「定義」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 定義とは

2016-09-25

「気に入らない」、それで人権否定しようなんてのは寒い人権意識じゃ

http://anond.hatelabo.jp/20160921171221http://anond.hatelabo.jp/20160924215458関係する話を書く。なお、後者増田http://togetter.com/li/1028423 を元にかかれている。「日本国憲法タグを辿って一番目と二番目にあったやつだ。

 前者は「透析患者自業自得であるから人権否定」に対する批判後者は「特定の嗜好を持っているという理由人権否定」に対する批判である。両者に批判されている言説に共通するのは、「自分が気に食わない人間人権否定」しているところと、「法律定義できない案件」だ。

 まずはじめに、すべての人間人権否定されてはならないというのが、日本国憲法の基本理念なのではないか。三大原則のひとつとして「基本的人権の尊重」を掲げている。憲法によってかなり強く人権尊重が謳われているとみなして良いだろう。

 前者の増田でも語られているが、憲法第25条に「すべて国民は、健康で文化的な最低限度の生活を営む権利を有する」という規定がある。後者増田では憲法第31条の「何人も、法律の定める手続によらなければ、その生命若しくは自由を奪はれ、又はその他の刑罰を科せられない。」が引かれている。前者によってすべての人権保護され、後者によってその蹂躙は大幅に制限されている。

 

 自己責任透析患者は殺せなどという主張は、明らかに「健康で文化的な最低限度の生活を営む権利」を認めていないと取られかねないし、「生命若しくは自由」を奪おうとしているともとれる。そして自己責任論にもとづいてこれを正当化しようとしても、前者の増田が言うように、「自己責任の線引」は不可能であるから法律によって規定することはほぼほぼ不可能である法律規定できないのなら「生命もしくは自由」を奪えないのは後者増田論法のとおりであろう。特定の嗜好云々にも同様のことが言える。

 さて、上に、両者の言説の共通点を書いた。「自分が気に食わない人間人権否定」に対する批判である

 あくまでなんとなくだが、最近のいろんな「トンデモ」なり、雑なりの言説の問題点には、この気に食わない人間への人権否定というのが根底にあるのではないか

 まずはじめに、「人権」というのは、中学公民などで教えられている事項である。このあたりについては、上のまとめでのコメントにもあった「ピルとの付き合い方」氏がツイッター有用連続ツイートをしてらっしゃっている。

 https://twitter.com/ruriko_pillton/status/77983255997482188およびhttps://twitter.com/ruriko_pillton/status/779832732985663489を参考にして欲しい。まだまだ同氏のツイートは続いている。ここで言われているように、近代民主主義社会というのは、為政者による気分なりなんなりで刑罰を課すことを禁止する社会である。そして、「人の心の中を覗くことはできない」から「内心は規制しない」とある

 ここで考えて欲しい。内心を規制しようとするにはどうなるか。覗くことができないのだから基準を作ることはできない。為政者が「なんとなくこいつは規制すべき内心を持っているに違いない」と思ったという理由しか規制はできない。よってこれも、「基準をそもそも作れないのだから法律による規制はできない」案件であり、透析患者の件の「自己責任定義できないか規制はできない」に通づるものである

 しかし、昨今の風潮は何か。なんとなく「自己責任」のやつを助けてやるのは気に入らない、といった「なんとなく嫌だ」という理由で「生命もしくは自由」を規制しようという言説が書き立てられている。自己責任論が極端に語られるのは、何も透析患者だけではないだろう。内心は本当はわからない、というのと、どこから自己責任か?は定義できないという意味類似性を持つ。近代民主主義では、主権者国民である国民はもはやかつての王のような「為政者」だ。その「なんとなく」の気持ち人権規制を訴えるのは、民主主義精神に反する。

 

 以上より、この2つの事例について、「結局自分が気に食わない人間人権を、まともに法的定義ができないような”なんとなく”で規制しようとしている」という大きな問題があるのではないか、と考える。そして、その問題は、「近代民主主義」の精神に反するものである、とも考える。

 前者の増田では、「全員が健康文化的な最低限の生活ができるように、みんなでお金を出し合って支え合っていきましょう」という相互扶助精神が語られている。この精神は、共同体を維持していくのに重要精神だろう。しかし、「気に入らない」で制限を加えようという雑な言説は、この精神否定するものであり、まともな社会から離れていくものであると思う。この「なんとなく」で人件否定、はなにもここであげた2つの例だけではなく、「コミュ障」だとか、「地方民」だとか、逆に「都会民」だとか、ある考えを持つ人だとか、いろんな「集団」に対して向けられてるような気がするし、しっかり考えて欲しいというところである

 もちろんこの程度で例示が十分だとは思っていないが、流石にすべて列挙し続けることは不可能だし、これもそれに当たるのでは、というのがあったら指摘を願いたい。

妄想数体系

定義

-a (number) $1
-i- $1+$2
-e- $1*10^$2
-li $1 (-e- 一番外側)
-apo- $1+(point) $2
ta- -$1
nil 0 (任意)
m 1
d 2
tr 3
ku 4
pet 5
hek 6
siv 7
oct 8
nov 9

tama -1
tapoma -0.1
tametama -0.1
poma 0.1
metama 0.1
pomida 0.12
metamimetada 0.12
trapotrikua 3.34
tritretamikuatada 3.34
siva 7
mema 10
memima 11
dema 20
demida 22
trema 30
kuema 40
meda 100
medimemima 111
deda 200
dedidemida 222
treditremikua 334
ocedimema 810
metra 1000
mekua 10000
mepetimekuikuetripetedimemikua 114514
mehekemiliocta 1無量大数 = 10^68
memeda 1グーゴル = 10^100
metretra 10^3000
mememelida 1グーゴルプレックス = 10^10^100
memememememapolima ポアンカレ回帰時間 = 10^10^10^10^10^1.1
memememememilimetama ポアンカレ回帰時間

2016-09-24

http://anond.hatelabo.jp/20160924153500

んー、じゃあ「性格悪い」の定義どうぞ。

いじめられっ子=性格悪いってことは、暗いとかひねくれてるとかそういうこと?

はいじめるやつのほうがずっと性格悪いと思うけど。

http://anond.hatelabo.jp/20160924134901

性格が悪い」の定義を問い詰めたい気もするけどめんどくさいからいいや

2016-09-23

プログラマなのに何でサーバ室に軟禁されて作業しないといけないのか。

サーバ室の騒音でぜんぜん集中できない。

それで要件定義しろってもうヤダ

http://anond.hatelabo.jp/20160923144908

演技についてド素人だが

演劇映画ドラマアニメなどの演技を見て

「上手い演技」の定義がいっぱいあるんだなーとは思ってた

そんで人によって好みも分かれるし、評価も全く異なってくる

 

そして上手い演技の定義複数あるが、一つの作品でそれが混ざると違和感を覚えるというのも合ってると思う

声優ばかりの作品棒読み素人が入ると浮く

自然体なドラマ演劇っぽい演技が混ざると浮く

 

そういうのって配役でほぼ決まっちゃうんだよね

監督次第ってのもあるけど

 

あと例外的に、わざとそういうキャラを作るってのもあるよね

演技じみたキャラを作るとか、棒読みキャラを作るとか

でもそういう全体の雰囲気総合的に作り上げる作業って、今の日本映画では難しそうだなぁ

 

__

 

個人的には「演技してません演技」は下手なら嫌い、上手ければ好き

「演技してますけど自然な演技」が一番好き、TRICKとか

IT】巨大、大きい、中くらい、小さいプロジェクト、どれが幸せ

考えてる定義

小さいプロジェクト  1人で複数掛け持ちするくらいの大きさ  2人月以下

中くらいのプロジェクト  数人で行うくらいの大きさ  3〜25人月くらい

大きいプロジェクト   数十人で行う大きさ  25〜100人月くらい もしくは数十人のエンハンス、継続改修とか

巨大なプロジェクト   組織をまたぐような大きさ  100人月〜 もしくは数百人以上のエンハンス、継続改修とか

 

小さいプロジェクト 利点、欠点

利点:すぐ仕事に慣れることができる、繰り返し試せる、効率化できればすごく儲かる

欠点:やり方がオレオレになる、タコツボ化する、そればっかりな人になる、色々抱えて抜け出せない、引き継げない、値崩れリスク

 

中くらいプロジェクト 利点、欠点

利点:適度な責任を負うことができる、リーダー要件定義など上流に食い込みやすい、上流〜下流までやろうと思えばできる、スピード感を持てる、チームビルディングなども経験できる

欠点人材の換えが効かなくていっぱいいっぱになる、意外とテンプレ化できなくて非効率なことが多い、人依存が強くチームに不出来なものが1人居るだけで割りと詰む、会社の規模が小さい場合が多い

 

大きいプロジェクト 利点、欠点

利点:キャリアパスを描きやすい、給料も高め、人材の替えが効くくらいの規模になりやすい、頑張ればそのプロジェクトの中で大分成長できる

欠点スピード感は無い、デスマ化しやすい、PM力に依る、上流に食い込みづらい

 

巨大なプロジェクト 利点、欠点

利点:職としては安定する、詳しい人が組織内に居ることが多い、有名なプロジェクトやりがいがある事が多い

欠点プロジェクトが長すぎて浦島太郎化する、全体を見通す力が失われる、世の中のスタンダードがわからなくなる、仕様書伝言ゲーム政治問題、頑張っても成果物の良し悪しには影響度が低い

 

怖いこと1

規模を跨ぐだけで文化がガラッと変わるが、その文化IT業界全体での常識だと思いこんでいる人が多い

一生同じ規模帯に居るならいいが、規模を跨ぐことがあるとカルチャーショックする場合もある

 

怖いこと2

会社内に色んな規模のプロジェクトがなくて、行き来しづらいこと

同じプロジェクトや、同じようなプロジェクトに5年とか捕まると人材として凝り固まりそう

小〜大まで揃ってると心配はそれほどない

 

怖いこと3

規模のミスマッチ悲惨

一人で黙々とやりたい人 → 小さい規模

職を安定させたい人 → 巨大な規模

技術を磨きたい人 → 中くらいの規模、大きい規模

ものづくりをやりたい人 → 小さい規模、中くらいの規模

上流〜下流まで磨きたい人 → 中くらいの規模、大きい規模

 

という感じだと思うが、何もわからずに規模を選択してしまい、それが常識だと絶望している人をたまーに見かける

怖いこと4

巨大な規模のプロジェクトをやってる会社正社員で入ってしま

技術屋というよりは総合職よりになってしまう人も見かける

人を回すことが仕事になり、将来が不安になって出ていくのだが、そこで中くらいの規模帯の会社に入って今度は待遇の悪さに絶望する

転職するなら

巨大 → 大 ◯ よりプロジェクトに関われる

巨大 → 中小 × 待遇の悪さに驚く 30代くらいで世の中見えてきた頃ならいいかも? 

 

大 → 巨大 ◯ より職は安定する、リーダー的なポジションに付けば技術力も別の方向に伸びるのでは

大 → 中 ◯ リーダー職ならあり?

大 → 小 △ どん判

 

中 → 巨大 × あまり別世界

中 → 大 ◯ PL経験後にこの選択なら有りでは

中 → 小 △ フリーランスとかなら有りかも

 

小 → 巨大、大 × 死にたくなると思う

小 → 中 ◯ 歓迎されると思う

 

個人的な最適解

 

大に新卒

20代のうちに中に転職

30代で再び大に転職

フリーランスになり小〜巨大を行き来する

30代後半で中〜巨大の会社に潜り込む

  

もちろんこんな順調に行ってないけど?

2016-09-22

http://anond.hatelabo.jp/20160922224826

インスタントラーメンは「自炊」だろうか?

人によって意見はあるだろうが、ここでひとつ具体的なケースを挙げてみたい。



セブンイレブン一風堂カップ麺を買ってくるところを想像しよう。

カンに湯を沸かしながら、コンビニの袋からカップ麺を取り出す。容器を包むセロファンを破る。

蓋をめくった君が見るものは5つの小袋だ。

いかひとつやふたつじゃない。5つだ。

チャーシュー、かやく、粉末スープ、液体スープ、そして秘伝のたれ。これが今夜のレシピの"材料"だ。

君は日清の指示に従い、この5つを限られた時間の中で適切なタイミングで容器に投入する必要がある。



まず、チャーシューとかやくを麺の上に開ける。

それから沸騰した湯をその上から決まった線まで注ぐ。

蓋を閉じると同時にタイマーを起動しよう。3分間だ。即席麺作りにおいて、湯戻し時間絶対ルールだ。

この3分間をただぼんやり過ごしてはいけない。液体スープを蓋の上に置いて温める。これも指示通り。

蓋の温度によって油分が柔らかくなり、絞り出しやすくなるからな。日清はよく考えてる。

さて、3分経ったら忌々しい蓋を破り捨てるんだ。もうそれには用が無い。

セブンイレブン様が添付してくれた竹割り箸を使って、麺をよくほぐそう。先にスープを入れると麺がほぐれない。



問題はここからだ。

液体スープと粉末スープにはそれぞれ「食べる直前に入れてください」と書かれている。

それぞれの優先順位日清指定しなかった。入れたら完成、というわけだ。

だが、ここまで細かく「調理方法」を指定した奴らが、そんな些細な条件設定を怠るだろうか?

しかし、最終的にどちらを先に入れるかは君が決めないといけない。僕は粉末スープを先に入れる派閥だ。

君もきっと、迷いに迷いながらスープをお湯に入れるだろう。そういうものだ。

スープを溶かし、最後に秘伝のタレを加える。おめでとう、これで一風堂の赤玉の完成だ。

蓋を開けてから最後の袋を開けるまで、君は何分かかるだろうか?もしかしたら少し麺が伸びてないだろうか?



さて、改めて始めの疑問に戻ろう。

インスタントラーメンは「自炊」だろうか?「料理」だろうか?

もしも、「料理」の定義に「手間をかけること」が含まれているとすれば、

僕はインスタントラーメンを「自炊」と呼んで差し支え無いと思っている。

http://anond.hatelabo.jp/20160922214050

アドバイスが欲しいのであって、答えを求めていないのでは。

大人定義子供定義に関しても、

「読んだあなたが考える大人子供」を対象にした話を展開しているだけであって、

特に違和感はない。

40年前と40年後

俺が子供のころだから、40年くらいまえから少子高齢化と言われてて、結局解決できなかったわけだ。40年かかって解決できないのは、そうとう大きな問題なのか、それとも日本人(40年かかってるんだから日本人主語にしてもいいだろ)には、問題解決能力がなかったのか。結局、少子高齢化解決しようとする途中で儲け話がなかったからだろう。どうにも日本人は「儲け」がないと、それも目の前にないと動かないからな。

で、移民だそうだ。40年後の日本人が8000万人、とかいうけど、移民政策をとっておきながら「日本人」と言っちゃうんだから、心底なんにもわかってねぇなぁ。「移民」は日本人だろうが。これが現実になるまでには日本から去る「日本人」は多そうなので、どこかの時点から雪崩をうって人口が減っていきそうだ。

その時にも日本人定義とかやってそうだけどな。

意識高い」と「意識高い系」は違うっていうけどさ

各人が言うそれぞれの定義主観的すぎて、結局、「俺が気に入れば『意識高い』、気に入らなければ『意識高い系』」って話になってしまってるんじゃないかって思う

わかってないな。「店員駅員いじめスカッとする」っていうのも瞑想定義に含まれてるんだよ。

2016-09-20

http://anond.hatelabo.jp/20160920085240

いや、前の増田読んでみたけどやっぱりわからん

元増田もzuishoも相手意図を推測したその次の手で「議論停止語だ!」って決め付けてその実自分自身議論放棄してるから駄目なんだよw

「駄目」なのは「次の手」で「「議論停止語だ!」って決めつけ」ることでしょ?

やっぱり「議論停止語」の定義が駄目としか読み取れないぞ

http://anond.hatelabo.jp/20160920175954

それだけ読解力がないと日常生活にも支障をきたすレベルかと思うが一応解説するぞ。

恋人ですとも事前に定義されてなくて、ただの同級生って散々書いてた

まず「書いてた」のが、超越的な三人称書き手による語りなのか、それとも登場人物に擬した一人称語りなのか、それによって違う。

おそらく後者判断するが、前者の場合「事前定義」という言い方でもいいが、小説で多く用いられる後者場合一見定義に見える地の文は実は一人称語り手自身の心情描写だ。

芝居のト書きで「この人物主人公の単なる同級生である」と書いてあるなら「事前定義」だが、お前の友達が会話中に特定同級生のことを話題にして「まあ、ただの同級生なんだけどね」と言ったならそれは「事前定義」ではなく彼個人の心情の表現だ。分かるか?

さらにそれが「散々書いてた」という。この時点でもう気付きたい。

「ただの一同級生に過ぎない」というのが真なら、その同級生のことばかり何度も言及するのは不自然であり、明らかに矛盾する。ゆえに「ただの同級生」という発言は偽。

もう一歩進めれば、やや上級の読みとなる。

だが、一人称語り手が積極的に偽の情報を語るモチベーションがない(示されていない)。よって「自分自分感情に気付いていない」ことを表現していると推察できる。

自分自分感情を押し隠す理由としては、恐怖、嫌悪羞恥など自分が負と感じる状態に陥ることから自分を守ろうとしてあえて正視するのを避けている感情があると推測できるだろ。



バスに飛び乗ったら奥に座ってた同級生を見て急に動悸がして頬があつくなった

同級生を見て」「急に動悸が」と書いてあるんだから、「走ってきたせいやろ」という理解いかに不自然で読解力に欠けた読みか気付こう。走ってきたなら

・走った→動悸がした→見た

だろうが。だが、

・走った→見た→動悸がした

とわざわざ書いてあるんだから、間の可能性をすっ飛ばして「走った」と「動悸」を結びつけるのが無理ありすぎるだろ。先の言及状況と併せて考えてみても、素直に「同級生」理由と考えるべきだろ。



なんというか、増田個人青春恋愛状態距離を置くのは勝手だが、「そうあってほしい」という自分勝手な願望で周囲のさまざまなフラグを片っ端からへし折って読むべき文脈を全部無視してるだけだろ? 一般存在する青春やら恋愛やらの感情からいくら目を背けようとしても、一般理解できて当然な文脈とか行動が読めない人間扱いされて、この先社会との距離が開く一方だぞ。もう少し他人感情や行動原理に興味をもち寛容になった方がいい。つーかそれ自分非コミュであることから発生する問題現代文問題によって露呈しただけだろ。それを現代文問題すり替えたところで問題は何一つ解決してないからな?

現代文テスト小説青春恋愛ものとか出してくるのほんとやめてほしい。

恋人ですとも事前に定義されてなくて、ただの同級生って散々書いてたくせに、

バスに飛び乗ったら奥に座ってた同級生を見て急に動悸がして頬があつくなった理由を選べとか意味わからん

そんなもんバスに乗る前にお前が走ってきたせいやろって思ってしまう。次点で駆け込み見られてハズかったとかな。

でもそんなのは選択肢すらハナからなくて、なにがどうなったらそうなるのか理解が追いつかない選択肢ばかりが並ぶっていう。

結局、自分が一番「これはないわ」って思うやつ選べばほぼ全部正解するっていう方法だけ見つけて乗り切ってたけど、

あん選択肢たちが正解とされる世界が世の中の普通なのがマジで不可解。

安い風俗店

安い風俗店に行くと「よくもまぁ、ここまで揃いも揃って器量の悪いの揃えたなぁ。」と感心する。

そんなところに行くのは安物買いの銭失い。

どうせ風俗に行くなら高級な方がいい。

金額の話じゃないぞ?

上質な方がいいという意味だ。

上質な経験人間を高める。

風俗遊びをただのお遊びと考えるなかれ。

そして風俗に限らず全てのことに真剣になれるのが本物の人間だ。

本物の人間って、その定義って何だよ(笑)

http://anond.hatelabo.jp/20160919181429

「カップ」「コーン」と並べてみればわかるがどちらも形状を定義した言葉として対になっているのであり、コーンコーンでできている保証はない

議論停止語を定めたい

http://zuisho.hatenadiary.jp/entry/2016/09/15/222027

 

ああ、この視点すげぇ重要だわ

はてなの初期の頃から問題だと思ってたんだけど、議論最中で「お前相手を黙らせたいだけだろ」と思うキーワードを発する奴がいて

これらのワードが出てきたら大抵生産性のない泥仕合しかならないんだわ。具体的には

  • まず踏みつけている足をどけろ
  • 「優しくお願いしないと話を聞かないよ」と表明するのは差別再生産だ(もしくは甘えだ)
  • マジョリティに対して行う行為差別とは定義されない

まだあるのかもしれないけど。

この手のワード相手の話の中身に関係なく話の流れを否定してしまうので泥仕合になるんだと思う

 

twitter見てるとわかるけど、どうせナコルル問題のあとは聲の形をダシにあーだこーだ言うようになるんだろ

そんなときにはこれらのワード使うやつを丁寧に排除したい

2016-09-19

http://anond.hatelabo.jp/20160919121852

煽りでもなんでもなく聞きたいんだが

いじめってだいたいそれじゃね?

いじめ定義はそれで尽きているような

http://anond.hatelabo.jp/20160918212554

共通話題でなければ商品としての寿命と厚みを持たせる事ができないか



古参マニアカテゴリ潰すっての話題になったじゃん



エンディングが二つあったとして 違いをみつけるヒーローがでて話題になる

どっちもみると どっちかしかみない にわかれる

終末への到達導入に関して定義をしだす それが伸びてほぼ全編の価値が分かれる

双方を攻撃することで自己肯定するようになる 攻撃をやめて和平をもとめて 双方とも消滅する

消滅したあとは その話題を出すと「すでに昔おわってる話」として叩き埋められる


そういう商品の売り方を 市場形成者は望んでなかっただけでは


黒歴史消したいときアナザーバージョンみたいなのを出していけば消せるってのは

エヴァンゲリオンとかあとなんかその他みたいなのとかあるし

http://anond.hatelabo.jp/20160919052335

「私は何事も、自分が納得がいくまで突き詰めるタイプで」

趣味でも、スポーツでも、そのときどきに目の前にあることにたいして打ち込んできました。」

「たとえば…」



でいいじゃねーか。

「何に打ち込んできましたか」つーのは、「なんか面白いことしゃべれ」くらいの意味だよ。

「打ち込む」の定義とかどうでもいいんだよ。



しろ、たとえば「サボテンの育成にひたすら打ち込んできました。そもそもサボテンとは…」みたいな「本当に『打ち込んだ』と言えること」を延々と話し始めたら、次には「その経験から得たスキルは当社であなたが働くうえでどのような役に立ちますか」という冷たい二の矢が飛んでくるんだぞ。

セカイ系なんて嘘さ

セカイ系」という言葉の由来を調べると、個人ブログ記事に載った幾原邦彦発言にたどり着く

http://blog.livedoor.jp/personap21/archives/53990398.html

http://kanshari.blog.fc2.com/blog-entry-15.html

幾原 何をもって漫画というのかっていうのははっきり言えないんだけど、ひとつには、ものすごい近いところと、ものすごく遠いところしか描かないって事があげられる。最近歌謡曲って、みんなそうじゃない。彼のYシャツがどうとかという身近なところか、あとは宇宙の果てとかっていう、想像しか語れない遠いところしか歌わない。中間やばい距離の部分は絶対に歌わない。それは漫画世界だろうって思う。



セカイ系と呼ばれる二大アニメエヴァ」と「ウテナ」を作った監督たちが、まず初めにセカイ系定義を語っていたのだ

しかしその定義はもちろんセカイ系という言葉に向けて語られたのではない

その定義は「漫画」に向けて使われている

ここでいう「漫画」とは当然コミックのことを言うのではなく、そこから派生した文化であるアニメなども含めた意味だろう

もっと言えば「いわゆるオタクコンテンツ」のことで、劇画だとかアートアニメーションは含まれない。


そう、エヴァウテナ以前から漫画アニメセカイ系だったのだ

そりゃそうだ

元来漫画アニメ対象であった子供達には、ややっこしい社会の部分など分からず、

求めるのは感情移入できる魅力的なキャラクターと、画面を覆う大スペクタクルである

極端な話、東映大長編時代からこちら、アニメの大半は「子供世界を救う話」なのだ


この言葉を使ってポストエヴァゼロ年代などと批評していた連中は

「都会のカラスは黒い!」とか「女には目が二つある!」などと喚いていたようなものなのである

2016-09-18

http://anond.hatelabo.jp/20160917071757

本人が印象操作をやるつもりがなくても、無意識のうちにやってしまうことはある。中でも引用編集という作業はそのリスクが大きい。

それを指摘されたらすなおに謝れよ、って話だわな。

  

ちなみに、はてこはゲーム会社への嘆願書で、「アイヌ殺す」のツイートに関して

大阪市ヘイトスピーチへの対処に関する条例」の以下に該当する明白なヘイトスピーチです

という非難を加えていた。それが誤りだとツッコまれたら、今度はこんなことを言いだした。

大阪市条例に該当するからヘイトスピーチだ、該当しなければそうではないということではなく、定義理解してもらうための参考例。

http://kutabirehateko.hateblo.jp/entry/2016/09/15/073000

こいつ、何で開き直ってるんだ?? お前は最初、ただのヘイトスピーチとは言ってなくて、条例違反ヘイトスピーチと断定していたよね??

そこを条例違反じゃないとツッコまれたなら、せめてその部分だけは非を認めて訂正しろよwwwww

2016-09-17

http://anond.hatelabo.jp/20160917221156

なんで新書って名前なんだろう……定義サイズなのに名前と見合ってなくない? まあ別に理由があってもなくてもどうでもいいんだけど単純にわかりにくいなって思って。

IT業界問題がいつも話題になるけど本当の問題をみんな勘違いしていると思う。

度重なる顧客から仕様変更

プロジェクトスタート時の見積もりの甘さ。

品質の低さによるバグの頻発。

ゴールの見えない仕事と重圧により耐えられなくなったメンバー病欠離脱

それらがまた品質の低さと遅延の原因になる。

デスマーチなんてよく言われてるけれどもね。

IT業界の人は言う。

これらの原因は無茶なことを要求する顧客のせいであり、技術的な知識がないから実現すべきことが簡単にできると思っている客先の業務担当者のせいであり、そんな無茶な客と契約してしま営業営業から降りてきた案件を大して精査せずに受け入れてしまプロジェクトマネージャーのせいだと。

でもちょっと待ってほしい。

それらの問題は本当に相手側にあるのか。

もっとうまくやる方法はなかったのかと思っちゃうんだよね。

例えば契約締結後の仕様変更。ここで理不尽要求があったのなら法廷闘争レベルに持っていける事柄でないだろうか。

契約書と見比べて明らかに追加案件ならば追加工数と追加スケジュールをもらうべきであり、その交渉をするべきなんだよ。

そのためには自分が参画するプロジェクト要件定義やその背景の資料、そして契約書の内容把握が必須だし、客先から要求を受け入れるかどうかの判断を現状を鑑みて営業相談する、そしてそこで受け入れるかどうかを決める。さらにそのためには営業とのコミュニケーション普段から取っておく、信頼関係や定期的なコネクションを作っておく必要があるはずだ。開発で毎日忙しいのにどうやってそんなことをすればいいのか、と思うかもしれないけれども実際は可能だと思う。自社内イベントは何のためにあるのかという話。ただ楽しく同僚と飲み食いする場ではもちろんないんだよ。普段現場では話せない別の部署や別の職種、別のプロジェクトの人、偉い人とコネクションを作るための時間なんだよ。

客先の案件を断ることができるのは非常に能力の高い人間の証。その効果は単にプロジェクトを守るだけでなく会社利益率や稼働効率を高めることに直結する。会社利益率の悪いプロジェクト人員を割くよりは利益率の高いプロジェクト人員を割きたいのだ。メンバーとして入ったとしてもこの流れをマネージャーが行っているか、行っていないなら行う様にする必要がある。

見積もりの甘さがプロジェクトの遅延を招くことに対しても対策は多い。メンバーとして後から入った場合にすることは見積もりの根拠を聞くこと。そこに整合性があるかを判断しておく。また、過去同類プロジェクト比較して多寡をはかる。

問題を提起している人はいるがその問題を教訓にして共有情資産にして次回からプロジェクト運営に生かしました。という話は聞かない。でもそういうことって大手SIコンサル会社などではもちろん当然に行われている。

地頭が悪く、学歴も低く、コミュニケーション力も低い、顧客営業その他の理不尽要求を突っぱねる度胸もない。

そんな奴はIT業界に限らずどんな環境でも仕事ができない人間だろう。

そんな奴は社会では奴隷のような扱いを受けるしかない。

使う側からすればそんな奴は非常に低い評価をすることでしか取引相手とはならない。

下請けのパーツとしても会社労働力としても魅力的な要素がない。だから競争力がない。

他の人と比べて秀でている部分があれば別の取引先、別の会社で雇ってもらうとか選択肢が生まれるはずだけどそれ自体持っていないからね。

なぜか一部の人日本IT業界比較してアメリカはこんなにも素晴らしくIT技術者年収は1千万や2千万を超えることも珍しくないと言い出す。しかし彼らはどういう仕事をしており、どういう人間であるかを考えたことはあるだろうか。

彼らは一流の大学大学院を出て最先端技術とその運用方法ビジネス的に効率の高い応用を実装する力があり、その力をクライアントに認めさせる力がある。クライアント会社側がそれを理解することができない位本人とのレベルの差がある場合、すぐに起業して自分の力を発揮する場所自分で作り出す。これだけのコミュニケーション力、ビジネス力、行動力が備わっているからこそ高い条件で雇われることができる。それはつまり交渉力があるってこと。国によって業界構造が悪いなどと問題すり替えをしてしまうけど、もし日本技術者相対的低賃金で高いアウトプットができるのならばアメリカ仕事をアウトソースする形で日本仕事が割り当てられるようになるはず。そんな機会をアメリカの利害に聡い経営層が見逃すはずがない。それがないということは何を示すかということ。

価値のない人間が現状をわめいても現状が変わるわけもなく、むしろより強固になるだけだということに気付いた方がいい。