「スポーツ」を含む日記 RSS

はてなキーワード: スポーツとは

2016-08-27

自分長所を引き出すヘアメイクファッション

30になってやっとわかってきて、とても楽しい


脚が短くてO脚なのに、ショートパンツスキニーに拘る必要はなかった

高めにウエストマークするワイドパンツか膝下スカートワンピース

長所である鎖骨や長めの首がきれいに見えるボートネックトップスをを着る

肩幅狭いのが目立つから流行Vネックは着ないこと


足がゴツくて細いパンプスは辛いから履かない

快適度の高いスポーツサンダルか、スニーカーローファー

小顔に産んでもらったおかげで、低身長でもハイウエストマークしてればヒールじゃなくてもバランスが取れる


猫っ毛、細毛、薄毛だから手入れできないなら髪を伸ばさな

ショートにしてくせ毛を活かしたスタイリングにした方が垢抜ける


地味顔にいくら化粧を盛ってもケバくなるだけ

くすみやクマを完全に消し、透明感のある磨りガラスのようなハーフマットの肌を作って

目元はツヤ感重視のシャドウ、目の位置が高いから下まつげだけ少し盛る

チークリップはほんのり血色を足す程度良い


着心地の悪い物(スキニー化学繊維洋服)は着たり履いたりしなくなって、気分的にも楽になった


毎日楽しい

マスコミよ、勘違いするな。もうお前らはこっちの玩具なことに気付け。

この文章匿名場所で書くことをお許しいただきたい。我慢ならなかった。

ただしか匿名からこそ、という利点を使わせてもらう。



昨今、芸能事務所に踊らされるマスコミ不祥事に対して追っかけまわり面白がるマスコミが激しくなっている。

文春砲というものだろうか。あれもゲスいが、暴かれるその連鎖はまだ終わらないだろう。

しかしだ。

マスコミと言う名の道徳もないバカたちがのさばっているのを、こっち側人間がいやほど理解したことも気付いたほうが良い。

中でも酷かったのは歌舞伎役者の関連だろう。

報道の自由が無いと騒ぐのは、自分が立派なマスコミになってから言え。マスゴミには用が無い。



さて、欧米をみてみよう。発言した記者やなにかを提起した記者市民に受け入れられない場合、実際にその人本人が叩かれている。

そして日本にもその情報が伝わってくる。

ゴシップ関連だとイチロー英語が下手だと言った記者が、実名で叩かれていた。(その人は実名批判たからだし、実名確認謝罪もしている)

日本マスコミ記者は、局名や雑誌名だけを名乗って終わらせることが多い。しか匿名掲示板でも無い限り、実名は目の前にある。



さて今回の高畑淳子さんの記者会見

フジテレビ記者大村正樹氏が犯罪者性癖について親に質問するという、「そんなもん知るわけないだろう」案件を聞くという暴挙に出た。

この大竹氏は以前にも震災で足を失くした人に対し「切断したときどんな気持ちか」「今までスポーツをしてきたわけだが」という、まだ日が浅い被災者に対しデリカシーのかけらもない発言をしている。



この人に隠れがちだが、TBS新・情報7days大家幸子氏。

大家「準備に歯ブラシを入れていたのか?」高畑「知らないです」「歯ブラシはもっていかれなかったのですね?」というやりとりをしたみたいだ。

色々、馬鹿か。馬鹿なのか。

こんなのがマスコミを名乗っているのか。



この人たちはきっと、いろんな人たちにこういうことを聞きまくっている。

このままマスコミとして存在することが出来たのは、市民記者名を特定できなかったから。または知る機会がなかったからだ。

しか現在政治家不正がバレまくる中、ツイッターですぐに記者が分かる時代になった。

もう馬鹿に振り回されるのはたくさんだ。



大村さん。大家さん。

あなたたちはどんな気持ちで、その質問しまたか

その質問公共電波に乗り、自分発言が取り沙汰され、叩かれる。

そういうことを想像しまたか

普段あなたたちがしていることですよ。

時代が、価値観が、古すぎるのです。そして性格も悪すぎるんです。

マスコミあなたたちを仲間だとして守るのでしょうか…馬鹿な人を守る利点があるのでしょうか。

マスコミが叫ぶ報道の自由。それって市民側にもマスコミの現状を嘆く自由があっていいということですよね?



もう散々です。もう飽き飽きです。くだらない記事を、適当ソースで、酷い言葉でしめくくる。

そんな商売をしてる人が、市民より上に居ると思っていることに腹が立って仕方がないのです。

なにかを暴くための記者が、暴かれる人よりクズなのホントなんとかしたほうがいいよ。

2016-08-26

http://anond.hatelabo.jp/20160826110324

スポーツだけでなくともゲーム全般に言える事

実力に大差があると一方的に終わる

そして双方つまらない

スポーツで実力差があるときに起きる現象

以前サンドウィッチマンが、高校の弱小ラグビー部所属している時に強豪チームと当たり、

ノーホイッスルトライというのを決められた、と言っていた

キックオフからトライまでホイッスルが一度も吹かれず、つまり試合が止まらずにトライを決められることらしい

これは相当実力差がないと起きない現象らしい



他のスポーツでも相当の実力差がないと起きない現象はあるだろうか

思いつく範囲だと野球なら完全試合だろうか

ランナーを1人も出すことな試合を終えることである

あとは剣道相手竹刀を巻き上げて飛ばすのは力の差がないとできないと聞いたことがある

2016-08-24

政治利用

音楽イベントに一市民団体が参加した際には

政治利用だ。けしからん」と発狂していた皆さん、

4年に一度の国際的スポーツの祭典にしゃしゃり出て

世界から顰蹙を買う政治家については完全スルーですか。

さすが、公平性客観性対称性といった概念

知らない輩たちの面目躍如ですね。

2016-08-23

会社の明るい化け物

・生まれつきの容姿はまあまあ良いほう。40人学級のうち上位15人には確実に入る

MARCH以上

首都圏中高一貫校出身

首都圏郊外実家があり、大学職場実家通い

・目がキラキラ、肌のキメが細かくてきれい

髪型がいつもキマっている

清潔感があり、人を不快にさせる所作が無い。「育ちが良い」という印象

服装シンプルでこなれている。高い服を買っているのではなく、センスを磨くために

 服代と時間を費やしてきたのだと思う。組み合わせもフィッティングも上手い。洗練されている

・「人間関係による精神的つらさ」の話題がやたら好き。その割に暗い雰囲気は無い

映画恋人友達を誘う。誘われたい。一人で映画を見るのは残念なことという認識

恋人と長続きしない。三カ月で別れるのが普通。別れても病んだりはしない

体育会系ではない。かといって蔑視されがちなオタクが集まる系文化部でもない。

 弱い吹奏楽部、弱いテニス部などで、スクールカーストと苦労のコスパを追及してきた

自己紹介が好き。笑いを取るのも好き。注目を集めるのが好き

業務中の私語が盛り上がって、盛り上がりが終わって仕事に戻ろうとしたとき

 テンションをあげて喋り続けて盛り上がりを終わらせないように引っ張ろうとする

ちょっとした笑いを取るのが得意。男性場合、妙にゲイネタが好き。

会社学生時代の仲間の話をしたり、スポーツサークルの仲間の話をしたり、別コミュニティの話をするのが好き

職場ミスをして、怒られても繰り返す。怒られたことにへこんでいる様子が無い

企画をたくさん出す。出すが自分で進める気は無い。自分で出した意見もよく忘れている

自分で言ったことをよく忘れる。なんでも忘れる

新人だけど部長クラス以上へのウケがいい意見を言う。高い視野っていうか。俯瞰っていうか

・初対面は圧倒的好印象。面接にもかなり強いと思う。一緒に仕事をすると好感度が下がる

自分で調べない。手を動かさない。聞く、調べてもらう、やってもらう。

 人の時間を好きなだけ自分のために使わせることを当然の権利と思っている

・語彙は一般的社会人レベルだけど、天真爛漫というか、小さい子供のような明るさがある。

 中二病的な自意識過剰さ、卑屈さなどは全く無い

・せっかち。フィードバックの遅さに少しも耐えられない。

 「この案件は重いかフィードバックが遅くても仕方ない」ということが理解できない

・「かしこまりました!」「承知しました!」と明るく言って、指示どおりにしない、納期も守らない

自分ミスの尻拭いを同僚にやらせながら、友達と遊ぶために有休は予定通り取る

・人に尻拭いさせて友達遊んだのが楽しかった話を会社でする

 

赤ちゃんの亜種と思うと愛らしいが、給与をもらっている社会人と思うとぶっ殺したくなる。

圧倒的自己肯定感と、圧倒的自己顕示欲と、底抜けの明るさ。新種の化け物だと感じる。

http://anond.hatelabo.jp/20160823114956

昔は代理戦争でよかったかもしれないが、今はその意味は薄いし。ブラジル選手が勝ったから、他の国がブラジルに何か配慮しようとはならないでしょう。今は実利が無いと思います

競技の勝ち負けは完全に個人のものであるというのは、理想を言えばそうなのですが、そんな事を言い出したら、価値があるとみなされる選手はほんの一握りでその人以外はスポンサードを受けられないだろうし。出身地元だとかどうだこうだ言って、そこを引っかかりとして応援している場合が多いので、その枠が無くなたら見る側の楽しみも減り、競技への興味自体も減る気がします。

アマチュアスポーツでも、営利企業所属して活動しているスポーツ選手が何人かいますが、彼らを支援する事で企業は有形無形の恩恵があると考えて、そうしているのだと思いますが。自国選手を国が支援するというのは、それに近い物なのかもしれません。

http://anond.hatelabo.jp/20160823112518

オリンピック本来目的は、戦争行為の代償なんですよ。

他国戦争して勝ちたがっている国民はどの国にも大勢居て、そいう国民気持ちを抑えるために、

国同士が戦争をする代わりにオリンピックで競い合ってるの。

から、国費を軍事防衛費に使うのと同じように、国費で選手という武器を育成しているわけ。




もし、本当にオリンピック純粋スポーツの祭典なら、

別に入場なんかせずに、競技別にした方が自然だし、

いちいちどの国が何個メダルを取ったかなんてニュースにならないよ。

メダルはその選手のものであって、国は関係無くなるのだから

福原愛準決勝を見ていて漠然と思っていたこ

もしここで福原愛が勝ったら、世の中って希望がないんじゃないかなって思ってしまったということ。



確かに愛ちゃんは才能もあって小さいこからものすごく努力してて、だからこそ日本人なのにあの場所に立つという快挙を成し遂げたのだと思う。

スポーツのために犠牲にしてきたものも沢山あるだろう。

ただ、相手選手である李暁霞を見た時にまずはその規格外な体格に驚いて愛ちゃん負けるな!と思ったと同時に、でも、これで愛ちゃんが勝ったら世の中ってすごく不公平なんじゃないかって思ってしまった。

愛ちゃんかわいい卓球界においては天使のような存在だ。誰からも好かれる性格で、世界中ファンも多い。つまり女の子としての幸せを存分に手に入れている。

もし自分が李暁霞だったら、それでタイトルまで奪われてしまうだなんてことになったら世の中全てに絶望するだろう。

かたや愛ちゃんはまだ捨てきれないものがあって、かたや李暁霞ははじめから持ち合わせていなかったのだから

愛ちゃんのいない表彰台を見て、心の何処かでこの3人にメダルが与えられてよかったと思ってしま自分がいた。

彼女たちは本当に卓球が全てなのだろう。全てを卓球に掛けて来ただけではない。卓球を失えば他になにも残っていないのかも知れないのだ。



リオオリンピック日本メダルフィーバーで大いに湧いて4年後の東京に向けた大きなはずみになったし、これがきっかけで世の中の景気も少しずつ上向きになるのではないかとさえ感じられるほどだった。

誰もがメダルに向かって一生懸命努力をして、それで勝ち取った結果なのだから当然そこに怨恨があってはいけないし、清々しいものであってほしいと信じている。

ただ、もし本当にそう思うのであれば、4年後の大会ではただ自国メダル数を誇らしげに掲げるだけではなく、他国選手日本スポーツ教育の中に数多く受け入れて、他国メダル獲得にどれだけ貢献したかを誇るような大会になってほしい。

福原愛だって中国活動がメインだと聞いている。

日本メダルを勝ち取ることができたのは中国のおかげだったとなるなら、世界未来に対してなんと希望ある言葉ではないだろうか。

4年後の東京オリンピックは、今までのように国の技術力や経済力をひけらかすだけで終わってほしくない。

軍隊を持たない先進国日本からこそできる、国境を超えてメダル獲得を喜び合えるような本当の意味でのグローバルな大会になってほしいと願う。

貧困JK大炎上したのはオリンピックのせい

学生時代スポーツやってる人たちから体育の時間で虐げられ、体育会系部活動優遇応援強制参加など、スポーツをめちゃくちゃ嫌ってる人がもいる。

興味もないオリンピックテレビで延々と見せられて、他のを観ようと思ってもどこのテレビ局オリンピックだらけ。ネットオリンピック関連のニュース中心。

猛暑で外には出たくない。興味もない大嫌いなスポーツテレビでもネットでも見せられる。とフラストレーションが溜まりまくり

学生夏休み。週末で学生以外にも休みの人もいた。暇人比較的多かった。

そこに突然現れた「貧困女子校生」。しかも皆様の受信料で成り立っている政権の犬・反日NHKなどと呼ばれることもある天下のNHKで放映

暇人もの格好の餌食になる。

なぜパラリンピックは注目されないのか?

http://anond.hatelabo.jp/20160822234119

 

1.人間には美しいもの、強いものを見たいという欲求がある。

腕が無かったり足が無かったりする状態は、その真逆である

醜いものや劣るもの憐れみ文脈か、自分より下が居るという安心感を与えるコンテンツとしてしか消費されない。

 

2.人間には優れたもの自分共通点が多いものに対して共感を得る。

障害者はその反対なので共感が得られにくい。

 

3.上記2とも関係するが、障害者の数が少ない。

そのため共感する人間が少ない。

 

4.障害者スポーツは健常者のそれと微妙ルールなどが違う。

まり大多数の健常者がプレイできるものではない。

極端に参加者が少ないスポーツと同じで、興味を持つ人が少ない。

 

上記理由により、観たいと思う人が圧倒的に少ないので注目されない。

こんな事はほとんどの人が理解しているが、なぜかそれを言ってはいけない空気があるので、

特にNHKなどは、そんな事実など無いかのように「いやー、パラリンピックも盛り上がっていますね~」などと薄ら寒いことを言う。

http://anond.hatelabo.jp/20160822234119

身近なスポーツでは無いからってのもある。カヌーサッカーと比べて人気薄いのと同じ。

2016-08-22

sexスポーツ

風俗嬢が言っていた

どうおもう?

オリンピック良かったんじゃネイロ

ブラジル人にはオリンピックなんてデカイベント無理だとかみんな言ってけど、興行的には知らんが

すまんスポーツには興味がないし負けたりするとかわいそうだが、頑張っている姿はいいね

ここ何回かのオリンピックの中で一番良かったんじゃない? オイラまだ4才だけど

社会人から始められるスポーツを教えてくれ

なおジョギングを除く

最初から最後までオリンピック気持ち悪かった



選手努力してメダルを獲得することは喜ばしいし、それが応援している選手なら尚更なんだけど、毎日毎日日本メダル獲得数は金が○個、銀が○個……」って、最高に気持ち悪い。

語彙が貧弱だから気持ち悪い、としか表現できない。

オリンピックは国が獲得したメダルの数を競う競技なの? 

スポーツに国なんて枠組み、必要なの? 

すげえ頑張った奴らが国とか関係なくすげえ試合やらすげえ演技見せてくれたらそれでいいんじゃないの? 

卓球日本が勝った!支那人ざまあwwww」じゃねえだろバカ

スポーツに「国」が入り込んでくる構造、すごい気持ち悪いんだよ。

そういう構造が不可避なものだってことは分かってるけど、今まで見てきた中で、今回のオリンピックが一番気持ち悪かった。

断言するけど、東京五輪もっと気持ち悪いことになる。オリンピック国威発揚装置? 頼むからやめてくれ。

面白ルール能力制限されたスポーツ界の強者たちはみんな変な環境に過剰適応した奇形の生き物。

ボルト飛行機より遅いし銃で撃ったら死ぬ人類最強の男は格闘技界の王者じゃない。

スポーツの良さは奇行奇行競争させて最強の洗練された奇行を決めることにある。

なのに人間想像力を突き抜けてくるパラリンピック異端扱いするのはどう考えてもおかしい。

制限があるからスポーツ面白い

2016-08-21

シンクロババア

しか銅メダルは勝ち取ったという意味で結果は出してる。

スパルタ的(まさに2名が代表を辞退したらしいが。)な教育も、方法論の一つだと思うし、一時的な結果には結びつくと思う。

ただ、何のためにスポーツをしているのか?結果だけのため?国民メダルを届けるため?

その為には、選手意思を奪い、強権的にふるまうことが正当化されるのか?

戸塚ヨットスクール的な方法で、末永くその競技が発展するのだろうか?

他の競技者や、指導者の範となるものなのだろうか?

あんなのを持ち上げている限り、暗い未来しかない。

http://anond.hatelabo.jp/20160821115703

スポーツとかの時しか国という単位肯定したり持ち上げたり応援したりすることを許さなかった反動だよ

あと東洋とかにすると今じゃ範囲が広がって余計叩かれると思うよこのノリだと

2016-08-20

オリンピック報道について

増田セリフからふと考えた。



自分も「ニッポンコールや感動の嵐みたいなのを不思議に思う。いろいろ調べると、どうやら90年代から今みたいな放送になったらしいが、昔のオリンピック放送はこうじゃなかった。

世界メジャー競技話題になり、当然ながら陸上を中心に世界トップアスリート名前連呼されていた。日本人選手のことも報道されていたが、「世界トップとどう戦うか/戦った」が中心で、どうでもいい家族ストーリーとかとは無縁だった。そして実況も、当然「スポーツ実況」として、その競技のすごさ面白さが伝わるような放送をしていた。

そんな時代に育ったせいか、いまだに国内オリンピック放送報道を見ると違和感しかない。CNNとかでオリンピックについてのニュースを見て、ようやく少し「ああ、いまオリンピックをやってるんだなー」と実感する。どんな競技でどんな国のどんな選手がどんなすごい記録を打ち立てたか、現地で競技を見ている人たちはどんな風に盛り上がっているのか。そういう放送を見ながら、見たこともあったこともない人たちだけど、『同じ時を同じ星で共有する同じ人間』が、今まさに地球の裏側でだけどこんなすごいことをしてるんだなあということに、素直に感動する。残念ながら、日本テレビ放送をみていたのでは、そういう感動はさっぱり得られないので。だってメダルがとれそうな」日本選手が関わる競技しか放送しないから、日本でやってる競技会とあんまり変わらない感じ。



そんなわけで、増田突っ込みいれてた「一度もあったことなくても日本人ならニッポンに誇りをもてよ」という人は、「なぜ世界人類共感しないのか」と問われたらなんと答えるのか、という問題を突きつけられているのではないか。そして、こういう国で、果たして本当に4年後、自己満足でないホスピタリティを発揮して立派にオリンピックを開催し、世界から「いいオリンピックだった」と言ってもらえるようになるのだろうかと、大変不安に思っている。

http://anond.hatelabo.jp/20160820221200

入社して4カ月でもう仕事辞めたい

今すぐにでも辞めたい。はっきりいって仕事全然楽しくないし、休みも少ないし、有給休暇も一切取れないみたいだし。ブラックという訳じゃないとは思うけど、やっぱりあの体育会系の感じが凄く嫌だ。まあアパレルから体育会系はしかたないと思ってたが、こんなに嫌になるとは思ってなかった。学生時代はずっとスポーツしてきて、練習とかくそしんどいし、顧問先生体育会系でめちゃめちゃ怒る人だった、それでもスポーツが好きだったからずっと続けていけたし、根性は他の人に比べてあると思ってた。だから今の会社体育会系っていうのはわかってたけど、何とかなると思ってた。

でも実際入ってみたら、しんどいだけで全然楽しくないし、ノルマもきついし、休みけが嫌すぎてしょうがない。部活仕事を比べるのも変かもしれないけど、部活は好きな事だったし、しんどいかわりに楽しい時もあったからやってこれたと思う。今の仕事は本当に楽しいことはないから、ただただしんどいだけだ。

話は変わるけど今自分にはやってみたいことがある。学生の時から思ってたけど。英語勉強して海外で働いてみたい。何の仕事がしたいかとか、なんでとか聞かれると大した理由もないけど、英語を使っての授業とか、外人に道を説明するときってなんでかわからないけど、自分表現できる。日本語だと引っ込み思案な性格もあったりして、全然自分を出せないのに、英語だと凄く自分を出しやすい。(ほとんど単語とかでしか話せないけど)そういうこともあるから、やりたいことがあるのに毎日楽しくない仕事をやって精神すりへらしているのが本当にもったいないって思う。こういう事考えてるのって現実逃避なのか、ゆとりの考えなのか、でも今やりたいことやらないで、いつやるの?って自分に問いかけてる

http://anond.hatelabo.jp/20160819234512

レスリングは地味。

プロとして興行やっていけるだけのポテンシャル競技にないとまではいわないけれど、注目されて、プロ化するより前にプロレスが出来てしまった。


ここで、ある仮定をしてみる。

テニスプロがなかったら。

そして、テニヌを実際に行える能力人間にあったら。

アマチュアテニスをし、ルール無用格闘技であるところのテニヌについてはプロ競技として成立するであろう。

そして増田に書かれるんだ。プロテニスだけルールが違いすぎると。

詳しく知らんけど、なんか時空をゆがめたり、相手ボールをぶつけてKOしたり、分身したり、ルールが違いすぎると。



プロゴルファー猿とかも一緒。旗つつみとか、百舌鳥落としとか。ヌンチャクドライバーとか。

ファンタジースポーツ漫画にはフィックションがもろもろ採用されている。

プロレスラーが凄いのは、プロスポーツなんてあんまりなかった時代に、

人間としてできる(一般人には無理な)技をどんどん開発していったこと。

初期のプロレスなどは、もっと地味だったと思うけど。

単に、レスリングに打撃と関節技(ともに他の競技で既にあったもの)を取り込んだというだけだろうけど。


冒頭にテニスを挙げたが、やはり接触系のスポーツのほうがプロ化(プロレス的な)は向いていると思う。

だけれども、そこには既にプロレス存在していて、その壁を超えるのがきつい。

最近話題になっているカバディや、ラグビーなどは、まだ目があると思う。

と、ここまで書いて、プロレス起源をさかのぼってみたらなんか全然違ってた。