「常識的」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 常識的とは

2017-03-30

産業性搾取で気になること

男性向けの生産業がメインだと思うけど、

女性搾取されている」という視点は、女性人権問題からの流れでわからなくもない。

でも、男性搾取されているよね。

「生まれ持った特性男性の性欲をうまく煽って金をむしり取っている」という側面がある。

しり取っているかどうかは、適正価格かどうか次第ではあるのだけども。欲情すると脳が本当に支配されたかのように性欲によって常識的判断ができなくなって、それにつけこんで粗悪品を売るような商売もまかり通っている。

ぼったくりバーレベルの明らかな問題商法ではなくても、パッケージ詐欺とか、ダイアルQ2とか、そういうレベルのも沢山ある。

産業を行っている主体男性で、出演者女性搾取される側という見方は、そうとは限らないわけで、女性男性の性をうまく付いて金儲けしているという側面も多分にあると思うわけです。

性風俗店では女性経営者女性従業員だって少なくないでしょう。

性搾取という概念範囲に、男性消費者対象に入らないのかなっていうのが僕の疑問点です。

以上、おっさんでした。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170328-00000019-ryu-oki

2017-03-29

森友学園問題集団ヒステリー

100万の寄付とかどうでもいい。

良家育ちのお気楽バサンと、キ○○イ夫婦の関わりなんて知りたくも無いわ。

寄付自体はどう転んでも違法にならないのだから放置しとけ。



8億値引きは法的に問題無いのか?ここが一番の問題

そして、問題が有るなら関係者処分。法的に問題無いのならその事情分析

しかる後に適正な国有地払い下げの制度設計を話し合う。

これが建設的な民主主義じゃないの?



揚げ足取り枝葉末節オンパレードと、それに乗っかる集団ヒステリーバカばかりで嫌気が差す。

要するに、政治の混乱は民度の反映なんだよなぁ。

バカにはお似合いの世の中ですわ。




追記

資料が残っていないのが問題との指摘も上記と同じ。

資料の破棄は法的に問題が有るのか?問題が有るなら責任者当事者処分、無いなら制度設計議論

情報公開請求範囲や手順も議論してより良い制度に変えていかないといけない。

国有地値引きも、資料の破棄も、現在問題が無い場合はその法案が出た時に反対しなかった我々国民にも責任はある。

それが民主主義だろ?




追記2


安倍首相の事を極右カルトだと言うのは勝手なのですが、支持率50%前後有る首相でもあります

日本人の半数が極右カルト信者首相に仰いでいると考えているの?あなたが考える日本人はそこまで愚かなの?

常識的に考えて、偏っているカルト信者レッテルを貼っている側ですよ。



政策については冷静に是々非々でやればいい。民進党ですら、自民党が出した政策への賛成率は90%近く有る。

評価すべき所は有るのですよ。もちろん、全面肯定では有りませんし、地方創生へのバラ撒きなど批判すべき所も山ほどあります



是々非々で話す知性が無い大衆を、私は集団ヒステリーと呼んでいるのです。

知性を失った人は、民主主義規定する市民足り得るのでしょうかね?

2017-03-27

http://anond.hatelabo.jp/20170327070448

西洋文学キリスト教が多出すんのは常識的な話で、それと全く関係のないけもフレを持ち出して、

「ほらね、いくらでも恣意的解釈できますよ」という手法は悪意しか感じない。

文脈とは恣意的解釈だ、というツッコミを以前から入れたがってる増田が一人いたけど、

仮に君がそうだとして君自身がそれを再演することで君の無理解がはっきり分かっちゃっただけだと思う。

恣意性を完全に廃止すれば必ずしも隠喩元ネタイコールにならないものばかりになってしまうのだけどね。

これはその増田がいってた主張を元に反論してるんだけどさ。

要するに件の増田は以前から砂糖水の効果についていぶかしがっているわけだ。

じゃあ完全に整合性のある論理世界に生きたらいいんじゃない、という感想しか思い浮かばない。

だいたい件の聖書の話にしたって、話中にいばらの冠とかそのまんま出てきたら関連性に言及すんのは当たり前でして。

論理的に考えるなら茨の冠が出たからと言ってキリストを示しているとはいえない、となるわけでしょ。こんなもんただの暴論ですよ。

まあ別人だったらどう思ってんのかしらんけど。

みんな同期とか後輩も「さん付け」なの?

http://b.hatena.ne.jp/entry/diamond.jp/articles/-/122503

"なぜ若手社員は同期を「さん付け」で呼ぶのか"って記事ブクマ

記事の内容は、時代錯誤おっさんが、2人の若手社員訪問を受けるんだけど、同期であるその2人が「さん付け」で呼び合っているのに違和感をおぼえて…というもの



で、記事の内容はいいとして、ブクマを見ると、「さん付け」するのが当たり前って意見が予想外に多くて驚いた。

まり馴れ馴れしいのは良くないかも知れないけど、はてなーの人なら、「どうでもいい」が多いかと思ってた。

やっぱり、仕事関係であれば、誰に対しても「さん付け」するべきなのかな?



俺は今20代半ばで、新卒で入った都内SIerに勤めてる。同期は呼び捨てだったり、愛称で呼ぶ人も多い。「さん付け」する相手もいるけど、少数。

もちろん初対面の時は「さん」付けしてたけど、新人研修が長かったのもあってか、次第に打ち解けて呼び方が変わっていった。プライベートで遊びに行く人も多い。

後輩の呼び方は、大して親しくないから「さん付け」の方がいいかな…とも思った。でも他の同期が、男には「くん付け」、女には「さん付け」で呼ぶので、とりあえずそれに合わせている。女の後輩を「ちゃん付け」で呼んでる人もいる。まあ、女同士だとそんなものか?



あと、SIerなので他会社と働くことが多いけど、俺に対して敬語を使わずフランクに話してくる人もいた。年も経験も実力もかけ離れていたからね。俺は敬語で話してたけど、特に違和感は無いし、どうとも思わない。俺だったら他会社の人には年下でも敬語で話すけど、別にどう呼び合おうが、仕事に支障があるわけでもなし。

逆に、とにかく丁寧な言い方をしようとして、上手く喋れなくなっている人が結構多い。敬語なんて最低限でいいから、要点を言ってくれ、とよく思う。



書いてて思ったんだけど、俺は人の呼び方特に拘りがないな。自分常識的でありたい、と思うだけで、相手からどう呼ばれようが、どうでもいい。

形式的メールの文面とか嫌いだし。最後に「よろしくお願いします」を付ける、みたいな。

でも、拘りがないからこそ、「さん付け」の方がいいかもしれない。「さん付け」するのが安全側だから

呼び捨てされて気分を害する人はいても、その逆はほとんどいない、とも考えられる。



それとも、ブクマの方たちは、「仕事プライベート分けろよ」って考えが強いのかな。半強制的飲み会とかやめろよ、と同じ流れで。

俺もそれには賛成。ただ、俺の場合客先常駐で同期が周りにいないので、というか同期と実際の現場仕事したことがないので、「同期」というより「友達」という感覚になっている。同期には結構そういう人が多い。

やっぱり会社や人、あとは業界によってもこの感覚は違うのかな。

最近転職を考えているけど、転職先では気を付けよう、と思う。



…まあ、何にせよ、「郷に入っては郷に従え」ということだろう。

呼び方なんて、どうでもいいし。

http://anond.hatelabo.jp/20170327103656

認めたくないやつらが誰が言ったかもわからない「角界認識」とやらを持ち出してるだけ

ごく常識的日本語能力を持ち合わせていれば「優勝に準ずる成績」とは優勝者に次ぐ勝ち数としか解釈できない。

2017-03-25

http://anond.hatelabo.jp/20170325134552


私は心理教育関係に関わっていますが、あなたと同じような危惧を共有しています

やはり心理教育問題を抱える人々と関わっていると、どうしてもそうした貧困問題対峙せざるを得ず、

またそうした人々は倫理道徳といった概念を身につける以前に生きていくだけで精一杯で、

その過程で人の心を驚くほどたやすく踏みにじったりすることが日常茶飯事です。

また、踏みにじった方も多数の踏みにじられた経験を受けた被害者であることがほとんどで、

そうした背景を理解していないととてもじゃないけれど世間流通している「普通常識」では携わることはできない世界です。



はてなにおいてはそうした普通常識では測れない世界に対する理解がありそうなところだと初めのうちは思っていたのですが、

あなたの仰る通り、「価値観に対して寛容では無い」ことが散見される点が常に気がかりでした。

普通常識では測れない世界に対する理解はありがたいのですが、

それに対する無理解があると過剰なバッシングというのでしょうか、攻撃性というか、不寛容性には強い不安をいつも感じていました。

先程も述べたとおり、常識理解しない人間は、常識的対応をされない日常に日々身を置いているのです。

いわゆる爆サイ系の人々は弱者ではあるでしょうが、彼ら弱者は驚くほど弱者に対して冷酷でもあります

弱者は蔑まれて当たり前だという世界に生きているのです。

この残酷さが、はてなの人たち、あなた方は本当に分かって下さっていますかと、涙がでるほど情けない思いをしたこともあります

あなたたちは、理解しようと言った人を、一方でこんなに手酷く攻撃するのですか、と。

常識で測れない世界を、理解してくださっているのではなかったのですか、と。

弱者は守られるべきなんて優しい言葉はひとかけらも見当たらない世界なのですよ、ここは。



世界残酷で当たり前だと頭と心に叩き込まれて、

それでも苦しくて苦しくて助けてほしくて救われたくて、

蔓延する不信感の中から絞り出すようにして私の職場の扉を叩いて訪れてくる人の気持ちを、

あなた方は本当に理解してくださっているのですか、と。

一筋縄はいかないのですよ。

助かりたいと思いながらも、弱者は見捨てられて当たり前という心身に刷り込まれた恐怖の掟は、

助かりたいという自分自身気持ちもズタズタに切り刻み、責め苛むのです。

弱者なんか死んだ方がいいという考えが、助けて欲しいという気持ち破壊しながら常に心の闇から吹き出してくるのですよ。

私も攻撃を受けます。お前だって私なんか死んだ方がいいだろうって。

攻撃受けたら私だって人間です、傷つきますよ、腹が立ちますよ、でも、

そんな凄まじい闇を抱えながらも、助かりたい気持ちを一縷の望みとして持っている人間を、どうして憎めますか。涙しか出てこないですよ。胸を裂くような悲しみばかりが溢れて出てきますよ。そして、絶対こんな不幸なものは一日でも早く解消して欲しいという思いが募りますよ。

つらい日々があっても、何とかそうしたいと思うから続いているんです。

弱者に寄り添うって、そういう覚悟気持ち必要じゃないですか?



あなた投稿を見て、私も普段澱のように溜まっている気持ちを少し吐き出してみたくなりました。

しかしたら、はてなにいる人々も、教育所得はそれなりに備えていても、

心の中の弱者に対する憎悪というものは解消できずにいるのかもしれません。

お行儀の良い弱者だけ助けるのであれば、そのはてなの人は、お行儀の悪い弱者というものは今もなお許せず、

それがために「口汚く攻撃的な様」を見せるのかもしれません。

2017-03-23

togetterコンビニエロ本関係コメント欄がヒドイ

https://togetter.com/li/1093345

毎度おなじみとげったの男女対立煽り小林ギリ子氏漫画案件

いつもとおなじような感じと思いきや、コメント欄地獄

まとめ主がコメント欄で暴れてて非常に荒れ。

タバコ大嫌い未成年がブチ切れてさら地獄化。



何を言っても「貴方は無理矢理娘を風俗に連れていく人間だ」

あなた子供avむりやりみせないと死ぬんですか?虐待だとわかりませんか?」などと繰り返ししか得られない。

タバコ強要は行けないという点だけは常識的な解答を引き出せたので、完全におかしなことだけをかいて楽しんでるふうでもない。



大前提として、コンビニエロ本は「エロ本」ではない。表紙にも18禁要素はない。

そして、ゾーニングされていて子供が中を見ることは出来ない。

これは酒が売ってはいるが、子供では変えないのと同じようなことだ。

コンビニでの年齢制限は、芸能人が厳格すぎるということにキレるぐらいうるさくやっているものな上に、

雑誌も本当のエロ本は置いていない。

これを「客に18禁本を見ることを強要している」とどうして言えるのであろうか。

2017-03-19

http://anond.hatelabo.jp/20170319050037

私も、ネットに書かないほうがいい事、というのはよくわかります。書いちゃいけないとまでは思わないけれど。

悪意的に見られたら確実に悪者にされてしまう隙の多い文章だし、本人も後のツイートでそれを自覚しています

それどころか、身内から「そういうのやめたほうがいいよ」と忠告を受けていることもブログで書かれています

けれど、人間は理性だけで制御できないもので、たとえば鬱や自殺に至る人の心理がいい例ですが、

分かっていてもできない、分かっているからこそ逆に泥沼に吸い寄せられてしまう、という心理になるときがあるんです。

仕事で上手く行かなかった彼の心理もそうした状態だったのでしょう。

からネットに書かなくていいことを書いてしまう人が常に、必ず、一定数いる。

特にクソ真面目な人ほどそういう呪縛から逃れられない。

からそういう滲み出てしまったものに目くじらを立てて意気揚々と叩きに行く人たちは、残酷だと思うんです。

もちろんそういう状況で書く文ですから自己愛独善性が鼻についたりする部分も当然あって。

とき他人攻撃的な言い方をしてしまう時もある。でもそれは、叩くのを完全に正当化する理由にはならない。

私はそう思います

でも誰もが陥るかもしれないそういう事案で、その人の積み上げてきた価値を一瞬で壊してやろうという人が寄ってくる、

そういう社会には、私は生きたくないと思うんです。

とくにダテコーは業界の外から来たアウトサイダーで、業界に物申したいことが沢山あるんだと思いますよ。

いつも苦悩してますから

しかしたら、「オレスゲーんだぜ」と言うのにかこつけて身内のお給金事情意図的晒しているのかもとすら思います

常識的には、そういうのは無用な衝突を生むから言うべきじゃないし、勝手にバラされたら怒るのが普通でしょう。

でも実際のところ、身内の人たちは彼をそういう人だと、業界をかき回したい人なんだと温かい目でみていて、

一定の理解があるのかもしれないですよね。すべての人が器用に生きられるわけじゃないです。

特に経営者になるような人は、往々にして、とびぬけて不器用だけれど、その分人を惹きつけるビジョンやパワーがある。

そうやって色んな個性と折り合いをつけていく、いい大人、いい身内に恵まれた中で生きてきた人なのかもしれない。

から、ダテコーに巻き込まれた身内が実際表立って怒っていたら、外野一般人忠告しにいく人がでるのもわかりますが、

そういうのを確認すらせずに、自分常識観に従って、勝手マナーだとか正義を代弁して叩く、というのは、

私は行き過ぎたことだと思うんです。

2017-03-18

いっちゃ悪いが、あん情報量の少な記事なんて

どうにも読める。こうも読める、ああも読める、は行き過ぎ。

それを踏まえた上で、常識的には鉄道員が全部悪いとされがちだけど、実際はそうでもないという現実を考えて

こういう可能性もあるでは、って低減するのはそこまで頭悪い行為とは思えない。

勿論今回の場合ブクマカの言い方は悪すぎるが。

でも、100字しかいからなあ……。

2017-03-17

初期対応を間違えると損するよと言う話

ある企業に苦情のメールを送った。

夜中の騒音とかそういう系のやつ。

いきなり警察通報してもいいけどちょっとかわいそうだし企業側で対応してくれればいいな〜なんて思ってメールした。

そしたら「メール送信ありがとうございました。気をつけます」のみの返信が返ってきた。

迷惑おかけして申し訳ございませんの一言もないの。

こりゃダメだ。

常識的対応してくれたら警察沙汰にはしなかったのにね。

次あったら遠慮なく通報しよ。

2017-03-16

http://anond.hatelabo.jp/20170316154259

いい大学出てるならまちがいなく常識的性教育は受けてる訳で

そいつらがゴムつけないのはあんたへの思いやりがないだけやぞ

つか極論すると、なんで子供が欲しくない相手セックスすんの?

