「なつい」を含む日記 RSS

はてなキーワード: なついとは

2019-05-15

小悪魔系になって、童貞くんを弄びたい

なついてきたところで、「勘違いしてんのwキモw」とか言って突き放したい

2019-05-12

ガンダムセイラさんのブラコン具合がすごく好き

オリジンではお兄様お兄様となついている

stでは再開して会いたいあまりホワイトベースで追っかけ続ける

 

ZZでは吐き捨てるようにいっそアイツ死んでくれねーかなってな感じ

 

大人になると疎遠な兄弟なんて他人

迷惑な奴なら消えてほしいってな感じゾクゾクする

2019-04-30

子供愛玩動物じゃありません!←じゃホントにただの負債じゃん

今、労働者として子供はあてにならない。

そこそこ教育与えたって、親の面倒みる保険にもならない。

子供も貧しいくなるんだから

じゃあ子供育てるメリットってなんだ?

一緒に暮らし楽しい時間ができる。それ以外になにかある?なくね?

ちょっとした成長に喜んだり、なついてきてかわいかったりさ。腹立つこともめちゃくちゃあるよ。

でもお前ら可愛くて飼ったペットぶつか?躾が効果でてたら楽しいだろ?子供に対しての感情って殆ど変わらんと思う。

いや、愛してるよ。俺の愛情無償じゃないし、無償であることを期待されても困るってだけでさ。

子供って金のかかって責任の重い愛玩動物だろ?

何よりも大事なのは間違いない。

うっかり育て間違えて猟奇的殺人犯になったら、俺は匿う。真人間に育つよう祈ってくれや。でも俺や嫁殴るようだったら張り倒して追い出す。

俺は俺のために子供ガチャを引いたわけよ。幸せになれそうで。今んとこは成功だ。

生きててほしいし幸せになってほしい。でも今、目の前の子供が俺の都合の良いように、たまたま、偶然育っただけじゃんな。ただのムカつくガキだったらこんなこと思わんよたぶん。

ラーメン一緒に食べてるとさ、嫌いなネギがあると、こっそり俺のラーメンに入れようとしてくるわけよ。好き嫌いはよくないと諭すけど、投げてぶつけて暴れまくるガキだったら、怒りもせずに店でるだろ。

成長して思い通りにならなくもなるだろうけど、自分物事決められないうちは、やっぱ人権のある愛玩動物しかない。

俺は幸せになりたくて子供作ったわけで、まるで無償じゃない。自分を誤魔化してるだけで親なんてみんなそうだろ?

「そのペットはいつか手放すので、手放すことも視野に入れて飼いましょう」こうだろ。

手放すためにひたすら餌やって育てて躾てって苦行か。仏の域の精神いるだろ。見返りもないのに。

手放すまでの期間を楽しんで、その後の関係相手生活もある程度視野にいれる。それでいいじゃん?

