨事だろ?はい論破

チャーハンはお玉でギュッとされて皿に盛られるだろ?それをレンゲですくうとバラバラになるだろ?じゃあバラバラでいいよね?はい論破

ポアロメニューチャーハンはないだろ?はい論破


ほらかかってこいよ!!!俺がギトギトのバラバラにしてやる!!!

2020-02-20

コメ調理に30分ようするところ

パンなら5分で終わる

調理場が狭ければパンを焼けばいいじゃない

語源

anond:20200220093801

皮肉抜きに自分自身の将来のことだから考えておけよ?

次世代がなんとかしてくれるとかカスの発想

せやからゆうたやろ?中途採用で見たシニアは元バンカーの60歳だけ、国に守られている士業以外は厳しいのでは?ってな

滑舌が良いうちはコールセンターならワンチャン???

でもこれすら75歳まで出来る仕事だとはとてもとても思えない

とはいえ肉体労働を年取ってやるのは現実的ではなくとも、最低限の備えはしないとな

適切な体重と筋力の維持

投資以外に正解は無いぞ?

肉体労働はジジババがやれる程度の労働とやらじゃ無いぞ。出なくば腰も膝も壊さな

あるぞ。足腰を壊しても無理矢理会社へ来ていてとても見ていられなかったぞ

現場の人曰く、

若いうちからやっていると身体に蓄積されたダメージでああなる

年取ってからいきなり張り切ると加減がわから身体を壊す

じゃあ、どのみち詰みじゃん?に対して、

『そうだね。でもデブじゃなくて身体に気をつけてなおかつ運がよければ大丈夫から』だそう

ぜひ、祈ってくれ

それは結構なことやな

背筋と腹筋がしっかりしてるってことやん

ちなみに勤務状態ってのは、清掃と調理場な?自社でじいちゃんばあちゃんを直雇用しとったんやで

警備は委託だったから知らんけど普通に考えて足腰への負担は大きい

警備員 足腰 でググってみると良い

2020-02-17

ここ10インフルエンザにかかっていない

からコロナウィルスを過剰に恐れる気持ちがわからない。

身の回りの清潔を保ち、食事前・帰宅後の手洗いうがいを徹底していればマスクなんてつけなくても風邪を引くことはめったに無い。

夫婦共働き子供幼稚園小学生

子供はいま爪を噛む癖が真っ盛りなため、1シーズンに1回は風邪を引く。

風邪を引いて弱っているときに、慰めつつ、爪を噛むことが原因だと言い聞かせているので少しずつ減ってはいるが、油断すると噛む。

そのような状況で身近に風邪を引いたりしている存在があっても、自分自身風邪を引くことはまずめったに無い。

マスクなくても大丈夫

みんなしっかり手洗いうがいをしよう。

外食するときも、無闇矢鱈にその辺を触らず、さわっても直接手で触れてものを食べたりしないで、加熱されているものを箸で食べる。

外出したくないからってデリバリーなんて調理から食事までの間に時間がかかるものを頼むのはもってのほか

その間どんな保存状態で、調理場や配達員衛生状態なんてわかったものではない。

加熱に勝る消毒なし。常温保存に勝る危険な状況はなし。

2020-02-13

anond:20200213003845

それは結構なことやな

背筋と腹筋がしっかりしてるってことやん

ちなみに勤務状態ってのは、清掃と調理場な?自社でじいちゃんばあちゃんを直雇用しとったんやで

警備は委託だったから知らんけど普通に考えて足腰への負担は大きい

警備員 足腰 でググってみると良い

2020-01-16

anond:20200116145746

変なホテルとかだとR2-D2型のPepperくんが給仕しとるらしいで。

調理場にもPepperくんがいたら完全に人レスレストランになるやで。

2019-12-03

個人飲食店(ラーメン屋)で食べたけど、その後から食欲がガクッと落ちた

今まで普通に美味しく食べていたし、時々凄く料理が美味しいお店に出くわすので

個人店も好きだ。

先日は旦那と一緒に食べに行った。

中華系の定食屋さんだった。

丁度散歩していた途中に立ち寄り、11時5分だった。

開店したばかりにお店に入ったようで、調理場に立つおっちゃん1人、慌てて降りてきた人1人、

5分くらい送れておっちゃん1人が来た。

店には写真Lサイズ女性イラストがたくさん飾ってあった。

リアルな裸体イラストが真横にあったけど、「ほえー」くらいに眺めた。

最初から居たおっちゃんは、バンダナをしていた。清潔感溢れてた。

慌てて2階から降りてきた1人は、髪の毛ボサボサでとりあえずのエプロンを着用していた。

私は餃子定食を頼んだ。旦那ラーメンチャーハン、大盛りで。

待ちに待った餃子が到着!

餃子おいしい。卵スープ美味しい。付け合せのもやし……まぁまぁかな?

食べている最中にボサ髪おっちゃんが「サービスです」とヤクルトをくれた。旦那にはくれなかった。

旦那は「俺には無いんっすか!?」と笑いながら言っていたけれど、

ボサ髪おっさんが「女性子ども向けのサービスでして、へへ。孫と一緒に来たおじいさんとかも良くそういわれます。へへ」と返す。

こちらとしても気まずいから、来た人全員にくれないのであれば本気でそういうサービス要らないと思う。

他のラーメン屋さんでもあった。そのお店は杏仁豆腐デザートにくれていた。本当に気まずいからやめて欲しい。

女性だけで来た」とかそういうパターンのみ出すなど臨機応変にしてくれないかな。気まずいから。

餃子美味しい!と食べていたら、ご飯に髪の毛が練りこまれているのを見つけた。

長さ、太さとして私のではない。ボサ髪おっさんだろう。「うげぇ」と食べる気力がそがれた。

ご飯にうっかりはいっちゃったならまだ分かる。よそっている最中に練りこまれた感じになっていた。

ご飯の米粒に異様に絡み付いていた。取り除きつつウゲェとなって食べれなくなった。

外食して残すのが嫌いな旦那にも伝え、残す旨を伝えた。店員さんには伝えづらかったので何もしなかった。

気を取り直して、付け合せのもやしを食べた。

………そこにも髪の毛が入っていた。完全に私のものではないものが。

これもまた、よそっている最中に混ぜ込んだような感じだった。気色悪かった。

皿の底にある、皿のフチにある、料理の上にあるならまだ分かる。

付け合せのもやしを盛っている最中に髪の毛を入れたかのように入れた感じなのだ

例えるなら、よそっている最中に髪の毛落ちてはいったけど、勿体無いからそのまま提供した感じ。

餃子定食にあった器は、「餃子」「スープ」「付け合せ(もやし)」「ごはん」の4品。

そのうち2品で髪の毛が練りこまれることって普通ある?

餃子は2個だけ食べて断念(旦那が食べるというのであげた)、付け合せとごはん一口くらいしか食べてない。

スープだけは全部飲めた。幸いスープには毛は入ってなかった。

旦那が食べた品には幸い毛は入ってなかったようだ。

うそのお店には2度と行かない。

Googleマップにも載ってないお店には行くべきじゃないというのが良く分かった。

その後から食欲が無く、2週間で3kgも痩せた。

ご飯を食べるときに必ずフラッシュバックして、自分で作らないと食べれない。

まぁ、ダイエット成功だなぁ。

2019-11-24

出前のネットサービスで出現したEvil会社TGAL

http://tgal.jp/

専門店を名乗る店を名前買い(自分なんちゃって専門店を作り)

その商標をを名乗って、ファミレスレベルの簡易調理複数専門店を同一住所、同一の調理場で名乗らせることを可能にした会社

2019-11-05

キャンプだほい!

キャンプだホイホイホーイ

キャンプがしたいほい〜マシュマロ焚き火で焼きたいほい〜

道具はなんかテントとか、調理場テント?とかお家あるからなんとかなるほい〜

だがしかし一緒に行ってくれそうな友達がいないほい〜〜〜

2019-08-28

丸亀ぶっかけ

前の調理場でお玉で梅雨の入れた時代のほうが梅雨の味がよかったな

2019-08-20

[] #77-2「コラえて地獄

≪ 前

その後 何とか案内を引き受けてもらう

マスダくん:近場で紹介するんだったら ここかな

まず やってきたのは駅から直通の「アルブス・オーク」というオフィスビル

1階から3階は一般人向きのショッピングモールとなっている

――名前の由来とかはあるのかな?

マスダくん:ファンタジー物とかで出てくるオークからじゃないの? アルブスはよく分かんないけど

ミミセンくん:オークは植物の種類で アルブスはラテン語で“白”って意味 つまり白いオークの木をイメージしてるんだろうね

――へえー よく知ってるね

ミミセンくん:いや、入り口の案内板に書いてあったし

実際 辺りを見回してみると オフィスビルにしては随分と植物が多い

無機物の塊に融和している様は何とも不思議光景

タオナケちゃん名前は分かったけど、白いオークの木をイメージしたなら ビル自体も白くすれば良かったのに

マスダくん:それに何でアルブスとか ラテン語から引っ張ってきたんだ

ミミセンくん:さあ それは案内板にも書いてないね

タオナケちゃん:私の推測だけど 作った人はそこまで考えてないのよ

地元の子から やたらと粗探しをされるアルブス・オーク

――えーと あのオブジェは何かな?

シロクロさん:知らん! 知ったところでどうする!

ミミセンくん:そういえば よく分からいねアレ

タオナケちゃん:私も分かんないけど そもそもからないことの方が多くない? ああいうのって

マスダくん:まあ 確かに

結局 謎のままにされるオブジェ


アルブス・オーク内を回っていると 丁度お昼の時間

――そろそろ お腹が減ってきたね どこか美味い店ない?

ミミセンくん:それはあなたの好みにもよるし その時々によって食べたいものも変わってくるでしょ

マスダくん:オッサン そういう投げやりな質問しか出来ないわけ?

――えーと……じゃあ 君たちがよく利用する店はどこかな

タオナケちゃん:私 逆に聞きたいんだけど それは“この建物内にある店”って意味

――えー そうです……

マスダくん:だったら「初めての調理場」かな

ミミセンくん:ハンバーガーはもちろん サンドイッチパスタを取り扱っているのがいいよね

タオナケちゃん:私もよくいくけど ハンバーガーなら押忍バーガーのほうがいいわよ

マスダくん:そうかあ

――あの それって チェーン店だよ ね

マスダくん:は? チェーン店の何がダメなんだ

ミミセンくん:下手な自営業やってるとこより 企業努力のほうが遥かに強いよ

――観光で来たんだから どうせなら地元ならではの店がいいかな~って

ミミセンくん:そういうことは最初に言っておいてくれませんか

タオナケちゃん:さっきも言ったけど 後になってから条件を追加したりアレコレ言うのやめてくれない?

マスダくん:ほらな 雑な質問するから こういうことになるんだよオッサン

――はい……以後 気をつけま

次 ≫

2019-08-02

anond:20190802230315

ちゃうねん おまえも調理場にいたらわかるねん

子供テレビみせててこっちは全裸調理したいんじゃ

「熱い○○!今人気!」みたいなこといわれてもんなわけねーだろという殺意しか感じない

2019-07-28

[] #76-1「車道シャドー

俺の住む町は田舎ってわけじゃないけれど、控えめに言ってマイナー、はっきり言えば中途半端なところだ。

観光街ってことにはなってるけど、それ目的の人なんて滅多にこない。

それでも年に1回くらいのペースで、ガイドブックの流れに逆らって上陸してくる人間もいる。

如何にも「色んなところを長いこと旅してます」って見た目のオッサンだった。

背中リュックは大きく膨らんでいて、後ろから見ると上半身が隠れるほどだ。

何をそんなに詰める必要があるのかと何気なく眺めていたら、本体と目が合ってしまったのが運の尽き。

この町の名所、穴場がないかと聞かれてしまった。

観光客向けの名所は無いに等しい町なので、正直なところ「ない」と言ってしまいたい。

それでも俺と仲間たちは“おもてなし精神”ってのと、地元に住むプライトでもって案内してやることにした。


例えば、ここ「アルブス・オーク」っていう大きいビル

名前だけ聞くとファンタジー香りが漂ってきそうだが、実際は樹の香りがする。

ここでいう「オーク」ってのは植物のことで、「アルブス」はラテン語で“白”って意味

まり白いオークの木をイメージした建物ってわけ。

難点は一般人が利用できるのは三階までで、上は賃貸オフィスとかで使われていること。

あと、ビルが白くなくて、形は普通に四角いってところか。

地域名産でもない木をモチーフにした理由も聞かないでくれ。

そのあたりを気にしなければ良い場所だ。

通路上には、オークらしき木が一定間隔で陣取っていてバランスがいい。

どこかの芸術家が作った意味不明なオブジェもあり、ポイントは押さえてある。

二階のショッピングモールには、駅から直通でいけるエリアが設けられていて移動が楽だ。

その他にもスーパー銭湯ボーリングゲーセンなどが一通り揃っている。

レストランも和洋中あって選り取りみどり

個人的によく利用するのは「初めての調理場」っていうファストフード店かな。

それ以外だと、蕎麦屋の隣にある店も面白い

周期的にコロコロ変わるので、住人的には見ものだ。

多分あのテナント、呪われてるんだと思う。


後は、無駄にオシャレな見た目の火力発電所、風が吹かない地域なのに建てられた風力発電所

新興宗教教祖がよく演説している広場、変な奴らが住んでいる廃墟みたいな家。

そんな調子で、俺たちなりの名所ってのを思いつく限り紹介していったんだ。

だけど、オッサンの反応は終始イマイチだった。

「こういうのじゃなくて、もっと文化的に、歴史的に意義のあるものが見たい」と言ってくる。

俺は、こんなところにいきなりやって来て、そんな意識の高いことを求めてくんなよと思った。

歴史を知りたきゃ図書館にでも行けばいい。

それを言葉にしなかったのは、ここまで案内してきたからには途中で放棄するのは嫌だったからだ。

「俺が物心ついたくらいの頃に、車の博物館とかはあったけどなあ」

その博物館ドラマ撮影とかでも使われて有名で、俺たちが名所と断言できる唯一の場所だった。

だけど町の小さな博物館なんて、滅多に人は来ない。

俺ですら数えられる程度しか行ったことないから、推して知るべしって奴だ。

から、せめて博物館についての思い出話をしようと思った。

「車の博物館……うん? 車……道路……信号機

だけど車繋がりで、ふと思い出したんだ。

この町を象徴する、とある信号機のことを。

次 ≫
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん