「サブカル」を含む日記 RSS

はてなキーワード: サブカルとは

2016-07-21

http://anond.hatelabo.jp/20160720230323

ちょっといかな?

今時カラオケボカロ歌う奴はあんまりいないと思う。

リア充カラオケアニソンを歌う」というのも深夜アニメを一括りにした見方でなんかズレてる

アニメを観る人が増えたことで

リア充に受けるアニメ、夢女子向け、萌えオタ向け、声オタ向け、サブカルオタ向け、

という具合に住み分けが顕著になってきている。

例えば大手週刊少年誌に連載されている漫画や人気のソシャゲ原作に持ってくるようなアニメリア充にも通じやすいといえる。

(アイマス進撃の巨人など)

萌えオタ向けの幼児性を強く打ち出したキャラが何人も出てきてさしてストーリーに起伏もないようなアニメはやはり

女性ライトオタクには受け入れづらいものではないだろうか。

深夜アニメに不慣れな人は、きらら系のアニメを見たりするとやはり異質感を抱くと思う。

あずまきよひこばらスィー安部真弘サンカクヘッドなどは

萌えキャラ特有記号が薄く淡白だったり、作風のものが独特で枠から外れたところがあるから受け入れられているのだと思う。

これらは可愛く幼いキャラクターが出てきてほのぼのし雰囲気というだけで萌えオタ向けだと扱われるだけで

厳密にいえば萌えオタ向けとはいえないのかもしれない。

(そうしてみると苺ましまろサブカルオタ向けというほうが近いような気がする。)

同じようにうたプリ刀剣乱舞女性オタク以外からすれば

やはり風変わりでいまいち馴染めないところを感じているのではないだろうか。




それから小倉おっさん若い子に好かれたいから媚びてるだけだ。

あれが本物の男なら呆れた顔して何か言ってる。

2016-07-20

リア充に勧めたいアニメ、勧められないアニメ

ここでいうリア充とは、具体的にはうちの弟を指す。うちの弟は兄とのテレビ権争いやゲーム権争いに負け続け、理不尽にも兄から漫画を読むことを禁止され、普通の子供が触れる程度のサブカルにすら触れられずに育った。結果、超リア充に育った。弟の部屋には学校のみんなからの書き寄せTシャツが2枚も飾られているくらいだ。思いっきオタクに育った姉(私)からは眩しすぎて見てらんない。

で、この性格まっすぐでリア充で優しい弟(姉バカです)にアニメを今から勧めるとしたら、何がいいんだろう?そんな妄想をしてみた。

勧めたい作品

とらドラ!

ガチリア充はあのリア充たちの世界を見て何を思うのか、どうしても気になる。

東京ゴッドファーザーズ

この作品は冷静に考えるとありえないシーンの連発なわけだけれど、アニメーションという虚構の力で繋ぎきっている超力技アニメだと思ってる。その力技に免疫がないであろうリア充はどう思うのか気になる。

クレヨンしんちゃん 逆襲のロボとーちゃん

しんちゃん映画全部見てるわけじゃないけど、リア充の心にはオトナ帝国よりもこっちのほうが響きそうな気がする。

攻殻機動隊

古いやつの方ね。ラスト近くの戦車との戦闘シーンが超かっこいいと姉的には思うわけですが、そういうかっこよさを感じる心は共有できるのだろうかと。

ベン・トー

世界観がいい意味馬鹿馬鹿しいこの作品。でも最終話とかすごく燃えるし、そういう男の子燃えポイントはしっかり突いてると思うのですよ。その燃えポイントに乗っかってくるかどうか。

カレイドスター

スポ根もの舞台サーカスだけど、やってることは超スポ根。弟はスポーツやってたリア充なので、これもきっとグッとくるのでは?

あえて外した作品

カウボーイビバップ

いや、私は大好きだけどさ。でも、この作品の凄みって普通洋画っぽい話をアニメでやってしまったところにあるわけで、アニメに慣れた人間には衝撃だけど慣れてない人にはなんとなくありきたりっぽいなぁ、で終わってしまわないだろうかという懸念が。というか、リア充向きだと思うけど滑ったら悲しすぎる作品第1位。

考えたけど外した作品

新世紀エヴァンゲリオン

なんていうか、好きな人には申し訳ないけれどもいきなりなんの説明もなくロボットに乗って戦う、というフォーマットの嘘くささがどうしてもリア充向きには思えない作品。これだけじゃないけどさ、そういうフォーマット

魔法少女まどか☆マギカ

多分オクタヴィア戦ぐらいまではグッときてくれると思うんだけど、クライマックスほむら編でついてこれなくなりそうな印象。さやかとか杏子の心情って想像に難くないんだけど、ほむらの心情については空想慣れしてないと追いつけないと思う。

涼宮ハルヒの憂鬱

ハルヒ性格がどう考えてもアウト。

総括

そもそも私があまりアニメ見てないじゃん!プラネテスとかハチクロとかのだめとかリア充向きっぽい作品は他にもあったけどそもそも私が見てないから勧められないってのがちらほら。

ならこんなエントリ書くなよとは思うけどせっかく書いたのでぶん投げます。煮るなり焼くなり好きにしてくれ。

2016-07-19

http://anond.hatelabo.jp/20160719233353

あれか、自分のとこには直接メールなりなんなりで連絡がくることをさりげなくアピールしてサブカル仲間にたいしてマウンティングとかそういうやつか

2016-07-18

Bzが好きで何が悪い

映画モテキ」が嫌いな理由表題の通り。

公開当時、劇場で観た。自分には不快感の残る映画で見返したくもない。

麻生久美子演じるルミ子というキャラクターに対するものが本当に嫌い。ミリオンヒット連発してたメインカルチャーを好きなやつを見下す演出とか不愉快だった。多くの人に受けるものには受けるだけの良さがある。

大根仁が実際そう思っているのかは知らないけど、あの映画における主人公メインカルチャーハリウッド映画否定し、内容をよくわかってもいないのに通好みだからと「ゴダールが好きです」とか言っちゃうような気持ち悪いやつ。主人公ももクロ動画を見ているシーンとかあったのだが、公開当時は今ほど知名度もなくサブカル的にハマっているのは通好み的な演出で、なんだこれうざって思ったのを思い出した。




あと、サブカル好きはこういうのツボだろうというようなあざとさ(音楽的な演出とかカメオ出演者とかナタリーとか)がとにかくうざい。監督自身の好きなものをこれでもかと詰め込んだのだろうけど、「今、俺はこれにハマってんだよ」の詰め込みがうるさいし鬱陶しかった。はいはいセンスいいですね(棒)となる演出

なお、それ以降に作られた「バクマン。はい映画。「モテキ」を観て時間を浪費するくらいなら「バクマン。」を2回観たほうがいい

他人の痛みに鈍感で自分の痛みに敏感

久保能町サブカル批判にこの言葉が使われてたけど、ちょっと納得した。

社会に出ると、昔の悪事を自慢する輩がいて、嫌だと思うんだけどなんとなく憎めない人もいるんだよね。

それは彼らが他人の痛みに鈍感だけど、自分の痛みも鈍感だからなんだと思う。

でも、他人批判するのに自分批判されると烈火のごとく怒りを表す人もいる。

厄介なことに、彼らは自分たち分別のある人間だと思っているところだ。

分別があるかと思えば、平均以上に不寛容だったりする。

こういうアンバランスさは嫌われる原因になるのかもしれないね

自分久保能町を嫌いな理由

http://anond.hatelabo.jp/20160717010611

自分も嫌いだがサブカル云々はどうでもいい、理由は以下ふたつ

田村淳の嫁を代表にしてプロ彼女などカテゴライズしたのは芸能人の嫁を叩きたい、イジメたい人間イジメ指南したようなものだったこと

久保東京にいるのに関西弁を喋る男は嫌いだと馬鹿にして批判したのはただの醜悪な差別発言なこと

方言差別を許容するなら性差別批判する資格があるのかねと感じる。関西弁を喋ってもようやく苛められたりからかわれたりしない土壌が出来てきてたのにまた昔に戻るような煽りをなんでするのかね。自分の痛みには敏感で他人は平気で傷つける印象が強い。

久保能町嫌い超嫌い:元増田です

投稿して1日放っといたらかなりの反響!やっぱみんな思うとこあんだな。

もう今さら誰も読んでないだろうけど、元が改行もなくクソ長い稚拙文章だったせいで、伝わらない部分があったので追記するよ。

●お前は自分サブカルと思ってるようだがお前の好きなものサブカルではない

自分サブカル男だと思ってないし、俺の好きなものサブカルではないと冒頭に書いてるよ。ただ普通にお笑いが好きなだけだよ。

●「LBGTへの差別ではない」と言いつつ結局差別してる

別にそういう人を悪く言いたいのではなくて、元々オカマ云々言ってデビューしたくせに他人から言われたらマジギレするとか、面倒くさすぎる。そういうところが嫌い。

マツコだって正確にはオカマじゃないのに、他人からオカマと言われることは受け入れてる。それだけケツの穴小さいなら表に出るな。

●嫌いって言う割に相当詳しい/自分から調べてるんじゃない?

ブコメにもあったけど、「(この久保能町情報は)ラジオ聴いてたら誰でも知ってる情報」なんだよね。嫌いなら見なきゃいいだけの話なんだが、ラジオを聴いてるとどうしても情報が入ってくるし、ツイッター見てても久保能町フォローしてないのにも関わらず大量に奴らの情報タイムラインに流れてくる。避けられない状況。俺の好きな番組にも出てくるし、それでより嫌いになった

有名人意見を盾にするな

久保能町は俺の好きな有名人が今までバカにしてきた人の典型的な例なんだが、それなのにチヤホヤされてるという特異性を表現たかっただけなんだが、うまく伝わらなかった。ただ、卓球氏が代弁してくれてスカっとしたのは言いたかった。

同族嫌悪

→完全に違う人種。俺の好きな分野に急に入ってきたけど、異物感が半端無い。

自分意見で何が嫌いか書けとの意見が多いので、最後に。

自分でブスだオカマだ言ってる割に、他人にそれを言われるとマジギレ。「お笑い好き」とか言って自分から進んでその現場に行ってるくせに、イジられるとキレるとかただの素人だろ。「久保能町はイジっちゃいけない」という空気蔓延してる。じゃあ何しにテレビ出てきてんだよ。ミーハー素人のただの思い出作りかよ。

チヤホヤされることしかさない。批判は一切受け付けない。それは公の場に出る人間のやることじゃない。プロ意識が一切ない。そんなにチヤホヤされたきゃ、ホストにでも行ってろ。

クソリプをいちいち晒し攻撃するのとかも、完全に素人のやること。うしじまいい肉かよ。

それでいて自分立場悪くなれば「自分タレントじゃない」とか言い出す。うしじまいい肉かよ。上杉隆かよ。(上杉政治ジャーナリストとして批判されると「ゴルフが本職なんで」って言いだすから、例えが少し違うけど)

で、ラジオも声も喋りもキモオタのそれで聴いてて辛い。もう、ラジオにもテレビにも向かない。大人しく本だけ書いてろよ。

永らく平穏お笑いを楽しめていたのに、ここ数年で俺の好きなものが全て久保能町が「サブカルサブカル」と言いながら食い散らかしていまった。

品川矢口流行ったものにすぐ飛び付いて食い散らかすことで嫌われたが、まだそれのほうが可愛いレベル

面白くもなんともないオバサンの思い出作りのために荒らされたんじゃ、たまったもんじゃない。

せめて、もう少しプロ意識持って。好き好き言うだけじゃなくて。

まあ、これだけ嫌われるポイントが多くて、いままで嫌われてきた有名人と全く同じ行動取ってるにも関わらず、これだけ「好き好き」言うだけで思い出作りさせてもらえるなんて、よっぽど気に入られる何かはあるんだろう。理解はできないが…

久保能町に関しては何をみても絶賛されるばかりで、一切批判は許されないみたいな空気蔓延してることについては打破せねばならん。公の場に出るなら批判はつきもの。それが許せないなら二度と出てくるな。

追記:本人に届いたとブコメにあったので開いてみると、見事にブロックされてた!

ツイッター上で久保能町についてつぶやいたこと無いし、本人に絡んだことも無いし、フォローすらしてない。

なのに何故?思い当たる節といえば、先週の伊集院ラジオで「こんな地獄は嫌だ」的なお題に対して、「能町みね子ツイッター永遠に粘着され続ける地獄」というリスナーネタが紹介されたことを受けて、「能町ならやりかねん」的なことを伊集院ハッシュタグをつけてつぶやいたくらいだ。

ってことは、伊集院ハッシュタグタイムライン上で能町ネタに反応した人は片っ端からブロックされてるのか…

危機管理能力はすごいですね!現に、俺が増田でこう書いちゃってるわけだし。

ツイッターログアウトの仕方がわからないので、能町アカウント確認できませんでした。

http://anond.hatelabo.jp/20160717010611

2016-07-17

サブカルが嫌われる理由

http://anond.hatelabo.jp/20160717010611

サブカル界隈は、

他人批判するけど、自分のことは勘弁してね。だって自覚してるし、治らないんだもん!

という精神性を感じて気持ち悪い。

しろ自分自分の悪い部分を把握してる自分ってすごいし、それに気づいてない奴らはバカだ!

くらいの攻撃性を感じる。

から、何かを批判するときも、内容の趣旨とは無関係のどうでもいい言葉遣いや、著者の人格や経歴をつつき、

時には自己表現の餌にする。

 

でも20後半にもなれば大体みんなそれに気付き始めて、サブカル界隈の唯一の武器普通の人ももつようになる。

その結果、青春リア充経験のある人間とない人間という差のみが生まれる。

その次は、弱者気持ちがわかるつもりの自分に酔い始め、反省し、改善し、向上するという普通の事から目をそらす。

物事には良い面悪い面両方あるはずなのに、悪い面に過剰に注目し、自分によっているその姿は、

まともな一般人からすれば気持ちが悪いのだ。

 

青二才能力はないけど個性はあったよな

政治経済サブカルオタクがその知識と毒舌遺憾なく発揮して「何か」と戦うブログ

政治経済:一翻 

サブカル:一翻 

オタク:一翻 

毒舌:三翻 

「何か」と戦うブログ:六翻 

三倍満。狙ってここまでやれない。

あらゆるダメ人間テンプレを凝縮すればそれはそれで個性になる、を極めたようなキャラ

ここまでダメ人間キャラだと逆にリアルではちゃんとした人間なのではないかと思わせる

http://anond.hatelabo.jp/20160717112203

映画の質は監督責任がある。

監督だけでなく脚本担当した大根仁に触れもせず原作者演者名挙げて映画モテキはクソとしか言えない増田の言には全く説得力がない。

あと、ほらあの有名人批判してる!あの人もそう言ってる!っていうのはとてもかっこ悪い。

サブカル自認しているなら、「生理的に無理」「あの人も」なんて思考放棄しないで

きちんと解析して自分言葉で語ってほしい。

このエントリ嫌い嫌いと叫んでるだけで、肝心の、中身がない。

サブカルの才能

サブカル湿度が高いのは内側にこもりやす性質からくるものから

思慮する頭とも言えるし、内側で想像を貯める頭とも言えるし、内側で細やかな傷について考える脳とも言える。

その性質があったうえで割りと鈍いリア充の心ない言動一喜一憂する人が多い。

最初はただ傷つけられたと思っていろいろと溜め込むのだけど、そのうちリア充というだけで反応して面倒な思いを抱え込むことになる。

もちろんサブカル側にも問題はあって、自分アクティブ人間ではなく内側にあるもの形象化する人間なのだという差別化が足りない。

要するに内向的でいろいろ考えたり想像してしまうだけで素質があって、本当は表現者としてそれを活かしたほうがいい。

人種のものが別なんだから戦い方も変わってくるよ。

http://anond.hatelabo.jp/20160717010611

誰それが、じゃなくて久保能町サブカル生理的に無理だし嫌い。

サブカル周辺からは全体的に卑屈でひねくれていて湿った雰囲気が漂ってるから好きになれないんだと思う。

ジョジョ

http://anond.hatelabo.jp/20160717094915

一部を少し読んでからジョジョ三部が良い。

ジョジョの奇妙な冒険 Part3 スターダストクルセイダース

冒険ものとして面白いよー。コピペや名台詞が数多く出てくるので、サブカルの基礎知識や教養として知っておくと色々と楽しめると思うで。

  

続いて、四部かぐらいかな。高校生なら、杜王町舞台の話。。(四部

(あの1980年代頃は、不良っぽい学ランキャラ流行った時代だったのでキャラデザインとか服が男塾の影響を受けているように、個人的に思う。)

アメリカ好きなら大陸横断の話。(七部)

(『ジョジョの奇妙な冒険 Part7 スティール・ボール・ラン』ほぼ完全に独立している感じはある)

  

イタリアマフィア好きなら、「黄金の風」五部でないか

(序盤が、四部活躍したキャラが出てくるので、四部を読んだ後がいいのかも)

久保ミツロウ能町みね子嫌い超嫌い

久保ミツロウ能町みね子が嫌い嫌い嫌い超嫌い。 とにかく嫌いで生理的に無理で目に入れたくもないから、奴らの情報は一切シャットダウン。こっちから奴らの情報は調べることもないし、奴らの出るテレビ番組も見ない。 なのに、どんどん奴らの情報が入ってくる。これは一体どういうことだ。

俺は一般的サブカルと呼ばれるものが好きだ。だけど、サブカルって一体何かはよく知らない。小学生の頃からギャグ漫画お笑い番組を見て腹を抱えて大笑いするのが大好きな生粋お笑いマニアで、VOWみうらじゅんの本など自分のツボにはまる笑える本がたまたま図書館本屋では「サブカル」と書かれた棚にあっただけだ。 GON!ナックルズサイゾーラジオライフムーなど、悪趣味雑誌も大好き。 漫画だってガロ系と呼ばれるものが好きだが、それだって漫画を買う金の無い小学生時代、近所の図書館漫画を読みふけっていたらそうなっただけだ。(なぜか図書館漫画のチョイスはガロ系とかカルト漫画ばかりだった。ケンペーくんなんて図書館に置くなよ!) 音楽子供の頃からテクノが好きで、電気グルーヴを聞いてるうちにナードコアやJ-COREの類が好きになっていった。

けどヴィレッジヴァンガードとか、浅野いにお等の臭いのは大嫌い。「モテキ」も読んだけど臭いからこの分類。 「モテキ」好きって言う奴は俺が生理的に無理だった「最終兵器彼女」も好きだし、浅野いにおも大好き。で、サブカルサブカル言う。無理。 上であげた「俺の好きなもの」を作ってきた人は、みんな「サブカルサブカル言う奴は無理」って言ってるし、ヴィレッジヴァンガードも恥ずかしくて入れないという。ヴィレッジヴァンガードによく置いてある本を書いてる人が言う。「浅野いにお読んでたら恥ずかしい」も共通認識インタビューする相手の本は全部集めて全部読むことで有名な吉田豪ですら、浅野いにおインタビュー行くのに「本棚にあるのは恥ずかしい」と一冊も買わなかったほどだ。 こういう感覚は全てこれらの人から教わってきたし、(モテないボンクラ男が集う)ネットも大体同じ感覚だと思う。こういう感覚を持っていると、久保能町精神的に無理なはず。 嫌いになった経緯を説明すると、「モテキ」で久保を知った訳だが、俺の嫌いなタイプ漫画を描く人だと思う程度でそんなに嫌悪感もなかった。 俺はお笑いマニアなので深夜の芸人ラジオも勿論大好き。ラジオを聴いていると、久保能町オールナイトニッポンがすこぶる面白いという情報が入ってきた。 「芸人ラジオより面白い」「新時代ラジオスター」との声をよくネットで見たので、どんだけ面白いのかと思って聞いてみた。が。喋り方は早口典型的キモオタって感じで気持ち悪いわ、モロに「サブカルサブカル」って感じのダサいトークだわ、伊集院宇多丸の卑屈トークは素直に笑えるのに久保能町のは笑えなかった。トークの内容も生理的に無理で、共感できなかった。 俺は男だから伊集院の卑屈トークは笑えても女の卑屈トークは共感できないだけだ、どっちも結局は同じ卑屈トークで女が聴けば面白いんだろうと思ってたけど、伊集院宇多丸ラジオリスナーの男も久保能町ファンがいっぱいいた。あれ?ってなった。 久保能町って明らかに伊集院が嫌いなタイプっぽいのに、久保無名な頃に奇跡的に伊集院と繋がったエピソードがあるからか、ラジオ久保能町話題を喋る伊集院はゴニョゴニョしていた。 俺の好きな人たちからは嫌われるタイプ典型的な例だと思うのだが、久保能町ラジオ実名をあげて好き好き言うからか、直接的な悪口は言えないような空気のようだ。 そんな中、宇多丸ラジオで「モテキ」の映画批評をするという。俺は本当は嫌だが、果たして宇多丸モテキを褒めるのか貶すのか、気になったので映画館に見に行った。 女しか見ない映画だと思ったが、いわゆる「オシャレサブカル」なファッションに身を包んだ30代男っぽい客がわんさかいた。こいつらが浅野いにお読んでるんだなー、と思うとしっくりくる見た目。 映画の内容は最悪&最悪だった。ダサい、キツい、見てられないの三拍子。唯一褒めるところがあるとすれば、俳優の演技が上手いくらい。 そして宇多丸モテキ批評はボロクソ。やっぱりモテキ映画はダサかった。「新感覚のオシャレ映画」みたいな絶賛コメントしか無かった中で、唯一俺と同じ感覚批評が聞けてすっげースッキリした。 宇多丸本人にはモテキ監督から圧力をかけられているというプロレス演出批判しにくいといった茶番はあったが、音楽仲間は出てるわラジオによくゲストで呼ぶ人も本人役で登場してるしで本当に批判しにくかったと思う。 これが俺が初めて見た、有名人モテキ、あるいは久保能町をキツいと正直に評した例だった。やっぱりモテキ久保能町はキツかったのだ。 そしてさらに、爆笑問題ラジオ爆笑問題の大ファンから毎週聴いてんだよ)にゲストで出た久保が「大好きな石野卓球ツイッターブロックされている」と暴露した「阪急無礼ブス」事変。卓球が「こっち来ないで」とつぶやいていたが、やっぱり「こっちに来られたくない」タイプの人であったのだ。俺が久保能町に感じた嫌悪感は、間違っていなかった。 そもそも電気オールナイトニッポンリスナーだと言ってるくせに、ブスって言われてショックだったって、どうかしてると思う。ブスはブスだろ!!ブス!!それに対して卓球にマジギレするオカマもどうかしてる。オカマ!! っていうかツイッターでいちいちクソリプ送ってくる素人にマジギレしてんのマジでダセぇ。いい加減にしろ。それをいちいちリツイートする吉田豪は明らかに悪意込めてると思う。 これらのことで、実は俺が好きな人たちは久保能町に触れたがってないということがはっきりわかった。 しかし、久保能町はなぜシャトダウンする俺の前に出てくるのか。 毎週楽しみにしてるタモリ倶楽部に出てくる。どうもラジオタモリ好きタモリ好き言ってたらいいともに出るようになって、タモリ倶楽部に出るようになって、ヨルタモリなんか毎週出る。タモリと一緒にラジオもやる。 やめて!!!最初から俺が楽しみにしてたものに急に登場してこないで!!!こっち来ないでー!! 俺が毎週楽しみにしてるゴッドタンも、裏でモロ被りしてるくせに「ゴッドタン好きゴッドタン好き」って言うだけで番組とお近づきに。やめてー!!こっち来ないでー!!! 幸い俺はアイドルになんの興味もないので、それに関しては何の被害もないが、好き好き言うだけでアイドル仕事することになってるらしい。 なんなの?この、久保能町の好き好きっていうだけで好きって言った対象と一緒に仕事する感じなんなの?今日売れっ子タレントですら好きって言うだけじゃ仕事こないだろ。権力者なの?なんなの? 奴らの謎の仕事運の良さによって、次々俺の前に奴らが現れてくる。俺の好きなものがことごとくサブカルと呼ばれるからだ。お笑いサブカルじゃねえだろ!いい加減にしろお笑いサブカルとか言うのマジでやめろ。 まあ、好きって言うだけで仕事が来るということは、業界人には偉く好かれているということだろう。あん嫌悪感しかないブスとオカマのどこに好かれる要素があるんだろう。 終いにゃ、俺がずっと好きだった「地下クイズ王決定戦」にも途中から急に回答者として登場する能町。お前マジでいい加減にしろよ。帰れよ。鳴り物入りみたいな感じで登場した割りに全然クイズ答えられてねえじゃねえか。「テレビ自分から出たいと 言ったことはない」とか言ってたが、お前の仕事全部それじゃねえか。いいから帰れ。 なんか日テレ自分が出てない番組オカマ呼ばわりされて「自分オカマじゃない、二度と日テレには出ない」とか言ってたが、マジで面倒くせえよ。日テレだけじゃなくてテレビ全部出んなよ。そんなに嫌ならテレビ出るなよ。俺テレビ大好きなんだから。LBGTへの差別とかじゃなくて、本当に面倒くさい。 「こじらせ女子」という言葉自分以外の人間が使うとすぐ切れるのも面倒くせえ。広めたいんじゃないのかよ。じゃあメディアで言うなよ。ちょっと批判されたらすぐマジギレして、自分たちチヤホヤされないと納得いかないって、そんな奴完全にテレビきじゃねえ。そういうとこもマジで嫌い。何から何まで嫌悪感しかない。こんなに有名人のことを嫌いになったのは初めてだ。亀田三兄弟細木数子ですらここまで嫌悪感は無かった。見なければいいだけだからうしじまいい肉並みに触れちゃいけないタイプの人たちだと思うんだけど、奴らはこれからも好き好き言っては好きなもの仕事をしていくのだろう。 次は急に「プロレスが好き」とか言い出して飯伏幸太男色ディーノ辺りと仕事するんだと思う。

俺の言いたいこと、わかる人いると思う。

追記:テキストエディタで書いた文章コピペしたら改行無くなったでござるの巻。

よみにくくなってさらヤバイ雰囲気を醸す結果に…

一昔前は品川矢口世間流行ったものにすぐ飛び付いてきて鬱陶しがられてたけど、

久保能町品川矢口お笑い版だな、って感じ。品川矢口並みの飛び付きっぷり。

2016-07-15

はてなサブカルに例えると底辺を嗤って成立してる90年代サブカルって感じ

はてなサブカルか否か

そもそもサブカルとはなんぞや

「おれがガンダムだ」的なオタク

https://twitter.com/tm2501/status/753676514600771584

なんか、今季アニメ酷いな…。

ソシャゲに、Twitter話題になった奴に、一昔前の、今は軽くオワコン化した人気小説家が書いた題材からしてBL狙いにしか見えないスポーツもの…。

なんか、オタクマジョリティになったんだなぁ〜オタクに強度が要らなくなったんだなぁ〜的な感想


https://twitter.com/tm2501/status/753677256740839424

なんか、ちゃんとポケモン見よう、コナン見ようと、今季アニメ見ない代わりに短期間で映画1020本見た僕のほうが一周回ってサブカルっぽくなっちゃったなぁ〜。

個人的には「寄せた」ぐらいの気持ちなんだけど、結局「寄せることができる人」が絶対的に減っちゃったからなぁ〜。


https://twitter.com/tm2501/status/753678708540514304

あーなんだろう…。コナンポケモンをほぼ全部見ちゃったから、この勢いで、しんちゃんジブリも見て、すごいボリューム記事書いちゃおうかな…。

ツイッター話題になったマンガソシャゲしかアニメ化しない深夜アニメ見るぐらいだったら、そっちの方がずっと面白いことしてる気がする


https://twitter.com/tm2501/status/753679086661185536

…僕は「コナンにうるさい」んじゃなくて、「90年代後半〜00年代後半までに放送されてて、子どもの時に見ちゃったもの全般」にうるさいんだよ…。

そこに、ジブリと、コナンと、しんちゃんと、ポケモンがあっただけのこと。

でも、今の子ってなにでオタクになるの?そこがわからない



https://twitter.com/tm2501/status/753679573884166144

いや、ミュウツーの逆襲で泣いちゃった小学生思春期引きずって生きるしかないんだよ。ラピュタ思い出補正かけまくって見ちゃって、ジブリで一番面白いのを最も宮﨑駿のエゴが少ないエンタメ作品であるラピュタだと言ってる人も、ポケモンと同じぐらい思春期引きずってるが…。

の子は何だろ?


https://twitter.com/tm2501/status/753683648197431296

いや、オタクに特化した「おたくエリート」みたいな子を死ぬほど見てきたけど…そういう子って「手段としておたく」なだけ。知識が豊富議論ネットの使い方がわかってるだけ。

思春期こじらせて「自生した」オタクよりも引き出しはあるんだけど…自分意見とか位置関係がないんだよね…メタいの




すべての理屈が俺SUGEEEEにつながるのほんとすき。もう語り口調がどう考えてもおっさん







そして自分ちょっとでも気に入らないものは全部ダメ! いってることがまともでもこんな老害おっさんから話聞きたくないわーないわーないわー


https://twitter.com/tm2501/status/753547749262360576

ミュウツーの逆襲」の名言23個も書いて、I2の「悲しくて泣くのは人間だけ」というフレーズが出てこない辺り、このレビューサイトは節穴だと思う。20年先までの指針がそこに詰まってるのに/ミュウツーの逆襲の名言23個。ニャースサトシ

ポケモン映画は、「悲しくて泣くのは人間だけ」というフレーズミュウツーの逆襲の最初に出てきて、ピカチュウポケモンの涙でサトシ奇跡的に復活する。「ポケモン動物でも、従者でも、コレクターズアイテムでもなく、ポケモン人間友達であり、人間と同じ位置にいる存在である何よりの証拠

ポケモン映画って、ポケモン人間が対等な友達であることを20年貫いてる。

人間の方がおごっていても、ポケモン人間に対して排他的でも、悪役になるし、ルカリオみたいにポケモン自身が下につこうとする場合サトシ喧嘩になるのよねぇ…。


え?僕は、ポケモンコナンしんちゃん見る時はかなり高い精度で見てるよ?/一応読んでると思うけど、コナンで本気出したやつ貼っとく。ベーカー街のところとか見てみ?こんな精度で書いてるやつ自分以外見たことないわ

ちなみに、エヴァとかまどマギで本気出そうと思ったら、30年前のアニメどころか特撮まできっちり見てないとわかんないものを抑えてるかどうかで揉めるじゃん?作品解釈どうこうじゃなくて、元ネタ当て合戦になるじゃん?俺、あっちの方面は弱いです

2016-07-11

http://anond.hatelabo.jp/20160710210735

今でも活躍するタレントアナウンサーが、「テレビの音を消して出演者の口に合わせて自由面白いことを言えるように練習した」「みんなで集まって誰が一番面白アテレコできるか遊んだ」なんて昔語りをしているように、日本にもアテレコ遊びの文化はある。



著作権がどうたらいうが、ニコニコ動画YouTube流行ったように、映像を再編集して二次創作するMAD動画を楽しむ文化もある。



なぜ両者が結びつかずに、既存アニメアテレコした動画流行らないのか



前者はサブカルリア充の遊び、後者引きこもりオタ充の遊びだから接点がなく、制作者が誰も出てこなかったか

2016-07-08

hatenablog出現以降のはてなブックマークパリピ&ガキくさい感じになったのは気のせいなんだろうか

ようは2ちゃんねるとかニコニコ動画とかツイッターとか小町っぽいのが増えた



脊髄反射するし

それ以前はニヒリズムすごいけど頭はそこそこいいんだろうなっていうクズとか

サブカルとかITとか得意なんだろうなっていう

主流からは外れた感じのうんこぞろいだったけど、でも自分の得意分野はガチなかんじが頼もしい感じだった



ここ最近は、なにもとくにこだわりがない

亡霊みたいにいるけど、でもなんかやたらテンションとか高い

数合わせだけどbotではないようだし

文体がどこから影響受けたんだってくらいよそよそしいし(これに関しては俺らがおかしいんだけどさ)

とにかく自分のこだわりがない感じのやつらが増えた

とにかくなにかで盛り上がれればいいみたいな

むかしは政治とかで荒れてたけど今のはてなエモい文章とかで感動したとかいって盛り上がってる

ネットイナゴな感じ

いや、そういうのは正確にいうと昔からいたけど

そこをはてな古参はしっかり押さえるだけの力があったけど

完全に力関係が逆転してる感じだよね

2016-07-07

http://anond.hatelabo.jp/20160707112249

今の深夜アニメの話をサブカルとするなら、メインカルチャは「ワンピースコナンポケモンドラえもん」だからな。

どれも映画出れば興行収入40億越えの化けモンなわけで、深夜アニメ興行収入4億行けばヒットで10億行けばホームラン世界なわけで。

それらが死ぬことはまあ無いし、全然世界は違うだろ。

http://anond.hatelabo.jp/20160707111029

つうても人口ベースで考えたらサブカルの域を全く出れてない規模であることはまた確かなんよね。

2016-07-06

http://anond.hatelabo.jp/20160706191729

言ったらアレだけどクイックジャパン読んでサブカル気取りが許されるのハタチまでだから。アレは載る所で、読むのはガキだけ。