飽きちゃったら親戚なり施設なりの手配してやればありだろ。

嫌われながら育てられるより、同情されつつ育てられた方がましじゃん。うまくいけば愛されるのは実の両親と一緒。

なにより、産まれないよりましだろ。死んだ方がいいかはあとから選べるけど、産まれない方がいいかはあとから選べないじゃん。

とりあえず身勝手にぽこぽこ産むべきだと思う。

2019-04-25

オチが急

オチが急だから、みんなついていけないんだ。

そういや昔は変な顔したりして、おどけていた。というか、みんなそんなに心の底から笑っていなかったんだ。

というよりオチがそれまでの話と連結してないからよく分からないんだ。

だけど、それが面白い自分は思ってるんだけどな

あぁほんとうにこれ、チラシの裏だな

2019-04-18

夢日記

でっかいショッピングモールに入ってるジムに行く。サンドバッグ叩いといてー。って言われた。異常に高い位置にあるサンドバッグを叩いてると、トレーナーの人に君は無理かもしれない。。。って言われた。どうやらラグビー専門の事務らしい。ラグビーをするには横にも縦にも小さすぎるとのことだ。そのジムオーナー外人身長190近い女は俺をバカにしながら他のスタッフに、あいつ店に入ってきた瞬間おどおどして財布だして、くそだせえw と言ってきた。僕は心が折れて、もういいです。と言って店を後にした。ショッピングモールは暗かった。前にインド人ぼ老婆が歩いてた。インド人の老婆は俺を警戒してた。たまたま行く方向が同じなだけなのに不審者扱い。とうとう走り出して逃げて行ったので俺も走って追いかけた。階段を上ると地下鉄ホームだった。茨木行のホームたまたまそこにいた女二人に「久しぶり!」って言ってナンパしたらなぜか向こうがおー久しぶりって言って俺の名前を言った。何で知ってるんだろうと怖くなった。そのまま二人と話しながら階段を上っていくと公園に出た。桜が咲いていて観光客もいっぱいいた。青い服を着た男30人のヤンキー集団が白い服を着た男30人のヤンキー集団対峙してた。これから集団喧嘩するようだ。その集団の横にはだんじりが置いてあった。喧嘩がはじまりお互いのチームが突っ込むとすんでのところで身を引いたりしてびびってた。結局殴り合うことはなくスクラムくんで押し合いしてた。くだらねえ。その様子を撮影してた野球少年木村と一緒に見てた。木村は手にタトゥーがいっぱい入ってた。ミズノタトゥーも入ってた。木村ヤンキーになってしまったのかな。喧嘩を見てるとその集団に押されて後ろにいた赤ちゃんの上に乗っかるような形で転んだ。赤ちゃんは泣いてめっちゃデブ赤ちゃんの母さんとチビのお父さんが俺と木村を睨みつけ、俺は怒られたくなかったか赤ちゃん大丈夫かなと心配してる様子を親に見せつけた。木村はなにもしなかったので、木村だけ怒られた。赤ちゃん心配した俺になついた。めっちゃ謝ってたら彼女が俺の手を握ってくれた。やっぱりこいつは味方してくれるんやな。嬉しかった。その後解放された俺と彼女はまた地下のショッピングモール階段を下って行った。俺は彼女の前ではかっこつけたいので、ショッピングモール楽しも!!と明るく振舞った。

2019-03-22

言うと人でなし扱いされるから黙ってるけど

子どもが好きじゃない。全然かわいいと思ったことがない。

いい年の女がこれ言うと本気で人でなしか異常者扱いされるから親しい友達にも言えない。

でもだんだん年代的に近所の子とか上司友達の子とかと接する機会が増えてさ。

そういう時に素っ気なくしたりするのは普通に人として相手がかわいそうだと思うからもちろん絶対しない。

かわいいねーとか話かけたり笑顔で接したり手をつないだり抱っこしたり「普通のいい年の女」が普通に子どもに対してやりそうな対応を思い出して、真似して一通り全部やる。

子どもも大抵はちゃんなついてくれる。私がいい年の女だからだと思う。

でも心の中ではあんまり興味ない種類の他人ペット褒めてる時とかの心境に近い。それか取引先と営業トークしてるとき。誠意なくてごめんとは思うけど別にそれ以上の愛情が湧いてきたりはしない。

夫は子どもが欲しいって言ってるけど不安しかない。自分の子からといってかわいい本心から思ったり、愛したりできるのかな。

夫に伝えたら冗談だと思ってるみたいだった。夫に限らずこれを本気だと思って聞いてくれる人ってほとんどいないんだよね。

子育てのものには確かに興味がなくはない。でもこんな調子では子どもの発達過程にかなり大きな傷を負わせてしまうんじゃないかと思うので怖い。健全な発達に必要な愛って何なんだろうな

こんな感じでも母親になってうまくやっている人っているんだろうか。

2019-03-21

男の歪んだ見にくい妄想

虐待を受けたりひどい目にあっていた子にやさしくしてなついてもらいたい

自分より弱い人間庇護して無意識下で見下しながらすべてを手中におさめるある種の小さな全能感を手に入れたい

そこに性欲がなくてもこれほど醜いものはない

でもそれで子が救われるのであればそれはそれでいいのかもしれない

2019-03-19

anond:20190319200631

「よくアニメゲームでいるタイプ女の子が好き」なだけでしょ。

無邪気で、感情をきちんと表に出してくれて、それでいて自分なついてくれる。

現実お気持ちの探りあいもしないとならないし、警戒するし、本音も見えんし、それで愛してくれる人なんてなかなかおらず色々面倒臭いことや傷つくことも多いから。

次元ロリと2次元ロリは多分違って、大部分は2次元偶像化されたそういうタイプの女が好きだってだけだと思う。

2019-02-10

盾の勇者がひどい(ネタバレ

うわー。一話でかなり辛い。

女性上位とか言ってる割には国王大臣、そのた商店主とか全部男だし

女性に酒を勧められたら男は普通断らない」

可愛い女の子飲食店でおまけしてもらえる」

強姦罪未遂でも極刑

あたりが女性上位の描写としてでてきます

なんとなく作者は痴漢問題で「まず痴漢冤罪問題だ!」とか現代日本レディースディなどを根拠に「女尊男卑男性差別社会」とか真顔で言ってそうでドン引き

で、強姦冤罪でひどい目みたし、盾の勇者攻撃カスなので仲間いないときついのに強姦冤罪のおかげでまともなのは仲間にならないので人身売買でタヌキ耳の亜人少女をゲット。

うわー。キッツー、キモー。

と思ってたらほぼノーダメジの雑魚的が自分を噛んでる間に攻撃しろ!とか嫌がるのにやらせます普通虐待ですありがとうございました。

で、タヌ耳少女の親を殺したのと同種の魔物を同じ要領で殺させてトラウマ克服!

なんか、アレですね。猫嫌いを克服させようと猫穴に放り込んで閉じ込めたら、猫嫌いが治っちゃう世界なんでしょうね。

原作者ボートだったかなんとかスクール体罰教育根性論を賛美するような人じゃないか心配です。

でそのタヌ耳奴隷が開放されても主人公なついてる描写肯定的に描かれてて、逆に人身売買はいかんだろという人間愚か者って感じです。

19世紀どころか21世紀に、「良き奴隷主」と「良き従順奴隷」が賛美される作品メジャー作品として作られていることにあるしゅのセンス・オブ・ワンダーを感じます

なんか日本奴隷人身売買を大して悪いと思ってない人が多いんじゃないか?という危惧現実だったらどうしようかと思う所存です。

一話で強姦冤罪をデッチ上げた女性は実は王女だった、と言われてもなぜそんなデッチ上げをしたのかさっぱりわかりません。

亜人差別されてるという描写があったのに、町の人がタヌ耳奴隷には食品などをおまけしてあげるという好意的対応いまいちわかりません。

なんというか設定というか人物の造形もそのばその場のインスタンスな役目だけで前後脈絡とか気にしてないのかもしれません。

作画音楽声優の演技などはいいだけに根本的な設定ストーリーダメさが鼻につきます

まあ、悪いのは原作者というよりこれをアニメ化にゴーサインした人なんでしょうが

2019-01-17

猫とかさ、何倍も大きな人間に対してツンデレと言われるくらいデレデレになついちゃってさ、

あいつら巨大なものに対する恐怖心とかないんかね

頭のネジの1本、2本、ぶっとんでるよ、あいつら

2019-01-06

anond:20190106153235

この方の仰っている事は、正しいと思う。

絡んでくる人は、興味を持ってくれてる人だからなついていけばいい。

スルーや、

上手いこと言ってかわそうとするより、

闘うより、

可愛がられる人に。

2018-12-29

anond:20181229172941

ごめんね。

そんなつい最近ちょっと上がった下がったじゃなくてうん十年単位の話がしたかったの。

ごめんね。

こっちの言葉が足りなかったね。

君は悪くないから気を悪くしないでね。

せっかくの年末に気分悪くなったりしないでね。

ごめんね。

2018-12-28

anond:20181228000139

地毛証明書なつい

髪が黄色寄りの茶髪で毎年提出してた

親も同じ髪色してるから受け取る担任も毎年大変ねーぐらいのリアクション

2018-12-27

短いスニーカーって何???

2018-12-05

共依存という病気を初めて知った

今の恋人とのことで友人らに相談していた時、「そんな共依存同士がうまくいくはずがない」と指摘された。

共依存という言葉を知らなかった自分は聞き流しながら、ただ指摘した相手意図することも汲みながら、それでも恋人といることを選んだ。結果、数日後この友人とは関係を断った。

後になって、共依存という言葉意味をググって、愕然とする。

書かれている傾向や原因に思い当たることが多すぎる。

そしてこれが「病」と書かれていることにも驚いた。

過去の話をする。

まれ関東田舎所謂地主家系で、本家筋。

いとこが多かった。一番離れているので十歳上。年上が多かった。

父方のいとことも、母方のいとことも年齢が近く、比べられて育ってきた。

勉強はそこそこできていた方で、高校偏差値68。

それでも有名私立に通ういとこと比べられ、定期テスト順位で比べられ、進学先でも比べられてきた。

勉強だけじゃない。

家事の手伝いの具合や、思いやり、アルバイトの出来、容姿、とにかく目に付くもの全てで比較されてきた。

勉強でAに勝れば、Aの優しさとやらと比較され蔑まれ

家事の手伝いでBに勝れば、Bのアルバイトの内容と比較され蔑まれ

自分よりも劣っていた下の妹とは、「思いやり」と「かわいさ」とやらで比較されてきた。

お前はかわいげがない、と。

とうとう自分は心を壊し、高校生の頃一度不登校になり、自殺未遂まで犯した。

けれど心療内科に通うことはなく、親はその原因を知ることはなかった。

期待を裏切った進学をした後、それでもまあ根は真面目なのでそこそこ努力をして、進学先からは考えられないような場所就職した。

この頃には鬱々とした感情はなかった。

相変わらず出来の良い親戚とは比べられたけれど、あまり気にならなくなっていた。

自分お金を稼ぐようになって、親の庇護下でのみの生活とは変わっていった。

けれど、あるとき務めていた企業倒産した。

大きな会社だったから、ニュースにもなった。慌てて転職した。

転職先は、いわゆるブラック企業だった。

この時すでに一人暮らしを始めていた自分は、毎日時間罵声、長時間勤務、休日に課される課題で疲れてきっていた。

そして、異性で遊ぶことを覚えた。そういうことをしている時は、嫌なことを忘れられたから。

流されるまま付き合って、セックスして、別れて。この繰り返し。思い返せば病んでいたと思う。

そしてある日、一人暮らしの家に転がり込んでいた相手との間に子供ができた。

責任をもって結婚した。

ただ、自分の家に転がり込んできたような相手だったから、結婚生活なんてうまくいくはずもなく、早々に別れた。

自分カード不正利用をして勝手に三桁万借入していたこともわかった。

子供自分が引き取った。

ちゃんと生きなくては」

そう思って、転職し、三年間真面目に働いて、異性との関係も一切持たず、子供と向き合って生きてきた。

病んでいたこころも健やかになってきたと感じていた。

あの暗雲としていた毎日から想像もできないくらい、充実した毎日だった。

ある趣味で、同性の友人ができた。

わかりやすくするために、対戦型のネトゲということにする。

二人一組で行動するゲームで、自然と仲良くなっていった。

ただ、オンラインの繋がりだからプライベートなことは話さなかった。

から趣味で、プライベートな話をすると会うことになったり、下手すると恋愛関係を持ちかけられたりすると知っていたから。

面倒ごとを近くに持ち込みたくなくて、プライベートな話はしない、という事をペアになる時に条件として出していた。

から相手もそれを承知で、相手自身のことを話すことも殆どなかった。

けれどある時から相手の様子がおかしくなっていった。趣味に顔は出すけれど、憔悴している様子。

ふと、自分ブラック企業搾取されていた時のことを思い出した。

あの時、だれかが正しく手を差し伸べてくれていたのなら、自分はもう少し楽に生きられたのかもしれない。

そう思って、理由を聞いた。自分からプライベートなことは話さない」というルールを破った。

これが、全ての始まりだった。

結論から言えば相手共依存体質。そこに回避依存も併発しているような気もあった。

最初に近づいて、突き放され、どうしてと迫り、相手が折れて泣き、話を聞く。

元に戻ったと思ったらまた突き放され、仲直りして。

付き合っている訳でもないのに、毎日毎日連絡して、喧嘩して、仲直りして、を繰り返していた。

相手は、家族から愛情不足で育っていた。年齢も近い。

同性同士ということを超えて、自分相手を好いてしまった。

そう自覚たころ、相手から告白された。子供のことがあるから、と一旦断った。

けれど、相手子供のことも真面目に考えてくれていると分かり、受け入れることにした。

付き合い始めてから、二人での連絡では「異常」な会話が増えていった。

自分たちだけの秘密にしておきたいから、詳細は話さない。

けれど、ひとつ話すのなら、カニバリズムに対する理解欲求が一致するのが初めてで、ただうれしかった。

そういう異常な欲求自分が抱えている自覚はあった。

けれど過去恋人たちにそんなことを話したり要求してきたことはなかった。それが異常だと分かっていたから。

ところが、今の恋人なら或いは、と考えて話すと、相手から歓迎の言葉が返ってくる。

しろ、他に自分が考えていた「異常な行動」について、提案を受けたりもした。

居心地がいい。

相手には自分がいればいいと思うし、自分にも相手子供がいればいいと思う。

「この人のためなら何でもしてあげたい」という欲求が強い。

から相手が嫌がるという理由で十数年続けていた趣味を急にやめ、趣味用で使っていたSNSもやめた。

急な行動に、趣味を通じて仲良くなった友人から連絡がきた。

状況を説明したところ「共依存だ」と指摘された。

自分たちが異常であることは、自分たち自身が一番よく知っていた。

から今までこの欲求を外に出したことはなかったし、理解してもらえるから今の相手にぶつけられる。

二人ともちゃんと「普通のひと」に擬態している。擬態できていると思う。

今、三人暮らしに向けての準備をしている。

ネットで調べると共依存同士の恋愛危険、うまくいかない、なんて書かれている。

子供に悪影響があるとも書かれている。

自分たちが気にしているのは同性同士のパートナー間で子育てをすることで

子供の心に大きすぎるマイナスの影響を与えないか、ということで、共依存同士ということはあまり問題ととらえていない。

唯一の理解者がすぐ横にいてくれる安心感は、今まで生きてきた中で感じたことがなかった。

この人なら認めてくれる。この人なら求めてくれる。この人ならわかってくれる。

さみしさの表現も、その程度も、不安に感じることも、その解消方法も、手にとるようにすべてわかる。

喧嘩になってもその原因がわかるから安心するし対処できる。

オレンジの片割れって、この人のことを言うのだと、心からそう思ってる。

心の形がぴったりだから、居心地がいい。

子育てについても、課題はあるものの、この人との間なら大丈夫だろうと思える。

子供も、相手なついている。

三人で暮らせるなんて、どれだけ幸せだろうと、考えるだけで顔が緩む。

こんなに安心していて、行動を制限されることもうれしいと感じているのに、共依存同士で何が悪いのだろう。

お金のことは確かに自分負担が大きくなる。

だけど家のことは二人でやるし、共依存同士だからと言って、完全な「する/される」の関係になるとは思っていない。

自分が「欠点のある人に依存するタイプ」の共依存

相手欠点カバーすることで、相手自分依存することに喜びを覚えてる。

一方で相手は「受け入れてくれる人に依存するタイプ」の共依存

無理な要求をして、それを自分が飲み込むのを見て安心している。

ぴったりはまっている二人だと思う。

それなのに、どうして周囲がこんなに反対するかがわからない。

こんな安心を得たことがないのなら、それを哀れとすら思う。

でも多分周りから見れば自分たちのほうが「酔っている」だとか「今だけだ」とか、そういう風に見えるんだろう。

戸惑いがないわけじゃない。

だけど、手放せない。

2018-11-17

anond:20181117130936

たまごっちなついな…2014年頃アニメにはまっていました

成人なのに子供のふりをして「たまGOランド」にログインして、なんともいえない背徳感を味わったりしていたよ

いまでもハッピーハッピーハーモニー聴く自然と涙がこぼれます

はぁ…

むずかしい→むずい

はずかしい→はずい

なつかしい→なつい

もどかしい→もどい

2018-10-30

死ぬ気はないけど死にたいほど辛い

自殺は失敗したら悲惨だろうからしたくないし、そもそもそんなエネルギーがありません。

眠ってそのまま死にたい

40代未婚、女性恋人なし。収入はいいほう。猫が家にいる。

心療内科でお薬もらって、会社事情を話して業務負担を軽くしてもらっています

カウンセリングも受けています

20代からうつ寛解と再発を繰り返しているけれど、うつ症状の出方が違うので過去のよくなった経験が活きない。

今は会社に休まず通い、そこそこ成績をあげ、いい役職名を与えられている。正直仕事簡単

もっと成果を出したい!と頑張ると心が弱るのでそこそこでやめてる。

部下から仕事ができて素敵、と、女性管理職への妬みの半々が向けられている。

それはあまり気にならない。

あえて言うと恋人がいないくらいで、困っていることはない。

なのに死にたい明日を迎えるのが辛い。今日を終えるだけで苦しい。

安楽死が選べたら選びたい。

そのくらい思い詰めているのに、「つらいのに頑張っていて、苦しいのは当然よ」と共感してくれるのはカウンセラーだけ。

孤独なのだろうか。

親に話したらどう思うだろう。できれば隠したい。

残された人のことなんかしらない。私は苦しさから逃れたい。でも、何から逃れたら苦しくなくなるのだろうか分からなくて逃げようがない。

うつなら休むべきだろうけど、遅れてとった夏休み地獄だった。5日間死にたい気持ちをやり過ごして疲弊した。

明日も定時に会社に行く。

心のなかは死にたいと思ってる。それでも、生きないといけない理由がわからない。

誰に助けを求めていいのかわからない。

早く終わりたい。

猫が私になついているので、ママがいなくなったら可哀想だと思う。でも、人見知りしない子だから他の人が可愛がってくれるだろう。

ママが帰ってこないことにしばらくさみしがるだろうけど、そのうち忘れるだろう。

もう疲れた。誰か助けて。

2018-10-15

絵本読み聞かせと称する作者トークショーがひどかった

子どもと立ち寄った書店絵本読み聞かせイベントの準備が進んでいた。

テーブルにはどこの本屋でもよくみかける人気の絵本が置いてある。

作者本人が登場して読んでくれるという。

始まるまであと20分ほどと待てる時間

タイミングのいいところで来たな、ラッキーくらいに思って席を取った。

図書館や他の本屋で催される読み聞かせは、子どもたちの前で絵本を広げて読み手の肉声で行われるが今回のイベントは趣が違った。

スライドマイクが用意されていて、絵本の絵はパワポ流れる

しゃべくる作者の声がスピーカー本屋の隅々まで届いた。

目の前で聞くにはうるさいくらいのボリュームだった。

読み聞かせをするとアナウンスしていたのに、最初の出し物は昔話を90年代ポップス風で歌う謎のカラオケ

作者は「一番盛り上がってくれた人にはご褒美あるから」と

「フアッ・フアッ・フーーホゥ!!」なる酒の席みたいな合いの手を観客に要望してくる。

で結局、最前列で一番頑張って合わせてた男の子無視してご褒美は立ち見の若いお母さんへ。

席へ戻りしな男の子にもシール一枚渡してたけど、はいはい頑張ったねみたいな、犬に餌やるようなついで感。

「今のお父さんお母さんは昔話をあまり知らないか世代の曲に載せて覚えやすしました(笑)」って

はなさか爺さんや桃太郎も知らないでしょって馬鹿にしてんのかと。知らなかったのお前なんだろと。

アムロちゃんの曲を作曲したこともある知り合いに作ってもらいました」か知らんけど子供と一緒に歌えないからいらないよ。

肝心の絵本だってちゃんと読まない。

ページごとの製作意図をいちいち説明してくる。

一見楽しそうに作者がしゃべっているから聞いてるほうも楽しい話をしてもらっている気になってくるけど

そもそも私がここにいるのは子どもにおはなしを聞かせてあげたかたからだ。

おじさんのトークショーだったら開始前から待ったりはしなかった。

普通読み聞かせはまだ始まらないのか。

早々に辟易していたが、作者一番人気の絵本がまだ登場していないのでそこまで待とうと思った。失敗だった。

その本をスライドに映した作者は「子どもウンコが好きなんです」と述べると

力強く「ウンコー!」と叫んで子どもたちにマイクを向けた。

子どもたちも元気いっぱいに「「ウンコー!」」のレスポンスを返した。

ウンコー!」「「ウンコー!」」

ウンコー!」「「ウンコー!」」

ウンコー!」「「ウンコー!」」

ウンコー!」「「ウンコー!」」

最低だ。

うちの子は固まっていたのが、まだ私にとって幸いだ。

ステージのすぐそばにはブックカフェ

イベント関係ないお客さんが静かに本を選んでいるど真ん中で。

何を言わせてるんだ子どもに。

フィリピンだかで現地の子どもに卑猥言葉を言わせて遊んだバカッターのことを思い出した。

子どもの素直さをおもちゃにされていると思った。

一緒にいた旦那トークショー全体の感想として面白かったと言っていたし

ノリで言ったらみんな笑って見ていたよ。

ただあれは大人向けのイベントだった。飲み会のノリでやることが事前にわかってたら避けたのに・・・

もうすっかり作者が受け付けなくなった私がとりわけ苦々しく思うのは、

子どもが好きでもないのに、子供向けの商品お金を儲けようとすること。

子どもが好きっていうのは、子どもの考えを尊重できたり、観察眼が優れていたり、よりよい未来提供したいという思想を持っていること。

子ども動物でしょ、ウンコでしょ、女の子はお洋服でしょ、お母さんは感謝でしょって

それ作者本人の実感として思って無いじゃん。いらねぇいらねぇ。

子供動物か好き"らしい"から作る動物絵本は、作者自身動物好きだから作る絵本には敵わない。

シロクマペンギン食べないんだよ!

金儲け主義自称絵本作家はもっと自分趣味全開の作品作ればいい

お坊ちゃまくんや学級王ヤマザキ(あと両さん?)みたいな拝金ゲハゲハ路線小学生は大好きだからそっちのほうで才能開花してください。ぴったり。

なんでか眠れないくらい思い出して腹が立ったので増田に投下します。

長くてすみません

2018-09-18

息子だけど、親権押し付け離婚した母親について

そういえば自分の周りに親権を押しつけて離婚した母親がいたなあと、元増田を読んでいて思い出した。

もう20年近く前の話だし、元増田の元家庭とはずいぶん環境も違う。

記憶も定かでは無いけれど、「親権押しつけて離婚した母親」がどう見えたか、息子の立場の思い出で自分語りする。

母親最後に見送ったのは私と弟だった。

私の母親は、私が10歳の夏に家を出ていった。

母親の姿を私が最後に見たのは自宅の玄関

私と弟が学童保育から帰ってきて一息ついたあと、入れ替わりで母親は家を出ていって、そのまま帰ってこなくなった。

私と弟がどこにいくのか尋ねたところ、

ちょっと買い物に出かけてくる、あんたたちも来る?」と母親は応えた。留守番をしている、と返したと思う。

まだ日が落ちる前で外は暑かったし、エアコンが効いた部屋から出たくなかった。

それが母親と面と向かって話した最後の会話だった。

その日以来、母親は帰ってこない。ずいぶん長い買い物である

父親が帰ってきたのは20時ごろだったと思う。

母がいっこうに帰ってこないから、勝手レトルトカレーを食べるか迷っていたところだった。

そこから記憶あいまいで、「お母さんは買い物に出かけている」と父親に伝えたこと、その日は結局帰ってこなかったこと、

翌日の夜に「お母さんはもう戻らないんだってさ」と父親に伝えられたことは覚えている。


日経ってから改めて、「お前たちはどうする?お母さんについてくる?」と父親に聞かれた。父と母だけで子供に見えないところでやり取りをしていたんだろう。

私と弟は、間髪入れずに「父親についていく」と伝えた。

子供ながらに、「父親は家に住んでいる、母親は家を出た」「父親仕事をしている、母親パートタイムで働いている」「母親と一緒になるのは不安しかない」と思ったから。

その日からしばらくは子供部屋ではなく、父と母親の部屋で寝ることになった。

父親には「お父さんが寂しいだろうから」なんて言ったけど、たぶん怖かったんだと思う。寝ている間に父親もいなくなったら、とかたぶんそういうことを考えてたんじゃないか

家庭事情、なぜ離婚したのか

正直なところ、離婚前後夫婦関係母親の状況について、父親に聞いたことはない。父の浮気のようなわかりやす理由があったのかも分からない。

当時は、父親の機嫌を損ねたくなかったから、そんなの聞けるわけがなかった。

私も弟も父親も、母親がいなくなって、各々で新しい日々を送ろうと四苦八苦していたし、そのうちに聞くタイミングを失ってしまった。

というかよく考えたら、父と母親の馴れ初めについてすら詳しく知らない。なにしろ私がそんなものに興味を持つ前に離婚してしまたから。

父の年齢から離婚時点の年齢を考えると33~4歳前後になるから、彼らはおそらく大学を出てすぐに結婚したんだと思う。

父は普通サラリーマン帰宅20前後母親も、私が幼稚園の頃からパート勤務をしてて18時頃の帰宅が多かった。

なにしろ大学を出てすぐ私たちを生んだわけだから我が家にも給料的には余裕が無かったはずだ。

共働きということもあって、私と弟は小学校に入るとすぐに学童保育に預けられた。

周りの友人たちの母親専業主婦ばかりだったし、いま思えばマイホームを持った落ち着いた家庭が多かった。

記憶にある限りでは、私の母親PTAなどにもほとんど参加していなかったと思う。地域での友人関係というのも無かったんじゃないか

当時は家の鍵を渡されてなかったから、学童保育から帰ったあとは玄関の前に座って、母親の帰りをぼうっと待っていたのを覚えている。

食事レトルトや総菜がほとんどだった。忙しかったんだろう。

離婚の経緯に関しては唯一、母親祖父から「あの子あんたたちを育てるのを投げ出した、だから勘当をした」という趣旨の話を聞いたことがある。

そのため、母が家を出て行った理由は、私と弟の世話に嫌気がさしたからだと思っている。

実際、当時の私と弟は問題児で、小学校でも幼稚園でも喧嘩忘れ物などの問題行動をよく起こしていた。

まり詳しく覚えていないけど、家庭でも似たような状態だったのだと思う。酷く手のかかる子供だったと思う。

そんな状態である上に、私と弟は昔から比較的父になついていた。母親から見れば「男3人と自分」という対立構造に見えるときも多かったんじゃないだろうか。

上に書いたように、父と母親のどちらにつくかのやり取りもあったから、子供目線だと「母は親権押し付けて出て行った」のではなく「僕たちは自分父親を選んだ」という意識を持っていた。

でも、こうして書いていると、やはり母親私たちと居ることが耐えられなかったんだと思う。

「買い物」に出ていく際の「あんたたちも来る?」という問いは、きっとそんな耐えられない息子たちと自分関係を確かめ意味言葉だったんだろう。

ごめんね、お母さんよりも冷房を選ぶような息子たちで。あの日暑かったからなあ。

離婚のあとのこと

断片的な記憶だけど、父親離婚届を書いているところ、書類を返送する際に「こんな男と10年以上いてくれて~~~」という趣旨手紙を添えていたことを覚えている。

父は「本当にお母さんと連絡したいと思ったら、この携帯番号にかけたらいいから」といって、母の連絡先が書かれたメモ電話機のわきに残してくれた。

何度か電話をかけた記憶はあるが、そのとき何を話したかはもう覚えていない。

しばらくは祖父母が手伝いに来てくれていたこともあり、私も弟もすぐに母親がいない生活に順応した。メモはしばらく壁に貼ってあったけど、どこかにいってしまった。

その後、母親祖父から絶縁されたらしい。

もっとも、何年かに一度は連絡がある、ないしは帰ってきていたこともあるらしいので、本当のところは知らない。

私が二十歳を過ぎたころぐらいに、祖母から母親と会うつもりはないか」と聞かれたこともあった。

ただ、そのときにはもう私も大学生だったし、妙な蒸し返し方をされるのが不気味で会うのを拒んでしまった。「会わなかったぶんのお小遣いをくれるなら考えるよ」とかなんとか適当なことを言って。

小遣い自体は実際にもらった。

大学時代、祖父母の援助で車の免許を取得させてもらった。

あとから聞いた話によると、これは母から祖父母に「息子のために使ってほしい」とあずけられたお金から出されたものとのことだった。

祖父から「残りは、いつかお前たちがいい人を見つけて結婚式をするときに渡したい」と言われた。

父と母親の間で、慰謝料だか養育費だかの金銭のやりとりがあったかについては、知らない。たぶんもう知ることもないと思う。

私のその後

離婚してすぐに一家4人ですごしていた家からは引っ越すことになった。

学校が変わったことがきっかけで、無自覚問題児から自覚のある問題児に変わった。

父親との関係とは紆余曲折あったものの、大学までは出してもらった。

その間、母親がいないことで不便した記憶というのはほとんどない。保護者参観に親が来ないことにもすぐに慣れた。

中高生ときから料理をするようになったし、親が家にいないおかげでのびのびと生活していたから、むしろ恩恵のほうが大きい。

最近になって若干面倒になってきたのは、職場の同僚や知人から

「いつ結婚するのか?」と尋ねられること。

これは母親がいなくなったこととは直接関係とは思うけど、異性と生活を共にして、家庭を持つイメージがどうしても持つことができない。

おじいちゃん、お母さん、ごめんなさい。どうも僕はあのお金をもらう気にはなれません。

母親をどう思っているか

今になって思うと、ひどく気の毒に感じている。

母親が私を生んだ年齢をすぎて数年が経つ。もし今の私が、私のような子どもを持っていたとしたら、おそらく私だって投げ出すと思う。

もっとも、母親が買い物に出かけた理由が、本当に私たちだったのかは知るよしもないんだけど。

元増田について

本当にお疲れ様でした。

自分語りをしながら、もしかしたら私も元増田の書いてるような「隠し通された子供」なのかもしれないのかなあ、なんて考えてしまいました。

ただ、いずれにせよ元増田さんの体験元増田さんだけのものですし、好き放題に増田で叩かれたり、長文で自分語りする父子家庭出身者が現れても、あまり気に病まないでください。

どうにかいろいろと上手くいくようになって、元増田にとってもお子さんたちにとっても一番傷が少ない結果になるように、祈ってます

https://anond.hatelabo.jp/20180918120625

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん