「いっき」を含む日記 RSS

はてなキーワード: いっきとは

2017-02-23

世の中すごい人っていっぱいいるな

自分クリエイティブ職で制作側の人間だったから昔から営業畑の人とは気が合わなくて衝突ばっかりだったんだけど、

ついこの間入ってきた40半ばの営業バランス感覚すごすぎて男なのに惚れそう。

一見ヘコヘコタイプっぽく見えるんだけど、クライアントから要望ジャブは軽く受けて、思いっきりのストレートは綺麗にさばくんだよね

こういうのってどう伝えたらいいのか分からないんだけど、言葉使いとか態度とかかなりのウェットタイプだけどマウントは取らせないというか

人間関係バランス感覚ってどう養うんだろ

2017-02-20

一人暮らしが怖い

実家に住み続けるのが良くないので(自立できない、親や親戚には感謝しているがそりが合わない)

一人暮らしを決意した。

親共一人暮らし経験が無いため、一人暮らしに関しては不安な面しか告げられていない為か一人暮らしが怖すぎる。

調べてみても犯罪被害や住居、治安への不満ばかり気にしてしまう。

一人暮らしして良いことって何かあるのかな?

今は自室らしい自室もないので、思いっきり声出して泣いたり

親の目を気にせず好きな衣服(派手な趣味があるわけじゃない)、好きな物、好きな家具を揃えられたりしそうなのが楽しみ

追記

お金心配されてるけど正直心もとないし初期費用は両親に少し借りる

時間お金もしばらくはずっとギリギリだろうけど暮らしていけないほどじゃなさそう

やっぱり金銭面も怖いね

マスコミの酷さに絶句した

昨年あたりから文春砲」などと呼ばれて、スクープ記事を連発して持ち上げられることの多い週刊文春

だが、一方で言語道断とすら言える酷い記事掲載してきたのもまた週刊文春であることを忘れてはならない。中には名誉を著しく傷つけられて自殺に追いやられた人までいるのだ(聖嶽問題

そんな酷い記事の中に、平成15年に起きた福岡市「教師によるいじめ」事件がある。

上記リンク先のWikipediaにも詳しいが、事件の全容を記述した「でっちあげ」(福田ますみ著 新潮社)を読んで驚愕真相に戦慄さえ覚えた。

週刊文春記事で「殺人教師」と呼ばれ、児童に対する恐るべき虐待を行なったとされる川上譲(仮名)は、平成25年、事件発生から10年経ってやっと冤罪が晴れたそうである

実は、私も微かにそんなマスコミ報道に接した記憶があった。それが週刊文春であったのか朝日新聞であったのかは覚えてないが、報道に接して「酷い教師も世の中にはいるんだなぁ」のような感想を持ったように思う。

その後、民事裁判を通じてそれが冤罪であることがどんどんと暴かれていき、ついには福岡市人事委員会教師に対して完全無罪が言い渡されたのである、などと言うことは全く知らなかった。

まず驚くべきは何と言っても、児童の両親、と言うより母親の超絶モンスターペアレントぶりである。正直言って、本の前半を読みつつ「あまり教師側に偏りすぎてない?」と疑心暗鬼もあったのだけど、それくらい信じがたいほどの虚言のオンパレード

私も子持ちだから、我が子の学校モンペが色々といるくらいの話は身近に聞いてるし、マスコミやらネットなどでも色々と情報は得てはいたが、ここまでの超絶虚言癖モンスターペアレントは聞いたことがない。

そもそも、この教師、多分この本に書いてあるほぼその通りの人物だと思うけど、全く罪がないのである。ほんの僅かに当該児童を手の甲で叩いただけと言うような、その当該児童が別の児童暴力を振るっていたので、痛さを教えるつもりでやったことがある程度。ごくごく普通教育範囲である

それが、この児童の母、浅川和子(仮名)にかかると、根も葉もない作り話を大々的に付加されて極悪教師にされてしまうのだ。父親の方もとんでもない奴だが存在感ほとんどないのでどうでもいい。

ともかく、一般的モンスターペアレントが話をただ大げさに言うだけなのに対し、この浅川和子は思いっきでっちあげ捏造話を大々的に作り上げて、強硬なまでにありもしない被害を訴えて、遂にはありもしないPTSDなどと言う児童の症状まででっちあげ、病院に我が子を入院までさせ(これがあまりの元気っぷりなことが書かれたカルテ裁判公表されて思わず笑ってしまう)、遂にはなんと驚くなかれ550人もの弁護団を結成させて教師福岡市相手民事訴訟まで起こすのだから、そのモンペレベルの超絶ぶりが如何に凄まじいもの絶句せざるを得ないほどなのだ

 

と言うわけで、このモンペは本当に酷いのだけど、それ以上に酷いのがマスコミである

まんまと浅川和子の話をそのまま真に受け、ほとんど裏取り調査などすることもなく、いじめ事実を疑うことなど微塵もなしに、教師名誉を著しく傷つけるだけの記事掲載して売ったのだ。

中でも最も酷いのが週刊文春である。何たってタイトルが「史上最悪の『殺人教師』」だ。記事執筆者西岡研介は後になっても誤りを全く認めず、「自身記事が大筋において正しいことをアピール」していたそうだが、「でっちあげ」著者の福田ますみが丹念に調べ上げたような後追い取材すらしていない。

他、朝日新聞毎日西日本新聞なども酷いのだが、福田ますみが本書で書いたように、あの松本サリン事件で散々批判されたはずなのに全く反省などしていなかったと言わざるを得ない。

ちょっと取材したら、おかしいことは気付けたはずなのだ。以前から浅川家は悪評が立っていたとか、教師いじめを他の大人は誰も見てなかったとか。

一体全体、もし万が一、それが冤罪だったとしたら?、・・・とは露ほどにも考えないのか?

報道とは、ジャーナリズムとは、事の真相に迫ろうとする姿勢が最も大切なことではなかったのか?

マスコミの全部が悪いとは言わないけど、マスコミの酷い部分はどうやってもなくならないのか、残念でならない。

2017-02-16

なぜバイオハザード7と仁王が国内で売れなかったのか

売上       初週   2週目  3週目

バイオハザード7 187,306  52,665  22,338

仁王       75,477

メタスコア

バイオハザード7 85 (user7.7)

仁王       87 (user9.0)

バイオハザード7の前作、バイオハザード6は初週で約63万本売り上げている。

しかし、国内ではバイオとしてあまり売れたとは言えない結果となった。

仁王は新規IPながらUKチャートで2位、米アマゾンでは売り切れになるヒットを飛ばしている。

国内アマゾンでも品切れになった。品切れはソフトの評判が良いときに起こりうる。

しかし、裏を返せば期待値が少なかった、つまり約数が少なかったのだ。

この2つのソフトはとても素晴らしいゲームだ。

バイオハザード7は最上級ホラー体験提供してくれたし、

仁王は日本が開発するサムライゲームとしての地位を無二のものにしてくれた。

両者のソフトメタスコアがその完成度を物語っている。

しかし、国内では余り売れなかった。

その原因はキャラクターにあるのだと私は思う。

あなたゲームを購入するかどうか、何で判断しますか?

公式サイトを観る? プレイ動画を観る? ゲーム雑誌を観る?

勿論他にも色んな選択肢がある。

しかし、多くの人が最初に知りたいのはどんなキャラクターが登場するのか、ではないだろうか?

キャラクターといっても主人公とその仲間だけではない。敵やボスも含まれる。

バイオハザード7と仁王はそのキャラクター性が乏しい、というよりもそもそもキャラゲー要素を排除している。

バイオハザード7で話題になった「ファミパン」という言葉がある。

ただのキチガイ親父を「お前は家族だ」とパンチする家族思いの愉快な親父というキャラクターユーザーが仕立て上げたのだ。

それは結果的国内ではプラスになったと思う。ただのホラーゲームではなく、一部の人にはキャラゲーとして浸透することができた。

仁王は主人公外人というのもあるが、思いっき現代寄りのため、そもそもキャラクター差別化を付けるのは難しい。差別化を付けるとしたら妖怪ボスだ。だが余りにもファンタジー的なボスを出すと世界観崩壊してしまう。それ故に人型のボスが多かったのは仕方ないのかもしれない。


結論

国内ゲーム需要はかなり複雑化しているように思える。

PS4にはもうライトユーザーがいないと言われているが、実際そんなことはない。

ペルソナ5が売れまくっているし、おそらく二―アもそれなりに売れる。

一方でそのようなキャラゲーを好まない人もいる。

AAA級の洋ゲーFIFAなどのスポーツゲーを長く遊ぶ遊んでいる層もいる。

しかし、結果的に見れば日本にはライトゲームを望む人が多いように感じる。

これはもう今のスマホゲーを見ても同じだ。コンシューマスマホゲーはある意味で似ている。

ゲームに金払うよりキャラクターに金払うのが楽なのだ

勿論コンシューマPCゲームの方がゲームとしての面白さは圧倒的に上であることは言うまでもないが、国内ユーザーゲームとしての面白いかどうかを見極める前に、キャラが好まれるかどうかのハードルが高すぎるのだ。これはアニメ漫画文化の影響でハードルが爆上げされている。

バイオハザード7と仁王はとても面白いゲームだ。海外で売れるだろうから何も心配することはないかもしれない。

しかし、”ゲームとして”面白いゲームももっと日本で盛り上がってもいいのではと……ただの独り言です。。。

2017-02-09

風俗行ったり行かなかったりしているんだけど、その時時で自分の中で種類にブームがある。

20代の頃はじめてヘルスに行って手コキでも金を払えば女性と肌を合わせ射精できる、とのことにものすごく感動した。現実世界でも色恋沙汰が無いわけじゃないけど、異性は色々気を使うことが多すぎるし快楽気遣いを同時に進行するのがめちゃくちゃ面倒なので射精だけに特価したサービスが恒常的に全国に偏在している日本素晴らしいと思うことが多々ある。60k払って思い切って中出しOKソープ行ったりもしたけど最近はそこまで気合入ってないので30代になってからエッチサービス交渉次第であるjk的な何かにハマっている。ヘルスしろソープしろ金額が高ければ高いほどサービス容姿は良くなる。しかし、サービスの良い店で若くて可愛い子といたすとなるとかなりハードルは高くなってくる。思いっきりやれるところで30k程度ではせいぜいちょっと見た目が悪くないおばちゃんが出て来る程度だ。60k80k出さないと厳しい。その点、ピンサロやらマッサージ系やらのゆるいちょいエロサービスは1kくらいでかなりかわいくて若い子となんか色々できる。最近アキバあたりでそういう店であれしてハマった。twitterとかで自撮りあげてる調子乗ってるレイヤーっぽい子ってなんでこんなに可愛くて自分好きな奴ばっかりなんだって呆れるけど、そういう感じの子が多い。オタク理解ある子やオタっぽい子も最近はたくさんいて、ゆるく最近アニメの話とかしながら手コキしてもらったりして最高に興奮する。まどマギ見てる子の多さよ、あと杏子生き方共感するこの多さ、三人くらい会った。サービスでも営業でも自分現実生活と切り離してこういう享楽にふけることができることに感謝する、あと生きてることに感謝

2017-01-22

高認スレにわざわざ荒らしに来る引きこもりキモ大豚きめえ

高認受けるやつが嫌いなのかなんなのか知らんがわざわざ書き込みにくんなよ笑

お前に反応した人とか高認受ける人に対して豚だとか負け組だとか思いっきり間違った事言ってたけど自分が豚で負け組人間だということに気がつかないのかな?wブーメラン発言してて恥ずかしくないの?ww

あいうやつは高卒とか自称してるが真っ赤な嘘。ただのキチガイ

2017-01-20

おもいっきりねらったネタブクマかせいでもぜんぜんうれしくないんだよな

本心じゃないから、ニセモノの文章にこぞってブクマしてるこいつら・・・って冷めて見てしま

でも自分本心かいたやつにたくさんブクマついたらうれしい

増田なんてそんなもんだね

権力に楽しく媚びたい

自分と同じ高校卒業した、一個上の顔がいい女がロクでもないテレビ番組にでていた。

自分学校彼女を見たことがある。

今、ネット彼女モニター越しで見ると涙が溢れでてくる。

彼女はとても偏差値の高い大学に通っているようだ。

彼女が出ていたテレビ番組は、とてもロクでもない内容であり自分の考えとは真逆の内容だった。

ある一地方の非常に大きな問題に対して真剣に向き合っている人間冒涜しているとすら思った。

彼女が、そんなテレビ番組に出演していてどのような発言をしているのか知らないが、恐らく明らかにはみ出た意見なんか言えるような内容ではなさそうだ。

多分、多かれ少なかれ頷いたり、笑っていたのだろう。

彼女SNSを覗いたら、意識高い感じのフェミニズム書き込みを共有したりしている。

自分には、権力に寄り添った容姿が良い恵まれ人間の戯言にしか見えない。

ある一定以上の容姿の女っていうのは結局のところ革新やらとてつもない屈辱というものなんかなくて、権力をしゃぶって自己顕示欲を満たし、うまく生きていくことしか考えてないように感じる。

あぁ、自分がある地方問題に目を配ったつもりになっているのは、所詮自分容姿が醜いからだろう。

容姿が良ければ、こんなことなくて権力に思いっきり媚びて、楽しく生きる。

それだけのことなのだろう。

2017-01-19

2016年7~12月日記振り返り

上位10位の日記一覧 ブクマ数順



154users anond:20160706082016

人気コメントでも1位になろうとしたがさっぱり



23users anond:20161128002917

結局実家でひときれ食っただけ



22users anond:20160928080140

(ありがとう)



20users anond:20161229094241

これ書いた時には治ってました



18users anond:20160727183553

いっきり元気だった



18users anond:20160928011540

ママ



14users anond:20160827002434

最近食べてない



11users anond:20160902193356

結婚前夜はい人間から糞するだろうなと思って書いた



1 0users anond:20161005120519

最近これ書いてないな



1 0users anond:20161209101302

真人間になるぞ




1~6月の方がブクマ多かった。多かったとは言ってもプロ増田のあの人と比べたらゴミみたいなもんだけど。

個人的に思い出に残っているのは、おなかすいたの人がブクマしてくれたこの増田

9users anond:20160711191724

2017-01-15

消えた下痢

お腹ゴロゴロしてたのに屁を思いっきりこいたら、うんこを漏らしてしまった。

うわぁ~、やっちまった…と恥辱と後悔にまみれてとりあえずトイレに行ってパンツを下げたらそれはそれは綺麗なパンツだった。

おかしい。絶対漏れたと思ったのに。その証拠に、屁をこいた瞬間に肛門の体温が尋常ならざるほど上昇したし、オナラの音も「ブーッ」という気持ちいい音ではなく「ピュ~ヤァ」という下痢便特有の情けないものだった。確かに尻にねっとりと何かがついてる感触があった。

きっとこれは、先週珍しく募金をしてみた僕の善行神様が見ていてくれたんだろう。神様下痢を消し去ってくれたんだ。ありがとう神様

新年半月にして既にはてサが失点積み重ねてて笑える

まなざし村として皮肉られてた「自分らの主張がきちんと自分らを含む全員に適用されたら」

が思いっきり実現してんじゃねーかw

2017-01-10

日本人生産性が悪いってこういうことじゃね?

日本場合

優秀なヤツ「これからはAが来ます! Aを取り入れたサービスを展開すべきです!」

上司「そんなもん根拠ないだろ。何か資料持ってこい!」

優秀なヤツ「一応こういうデータがありました。あと別会社の取ったアンケート結果も」

上司「これだと、Bがいいとも取れるぞ。そのアンケートも前提が曖昧だ」

優秀なヤツ「独自アンケート取ってみました。」

上司「よし、じゃあ上程してみるから資料作っておけ」

優秀なヤツ「できました!」

上司「不備があるからこことここ直して。あとここの言い方、引っかかるから表現変えておいて。」

上司「根回ししておくからちょっと一緒に来い」

上司部長はこの部分のリスクが引っかかっていたから、修正案考えておいて」

上司承認取れたぞ。4月から予算とれたからやってみろ」

優秀なヤツ「」



と、ここまでやらないとやらせてもらえない。本筋とは関係ない社内調整で追われ、それができないと何も新しいことができない。


生産性の高い国の場合(妄想)

優秀なヤツ「これからはAが来ます! Aを取り入れたサービスを展開すべきです!」

上司「よし、お前がそう思うならやってみろ。失敗しても会社としても知見が貯まるからいっきりやってみろ」


もちろん毎回都合よくこんな簡単にいくわけはないが、少なくとも日本よりマシだと思う。



## 追記

正直、半分愚痴で書いたんだが、そこそこブクマついてて驚いた。

IT系なんだけど、尊敬していた上司が、「こんな社内調整をやるためにこの会社に入ったんじゃない」

と残し辞めていった。

生産性の話で言いたかったのは、新しいことにチャレンジしていかないと従来の延長線上でしかなく、劇的な成長は見込めないが、

過度な社内調コストがあると、先見の明がある人はやる気をなくしてどこかへ行ってしまうということ。

## 追記2

ブコメを読んで何が本音だったかを考えると、

何でこんなに技術的知見を持った俺の意見採用されるのにこんなに時間がかかるんだよ、という愚痴に尽きる。

海外スタートアップ方法論を学んでから入社した。色々作ったり勉強した結果、ある分野では外部からそこそこ認められるようになった。

でも社内で色々やろうとすると、社内調整だらけでうんざりした。もっと本質的議論を重ねて、世界を驚かすものを作りたいのに。

こう思う俺は、起業スタートアップにでも行くべきなんだろう。

ちなみに、「こんなの作ってみたんですけど、どうですか」はよく使う。

2017-01-08

アニメ業界に同情するな

当事者からひしひし感じるけど、結局アニメ業界人間ってのは甘ちゃんなんだよな

商業クリエイターやるならビジネスライクにやらなきゃいけないのに

それが嫌で作家性だとかやりたい仕事ができるような環境を求めている

芸術家産業の間にある曖昧業界で、一生モラトリアム続けて適当にやってきたいロクデナシの集まりなんだよ

海外アニメ製作会社は割り切ってやってるから仕事やりがいが少ない代わりにまともに働ける

日本アニメだって、止絵で持たせたり総集編挟んだりしながらおもちゃ宣伝をやってた頃はもうちょっと環境もマシだった

それが段々ガイナックス代表されるようなアニメ作りが好きで好きでしょうがないという連中が入ってきてからおかしくなったんだ

80年代アニメーター仕事とか、ちやほやされていい気になってるけどあんなんただのダンピング

よくアニメ業界賃金の低さの元凶に手塚治虫が挙げられるが、

その予算の中で勝手に頑張って勝手アニメ要求されるハードルを引き上げたのはその後の世代人間

そいつらの大半は売れる作品を作ろうなんて考えは毛頭ない、自分気持ちよくなりたいということで頭がいっぱいのやつらだ。

注釈しておくとエヴァブランドを思いっき活用してる庵野はよくやっている。しかし抜け殻のガイナックスがどうなってるかを見れば分かるだろ。

マニア評価されるもん作っててもしょうがねえんだよ。そんなもん1作たりとも作ってはならない。

すべての作品でヒットを狙うつもりで作らなきゃいけない。

だけどヒット作で儲けた金をオナニー作品でチャラにしてしま会社が大半なんだ。

搾取するまでもなく、やりがいだけで仕事選んでる連中なんだよ。

どれだけ待遇が悪くても、自分たちが好きなアニメを作れなきゃ生きてる意味がないという狂人連中なんだ。

しかしそれはただの自己満足だ。そんなのは商売としても芸術としても間違っていて、そこを間違えるから人が死ぬんだ。

結局アニメクリエイターたちが誰かに搾取されてるなんてことはない。自分たち同士で互いに首を絞めて苦しんでるだけなんだ。

しか本来それを止めるべきプロデューサーやらスポンサーまで一緒になって首絞め大会に参加してるから手に負えない。

から下までそんな調子で本当に救えないので、下手に同情するのは本当に無駄だ。

このキチガイだらけの戦場で、どうにか自分正気を失わないで少しでも状況を変えたいが、見限る方が早い予感しかしていない。

ノンケ男だが男に恋してしまたかもしれない

頭悪いか文章変なところあるかも。

今までは自分性別について深く考えたことなんてなかった。

あたりまえに俺は男で、女の子が好きだった。

大学に入って、文化系のゆるいサークルに入った。

大学公認団体から部室はあるけど、実質ほとんど何もしてない。

暇なときに部室に行けば、だいたい1人か2人はいて、グダグダするだけ、みたいな。

ある先輩がいた(というか今もいるが)。

肌が特別綺麗だったり、体毛が特別薄いということはない。

というか、そもそも彼女がいる、普通にノンケの先輩。

でも、俺は最初からその先輩に違和感があった。

男なんてみんな男にしか見えないんだけど、その先輩は男にどうしても見えなかった。

かといって女に見えるわけでもない。果てしなく中性的な印象があった。

女っぽいのではない、男っぽくないのだ。

ただ、一つその先輩に特徴的だったのは、異様にコミュ力があるということ。

初めて出会った人と一瞬で仲良くなってしまう。

妙な口説き癖があって、女の子に対して「本当にかわいいよね」「付き合わない?」と平気で言う。

もちろん全部冗談だし、そういう言動冗談として許容される不思議さがある。

男すら口説くほどで、俺も何度か「お前ほんとにきれいな顔してるな~」とか「お前とならベロチューできるわ」とか言われた(シラフで)。

そのたびに妙にドキドキしてしま自分がいたけれど、気にしていなかった。

言い忘れてたけど今1年生なんだけど、決定的なのは去年の忘年会だった。

大して強くもないのにお酒を飲みまくった先輩は、べろべろに酔っていた。

たまたま隣の席だったんだけど、先輩がやたらさわってくる。

最初は肩とか腕を掴まれる程度だったけれど、次第に服の中に手を入れて背中お腹や胸を触られたり、おもいっきり抱きしめられたりするようになった。

最初は「やめてくださいよ~w」って言いながら軽く抵抗していたものの、なんども触られるうちにだんだんこっちも気持ちよくなってきてしまって、「ああ、もうこのまま身を任せてしまおうか」という気持ちになってきた。

まあそんなこんなで飲み会は終わったんだけど、結局年末年始はずっと先輩の手つきのことが忘れられずに一人で悶々としていた。

たとえば好きな女の子にさわられてしまったときみたいなドキドキした甘酸っぱい気持ちと性欲が混じったようなものじゃなくて、こう、思い出すたびにため息がでて、うっとりした気持ちになってしまうような。

こんなことが今までになかったから、本当にこれがどういう気持ちなのか、自分でも分からない。

例えば女の子を好きになったときって、そりゃあセックスしたいという気持ちがあるのは当たり前なんだけど、そういうのでもない。

あーでも、先輩に求められたら受け入れてしまうだろうなあとは思う。こっちから求める感じはないけど、求められたらとても嬉しいと思う。

1月5日から授業が始まって、部室に行ったらその先輩だけがいて、2人で1時間くらいグダグダして帰宅した。

その時間が異常に幸福で、うっとりするほど美しく感じられて、もう俺は駄目かもしれない、この人のものなのかもと思いながらこの文章を書いている。

男なのに、みたいな抵抗がありそうなものだけれど、そういうものが一切なくて自然にその先輩が好きだから駄目なのだ。。。

2017-01-05

猫カフェで得た、「圧倒的な優越感」

今日は、4歳10か月の、ほぼ雑種和猫に指を思いっきり舐められた。



…ごめん、あと誰かよろしく。

2017-01-04

結婚で得た、「圧倒的な優越感」

今日は、3◯歳数か月の、ほぼ専業のパート主婦アナルを思いっきり舐めさせた。

かつては広瀬すず並みの美少女JKだった。

メンヘラバンギャだった頃にリストカットしながら好き好きセックスしたこともある。

いまは人妻で、毎回、中田氏だ。

  

無名ファッションモデル雑誌モデルだったこともある。

10代向けのファッションモデルだったこともある。

いろんなファッションの店の店員だったこともある。

身長は160センチだ。

    

この圧倒的な勝利感を持って、街を歩く。

俺は、あのイケメンよりいい女を抱いた。

俺はあのブサメン大事そうにつれている女よりいい女を抱いた。

あのチビ男が連れているでかい女よりいい女とやった。

あのメンヘラバンギャよりかわいい女とやった。

あの大学の女よりいい女とやった。

あの店の店員よりいい女とやった。

    

しかし、分かる。

 

俺は、彼女の「60年」を買っただけで。

彼女を何も手に入れていない。

  

トロールデブおばあちゃん(68歳)になっても、妻とやりたい。

http://anond.hatelabo.jp/20170104231242

風俗で得た、「圧倒的な優越感」

今日は、18歳数か月の、ほぼJKハーフアナルを思いっきり舐めさせた。

広瀬すず並みの美少女セックスしたこともある。

人妻中田氏したこともある。

メンヘラバンギャリストカットしながら好き好きさせながらセックスしたこともある。

トロールデブおばあちゃん(68歳)とやったこともある。

有名ファッションモデル雑誌モデルとやったこともある。

10代向けのファッションモデルともやったことある

いろんなファッションの店の店員ともやったことある

180センチの女とやったこともある。

140センチの女とやったこともある。

  

この圧倒的な勝利感を持って、街を歩く。

俺は、あのイケメンよりいい女を抱いた。

俺はあのブサメン大事そうにつれている女よりいい女を抱いた。

あのチビ男が連れているでかい女よりでかい女とやった。

あのメンヘラバンギャよりかわいい女とやった

あの大学の女ともやった。

あの店の店員ともやった。

俺がやったファッションモデル雑誌普通に乗っている。

  

しかし、分かる。

俺は、彼女たちの「60分」なりを買っただけで。

彼女達を何も手に入れていない。

2017-01-03

安倍総理自民党議員人殺しだね。だって戦争して思いっきり人を殺したいんでしょ。 旧日本軍による虐殺を絶賛してる靖国にも金銭供与

安倍総理自民党議員人殺しだね。だって戦争して思いっきり人を殺したいんでしょ。 旧日本軍による虐殺を絶賛してる靖国にも金銭供与

2016-12-30

増田よりも、底辺マイルドヤンキーといるほうが楽しいと思う

底辺マイルドヤンキーってのはともすれば

意識が高く意地悪い増田たちにぶっ叩かれまくる天敵だろう

かく言う自分はてブ界に住む増田の一人でもある。

ポリコレステマ批判精神はカウボーイが銃を持つようなものだろう。

自分もそれらを帯同する「良識的で善良な」圧倒的増田である

ヒョンなことから、付き合いで底辺界に住むマイルドヤンキーたちと

接触することが増えた。

底辺界の住人たちは、増田が心底憎み、目を合わせてはならない生物である

例えば子育ての話では、10代や20そこそこで何人も出産しているようなマイルドヤンキー達は

不幸の再生産を行う非国民のような扱いだ。

今年は付き合いでキャバクラガールズバーに行くようになったのだが

そこで働いている女の子は「訳あり」な人が割りといる。

例えば客先の営業に連れて行かれた、ビキニバーにいる20歳の巨乳美人ギャル

そのクビレから想像できなかったが、二人の子持ちである

インスタグラムに連絡先を自動同期していたから、その子アカウント勝手おすすめされ

中を見たら両腕にヤクザ系のスミを入れた不細工旦那が見れた。

ここ1ヶ月でボチボチ行くようになったガールズバー店員(清楚系ギャルというのがピッタリ)は

ぶっ飛んでいるぐらい酒が強く、プライベートでも朝まで飲んで

昼のバイトに出かけるというようなイカレ具合だ

の子子供の頃に親が離婚して、高校中退しており

15歳からクラブで酒を覚えた、いわゆる増田の敵である

14歳にはバージンを失っており、元カレの数は4人だが経験人数は20-30人という

ゲームで勝ったら秘密を聞いて良い、負けたら俺がおごるルールで聞いた。

誤解してほしくないが、経験人数とか聞くのはなしっていう前フリを受けたので聞いたのである

はてブ界の人間からすれば猿扱いされる御仁である

年末に朝まで飲んでその後、その御仁とアフターすることになった

店のシステムではなく、プライベートしてのアフターである

自分はもうおっさん増田であるので20歳程度の若娘とプライベート飲みなどの機会はとんとなかった。

そこで彼女の知り合いのダーツバーにいくことになり

これまた、ザ・マイルドヤンキーみたいな若者オーナーをしているのだが

その男も20そこそこである

オーナー店長イケメンで若くどう見てもヤンキー

着席早々にテキーラゲームである(全部オレの金だ)

そこで聞いたことあるようなないようなコール

増田にとっては呪詛であるが、マイルドヤンキーにとっての福音

をされ蛮族特有おもてなしを受けた。

例えばBOOWYonly youに合わせるコールなら

only you 飾らないで(飾りじゃないのよコンドーム!)

only you たった一度(1度と言わずに2度3度!)

みたいな敬虔増田が聞いたら、耳が破裂して廃人になる呪文を浴びせるのである

自分は半分マグルみたいなもんなので大丈夫だった)

上のコールは昔からあるらしいが。

女の子は多少のお触りOKでかわいくて

男はイケメン面白いことをしようとがんばってくれて

増田が立ち入るなと言っていた底辺界は決して悪くないのではないかと思った

というかときおりtwitterなんかで意識高い人たちが

顔写真なんかを晒しているけど容姿格差がひどすぎるだろ。

なんではてブ界の人々はちきりんイラストを具現化したような人しかいないのに

底辺界の住人はみんなイケメンだったり可愛いかったりするんだ。

こんなのっておかしいよ

僕ははてブ界で底辺ヤンキーは猿だって教えられたのに

これじゃあどっちが猿がわかりゃしないよ!

から飲みだして、ダーツバーを出たのは昼を過ぎていて

通算12時間以上飲んでたわけだが、こんなの何年ぶりだバカ

だけどいつも増田はてブブコメをして、社会を論じるよりも

完全に「生の喜び」を感じてしまった。

こんなのもう戻れないよ

飲みすぎて迷惑かけたかと思ったが

「楽しかった、また飲みに行こうね」と言われたら惚れてしまうやろ

思うに増田の心の狭さと、彼女たちの「とりあえずテキーラいっきしょ!」

みたいなノリの対比をしてしま

一体どちらが素晴らしい世界に住んでいたのか

世界観が壊れてしまった

イスラム教から仏教改宗しようか迷っている人は多分こんな気持なんだろう

瞑想運動が足りないんだよ」

主語がでかい

プリントアウトして病院へ」

などという煽りよりも

「もう飲めないのwヨワイーヨワイーw」

という蛮族の煽りのほうが遥かに心地よいということを知ってしまった。

俺はもうそちらへは戻れない

デンモクマイクくださーい)

2016-12-29

喪男喪女結婚しなくなったのは幸福なことだと思う。

じぶんのかーちゃん、とーちゃんは容姿がパッしない

喪男喪女だ。

しかしかーちゃんは容姿以外は得に欠点はないが、

とーちゃんははてなブックマークブツブツ言ってる人をさらにこじらせたような

どうしようもない社会不適応者。はっきりってガイジレベル

何度も転職を繰り返し、あげくの果てはかーちゃんに働かせてその金で

大学院行くわ」「俺研究者になる」とか、子供が生まれた後にいう

父親としての自覚とか責任ゼロ男。

かーちゃんが結婚したのは24歳。むかしは25過ぎると売れ残ったクリスマスケーキ扱いだったらいいので

急いで結婚したのだろう。

かーちゃんの負担は当然大きく、私が小学生にあがって間もなく離婚した。

喪男喪女からまれ自分は生まれながらの喪女であった。

そんな自分は四十路になっても独身なんだが、両親のケースみると

さほど不幸だと思えない。

もちろん自分喪女なりに幸せになりなくて三十路になる前は

いろいろやった。

28の時に、友達の紹介で40過ぎの喪男とつきあった。

私と彼は、紹介された途端目が点になった。

お互い、「付き合う相手」としては想定外だったのだ。

だが、半年付き合っているうちに喪男さんのほうは

私に愛着めいたものを持ち始め、結婚しようと言ってくれた。

でも、自分は付き合えば付き合うほど気持ちが冷めていった。

イイ人だったが、生理的にムリなタイプ喪男だった。

しかしコレを逃したら、もう二度と結婚できないだろうと

思ってたので仕方なくズルズル半年ほど付き合ったのだが…

ある日旅行に行って、当然夜にはセックスしたのだが、

ムリだった…トイレで思いっきり吐いてしまった。

もう、コレ以上はムリだと思ったので

婚約中だったにもかかわらず別れを告げた。

喪男さんには悪いことをしたと思うが、仕方ない…とも思う。

あのまま打算で結婚していたら、不幸な家庭が一つ増えていただろう。

自分は生涯一人なんだろうけど、しょーもないやね。

一人でも幸せに生きる道を模索するしかなし。

高校時代感じたブスで辛かったこと

私は今22歳。髪型や服もこだわりがあって雑誌を見て流行りの物を参考にしたりしてる。

憧れのKPOPアイドル動画を見て「自分絶対こんな風に可愛くなるぞ」って奮い立たせたりもしてる。


でも顔が不細工デブで醜い。


高校生の時からずっと思ってる。


でもそのレベルってのは学校の中で浮くほどの醜さではなくて、「特別不細工ってわけじゃないけど"可愛い"って表現をするには大袈裟すぎる」って感じの中途半端なブスだ。


体重も90キロとかあるわけじゃなくて、160cmで53キロといういたって標準体重。だけど細くもない、デブでもない。(いやデブなんだけど)でもなんとなく醜い感じ。


自分は"可愛くない"って思いながら毎日過ごしてたし、ブスだから勿論彼氏なんかできなかった。共学なのに…。

私の高校可愛い子が多くて、その子たちの頭文字を取って"HINTS"とかい意味わかんないグループが結成されてた。

(H...林さんI....伊藤さんって感じ。)

HINTSに便乗して違うクラスでは"NANANTS"ってのもあったなあ…。


サッカー部とか野球部とかの中心的な存在男子たちは基本的可愛い子たちとしかさない。

(今思えば単に顔のクオリティーじゃなくて、雰囲気清潔感、ノリが"女の子♡"って感じの子たち)


私はそういう可愛い女の子たちの輪には入れず、でも性格は明るい方だったから同じようなお笑い的なノリの女の子たちと仲良くしてた。ほんと、やってることが女芸人って感じだった。



ブス+仲のいい子同士ではガハガハとてもうるさくて、地味なのに調子に乗ってるタイプ迷惑女だった。


ある日私は教室掃除をしてただけなのに、サッカー部キャプテンキラキラしたイケメン陸上部ギャル女の子(正直顔は秋田なまはげみたいだし色黒だし私の好みじゃない)から変な視線を感じた。


男「あ〜◯◯さんが掃除してるよ〜」女「ねえそういうのやめなよ〜w聞こえるよ〜w」

いや!掃除してて何が悪いんだよ?!というか私はおまえらと話したこともないし、どうしていじり?の対象にならなきゃいけないんだよ…。

結局よくわからなかったけどなんとなく腹が立って思いっきり睨みつけてやった。

そういうところがまた醜いんだけど…

私が絶世の美女だったらこの謎のいじりの対象にはならなかっただろうし、そのイケメンとも普通に会話できてただろうに…。




あと特別何かトラブルがあったわけじゃないんだけど、特定男子グループから嫌がらせ?まではいかないもののそんな感じのものを受け始めた。


その男子たちは可愛い女の子が大好きなクラスの2群という位置付け。

ちょうどAKB流行り始めた頃で"推しメン"って言葉クラス女の子に当てはめて使ってた。

「俺は◯◯ちゃんを推してる」とかね。


勿論私はそういう人たちの選抜入りせず圏外女子だったうえに身内同士ではうるさいから、それが目についたんだろうね…。

クラスを半分にわけてやる授業とかがあって、たまたまその二軍男子主犯格っぽいのはイッテQ宮川に似てるから以降宮川で)が私の席に座ったみたいで。


それで私が他の教室から帰ってきてもまだ宮川は私の机に座ってるの。

一瞬目を疑ったけど、宮川は私の机の横に引っかかってる私のふわふわの白いリュック…それに自分が食ったパンクズをつけたりべたべた手拭きにしてんの…。


え…??って感じだったけどなんかもう怒りがこみ上げてきて頭の血管破けそうだったけど、その場は我慢してお家で暴れまくったよね…。



別にこれはブスだから…って理由よりも、性格問題があって私の存在を周りの男子たちは嫌ってたんだろうけど。

私もちやほやされたかったし、「◯◯が推しメン!」なんて裏で噂されたかったもんだよ。


自分容姿に自信が持てないし自分存在が醜いんだって思ってしまい、男子プリント渡す時とか黒板の前に立つ時とか教科書音読する時とか冷や汗が止まらなかった。


男子たちの近くを通るのも嫌だったし怖かったし、でもふつうにおしゃべりしたら楽しいんだろうな…って。


そういうこともあって私は自分容姿を気にするようになって大学入って目と鼻の整形をした。

まあ大学女子しかいなかったし結局モテないのはかわらないんだけど、今後もっと可愛くなって高校時代の私に「大丈夫だよ!あんたは数年後かわいくなれるから!誰かの推しメンになれるよ!」って伝えてあげたい。



今もブスだし自分容姿に満足いかないけれども、自分の醜さと向き合って努力しはじめたのは高校時代の嫌な思い出のおかげだと思ってる。


でもやっぱりこの文章を書いてる間、胸糞悪くてイライラしてるから実家に帰ったら卒業アルバムを引っ張り出して、宮川顔写真カッターでズタズタに切り刻んでやりたい。

2016-12-28

意味はあるのです

 

https://www.youtube.com/watch?v=ei9Jf8A3hZM

今更なんだけど、プープーテレビの「ブッダ意味があるかきいてみました」

誰もそんな誤解はしないと思うけど、何でもむりくり意味があると言い張る教義だと誤解されても困るので、ものっすごく簡単説明してみるね。

私は生活に追われて修行ちょっと中断中の在家信者です。

 季節柄カレンダーでいきます

 部屋の壁に貼り付けられたカレンダーがあったとする。下の余白に会社名の入った、写真趣味イマイチカレンダー。この意味を考えてみる。

 これを作った会社は毎年の事だからルーティンで作っているのだろうか?今年は予算を削ったのであろうか?担当は何を考えて数ある写真の中からこの写真を選んだのか?印刷所はどうだったのか?

まずそういう事を色々考える。

どうみても印刷所が仕事が立て込んでいるので手間暇かからず出来るタイプを薦めて、発注側も毎年の事で、「少し勉強してよ」とだけ言って出来上がったカレンダーが、たまたま我が家に来た。

 このカレンダーをどうするか。

誰も熱心に作らなかったカレンダーなのだから無造作に開いてる壁面に貼れば、無造作無造作を重ねた行為を私は一年間眺める事になる、という意味がある。

最低限かも知れないけれど手間暇掛けて作られたカレンダーなのだから、なんとかもっと映えるように、見やすいように、あれこれ考えて貼ったなら、写真やら紙やら印刷やら発注した会社お金やら、その中のどれか1つくらいは報われた状態一年眺める、という意味がある。

 思いっき簡単に書いたけど、こんな風な事を坐禅しながら、読経しながら、水行しながら、寝ても覚めても考え詰めていく。

 

ではこんな風に意味を探して考え詰めて、何か良い事あるの?

 実はない。先人が言ってます。無価値だって

 価値の有る無しは社会が決めるものなのね。社会が利用できたらそれは価値があると見なされるし、使えなかったら無価値と。でも意味があることに価値があるとは限らない、当たり前だけど。なのに意味価値を同一視している人は結構いる。この動画でも

おじいさんが最新の運動靴を履くのに意味があるかと訊いている。速く走る為に作られた靴なら速く走る人が履かなきゃ意味価値)がないって質問者の前提がダダ漏れの問い。おじいちゃんがそれを履いて気持ちよく走れるならそれでいいじゃん。おじいちゃんがもし、オリンピックを目指す貧しい家の子レースの賞品でもらった靴を借金のカタに取りあげて履いていたとしたら、強欲な人間に対する考察とか、子供の将来とか、色々考えさせられるし、悪い事や苦しみを減らす(これも大切な仏教教義だよ)為に周りの人間が考えたり参加するという意味はある。

でも意味=価値だと思い込んじゃうと、こういう発想は出来ない。

しかしたら「全てに意味がある」という言葉を聞いて、「えー!欠けた湯呑みに何の価値があるんだよ」って思ったのかもね。人間って自分が日頃接していない物事には意味を見いだしにくい性質があるから、「変なこと言ってる」って思って、ギャグネタにしようって閃いたのかもね。それで宗教教祖に冷や汗流させてオロオロさせちゃう絵が描けたのかも。

 

から私あの動画を観て、笑えなかったのね。勿論大笑いした人は大勢いたと思うし、笑ってもいいと思う。でも笑うのは動画に対してだけにして、実際に必死公案解いてる人達にはその笑いを間違っても向けないでねって思う。それだけわかってもらえたらうれしいわ。 

2016-12-25

こういうクリスマスじゃないなら人生無意味

クリスマス。それはイエスキリスト誕生を祝う祭りである

というのは建前で、実際は、家族友達パーティーを開いて楽しんだり、実際は恋人セックスしたり、気になる人を誘ってセックスしたり、クリボッチを回避するための協定を結んだ人と流れでセックスしたりする祭りである



十二月の初め。

俺は友達恋人いたことがないDKだ。スクールカースト底辺常連客だ。当然容姿が悪いし運動も苦手だし、身長165cmの低身長だ。おまけに肌が汚いので清潔感皆無だ。

当然、第一印象友達恋愛対象から外れる。

自称進学校入学したはいいが、授業に全く付いていけず早々に落ちこぼれた。

うちの両親はクリスマスを祝うような人達ではないためクリスマスパーティーを開いたことはないし、プレゼントも貰ったことが無い。クリスマスにいい思い出は無い。



いま教室容姿の優れた友達達と話しているのが如月美紀。スクールカースト上位のグループの中心人物黒髪ショートの清楚な女の子だ。

スポーツ万能、容姿端麗のEカップ学力は学年トップレベル、いつもニコニコしていて誰にでも優しく、漫画世界からやってきました。と言われても信じてしまうほどの高スペック女子だ。おまけに親が金持ち



将来、自分の息子に、「パパ~不平等ってな~に???」と聞かれたら

「パパと彼女の基本スペックの差のことを言うんだよ^^」と答えるだろう。

子供は、「なるほど。」とすぐに納得することだろう。



さっきから容姿の優れた彼女たちが、チラチラこっちを見てくる。

どうせ、俺君ってキモイよね~とか悪口を言い合ってグループの結束をより強固なものにしようとしてるんだろう。

そんなことを考えていると、如月美紀がこちらに向かって歩いてきた。



「ねぇ、LINEID教えてくれない?」

彼女は微笑みながら、俺に話しかけた。

健全な陰キャ男子高校生なら、えなに、こいつもしかして俺のこと好きなの?と勘違いするだろう。

俺は気付いている。これが罰ゲームだということに。



「じゃあ、じゃんけんに負けたら俺君のlineidを聞くってのはどう?」

「「「え~!?いやだ~wwwww」」」

「じゃあいくよ!じゃんけんぽい!」

「アー負けちゃったー」

「ほら、行きなよ(笑)

「えー嫌だなーきもーいw」

こんな流れでLINEIDを聞きに来たのだろう。



LINEダウンロードしてないから…」俺はキョどって声が裏返らないように気を付けながら言った。

あはは!!!ウケるんだけど!今時LINE持ってない人なんているわけないじゃん!俺君って面白いね!」

「ははは…」

こういう人間をみると、世代間だけでなく世代内にも格差が歴然としてあるということを思い知らされる。




結局、彼女LINEIDを交換した。

しかし、交換をしただけで、向こうからメッセージが来ることは無かった。やはりあれは罰ゲームだったのだろう。

こっちからメッセージを送ったら、笑いものにされるところだった。危ないところだった。

でも交換してよかった。彼女LINEIDを見ると生きる気力が湧いてくる。

俺は可愛い女の子LINEIDを持ってるんだぞ!交換をせがまれたんだぞ!だから俺はすごい!おらおらどけどけ愚民ども!かわいい子のLINEIDを持ってる俺様のお通りだ!と街中でも強気でいられる。

この世界自分存在肯定されていると思えるから生きる自信が付くのだ。



あっという間にクリスマスイブになった。

夜七時。

俺は特に予定が無いし友達恋人もいないので家でゴロゴロしていた。すると、

「いえーい俺君!クリスマスイブ、楽しんでる?(((o(*゚▽゚*)o)))」楽しそうに友達とはしゃいでる如月写真LINEで送られてきた。

なんなの俺への嫌がらせなの?泣いちゃう


取り合えず早くなんか返信しなきゃ。ラインどころかメールすらまともにしたことないから、どう返信したらいいのかわからない。

よくわかんないから取り合えず「こマ?」っと…。

「ん?なんか使い方おかしくない?Σ(・□・;)」

「マ?」

「あ、それは正しい(/・ω・)/」

「なんか用?」  

「うーんとね。明日クリスマス空いてる?」  

一瞬ドキッとした。落ち着け。これは罠だ。

俺の如月への好意的な態度をシャンパンつまみにしようとしているに違いない。



「やっぱり空いてるってw予想通りw」

「ちょwこいつ誘いに乗ってきたんだけどwきもーいw」

「俺にもモテキ到来!?とか思ってんでしょwうけるーw」

こんな感じで馬鹿にするのが目的なのだろう。

俺は騙されないぞ。彼女どころか友達すらいない歴=年齢の人間不信が板についてる筋金入りの陰キャを舐めてはいけない。



クリスマス彼女デートの予定がある」

当然そんなものは無い。彼女どころか友達すらいたことない。

「えー残念(´・ω・`)俺君とデートしたいなーって思ってたのに」

「それ、罰ゲームで書かされてるんだろ?そういうのいらないから」

罰ゲーム?なにそれ?(・・?」

「あの時、LINEIDを聞いたのはゲームに負けたからだろ?」

「んー(-ω-;)なんかいろいろ誤解されてるね私(;゚Д゚)」



どうやらLINEで本性を現す気はないようだ。

どうせ騙されるならとことん騙されてやって、最後に化けの皮を剥いでやる。

クリスマスデートの予定があるっていうのは嘘だ。明日、俺とデートしよう」

「ほんとうに!?やったー(^▽^)じゃあ、明日の午前十時に〇×駅で待ち合わせね!」

まれて初めてのクリスマスデート。色んな意味で楽しみだ。



クリスマス当日、朝七時。

夢の中でサンタクローストナカイセックスする夢を見ていたら、現実世界LINEが鳴った。

「おーい!起きてるかー!朝だぞー!('ω')ノ」

如月美紀からだ。これが女の子からおはようLINEか…女の子自分人生の貴重な時間を割いて自分で考えながらスマホタップして俺だけのためにわざわざ書いてくれた文章か…。感慨深いものがある。

うわ、こいつ既読スルー最近ちょづいてね?と思われないように急いで返信した。

爆睡中です」

「起きてるじゃんΣ(・ω・ノ)ノ!」

「なに」

「昨日、クリスマスデート約束したじゃん!?忘れちゃったの?(´;ω;`)」

「あぁ、あれネタじゃなかったのか」

ネタじゃないよ!午前10時に〇×駅の前で待ってるからね!遅れたら激おこだぞー(#^ω^)」

「うん。すぐ行く。走っていく!」

「ちょ!まだ早いよ(;゚Д゚)私も準備してないし(*ノωノ)」

「いや、ネタから



さて、出かける準備をするか。

あれ…ユニクロジーユーの服しかない…。デートにこれは失礼じゃないか

ワックスとか付けたほうがいいのか?香水は?ネックレスは?救急キットは?

いや、余計なことは止めておこう。初心者が余計なことをすると大体失敗する。料理と同じだ。

結局、全身ユニクロの安っぽいコーデになった。

風呂に入ったし、歯は磨いたし、爪は切ったし、フリスクは噛んだ。ハンカチティッシュは持ったし準備オーケーだ。



午前九時。

「楽しみすぎて一時間も早く来てしまった」

以前はカップルを見るたびに殺意嫉妬感情に振り回されていたけど、今は違う。

カップルを見ると心がポカポカし、自然と笑みがこぼれる。みんなが幸せになればいいなーと思う。

自分幸せだと人の幸せを願えるようになるのだと気付いた。

そうだ。どうせ騙されるなら思いっきり騙されよう。一生に一度だけのクリスマスデートなんだし目一杯楽しもう。




午前十時。

「だーれだ!」

視界が真っ暗になり、女の子の甘くていい匂いがした。

「き、如月

胸が背中に当たってる。異常に早くなっている心臓の音を聞かれて、(うわ…何こいつ、女の子に触れられたくらいで興奮してんの?…もしかして童貞?きっも…)と思われないように、急いで手を払い、振り返った。

「よっ!待った?」

彼女は、なんかクリーム色のニット?みたいな良い感じの奴を着てる。スカートはいい感じの短さの黒っぽい奴。

靴も黒のいい感じの奴。全体的にふわっとしてていい感じで可愛い

「いや、今来たところだ」

「そっか!よかった!じゃあ…行こっか!」

「どこにいくんだ?」

「うーん。冬物の服を買いたいかショッピングモールかな~」

「近くにあるのか?」

「うん!すぐそこにあるよ!行こ!」



そうしてショッピングモールに向かって歩くこと五分。

「ねぇ、手、繋ぐ?」

「お、おう」

恐る恐る、握手をするような握りたかで冷えきった手を握った。

「そっちじゃなくてこっち!」  

如月は俺の指と自分の指を絡めるように手をつないだ。これが巷で噂の恋人つなぎか。

「おー手温かいね!それに大きい!やっぱ男の子だね~」

如月は、おばあさんの声真似をしながら、にやけ顔で言った。可愛い

「つーか、なんで俺を誘ったんだ?俺みたいなクラスで目立たない奴より、もっといい奴いただろ」

「んー何となく?今まで話したことない人とデートするのって面白そうじゃない?」

デートしたことないからよくわかりません」

「え?デートしたことない?へー!じゃあ人生初デートだ!おめでとう!」

「あ、ありがとうございます…」

「どういたしまして~。えへへ~」

如月は満面の笑みでそういった。可愛い

「ねぇ、知ってる?」

なんなの豆しばなの?

「うちのクラス斎藤さんって足立先生と付き合ってるらしいよ」

「へ、へ~…」

誰?容姿のいい人以外のクラスメイトの顔と名前がよくわからない。

覚えてないということは容姿がよくないのだろう。



はい!着きました~。ここがショッピングモールです!そしてあの店が私のお気に入りです!さっ!行きましょ行きましょ!」

俺は如月に手を引かれて店内に入った。

「あ!これ可愛いー!欲しい~!あ、こっちもいいな~」

如月は店内をうろうろしながら商品をみた。

そして一つを手に取り、

「俺君!どうこれ?似合うと思う?」

首にふわふわが付いてるアウターを俺に見せてきた。

いいんじゃないか。如月らしくて」

「本当に!?俺君が似合うっていうなら買おうかな~。あ…」

「どうした?」

「このアウター十万円もする…」

「金持ってないのか?」

「一応持ってきたけど十万も持ってないよ…」

デートいくら使うのか分からなかったので念には念をいれて五十万円持ってきていた。お年玉とおこずかいを集めたものだ。

そんくらいネットで調べとけ?ネットなんか信用できない。

なぜなら、一週間、一日に三回話しかけられたら脈ありという情報ネットで見て、容姿の優れた女の子告白したら、それ以来、彼女は口をきいてくれなくなったし、クラス替えまでヤンキーネタにされ馬鹿にされ続けたからだ。



「今買えなかったらもう二度と手に入らないかも…」

「そういうもんなのか」

「そうだよ俺君!人も服も一期一会なのだぞ!大切にしなきゃ!」

「でも金ないんだろ?」

「そうだけど…。あ~欲しいな~。もし買ってくれる人が居たら、その人のこと好きになっちゃうんだけどな~」

買お。

「…俺が買おうか?」

「え!?いいよいいよ!こんな高いもの貰えないよ~!」

「ほら、あれだよ。クリスマスプレゼントってことで」

「本当にいいの…?」

「おう」

「うれしい!ありがとう~!」

ぎゅ~っと強く抱きしめられた。胸が当たっていたしいい匂いがした。勃起した。



「じゃあ、試着するね!」

如月は、アウターなのになぜか試着室に入っていった。

しばらく待ってると

「じゃーん!どうどう!?似合う!?

目の前にサンタコスプレをした如月が立っていた。可愛い

「俺君のもあるよ!はいこれ!着てみる?」

「いや、俺はちょっと…」

サンタコスしてる男の子ってかっこいいと思う…」

「着替え終わりました」

「おお!はやいね!」

「どうっすかね」

「うん!似合ってるよ!」

「じゃあ、また着替えるんで」

「まって!」

そういうと如月は強く抱きしめてきた。勃起した。

「えへへ~サンタさん匂いがする~」

「え、なに俺、おっさん臭い?」

「臭くないよ!ははは!!!俺君おもしろ~い!」

俺たちは店員に怒られる前に急いで着替えた。

そして、如月アウターサイズを確かめた。どうやら問題はなさそうだ。

「じゃあ、それ買って店を出ようぜ」

「うん!あ…これ可愛い!」

そのアウターの値札を見たら二十万円だった。

「さすがに二十万はプレゼントでき…」

「実は今日、家に親居ないんだー。一人で帰るのは、ちょっと寂しいかも…」







ありがとうございましたー」

店員さんの明るい声を背中で聞き、俺は勃起しながら如月と店を出た。

「俺君!素敵なクリスマスプレゼントありがとう!」

「お、おう」

三十万円の出費は痛かったが、如月との夜の性の時間を買ったと思えば安いものだろう。

さてさて、どっちの家でしよう?それともラブホテル?あ、コンドーム買わなきゃな。あーでもいらないんじゃないかクリスマスだし。

なんにしろ、夜までまだ時間はある。デートしながらゆっくりと考えよう。



「あ!もうこんな時間!俺君といると時間があっという間にすぎちゃうね!じゃあね、俺君!今日は楽しかったよ!」

「え?もう?まだ昼だぞ?」

時刻は十二時すぎだった。

「うん。今日の夜、彼氏クリスマスパーティーするんだ!」

彼氏って…」

読者モデルやってて、ちょーかっこいいの!このサンタコス彼氏に頼まれて買ったんだ!似合うか不安だったんだけど、俺君が似合うって言ってくれたか安心して彼氏に見せられるよ!ありがとうね!」

「あぁ…」あぁ…

「あと、服のプレゼントありがとう彼氏がこういう服好きって言ってたから欲しかったんだけど、高くて手が出なかったんだよね~ありがとうね!じゃあね、俺君!ばいばーい」

そういって彼女は冬の街の雑踏の中に消えていったのでした。

しかし、彼女が消えても彼女の手のぬくもりと抱きしめられた記憶アトピーゾンビの心の奥に、いつまでもいつまでも残り続けるのでした。おしまい



追記

こういうクリスマスが良かったな~って話を書いただけ。今日だけ。特別なコーナーだぜ。

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん