「政治家」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 政治家とは

2016-12-10

日本は本当にいい国なったなぁと思うこと

政治家が好き勝手やっても殺害されない

暴力がないのはなんにしても良いこと

原発関連の費用国民負担となる件

ある程度なら仕方なく受け入れるさ。

多数決はいえそういう国になるような投票の結果だから

投票しなかったとか、投票義務を怠っておきながらその責任から逃れようとするのはおかしいからね。

私は反対派だ。て、政治家同様、そんなの証明きっこいかいくらでも言える。

結果的にそういう国になり、その責任は負うべきだ。

ただ、ね。

納得がいかないとするならば。

東京電力は潰れ解体売却するつもりで出費しなよ。

労働者はともかく、使用者報酬返上しなよ。

原発推進派の政治家がた、あなた方の責任国民より重い。

全くもって静まってしまっているけど、腹切なよ。

その上でなら、仕方なく了承するさ。

国はあれこれ金使わない方策を練る前に国民同様国が導いた結果として受け止めてよ。

平等の名の下に一定率の負担が行き渡るなら、結局貧困層が喘ぐだけじゃないか

試算は22兆円。納税者世帯で割るとどんぶり勘定30〜40万円くらい?

原発の道を決めた方の収入では毛ほどかもしれませんが、痛手を被る人もいる。

いい加減、この茶番の幕を下ろしてほしい。

ああ眠い

2016-12-09

http://anond.hatelabo.jp/20161209233947

政治家国民が選んだとかwwwwwwwww

憲法は空文化しているし選挙なんて形だけ


日本の正体は官僚が作った形だけの法律による強制力であり

政治家なんぞ関係ない

http://anond.hatelabo.jp/20161209042252

親戚もかつてのクラスメイト(とその親も)、周囲100%

ボンボンもいない、スーツ着たデスクワーク職もいない

大人になる通貨儀礼成人式運転免許ぐらい

あの辛さというか、どうしようもなさは田舎まれじゃないとわからんだろうな

一国二制度なんて、政治家が騒がなくてもすでに出来上がってる

2016-12-08

少子高齢化社会になることはわかってたけど、

http://anond.hatelabo.jp/20161208121132

少子高齢化社会になることはわかってたけど、

人口減少社会になるとはわかってなかったのではないかね、政治家さんたちは。



組体操問題ネットで取り上げた人が、

他の研究者から自分は昔からこの問題について研究してたと言われて、

伝わらなきゃ意味がない的な反論を言ってたらしいけど、

社人研や官僚さんたちも、そういうことだったのではないかと思う。



ちなみに自分人口減少については国家単位では心配してない。(地域単位では心配。)

少子高齢化による納税額の総計と給付額の総計のアンバランスさの加速の方が心配

少なくとも2035年までは(その後の見通しもわからんけど。経済がどうなっているか次第)。

2016-12-07

安倍さんからできた仕事。他の政治家がやったら保守派から袋叩きにされてる」みたいな称賛

たまに見るけど首相にとっても保守派にとっても失礼だと思う

誰がやったかじゃなくて何をしたか評価すべき

2016-12-06

従軍慰安婦南京大虐殺謝罪

2016年12月5日 安倍首相が米ハワイ真珠湾訪問すると発表。

「二度と戦争惨禍を繰り返してはならない。その未来に向けた決意を示したい」

との言葉が本当ならば、従軍慰安婦南京大虐殺、その他の被害者へも謝罪が行われることでしょう。

安倍トランプ会談ホワイトハウスが激しく反発したことへの詫びや、

北方領土返還の進展が望めないことで支持率低下を避けるためや、

衆院解散に向け内閣支持率を押し上げるためとの憶測もある。

政治家の行動には必ず裏の意味があるが、単なる政治的パフォーマンスではなく、

対戦国への真の謝罪だと信じたい。

ときおり耳にする「原爆投下米国謝罪せよ」との言葉

まず認識しなければいけないのは、日本トップ真珠湾へ行き謝罪していないということ。

そして何より戦争を仕掛けたのは日本であるということ。

謝罪すべきは日本であるということ。

http://anond.hatelabo.jp/20161206102438

そもそもネットでバズった段階では自己責任論みたいなのはあったけど言葉遣い問題視する声などほとんどなかったよな。

特定個人に気軽に死ねばいいのにとか言い放つのが当たり前のはてなでそんなことが問題になるはずない。

市民団体政治家が取り上げて政治問題になった途端反論に窮した与党支持者が汚い言葉ガーとか言い出した。

民進党心配

どちらかと言えば僕は保守的思想を持っている方だと思う。

自民党による安定した政権運営を頼もしく感じている。

しかし、それにしても。

現在自民一強、安倍一強というのは政治の形として決して健全な姿ではない。だから野党第1党にはしっかりして貰わなければならない。

なのに。

どうしちゃったんだろう、民進党

党首である蓮舫。「なぜ2位じゃダメなんですか」とか二重国籍に関連した問題とかについては置く。

テレビ番組での家庭公開で、夫を貶めるような言動を繰り返ししていた。公共電波で、蓮舫の夫のみじめな姿が全国に発信された。

http://okutta.blog.jp/archives/8571094.html

あれ、どういうつもりだったんだろうか。

面白いことを言うつもりだったんだろうか。

あれを見て、既婚男性がどんな感想を持ったか

一言で言えば「イヤな女」。

岡田代表を評した時もそうだった。「つまらない男」。

http://www.jiji.com/jc/article?k=2016082300764&g=pol

そりゃ岡田がつまらない男なんだろうってことは見りゃわかる。でもそれをそう表現することにどんな意味があったのだろう。

別に蓮舫夫妻の家庭関係なんかどうだっていい。岡田はつまらない。

ただ政治家自分パブリックイメージをどうしたいか、その意識はあるんだろうか蓮舫

「戦う女」か? いや、今のままではただの「イヤな女」だ。

まあ実際蓮舫は「イヤな女」なんだろう。でも本質は「イヤな女」だったとしても、そうではないふりをする努力くらいしたっていいんじゃないか?

安住代表代行

IR推進法について、「本来賭博関係する法案は、議員立法ではなくて、内閣責任で出さなきゃダメなんですよ」と述べていた。

法の内容は別にして、法の出し方がいけない、と。「粗い議員立法」じゃなく「閣法できちっとして」と。

http://blogos.com/article/200568/

うーん。たとえ建前でも、旧民主党は「官僚主導から政治主導」言ってなかったか

それを議員立法は粗いとか、閣法(内閣提出の法案官僚が書いた法案)がきちっとしてるとか言っちゃっていいのか。

そもそもIR推進法って、「直接カジノを作るための法律」じゃあなくて、「カジノをつくるためのいろいろな環境整備を官僚に命じる法律」のはず。

まり勝手官僚に好きなように法案を書かせるのじゃなくて、「国会はこう考えているから、それに沿った仕組みをつくれ」という法律だ。

他の法律との整合性などの、ものすごく細かいところは官僚の独壇場で、国会議員にはちんぷんかんぷんだろうが、大きく「こういうのを作れ」と命じることができる。

方向を命じておけば、官僚の好き勝手にはならない。これこそ「官僚主導から政治主導」なんじゃないのか?

山尾志桜里

もと検事で、頭は切れるし弁は立つし、環境次第では活躍できそうな人だったんだが。

ガソリン疑惑なんかどうでもいい(きれいに裏金ひとつも作れないようじゃ先が思いやられる)。

それよりも「日本死ね」。2016年流行語大賞トップ10に入り、山尾が表彰された。

http://www.buzznews.jp/?p=2104422

この言葉には嫌悪感を感じるが、それが発せざるを得なかった苦境があったことはわかるし、それゆえ多くの人々の心に刺さったのもわかる。

世界の暗い部分を切り出す意味のある言葉だったんだろう。

から山尾がこの言葉を紹介した意義はあったと思う(たとえ自作自演であったとしても)。

ただそれを流行語の賞として山尾が受け取るのは別の話だ。この行為によって、「日本死ね」という言葉は否応なく強く山尾志桜里と結びついた。

この言葉呪詛だ。

それを唱えることによって、確かに何かが動く。と同時にそれを唱えた人物にも呪いがかかる。

この呪いがこの先どれほど山尾の政治キャリアを困難にするかについて、彼女とそのブレインは思いを馳せなかったのだろうか。

日本死ね山尾志桜里」。

「なぜ2位じゃダメなんでしょうか」も呪いとして蓮舫に降りかかり続いたが、「日本死ね」はその比じゃない(そもそも「なぜ2位じゃダメ」は前後をちゃんと聞けばわりとまっとうな発言である)。

日本死ね山尾志桜里」。

これから何百万回繰り返されるであろうこの呪い言葉によって、彼女日本代表する政治家になる道は閉ざされたに等しい。

全く、民進党はどうしたらいいんだろう。

民進党心配

どちらかと言えば僕は保守的思想を持っている方だと思う。

自民党による安定した政権運営を頼もしく感じている。

しかし、それにしても。

現在自民一強、安倍一強というのは政治の形として決して健全な姿ではない。だから野党第1党にはしっかりして貰わなければならない。

なのに。

どうしちゃったんだろう、民進党

党首である蓮舫。「なぜ2位じゃダメなんですか」とか二重国籍に関連した問題とかについては置く。

テレビ番組での家庭公開で、夫を貶めるような言動を繰り返ししていた。公共電波で、蓮舫の夫のみじめな姿が全国に発信された。

http://okutta.blog.jp/archives/8571094.html

あれ、どういうつもりだったんだろうか。

面白いことを言うつもりだったんだろうか。

あれを見て、既婚男性がどんな感想を持ったか

一言で言えば「イヤな女」。

岡田代表を評した時もそうだった。「つまらない男」。

http://www.jiji.com/jc/article?k=2016082300764&g=pol

そりゃ岡田がつまらない男なんだろうってことは見りゃわかる。でもそれをそう表現することにどんな意味があったのだろう。

別に蓮舫夫妻の家庭関係なんかどうだっていい。岡田はつまらない。

ただ政治家自分パブリックイメージをどうしたいか、その意識はあるんだろうか蓮舫

「戦う女」か? いや、今のままではただの「イヤな女」だ。

まあ実際蓮舫は「イヤな女」なんだろう。でも本質は「イヤな女」だったとしても、そうではないふりをする努力くらいしたっていいんじゃないか?

安住代表代行

IR推進法について、「本来賭博関係する法案は、議員立法ではなくて、内閣責任で出さなきゃダメなんですよ」と述べていた。

法の内容は別にして、法の出し方がいけない、と。「粗い議員立法」じゃなく「閣法できちっとして」と。

http://blogos.com/article/200568/

うーん。たとえ建前でも、旧民主党は「官僚主導から政治主導」言ってなかったか

それを議員立法は粗いとか、閣法(内閣提出の法案官僚が書いた法案)がきちっとしてるとか言っちゃっていいのか。

そもそもIR推進法って、「直接カジノを作るための法律」じゃあなくて、「カジノをつくるためのいろいろな環境整備を官僚に命じる法律」のはず。

まり勝手官僚に好きなように法案を書かせるのじゃなくて、「国会はこう考えているから、それに沿った仕組みをつくれ」という法律だ。

他の法律との整合性などの、ものすごく細かいところは官僚の独壇場で、国会議員にはちんぷんかんぷんだろうが、大きく「こういうのを作れ」と命じることができる。

方向を命じておけば、官僚の好き勝手にはならない。これこそ「官僚主導から政治主導」なんじゃないのか?

山尾志桜里

もと検事で、頭は切れるし弁は立つし、環境次第では活躍できそうな人だったんだが。

ガソリン疑惑なんかどうでもいい(きれいに裏金ひとつも作れないようじゃ先が思いやられる)。

それよりも「日本死ね」。2016年流行語大賞トップ10に入り、山尾が表彰された。

http://www.buzznews.jp/?p=2104422

この言葉には嫌悪感を感じるが、それが発せざるを得なかった苦境があったことはわかるし、それゆえ多くの人々の心に刺さったのもわかる。

世界の暗い部分を切り出す意味のある言葉だったんだろう。

から山尾がこの言葉を紹介した意義はあったと思う(たとえ自作自演であったとしても)。

ただそれを流行語の賞として山尾が受け取るのは別の話だ。この行為によって、「日本死ね」という言葉は否応なく強く山尾志桜里と結びついた。

この言葉呪詛だ。

それを唱えることによって、確かに何かが動く。と同時にそれを唱えた人物にも呪いがかかる。

この呪いがこの先どれほど山尾の政治キャリアを困難にするかについて、彼女とそのブレインは思いを馳せなかったのだろうか。

日本死ね山尾志桜里」。

「なぜ2位じゃダメなんでしょうか」も呪いとして蓮舫に降りかかり続いたが、「日本死ね」はその比じゃない(そもそも「なぜ2位じゃダメ」は前後をちゃんと聞けばわりとまっとうな発言である)。

日本死ね山尾志桜里」。

これから何百万回繰り返されるであろうこの呪い言葉によって、彼女日本代表する政治家になる道は閉ざされたに等しい。

全く、民進党はどうしたらいいんだろう。

2016-12-05

政治はだめだけど「政治家の話はOK」という境界線

政治家の顔つきとかしゃべり方とかそういう話はしてもいいけど

政治のものに触るとNG、そんな塩梅だと思ってくれていい

http://anond.hatelabo.jp/20161204222654

同じく海外赴任したことのある身から想像するけど、海外赴任できるチャンスを得られたということはそれ自体が恵まれている。

しかしたら貧しい中で必死バイトして留学資金を貯めたのかもしれない。家族から見放され家を飛び出したのかもしれないが、それでもなお。

ただ、海外に出て世界の広さを感じると別の部分が鈍感になる傾向がある。よく陥るのが「自分努力してできたんだから他の人だってできるはず」という思い込みである

そしてあなた日本だけでなく多くの国で問題になっている「閉塞感」というもの理解できていない。



国がどれだけ恵まれていようがその恩恵に預かれない人がいる。そして自身生活を打開できるだけの精神力を持つことを許されなかった人がいる。

この人たちは「恵まれない」環境にいるのだ。物理的に恵まれない人へは同情が寄せられるが、精神的に恵まれない人はあなたが敵意を向けるように理解を得られないことが多い。

物質的に「日々の食べるものにも困り、生きてくるだけで精一杯だった」人がいるのと同様に「精神的にぎりぎりで、ここまで生きてくるだけでも精一杯だった」という人たちがいる。

その人たちとあなたは90度くらい違う。私も英語プログラミングができるので、別に何をしたってどこの国だって生きていけるという安心感がある。これだけで世の中がどれだけ悪かろうが夢を持て、生きていくエネルギーを得られる。

しかしそれもこれも基本的には努力できる恵まれ環境を用意してもらえたからだ。恵まれ環境を与えられずエネルギーが尽きかけてる人に、エネルギー源のある人の方法論を唱えても使えるものじゃないんだよ。



世の中に届かない方法論は国を良くしない。

原発立地自治体はいままで散々おいしい思いをしてきたのに反対するとは何事か。俺が政治家ならすぐに再稼働するのに」という意味合い発言を聞いた。

最悪である

こいつは今までに政治家地方にどれだけ頭を下げようやく原発を建てさせてもらったかをまったく分かっていない。事故は起こさないという約束を守れずどれだけ信頼を失ったか理解していない。仮にこんな奴が政治家になったら失言の上、地方自治体から総スカンくらって即更迭である。国のために何の役にも立たない。足を引っ張るだけ。



同様にあなた意見

最初から最後まで、皆うんうんと頷いて聞くだろう。そうだね、その通りだよ。今までの人生で1000回くらい聞いたよ。そして半年後には別の誰かの1100回目のお話で上書きされ誰もあなたのことは覚えていない。


あなた意見が間違っているわけではない。個人幸福の追求方法としては正しいが、多数の幸福を求める場合、思いが届く範囲が狭すぎるのだ。国を良くしたいならその方法効果が薄い。

あなたのような意見が聞けるのはいいことだ。きっと日本をよくできる、個人でも頑張ろうという人が少なからずいるということは日本にとって明るい材料だ。

しかし閉塞感の蔓延した世の中には届かない。ここ20年間以上、無力感を蓄積させられた人たちに必要なのは「頑張れば日本は良くなる」ではなく「良い日本にするから頑張れ」だ。閉塞感→不景気少子化悪循環を止める現実的少子化対策だ。



今回の「保育園落ちた日本死ね!」は結果として「お!?きっかけはともかく、実際に対策が打たれたぞ!?こいつは明るいニュースだ」と今保育園に入れられない現実に直面している人たちの背中を押しただろう。子供が一人増えれば、何世代か後にはGDP数億円分に貢献したことになる。

理想とは言い難いが「伝わる」物言いが世の中を変える。(途中で気づいたが、トランプ大統領誕生一種のそれだな。私はトランプを支持してないので書いてて自分の胸に刺さったわ……)




なんと、仮想増田だったとのこと……『種明かし』http://anond.hatelabo.jp/20161205182802

2016-12-04

習字を習っていた人は楷書が一番難しいと知っている

政治家の変に特徴的な書初めとか、テレビに出てる書家のショボい草書体とか見てすげーうまいとか言ってる素人を見ると突っ込むかどうか迷ってしまう。全然うまくねーよ。

書道で一番難しいのは楷書楷書の手本である欧陽詢空海を完コピできる書家が世の中にどれだけいるのか。書道楷書にはじまり楷書に終わるんだよ。

日本死ぬ社会を選んだのは今の老人たち

http://anond.hatelabo.jp/20161204081007

80年代頃には既に少子高齢化が進んで年金運営が立ち行かなくなるというレポートが省庁から出ていたにも関わらず、官僚政治家は変えようとしなかったし、当時の有権者投票行動も起こさなかった。

今頃になって、産まない若者が悪いと責任転嫁を始める。

そうやって事実を突きつけられると、「そんなこと今更言われても、前向きに今できることをやらなきゃ」「社会のせいにするな、親のせいにするな」などととなだめるふりしつつもやはり責任転嫁

結局、老人たちが責任を取らないのに、若者責任を取るはずがないし、社会のことを考えるはずがないよね。

2016-12-03

http://anond.hatelabo.jp/20161202213836

なんと!常日頃偽科学だのまとめサイトだののデマとかに騙される情弱共を見下しし自分たちタイトルだけでコメントするようなこともなくしっかり複数の信頼できるソースに当たって検討した上で毎回発言し、失言した者をみればその完璧に等しい言動でもって同じことを何度も言い聞かせて謝ってもその謝罪の不完全さを攻め立て、本職の政治家以上に政治に詳しく常に的確なアドバイスを冷静な言葉ネット上でコメントし続けるネット知的ハイソサエティはてなー様になんたる暴言。これははてブで叩くしかないですな。

2016-12-02

不信感

ほんの数秒も青になるのを待てない人間

歩きタバコ

政治をしない政治家

野良猫に餌をあげる人間



注意した時のリスクが大きすぎてできない。

二次被害脅迫、逃走、うやむや、裁判

まもともに生きたいだけなのに無駄ストレスが多すぎる。

http://anond.hatelabo.jp/20161201200721

なんと!常日頃偽科学だのまとめサイトだののデマとかに騙される情弱共を見下しし自分たちタイトルだけでコメントするようなこともなくしっかり複数の信頼できるソースに当たって検討した上で毎回発言し、失言した者をみればその完璧に等しい言動でもって同じことを何度も言い聞かせて謝ってもその謝罪の不完全さを攻め立て、本職の政治家以上に政治に詳しく常に的確なアドバイスを冷静な言葉ネット上でコメントし続けるネット知的ハイソサエティはてなー様になんたる暴言。これははてブで叩くしかないですな。

2016-11-30

http://anond.hatelabo.jp/20161130155435

Yahooニュースとかbiglobeニュースコメント欄で、

中韓ヘイト…なぜか国内交通事故でも中韓のせいにしている

女性叩き…不倫などゴシップを起こした人はもとより、独立起業なども許せないらしい

マイノリティ叩き…特にゲイがらみのニュースは「死ね、消えろ」くらいのことは言う

著名人発言叩き…政治家や元政治家タレントヘイトの域

高齢者叩き…これも「さっさと死ね」くらいのことは言う

・その他富裕層財界人叩き

とかやってるやつら(推定50代前後底辺男性)はもはや人生詰んでいるので心配しなくていいっすかね

今回の件がなければ乙武政治家になれていたというが

今回の件があって、例えば明日選挙があったとしても乙武小選挙区で勝てると思う

知名度はたとえそれが悪名高さに基づくものだとしても、無名おっさんおばさんは絶対かなわない。

2016-11-28

政治と金

政治と金問題報道されることが、最近増えてきている。

http://news.livedoor.com/lite/政治とカネ問題/topics_keyword/28218/

ここ↑の記事数を見てもそのことはよく分かる。

2016年記事だけで何ページにも及ぶが、2014年2013年などは2年で1ページにおさまる。

2016年は舛添前都知事に関する記事によって底上げされているとはいえ、その差は歴然としている。


このことの最大の原因は、自民党政権の長期化だ。

どの党(の政治家)に金を渡せば良いのかが、分かりやすくなっているのだ。

しかも、かつての金権政治と今の政治との違いは、小選挙区のせいで自民党派閥が弱体化し、金が政策につながる直接性が増していることだ。


問題は、誰の金が、どんな政策につながるのか、だ。

「さすが俺たちの安倍総理」と快哉をあげている無邪気な方々(韓国が嫌いだったりする)の価値観とはかけ離れた判断基準で、色々なことが決められていくだろう。

言い方を変えれば、ヒラリー的な方向へと進むだろう。


弱者地方、非エリート普通の家庭に生まれ普通の人々が、転げ落ちるように没落していく世の中になるだろう。


そうならないためにも、早く自民党政権が終わって欲しい。

2016-11-27

前略、日本国民様…… 「ニッポンのこと、好きですか?」



Yuriko:

私は……

この国のことがキライでした。

何よりも体裁重要な国……。

自分関係ない矛盾を見て

見ぬ振りをする人々……。

そして少しでも

それを変えようと努力すれば

するほど、自分が無力に思える日々……。

でも最近

いろいろな人々と出会い、話をして、

そうでもないかな……って思うんです。

それで、もっと

はっきりとみんなの声、

聞いてみたいって思ったんです……。

ニッポンのこと、好きですか?」

ちなみに、

もうすでにいろんな人に話は

聞いたんです。参考までに教えますね。




Tomomi

あいかわらず

突然変なことを聞くのね……。

そうね……いろいろ

苦労したけど……ニッポン

いなかったら、私、ここまで自分仕事

誇りをもてなかったと思うの。

変な話だけど、

この国って、いつか見返してやる!

って気持ちが強くなるのよね……。

あなたもなんとなくわかるでしょ?




Taro

ええ、この国に生まれ

良かったと思いますよ。

作物が取れない

この土地でもいろいろな食材

手に入ります

それはこの国が

自由からじゃないでしょうか?

労働者中小経営者

目先の小銭ばかり追い求めると言う方々も

いらっしゃいますが、彼らがいてこその

このニッポンでの生活があるのです。

からディナーに悩む毎日です。

素敵な悩みですわ。




Hiromu:

くだらんことを聞くな!

今も昔も俺はニッポン人の支配するこの国など、

大嫌いだ!




Yukio:

そう簡単に溝は埋まらんよ。

かと言って、このままでは死んでいった

仲間たちの死が無になる……。

変わっていかねば

ならんことはみんな気づいている。

しかニッポン人は、そうは変われんよ。




Hisahito:

好きかどうかなんて

どうだっていいんじゃない

ただ……国なんて気にせず、

自由気ままに生きようかと思うほど、

絶対にぶつかるものがあるんだよね。

責任って呼ぶんだよね、それ。

古代民の間では実はあまり使われない

言葉だったんだってさ。

天皇責任なんて、

誰も追及しなかったからだろうね。

神様責任、なんていわないでしょ?

何もかも人任せに

していいんだったら必要ないこと……。

でも自分の力で、そしてみんなと

生きていくためには必要なこと……。

ま、おばちゃんも

もうちょっと責任ある行動をだな……。

あ、そんなに

怒るなってば……




Tetsuro:

この国が嫌いでしたら、

ずっと大陸にいて腕を磨いて

いたことでしょう……。

でも、この国にこそ、

自分の守るべきものはあると信じています

それが平凡なものからこそ、価値

あるのではないでしょうか?




Akihito:

わしはただ自分研究

したいだけだったのだがのう……。

こんなたいそうな

立場になるなんて思いもよらなんだ。

まあ、人生何かを望むのならば、

人に何かを与える人間になれと言うことだ。




Yoshihide:

いいんじゃないの?

オレみたいなのも閣僚になれるって

この国のひとつ希望でしょ?

あとはもう少し給料UPと

ここに立つ時間減らしてくれりゃ、

子供達の希望の星になれるんだがなあ……。




Ryouta:

敵が外にいるなら、

いつまでも戦争を続けるしかない。

敵がこの国の病だからこそ、

私のような政治家仕事があるのです。

理想社会になんて

きっとたどりつけない。

でも、少しでもそれに近付こうとするのが

健全現実ってものでしょう?




Lienfang:

この国のことを

本当に素直に語れるようになるのは、

自分役割意味を本当に知ることが

できたときではないでしょうか?

私は、今までYukio殿がいない状態で、自分役割

考えてきませんでした……。

自分役割を見つめなおして、

やっと本当の意味でこの国と

向き合えた気がします。




Yoshiro:

な、何を突然言い出すのだ!

くだらぬことを言ってないで、

早く西宮へ帰ってスクワットでもしておれ!




Shinzo:

私はこの国を愛しています

みんなで苦しみ、みんなで喜びを

わかちあい……。

誰かに苦しみを

押し付けていては、この喜びは

まれることはないでしょう……。

から私の背負った

苦しみも、みんなの苦しみの一部です。

一緒に喜べる日々のために、頑張ろうと

思います







私自身の考えは

まとまらないけど……。私、

もっとこの国を知りたいと思いました。

そして、いつの日か

この国のみんなの役に立ちたい。

目標は……まだ秘密ですけどね。

Shinzoさんだって

祖父君と比べられ、頑張ってきたんです。

だって……。

長くなりましたが、

最後に……ありがとう

Ichiroを倒したことなど、

あなた方の戦績は、とても偉大なことだと

思います

けれど、もっと大きなもの

あなたは私や、ニッポンの人々に

与えてくれた。

これからも、一緒に

苦しみも、喜びもわかちあえる存在

いてください。私も、そうなれるように

それでは、また……。


    Yurikoより。

自衛隊稲田防衛大臣は頼りない」ついに自衛隊が出す広告にまで。 もうやめろ稲田。そして安倍自民党政治家やめろ。安倍総理稲田防衛大臣勝手戦争を起こしてすぐ逃げるのではないか

自衛隊稲田防衛大臣は頼りない」ついに自衛隊が出す広告にまで。 もうやめろ稲田。そして安倍自民党政治家やめろ。安倍総理稲田防衛大臣勝手戦争を起こしてすぐ逃げるのではないか