「医療」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 医療とは

2016-09-24

炎上芸舐めんな!

最近炎上芸舐めてる糞野郎多すぎない?

特に透析患者殺せの人が酷すぎる

まず,炎上芸は時期が大切なのに時期が悪い.

障害者施設連続殺人事件があった近辺でやるネタじゃないないわ,

それ込みで狙ったんだろうけどただのアホ,

今年にやるネタじゃない,殺人鬼しか見えない.

あと設定が甘すぎる.

透析患者が身内にいて実際の医療に関わったっていう設定にしなきゃ説得力出るわけがない.

日本死ね増田が盛り上がったのは,

保育園探しに躍起になった母親という設定だったか説得力出たんやで.又聞きしただけじゃ説得力なんかでねーわ.

最大の汚点は,訴えられてる点.

訴えられてる時点で敗北.炎上芸になってない.

訴えられない,もしくは相手が訴えると相手のほうが困るというギリギリラインを攻めるのが炎上芸の美学であり,

ローリスクハイリターンを狙えるのが炎上芸の唯一のメリットなのに,ただのアホ.

炎上芸舐めんな!

株式会社GREE炎上対策講演を100回観てから出直せ,クソザコナメクジが!

2016-09-23

「知らないから出来ないんですけど」と言ってはいけない日本社会24

http://news.livedoor.com/article/detail/12056580/

 国立病院機構長崎川棚医療センター長崎県川棚町)は23日、20代の看護師が誤って、糖尿病の80代女性本来投与すべき量の10倍のインスリンを投与し、女性が死亡する医療事故があったと発表した。

 同センターによると、女性感染症糖尿病のため8月8日に入院。31日午前0時半に大量のインスリンが投与され、同日午前9時ごろ心肺停止状態発見され、死亡が確認された。

 看護師は専用の注射器使用せず、投与前の複数人での確認も怠った上、女性血糖値を測らずに架空の数値を2回にわたりカルテ記載していた。看護師は「初めてやると知られたくなかった。1人でもできると思った」と話しているという。

 宮下光世院長は「大変遺憾で心からおわびする。調査を進め再発防止に努めたい」と話した。 


文系がやってるIT企業ならまだしも医療世界でもこれとかもうどうしようもねーわ。

馬鹿じゃねーの氏ね

失敗や無能は居てはならない存在していたら組織から追い出せじゃいつまで経っても社会全体が上手く回らねーんだよ。

自分たちで人を育てられる土壌ぐらい作っとけよ。

それとも何だ全部塾に丸投げか?

いっそ倫理観もその学習塾で教えてもらうか?

透析患者死ね」の長谷川氏は全然悪くない

長谷川氏の言う、透析患者にかかる金を減らせば医療費削減になるという意見同意する人も多いだろう。悪いのは長谷川氏に「糖尿病患者自業自得」と吹き込んだ医師である

http://blog.livedoor.jp/hasegawa_yutaka/archives/48497760.html

仮に不摂生がたたって糖尿病を患ったとしても医者としては患者教育を施そうとする最大限の努力必要で、病気の怖さを教え、生活改善を助ける糖尿病教室などのリソースもある。コンプライアンスの悪い患者もいるが、前提として我々医師の使命は病気を少しでも無くしたり和らげたりすることにある。予防医療により医療費を軽減させることもあるが、逆に先進のがん治療など結果的医療費を沢山使うことになることもある。納税者として無駄遣いする気はないが、医療費削減は我々の本来仕事ではない。

3分診療などと揶揄されるように患者とじっくり向き合う時間などないと愚痴を言う医者もいるだろうし、そもそも病院にすらこなくなる患者もいる。そういう患者は面倒見きれない、と言い放ってしまえばそれは長谷川氏の自業自得論に加担してしまうことになる。内輪で不満を言う分には他愛がないが、長谷川氏には医師としての立場を離れる事なくせめてもう少しよそ行きの言葉で話すべきだったろう。

そもそも自業自得の線引きをしようとすること自体ナンセンスなので深入りはしないが、医療世界にはこんなことはいくらでもある。料理中に包丁で指を切っても不注意からくる自業自得断じてもかまわないであろう。今のところ、交通事故労災などを除いて患者の扱いに線引きは行われない。コンパで飲みすぎた急性アルコール中毒大学生救急車を呼んでいい。

反論した医師id:fujipon特に間違った事は言ってないが、長谷川氏の言論を「弱者叩き」と反論しているにすぎない。当たり前の事を書いたせいで逆に長谷川氏に煽られてしまっている。

長谷川氏に言いたいことがあるとすればただの一つである食生活の不摂生からくる糖尿病透析に至ったとして、それは純粋個人の不摂生自業自得によるものだと断定できるかどうかは今の医学でもってしても非常に難しい。おそらくは生活改善すれば、糖尿病の進行は抑えられるだろうが、それでも本来個体差遺伝的素因を全く無視しても良いとは言えそうにない。

さらには不摂生改善されない理由として、知的レベル精神的な気質や基礎疾患の影響もある上に、貧困一人暮らしなどの社会的な要因であることも多い。不摂生はもはや個人意志でどうにかなる問題ではない場合もある。どのような理由があるにせよ、我々、医師科学者努力が至らないせいで透析患者は未だに無視できない程度に存在し、患者はもとより納税者負担になっていることは申し訳ないと思っている。長谷川氏の自業自得論がどうしても不摂生をやめられない患者に対するエールだとすれば、どうか透析患者またはその予備軍に取材し、対話をしあらためて感じたことを記事にして頂きたい。

2016-09-22

透析患者の一部は切り捨てるべき

http://anond.hatelabo.jp/20160921171221

http://fujipon.hatenablog.com/entry/2016/09/21/105816

遺伝などの要因によって生来病気透析必要な人や、十分に健康と呼べる体をしてるのに透析必要になった人

これらの人を守っていく為にも、切り捨てるべき人間は決めなければならない。

社会は全ての人間を救う事は出来ない

これは自明で、むしろこのお花畑な考え方の弊害を示す直近の例として、無制限難民を受け入れると言ったドイツによってEUがどうなったかを見ればよいだろう。

では、ドイツがどうすべきだったのか?と言えば、上限を初めから設定した上で積極的IS壊滅の活動を行い、国際社会負担を分担することを訴える事で、国民に限りのある忍耐を求める事だった。

もし病気になってしまったら、あるいは病気が進行してしまったら、「それでも、できる範囲で、幸福に生きられる社会」というのが、「豊かな社会」ではないでしょうか。

社会保障制度は全ての人間必要とする可能性のあるし、こんな風に不安を感じる事は分かるが、同時に社会保障に使える金額には上限がある事は理解すべきだ。

個人の力に限りがある様に、その集合体である社会も全ての人間を救『え』ない。

科学も全ての人間を救う事は出来ない

社会が全ての人間を救う事が出来ない以上は、その上限を可能な限り合理的に設定しなければならない。

あるいは科学の力によってブレークスルーを起こして、その上限そのものを引き上げるしかない。

透析必要患者腎臓をIPSによって創るとか、大きな科学進歩が救う可能性はあるだろう。しかし、それは今すぐに手に入る訳ではない。

国や企業や人が積極的投資して成長させていかなければならない、そこに必要なのも、また金であり人であり限られたリソースなのだ

さしあたっては、科学の力によって救うべき人間を決める必要がある

病気がそのまま遺伝する、というわけではなくて、「糖尿病になりやすい体質が遺伝する」ので、たしかに、食事制限をキチンと守り、運動をしっかりすれば、大部分の人は「予防」できる可能性が高いのですが、「なりやすさ」に個人差があるのです。

かなり気をつけていても、発症してしまったり、コントロールがうまくいかない人はいる。

と言う位だから遺伝子の有無は分かるのだろうし、そうでないなら十分に健康でありながら不幸にも発症した、と言える基準統計的に求める事が出来るはずだ。

体重が130kgもあって健康診断でも異常値が出続けていて医師勧告や周囲の諫言も聞き入れず、自堕落に暴飲暴食をしていたような人間かどうか?を判定すればいい。

そうして、糖尿病から人工透析導入になる人のなかの

医者栄養士指導を聞き入れてくれない人や暴飲暴食を繰り返し、家族も匙を投げてしまっているような

ダメ人間」を絞り込み、そして残念だが切り捨てていくしかない。現代科学ではすべての透析患者を低資金で救うことが出来ない以上は

一部の人槍玉にあげて、「そういう人がいるんだから糖尿病から透析患者はみんな自己責任自己管理できない奴は殺せ!」とか言うの

ではなく、救える人を決めるしかないのだ。

社会構成要員に「アリ」であることを求める

リソースの限られた社会保障を与えるという行為は、その後の生活が立ち直った段階で、今度は納税者として支えてくれる事を期待しているから行われるものだ。

働きアリの法則で言う所の20%の働きアリは、いざという時には20%の待機アリに代わって貰う事を期待して、休養を与えると言う投資をしている

「こうして、キリギリスをみんな殺していったら、アリだったはずの自分も、いつかキリギリスとして断罪されるときが来るのではないか?」

自分がいつかダメになるかもしれない、この不安を抱えて投資するのは、20%の待機アリに対してであって、遊びほうけているキリギリスにではない。

社会にはキリギリスはいらない。全員がアリであることを、我々は求め続けなければならない。

そうでなければ、いつまでも社会保障を維持し続ける事は難しい。もはや限界に近付きつつある事は、

現実問題として、日本医療介護が行き詰まっている

現場人間が感じてる通りだろう。無制限に救おうとしてる弊害が随所に出ている今、上手く社会縮退させていかないとならない

より多くの「大切な人」を救うために

ドイツ国民難民に対する反発の様に、長谷川の様な「透析患者を全て殺せ」などと言い出す輩が増えていかない内に、切り捨てるべきものは切り捨てる必要がある。

それが

この世界存在している人のほとんどは、誰かにとっての「大切な人」

であることを守る事につながる。われわれの社会も、われわれの科学力も全ての人間を救う事は出来ない。

残念だが、

医者栄養士指導を聞き入れてくれない人や暴飲暴食を繰り返し、家族も匙を投げてしまっているような人

なんぞを守る為に、より多くの「社会にとって有益な」誰かにとっての「大切な人」を犠牲にするわけにはいかない。

2016-09-21

http://anond.hatelabo.jp/20160921171221

ただ、現行の医療制度は、

普通なら死んでる人間までよってたかって延命しまくって、治療お金が掛かりまくっているのが現実じゃないかなぁ。

どんな治療だってそりゃ安くできるならそれに越したことは無いけど、安くするための企業努力は既にみんな頑張ってると思うし、

国が貧しくなったら、誰を最初にみすてて死なせるか?というトリアージ的な考え方も必要になってくると思う。



持ってるお金の量で寿命が決まるとしても、それは資本主義社会では平等かつ当たり前のことのように思いますよ。

なぜ自業自得透析患者を殺してはいけないのか

長谷川豊執筆記事


自業自得人工透析患者なんて、全員実費負担にさせよ!無理だと泣くならそのまま殺せ!今のシステム日本を亡ぼすだけだ!!」を読むと、彼の主張は


人工透析患者を殺せ」


ではなく

生活習慣を帰院として糖尿病罹患し、人工透析に到った患者は全額自己負担医療を受けさせろ。それを拒否するなら死んでもらっても仕方ない」


であろうと思います。なのでここで


人工透析必要とする人はすべてが自業自得なのではない」


という反論をしてもきっとかの御仁の胸に響くことはないでしょう。なので反論すべきは


「なぜ自業自得透析患者を殺してはいけないのか」あるいは「なぜ自業自得透析患者を全額自己負担にしてはいけないのか」です。


自業自得とは


まず自業自得による糖尿病ってなんなの? という問題があります


糖尿病生活習慣病ですから、食べ過ぎ飲み過ぎ、体重増加、運動不足によって病気にかかるリスク高まることが知られています


糖尿病 | 生活習慣病 | 一般社団法人 日本生活習慣病予防協会


「まあ食べ過ぎ飲み過ぎは不摂生だし、自業自得だよね」


と思いがちですが、どこからが食べ過ぎ飲み過ぎになるのでしょう?


毎日、ご飯3合と焼肉400g、ビール1リットルを飲んだら自業自得


ケーキが大好きで毎日ショートケーキを1ピースずつ食べている人は自業自得


・一日おきに牛丼を食べてる人は……?


食べ過ぎ飲み過ぎの線を引くだけでもこれほどあいまいで、境界などありはしないのに、糖尿病遺伝などによっても発症やすい体質か否かの差が生じます毎日ケーキを食べて糖尿病になる人もいればならない人もいるわけです。


長谷川豊氏は一体どこに「自業自得」の線を引けというのでしょうか?


「ああ、あの時、ビール一杯ガマンすれば保険治療できたのに、あなたお酒飲みすぎラインを越えちゃったから今後は全額自己負担ね」


国民皆保険制度を壊し、こんな医療制度を実現することが可能だというのでしょうか。


自業自得の線を引けたとして


100歩ゆずってみんなが納得する自業自得の線が引けたとしましょう。けれど、その線を引けたからといって、やはり自業自得患者医療を全額自己負担にするわけにはいきません。


我が国国民皆保険制度の下で、どんな人も低額で医療サービスを受けることができるようになっています。これは日本国憲法第25条の第1項に


『すべて国民は、健康で文化的な最低限度の生活を営む権利を有する』


規定され、第2項には


『国は、すべての生活部面について、社会福祉社会保障及び公衆衛生の向上及び増進に努めなければならない』


規定されていることによります


国民に認められたこの「社会権」の下、医療保険制度国民保険料負担し、健康機能がおびやかされるに至った別の国民は低額で医療サービスを受けることができる「相互扶助」の精神運営されています


まり、「全員が健康文化的な最低限の生活ができるように、みんなでお金を出し合って支え合っていきましょう」と決められているわけです。病気発症する原因を問うことなく、「みんなで病気になった人を助けましょう」というのが日本医療保険制度です。


人工透析の話に戻れば、長谷川豊氏はこの制度否定し、「助け合える人間だけで助けあえば良い」「助けたい人間かどうかは助ける側(保険料を支払っている側)の人間評価すべきだ」と主張されているわけです。


「自堕落生活病気になった奴を我々の金で助けるなんて不愉快だ」という感情ベースに人が人の生き死にを左右しようという考え方に見えます


あいつは不愉快から保険を使えないようにしよう」


その考え方で医療システムがまっとうに機能するのでしょうか。


議論すべきは……


これほどに極端な記事掲載した彼の思惑を察するに、「これを起点に医療保険制度議論が活発になれば」ということなのでしょうが人工透析医療財政を圧迫していると考えるのであれば、透析医療の値段(診療報酬)を引き下げることを議論すれば良いのです。


あるいは腎臓移植特に死後移植の活発化を訴えるべきなのです。


彼の極端な記事を読んで


人工透析患者はすべて自業自得なわけではない」


反論するのは有効ではありません。その反論を前にしても彼は


「俺はそんなこと言ってないし、やっぱりネット民バカばっかりだな」


となお一層調子に乗るだけでしょう。そうではなく、


国民皆保険制度がなぜ今の日本存在し、それを破壊することがどのような影響を及ぼすのか


・人が人の生き死にを決めることはどれほど危険な考え方かなのか


人工透析医療費を下げる方法にはどのような方法があるのか


を主張し、反論とすべきかと考えます

沖縄脱毛サロンダメだわ・・・

脱毛サロンって、なんなんだろうね。。。

こないだ初めて脱毛サロンに行ったけど、割と高い金を払ったのにどうにもならなかったぞ・・・

(剛毛でこれから脱毛サロンに行こうとしてる人、ちょっと待った!って感じの内容です。お店の名前は出しません。ただの愚痴です。)



そもそも脱毛サロンに行こうと思ったのは、妹が定期的にサロンに通っていると言っていたからだった。

「そんなにお金もかからないし、自分で処理しなくていいから楽だよ」って。

聞いてみたらそんなに金額は高くなかったし、それなら私も行ってみようかな、くらいの軽い気持ちで行くことにした。

友達もみんな、サロンに通うのが当たり前みたいなことを言っているしね。

さすがにこの歳になって、自分だけ行かないのもどうかなって思ってたところだったから。



で、行ってみたら、たしか最初は安いんだよ。

だけどまず部位とか回数が限定されているのが気になった。私は妹と違って剛毛だし、正直言って、「本当にその回数だけで終わるの?!」とツッコミたくなる。

まあ案の定、パワーの弱いレーザーをたった数回あてたところで、私の毛はどうにもならなかったんだけど(笑)



あと、私が剛毛すぎるのかもしれないけど、施術してもらった次の日にはもう普通に毛が生え始めていたのもショックだった。

いやいや、これじゃあ家で抜いたのと変わらないじゃん!!!(´;ω;`)

お金を払って脱毛すれば、こんなにすぐには生えないと思ってたんだけど。

毎日通うわけでもないんだし、そんな効果がないなら普通に自分で抜くよ・・・



あと勧誘ね。

どうしても断れないほどしつこいわけじゃないんだけど、優しい子だったら断れずに契約ちゃうんだろうなーって感じ。

お店のお姉さんのセールストーク、グイグイくるからちょっと怖い。

安い脱毛で集まってきた人のうち何人くらいが、あのコース契約するんだろう?



まとめると、

・剛毛だと結局は金額が高くなる

・何回も通わなくてはいけない

レーザーのパワーが弱すぎる

勧誘が怖い



っていうのが気になった。

脱毛って言ったらなんとなくサロンイメージが強いかもしれないけど、実際は医療レーザーの方が効くんだよね。

市販の薬を塗っても治らないけど医者でもらった薬を塗ったら速攻治る、みたいなのと同じで、そりゃそうだよって感じだけど。



というわけで、次に目をつけているのはクリニックで、ちゃんとしてそうなとこ。乗り換えるならこのあたりかな。



沖縄マリアクリニック

http://clinic.e-kuchikomi.info/detail/L_3020265

湘南美容外科クリニック那覇

http://clinic.e-kuchikomi.info/detail/L_3020175

品川スキンクリニック沖縄

http://clinic.e-kuchikomi.info/detail/L_3018482



沖縄那覇だとこんなところ?行ったことある人、コメントくれたらうれしいです。もし他におすすめがあったら教えてください。

さすがに医者に行くまでもないだろうと思っていたけど、普通に毛も生えてきちゃうし、こんなに金を使う前に気づけば良かった(´;ω;`)



サロンで満足できちゃう人は、もともと毛が薄い人ばっかりなんじゃないかと思う。

サロンに行くと肌がつるつるになるとか言うけど、たぶんそれはもとから自分で処理できる程度だったんだよ。通うほどでもなかったんじゃない。

うちの妹もそうだし、CMに出てる子も、もともと毛とか生えてなさそうな子ばっかりじゃん?

本格的にやりたいなら、やっぱり徹底的に医療レーザーでやるしかないでしょう。



同じお金を出すなら、最初からクリニックに行った方がいいですよみなさん。

私はもうかなりの時間お金をかけちゃったけどね( ゚∀゚)アハハ八八ノヽノヽノヽノ \ / \/ \



というわけで、長文失礼しました。ただの愚痴でした。

前はネットでろくに調べもしないで行ってしまったんだけど、今度こそちゃんとキレイになれるところに通えたらいいな。

口コミとか、良いクリニックの情報あったら教えてください。

「どうでもいい」という人に対する医療イメージ現実

http://b.hatena.ne.jp/entry/zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160919-00000024-sasahi-soci

盛り上がってるね

見てると医療制度に対する誤解が蔓延していて、それが難民が増える理由にもなってるんでつっこんでおくことにした。



タイトルの話なんだけど、お前らさ、「どうでもいい」っていったらどういう治療されると思う?放置されると思う?テキトー治療されると思う?

答は同意書のいらない範囲で全力を出されちゃうなんだなこれが。はっきりと治療拒否されればそれで終わるんだ。でも「どうでもいい」って治療拒否じゃないんだよ。同意でもない。

から困る。

老人は死にたい死にたいとよくいうじゃん?それで看取りのための書類を揃えようとするじゃん?でいざ本人の同意とろうとすると

「どうでもいい」

いやどうでもよくないか同意書がいるんですよ。

今の医療医者のいうがままなすがまま秋ナスはおいしいですねじゃなくて、患者自己決定権尊重するから場面場面で患者同意の記録がいるんですよ。

からリビングウィル(事前指示書)を作って、それに同意をですね

「どうでもいい」



どうせっつーの



よく批判のタネになるいわゆる特濃医療は、本人や家族希望ではなくて、意志決定できないから特濃医療をせざるを得なくなってるケースがたくさんあるというのは意識されるべきであろう。

死に場所難民になりたくなかったら、生きてる内に、元気なうちに、しっかり意志表明しておけ。家族と話し合っておけ。

本人がそのつもりでも、口もきけなくなって家族が「できるだけのことをしてください」と言ったら難民コースだぜ。

高齢化への歯止めのかけ方

人口減少、高齢化何が悪い


 民進党が党を挙げて擁立した、いわば野党代表就任早々に言ったセリフがこれだ。

事業仕分けで散々叩かれ、二重国籍問題で叩かれ、またも燃料投下。もはや炎上ブロガー以上の炎上スキルである



続けてこう発言した。

「今の政権では社会保障の充実が置き去りにされている」(中略)

人生の先輩方がどうやったら元気で、長く、自分らしく生きることができるのか、大きなかじ取りをさせていただきたい」

http://www.sankei.com/politics/news/160919/plt1609190021-n1.html




 我が国一般会計予算96兆円(H27)のうち、33%(31兆円)は「社会保障費」である。そのうち、いわゆる老人に使うカネである年金医療介護保険給付費 (年金医療介護)は23兆円なのだ。※1

まりざっくり言うと、国家予算23%は老人に費やしているのだ。この国の未来よりも、選挙で一番投票層の厚いこの世代の事を考えれば怖いもの無しというわけでしょうか。彼女はこれ以上社保障費を充実して、何を削るというのだろうか?




 社会保障費に対して、我が国の"未来への投資"はどうだろうか?

文教及び科学振興 」(5兆円)と「公共事業」 (6兆円)の割合は合わせて11兆円程度であり、わず11%にすぎない。




 高齢者に対する投資が足を引っ張っていることは明白なのだ

しかに年配者は聡明で何でも知っており、できれば長生きして貰いたい人だっている。けどそれとこれとは別で、老いれば誰しもが、もはや独りで自立できる状態では無くなってくるのだ。




 きっと原因は進みすぎた医療にあるとおもう。

いや医療技術技術としては本当に素晴らしい。大昔の平均寿命を考えれば、もはや神の領域だ。しか医療恩恵を受けるのは身体のみであり、脳は延命治療は施せない。本来であれば脳が死ぬ前に身体死ぬはずだったとしても、現在身体医療により脳の寿命より延命される。

まり脳が死んでもなお身体は生き続ける。これが認知症状態だ(少なくとも私はそう認識している)。

  江戸時代の平均が30~40歳で、平均寿命が50歳を超えたのは戦後すぐの1947年医療によりわずか70年で平均寿命さらに35年も伸びたのだ。

脳の寿命がこんな急激な変化に対応できるとは思えない。




 現在、要介護認定者は2014年に600万人を超え、65歳以上の約2割を占める。(全体の人口の5パーセント

この中のどれだけの人たちが認知症なのかはわからないが、医療により身体と脳の寿命バランスが崩れてきているのではないかという気がする。




 自立していたであろう大人が年を追うごとに、赤ん坊帰化するかのごとく、頭も身体も、自分の足では立つことが難しくなる。

経済上若者が納めた税金年金享受し、介護では肉体的に若者に支えてもらっているのが現状だ。それ自体は仕方がないし、支え合うのは当然だ。

 しかし、老人ホームへ赴くたびに若者がこんな処で消耗していていいのか?と思う。

貴重な国の財産であり、これから未来を担うはずの若者老人ホームで、もうすぐ死ぬであろう者のお世話をしている。きっと好きでやっているんだろうな。

そう考えるとおこがましいが、勝手にどこかで彼らに対し"勿体無い"という気持ちになる。




 高齢者に対し、身体的にも経済的にも投資することに対する見返りはほとんどない。いわば"沼"なのだ反発係数ゼロの壁だ。そこへ投資するカネはとたんに"死に金"になる。

我が国はこれ以上本当に高齢者に、莫大な時間と、若者の手と、カネを費やす必要はあるのだろうか?




 ただでさえ各国に追い抜かれ、後進国となりつつある我が国若い層を大事にしなければならない。

子供を産ませ、教育サービス経済的支援を充実し、社会資本整備による国際競争力の向上、モノづくりに対する支援などで景気を好転せねばならない。でなければ、もう手遅れかもしれないが、秒読みでもっともっと情勢は悪くなるだろう。




 いずれは自分も、散々上記に挙げたような高齢者になるし、その時に誰にも助けてもらえなかったらと心配もするが、高齢者問題はこのままではあまりにも大きな重りとなって、この国を沈めてしまうだろう。

高齢者尊いし知恵もある人生の先輩だ。いつまでも元気で自分らしく生きて欲しいと願う気持ちも当然ある。

 かつて高齢者大事にしなさいとはよく言われたものだが、それは高齢者が数少ない貴重な存在だったからだ。貴重なものは確かに大事にすべきだが、高齢者はもはや増えすぎだ。

正直アンバランスである。数が多いもの大事にする必要があるかというとそんな事はないように私はおもう。




 例えば、うちのばーちゃんは認知症施設に置いている。

もう子供名前はわからないし、駄々をこねたように暴れたり、暴れお漏らしだってする。でもそんなことすら1時間もすれば忘れる。

そんな姿を見て、昔の姿と対比して、生きるってなんだろう?と思う。動いてれば生きてるということなんだろうか?解放できるのであれば、解放させてあげたいがそんなこともできない。

そんな祖母は上に挙げた社会保障から補助金施設に置くことができているし、幸運にも祖母自身にも貯金があった。そういう身内を支援する仕組みや貯金があって不幸中の幸いというやつだ。

よく無理心中の話も聞くが、これらが無かったらと思うとゾッとする。しかし世の中には当事者貯金もなく、要介護認定を得られなくて苦しんでる人だって、おそらく相当沢山いるのだろうな。




どうやって高齢化問題解決すればいいのだろう。現代姥捨山必要なのではないか

一定の年齢を超えたら無理に延命措置を取るのをやめる。

安楽死という手段合法化し、本人にも身内にも安楽死という手段選択肢に入るようにする。

これくらいしか思いつかない。というかこうでもしなくてはいけない段階にきているのではないかと思う。でも人間尊厳とかでそんなことを実現するのだって無理なんだろうな。根深い、根深いよ





※1 内訳には医療も含まれており一概に老人に使う金とは言えないが、医療費のかなりのウェイトを老人が占めるので多少大げさだがこの表現とした。

2016-09-20

みんなもっとご飯を残そう

オレはご飯を残すことに罪悪感があって、全部食べてしまう。

から中年太りだし、健康診断で再検査になる。

みんながご飯を残せば、オレも罪悪感を抱かずにすむし、痩せるし、健康になる。

オレだけでなく、日本中から生活習慣病が減り、医療費抑制され、医療財政破綻を免れる。

みんな、ご飯を残そう。

2016-09-19

久々に映画を見て泣いた話

結構前になるんだけど、マイケルムーア監督の「世界侵略のススメ」って映画を見た。

元々この監督は好きだったし、今回もアメリカンブラックジョークで笑かしてもらおう、みたいな軽い気持ちで観に行ったのね。

で、予想通りアメリカンジョークで笑ってたら、段々笑えなくなって来て、最後には結構泣いちゃってた。

映画自体が良かったのももちろんあるんだけど、映画の中で描かれてるアメリカ日本と同じなんだよね。

今までこの監督が作った映画ボウリング・フォー・コロンバイン華氏911シッコと言った映画は海の向こうのアメリカが抱える深刻な問題を扱ってた。(銃規制の話や、国民皆保険制度が無く貧困層医療恩恵を得られないと言った話)

それが今回は労働教育人間尊厳と言った問題がメインで、よくよく聞いてるとそういう話題アメリカの現状は日本と変わらないんだよね。

なので海の向こうの話かと思ってたら、突然話が身近で現実的な話になっちゃった他人事では聞いていられない。

アメリカ長時間労働低賃金休みも少ない。休みが多いと言われるフランスイタリアはどう?

アメリカ詰め込み教育学歴社会学力世界一フィンランドはどう?

アメリカ前科者は人間扱いされず。まともな職も得られない。死刑制度廃止したポルトガルはどうしてる?

もちろん良いことばかりじゃないし、不況だらけで経済は行き詰まってるけど、欧州の人は「やりたくないことはやらずに、人間らしく生きていこう」としてるんだよね。

社会で生きていくためには嫌なことでもやっていかなくちゃいけない。それができなくなったら人間失格だ。

そんなことはない、と思いながらも心のそこではそう思ってた自分に気づいて、そして大変ながらも人間らしく生きていこうとする欧州人達のその姿勢に涙が止まらなかった。

こんな日記を書きながら、休日なのに明日提出の資料がまだ半分残ってるのでこれから頑張る。

自称鬱病ブロガーは好き放題やってなんなんだろう

AppleWatchが出たらとびついて、iPhone7が出たら飛びついて。日々ゲーセン音ゲー三昧。週に一度は飲み会

それで鬱病とか言って、医療補助もらって。

いったいなんなんだ。痛風になって死ぬほどでない苦しみを味わいつづければいい。

入院するとき, あなたは「禁煙誓約書」にサインできますか?』という記事についているブックマークコメントで、

がんセンター大学病院等では「健康な」患者のみを扱うから治療成績が良いという点はもっと知られていい。

http://b.hatena.ne.jp/entry/301698409/comment/iGCN

というものがあり、スターも4つ付いていた(うち1つは当該記事の作者)のだが、そんな事実があるの?

私は長年大学病院に通っていて入院もしたことがあるけれど、「健康患者のみを扱う」なんて事実はない。

このブックマークコメント意味真剣に分からなかった。

医療関係者の方がいらっしゃったら聞きたいのだけど、当該ブックマークコメントのような事実があるのですか?

ご教示いただけると幸いです。

2016-09-18

この時期、医療関係の新発見ニュースが続いてるけど何で?

アレルギーの原因遺伝子発見ニュース

ぜんそく治療発見ニュース

・若年性がんの原因遺伝子発見ニュース

なんかこの時期に論文発表するといいことあったりするの?

2016-09-17

アイコス吸ってる人って病人みたい

タバコを吸うことを否定はしない。

というかタバコを吸う人をかっこいいと思ったり渋いなと感じたりする。

でもアイコスにはその魅力が一切ない。

ニコチン摂取するための医療器具しか見えないんだよね。

端的にいうとダサい

これからまれてくる子たちはあれをかっこいいと思えるんだろうかね。

2016-09-16

絶滅しろ

人間は癌に完敗だけど、いつか癌に打ち勝つんだろ。

天然痘とか?結核ペストエイズ、他詳しくないけど様々な不治の病だった病気に勝ってきたんだから

いずれ癌も「かつて不治の病とされて、その末期の宣告は死を意味しました」とか過去歴史になるんだろ。

なってほしい。その日を待ちわびてる。

自分が生きている間は厳しそうなのが残念だ。その日を見たい。



癌が憎い。

症状もなく、気付いた時には余命宣告って何だよ。

父は恐らく、急すぎて心の準備ができないまま亡くなった。

その父の様子は本当に辛かったし、自分はいつ死に相対しても受け入れようと決めたけど、

そうじゃなく癌が滅びてほしい。

癌が憎い。憎い。憎い。憎い。

医療進歩応援しています。何もできないけど、募金とかしたらいいのか。

絶滅しますように。

2016-09-14

http://anond.hatelabo.jp/20160914201113

LGBT治療してノーマルにする医療も発達するんじゃないかな。

そして誰もが美男美女になることで、ファジーになるどころか画一的になってしま可能性も。

医学進歩した将来の人類って性別もっとファジーになるんかね

そういう医療を受けられない貧困層はともかく

ある程度の金のある層は性器を付けたり取ったり

男性的な体格にしたり女性的な体格にしたり。

現代の風潮に染まった一個人としてはなかなかキモい絵面になりそうだ。

その頃にはくたばってるだろうから関係ないけど

それともVRとか拡張現実でそういう需要を満たすのかな?

2016-09-12

メシを全部食べてはいけない

http://anond.hatelabo.jp/20160910185500

違う、むしろメシは残さなきゃならんのだ。正確に言うと、「無理に全部食べてはいけない」だ。理想的な順に並べると、以下のとおり。

・少なめの量を注文し、すべて食べる

・多めの量を注文し、不要な分を残す

・多めの量を注文し、すべて食べる

この「多めの量を注文し、すべて食べる」だけは絶対避けなければならない。お前が苦しみながら全部食べても、何もいいことはない。悪いことならたくさんある。

肥満を生み、潜在的医療負担の増加を招く(社会的負担)

需要供給関係を壊してしまい、過剰供給状態がより進む (肉で言えば、より多くの家畜が殺される)

俺は幼少期から食べ物はすべて食べるよう教育された。好き嫌いも全く無い。出されたものは全て食べていたし、同席者の残したものも全て食べていた。それが誇らしかったし、善だと思い込んでいた。しかし、その結果が俺を待っていたのは過度の肥満と、健康障害だった。医者から痩せなければ死ぬと言われ、色々と考えた。その結論が、上にあげた3つの項目の善悪順位だ。結局、必要以上に食べることがもっとも良くない行為だと結論づけた。おかげで今は健康だし、完全に標準体重に戻っている。

食事も元は自然から来たもの。それ以上の特別ものではない。残したら動植物の死骸と同様、土に還るだけだ。そこにそれ以上の価値勝手に加えて、土に還してはならないと思い込んでしまうのは、それこそ人間のおごり・昂ぶりと言えないだろうか。

2016-09-09

情報信頼性を表す概念が欲しい

著作権関連だったらCCなど、一目でどういう扱いをすべきなのかがわかる規格が誕生した。

 

さて、近年、子宮頸がんワクチン反対運動、標準医療否定酵素水素水から芸能人スキャンダルまで

主張や情報がどの程度正しいのかがごちゃまぜになって判断が難しい。

例えば、健康食品の某酵素特定病気に効くだなんてうたって大変な目にあってたけど、

そういう主張がどの程度正しいのかが客観的に定量化して一目でわかるようになればいいのにと思う。

 

頭のよくない人たちはタイトルだけを自分たちの都合で解釈して、人によってはそれが事実であるかのように扱う。

そういうタチの悪い人を減らすためにもそういう規格を立ち上げて欲しいなあ。

特に医療健康業界

官僚は忙しいから、どっかの金持ちあたりがこういう活動はじめないかなー。

2016-09-08

自然ママ改め蛮族系ママ

自然ママ医療従事者ではないがリフレクソロジーなどを手に職に持ち出産経験者が多く、大抵アメブロを愛用している。

講演会勉強会などを積極的主催、もしくは参加し常に意見交換共有を図ろうとしている。

Facebookでも活発にソースが不確かな情報を発信し、感動系のシェアも多め。

アメブロfacebookを見る限り最近までインターネットに疎かったようにも思える。

意識高い系の方が多いので英語サイトから引用し、自分翻訳情報を発信しているものも見受けられる。

ソース不明記事が多いが自分の趣向にあった記事真実として疑わず

そのかわり政府大企業が関わっているとみられる事柄には権力者陰謀だと疑って信じない。

ざっと書いたけど、自然ママって大っ嫌いなんだよね。

お布施祈祷を行えばガンが治ります!っていう宗教と一緒。

科学的根拠のないことを他人にまで勧めて本当はならなくてもいい病気になる。

しか自分じゃなくてそれが子供ってとこが宗教よりたち悪い。

子育てって閉塞空間での重労働で本当に大変なときって世の中で何が起こってるかもわからないんだよね。

今の若い人たちテレビよりスマホから産後大変な時期にちらっとインターネットで見たこと信じちゃうのってわからなくはないんだよ。

その情報ソース確認なんかできないよね。

でも今自分が信じてるそれ、本当なの?子供のためじゃなくて自然派してる自分に酔ってない?

SNSブログでそれが書きたくてやってるんじゃない?何もできない小さな子供に無理させてない?

とりあえずアメブロ自然ママを全部排除すれば、結構子供の命守れると思うんだよなぁ。

2016-09-06

作業がない仕事だれかおしえて

肉体労働だと働けない。

内臓病気と血管が心筋梗塞で倒れるから

生活保護を受けて体の具合を直してから社会復帰べきかどうかで悩んでる所。

去年と今年の収入がないので高額医療制度を利用しても3万ぐらいで済むよね。

仕事を選べば働ける。

だれか肉体労働じゃなくて日払いか週払いの仕事をおしえて

長寿祝う」の意味がわからない。

先程、長寿を祝い106歳のお年寄り記念品を贈られた。

って記事を見た。

何これ?

長生きすることはいいこと?

今もまだそんな価値観がわかり通る時代なんだっけ?

106歳まで生きるってことは、彼らの時代を考えれば55歳あたりから年金をずっともらっているわけだ。

医療保険個人でありながら膨大なものになろう。

長年介護されているわけで、介護する側はそのような活動時間をさく必要があり、生産活動ができない。

そのお金ってどこから来ているの?

結局多くの人の犠牲の上になりたってるんだよね。

これのどこが健全社会なのかまったく理解できない。

医療介護もうけずに長寿っていうんだったら話は別だ。そこに健康維持という個人努力があるのだから

でも今の時代ってそうじゃない。過剰な医療制度無駄寿命を延ばしている。

うちの婆ちゃん96歳だけど医療漬けの介護漬けでなんとか生きてるけど、全然うれしくない。

そこに関わる介護する人たちの人生、莫大な医療費。これって未来から借金みたいなものだよね。

まだ若くこれからって人たちの未来はどうなってしまうんだろう?

不安で仕方がない。

個人的現代社会のこの歪を埋めるために安楽死を導入してもらいたいよ。最後最後脱線したけど。

2016-09-03

500ブクマの「麻疹やばいよ」の記事Wikipedia からコピペっぽい

麻疹はしかやばいよ。医者本音。」っていう記事

http://www.sukesuke-mile-kojiki.net/entry/2016/09/02/062924

500ブクマついてホッテントリになってるけど、肝心な箇所がほとんど Wikipedia の「麻疹」の項目をコピペして文体を変えただけのように感じる。

麻疹

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%BA%BB%E7%96%B9

以下、似ている箇所

ブログ カタル期の後にいったん下熱しますが、半日ほどで再び39〜40℃の高熱が出現し(二峰性発熱と言います)、発疹が出現しまう。発疹は体幹顔面から出現し、後に四肢にまで及びます
Wikipedia カタル期の後にいったん下熱するが、半日ほどで再び39〜40℃の高熱が出現し(二峰性発熱)、発疹が出現する。発疹は体幹顔面から目立ち始め、後に四肢の末梢にまで及ぶ。
ブログ 1000人に1人ほどの割合ウイルス性脳炎合併します。発症すると1/6が死亡、1/3に神経系障害を残すという病気です。
Wikipedia (ウイルス性脳炎) 1000人に1人くらいの割合発症。熱発の程度と脳炎発症率に相関はない。発症すると1/6が死亡、1/3に神経系障害が残るとされる。
ブログ 麻疹ウイルス感染10年ほど経過してから知能障害運動障害発症し、ゆっくりと進行する予後不良な亜急性硬化性全脳炎というものがあるようです。
Wikipedia (亜急性硬化性全脳炎) この病気麻疹感染後7〜10年してから知能障害運動障害発症し、ゆっくりと進行する予後不良脳炎である
ブログ 2015年には世界保健機関は、日本麻疹の「排除状態」にあるとしています。「排除状態」とは、日本に定着しているウイルスによる感染が3年間確認されない場合認定される状態です。
Wikipedia 2015年3月27日世界保健機関日本麻疹の「排除状態」にあると認定した。「排除状態」は、日本に土着するウイルスによる感染が3年間確認されない場合認定される。

こんな感じで文章として一致する箇所があまりにも多い。現役の医師医療情報についてわざわざ Wikipedia から引き移すものなのかな。

2016-08-30

なぜ日本エンジニア給与評価やりがい世界ワースト

http://b.hatena.ne.jp/entry/paiza.hatenablog.com/entry/2016/08/29/%E3%81%AA%E3%81%9C%E6%97%A5%E6%9C%AC%E3%81%AE%E3%82%A8%E3%83%B3%E3%82%B8%E3%83%8B%E3%82%A2%E3%81%AF%E7%B5%A6%E4%B8%8E%E3%82%82%E8%A9%95%E4%BE%A1%E3%82%82%E3%82%84%E3%82%8A%E3%81%8C%E3%81%84%E3%82%82


海外で働いていて世界各国のエンジニアとかかわりがある立場としてこのエントリーが余りにも酷すぎるので書く。


エンジニアスキルについて


まりにも突っ込みどころが多過ぎる無いようだが、まずこのブログ比較されている8カ国に関して

仕事を通じて感じたエンジニア技術力について記述する。


勉強している人が最も多いと言うインドネシアだが一番エンジニアの質が悪い。

全くこちらの支持要望も受け付けず問題解決スキルのなさからインドネシア国内解決できない事もしばしば

さらにお客に通知なしに勝手メンテナンスを始めたりする。

インドネシア人口ピラミッドを見て頂くと分かるが

自分の年齢も分から適当に切りのいい数字で俺の年齢はこのくらいだと答えるような連中である


次にベトナムタイインドネシアほどではないがエンジニアレベルは低い。


中国はそれなりの技術力がある。がそんなに高くはない。優秀なのはアメリカに行く。


アメリカはばらつきが多い、世界中からトップエンジニアが集まる国だがトップ以外は士気も低くレベルも高くはない。

下位・中位のエンジニア世界帝国民としての横暴さがあるエンジニアも多い。


インドITスキルと言うよりコミュニケーション能力発展途上国である。全くこっちの要望を聞かず

自分の思った通りに勝手物事を進めようとする。クラスに数人はいKY人口の半分以上を占めている。


韓国日本、この二国のレベル世界的に見ても高い。サービス精神のよさも考えれば世界トップレベルである


技術力を表すと

インドネシアベトナムタイインドアメリカ中位・下位<中国韓国日本<<<<アメリカ上位


日頃の自己研鑽の程度も各国のITの標準レベルもめちゃくちゃである

日本韓国データエクセル関数を使うレベルまでITエンジニアに含めてるのではないだろうか?

首を賭けても良いが日本韓国インドネシアベトナムタイインドより劣るなんて事はあり得ない。

トップレベルエンジニアは別として中国アメリカにも劣るわけが無い。


●なぜ日韓エンジニアはむくわれないか

簡単である。それは文系の連中が足を引っ張ってるからだ。彼らはコミュニケーション

錦の御旗に理系エンジニアをこきおろしエンジニアから搾取する構造日韓では出来上がっている。

エンジニアなんてたいした事無い。カスだ。いくらでも代わりが居る。」

といってエンジニアを扱下ろし自信を喪失させ、奴隷のように使っているのだ。

だが実際のところ彼らが行っているのはコミュニケーションではなく派閥争いや会社への忠誠心を示す儀式である

日本文系コミュニケーション能力の無い奴が非常に多く、飲み会などを強制したりする。


そして彼らの政策の失敗による尻拭いはエンジニア仕事なのだ。報われない仕事である


●ではどうすべきか?

日本短期的には経済が持ち直すかもしれないがこれからもどんどん悪くなって行くのは確実だ。

どうすべきはあなたのおかれている立場によるだろう。

NTTKDDIやその他メーカ大企業IT子会社に「正社員」で勤めている人に取っては

そのままそこに残る事が必ずしも悪い事ではない、日本福祉はまだまだ手厚いし

それなりの企業に勤めていれば様々な利益がある。また日常生活で使えるサービスの質も高い。

年金危機が叫ばれているが特権階級派遣等の非正規から搾取大企業正社員優遇を受け続けれる可能性は高い。

さら日本は衰退しているとはいっても最大の勝ち馬である英米に乗っかっている。(植民地とも言うが)

急に衰退するとは考えるのは早計であり、30年、40年持つ事も多い。


派遣契約などの非正規、もしくは中小企業勤務で20代なら日本に留まるのは馬鹿だ。

あなた日本でまともな生活をおくれる可能性は5%も無いだろう。

これも首を賭けても良いが政府大企業あなた生活を良くしようとは必ずしない。

いくらあなた努力して結果を出したところでこのブログのように、「おまえは努力不足だ。カスだ。代わりはいくらでも居る。」

と自信を失わせてゴミのように使われるだけである。早々に日本を飛び出した方が良い。

もちろん海外生活は楽ではない。生活の質は低いし、食事は不健康医療費バカ高く大変に感じる事も多い。

だが日本奴隷生活を続けて朽ち果てるよりはマシではないだろうか?

恐らくあなた40代を迎えるまでに状況は改善しない。その時仮に状況が改善しててもどうしようも無い。

私は30中盤だが知人の30%ぐらいは派遣契約中小企業勤務であり、彼らは高齢独身精神病である


海外に飛び出すときの注意

メリット

日本人同士の嫌な付き合いか解放される。

仕事に注力できる。へんないいがかりを付けられる事が減る。

自分キャリアを選べる。

デメリット

食事ゴミ

医療ぼったくり

日本帰国できない可能性大。

【注意する事】

外食は極力しないこと。アメリカ等の外食麻薬とほぼ等しい。30代で重大な病気になる事も多い。

運動を心がけること。体は資本である

生活が落ち着いても手を抜いて勉強をやめない事。外国人弱者である。常に研鑽を忘れてはいけない。

タイプの女が居る国・地域選び1年以内には結婚相手を捜し始める事。

中国人女と結婚するときファザコンでないか確認する事。

韓国人女と結婚するときケチ頑固でないか確認する事。

日本人女と結婚するとき陰険でないか確認する事。


インドネシア人ピラミッドhttp://togetter.com/li/988713