「イラスト」を含む日記 RSS

はてなキーワード: イラストとは

2017-04-28

生粋いじめられっこグループを作ってみてはどうだろう?

いじめはなくならない。

なんでかは知らない。

学校でもいじめ会社でもいじめ。家庭でもいじめ

いじめダメぜったいと叫んだところでなくならない。

ならば発想を転換する。

いじめられても傷つかないキャラを作ってしまえばよいのだ。

多種多様いじめられっこが多種多様いじめを受けるアニメコンテンツ

いじめ助長になってしまうかもしれないという危惧はある。

が、いじめの矛先がそちらに向くかもしれない。

学校で生身の同級生に対して吐かれる暴言が、そちらに幾分シフトするかもしれない。

絵の描ける人は、それらのキャラいじめる絵を描いて発散すればよい。

文章の書ける人は、それらのキャラをひどいめに合わせる物語を紡げばよい。

どちらもできない人達架空チャットルームでも設けて叩ききればよい。

公式からは数々のいじめをうけて咽び泣くキャラたちのコンテンツ動画イラスト)が提供される。

リアルな反応が無いと面白くないと飽きてしま生粋いじめっ子もいるだろうけれど、

いぢめる対象がいなくなって2ちゃんなんかで様々なことを叩いている奴らにはウケルかもしれない。

一度そういうブームを起こして、人間の汚さを振りまいてみれば

ひとのふりみてわがふりなおせ

意外と、いじめはみっともないと気付くこともあるかもしれない。

AI搭載型のののしられっこちゃん。

微妙イケメンっちゃいけめんだけどキザでいけすかない奴。

ブラック企業社長っぽい精神論でなんでも乗り切れると考えている馬鹿上司

いろんな嫌われもの電脳力で具現化するのだ。

AI的なもの人権が認められるまでは誰も傷つかない。

要は喧嘩戦争できないかそっち系ゲームでウサを晴らしているのと一緒だ。

いじめゲームにしてしまえばよい。

ただ、この偏屈な世の中ではそれは受け入れられないだろうな。

※このアイデアナオトインティミライティインフィニティ? 良く知らない)さんの一連のクソコラ騒動を見ていて思いつきました。

2017-04-26

あるMastodonインスタンスで、ガバナンスの失敗を見た

デザイナーさんらしき人が親切心でそのインスタンスキャラクターを描いてくれたようなんだが、それがとてつもなくダサい。そのインスタンスから想起される要素を5つぐらい詰め込んで無理やり形にしたようなキャラクター。で、ちょっとタイムラインが盛り上がっちゃったもので、管理人としてはそれを一応採用しなければならないような空気ができて、ログイン画像にしてしまったようだ。そのうちサーバーエラーの画面にも登場しそうな雰囲気だ。

普段ぽつぽつとトゥートしていてフォロワーもかなり多い人というのが一定数いるのだが、このキャラクターについては全くコメントを発していないのが逆に目につく。タイムラインの流れは明らかにそれを褒める感じになっているのに。まぁ、「ちょっとそれは無ぇよ」と言ってもブロックされるのが落ちだろうし、悪い意味での空気を読む日本人的体質がここでも出てしまっている。

ガバナンスの失敗といっても、それは単に自分の好みから外れていただけでこれからみんなに可愛がられていくのかもしれない。自分にとってちょっと居心地がいいなと思っていたところが突然「くそダサぇ」感じになって単純に失望しているだけかもしれない。自分サイレントマジョリティ側であって欲しいというただの願望なんだろう。実際のところこのブランディング(?)によってユーザー増加の速度がどうなるかは、管理人しかからない。

ただ、数人の声がでかい人のお陰で、それ以上の人間がすっと離れていくというのはどんなコミュニティでも起こり得ることだ。個人管理人やる人は、偶然もらったイラストアイコンなりにすぐ飛びつくのではなく、どういう方向でやりたいかということについてもう少し慎重になってもいい。

そこが嫌になれば引っ越すか、自分で立てればいいのがMastodonのいいところだ。でも自分には別のイラストを描いて提案する技術も、サーバーを立てて運用する気力もない。ただその場所タダ乗りして楽しんでいたいだけだ。ただ、自分絵心が無いのがちょっと悔しい。

mstdn.jpアカウントを取ったらブロックリスト作れ

イラスト眺めて交流するメイン目的があるpawooと違い、mstdn.jpは(friends.nicoと同様)「なにをしていいかからない人たちの集合体」となっている
マストドン本来的には好ましい状態ではないが、まあ人がたくさんいてたのしーというネットにありがちの集まりなので現状致し方もない
ローカルタイムラインチャットする.jpnicoアカウントを取ったらすべきことは一つ、ブロックリストを作ることである

ローカルタイムラインを眺め、

これをするとWebマストドンの「ブロックしたユーザー」の数(mstdn.jpの場合)が50くらいになってると思う
そして、ローカルタイムラインがかなり静かになったこともわかると思う
そうなったらおもむろに投稿を開始すればいい

今日はすっごい疲れたので膣酒して射精管理してもらいたいぱお」

http://anond.hatelabo.jp/20170426004211

きのうTwitterを見てたら、広告枠でペンギンコスプレして白いレオタードニーハイ履いた少女が、股をおっ広げてV字開脚し股間をこちらに見せつけてるイラストがやたら流れてきてて最高にキモかったんだけど、あれがけものフレンズだったのかよ。。

2017-04-25

なんではちま起稿記事ホットエントリに入ってるんだよ

2017年4月25日22時前後はてなホットエントリに「【ガンプラ】完全にイラストしか見えないバルバトス話題に!これ本当に立体かよwwwww:はちま起稿」というフェイニュースにも劣る空前絶後ろくでなし記事が入ってたんだが?

24人もブックマークしてたんだが?

痛いニュースブックマークするはてなユーザも大概だと思ってたけどまさかはちま起稿ブックマークするはてなユーザ24人もいるとは思わなかったよ。

何?それともついに清水鉄平はてな工作するようになったのか?なあ…そんなわけないよなぁ…

〈追記〉23:30辺りで33人になってましたね。

はてブユーザー層的に工作の疑いの可能性が低いか自分で訝しんでいるのに陰謀論呼ばわりとはたまげたなぁ…

http://anond.hatelabo.jp/20170425144736

実際にAV女優ポスターになったら名前が載ってれば検索すれば一発だし、

詳しい誰かがこいつAV女優じゃん!って言って騒ぎになるだろう。

イラストに関しては一般的には萌え絵って時点で見たくない人が大半じゃないかな。

矢吹健太朗女子トレイイラストについて

一般の人が一般企業女子トイレの案内をあれにしたら糾弾されるだろうけど、矢吹健太朗だよ?

矢吹健太朗デザインを依頼したのだから

なのになんで一般ではーとかいう型にぶち込もうとするの?

なんでこの流れに一般的常識がーとか言うかな。

馬鹿なんじゃないの。

これがもし違う場面だったらどう思う?、じゃねーよ。違う場面なんかにならねーよ。

集英社編集部矢吹健太朗女子トイレの案内のイラストを依頼した。

これ以上でも以下でもねーよ。

と思っている。

http://anond.hatelabo.jp/20170425095031

たとえば、学園祭で空き教室臨時女子更衣室にするからその看板を描いてくれと頼まれたとして、おまえは下着姿の女性イラストを描く?

描いたとして、それを見た女性が喜んでくれると思う? 変態クズとして糾弾される未来しか見えなくね?

pawoo観測日誌 4/23-24 深夜

pawooは0時を過ぎて比較的まともな人が寝入った後に、性癖に関する一つの議題が決められて、ローカルタイムラインで熱い議論が開始される。

近ごろ、はてなブックマーク上で、pawooで男の娘ママについて話されていたという報告があがっていた。それに関連してか今日テーマは、メスイキであった。

最初の方はエネマを使ったアナニーのトゥートが話されていた。次第に前立腺開発が話の軸になり、多角的視点議論が進められた。催眠音声によるドライでもいけるという話、お尻の拡張不要なことや、乾電池ペン経験談前立腺開発はヤバいという噂話、ローションを使わないと腸を痛める注意など、知識から伝聞、経験談まで幅広い知見が集い、非常に有益会合となった。

この議論最中腐女子と思われる集団が、この主題について好意的だとトゥートする姿が散見された。これを目にした参加者数名は、このタイムラインの流れは、実は腐女子の介入により作り出されたものではないかという指摘を行なった。しかし、明確な証拠提示しているわけでもなく、陰謀として流された。

また、どうして、いろいろと解放したようなトゥート議論ができるのかという問いについて、ツイッター現実世界による抑圧がひどすぎたのだという意見があった。これを受けて、司法行政立法に、ち●こを加えた四権分立論が提起された。

途中、前立腺に関連したイラスト投稿されたりといった現象確認できた。

本日は以上。

2017-04-23

外注に出してたイラストに塗り忘れが有ったか

「こんな不誠実な仕事をする人は信用できません、今後一切おつきあいしません」

報酬わずに連絡先ブロックしてやった。

そもそも塗り残し=契約不履行だからこっちに非は無いし。

これで60万円浮いたから、来月は余裕ができたわ

ふにふにのかわいい美少女になれないなら

せめてふにふにの美少女イラストを量産する

ルナスティックイラストレーター

なりたいれーたー

2017-04-22

[]

本日美濃加茂市ミュージアム美濃和紙の里会館、郡上八幡城、

古今伝授の里フィールドミュージアムに行って参りましたわ。

せっかくだから、もう少し足を延ばそうとする繰り返しで、

小沢艦隊に釣られたハルゼー艦隊のごとく北に突進してしまいました。

わたくしの御髪が縦にカール・ビンソンですの。

美濃加茂市ミュージアムでは特別展信長秀吉家康

そして光秀の書状が展示されていました。

天下人四人の書が拝めるなんてありがたいですわ。

秀吉直筆書の筆運びがおもしろいです。

本田正信展で拝見した折り紙もありましたが、

掛け軸にするときに折り目で切断して向きを揃えていると解説がありました。

また、尊敬する相手に触れる前で改行する作法もあったそうですわ。

これは、わたくしに送られてきた手紙見直しませんと!

近隣の城についても紹介があり、ガラスの中でさら額縁に入っていた

加治田城イラスト

香川元太先生直筆の作品(本物)とのことでした。

絵が歴史群像の見開きとほぼ同じサイズで驚きました。縮小コピーじゃなかったのですね。

棒人間的な人物は米粒の表面に描けるくらいの小ささで作業の細かさに圧倒されました。

美濃和紙の里会館は地場産業である和紙の売り込みをしていて、

アーティストはともかく企業が正面に出過ぎている感じでした。

せめて入館料をとらないゾーンに展示されたほうが……。

アーティスト作品と一緒においてあった名刺のものが、

作品になっている点は和紙ならではでしたわ。

こうぞ5500gから長い工程を経て得られる和紙は220gとのことです。

日本各地の和紙が紹介されていましたけれど、

青森千葉神奈川香川長崎のみ和紙がありませんでしたわ。

羊皮紙のことを「パーチメント」と表記していて、

クイズゲーム以外に注釈がありませんでしたわ。

歴史上にはパピルス以外に樹皮や椰子の葉をたたいて合わせた「紙」も

あったことを知りました。

あと、入り口付近に「ギネスに挑戦!60mの手すき紙プロジェクト」の企画が紹介されていましたが、

よく紙をみると右下に小さく「※ギネスへは挑戦していません」と書いてありましたわ。

えっ?ええっ??

長良川沿いをさかのぼっていくと郡上八幡城のある郡上市に入ります

信号が縦になり、郡上八幡城の麓にある神社にも雪止め瓦

屋根から落ちた雪がいきおいよく人にぶつかることを防ぐ突起のついた瓦)が

使われていて、豪雪地帯に入ったことを感じましたの。

古い景観をとどめる町の中はうだつ上がりすぎて、うだつあがり症状態でしたわ。

郡上八幡城では難工事の際に人柱にされた

「およしさん(17)」が萌えキャラ化されていて、およしなさいと本気で思いました。

およしさんはデザイン東北ずん子さんに似ているというか、おキヌちゃんの系譜でしょうか。

LINEスタンプもあってかわいらしいです。でも人柱です。

関ヶ原絡みの局地戦で戦術的には負けながらも郡上八幡城を取り戻した遠藤慶隆は

成功した

小田氏治みたいですわ。

最後古今伝授の里フィールドミュージアムにつきました。

こちらは戦国大名、東(「あずま」でも「ひがし」でもなく「とう」)氏の

初期の居城である篠脇城跡の麓にある和歌ミュージアムです。

篠脇城は畝状竪堀群のある山城で、千葉から来たという東氏がその技術を得た

経緯がとても興味深いですの。

岐阜県北部にはマイナー戦国大名が多いのですわ。

そういえば途中の国道156号線デイリーヤマザキ連続で現れる場所がありましたわ。

古今伝授といえば

細川幽斎関ヶ原の合戦に際して生き残る切り札に使ったことが

有名ですけれど、まさにその古今伝授の源流にあるのが

九代目東常縁なのだそうです。

それに関連して和歌文学館では古代から現代までの代表的歌人が九人選定されていましたわ。

選者の意見があけすけに書かれていて興味深かったですの。

その上にある篠脇山荘歌詠みの会をする研修会館のようですが、

何もしていない時は立ち入りが可能で、縁側の椅子腰掛けて池と篠脇城のある山を眺めていたら

ホーホケキョの鳴き声が聞こえてきました。hウグイスですわ!

最初放送を疑いましたわ。おそらくヤマゲラの鳴き声も聞こえて、

いつになくリラックスしたひとときを過ごせました。

郡上市から一気に帰る際は地獄をみたわけですけれど……

高速(厳密には自動車専用)道路感謝ですわ。

"キャラコンテンツ"ってなんだろう

今朝方いつものように新聞を読んでいたら、艦これ赤城さんが描かれた全面広告掲載されていて思わず目をとめた。

よく見ると大阪王将艦これの4周年をお祝いして出してくれたものらしい。

全国紙フルカラーで全面広告掲載ともなると何千万もの費用がかかるだろうし、きっと近々艦これとのコラボがあるのだろう。

広告を見ながらそれを嬉しいと思う反面、最近は「またか……」と冷めた目で見ている自分がいることに気付き始めた。


艦これはよく"キャラクターコンテンツ"だと言われる。

もちろんこう呼ばれるのを嫌う人もいるみたいだけれど、魅力的なキャラたちが艦これにいっぱいいることは嘘でも何でもないし、そんなに悪い言い方だとは思わない。

実際にそれなりの数のイラストファンの人たちの手で描かれてるわけだし、キャラ人気が艦これの人気を牽引してる部分はそれなりに大きいと思ってる。

でも最近は、公式の動きですらあまりに今までのキャラ人気だけに頼りすぎた状態が続きすぎてて、キャラクターの魅力ってなんだろうって考え込んでしまう。

確かに最近コラボが増えたことで艦娘を目にする機会は多くなった。

すき家ローソンなか卯、直近では三越での日本酒などなど、これらは艦娘の魅力があってこそ成立したコラボだった。

だけどそれらは今までに築き上げられたキャラの魅力を押しだしただけで、キャラの魅力を新たに築き上げるものではない。

もちろん私服姿の艦娘が見られたりして新しい魅力が全く出てこないわけではないけれど、それは単に今までのキャラ人気があった上でそれに付随するものしかない。


"キャラクターコンテンツ"というのは、ゲーム書籍の中でキャラをどんどん動かしていって、それによってキャラの魅力をどんどん惹き出すことで人気を築き上げていくようなコンテンツだと思っていた。

艦これも以前はゲーム中で別作品とのコラボがあったり多くの関連書籍が発売されたりしていたから、その中で活躍する艦娘を見て世界がどんどん広がっていく様子にわくわくした。

それがいつのから艦娘活躍する場が徐々に減ってきてしまった。

ゲームでは今も新たな艦娘が登場するけれどもその魅力を惹き出すような場が設けられることはほとんどないし、毎月購読していた水雷戦隊クロニクルも実戦が始まる直前で半ば打ち切りのような形で終わってしまって以降新たな連載もない。

ほんの数日前、昔から仲の良い友人が追っているゲームで新作が発表されたらしく、本人は嬉しそうに沸き立っていた。

そちらも艦これと同じようにキャラコンテンツと呼ばれることが多い作品だが、友人に雑誌(?)を見せてもらって少し覗いてみると、今まで登場したキャラが新しいキャラと絡んでいたり既存キャラ同士で新たな関係を構築したりと、様々なキャラが存分に動き回っていた。

別のゲーム同士でのコラボもあったようで、艦これの初期の頃を偲ばせるような空気をそこに感じた。

"キャラクターコンテンツ"って本来はこういうものなんだと思う。

羨ましくもあり妬ましくもある。


もちろんコラボ自体否定してるわけじゃないし、コラボがあればやっぱり足を運んでしまう。

けれども、キャラの魅力を作り出す場とその魅力を最大限生かす場のバランスはもう少し取ってほしいと思う。

コラボ物欲は満たされるけれどキャラの魅力は増えない、このバランス

「まだ売れてるうちに売る」というビジネスライクな風潮だけではあまりにも寂しい。

2017-04-21

http://anond.hatelabo.jp/20170421022039

BLイラストと括られてもなあ

お前はあの矢吹神の作品がただのエロコメイラストに見えるのか

http://anond.hatelabo.jp/20170421020528

でも男子トイレマークBLイラストだったら叩くだろ?

例え世の中にはもっと過激BL漫画があったとしてもだ

2017-04-20

けもフレエロい目でみんなって人がいるけど、

あんなえろいムチムチモデリングしてたら興奮してもしゃーないだろ

製作者がほんとにエロをまったく排除すること考えてたんならあんエロイモデリングにしないと思うし

デフォルメあんだけエロイって相当だよ?

胸とか尻とかふとももとかさあ・・・

でもまああのモデルからいいんであってイラストにしたら全然興奮しないんだけどね

たぶんケモフレで3Dエロに目覚めた人は一定数いるだろう

2017-04-18

東京に行ったまま地元に帰らない人の理由

学力があり、実家から通える場所にある大学入学するのは楽だがもったいなかった。小学校の学区が同じ同級生より、上京して大学職場で知り合った人との方が楽しい交流ができる。地元に帰るとこれまでのキャリアを生かせない求人しか無いので、ずっと東京

イラストデザインが好きで地元CGDTP専門学校卒業したが、就職した地元デザイン会社ではパチスロ店のチラシをつくる仕事しか無かった。チラシの仕事お金を貯めて上京し、東京デザイン会社女性向けのイラストデザイン制作している。

趣味イベントがほぼ東京、稀に大阪で開催される。参加するたびに飛行機新幹線交通費がかかり、節約するため深夜バスを使うと帰ってきてから仕事が辛い。人生趣味のためにあると考えており、地元仕事に何の執着も無かったため、上京転職を決意。結果、イベント参加の往復交通費は600円で宿泊不要になり、イベント参加頻度アップ。

子供に対する言葉暴力がある無年金の親を扶養介護する義務からの、引っ越しによる逃亡。老親から逃げる子供基本的非難されるため、事情を知る人のいない遠くに引っ越しをするしか無い。そして縁故無しで最も職を得やすいのが東京

金!金!より多くの金!という事例はあまり見ない。自分に合う人や仕事東京しか無いケースか、生まれ育った家が自分にとってマイナスから逃亡するケース。だから同じ学区の友達で満足出来たり、祖父母や親がいかれていなければ、生まれ田舎に一生居ればいいと思う。でも東京を強欲で傲慢な人が引っ越す場所と思われると、納得行かないわ。田舎と比べて趣味仕事の質が高くて恋愛優先順位が下がってる人が多かったり、逃亡するレベルで親とトラブルになってるから入籍しにくい人が多かったりはするかもしれないけど。

2017-04-17

保健体育の教科書に載ってる男子

ちんこイラストって少しデカくない?ジャパンサイズにしては明らかに大きいと思っているのは自分だけなのだろうか?

下手に教科書などに過大サイズ掲載してしまえば、女子はそれが当たり前だと思ってしまうかもしれないし、

男子場合は載っているちんこ自分のを見比べてみて、思ったよりも小さいと感じてしまえば

まだ大人にもなりきれてないうちに自信を喪失してしまうかもしれない。


実はちんこサイズなんて別に気にすることはない個性の一つだと学生のうちから自然に気づかせるためにも

教科書に載せるちんこイラストは、変に見栄を張らずに平均よりも小さなサイズちんこを是非載せるべきだと思う。

masudadon.comの中の人です。業務連絡

16:00目安でインスタンス差し替えます。誰も書き込んでないのでアレですが、データは全クリアになりますのでよろしくお願いいたします。

ネットワーク環境普通クラウド環境になるため、ログイン直後に空の画面になることは…なくなるはずです。(つうてもインスタンスはショボいんですけど)

よろしくお願いいたします。

あと、マスコットキャラクター募集中です。

クソザコナメクジくん(仮)のイラストを描いていただけたらトップページに象の代わりに飾ります

何卒、よろしくお願いいたします。

2017-04-16

pawooの件

海外サービスを利用する以上は海外法律基準に合わせるのは当然のこと。

にも関わらずPixiv運営外国では児童ポルノとして立件されるような表現物を何故野放しにするのか。

そもそもPixivガイドラインにも公序良俗に反する表現禁止だと明記しているのにちっとも取り締まっていない。

海外から日本性的二次イラストは度々、犯罪人権侵害助長させるものだと指摘されているし、

国連から規制するよう勧告されている。

おまけにマストドン表現規制の厳しいドイツ発のサービス

ガラパゴスだと言い訳してどこまで日本の恥世界に広めるつもりなのか。

ピクシブ企業責任をきっちり果たし、Pixiv、Pawoo共に猥褻画像を全て削除すべきだ。

2017-04-13

http://anond.hatelabo.jp/20170413225101

続き。BHQの標準化活動

中身見れないけど、山川氏のアクティティはあるのかな。

まあそれなりの人が参加してればそれなりと言えるかもしれない。構成員からないけど。

https://www.itu.int/md/T17-SG16-170116-TD-WP2-0024/en

慶応大川森氏によるQ28/16のプレゼンテーション。(イラストやが世界進出してる)

http://www.itu.int/en/ITU-T/gsi/iptv/Documents/ws/201606Brain/S1P1-Masahito_Kawamori-Intro_to_ITU_and_Q28_work.pdf

NTT出身・・・からITU-Tなんだねえ。

http://www.ttc.or.jp/files/3213/5884/2008/TTCniyosete_kawamori_2013_01_Vol.27_No.4-3.pdf

医学的に十分信頼できる話かどうかは、判定できない。意識低い工学系の研究者からね。

一般論では、使われない"標準規格化"は腐るほどあり、それは最終的にはクソの山なので、これがそうならないことを祈る。

クマブログをやる時代

「ああ、やるよ、クマ最近クマネットぐらい嗜むって。あんたら若いのに、そんなことも知らないのか」

僕はその言葉を聞き、先輩と二人で青くなった。

話は二週間前にさかのぼる。僕は先輩と仕事帰りに安い居酒屋で飲んでいた。先輩は仕事面では頼りになるが、飲むといい加減なことしか言わない人だ。赤い顔をした先輩は、僕にスマホの画面をよこす。そこにはあるブログの画面が表示されていた。

「これ見てみろよ、クマだぞ、クマクマのくせにブログアドバイザーって、笑っちゃうよな。人間様がクマに教わってブログ運営なんで、二宮金次郎ビックリだな!」

二宮尊徳は薪を担いでいた人ですよ。クマ関係あるのは、金太郎のほうでしょう。まったくもう、そろそろ帰りますよ」

先輩は僕の言葉無視して、だらだらとつぶやく

「いいなー、クマ。巣にこもって一日中ネットやるってさ、最高の生活だよな。ーーああ、なんだか腹が立ってきたぞ」

クマクマって、これは擬人化というか、ただのイラストじゃないですか。実際にクマブログやっているわけがないでしょう」

「よし、決めた! 今度の土日は暇だよな。俺もお前も彼女いないし。山に行ってクマ退治しよう! ちょうどいい塩梅に、親戚にマタギがいてさ、人が足りないって話を聞いたんだよ。よし、頼もう! クマのくせにネットやるなんて許せないぞ!」

話は今に戻る。先輩の親戚だというマタギ先生は、変わった形をした銃ーーP90という、特殊部隊等で使われる短機関銃らしいーーを僕と先輩に寄越した。

「気ぃ付けなや。最近クマは強えぇぞ。いいもん食ってるからな」

先生はどっしりとあぐらを組みながら、呵々と笑った。先生の歯はほどんど抜けている。

先生の話によると、最近クマ市街地に住んでいるらしい。山岳まで開発の手が及んだ影響が大きいが、エアコンの発達により、冬でも冬眠せずに生活できるようになったことが移住の決め手になったそうだ。クマといえども生き物だ。食べなくては生きていけない。街での生活にはお金がかかるが、クマ人間に混ざって働くわけにはいかない。

クマが目を付けたのは、インターネット世界だ。インターネットではお互いの顔は見えない。手間も時間もかかるし、頭を振り絞る必要があるが、インターネットを使えばクマ必要生活費ぐらいなら稼ぐことができる。

「……ええっとですね、せんせい? 説明の途中で申し訳ないけれど」

ターゲットの家に向かう車の中で先輩が震えながら、先生に尋ねる。人のことは言えないが、銃の持ち方がサマになっていない。

「どうした。わからないことがあれば、何でも答えるぞ。もっとも、聞いたところで死ぬ奴はすぐ死ぬけどな!」

ひぃと、先輩は小さく悲鳴をあげながら、それでも質問を続ける。

「聞いた話をまとめると、特段人間様に迷惑をかけているわけじゃないですよね。退治なんか止めて、そっとしておいたほうがいいんじゃないでしょうか……」

馬鹿野郎、野生を忘れた獣は獣じゃねえよ。クマクマ人間人間。獣が人様と同じ暮らしをしちゃいけねえ。野生を思い出させるために、俺らマタギ市街地に押し入って、クマをとっちめるのさ。ーーおい、着いたぞ」

そこは一見普通マンションであった。ーーとてもクマが住んでいるようには見えない。車を鍵が付いたまま玄関に止めると、先生を先頭に階段を駆け上がり、目的地に向かう。クマが住む部屋の隣の部屋のドアをピッキングで開け、侵入し、ベランダに出る。そしてターゲットが住んでいる部屋のベランダに忍び込み、様子を伺う。中の様子はカーテンが締め切られており、よくわからない。

「おい、構えろ」と先生が呟いた後、先生の合図に従って僕らは窓に向かって銃を乱射した。銃の取り扱い方の訓練は軽く受けていたが、本番とは違う。僕と先輩は悲鳴に近い大声を上げながら、必死に銃を撃つ。

撃ち始めてからしばらく経った後、「もういいぞ」と先生が言った。中の様子は変わらない。とりあえず中に入るぞと、先生ベランダから家の中に足を踏み出した途端に、衝撃波が頬を裂いた。横を見ると先生がいない。空を見上げると吹っ飛ばされる先生の姿が見える。僕は幼児向けのアニメ番組正義の味方パンチ一発でやっつけられる悪役の姿を思い出した。

「お前ら、なにしに来たクマ……!!!

そのクマは巨体だった。全身が茶色の毛に覆われおり、ところどころ弾がめり込んでいるが、攻撃が効いている様子はない。獣の筋肉を震わせながら、眼光鋭くこちらを射抜く。

「ああ、お前達が銃を乱射したせいで、家の中がめちゃくちゃになってしまったじゃないクマ! あれもこれも! 朝食のフルグラも! ブログネタのため買った本も! ああ、パソコンまで! これから会社に行かなくちゃならないのに、どうしてくれるクマ!!!

人間に混じって働くクマもいるんだなと、はじめて僕は知った。

「あああ、寄るな寄るな、寄るなーーー!!」

先輩が銃を放つ。クマは動かない。先輩の放った銃弾は全て筋肉で受け止められる。クマは先輩の姿を冷ややかに眺めている。

「なにしてるクマブログアドバイザーである僕には、銃なんて効かないクマよ」

ブログアドバイザー? な、なんだよ、あのブログクマじゃないか。な、仲良くしようぜ、な。お互い長生きしたいだろ? 健康のために、運動瞑想野菜350グラム毎日欠かさずって、えええ!?

先輩の言葉を待たずに、クマラッシュが先輩の全身を撃ち抜く。目にも止まらぬ拳で先輩をボロ切れにした後に、先輩の頭をつかんでは振り回し、空へと放り投げる。さきほどの先生の飛翔より、距離は出ているようだ。

「その睡運瞑菜とか抜かす奴に、僕のブログがどれだけケチ付けられているか、知らないのクマかな。ところで、お前」

クマの巨大な黒目がこちらを見る。腰を抜かした僕は、立ち上がることすらできない。

「この落とし前、どう付けるつもりクマ……!!」

僕は目を閉じ、合掌した。僕の無謀な冒険は、ここで幕を閉じる。二度と幕が上がることはないだろう。ああ、野生の力はおそろしい、おそろしい。

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん