「自分語り」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 自分語りとは

2017-05-26

http://anond.hatelabo.jp/20170526182907

最初に断っておきますが私も腐女子です。

こういう何の意味もない自分語りが出てきた時点で読むのやめる

2017-05-24

ブックマーカー

  1. 攻撃されると身内同士でかばう(ヤンキー性質
  2. 喧嘩上等ヤンキー性質
  3. 新入りに優しく、お調子乗りには厳しい縦社会ヤンキー性質
  4. 狭いコミュニティ固執している(ヤンキー性質
  5. ブコメ自分語り過去話しマウント武勇伝と一緒の構造ヤンキー性質
  6. 強いものは認める。内心は計算して逆らわない(チンピラ性質
  7. 全く関係のない相手にいきなりインネンを付ける(チンピラ性質
  8. Wikipediaマイルドヤンキーの特徴から地元の中でリスペクトされてる人の喋り方や口癖が伝染する(ヤンキー性質
  9. Wikipediaマイルドヤンキーの特徴から、1人で行動出来ない(ヤンキー性質
  10. Wikipediaマイルドヤンキーの特徴から、意外と寂しがり&強がりヤンキー性質

まりブックマーカーは9割ヤンキー。残り数%がチンピラ

久しぶりに某パクリゲーに関して言及するツイートを見て少し泣きそうになってしまった。

私は、炎上した際にパクリのことを知り、その後の運営対応失望しやめていったユーザーだ。正直、ただ普通にプレイしていたユーザーではなく、心の底から大好きで「私はずっとこの作品ファンで、ずっとずっと応援していくんだ」と密かに誓った数日後にパクリの話を知った情弱ファンだった。

知った時は「は?なにそれ?」という感じだったし、パクリよりも蔑称の方が目についてしまうような典型的ファンだった。でも、自分で調べてみると、擁護しきれないようなものがどんどん出てくる。多くのカードの構図が被っているのだ。

おかしい、これはあからさまにおかしいぞ、と思った。ひとつひとつを見れば、良くあるポージングやよくあるアングルなんだろう。でも、それが全く同じものがこんなに存在する。よくよく調べてみれば、法に触れるとは言えないらしい。それでも、これはおかしい。

他のパクリ事案も知った上でも、まだ私はファンだった。悪いことや許されないことをしたのならきちんと発表し、権利元の方たちに謝罪してほしいと。大好きだったから許せないファンはもちろんいるだろうけど、私は大好きだったから、これからを信じたいし投資したいと、そう思っていた。そして、出てきたお知らせに絶句した。嘘だろうと思った。悔しくて悔しくて泣いたし、すぐにアプリを消した。

ここまでうざったい自分語りをしておいて何だけど、ここからが本題。

なんでこんなブログを書こうと思い立ったかと言うと、パクリを知っててなおプレイしているユーザーが「コンテンツ最期を見届けたい」とか言うのずるいよなということ。

確かに、パクリ案件を知ってなおプレイするのは自由だと思う。私の心が狭いから、目に入れたくはないが自由だとは思う。だけど、「コンテンツ最期を見届けたい」という一言は「パクリは許せない」という言葉を孕んでいる。これが本当にずるい。

その一言パクリ自体容認していない気になっているんだろうけど、それ、ただの誤解だからね。そのコンテンツあなた容認していないパクリの上に成り立っている。「最期まで見届けたい」とかあまっちょろい言葉を吐きながらも、コンテンツは十分楽しむ。なにそれ。ふざけてんのか。あなたがそのコンテンツプレイするなら、楽しむのであれば、あなたパクリを許さざるを得ないんだよ。

キャラを嫌いになれないことと、プレイすることは同義ではない。パクリが許せないならきちんと行動で示せ。これからパクリを許さないんじゃなくて、今までのパクリだって許すな。今までのパクリを許してる時点で「コンテンツ最期を見届けたい」なんていう言葉は吐けないんだ。

プレイをやめるのか続けるのか、それを決めるのは自分自身プレイしている人を否定することはできない。だけど、「パクリは許せない」といいながらプレイしている人間言動矛盾が生じている。もう一回言うぞ。パクリが許せないのであれば行動で示せ。

先に明記しておくけど、これはパクリ案件が真っ黒だと判断した人間が書いたブログであり、あれを見て白だと疑わない人間と論争がしたいがために書いたブログではない。白黒論争は他所でやってくれ。

パクリゲームパクリゲームだと知らない人間幸せだと思うし、可哀想だと思う。

ファンに「パクリじゃない」とか「法に触れてないんだったら問題ないでしょ」みたいなことを言わせるコンテンツが今後増えないことを祈る。

見極めきれなかった自分に非があれど、オタク人生を誓った作品でこういうことが起きると好きという気持ち不安が生じてしまい、オタク人生が楽しめなくなってしまったという私怨を抱えて生きているよ。

2017-05-22

http://anond.hatelabo.jp/20170522184118

わかるほんとにわかるわかりすぎてつらい。

私は親の件はないけど、かわりに「いわゆる式典・儀式に一切意義を見出せない、宴会の類が嫌い」という苦痛があった。

周囲の希望で結局式はやったけど(私がやりたくなければやらなくていいと言ってくれたのは私の母と主人だけだった。悩んだけど結局私が折れた)、せめて身内だけにさせてもらった。

披露宴はしなかったけど友人知人向けの二次会的なパーティーをやった。

ウェディングドレス別に楽しくも嬉しくもなかったし、写真も撮りたくなかった。袖があっても二の腕がたくましすぎた。

そして儀式全般ダルかった。二次会では自分を中心に据えられた乱痴気騒ぎ、居心地が悪くて死にそうだった。

なんでこんなことやらなきゃいけないんだろう、私がやりたくないことをやっているのを見て喜んでいる人がいるなら神経を疑いたかったし、別に喜んでいない人には付き合わせて心底申し訳ないという気持ちでいっぱいだった。

主役になりたくない。注目されたくない。愛想を振りまきたくない。そういう心の叫びを押し込めて一日中笑っているのは本当に疲労困憊の一言だった。

花嫁から結婚式は嬉しいはず、と思われているのが心底いやだった。親孝行と言うにはダメージがでかすぎた。

趣味でもないSMプレイ強要されて、痛いし辛いのに本当は気持ちいいんだろうとか言われるのってこんな感じの屈辱だろうかと思った。

結婚式をやるのはいいことでめでたいこと」という風潮を一刻も早く木っ端微塵にしたい。

やってもいいけどやらないのもかっこいいし思慮深い、みたいな風土をどうにかして確立させたい。

便乗しての自分語りでした。申し訳ない。

http://anond.hatelabo.jp/20170522012940

言う方は無いです。ひたすら言わない(言えない)という現象です。

特に女性のアレが苦手です。なんか褒められて、褒め返して、それでコミュニケーションが完結するというやり取り。まず自己評価が低くて褒められるのが居心地悪くて超苦手。相手を褒めるのも、自分なんかジャッジする立場に無いと思うし、上から目線な気がして無理です。

単なる社交辞令を難しく考え過ぎなんだと思うし、みんな素直で、褒められて嫌な人はいないと思ってるだけなのも分かるし、褒め返さなかったら貰いっ放しみたいな印象になるだろうことも分かるんですが・・・

普通の(大抵の)人なら嬉しいことが、自分にとっては嬉しくない。どころか、かなり微妙ぶっちゃけ嫌なことに属する。自分がされて嫌なことを他人にするのが抵抗がある。でも相手は、ひねくれた自分なんかと違って、そんなこと全く思ってないんだ(うわわああああん)。でループしてる感じです。すいません一方的自分語りしてしまって。

2017-05-19

年下の痴漢に遭った話

痴漢話題になっているから、痴漢にまつわる自分語りを少しだけさせてください。

もう何年も前の話。通学経路が乗車率180%近い区間だったから、人々が密着する季節になると、オジサン痴漢には週1~月3くらいで遭ってた。

すごく嫌で裁縫道具のリッパーカバンの中で握りしめて心理的自己防衛をしていた(使ったことはなかった。過剰防衛になりそうだったし)。

そんなとき若い痴漢に遭った。詰め襟に輝く「Ⅰ」の文字。明らかに年下だった。

制服を見たら、おそらく日本で一番偏差値の高い男子校の子だった。

普通痴漢としての怖さもあったけれど、それよりも、すごく、悲しくなった。

中学生なりに、中年男性の一部にはセーラー服女子に対するドロドロした性欲があり、

それを一方的痴漢としてぶつけられることがあることは経験的に知っていた。最初はもちろんすごくショックだったけど。

それは、中年男性一般的中学生女子に真っ当に相手にされないから、痴漢という形になるんだろうと勝手に思っていた。

ある意味自分と一線を置ける存在からこそ、「電車内での一時的事故」として耐えられる部分があったのかもしれない。

じゃあ、この年下の痴漢はどうなんだろう。

小学生が学ランを着ているような幼い顔立ち。学力未来もあるのになんでこんな愚かなことをするんだろう。

好奇心だろうか。それにしては失うものが多すぎると思う。

何より、自分より年下の子でも痴漢になりうるんだ、年齢の上下関係なく、痴漢ターゲットにされうるんだということに戸惑い、ショックを受けた。

今は、セーラー服でもなくなったし、満員電車が嫌で徒歩通勤にしたか痴漢にもあわなくなった。

大人になれば、自分で服も住所も選べるようになる。だから、今は大丈夫

この文章で誰に何を伝えたいわけでもない。何かを啓蒙する気もない。共感も得られないと思う。

ただ、梅雨の季節になるとこのことを毎年思い出すから、あの頃の自分へのなぐさめとして書いてみた。

2017-05-18

2chからはてな移住して気づいた3つのこと

最近2ch(嫌儲板というところ)見るのをやめた(主な理由は、見てると精神病から

その代わりにはてな匿名ブログをよく見るようになった

そこで2chはてなの違いにいくつか気づいたから上げる

その1:高学歴が多い

文章うまい

みんなきっと賢いんでしょうね

みんな読ませる文章を書くよ

あと、「俺っち旧帝だけど~」「私医者なんやけど~」

がおおい

2chだと自分語りしてはいけない雰囲気あるからこういうのないんだけど、ここではそういうの許されるのね

ちなみに俺は学歴コンプ持ちだからそういう文章があったら呼吸困難になるからここははてなの嫌いなところ

その2:女が多い

嫌儲では女は全くいなかった(もしくは男のふりをしてた)

アピールするもんなら総叩きで「ま~ん(笑)連呼だった

けどここでは「男は~」「生理は~」とかが普通に出てくる

俺はもちろん童貞なんだけど、

私女だけど~」なんて文章みたら、それだけで、ムラムラというか、

う~ん、うまくいえんけどなんかモヤモヤするんだよね

その3:文章が長い

なげーよボケ

追記

外部から見たら嫌儲ってどういう感じなんですか?

結構興味があるので教えてください

2017-05-16

こういうガキオッサンうぜーよなー よしたにみたい

あのな

お前の結婚制度に対する懐疑はいいよ。

そんな制度は不変じゃないと思うし。

結婚どころかそんなこと考える相手もいない俺がどうこういうことじゃないしな。


でも彼女結婚一定ロマンを抱いてるんだろ?

というかたぶん長年抱いてきてたんだろ?

その体積に対する配慮は無いの?お前は。


それに、お前が制度についてどう思ってるとしても

結婚を選ぶことは2人にとって人生で何個もない重要選択であるのは事実だろ。現状。

そこで主体性を見せずに「君がやりたいなら君の意志責任のもとに僕もお付き合いするよ」って態度をするのが

お前の脳が出した正しい行動なの?

何歳なんだお前は。


お前って要は中二病じゃん。

「ボクの認識個性的な)の中のボク」をアピールすることに一生懸命

そんなくだらねえことが周囲の人間気持ちより重大になってる奴。

ボクがボクがボクが。


よしたにっていう脱サラ漫画家の『理系の人々』って漫画がまさにお前みたいな人格のガキオッサン主人公(作者の分身)で

そいつ日常から繰り広げる底の浅い「個性的なボク」アピールの為に

周囲の人がちまちました不快さやめんどさを被曝する話でさ。

(たとえば寿司食いにいって「イクラが美味しいね」っていう連れに「これは模造イクラだよしらないの」つって「個性的KY理系のボク」をする。

 そんなしょーもないガキっぽい個性的アピール自分語りみたいな話が延々続く。面白くもないし、イクラのトリビア自体も浅くて古い。)



お前の結婚制度に対する見解なんて何番煎じだよって程度のものだし

少しも斬新でもないし今更そんなんで個性なんか出てないんだよ。

お前は普通の人なんだ。

なのに自分に関心が強すぎるガキオッサン

みっともないとは思わないのか?


お前の面白くもない「個性的見解」なんか周囲の人間にはどうでもいいんだ。

お前の親やお前の恋人レベル人間にすらどうでもいいんだ。現実を見ろ。

そんなことよりもっと気に掛けるべきことを気に掛けたらどうなんだ、カス

http://anond.hatelabo.jp/20170516102508

2017-05-15

すげぇ長い文書いていたら途中で虚しくなった。自分語りして何になるんだ。自分はすでに問題に対する解決策を知っていて、後はそれを実行に移すかどうかだというのに。

2017-05-14

自分で考えろ」と「臨機応変に」って言葉が嫌

自分で考えろは新人に使ってはいけないと思う

http://anond.hatelabo.jp/20170511230227

を読んだ。

現在大学院生でまだ働いてないけどいろいろ書きたくなっちゃったから書く。

私は自分で考えろと臨機応変にって言葉が大嫌いだ。こればっかり使うひとは信用できないと思ってしまう。

この2つの言葉シチュエーションによっては同じ意味になってしまうから先に決めておく。

自分で考えろ、に関してはわからないことを質問にした時に自分で考えろって言われたってシチュエーション。つまり一応はわからないことが聞ける環境

臨機応変に、に関してはイベント的なシチュエーション。わからないことがすぐ聞けない環境想像してもらえるといいかと。

まず自分で考えろの方。

ない知識ベースに考えたってわからないものはわからない。

ある程度の知識をつけることで自分で考えることが少しずつできるようになっていくわけで、最初から自分で考えろと突き放すのは違うのでは。

考えさせたいのであればその旨を伝え、多少のヒントを与え、後日考えた結果を提示してもらうように誘導するような形がいいと思う。

からないことに対してはなんの進歩も得られないままわからずじまいなんて悲しい。生産性もないし言われた側はモヤモヤするだけ。

自分で考えろで突き放されて質問が出来なくなることは生産性を著しく低下させ、更に大きなミスを招く結果になりやすいと思うのは気のせいだろうか。

次に臨機応変に、の方。

いきなりだけど臨機応変って言葉ずるくないか

臨機応変に~って言うけど、あなたと私の臨機応変対応に対する認識が全く同じだと思ってるのだろうか。その臨機応変定義はなんだ。

しかも、その状況下での臨機応変についての定義がなされてない場合対応が気に入らなかった場合あとからいくらでも叱れるわけで。

後出しじゃんけんもいいところでは。

「私の理想対応が何かを正確に理解して行動してほしい。出来ない場合は許さない」って言ってるのと大して変わらないだろう。

こちとらそんなことができるエスパーじゃないんだからちゃんとコミュニケーションをとってくれ。あなたと私の考えの違いを明らかにしてどうすべきか一緒に検討してくれたらお互いが楽だと思う。

というか急な事態に対してコミュニケーションをとってある程度の対策とか方針を整えてるのであれば、臨機応変に!なんて言葉そう多くは出てこないような気がするのだがどうなんだろうか。


好き勝手書いてるけど、私はまだ働いてない学生からこんなことが言えるのかもしれない。

でも、これは大学部活(大学事務仕事だらけの部活だった)、研究室、長期・数ヵ月の短期・単発のいろんなバイトをやってきて自分新人で教わる立場を数多く経験して思ったことだ。

私の場合大抵のことは理解→実行の形であればうまく動けるのに、考えずにとりあえず動け+臨機応変とか、そんなの自分で考えなさいって言われると本当にポンコツになってしまう。どうしたらいいんだろう。すごく生きづらい。頭が固いのかな、悲しい。

この生きづらさを増幅させないようにこの2つのワードを使うひとを避けることで多少はマシに生きてるのかもしれない(?)

来年就活なんだけど、自分で考えろとか臨機応変にを連呼するような上司がいる会社に当たってしまったらと思うと恐怖しかないや。どうしよう。

長い自分語りだった。

2017-05-11

極端な教育、しつけ

本当はこんな文章を誰かに見られる形で書くのは恥ずかしくて仕方ないのだが、あまりに苦しいため吐き出させてください。

レベル愚痴吐き出し、自分語りなのでやな人はスルーしてください。

自分は育った家庭が、10畳一間に家族四人、父親重度のアル中で暴れる(酒が原因で若くして死んだ)、母親過剰な教育ママ自覚無し)というユニーク環境だった。

家が一部屋しかなく両親から監視、重圧、虐待から逃れようがなかった。

アダルトチルドレンの御多分にもれず人生がぐちゃぐちゃだが、その一番の理由は超テレビっ子世代にも関わらずテレビ禁止された事だと思う。

中学校では、同級生の話している内容が全くわからず、会話が不可能なので人付き合いを学ぶ機会を完全に奪われた。

常に友達の輪に入ることができなかった。

通知表友達に話しかけることができない子といった旨を書かれたことがあるが、どうしようもなかった。

ゲームだけは何故か1日1時間許されていたので、ゲーム話題しかできない日陰者だった。

当然オタク友達しか作れないのだが、俺自身は全くオタク志向がないので上手くいかず。

中学校時代ゲーム話題しかできないのと、極端に人と接するのが苦手なのが気味悪がられて、もちろんいじめの標的になった。

やり返す性格なので表立っていじめられることは回避したが、集団で俺に聞こえるように悪口を言うというスタイルいじめ毎日毎日さらされた。

不登校になりたくても家庭環境がそれを許さない。

ストレス中学生にして額が数センチ後退し、重度のアレルギーになった(何もなくても常に激しい腹痛と下痢、じんましんが出っぱなし それは今も治らない)

結局しつけにより勉強だけは人並みより出来たのでそれなりの大学に入れたが

大学では友人、知人ゼロというのがあまり苦痛で、行けなくなってしまった。

大学ひとりぼっちというだけなら珍しく無いかもしれないが、自分場合それまで鬱積してきたものに耐えられなくなった形だ。

中退してしばらくストレスで体を壊して何も出来なかったが、その後社会に出ても、ろくに人付き合いの経験が無いものから全く上手くいかなかった。

かなり歳がいってからその後本などから必死で学んだところ、人付き合いに関しては良くなった(あまりに遅きに失したが)ので我ながら決して根っからコミュニケーションが苦手では無かったという事実が、逆に辛い。

全て自分のせいだったらどんなに楽だったことか。諦めがついたろうに。

小さい頃もたまたま話題があった子と一瞬仲良くなることは多々あった。

ゲームしか話題が無いので長続きしないのだが。

これを誰かに話したところでテレビ禁止のせいで人生がめちゃくちゃになったなんて突飛な珍説として一笑に付されるのがオチだろうから誰にも言えないのだが、自分なりに深く考えた結果、どう考えてもそれが一番自分人生で重大だ。

父親虐待など、人が聞いたらそちらの方がインパクトは大きいだろう事もあったが、自分としてはテレビ禁止さえ無ければ人生全然マシだったろうと確信している。

親は馬鹿から子供に与える影響に頭が回らず軽い気持ちテレビ禁止したんだろうが、本当にそれさえなければ、友達と楽しく過ごす当たり前の子時代経験きたろうし、身体も壊さなかったろう、うつ病にもならなかったろうし、大学卒業して就職してという人並みの人生も送れていたのにという考えが何故か頻繁に明け方に目が覚め、急に襲ってきて、親への恨みで頭がいっぱいになり非常に苦しい。

恨んだところで人生が戻って来るわけでも、これから好転するわけでもないのに。

同級生地元の大地主の息子がいるのだが、友達が沢山いて、学年一可愛い子と付き合ってそのまま結婚して若くしてデカイ家を建てて、俺の欲しかったもの全て持ってて、地主土地ゾーンに足を踏み入れる度泣きそうになる。

現在自分うつ病で働けなくなり、四畳収納なしの部屋に住んでいる。

生活苦と大した額ではないが借金に悩んでいる。

もちろん独身だ。

人生は比べちゃいけないとはよく言うが、彼の妻は自分初恋相手なため彼の恵まれ方と自分悲惨さはどうしても無意識比較してしまう。

彼みたいに自分の部屋が欲しかった。

友達テレビの話しで盛り上がったりしてみたかった。

恋愛をしてみたかった。

2017-05-09

毎日から次へと問題家庭の人がここに自分語りをしにくる動機がよくわからないので

大半は創作だと思ってるけど

お話プロットを書く練習としてはここ結構いいのかもなって思う

2017-05-04

[]ニート自己問答

『なぜ不登校になったのか』

「つらかったから逃げたかった、勉強できず遊べず体力的にもう駄目だった」

運動部いじめられていたのか』

いじめというレベルではない。いわゆるいじりだったのだと思う。言葉かい揶揄され人より足が遅いのをからかわれ

 体力がなくてへばっているのを笑われそれでも何とか食らいつこうとしたが認められなかった」

運動部をやめればよかったのでは』

「やめたら友人といえる人が一人もいなくなると思った。部活勉強の両立を勧める学校だった」

保健室登校をしたのはなぜか』

学校には未練があった。保健の先生は優しかった。でも相変わらず勉強できず無意味時間を過ごしていると思った」

『一瞬クラスに戻ってやめたのはなぜか』

「優しい声をかけられるたびに疎外感がつのった。彼らと私は決定的に道を違えてしまったのだと感じた。」

『彼らは受け入れてくれようとした』

「その優しさがつらかった。表面的にやさしくされその後無視される感じがたまらなかった。孤立の中の孤独よりも集団の中の孤独のほうがつらい」

『彼らにはどうしてほしかったのか』

「わからない。自分認知問題あった。彼らは悪くない」

『やめた後の生活はどうだったか

同級生やほかの高校生に強い負い目を感じ引きこもった。趣味に没頭したが結果が出なかった。アニメばかり見ていた。

 勉強できず顔を見せられないため彼らと同じ年に受験をすることは不可能だと思った。」

『次の年は』

「次の年も駄目だった。まったく勉強に手がつかなかった」

『次の年は』

浪人は二年までという強いプレッシャーに押しつぶされた。自己嫌悪で嫌になった」

『次の年は』

「弟の楽しい高校生活をうらやんでいた。自分はもう死んだものと思うようになった。自殺できないから生きているだけだった」

『弟の受験勉強が始まる』

「なんてよく勉強するのだろうと驚いた。自分には絶対にできないと思った。成績が良くないと悩んでいた弟は勉強した。

 私もほんの少しだけ勉強した。はじめて数学教科書最後まで読み通した。少しだけ自信がついたが復習しなかった」

『3.11があった』

「ここに被害ほとんどなかったがよく揺れたのを覚えている」

『弟と一緒に受験するという選択はなかったのか』

センター試験で机を並べることを想像するのは無理だった。どうせ自分勉強を続けることができずエア受験になると思った。

 それならば絶対邪魔をしたくない」

『弟は予備校通いを始めた』

「素晴らしくよく頑張っている彼を馬鹿にする自分と称賛する自分がいた」

『弟はやり遂げた』

「素直にすごいと思って喜んだ。外に出るのはいやだったが引越しの手伝いに行った」

『その後の生活はどうか』

「次は自分の番だという強いプレッシャーを感じた。結局できず無力感のみが募った。毎日のように挫折を繰り返した」

あなたは何をして時間をつぶしているのか』

起きてから寝るまでネットを眺めていると一日は簡単に終わる。一日が終わってしまうのがもったいなくて夜を起きていると昼夜逆転する」

『親は何をしていたのか』

「見守ってくれていたそうだが放置されていると感じた。勉強自分でやらないと身につかないというのが親の持論だ。

 ネット時間制限する試みもあったが睡眠時間が伸びただけだった」

『その後センター試験二次試験に通う生活が続いている』

「行かなければ家から追い出されると思った。勉強できない自分に罰を与えたかった。参考書をぼろぼろにしている受験生自分との違いを痛感した」

『なぜ受かるはずのない有名大学に願書を出したのか』

人生好転させるためには普通大学に行くのではだめだと思った。今年はだめでも来年につながるかもしれないと淡い期待を抱いた」

『なぜ日記を書き始めたのか』

日記を書こうとする試みは人生のうち何十回とあってどれも一ページ二ページで終わっている。

 今回は起床時間と就寝時間くらい書き続けようと思った。はじめは書く量が少なかったがずっと続いている」

『なぜ運動を始めたのか』

「一週間に2時間ほどは運動すべきだとネットで見た。当時は腰痛があり体重が増え健康不安があった。

 外に出るのは相変わらず嫌だったが一度外を走ってみたところ誰も私に関心を向けないことが分かった」

運動習慣について』

「家で筋トレをそれなりにしたつもりだったのに外で全く走れなくて驚いた。運動する時間生産的で楽しかった。

 自分を罰したいときは速いペースで走ればいくらもつらくなった。体力は劇的に向上し当時は夢のまた夢だった10km60分を達成した」

『なぜ勉強を始めたのか』

勉強自分のためになると信じていた。数学英語は身を立ててくれると信じた。大学に入ることは最大の目的となった。

 それでもあまり勉強できない日々が続いた」

『劇的に勉強時間が伸びたのはなぜか』

インターバルタイマーを買った。自分勉強を始めるためにストップウォッチを押すことができないかタイマー自動的に押されればいいと思った」

『なぜ絶望したのか』

「本格的に勉強できるようになって初めて自分人生職業について考え始めた。頭では碌な人生はないだろうと知っていたつもりだが

 まったく実感していなかった。漠然幸せがつかめると考えていた。そのうち大学に通えないかもしれないと思い出した。

 どんな大学に入っても、どうにもならないことに気づいた。世の中には高学歴なのに無職の人だって大勢いる。

 時間的ハンディキャップが大きい高齢大学で何ができると悲観的になった。企業若い学生を雇うのではないか

『なぜネット自分語りをするのか』

「書いて自分客観視すると楽になるし、誰かに知ってもらいたかった。だれも私のことを知らない」

あなたが人を遠ざけているのではないかあなたは両親にさえ本心を話したことがない』

本心とは何なのか、そんなもの存在しない」

『書いてみてどう思ったか

「とんでもない屑である。なぜ受験成功すればなんとかなると信じていたのかわからない」

あなたは苦しい人生を歩まねばならない』

「人よりも劣っている人間が人よりも多くの努力をして人よりもみじめな生活を送らねばならない現実が受け入れられない」

あなた決断しなければならない』

「できることならずっと夢の中にいたかった、あるいは成績が十分伸びてから気づけば今より楽だった」

『二十代ならいくらでもやり直せる』

人生にやり直しはきかない」

『ここに留まっていればまた一年が過ぎる。今が一番若い時だ』

世間様がそうは見てくれない」

あなたは人の評価を気にしすぎる。自分というものがないのか』

人間社会的動物である。私は人間にあこがれるヒトだった。普通暮らしがしたかった」

普通暮らしとは何か』

「家があって仕事があって家族がいて」

『ずっと昔から結婚できない側の人間だと気づいていたのではないか

「その通りだ」

『貧しくても必死に働いている人たちがいる。あなたはそういう人たちを蔑視しているのではないか

「醜いプライドがあるのは事実だ。私につらい仕事を続ける気力はない。やめてニートに戻ってしまいそうだ」

あなたは欲しいものはなんでも買い与えられてきた人間だ、少なくとも衣食住に苦労したことはない』

「その通りだ」

『今だって自由に本を買う金があるし、親に大学学費普通免許代もなんでも与えてもらえると思っている』

「親に甘えているのはわかっている」

『働かなければ食っていけない人をどう思うか』

「私も誰かに人生を決めてもらいたかった」

自分でその生活を選び取ったんじゃないのか。親は高校に通うことを望み、大学に進学することを望み、あなたはそれを拒絶して今に至る』

不安でたまらない」

『行動を起こさなければ不安は増すばかりだ』

不安でたまらない」

2017-04-30

http://anond.hatelabo.jp/20170430155525

俺は日々「血糖を上げてる」ぜ!(ドヤ顔)(クソリプ)(誰も聞いてない自分語り)(HbA1cで差をつけろ)

2017-04-26

http://anond.hatelabo.jp/20170423172733

以前、自分語りをしたものです。

後日談がなく、もしかすると「アイツ死んだんじゃ」等と据わりが悪い方もおられるかと思い、PCの電源をつけました。

・・・実は釣りでした~。今日も元気に出勤してます!!

と、言えればいいのですが、残念ながら先日書いた事は概ね事実です。

現状はと言えば、お巡りさんがさっき帰りました。

バイトに出ない、電話にも出ない→親に連絡がいく→警察に連絡が行く→お巡りさん我が家にご訪問、という流れでした。

今は何も考える頭はありませんが、とにかく親に心配かけるのはダメだとお巡りさんにメッチャ怒られたので、親に電話しようと思います

以下レスします。

女が悪い

その通りです。だいたい女性が悪い。

東京に行ったらデュラララのような恋愛が、フリーターになったらWORKINGのような恋愛が始まると結構本気で思っていました。現実には何も起こりませんでした。

周囲を見ていて思うのは、

モテる奴は最初からモテる

「陰キャはどこまでいっても陰キャ」

ただしイケメンに限る

の3点でしょうか。

とりあえず段ボール食べ物収納すべきかと。

食べ物インスタントものが大半で、あとは米とかです。ここ数日で結構減りました。

夢とか目指したい職業とかないのかな

ないです。小学生の頃に書いた「なりたい職業」は陰陽師中学生の頃に書いた「将来の夢」は「異世界に行く事」でした。

どう見ても厨二です、本当にありがとうございました

「俺は学歴高卒だけど、下手な連中よりはるかに賢い」

みたいな無意味プライドゴミ箱に捨て切ってしまわないと話にならないと思う。

高校時代に死んでおけばよかったなんていう泣き言は過去の栄光を捨てきれていない証拠

まずは自分の身の丈を思い知ることからじゃないのかね。

ここ数日で思い知りました。とは言え、まだ思い知っていないと感じます

大学を辞めた時にも「プライドは捨てた」と思っていたのですが、バイト先で「俺も高卒なんですわ~」って言ってくるやつに

(俺はお前とは違う)って思ってました。今は「思い知った」と言いつつ、また数か月もすればプライドが鎌首をもたげてくると思われるので、

その時にちゃんと身の程をわきまえて行動しようと思いますありがとうございました。

辛かっただろね。まぁ一度実家に帰ってゆっくりするのが

現状整理するのが良いんじゃないのかな。

特にひねりもないけど、

やりたいこととできることとやるべきことの重なりが大きくなるように、

さなことから実行していくしかないんじゃないのかね。

ありがとうごいざいます

実家には大変帰り辛いですが、なんとか新規蒔き直しというやつで頑張りたいと思います

・・・思えば、「帰り辛い」のも結局自身プライド邪魔してるんであって、全然ダメですねw

富野作品構造自体は単純なのに用語で難しく見せようとしてるだけにしか見えない

正直無駄設定が多すぎる

否定から入って説教臭いこと言うやつが多いのもあの人らしくてだめだこりゃと思う

大人子供の対比とか幾つかの作品で似たような構図を展開してて自分語りがひどい

そういうものは分厚くオブラート化して見せちゃいかんのに毎回やってしまう正直さ

あんたの内臓なんかこれっぽっちも見たくないわと

大人への批判だけじゃなく子供への批判政治体制への批判も多くあって

怒りでしか作品を作れんのかなこの老害はなどと怒ってみる

まあ怒ってはないけどとにかく富野が嫌いでしかたがない

知見のために見てるけどどれも嫌い

2017-04-23

高校入学直後に死んでおけばよかった

多分、ネットで何万回と繰り返されてきた話。

22歳、男性無職正社員歴無し、童貞

毎日ネットで誰かを攻撃して留飲をさげるだけの人生を送っている。自殺したいが、する勇気もない。

そんな人間が己の人生を振り返ります


小学校中学校では「神童」と呼ばれた。勉強ほとんどした記憶がない。でもテストはいつもほぼ満点だった。クラスの他の奴が100点を取れない理由が、当時は本気で理解できなかった。

高校県内一の進学校に行く事にした。さすがに塾には通ったが、似たような問題を反復練習して精度を上げるだけだった。入試問題はあっけない程に簡単で、合格通知が届いても特に感慨もなく、淡々入学手続きを済ませた。

私はこんなだったが、両親、特に母親は喜んでくれた。両親は2人とも学がなく、特に母親小学校すら満足に通っていない。私が幼い頃から、「人の2倍給料が欲しいなら、人の2倍働くしかない」が両親の口癖だった。

おかげで物心ついた頃にはいつも家にひとりでいた。両親は昼も夜も働いていた。土日も働いていた。たまに日曜日の晩に家族揃って晩御飯が食べられる時があるが、私はそれが何よりも楽しみだった。

そんな母親から高校合格した時には、ご近所に「○○高校になんとか受かりまして…。」と吹聴しまくっていた。私はそれが大層恥ずかしかったが、母にとっては自慢の息子だったのだろう、私が「あまり自慢するのはやめてくれ」とせがんでも、静かになる様子は一向になかった。

だが、テンプレ通り、私は高校でアッサリと堕落する。周囲は本物の天才揃いで、しか努力家が圧倒的多数だった。他校の授業は受けた事がないので一概に比較もできないが、通っていた高校の授業内容もかなり独特だったらしく、授業はかなりハードだった。

中学までの学習貯金はアッサリ底をつき、1学期の中間テストで壊滅的な点数を取った時、自分は選ばれた人間ではない事を知った。

そこからは早かった。学校には出席日数ギリギリしかわず、あとはバイト三昧の学生生活だった。バイトで稼いだカネはほとんどゲーセンで使った。高校までロクに遊びを知らなかった人間が「遊び」にハマった時の行動は極端で、学校よりも自宅よりも、駅前ゲーセンにいる時間の方が長かった。

さすがにこれじゃいかんと高校3年の時に慌てて勉強を始めたが、当然の事ながら宮廷だの地底だのといった大学には引っかかる事もなく、東京の某大に受かるのが精一杯だった。

この時に何か思うところがあれば、私は変われていたのだろう。だが皆さんのご想像通り、私は変わることができなかった。だからこんな文章をダラダラとタイプしている。

大学に入ると、当然一人暮らしになる。東京大学に入ったんだから、当然そうなる。私のような人間一人暮らしをするとどうなるか。答えは簡単だ。大学に行かなくなる。

起きたらバイトゲーセン大学に行くのはたまにである。その「たまに」が起こって大学に行ったとしても、サークル棟の奴らとダベって終わりである単位は3つぐらいしか取ってないんじゃないだろか。結局、大学は1年休学した後に辞めた。

大学を辞める時、母親に連絡しようか迷った。私は休学している事も告げず、毎月毎月仕送りを受け取り、盆も正月も帰らなかった。休学中も仕送りを受け取るのは心苦しかったが、都会の誘惑に負けた。しかし、さすがに大学を辞めるとなると連絡をしない訳にもいかない。

もしもし?俺だけど、働くことにした。」

大学のみんなと会社を立ち上げる事にしたんだ」

「だからもう、仕送りはいいよ。」

「今までありがとう。」

正直、会話の内容はあまり覚えていない。嘘と見栄と虚飾で糊塗した言葉をひたすら吐き出して、仕送りはもういいと言って一方的電話を切ったような記憶しか残っていない。

大学を辞めても、特に何も変わらなかった。休学中から特にやる事も変わらず、バイトゲーセンに通うだけの人生

いつしかインターネットで誰かを攻撃する時間が増えた。会った事もない、話したこともない、顔も知らない人間が、twitter失言する。ブログ炎上する。そんな人間を、自宅のPCから延々と責めたてる時間が増えた。「叩いてもいい」人間が目の前にいて、圧倒的正しさをもって思う存分叩ける。叩いている時は快感だった。自分正義執行であることに酔った。当初は目についた炎上案件を叩いていたが、叩く対象を探すようになり、失言文句暴言呪詛をすすんで検索するようになった。

見つけた後は、すぐに騒ぎ立てずに、対象個人情報収集にはげんだ。twitterfacebookなどの交友関係から年齢や地元を割り出し、実家写真などをgoogleマップキャプチャする。twitterなら鍵垢になってもいいようにフォローも飛ばす。フォローされやすいように、常時40個前後アカウント管理していた。様々な大学企業趣味嗜好についてのアカウント作成し、1日1回はアカウントに沿った内容で何か呟く。そうやって「育てた」アカウント対象に滑り込ませ、まんまとフォローされてから炎上→鍵付きとなったアカウント情報キャプチャで取得し、ネット拡散する瞬間には無上の快感があった。

そんな生活も2年近く続けてきたある日、実家から荷物が届いた。食べ物だった。段ボールの蓋だけ開けて放置していたが、翌日に母親から電話がかかってきた。「ご飯は食べているか」「元気でやっているか」「たまには帰って来いよ」基本的母親電話上の発言はこの3パターンしかない。なのでいつもは会話もそこそこに電話を切るのだが、この日の母親は違っていた。いつも通りの居心地が悪くなる会話を終わらせようとすると、ふいに

食べ物だけじゃなくて、少しお金も入れといたから、たまには彼女とおいしいものを食べてね。」

「いつ帰ってきてもいいんだからね」

「じゃあね。まだ寒いかも知れんから、温かくして寝るんだよ」

と言って、最後に「おやすみ」と言って、母は電話を切った。

母親から電話を切ったのは、今のところ、この時が最初最後だ。

すぐに箱の中身を確認すると、底の方に封筒が入っていた。中には20万円入っていた。


私は封筒を握りしめて嗚咽した。何もしていない、何もしていない、何もしていない。なんの努力もせずに、ダラダラと時間無駄に過ごし、他人攻撃ばかりしている。こんな何もしていない人間に、生きている価値があるのだろうか。これから何かを成し遂げる気概があるのだろうか。

消えてしまいたい。そう思ったが、自殺する勇気もない。だいたい、自殺できる人間は「自殺する」と強く願って成就しており、私のようにネットでダラダラと「死にたい」「自殺したい」と言っている人間自殺しない。

高校の頃に交通事故か何かで死んでおけば、将来有望若い命として、両親に多額のカネを残すことができた。「惜しい人を亡くした」と皆に同情してもらえた。ところが今はどうだ。今死んだところで、正社員でもない、学歴もない、才能もない。葬式を開いても誰も来ない。働きもせず、ネットで誰かをいびり、母親にお情けの仕送りを送ってもらう。そんな人生になんの意味がある?

特にオチもないが、私の自分語りはこれでおしまいである荷物が届いたのが数日前、それからバイトに行く元気もなく、体調不良と言って休んでいる。遠からずクビになるだろう。

できれば私はどうするべきなのか、教えてほしい。

追記:cj3029412 様、idコールするのも恥ずかしいので追記にて失礼します。食事のお誘い、本当にありがとうございますインターネットの優しさを感じました。しかしながら、GW実家に帰り、両親と今後についてきちんと会話する事になりました。まだ何もしていませんが、少しだけ前に進めたような気がします。これもcj3029412様、トラバブコメを頂いた方々のおかげと思っておりますありがとうございました。

2017-04-18

ブログ大先生への返信

ブログ大先生からこそわかること

私はブログも隠しよく増田もよく使うからこそ実感していることだが、ブログで書くのとはリスクが全く違う。

ブログを書くのと増田を書くのはリスクが違う!」

わあすごい

そんなブログ増田もやってない小学生でもわかるようなことを

ようまあ「私はブログも書くし増田もよく使うからこそ実感していることだが!」とか大仰な前置きで書けまちゅね。

お前のブログはさぞ有意義なことが一杯書いてあんだろう。


増田で書くというのはそれ自体不公平である卑怯とまでは言わないが、間違っても公平であるとは言えない。

あのなあ

もう言い飽きたけれども、

俺は、jt_noSkeが自分に向けられた申し立てにきちんと受けて立つならすぐさま自分idを開示して話をする用意があります

逃げを撃ってるのはjt_noSkeの方です。

卑怯なのもアンフェアなのも不覚悟なのもだんまりで隠れ続けるjt_noSkeの方だろ。


id信頼性とは

何より書き手信頼性が問われにくいというのがずるい。増田信頼性はどんなに悪くてもゼロだ。普段自分がどういう発言をしていようが、その過去発言責任を負わず発言できる。間違ったことを書いてもその記事については字を書くだけで、その人間が蓄積していた信頼性が失われることなどを考慮しなくて良い。だから恐れずに好き勝手書きやすい。

一番笑うのがここだけど、でもすげえいいこと言ってくれてるよ。

信頼性過去発言の蓄積!


なあ、jt_noSkeにはその「信頼性」とか「普段発言の蓄積」とかってあるの?

今現にこうやって「俺はお前のアウトプットがこれこれこういう理由で超不愉快なんだけどどう思う」って問いかけても無言やダジャレに隠れたわけだろ。

庇ってくれる馴れ合い仲間に必死に声援でも送りながらさ。(最初予言したとおりだったね)

あいつも日本語自分の考え喋る能力が無いわけじゃないのに喋らないわけ。

そんな奴を追い込むにあたって、俺にだけ一方的に「信頼性」や「過去発言ログ」が求められるの?

そりゃいったいどういう規定なんだよw

くそつまんない、根気だけが見所のダジャレログには信頼性ってのが醸し出されてんのね。

そりゃすげえや。

それが信頼性なら3年町内でションベンして回ってる犬でも信頼性得られるな。


でもまあ俺は構わないつってるじゃん。

すごい不当な基準押し付けられてる気がするけど応じよう。

何度も言ってるように、きわめてフェアな条件でいつでも自分id開示するって言ってる。

そしたら俺の過去発言ログは誰でも見れるよね。

それで何の意味があるかわからんし、はたして俺の過去ログ信頼性ってのが漂ってるかはしらんけどw


熱い自分語りから読み取れるブログ大先生の人となり

これは、ブログ長期間書いている人間ならわかると思うが、むちゃくちゃずるい。ペナルティーなしでいろんな無茶筋の理屈で人に絡んだり、もっと性格が悪いやつなら、それぞれが別人物のふりをして定期的に嫌がらせをできる。

お前が何度も何度も「ブログをよく書くぼくちゃんだからわかる事だが!」ってもったいつけて言ってることって

別にブログ書かない奴でもアホじゃなきゃ誰でもわかるていどのことだと思うぞ。

でもぼくちゃんのここまでの文章の癖から

ブログ長期間書いた」っていうのがよっぽど重要アイデンティティなのは伝わってくるよ。

お前みたいなしょっぱい自分語りが好きな奴は自慢出来ることは全部書くものなので

長期間書いた」しか言わないってことはよほど内容もアクセスもしょぼいつまんねえブログをだらーーっと書き続けたんだろ。

文は人なりっつって、匿名だろうが文章からお前の程度は色々伝わってくるんだよ。

idより内容の方が大事だろ?


なんでそんなことがわかるのかというと、実際に増田からそういうことをされているからだ。粘着気質増田に絡まれるとひたすらに面倒なことになる。はてな運営ガバガバのため、何度通報しても対応してくれない。対応してくれても、そいつは新しく垢を作り直してまた絡んでくるからキリがない。もう相手にするのを諦めた。それでもまだ定期的に絡んできているようだ。

そりゃご苦労さん。

つまんないブログ書いてるだけなのになんでそんな奴に絡まれたんだろな。

で、お前の苦労語りは結構だけどそれ俺になんか関係あんのか?

俺が繰り返しjt_noSkeに絡んでると?

そこまで暇じゃねーよ。

から目障りだったけど今回イラッと来たから書いてるだけ。最初説明してんだろ。

人が分かりやす説明してる事読まずに突っかかってくる奴は度し難い。

でもはてなでも半分ぐらいは日本語読む能力いからこいつ並みのレベルだよな。


大先生、舌をもつれさせながらも吼えた!

これは、アカウントを持っている人間では不可能だ。やってもいいがすぐに相手にされなくなる。だから顕名なら相手にしても良いが増田ダメだ。

増田という時点で会話に応じる余地はない。自分増田書き込みをよくする人間として、増田相手をすべきではない。特に増田からと言って汚い言葉遣いをするような、自分を律することができないバカ自分は正しいと信じて疑わないバカ危険だ。すぐ粘着マンになるので絶対相手にしてはいけない。上の増田は完全に相手にしたらダメなやつだ。

そのくらい地位が低いからこそ、好き勝手暴言を吐いても許されるのだということくらいわきまえるべきだ。上の増田は、匿名のくせに相手に反応を求めている時点で身の程知らずにもほどがある。

この増田は、本当にバカなので、おそらく「向こうが反応したら名乗るって言ってるだろう!」が通じると思っている。そういうところがバカだと言っているのに。それなら最初から顕名でやればよかったのだ。一度でも増田を悪い方法で使った人間は、自分がふりだと思ったらまた増田を使うと思われると考えるのが普通だ。

こんだけ薄い内容でよくこんなゴチャゴチャした長文が書けるな。

同じような話が行ったり来たりしてるし非文も多い。

この作文力で長期間ブログ書いてるのか。

そりゃ誰かの目に止まっていじめられるのかもな。


んで結局言ってることまとめると

・長年ブログ書いてるぼくちんだからわかる!増田ブログよりリスクが低い!

・ぼくちんは増田粘着されて困った事がある!ぼくちん可愛そう!

匿名な時点でずるいんだもん!

な。

下手糞な日本語グルグル唐突自分語りを省けば3行で納まるじゃねーか。

それこそチラシの裏自分のつまんねえブログにでも書いてろw


結局ブログで書こうが増田で書こうが

重要なのは内容だし、

バカバカみたいな文章しか書けない。

だろ?


俺は反論大歓迎してるんだから

俺に問題があるならきっちり言葉で叩きのめせるはずじゃんか。

匿名卑怯!ムキ~~~~~!」しか言えないってのはそういうことよ。

俺をぶちのめすほどの能力がない。脳の。


俺はたぶんブログでも増田でもお前の1000倍ぐらいはブクマアクセスも稼いでると思う。

せっかくだからお前のチラシの裏ブログもここで紹介して売名してアクセス増やしたら。

いいぞそれぐらい。俺は気前がいいんだ。

http://anond.hatelabo.jp/20170417094521

2017-04-15

http://anond.hatelabo.jp/20170415211013

自分の中で完結してるものを「俺は嫌いだ」「俺に嫌がられて傷ついたのを認めろ」って言われてもただ気持ち悪いよ

皮肉トラバにも上手く返せないってことは自分語りをわざと仕組んでもなくて気持ち悪い上につまらない奴じゃん

http://anond.hatelabo.jp/20170415205455

他人自分語り読むの好きだから自分でも書いてるのに

増田が嫌いだからって理由で止めんな、って書こうとしてよく読んだら増田自身自分語りしてた

入社2週目で失恋して鬱になりそう

新入社員24歳、男。超長文です。話長いと思う方は、適当に読み飛ばしてもらって結構

結末は最初最後に書いてます

あ、会社恋愛関係ないです。

入社研修のどえらく辛い状況と、失恋自分がどうしようもなくなった状況が重なってしまい、この1週間死ぬかと思った。そして今後の人生についても正直絶望している。

失恋は初めてではないが、落ち込み方が下手すぎて、仕事に集中できない。

読めばわかると思うが、明らかな地雷っぽいのを見抜けなかったあたり、恋愛経験は少ないことはお分かりいただけるだろう。

研修では、1日のほとんどが私語禁止なので、仕事の件で悩むうちに1人で頭を抱えてしまう。さら失恋に関する地雷が誘爆しだすと、元気な自分はもう帰ってこない。よくアドバイスされる、思考停止できる多忙とは正反対の状況。

一応恋愛に関していえば、いま自分は「諦めることを受け入れようとしている段階」にあって、前進はしているのだろうけど。。。

書くきっか

3年目に切り出された突然の別れ話で生きるのが辛い

http://anond.hatelabo.jp/20170310185744

日記を書こうと思ったのは、これをいま改めて読んだから。ひと月前にこれを読んだ時は、まさか私が同じ気持ちを味わうことになるとは思っていなかった。あの時はまだ自分が上手くいく可能性をバカ正直に信じていた……。

相手の子とやりとりするようになってから関係を切るまで、期間にして半年

私は恋愛感情として好きだったが、相手にとってはあくまで「一番仲の良い、一番話が出来る男友達」。

互いに意地でもその気持ちを捨てなかった結果、会うたびに辛くなる状況になったので、私の方から友達としても縁がなかったね。」とカットアウトするに至った。この選択は間違っていないと思う。

しか恋愛において、追う立場は圧倒的に弱い。

恋い慕っていた気持ち残滓に悩み苦しんでいる。

誘ったデート。2か月前から楽しみにしていた、行くはずだったライブ

イベントが好きで、一緒に行く人も大好きな人で、最高に幸せだっただろうに。これが完全になくなってしまった。

そして今後一切、その手の楽しみが(その子と)味わえないことを思うと、どうしようもない気持ちになる。

「あの子に会いたい、話したい、一緒に笑いたい」と心が叫んでも、それは二度と、絶対に叶わない。

それを実感するたびに、身体まで悲鳴をあげる。ここから立ち直るのにどうしたらいいんだろうか。


ちょっと自分語りさせてくれ。もう二度と思い返したくないから、吐き出してしまいたい。

相手の女。女子中高大とき女子大生、とだけ。

知り合うまで

初対面は、とある合コンの時。そこですごく自分に懐いてくる年下の子が居た。

なぜ自分に心を許してくれてるのかは分からなかった。

おとなしそうな子。だけどルックス可愛いし、普段無口そうに見えて、自分と話すときだけ本当の自分?みたくよく話す。そのギャップにグッときた。

またその笑い方がちょっと不器用で、人と接するの慣れてなさそうなのがなおさら愛おしい。

そんな子に、飲み会後わざわざ自分を名指しで「い、一緒にプリクラ撮りましょうよ!」なんて言われたら、女慣れしてない奴は一発KOじゃないですか。自分もそうでした。

はいLINE交換しそこねてしまい、しばらくは何もなかった。

そして半年後、似たメンツで2回目の合コン

の子にまた会いたかったので、その子友達と仲良くなって、自分主催した。

その時はしっかりLINEを交換し、やりとりが始まった。

仲良くなる過程

会話をするようになって少し経って、2人で食事に行かないかと誘った。そしたら「そちらのあのAくん(後輩)も呼んでください!」と。

脈絡のないご指名に「この子、Aと合コンで仲良かったし気があるのか?」と嫌な予感がよぎる。

でも、私にとって可愛い後輩だけど絶対モテなさそうなAよりも、自分の方が圧倒的に魅力があると思い込んでたので、その可能性をすぐに棄却

それで、3人でメシを食ってきた。

その中で向こうの失恋話になったので、次はそれを聞こうと2人で会った。

自分失恋経験があったので、互いの失恋話で、元恋人悪口で、めちゃくちゃ盛り上がった。

カフェで5時間喋れる間柄、そうそう居るもんじゃないでしょ。

これを機に、その子LINEのやりとりを続けつつたまに(2人で)会う仲が1,2か月続いた。あらゆる手を尽くして、彼女と仲良くなるように努力した。話題ストックは常時10個以上あった。会う時は30個くらい用意した。

話好き同士、ちょこちょこLINE、月2,3回会うのに加えて月2,3回通話。これも毎回1,2時間くらい。

告白、その後

2月のクソ寒かった時期、告白した。

それに対し向こうは

増田さんのことは、友達としてしか見れなくて……。

 人間的には増田さんのこと大好きですよ?

 2月3月ヒマなんで、また遊んでください」

という返事。

微妙……だけど、私のことそう慕ってくれてるんだったら、時間さえ待てばまだ可能性が有るんじゃないか。この時はそう思った。これが最初勘違いだった。

この後も、「また遊んでください」の言葉を信じて遊びに誘い、2人で映画行ったりカラオケ行ったりしたけど、そのたびに私は別れ際「やっぱり可能性ないかな?」と切り出して「いやー、恋人はムリですね」と断られる。

それでもいつかはこっちを向いてくれるだろうと無根拠に信じていた。

家に来た

そんな中、3月のある日、観たい映画DVDを2人で見ようという事で、カラオケに行くことになった。

ちょうど、先述の「3年目の~~」を目にして他人事に思っていた頃だ。

春休みなせいかDVDが使えるカラオケ屋はどこも満席

「せっかく集まったのに……」と2人で途方にくれたところで

私は往生際悪く、距離を縮めようと

「じゃあ、うちで見る?安上がりだし、自由だし」

と家に誘ってしまう。

の子も「え、いいんですか……?」と確認しつつも

家に来ることに。

そうして、一つ屋根の下で2人きり。

1人暮らしの男の家に、1人で上がりこむ女子大生

やっぱりこの子は、私にここまで心を許してくれてるんじゃないか。また期待を抱いてしまう。

彼女はまるで自分の家のようにくつろいでいた。映画が2,3本目になると、ストッキングを脱ぎ、クッションに枕しうたた寝しだすご様子。なんと無防備

私も年頃の男子である故、目の前に妙齢女子無防備に横になっていて、しか密室で誰も咎めない状況というと、頭に浮かぶことは一つ。

それでも、過去、同じ状況で手を出した結果絶交に至ったこともあり、今回は誓って手を出さないことにした。

結果、何事もなく解散

わたし、次は案内無しで行くんで大丈夫ですよ!」なんて嬉しいことも言ってくれるし。これが勘違いを加速させるわけだ。

それから数日、その子との距離感に悩んだ。

こういうのは会った後がしんどい

家に来た(2回目)

そしてまた先日、この前の日曜日。家で、今度はアニメを観た。家に来るのは2回目だ。近所までは来れたが、迷ってしまったみたいで、迎えに行った。

「次来るとき絶対にもう大丈夫ですから!」なんて、また嬉しいことを。こっちの気も知らずに。

「あ、前より部屋が綺麗になってる!」「トイレも華やかになってましたね!」と、ささいな変化に気づいてくれる。嬉しい。常連にまでなったか?って思う。

だが、こういう関係性の接近を、もう単純には喜べなくなっていた。

私は「彼女恋人になりたい」という意志があったこと、それがまだ残っていることは明白である

向こうも「あなた恋人になる意志はない」という意志は明白。でもそれでいて、向こうはさら距離を縮めようとしてくるのだ。もう、わけがからない。

私の気持ちを完全に無視している、踏みにじっている、都合の良い男扱い?

向こうは(恋愛として)相手に接近を許さないくせに、自分の方は親友関係性に甘える。このアンバランス関係

会った後がしんどいわけだ。自分の方だけ全然満たされていないから。

その日、私は「もうこうやって家に来るのは止めよう」と切り出した。

理由は「友達としては距離が近すぎる」。その子は納得してくれた。

そしてもう最後だろうということで、彼女は名残惜しそうに部屋の隅々まで眺めて、目に収めようとする。

もう、やめてくれ。これ以上、私の部屋に思い出を残さないでいってくれ。

その日の夜、シャワーを浴びながら。

の子との関係性を離さなければならないことと、会社のしんどい研修が1週間始まることを思うと、人生にはもう何の楽しみも無いんじゃないかと、深い絶望を覚えた。自殺の2文字が頭をよぎった。

決別

そして先日その子と、一応最後の会う予定になっていたライブの話をした。

2か月前からチケットをとって、それに向けてアーティストの曲を聴き込むなど予習もしていたので、それだけはキャンセルできなかったライブだ。

そこから、後輩Aくんが、私のツイートを見て心配しているという話に。

「(後輩Aも入れて)3人で遊ぶことはもう無いんだね」と言うから、話を聞いていくと

そのままの流れで、その子から後輩Aに好意があることを告げられた。

どうやら、最初に僕から食事に誘われて、脈絡なく彼を呼んだ時。

その前の合コンで喋っていた時からなんとなく好意はあったらしい。

そこから僕がどれだけ恋愛的に距離を縮めようとしても、友人枠しか空いていなかったのだ。

それに気づかなかった私がバカだった。

女性の、固まってしまった気持ちは揺るぎない。

そしてこうなってしまった以上、ぼくもその子とも、後輩Aとも会わせる顔がない。

会うのも話をするのもしんどいので、ここで縁を切ることにした。

自分選択は間違ってないはず。

まぁ、こうやって思い出してしんどくなってるんだけども。

振り返り

私も向こうも、自分のことがかわいくてたまらず、自分感情に関して融通が利かない人間なのだ。似た者同士。

互いが互いに「相手自分の思い通り(都合の良い方)に動く」と思ってダラダラ曖昧関係をつづけた結果、気持ちの差違が決定的になって、別離を迎えた。

私は(おそらく向こうも)自分他人に甘いところがあり、「ひょっとしたらしばらくして自分の思い通りの関係になるかも」という期待を抱いてきたんだろう。これまで。認知の歪み、というやつ?

しかしもうそ可能性はあり得ない。今はその現実に向き合っているのだ。

思ってみれば、正直一目ぼれだったんだな、と思う。

なのに告白タイミングが遅すぎて、友人としてしか見てもらえなかった。

片想いの仲良くなる過程楽しいのは、創作世界だけだ。

次は、後戻りできないくら気持ちが重くなる前に交際を申し込むようにしたいと思う。

それと、手広くいきたい。

……って頭では分かってるんだけど、そう簡単気持ちの整理がつくわけねーよおおおおおおおおおおお!!!

自分気持ちについて

結局これなんすよ。これを早く消し去りたい。消化してしまいたい。

この1週間で10人くらいに事情話したけど、それでもまだ足りないくらい。

正直、家に来た時に手を出して既成事実を作ってしまえば、勝手に向こうが気持ち適応してくれたのか??処女だし家だし2人きりだし。あーもうわかんね!!!

そういう過去のifとか、ライブとかドライブとか行こうとか言ってた未来のifとか全部諦めて捨て去らないといけないんすよ。

の子と遊ぶこと、その子の力になることに最大最高の価値を置いていた自分をぶち壊して、価値観を再構築しなければならない。

でもこの部屋に居ると、あの子を部屋に呼んだ時のことを思い出してしまい、全く落ち着かない。毒沼。休まらない。引っ越ししてえー。まだここに来てひと月も経ってないのに。

思い出すヒマがないくらい、考えるヒマがないくらい何かに没頭したい……。しか修行のように無言で自分と向き合う研修で、それも叶わない。

八方ふさがりよ……。

というわけで、気持ちの切り替えをしようと色々頑張る気力さえ持てない状況なんですが、それでも気持ちの整理が出来る方法を教えてください。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん