「勇気」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 勇気とは

2017-02-27

http://anond.hatelabo.jp/20170227123843

匿名でプチ炎上できただけでもすごいよ!君は勇気があるよ!

"アプリサクサク読む!"とか

あったまの悪い宣伝文句だよなー

webで読むので十分だっつーの

っつーか、「続きを読む」とか読むの邪魔してるのてめーらじゃねえか

「ここから先を読みたければアプリを入れろ」と強権的にやる勇気もなく、

かと言ってユーザーの利便を図ろうとする気力もなく、

口先だけのごまかしばっかだなweb業界って

2017-02-26

大学院中退しようと思う

一昨年,大学院入試に失敗して,妥協して別の大学院入学した.

それでも憧れの研究者になるために博士課程に行こうと思って,勉強研究もそこそこにやったつもりだった.

先日,飲み会にて指導教員と話した際に以下のような指摘を頂いた.

増田くん,君から熱意を感じられないよ」

「本当に博士課程に行こうと思っているの?」

「考え直してみたら」

「君のやりたいことは博士じゃなくてもできるよ」

衝撃的でもあった半面,確かにそうかもしれないと感じる一面もあった.

今考えると,周りから研究者に向いてるよとか,前の大学先生から研究者やらないか,なんてことを言われて流されてここまできたように感じる.

僕は何がやりたいんだろう.

そう考えると一気に大学院に関するモチベーションを失った.

博士課程を取らないならば修士課程はいらない.

あくま博士課程を取るための途中課程にしか感じらないからだ.

それならもう大学院をやめてしまおうと思った.

こんな自分が情けなくて,将来に対する希望道筋も全く見えなくて,全てがめんどくさくて,死にたいけれどそんな勇気もない.

離婚の後押しがほしい

仕事に対する情熱は無いけど、趣味に対する情熱寝る時間を割いてでもある。

夜眠れず、朝からいびきかいて寝る。

仕事を探す時間より、欲しい物を探す時間が長い。

事あるごとに自分へのご褒美をする。

嫌いなところはたくさん浮かぶのに、好きなところが出てこない。

いつから嫌いになったのか考えた。

なぜ離婚しないのかも考えた。

自分へなちょこからだ。

このまま自分自殺するかもしれない。

でもその勇気があるなら別れた方がいいのかもしれない。

そんな勇気さえないから。

死ねばいいのにという気持ちしかない。

死ぬのはどっちでもいい自分でも相手でも。

でも死ぬのは怖い。

あらゆる恐怖は死にたくないということだというから仕方ない。

ジェットコースター全然怖くないとは違う。

ジェットコースターのような人生の方が楽しいってのも楽しければ楽しいと思う。

今乗っている得体の知れないものはちっとも楽しくない。ただ怖いだけ。

死ねばいいのにって本当に酷いなって思うくらい思っている。

出かけて帰って来た時に、『なんだまだ生きてんのか』と平気で思うし、向こうが出かけて帰って来た時に『ちぇっ死なずに帰って来やがった』と思ってしまう。

深夜になっても帰ってこなかったことがあって、もしかして本当に死んじゃったのではと思った。

そう思ったら焦ったし、震えた。どうしようって。

生きててほしいのか死んでほしいのかわからなくなった。

でも死んでどうしようはこれからどうやって生活していくのかってことだから自分のことしか考えていなかったかもしれない。

「もう疲れたよ。死にたいよ」そう言った。

その時『やった』と喜んでしまった。

なのに自分は涙が出た。

よくわからないだろ。

自分もよくわかっていない。

残業嫌なら3/14みんなで会社休もう。

もし君が今の残業社会に不満があるなら

3/14は会社休もう。

http://mainichi.jp/articles/20170224/k00/00m/020/079000c

残業100時間許可とかフザケんじゃねー

とか思ってても

デモとかストとか、あなたはしないんでしょう?

から、みんなで3/14に会社休もう。

これはストじゃない、100時間残業許可法案を廃案にするためでもない。


自分は不満を持ってるけど、自分一人声を上げてもどうにもならないって、みんな思ってる。

一人で突っ走る必要いから、まず一人じゃ無いってことを確認しょう。

そのために、3/14はみんな会社休もう。

残業なんて嫌でしょ。過労死なんて嫌でしょ。

そう思うなら3/14は会社休もう。


これは抗議のためのストではない。

ただ現状への不満を表すために休むんだ。

きっと、この投稿を見てもあなたは休まないだろうけど、

3/14に会社に出勤して、もし会社休んだ奴がいたらは、そいつは君と同じく残業ありきのこの国、この社会に不満を持っている仲間なんだと思って欲しい。

君に勇気があるなら3/14に会社休もう。

有給だって仮病だって無断欠勤だっていい。

俺は残業なんか嫌なんだって、その気持ち社会に見せてやろうよ。

2017-02-25

聲の形を分かろうともしない、石田。それが僕だ

人とコミュニケーションが取れない、楽しくない。

そう思うようになってずいぶん経った。

きっかけははっきりと覚えていて、中学生とき人間関係トラブルを起こしたことが原因だ。

それ以来、自分からコミュニケーションをとることに対して臆病になった。

最初グループのうちの一人であるBと些細なことで喧嘩した。

原因はもう忘れてしまったが。

僕は仲直りするきっかけを見いだせず、意地になって謝ることもできず、

Bとは口を利かなくなった。

グループの別のAが、一度仲直りしたら?ときっかけを

作ってくれたことがあったが、自分些細なプライドを優先し、

それを無視してしまった。

その後、理科の授業で、唾液のデンプンを分解する作用に関する実験があった。

班員のうち二人の唾液を混ぜても、分解できるか実験してみろ、

というような指示があった。僕はAと同じ班だった。

一人はもう一人の男子が手を挙げた。

もう一人は誰も手を挙げなかったので、

じゃんけんで決めることになった。

じゃんけんは僕が負けた。

でも、僕は唾液をさして仲のよくない男と混ぜられるのが気持ち悪くてしかたなかったので、拒絶した。

今思えば、じゃんけんに参加した時点でそれを拒否することは筋の通らない話だと思う。

でも僕は、うまくいかない人間関係や、思春期慢性的不安から来るイライラといった身勝手理由自分正当化し、

拒絶の言葉を放ってしまった。

「お前、もういいわ」

僕の身勝手さに愛想を尽かしたAはそう言って、自分の唾液をビーカーの中に吐いた。

その日Aと口を利くことはなかった。

今回は100%自分が悪いという自覚はあったが、またしても謝ることはできなかった。

もやもやしたものを心のうちに秘めながら、僕は下校した。

この日のうちに謝ることができていれば…と今でも思う。

次の日から、僕の学校生活は一変した。

僕の身勝手さに他のクラスメイトも愛想を尽かしたのか、

クラスメイト全員から無視されるようになった。

たった一日の間に、急激に変わってしまったクラスに僕はただただとまどい、呆けるしかなかった。

とりあえず、寝たフリをしたり、意味もなく学校内を徘徊したりして、やり過ごした。

Bとの喧嘩はともかく、Aへの一言には後悔しかなく、謝りたいと思ってはいたが、

まりの劇的な変化に、僕は怯えてしまい、逃げることしかできなかった。

けれど、事態はどんどん悪化した。

最初無視だけだったが、やがていじめを受けるようになった。

筆記用具を壊されたり。

僕の机だけ掃除のあとイスが降ろされていなかったり。

体育の授業で卓球があったが、どこにも入れてもらえず、50分間壁に向かって打ち続けたり。

別の男子グループからプロレス技みたいなのを掛けられたり。

酷いあだ名で呼ばれたり。

AやBから無視されたり、何かされたりするのは仕方がないと思っていたが、

学年全体がほぼ敵のような状態になってしまい、

怖くて怖くて仕方が無くて、僕は前述のように逃げることしかできなかった。

気が付いたときには自分一人ではどうにもできない状態に外部も自分内面も変わってしまった。

僕は自分意志ではないが、親の言うことを聞いて勉強はそこそこやっていたので、

勉強を頑張って他の同級生がいないような高校に行けば、やり直せると思っていた。

からどんなに辛くても勉強は続けて、中学同級生が数人しかいない学校に入った。

けれど、原因を作ったのは自分はいえ、誰も助けてくれなかった、もしくは攻撃してきた

大多数の他人への不信感から、僕は人と積極的に関わる意欲を失っていた。

僕は高校時代、話したことが無い人には一度たりとて、自分からは話しかけなかった。

高校1年のときは、みんな友達がいないので、話しかけられたし、それをきっかけにして、

話す人ができた。

けれど、進級するに従い人間関係が固まってくると、そういう消極的姿勢では

友達の少ない僕はどんどん浮いた存在になった。3年生の時には、クラス友達が一人もいなかった。

卒業式とき卒業文集白紙のページは白紙のままで、

僕は下級生と一緒に、卒業生の誰よりも早く帰宅した。

3年間高校に通ったが、何の思い出もできなかった。

大学では学部ではぼっちだったが、入ったサークルには少しだけ馴染めた。

どこか自分と似たような、これまでの学生生活に馴染めなかった人が集まるようなサークル

だった。

そこで人の優しさに触れたり、人と何か協力して物事に取り組んだり、飲みにいったり。

やっている活動自体はあまり楽しくなかったが、そこにいる人たちは好きだった。

けれど3年になって、サークルを引っ張る立場になると、僕はそのプレッシャーに負けた。

自分がさして楽しくないことを、後輩に教えるのが苦痛だった。

また心無いことを言う人間が、年下とはいえきっと僕より濃い人生を送ってきた後輩に何か教えるなんておこがましい

とも思っていた。自分のつまらない劣等感コンプレックスを克服できなかった。

一応最後までやり遂げたが、かたちだけだったと思う。

直接接した後輩とは最後まで打ち解けることができなかった。

高校よりは自分の中に何かが残った大学生活だったが、悔いは残った。

すっかりコミュ障となった僕は就活では苦労したが、生存本能の為せる業かどうにか自分に嘘をついて

1社だけ内定をもらって事務仕事をしている。

けれどコミュケーションが取れない、愛想はない、仕事もできないで肩身は狭い。

仕事楽しいと思ったこともない。

他人のことは怖くて、外にいるだけで疲れる。

自分のことが愛せず、当然他人のことも愛せない。

友達もいない。

彼女もいない。

少し好きなことはあるが、趣味と呼べるものもない。

今僕は24だが、このままいくと何にも楽しみを見いだせず、

会社では疎まれ、やがてはクビになり、プライベートはずっと一人で、

死んだ顔のまま、年だけを重ねたおぞましい中身空っぽオヤジになって

誰に気付かれることもなく死んでいくのが容易に想像できる。

聲の形」という漫画を読んだとき、まさに自分のことだと思った。

石田自分のしたことに向きあって人の痛みを知る、立派な青年となって、

成人式同窓会を「可能性」と言える男になった。

対して僕は自分に向きあえなかった石田だ。

成人式トラウマしか捉えられず欠席した、逃げるしか能のない男になった。

年を重ねれば重ねるほど、可能性は失われていく気がする。

気の持ち様次第で、年を取ってから自分を変えられる人もいるかもしれないが、

そのハードルはどんどん高くなっていく気がする。

どんどん上がるハードルを目の当たりにして、これから先僕はどんな人生を歩もうか。

僕には明るい未来なんて見えないが、心臓は鼓動を止めない。

自分で止める勇気もない。

どんなことになろうとも、天寿を全うする。

その事実からだけは、僕でも逃げられそうもない。

発達障害のやつが羨ましい

いいよな。

発達障害者には配慮を。

発達障害に合わせた仕事を。

なんて気を遣ってもらえてさ。

俺はただの無能だよ。

貧乏母子家庭で育って勉強わからんまま底辺高校卒が最終学歴

仕事してもミスも多いし極度のコミュ症で人間関係もうまくいかないし。

遅刻無欠勤くらいが俺がまっとうにできること。小学生かよ。

だって仕事を真面目にやってるつもりだし、もっと仕事できるようになりたいって思うし、人間関係だってうまくいけばいいのにって思って努力しているんだ。

でも、どんなに努力をしてもダメなんだ。

努力しているつもりでも結果が伴わない。社会では、それは努力をしていないも同然と言う。

はいつも、仕事できないやつ、空気読めないやつというキャラになって嫌われていく。

いっそ発達障害だったら世間に「発達障害なら大変だね」「ふつうじゃないんだからしょうがない」って思ってもらえたのかな。

何の障害もない健康体だけど、著しくバカから人生詰んでる。

もう死にたい

俺の遺伝子だけは残しちゃいけないんだ。

生きていれば丸儲けだなんてはてブコメントでよく見かけるけど、生きているだけで辛いか死にたいよ。

死んだほうが絶対に楽だ。でも死ぬ勇気なんて一生出ないんだろうな。

どうしたらいいんだろうな俺は。

2017-02-24

他人死ね死ねトラバしてる人自身死ね

そいつの視界に入る人間が全員死ぬのと同じなんだから早くやればいいのに

勇気がないからって他人攻撃しだすのは最悪すぎでしょ

今日も朝が来てしまったのか

「眠っている間に心臓まらいかな」と思いつつ横になる

朝日は私にとって眩しいではなくて、目に刺さるもの

その光は安らぎではなく絶望

何故なら「また朝になってしまった」ことを実感させるものから

どうしてこんな私が生き長らえているのか

どうして何の役にも立てず無様に生きているのか

自分自分を終わらせるほどの勇気もなく、かといって前に進む力もない

生きてていいのかと誰に問うべきか

問われたところで誰が答えうるのか

無為な日々は流れ行く

http://anond.hatelabo.jp/20170224050915

あなたのような人に、知らない間に惚れられてて、そして知らない間に振られてたことがあったな。知らんけどとりあえず話をしようと言ったら拒否された。幸せになるためにはほんのちょっと勇気必要なのかも。前に進むことにはリスクがあるから

2017-02-22

こころの病で病院へ行った

死にたい死にたいと思ってしまったり(こんなことは考えたくない)

自分でしゃべっている言葉と頭の中で考えていることが違う(頭の中では自分を責めている)

自分の額を殴る。

仕事ができない。(物理的に無理。仕事の内容を喋れない。しゃべる仕事です)



もうこりゃあ死ぬしかないな。と思っていました。

限界を訴え、早退する間際、管理職に今の状態を打ち明けた。

薬でなんとかなることもあるから病院に行けと言われたのが昨日。

今日1日休みいただき、予約なしで診てもらえる心療内科精神科を探し、ドキドキしながら院内へ。



初診ということで、問診票を書く。

精神状態を見られるのだろうと思って、マークシートレベルのもの覚悟(そして期待)していたのだが、

症状に関しては「今困っていることを書いてください」これだけ。

他の症状はともかく、死について考えてしま・・・ということを、書くべきか、10分近く考えていたと思う。

ここで隠しても仕方ないと、小さく、「死を考える」と書いた。



待合室。

5,6人が診察を待っている。

患者さんは、フツーの人たちに見えた。

何が彼ら・彼女らをここに向かわせたのか、まるで見当もつかなかった。

風邪をひいたか病院に来るのと同じ、社会生活の一環として、ここにいるような佇まい。

1人くらいは、身なりもどうにもならないような人が居るんじゃないかと何か期待していたが、そんなことはなかった。

自分は、社会に適合できていないと感じていたから、勝手に疎外感を感じてしまった。

心の中は何を考えているかからないけれど・・・



さて、ほどなくして、看護師さんに呼ばれ、初診ということで、診察前に色々聞かれた。

両親の年齢、兄弟家族のいる県、症状について(いつごろからか。問診票に書かれたことを少し詳しく)

死についても、慣れているのか、適度な距離感を保ちながら話すことができた。



もうしばらく待って、診察。

ふつう、「どうされましたか?」と聞かれるものだと思うのだけれど、そうではなかった。

「ご両親は埼玉におれらるんですね。埼玉のどこですか?」

いきなりの実家で面食らう。ほかにも、一人暮らしはいからか、とか、仕事は何年目か、とか、

診察と関係あるのかないのかよくわからないことを聞かれた。

その後、問診票にも書いた「困っていること」について。

医者はいえ、初対面の人に、あまり打ち解けて話すといったこともできず、たどたどしく

症状を伝えたと思う。

最終的に、死にたくなるようなことがあれば、もう一度病院に来てくれと言われ、

薬を処方されておしまいだった。

話してみてわかったことは、ここまできても、自分は「大丈夫」そうに見せようとしてしまうということだった。

わかってほしいのか、ほしくないのか、まったく。

医者は病名は言わなかった(し、この程度では病名はつけられないだろうと思う)が、

治りますから、負けないでくださいね。と励ましてくださった。



その後は、薬局に行って薬をもらい、代金を支払って帰った。

心配してくれた家族管理職にも報告。



夜になって、夕食のようなものを口にして、薬を飲んだ。

とても勇気必要だった。

ロラゼパムレクサプロという薬。

薬について調べたりするうちに、残りの時間は過ぎていった。

疲れた一日だった。



そういえば、ずーっと病院に行きたかったのだ。

死にたくなってしまう。仕事ができる状態でなくなってしまう、

という状態対処しはじめることができた、ということで、

少しばかり、ホッとしている。

2017-02-21

http://anond.hatelabo.jp/20170221112040

横だけど、俺はアニメキャラ癒してもらう路線で良いと思うぞ。

捕虜勇気付けた架空少女の話もあるし、等身大抱き枕は最強の癒しとだけ…





捕虜勇気付けた架空少女

359: 03/31 17:52

大戦中にドイツ軍捕虜収容所に居たフランス兵たちのあるグループが、長引く捕虜生活の苛立ちから来る仲間内喧嘩や悲嘆を紛らわすために、皆で脳内共同ガールフレンド(?)を作った話を思い出した。

・・・そのグループ収容されてた雑居房バラック、その隅に置かれた一つの席は、13歳の可愛らしい少女がいつも座っている指定席だった。(という、皆のイメージ

彼らグループの中で、喧嘩口論など紳士しからぬ振る舞いに及んだ者は誰であろうと、その席にいる少女に頭を下げ、皆に聞こえる声で非礼を詫びなければならない。

着替えの時は、見苦しい姿を彼女に見せぬように、その席の前に目隠しの布を吊り、食事の時は、皆の分を分け合って彼女の為に一膳をこしらえ、予め決められた彼女の「誕生日」やクリスマスには、各自ささやか手作りプレゼントを用意し、歌でお祝いをする。

・・・最初は慰みのゲームのようなものだったのが、皆があまり熱心になると、監視ドイツ軍までもが、彼らが本当に少女を一人かくまっているもの勘違いして、彼らの雑居房天井裏まで家捜しするという珍事まで起こった。

だが、厳しい捕虜生活の中で、他の捕虜たちが衰弱して病死したり発狂自殺したりする中、そのグループは全員が正気を保って生き延び、戦後に揃って故国の土を踏んだという。

2017-02-20

ジャニーズJr.エゴ押し付けたいJr.担の話

◆事の経緯

今日自担バックダンサーとして出演している舞台を観に行った。

ほぼ出ずっぱりで汗だくになりながら踊っている姿や、メイン出演者の補助を任されている姿を見て、感情がおさえきれなくなった私はみっともなく泣いていた。

今日は見えない席だからセーフ、と言い訳しながら「ここに至るまで自担経験してきたであろう様々な困難」を思い、存分に泣いた。

ただの痛いオタクだった。

こんなものツイッターにすぐ流してしまえばいいのに、過去自分の呟きを読むと色々な感情が渦巻き、それはおいそれと人様のTLに流していいものではなくなった。

人を傷つけるかもしれないな、と思うようなことも書きたくなってしまい、これをどうしても形に残したいなら増田しかない、と結論付けた。

これはただの、「自分の正直な気持ちさえも匿名しか表現できない臆病なオタク」が、「ジャニーズJr.として日々とても頑張っている林蓮音くんとその周囲」に「自分エゴ押し付ける」話です。

手段

おもに過去自分ツイッターで呟いた内容を転記して当時の感情を振り返る

◆注意

「ちび6」界隈だった人(本人含む)は読まない方がいいかと。

私のツイッターは鍵垢でフォロワー数人しかいないので、他の誰かと勘違いして凸らないでください。

◆今や次世代Jr.筆頭のグループが結成された頃のこと

もんぺから「なんでうちの子(自担)がこんな目にッキィーーーーッ」てなるけどだったら最初からデビューできそうな奴を推せよ…とも思う。なんで好きなのかなんて理屈じゃないんだよ…あのときの子が一番輝いてみえたんだ。あの子みたいに私も毎日頑張るんだって思えたんだ。』

『 だから自分の伸びしろ限界が見えてしまうまでは、気持ちがどうしようもなく折れてしまうまではキラキラしてる元気な姿見せてほしい。ほんとになんで選抜漏れたのかそこだけが解せぬ…でも金田くんと共に舞台ルートってのは薄々…見えては…いる…。』

『 (でも私ほんと底意地悪いからまとめ役不在でユニット瓦解しろって思い始めてる…でもあのなかに意外と面倒見いい子がいるの知ってるし自担とずっと一緒にやってきた子達だから成功してほしいとも思っていて気持ちがグラグラ揺れている…)』

『 でもみてる人はきちんとみてるし結局上に上がっていくのは無茶ぶりされてもステージで結果出せる人だよね。自担場合は後輩とのコンビが思いの外しっくりきちゃったんだろうなってなんとなくわかってるよ…うん。2年後の確変を待とう。』

『 まあでもあの括りのなかでは選ばれた子達皆歴長いからな…うちの子1年くらい差あるからな…まあいま組んでる子たちからしたらうちの子3年以上先輩なんだけどな…ってまだうだうだ考えてる。』

『 とりあえず自担には筋肉表現力つけて誰にも文句言わせないくら舞台栄えするタレントになってほしい。早急に。いまって「度胸と努力は買うぜ」って段階だからな…いや私はその努力尊敬してるんだけどな… 』

HiHiJetが結成された頃の話ですね。

この頃、結構長い間ぐちぐち言ってましたね。お前何様だよって読み返して思いますけどでもすごく悔しかったんですよね蓮音くんもイニシャルHだから入れてくれよ!?ってすごい思ってた。

どうして漏れたんだろう?と考えても意味のないことをうだうだ考えながらも、蓮音くんへのお手紙にはそんなこと書けなくて、「お前どうせコネ枠だろ!?」と猪狩くんに理不尽嫉妬してましたね。

