「イラスト」を含む日記 RSS

はてなキーワード: イラストとは

2016-09-27

どうして「BANK」のイメージパルテノン神殿なの?

googleでbank(銀行)ってイメージ検索したらギリシャ神殿っぽいイラストがたくさん出てきた。まさかUSの銀行ってみんなあんな感じなの?そんなわけないよね。なんでなんですか教えてください

(2/2) 「いらすとや」にイラストレーターが悲鳴 「仕事を奪っている」 : J-CASTニュース

また、井筒氏は「フリー素材サイトが新しいタイプ仕事を作り出していることも確かです」とも明かす。実際、自身作品を一部のフリー素材サイト販売することで報酬を得ているイラストレーターも出ているという。

もう手元にないかもしれないけど、昔のフリー素材集に、google:ジュン・オソンらしきイラストがあった。

どう考えてもパクる需要があるとは思わないんで、本人なんじゃないかな。

ちょっと前にはポイントサイトフラッシュ面白くて愉しませていただいた。あの七福神のやつ。

2016-09-26

天野喜孝価値とは

イメージイラスト天野喜孝っていうソシャゲ?のバナー広告を見て思って、天野喜孝自体集客力なんか無いだろと純粋に思った。

天野喜孝といえばやはりFFだけど、天野喜孝評価って、初期のFFを持ち上げる為、嫌われてる野村哲也批判する為に不必要に上がりすぎていると思う。

FFの良し悪しを抜きにして本当に天野喜孝の絵が好きな奴なんて本当にいるの?

天野喜孝が参加してるからそのゲームやりたいっていう人いるの?

自分SFC時代FF好きだけど天野喜孝の絵自体は古臭くて一般受けしない絵としか思ってなかった。

2016-09-25

http://anond.hatelabo.jp/20160925200816

タダで配る品質と同程度のものしか作れないイラストレーターがやっかむな。

小学生でもパソコンつかってイラスト作れる時代10年も前に到来してるのだから、こうなるのは必然

誰がイラストをタダにした? イラストレータが売れない時代を作った張本人発見

いらすとや

2016-09-23

結局イラスト描きたかったけど機会に恵まれなかった人っていっぱいいるんだよね

専門教育受けなくてもセミプロ並に上手い人ってクラスに1人はいたでしょ

そういう人と貧乏企業マッチングして最適化したらイラスト単価暴落したってことでしょ

クラウドソーシングで40提案して全部落選したのでまとめ

まだまとめてる途中なので後から追記してきます

部落選したので今月の収入ゼロ円です

コンペ32件、プロジェクト8件全部落ちました

信じられないけど本当の話完全に時間無駄でした

最低でも5万はイケると思ったけど考えが甘すぎた

ネット収入世界も甘くはない

才能も実績もない人間が夢を見てはいけない

楽に金を儲ける方法は無いし

クラウドソーシングはその中でも楽に金を稼げる方法ではない

いくらいくら儲けたとか

そういう言う話はよく聞くけど一切収入に繋がらなかった最底辺の話は

まり無いだろうからちょっと纏めてみよう

クラウドソーシングを始めた経緯と提案内容

長年懇意にしていた会社倒産してしまったためメインの収入が無くなり

その中継ぎ的に出来そうだったので初めてみた

手数料は確かに高いし価格も安いものが多いが半月締めで半月振込という速さとエクスフロー入金による確実は支払いはそこを差し置いても魅力に見えた

個人でやってると終了後二ヶ月後払いとかザラだし最悪未払いでバックれという危険性もある

その辺での摩耗や事務手続きの手軽さは気軽ではあった

もちろんそれがまとまった収入につながれば、の話だけど


提案したものは主にイラストアイコンといったもの

キャラモノよりはパーステクニカルイラストレーションがメイン


安い!安すぎる!だが安くなり続ける

先程価格が安いと書いたけどこの安さは限度を超えてる

しかも下がり続けている加速度的に

始める一年くらい前からクラウドソーシングの値段は見てたけど

その時から比べても半額以下の値段まで下落している

イラストの平均単価は一年前は20,000前後だったと記憶してるが

今は良くて10000円、手間かかるようなものでも1000円という依頼もある

酷いのになると提案金額は50000円だが枚数が100枚とかいものもある

時給換算で何十円

ふざけてるのかと思う値段

応募するほうも頭おかしいと思うけどこんなんでも5.6人は応募している

まり馬鹿みたいに安い値段の仕事でも応募して通るとは限らない


誰の投票であっても当てにならない

コンペ方式で公開された提案を良いと思った場合ユーザーとクライエントで投票する機能がある

客観的にどう評価されてるか分かるが投票されたからといって当選するとは限らない

ユーザー投票もそうだがクライエントから投票があってさえ落選した

最低金額以外は無視プロジェクト形式

提示金額の半額で提示しても落選するってことはもっと低い値段で受けてる人が居るってことなのか

どっかのブログかいてあったけど提案の答えは222円(ランサーズ提示できる最低金額

提案のうち一番低い金額以外は見向きもされない

みんなどうやってこれで生きてるのかわからない

この条件は実績にかかわらず全員が同じ条件でやってるのだから

値段が桁外れに低くそれでいてそう簡単に通らないのは殆どの人で同じはずなのだ

これでみんなどうやって生活してるのか

お題でイラスト書いて腕磨くために使うのが正しいのかもしれない

じゃあ良いところは無いのか

金を稼ぐ…という点では恐らく現状最悪の手段自販機釣り銭口パカパカしてたほうがよっぽど収入になる

しろクラウドワークスで月収25万以上が上位100人いれば良い方という世界

俺みたいに毎日6時間はやって無収入というのは稀だとして

殆どの人は月1万行くかいかないかじゃないかと思う

恐らくこれが改善することは無いしむしろこれからはどんどん悪くなる

クラウドソーシングマッチングしたのはタダ同然やタダでも作業したい狂人

タダで仕事をさせたい狂人だったのだから

競争に任せるままにしておけばタダと言うかたちで安定するだろう

つの産業崩壊を安定と言って良ければの話だけど

良い点もあった

自分が何が苦手で何が得意かを客観的理解できたことと

自分自分技術がもう社会必要とされていないことを見事に証明してもらったことだ

9/22進捗

ブログを書くと文章力上がってプログラミングうまくなるって聞いたから)

最近不眠だったり、会社から帰ってきてすぐに寝てしまい夜中に目が覚めてそのまま朝に~ってことが多かったのだけど、ゆうべは久しぶりにいい時間に眠りにつけた。(と言っても結局入眠したのは2時頃)

たぶん一昨日眠れなくて貫徹したからだと思うけど。

とにかく本当に体調が良くない。今日11時半ぐらいに出勤。道中、ずっと吐きそうだった。お昼ごはんも本当は何も喉を通りそうになかったけど、無理やりパックゼリーを流し込んだ。上司はいつも「無理すんなよ」と優しく言ってくれるものだけど、自分自身は罪悪感でいっぱい。ちなみに、前期休みすぎて今期分の有給支給してもらえていないので、休めば休むだけ給料が減る。今月の給料は(1万円の通勤手当を含めて)5桁だった。多分来月もそれぐらいになるだろう。

---

10/1のイベント合わせで友人と共同作業していた原稿がゆうべ11時頃にやっと入稿できた。当初、締切を9/18と取り決めていたのだけど、自分が早々に原稿を仕上げておいただけに、まさか約1週間も遅らされるなんて思いもしなかった…。

「8日間仕上げ」と書いてあったのでまだ間に合うだろう…と思っていたが、同人印刷所によくある「イベント合わせ締切」のページ。それを見たら9/21AMだったんだって。笑っちゃう。元々の9/18締切を遵守できていたら、入稿データへの変換込みでも余裕で間に合っただろうに。でもきっと、あそこの印刷所は優しいか指定納入日に間に合わせてくれる。以前自分営業事務をしていたときに、顧客要望規格外納期に困らされていたことが幾度となくあったので、それをよもや自分(たち)がやってしまうなんて、胸が痛む。「短納期申し訳ございませんが宜しくお願いします」なんて謝罪文を入れても、業者の窓口担当者の神経を逆撫でするだけなんで、何も書かなかった。

イベント当日に向けて、まだまだやらなくてはいけないことが山積みだ。他に作るグッズは缶バッジ2種、缶バッジ型のボトルオープナー、ポストカードダイカットステッカートートバッグフリーペーパー。あとそれから、展示ブースを飾り付けるためのポスターを何枚か。

人の心配ばっかりしてしまう。ただでさえカレンダー納期を1週間も遅らされたんだ。上に書いたグッズ類の原稿データは、まだ友人はほとんど完成していないだろう。特に気をつけなくてはいけないのが缶バッジ系のグッズとトートバッグだ。

缶バッジはこれも印刷所への発注必要で、納期が4~5日かかる。友人は上記のものに付け加えて缶バッジミラーも1種類作りたいという。ぶっちゃけ57mmサイズの350dpiなので原稿サイズはそんなに大きくなく、作成は困難ではないと思うけど… 日曜までには入稿するから間に合わせてくれ、と連絡し、自分は3種中の2種ゆうべのうちに終わらせておいた。今日帰宅したら残りの1種も完成させ、他のグッズ原稿に取り掛かるつもりだ。

それからトートバッグ。友人の希望合作イラストにしたいという。これは業者への発注ではなく、自分達で無地のトートを購入してアイロンで転写する方法製作するのだが、材料が何も用意できてない。原稿イラストも、合作するならする個人で作るものよりも早めの話し合いが必要だと思う。今日まで全く話題に出していないけど……。

それ以外でも、各自家で印刷できるとはいえど結局それぞれ原稿データ作成しなくてはいけない。果たしてこんな物量が当日までに間に合うのか?

最悪、間に合いそうに無ければ自分が手伝うと声もかけてあるし、助けることも出来るが、なにせ自身の状況(忙しいとか、体調がどうとか)を話してくれないし、どこかで言及しているわけでもないので、手の差し伸べようがない。

ついでに、イベント当日まであと1週間とすこししかない。

昨日も似たようなことをしたけど、こうして現状を書き出してみると改めて危機感を持てるので、相方のケツ叩きもできるし自分の筆も乗ってくる。相方から見えない場所ではあるけど、毎日進捗をまとめてみようか。

2日に渡るイベントが終わったら、一緒に晩ごはんを食べながら反省会をしよう、なんて死亡フラグみたいな約束をした気がするけど、増田に書いてることをやんわりと伝えてみようか。その前に、フラグ回収して本当に死ななければいいんだけど。

---

p.s カレンダーの納品当日に間に合わねえよ!って印刷から連絡きた。ウケる

やめたソシャゲの話

本格的に初めて遊んだアプリゲーはぷよクエだった。

ぷよぷよコンパイル時代からは知っていたけど、俺自身パズルが苦手だったからずっと手を出してなかった。

それからぷよぷよフィーバーが出て、アコール先生一目惚れしてそれからずっとぷよぷよをやり続けていた。と言ってもエンジョイ勢ぷよひろいだけど。

んで、しばらくぷよぷよ20thをやり続けて、ぷよぷよクエストなるものサービスが始まるとフォロワーから聞いた。俺は即事前登録をしようとした。iPhoneの方が先に登録できるらしくてちょっとお得だった。

最初は無課金でダラダラ続けようとダラダラ遊んでた。最初にアコール先生を選べなかったのは不満だったけど次に好きなリデルがいたから良しとした。

開始したてのぷよクエはなんていうか酷い出来だった。課金ガチャからは☆2のカードボロボロ出てくるし、バランスも滅茶苦茶だったし、アルルシェゾルルーサタンも居なかった。イラストも使い回しばっかりだった。大好きなアコール先生も案内役としてはいたけど実装されていなかった。

それでも俺はぷよクエを続けた。フォロワー愚痴を言い合いながら遊ぶゲームは今思うと楽しかった。

やり続けていくうちに原作キャラストックが尽きたのかどうかは分からんけど、段々と元々いたキャラは影を潜めてぷよクエオリキャラが出まくるようになった。

ま、それでも好きなキャラが居ることには変わりないしって思ってひたすら好きなキャラを集めた。アコール先生は追加されたけど期間限定課金ガチャだったからそれなりに金を溶かした。

しかし、そのオリキャラ既存キャラよりも強力なやつらばっかりで、既存キャラオワコン化していった。

上位ランカーは次から次へと新しいキャラに乗り換え、ツイッターでもあいつはザコこいつはザコ言いまくってた。

ステータスを重視する奴がいるのは仕方ない。

古参オリキャラゴリ押しするなと喚いたし、新規もっと強いヤツだせと騒いでた。

ガチャ更新イベント更新がされる度に古参ぷよクエを叩きまくってた。

プロデューサーも叩いてたし、運営ツイッターアカウントには凸しまくるし、暴徒みたいだった。

それがしばらく続いて俺はぷよクエをやめた。

まさかぷよぷよが好きなフォロワー達の発言ぷよぷよを嫌いになりかけるとは思わなかった。

課金したけど悔いは無い。今もそう思う。

今は別のソシャゲをいくつかかけ持ちしてダラダラ遊んでる。

ソシャゲをやってる人とはあんまり関わってない。また嫌いになりたくないし。

2016-09-22

合同で出すイベントで締切落としそうな話

(暇な休日出勤の日こそ こっそり増田日和だね)

来る10月1日~2日に開催される某アートイベントに、知り合って1年ぐらいの友人と共同で出展するのだけども。

先日電話した時、5年後に漫画家デビューする!と高らかに宣誓しておったその友人は昨年に引き続き2回目の出展自分はこのイベントへの出展は初めて(二次創作同人はやってるよ!)。お互いイラストが得意なもので共同でグッズ制作をして展示販売しようというもの

一緒に出ようね!という話はその1年前から出ていて、本格的に申し込みを決めたのは7月の話。当落の発表は友人宛に1ヶ月前ぐらいに来てたはずなんだけど…

モヤモヤ~と、友人が言う「昨年は自由収入が少なく自家印刷手作り作品しか作れなかったけど、今年は印刷所に発注する形で本格的なものを作りたい!」というイメージけが先走っており、なんとなくの案しか出ず開催3週間前の9月上旬にやっと制作物の詳細を決めた。だいたい印刷所にグッズを頼むのは、特急とかそういうのを除いて1週間~10日ぐらい納期をみておかないといけない。

こちらからは一応ほぼ毎日進捗報告してたし、私がやる分は一昨日ぐらいに仕上がってたんだけど、開催1週間前近くなった昨晩になっても友人分の原稿が1/3ぐらいしかあがっておらず、「さすがに今日ぐらいには発注しないと当日に間に合わないぞ」と連絡を取ったところ、今日の昼ぐらいに「作業用のクラウドストレージファイル入れておいたので確認して」との返信。何件か新しいファイルが有ったのだけど、朝3時とか5時とか表示されているタイムスタンプを見るにどうも昨晩貫徹したっぽい……。

もともとその友人は自分身体の弱さについても言及しており(実際、以前漫画原稿徹夜作業をして入院までしてたとか、それ以来ちょっと無理すると翌日すごく具合が悪くなるようになったとか)あまり強くは言えなかったし、もしかしたら他所に提出する漫画原稿を同タイミングで抱えていたのかもしれない。

いや、twitterでもLINEでも一切そのような話(今抱えてる案件とか、体調とか)をしてなかったので知るよしもないんだけど……。

社会に出て半年も経てば、納期意識って多少ついてくるんじゃないか漫画描きを本気でやるつもりなら締切の意識って持ってるはずじゃないのか。

そりゃ知り合って1年しか経ってないかもしれないけど、共同でプロジェクトを進めるならお互い他にやらなくちゃいけないこととか、体調がどうだとかそういう情報シェアすべきじゃないのか。

どうなんだろう。

進捗どうですか、と聞いても、数十時間後にこれ終わりましたという結果しか返ってこない。ぶっちゃけ友人とは言え他人なのだし、どこまで踏み込んだ話を聞いていいのかもわからん

まぁ、そういうやり取りが出来ない相手なら、一緒にプロジェクトを行うべきでない、と言われればそれまでだけど。

自分同人誌・グッズ制作経験ありなので、印刷会社でこのグッズを作るには何日かかるよ、という情報相手に開示したはずだったんだけど。

申込みは友人で、印刷会社アカウントを持ってるからとグッズ発注を請け負ったのは自分。これ、どっちが悪いんやろね。どっちもやろうね。

年1開催なんだから次に作るものなんていつでも決められただろ、万が一原稿先走っててイベント出展抽選落ちたとしても別の形で公開すればよかっただろ。もっと早く色々着手できたんじゃないのか。こっちは四半期に1回締切に追われてんねん。

という反省を込めた愚痴でした。

もう二種類、もう少し短納期で出来るグッズを作る予定なんだけど、そっちも友人だけ締切落としそうで不安です。

2016-09-21

語られることのない凄い4コマ

http://anond.hatelabo.jp/20160921121536

2010年頃、ヤングチャンピオン列に連載されていた「ププッピDo!」。

アオリは「ちょっとエッチな笑える学園4コマ!」

で、内容はというと

タイトル燃え萌えナース!」

1~3コマ ぶち抜きで裸の女の子の絵

4コマ目 鼻血出して勃起した少年が親指立てて「童顔巨乳がGOOD!」

こんな3コマぶち抜きで裸のイラスト書いて4コマ目にコメント書いてあるだけのものが続く

えっ、どこが学園4コマ?どこが笑えるの?っていうか、これが4コマって呼べるの?

いろいろ衝撃を受けた。もうこれは漫画ですらない。

漫画が盛大に崩壊した例として単行本が出たら買おうと思っていたが

とうとう単行本が1冊も出ないまま終わった

2016-09-20

http://anond.hatelabo.jp/20160920133557

わざとらしい百合営業なんか腹が立つわ

イラストとかで女同士で半裸で抱き合いながらも目線はこっちみたいな「男目線テンプレズ」的なねっとりした気味悪さがある

本題とは全然違う意見だけど

2016-09-19

映画聲の形感想ネタバレあり)

いじめの様子を目の当たりにして、僕は劇場に来たことを後悔した。

原作である漫画は全巻読んでいて、事の結末まで全て把握しているはずだった。

それでも、イラストだけでなく映像という形で視聴する事で、これが初めて観る作品であるかのような衝撃と胸が締め付けられるような感覚を得た。

「このままだと孤立するぞ」と事前に忠告をしていた将也。

筆談ノートで授業の内容を伝えようと奮闘していた植野

手話を通してコミュニケーションを取ろうとした佐原

最後に硝子に抱き合ってくれた川井

いじめを招いてしまった当事者のみんなも、いじめに対し悪気は無かったのだと思う。

けれども、将也を中心とするいじめは次第にエスカレートし、植野はそれを一緒に楽しみ、佐原は辛くなり途中で逃げ出し、川井は見てみぬふりをした。

川井台詞は後の将也に対するいじめの決定的な理由を作った。)

高価な補聴器の紛失と故障きっかけとなり、硝子は転校し硝子へのいじめは収まった。

ただ、いじめの矛先は将也に切り替わっただけで、硝子へのいじめが明るみになった事が、いじめのものを無くす方法にはなっていなかった。

将也と硝子の自殺未遂共通していた未遂の発端は、2人の弱さにもあったと思う。

いじめられ孤立し周りが見えなくなった将也。

作中、周りの生徒の将也に対する誹謗中傷台詞は、将也自身の声が当てられていたが、卑屈で自意識過剰になった将也のメンタルが反映されていたと思う。

また、自分へのいじめは見て見ぬふりが出来たものの、想い人が嫌な目に遭っている事に、ついに耐えきれなかった硝子。

小学生の当時から生きやすいように、自分にとって都合の悪い部分から目を逸していたものの、それを直視せざる得ない状況になって限界を迎えてしまった。

決して2人だけが悪いという話ではない。

かと言って、誰が悪いというわけでもない。

コミュニケーションのぎこちなさが、微妙な噛み合わなさが、作中の登場人物が置かれたいびつ状態を作り上げてしまったと感じる。

ただ、2人に関わった人達が硝子の未遂と将也の転落事故きっかけに少しづつ変化し、将也の通う高校学祭を迎える事となる。

そこで、ついに将也の雨空のような視界が晴れやかとなった。「×」が付いていた周りの人達の顔から「×」が全て剥がれたのが、将也自身の心境に変化が生まれ証拠だろう。

硝子についても、植野に対して手話で「バーカ」と言い返していた。人に対し言いたいことをきちんと言えるような人に変化したのかもしれない。

物語終盤は、2人の未遂を乗り越えて成長した人たちの様子が描かれていたが、同時に視聴者である僕達の変化も期待されているのかもしれないと感じた。

この作品におけるいじめは、身体障害を持つ硝子の身にのみ起きたものではなく、健常者である将也の身にも起きた。

聴覚障害という硝子の身体障害きっかけではあったものの、それが無いと起こり得ない話だとは感じられなかった。

作品の中で植野は「西宮最初からいなければ良かった」と硝子に対して直接言ったが、後にその植野自身手話を覚えたという事実だけで、硝子のネガティブ気持ちはだいぶ軽くなっていたと思う。

聴覚障害者、ひいては身体障害者が持つ障害という名のちょっとした壁を、たったそれだけをきちんと考慮し、周りの人が受け入れ取っ払おうと努力する事が出来れば良い話なのかもしれないと感じた。

それは身体障害者だけではなく、他の極一般的な人たちに対する差異理解にも通ずるものだと思う。

万人がそういった感覚を持つことが出来れば、いじめは無くせると思う。

そういった理解を助けになったこの作品を視聴することが出来たことは良いと思えた。

もう当初の後悔は無い。

Pixivタグ

一部の二次創作に対して「このタグを付けろ」「このタグは間違っている」と自分が考えた最強のタグ強要していた人達がいた。

公式まで巻き込んでまぁご苦労な事です。

主に被害に遭ったのがオリジナルキャラクターを出していた作者たち。

罵詈雑言浴びせられた人もいて、筆を折った人もいる。それは本当に気の毒だと思う。

その強要の中心になっていたのがフリーの犬のイラストを使ってた白だか黒だか灰色だか。もう今はTwitterアカウント消して逃げたけど。

アイコンの中身と目された自称プロ作家の人がまた踊る踊る。犬アイコンと入れ代わるように踊る。

その人と過去対立したという人まで出て来て被害の取りまとめ。

警察持って行きます。届けを出します。

告訴は出来る状況ですが、自分の体調を考慮して告訴しません。

ここまでは、まぁ理解範囲内かもしれない。

アイコンが暴れたジャンル同人誌します。

この日とこの日のイベント申し込みました。

今、原稿頑張っています

告訴しなかった時点でとりまとめをしたその人ができる事はもう注意喚起くらいしか残っていないはず。

体調悪いのにイベント参加するのか。どの面下げて参加するつもりだ。

参加するなとは言わない。別のアカウントで別名で参加するべきではないのか。

無用トラブルを起こそうとしているようにしか見えない。

この話はまだ何も終わっていない。

2016-09-16

はてこのヘイトスピーチについて誰か検討しといて>法曹

なんではてこがこんなに気持ちいか自分でも気になるので。

はてこはもともとあらゆる誤解釈の大得意な感情的なおばさんなんですが(はてぶたくさんついたやつで病気以外のを読めば大体わかります

http://trendersnet.com/archives/2069.html

まずヘイトスピーチの取り締まり対象は「日本国外の人」へのバリゾーゴンじゃないですかやだー。

アイヌ民族って外国籍なんですか??弥生人縄文人とおなじ同じ日本人ですよね。居住してればいいってもんではない。

 

はてこそうじゃなくてーっていいそうだからちょっと「はてこの空想に沿うヘイトスピーチ法があった場合」について法学的に知りたいので自分でもちょっと考えてみる。

「たぶん「いけないんだもん!だれかを嫌い死ねっていったら悲しいにきまってるでしょ!あたしが代理で怒ってあげる!」みたいな奴だとおもう。

 

・はてこが取り上げるまでゲーム特定キャラクター民族名で呼ばれて「死ねよばわり」されていることは同じゲームプレイヤーであってもさほど大きく知られていなかった

ヘイトスピーチの成立要件はまさにその相手を「ヘイト」して「相手に伝わるように(不特定多数に)」スピーチすることであるとすると2つの要件を欠いているのではないか

・もしゲーマーが内輪への伝達目的でそのような行為をしているだけなら「キャラを」憎んでいることを「一部」に伝えようとしただけなのでヘイトスピーチ未遂であったのではないか

・はてこは「ブログで広く伝える」ことで一部の知識ブログスフィア中にかなりひろめた。またキャラ民族との客体の錯誤があるのを敢えて同一視。未遂既遂にする幇助になる取り上げ方をして事件を醸成しているのではないか

・またゲーム会社声優にとっては(いつものよくある)業務妨害クレームなのではないか

青春も通り越して遠いのに大人になれずアイヌさん本人に調べもせず(ヨッピー話題になったのはちゃんとトラブル弱者側でつき添ってるからと思うよ)ホント勘違い甚だしいか気持ち悪いんだなー。なんでそんなに代理戦争したいのかとか、ブログ傭兵なのとかそのへんが気持ち悪いんだと思う。あとこの勢いで議員立法とかされたらやだ。そこまで影響力ないだろうけど。(保育園落ちた日本死ねとか草○や○い死ね規制されるようになるとほんと言論統制と思うよ)

はい自分は)すっきりしました。

おっと気持ち悪い(自分法律をふりかざす)おばさんはどこにでもいるからみんなはゲーム愚痴もお行儀よくかかなきゃだめだぞ。(ツイッターでも規約違反からね)

 

追記

はてこさんは原本30年前のミスマナーズの本をひっぱりだしてきましたけど、そこから2016年日本社会への適応作業を怠ったおバカさんという自白イラストつきでやってるわけでしょうか。ご苦労様。

フィクションではありとあらゆる名前アイデンティティーが使いまわされています。なんにでも手垢がついてる。

はてこだのもちおという名前を使って表現をするにあたって、もちおはすでに出ている名前でないのかよく考えて普段行動してるつもりなのかなと非常に疑問。

もちお病気」と書くことは、全国の「もちお」さんへのヘイトスピーチに当たるのでは? なんて絶対気を使ったり考えたりしてませんよね。

 

そうならないように、フィクションへのヘイトは、実世界でのヘイトと同じにあつかわないように、読み手気遣いする。具体的には前後文脈考慮に入れる。

これもみんなが守るべき不文律では。

読みとれずに誤解する人には18禁とかで手が届かないよう規制かけてる。

自分が読みにいって他人に繊細な俺が傷ついただろ気をつけろよ!って言って回るのってこどもだけに許される傲慢

はてこは「架空表現」禁にしてください。ほんとお願いします。こっちくんな。

2016-09-14

トレスパクリ?)疑惑画像で初めてアイナナのイラストを見たんだが

どうしてどいつもこいつも女の子みたいな腰つきしてるんだ?

凄く不自然

一部完全に女の子っぽいポーズもあったが

(その子性格女の子っぽいキャラであえてそうしてる可能性もあるし。その辺はゲームやってない人間には判断不能)

全体的に気になるのは腰

イラストレーターに女っぽい腰つきの男が好きという性癖の人でも混ざっているのか

それとも男が描けない人にでも描かせてるのか

http://anond.hatelabo.jp/20160911212226

安野モヨコ浮世絵がまあまあよかったと書いた。

他の浮世絵はたいていダメとも書いた。

どうしてアニメ浮世絵とかがだいたいクズかの理由を述べていく。

いくつかパターンはあるけれど、一番多いパターンは、単純に見れたものじゃないというレベルのものだ。

そんなものが売れるのは

江戸時代から続く浮世絵の彫師摺師が作っています

っていう前書きがあるからだ。

こういっちゃなんだが、伝統工芸品というもの全般的に嫌いだ。

手で作ったからといって、伝統技術で作ったからといって、機械印刷したほうが綺麗なら、そんなもの価値はない。

元来、木版はどんな印刷よりも綺麗なものだった。

から価値があった。

おそらく、ここ数十年まではカラー印刷技術の中で最強の座を誇ってたと思う。

2枚の版木、赤、青で摺るとする。

1枚目で摺る。

1枚目の赤の版木が当たる部分、当たった部分は赤になり、当たらない部分は紙の地の白のまま、つまり2色の世界

2枚目の青の版木が当たる部分、一枚目の版木も二枚目の版木も当たった部分は赤と青が重なり紫に、二枚目の版木だけ当たった部分は青に、一枚目の版木だけ当たった部分は赤になり、当たらない部分は紙の地の白のまま、4色の世界

3枚の版を使えば、8色、4枚の版を使えば16色、理屈の上では指数関数的に色数が増える。

雑誌なんかで、表紙のすぐ下や、誌面の中頃に、一枚だけカラーページでグラビアイラストカラーページがあったりするのはわかるだろうか?

昭和の初期までは、あれを木版でやっていた。

しかも、浮世絵時代と遜色ないどころか、それ以上に15度20度と摺って色を重ねて印刷していた。板を彫って。ばれんで摺って。

しかもそれを、何千部発行したかしらないが、毎月作ってた。

キチガイ仕事しか思えない。

中でも、最もキチガイじみた雑誌はというと、毎号50度摺以上の手間暇をかけて、日本画の複製を誌面に挟んでいたある美術雑誌だ。

号によっては100度近い摺りを重ねたらしい。

色数の問題だけではない。

ほとんどの印刷技術は、オフセット印刷シルクスクリーンレーザープリントインクジェットプリントも、色の濃淡を色の粒の"密度"で表現している。

木版で使うグラデーションをつける技法は、粒ではなく無段階のグラデーションをつけることが可能である

人間が視認できる限界を超えたRetina Displayがでるまでは、真のグラデーションは木版の中にしかなかった。

そして発色である

から燃えるように強く出る色だ。

浮世絵技術で摺られた絵は、直後に触っても、手に絵の具は移らない。表面には絵の具は残ってない。

紙の繊維の奥から、輝くのだ。

いつものように、能書きが長くなったが、

江戸時代から続く浮世絵の彫師摺師が作っています

っていうことを強く打ち出した売り方だと、極端な話、出来のいい悪いに関係なく売れる。

普通印刷よりも汚くても、「それが木版の味です」として売れる。

たぶん、下絵もどんな絵なら工数ケチっても綺麗に仕上がるかなんてことも考えていないし、職方に高いレベル要求しないし、職方もそれを見抜いてそれなりの手間しかかけない。

企画元「安く版権が手に入ったから、斜陽産業職人を安く買いたたいて作らせて、オタクに高く売ろう」

職人「どうせわかりゃしないから、材料と手間をケチろう。どうせ工賃も半額に値切ってくるんだろう」

っていう思惑が誰でもわかる。

みれたもんじゃない0点の浮世絵、これがアニメ浮世絵の約8割。

実は、丁寧過ぎるのも嫌いなので、それについてもややこしいんだが、それについてはまた後日。

2016-09-12

2Dイラスト立ち絵採用したゲーム和風キャラが出てくる度に、

左右反転が死に装束でどうのと文句つけるヤツが出てくるのにいい加減うんざりする。

そういうのに限って顔の傷とか眼帯とかはノータッチなんだよな。

アイナナの問題で、もうこれ以上悲しい思いをしたくない


アイドリッシュセブン通称アイナナ。

女のオタクツイッターをやっていたら、知らない人はいないんじゃないだろうか。

女性向けリズムゲームアプリ。内容的には、最近多くあるアイドルものプレイヤーは彼らのマネージャーで、現在は二章まで公開されている。




私はこのアイナナをリリース当初からプレイし、一章まではクリアしたが、

・せっかちゆえに二章公開が待てない

・絵柄にありなっちを感じすぎてきつい

ノーツパチンコ玉に見えてしまい「私何やってるんだっけ…?」となり気が散る

これらの理由アンインストールしてしまった。完全に私事、あまりにも余談すぎる。特にノーツと絵柄、クソどうでもいい話である

好きな声優が出ていたので始めたけど、最終的にはまったくノーマークだった子を好きになっていた。

曲もキャラクターも好きだった。あのとき二章も公開されていたら、きっとまだプレイしていただろう。




ツイッターをしているオタクなら知っているとは思うが、少し前から、アイナナが炎上している。

ぶっちゃけ「ああ〜」と思った。ついにきたか、と。

キャラデザ公開のときあたりからうたプリに似ていると言われていたし、原案はあの有名なありなっちだし、いつか炎上するだろうなとは思っていた。まさか本当に炎上するとは…。

最初は軽い気持ちだった。「ソシャゲ好きだし、ちゃんと知っとかないとだよね」そのくらいのテンション




私は現在、わりといろいろなソシャゲをしている。特に男性アイドルものが好きだ。その中でもアイドルマスターSideMが大好きで、こんなにハマったのはエムマスが初めてだった。ちなみに、私はソシャゲ界隈で言うところの「無(理のない)課金兵」である

もともとアイドルマスターという作品は好きだったが、しっかりがっつり手を出したのはエムマスが初めて。エムマスは私にとって、初めて尽くしの大切なジャンルだ。

担当アイドルや推しアイドルのために課金をし、疑問に思ったことは運営手紙を書き、毎日P業を楽しくやらせていただいている。




私の担当アイドルは鷹城恭二くん。ハタチの元コンビニアルバイター。Beitという王子様系ユニット所属している。

恭二くんはスカウト当初のNカードだととてもぼんやりした雰囲気で、「やる気ならある……これでいいか?」とか言っちゃうような子だ。だがイベントなどを通して、同じユニットメンバー、他のキャラクターやP、ファン人達に支えられ、きらきら光るスポットライトへと向かってゆく。

その姿が、とても綺麗だで素敵だなあと感じる。一緒に頑張っていきたい。鷹城恭二くんは私にとって、そう思えるような存在だ。

初めてイベントSRになったとき、初めて声がついたとき、初めて歌を聴いたとき。そのどれもが嬉しくて嬉しくて、泣いたりだとか、友達お酒を飲んだりして騒いだこともある。




私の担当アイドルが、アイナナにトレパクされていた。

まりのショックに言葉を失った。大きな石で、頭をガンッと殴られたような衝撃。「嘘でしょ…?」と思った。

しかも、よりにもよって、おそらく多くの新人Pたちが初めて見るであろう、彼のアイドル姿のカード、N+のイラスト。私だって例外ではない、彼のアイドル姿はこのN+が初めてだった。

初めてこのカードを見たときぼんやりした顔から一変してとてもかっこよくて王子様みたいで、まさにアイドル!のような姿に、私は恭二くんのPになることを決意した。そんな思い入れの深いカード

それを、トレパク?それに、もしかして彼のことを初めて見る人は「鷹城恭二くん=トレパク元」という認識になってしまうのでは…?

とても悲しい。そして、とても悔しい。担当アイドルをトレパクされることが、こんなにもショックだなんて。

暫く呆然とアイナナ炎上のまとめを眺めていた。鷹城恭二くんは、そんなとこにいていい人なんかじゃないのに…とさえ思った。




アイナナのキャラクターも、今現在プレイしている人も、そのどちらも悪くない。特に最近よく見かける「アイナナ好きだったのに…」と悲しんでいたり問題に向き合ったりしているプレイヤーは、本当に報われてほしいと思う。

こんなにもわかりやすく構図パクやトレパクを堂々と行うイラストレーター、そしてそれを放置して肝心なことにはだんまり運営。私はその二つが許せない。

アイナナ運営私たち担当アイドルや好きなキャラクターたちを、言い方は悪いがオモチャにしているのだ。自分たち仕事に労力をかけず、元のキャラクターたちだけに考えられた魅力的なポーズをパクって、「どうです、うちのアイドル、最高ですよね?だったら課金しますよね?」とでも言いたげな態度。

私たちはアイナナ運営に楽をさせるために担当アイドルや推しアイドルキャラクター応援しているわけじゃない。




もう、これ以上この問題で悲しい気持ちになりたくない。

これ以上、鷹城恭二くんがあのまとめにのっているという事実を受け入れたくない。

鷹城恭二くんに、悔しい思いをさせたくない。彼は、もっと綺麗な場所で輝くアイドルなんです。




お願いだから運営もっとこの問題に向き合ってほしい。きちんと謝罪してほしい。どう見たって、トレパクや構図パクは明らかなのだから

問題が大きくなる前に、ファンや私のように悲しむ人がこれ以上増えないように、どうか、お願いします。

中の人から同人について言いたいことがある

2016-09-12

中の人から同人について言いたいことがある

あのね、いちいちね、エロ同人とか腐ったほうのね本の告発とかね、しないで欲しい

そんなくだらないことの対応させられる身にもなって

いやね、同人誌のこと知らないと思ってるかもしれないけどね

知ってるよ???

うちの会社コミケ出てるしね?企業ブース名前載ってるの見て無い???

この同人誌を書いてるやつが大もうけしてるんですよって

知るかよ!!!

そんなこと税務署に言ってくれよ!

そいつ同人誌いくら儲けてても、ぶっちゃけね、我々には関係無いの!どうでもいいの!

だって、その作品セックスもしないし、男同士の恋愛も取り扱ってないから!

そういう展開するつもりも一切無いから!

から別にその同人いくら売れようと関係無いんだよ

そこで商売する予定もなんもないんだからさ!

確かにキャラや設定使われてるんのか〜いいよなぁ〜1から考えないで使いやがってよぉ〜

くそっ好き勝手かきやがって〜とは思う

けどな

なんなの?裁判で訴えてくださいって

そんなことしねーよ

なんか前例?があったのか、いやに訴えてくださいとかいってくるけど

フツーは訴える前に、お願いするから

申し訳無いけど、あなた作品は、うちの商品に悪影響及ぼしそうだからネット掲載しないで、本も破棄してくれる?」

ってお願いするから

それで取り下げてくれたら良いんだよ。裁判なったのどうせ取り下げなかった馬鹿だろ?

個人に対して、警告無しでイキナリ賠償金払えとか、そんなえげつない真似するわけないだろ。どんな悪徳業者だよ。

こっちだって大事になんかしたくないし、裁判ってどんだけ面倒臭いと思ってるんだよ。

商売なんだから、そんなことしないよ!

ファンアートとか好きにやりゃいいよ、こっちが何も活動できない時期に宣伝してくれてんだから、まー別にわざわざ頑張って潰すほどの活動とも思って無いよ。

というか、ぶっちゃけイラストSNSサイトの中とか、コミケとか、専門の通販サイトで売ってる分にはどーであろうと関係いから。

どうせ、そんなとこ行くヤツは、勘違いしないだろ。これが公式だ!って

まぁ青い鳥SNSの方では、エゴサした時に出て欲しくないかキャラ名とか作品名えげつないのは、やめて欲しいけどな

え?じゃあなんでコレ公式アカウントで言わないのって?

それ言ったら、みんな勘違いするだろうが「公式お墨付きだ!」とか「これが公式だー!」って

いや無理でしょ

エロいのとか、特に困るよ。無関係でいたいよ。

から公式的にはノーコメントなの!

しろ

から何が言いたいかとまとめると

同人のことで、いちいち公式に問い合わせるな!どうもしねぇから!繰り返しあの件どうなりました?とか聞いてくるな!」

以上

ツイートする

Permalink | トラックバック(4) | 00:32






トラックバック - http://anond.hatelabo.jp/20160912003221

http://anond.hatelabo.jp/20160912003221

知ってるけど面白いからいやがらせでやってるだけだよみんな まだ気付いてなかったの?

http://anond.hatelabo.jp/20160912003221

この増田業界側の公式見解らしいのでプリントアウトしてばらまくわ

http://anond.hatelabo.jp/20160912003221

フツーは訴える前に、お願いするから

申し訳無いけど、あなた作品は、うちの商品に悪影響及ぼしそうだからネット掲載しないで、本も破棄してくれる?」

ってお願いするから

え?まじ?ちゃんと動いてるんだ

そんなこと言っちゃう同人詩を潰したい連中が大挙して通報してくるぞ

http://anond.hatelabo.jp/20160912003221

やめろと言われてやめるようなやつが通報してると思ってるのがそもそもの間違いだろうよ

なんのために彼らが通報してるか考えれば、この増田のように公式うんざりしているのはむしろ好都合なのでは。

2016-09-11

http://anond.hatelabo.jp/20160911233806

その嫁というのは車体にペイントされている「俺の嫁」というイラストのことですよね。

私がアイナナに見切りをつけた話

 「アイドリッシュセブン」、通称「アイナナ」をご存知だろうか。

 iOSAndroid一年ほど前から配信されているソーシャルゲーム、それがアイドリッシュセブンだ。

 近年人気ジャンルの一つになった「アイドル育成ゲーム」であり、そしてそのアイドル達が実際に歌う曲をゲーム中でプレイする、俗に言うところの音楽ゲームとして宣伝されてきた。

  豪華声優陣が演じるフルボイスストーリーも売りの一つで、着実に人気を得ていたアプリゲーム

この記事を書いている私も配信当初からプレイし、アイドル達の物語一喜一憂し、トラブルにも負けずに前を向く姿を応援していた。

 グッズは購入しないけれどその分アプリ課金して、とにかくハマっていた。

 最初は暇潰しに丁度いいや、と軽い気持ちだった。それがフルボイスのストーリーに触れ、追加されるカードイラストが見せる表情や動きに次第に傾いて行き、気付けば暇潰しどころか毎日の空き時間睡眠時間までも削るゲームになっていた。

 「でも、楽しいし推しのイラスト可愛いゲーム楽しい睡眠時間お金も惜しくない」、そう言ってゲームを続け、何かあればゲームに逃げ込んだ。

 推しは運営にも愛されている。だってカードを定期的に追加してくれるし、ストーリーキャラを崩されないし、誕生日だって祝ってくれた。

 アイナナにはキャラ誕生日ガシャというものがあって、そのガシャでは「誕生日キャラカードしか出ない」という仕組みだ。アイナナのガシャは普段なら候補生といって、所謂モブのRカードが平気で排出される。

 他のゲームでいえば、フレンドポイントなどで回せる無料ガシャで出てくるようなカード課金で回すガシャで出てくるといった具合。

 それが一切出てこない上に、大好きなあの子カードしか出て来ない。日々課金しては出てくるモブ辟易していた私にとって、まさに「神のようなガシャ」といえた。

 そうすればユーザーは「運営ありがとう!」と感謝するし、確実に欲しいキャラを手に入れられて苛々は霧散して、自然好感度が上がった状態になるのだ。

 仮にその後のガシャを回しモブが出て来ても、ユーザーは「また次の誕生日ガシャがある。もしかしたらその前に何か特別なガシャがあるかもしれない、あんなガシャを開催してくれるんだから希望はある」と勝手自分自分を納得してくれるのだ。

 言い聞かせ続ければユーザーはいつの間にか思考を停止するし、そこにトドメのように事あるごとに課金アイテム(石)を与えておく。

 アイナナは同じSRを特訓(合成)すれば、上位レアSSRになる。更にSRもRの合成で持つことが出来るカードがある。故に他のゲームより、課金が出来ない学生割合も多かった。

そんな中課金アイテムを多く配布したらどうなるか? 簡単だ、優しい運営を崇拝するようになる。

 課金している人にも石の足しになり、当然文句を言う人は少ない。


 CDを出せば必ずランキングCDTV話題などを公式アカウント――それもゲーム中に実際に出てくる大神万理というキャラが言っているようにツイートすることで、更にユーザーはいかに運営がアイナナを大切にしてくれているのか!と感動する。

 不定期だがプロデューサーレターというものもあり、ユーザーはより一層「このコンテンツ私たちが育てた」と優越感に浸れる。

 私もそうだ。日々の仕事で疲れ果てていたのを、そんな気持ちを抱くことで誤魔化すことが出来た。



 アイナナは最高だった。曲追加もストーリー追加も遅く、待ち飽きる時間だって楽しみになった。推しのカードが出るならそれくらいいいとさえ思っていた。

 私はTwitterもやっていて、そこではアイナナ好きの人とも他ジャンルの人とも繋がっていた。布教はしなかったが毎日何らかのスクショをアップし、公式からの告知をRTしては「可愛い!」と言う。

 アニメ化も決まった。冗談抜きで泣き崩れたし、フォロワーと喜び合った。楽しかった。


 その日も仕事帰りの疲れの中、Twitterを開いた。私は電車の中で思わず声を出しそうになったくらい驚いた。

 アイナナが炎上している。他ジャンルメインの人が特に苦言を呈しており、カードキメラトレスや構図パクだと訴えかけるツイートが回ってきた。

 更にキャラの設定パクを纏めたwikiまで出来ている。恐る恐る覗いてみると、そこには私の大好きなキャラの被り点を指摘する記述が並べ立てられていた。


 私は何とか空いた席に座ると、スマホを片手にしばらく放心した。身動きが出来なかった。

 ソシャゲ以外に疎かった私は「そのジャンルはアイナナの後に出たんじゃないのか」と、怒りで頭を真っ赤に染め上げてすぐに検索を掛けた。

 ……もう5,6年は続くジャンルだった。対するアイナナは一年。おまけに原案は、その長寿ジャンル同人誌を書いていたこともあるらしい。


 設定であげられていたジャンルだけじゃない。某アイドルゲームが好きなフォロワーさんが怒っている。

 アイナナ繋がりの人は皆黙するか、知らぬ存ぜぬという素振りツイートをするか、「こんなのありふれてる!」と言う人がほとんどだった。情けないことに、私も運営を信じてしまった。

 「たまたまじゃないの?」とツイートしたのだ。

 

 するとひとりのフォロワーさんがこういった。

「私がこの子をずっと応援してきたのは、その子アイドルとして輝く姿を見る為だ。最初は出番が少なかったけど、必死に出番を貰えるようにお金を入れてきた。全てはアイドルとして未来で笑って欲しかたから。

 このゲームカード制作の手間を減らしてやるためでも、素材を提供してやる慈善でもない。ステージで輝く姿を馬鹿にしないで」


 私はハッとした。私も、同じような気持ち応援してきたのだ。

 輝いてほしい。アイドルとしてステージで誰よりも素敵になった姿を見たい。だから応援するし、お金も入れた。


 …………それじゃあ、今私の手元で笑顔を見せるこの子カードは何だ?

 見れば見るほど似ていた。この笑顔ステージ上の姿も、この子であるはずなのに決してそうではない。あろうことかキャラ構成する骨組みでさえ、よそからつぎはいものだという。

 私の大好きだったアイドルは、他のジャンル人達がずっとずっと応援してきたアイドルを平気で横取りした材料で生み出された?

 ぐるぐるする頭で考えていた私の元に更なる衝撃が飛び込んできた。根岸綾香の問題だ。

 アイナナに登場する如月あると。それが根岸Pが自己投影しているキャラクターだ、というツイートだった。


 アイナナで「あると」と言えば、「如月あると」という人気女性アイドルという設定のキャラクターだ。

 この「如月あると」は、2(キャラ名は一応伏せておく)とゲームストーリーで共演し、公式ノベライズでは撮影現場でも仲良くしており、「ある坊」と呼ぶ程親しい仲なのだとも言われている。

 根岸PのTwitterアカウント名が「あると」であること。アイナナ関連の(恐らく製作に関わる重要な)情報ツイートしていることから裏付けが出来ると、スクリーンショット付きで流されていた。


 なんで?私がお金を払っていたものは他の人がたくさんの愛情を込めたコンテンツを平気でパクったものなの?ゲームプロデューサー夢小説ってどういうこと?

 グッズについても言及する声があった。やはりそちらも類似しており、眩暈がした。

 それでもツイッターのアイナナ好きは意見を変えない。寧ろおかしいと声をあげることを赦さない、異様な雰囲気のままTLが流れていた。私は先ほどの訴えと根岸Pの件を耳に入れ、ようやく決心した。


 アイナナに課金するのは様子を見よう。そして一度運営に問い合わせよう。

 大丈夫だ。あれだけキャラに愛を持っていた運営だ。ユーザーに優しいツイートを流し、プロデューサーレターまで用意する様な彼らなら、誠意ある対応で今後も安心して遊ばせてくれるはず。

 そんな期待もあった。私は運営メールを送り、調査を待った。何の根拠もなく調査してくれると思い込んでいた私の元に、翌日返信が届いた。


 内容は典型的挨拶それから「そのような事実はない」という否定

 ……調査は?と思った。ツイッターを開き検索すると、同じような内容が返ってきたというツイートを見かける。おまけに課金していないのに勝手に代金を請求されるという「課金エラー」も起きており、早急な対応をするべき問題ノータッチ

 愕然とした。どうして?なんで?あんなにキャラを、ゲームを大切にしていたなら、ちゃんとするべきじゃないの?


 「本当に大切ならその子固有のポーズや表情を考える。その子だけの煌きの一瞬を切り取るはずだ。アイナナは、そうじゃなかった」。

 私はあれだけ熱に浮かされ、運営を信じ込んでいた頭が一気に冷えて行くのを感じた。本屋でアイナナが表紙になっているのを見かけ、コンビニでアイナナの商品があると知らずのうちに嫌悪感を抱いていた。

 キャラは好きだ。ストーリー応援していた。運営も好きだった。なのに対応杜撰根岸自己投影。何よりもパクリ問題や他の俗に言うラレ元ファンの人を踏みにじった。

 ツイッターを見るとアイナナファンはみんな口をそろえ、「アイナナは悪くない」「どこにでもある」「他のゲームも被ってる」という。傷付いた人たちのことは顧みない。どこにでもあるという構図は、そのゲーム運営イラストレーターがきっと必死になってそのキャラの為に考え生み出した一枚だ。

 私自信、彼らのこともゲームも良く知らない。けれど彼らがアイナナのための素材集ではないことくらい分かる。

 それでも諦めきれずだらだらとゲームを続け、罪悪感や苛々、ファン言動への嫌悪を募らせていた時。ついに公式声明を出した。私は藁にも縋る思いで読み、乾いた笑みを零した。

 要約すると「パクじゃない。これからオリジナリティを追求し頑張る。」問題根岸に至っては、まるで怒られて不貞腐れた子どものそれだ。

 第三者機関への調査依頼さえせず、違うと言い張る運営絶望だった。そうか、彼らはアイドルを大切にしていない。他のゲームファンも、自分コンテンツキャラクターさえ「金になる存在」程度にしか見ていなかった。

 私はアプリアンインストールした。グッズを購入しないタイプだったので、何も手元には残らない。でもそれで良かったと安心した。

 ツイッターは相変わらず「嫌なら辞めろ」「アイナナを叩くな」と盲目的な意見で溢れている。一歩間違えば私もああだったのかと思うと、今回の件で傷付いた人やクリエイターさん達に申し訳ない気持ちでいっぱいで、トイレに籠り思いっきり泣いた。

 辞めた人達にもアイナナが好きで、運営がまともな対応をしてほしいと思う人だっているだろう。実を言えば私もそうだ。

 そんな人たちの意見さえ許さない。肯定しか受け入れない。まるで今の擁護派は宗教信者のようで、日々誰かを傷付けていることに気付かない。



 彼らはいつになったら気付くんだろう。存在しているだけで不安と怒りを与えるコンテンツ擁護する自分達という姿を、一度見つめ直してほしい。

 アイナナが今後も誰かの大好きなキャラを素材にするかもしれないのだ。標的は自分の大切なあの子かもしれない不安を、きっと他のユーザーは抱き続けないといけない。

 ストーリー中で、アイドリッシュセブン楽曲盗作されるというものがありました。盗作されたアイドリッシュセブンの子達は、喜んでいましたか

 それが答えです。ストーリーだ!創作だ!というなら、もう何も言いません。


 消費者にはこの件について言及する権利があります。私は気持ちの整理をするためにこれを書きました。

 終わって問い合わせ可能時間になれば、調べてから然るべきところへ問い合わせます。もうアイナナをプレイすることはないでしょう。アニメも観ません。

 でもきっと一緒に成長したかったあの子だけは忘れられないし、これから好きな気持ちと、好きになってしまったのが悪いことだと言う罪悪感も持ち続けるんだと思います

 ついさっき一縷の望みをかけて公式サイトツイッターもみました。でもやっぱり、なんにもない。

 残ったのは色んな感情と、このコンテンツ応援し続けたという一年間だけ。なーんにもない。あの子運営から愛されていなかったし、きっとあの子しか無い煌きも本当はどこにもなかった。

 まだ課金エラーにも対応していない運営。彼らがいつかまともになっても、私は今回のことが頭を過ってしまうから、きっともう戻りたくても戻れない。




 アイナナの人達はみんな切った。私がお金をかけて生み出していたのは誰かの憎悪と、哀しみと、不安と、傷だった。一年情熱を注いで愛を抱いて笑って楽しんで、手元に残ったのは途方もない罪悪感と虚しさだった。

 これでおしまいにする。アニメショップにももう行かないし、ツイッターも消すだろう。アイナナを見ればどうしようもなくなってしまうから

 でもあの子が成長する姿や煌くのをもっとたかった、どうなるのか一緒にはらはらして笑って泣いて前に進みたかった、あの子がいれば毎日頑張れた。私にはあの子必要だった。でもあの子は演じている人さえ、規模は小さかったけどやってはいけないことを起こしていた。怒ってる人がいた。だからもうだめだった。

 さようならアイドリッシュセブン。これを書いている時点で未練も何もかもたらたらなんだろうけど、私は元ユーザーとして、せめてもう誰もこんな気持ちを抱く人が出ないことを祈っています

2016-09-10

http://anond.hatelabo.jp/20160910162246

タイトル覚えてないけど、98年頃の北海道新聞夕刊(たぶん東京新聞も同じ)の4コマが「今は若者の間で相撲ブームなのヨ」ってネタ繰り返してて、このジジイの中ではいつまで若貴ブーム続いてんだ、と思ってた。毎年夏になれば「今の若者の間で雪駄下駄がオシャレとして人気なのヨ」ってネタも繰り返してた。何年も同じネタ繰り返すっていう。

産経のサラリ君も連載中ボロクソ言われてたけど、ベテランジジイ漫画家って社会風刺仕事のくせに時代についていけてないのが丸見えで見てて辛いんだよな。老害も甚だしいから、いいかげん若い作家に席を譲るべき。

って思ってたら長年やってた老害4コマが次々終了して、次の世代新聞4コマはじめたけど、新聞4コマ本来目的である風刺」がゴソっと抜け落ちて、どれもこれもファミリーほのぼの4コマで当たり障りのないものばかりでつまんないっていう。しか意味わかんないし。

そんな中でも「地球防衛家のヒトビト」はしっかり風刺もやって良いと思う。

ネットでたまに話題になる「きんこん土佐日記」は超面白い。ほのぼのしててるくせに、毒もかなり盛られてて風刺もしっかりしてくる。

新聞4コマでこのクオリティは中々見たことがない。

新聞4コマ電波枠、聖教のあおぞら家族が終わり、次はどんな電波がくるのかと思いきや

ちーちゃん家」っていう、普通新聞に載っててもおかしくない宗教無関係ファミリー4コマが始まって拍子抜けした。

まあ、毒もなんもない当たり障りのないほのぼの漫画なんで特別面白くもないが。

老害時代とズレた風刺不快なだけになりがちな中、植田まさし師匠はさすがとしか言い様がない。

かつての「まんがタイム」とかのつまらないファミリー漫画家絶滅した中、唯一生き残っただけはある。

ファミリー4コマ誌が日常萌え4コマで埋ってしまって、植田まさし師匠けが浮いているのは不憫。

植田師匠はそろそろ別雑誌移籍したほうがいいのでは。今の4コマ誌の読者層は師匠は求めてないでしょ。

表紙なんか萌え萌え美少女イラストの横におとぼけ係長が並んでて、かなりおかしい事になってるよ。

グラブ

グラブルってスマホRPGって銘打ってる割に難しすぎないですかね。


もっと気軽にポチポチできるのがスマホゲーのいいところだと思うんですが。


でも女主人公をはじめとした女性陣のイラスト可愛いので、多分続けると思います