ゴムをつけなくていいと言ってるんではない)

http://anond.hatelabo.jp/20170316143022

しろ、まともな技術者なら、そんなこといちいち気にしないと思う。

読み方を知らない、読み方を間違う、常識的なことをたまたま知らなかった、などは、技術レベルの高い人にだって起こりうるから。

そうでない普通エンジニアにとってはざらにありうる。

そういうことに対して、あまり過剰に反応しても、まるで本質的でないし、いずれブーメランになる・・・

糾弾されるべきは、「教えても全く覚える気がない」、「指摘したら不機嫌になった」、「知らないことがあったのに、その後知識キャッチアップをしなかった」などの態度では。

2017-03-14

http://anond.hatelabo.jp/20170314173625

数年前に言われたライトオタクから発展して、ヘビーなオタクまで承認欲求が強くなって流行りに乗じている感じはする。

問題は通ぶって一部の人が本当にマニアックな分野を知らなかったりすること。またはあえて語ろうともしないとか。

要するにそういった人は話題性が優先で、マイナーものでもある程度の知名度がないと白眼視するんだな。内容の善し悪しなんか関係ない。

というか通ぶりの大半は常識的流通をもって普及してるのにこんなことも知らないの、というマウントが大半で、

本当のマニアックさを広めたいという好事家は減ったように思える。その証拠増田には廃墟マニア鉄道マニアもガンマニアもいない。

2017-03-11

店で食べ物を残すな問題、の思考実験

あれだよ、常識的範囲内の食べ残しは別として、あきらかに食いきれない量を頼んで残す奴な。

「金は払ってるから店は損してない」っていうのが違和感あるので。


・ある店に、毎日100人大盛を頼む客が来ます

不思議なことに、この100人は一切手を付けずに100%残して帰ります

毎日大盛を正直に作る店主は、ふと「からの容器」を提供することにしました。

・なぜか大盛代金を払って帰ってくれたので、店は"大儲け"しました。


はい、この"大儲け"の部分。この部分が理解できてしまったら、「残しても店は損しない」ということが言えなくなります

手をつけていない大盛部分を作ってた時は、潜在的にこの部分を損してたからです。

話を誇張して100%残す、にしたけど並盛だろうと半分食べようと同じことです。

2017-03-09

でんでん

ここ数日、増田内でのでんでんへの風評被害が酷い。

常識的に考えて、でんでん役者。名バイプレイヤーの一人。

笹野高史と間違えてしまううっかりさんもいると思うが、

でんでんほどセカンドバッグが似合うおじいさんに片足を突っ込んだいい感じの役者はいない。

2017-03-08

常識的にありえない仮定のもとで考えるという思考実験に対して

やたらと常識を持ち出すのが果たして正しいやり方なのかってのはなんかよくわからない。

2017-03-06

http://anond.hatelabo.jp/20170306184222

それは、そうだけど、

一般的に考えて、」とか、「常識的考えて、」とかを、価値観多様性や人それぞれの価値観自由と言って、否定する。

結果、AV嬢まで肯定する世の中はどうだろう?

2017-03-05

http://anond.hatelabo.jp/20170305233221

いい歳して増田やってるようなやつはゴミだろ常識的に考えて

http://anond.hatelabo.jp/20170305232919

いい歳して子供もいないような人間ゴミだろ

常識的に考えて

2017-03-02

http://anond.hatelabo.jp/20170302190544

独自解釈じゃないよ!常識的人間なら誰でもわかることだよ!たまたま常識的人間が高能ちゃんを除いてまだ一人も見つかってないだけだよ!

2017-02-26

渡辺竜王への弁護を検証してみる

※追記 頑張って計算して書いた日記だけど、書いている間に元のページが消されたらしい(Webアーカイブ)。消されたということは取り下げたということだろうからおかしいと気づいたのかも知れない。

1.初めに

三浦九段不正疑惑について、渡辺明竜王を弁護するという記事を見た。

なにやら、観戦記者 小暮克洋氏(三浦九段から名指しで批判されていた、あの小暮克洋氏だ)から渡辺竜王を弁護してほしい、というよく分からない依頼を受けた弁護士が、裁判でもないのに勝手渡辺竜王を弁護しているらしい。

幸いにして、私はこれまで弁護士のお世話にならなければならない事態になったこともなく、この文章で本当に渡辺竜王が弁護できているのか判断するのは困難である

しかし、少なくとも、この中で取り上げられている計算を(具体的に数値が挙げられているところであれば)検証してみることはできるので、ちょっと考えてみようか、と思った。

2.一致率の検討

そもそもこの件に関しては、ソフトの一致率がやたらとフォーカスされていたが、それ以外の点でも重大な事実誤認があった。例えば、前出の弁護文においても、

対局中の離席については、そもそも証言の一つであった30分の離席といった事実がないことが確認された。また、離席の事実をもって、三浦九段への疑惑根拠付けることはできないとの判断がなされた。

と書かれている。

また、ソフトの一致率がいくら高くても、それが疑惑証拠となるわけではないことは第三者による調査によって既に示されている。

しかし、弁護文の中では主にこの一致率をもって、「渡辺竜王告発を行ったこともやむを得ないことであった」としているようなので、私もその点を検討する。



ソフトとの一致率とは、ある局面将棋ソフトに読み込ませて、その将棋ソフトが指した次の手と実際の手が一致した割合のことらしい。

それだけでなにやら本当に証拠とできるか怪しいと(普通なら)なりそうなものだが、

この違和感は、渡辺竜王要請で、名人竜王羽生三冠など、現代トップ棋士が数名がかりで検討したときにも、多くのトップ棋士たちが共有した違和感であった。

とのことらしいので、まあ色々私も違和感を覚えつつも、少なくとも棋界では説得力のある話だったということにしておこうかと思う。

この文章目的も、棋界の重鎮を糾弾しよう、というものではない。



さて、件の弁護文の中では、一致率を疑いの根拠とした理由が、以下の具体的な数値として書かれている。

三浦九段の4局の点数は、普段の彼の実力からすると、当方計算では、出現率でいえば、良くて10%程度である。そんな出来の良い将棋が、疑いをもたれた短期間に、4局もでてきている。

第三者委員会の報告は、三浦九段の「疑惑の4局」程度の一致率の将棋は、35局中9局あったと指摘している。つまり三浦九段にとっても、上位4分の1に入るような出来の良い将棋だったことになる。そのような出来の良い将棋が、疑いをもたれた短期間に、4局も出現していることになる。もちろん、そのような偶然があり得るというのは、第三者委員会の指摘する通りではあるが、常識的にはめったに生じない事態である

この主張から読み取れるのは、「10%以下の確率で起こる事象が、短期間(?)で4回出現した」ということだろうか。

第三者委員会の主張とは割合が異なっているようだが、算出方法が異なるようである。異なる理由はおそらく、上記弁護文の『10.「手の分かれる」局面での「技巧」との一致』あたりに書いてある手法によるためであろう。

ここでは、その手法の是非は問わない。



そうは言っても、この主張はどうにも曖昧である

短期間で、というのは一体どの期間で、その間に何回の対局があったのだろうか。

よくて10%というのは、一体実際は何%だったのだろうか。

ここらへんが解決できないと、正しい検証はできない気もするが、とりあえずここは簡単にするために、「10%の確率事象が4連続した」場合を考えてみる。

10ダイスを4回振ったら、毎回1が出た、ということだ。これは単純に1/10の4乗なので、1/10000の確率である。従って、「常識的にはめったに生じない」とする。



……本当にそうだろうか?

この結論には、重大な欠点がある。「試行回数は4回でない」ということを考慮していない。

正確には、「1/10確率で起こる事象Aをn回試行したら、そのうち4回はAが連続した」ということになる。

ここで、試行回数nはすなわち、三浦九段の対局数である。対局数は将棋連盟のWebページに載っているが、三浦九段場合は962回らしい。

さて、もう一度計算しなおそう。

「962回の試行の間に、1/10確率で起こる事象Aが4連続する確率である

これをざっと概算する方法は、以下のようになる。



n回の試行の中で事象Aが少なくとも一度は4連続する確率をP(n)、n回目の試行事象Aが初めて4連続する確率をQ(n)とする。

このとき、n≧5の場合において、

P(n) = P(n-1) + Q(n)

であり、

Q(n) = (1-P(n-5)) * 9 / 10000

となる。

また、P(4) = 1/10000, Q(4) = 1/10000であり、n<4のときは、P(n) = 0, Q(n) = 0となる。



この漸化式において、n=962の場合計算すると、P(962) ≒ 0.0827314となり、約8.3%であることが分かる。

なお、この計算横着をした。この計算ミスっていると私の主張が通らなくなるので、もしミスを見つけたら指摘をお願いしたい。



このようにして、三浦九段棋士としての経歴の中で、上位10%にあたる好対局が4回連続する確率は約8.3%であることが分かった。

これは確かにやや珍しいと言えるだろう。しかし、起こり得ないことではない。これは言い換えれば、12人に1人の棋士が同じような成績を残しているということであり、また、三浦九段を疑うなら、全棋士の8.3%が同じように疑われることになる、ということである

ちなみに、「良くて10%」という部分をもっと厳しめに見積もると、「あり得ない確率」と言うことができるレベルにすることは可能であるが、その場合はその確率をきっちり示さないといけない。例えば5%で見積もると、約0.57%という結果が現れる。

また、今回は「4回連続」という厳しい条件で計算したが、「短期間で4回」という条件だと、確率的には逆にもっと高くなる。

ちなみに、第三者委員会の言う「35回に9回」という結果を使うと、96%近い確率でこのような成績が出ることになり、珍しくもなんともない。



したがって、一致率を元に疑いの目を向けるということが妥当であるかというと、確率論的には全く妥当ではない、と言わざるをえない。もちろん、上記のように、計算の元となる事象Aの出現率が相当程度に低ければ、疑いを向けるに足るかも知れないが、その場合は「短期間で4回」「良くて10%」などといった、曖昧表現はいけないのである



3.終わりに

弁護文は、「三浦九段不正をした」ということを追及している訳でなく「このような理由から渡辺竜王が疑いを持ったのはおかしくない」という主張である

上記のような計算ができず(これを考えるのはそれなりに難しかった)、また弁護文に書かれているような誤った確率計算からおかしいと思い込んだ、という主張であるならば、確かにあり得ることである

少なくとも悪気はなかったのだ、という結論を出すことは可能であろう。



ただし、その結論を導くには、「渡辺竜王確率論に関して明らかに間違った計算を行った」という前提に立たなければならない。

三浦九段から名指しで批判された観戦記者勝手に弁護を依頼して、その結果、計算間違いを大々的に主張されてしまった渡辺竜王が、私はちょっと可哀想になってきた。

2017-02-24

http://anond.hatelabo.jp/20170224105527

刑務所に入るのが嫌だからっていうのは一般的な人たちにとって人を殺さないだけの十分な理由かもね

でもそうではない人たちだって当然いるでしょう

殺せるなら刑務所はいってもいいと思えるくらい殺したい気持ちが強かったり、そもそも刑務所に入ること自体を脅威と思っていなかったり、あるいは理解できない理由があるかもしれない

それでも彼らが人を殺さずにいるのは言語化されていないだけで感覚的に存在する理由があるからだと思う

それは当事者との話し合いでしか言葉にできないし、当事者自分でも確定できない理由を見つけて欲しくて人を殺してもいいですよねという話をしているのならば、常識的理屈をあれこれあてはめていっても得られるものは少ないんじゃなかろうか

大事なのは当事者にとって感覚的に納得できる理屈がみつかることであって、さらにそれが相談される側にとって理解可能であるかは関係ないということだと思う

まあ、人を殺さな理由が見つかったところですぐに人を殺したいと思う状況が変わるわけではないだろうけどね

対処療法的な対策を考える手がかりにはなるかもしれないけど…

結婚なんか概念しかない

あれは概念

明日死ぬぞと言われたときにあーこれやっときゃよかったなーのひとつ童貞セックスときたかったよーだろ

その概念が、なんだか常識的に言うと結婚したいとかそんな発想になるだけだとおもう

明日みんな死ぬ、は誇張としてもひとはみんないつか死ぬじゃない

それでも結婚に注力する?すべきじゃない

たか概念

2017-02-23

http://anond.hatelabo.jp/20170223220231

ここでの重要論点って、経産省という団体でもデータをチェックする機能がない、ってことが露呈してしまったってことだよ。

常識的に考えたら、ごくまれ事象ではなく、氷山の一角判断するべきところだよね。

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん