「パターン」を含む日記 RSS

はてなキーワード: パターンとは

2017-01-24

http://anond.hatelabo.jp/20170124102757

日本にも脚本家組合がいてアニメとかでたまに糞脚本になるやつは

そこから回されてくる人材が糞だったパターン

2017-01-23

すべてを放り投げて逃げてから約20日。結局自分が何が一番嫌だったのか分からなかった。

自分でも気が付かないうちにストレスが溜まってたのかもしれないけど。

元々、人とコミュニケーションをとるのが苦手で、ここ一年くらいは、家族以外の人と会話するのも苦痛に近かった。

これじゃだめだと思って、出かけたりLINEのグループに参加するようにしてたけど、段々と発言回数が減っていってた。

電話の着信音も通知音もストレスになるので切っていた。

新しい職場で、人と話さなきゃいけないのが苦痛だったのだろうか。極力メールで済ませようをしたけど、それでも五年分くらい一年で会話した気がする。

去年から死にたい気持ちが波のように襲ってくる時があって、何回か首吊ろうとして失敗した(痛いのと怖いのとが出てきて疲れてやめるというパターンができていた)。

そのピークがまた年初にきて、いっそ死ぬくらいなら逃げようと思って、こうなってしまった。

携帯も家の鍵も全部置いてきた。

コネで入れてもらった職場家族も全部捨ててしまった。いろんな人に迷惑をかけてしまったと思う。約束も破ってしまった。

家に帰れないのはつらいし、行く当てもなくて知らない土地日中ずっと歩いているだけの時もあるのはどうしょうもない気持ちになる。

でも誰ともコミュニケーションを取らない(店員さんと最低限のやり取りだけ)のはすごく気持ちが楽だ。誰にも自分世界侵犯されない。

頭では分かっていても人とコミュニケーションがうまく取れない自分は、誰かと話すと自分の強固に囲った世界が保てないと思ってしまう。馬鹿みたいだ。

もっとトレーニングしておけば違ったのかな。

地元から遠く離れたところだと、知り合いに会う確率はがくんと落ちるから安心する。

帰りたいなあとは思う。

でも、こんなに迷惑をかけたら戻れないとも思う。けど、自分には勇気がない。

今でもふわふわして、自分が逃げてるのが夢なんじゃないかと思うことさえある。所持金は確実に減ってるのに。

お金は有限だ。この逃避行もそろそろどうにかしないといけない。どうにもならないかもしれない。

勇気がない自分決断ができない。

任天堂戦略の下手さってなんだろうね

switchをかたくなに据え置きハードだと言い張る理由は29980円にしたいからだろう

3DSの教訓としてそうしたのはまぁいい

ただまぁ、建前というか京都的というか性能から考えて、WiiUの後継機を想定していないのは明らかで

だったらFE echosはswitch向けにして準備しとくとか、もっというとポケモンサンムーンswitchにしとくべきだったんじゃないのか

まり3DSもふくめて移行を準備しておく思い切りの良さをするべきだったなと感じる

レガシーな現世代機といつまでもかかわって次世代がおろそかになるパターンを何回やるんだろうね

割り切りの下手さとかそういうのをいつも感じる

wiiUアーキテクチャからリモコンヌンチャクと、なにからなにまで切り捨てられずにこんなことになった

さすがに失敗しすぎてwiiU問答無用の切り捨て移行ができたけど

3DSへの未練から察するに任天堂反省してないんだなと感じる



貧乏性なのかね

もちろん切り捨てなくても十分タイトル用意してますよとかならまだわかるが

それもせずにタイトル不足だとまた叩かれる

何回やるの?

そういえば家電会議ってどうなったの?またサービスだけ作ってあとは放置ってパターン

anond:20170123005753

これも今生では無理ぽパターンじゃね?

20代ならもう1回だけサイコロ振れたかと。

2017-01-22

[]

今回は少年ジャンプ+

最近リニューアルされたね。

使い勝手は……私はUIとかあんまり意識しないで順応させるタイプなので正直よく分からない。

変化の良し悪しを客観的区別できないんだよね。悪い変化だと思っても、以前のに慣れていたせいで実感しにくいだけって可能性もあって。

まあ、こういうリニューアルの意義そのものケチをつける気はないし、個人的には細かい所での手間が軽減されてて悪くないと感じている。



魔喰のリース 第8話

バトルは思いの他あっさり終わって、ちょっと肩透かし

まあ、本作はあくまミステリーとかサスペンスが本筋ってことなんだろうね。

個人的には他人の力を借りることで、その本来の使い手もちゃんとすごいってことを間接的に伝える演出は嫌いじゃないので、今後このパターンは期待したいところ。



誰が賢者を殺したか20

魔王事件は、作中の言葉を借りるなら確かに拍子抜けではある。

まあ、プロットだけで漫画面白くなるわけではないように、それによって紡がれるドラマ重要なので、このあたりは後々語られることを期待したい。

まだ語られていない新事実がって可能性もあるだろうしね。

それにしても、メインキャラだと思われていた登場人物があっさり死んだり、一行ではないキャラに今回スポットが当たったり。

登場人物たちの設定や立ち位置から展開を考察させないって意味では成功しているんだけれども、予想と共に期待を裏切られている感じもして、ヤキモキしてしまうのが難儀だ。



フードファイターベル 55話

導入部のギャグを色々と工夫してくるのは本当に感心する。

ただ、前回の話といい、今回の話もストーリー構成上の観点では全くの無意味なんだよね。

作者も何も考えていないのではとアオリ文句が書かれているが、次回は読み切りを載せるという告知もあって、マジでその線がありえそうと思わせる可笑しさがあるね。

そう考えるなら実際が何であれ、ある意味では上手い作りなんじゃないかと思ってしまった。

2017-01-21

http://anond.hatelabo.jp/20170121175233

自分より力の強くなった息子にはキレないパターン

そもそも家庭内に他に男がいないパターン

ぶちのめして収まるならいいけれど、失敗したときリスクを考えるとそこまで踏み切れないパターン

色々あるんじゃねーのかな。

低能仕事しなけりゃいけない理由

2種類あるよね。

低能に橋渡しをする仕事から仕方なくってパターンと、

(自分が気づいてない可能性も含め)低脳だから低脳部署に叩き込まれてるパターン

ネットフェミニストが戦ってる相手教室の隅にいて絵を描いてやような奴らってのが救いがないよね

俺の観測範囲しかないんだけど

ネットフェミニスト火薬になって突撃くらわしてるそれは決まってオタクであり、非リア充である

デートDVとかレイプ問題とかのようなリア充案件に動いてる気配はない

彼女たちは気持ち悪い絵をかいてるやつらに突撃を繰り返すのである

よくよく考えれば、少女漫画がそうだが、イケててかっこいいオラついてる男の子が結ばれるパターンが多い

花より団子なんて特にそうだ、いじめを通り越して犯罪レベルの男集団に恋する話だ

現実で女をモノ扱いしてるやつらには目もくれず、ネットのそれにばかり当たり散らすのは、女の都合というものなのだろうか



追記

ブコメに対して

しかにおれがなぜそう思うのかだよね

まり俺のネットライフにおいて、フェミはいつもオタにからんでばかりいるってことだ

まぁ大半はツイッターなんだけど

リア充ツイッターなんてせずにfacebookとかインスタやってるんだろうけど

そっちでなんか対立してたりするの?

「嫌なら帰っていい」が大好きな上司

上司が「嫌なら帰っていい」みたいなコミュニケーションを多用するので困っている。

仕事のやり方にケチをつけて「このやり方でなければ、オレはオマエの面倒は見ない」のようなパターンもある。

思い通りにならないと「オメエなんてもう知らんぞ!」とか言ってガチギレするので面倒臭すぎる。




「嫌なら帰っていい」

 →「じゃあ帰ります

  →次会ったら口聞いてくれない、仕事進まない、査定下がり、最悪クビ


「嫌なら帰っていい」

 →「大変申し訳ございませんでした!」

  →上司ますます増長する、全部自分のせいになってしま




いい加減に上司コミュニケーションのとり方がクソすぎて部下が全員困っていることに気づいてほしい。

アンタのせいで仕事が進められていないし、信頼関係も築けていないと気づいてほしい。ホント馬鹿らしい。

2017-01-20

察してちゃん見てると不毛だなと思うけども、だからといって、伝えれば全部言った通りになるとも限らない。

それでもやっぱり、積極的に思ってる事言えるだけ言ってくしかないんだろうなーと思う。

ただし伝え方は工夫しなくてはならない。

感情が爆走してたら共感理解は難しいので、適度に論理的に、説得できるものに。

否定される余地は少ないほど、自分意見は通りやすくなるしね。

言い方は乱暴にならないように。本題じゃないとこから喧嘩に発展とか非効率的過ぎすぎるから……。

(雨降って地固まるパターンもあるが、喧嘩からの仲直りは大人には難しい時ある。仲直りの定型パターンがあるならいいけども)

……というのが自分の基本パターンなんだけど、なんやかんや、相手が受け入れてくれることって前提がめちゃくちゃ大事で、かつ自分相手を信頼できないとこうは出来ないなとは思う。

パートナー感謝しつつ、相手にも寛容である余裕を持ちたい。

http://anond.hatelabo.jp/20170105172855

光源が1種類じゃなく、かつ光源をいじれないパターンはよくあるから

後処理で対応することはよくあるよ

2017-01-19

[]

今回はメテオポラリス

姫じゃなければ殴ってる 第6話 プリンセスエスケープ

要人物たちが、わざわざ盛大な茶番能動的にやって、それで1話使うってとんでもないな。

サトミの下りとか唐突な上、構成上全くの無意味だし、意図的なんだろうけれども完全にコントだね。

ちょくちょく姫が弄ばれているが、全く同情する気が起きないほど最後最後までブレない性格なのは感心する。

このテのキャラって、いざというときは僅かな良心に目覚めたりするパターンも多いんだけれども、だからこそ逆に清々しさを覚える。

オチ脱力モノだが、記憶を思い出す方法がサラりと書かれていて、それに何ら疑問を持たない程度には私も本作に慣れてきてシミジミとした。



愛があれば××の差なんて 学力の差編 第5話

タネ明かしは肩透かしだが、今回の見所は告白シーンだよね。

あいパターンは中々に珍しい気がする。

一つ間違えばただの自惚れにもなりやすいから、ああいう形で自覚させるのってレアだ。



タイムスリップオタガール #6-1

懇親の告白なんだろうけれども、信じてもらえるであろう筈もなく。

追い詰められると、客観的に見て無茶なもの材料にして自己を押し通そうとするのは、結構あるあるかもしれない。

けれども普段の行いによってフラグ回避したのはよかったね。

あいう部分で親からの信頼を徐々に失った結果、熱中していた娯楽を禁止されるってことはあるだろうからね。

全ての保護者たちがそうだとは思わないけれども、普段の行いで印象悪くしてなければ、自身に纏わる多少のことは許容されたり理解はしてくれる余地があると思うんだよね。

はいえ首の皮一枚繋がった状態主人公にとって、このタイミング部活問題が浮上したのはマズイよなあ。

母親相手への言い訳があのレベル主人公が、果たして乗り切れるのだろうか。

家族同居人風邪で寝込んだ時の対処

久しぶりに風邪で一週間近く寝込みました。

うちの夫が幸いにも看病に協力的で、非常に助かったわけですが、一方で滅多に寝込むことがない人なので、こちらのお願いなしには何をしたらよいかからなかったようです。

意外とこのパターンはよそのおうちでもありがちでは?と思ったので、寝込んだ時にしてほしいことをまとめてシェアしてみます

まあ都度お願いすればいいっちゃいいのですが、高熱で立ち上がるのもしんどい時はお願い自体ハードだったりするので、この時ばかりは察してちゃんになるのも勘弁して頂きたいです。



1.寝床のセッティング

あれば電気毛布湯たんぽ、毛布などで寝床を暖かくして欲しいです。

熱さまシート、氷枕で頭の周りを冷やす気持ちよさでよく寝られます



2.食料の確保

おそらく普通食事は体が受け付けない状態と思われるので、消化のよいものをお願いします。

スーパーコンビニで手軽に入手可能かつ調理簡単鍋焼きうどんはわりとおすすめです。

これが食べられない時はレトルトのおかゆでも。

個人的には手作りおかゆだとすごく嬉しい。これが出てきたら泣いてしまいそう。 http://www.sirogohan.com/recipe/okayu/

吹きこぼれると片付けが大変なので、沸騰するまでは絶対ガス台から離れないのがポイント

不馴れならいっそ蓋はしなくてもいいかもしれない。

ただ、せっかく頑張って作ったのに全部食べられなかったとしてもがっかりしないで欲しい。気持ちは十分伝わっています

おかゆすら受け付けない場合ウィダーインゼリーカロリーオフじゃないやつでも。



3.洗い物

熱でふらふらの時は立ち仕事、とりわけ水仕事結構しんどいです。

起きてきた時に流しが綺麗に片付いていると感動すると思います



今思いついたのはこんなところです。

他にこんなことしてくれたら嬉しい、ということがあったら是非教えてください。

http://anond.hatelabo.jp/20170119013620

買い物依存症患者ありがちな行動パターン

購入したという行為で満足してしまい、現物が届いてもすぐに開封する気にならない。

たまたましかっただけなら問題無いけれど、そういう行動を頻繁に繰り返していたら病気かもしれない。

2017-01-18

http://anond.hatelabo.jp/20170118180846

犠牲って言ったのは悪ガキ託児の話ね

最初に書いたとおり、部活大好き学生が「毎日やりたい、休みいらない」っていうパターンなら、父親のほうが空気読めてない可能性がある

http://anond.hatelabo.jp/20170118134944

まあそれはそう。だけれども、最近よくある「アニメ劇場版」みたいな作品はそれこそ半年経つと市場的にも朽ちてるパターン結構あるしレンタルにすら並ばないパターンもあるので、猶更映画館で見ておいたほうが良かったりするんだぜ。

http://anond.hatelabo.jp/20170118132131

「行かない」ってのはほぼ理由にゃならんよな。

見たい作品映画館でやってるのに敢えて待つなんてーのは「一人で映画館に行くことができない自意識過剰」か「単純に映画館までの交通費チケットよりも高い」ようなパターンだけだよな。

それともう一つ「映画に1800円は出せない」人な。増田での映画館不要論を唱えるような人間はたいてい映画価値見出していないだけの人間だ。

そういう映画価値見出してない人間映画が生きる価値になっている人間議論上にいるわけだ。そりゃ論戦になるわ。

http://anond.hatelabo.jp/20170118094452

プーさんは木のうろに首突っ込んだまま放置されるパターン結構あるぞ。増田は壁尻状態プーさんみたいになりたいってことか?

そういう生き方もありだと思うけど。

2017-01-17

偽善自己嫌悪自称才能有りおばさんの行動パターン

バカすぎる。

こんなとこで油売ってないで「書籍執筆」でもなさってればいいのにねー

まあ、出産育児系で本を初めて出す人間はほぼ全て性格がネジ曲がっているというのは既に周知の事実になっているが。

直近の摂取カロリー

先週の平日

昼食のみ、夕食抜きパターン

先週の土日

土曜が昼と夜に外食

日曜は昼に外食、夜にコンビニおにぎり1個+やきとり串2本

今週の平日

朝にコンビニおにぎりを食べ

昼にコンビニおにぎり、もしくはコンビニプレート

飴を割とよく食べる

夜は、昨日は外食大戸屋

勤務状況の変化により、食生活がガラッと変わっている

炭水化物割合がいきなり上がった

対策を考えないと、半年で落とした5kg少々があっという間に戻ってしまいそうだ

それにしても環境がよくない

ストレスでも食べてしまいそう

なんとかしないと

とりあえず今日スーパーに行って夕食の買い物をするところから

がんばってみよう

[]番外 「食漫画はこれからどこへ行くのか(後編)」

前回の続きで、そちらをあらかじめ読んでいること推奨。

もっと主観バリバリ、かつ雑に展開させた方が読んでいる人たちもツッコミやすいし、筆者も書くの飽きてきたので今回はもっとキトーに書いていくことにするよ。



食とどう関わっていくか

食に関することは基本的に作るか、食べるかだけれども、細分化していけば目の付け所はいくらでもある。

要はコンセプトによる差別化だ。

胃弱メシ』は胃が弱い人の、『女くどき飯』はデートでキメるとき

将棋めし』は将棋で勝つためのゲン担ぎといったように、「食とどう関わっていくか」ということも差別化の一つともいえる。

目玉焼きの黄身 いつつぶす?』や、『食の軍師』などといったように食に関する独特な拘りを主体にしたものもある。

他には、食べ物自体は絡むものの、その他の要素に比重を置かれているパターンも。

まり食を舞台装置としてどう機能させるか、ということ。

定番なのが人間ドラマで、『ゆきうさぎのお品書き』や、前回挙げた『甘々と稲妻』などはその傾向が強い。

料理やそれを食べる要素は必ずあるものの、それによって紡がれるドラマ主体なのだ

これはどちらかというと帰結ともいえ、食べ物のものエンターテイメント性の弱さを補完しようとすれば、過剰な演出を除けばストーリーやコンセプトに目を向けることになるのだ。

その点では『ゴールデンカムイ』もその要素を持つといえるが、これをグルメ漫画認識している人は少ない。

バトルやドラマコメディなど、主体となる要素、テーマが他に多くあるからだと思う。

では、食の要素を持ちつつ、食漫画認識されにくいものには他にどのような例があるだろうか。



破壊

完全な持論だが、それは茶化したり、弄ぶことによる“破壊系”だと思う。

代表格は一部の「料理バトル」モノで、過剰な演出エキセントリックプロットを突き詰めていく過程で真面目に食べ物調理を扱わなくなった。

数年前だと『マジカシェフ少女しずる』という漫画が印象的である

最近だと『人魚姫のごめんねごはん』という漫画ホッテントリになっていて記憶に新しい。

ディズニーアニメの『リトル・マーメイド』でコックが魚を料理する歌があるのだが、架空の設定で見方を変えさせることで、印象を鮮烈にするというのは手法としてある。

まあ正直ここまでくると、食が関係していてもグルメ漫画というよりはコメディ漫画寄りだから、今回の話で扱うのは趣旨がズレているかもしれないが……。

主張したいのは個人的にこの“破壊”を許容されることで発生する、ジャンル多様化もあるのではないかということだ。

まり破天荒さ」と「グルメ」を両立しているにも関わらず食漫画としての体裁を保った、そんな奇妙な読み味の漫画たちである



空想

グルメ漫画ほとんどは現実世界モチーフにしていることが多く、料理もまたそれに準拠している。

読者に料理イメージをしやすくさせるためだ。

だが、それに拘る必要がないのではと思い始める作品も出てくる。

例えば『異世界駅舎の喫茶店』、『信長のシェフ』などといったように、舞台を別の世界にしたもの

料理を食べる登場人物人間ではない『クミカミカク』など。

しかし、食べ物まで空想産物にした代表格は『ダンジョン飯』だろう。

RPGに登場しがちな空想の生き物を材料に、大真面目に調理工程が描かれるのである

以降も異世界架空の食物を扱った『幻想グルメ』や、妖怪材料にした『美味しい妖』などの作品が続いていく。

もはや食漫画は、舞台調理工程登場人物食べ物あらゆるもの多様化したのである

だが悪くいえば、ほぼ手垢まみれの状態となりつつある、ともいえる。



マンネリ

さて、そんな食漫画に、現在マンネリ感は漂っているか

結論からいえば「まだ気にする段階ではない」。

私みたいに食傷気味になっている人間ならまだしも、様々なジャンル漫画をそこそこ読んでいる人なら、一つのジャンルの隆盛などあまり意識しないだろうし、漫画自体をほどほどにしか読まない人なら尚更である

「こんなに食漫画があるんですよ」と挙げても、それらを全部読んでいる人なんてまずいないからだ。

そもそも現代漫画供給過多の状態なので、全体を見渡せば食漫画自体はそこまで多くはない。

ただ、私からいわせれば食漫画成熟の段階には入っていて、後は発酵するか腐敗するかじゃないかな。

……そういえば、『もやしもん』っていう醸す漫画もあったっけ。

「癖の強いシステムを使いこなす俺すごい」って思ってそうな社内SEシステムへの不満をブロックしてるパターンだった

開発元に問い合わせたら普通にバグ無償修正してくれた

まがいもの跋扈して本物が迷惑するパターン

経営コンサルタント → 最近ホットエントリで見た



キュレーションサイト → 最近ホットエントリで見た



カステラ → スーパーのパサパサのカステラばかり与えられてたけど、大人になって福砂屋カステラもらったらめっちゃおいしかった(マルセイバターサンドも然り)。



きつねうどん → 母親が手抜きして揚げさんの味付けを別にせず、その代わり、だしと揚げの味を平均化したような中途半端にあまからいだしにうどんと揚げをぶっこんだものを食べて育ったけど、大人になって丸亀製麺で食べたら、出汁は効いてて甘くなく、お揚げさんはじゅわっと甘辛くて美味しかった。



男性 → 一部の置換する男のために、多くの善良な男が女性専用車両から締め出される。



プリン → スーパーで売ってる、妙につるっとして粘り気のあるプリン・・・はまあ子供の頃美味しく食べてたからまあいいか



というように、まがいものが出回るせいで本物が迷惑するパターン名前はありますか。また、他にも事例ありますか。

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん