「地域振興券」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 地域振興券とは

2017-01-27

http://anond.hatelabo.jp/20170127154435

あのねーお馬鹿ちゃんは馬車の時代経済学しか知らないのかな、そのコストのために税金は上昇するわけだね、消費は減るね、その分市場が縮小するわけだ

それに大学生がたくさん増えても高等労働市場のおける制約は対して変わらないので底辺労働市場に落ちぶれるヤツがいるように、それはムダというものだよ、君の理屈はすべて都合の良い空想

税金が上昇ってwwwww

税金を増やすための施策なのに税金が増えるからおかしいってwwwww

…まあ、増田がどういう理解を持っているのかは把握したわ。

ま、増田はずっとそれでいいんじゃない

一応説明しておくと、経済対策において税金を原資としてヘリコプターからマネーをばらまくのは超ごくありふれた一般的効果のある手段

ただし、ヘリコプターから金をばらまくだけだとドナルド・トランプみたいな背の高いビルに住んでる人が網をかけてしまえば一人で一気にばらまかれたお金をかっさらってしま可能性があるので、

それだと効果が低いというところで<より効果的に金をばらまくためには>ってことがよく検討されるわけな。

その一つの施策地域振興券ってやつ。満遍なく人を頭に撒けばまあそれなりに効果はあるよね。

そのばらまかれた地域振興券によってカップヌードルを大量に購入された結果、日清食品は売り上げが上がって国に支払う税金が多くなって、ばらまいた分の費用は回収されるよな?

単にそのレベルの話なら中学生でもやっとるやで。もっとレベルの高い話しようや。

2016-12-26

[]

結局まだ4R続けてる

修羅いたかったけど条件厳しそうだしなあ・・・でもとりあえずちょっとだけやってみて無理だったらあきらめるか

くらいの感覚にゃんこ探しにいったら斧もどきイノセントルートの90階でぽろっとでた

でも地域振興券がない・・・と思ってたら不思議な小部屋を確実に出せる方法があったからそれで何度もリトライして出した

んで修羅だすために必要な裏面もwiki参考にしてさくっとクリアして修羅開放

何日単位でかかる人もいるらしいから運がよかったほうだと思う

その後修羅練武4やったら1回で9999になってワロタwww

転生がクソはかどるわ

攻略時はクルルっつう攻略サイトで、転生によるステ底上げよりもアイテムあげるほうが効率いい、ってかかれてたけど、

4だと1回転生すりゃATK10万ずつ増えてくから割とそんなことない感じする

プリエレベルアップ時にATK3割り増しってのもきいてた

まあトラペ入手後は意味なくなるんだろうけど

まびりてぃもっとよく調べて活用すりゃよかった・・・

便利なのいっぱいあるじゃん

きゃら界めんどいと思ってやってなかったけどもっとやっときゃよかったなあ

この3連休プレイしてて思ったのは艦これに似てるなあってことだな

何度もギブロしてチャレンジしてほとんどストーリーもない攻略を目指す

強いステータス目指す

運のよしあしもかなりから

ただあっちと違うのは一応終わりが見えててかつユーザーフレンドリーシステムがあるところだな

チート屋の便利さしったらもう123には戻れんわ

とりあえずプリニガーXごうの2回目以降を軽く倒せるようにしたいから、まずは1回目倒したときに盗んだバールアームズを100階まですすんで強化する

それプラス魔物マスタリークリティカル屋+各種まびりてぃ(エトナとか?)で一発でいけるようにしたい

それがいけるようになったらアルカディアレジェンドをとって、それの100FでトラペGETするとこまでいきたいなあ

4はバールまでいきたいなー

あと一番の発見は70時間以上プレイしてきてはじめて、トップビューがあることに気づいたことかな・・・

3Rだとあったのに4Rだとなくなってるとばかり思ってたけど

操作系統が変わってたから気づいてなかっただけだった

2016-12-20

[]

4少しやった

トロクロ武器もらってゼタにもっかい再挑戦・・・してみようとしたけど、よくみたらケタが違ってまともに攻撃もあたらないレベルだった

投げで攻撃させないようにさせる以前に攻撃あてられなかった

トロクロ武器の1Fでギブロしたけどいい武器はそうそうでない

かいだけ不思議な小部屋で地域振興券がでたけど、一回倉庫整理しようと思って店でたら買えなくなっててしまった!と思った

金はあったのにしまった・・・

なんかもーあとはアイテム強化するしかないんだけどそれはめんどいんだよなあ・・・

1でアイテム界100Fまでいったことあるけど結構時間かかったしなー

あとはゼタとプリニガーを倒すためだけにすげー作業しないといけないってとこまできたからいったんやめるかな

50時間くらい遊んだし十分だわ

2016-12-11

公務員給与

高いとかボーナス多いとかいってるけど働いてる方は大変なんだと思う。

ということで貰うのや額はそのままでいいけど公務員給与については期限式にしてくれないですかね?

9割は3か月の期限付き地域振興券、1割は現金で。

公務員年金がしっかりしてるんだからそんなに貯蓄をせずに消費に貢献。公共投資だ!といいやすい。(今でもだけど。)

もちろん住宅ローン自動車ローン、学資ローンは別枠で確保可能

通販使えないじゃん!ってのはまぁ地域振興に貢献しろよと。1割の現金で使えばいいし。

金券ショップには罰金付きの換金禁止で。

もう消費を増やすにはこのくらいやらないとダメじゃないすかね?

2016-08-22

地域振興券

学校とかで子供って年度単位管理されてんのに、地域振興券受給年齢の基準が年単位だったのが違和感だった思い出。

同学年でも早生まれしかもらってなかった。

地域振興券っての子どもひとりあたり2万もらったけど中学入学時だったか学生服の購入費用に消えた

俺は何もうれしくなかった

2016-07-05

参院選入れるところねーよ。日本ダメ・・・

今度の参院選でいろいろな政策を見てるけど、どこも全然

パッとしない。

アベノミクスを加速させるのだ!!とか言われてもさ、

これ以上インフレにしてどうするの?いつまでリフレ幻想に浸ってるの?

もう日本は十分スタグフレーションっていう庶民にとってはかなり辛い

状況になっているのよ。

いかげん、トリクルダウンとかもう待ってられないよね。

物価も上がっているし、実質賃金は下がり続けている。

そりゃ、消費しないよねー。

どっかの党が国民が身を切る前に国会議員が身を切るとか

言ってるけど、お前らくらいの給料差っ引いたところで、

俺らの懐が温かくなるわけでもないし、金額もたいしたことない。

それより、ちゃんと給料あげるからちゃんと働けと思う。

議会で寝てる人を減給すればいい。

議員給料をなんぼ削ったところで数千万から数億円。

こんなの経済的には微々たるものです。

富裕層の税率を上げます富の再分配を!

とか言ってるところもあるけどさ、国民全体の2%から

税率上げてそれで得た税金だってそんなに多くないだろ?

どうやって分配すんのさ?貧困層

一番消費するのは、一般中流層です。

富裕層ってそもそも頭いいと思うし、税逃れなんて

すぐするし、つくづくセンスがないよね。ほんと。

もうどうするか?って実質賃金上げるしかないのよね。

んで使ってもらうしかない。

国民全員が月に1万円使えば、年間で約132兆円くらい

経済効果があるわけですよ。

じゃあ国民全員に月に1万円づつ配ればいいじゃん。

って言っても日本人は貯蓄するから無意味

将来不安から、もらっても銀行眠るだけになる。

すごい政治にも政策にもど素人が考えてみた。

実質賃金を上げる政策

素人が考えた政策

 「企業内部留保吐き出してもらう政策

いっぱいたまっている企業内部留保、これに税金をかけます

ただし、2%以上の賃金アップをした場合は税率を優遇

3%以上上げた場合内部留保にかける税率は無税。

2重課税?知るかボケ!貯めてるくらいなら社員還元

しやがれ、バカヤロウだ。

企業投資したって、実質賃金は上がらないんだよ。

雇用率は上がってももう、仕方がないところまで来てんだよ!

要するにたんまり貯蓄している企業社員に渡すか、

国に上納するか選ばせる。

んで上納された税金地域振興券として、1万円を配る。

有効期限は1か月~3か月

んで振興券で使われた企業の売上は銀行でちゃんと現金

買えてもらう。

非正規雇用は、非正規雇用元の企業内部留保から賃金

アップをしてもらう。(または納税

こうすれば実質賃金は上がるし消費はされる。

お金が回り始めると思うんだけど。

でも結局そういうことをするための運用コストはどうすんだ?とか

あと賃金上げたってことをどうやって証明するとか?

あとどうせ経団連とか企業献金とか?ありそうで駄目なんだろうね。

ってとこまで行ってそこで詰んでしまった。

だれか、他に実質賃金を上げる方法知らんかね。

2016-05-11

地域振興券子育て補助金もすべて無駄、本当に必要なのは

オマン無料

対象女性母体健康子供健康を考えると、

14歳から29歳まで。

街中でオマン無料券を渡された場合には拒否権なく生中出しされなければならない。

少子化対策なんて暴力セックス簡単解決してくれる。

2015-12-20

社員に自社製品の購入を命じる組織はクソだと思う

自分会社員ではないが、自分のいる組織でも普通に行われている。

募金箱が回ってきて、○○基金(うちの職場が率先して進めている基金)について「職員も協力するようお願いします」と書いてあり、ご丁寧にも、寄付した人は部署名前自分のハンコを押して、隣の人や部署に回していく。

ボーナスで自社製品の購入を強制されたり、ボーナス自分自治体地域振興券を買えと指示されたりする職場があるとのニュースを聞くたびに、「そんな製品サービスはそもそも失敗だろ(少なくともそんな呼びかけが外部に与える印象的な意味で)」と思っているが、これを企画する上層部の方々は「恥ずかしい」という思いが無いのだろうか。

2015-11-02

おっさんは光の戦士になりたかった

子供の頃、光の戦士とか、勇者とか、割と世界を救いがちな属性を持った人間になれると思っていた。

少なくとも、勇者が所有する馬車の中には入れると思っていた。

ある朝起きたら、母親

あんた、今日誕生日ね。そういうわけで市役所(城)に行ってらっしゃい

なんて言われて、市役所に行ったら市長自らが出迎えてくれて

「キミは今から巨悪と戦わねばならない。そんな定めなのだ、たぶん」

とか言われて、地域振興券をもらって、ホームセンタープラスチックカラーバットを買って、冒険をはじめ、友達が2人くらいできる。

女の子がひとりと、男の子がひとり。

どんどん強くなって、紆余曲折ありながらも、諸悪の根源をぶっ倒し、根絶した後、テレビ新聞で持ち上げられ、世界中で有名になり、どこかの王族

「ぜひとも、うちの娘でももらってくだっさい」

とか言い出して、見目麗しき病弱な女性カーテンの影からこちらを見ている。結婚しますか? いいえしません。

そして、莫大な贈与、綺麗な嫁候補をすべて放棄したおれは、一緒に冒険をしたあの女の子を迎えに行って、山奥の村でひっそりと暮らす。

幸せな日々が続き、ある日薪割りをしているとヘリコプター政府要人がやってきて

「おれはもう引退したんだよ」

とか言って追い返す。しかし、女房

あなた世界危機よ、クライシスよ」

とか言うもんだから、再び剣を取り、世界を救いにでかける。次回作にご期待ください。

という輝かしい未来を信じて疑わなかった。

もちろん、巨大なロボットパイロットにもなれると思っていた。

それが今や、こうして深夜に匿名日記を書いている。

おれは、あの日なれると思った光の戦士にはなれずに、日陰の戦士になっていた。

2015-09-13

パスモ「カネチャージしてピッとするだけでいいから!」タスポ「いいから自販機の前でかざせよ!」

マイナンバーカップ麺?400円くらいだろ?」

切符・・・・」

回数券「・・・・・・

地域振興券・・・・・・・」

2014-12-19

地方創生について一考

地方創生って地域振興?地域振興って地域振興券あったよね。

地域通貨地産地消地元経済ガー。

潤いはしないけど、中央集中は少し減るかな?

でも、中央東京もとい関東一円日本の大切にしたい集約型都市群。

そこは活かさにゃならんよね。

じゃあ地方が生きるってなんなの。

お仕事一覧、出しておきますねー。

A 農業(01)

B 林業(02)

C 漁業(03~04)

D 鉱業(05)

E 建設業(06~08)

F 製造業(09~32)

G 電気・ガス・熱供給水道業(33~36)

H 情報通信業(37~41)

I 運輸業(42~48)

J 卸売小売業(49~60)

K 金融保険業(61~67)

L 不動産業(68~69)

M 飲食店,宿泊業(70~72)

N 医療福祉(73~75)

O 教育学習支援業(76~77)

P 複合サービス事業(78~79)

Q サービス業(80~93)

(他に分類されないもの

R 公務

(他に分類されないもの

地方で、これらを全て能動的に捌いて行ける人材がいますかね?

ちょうどいい塩梅を見つけないと。

田舎で足ひっぱられない規模は要るかと。

地方創生会議のみなさん、マッシュアップ、よろしくです。

2014-11-23

そもそも投資教育をしておけばこんなに市場お金が出まわらない事はないんだろがい

ちょっと投資をかじっていれば今回の相場はチャンスだとすぐ分かる。

みんな恩恵を受けることが出来たのに。。。

というか投資がよく分かってない人に貯金を吐き出させるためには株、債権etc価格が上がりますよとアナウンスするよりも

単純にモノを買わせる方が効果は出たって話。底辺マジで貯金しかしてねーぞ。

消費喚起させる為の地域振興券配布の話なんだからまぁ自民党政策理解出来る。

つーか底辺には「あぶく銭」を掴ませるに限るわな。

2014-10-09

公共事業での景気対策が厳しい理由

まとめ



これまで経済政策論争として多くを占めたリフレ・反リフレの間の論争が結論が出る前に現実の方がリフレで固まり少なくとも数年は続けられそうになってしまったため下火になり論争の中心が財政政策公共事業の方へと移ってくるようになった。そこでポイントとなる点を備忘のためにまとめる。

景気対策としての公共事業否定しても全ての公共事業否定することにはならない。また公共事業価値を認めたからといって景気対策としても有効であると認めることにはならないし矛盾しているわけでもない。

公共事業に限らず金融政策しろ何にしろコストがかかる。ここでいう公共事業コストとは公共事業によって引き起こされるマイナス出来事公共事業をやったために出来なくなってしまった機会損失を加えたもの。国の債務を家庭の債務と同様に考えるのは永続性を無視した誤解であるが、かといって国の債務国民資産であるので拡大しても何ら問題ないというのもまた国民の異質性・多様性世代など)を無視した誤解である過去に積み上げた債務高齢者に逃げ切られないうちに一部返してもらおうというのが原因となって消費税増税ゼロ金利が続くなか急いで決められたといった財政自由度の低下も異質性があるがゆえの公共事業コストの一つである

どのような社会的効用関数を想定するかは人それぞれで当然だが最終的には効用に結び付けて考える必要がある。いいかえればGDPではなく消費こそが重要であり失業の削減なども消費が増えるからこそ大切。また、今期の消費だけでなく将来の消費も重要になってくる。

以上の3点が考えるための大前提

この3つめの考え方にたった上で公共事業を考えるときに外せないのが小野善康先生論文(Yoshiyasu Ono, Fallacy of the Multiplier Effect: Correcting the Income Analysis, ISER Disscussion Paper, 2006. リンク

http://www.iser.osaka-u.ac.jp/library/dp/2006/DP0673.pdf)となる。(これはいわゆる小野理論として有名な貨幣限界効用に正の下限があるというものとは別。)その中身は論文小島寛之先生の解説(http://archive.wiredvision.co.jp/blog/kojima/200707/200707241130.html)などによるとして、簡潔に言葉を借りると

乗数効果は、国民所得を増やすという意味での景気対策には全く効果を持たず、また、その実質的効果政府が投じた金額ではなく、作られた公共物の価値依存する」

ということになる。つまりよく言われる穴を掘って埋めるようなもの場合GDPは増えるが所得や消費を直接には増やさない。GDPが増えるのは政府支出はその支出分と同じだけの付加価値を生んでいると仮定する以外に付加価値の算出が困難というGDPという統計作成上の制約による仮定の産物に過ぎない。無駄が増えるのも経済にとって有用というのは誤りである

このことが示すのはGDPが増えているからというだけでは公共事業には効果があったとは言えないということである公共事業効果があったというには、直接的に価値のあるもの生産が増えたか所得効果が働き消費を増やしていた必要があり、さらにそれらが公共事業コストを上回っていないと望ましいとは言えない。

ここまでを踏まえた上で公共事業効果がないという考え方、あるいは効果があるとしても小さくコストを上回れないという考え方について見る。財政政策効果がないとする理由としてよく挙げられるのは



の3点である。各々には次の留意点がある。

公共事業規模以外の影響を制御して考える必要がある。ただし公共事業の減少幅からすれば公共事業雇用に主導的な影響を与えていたというのは難しい。

これは産業政策が平均的にはうまくいっていないのと同じ問題である。とりわけ景気対策として公共事業の総額が先に決まり事業の精査の時間が限られる場合にはより一層困難が高まる

現在の状況においてマンデル・フレミング効果公共事業の拡大に効果あるかないかの点であまり関係がない。

マンデル・フレミングモデルに基いても日本海外の双方でゼロ金利が見られる状況では公共事業金利を変化させ得ないので為替や純輸出は変化しない。ただ、これはいつまでも関係がないわけではなくさらゼロ金利の壁があるために公共事業拡張と緊縮ではマンデル・フレミング効果の発動は変わってくる。どこまでいっても金利が下がり得ないので緊縮をしても外需増加によるキャンセルアウトが得られない一方で拡張はある程度を越えると金利上昇予想にともなう円高で外需減少を招く。ただこの場合もマンデル・フレミングモデルを一部変更し公共事業の拡大・緊縮にかかわらず中央銀行政策金利一定にたもつというようにより現代的な仮定を導入するとゼロ金利を抜けてもいわゆるマンデル・フレミング効果は働かない。

土木建設業での人手不足や着工の先延ばし及び未消化工事残高の増加や公共事業入札の不調、あるいはその結果としての人件費や入札予定価格の引き上げの報道が相次いていることからすれば公共事業親和性の高い業種で現実供給制約が起きていると言える。

公共事業の規模や事業数が変わらなくても入札価格が上がっていけば上述のようにGDPは上昇するが雇用社会厚生は直接には高まらない。マクロ経済への効果は単価の上昇にともない所得効果が働くことに依存する。しか過去給付金政策租税変化の結果からすると所得効果はかなり小さい。(たとえば堀雅博, シェー=チャンタイ, 村田啓子, 清水谷諭, 90年代経済政策と消費行動の研究1-地域振興券の消費刺激効果, ESRI Discussion Paper Series No.12. http://www.esri.go.jp/jp/archive/e_dis/e_dis012/e_dis012.html、あるいは渡辺努, 藪友良, 伊藤新, 制度情報を用いた財政乗数の計測, Working Paper Series No.28, Research Center for Price Dynamics, Institute of Economic Research, Hitotsubashi University, 2008. http://hermes-ir.lib.hit-u.ac.jp/rs/handle/10086/16306。)株価地価の大幅上昇といった大規模なものでないと所得効果意味のある効果量となりにくい。

供給制約に面している時には公共事業コストが上がる。それによって民間の他の事業が行えなくというコストが大きくなるため。

供給制約に面していない業種に対する公共事業を増やせば供給制約問題はなくなるが産業政策と同種の困難さが高まる

財政拡張機能しない理由供給制約によるものとき消費税引き上げのような財政緊縮は機能してしまう可能性がある。

供給制約は長期的には解消され得る。専門化・技能化している土木建設に即座に従事するのは難しくても時間があれば技能習得してから就業することも可能となる。問題技能習得に掛かる時間景気循環時間の大小および技能習得無駄にならず将来性があることの保証をどのように行うか。

最近建設業従業者数は興味深い。GDPの上では公共投資が大きな寄与を続ける一方で建設業従業者数は前年比マイナスが続いてきた。しか最近はそのマイナスがかなり縮小してきており技能習得などが進んでいるのかも知れない。

2013-12-07

http://anond.hatelabo.jp/20131206231227

ああ、なるほど。政策だけ見れば公明党福祉優先ですね。またしませんかね、地域振興券公明党以外がこういう役を担ってくれないもんかな。

2013-12-01

公共事業での景気対策が厳しい理由

まとめ



これまで経済政策論争として多くを占めたリフレ・反リフレの間の論争が結論が出る前に現実の方がリフレで固まり少なくとも数年は続けられそうになってしまったため下火になり論争の中心が財政政策公共事業の方へと移ってくるようになった。そこでポイントとなる点を備忘のためにまとめる。

景気対策としての公共事業を否定しても全ての公共事業を否定することにはならない。また公共事業価値を認めたからといって景気対策としても有効であると認めることにはならないし矛盾しているわけでもない。

公共事業に限らず金融政策しろ何にしろコストがかかる。ここでいう公共事業コストとは公共事業によって引き起こされるマイナスの出来事に公共事業をやったために出来なくなってしまった機会損失を加えたもの。国の債務を家庭の債務と同様に考えるのは永続性を無視した誤解であるが、かといって国の債務国民資産であるので拡大しても何ら問題ないというのもまた国民の異質性・多様性世代など)を無視した誤解である過去に積み上げた債務高齢者に逃げ切られないうちに一部返してもらおうというのが原因となって消費税増税ゼロ金利が続くなか急いで決められたといった財政自由度の低下も異質性があるがゆえの公共事業コストの一つである

どのような社会的効用関数を想定するかは人それぞれで当然だが最終的には効用に結び付けて考える必要がある。いいかえればGDPではなく消費こそが重要であり失業の削減なども消費が増えるからこそ大切。また、今期の消費だけでなく将来の消費も重要になってくる。

以上の3点が考えるための大前提

この3つめの考え方にたった上で公共事業を考えるときに外せないのが小野善康先生論文(Yoshiyasu Ono, Fallacy of the Multiplier Effect: Correcting the Income Analysis, ISER Disscussion Paper, 2006. リンク

http://www.iser.osaka-u.ac.jp/library/dp/2006/DP0673.pdf)となる。(これはいわゆる小野理論として有名な貨幣限界効用に正の下限があるというものとは別。)その中身は論文小島寛之先生の解説(http://archive.wiredvision.co.jp/blog/kojima/200707/200707241130.html)などによるとして、簡潔に言葉を借りると

乗数効果は、国民所得を増やすという意味での景気対策には全く効果を持たず、また、その実質的効果政府が投じた金額ではなく、作られた公共物の価値依存する」

ということになる。つまりよく言われる穴を掘って埋めるようなもの場合GDPは増えるが所得や消費を直接には増やさない。GDPが増えるのは政府支出はその支出分と同じだけの付加価値を生んでいると仮定する以外に付加価値の算出が困難というGDPという統計作成上の制約による仮定の産物に過ぎない。無駄が増えるのも経済にとって有用というのは誤りである

このことが示すのはGDPが増えているからというだけでは公共事業には効果があったとは言えないということである公共事業効果があったというには、直接的に価値のあるもの生産が増えたか所得効果が働き消費を増やしていた必要があり、さらにそれらが公共事業コストを上回っていないと望ましいとは言えない。

ここまでを踏まえた上で公共事業効果がないという考え方、あるいは効果があるとしても小さくコストを上回れないという考え方について見る。財政政策効果がないとする理由としてよく挙げられるのは



の3点である。各々には次の留意点がある。

公共事業規模以外の影響を制御して考える必要がある。ただし公共事業の減少幅からすれば公共事業雇用に主導的な影響を与えていたというのは難しい。

これは産業政策が平均的にはうまくいっていないのと同じ問題である。とりわけ景気対策として公共事業の総額が先に決まり事業の精査の時間が限られる場合にはより一層困難が高まる

現在の状況においてマンデル・フレミング効果公共事業の拡大に効果あるかないかの点であまり関係がない。

マンデル・フレミングモデルに基いても日本海外の双方でゼロ金利が見られる状況では公共事業金利を変化させ得ないので為替や純輸出は変化しない。ただ、これはいつまでも関係がないわけではなくさらゼロ金利の壁があるために公共事業拡張と緊縮ではマンデル・フレミング効果の発動は変わってくる。どこまでいっても金利が下がり得ないので緊縮をしても外需増加によるキャンセルアウトが得られない一方で拡張はある程度を越えると金利上昇予想にともなう円高で外需減少を招く。ただこの場合もマンデル・フレミングモデルを一部変更し公共事業の拡大・緊縮にかかわらず中央銀行政策金利一定にたもつというようにより現代的な仮定を導入するとゼロ金利を抜けてもいわゆるマンデル・フレミング効果は働かない。

土木建設業での人手不足や着工の先延ばし及び未消化工事残高の増加や公共事業入札の不調、あるいはその結果としての人件費や入札予定価格の引き上げの報道が相次いていることからすれば公共事業親和性の高い業種で現実供給制約が起きていると言える。

公共事業の規模や事業数が変わらなくても入札価格が上がっていけば上述のようにGDPは上昇するが雇用社会厚生は直接には高まらない。マクロ経済への効果は単価の上昇にともない所得効果が働くことに依存する。しか過去給付金政策や租税変化の結果からすると所得効果はかなり小さい。(たとえば堀雅博, シェー=チャンタイ, 村田啓子, 清水谷諭, 90年代経済政策と消費行動の研究1-地域振興券の消費刺激効果, ESRI Discussion Paper Series No.12. http://www.esri.go.jp/jp/archive/e_dis/e_dis012/e_dis012.html、あるいは渡辺努, 藪友良, 伊藤新, 制度情報を用いた財政乗数の計測, Working Paper Series No.28, Research Center for Price Dynamics, Institute of Economic Research, Hitotsubashi University, 2008. http://hermes-ir.lib.hit-u.ac.jp/rs/handle/10086/16306。)株価地価の大幅上昇といった大規模なものでないと所得効果意味のある効果量となりにくい。

供給制約に面している時には公共事業コストが上がる。それによって民間の他の事業が行えなくというコストが大きくなるため。

供給制約に面していない業種に対する公共事業を増やせば供給制約問題はなくなるが産業政策と同種の困難さが高まる

財政拡張機能しない理由が供給制約によるものとき消費税引き上げのような財政緊縮は機能してしまう可能性がある。

供給制約は長期的には解消され得る。専門化・技能化している土木建設に即座に従事するのは難しくても時間があれば技能を習得してから就業することも可能となる。問題は技能習得に掛かる時間景気循環時間の大小および技能習得が無駄にならず将来性があることの保証をどのように行うか。

最近建設業従業者数は興味深い。GDPの上では公共投資が大きな寄与を続ける一方で建設業従業者数は前年比マイナスが続いてきた。しか最近はそのマイナスがかなり縮小してきており技能習得などが進んでいるのかも知れない。

2013-07-21

若者投票率を上げようというキャンペーンがいたるところでやっていた。

もう32歳にもなる自分も、まだ若者のうちだろうか、などと考えながら、投票所にいった。

前回とも前々回とも変わらない、入場券と引き換えに投票用紙をもらって、紙に書く古典的なシステムだった。

タッチパネルにでもすりゃあ集計が楽でいいのに、と思った。

陶片追放の頃から進歩したのは、陶片が紙になったことくらいか

入場券で投票用紙をもらう時に、本人確認もなにもなかったので、

「これ、本人じゃなくても投票できないですか?」

クレーマーになってみた。

「入場券は住所にお送りさせていただいてますので…」

「でも、普通郵便ですよね?悪意さえあればマンション郵便受けから何枚でも盗めると思うんですけど。」

「ええ、しかし、ひとりひとり全員の本人確認というのは難しく」

と、市の名前の入ったワイシャツ男性に詰め寄ってみた。

システムの古さにイライラする。

ところで、思ったんだけど、投票率が低いのがなにが問題なんだろう?

そんなに世代ごとの民意抽出したいんだったら、世代ごとに投票箱をわけて、世代ごとの得票数を世代ごとの投票率で割ってから合計すれば、世代ごとの意見が反映されるじゃないか

そうしちゃうと、自ら選挙に来る人間意見が拡大されすぎると言われる気がするが、選挙ってそういうもんだろ?

民意を公平に抽出するってんなら、他に方法あるんじゃない?

選挙権がある人全員のなかで、投票したい人の意見だけあつめるより、適当ランダム抽出した人に支持政党聞いたほうが、民意を反映してんじゃないの?

ランダム抽出した10万人で選挙した結果と、全員で選挙した結果で差なんかでないわけで。

ランダム抽出のやり方がまあネックではあるけど、とにかくも10万人くらいならさ、投票率90%以上にするのも可能なんじゃないか

投票すれば地域振興券1000円もらえますよ」

くらいの大盤振る舞いしたって、1億で済むわけで。

ああ、もう、国会議員のものを全国民のなかからダーツで決めりゃいいんじゃね?

衆参あわせて700人もいれば、だいたい民意を反映するよ。

どうせ議員立法なんて滅多ないんだし、閣僚にその道のエキスパート集めればなんとかなんじゃね?

話を戻そう。

若者投票率が低いと、なにが問題なんだ?

投票率が上がると、誰得なんだ?

あのキャンペーンは、誰が金を出してるんだ?

若者投票しないと、若者に不利な政治になる、とか言われてるけど、若者があのキャンペーンをやってるとは思えないんだが。

これが、40年くらい前なら、若者の票を結集すれば、社会主義革命くらいやれたかもしれないけど、ねぇ。

第一、若者支持政党って、そんな特異な偏りを示してるとは思えないんだけど。

若者よりの主張をしてるのは維新幸福あたりだと思うが、若者から絶大な支持って感じだとは思えない。

他の世代と一緒で、第一党が自民党で、あとは団子だと思うけどな。

とにかく、若者選挙に来なくても、大きな問題はないし、それでシステム上の問題があるってんなら、なんでシステムを変えないんだ?

わからん

2013-05-04

2/3と1/2

96条の要件緩和を夏の参院選自民党公約にするそうだ。

 

2/3から1/2にかえて、何がしたいのか?

それは自民党憲法改正案に書いてある部分だと思うが

基本的人権の部分がなかったり、かなり荒削りなところもある。

憲法改正」というよりその「改正案」のほうを

テレビ新聞は、はっきり伝えるべきだ。

 

私は自民党が好きだが、なぜこんな危険

議席が減るようなことをするのか理解できない。

国民自分たちで憲法を作っていく、これはすばらしいことだ。

しかし大半の人(特にメディアに踊らされるような方)は

生活のことが最も重要なことで

憲法のことより、給料が増えたらいいなと考えているのではないだろうか。

参議院選挙自民党議席が減ってしまうことを、私はとても心配する。

 

国民投票で決めることにも、とても危険な点がある。

それは、民主党政権ができてしまったことだ。

あんなうまくいかないとわかっているだろう民主党

すばらしい自民党に勝ち

国民投票で「政権交代」させられてしまった。とても悲劇だ。

 

自民党以外の政権が1/2の力を使い、戦争に突き進んだら大変危険だ。

2/3という数字は、その点でも重要なのではないか

 

今の2/3という状態でもうまく法律を変えれば

戦争に合法的に突入できる可能性はある。もちろん自民党はそんなことしない。

それなら2/3と1/2はあまり違わないじゃないか

しかしまぐれで他党に政権を取られると危険なのだ

 

以前のように自民党内で総理が変わっていく

これが一番安定していい形だと思う。そのためには

自民党議席数がもっと必要だ。

 

こんどの参議院選挙憲法改正を前に出すと

勝てるだろうが、大勝は難しいと思う。 

石原宏高議員石原環境大臣が足を引っ張り

受託収賄などのスキャンダルもあるようで心配だ。

 

おそらく頭の悪い人のほうが、人数が多いのだ。

その人たちにわかやすく説明し賛成してもらわないといけない。 

憲法改正もいいけど、麻生政権の時にやった地域振興券のような

バカな人にウケる・わかることも公約にしてほしい。

 

参議院選挙自民党にがんばってほしいです。

2012-02-26

光市母子殺害事件

精神的に幼い(12歳程度の)F田が、粘着テープカッター持って

水道屋の作業服着てコスプレをしてピンポンダッシュして遊んでたところ

から目をつけていた奥さんのところに偶然入り込んで


死んだ母ちゃんに似ている感じがしたか

母親の体内に回帰したいという、赤子のような心情が高まって

何やっても受け入れてくれるよねー、と思って押し倒して

そしたらなぜか抵抗しやがるから強く首を抱きしめたところ動かなくなって


じゃあ胸はだけたら恥ずかしがって起きるかなと思ってブラはずして

それでも起きないからいつ読んだかも買ったかも覚えていない小説

精子を注入すれば生き返ると書いてあったからマ○コにチ○コ突っ込んだんだけど

途中赤ん坊が泣いて俺を嘲っているような感じだったので


あやそうと抱いたら2回ほど落っことして

それでも泣き止まないかちょうちょ結びしたら泣き止んで

それから生き返れと精子を注入して

一発抜いたらすっきりして、見渡すと赤ん坊も死んでいたので


押入れに入れればドラえもんがなんとかしてくれるだろう、と押入れに押し込んで

ようやくパニックになったか粘着テープ彼女の財布を間違えて持ってきてしまって

財布に入ってた地域振興券で遊んでいた。

「だから無罪が当然である」っていうのが選りすぐりの弁護士チームの主張なんだそうな。

2011-02-19

俺が「再分配強化」を信用できない理由

サヨクの人は「金持ちから税金取って再分配しよう」と言うけど、

「誰が」「どうやって」再分配するのかを考えてから言うべきだ。

役人にでかい予算を持たせたら、たいていの場合は変なことに遣うだろ?

再分配のための外郭団体を作って天下りポストを増やしたり、

福祉施設の名目で変なハコモノ建てたりして。

そうやって無駄いしたり、景気が悪くなって税収が減った結果

財源が足らなくなってさらに増税するか、給付水準を下げようという話になるよな、どうせ。

本来は受給資格がある人でも、窓口の審査がおかしくて受給できなかったりするし、

受給資格がない人でも、政治家圧力団体の口利きで受給できてしまったりする。

いつぞやの地域振興券みたく、国民全員に公平にばら撒けばいいのか?

年間1兆円使っても、一人当たり1万円程度しかばら撒けないけど、意味あるの?

国にお金を渡して国が使いみちを決めるやり方は、これ以上はもう勘弁して欲しい

使いみちを決める政治家公務員が信用できないからだ。

信用できない人に強制的にお金を取り上げられるのは苦痛しかない。

自分が受給を必要とする立場になったとき、受給できない可能性があるなら、なおさら苦痛だ。

2009-12-26

http://anond.hatelabo.jp/20091226083638

単に所得税の累進税率を緩和すれば済む話だと思うが、増田はどうしても

「従業員の生活費の経費算入」に固執しているようだな。

期限付きの地域振興券のような腐る金で支給してもいいしね。

地域振興券定額給付金景気対策として失敗だったのは歴史が立証済み。

飲食のような低付加価値産業への支出波及効果が薄いから景気対策たりえない。

2009-11-28

俺が考える景気対策

朝生に感化されたので、俺が考える景気対策を書いてみる。

サービス残業の徹底廃止

サビ残がある事で人々は精神的にも肉体的にも疲弊している。無駄サビ残する事で、その時間帯の外食レジャー産業などの景気も回らない。これが廃止される事で、雇用問題の解決や自殺者の減少、少子化少年犯罪なども解決できると思う。

サビ残しないと仕事が終わらないので?

企業サビ残するのは仕事が多いからではなく、売上が少ないからだ。(単価が安い)その為、少ない人員で売上を補う為にサビ残させざるおえない。だから、適切な人員を雇用すればサビ残しなくても良い。

雇用する金はどこから?

政府が出せばいい。今まで政府主導で作ってきた箱物・ゼネコン案件を完全に民間主導にする。そして雇用に関する補助を出す。(雇用に直接関係しなくても、赤字の場合は政府が低金利で貸付。これは確か、亀井大臣がやろうとしている事だと思う)

その代わり法人税を高くして売上に応じて徴収すればいい。

~食券のようなチケットを配布

定額給付金地域振興券は金券と同じで有効活用されない。しかし食券はどうだろう。飯は誰しも食うし、食べる事・食べに行く事が景気回復にも繋がる。特にホームレス貧困層の人にはありがたいのではないか。子供手当よりよっぽど良いと思うし、1人1万円なら約1兆2000億円の財源。今回の事業仕分けで捻出出来た金額で足りるのではないか。


農業改革

やはりここだ。食糧自給率の低下と言うよりも、農業なら年齢問わずに職に就け、食材自体の需要が無くなる事はない。国内よりも海外に売ればいい(中国なんかでは自国の数倍する日本産が売れているようだ)貧困層に金を配るよりも、自国で農業して現物支給してやればいい。その分、農家に金が行くようにする(か、農業がしやすい環境作りに使う)


結論づけると、やっぱり「食」だ。人間は飯食わないと死ぬんだから、絶対に食産業が衰退する事はない。最近テレビでもグルメ番組ばっかりやっているし、食に関する人々の関心は失われてはいないと思う。

農業はダサイからしない」というよりは、その環境が整っていない状態が問題だと思う。それに外食産業活性化すればある程度の収入が得られるのだから、やりたい奴は多くなるだろう。

もっと色々書きたいが、上手くまとめられないのでこの辺で。

2009-08-23

http://anond.hatelabo.jp/20090823110620

自民党のムダなダム血税垂れ流し空港、箱物行政遺跡建造、野生動物横断高速道路景気対策バラマキエサ、公明党布教活動お手当ての地域振興券

ボケ老人たちやおせっかいババア自民党公明党投票するから、こんな国はオワタ

創価学会池田フェチからの電話規制して欲しいな

2009-05-20

厚生労働省の分割という話が、国土交通省総務省に飛び火しているという話。

そもそも、省庁が増えすぎて、問題が発生した時に、どの省庁に割り振れば良いのかの判断が難しくなった上に、複数の省庁にまたがった問題である事が判明した時に、天下り先が作れそうなら奪い合いになり、作れなさそうならば押し付け合いになるという状況にあきれ果て、縦割りがまずいという事で、複数の省庁をまとめて総数を減らしたのが、省庁統合である。

省庁統合によって大臣ポスト事務次官ポストも減ったわけで、死ぬ前に一度で良いから大臣をやって、自宅の門前に簡易交番を置いて警官に立番してもらいたいとか、事務次官をやってから天下りたいといった、筋違いの欲望を抑制しなければならなくなった。

小泉改革が、当選回数が多い大臣候補クラス代議士事務次官までもう少しという所まで競争してきた官僚にとって、蛇蠍の如くに嫌われていたのも、むべなるかなという所である。

それを引き継いだ安倍政権は、少なくとも、行政においては間違った事はしていない。ただ、国民の支持によって支えられているという支持基盤を、衆議院の3分の2という数字でしか認識できなかった為に、衆参同時選挙に踏み切れず、参議院で負け、直近の民意という錦の御旗を野党に奪われてしまった。衆議院の3分の2を振り回すのに、やたらと苦労ばかりするようになっていき、ついには投げ出さざるを得なくなった。

問題は、福田政権である。小泉安倍時代の反主流派を取り込むために、消費者庁の新設という方法で、大臣級や事務次官級のポストを増やし、方針を転換してしまった。軽い神輿になり、小泉安倍時代の反主流派に力を蓄えさせてしまい、あげくに、小泉改革を完全否定する悪役を押し付けられる状態になった。プッツン辞任と言われているが、そうでもしなければ、面子が維持できなかったのであろう。

小泉安倍時代の冷や飯食いが主流派に返り咲いた麻生政権は、反動といっていいぐらいに、昔に戻っている。それも、森・小泉になる前の、財政赤字を膨らませてしまった小渕政権に近い状態にある。小渕内閣では6194億円分の地域振興券をばら撒き、麻生政権では2兆円の定額給付金をばら撒いている。小淵内閣では30兆円をバブル不況景気対策に使い、麻生政権は事業総額75兆円をアメリカ経済危機景気対策に使おうとしている。

小淵内閣の時の30兆円にまるっきり効果が無かった事が検証済みなのに、なぜ麻生内閣はその倍以上の景気対策を行おうとしているのか。答えは簡単で、景気対策という建前を使って、選挙区天下り先にじゃんじゃん現金をぶち込もうという話だからである。

麻生氏自身はこれで景気が良くなると信じているかもしれないが、回りで誉めそやし、協力すると申し出ている人々は、自分自身の景気が良くなるが、日本全体の景気がよくなるとは、微塵も考えていない。これでオラが地盤や金庫にごっそり金を引っ張れるとほくそ笑んでいるのである。

内閣人事局構想は、問題が発生した時に、その問題を担当する官僚を一人から複数名つけて調査させ、問題解決に必要な省庁に政治任命として送り込み、問題が解決したら、次の問題に当たらせるというやり方で、縦割りの省庁を横断して、問題解決に当たらせる為の手段でもある。

頭の悪い人のとりうる最善の策は、自分の頭を使おうとせず、頭の良い人の智恵を借りる事である。もっとも、自分の頭の出来が悪い事に気が付けないほどだから、悪い頭で精一杯考えて、正しいと思い込んで間違った事をやらかしてしまうのである。

小淵内閣景気対策は失敗だった。しかし、2000年6月25日の第42回衆議院選挙自民党圧勝であった。2000年5月14日に、現職首相のまま小淵氏が死亡した為である。今年の9月までに行われる衆議院選挙自民党が勝つ為には、同じ事をやる必要があるかもしれない。ばら撒きや地位は欲しいし、与党であり続けたいという欲深き人々は、どう動くのであろうか。軽くて馬鹿神輿でも、使い方次第で役に立つ。もちろん、そうなる前に、福田氏のように逃げ出すという展開もありえるのだが、首相として外交がやれると有頂天になっているので、状況が見えてないかもしれないねぇ。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん