「浦添」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 浦添とは

2017-02-05

沖縄米軍基地について

沖縄で生れて沖縄で育って30年以上だけど米軍基地問題について気持を書いてみる。

正直なところ沖縄にいる人のうち米軍基地問題に興味がある人は半分もいないとおもう。

沖縄基地があるのは普天間や嘉手納や北部の演習場とか基本的には中部以上の場所にある。

そして沖縄都心である那覇沖縄南部だ。

よく問題になる騒音被害基地のそばでしか影響受けないので浦添より南に住んでいる人は米軍基地とかかわる事がないのだ。

沖縄住民の半数以上がそんな環境で暮している。

中南部に住んでいる人は北部に行く事も年に1、2回あるかないかだし行ったとしても基地の横を通るだけなので特に被害はないし興味もない。

そんな中で基地問題と言われても特に思い入れもないのである

かく言う自分基地のそばで生まれ育って、夜中に飛ぶヘリの音を煩いと思ってきたが

大人になって都心那覇引っ越してきたら静かでヘリの音もせず基地の事など忘れてしまった。

じゃあなんで基地反対の県民集会とか人があつまるのかというと

沖縄社会人ならわかると思うが労働組合がある会社だと普通に会社労働組合などから参加要請があるからだ。

参加すると休日出勤手当や組合参加手当がつくのである

なので自主的に参加する人や組合命令でローテーションで参加の命令がくる。

自分子供の頃に家族で何度も参加したが家で基地問題の話は聞いたことがないし、親は県民集会参加を仕事と言っていた。

大人になって会社に入ってそういう仕事がまわってくる事を実感できた。

那覇都心に住んでいる人が米軍基地より迷惑におもっているのが中国人団体客だ。

店や県からしてみればお金を落してくれる客でうれしいのはわかる。

しか一般人としてみればどこへ行っても中国人であふれレジは並びラーメン屋行列ができてる。

道には運転のおぼつかないレンタカーが走り渋滞する。

そっちのほうが生活している身にとっては迷惑だなーって思ってしまう。

これが沖縄生活していて感じている事だ。

2016-11-12

無題

大阪の人と話していて、沖縄の人の労働感覚の話になったんだけど。

確かに、男の人とか意識が低いかも。

那覇空港テナントとしてコンビニでも、1時間半後に出る航空券の発券を頼んでいるのにチンタラやってる。

非常にイライラさせられました。

そういう経験は私もした。

沖縄女性は、割と接客は上手かったり、人の気持ちを察するのが上手い人はいると、思う。

結婚式の余興のクオリティは高い。芸達者な人は、多いのかも。

伝統的な踊りを見て、ほぉって気持ちになったり。

沖縄は、基地やら国際大学もあって外人も多いので、パーリーピーポー(?)な人もいるようだし。

  

アラサーを超えて、飲み会の機会が増えたり、車社会で夏は炎天下から歩く機会がないせいか体重も増えるようだし。

  

だけど、表に出てこない苦労みたいなのがある。

  

エイサーって踊りがある。

沖縄は、旧暦を一部使っている。お盆は、旧盆になる。

うるま市なんかだと、若者エイサーに駆り出される。那覇浦添の方は都会だから、そんなこともないみたいなんだけど、

エイサー練習って、夜中の3時か4時までやるらしいんだよね。

20代前半限定なのかな。

職場の27才の子は、引退したって言ったから。

OBなんやかんやと、指導しながら厳しいらしい。

伝統の踊りを守るために、厳しいことを言う人もいるからこその伝統らしいんだよね。

ムラ社会的な部分ですか。

余所人間は気楽に見てましたが、なんか、大変みたい。

京都祇園祭とか、そうらしいけど。お嫁に出て娘が実家に呼び戻されて、その時期に山車の引き手の人の為のおにぎりお茶作りに駆り出されるとか。)

ほんと、働く意識とかはないけど、仲間意識とかはすごいのよね。

コミュニティーに馴染むまでが大変なのかな...。

私は、関わり合いを持たずに沖縄から去ることになったのだけど。

  

2012-02-04

とりかえしのつかぬ世界

二度と返らぬ宇宙

永遠に流れ去りゆく夢

新宿ネオンサインに包まれて

冬の夜の酒場

酒を酌み交わした友人達

何一つない闇の夜空を飛ぶ飛行機

いつまでも続く地下鉄の揺れの中のように

なまあたたかい夜のバンコック空港

永遠に過ぎ去りゆく夢

とりかえしのつかぬ

二度ととりかえしのつかぬ夢

浦添の夏の闇の中に

咲き狂う菜の花

闇の中に浮かぶサトウキビ

そして時を忘れた愛欲の時

すずめ達がさえずり飛びかう夜明

幼き日に住んだ家から

夕方の空に立つイチョウの大樹

すずめ達がさえずり飛びかう夕方

吉祥寺の古ぼけたアパート

小さな幸福と哀しみの彼女との日々

二度と返らぬ日々

蚊取り線香の匂う小さな部屋

日に日に暑さを増す夏の夜ふけ

二度と返らぬ人間達の日々

懐かしい人間達の日々

過去も 

現在

未来

決して捉えることのできぬ人間達の夢

いとしさに気も遠くなる人間達の夢

気の遠くなった私は

限りなく広がる虚空に溶け込む

かつてしたたか酒に酔った私は

上石神井の静かな夜道を歩いていた

今、したたか酒に酔った私は

二度ととりかえすすべもない夢を

夢見つづけている

この今も又

二度ととりかえしのつかぬ夢であれば

今、したたか酒に酔った私は

夢を見続ける

過去心不可得/雨宮第二

 
アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん