「価値観」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 価値観とは

2016-06-28

何故なのかわかった

ドカタっていうのは唯一男ってだけでなれる職業で、普通の職よりお金がもらえる

まりそういう全体として価値観になりやす環境ってことなんだなと

2016-06-27

人間ルックスじゃないすか。

1周回って最近は「やっぱり人間ルックスが全てじゃないすか」って考えに回帰しつつある。

もうすこし具体的に言うと主に恋愛関係於いてなんだけれど、

なんか良い年した男が「恋愛」って言葉を使うの、ちょっと気が引けるな。「交際」とかかな。やや堅いな。

閑話休題、男女の交際大事なのって、絶対ルックスじゃないすか。

ぼくはそこまで女性を見た目で判断しない方(自称)だけれど、それでもやっぱり「可愛い子」と「普通な子」では同じ内容の事を言われても感じ方が全然違うし、

何かが起きる訳でも無いのに、レジ店員さんに愛嬌があったり、同じ車両に魅力的な女子高生が居たり、そういった些細な事で日々のラッキーポイントは貯まっていく。

第一印象は外れない、という話を聞いたことがある。ぼくもそう思う。

交際」以前の「人付き合い」の時点でさえ、その人に抱く、というか正確には今後抱いていくであろう好意距離感は会って数セクションのうちにある程度決まっているのだろう。

ここでいう第一印象こそがぼくの思う「ルックス」に他ならなくて、

それは必ずしも「顔」というワケではなくて、「身長」だったり、「体つき」だったり、もっと言えば「声質」「髪質」「立ち振舞い」だったり、そういったあまり努力でどうこうし難いものを纏めて「ルックス」とするならば、

人間ルックスが全てじゃないすか。

でもぼくがこういうことを書くと、「そういうことを言ってるからダメ」とか、「XXXみたいな例もあるし」とか、「いや人間金だよ」とか、色々な角度からアプローチがあったりもするのだけれど、

いや、別にその意見否定するつもりは全くなくて、何事にも例外はあるだろうし、ルックス雑魚でもカッコ良い人間も居ないとは言わないよ。

でも、明らかに、明らかに、ルックスで変わるものがあって、それが結構な頻度であって、そして結果に大きな違いがあって、

そういう世界に生きているハズなのに、「ルックスが全てじゃん」って最初に言ったヤツが負けみたいな、負け犬みたいな、ソイアンペルデドルみたいな、

それだったらじゃあぼくが言い出してやるぜ、切り込んでやるぜ、オレは三都主アレサンドロだ、みたいな。

そしてこの作文は別にルックスが優れている人に宛てたヒガミの手紙ではなくて、

(むしろ良いものを生まれ持ったならガンガン使っていって欲しいし、少しでも優れたルックスを手に入れる・保つために相応の努力をしている人は素晴らしいと思う。勿論ぼくだってその端くれだ。)

ルックスが良いって、交際でも、人間関係でも、とにかく有利じゃん!

っていう当たり前の価値観を当たり前に認めようとしない今のこの世の世界観気持ち悪いなって、

人間ルックスが全てなんだから自分ルックスが少しでもマシになるようにやっていったらいいじゃないすか、

結局その先にあるのもルックスの差なんだけどさ、みたいな。

そういうことを書きたかったのではないでしょうか。

世界日本に近づいている?

貿易関連の仕事をしている。

英語中国語もでき、客先もそれらの国なので常にそういった国の

価値観に接し続けて、日本グローバル化を望み続けていた。


でも、最近考えを改め始めている。


もちろんトランプ旋風とイギリス選挙きっかけだ。

グローバル化する事で出てきた多くの問題を、理想カバーし続けるも

もはや流入する移民対応しきれなくなっている国が増えている。

香港シンガポールなどの国も同じ傾向が続くとしたら、どこで

均衡するかを政府は決定できるのだろうか。


ある程度の保護を伴う社会民主主義的な政策が、中国を含めてもほぼ世界的に

デフォルトになりつつある現状、経済動向に依る人口比の急激な変動は

政策にも大きく影響を及ぼす。

そのリスクを考えるなら、今の日本のように移民外国企業の流入障壁

維持する方がむしろ長期的な成長政策も維持しやすい。そもそも貧困層であれ、

富裕層であれ移民メリットによって移動するリスクを取れる人々だ。

イギリストルコ化したら、誰がイギリスに魅力を感じるのだろう。


参入障壁は国=そのエリア個性も維持し、観光産業地政学的なメリット

維持しやすくなる。魅力をいつまでも保ち続けやすくなるのだ。

アイデア世界を移動するが、土地の魅力はそこに居続ける。そうなる方が

グローバルという言葉の魅力はむしろより強まるのではないか


まり世界はより現在日本のようになっていく。


こんな風に今日ふと思ったんだが、どうだろう。

友人が途端に苦手になった

高校からもう10年近く交流のある友人なんだけど、最近(4月から)どんどん苦手になってきた。

はっきり書くと仲よかったけど急に「嫌い」とか「生理的に無理」になった感じ。

もともと他の友人含めネトゲオタク話題で知り合って、大学社会人になっても別々の場所暮らしてもSkypeで週の半分くらいグループで頻繁に通話してるほどの仲だったんだけど急に一人の友人だけ苦手になった。

なんで苦手なんだろうって「自分が悪い」ってのと「相手が悪い(のではないか)」って2つの大枠で考えてみた。

自分が悪い」

・頻繁に通話しているとは言え、大学会社とそれぞれの別の環境暮らしているため、もともと近かった価値観がどんどん乖離して話をあんまり理解できなくなった

・個人の生活での心理的問題(会社とかでのストレス)で相手の話を受け入れられなかったり、反論するようになった(個人的には一番悪いと思う部分)

地域的な問題(自分地方在住なので通話中に放送中のアニメの実況とかされたりする等)

・そもそも(苦手な人と)話す話題があまり無いのに通話とかに参加してる(他の人とは話すことはある)

生理的嫌悪感(それまでに仲よかった人に急に嫌悪感湧きだすってのも変な気がするけど)

相手が悪い(のではないか)」

・もともと正論を話すような人なので変なこと言うと「いやおかしいでしょ」とか「違うくて~」等風当たりが強い

オタクなのでアニメ自分領域の話になると語りたがる性分らしく、凄く早口になったり等オタクらしい言動がある

・怒ってるみたいな口調で話してくる(特になんでもない会話でも恐くなる)

自分相手どっちが悪いって書き出してみたけどまぁ先に苦手になった自分のほうが悪いと大いに思う。

かと言って簡単自分の悪いところを正せなくて困ってる。

どうしたらいいの。

2016-06-26

http://anond.hatelabo.jp/20160618211423

死なないで



とりあえず今は休んで

元気になったら読んで



就活がすべてじゃない

人生生きていけなくなるって不安もあるかもしれない

だけど、そんなことはない



すぐに就職しなくたって、死ぬことはない

生きよう



例えば死ぬ前に何をしたい?

世界一周とかしたくない?



たとえばなんだけど、であったら、

今の就職は見送って、とりあえずバイトでもなんでもずがーっとして、

金貯めて、それで世界旅行してから死んだら良くない?



つらいのはわかる。

そのつらさを本当に君の身になってわかることはできないけれど、

つらいこと自体はわかる。



から、ここで終わらないで。



「あきらめたらそこで試合終了」



なんてことを言うつもりはない。

人生はそんな短いタイムリミットのある場所じゃない。




「あきらめたらそこで試合開始」




どっちかっていうと、そんな感じだと思うんだよ。

あきらめたなら、一度すっかり忘れよう。気持ちリセットしよう。難しいかもしれないけれど。

一歩離れて、違う価値観の軸で考えてみよ。もしくは、考えすぎるなら、とりあえず歩いたり、ゲームしたりするか、わからないけど、

気分転換になることしよう。

一度本気で取り組んで、絶望して、あきらめて、疲れて休んで力が抜けて、そこから本当にはじまることってあると思うんだ。



ぼくは君と仕事がしたいと思うよ。

だって世の中の問題点を痛切にわかってるんだもの。身をもって。

そこまで世の中の問題点体感したのなら、あとはそれをどう変えていけるか、一緒に取り組みたいよ。

そこまで問題意識を感じれるのは、強みだと思う。



今の経験があって、今はつらいだろうけど、これを乗り越えたらきっとさ、

一歩離れて見れるようになったらきっとさ、きっとこの経験は君の最大の強みになると思うんだよ。



あきらめてもいい、あきらめなくてもいい。

どっちでもいい。ただ、死なないでくれ。



今は、就職するためにできることじゃなくて、死なないためにできることをしてちょうだい。



僕は待ってる

世の中を変えていけるのは、いつだって世の中に死ぬほど問題を感じてるやつだ。



そんな大げさなことでなくても、

君の経験が、誰か他の一人の命を救うことになることだってあるんだ。

今の君の経験を語ってくれるだけで、救われる人もでてくるよ。



絶望しながらでいい、堕落しながらでいい、疲れながらでいい。

なんとか生き抜いてくれ。




ここに言葉を連ねるだけで、君のそばにいて寄り添えないことがとても残念。

だけど、それは地理的なことでしかない。



君のそばに、寄り添っている人はたくさんいるよ。



良く休んでね。

2016-06-25

たまたまサーフィンしてた本の紹介ページで見つけたので引用。下に1〜4段階が示されているが、大抵の本は4番に終始している。コメントで「まぁモテ本に限らず、自己啓発本の多くが「俺論」だからねぇ。俺論が一番語りやすい分野は4番なんだろうね。」とあったけど、まさにそう。ちゃんと1〜3の基礎から実践出来る内容の本を買うべきだと思った。以下コピペ




モテる人間になるためのステップは4段階あると思う。

1.意志の力でどうにもならない無意識を変性し、努力で何でも達成出来る / 自己実現快感だと感じるようになるステップ

2.恋愛・魅力の基本的構造を学ぶステップ

3.それらの価値観を身体化するまで本を読み込む・慣れる・練習するステップ

4.いわゆるモテテクニックを身に付けるステップ




ところが巷に溢れる本は4番、モテテクニックを語り尽くしているだけだ。結局それだけ読んでなんとかしようとする男は、一個一個のテクニックを使ってもちぐはぐで違和感丸出しの痛々しいヤツになるだけである。俺たちは、根本から改善しなければいけない。努力しようと思ってもなぜか行動出来ないのなら、その行動出来ない動機となっている無意識を探し出して破壊する必要がある。モテテクニックが上手く作動しないなら、モテテクニックが成り立つ論理、すなわち恋愛という感情がどうして生まれるのかを知る必要がある。結局、基盤となる前段階のベースをしっかり作らなければ、魅力的で誘惑的な男にはなり得ないのだ。

読んで覚えられないところは何度でも音読し、行動すべきところは実践し、鏡に映して確認し、もしくは他人に見てもらってしっかり身に付けよう。出来るまで何度も繰り返すことも重要だ。継続は力なり。反復学習が長期記憶を生成し、次第に身体化されてくる。

(以下この本の内容だったから省略。この本、高すぎて手がでないけど、安ければ絶対買ってた。)

http://anond.hatelabo.jp/20160625203530

ストーリーが無いからだろうな。

多く読まれる話ってのは、成功か失敗か、はっきりしたストーリーがあるもんだ。

地方にいつづけることが失敗で、大都市に出ることが成功っていうストーリーはわかりやすいだろ?

あるいはその逆のストーリーも注目を浴びる。

俺は東京に出た後に地元転職した口で、友人との関係性も含めてあなたと近い部分が多いと思うが、俺もあなたストーリーが割と薄いだろ?だから話題にならんのだろう。

それに、地元友達との交流地方での話ってのは、大体が「思い出」に収束ちゃうんだよな。わかりやすい変化や劇的な価値観の転換が少ないから、客観的に見ると「それってあんたの思い出話の域を出ないでしょ」ってなりやすい。

あんまりうまく言えんが、あんたの言いたいことはわかるし、あなたみたいな人と交流したい。

が、まぁ、増田だしな。これ以上の関係にはなれん。

twitterならたくさんいるんだけど、探し方が難しいんだよな。

ままならんよね。

2016-06-24

http://anond.hatelabo.jp/20160624231916

個人的には、頭の良い(良く見える)女の子が好きだ。

たとえ誤魔化しだったとしても、知性を軽んじることのない人間尊敬に値すると思う。

頭の弱い女の子人間本来の頭の悪さを隠そうとしてないのだという見解には部分的同意するが、その開き直りとも言える態度に好意を持つことはできない。

身の丈よりも少しだけ上の自分を目指している人間ってとても魅力的だと思うけれど、一般的価値観とは違うのだろうか。

常にストイックである必要はないけれど、まったく向上心を失ってしまうのもどうかと思う。

精神的に向上心のないものはばかだ、と言い続けて自殺するのも愚かだけれど、バカ免罪符にするのも人間としてどうなの、と思う。

アイドルが、というよりアイドルファン理解できない

私はアイドルが嫌いだ。

というと語弊がある。

そういう文化があり、享受する人がいることを認めているし、頑張っている本人たちはとても素晴らしいことだと思う。

それでもやはりアイドルファンというか、アイドルオタクの方々には申し訳ないが私は嫌いだ。




いきなり自分価値観押し付けになってしまうようで心苦しいが、それでも言いたいので言わせてもらう。

音楽を聞く際、私は基本的歌詞メロディーアーティスト歌唱力を見る。

そのどれか一つでも素晴らしく、自分感性に響けば、私はそのアーティストを好きになり、CDを買う。

そういう過程があってからアーティスト本人に興味がわき、人となりを見たくなる。


しかし、世間および自分の周りにも数多いるアイドル好きの方々に関してはそうではない(と私には見えて)ようで違和感を覚える。




彼ら、彼女らの場合、まず見るのはやはり「顔」である

もちろん、「アイドル」という売り出し方法である以上顔は大事であるし、言ってしまえばそれが大半を占めているのもわかる。

しかし、顔の可愛さかっこよさで判断して、応援して、好きになる、というのがとてもとても理解できないのだ。


極端に言ってしまえば、それは「性別」、性を全面に出したところから判断であり、風俗と売り出し方としては何も変わらないような気はしている。


それでいて好きなアイドルたちの曲について言及しているのだ。

やれ歌詞がいい、曲がいい。


楽曲自体はたしかにそうなのかもしれないが、結局はそのかわいいかっこいい人達が歌っているから好きなのであろう?

正当な評価ではなく少し捻れた好意なんだろう?といつも問いただしたくなる。


そしてそれを実際に問うてみれば、自分感情を抜きにしても好きだとまで言う。

嘘をつくでないよ。


「じゃあその人が男(女)であっても、あるいは見た目が好みでなくてもそう言えるの?」と聞くと

たいていは黙ってしまうか、「それはアイドルというものではなくなるから問題だ」と言われる。



私の理解が足りないのか、私の心が汚れているからなのか、理解できない。




かわいいかっこいい人を好きになるのなら現実恋愛をすればいい。

それがかなわぬゆえ疑似恋愛をしたいのなら風俗ホストに行けばいい。体の関係だってなれる。

でもファンの方々は(一部は違うだろうけど)性的接触や恋愛を求めていないというのだ。

自分好みの容姿をしていて、頑張っているその人を純粋応援したい。恋愛感情ではないが本当に好きなんだと。


これはとても難しい。



本当に好きならその人のすべてが欲しくなる。でもその好きは恋愛感情になってしまう。

歴史上の偉人のように、尊敬しあこがれを抱くような好きでもない。

アーティストのようにその人の作品が好きでというわけでもない。



その人本人を好きなのに恋愛ではない。しかも見返りも求めずただ金をつぎ込む。

あしながおじさんか何かか…と私はいつも思ってしまう。



ここまでならまぁ百歩譲って理解できるとしよう。

理解できないのは、それが一人ではないということだ。



同時に他の人を好きになっていることもあるし、ある程度旬が過ぎたらもっと若い子に移っていく。

お前の好きは何だったんだと。

アレだけ騒いでいてもう次かよと。





まあ…これは「アイドル」を商品として消費して売りさばいている今の日本業界も悪いところはあるとは思うのだが

それを受け入れる大衆も、受け入れざるをえない演者も、責任があるというような気がする。




私は何を言いたかったのかまったく自分でもわからない…ただただ思いついたもの文章にしたら支離滅裂になってしまった。




結論としては、「私は、商品となっている『アイドル』およびそれを享受する受け手理解できない」ということである

吐き出せてスッキリしたというだけのチラシの裏

自分の苦手なものを認められず叩くだけの老害にはなりたくないとは思いつつ、こんな記事を書いているのでした。

かわいい女性を束縛することで、かっこいいは女性解放するみたいな言説

本当なのかね

日本かわいい女性幸せにしないっていうじゃない?

あんなのは社会で生きていくうえでやらされてるだけ。あんなのじゃ女は解放されない的な



でも俺が女だったらというか、姉がサンプルなんだけど153cmくらいしかない女性にかっこいいを求めてもしょうがないと思うのよね

日本人男性スーツきてかっこつけても様にならないのと同じで)



外見かわいいで、仕事バリバリやってくれたらそれでよくないですかね

外見からカッコよさ求めないといけないものですかね

しろかわいいがあることで、かっこいいか解放されてる気がするんだけど



かわいい日本人自分で作って手に入れた欧米型の価値観に対する貴重な価値観なのに

なぜかフェミなのかなんなのか知らないけど、その欧米権威に使ってガラパゴスとかなんとか言い出すし

いや、ガラパゴス結構じゃないですか?

そもそも、ガラパゴスってのは工業製品大量生産が前提のぶんやでローカルものやってたら負けますよって話

文化価値観ガラパゴスなんていいことじゃないのよ

そのくせあなたあなたよ!自分大事にしてねとかい欧米言葉大好きだよね

どっちだよ



結局かわいくできない女が妬み嫉みで言ってるんじゃないの?って思うわけですけど

結局かわいい、かっこいいは好きにすればいい話で、人に押し付けものじゃないよって話にすればいいのに

なぜかかわいいのもの否定をする連中はもう少し考えたほうがいいですよって話

2016-06-23

決意

元増田ありがとう

これ私が書いたのかと思って読んで、厳しいブコメに殴られた気分でした。

とくに響いたのが「受け身タイプ」っていうコメント

自分が受け身だったって初めて気付いた。



今まで人見知りで友達がいないのを

雑談が辛い、人といると疲れる、基本的に一人で居たい」

「人の顔も名前も話したことも覚えられない、人に興味が持てないんだろうか」

あたりの悩みから人間が苦手なんだろうなと半ば諦めていたんだけど、

受け身っていうのが大きな要素かもしれない。



思い返せば中学に上がった頃、私は「た」から始まる苗字なんだけど、普段一緒にいたのは

「田木さん」「高木さん」だった。

クラス替え最初あいうえお順に並んで、前後になったから話しかけてくれた人とずっと一緒にいた。

別に話や価値観が合うわけじゃなかったけど、話しかけてくれたから。

自分から他のクラスメートと話そうとはしなかった。

上記の2人とは中学卒業後疎遠になり、それきりだ。

今に至るまでずっとそんな感じだった。

高校大学バイト職場と、必要上話す人と過ごして、友達にはならず、その場が過ぎれば疎遠になって、

そして今「雑談が辛い」という理由退職して独立してしまったのでマジで一人である



でも友達が欲しい。一人でいるのは大好きなんだけど、何だか成長も変化も先もない。

必要なのは「こんな人と会って話したい」と自分が思って自分からしかける積極性かもしれない。

人が苦手、で止まらないで自分から話してみるのが大切かもしれない。

と、元増田投稿で思った。



ブコメに「居酒屋やバーに行け」みたいなのも多かったから、友達まで行かずとも誰かと話してみるかと思って

さっき店を探して歩いていた。

飲みに一人で店に入るのに抵抗はないんだけど、「人と話さなくていい」のが条件だったか

日高屋とか、カウンターしかない客がいない中華屋とか、そういうところしか入ったことがない。

誰かと話すと決めて店を探すのは怖かった。



で、あたりを付けていた店がグループ客が多くて尻込みして帰ってきたよ。

私のバーカ!弱虫!!

でも、人と話そうと思って店を探したのは事実なので自分を褒めてあげよう。



あと、近々オフ会がある。

オフ会行っても友達できないと思う」ってブコメあったけどそれがまさに私で、

今までオフ会でも人と話すのを避けていたけど、今回は自分からしかけようと思う。

色々失敗するだろうけど、経験値を積まなければいけない。



人に対して受け身。

このこと、20年前に気付きたかったな。中学生の頃に。

友達以外にも、親との関係とか色々変わった気がする。

でも気付いたんだから遅くないさ。



以上お礼と、これから頑張るという決意でした。

元増田友達できるといいね

http://anond.hatelabo.jp/20160623183918

まり生かしてやってるんだから辱めだろうが何であろうが甘んじて受け入れろ、と

何故それほど生きる事に意義を見出してるのか分からないわ

価値観の違いか

「今、ここ」を積極的肯定せよという強い主張

http://anond.hatelabo.jp/20160622215402

都会に行かなくても良い。

洒落な都会っ子にならなくてもいい。

地元志向マイルドヤンキー価値観肯定である

輪廻ラグランジュ」「夏色キセキ」などマイルドヤンキー価値観肯定する作品の一つに過ぎない

2016-06-22

「チャック空いてますよ」が言えない集団

ネット上で形成されたある弱小同人サークルには、オリジナルマスコットキャラがいた。マスコットキャラといっても内輪的なもので、対外的には全然意味をなしてない。(とはいえ、マスコットキャラがいるとTwitterアイコンだったりカタログサークルカットだったり、とりあえずそれを描けばいいみたいな存在になるので便利である。余談)



自分はそのサークルの結成から一年リーダーを務めていたが、今は退任してサークル活動にはノータッチである。後任のリーダー自分より同人活動社会経験も長く、気さくで親身で、一児の母でありながら管理職に勤めているというハイスペックな方だ。普通に尊敬できる。



その後任のリーダーが、どうも、そのマスコットキャラクター名前を一文字間違えて覚えてしまっているようである。(長期間、その誤った方の名称で呼んでいるため、タイプミスではない)

まぁ覚え間違いなんて誰しもあることだ。自分最近までyoutuberヒカキンのことを「ヒキカン」と認識していた。そっちの方が語呂は良いと思う。

間違えて覚えてしまったなら、気づいた段階で直せばいいし、気づいた人が指摘すればいい。これはズボンチャック全開問題と似ている。些細なことだ。



だがかれこれ半年以上、その誤りは直らない。もちろんリーダーが迂闊ということもあるが、それ以上にサークルメンバーの誰もがそのことを指摘しない、あるいは気に留めない、その関係性は不健全に思えて仕方がない。仮にもサークル象徴するマスコットキャラクターである。名は体を表す、という程はないかもしれないが、名前あってのキャラクターであるのは間違いない。二年以上活動していて、まだ「チャック空いてますよ」も言えない表面的な関係しかないことに、虚しさを覚えてしまう。



「気づいてるならお前が指摘すればいいじゃん」と言われれば、まぁその通りなのだが……、しかしそれがジレンマなのである!! 指摘は容易いし、心理的障壁はあまり感じない。ただ自分は身勝手な都合でリーダーを退き、その方に押し付けしまった立場であるサークルから離れていったくせに、姑のようにアドバイスと称した鬱陶しい小言をいう存在になるということは、自己満足しかないし、それは自分羞恥心が許さないのである。(これはこれで自己満足なのだろうか)



まぁしかしチャックが全開であっても、それを全員が認識しなかったり、華麗にスルーしていければ、大した問題ではないのかもしれない。寧ろ気づいて騒ぎ立てるのが悪なのかもしれない。「チャック空いてますよ」と言いあえる関係性を最善とするのは、価値観押し付けだろうか。

この件でトラブルは起きないだろうし、決定的な亀裂ではないと思う。だが、こういった歪みがドンドン連鎖的に広がっていくのではないか危惧してしまう。


自分もチャック空いたままのときスルーされてたのかなぁ。

実際女から見て山本耕史ってどうなの

今回の堀北真希結婚をどう評価する?

自分価値観おかしいだけなのかな

概要を知らない人は↓

http://matome.naver.jp/m/odai/2144573893814223701

http://laughy.jp/1432523102192104642

価値観の違う人間人権を奪うことは仕方のない事なのだ

神託なのだから

正義なのだから

人類のためなのだから

別れ話

今度土曜日彼女へ別れ話を切り出そうと思っている。

彼女も薄々感づいていると言うか、ほとんど同意のもと別れることになるのだろうか。

今でもけっこう好きだが、よくある価値観の相違というやつだ。大きい要素だとは思いたくないが、容姿理想とは違った。

1人の女声と添い遂げるのってめちゃくちゃ難しいな

http://anond.hatelabo.jp/20160622013720

ありがとう増田に吐き出してよかった

俺が思ってる価値観の違いっていうのは、ようするにギャップなんだな。違う生き方を選んだっていう

そう思ったら、なんか変なルサンチマン爆発させてるのが、バカみたいに思えてきた

ただいつかそれでは立ち行かない場合自身健康問題家族問題など)も出てくると思うので、その時にどういう生き方や考え方を選択するかは別問題だし、そういう心配の無い人もたくさんいるので、それはそれという感じ。

そうなんだよなあ。多少は気にしてるんだけど。失敗したら詰むし 笑

でもある程度は覚悟してやってるよ

どうにもならない状況になったらなったでそのとき考えようって、楽観的過ぎるかもしれないけど

趣味仕事をするのは悪いことなのか

もう30半ばだが、大学研究員やりながら、塾講師やってる

年収は200万程度で休日は週一

毎日忙しいが楽しくやってる

これを人に言うと、

なんか呆れたような、何考えてんのこいつみたいな、嫌な顔をされる

楽しんで仕事したらダメなんかな

まあ、どっちも非常勤バイトだし、常勤とか正社員じゃないってのもあるかもな

いい年して遊んでんじゃねー!働けよwwwって意味なのかもしれない

なんか、周りが変に気を遣ってるっていうか、久しぶりにあった知り合いにも

まず「今どこで働いてるの?」じゃなくて「今働いてるの?」って聞かれる

俺はニートと思われているのか

まあ、何やってるかは分からんわな

研究員なんて何する仕事かよく分からんことして、研究内容を簡単説明しても、「ふ~ん。なんか難しそうだね」で終わる

よくわからん研究して、なんでか分からんが塾でバイト、いい年して…

って思われてるんだろうな

家族や親せきなんかは、何もしてないよりマシ、こいつには言っても分からんと思われてる

から、嫁はまだかなんて聞かれたことはない。弟はしょっちゅう聞かれてるけど、俺には聞かない

ただ、研究も塾もどっちも楽しいんだよ。研究で業績あげたら、海外ラボで働きたいし、そのまま海外就職国際結婚も夢見てるんだ

塾講師は教えるのが楽しい。授業の予習をすると勉強にもなる。結構英語力が上がったし、理系科目の基礎も思い出せた

この2つは、お金のためもあるが、俺の留学海外就職国際結婚のために必要ものでもあるのだ

ただ、楽しいだけの趣味じゃないんだ

それを言ってしまったら今度は、いい年して夢見がちの変なやつ、または、俺らとはなんか違うなあ、とか思われて

村八分にされてしまう。周囲の人間生き方価値観も全く違うから

俺はやりたいことやって、一応目標もあるし、頑張ってやってるんだ

周りの連中に白い目で見られるようなやましいことはやってない

俺の人生なんだから、人様に迷惑かけなければ、どう生きようと俺の勝手だろう

なんで俺が村八分にされるんだよ

仕方ないから、周囲の反応なんて無視して、勝手にやりたいことをやっている



まあ、かなり話がそれたけど、趣味仕事をしてるのって、世間的に受け入れがたいのかなあ。一応、目標もあるんだけど

楽しい?アホか!真面目にやれ!って考えの人が多いのかな

2016-06-21

電車ベビーカー連れに嫌がらせしていく奴がいた。日本終わってる

さっき地下鉄帰宅中に、ベビーカー連れの親子に散々嫌がらせをしていった中年男性がいて、胸糞悪くなった

19時過ぎに電車に乗ると、ベビーカー2台, お母さん2人, 2~4歳くらいの子供3人が、電車の席3シート分くらい使って座っていた。

少しベビーカー場所を取っていたが、5人分で3シートなら全然問題ないレベル

とくに泣き叫んでいるわけでもなく、ワイワイ親子団欒していた。

ちょっと狭いけど、その横が空いていたので座った。

スマホ電池も切れてたし、なんかはてぶでストレス発散には瞑想運動がいいとか言ってたから、何も考えずに瞑想っぽく座っていた。

すると反対側に立っていた男が、突然こちら側にきて、お母さん達のほうに手を突き出していた。

瞑想中だった俺はとくに振り向きもせず、ぼんやりみていたので、何をしているかからなかったが、

「ああ、子供のお父さんなのか、何かお菓子でもあげてるのかな。俺が隣に座ってしまったけど、大丈夫だったかな」

とか思いながらスルーしていた。

数駅過ぎて、その男電車を降りようとしたときベビーカーに男の足がかかり、ベビーカーが倒れそうになった。

子供がいる座席側に倒れそうになって、子供が圧迫されそうになっていた。

あっぶねーな、とか思ってたが、男は謝罪もせずドアの前に行ってしまった。常識がない奴だな、とか思っていると、ドアの前で男がお母さん達に向かって指を指している。

初めは、知り合いに向かって、なんか示しているかと思っていたが、よく見ると中指を突き立てて見せつけている。

ここでようやく、その男が悪意を持って一連の行動をしていたことに気づいた。ベビーカーにつまづいたのもワザとだ。途中、手を突き出していたのも、おそらく去り際と同じく中指を突き立てていたのだろう。

めちゃくちゃ胸糞が悪い。子連れ妊婦嫌がらせをされるという話は聞いたことがあったが、目の前で実際に見て、マジでこんな糞な奴がいるのか、と呆然とした。 お母さん達は何も抵抗せず、子供の身を案じていた。抗議しようにも、子供になにかされたら、という思いで何もできなかったんだろう。そんな守るべき立場の人に向かって、嫌がらせをしていくとか本当にありえない。ここまで終わってたか日本

フィンランドに住んでたことがあるんだが、本当に子連れにやさしい社会だった。

電車バスは、ベビーカーを連れた親子連れ無料になるし、ちゃんとベビーカー用のスペースも用意してある。フィンランドバスは前から乗って真ん中から出る方式だが、ベビーカー連れの親子の場合は広い真ん中の出口から乗ることができる。降りるときは、ベビーカーを降ろすのを他の人が手伝ってくれる。だから公共交通機関にはベビーカーを連れた親子が多かった。 こういう経験をしていると、本当に日本の糞さを痛感する。

一番の原因は、国民性ではなく、人口過密と交通公共機関キャパティだと思う。人が過密していると誰だってイライラするし、問題も起こりやすくなる。 普通自転車電車に持ち込んだ経験ってある? フィンランドだと持ち込めて、ちょっと電車乗ってから別の場所サイクリングすることも簡単だった。すごい快適。自転車持ち込めるくらい余裕があると、ベビーカー乗せててもそんなにイラつくことはないだろう。

もちろん国民性とか民度も原因だとは思う。日本人は、他人迷惑がかかることを極端に回避する国民性で、レジ会計手間取ってるだけで迷惑かけてしまってると感じてしまレベル

他人迷惑をかけないが身にしみすぎて、個人の事情よりも水知らずの他人のほうを重視せざるを得ないようになっている。

たまたま周りに不利益を被る形になったとしても、たまたま自分がその事情立場になってしまっただけで、他の人がそうなる可能性もある。だからこそお互い様で、許容しあうという考えが少ない。

少し話はズレるが、日本人気遣いが色々な変化を経て、いびつものになってる気がする。

初めは、一人のちょっとした気遣いからまり、その行為が良いと評判になると、みんながそれをし始める。ここまではすごくいい話。 それがいつの間にか、みんなが守らならければいけないマナーになり、守らないと批判されるようになる。 別にその気が無かった人も、集団的価値観により、それを守らなければいけなくなり、我慢し始める。こういう人は、守っていない人を見ると非難をし始める。 こういう社会になると、本当に生きづらい。

さらに、我慢してた人が、我慢しないほうが自分の得になる、と気づいておかしなことになる。今の日本はこれが進み始めてる気がする。保育園建設反対運動とか、マイルドヤンキーとか。

からとっとと日本を出たい。

大事なモノを捨てられた、とある男のリアルタイムログ

雑な書き溜め。乱文ご容赦。そして、フィクションであってほしかったノンフィクション


8:00 通勤途中(鉄道)にて

イヤホンを耳に突っ込みスマホに入っている音楽を全シャッフルでぶん回す。ぐるぐる回る思考落ち着ける事、5分。

震えなくなった手でおもむろにメモアプリを開き、文字を打ち込んでいく。

以下、回想という名のまとめ。

雨降る朝。

色々あってメーターぶちぎった母上が激おこモード突入

あらん限りの罵詈雑言を投げつけまくった挙句、僕のマンガを破棄すると言い出した。

ああまたか。久しいな。2年ぶり何回目かは忘れた。幸か不幸か出勤前で時間も無い上に、下手にモーションかけると他のモノまで被害行くから、バレるとまずいあの3冊だけ絶対隠そう。それとマンガって言っても、マンガ保管箱の下のラノベ保管箱も含んでんのか?見たら一緒くたにはされそうだが、それ逃がすと目標を上の棚の雑誌群に切り替えそうだし、雑誌群の方がずっとレア度が高い。半分ほどは確実に買い戻せないし、ダメージがでかい。この際、ラノベ犠牲はやむなし。すまん。

上記の宣告からわずか5秒で判断絶対宣告が出された際に、この思考回路へと切り替えるのも前より早くなった。嬉しくない。

一応現状この場で打てる手として、涙目でひたすら謝罪と宣告拒否だけはしておこうか。土下座オプションつけた方がいいかな。多分意味ないけど。

ある程度やったら、例の3冊だけを隠し場所に放り込み、出勤。

近所の皆さん、朝っぱらからすみませんと思いながら、雨の中を小走りで急ぐ。

今に至る。回想終わり。

別に自身に対して何言ってくれても構わないし、気が済むまで殴る蹴るしていただいてもて痛いなーぐらいしか思わない(思わなくなったとも言う)。体丈夫だとこの辺有り難い。

ただ、僕の世界を壊すのはやめてくれ。僕のモノを壊すのだけは勘弁してくれ。

こずかいで買おうが、給料で集めようが、それらは僕の意思価値観に基づいて選び得たモノだ。それら全ては肉体以外で僕自身構成する、無機物でできた体そのものだ。

それを否定し捨てられる行為はどんな暴言暴力よりも、大きく身を削られる、抉られる。

この喪失感は何度味わっても、決して慣れることはない。

ただただ苦しい。

そして、この感覚は母には多分一生伝わらない。

判決メールはいまだ来ず。いや、できれば来ないでほしい。


8:45 通勤途中(徒歩)にて

アレからメールという名の判決が来た。

判決マンガ水浸しの刑

……捨てられてはいないのな、保管箱に水入れられただけならワンチャンあるか?、と一瞬冷静に判断してしまった自分が居たことに、悲しさとたくましさを覚える。でも、そのたくましさは本来いらなかったはずのものだ。

ごめん、30冊のマンガ。家帰ったらすぐ干してやるから

……そもそも家、入れるか……?


9:30 会社トイレにて

メール初見時には平静を保っていたが、確認して数分後に歩きながら叫び泣き出しそうになった(20代男性)

なんとか耐えて、仕事開始。今に至る

よく耐えたよく耐えたよ自分

大丈夫メールの文面からするに漫画箱に水ぶちまけたぐらいだから多分

捨てたなら捨てたって書くかならいつも

その方がダメージ大きいの知ってるからアレ

わざわざ部屋から運んで水かけて捨てる手間はしない

から安心しろ

とは断言出来ないが多少はマシだ

昔に比べれば被害額も修復労力もメンタル全然大丈夫

幸いにも限定版やらは入ってなかったし薄い本にも気づいてはない

CDも入ってたけど、CD文字文面にないかホントに水かけただけだろう

通常のコミックスが大半だから諭吉さん1人で買い戻せる

来月のボーナス使って買ってやれ


12:30 昼食なう

今日のご飯は豚丼自作。美味しい。

向こうからは音沙汰なし とりあえず平和

朝よりはだいぶ落ち着いてきた

本がどんな状態かによってまた変わってはくるだろうが、今の所一番マシなのを考えている、考えるようにしている

これはメンタルが強いのか弱いのか……弱いな弱いよ見事なチキンハート

まぁ、傷ついたメンタルにパテ塗り込んで修復、耐久力を上昇させてきた感はある

元のヤツはもう面影もない

このたび、今回の件はネタとして扱うことにする

ブログにぶち上げて、同情・顰蹙・喧嘩・アフィでマンガをかう方が精神衛生上よっぽどいい

なにより自分精神状態文字にして、時間をおいて見直すことで結構楽になった

被害が小さい(推測もとい願望)事もあるだろうけど、これのお蔭か回復がいつもより幾分早い気がしなくもない

……それか今読んでる、混沌としたとある方のブログの色々と自分比較して、マシに見えてくる現象が起きているだけかもしれないが

ネットは広大だわ……

家帰りたいけど、帰りたくねぇ


15:30 再び会社トイレにて

雑なリアルタイムログを書いてみて雑感

僕は今まで、マンガ小説を"読む"ことで度々救われてきた。

今回初めて"書く"という行為で、救ったとまではいかないが自分自身浮き輪を投げる事ぐらいはできたのではないかなと思う。思った書くこと自体は何度かやっていたが、吐き出すために書いたことは無かった。飲みすぎて人前で吐くときの心情もこんな感じなのだろうか。吐いたことがないのでわからない。

こうして自分で膨らませた浮き輪が今回得られたものである。失ったモノと釣り合わないが、何もないよりずっとマシだ。

最初ブログに載せようと思ったが、改めて見るとアクセル踏み込み過ぎている感が物凄い。ブレーキ効いてない。途中から効かせる気がなくなっている。

そこで増田に落とすことにした。ここまで書いてこのまま消して無かった事にするのが嫌だったのと、匿名でも残せるならばその方が自分感情の供養になるかと思ったからだ。


17:30 終業、自席にて

アレから着信が入っていた

[吐き気レベル3/10→6/10]

メールは無い

[吐き気レベル6/10→4/10]

ので、取りあえず初回は無視

と同時に、他のモノまで被害が行ってはいいか心配になり始める

[吐き気レベル4/10→5/10]

……ますます帰りたくなくなってきた



気が向いたら(余力があったら)、帰宅編。

6/22 ごちゃごちゃになっていたので修正

http://anond.hatelabo.jp/20160525171738

うんと前の自分の横増田に、物凄く丁寧に答えてくれている元増田発見して驚いた。

今まで気付かなくて申し訳ない、ありがとうございます

 

興味を持つ=好きになるではない、ってのは目から鱗でした。

具体的に興味を持ちやすポイントと、どの程度やれば十分かって目安を挙げてくれたのも、とても参考になった。

私みたいな人間がどういうところでドツボにはまりやすいか、よく分かった上での説明だと思う。

元増田普段仕事でも、さぞや説明が上手なんでしょう。素晴らしい。

 

さら発見だったのは、元増田説明から何となく読み取れる基本的価値観が、私とちょっと違うらしいということ。

私は、基本的には他人仕事エピソードとか家族構成とかを知ろうとするのは、不躾な行為だと感じていた。

好きな人情報を集めてしまうのは、好きだという気持ちに負けて不躾な行為に走ってしまっていると解釈していたし、

それがそれなりに通るのは他の人も多かれ少なかれ似たようなことをした経験があって、あまり強く言えないからだと思っていた。

自分からそういうのを楽しそうに語る人に相槌を打つのも、場の空気として許されてはいても本来はしない方がいいことで、

不躾な行為を敢えてさせられているという意味では、陰口大会への参加みたいなもので、自らの意思で聞き出すよりもむしろ内心の不快度は高いと思っていた。

 

でも元増田解説からは、そういう価値観はあまり感じられない気がする。

そういえば、親に「他人に興味を持て」と注意されるのも、私が友人の進学先などを訪ねようともしないようなときだった。

ということは、親はそれを別に悪いことと思っていなかったのだろうに、どうして自分がこういう価値観を持つに至ったか不思議である

自分が陥っている罠が、そもそもどういう背景から出てきたものなのか、考えるヒントになりそうだ。

価値観を変えるとなるとそうそ簡単ではないが、せっかく新しい考え方を教えてもらったのだからいくらかでも実践できたらと思う。

どうも本当に、ありがとうございました。

この世は生きているもののためにある

この言葉発見してからは、人生がとても楽になった。

対になる言葉は、「死んでいるもののためにはあの世がある。」だ。



まり、死にゆく者にはあの世があるのだから、生きているものやこの世が死にゆもののために犠牲になることはないということだ。

逆に、自らが死にゆく時には、生きているものやこの世を犠牲にさせてはいけないという意味でもある。

なぜなら、あの世とこの世がつながっていないことと同時に、生きているものと死んでいるものとがつながることはできないからだ。



死んでいったものや死にゆもののために自らを犠牲にする必要はない。

その犠牲は、生きているもののために払われるべきなのだから

旅立ちを悲しんでくれることはうれしいことだが、その後の人生に悲しみを抱えている姿をみるのは辛い。

様々な価値観善悪に押しつぶされそうになった時、是非思い出して欲しい。

この世は、生きているもののためにこそあるのだ。

http://anond.hatelabo.jp/20160621052125

価値観の違いは立場によって変わることを理解して理解させろ。

例えば辛党人間は辛ければ辛いほど好きだが、辛い物が好きでも嫌いでもない人間にとって理解できない。

情緒にしてもそれに該当する蓄積経験がなければターゲットと成り得ない。

男の金玉蹴られていたい感想なんて女に共感してもらえるわけでもなく

女の生理の大変さを男が同調できるわけもなく。

とにかく該当しないんだから心が動かされるわけがない。

という、事実事実として認識することで分からないのではなく分からなくて当然でありなぜ分からないのかという状況を俯瞰的に見れる。

分かりあうことができないということを認識することが大事

2016-06-20

反体制?反抑圧。 #音楽政治を持ち込むなよ

ロック反体制音楽からロック政治が結びつくのは当たり前」という主張をしている人は、ロック反体制ではなく「反抑圧」の音楽だと考えたら、「音楽政治を持ち込むな」という考えも理解できるんじゃないかなあ。

ロック反体制だったのは、その時代のその社会若者にとって、戦争差別といった体制権力と結びついたものリアルな抑圧だったから、結果として反体制メッセージになっただけで、最初から体制権力に反する事自体目的だったとは僕には思えない。

現代日本若者にとっちゃ、クラスで人気者のあいつが憎いとか、気になるあの子彼氏頃したいとか、ムカつく上司氏ねとか、そういうもの現実的喫緊の抑圧であって、政治権力に抑圧されてると感じている若者はさほど多くないはず。

そういう時代の中で、特定政治思想押し付けたり、ロック反体制・反権力という凝り固まった価値観押し付けてくる老人は、若者からみたら政治権力なんかよりもよほど身近な抑圧と感じるんじゃないかな。

から、そういう特定価値観強要という抑圧に対してのカウンターとして「音楽政治を持ち込むな」という考えが生まれてるんだと思う。

まり何が言いたいかっていうと、たかロック音楽歴史あるありがたーーい教養にしたがる老人どもうっせーなー早く死なねえかなーということです。