◆辞めたあの子のこと

自担ものすごく近い子が事務所を辞めたので…泣いている…悲しいんじゃなくて悔しいしくそがって思うしきみが辞めたことで自担の将来に影響がと思うしお前がダンス頑張りたいとかナマ言ってんじゃねえよと思うし上のオキニだったのにその場所明け渡すとか何考えてんだよと思う』

『 真面目な態度ではなかったけど顔もオーラも支持もあっていずれ上に行くレールはひかれてた、それをぽんと投げてすぐ新天地に向かう感じがすごい腹立つ。ちょうど夢に自担が出てきて私「デビューしたい?それとも舞台でやったいきたい?私たちは蓮音くんの気持ち応援したいんだ」とか伝えてたから余計に』

しか最近は帰る時間あれだけど君ら普通に仲良しだったじゃん?辞めるって話したの?てかお前なに後輩巻き込んでんだよ…これで自担の現相方は初シンメを失ったし、足怪我して舞台途中でいなくなったときに泣いてたいちつきの子とか思い出すと悲しくなるからあああアイドルファンって勝手だなと思う』

ビジネスシンメとか、シンメにも種類があるけど件のシンメ希望溢れる未来を感じて大好きだったのになあ。本人たち交流無いのに突然引き合わせられた所も、ダンス得意な森田に追い付こうとする作間という構図も、性格全然違うのにいつのまにか柔らかい表情で隣り合うようになったところも、大好きだった』

自担が完全に兄貴面してるから作間とのコンビシンメじゃなく先輩後輩なんだよなあくまでも。しかも一等可愛がってる後輩は別にいるっていう。でも二人って気質が似てるからまあうまくいくというかこのまま育てば重宝される未来は続くはずなんだ、なのでやめないでねと思う。』

ジャニーズJr.だった玉元風海人くんたちが辞めた頃ですね。

自分もびっくりするくらいこれには怒っていた。あまり人に話せることじゃなかったから言えなかったけどすごく怒っていた。

これでひとつ席が空いたね、とかいレベルじゃなかったからめちゃくちゃ怒っていた。

ちび6の中で玉元くんだけ1つ歳上で先に高校生になったけど、あと数ヵ月で他の5人も高校生になるから、HiHi漏れたちび6組も、やっとグループ結成されて本格的に売り出されると思ってワクワクしていたから本当にガッカリだった。

松松も松倉くんが先に高校生になったけど、うまくそれを活かして二人ともステップアップしたじゃないか…玉元くんファンだけじゃなくて周りのオタクたちが寄せてた期待はどこへ捨て置けばよいの?と思った。

◆続・辞めたあの子のこと

当時の自分、日付が変わってもまだ怒っていた(笑)

『お前だけの身体じゃないんだよ…!この時期の!この世代で!ひとくくり!天下獲るのも夢半ばで散るのも全部!連帯責任から運命共同体から!っていう…。ビジネスシンメ萌えないけどお互い利用しあって上に行こうとしてる分、運命共同体だっていう認識はあるわけだから、いいよなと思う。』

だって簡単に辞められないし…。ある程度まとまったくくりから退所者出るとその辺り仕事無くなるから困るんだよ…この隙に新人場所とられたらどうしてくれんの…いやそれも努力不足才能不足って言われるのわかってるんだけどね!?アイドルファンほんと自分勝手だけどお金払ってるから許してにゃん

『夜中の自分激おこしててうける。まあでも気持ちはわかるよって過去自分を慰める。自担が持ってないものたくさん持ってて、あとは人並みに努力するだけでいいって恵まれ過ぎてたのにぽんと辞めるとか悔しいよね、お前にとっての仕事ってこんなもんだったのかよ、それに青春捧げてる自担立場は』

『すぐに文字数いっぱいになる。でも周辺のファンは少なからずこういう気持ち抱えてると思う。自担たちの世代筆頭として盛り上げていける資質持ってたのにな…てか顔だけじゃんって言われるようなきみみたいな子こそ事務所にいるべきだったと私は思うよ…(まだ言う)』

いや、顔だけじゃなかったでしょう玉元くんは…。妄言もほどほどにしないと本当…。

でもそれくらい、誰かが辞めるってことは周りのオタクにとって一大事なんですよね…。Jr.と違ってJr.担って暇だから(少なくとも私は暇)色々考えてしまう。

◆Jr.担の醍醐味とは

アイドル見ると泣いちゃう病気だけど本人の目の前で泣くとかいドン引き勘弁だから(今日席近かったですねとか普通に言われる固定ファンの少なさだった当時)彼の頑張りの末に勝ち取った立ち位置スポットライト浴びて先輩従えて踊る姿何も考えないようにただ記憶して家に帰ってどちゃくそ泣いた。』

『立ってるだけで華がある子と同じ舞台しんどいけど自分限界と少しずつの進歩を並行して味わうからずるずる辞められなくて毎日同じ箱の中で過ごす日々に仲間意識も芽生えるのに楽日を迎えた次の日からは別の現場で皆がライバルになるって環境で育つ子がどんな大人になるのか私は見届けたいんだなあ~』

『私が蓮音くんを本当にこの子はすごいなあと思ったのはジャニワでソロダンス任されたときで。蓮音くん、それまでクラシックバレエとか得意ではなかったのにそういう振り付けで、センターで、ソロで。初日、すごいぎこちなかったんだよね。正直見てて、あれ?って思った。』

『本番までに完璧に仕上げてくるのがプロだろって思ったけど、本番までに仕上がらなくても幕は上がるんですよ。本人すごい完璧主義者だから絶対あの完成度では舞台立ちたくなかったはずなんですよ。私だったら立てないし逃げたくなる。でもちゃんと踊って、及第点には仕上げてきた。』

初日終わって「小さいのにすごいね」って褒められて、それは悔しかったんじゃないかなあと思う。それから毎日夜お手本の映像見ながら自主連して、朝早く会場入りして、めきめき上達していって。毎日誰かが失敗して出番はずされたり減らされたりしてたあの舞台で一ヶ月その場所を守りきった蓮音くんを』

『私は尊敬したし、公演半分折り返す頃には伸びやかに踊れるようになってて「あの子踊れるわね」って言われて、評価から「小さいのに」が外れてた。長丁場の公演でも穴を開けずに質も落とさずに楽日を迎えたってことはすごい自信と周囲の評価を蓮音くんに与えたと思うから私もあんな風に頑張りたい』

はい、だからお前は何様なんだ、と。

Jr.担の醍醐味は「好きを仕事にしたい」って頑張っている、本当にものすごく頑張っていて「頑張る」が当たり前になってしまっているワーカーホリックたちを応援して「もしかして自分も頑張っているのでは?」という気持ちになれることだと思います

少なくとも「頑張る」を頑張れないし続けられない自分みたいな人間は、「頑張る」を何年も続けている存在を身近に感じることでなんだか勇気をもらえます


◆あの子が辞めて、それからの話

『周りの子が!おっきくなりすぎてて!うちの子も!少しずつだけどおっきくなってるし!態度は人一倍かいから!って心中叫び始めるやつ。どんなに「これからだぜ希望溢れる未来へ!」みたいな状況の子でも突然いなくなるからいつも「やめないでね!?」って思ってる(アイドルの話)』

自担が可愛がってる後輩がだんだん自担ダンス似てきて、レッスン着もお揃いなんだけど、ついには衣装の着こなしも同じになってて、自担、Jr.内では存在感あるんだよな知ってる…もっと外向きにアピールしよ…ってなってる最近

『今夜たまたま数ヵ月前の自担出演映像(メインじゃないので自担は基本見切れ)五回くらい見たんだけどあいつ笑わなすぎだな!?知ってたけど!いくらしゃかりきに踊ってもな!ニコニコ笑顔には勝てないんだよ!あっちがいくら振り付け間違えても笑顔大正義なんだよ…!って机バンバンしたやつ。 』

小学生から自担成長記録を写真で眺めてたら目頭が熱くなってきて…!?もうほんともっとずっと元気をもらってたいし君の笑顔が曇ることなんてできるだけ少なければいいと思ってるからオタクどうしようもない。すげえ鳴り物入りで自担フィールドに乗り込んできた新人君が一歳下とわかって戦慄。』

『てかああいう手合いの子事務所に定着しちゃったらうちの子出番食われるよ…これから笑顔も作れるようにならねばだ。続けてれば絶対いいことあるって私はアイドルから教わったから、自担情熱燃え尽きない限りは続けて欲しいって思うし夢が叶ったときの君の顔をこの目に焼き付けたいって思う。』

バレエの子、改め、ジャニオタバレエの子、改め、松尾くんが入所してきた頃の話ですね。

オタク事務所期待の新人相手勝手マウントとる、の巻。

今では松尾くんもすごくいい子だってわかるから応援したいと思っています

ていうか事務所継続して推される子に悪い子なんてそうそういないわ…。何を悪いと定義するかにもよるけるど、少なくとも何らかの努力をして結果を残せる子じゃないとあの事務所で生き残れないってことはなんとなくわかる。

◆あの子が辞めた後のクリエ周辺のこと

次世代Jr.選抜組だけのメイン公演ラスト、Wアンコールで幕開いたら出演者全員1列にギュッて肩組んでライトあたって眩しそうに目細めて達成感に満ち溢れた顔で客席見てたの思い出すだけで尊くて泣ける…。』

『終始キリッと仕切ってた井上が最終公演アンコールシンメと顔見合わせた瞬間涙ポロリしちゃって顔をぬぐうのとか尊すぎたし、先輩後輩(※後輩が年上)がお互いの健闘を讃えるように抱き合ってたらその子の同ライン(※同い年)やシンメ(※年下)が次々飛びかかって団子になってるのとか眩しかった』

『ちっちゃい身体なのに皆に抱きつかれて壇上でよろけた彼の腰をぐっと支えるシンメ(※年下)とか尊すぎて拝んだ。中学校最後に与えられた課題(Aクリエ公演)を高校入学1か月後に完璧に終えたんだからそりゃあ大団円雰囲気になるよね、あの場に居合わせられた自分幸せって思った』

『蓮音くん追いかけて●年、こんな幸せ気持ちになれるなんて思ってなかったからびっくりだ。与えられた役割に嬉しいって言ってた蓮音くんが、これじゃ足りない、もっとってメイン目指すようになるとか胸アツすぎて話聞きながら泣くかと思った。』

あんなに「同じ高校の仲間で文化祭」ってぐらい結束して公演作り上げてたのに、終わってからは「いい勉強させてもらった。次の仕事はわからないけど決まったら来てください」って言ってて切り換え早すぎて毎度びびる。今日まで仲間でも明日からライバルなんだよなあ…ピリピリ感どちゃくそまらん』

『蓮音くんが貪欲さをこっちにも隠せなくなったの、元同ラインの大出世がかなり影響してると察するに余りあるわ…。仲間が活躍するのは嬉しいけど、自分漏れたのはものすごい悔しいんだよな。努力するのは当たり前、結果を出すのも当たり前、+αがないとチャンスもらえないとか世知辛すぎ』

蓋あけてみたらAクリエとても楽しかった。

でも今読み返しても先輩後輩(※後輩が歳上)とか誰のことかわからん(笑)

◆それでも「好き」は辞められない

自担のこと考えるとすぐ泣くから…!ボロボロ涙でてくるから…!モンペにも困ったもんだね!今はね!「たとえ前列とかセンターになれなくても応援してるね」みたいなツイート見かけて泣いてる…』

『やっと出番もらえたと思ったら配置が最後列最下手で、そこから少しずつ少しずつ這い上がってきたの知ってるから、「たとえ~」って人に言われると悲しくなるのかな。言葉にしたら折れちゃう気持ちってあるじゃん。本人が…っていうかアイドル続けててくれるだけで尊いのでもはや存在感謝

タレントファンの間になんとも言えない不思議関係が成立するのはすごくよくわかるんだけど、それは絶対に友達とか恋人に変わっちゃいけないものだと思ってる。タレントファンに歩み寄ったらいけないし、ファンタレント理解者になっちゃいけないと思う。』

『いろいろ言うけどでも笑顔で楽しそうにステージ立ってくれたらそれでいいんだよ~。何年前だったかちょっとだけお仕事詰まったときがあってその時顔死んでたからなww』

たとえセンターになれなくても、ってなんだよそれ!!

どちゃくそむかつくしそれを検索で出てくるようなワードと共に呟くのは頼むから辞めてくれないか

蓮音くん、センターになるから!?何度もセンターになってるから!?なにをおっしゃいますの!本当に!失礼しちゃうわ!!(モンペ)


◆熱くなって、時々冷める


『なんでデビュー組の夢を一緒に追いかけないの?そっちのが(なくなる心配がほとんど無いから)安心じゃん…って何かあるたびに思うけど、十代の輝きは二度と戻ってこないかけがえのないものだし、「好きを仕事にしたい」っていう熱量にはどうしたって引き込まれる…』

舞台端の真っ暗なところでしゃかりきに踊る姿を見つけてしまったら、応援したくなるじゃん?いつかスポットライトと五万人の歓声を浴びる姿を見たいと思ってしまうじゃん?まあ実際は本人のやる気と責任感が半端無いのでこっちが応援しなくても勝手現場で気に入られて出番増えてくんですけどね。』

そう、結局のところ、ファン応援なんてほぼ必要なくて、むしろ鬱陶しいくらいで、そんなものなくたって本人のやる気さえあればどんどん上り詰めていくものなんですよね。

今日舞台観て、あーこれは(デビューとは縁遠い)職人Jr.への道を着実に歩んでいるわー、と複雑な気持ちになりましたが、継続の大切さを知っている蓮音くんは何年後かに「これも正解だった」と思わせてくれるに違いないので悲観なんてしていません。


◆結局の話

ファンレター書くけどさ、相手の年齢とか考えたら重たいこと書けないわけよ。相手さらっと読み流して翌日も頑張れるようにって思いながら書いてる…ので、さすがにまだちゃんと読んでると信じたいし重くて汚くて書けない思いはそこらへんにぐちゃぐちゃっと置いていく。』

お目汚し失礼しました。お読みくださりありがとうございました。

http://anond.hatelabo.jp/20170220142417

他の具材を巻く手もあったか

海苔追加する勇気が出てきた!

http://anond.hatelabo.jp/20170218153941

エントリー書いた者です。

いろいろな意見見解経験談ありがとうございます

客観的に見て、過干渉だろう意見を多く頂きました。

今後、その状況に対処していく上で必要かなと考えていたのですが、独りよがりだったようです。息子が「こいつ話長いなー」ぐらいで聞き流していてくれていればいいですが、そのあたりはもうこちらにはわからないですね。

とりあえず、一度しっかり話しした後は、言葉が出にくい状態になっても、特に何も言わずに待っていようということでかみさんと話し合っていたので、先日の話以降は特にそのことに触れず、一般的な会話の中でもある「なかなか人や物の名前が出てこない」といったものと同じように受けていくようにしています

この週末については、言葉が出にくくなる頻度は減っていました。夕方以降は1度だけという感じです。昼はチームで試合でしたが、普段通りプレーできていたようでした。また、本人が夕食時に話してきたのですが、昼に一度あったようです。すでにチームメートには自分から話していたらしく、特にびっくりされたりすることもなかったとのことでした。

出始めた日は、学校で手を上げて発言しようとした時に言葉が出ない状態になったので、先生同級生にびっくりされ、本人も動揺していたのかなと思います

また、息子はキムタクの出ているドラマを見ているのですが、登場人物脳腫瘍になるという話があり、どうやら息子は自分もそうかもと不安になっていたとのこと。ちなみに元エントリーで息子が「心因性」という言葉を使っていますが、それもそのドラマの中で出ていた言葉でした。

今日から学校に行くので、心配をしているだろう先生同級生たちとどういうやりとりになるかはわかりませんが、先回りであれこれ言わずに息子が何か言ってきたときや、明らかに様子がおかしい時に話をしてみるようにするつもりです。

とりあえず、「明日どうみんなに言おうか?」と相談してきたので、かみさんと「病院検査してもらって異常なしだったので、心配するようなことはなかった」といえばいいんじゃないかなと返事しました。あとは本人にまかせておこうと思います

---

かい言葉や、奇譚の無いご意見をいろいろとありがとうございました。補足できたものについては目を通しました。今後の自分の行動に反映させていこうと思います

また、経験談を返していただいた方々、本当にありがとうございました。原因も対処法も未確立ものですので「こうすればよい」という答えにはたどりつかないかとは思いますが、参考になりましたし、勇気づけられました。重ねて感謝します。

---

ウェブ上の公開領域でやっていることなのですが、想像以上のリアクションを頂いてびっくりしています。このエントリーで一旦静かにすることにします。このことに関して、しばらく(少なくとも1ヶ月は)書かずに息子と(適度に)向き合っていこうと思いますありがとうございました。

2017-02-19

あらゆる責任から逃れてしまいたい。

仕事がどうとか結婚がどうとかもう面倒くさくなっちゃった

面倒くさいからもう死んでしまいたい。でも痛いのは嫌だから死因は普段料理ものすごい猛毒を入れられて、それを口に入れて即死とかがいいな。

本当は死ぬのも嫌だから、なんか突然頭がおかしくなって何もかもがわからなくなるとかでもいいかな。

とにかく、自分が負っている責任をほっぽり出すか責任能力を失うかしたいんだ。

生きる気力も無ければ死ぬ勇気もない。

30歳高卒職歴無しニート明日面接に逝く

経験です。

資格なんもありません。

車も運転できません。

でも勇気出して電話したら面接してくれるって言ってくれました。

資格も職歴もないって言ったらがっかりされるんだろうなあ。

説教されるかもしれない。

でも20代をどう過ごしていたかをちゃんと説明したら絶対に受からない。

病気がちで体力ないことバレたら終わりだと思ってる。

ゴミを見るような目で見られるんだろうなあ。

まあゴミなんですけど。

お金ももうない。

嫌だなあ。

働きたい。

でもやっぱり怖い。

死にたい

自殺しないで死ねたらなあ。

あと何年生きなくちゃならないんだろう。

どうせ運よく交通事故に遭っても死ねずに後遺症残るだけとかなんだろ。

知ってるよ。

働きたいよお。

もう本当に消えたい。

2017-02-18

スーツを着た大勢人間がいる空間を見たり、その集団に近づくと

本当に泣きそうになる。

怖くて、気持ち悪い。

その空間にいることもままならない。



数週間後に自分はその現場にいなければいけないらしい。

卒業式なら欠席すりゃいいんだけど、そういうわけにもいかない。

しかも、結構真面目な場。




プレッシャーとか、失敗したらどうしようとか、色々あるけど

それ以上に、スーツだらけの空間に耐えられそうにない。

誰かわかってくれねーかな。




特に同級生スーツ着てるのが、死ぬほど辛いんだ。

自分も同じ格好していてもしていなくても、本当に辛い。



何なんだろうな。




追記

もっと批判されるかと思ったけど、温かいコメントありがとうございます



トラックバックでも言ったけど、能面ピエロなども恐怖症。

マトリックスは見たことない。逃走中も苦手だけど、知っている人が真剣なことをしているのが怖いんだろうな。



実は工業系の学生で、卒業研究の発表会や学会の出席が決まってる。

就職スーツじゃない方がいいなとか漠然と思うけど

目の前の卒業式卒研学会がもう辛すぎて、卒論書くのはいいけどそっちの方が辛くて本当に泣きそう。



別件で心療内科はかかってたことあるんだけど、これ行った方がいい?

なんていうか、いい誤魔化し方ないかな。



こんなんでへこたれてちゃこの先生きていけない…なんて言われるんだよ。



追記2



様々なお言葉、本当にありがとうございますありがとうございます…。

ホッテントリ…。

賛同して頂ける方々、勇気をもらいました。



制服はまだ大丈夫だったけど、同じ方向に向かう同じ学校の人々を見るのが辛い。

私服選びがめんどくさいのはよく分かるし、スーツの「ちゃんとしてる感」に拒否しているのだろうか。

今でも登校がすごく苦手。小中学校大丈夫だったのだけど。

幸い今の学校徒歩圏内なので助かっているけど、それでも大勢人間と登校が本当に苦手。

たまに通勤ラッシュに巻き込まれると、焦っている人々を見て足が竦む。

進路やインターンシップ説明会とか、真面目にならなきゃいけない雰囲気というか。



普段ふざけて遊ぶ同級生が真面目になっているのも見ていられないし、お世話になっている先生がご飯を食べているのも見ていられない。

怖い、気持ち悪い、その場から消えてしまいたい、みたいな。



でも、決してスーツ嫌いなわけではなく、素敵なスーツもたくさんあるし、それを着こなす方々は男女問わずかっこいい。

スーツ否定をしているわけではなく。

ただ、普通にそういう空間に馴染んで、こういうことを思わずに、普通に生きたいな、とか思う。

http://anond.hatelabo.jp/20170218154132

こんなに辛いと言うのも、努力も同時にしてるから

受け身だお前は何もしていないという決めつけで語られても困るよ。

周りを変えようとする前に最低限人様と横並びにならないと話にならない。

そこで努力しつつ合間に吐露してるだけなんだよ。

あとけもフレは他の人が出来て自分が出来ないことがあっても、得意なことで物事を成し遂げられるって内容だったから非常に勇気づけられたよ。

構文だけ使ってまだ観てないならぜひ観てほしい。

2017-02-17

おおおおおおおおおおい

今日って平日だよなあ?俺は何やってんだ?わかんねえ。眠い。頭がぼーっとするよ。お金が減ってくよ。エアコンがついてるから気温は暑くもなく寒くもないよ。でも体中が熱い気がするよ。眠い。むかつく。金がほしい。眠い眠いけど眠りたくない。だってまだお昼だぜ。飯食いたくない。金が減る。それ以上に飯食うのめんどくせ。エアコンつけたくない。金が減るから。でもエアコンつけないと辛すぎてマジでむかつきそう。何がやりたいかからない。今日は朝、映画を見た。面白かった。でもそれで体力を使い果たしたみたい?。周りに人がいない。いたらいたで鬱陶しいけど。ネット友達がいない。いたらいたで気を遣うけど。とにかく眠い。けれど寝たくない。生活リズムを直したい。ネットもうやりたくない。疲れた。何もしてないけど疲れた眠い。けれど寝たくない。寝たら人生時間が減る。金がない。金が毎日減っていく。体力がない気がする。精神的に弱くなった気がする。ネットやりたくない。眠い。金がほしい。金がほしい。眠い眠いけど寝たくない。何もしてないけど疲れた。何かしたいけど何もしたくない。何もしたくないけど何かしないと焦る気持ちやばい。体が熱くなる。眠い。金が減る。金と体力が問題だと思う。一歩踏み出す勇気はじめの一歩愚地独歩国木田独歩。そういうのがない。恐ろしい。疲れた眠い。昼間がつらい。深夜帯は気が楽だ。しかし深夜帯はじわじわと消耗する気がする。とにかく眠い漠然としている。何もしたくない。ネットもしたくない。ネットはしたくないが何かしたい。何かしたいけど何かすることがめんどくさい。何か。どうなっているかからない。眠い。金が減っていく。つらいというより漠然としている。眠さで頭が弱っている。寝たのに。眠い。金が減る。金がほしい。金に困りたくない。眠い。何をやってる。散歩でもしたい。ほんとこのままだと。散歩とかしたい。喫茶店に行って一日中本を読んでいたい。そんな毎日を送りたい。なにかをはじめたい。変化が恐ろしい。このまま生きていくのも嫌だが。そんなの嫌だが。眠い。とにかくねむい。最悪だと思う。眠さと金は最悪だと思う。むかつく。腹立つ。何かしたい。ネットやめたい。ネット以外の何かがしたい。ネットしたくない。漠然と体力が減る。金は減らないが。眠い。とにかく眠い時間も惜しい。時間が一番惜しい。だが。眠い疲れた。何もしてないけど。わからん疲れた。何かしたい。精神的体力と金がほしい。眠い。ああ。。この前タクシードライバーという映画を見た。社会に居場所がない、精神的に余裕のない男が自己顕示の発露を求めて行動するみたいな話だった。なるほどと思った。しかし俺には体力がない。やる気がない。金がない。だが、良い映画だと思った。

2017-02-16

29歳。美容師退職します。

明日付けで会社退職する。

2013年増田低学歴高学歴の世界の溝がヒットしたけど。

(http://anond.hatelabo.jp/20130809115823)

本当にその通りだと思う。少し昔話をさせてくれ。

うちの家は決して裕福な家庭ではないけど、貧しくもないような家庭だった。

中学校の途中で両親の離婚私立高校入学。と重なって子供ながらになんとなく自分お金がかかることを申し訳ないと思うようになる。

高校卒業後、通信制美容専門学校へ。(本来なら大学に行きたかったが言えなかった)

働きながら、美容学校に通い学び資格習得した。

美容師仕事肉体労働だ。

アシスタントの頃は朝から版まで燧なしにお客様シャンプーカラーをする。お昼が食べれないこともよくある。

スタイリストになってからは神経使いまくる。数字が全ての世界であるために『お客さまに喜ばれる。支持されるには』をずっと考えてる。

思ったように数字が伸びなくて苦しむこともある。来店スパン新規顧客率えお考えると結果はすぐには出ない。(伸びてくると楽しくなる)

美容仕事残酷だ。

肉体労働は達成感を得やすい。

お昼を食べれなくても肉体的に疲れても、営業時間に終わりはあるのでなんとか乗り切れてしまう。

今日は頑張ったねー!疲れたねー!』なんてスタッフ同士で言い合って一日が終わる。

疲れると脳が動かなくなる。脳が動かなくなると考えることができなくなる。

一日一日をこなすだけで終わってしまう。

周りの美容師もそんな感じの人が多い。

日々の達成感を得るだけで、いっぱいいっぱいになり。

長期的にどうなりたいのか。どうなるべきか。どうなれるのかを考えている人が少ない。

思考を停止してしまってる人が多いように思える。

それが凄く嫌だった。

長期的に考えて美容師をずっと続けいていく不安のが多かった。

理由は明確。美容師を続けていく上で明るい未来が見えにくいのだ。

多くの美容師は『独立するのが夢』と言う。

独立して自分自身のお店を持って。それが幸せなのか。

独立したとして、多額の借り入れをし、週に一回しかない休みで(休みの日に講習会撮影などはざらにある)、一人当たりの生産性が平均約80万(アシスタント使えばもっと増えます)程度しか生み出せないこの仕事で夢が見れるのであろうか。

生産性が低いと当たり前だが給料は低い。



お金休みが全てではないと思うが、あまりにも夢を見にくい。

(勿論、スタープレイヤーや多店舗経営者などで収入も多く休み自由コントロールできる人もいます。)

冷静に考えたら続けていくことが難しいと思うのだ。

だけど、それに疑問を持つ人も少ない。

それが、低学歴高学歴の世界の溝だ。

他の世界を知らないから(周りも美容師しかいない)からからないのだ。

さらに言うならば『誰も教えてくれない』のだ。

自ら疑問に思い、調べるしかないのだ。

類は友を呼ぶではないが。自分の周りにいる人は自分と同じレベルの人しかいないのだ。

から辞めようと思った。

自分が変わりたいから、周りの人たちや環境を変えてたいと思った。

仕事を辞めて、環境を変えて、新しくするのは勇気がいる。

けど踏み出して新しい世界を見るのもワクワクする。

もうすぐ30だけど。全部捨てて大学に入り直そうと思う。

低学歴だけど、なんとか頑張って今から少しでも持ち直そう。って方々。

共に頑張りましょう。


独りよがり発言チラシの裏ですまん。

いじめ問題で「警察通報しろ」って、ようは自力救済しろってことだよね

警察通報しろ」とアドバイスする奴がいるけど、そう思うなら、まずお前がかわりに警察通報してみせてくれよ。

  

べつに被害者じゃなくても、警察への通報はできるはず。

お前ら、自分ができないことをイジメ被害者に求めているって自覚あるの?

  

しかするとインターネットに書かれている話は釣り可能性があって、それゆえイジメを見つけても通報しないという言い訳があるかもしれない。

しかし、お前らはいつも被害者にむかって、「事実を立証できるかどうかは心配しなくていい。とりあえず警察相談してみよう」と言っているじゃないか。あれは嘘だったのか?

  

そもそもさ、「警察通報しろ」っていうのは「警察通報する勇気を持て」という意味だよね? それに伴う手間や心理的負担はすべて被害者がひきうけろ、それぐらいは我慢して通報しなさいってことなんだろう。

でも、それはあきらかなマッチョイズムじゃんww 被害者側にそれができるなら、とっくにやってるっつーの。

言い方にもよるけど、いじめ被害者に「勇気を持て」とアドバイスするってのはまずい。それはよけいに被害者を追いつめる恐れがあるからだ。

  

参考

http://anond.hatelabo.jp/20170215155517

  

追記

そういえば私は昔、中学校イジメというか、特定クラスメートから一時的嫌がらせを受けたことがある。そのとき、誰にも相談することができなかった。

私が加害者たちに向かってやめてほしいと言っても、やめてくれなくて、復讐のために数発殴ってやろうかと思ったが、暴力事件を起こすのはよくないと思って、しかたなく泣き寝入りしていた。あるいは加害者たちの家を一件ずつ訪問して、そいつらの親に直談判で抗議してやろうかとも思った。しかし私にそんな勇気はなく、それも計画倒れになった。

このように、いじめを誰にも相談できないケースはある。まして警察通報するなんて、当時の私はぜったいにイヤだったと思う。

なので、元増田が言っているように、警察への通報をむやみにすすめることは問題だと思う。それができない子供、いやがる子供もいるということを理解するべきだし、親は被害者となった子供気持ちをなるべく尊重しながらの対処を考えたほうがよいと思う。

人付き合いがつらい

からLINEが来ない。

今日企業から宣伝通知が鳴るたびに、他の子たちはグループで会話したり、クソつまんないメッセージを送って笑い合ってるんだろうと想像して、みじめな気持ちになる。誰からグループに誘われないのは自分が、ブスでダサくて雑談ができない人間からだとわかっている。

しょうがないことだ。もはや努力する気も起きない。

せめて勇気を出して自分からメッセージを送っても返ってこない。たぶんと言うか絶対優先順位が低いから。誰かの次に仲の良い友人っぽい人という立ち位置だ。でも、メッセージのやり取りが少なくても遊ぶし、ご飯食べるし、互いの家に泊まったりする子もいる。現実でこんなに交流しているのにバーチャルでは疎遠って、なんでだろう。リアルでは無理して付き合ってくれているのだろうか。

人付き合いがつらい。毎日企業宣伝通知が鳴るたび、つまらない人間だと思い知らされる。

2017-02-15

ニーバーの祈り

「変えられるものを変える勇気

変えられないものを受け入れる心の静けさと

その両者を見分ける英知を我に与え給え」



人類は等しく自力で空を飛ぶことはできない

それはどうあがいても変えられない事実

また個人的なことを言うと自分は100mを10秒きって走ることができない

これもおそらく未来永劫変わらない事実



もちろんこういうことができるようになるとは思っていないので

これらを当然として受け入れることができる

しかし、今自分がやっている仕事に関しては、どうだろうか



いまは業界の中腹ぐらいであがいている段階だ

自分はその方面に才能がなく、業界てっぺんまで行けないことは確定しているのだろうか

それは分からない、それを見分ける英知は今のところ自分には備わっていない

から、今の現状は「変えられる」ものだとおもって、しっかり勇気をもって行動していきたい

がんばっているうちに、自分には無理だと悟るときが来るかもしれない

それはそれでいい

ただ、そうなったときでも、それを静かに受け入れられる心を持ちたい

いじめがあればすぐ警察通報すれば解決という風潮

全面否定はしないのだが前提が間違ってる話が多いので一応ツッコミ

警察便利屋じゃないし冤罪にも慎重

なぜか警察が万能だと思われている。そんなのは幻想である

子供の言うことなんて二転三転して実の親でも聞き出すのが難しいのに子供証言だけで恐喝罪やら暴行罪で立件できたら世話ない。

冤罪危険性も非常に高い。ただの喧嘩なのにいじめられたなどと言って仲の悪い子を陥れるのなんてよくある話。

子供の頃に学校先生に嘘の告げ口をされて怒られた…とかよく聞く話である子供は嘘つきで利己である

なので警察も当然非常に慎重。万が一警察事情聴取の後に子供を傷つけて不登校になったりしたら完全に警察加害者になるからだ。

やってないと言われて言い張られるとはっきり言って打つ手はない。

周囲の子供の証言多数決人気投票になりかねないので参考程度にしかならない。

閉鎖された学校で誰から見ても間違いない客観的証拠が見つかるなら苦労はない。水掛け論である

監視カメラがあったって普通の会話や遊びといじめを線引するのは至難の業だろう。

結果被害届を出しても実際に立件される可能性は限りなく低いと思ってほしい。

立件されなかった場合残るのはいじめっ子と見捨てられたいじめられっ子が残る閉鎖された空間である

普通指導証拠は要らないが立件となると診断書ぐらいじゃ話にならない。プロ探偵を雇うぐらいは覚悟してほしい。

ここらへんは3月のライオンでも読んでほしい。

桐山林田教諭あかりさんが知恵や勇気が足りなくて通報しなかったのではないことが客観的物語を通せば分かるのではないか

被害者の子供の居場所を奪う

警察を呼ぶ。それはつまり担任だけでなく学校全体、他の父母、そして結果的には他のクラスメイトどころか全校生徒も巻き込むことになる。

当然警察聴取するのは親を通さなければならないので結果的に話は全校生徒と父兄に広がることになる。

半径数キロで暮らす子供にとっては学校とはほぼ世界のすべてである

それなのに自分トイレや校舎の影に隠れて密やかにいじめられていたことが世界中に露呈するのである

警察即刻通報派はこのストレスを軽視しすぎてるように思う。

実は自分いじめられた経験があるのだが絶対に親に言わなかった。なぜなら絶対に大ごとにされるからだ。

もしあの時親が学校に怒鳴り込んでホームルーム話題にされたりしたら自分はそれこそ命を断ったかもしれない。

そもそも学校中に知られることよりいじめのほうがツラいのならいの一番に告げ口してるはずだ。

いじめっ子以外の世界はいじめられっ子にとっては大切なのだ

経験ダメ父親子供いじめられてると知るとすぐに「じゃあ転校しよう」などと簡単に言う。それが子供を追い詰めてることも知らずに。

すぐに警察を呼ぼうと言うのはこういうよくいる育児に無関心で無責任父親対応と同じである

警察を呼ぶべきとき

ここまで書いておいてなんだが私は別に警察通報のすべてが悪いとは思わない。

ケースによっては通報すべき。ただ通報すべきケースというのは限られるというだけだ。

まず動かぬ証拠必要である最近多いLINEなどでのいじめ動画拡散なんかは完全にこのパターン

証拠となる動画いじめを表すコメント付きなのだから話は早い。

ただ被害者の親が手に入れられる可能性はたまたま他の父兄が見つけたとかクラスグループLINEで回ってきたのを幼馴染の子が両親に見せてくれた…等かなりレアケースになるだろう。

こういう明らかな客観的証拠を手に入れられ自分の子供が限界だと思ったなら転校を覚悟するよう子供を説得し通報することも選択肢だろう。

ただいじめ認定されたとしても別にいじめっ子死刑になるわけではないし、いじめ事実が広く知られて子供自尊心を深く傷つけることに変わりはない。

おまけ

もちろんこんな手もあるよ?ぐらいの選択肢の一つであればかまわないと思うが警察通報すれば解決!みたいな短絡的な声が多すぎる。

インターネットいじめが発覚したら警察に即時通報しろ!と言ってる人はたぶんいじめられっ子ではなかったのだと思う。

まりいじめられっ子、要は被害者気持ち乖離してるからである

もちろんいじめっ子は憎いし、なんとか罰を与えて矯正すべきである

ただ罰するためには被害者もっと傷ついても仕方ないと言わんばかりの声には黙ってろと言わざるをえない。


まとめ

結論として言いたかったのは警察への通報いじめに対する特効薬のように吹聴するのは止めてほしいと言うことである

通報有効なケースが稀にあることは否定しない。ただそれは千差万別多種多様いじめのごく一部だ。

いじめ特効薬などない。個別事象にいちいち知恵を絞って考える他ないのだ。

ネット上に『いじめ』についての情報は山ほどあるが、そのどこにも100パーセント解決方法は載っていない。

それぞれ立場性格も、関係してくる人間の配置も違う。

から、どのケースにも効く完璧な答えなんて出てこない。

からって、諦める訳にはいかねんだ!「答えが見つかんないから何もしませんでした」じゃ話は進まねえ

羽海野チカ3月のライオン』6巻より抜粋

特効薬なんてない。

考えもなしに何にでも抗生物質使ってると効きもしない上に良い菌も殺して体調を崩し最後には耐性菌で自分死ぬよって話と似ている。

めんどくさくても毎回考える必要があるのだ。

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん